JPH10155040A - Calling method for dial-up connection communication equipment and monitor control system using the same - Google Patents

Calling method for dial-up connection communication equipment and monitor control system using the same

Info

Publication number
JPH10155040A
JPH10155040A JP26463997A JP26463997A JPH10155040A JP H10155040 A JPH10155040 A JP H10155040A JP 26463997 A JP26463997 A JP 26463997A JP 26463997 A JP26463997 A JP 26463997A JP H10155040 A JPH10155040 A JP H10155040A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
communication
dial
communication device
network
up connection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP26463997A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yasumasa Ono
泰正 小野
Original Assignee
Nissin Electric Co Ltd
日新電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP8-259921 priority Critical
Priority to JP25992196 priority
Application filed by Nissin Electric Co Ltd, 日新電機株式会社 filed Critical Nissin Electric Co Ltd
Priority to JP26463997A priority patent/JPH10155040A/en
Publication of JPH10155040A publication Critical patent/JPH10155040A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a calling method for executing 2-way communication safely in a real time by surely calling a communication equipment connected in dial-up to an Internet network. SOLUTION: A communication equipment 2 calls a communication equipment 3 via a telephone line 4 to transmit a connection request and an own public key to the communication equipment 3. On the other hand, the communication equipment 3 transmits the own public key to the communication equipment 2. Then both of the communication equipment 2, 3 interrupt once the telephone line 4 to call neighboring provides 5, 6 to connect respectively to an Internet network 7. Both of the communication equipment 2, 3 encrypt an own IP address at a present connection by an opposite public key to transmit it to an opposite electronic mail address as an electronic mail. Each of the communication equipment 2, 3 decodes the received electronic mail by an own secret key to confirm the opposite IP address. Then both of the communication equipment 2, 3 communicate through the Internet network 7 by using the IP address.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、例えば、ダイアルアップ接続によって、インターネット網に接続する通信機器など、必要なときにネットワークに接続されるダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法、および、それを用いた監視制御システムに関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, for example, by a dial-up connection, such as a communication device to be connected to the Internet network, the method calls dial-up connection communication device connected to the network when needed, and monitoring using the same the present invention relates to a control system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】通信手段の1つとして、公衆電話回線網は、従来より広く用いられている。 One of the Related Art Communication means, public telephone network has been widely used conventionally. この公衆電話回線網では、通信に先立って、ネットワーク側が発呼側と被呼側との間でコネクション(論理的な通信パス)を確保して、被呼側を呼び出す。 This public telephone network, before communication, the network side to secure the connection (logical communication path) between the calling and called, calls the called party. このようなコネクション型の通信システムでは、通信路が長い程、コネクションの確立が困難になる。 In such a connection-oriented communication system, as a communication path is long, the establishment of connection is difficult. したがって、公衆電話回線網は、一般に、通信距離に応じた料金体系を採用している。 Therefore, the public telephone network, in general, have adopted a fee structure in accordance with the communication distance.

【0003】一方、近年では、新たな通信手段として、 [0003] On the other hand, in recent years, as a new communication means,
インターネット網が急速に普及しつつある。 Internet network is rapidly becoming popular. インターネット網の場合、送信側の通信機器は、データを送信する際に、データ列を所定の大きさ毎に区切ってデータグラムを作成し、近隣の通信機器へ送出する。 For the Internet network, the communication device on the transmitting side, when transmitting the data to create datagrams separated data string for each predetermined size, and transmits to the neighboring communication device. 各データグラムには、受信側の通信機器のインターネット網におけるアドレス(IPアドレス)が付加されている。 Each datagram, address in the Internet network communication device on the receiving side (IP address) is added. データグラムを受け取った場合、送信先(受信側)のIPアドレスに基づいて、通信機器は、近隣の通信機器のうち、受信側に近い方の通信機器へデータを送出する。 If you receive datagrams, based on the IP address of the destination (receiving side), the communication device, of the neighboring communication devices, and sends the data toward the communication device closer to the receiver. これにより、コネクションを確立しなくても、送信側のデータは受信側へ届けられる。 Thus, without establishing a connection, the data on the transmission side are delivered to the receiving side. このようなコネクションレス型の通信システムでは、送信側および受信側の通信機器は、 In such a connectionless communication system, the communication device of the sender and receiver,
いずれも両者間の通信パスを把握していない。 Either they do not know the communication path between the two. したがって、インターネット網の場合は、データ量(通信時間) Therefore, in the case of the Internet network, the data amount (transmission time)
に応じた料金体系、あるいは、1年毎など、所定の期間毎に一定の料金体系を採用していることが多い。 Fee structure or, depending on, like every year, often have adopted a fixed fee structure for each predetermined period of time. 両料金体系は、送信側と受信側との距離に影響を受けないので、特に、海外との通信など、長距離の通信では、インターネット網を利用して通信することによって、通信費用を削減できる可能性が高い。 Both fee structure is not affected by the distance between the transmitter side and the receiver side, in particular, such as communication with overseas, in the long-distance communication is, by communicating using the Internet network, it is possible to reduce the communication cost Probability is high.

【0004】上記インターネット網は、従来は、電子メールなど、文字主体のデータ通信に使用されていたが、 [0004] The Internet network, the prior art, such as e-mail, which had been used for data communication of text-based,
近年では、回線の帯域幅の向上に伴って、ビデオ会議システムやインターネット電話など、通信機器間でのリアルタイム双方向通信にも利用されている。 In recent years, with the improvement of the bandwidth of the line, such as video conferencing and Internet telephony, and is also used for real-time two-way communication between communication devices.

【0005】ところで、上記インターネット網に各通信機器を接続する方法は、専用線による接続と、ダイアルアップ接続との2つに大別できる。 Meanwhile, a method for connecting the communication device to the Internet network, a connection by a dedicated line can be divided into two with the dial-up connection. 専用線による接続方法は、通信機器と、インターネット接続業者(プロバイダ)との間に、専用の通信線を用意して、各通信機器とインターネット網とを常時接続する方法である。 Connection with dedicated lines, communication equipment, between the Internet service (provider), and a dedicated communications line, a method for connecting the respective communication devices and the Internet network at all times. この場合、インターネット網に常時接続されているため、通信機器には固有のIPアドレスが割り当てられる。 In this case, because it is constantly connected to the Internet network, a unique IP address is assigned to the communication device. この方法は、大きな会社や大学などで採用されており、使用者は、通常、通信線の維持費用として、電話会社などに一定の費用を支払っている。 This method has been adopted, such as a large company or university, the user, usually, as a maintenance cost of communication lines, are paying certain costs, such as the telephone company.

【0006】一方、ダイアルアップ接続は、インターネット網に接続したいときに、通信機器とインターネット網とを接続する方法である。 [0006] On the other hand, dial-up connection, when you want to connect to the Internet, is a method for connecting the communication devices and the Internet network. インターネット網への接続は、電話回線などを利用して、プロバイダと通信し、この通信をプロバイダが中継することによって行われる。 Connection to the Internet network, using the telephone line, to communicate with the provider, the communication provider is performed by relaying.
プロバイダは、通信機器が接続されたとき、当該通信機器のIPアドレスとして、空いているIPアドレスを割り当てる。 Provider, when the communication device is connected, as the IP address of the communication device, assigns a free IP address. これにより、複数の通信機器間でIPアドレスを共用できる。 This allows sharing the IP address among a plurality of communication devices. また、この方法では、各通信機器との間に専用の通信回線も不要である。 Further, in this method, a dedicated communication line is not necessary between each of the communication devices. この結果、通信量が少ない場合には、専用線回線に比べて安価に利用できる。 As a result, when the amount of communication is small, inexpensive to use compared to private line circuits. したがって、ダイアルアップ接続方法は、小さな会社や個人宅など、通信量が比較的少ない場合に採用されることが多い。 Accordingly, dial-up connection method, small such as a company or a private home, is often employed when the amount of communication is relatively small. この場合、電子メールは、プロバイダが蓄積しており、使用者は、接続毎にプロバイダ内の所定の記憶領域を確認するなどして、電子メールの到着を確認する。 In this case, e-mail, the provider has accumulated, the user, such as by confirming a predetermined storage area in the provider for each connection, to confirm the arrival of electronic mail.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、被呼側の通信機器がダイアルアップ接続方法を採用していた場合、発呼側の通信機器は、被呼側がインターネット網に接続されているか否かを事前に判定できない。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, when the communication apparatus of the called side is adopted a dialup connection, the calling communication device in advance whether the called party is connected to the Internet can not be judged on. もし、発呼時において、被呼側の通信機器がインターネット網に接続されていれば、発呼側の通信機器は、被呼側と通信できるが、そうでない場合には、両通信機器は、通信できない。 If, during a call, if it is connected to the Internet network communication apparatus of the called side, the communication apparatus of the calling side, when it can communicate with the called party, otherwise, both the communication device, It can not communicate. したがって、確実に接続されるとは限らず、即応性に欠けるという問題点を有している。 Thus, it not always is securely connected, there is a problem of lack of responsiveness. この問題は、 This problem,
通常の電話と同様に通話しようとしている場合や、ビデオ会議システムの場合など、特に、リアルタイムで双方向通信しようとしている場合には致命的となる。 If you are trying to call like a normal phone, such as in video conferencing systems, especially fatal when trying to two-way communication in real time.

【0008】なお、この問題は、インターネット網に限らず、パソコン通信の場合など、各通信機器が必要に応じてネットワークに接続する場合であれば発生するが、 [0008] It should be noted that this problem is not limited to the Internet network, such as in the case of personal computer communication, but each of the communication devices is generated in the case to connect to the network, if necessary,
以下に示すように、インターネット網へダイアルアップ接続する場合には、さらなる問題点が発生する。 As shown below, when the dial-up connection to the Internet network, further problems occur.

【0009】具体的には、インターネット網を構成する各通信機器、データグラムに含まれている送信先のIP [0009] Specifically, each of the communication devices constituting the Internet network, the destination contained in the datagram IP
アドレスに基づいて、当該データグラムを伝送する。 Based on the address, and transmits the datagram. したがって、通信するにあたって、送信側は、受信側のI Therefore, when communicating, the sender, the recipient I
Pアドレスを把握している必要がある。 It is necessary to know the P address. ところが、ダイアルアップ接続方法では、各通信機器のIPアドレスは、それぞれのプロバイダと接続するまで決定されない。 However, in the dial-up connection, IP address, of each of the communication devices is not determined until it connects with the respective provider. したがって、送信側は、専用線接続方法のように、 Thus, the sender, as private line connection,
受信側のIPアドレスを予め把握しておくことができない。 It is not possible to advance know the IP address of the receiving side.

【0010】そこで、従来は、この問題を解決するために、各通信機器間の通信を中継するために、固定のIP [0010] Therefore, conventionally, in order to solve this problem, in order to relay the communication between the communication devices, IP fixed
アドレスを持つサーバを設置している。 It has installed the server with the address. この場合、各通信機器は、インターネット網に接続した後、上記サーバと通信を開始する。 In this case, each communication device, after connecting to the Internet, to initiate communication with the server. 各通信機器が通信を開始すると、サーバは、一方との通信を他方へ中継する。 When each communication device starts communication, the server relays communication between one to the other. この場合、サーバのIPアドレスへ送出したデータグラムが相手の通信機器へ転送されるので、各通信機器は、相手のIPアドレスを知る必要がない。 In this case, since the datagram sent to the server IP address is transferred to the communication device on the partner, the communication device does not need to know the IP address of the other party. この結果、ダイアルアップ接続している通信機器間であっても、何ら支障なく通信できる。 As a result, even between communication devices that dial-up connection, can communicate without any trouble.

【0011】ところが、サーバを設けた場合には、サーバを維持する必要があり、維持費用がかかるという問題が新たに発生する。 [0011] However, in the case of providing the server, it is necessary to maintain the server, maintenance cost is a problem that it takes a newly generated. また、サーバが混んでいた場合には、自通信機器と相手の通信機器とが空いていても通信できないという問題も派生する。 Also, if the server is crowded also derived impossible communication be vacant and the communication device of the self communication device and the counterpart. さらに、サーバ内で通信相手を探す方法が確立されておらず、所望の通信相手を見つけることが困難である。 Furthermore, not been established a method to find a communication partner in the server, it is difficult to find a desired communication partner. 例えば、現時点では、以下のような探索方法によって、相手を探すことが多い。 For example, at present, by the search method described below, it is often to find an opponent.
すなわち、各通信機器は、サーバへ自らの名称を登録する。 In other words, each communication device, to register their name to the server. サーバは、受け取った名称のリストを表示し、各通信機器は、そのリスト内から所望の相手を選択する。 The server displays a list of received names, each communication device, selects a desired destination from the list. この方法では、接続者数が増えるに従って、探索時の手間が増大する。 In this way, according to the connection's number increases, labor during the search is increased.

【0012】また、サーバを設置したとしても、相手の通信機器がネットワークに接続されていなければ、通信を開始できないという問題点は、依然として解決されていない。 [0012] In addition, even if installed server, if it is not connected to the communication device is a network of partners, a problem that can not be the start of the communication has not been solved yet.

【0013】本発明は、上記の問題点を鑑みてなされたものであり、その目的は、被呼側の通信機器がネットワークにダイアルアップ接続されている場合に、当該通信機器の即応性を向上できる通信機器の呼び出し方法を提供することにある。 [0013] The present invention has been made in view of the foregoing problems, and an object, when the communication device of the called side is a dial-up connection to the network, it is possible to improve the responsiveness of the communication device and to provide a method of calling communication devices.

【0014】 [0014]

【課題を解決するための手段】請求項1の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、ネットワークへダイアルアップ接続されるダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法であって、上記課題を解決するために、以下の各工程を含んでいることを特徴としている。 Calling method dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 1 Means for Solving the Problems] is a calling method of dial-up access communication equipment to be dial-up connection to the network, in order to solve the above problems, It is characterized by including the following steps.

【0015】すなわち、上記ネットワークとは別に設けられ、上記ダイアルアップ接続通信機器を呼び出し可能な通信回線によって、発呼側の通信機器がダイアルアップ接続通信機器へ接続要求を伝える第1工程と、接続要求を受けたダイアルアップ接続通信機器が、上記ネットワークへダイアルアップ接続する第2工程と、上記ネットワークを介して、発呼側の通信機器とダイアルアップ接続通信機器とが通信する第3工程とを含んでいる。 [0015] That is, the above network provided separately, by the dial-up connection communication device a callable communication line, a first step of communication apparatus of the calling side conveys a connection request to the dial-up connection communication device, a connection request received dial-up connection communication device includes a second step of dial-up connection to the network, via the network, and a third step of communicating with the communication device of the calling and dial-up connection communication device.

【0016】なお、上記ネットワークとしては、例えば、インターネット網など、コネクションレス型のネットワークや、パソコン通信などが挙げられ、上記通信回線としては、例えば、電話回線や船舶無線などが挙げられる。 [0016] It should be noted that, as the above-mentioned network, for example, such as the Internet network, and connectionless network, such as a personal computer communication and the like, as is the communication line, for example, such as a telephone line or a ship radio.

【0017】一般に、相手を呼び出せないネットワークは、電話回線など、相手を呼び出し可能な通信回線などに比べて実現が容易である。 [0017] In general, a network that does not call the other party, such as a telephone line, it is easy to achieve compared to such as callable communication line opponent. また、ダイアルアップ接続のように、通信機器が必要に応じてネットワークに接続する場合には、ネットワークと通信機器との通信路と、 Further, as the dial-up connection, when connecting to the network communication device optionally includes a communication path between the network and the communication device,
例えば、アドレスなど、ネットワーク上の資源とを他の通信機器や他の用途と共用できる。 For example, address, etc., and a resource on the network can be shared with another communication equipment or other applications. したがって、ダイアルアップ接続された通信機器は、上記通信回線を用いて直接通信する場合、および、ネットワークと専用線にて接続される場合に比べて、通信費用の低減が可能である。 Accordingly, dial-up connected communication equipment, to communicate directly with the communication line, and, as compared with the case connected network with at leased line, it is possible to reduce the communication cost.

【0018】上記構成では、発呼側の通信機器とダイアルアップ接続通信機器との両通信機器が、ネットワークを介して通信する前に、発呼側の通信機器は、ダイアルアップ接続通信機器へ接続要求を伝える。 [0018] In the above configuration, both the communication device of the calling communication device and a dial-up connection communication device is, before communicating via a network, the communication device of the calling side, a connection request to the dial-up connection communication device tell. これにより、 As a result,
ダイアルアップ接続通信機器がネットワークに接続されていない場合であっても、上記第3工程における通信時には、ネットワークへ接続させることができる。 Even if the dial-up connection communication device is not connected to the network, the at the time of communication in the third step, it is possible to connect to the network. それゆえ、安い料金で通信可能なダイアルアップ接続通信機器において、所望のタイミングで確実に通信を開始でき、 Thus, in a communicable dial-up connection communication equipment at a cheap rate, you can reliably initiate a communication at a desired timing,
リアルタイム通信が可能になる。 Real-time communication is possible.

【0019】また、請求項2の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、請求項1記載の発明の構成において、上記第3工程は、上記発呼側の通信機器およびダイアルアップ接続通信機器のうちで送信側の通信機器が、当該第3工程にて送出するデータの少なくとも一部を暗号化して送出する暗号工程と、受信側の通信機器が、暗号化されたデータを復号する復号工程とを含んでいることを特徴としている。 Moreover, recalling dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 2 is the configuration of the invention of claim 1, wherein the third step, the communication equipment and a dial-up connection communication device of the calling party communication device on the transmitting side out is, an encryption step of at least a portion of the data to be delivered at the third step sent encrypted, communication equipment on the receiving side, a decoding step of decoding the encrypted data It is characterized in that it contains.

【0020】なお、暗号化する際に使用する方法は、暗号化と復号とで共通の暗号鍵を使用する方法や、公開鍵を用いて暗号化し、公開鍵とは別の秘密鍵を用いて復号する方法など、種々の方法を適用できる。 [0020] It should be noted that the method to be used for encryption, and how to use a common encryption key in the encryption and decryption, encrypted using the public key, using another of the secret key from the public key and a method for decoding, can be applied a variety of methods. また、両通信機器は、第3工程に先立って、例えば、上記第1工程での通信、あるいは、郵送など、所定の方法により、共通の暗号鍵や相手の公開鍵などの暗号鍵を取得している。 Further, both the communication device, prior to the third step, for example, communication in the first step, or the like mail, by a predetermined method to obtain the encryption key, such as public key encryption key common and counterpart ing.

【0021】ネットワークを介して通信する場合、伝送されるデータは、盗聴あるいは改ざんされる虞れがある。 [0021] When communicating via the network, data to be transmitted, there is a possibility to be eavesdropped or tampered. 特に、ネットワークとして、インターネット網などを使用する場合には、発信側および受信側の通信機器がデータの伝送路を指定できないため、盗聴など、通信の妨害の危険性は大きい。 In particular, as the network, when using the Internet network, since the communication apparatus of the calling side and the receiving side can not specify a data transmission path, such as eavesdropping, the risk of interference with communications is large.

【0022】ところが、上記構成では、通信内容のうち、少なくとも一部は、暗号化によって、発呼側の通信機器およびダイアルアップ接続通信機器以外の第三者から隠蔽されている。 [0022] However, in the above configuration, in the communication content, at least in part, by encryption, it is concealed from a third party other than the calling communication device and a dial-up connection communication devices. この結果、通信内容を暗号化せず、 As a result, without encrypting the communication content,
平文のまま伝送する場合に比べて、通信妨害に対する安全性を向上できる。 As compared with the case of transmitting clear text, it is possible to improve the security against communication jamming.

【0023】なお、暗号化するデータは、例えば、通信内容そのもの、両通信機器の使用者名あるいはアドレスなどが挙げられる。 [0023] The data to be encrypted, for example, communication content itself, such as a user name or address of both the communication device and the like. ただし、暗号化するデータ量が増大するに従って、両通信機器の負担が増大するので、通信の重要度を考慮して、一部のデータのみを暗号化してもよい。 However, according to the amount of data to be encrypted is increased, since the burden of both the communication device is increased, in consideration of the importance of communication, only a part of the data may be encrypted. 一般に、使用者名やアドレスなどが第三者に傍聴されると、通信内容の重要性を推測されやすい。 In general, when such as user names and addresses are hearing to a third party, it is estimated the importance of communication content easy. したがって、画像や音声などの通信に先立って、使用者名やアドレスなどを送信する場合には、これらを暗号化することが特に望まれる。 Therefore, prior to the communication, such as images and sound, when transmitting such user names and addresses, it is particularly desirable to encrypt them. これにより、両通信機器の負担を余り増加させることなく、通信妨害に対する安全性を向上できる。 Thus, without increasing too much the burden of both the communication device can improve the security against communication jamming.

【0024】さらに、請求項3の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、請求項2記載の発明の構成において、上記第1工程は、発呼側の通信機器あるいはダイアルアップ接続通信機器が、暗号化の際に使用される暗号鍵を相手に通知する工程を含んでいることを特徴としている。 Furthermore, calling a method of dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 3 is the structure of the invention of claim 2, wherein the first step is communication equipment or dial-up connection communication apparatus of the calling side, that includes the step of notifying the cipher keys used in the encryption partner are characterized.

【0025】なお、暗号化の際に公開鍵を使用する場合、相手には、自らの秘密鍵に対応した公開鍵が通知される。 [0025] In addition, if you use the public key to the time of encryption, the opponent, the public key corresponding to its own secret key is notified. また、共通の暗号鍵を用いて暗号化する場合、当該暗号鍵が相手に通知される。 In the case of encrypted using a common encryption key, the encryption key is notified to the other party.

【0026】上記構成では、接続要求毎に暗号鍵を通知するので、前回通信したときと暗号鍵を変更した場合であっても、何ら支障なく、両通信機器は、暗号化したデータを送受できる。 [0026] In the above arrangement, since notifies the encryption key for each connection request, even if you change the encryption key and when previous communication, without any problem, both the communication device can send and receive encrypted data . 加えて、通信回線を用いて、接続要求の通知と暗号鍵の送付との双方を一括して行っている。 In addition, by using a communication line, we have performed together both the sending of the notification and the encryption key of the connection request. したがって、両者を個別に行う場合に比べて、通信回線を接続する手間を削減できる。 Therefore, as compared with the case where both separately, can be reduced labor for connecting a communication line.

【0027】さらに、例えば、郵送などによって、暗号鍵を設定する場合、各通信機器は、使用前に暗号鍵を設定する必要がある。 Furthermore, for example, by mail, to set the encryption key, each of the communication devices, it is necessary to set the encryption key prior to use. 暗号鍵は、それぞれの通信機器毎に用意されるので、特に、通信相手の数が増加すると、設定時の手間も増大する。 Encryption key, because it is prepared for each communication device, in particular, when the number of communication partners is increased, also increases labor setting. これに対して、請求項3記載の発明の構成では、接続毎に暗号鍵を通知しており、各暗号鍵を予め設定する必要がないので、設定時の手間を削減できる。 In contrast, in the configuration of the invention described in claim 3, and notifies the encryption key for each connection, there is no need to configure each encryption key in advance, it can be reduced the labor of setting.

【0028】また、暗号鍵は、通信回線を介して、相手の通信機器へ伝送され、当該暗号鍵にて暗号化されたデータは、ネットワークを介して伝送される。 Further, the encryption key, via a communication line, are transmitted to the communication device on the partner, data encrypted by the encryption key is transmitted via the network. したがって、第三者が通信の妨害を試みる場合、双方の通信を傍受する必要がある。 Accordingly, if a third party attempts to interference of the communication, it is necessary to intercept both communications. この結果、単一の通信手段にて、暗号鍵とデータとを送信する場合に比べて、通信妨害に対する安全性を向上できる。 As a result, in a single communication means, as compared with the case of transmitting the encryption key and data, thereby improving the security against communication jamming.

【0029】一方、請求項4の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、請求項1、2または3記載の発明の構成において、上記ネットワークには、 On the other hand, it calls a method of dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 4, in the configuration of the invention of claim 1, wherein, in said network,
発呼側の通信機器とダイアルアップ接続通信機器との間の通信を中継するサーバが設けられており、上記第3工程は、上記両通信機器が、自らを示す登録名を上記サーバへそれぞれ通知する工程と、上記両通信機器が、相手の登録名を上記サーバへ通知して、相手の通信機器を選択する工程と、上記サーバが選択された通信機器間の通信を中継する工程とを含んでいることを特徴としている。 Is provided with a server for relaying communication between the calling communication device and a dial-up connection communication device, the third step, the two communication devices, notifies each registered name indicating themselves to the server a step, the both communications device, the registered name of the other party by notification to the server, a step of selecting a communication device on the partner, and a step of relaying communications between communication devices the server is selected It is characterized in that there.

【0030】なお、上記ネットワークとしては、例えば、インターネット網など、コネクションレス型のネットワークが挙げられる。 [0030] As the above-mentioned network, for example, such as the Internet network, and a connectionless network. また、この構成では、上記請求項2あるいは3で暗号化する際、特に適したデータとして、両通信機器の登録名が挙げられる。 Further, in this configuration, when encrypting the above claims 2 or 3, as particularly suitable data, registered name of both the communication device and the like.

【0031】上記構成では、請求項1と同様に、ダイアルアップ接続通信機器がネットワークに接続されていない場合であっても、上記第3工程における通信時には、 [0031] In the above structure, as in claim 1, even when the dial-up connection communication device is not connected to the network, at the time of communication in the third step,
ネットワークへ接続させることができる。 It can be connected to the network. これにより、 As a result,
両通信機器は、ネットワークに設けられたサーバを介して、所望のタイミングで確実に通信を開始できる。 Both communication device via a server provided to the network can be started reliably communicate at a desired timing. なお、サーバが登録名を公開する場合であっても、使用者名を暗号化して登録することによって、両通信機器の使用者名を第三者から容易に隠蔽できる。 Even if the server to publish registered name, by registering by encrypting the user name can easily conceal user names of both the communication device from a third party.

【0032】また、請求項5の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、請求項1、2または3記載の発明の構成において、上記ネットワークは、例えば、インターネット網など、データを伝送する際、当該ネットワークにおけるアドレスによって送信先を特定すると共に、ダイアルアップ接続通信機器に対して、接続毎に臨時のアドレスを割り当てるネットワークであり、上記第3工程は、ダイアルアップ接続通信機器が、 Further, recalling dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 5 is the structure of the invention of claim 1, 2 or 3 wherein said network is, for example, when transmitting Internet network, data , with specifying the destination by the address in the network, with respect to a dial-up connection communication device is a network for assigning a temporary address for each connection, the third step, dial-up connection communication device,
現接続における自らのアドレスを取得する工程と、電子メールによって、ダイアルアップ接続通信機器が、発呼側の通信機器へ自らのアドレスを通知する工程と、発呼側の通信機器およびダイアルアップ接続通信機器が、互いのアドレスにより相手を特定して通信する工程とを含んでいることを特徴としている。 A step of acquiring its own address in the current connection, the e-mail, dial-up connection communication device, a step of notifying its own address to the calling-side communication device, the calling-side communication device and a dial-up connection communication device It is characterized in that it contains a step of communicating to identify the other party by mutual address.

【0033】ところで、ダイアルアップ接続通信機器の場合には、ネットワークと接続するまでアドレスが未定である。 [0033] By the way, in the case of a dial-up connection communication equipment, address to be connected to the network is undecided. したがって、従来の方法では、発信側の通信機器が受信側のアドレスを把握できず、ダイアルアップ接続された通信機器同士は、ネットワークを介して通信できない。 Therefore, in the conventional method, communication apparatus of the calling side can not know the address of the receiving, the communication between devices that are dial-up connection is not able to communicate over the network.

【0034】一方、請求項4記載の発明の構成のように、両通信機器間の通信を中継するサーバをネットワークに設ける場合には、ダイアルアップ接続された通信機器同士であっても、何ら支障なく通信できる。 On the other hand, as in the configuration of the invention described in claim 4, in the case of providing a server for relaying communication between the communication devices in the network, even communication between devices that are dial-up connection, without any trouble It can communicate. ところが、この場合には、サーバを別に設ける費用や維持費などが必要となる。 However, in this case, such as provided separately from costs and maintenance costs of the server is required. また、サーバが混み合っている場合には、両通信機器間で通信できなくなる虞れがある。 Also, if the server is busy, there is a risk that can not communicate between the two communication devices.

【0035】これに対して、請求項5記載の発明の構成では、ダイアルアップ接続通信機器は、ネットワークに接続した後、自らのアドレスが確定した時点で、発呼側の通信機器へ当該アドレスを通知できる。 [0035] In contrast, in the configuration of the fifth aspect of the present invention, dial-up connection communication device, after connecting to the network, when the own address is determined, notifies the address to the calling-side communication equipment it can. これにより、 As a result,
請求項4の構成のように、サーバを設けることなく、両通信機器は、ネットワークを介して通信できる。 As the fourth aspect, without providing a server, both communication devices may communicate over a network. したがって、請求項4記載の発明の構成に比べて、通信に要する費用をさらに削減できると共に、サーバの混雑に関わらず、両通信機器は、確実に通信できる。 Therefore, as compared with the configuration of the invention described in claim 4, it is possible to further reduce the cost required for communication, irrespective of the server congestion, both the communication device can communicate securely.

【0036】ところで、ネットワークを介する通信が終了すると、ダイアルアップ接続通信機器は、ネットワークとの接続を切断する。 [0036] By the way, the communication through the network is completed, dial-up connection communication equipment, to disconnect from the network. ここで、ダイアルアップ接続通信機器がネットワークとの回線切断に失敗すると、当該ダイアルアップ接続通信機器は、ネットワークに接続され続けるので、通信費用が不所望に高騰する。 Here, the dial-up connection communication device fails to line disconnection with the network, the dial-up connection communication device, so connected to the network continues, the communication costs are rising undesirably. 特に、例えば、ダイアルアップ接続通信機器が監視制御システムの子局である場合など、ダイアルアップ接続通信機器の周囲に使用者がいない場合には、回線切断に失敗したことを把握しにくい。 In particular, for example, when a dial-up connection communication device is a slave station of the monitoring control system, when the user is not in the periphery of the dial-up connection communication device, difficult to grasp a failure to line disconnection. したがって、回線切断に失敗した場合、当該ダイアルアップ接続通信機器が不所望にネットワークに接続される期間が長くなりがちであり、無駄な通信費用が増大する虞れが大きい。 Therefore, if it fails to line disconnection, tend period becomes longer to the dial-up connection communication device is connected to undesirably network, risk is large that unnecessary communication costs increases.

【0037】これに対して、請求項6の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、請求項1、 [0037] On the contrary, calling a method of dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 6, claim 1,
2、3、4または5記載の発明の構成において、さらに、上記第3工程の後で、上記発呼側の通信機器がダイアルアップ接続通信機器を上記通信回線にて直接呼び出して、当該ダイアルアップ接続通信機器が当該通信回線との回線接続を正常に切断したか否かを確認する第4工程を含んでいることを特徴としている。 In the configuration of the invention 2, 3, 4 or 5, further comprising: after the third step, the calling communication device of a dial-up connection communication device directly calls in the communication line, the dial-up connection communication equipment is characterized in that it comprises a fourth step of confirming whether the normally disconnects the line connection with the communication line.

【0038】上記構成において、発呼側の通信機器は、 [0038] In the above structure, the communication device of the caller,
ダイアルアップ接続通信機器との通信が終了すると、例えば、直接呼び出した際の呼出し音などによって、回線切断の成否を確認する。 When communication with the dial-up connection communication device is completed, for example, by ringing when calling direct, to confirm the success or failure of line disconnection. これにより、発呼側の通信機器は、ダイアルアップ接続通信機器の回線切断失敗を確実に認識できる。 Thus, the communication apparatus of the calling side can reliably recognize the line disconnection failure of dial-up access communication equipment. したがって、例えば、発呼側の通信機器がダイアルアップ接続通信機器へ回線切断を再度指示したり、発呼側の通信機器の使用者がダイアルアップ接続通信機器の設置場所へ赴いて回線を切断するなど、適切な処置を講じることができる。 Thus, for example, communication equipment of the calling side or re-direct the line disconnection to a dialup connection communication devices, such as the user of the calling communication device to disconnect the line with went to the location of the dial-up connection communication equipment, it is possible to take appropriate action. この結果、回線切断の失敗に起因する無駄な通信費用の発生を確実に防止できる。 As a result, a wasteful communication fee due to failure of line disconnection can be reliably prevented.

【0039】なお、回線が接続されている期間と、回線が切断されている期間とで異なった呼出し音を用いる通信回線の場合は、所定回数の呼出し音があるまで着呼しないように、ダイアルアップ接続通信機器を設定すると共に、確認時において、発呼側の通信機器が呼出し音を当該所定回数までに識別することによって、回線の切断を確認できる。 [0039] Note that the period during which the line is connected, in the case of a communication line using a different ringing tone in the period the line is disconnected, so as not to call until the call tone of a predetermined number of times, a dial-up it sets the access communication equipment, at the time of confirmation, by the communication device of the calling party to identify the calling tone until the predetermined number of times, can confirm the disconnection of the line. この場合、発呼側の通信機器が上記所定回数までに直接呼び出しに使用した回線を切断すれば、 In this case, if the line is disconnected by the communication apparatus of the calling side is used to directly call up the predetermined number of times,
ダイアルアップ接続通信機器がネットワークとの回線を正常に切断できた場合であっても通信費用は不要である。 Communication costs even if the dial-up connection communication device can successfully disconnect the line with the network is not required.

【0040】ところで、請求項1の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法を用いると、所望のタイミングで通信の開始が可能で、かつ、通信費用を削減できる通信システムを構築できる。 [0040] Incidentally, when using the method of calling dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 1, it can start communication at a desired timing, and can construct a communication system which can reduce the communication cost.

【0041】ここで、監視制御システムでは、一般に、 [0041] Here, in the monitoring and control systems, in general,
子局が、親局から離れた場所に設置されており、かつ、 Slave station, which is located away from the master station, and,
親局が数多くの子局を監視制御する。 Parent station control and monitoring a large number of the slave station. したがって、親局と子局とが通信する際の費用は、増大しがちであり、通信費用の削減が強く要求されている。 Therefore, the cost at the time of communication and the master station and the slave station is increased prone, reducing the communication cost is strongly demanded. 特に、設置場所を監視する場合など、子局が親局へ送出するデータが映像データの場合、データ量が極めて多いので、呼び出し可能な通信回線を介して当該データを伝送すると、高い通信費用が必要になる。 In particular, for example, to monitor the location, if the child station data to be sent is video data to the master station, since the amount of data is very large, when transmitting the data via a callable communication line, a high communication cost be required. 一方、監視制御システムでは、指示の遅れが事故の拡大に直結するので、子局は、親局の指示に即座に応答しなければならない。 On the other hand, in the supervisory control system, since the delay of the instruction is directly connected to expansion of the accident, the slave station must respond immediately to an instruction of the parent station. したがって、ダイアルアップ接続により接続されるネットワークのみを介して、子局が親局と通信する場合、子局が親局の指示に即応できず、事故を拡大させる虞れがある。 Thus, only through the network connected by dial-up connection, if the slave station to communicate with the master station, the slave station can not responsive to an instruction of the master station, there is a possibility to expand the accident. これらの結果、監視制御システムでは、親局の指示に対する子局の即応性を保ったまま、通信費用を削減することが強く求められている。 These results, in the monitoring and control systems, while maintaining the responsiveness of the slave station to the indicated master station, and it is strongly demanded to reduce communication costs.

【0042】これに対して、請求項7の発明に係る監視制御システムは、上記課題を解決するために、設備機器を有する子局と、当該子局との通信によって上記設備機器を制御する親局とを備えた監視制御システムにおいて、上記親局は、呼び出し可能な通信回線を介して上記子局を呼び出し、接続要求を伝えた後で、上記通信回線とは別に設けられたネットワーク経由で上記子局と通信する親局通信手段を備え、上記子局は、上記通信回線を介して、上記接続要求を受け取った後で、上記ネットワークにダイアルアップ接続して、当該ネットワーク経由で上記親局と通信する子局通信手段を備えていることを特徴としている。 [0042] In contrast, the parent monitor control system according to the invention of claim 7, in order to solve the above problems, to control the slave station having the equipment, the equipment through communication with the child station in the monitoring control system having a station Prefecture, the master station can call said child stations via callable communication line, after conveyed the connection request, the across the network that is provided separately from the above-mentioned communication line comprising a master station communication means for communicating with a slave station, said child station through the communication line, after receiving the connection request, and dial-up connection to the network, communicating with the master station via the network It is characterized in that it comprises a child station communication means.

【0043】上記構成において、親局の親局通信手段は、例えば、使用者の指示があった時点などの任意の時点で、電話などの通信回線を介して子局を呼び出す。 [0043] In the above structure, the master station communication means of the parent station, for example, at any time, such as when there is an instruction of a user, calls the slave station via a communication line such as a telephone. 一方、子局の子局通信手段は、親局からの接続要求を受け取った後、ダイアルアップ接続によって、例えば、インターネットなどのネットワークとの接続を確立する。 On the other hand, the slave station communication means of the child station, after receiving a connection request from the master station, the dial-up connection, for example, to establish a connection with the network such as the Internet. その後、親局と、子局とは、ネットワークを介してデータを送受する。 Thereafter, the master station and the slave station transmits and receives data via the network.

【0044】上記構成では、子局が、安い料金で通信可能なダイアルアップ接続によって、ネットワークと接続されているので、通信回線のみを用いて、子局が親局と通信する場合に比べて、通信費用を大幅に削減できる。 [0044] In the above configuration, the slave station is, the communicable dial-up connection at a cheap rate, because it is connected to a network, by using only the communication line, as compared with the case where the slave station to communicate with the master station, the communication costs can be greatly reduced.
一方、呼び出し可能な通信回線を用いて、親局が子局を呼び出した後、ネットワークを介して、データの送受信が行われるので、親局は、所望のタイミングで子局との通信を開始できる。 On the other hand, using a callable communication line, after the master station calls the slave station, via the network, the data is transmitted and received, the master station can initiate communication with the slave station at a desired timing . これらの結果、親局の指示に対して、子局が即応可能でありながら、子局と親局との間の通信費用を大幅に削減可能な監視制御システムを実現できる。 These results, for the indicated master station, while the slave station is capable readiness, the communication cost between the slave station and the master station can achieve significant reductions possible monitoring and control system.

【0045】 [0045]

【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

〔第1の実施形態〕本発明の一実施形態について図1ないし図4に基づいて説明すると以下の通りである。 Is described below with reference an embodiment in FIGS. 1 to 4 of the First Embodiment present invention. 本実施形態に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、発呼側と被呼側とが電話回線およびインターネット網を介して通信でき、かつ、少なくとも被呼側の通信機器がインターネット網へダイアルアップ接続されている通信システムに適用される呼び出し方法であって、例えば、日本とアメリカとなど、長距離で通信する際に特に好適な方法である。 Calling method dialup connection communications device of the present embodiment includes a calling party and the called party can communicate via a telephone line and the Internet, and communication devices of at least the called side is a dial-up connection to the Internet network a call method applied to a communication system has, for example, such as Japan and the United States, is a particularly preferred method to communicate over long distances. なお、ダイアルアップ接続とは、 It is to be noted that the dial-up connection,
通信機器がインターネット網などのネットワークと常時接続されておらず、各通信機器が必要と判断したときに、ネットワークと接続する方法である。 Communication device is not connected at all times and a network such as the Internet network, when the communication device is determined to be necessary, is a method to connect to the network.

【0046】以下では、上記呼び出し方法、および、これを実施する通信機器について説明する前に、当該通信機器が使用される通信システムについて説明する。 [0046] In the following, the calling method, and, before describing a communication device to do this, a description will be given of a communication system to which the communication device is used. すなわち、図1に示すように、本実施形態に係る通信システム1は、上記呼び出し方法を具備し、発呼側あるいは被呼側となる通信機器2および3を備えている。 That is, as shown in FIG. 1, a communication system 1 according to this embodiment, includes the calling method, a communication device 2 and 3 the calling or called party. 本実施形態では、各通信機器2・3のいずれが発呼側になるか被呼側になるかは、特に決められておらず、両通信機器2 In the present embodiment, one is put in the or the called party becomes the calling party of the communication devices 2, 3 is not particularly determined, both communication devices 2
・3は、後述するように、発呼側および被呼側双方の機能を有している。 - 3, as will be described later, has a function of calling and called both. なお、被呼側となる通信機器2・3 The communication device 2, 3 to be called party
が、特許請求の範囲に記載のダイアルアップ接続通信機器に対応する。 But corresponds to the dial-up connection communication device according to the claims.

【0047】上記両通信機器2・3は、それぞれ電話回線(通信回線)4に接続されている。 [0047] The two communication devices 2, 3 are connected to each telephone line (communication line) 4. 上記電話回線4 The telephone line 4
は、例えば、ISDN( Integrated Services Digital Is, for example, ISDN (Integrated Services Digital
Network)などのデジタル回線、あるいはアナログ回線などであり、各通信機器2・3は、例えば、ダイアルを回すなどして、図示しない電話回線4の交換機へ相手先の電話番号を通知できる。 Network) and the like digital line or analog lines, such as, each of the communication devices 2, 3, for example, by including turning the dial, can notify a telephone number of the destination to the exchange of the telephone line 4 (not shown). これにより、各通信機器2・ As a result, 2-each communication equipment
3は、電話回線4を介して、互いに相手を呼び出し、直接通信できる。 3, through the telephone line 4, calls the other party to each other, can communicate directly.

【0048】また、各通信機器2・3の使用者は、インターネット接続業者(プロバイダ)5あるいは6に加入しており、通信機器2・3は、ダイアルアップ接続によって、インターネット網(ネットワーク)7をそれぞれ使用できる。 [0048] Also, the user of each communication apparatus 2, 3 are subscribed to Internet service (provider) 5 or 6, the communication device 2, 3, respectively by the dial-up connection, the Internet (network) 7 It can be used. 各通信機器2・3は、発呼側になる場合と被呼側になる場合とがあるので、両プロバイダ5・6には、同じ機能が要求される。 Each of the communication devices 2, 3, since there is the case made when the called party comprising the calling party, on both the provider 5, 6, the same function is required. 以下では、説明の便宜上、 In the following, for convenience of explanation,
通信機器2側のプロバイダ5について説明するが、プロバイダ6の構成も同様である。 Although described provider 5 of the communication device 2 side, the structure of the provider 6 is similar.

【0049】具体的には、プロバイダ5は、電話回線4 [0049] Specifically, the provider 5, telephone line 4
を介して通信機器2から接続要求を受けた場合、アカウント(使用資格)を示すIDと、各ID毎に予め設定されたパスワードとを入力させる。 When receiving a connection request from the communication device 2 via, to input an ID representing the account (entitlement), and a password which is previously set for each ID. アカウントとパスワードとの照合が終わると、プロバイダ5は、自らが保有しているインターネット網7上におけるアドレス(IPアドレス)のうち空いているIPアドレスを、当該通信機器2の臨時のIPアドレスとして割り当てる。 When checking the account and password, the provider 5, a free IP address out of the address (IP address) on the Internet network 7 itself owns, allocated as an IP address of the temporary the communication equipment 2 . これにより、通信機器2は、現接続時における自らのIPアドレスを認識できる。 Accordingly, the communication device 2 can recognize its own IP address at the time of current connection. この結果、通信機器2は、所定の大きさ毎に区切られたデータ列(データグラム)を作成してプロバイダ5へ送出したり、プロバイダ5から受け取ったデータグラムのうち、自分宛のデータグラムを識別できる。 As a result, the communication device 2, or sent to the provider 5 by creating a predetermined size each delimited data string (data grams), of the datagram received from the provider 5, datagrams addressed to It can be identified. プロバイダ5は、通信機器2からのデータグラムをインターネット網7へ転送し、インターネット網7からのデータグラムを通信機器2へ送出する。 Providers 5, forward datagrams from the communication device 2 to the Internet network 7, and sends a datagram from the Internet network 7 to the communication device 2. これにより、通信機器2は、固有のIPアドレスを持たなくてもインターネット網7へ接続できる。 Accordingly, the communication device 2 may not have a unique IP address can connect to the Internet network 7.

【0050】プロバイダ5は、ダイアルアップ接続による加入者の間で、IPアドレスやインターネット網7との接続回線などを共有している。 [0050] provider 5, between the subscriber by the dial-up connection, share or connection line to the IP address or the Internet network 7. したがって、プロバイダ5において、ダイアルアップ接続の接続料金は、通信機器2が固有のIPアドレスを保持し、専用の通信回線を介してインターネット網7と常時接続している場合、 Thus, the provider 5, connection fees dialup connection, if the communications device 2 maintains its own IP address, always connected to the Internet network 7 via a dedicated communication line,
すなわち、専用回線接続の場合に比べて安く設定されていることが多い。 That is, it is often set cheaper than that of a dedicated line connection.

【0051】また、プロバイダ5は、電話回線4を介して通信機器2と通信するために、アクセスポイントを備えている。 [0051] Also, the provider 5 in order to communicate with the communication device 2 via the telephone line 4 is provided with an access point. アクセスポイントは、例えば、市内局番で通話できる範囲内など、通信機器2の近隣に配されており、通信機器2は、プロバイダ5と通信する際、電話回線4の使用料(通話料)を安く抑えることができる。 The access point, for example, within a range that can call in city code, are arranged close to the communication device 2, the communication device 2, when communicating with a provider 5, charge for telephone line 4 (toll) it is possible to suppress cheap.

【0052】さらに、プロバイダ5は、通信機器2のメールサーバでもある。 [0052] In addition, the provider 5 is also a mail server of the communication device 2. 具体的には、プロバイダ5は、通信機器2に、電子メールアドレスを予め割り当てており、これに対応した図示しない記憶領域(メールボックス)を備えている。 Specifically, the provider 5, the communication device 2 has previously allocated the e-mail address, and a storage area (mailboxes) (not shown) corresponding thereto. 通信機器2宛の電子メールは、プロバイダ5へ配送され、プロバイダ5は、通信機器2宛の電子メールを受け取って、対応するメールボックスに蓄積する。 E-mail communication device 2 destined is delivered to the provider 5, the provider 5 receives the e-mail communication device 2 intended, it accumulates in the corresponding mailbox. プロバイダ5は、インターネット網7に常時接続されており、そのIPアドレスは、常に一定である。 Provider 5 is always connected to the Internet network 7, the IP address is always constant.
したがって、通信機器2がインターネット網7に接続されているか否か、および、接続時のIPアドレスに関わらず、電子メールは確実に配送される。 Therefore, the communication device 2 whether or not it is connected to the Internet network 7, and, regardless of the connection time IP address, e-mail is reliably delivered. 各通信機器2 Each of the communication device 2
は、ダイアルアップ接続した際に、自分宛の電子メールを上記メールボックスから読み出すことができる。 It can be read when you dial-up connection, an e-mail addressed to itself from the mail box.

【0053】現在、インターネット網は、広く普及しつつあり、多くのプロバイダがサービスを開始している。 [0053] Currently, the Internet network, are becoming widespread, many providers have started the service.
これらのプロバイダの多くは、ダイアルアップ接続をサポートしており、メールサーバの機能を備えている。 Many of these providers, supports dial-up connection, has a function of the mail server. したがって、通信機器2および3を設けることによって、 Accordingly, by providing the communication device 2 and 3,
本実施形態に係る通信システム1を容易に構成できる。 The communication system 1 according to this embodiment can be easily constituted.

【0054】続いて、各通信機器2・3の構成例として、例えば、ビデオ会議などのように音声と画像との双方を伝送する場合を中心に説明する。 [0054] Then, as a configuration example of each of the communication devices 2, 3, for example, the case of transmitting both voice and images, such as video conference center. なお、以下では、 In the following,
音声と画像との双方を伝送する場合に限らず、両通信機器2・3が、インターネット網7などのネットワークを介して、リアルタイムにデータを伝送することをネットワーク会議と総称する。 Not only in the case of transmitting both voice and image, both communication devices 2, 3, via a network such as the Internet network 7, collectively referred to as a network meeting the transmission of data in real time.

【0055】また、各通信機器2・3の実現方法としては、後述するように種々の構成が考えられるが、ここでは、通信機器2(3)が、電話回線4およびインターネット網7との接続を制御する接続器2a(3a)と、入出力装置となるコンピュータ2b(3b)とを備えている構成について説明する。 [0055] As the method of realizing each of the communication devices 2, 3, various configurations may be used as described below, here, the communication equipment 2 (3), the connection between the telephone line 4 and the Internet network 7 and controls the connection unit 2a (3a), it will be described structure and a computer 2b (3b) of the input-output device. この構成では、本実施形態に係る呼び出し方法は、接続器2aが実施している。 In this configuration, it calls the method according to the present embodiment, connector 2a is performed. また、各通信機器2・3には、上記呼び出し方法による通信以外の通常通話用に、電話器2c・3cがそれぞれ設けられている。 Further, each communication apparatus 2, 3, for normal calls other than the communication by the calling method, telephone 2c, 3c are respectively provided. なお、両通信機器2・3は、同様の構成を有しているので、以下では、説明の便宜上、通信機器2の構成についてのみ詳細に説明する。 Incidentally, both the communication device 2 · 3, since it has the same configuration, in the following description, will be described in detail only the structure of the communication device 2.

【0056】すなわち、コンピュータ2bは、例えば、 [0056] In other words, the computer 2b is, for example,
ビデオカメラやマイクなど、図示しない入力装置を備えており、使用者側の音声や画像などをデジタルのデータ列として接続器2aへ伝送できる。 Such as a video camera and microphone, and an input device (not shown), it can be transmitted to the connector 2a of the user-side voice and images, etc. as digital data string. また、コンピュータ2bは、モニタやスピーカーなどの出力装置(図示せず)を備えており、接続器2aを介し、通信機器3から受け取ったデータ列を画像や音声として使用者に通知できる。 The computer 2b is provided with an output device such as a monitor or speakers (not shown), via a connector 2a, it notifies the user of the data string received from the communication apparatus 3 as an image or sound.

【0057】コンピュータ2bと接続器2aとの間は、 [0057] between the computer 2b and the connector 2a is,
例えば、RS232CやRS422A、IrDA、あるいは、LANなど、予め選択された通信方法によって接続されており、双方向にデータを送受できる。 For example, RS232C and RS422A, IrDA or, like LAN, are connected by a pre-selected communication method can send and receive data bidirectionally. なお、両者間の通信方法は、リアルタイムに双方向通信が可能であれば、有線/無線、あるいは、デジタル/アナログ、 The communication method between both, real-time two-way communication is possible, or wired / wireless, digital / analog,
通信速度や通信規格を問わない。 It does not matter the communication speed and communication standards.

【0058】一方、本実施形態に係る接続器2aは、図2に示すように、本実施形態に係る呼び出し方法を実施するプログラムや各種設定などを記憶するFlashメモリ11と、上記所定の通信方法でコンピュータ2bと通信するインターフェース部12と、電話回線4および電話器2cと接続されている通信用IC( Integrated Meanwhile, connector 2a according to the present embodiment, as shown in FIG. 2, the Flash memory 11 for storing programs and various settings for implementing the paging method according to the present embodiment, the predetermined communication method in an interface unit 12 for communicating with the computer 2b, telephone line 4 and a telephone 2c and communication IC connected (Integrated
Circuit )13と、接続器2a全体を制御するCPU Circuit) and 13, CPU for controlling the entire connector 2a
(Central Processing Unit)14と、作業用の記憶領域となるRAM( Random Access Memory )15とを備えている。 It includes a (Central Processing Unit) 14, a RAM (Random Access Memory) 15 as a storage area for work. さらに、例えば、通信機器3の電子メールアドレスなど、接続器2aの状態を表示するために、状態表示液晶パネル16が設けられている。 Furthermore, for example, e-mail address of the communication device 3, in order to display the status of the connector 2a, status display liquid crystal panel 16 is provided. 各部材11ないし16は、それぞれバス17に接続されており、各部材間のデータは、バス17を介して伝送される。 Each member 11 to 16 are connected to the bus 17, respectively, the data between the members is transmitted via the bus 17.

【0059】上記Flashメモリ11は、電気的に書換え可能な不揮発性のメモリであって、後述する動作を行うプログラムと、当該プログラムにて使用する各種設定値とが格納されている。 [0059] The Flash memory 11 is an electrically rewritable nonvolatile memory, and a program for performing the operation described later, and various setting values ​​used in the program is stored. 具体的には、通信機器3に関する設定値としては、直接呼び出す際の電話番号などが挙げられる。 Specifically, the set value for communication equipment 3, and the like phone numbers for calling directly. さらに、直接呼び出す際に、通信機器3が通信機器2を識別するためのパスワードも格納されている。 Furthermore, when calling direct, communication device 3 is also stored password for identifying the communication device 2. 当該パスワードは、予め通信機器3にも伝えられており、通信機器3は、このパスワードを照合することによって、正規の使用者からの呼び出しか否かを判定できる。 The password is transmitted to advance communication device 3, the communication device 3, by matching the password can determine whether calls from authorized users. また、プロバイダ5に関する設定値として、プロバイダ5の電話番号、アカウント、パスワード、および自分の電子メールアドレスが格納されている。 In addition, as the setting value for the provider 5, telephone number of the provider 5, account, password, and your e-mail address is stored. さらに、本実施形態では、インターネット網7を介して通信する際、通信機器2と通信機器3とは、例えば、RSA符号などの公開鍵暗号方式を用いて、通信内容の少なくとも1部を暗号化して通信する。 Furthermore, in the present embodiment, when communicating via the Internet network 7, the communication device 2 and the communication device 3, for example, by using a public key cryptosystem such as RSA code, it encrypts at least a portion of the communication content to communicate Te. したがって、Flashメモリ11は、暗号化および復号化の際に使用する秘密鍵および公開鍵も記憶している。 Thus, Flash memory 11, private and public keys for use in encryption and decryption are also stored. なお、当然ながら、Fl It should be noted, of course, Fl
ashメモリ11に代えて、ROM( Read-Only Memor ash in place of the memory 11, ROM (Read-Only Memor
y )やバッテリバックアップされたRAM、あるいは、 y) and the battery backed-up RAM or,
ハードディスクなど、不揮発性を有する記録手段を用いてもよい。 Such as a hard disk, it may be used a recording means having a non-volatile.

【0060】また、インターフェース部12は、例えば、RS232Cインターフェースなど、コンピュータ2bと接続器2aとの通信方法に応じたインターフェースであり、CPU14は、当該インターフェース部12 [0060] The interface unit 12 is, for example, such as an RS232C interface, an interface corresponding to the communication method between connector 2a and computer 2b, CPU 14 is the interface unit 12
を介して、コンピュータ2bと通信できる。 Through, it can communicate with the computer 2b.

【0061】さらに、上記通信用IC13は、例えば、 [0061] Further, the communication IC13, for example,
モデム用のICなどであって、電話回線4の回線接続/ And the like IC for the modem, the telephone line 4 line connection /
切断を制御したり、CPU14が処理するデータ列と電話回線4を伝送される電気信号とを相互に変換したりできる。 To control the cutting, or to translate the electrical signals transmitted data sequence and a telephone line 4 CPU14 processes each other. また、CPU14の指示に応じて、電話回線4と電話器2cとを接続して、電話器2cのベルを鳴らすこともできる。 Further, in accordance with an instruction of CPU 14, by connecting the telephone 2c to a telephone line 4, it is also possible to ring the bell of the telephone 2c.

【0062】一方、CPU14は、Flashメモリ1 [0062] On the other hand, CPU14 is, Flash memory 1
1のプログラムに従って、インターフェース部12および通信用IC13を制御する。 In accordance with one of the program to control the interface unit 12 and a communication IC 13. 具体的には、接続器2a Specifically, connector 2a
は、所望の電話番号をダイアルして、電話回線4を介して、通信機器3と直接通信したり、プロバイダ5を介して、インターネット網7に接続したりできる。 It is to dial the desired telephone number, through the telephone line 4, to communicate directly with the communication device 3, via the provider 5 may or connect to the Internet network 7. これにより、接続器2aは、後述するように、電話回線4を介した直接通信と、インターネット網7を介した通信とを所定の順番で行うことができる。 Thus, connector 2a may be performed as described below, a direct communication via the telephone line 4, and a communication via the Internet network 7 in a predetermined order.

【0063】また、CPU14は、インターフェース部12あるいは通信用IC13を介して、コンピュータ2 [0063] Further, CPU 14 via the interface unit 12 or the communication IC 13, the computer 2
bや電話器2cを制御できる。 You can control the b and telephone 2c. これにより、接続器2a As a result, the connector 2a
は、コンピュータ2bが、例えば、キー入力などによって、使用者からインターネット網7を介した接続を指示されたか否か、および、接続先などを判定できる。 The computer 2b is, for example, by a key input, whether or not it is instructed to connect via the Internet network 7 from the user, and can determine and destination. また、接続器2aは、電話回線4と電話器2cとを接続して、通常通話を行うことができる。 Further, connector 2a is connected a telephone 2c to a telephone line 4, it is possible to perform normal call.

【0064】電話回線4を介して直接接続されている場合、CPU14は、通信用IC13を介して、通信機器3へ所定のメッセージを送出すると共に、通信機器3から受信したメッセージを識別できる。 [0064] When connected directly via a telephone line 4, CPU 14, via the communication IC 13, sends out a predetermined message to the communication device 3 can identify the message received from the communication device 3. 通信機器2・3間の通信方法は、例えば、V32,V32bis、V3 Communication method between the communication apparatuses 2, 3, for example, V32, V32bis, V3
4、V21、あるいはV22などの規格に応じたシリアル通信であり、両者間でメッセージを送受できる。 4, V21, or V22 is a serial communication in accordance with standards such as, can send and receive messages therebetween.

【0065】一方、通信機器2とプロバイダ5とがダイアルアップ接続されている場合、CPU14は、通信用IC13を介して、プロバイダ5とデータグラムを送受する。 [0065] On the other hand, when the communication device 2 and the provider 5 is a dial-up connection, CPU 14, via the communication IC 13, for transmitting and receiving the provider 5 and the datagram. これにより、接続器2aは、現接続時のIPアドレスを認識すると共に、所定の形式の電子メールを送出できる。 Thus, connector 2a is configured to recognize IP address during the current connection, it sends an e-mail in a predetermined format. さらに、接続器2aは、プロバイダ5に設けられた自分のメールボックスを所定の周期で確認して、通信機器3からの電子メールが到着しているか否かを判定する。 Furthermore, connector 2a is to check their email box provided in the provider 5 in a predetermined cycle, and determines whether the electronic mail from the communication device 3 has arrived. 電子メールが到着していた場合は、電子メールの内容を確認して、相手のIPアドレスを認識できる。 If the e-mail had arrived, to check the contents of the e-mail, you can recognize the IP address of the other party.

【0066】加えて、インターネット網7を介して接続している場合、CPU14は、インターフェース部12 [0066] In addition, if you are connected through the Internet network 7, the CPU 14, the interface unit 12
および通信用IC13を制御して、コンピュータ2bとインターネット網7との間の通信を中継する。 And it controls the communication IC 13, and relays communications between the computer 2b and the Internet network 7. なお、コンピュータ2bと接続器2aとの間において、例えば、 Incidentally, between the connector 2a and computer 2b, for example,
音声データ列や画像データ列そのものなど、インターネット網7にて伝送されるデータグラムと異なる形式でデータが伝送されている場合、CPU14が両者を相互変換する。 Voice data stream and the image data string itself, if the data in a different format datagrams transmitted in the Internet network 7 is transmitted, CPU 14 is interconversion of both. 一方、コンピュータ2bとの間でデータグラムが伝送される場合は、CPU14は、当該データグラムをそのまま通過させる。 On the other hand, if the datagrams are transmitted between the computer 2b is, CPU 14 may directly pass the datagram. これにより、接続器2aは、コンピュータ2bとインターネット網7との間で、何ら支障なく通信を中継できる。 Thus, connector 2a is between the computer 2b and the Internet network 7 can relay without any trouble communications.

【0067】また、CPU14は、通信機器3の公開鍵を用いて、通信機器3へ送出するデータを暗号化したり、予め記憶されている自らの秘密鍵を用いて、通信機器3から受け取ったデータを復号したりできる。 [0067] Further, CPU 14 uses the public key of the communication device 3 to encrypt the data to be transmitted to the communication device 3, by using its own private key stored in advance and received from the communication apparatus 3 data can or decode.

【0068】なお、上記の説明では、通信機器2において、コンピュータ2bが入出力を担当しているが、入出力装置は、これに限るものではない。 [0068] In the above description, in the communication device 2, but the computer 2b is in charge of input and output, input-output device is not limited thereto. 上述したように、 As mentioned above,
コンピュータ2bなどの入出力装置と接続器2aとの間のデータの伝送方法は、無線/有線、アナログ/デジタル、あるいは通信速度や通信規格などを問わない。 Method of transmitting data between the input and output device and the connector 2a such as a computer 2b are radio / wired or like analog / digital or communication speed and communication standards. したがって、電話器やビデオカメラなど、種々の入力装置を使用できる。 Therefore, like telephones and video cameras, various input devices may be used. ただし、この場合には、接続器2aは、インターネット網7で伝送されるデータグラムと、電話器2cおよび接続器2a間のデータとを、相互に変換する必要がある。 However, in this case, connector 2a is a datagram that is transmitted in the Internet network 7, and data between the telephone 2c and connectors 2a, it is necessary to convert each other.

【0069】特に、図3に示すように、通信機器22の入力装置として、電話器22cを使用する場合には、インターネット網7を介した通話と通常の通話との双方で電話器22cを使用できる。 [0069] In particular, as shown in FIG. 3, as the input device of the communication device 22, when using a telephone 22c is using telephone 22c at both the call and the normal call via the Internet network 7 it can. また、従来と同様の構成の電話器22cと、電話回線4との間に、接続器22aを接続するだけでよいので、他の入力装置を設ける場合に比べて設置が容易になる。 Also, a telephone 22c as in the prior art arrangement, between the telephone line 4, since it is only necessary to connect the connector 22a, installation is facilitated as compared with the case of providing other input device.

【0070】この場合は、入力装置が電話器22cのみなので、インターネット網7を介した通話と、通常の通話とを区別する必要がある。 [0070] In this case, the input device such only telephone 22c, a call through the Internet network 7, it is necessary to distinguish between normal call. これは、接続器22aにスイッチなどを設けて、インターネット網7を介した通話を指示してもよいが、例えば、以下に示す方法を用いることによって、使用者は、電話器22cのみを用いて両者を区別できる。 This etc. provided switch connector 22a, it may instruct the call via the Internet network 7, but for example, by using the method shown below, the user using only telephone 22c both can be distinguished. すなわち、使用者は、受話器を取った後、”♯”ボタンを3回押すなど、通常の通話では使用しない操作をした後、予め設定された相手の登録番号のボタンを押す。 In other words, the user, after taking the handset, such as pressing three times the "♯" button, after the operations that do not use a normal call, press the button of the preset opponent's registration number. 接続器22aは、電話器22cから送られてくる音声信号によって、これらのボタン操作を認識し、接続要求の発生と、相手先とを識別する。 Connector 22a is by a voice signal sent from the telephone 22c, recognize these button operations, identifying the occurrence of a connection request and a destination. そして、 And,
インターネット網7を介して、相手と通話が可能になると、例えば、電話器22cのベルを鳴らすなどして、使用者に通知する。 Via the Internet network 7, when it is possible to party and the call, for example, by including the bell of the telephone 22c, notifies the user. 一方、通常の電話番号が押されると、 On the other hand, when the normal telephone number is pressed,
接続器22aは、電話器22cからの信号によって、通常の通話と判定し、電話回線4へ当該信号をそのまま通過させる。 Connector 22a is the signal from the telephone 22c, determines that normal call, it passes the signal to the telephone line 4. これにより、電話器22cは、接続器22a Thus, telephone 22c is connector 22a
がない場合と同様に、電話回線4を介して直接通話できる。 As with no you can call directly through the telephone line 4. このように、インターネット網7を介した通信を指示する操作として、入力装置で、通常使用しない操作を割り当てることによって、従来と同様の入力装置のみを用いて、インターネット網7を介した接続要求と、通常の通信接続要求と区別できる。 Thus, as an operation for instructing the communication via the Internet network 7, an input device, by assigning an operation not normally used, using only conventional manner of the input device, the connection request and via the Internet network 7 It can be distinguished from normal communication connection request.

【0071】また、上記の説明では、通信機器2において、コンピュータ2bが入出力を担当し、例えば、電話回線4あるいはインターネット網7と接続する順番の制御や、暗号化などを接続器2aが担当しているが、両部材2a・2bの役割分担も、これに限るものではない。 [0071] In the above description, in the communication device 2, the computer 2b is in charge of input and output, for example, connector 2a is in charge control and the order of connecting a telephone line 4 or the Internet network 7, encryption, etc. are but, roles of both members 2a · 2b is also not limited to this.
例えば、上記接続の順番制御や暗号化など、接続器2a For example, such sequence controls and encryption of the connection, connector 2a
の処理の殆どを、コンピュータ2bが行ってもよい。 Almost, computer 2b may be carried out of the process. この場合は、接続器2aは、通常のモデムやISDNのターミナルアダプタなどを流用できる。 In this case, the connector 2a is, can be diverted and normal modem or ISDN terminal adapter.

【0072】なお、図1および図3では、説明の便宜上、接続器2a(22a)、コンピュータ2b、および電話器2c(22c)をそれぞれ別の部材として記載しているが、当然ながら一体化してもよい。 [0072] In FIGS. 1 and 3, for convenience of explanation, connector 2a (22a), the computer 2b, and has been described telephone 2c to (22c) as a separate member, integrated course it may be. 一体化の例としては、図1に示す接続器2aとコンピュータ2bとが一体となった家庭用テレビ、あるいは、図3に示す接続器22aと電話器22cとを一体に形成した電話器などが挙げられる。 Examples of integral is home television and a connector 2a and computer 2b shown in FIG. 1 is integral, or the like phone integrally formed with a telephone 22c and connector 22a shown in FIG. 3 and the like. さらに、電話回線4として、無線の電話回線を使用すると、上記一体型の電話器を携帯電話として構成することもできる。 Furthermore, the telephone line 4, by using the wireless telephone lines, it is also possible to configure the telephone of the integral as a mobile phone. また、入出力装置としてビデオカメラを採用し、接続器2aと一体化すると、インターネット網7を介して、画像や音声などを送出できるビデオカメラが実現できる。 Further, employing the video camera as input and output device, when integrated with the connector 2a, via the Internet network 7, such as images and audio video camera it can be realized that can be delivered. この場合、無線電話回線を使用すると、携帯できるので、さらに好適である。 In this case, by using the radio telephone, since it mobile, it is further preferable. 一体/ Integrated /
別体、あるいは、入出力装置、さらには、電話回線4が無線か有線かなどを組み合わせると、通信機器2は、種々の構成が考えられる。 Separate or input-output device, further, when the telephone line 4 is combined and whether wireless or wired, communication device 2, various configurations may be used.

【0073】次に、図1に示す通信システム1において、通信機器2が通信機器3を呼び出す場合の動作を、 Next, in the communication system 1 shown in FIG. 1, the operation when the communications device 2 calls the communication device 3,
図4に示すフローチャートに基づき、各ステップ毎に説明すると以下の通りである。 Based on the flowchart shown in FIG. 4, it is described below with each step.

【0074】すなわち、通信機器2の使用者が、例えば、コンピュータ2bのキー入力などによって、通信機器3との通信を通信機器2へ指示すると、ステップS1 [0074] That is, the user of the communication device 2, for example, such as by key input of the computer 2b, and instructs the communication with the communication device 3 to the communication device 2, step S1
aにおいて、通信機器2は、通信機器3の電話番号をダイアルする。 In a, the communication device 2, dials the telephone number of the communication device 3. これにより、通信機器3は、電話回線4を介して呼び出される。 Thus, the communication apparatus 3 is called through the telephone line 4. なお、以下では、ステップS1a In the following, step S1a
を単にS1aのように略称する。 Simply referred to as S1a. また、通信機器2が行う処理には、S1aのように末尾にaを示し、通信機器3が行う処理には、S1bのように末尾にbを付加して、両者を区別する。 Further, the process of the communication device 2 performs showed a trailing as S1a, the process of the communication device 3 performs adds the b to the end as S 1 b, distinguish them.

【0075】一方、通信してもよい場合、通信機器3の使用者は、例えば、予めボタンを押すなどして、受信ウェイトのオンを通信機器3へ指示している(S1b)。 [0075] On the other hand, if may communicate, the user of the communication device 3, for example, instructs and presses, etc. advance button, the on-the reception weight to the communication apparatus 3 (S 1 b).
通信機器3は、受信ウェイトがオンの場合、電話の呼び出しに応答する(S2b)。 Communication device 3 receives weights If on, responds to the telephone call (S2b). この結果、通信機器2と通信機器3とは、電話回線4を介して直接通信を開始できる。 As a result, the communications device 2 and the communication device 3 can start communication directly through the telephone line 4.

【0076】通信機器2は、通信機器3の応答を検出すると、例えば、”CALL CU−SEEME fro [0076] Communication device 2 detects the response of the communication apparatus 3, for example, "CALL CU-SEEME fro
m 通信機器2の使用者名 PASSWORD:パスワード通信機器2の使用者の電子メールアドレス 通信機器2の公開鍵”など、所定のメッセージを送出して、通信機器2の使用者名、パスワード、電子メールアドレス、および通信時に使用する通信機器2の公開鍵を通信機器3に通知する(S2a)。通信機器3は、受け取った使用者名とパスワードとの組み合わせを予め記憶している組み合わせと照合して、正規の通信相手か否かを判定する(S3b)。使用者名やパスワードが誤っている場合や、相手が音声によって通話している場合など、正規の通信相手では無い場合、通信機器3の接続器3a The user name of m communication equipment 2 PASSWORD: such as public key of the e-mail address the communication device 2 of the user of the password communication equipment 2 ", by sending a predetermined message, the user name of the communication device 2, password, e-mail address, and notifies the public key of the communication device 2 to be used when communicating to the communication device 3 (S2a). communication device 3 against the combined stored in advance the combination of a user name and password received , and if determines whether authorized communication counterpart (S3b). the user name and password is incorrect, or when the other party is talking by voice, if not the normal communication partner, the communication apparatus 3 connector 3a
は、電話器3cのベルを鳴らして、電話回線4と電話器3cとを接続する(S4b)。 It is ring the bell of the telephone 3c, connecting the telephone 3c and the telephone line 4 (S4b). これにより、通信機器3 As a result, the communication equipment 3
の使用者は、電話器3cを用いて相手と話すことができる。 The user can talk with the other party using the telephone 3c. この場合は、以降の処理は行われない。 In this case, the subsequent processing is not performed.

【0077】一方、上記S3bにおいて、正規の通信相手であることが確認できると、通信機器3は、例えば、”OK CU−SEEME from 通信機器3 [0077] On the other hand, in the above S3b, when it can be confirmed that a legitimate communication partner, the communication device 3, for example, "OK CU-SEEME from communication device 3
の使用者名 通信機器3の使用者の電子メールアドレス 通信機器3の公開鍵”など、所定のメッセージを送出し(S5b)、通信機器2は、当該メッセージを受け取る(S3a)。これにより、通信機器2は、自らの接続要求を通信機器3が受け取ったこと、通信機器3の使用者名、電子メールアドレス、および、通信時に使用する通信機器3の公開鍵を取得できる。 Public key "such as the e-mail address communication device 3 of the user of the user name communication apparatus 3 sends a predetermined message (S5b), the communication device 2 receives the message (S3a). Thus, the communication device 2, that the communication equipment 3 their connection request has been received, the user name, e-mail address of the communication device 3, and can obtain the public key of the communication device 3 to be used at the time of communication.

【0078】その後、通信機器2および3は、それぞれ電話回線4との接続を切り(S4a・S6b)、所定のプロバイダ5あるいは6へダイアルアップ接続を開始する(S5a・S7b)。 [0078] Then, the communication device 2 and 3, respectively disconnect the telephone line 4 (S4a · S6b), it initiates a dial-up connection to a predetermined provider 5 or 6 (S5a · S7b). また、各通信機器2・3において、接続器2a・3aは、コンピュータ2bへ指示して、例えば、コーレル大学が開発したCU−SEEME Further, in each of the communication devices 2, 3, connector 2a-3a instructs the computer 2b, for example, CU-SeeMe the Corel The University
など、コンピュータ2bに予め用意されているネットワーク会議ソフトを起動させる(S6a・S8b)。 Such as, to start the network meeting software, which is prepared in advance in the computer 2b (S6a · S8b).

【0079】上記S5aおよびS7bにおいて、ダイアルアップ接続に成功すると、各通信機器2・3は、それぞれのプロバイダ5・6から、現接続限りのIPアドレスを取得する(S7a・S9b)。 [0079] In the above S5a and S7b, a successful dial-up connection, each of the communication devices 2, 3 from each provider 5.6, to obtain the IP address as long as current connection (S7a-S9b). この結果、各通信機器2・3は、インターネット網7へデータグラムを送出できるようになる。 As a result, each of the communication devices 2, 3 will be able to sending a datagram to the Internet network 7.

【0080】ただし、現時点では、通信機器2および通信機器3は、相手のIPアドレスを把握しておらず、相手宛のデータグラムを生成できない。 [0080] However, at this time, the communication device 2 and the communication device 3, does not know the IP address of the other party, you can not generate a datagram directed to the party. したがって、各通信機器2・3は、プロバイダ5・6など、所定のIPアドレスを有する機器とは通信できるが、両通信機器2・ Thus, each of the communication devices 2, 3, etc. Provider 5.6, can communicate with a device having a given IP address, both the communication device 2 ·
3間の通信を開始できない。 You can not start the communication between the 3.

【0081】続いて、各通信機器2・3は、上記S2a [0081] Subsequently, each of the communication devices 2 and 3, the above S2a
あるいはS5bにて相手から送られてきた公開鍵を用いて、自らの名前と自らのIPアドレスとを暗号化する。 Or by using the public key that has been sent from the other party at S5b, to encrypt and their own name and its own IP address.
その後、各通信機器2・3は、当該暗号文を電子メールとして、相手先の電子メールアドレスへ送出する(S8 Thereafter, each of the communication devices 2, 3, the ciphertext as an e-mail, and sends to the destination e-mail address (S8
a・S10b)。 a · S10b). 各電子メールは、相手先の公開鍵で暗号化されており、相手が保持している秘密鍵を用いないと復号できない。 Each e-mail is encrypted with the public key of the other party, it can not be decoded and not using a secret key that opponent is holding.

【0082】また、各通信機器2・3は、例えば、5秒間隔など、所定の周期で、プロバイダ5・6に設けられた自分のメールボックスを監視している。 [0082] Further, each of the communication devices 2, 3, for example, five seconds, at a predetermined cycle, and monitor their mail box provided in the provider 5.6. 相手からの電子メールが到着すると、各通信機器2・3は、上記メールボックスから当該電子メールを読み出して、自らの秘密鍵を用いて暗号を解読する。 When the e-mail from the other party to arrive, each of the communication devices 2 and 3 reads the e-mail from the mail box, to decrypt the encrypted using its own secret key. これにより、各通信機器2・3は、相手の名前とIPアドレスとを取得できる(S9a・S11b)。 Thus, each of the communication devices 2, 3 can obtain the name and IP address of the other (S9a-S11b).

【0083】さらに、各通信機器2・3は、相手のIP [0083] In addition, each of the communication devices 2, 3, opponent of IP
アドレスを取得すると、ネットワーク会議ソフトへ当該IPアドレスを通知し、相手を呼び出す。 Upon obtaining the address, to the network meeting software notifies the IP address, calling the other party. これにより、 As a result,
ネットワーク会議ソフトにて通信が開始される(S10 Communication at the network meeting software is started (S10
a・S12b)。 a · S12b).

【0084】ところで、各データグラムには、送信先のIPアドレスの他にも、送信側のIPアドレスが含まれている。 [0084] By the way, in each datagram, in addition to the IP address of the destination, which contains the IP address of the sender. これにより、一方の通信機器2(3)が相手の通信機器3(2)を呼び出した場合、被呼側の上記ネットワーク会議ソフトは、受信したデータグラムに基づいて、発呼側のIPアドレスを認識できる。 Thus, when one communication apparatus 2 (3) calls the communication apparatus 3 (2) of the mating, the network conference software callee, based on the datagram received, the IP address of the calling It can be recognized. したがって、 Therefore,
一方が呼び出した時点で通信を開始できる。 One can start communication at the time of calling. 具体的には、上記S10aの処理がS12bの処理よりも早く開始された場合には、通信機器3は、上記S11bを行う必要がない。 Specifically, when the process in S10a is started earlier than the processing S12b, the communication apparatus 3 does not need to perform the above S11b. 同様に、上記S12bの方が早い場合には、通信機器2は、上記S9aの処理を省略できる。 Similarly, in the case towards the S12b is fast, the communication device 2 can omit the process of S9a. なお、上記ネットワーク会議ソフトは、双方が同時に呼び出した場合でも通信できるように作成されているので、 The above network conference software, since both are created to allow communication even if the call at the same time,
上記各処理S9a・S11bを省略しない場合であっても、何ら支障なく通信を開始できる。 Even if you do not skip above processes S9a · S11b, can begin without any trouble communications.

【0085】さらに、一方の通信機器2(3)が相手の通信機器3(2)を呼び出した時点で、通信を開始できるので、両方の通信機器2・3がダイアルアップ接続している場合には、いずれか一方は、電子メールを発信しなくても、両通信機器2・3は、通信を開始できる。 [0085] Furthermore, when one communication device 2 (3) calls the communication apparatus 3 (2) of the opponent since can start communication, when both of the communication devices 2, 3 are dialup connection , it is either one, it is not necessary to transmit the e-mail, both the communication device 2, 3, can initiate communication. ただし、両通信機器2・3が電子メールを発信した場合は、いずれか一方の電子メールが到着した時点で通信を開始できるので、一方のみが電子メールを発信する場合に比べて、通信開始をより早く開始できる確率が高くなる。 However, if both communication devices 2, 3 are sent an e-mail, it is possible to start communication when one of the e-mail arrives, only one is compared with the case of transmitting an electronic mail, the communication start probability that can be started more quickly increases.

【0086】会議中は、コンピュータ2bからの音声および画像は、接続器2a、プロバイダ5、インターネット網7、プロバイダ6、および接続器3aを介して、コンピュータ3bへ送られており、コンピュータ3bからの音声および画像は、上記経路を逆方向に送られている。 [0086] During the conference, voice and image from the computer 2b is, connector 2a, the provider 5, the Internet network 7, via the provider 6, and connectors 3a, are sent to the computer 3b, from the computer 3b audio and video are sent to the route in the opposite direction. これにより、通信機器2と通信機器3との使用者は、ネットワーク会議ソフトにより通信できる(S10 Thus, the user of the communication device 2 and the communication device 3 can communicate with network conference software (S10
a・S12b)。 a · S12b). 会議が終了すると、各通信機器2・3 When the conference is finished, each of the communication devices 2 and 3
は、それぞれダイアルアップ接続を切断し(S11a・ , Respectively disconnect the dial-up connection (S11a ·
S13b)、通信機器2・3間の通信が終了する。 S13b), communication between the communication devices 2 and 3 is completed.

【0087】また、例えば、受信側の使用者が不在の場合や、インターネット網7を介した通信を受けたくない場合には、例えば、所定のボタンを押すなどして、接続器3aへ通信ウェイトのオフを指示している。 [0087] Also, for example, when the user of the receiving side is absent, if the user does not wish to receive communications via the Internet network 7, for example, by such as pressing a predetermined button, the communication wait to connector 3a It instructs the off. この場合は、接続器3aは、上記S2以降の処理を行わず、電話器3cへ無条件に接続する。 In this case, connector 3a does not perform the signal line S2 and subsequent steps, to connect unconditionally to telephone 3c.

【0088】ところで、インターネット網7を介して通信する場合、各通信機器2・3が送出したデータグラムは、送出時点において、どのような経路を通って宛て先に到達するか不明であり、インターネット網7を構成する機器は、データグラムを受け取った時点で、次にデータグラムが通過する機器を決定する。 [0088] Incidentally, when communicating via the Internet network 7, datagrams each of the communication devices 2, 3 is sent, at delivery point is unclear to reach the destination through any route, the Internet devices constituting the network 7, upon receiving a datagram, then the datagram to determine the device to pass through.

【0089】したがって、各データグラムが通過した機器において、データグラムの改変や複写などが容易であり、電話回線4を介して直接通信する場合に比べて通信を妨害しやすい。 [0089] Thus, in a device in which each datagram has passed, such as modification or copying of the datagram is easy, easily interfere with communication as compared with the case of direct communication via the telephone line 4. 特に、使用者名とIPアドレスとを電子メールにて平文のまま送出した場合は、使用者名から通信の重要性を判断しやすいため、以後の通信が重点的に妨害される可能性が高くなる。 Particularly, when having sent the user name and IP address clear text via e-mail, for easily determining the importance of communications from the user name, likely subsequent communication is intensively interfere Become. 一方、暗号処理や復号処理は、演算処理が不可欠であるので、暗号化しない場合と比較すると、各通信機器2・3には、高い処理能力が要求される。 On the other hand, encryption processing and decryption processing, since processing is indispensable, when compared to not encrypt, each communication apparatus 2, 3, processing power is needed.

【0090】したがって、本実施形態では、通信時の負担と、妨害に対する安全性とを両立するために、電子メールの内容のみを暗号化している。 [0090] Thus, in the present embodiment, in order to achieve both the burden of communications, and security against interference, and encrypt only the content of the e-mail. ただし、妨害に対して、さらに高い安全性が要求される場合には、ネットワーク通信ソフトの通信期間も通信内容を暗号化することによって、比較的容易に安全性を向上できる。 However, with respect to interference, if it is required even higher safety, by communication period of the network communication software also encrypt the communication content can be relatively easily improved safety.

【0091】また、各データグラムが通過する経路が決まっていないため、データグラムの到着時刻の保証が困難である。 [0091] In addition, for each datagram is not determined the route to pass through, it is difficult to guarantee the arrival time of the datagram. また、ある通信路において、データ量が許容範囲を越えると、データグラムが失われる虞れがある。 Also, in certain communication path, when the data amount exceeds the allowable range, there is a possibility that the datagram is lost.
ただし、本実施形態に係る通信システム1では、音声データや画像データを伝送するために、各通信機器2・3 However, in the communication system 1 according to this embodiment, in order to transmit voice data and image data, each of the communication devices 2, 3
は、インターネット網7と十分な通信容量を有する通信回線を介して接続している。 It is connected via a communication line having a sufficient communication capacity with the Internet network 7. また、両プロバイダ5・6 In addition, both the provider 5, 6
を選択する際、両プロバイダ5・6間が十分な通信容量を有する回線で接続されているようなプロバイダを選択している。 When choosing a, is selected provider, such as between two provider 5.6 is connected in line with a sufficient communications capacity. したがって、電子メールのように、音声データや画像データに比べてデータ量が極めて少ない場合には、遅延や損失の危険性は、実用上十分低い値になっている。 Therefore, as the e-mail, when the data amount is extremely small as compared with the audio data and image data, the risk of delay or loss, has become practically sufficient low value. なお、所定の時間内に電子メールが到着しない場合に電子メールを再送すれば、遅延や損失の可能性をさらに低減できる。 Incidentally, if retransmit e-mail when the e-mail does not arrive within a predetermined time, it is possible to further reduce the possibility of delay or loss.

【0092】なお、本実施形態では、両通信機器2・3 [0092] In the present embodiment, both the communication device 2 · 3
は、インターネット網7での通信に先立って、電話回線4にて互いの電子メールアドレスを交換しているが、これに限るものではない。 , Prior to the communication of the Internet network 7, but are exchanging each other's e-mail address in the telephone line 4, the present invention is not limited to this. 例えば、図2に示すFlash For example, Flash shown in FIG. 2
メモリ11などに相手の電子メールアドレスを予め記憶しておいてもよい。 Such as the memory 11 may be stored in advance the e-mail address of the other party. ただし、電子メールアドレスは、使用者の都合によって、変更する場合がある。 However, the e-mail address is, by the convenience of the user, there is a case to be changed. この場合、 in this case,
各通信機器2・3の使用者は、電子メールアドレスを変更する度に、相手に新しい電子メールアドレスを通知すると共に、相手の通信機器2・3の使用者は、受け取った電子メールアドレスを、それぞれの通信機器2・3へ設定しなおす手間が生じる。 The user of each of the communication devices 2 and 3, each time you want to change the e-mail address, and notifies the new e-mail address to the other party, the user of the communication devices 2 and 3 of the opponent, the e-mail address received, effort to re-set to each of the communication devices 2 and 3 may occur. これに対して、本実施形態では、発呼毎に、互いの電子メールアドレスを通知しているので、電子メールアドレス変更時の手間を大幅に削減できる。 In contrast, in the present embodiment, for each call, since the notification e-mail addresses of each other, it can significantly reduce the time and trouble when the e-mail address changes.

【0093】〔第2の実施形態〕上記第1の実施形態は、電話回線4とは別の通信手段として、インターネット網7を使用し、通信機器2と通信機器3とがインターネット網7により直接通信するものである。 [0093] Second Embodiment The above first embodiment, another communication means with the telephone line 4, using the Internet network 7, the communication device 2 and the communication device 3 directly by Internet network 7 it is intended to communicate. これに対して、図5に示すように、本実施形態に係る通信システム31は、電話回線34とは別の通信回線として、インターネット網37を使用する点では、第1の実施形態と同様である。 In contrast, as shown in FIG. 5, a communication system 31 according to this embodiment, as a separate communication line to a telephone line 34, in terms of using the Internet network 37 is the same as in the first embodiment is there. ただし、通信機器32と通信機器33とが、 However, the communication device 32 and the communication device 33,
インターネット網37上に設けられたサーバ38を介して通信する点が異なっている。 That communicate via a server 38 provided on the Internet network 37 is different. なお、通信システム31 It should be noted that the communication system 31
では、通信機器32ないしインターネット網37の各部材は、図1に示す通信機器2ないしインターネット網7 In each member of the communication device 32 through the Internet network 37, the communication device 2 through the Internet network shown in FIG. 1 7
と略同様の機能を有している。 When and substantially has the same function. したがって、異なっている部分のみ説明し、同様の部分の説明は省略する。 Accordingly, it describes only the parts that differ, description of the same portions will be omitted.

【0094】本実施形態に係る通信システム31に設けられたサーバ38は、リフレクタなどと呼ばれており、 [0094] Communication system 31 server 38 provided according to the present embodiment is referred to as a reflector,
固有のIPアドレスを有し、サーバ38と通信している通信機器32・33間の通信を中継できる。 Has a unique IP address, it can relay communication between the communication devices 32, 33 in communication with the server 38. 具体的には、サーバ38には、現在通信している機器のIPアドレスと登録名との組み合わせを格納する領域が設けられている。 Specifically, the server 38, the area for storing the combination of the IP address of the device that are currently communicating with the registered name is provided. 各機器がサーバ38へ登録名を通知すると、サーバ38は、当該機器のIPアドレスと登録名との組み合わせを上記領域に格納する。 When each device notifies the registered name to the server 38, the server 38 stores the combination of the IP address and the registered name of the device in the region. また、サーバ38は、各機器の要求に応じて、上記領域から登録名のリストを送出できる。 The server 38 in response to a request for each device, it sends a list of registered names from the region. これにより、各機器は、サーバ38を介して、現在通信可能な機器の登録名を知ることができる。 Thus, each device, via the server 38 can know the registered name of the currently communicable devices.
さらに、機器は、サーバ38へ登録名を指定して、所望の通信相手を選択できる。 In addition, the equipment is, by specifying the registered name to the server 38, can select a desired communication partner.

【0095】サーバ38は、機器の登録名を格納した時点で、全機器のIPアドレスと登録名と記憶している。 [0095] The server 38 is, at the time of storing the registered name of the device, which stores the IP addresses of all the equipment and the registered name.
したがって、サーバ38は、機器が通信相手を指定した場合、一方から受け取ったデータグラムを他方のIPアドレスへ送出できる。 Thus, the server 38, if the equipment has specified the communication partner, it sends a datagram received from one to the other IP address. なお、サーバ38は、ある機器から受け取ったデータグラムを複数の機器へと転送できる。 The server 38 may forward a datagram received from a certain device to a plurality of devices. この場合は、複数の機器間での通信が可能になる。 In this case, it is possible to communicate between multiple devices.

【0096】現在、インターネット網37上には、種々のサーバ38が設けられており、その中には、不特定多数の機器で使用できるように、IPアドレスを公開しているサーバ38も存在している。 [0096] Currently, over the Internet network 37, various servers 38 are provided, among which, for use with an unspecified number of devices, the server 38 also exists that publishes the IP address ing. したがって、これらのサーバ38を選択することによって、上記通信システム31を容易に構成できる。 Therefore, by selecting these servers 38 can be easily configured the communication system 31.

【0097】本実施形態では、各通信機器32・33のハードウェア構成は、図1に示す通信機器2・3と同様であり、搭載されているソフトウェアの相違によって、 [0097] In this embodiment, the hardware configuration of each of the communication devices 32 and 33 is similar to the communication device 2, 3 shown in FIG. 1, the difference of the software that is installed,
動作が異なっている。 Behavior is different. したがって、以降では、通信機器32が通信機器33を呼び出す際の動作について説明し、ハードウェア構成については説明を省略する。 Therefore, in the following, it describes the operation when the communication device 32 calls the communication device 33, will not be described hardware configuration.

【0098】図6のフローチャートに示すように、本実施形態に係る呼び出し方法は、図4に示すステップS1 [0098] As shown in the flowchart of FIG. 6, the calling method according to the present embodiment, step S1 shown in FIG. 4
aないしS11aおよびS1bないしS13bと同様の処理を行うステップ(S21aないしS31a、およびS21bないしS33b)を備えている。 a through S11a and S1b to performing the same processing as S13b (to no S21a S31a, and to not S21b S33b) includes a.

【0099】ただし、第1の実施形態において各通信機器32・33が通信相手を特定する際に、電子メールを用いて、互いのIPアドレスを交換していたのに対して、本実施形態では、各通信機器32・33は、サーバ38へ所定の登録名を登録し、相手の登録名を選択して、通信相手を特定している。 [0099] However, when the first embodiment each of the communication devices in the form 32 and 33 to identify the communication partner, by using an electronic mail, for example G to exchange each other's IP address, in this embodiment , each of the communication devices 32 and 33 registers the predetermined registration name to the server 38, select the registered name of the other party, it has identified communication partner. したがって、図4に示すS8a・S9a、およびS10b・S11bのように、 Therefore, as S8a · S9a, and S10b · S11b shown in FIG. 4,
自らのIPアドレスを互いに交換するステップに代えて、以下に示す各ステップ、S28a・S29a、およびS30b・S31bが設けられている。 Instead of its IP address to exchange each other step, each step, S28a · S29a, and S30b · S31b are provided below. また、S22 In addition, S22
aおよびS25bにおいて、各通信機器32・33は、 In a and S25b, each of the communication devices 32, 33,
電子メールアドレスの通知を省略している。 It is omitted from the notification of the e-mail address.

【0100】すなわち、S27aおよびS29bの処理を終了した時点において、各通信機器32・33は、それぞれのプロバイダ35・36を介して、インターネット網37へ、自らのIPアドレスを含むデータグラムを送出できる。 [0100] That is, at the time when the process has been completed S27a and S29b, each of the communication devices 32 and 33 via the respective provider 35, 36, to the Internet network 37, it sends a datagram containing its own IP address . また、この時点では、S22aあるいはS Further, at this time, S22a or S
25bで相手が送出した公開鍵および使用者名を取得している。 Who is to get the public key and user name was sent in 25b.

【0101】各通信機器32・33は、それぞれの使用者名を上記公開鍵によって暗号化する。 [0101] each of the communication devices 32, 33, each of the user's name is encrypted by the public key. さらに、各通信機器32・33は、暗号化された使用者名を登録名として、サーバ38へ通知する。 Further, each of the communication devices 32, 33, the user name that is encrypted as a registered name, and notifies the server 38. サーバ38は、各通信機器32・33の登録名とIPアドレスとの組み合わせを登録する(S28a・S30b)。 Server 38 registers the combination of the registered name and the IP address of each of the communication devices 32 · 33 (S28a · S30b). サーバ38は、各通信機器32・33が登録名の通知時に送出したデータグラムなどに基づいて、それぞれのIPアドレスを取得できる。 Server 38, each of the communication devices 32 and 33 are based, such as the datagram sent with the notification of the registration name, can obtain respective IP addresses.

【0102】本実施形態では、各通信機器32・33の登録名は、暗号化されてサーバ38に登録されている。 [0102] In this embodiment, registered name of each of the communication devices 32 and 33 may be encrypted registered in the server 38.
したがって、サーバ38と通信している第三者は、登録名のリストを見ることができるけれど、使用者名を知ることができない。 Therefore, a third party that is in communication with the server 38, but you can see the list of registered names, it is not possible to know the user name. この結果、第1の実施形態にて電子メールを暗号化した場合と同様に、本実施形態においても、使用者名を第三者から隠蔽できる。 As a result, as in the case of encrypting an e-mail in the first embodiment, also in this embodiment, it can be concealed user name from a third party.

【0103】次に、各通信機器32・33は、サーバ3 [0103] Next, each of the communication devices 32 and 33, the server 3
8へ登録名のリストを要求する。 To request a list of registered names to 8. さらに、各通信機器3 In addition, each of the communication devices 3
2・33は、リスト中の各登録名を、自分の秘密鍵を用いて復号して、予め通知されている使用者名と復号結果とが一致する登録名を選択する。 2 · 33, each registered name in the list, and decoding using his private key, pre-notification has been that the user name and the decoded result and to select the registered name to match. その後、各通信機器3 Then, each of the communication devices 3
2・33は、通信相手として、当該登録名をサーバ38 2 - 33, as the communication partner, the registered name server 38
へ通知する(S29a・S31b)。 Notification to be (S29a · S31b). サーバ38は、通知の際に使用されるデータグラムなどから一方のIPアドレスを取得し、登録名に対応するIPアドレスから他方のIPアドレスを取得する。 Server 38 obtains one of the IP addresses and the like datagrams used in the notification, acquires the other IP address from an IP address corresponding to the registered name. その後、サーバ38は、 Thereafter, the server 38,
上記両IPアドレスの一方からデータグラムを受け取ると、他方のIPアドレスへデータグラムを転送する。 Upon receipt of a datagram from one of the two IP addresses to forward datagrams to the other IP address. これにより、各通信機器32・33は、互いのIPアドレスを知らなくても、互いに双方向に通信できる。 Thus, each of the communication devices 32 and 33 without knowing each other's IP address, can communicate bidirectionally with each other. 本実施形態では、上述の第1の実施形態と同様に、ネットワーク会議ソフトによる通信中、各通信機器32・33は、 In the present embodiment, as in the first embodiment described above, in the communication by network conference software, each of the communication devices 32, 33,
通信内容を暗号化せず、通信時の負担を低減している。 Without encrypting the communication content, thereby reducing the burden at the time of communication.
しかしながら、相手の公開鍵を用いて、当該期間中も通信内容を暗号化することによって、通信妨害に対する安全性をさらに向上できる。 However, using the public key of the other party by encrypting also the communication content during the period, security against communication jamming can be further improved.

【0104】S29a・S31b以降は、第1の実施形態と略同様に、両通信機器32・33は、ネットワーク会議ソフトを用いて双方向通信した後、会議の終了と共にダイアルアップ接続を切断して、通信が終了する。 [0104] S29a-S31b since, like substantially in the first embodiment, both the communication device 32 and 33, after two-way communication with the network meeting software, disconnect the dial-up connection with the end of the conference, communication is completed.

【0105】本実施形態に係る通信システム31では、 [0105] In the communication system 31 according to this embodiment,
サーバ38が通信を中継しているので、通信機器32が通信機器33を呼び出す際、互いのIPアドレスを必要としない。 Since the server 38 is relaying communication, the communication device 32 is for calling a communication device 33, does not require mutual IP addresses. したがって、両プロバイダ35・36は、それぞれの通信機器32・33の電子メールサーバでなくてもよく、通信機器32・33は、電子メールを送受できなくてもよい。 Thus, both providers 35, 36 may not be e-mail servers of the respective communication devices 32 and 33, communications equipment 32, 33 may not be able to send and receive e-mail. この場合でも、本実施形態と同様の効果が得られる。 In this case, the same effect as this embodiment can be obtained.

【0106】各通信機器32・33は、上記S28a・ [0106] each of the communication devices 32 and 33, the above S28a ·
S30bにおいて、サーバ38のIPアドレスへ登録名を通知する必要がある。 In S30b, it is necessary to notify the registered name to the IP address of the server 38. このIPアドレスは、例えば、 This IP address is, for example,
図2に示すFlashメモリ11などに予め記憶していてもよいし、電話回線34での通信中に打合せてもよい。 It may also be pre-stored in such as Flash memory 11 shown in FIG. 2, may be meeting during communication over telephone line 34. 上記S28a・S30bでの登録前に、通信機器3 Before the registration of the above S28a · S30b, communication equipment 3
2・33間で、共通のサーバ38が指定されていれば、 Between 2 and 33, if the common server 38 is specified,
サーバ38の指定方法は問わない。 How to specify the server 38 it does not matter.

【0107】〔第3の実施形態〕上記第1および第2の実施形態は、電話回線4・34による直接通信とは別の通信手段として、インターネット網7・37を使用している。 [0107] Third Embodiment The first and second embodiments, another communication means and communicates directly by telephone line 4, 34, using the Internet network 7-37. これに対して、本実施形態では、別の通信手段として、パソコン通信を利用する場合について説明する。 In contrast, in the present embodiment, as another means of communication, it will be described utilizing the personal computer communication.

【0108】図7に示すように、本実施形態に係る通信システム41において、各通信機器42・43の使用者は、パソコン通信に加入しており、通信機器42・43 [0108] As shown in FIG. 7, in the communication system 41 according to the present embodiment, the user of each of the communication devices 42, 43 are joined to the personal computer communication, a communication device 42, 43
は、近隣のアクセスポイント45・46まで電話し、パソコン通信サーバ47にダイアルアップ接続できる。 It is to call the neighboring access point 45, 46, can be dial-up connection to the computer communication server 47.

【0109】パソコン通信サーバ47は、通信機器42 [0109] PC communication server 47, communications equipment 42
・43と通信して、例えば、データベース検索など、所定のサービスを提供している。 · 43 communicates with, for example, such a database search, provides a predetermined service. さらに、本実施形態に係るパソコン通信サーバ47は、図5に示すサーバ38と同様に、両通信機器42・43間の通信を中継できる。 Furthermore, personal computer communication server 47 according to this embodiment, similarly to the server 38 shown in FIG. 5, can relay communication between the two communication devices 42, 43.
これにより、両通信機器42・43間は、パソコン通信サーバ47を介して、双方向に通信できる。 Thus, between two communications devices 42, 43, via a computer communication server 47 can communicate bidirectionally.

【0110】パソコン通信サーバ47は、図1に示すプロバイダ5・6と同様に、加入者をIDなどによって管理しており、各通信機器42・43が電話回線44を介して接続した場合に、IDおよびパスワードを照合して、それぞれの通信機器42・43を識別する。 [0110] PC communication server 47, like the provider 5, 6 shown in FIG. 1, has been managed by an ID of the subscriber, when each of the communication devices 42, 43 are connected via a telephone line 44, by matching the ID and password, for identifying each of the communication devices 42, 43. ただし、図1に示す通信システム1のように、インターネット網7を介して通信する場合とは異なり、図7に示す通信システム41では、両通信機器42・43のIDが、 However, as the communication system 1 shown in FIG. 1, different from the case of communicating over the Internet network 7, in the communication system 41 shown in FIG. 7, ID of both the communication device 42, 43,
いずれもパソコン通信サーバ47により管理されている。 Both are managed by the personal computer communication server 47. したがって、当該通信システム41では、それぞれのIDによって通信相手を特定する。 Therefore, in the communication system 41, specifying the communication party by each ID. なお、各アクセスポイント45・46とパソコン通信サーバ47との間は、専用の回線48・48で互いに接続されている。 Note that between each access point 45, 46 and the PC communication server 47 are connected to each other by a dedicated line 48 - 48.

【0111】現在、上記パソコン通信サーバ47は、数多く設けられている。 [0111] Currently, the personal computer communication server 47, are provided a number. したがって、その中の一つを選択し、通信機器42・43を設けることによって、比較的容易に通信システム41を構成できる。 Therefore, selecting one of them, by providing the communication device 42, 43, it can be relatively easily configure the communication system 41.

【0112】本実施形態に係る通信機器42・43は、 [0112] Communication devices 42, 43 according to this embodiment,
第1の実施形態に示す通信機器2・3(22)と略同様のハードウェア構成である。 It is substantially the same hardware configuration as the communication device 2, 3 shown in the first embodiment (22). ただし、本実施形態に係る通信機器42・43は、パソコン通信サーバ47に接続されている場合、当該パソコン通信サーバ47との通信方式に応じた形式のデータを送受する。 However, communication devices 42, 43 according to this embodiment, when connected to a personal computer communication server 47 transmits and receives the format of the data in accordance with a method of communication with the PC communication server 47. なお、当該形式のデータの送受は、通信機器2・3のハードウェアあるいはソフトウェアを一部変更するだけで容易に実現できる。 Incidentally, transmission and reception of data of the format can be easily realized by only partially changing the hardware or software of the communication device 2 · 3.

【0113】上記構成において、通信機器42が通信機器43を呼び出す際、通信システム41は、図8に示すように動作する。 [0113] In the above structure, when the communication device 42 calls the communication device 43, the communication system 41 operates as shown in FIG. すなわち、S41aないしS44a、 In other words, S41a to S44a,
および、S41bないしS46bにおいて、通信機器4 And in to no S41b S46b, the communication device 4
2は、パソコン通信サーバ47を介して通信する前に、 2, prior to communicating via a personal computer communication server 47,
図6と同様の処理を行い、電話回線44を介して通信機器43を呼び出して接続要求を伝える。 Was treated in the same manner as FIG. 6, transmit a connection request by calling communication device 43 via the telephone line 44. この際、両通信機器42・43は、互いの公開鍵を交換する。 In this case, both the communication device 42, 43 exchange their public keys.

【0114】続いて、S45aないしS48a、およびS47bないしS50bにおいて、図6と同様に、両通信機器42・43は、それぞれパソコン通信サーバ47 [0114] Subsequently, S45a to S48a, and to not S47b in S50b, similar to FIG. 6, both the communication device 42, 43, respectively PC communication server 47
へダイアルアップ接続して、ネットワーク会議ソフトを介して通信する。 And dial-up connections to communicate via a network meeting software.

【0115】ただし、本実施形態では、各通信機器42 [0115] However, in the present embodiment, each of the communication devices 42
・43に固有のIDを用いて通信相手を指定する。 · To 43 to specify the communication partner by using a unique ID. したがって、図6に示すS27a〜S29a、および、S2 Therefore, S27a~S29a shown in FIG. 6, and, S2
9b〜S31bの処理は、省かれている。 Processing of 9b~S31b are omitted. また、本実施形態では、S47aおよびS49bにおいて、ネットワーク会議ソフトで通信する際、両通信機器42・43 Further, in the present embodiment, in S47a and S49b, when communicating with the network meeting software, both communication devices 42 - 43
は、電話回線44を介して、予め交換した相手の公開鍵を用いて、通信内容をそれぞれ暗号化して送出する。 Via the telephone line 44, using a public key of the user whom previously replaced, and sends the communication contents encrypted respectively. また、暗号化された通信内容は、予め保持している自らの秘密鍵を用いて復号する。 The communication content is encrypted, decrypts using his private key held in advance. これにより、通信内容を第三者から隠蔽できる。 This makes it possible to hide the communication content from a third party.

【0116】〔第4の実施形態〕上記第1ないし第3の実施形態では、通信機器2(32・42)が通信機器3 [0116] In the Fourth Embodiment The first to third embodiments, the communication device 2 (32, 42) is communication equipment 3
(33・43)を呼び出すときであっても、これとは逆に、通信機器3(33・43)が通信機器2(32・4 Even (33, 43) when calling, on the contrary, the communication apparatus 3 (33-43) is the communication device 2 (32 - 4
2)を呼び出すときであっても、本発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法が使用される構成について説明している。 Even when calling 2) describes a configuration in which the calling method of dial-up connection communication apparatus according to the present invention is used. しかしながら、本発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、一方の通信機器が他方の通信機器を呼び出すときのみに使用してもよい。 However, how to invoke dial-up connection communication apparatus according to the present invention may be used only when one of the communication equipment calls the other communication equipment.

【0117】以下では、監視カメラシステム(監視制御システム)を例にして、親局側が子局側を呼び出す際のみに、本発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法を使用する場合について詳細に説明する。 [0117] In the following, by the surveillance camera system (monitoring control system) as an example, only when the master station side calls the slave station side, a case of using a calling method of dial-up connection communication apparatus according to the present invention in detail explained to. なお、ネットワークとしては、第1ないし第3の実施形態に示すように、インターネット網やパソコン通信などを利用できるが、以下では、第1の実施形態と同様に、インターネット網を用いた場合を例にして説明する。 As the network, as shown in the first to third embodiments, can be utilized such as the Internet network or a personal computer communication, in the following, similarly to the first embodiment, an example the case of using the Internet network to be described.

【0118】すなわち、本実施形態に係る監視カメラシステム51は、例えば、無人駐車場の監視などに用いられるものであって、図9に示すように、本社に配された親局(発呼側の通信機器)52と、各駐車場に配された子局(ダイアルアップ接続通信機器)53とを備えている。 [0118] That is, the surveillance camera system 51 according to this embodiment, for example, which is used in such monitoring of unmanned parking, as shown in FIG. 9, the master station arranged in the head office (caller It includes a communication device) 52, and the parking arranged child station (dial-up connection communication device) 53. 当該子局53には、監視カメラ53b…が取得した映像を親局52へ送出する送信装置(子局通信手段)5 The child station 53, the transmission apparatus (slave station communication means) for transmitting a video surveillance camera 53b ... has acquired to the master station 52 5
3aが設けられており、各監視カメラ53bが取得した映像は、子局53の送信装置53aを介して、親局52 3a is provided, the image in which each monitoring camera 53b is acquired via the transmission apparatus 53a of the slave station 53, the master station 52
の受信装置(親局通信手段)52aへ送られる。 Of the receiver it is sent to the (master station communication means) 52a. 親局5 Master station 5
2では、当該映像に基づいて、無断駐車の有無が確認される。 In 2, based on the video, the presence or absence of parking violation is confirmed. これにより、本社1か所のみで、全国の無人駐車場を監視できる。 As a result, the head office one place only, can monitor the whole country of unmanned parking lot. したがって、各駐車場に監視のための人材を派遣する必要がなく、人件費を削減できる。 Therefore, there is no need to dispatch personnel for monitoring in each parking lot, it is possible to reduce the labor costs. なお、料金回収は、例えば、週1回、地元の契約社員などによって回収される。 In addition, fee collection, for example, once a week, and is collected by such local contract employees.

【0119】より詳細には、上記子局53の送信装置5 [0119] More specifically, the transmission apparatus of said child stations 53 5
3aは、図1に示す接続器3aと略同様の構成である。 3a is a connector 3a substantially similar to the configuration shown in FIG.
ただし、複数の監視カメラ53bを制御するために、監視カメラ53bの数に応じた数のインターフェースを備えている点が異なっている。 However, in order to control the plurality of monitoring cameras 53b, that it includes a number of interfaces corresponding to the number of surveillance cameras 53b are different. また、これに伴って、親局52からの指示を認識して、映像の取得が指示された監視カメラ53bを選択し、当該監視カメラ53bに映像の取得を指示する機能が付されている。 Together with this, recognizes the instruction from the master station 52 selects a monitoring camera 53b acquired image is instructed, the ability to instruct to acquire an image to the monitoring camera 53b is attached. ただし、当該機能は、例えば、図2に示すCPU14が所定のプログラムを実行することによって実現できるため、上記接続器3aと同様のハードウェアによって、送信装置53aを実現できる。 However, the function is, for example, can be realized by the CPU14 shown in FIG. 2 executes a predetermined program, by the same hardware and the connector 3a, can be realized transmission device 53a.

【0120】また、上記各監視カメラ53bは、駐車場の各駐車スペースに駐車した車両のナンバープレートを撮影可能な位置に配されている。 [0120] In addition, each of the above surveillance camera 53b is a vehicle license plate that was parked in each parking space of the parking lot is disposed to a possible shooting position. また、各監視カメラ5 In addition, each surveillance camera 5
3bが取得可能な映像の解像度は、ナンバープレートの文字を読み取り可能な程度に設定されている。 3b resolution of available acquisition image is set so readable characters of the license plate. 各監視カメラ53bおよび上記送信装置53aは、例えば、図1 Each surveillance camera 53b and the transmission device 53a are, for example, FIG. 1
に示すコンピュータ2bおよび接続器2aのように、所定の通信方法によって接続されており、監視カメラ53 As computer 2b and connectors 2a shown in, it is connected by a predetermined communication method, the monitoring camera 53
bは、送信装置53aの指示に応じて映像を取得できると共に、取得した映像を示す映像データを送信装置53 b is, it is possible to obtain an image in accordance with an instruction of the transmitting device 53a, the transmitting device image data representing the acquired image 53
aへ送出できる。 It can be sent to a.

【0121】さらに、本実施形態では、電話回線54の一部に無線電話システムが使用されており、送信装置5 [0121] Further, in the present embodiment, the part to the wireless telephone system is the use of the telephone line 54, the transmitting apparatus 5
3aは、携帯電話器53cを介して、親局52あるいはプロバイダ56と接続される。 3a via the portable telephone 53c, are connected to a parent station 52 or provider 56. 無線電話システムは、例えば、パーソナル・ハンディホン・システム(以下では、PHSと称する)や自動車電話システムなど、種々のシステムが利用可能であり、子局53には、各システムに応じた携帯電話器53cが設けられる。 Wireless telephone systems, for example, a personal handyphone system (hereinafter, referred to as PHS) such or automobile telephone system, a variety of systems are available, the slave station 53, a mobile telephone in accordance with each system 53c is provided. なお、図1 It should be noted that, as shown in FIG. 1
に示す接続器3aと同様に、無線電話システムを利用せずに、送信装置53aと電話回線54とを直接接続してもよい。 Similar to the connector 3a shown in, without using a wireless telephone system, a transmitting device 53a and the telephone line 54 may be directly connected.

【0122】これにより、子局53は、図1に示す通信機器33と同様に、電話回線54を介して親局52と直接通信できると共に、電話回線54およプロバイダ56 [0122] Thus, the slave station 53, like the communication device 33 shown in FIG. 1, it is possible to communicate directly with the master station 52 through the telephone line 54, telephone line 54 Oyo provider 56
を介して、インターネット網57へダイアルアップ接続できる。 Through, it can be dial-up connection to the Internet network 57.

【0123】一方、上記親局52は、図1に示す通信機器2と同様に、電話回線54を介する直接接続と、インターネット網57を介する接続との双方によって、子局53と通信可能である。 [0123] On the other hand, the master station 52, like the communication device 2 shown in FIG. 1, a direct connection via a telephone line 54, by both the connection via the Internet network 57 can communicate with the slave station 53 . ただし、本実施形態に係る親局52は、上記通信機器2とは異なり、専用線58にて、 However, the master station 52 according to this embodiment, unlike the communication device 2, by a dedicated line 58,
インターネット網57と直接接続されている。 It is directly connected to the Internet network 57. これにより、親局52は、本発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法を用いて、子局53を呼び出して通信できる。 Thus, the master station 52, using the method of calling dial-up connection communication apparatus according to the present invention, can communicate by calling the slave station 53. なお、本実施形態に係る親局52が専用線5 Incidentally, the master station 52 according to this embodiment is a dedicated line 5
8にてインターネット網57に常時接続されているので、親局52には、固有のIPアドレスが割り当てられている。 Because it is constantly connected to the Internet 57 by 8, the master station 52 is assigned a unique IP address.

【0124】具体的には、本実施形態に係る親局52 [0124] master station 52 Specifically, according to this embodiment
は、図1に示す接続器2aに代えて、受信装置52aが設けられており、コンピュータ2b・電話器2cに代えて、監視カメラ53bからの映像を使用者に報知すると共に、使用者の指示を受け取る端末52bが設けられている。 , Instead of the connector 2a shown in FIG. 1, the receiving device 52a is provided in place of the computer 2b · telephone 2c, as well as notifying the image from surveillance camera 53b to the user, the user's instruction terminal 52b to receive is provided. 受信装置52aおよび当該端末52bは、上記接続器2aおよびコンピュータ2bと同様に、例えば、L Receiving device 52a and the terminal 52b, like the connector 2a and computer 2b, eg, L
ANなど、所定の通信方法によって接続されており、双方向にデータを送受できる。 Such as AN, are connected by a predetermined communication method can send and receive data bidirectionally.

【0125】本実施形態に係る受信装置52aは、ターミナルアダプタ(TA)機能を具備するものであって、 [0125] receiving device 52a according to this embodiment is for comprising a terminal adapter (TA) functionality,
図示しないデジタル回線終端装置(DSU)を介して、 Through the digital network unit (not shown) (DSU),
ISDN回線と接続可能に構成されている。 And it is configured to be connected to the ISDN line. ISDN回線は、単一の加入者契約で、2つの回線(Bチャネル) ISDN lines, a single subscriber contract, two line (B-channel)
を同時使用可能なディジタル回線であり、一方の回線が、専用線58としてインターネットに接続するために専有されており、他方が電話回線54として使用される。 The are simultaneously available digital line, one line, are proprietary to connect to the Internet as a private line 58, the other is used as a telephone line 54. なお、専用線58は、これに限らず、ケーブルテレビ回線や、光ファイバなど、種々の回線を使用できる。 In addition, a dedicated line 58 is not limited to this, a cable television line and, such as an optical fiber, a variety of line can be used.
ただし、ISDN回線を使用すると、単一の加入者契約によって、専用線58と電話回線54との双方を実現できるので、比較的安価に親局52を実現できる。 However, using an ISDN line, by a single subscriber contract, it is possible to realize both the dedicated line 58 to a telephone line 54, a relatively low cost can be realized master station 52.

【0126】具体的には、図10に示すように、受信装置52aは、図2に示す接続器2aと類似した構成であるが、通信用IC13に代えて、上記DSUに接続されるS/T点インターフェース(S/T点I/Fと略称する)18が設けられている。 [0126] Specifically, as shown in FIG. 10, the receiving apparatus 52a is similar to the configuration and connection device 2a shown in FIG. 2, instead of the communication IC 13, is connected to the DSU S / T point interface (abbreviated as S / T point I / F) 18 is provided. 当該S/T点I/F18 The S / T point I / F18
は、CPU14の指示に基づいて、呼の設定/切断(回線接続/切断)を制御したり、CPU14が処理するデータ列と、ISDN回線上を伝送される電気信号とを相互に変換できる。 Based on an instruction of the CPU 14, it can be converted to control a call setup / disconnection (line connection / disconnection), a data string CPU 14 processes the electrical signals to each other to be transmitted over the ISDN line. また、S/T点I/F18は、CPU In addition, S / T point I / F18 is, CPU
14が処理するデータ列を音声信号に変調した後で、I The data string 14 is processed after modulated audio signal, I
SDN回線上に送出し、ISDN回線から送られてきた音声信号を復調して、CPU14が処理するデータ列に変換することもできる。 SDN sent on the line, and demodulates the voice signal sent from the ISDN line, it may be converted into data string CPU14 processes. これにより、受信装置52a Thus, the receiving apparatus 52a
は、子局53の送信装置53aと電話回線54を介して直接通信できる。 It can communicate directly through the transmitting device 53a and the telephone line 54 of the slave station 53. 受信装置52aと送信装置53aとの間の通信方法は、例えば、V32,V32bis、V3 Communication method between the receiving apparatus 52a and the transmission unit 53a is, for example, V32, V32bis, V3
4、V21、あるいはV22など、所定の規格に応じたシリアル通信であり、両者間でメッセージを送受できる。 4, V21, or the like V22, a serial communication according to a predetermined standard, can send and receive messages therebetween.

【0127】これにより、受信装置52aは、電話回線54を介して子局53を直接呼び出しできると共に、専用線58およびインターネット網57を介して、子局5 [0127] Thus, the receiving apparatus 52a, as well as can call the child station 53 directly via a telephone line 54, via the dedicated line 58 and the Internet network 57, the slave station 5
3と通信できる。 3 and it can communicate.

【0128】なお、親局52全体としての機能が同じであれば、用途に応じて、受信装置52aと端末52bとの役割分担や、両者が一体に形成されているか否かなどを自由に設定できるが、以下では、受信装置52aが監視カメラ53bからの映像を受け取るサーバとして働く場合を例にして説明する。 [0128] Note that if the same functions of the entire master station 52, depending on the application, settings and roles of the receiving apparatus 52a and the terminal 52 b, both such as whether it is formed integrally freely possible, in the following, the receiving apparatus 52a is will be described as an example when acting as a server that receives the image from surveillance camera 53b. この場合は、各監視カメラ5 In this case, each of the monitoring camera 5
3bからの映像は、受信装置52aに蓄積され、端末5 Video from 3b are stored in the receiving apparatus 52a, the terminal 5
2bは、受信装置52aに指示して、これらの映像を受け取り、当該映像を表示する。 2b instructs the reception device 52a, receives these images and displays the images. 一方、使用者が、ある監視カメラ53bが配置されている場所の映像を取得したいと判断した場合、端末52bは、例えば、キー入力などによって、使用者の指示を識別し、当該監視カメラ5 On the other hand, if the user determines that want to get an image of the location of the monitoring camera 53b is located, the terminal 52b, for example, such as by key input, to identify the user's instruction, the monitoring camera 5
3bに対する映像の取得要求があったことを受信装置5 Receiving device that there was a video acquisition request to 3b 5
2aへ通知する。 It notifies the 2a. 受信装置52aは、端末52bからの通知に基づいて、監視カメラ53bに対応する子局53 Receiving apparatus 52a, based on the notification from the terminal 52 b, slave station 53 corresponding to the surveillance camera 53b
を識別し、本発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法を用いて当該子局53を呼び出す。 Identifies calls the child station 53 using the calling method dial-up connection communication apparatus according to the present invention.

【0129】以下では、子局53を呼び出す際における親局52および子局53の動作について、図11に示すフローチャートに基づき説明する。 [0129] In the following, the operation of the master station 52 and slave station 53 at the time of calling a slave station 53 will be described with reference to the flowchart shown in FIG. 11. なお、上記第1ないし第3の実施形態に係るフローチャートと同様に、発呼側、すなわち、親局52の動作を示すステップは、例えば、S61aなど、末尾に”a”を付した符号にて参照し、被呼側、すなわち、子局53の動作を示すステップは、末尾に”b”を付した符号にて参照する。 Similarly to the flowchart according to the first to third embodiments, the calling side, steps illustrating the operation of the master station 52, for example, S61a, in symbols including the "a" at the end reference, the called party, i.e., the step of indicating the operation of the slave station 53 referred to by symbols including the "b" at the end.

【0130】すなわち、親局52において、端末52b [0130] That is, in the master station 52, the terminal 52b
は、例えば、使用者の指示などに応じて、監視カメラ5 Is, for example, in accordance with the user's instruction, the monitoring camera 5
3bからの映像を取得したいことを示す受信要求を生成し、受信装置52aに通知する(S61a)。 It generates a reception request indicating that it wants to acquire images from 3b, to notify the receiving apparatus 52a (S61a). 受信装置52aは、当該受信要求に基づいて、当該監視カメラ5 Receiving device 52a based on the received request, the monitoring camera 5
3bに対応する子局53を検索して、例えば、電話番号や暗証番号など、当該子局53を呼び出すための情報を取得する。 Searching for the slave station 53 corresponding to 3b, for example, phone number or personal identification number, to acquire information for calling the child station 53. さらに、受信装置52aは、2つのISDN Furthermore, the receiving apparatus 52a includes two ISDN
回線のうちの空いている回線を用いて、上記電話番号に電話をかけ、子局53の送信装置53aを電話呼び出しする(S62a)。 Using a line vacant ones of the line, a call to the telephone number, telephone call transmission device 53a of the slave station 53 (S62a). 送信装置53aが電話呼び出しに応答すると(S61b)、受信装置52aと送信装置53 When the transmission device 53a is responsive to the telephone call (S61b), and the receiver 52a transmitting apparatus 53
aとの間で、電話回線54を介する直接通信が可能になる。 Between a, allowing direct communication via the telephone line 54.

【0131】さらに、S63aにおいて、受信装置52 [0131] Further, in S63A, the receiving apparatus 52
aが送信装置53aに予め定められた暗証番号を通知すると、S62bにおいて、送信装置53aは、受け取った暗証番号が予め定められた正規の暗証番号であるか否かを認証し、正規の暗証番号の場合、受信装置52aへ応答メッセージを送出する。 When a notifies in advance the personal identification number defined to the transmitter 53a, in S62b, the transmission device 53a has received security code to authenticate whether the PIN predetermined regular, normal personal identification number for, it sends a reply message to the receiving device 52a.

【0132】応答メッセージを受け取ると、受信装置5 [0132] Upon receiving the response message, the receiving apparatus 5
2aは、S64aにて、インターネット網57を介して接続する際に用いられる通信パラメータ(アクセス情報)を、送信装置53aに連絡し、送信装置53aは、 2a, at S64a, the communication parameters used when connecting via the Internet network 57 (access information), contact the transmitting device 53a, the transmitting device 53a includes
当該通信パラメータを受け取った後、電話回線54との回線接続を切断する(S63b)。 After receiving the communication parameters, it disconnects the line connection to the telephone line 54 (S63b). これにより、受信装置52aと送信装置53aとの間の直接接続は切断される。 Thus, a direct connection between a receiving device 52a transmitting device 53a is disconnected.

【0133】上記S64aにて送出される通信パラメータは、例えば、送信装置53aの最寄りのプロバイダ5 [0133] communication parameters is delivered at the S64a, for example, preferred provider transmitting device 53a 5
6の電話番号と、並びに、プロバイダ56のアカウントおよびパスワードなど、送信装置53aがダイアルアップ接続する際に使用するダイアルアップ情報を含んでいる。 And 6 telephone number, as well, such as provider 56 account and password, the transmitting device 53a contains a dial-up information to be used for dial-up connection. なお、受信装置52aは、各送信装置53aに予め対応付けられたダイアルアップ情報を通知してもよいし、例えば、無線通信システムが発呼側と被呼側との双方に端末の現在位置を通知するサービスなどを用いて、 The reception apparatus 52a may notify the associated beforehand dialup information to each transmission apparatus 53a, for example, notifying the current position of the terminal wireless communication system in both the calling and called by using a service that,
受信装置52aが送信装置53aの位置を確認し、送信装置53aに応じたダイアルアップ情報を通知してもよい。 Receiving device 52a confirms the position of the transmitting device 53a, it may notify the dial-up information according to the transmitter 53a.

【0134】さらに、上記通信パラメータには、例えば、暗号鍵と、受信装置52aのIPアドレスと、ft [0134] Further, in the above communication parameters, for example, an encryption key, and the IP address of the receiving apparatus 52a, ft
p( File Transfer Protocol )用のログイン名と、通信開始の条件となど、インターネット網57を介して、 p and (File Transfer Protocol) login name for, and conditions of the start of communication, such as via the Internet network 57,
映像データを伝送する際に用いられる情報が含まれている。 It contains information used to transmit the video data. より詳細には、上記暗号鍵は、送信装置53aが映像データを暗号化する際に使用する暗号鍵であり、各接続毎に異なる使い捨てのものが使用される。 More specifically, the encryption key, transmitting device 53a is a cryptographic key used in encrypting the video data, of different disposable for each connection is used. また、通信開始の条件は、インターネット網57を介して、送信装置53aが受信装置52aへインターネット網57を介して接続する際の条件を示すものであり、例えば、以下に示す条件が挙げられる。 The communication start condition via the Internet network 57, the transmitting device 53a is intended to indicate the conditions for connecting to the receiving device 52a via the Internet network 57, for example, under the following conditions. 第1の条件が選択された場合、受信装置52aが送信装置53aを電話回線54にて呼び出し、直接通信が切断された後、子局53は、即座に通信を開始する。 If the first condition is selected, the receiving apparatus 52a calls the transmitting device 53a via telephone line 54, after the direct communication is disconnected, the slave station 53 immediately starts communication. また、第2の条件が選択された場合、送信装置53aは、一定の時間間隔や指定した時間にて、自動的に通信を開始する。 When the second condition is selected, the transmitting device 53a, at certain time intervals and the specified time, automatically starts communication. さらに、第3の条件が選択されると、送信装置53aは、送信装置53aに接続されたセンサ(図示せず)にて、何か異常を関知した場合に、自動的に通信を開始する。 Further, when the third condition is selected, the transmitting device 53a, at sensor connected to the transmitter 53a (not shown), when concerned something abnormal, automatically starts communication. 加えて、第4の条件が選択されると、送信装置53aは、各監視カメラ53 In addition, when the fourth condition is selected, the transmitting device 53a, each monitoring camera 53
bからの映像を常時画像処理し、映像に所定の変化が現れた場合に、自動的に通信を開始する。 Constantly image processing video from b, and when a predetermined change appears in the video, automatically starts communication. また、第5の条件が選択されると、送信装置53aは、図示しない通常の電話器(図示せず)から電話回線54を介して呼び出しを受けた場合、当該電話器との接続が切断された後で、自動的に通信を開始する。 Further, when the fifth condition is selected, the transmitting device 53a, when receiving the call via the telephone line 54 from a conventional telephone (not shown) (not shown), the connection between the telephone device is disconnected in after, to automatically start the communication.

【0135】上記S63bにて、受信装置52aと送信装置53aとの間の直接通信が切断されると、送信装置53aは、上記S64aにて通知された通信の開始条件が満たされるまで待機する(S64b)。 [0135] At the S63b, the direct communication between the receiving device 52a transmitting device 53a is disconnected, the transmission device 53a waits until the start condition of communication notified by the S64a is satisfied ( S64b).

【0136】通信条件が満たされると、送信装置53a [0136] When the communication condition is satisfied, the transmitting apparatus 53a
は、例えば、監視カメラ53bに写真を撮影するように指示したり、あるいは、監視カメラ53bから送られている映像のうち、最近の映像を選択するなどして、監視カメラ53bからの映像データを取得し、上記S64a Is, for example, or instructed to take a photograph a surveillance camera 53b, or, in the video being sent from the monitoring camera 53b, such as by selecting a recent image, the image data from the monitoring camera 53b acquired, the S64a
にて通知された暗号鍵を用いて暗号化する。 Use of an encryption key that has been notified by. さらに、送信装置53aは、上記S64aにて指示されたプロバイダ56を介して、インターネット網57へダイアルアップ接続する(S65b)。 Further, the transmitting apparatus 53a via the provider 56 which is instructed by the S64a, dial-up connection to the Internet network 57 (S65b). これにより、IPアドレスが割り当てられ、送信装置53aは、インターネット網5 Thus, IP address, is allocated, the transmission device 53a is the Internet network 5
7に接続される。 It is connected to the 7. なお、受信装置52aは、専用線58 The receiving device 52a includes a dedicated line 58
を介してインターネット網57へ常時接続されている。 It is always connected to the Internet network 57 via the.

【0137】続いて、S66bにて、送信装置53a [0137] Subsequently, in S66b, the transmission device 53a
は、インターネット網57を介して受信装置52aへf It is, f to the receiving device 52a via the Internet 57
tp接続を要求する(S66b)。 To request a tp connection (S66b). なお、ftp接続要求は、例えば、上記S64aにて通知された受信装置5 Incidentally, ftp connection request, for example, the receiving apparatus has been notified by the above S64a 5
2aのIPアドレスへ所定のコマンドを送出するなどして要求される。 2a to the IP address is requested, such as by sending a predetermined command.

【0138】また、受信装置52aは、ftp接続要求を受けると、ログイン名入力画面にて、乱数を送信装置53aに送信する(S65a)。 [0138] The receiving apparatus 52a receives the ftp connection request, the login name input screen, and transmits the random number to the transmitter 53a (S65a). なお、送信装置53a In addition, the transmission device 53a
のIPアドレスは、上記S65bにて割り当てられるまで決定していないので、受信装置52aは、送信装置5 The IP address, since no decision to be allocated in the above S65b, the receiving apparatus 52a is the transmission apparatus 5
3aのIPアドレスを予め予測することができない。 It is impossible to predict an IP address of 3a. しかしながら、上記S66bにて、送信装置53aがft However, in the above S66b, transmitter device 53a is ft
p接続を要求する際に受信装置52aへ送出したデータグラムには、送信元のIPアドレスとして、送信装置5 The datagrams sent to the receiving apparatus 52a when requesting p connection, as the source of the IP address, the transmitting apparatus 5
3aのIPアドレスが含まれている。 IP address of 3a are included. したがって、当該IPアドレスへデータグラムを送信することによって、 Therefore, by transmitting the datagram to the IP address,
受信装置52aは、何ら支障なく、インターネット網5 Receiving device 52a is, without any hindrance, the Internet network 5
7を介して送信装置53aへ任意のデータを送信できる。 7 it can send any data to the transmission device 53a via the.

【0139】さらに、送信装置53aは、上記S64a [0139] In addition, the transmitting device 53a, the above S64a
にて通知された暗号鍵を用いて、受け取った乱数を暗号化して、パスワードを生成し、受信装置52aへ当該パスワードを送出する(S67b)。 Using the notified encryption key in, by encrypting the received random number, generates a password and sends the password to the receiving apparatus 52a (S67b). 一方、受信装置52 On the other hand, the receiving apparatus 52
aは、受け取ったパスワードが、ログイン名に対応し、 a is received password corresponds to the login name,
かつ、上記S64aにて通知したパスワードを用いて暗号化されたパスワードであるか否かを判定する。 And determines whether the encrypted password by using a password that has been notified by the above S64a. そして、ログイン名に対応して正しく暗号化されたパスワードであった場合、送信装置53aが正規の相手であると承認する(S66a)。 And, if a properly encrypted password in response to the login name, to approve the transmission device 53a is a legitimate opponent (S66a).

【0140】承認された送信装置53aは、上記S65 [0140] approved the transmission device 53a, the above S65
bにて暗号化した映像データをftpプロトコルにて受信装置52aへ送信する(S68b)。 Video data encrypted by b transmits to the receiving device 52a via the ftp protocol (S68b). 当該映像データは、インターネット網57を介して、受信装置52aへ到達し、受信装置52aは、暗号化された映像データを受け取る(S67a)。 The video data via the Internet network 57, and reaches the receiving device 52a, the receiving apparatus 52a receives the encrypted video data (S67a). さらに、送信が完了すると、送信装置53aは、プロバイダ56との回線接続を切断する(S69b)。 Further, when transmission completes, the transmitting apparatus 53a disconnects the line connecting with the provider 56 (S69b). これにより、受信装置52aと送信装置53aとの間のインターネット網57を経由した通信は完了する。 Thus, the communication via the Internet network 57 between a receiving device 52a transmitting device 53a is completed.

【0141】さらに、受信装置52aは、送信装置53 [0141] Further, the receiving apparatus 52a is the transmission device 53
aへ電話をかけて、呼出し音に基づいて、送信装置53 A telephone call to a, on the basis of the ringing tone, the transmission device 53
aとプロバイダ56との間の回線接続が、正常に切断されているか否かを確認する(S68a)。 Line connection between a and provider 56 checks whether or not been successfully cut (S68a). 具体的には、 In particular,
送信装置53aは、電話呼出しを受けた場合、例えば、 Transmitting device 53a, when receiving a telephone call, for example,
1〜2回など、所定の回数の呼出し音がなるまで、着呼しないように設定されている。 Such as once or twice, until the ringing tone of a predetermined number of times is, is set so as not to call. この結果、受信装置52 As a result, the receiving apparatus 52
aが送信装置53aへ電話をかけた場合、所定数回の呼出し音が鳴らされる。 If a is a call to the transmitting device 53a, the number of times of ringing tone given is sounded. 通常の電話回線54では、被呼側となる送信装置53aが回線接続しているか否かによって呼出し音が異なる。 In normal telephone line 54, a ringing tone is different depending on whether or not the transmission apparatus 53a to the called party is the line connection. したがって、受信装置52aは、 Accordingly, the receiving apparatus 52a is
呼出し音によって、送信装置53aとプロバイダ56との回線接続が切断されているか否かを確認できる。 The ringing tone, it can be confirmed whether the line connection between the transmitting device 53a and the provider 56 is disconnected.

【0142】例えば、話し中ではないことを示す通常の呼出し音が鳴った場合、受信装置52aは、送信装置5 [0142] For example, if the normal ringing tone indicating that it is not a busy rang, the receiver 52a is transmitting device 5
3aがインターネット網57への接続を正しく切断できたと判断する。 3a is determined that the correctly cut a connection to the Internet network 57. 一方、話し中を示すツーツーという音が鳴った場合、受信装置52aは、送信装置53aがインターネット網57へ接続中であると判断する。 On the other hand, when the sounds are called Tsutsu showing the busy receiver device 52a is transmitting device 53a is judged to be connecting to the Internet network 57. この場合、受信装置52aは、例えば、先程まで通信していた送信装置53aのIPアドレスへ、インターネット網5 In this case, the receiving apparatus 52a, for example, to the IP address of the transmission device 53a which was communicating up earlier, Internet network 5
7経由で切断コマンドを送出するなどして、送信装置5 Such as by sending a disconnect command via 7, transmitting apparatus 5
3aへ回線切断を指示できる。 3a to be able to direct the line disconnection. また、受信装置52aの通知に応えて、端末52bの使用者が、監視カメラ53 Further, in response to the notification of the receiving apparatus 52a, the user of the terminal 52b is, the monitoring camera 53
bの設置場所へ赴いて回線接続を切断するなどしてもよい。 And it went to b of the installation location may be, for example, by cutting the line connection.

【0143】いずれの場合であっても、親局52側は、 [0143] In any case, the parent station 52 side,
子局53における回線切断の失敗を把握して、適切な処置を講じることができる。 To understand the failure of line disconnection in the slave station 53, it is possible to take appropriate action. この結果、回線切断の失敗に起因する無駄な通信費用の発生を確実に防止できる。 As a result, a wasteful communication fee due to failure of line disconnection can be reliably prevented. なお、上記所定の回数までに、受信装置52aが電話呼出しを中止すれば、通話料金は無料である。 Incidentally, before the predetermined number of times, if stop receiving apparatus 52a is a telephone call, the call charge is free.

【0144】また、S69aにおいて、受信装置52a [0144] Further, in S69A, the receiving apparatus 52a
は、受け取った映像データを復号し、ftpプロトコルにて、例えば、図9に示す端末52bなどの他の機器へ、復号された映像データを送出する。 Decodes the received video data at ftp protocol, for example, to another device, such as a terminal 52b shown in FIG. 9, and sends the decoded video data. これにより、映像データは、端末52bに表示され、端末52bの使用者は、監視カメラ53bの設置場所の映像を確認できる。 Thus, the video data is displayed on the terminal 52b, the user of the terminal 52b can confirm the image of the location of the monitoring camera 53b.

【0145】この結果、子局53がダイアルアップ接続されている場合であっても、親局52は、任意の時点で、監視カメラ53bからの映像を確認できると共に、 [0145] Consequently, even if the slave station 53 is a dial-up connection, the master station 52, at any time, it is possible to check the video from surveillance cameras 53b,
例えば、無断駐車を発見したときなど、何らかの異常があったとき、特定の監視カメラ53bを重点的に監視できる。 For example, such as when you find a parking violation, when there is some abnormality, can be intensively monitor specific surveillance camera 53b. したがって、無断駐車されている駐車スペースを柵などで囲ったり、警備会社に連絡するなど、異常に応じた処理を講じることができる。 Therefore, or surrounded by such fence the parking spaces that are parking violation, such as to contact the security company, it is possible to take the process according to the trouble.

【0146】ところで、上述したように、インターネット網57を構成する通信機器は、送信元の通信機器のI [0146] As described above, the communication devices constituting the Internet network 57, I of the sender communication device
Pアドレスに拘わらず、近隣の通信機器からデータグラムを受け取っている。 Regardless of the P address, it has received a datagram from neighboring communication devices. したがって、受信装置52aは、 Accordingly, the receiving apparatus 52a is
受信装置52aの処理能力および専用線58の通信容量の範囲内であれば、複数の送信装置53aからの映像データをインターネット網57経由で受け取ることができる。 If the processing capacity of the receiving apparatus 52a and the range of the communication capacity of the dedicated line 58, can receive image data from a plurality of transmission devices 53a via the Internet 57. さらに、受信装置52aは、インターネット網57 Furthermore, the receiving apparatus 52a is the Internet network 57
経由の接続と、電話回線54を介した直接接続とを同時に維持できる。 And connections through, can be maintained and direct connection via the telephone line 54 at the same time. したがって、受信装置52aは、インターネット網57経由で映像データを受け取っている間であっても、他の送信装置53aを電話呼出しして、映像の取得を指示できる。 Accordingly, the receiving apparatus 52a, even while receiving the video data via the Internet network 57, and the telephone calls of other transmission device 53a, can be instructed to acquire the image.

【0147】なお、上記各ステップでは、監視カメラ5 [0147] It should be noted that, in each of the above steps, surveillance camera 5
3bが取得した映像をインターネット網57経由で受信装置52aへ送出する場合について説明している。 An image 3b is obtained that describes the case of transmitting to the receiving device 52a via the Internet 57. ただし、例えば、プロバイダ56が混雑している場合など、 However, for example, if the provider 56 is congested,
インターネット網57経由のデータ伝送が難しい場合、 If you have difficulty data transmission over the Internet network 57,
送信装置53aは、受信装置52aを電話呼出しして、 Transmitting device 53a is to phone calls reception device 52a,
電話回線54を介した直接通信によって映像を伝送することもできる。 It is also possible to transmit the video by direct communication via the telephone line 54. この場合は、インターネット網57へのアクセスや暗号化を必要としないため、送信装置53a In this case, since that it does not require access and encryption to the Internet network 57, the transmitting apparatus 53a
は、より速い時点で、受信装置52aに映像を伝送できる。 Is a faster time, can transmit the video to the receiver 52a.

【0148】また、上記各ステップにおいて、受信装置52aおよび送信装置53aは、ftpプロトコルを用いて、映像データを伝送しているが、これに限るものではない。 [0148] In each of the above steps, the receiving device 52a and a transmitting device 53a uses the ftp protocol, but is transmitting video data, not limited to this. インターネット網57経由でデータを伝送できる方法であれば、例えば、電子メールなど、他の方法を用いて映像データを伝送できる。 As long as the method can transmit data via the Internet network 57, such as e-mail, it can transmit video data using other methods. ただし、ftpプロトコルでは、受信装置52aおよび送信装置53aの双方で、データを伝送できたか否かを確実に確認できる。 However, the ftp protocol, both of the receiving apparatus 52a and the transmitting device 53a, can reliably confirm whether or not transmit data. したがって、データ伝送に失敗した場合にデータを再送するなど、適切な処置を講ずることができる。 Therefore, such data is retransmitted in the event of a failed data transmission, it is possible to take appropriate action.

【0149】さらに、上記S68aでは、受信装置52 [0149] Further, in the above S68a, the receiving apparatus 52
aは、呼出し音によって、送信装置53aの回線接続が切断されているか否かを確認しているが、これに限るものではない。 a is the ring tone, but the line connecting the transmission device 53a is confirmed whether it is cut, but not limited thereto. 例えば、受信装置52aが送信装置53a For example, the receiving device 52a is transmitting device 53a
を電話呼出しして直接通信することによって、回線接続が切断されているか否かを確認してもよい。 By communicating directly with the phone call, it may be confirmed whether the line connection is disconnected. ただし、呼出し音によって回線接続の切断を確認した場合、通信費用がかからないので、直接通信する場合に比べて、通信費用をさらに削減できる。 However, when confirming the disconnection of the line connection by the ringer, the communication less expensive, as compared with the case of direct communication, the communication cost can be further reduced.

【0150】ここで、上記監視カメラシステム51を運営する際の費用の一例について、簡単に説明する。 [0150] Here, an example of the cost of the time of operating the surveillance camera system 51 is briefly described. 上記監視カメラシステム51では、監視カメラ53bから得られた映像に基づいてナンバープレートを確認するので、例えば、圧縮後で、1枚あたり約500kbyte In the monitoring camera system 51, so confirming the license plate on the basis of the images obtained from the monitoring camera 53b, for example, after compression, from about per one 500kbyte
程度の高精度な映像が必要である。 Accurate picture of the extent is required. したがって、データの伝送速度が64kbpsのISDN回線を用いて、当該映像を直接通信する場合、1枚の映像の伝送には、約62秒程度必要とする。 Therefore, the transmission rate of data using the 64 kbps ISDN line, when communicating the image directly to the transmission of one image requires about 62 seconds. ここで、親局52と子局53とが東京と名古屋とに配されている場合には、通信費用が40円程度となる。 Here, in the case where the master station 52 and the slave station 53 is disposed in Tokyo and Nagoya and the communication cost is about 40 yen. この結果、映像の取得頻度を1時間に1回程度とすると、1年間で、約350,400円程度必要となる。 As a result, when the order of once the acquisition frequency of the video in one hour, in one year, it is necessary about 350, 400 yen. 同様の条件で、伝送速度が33.6kb Under the same conditions, the transmission rate is 33.6kb
psのアナログ回線にて直接通信する場合の費用を算出すると、1回の伝送に、120秒程度で必要であることから、通信費用は、1回あたり、120円程度、1年で、約700,800円程度が必要となる。 After calculating the costs of communicating directly with ps analog line, for transmission of one, since it is necessary in about 120 seconds, communication costs, per about 120 yen, one year, about 700 , it is necessary to about 800 yen. また、子局53が専用線にてインターネット網57へ接続する場合、最近では、年間40万円程度の専用線利用料が必要となる。 In addition, when the slave station 53 is connected to the Internet network 57 by a dedicated line, recently, the annual 400,000 yen of leased line usage fee is required.

【0151】これに対して、インターネット網7経由であれば、ブロバイダ6が子局53と市内通話料金で通話可能な範囲内にあれば、1回の伝送に要する時間が18 [0151] In contrast, if via the Internet network 7, if the Burobaida 6 child station 53 and the extent possible calls local calls, time required for transmission of one time 18
0秒以内であることから、1回あたりの通信費用は、1 Because it is within 0 seconds, communication cost per one time, 1
0円となり、1年で、約87,600円程度となる。 Is 0 yen, in one year, is about 87,600 yen. さらに、プロバイダ6の利用料金を1年あたり60,00 In addition, the usage fee of the provider 6 per year 60,00
0円程度とすると、1年あたりの通信費用は、147, When 0 yen, communication costs per year, 147,
600円程度となる。 Is about 600 yen. この結果、上記監視カメラシステム51において、1か所の子局53あたりの通信費用は、通常回線にて直接通信する場合に比べて、約56万円程度(約79%)、ISDNの場合に比べても、約2 As a result, in the monitoring camera system 51, the communication cost per location of the slave station 53, as compared with the case of direct communication in the normal line, approximately 560,000 yen (about 79%), in the case of ISDN even in comparison, about 2
0万円(約57%)程度と大幅に削減できる。 00,000 yen (about 57%) degree and can be significantly reduced. さらに、 further,
親局52で必要とする映像の精度や枚数、あるいは通信頻度が増えるに伴って、監視カメラシステム51の通信費用の方が、より割安となる。 Accuracy and the number of images required in the master station 52 or with the frequency of communication increases, towards the communication cost of the surveillance camera system 51, is more economical. また、子局53が専用線接続する場合と比較すると、上記監視カメラシステム5 Further, when the slave station 53 is compared with a case of connecting a dedicated line, the monitoring camera system 5
1において、1か所の子局53あたりの通信費用は、年間で約25万円(約63%)程度削減できる。 In 1, the communication cost per location of the child station 53 is about 250,000 yen per year (about 63 percent) degree reduced.

【0152】なお、上述の通信費用は、あくまで一例であり、使用する通信回線の料金体系や、プロバイダ6の料金体系などによって大きく異なる。 [0152] The communication costs of the above is merely an example, vary greatly and fee structure of the communication line to be used, such as by pricing provider 6. ただし、上述したように、通信に要する設備などの面から、通信回線よりもネットワークの方が通信費用を削減しやすい。 However, as described above, from the surface, such as equipment required for communication, If you are a network is likely to reduce the communication cost than the communication line. さらに、ネットワークにて通信する場合でも、専用線による接続よりも、ダイアルアップ接続の方が通信費用を削減しやすい。 In addition, even in the case of communication in the network, rather than connected by a dedicated line, those of dial-up connection is likely to reduce communication costs. したがって、上記監視カメラシステム51の通信費用は、子局53が専用線接続する場合、および、 Therefore, the communication cost of the surveillance camera system 51, when the child station 53 is connected private line, and,
親局52と子局53とが直接通信する場合のいずれと比べても、大幅に廉価であることが多い。 As compared To any case where the master station 52 and slave station 53 communicates directly, it is often significantly less expensive.

【0153】〔第5の実施形態〕上記第4の実施形態では、親局52が専用線58によってインターネット網5 [0153] In the Fifth Embodiment of the fourth embodiment, the Internet network master station 52 via a dedicated line 58 5
7に常時接続されている場合について説明している。 It has described the case that is always connected to the 7. これに対して、図12に示すように、本実施形態では、親局52が、図1に示す通信機器2と同様に、プロバイダ55を介してインターネット網57へダイアルアップ接続する場合について説明する。 In contrast, as shown in FIG. 12, in this embodiment, the master station 52, similarly to the communication device 2 shown in FIG. 1, via the provider 55 will be described for the case of dial-up connection to the Internet network 57.

【0154】なお、本実施形態に係る受信装置52a [0154] The reception apparatus 52a according to this embodiment
は、第4の実施形態と同じハードウェア構成であり、子局53と通信する際、2本のISDN回線のうちの一方を用いて、プロバイダ55へダイアルアップ接続する。 Has the same hardware configuration as the fourth embodiment, when communicating with the slave station 53, with one of the two ISDN lines, dial-up connection to the provider 55.
また、子局53など、監視カメラシステム51の残余の構成は、第4の実施形態の構成と同様である。 Also, like the slave station 53, the remainder of the configuration of a monitoring camera system 51 is the same as that of the fourth embodiment. したがって、第4の実施形態と同じ機能を有する部材には、同じ参照番号を付して説明を省略し、以下では、親局52および子局53の動作について、図13に示すフローチャートに基づき詳細に説明する。 Therefore, members having the same functions as the fourth embodiment, will not be described with the same reference numerals, in the following, the operation of the master station 52 and slave station 53, detail with reference to the flowchart shown in FIG. 13 It will be explained.

【0155】すなわち、本実施形態では、図11に示す各ステップに加えて、S71aおよびS72aの両ステップが設けられている。 [0155] That is, in this embodiment, in addition to the steps shown in FIG. 11, both steps of S71a and S72a are provided. S61aの後に設けられたS7 S7, which is provided after the S61a
1aにおいて、受信装置52aは、インターネット網5 In 1a, the receiving apparatus 52a is the Internet network 5
7と接続されていない場合、プロバイダ55を介して、 If not connected to 7, via the provider 55,
インターネット網57にダイアルアップ接続する。 To dial-up connection to the Internet network 57. これにより、受信装置52aは、続くS64aにて通知する自らのIPアドレスを得ることができる。 Accordingly, the receiving device 52a can obtain its IP address to be notified in the subsequent S64a.

【0156】なお、受信装置52aは、ISDN回線に接続されている。 [0156] The receiving device 52a is connected to an ISDN line. したがって、上述のS62aにおいて、受信装置52aは、一方の回線にて、インターネット網57との接続を保ったまま、他方の回線を用いて送信装置53aを呼び出すことができる。 Accordingly, in S62a described above, the receiving apparatus 52a, at one of the line, while maintaining a connection to the Internet network 57, it is possible to call a transmitting apparatus 53a using the other line. この結果、上記S71aにて受信装置52aに割り当てられたIPアドレスは、S64b以降も受信装置52aに割り当てられている。 As a result, the IP address assigned to the receiving device 52a in the above S71a, is also assigned to the receiving device 52a after S64b.

【0157】一方、S67aの後に設けられたS72a [0157] On the other hand, S72a, which is provided after the S67a
において、受信装置52aは、プロバイダ55との回線接続を切断する。 In the receiving apparatus 52a disconnects the line connecting with the provider 55. これにより、受信装置52aは、インターネット網57から切り離される。 Accordingly, the receiving device 52a is disconnected from the Internet network 57.

【0158】上記構成では、受信装置52aがインターネット網57へダイアルアップ接続している。 [0158] In the above arrangement, the receiving apparatus 52a is dial-up connection to the Internet network 57. したがって、受信装置52aが専用線58にて接続される第4の実施形態に比べて、さらに、通信費用を削減できる。 Therefore, in comparison with the fourth embodiment the receiving device 52a is connected by dedicated line 58 can be further reduce communication costs.

【0159】なお、上記構成では、上述のS64aにて通知した通信開始条件のうち、受信装置52aが通信開始時点を管理できない第2ないし第5の条件を選択すると、送信装置53aが映像を送信しようとしたときに受信装置52aがインターネット網57へ接続されていない場合がある。 [0159] In the above configuration, the transmission of the communication start condition notified by the aforementioned S64a, by selecting the second through fifth condition receiving device 52a can not manage communication start time, transmission device 53a is an image receiving apparatus 52a when trying may not be connected to the Internet network 57. したがって、これらの条件を選択する場合、送信装置53aは、本発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法を用いて、受信装置52aを呼び出す必要がある。 Therefore, when selecting these conditions, the transmission apparatus 53a, using the method of calling dial-up connection communication apparatus according to the present invention, it is necessary to call the reception device 52a. この場合、受信装置52aおよび送信装置53aは、第1ないし第2の実施形態に示すように、電子メールを利用したり、サーバを経由するなどして、自らのIPアドレスを相手に通知する。 In this case, the receiving device 52a and a transmitting device 53a, as shown in the first or second embodiment, or using an electronic mail, such as by way of the server, and notifies its own IP address to the other party.

【0160】ところで、上記第4および第5の実施形態では、監視カメラシステムの適用例として、無人駐車場の監視カメラに撮影を指示し、撮影した映像を取得する場合を例にして説明したが、本発明に係る監視カメラシステムは、これに限らず、種々の用途に使用できる。 [0160] In the embodiment of the fourth and fifth, as an application example of a surveillance camera system, instructs the imaging unattended car park surveillance cameras, a case of acquiring the captured image has been described as an example , surveillance camera system according to the present invention is not limited thereto, it can be used in a variety of applications. 例えば、全国のあちこちに保有するビルや倉庫に監視カメラを配置すれば、管理会社は、親局となる1か所の事務所から、ビルや倉庫を監視できる。 For example, if you place a surveillance camera in the building and warehouses held around the country, management company, from a single location of the office as a master station, can monitor the building and warehouses. 同様に、ドライブインの無人店舗や無人のコンビニを、本社から監視する用途にも適用できる。 Similarly, the unmanned stores and unmanned convenience store of the drive-in, can also be applied to applications to be monitored from the headquarters. また、金融機関が無人店舗を管理したり、電力会社が、遠隔地の無人変電所やダムなどを本社から管理したりする際にも使用できる。 In addition, or financial institutions to manage the unattended store, electric power companies, can also be used when or manage, such as unmanned substation and dam remote from the head office. さらに、装置の納入場所に監視カメラを配すれば、装置メーカの本社にて、納入場所の状態を知ることができるので、納入した装置をリモートメンテナンスする際に役立てることができる。 Furthermore, Haisure surveillance cameras Delivery place device at the headquarters of the apparatus manufacturer, it is possible to know the status of the place of delivery, can help when remote maintenance deliveries the apparatus. あるいは、各地の火山に無人カメラを配置すれば、大学の研究所から、これらの火山活動を監視することもできる。 Alternatively, if the place the unmanned camera to various places of the volcano, from the Institute of the University, it is also possible to monitor these volcanic activity. また、ファーストフード、レストラン、コンビニチェーンなどに監視カメラを配し、各店舗内部を撮影したデータを本社へ送信することによって、時間帯毎の客入り、客人数、構成、年齢層、あるいは、座る場所など、種々のマーケット情報を本社にて収集できる。 In addition, such as to arrange the surveillance camera fast food, restaurant, convenience store chain, by sending the data obtained by photographing the inside each store to headquarters, the customer-congestion, the customer number of each time period, structure, age, or, sit such as the location, a variety of market information can be collected at the head office.

【0161】いずれの場合であっても、監視するための人材を派遣する必要がないので、人件費を削減できる。 [0161] In any case, since there is no need to dispatch personnel to monitor, it is possible to reduce the labor costs.
加えて、監視したデータは、インターネットなどのネットワークを介して伝送されるので、電話回線などの通信回線を使用する場合に比べて通信費用を大幅に削減できる。 In addition, data monitoring, since it is transmitted via a network such as the Internet, can be greatly reduced communication cost as compared with the case of using a communication line such as a telephone line. さらに、通信回線にて監視カメラを呼び出すので、 In addition, since calling the surveillance camera at the communication line,
親局は、所望の時点において、監視カメラに映像の取得を指示できる。 Master station at the desired time, can be instructed to acquire the video monitoring camera. これらの結果、任意の時点の映像を取得可能な監視カメラシステムを少ない予算で実現できる。 These results can be achieved with less budget possible surveillance camera system acquires a video of an arbitrary point in time.

【0162】また、上記第4および第5の実施形態では、子局53の制御対象が監視カメラ53bである場合を例にして説明しているが、これに限るものではない。 [0162] In the above fourth and fifth embodiments, the control target of the slave station 53 has been described with an example where a monitoring camera 53b, it is not limited thereto.
例えば、子局53が、各種センサなどを用いて取得したデータを親局52へ送出する場合や、親局52の指示に基づいて、子局53が、モータやポンプなどを制御する場合など、種々の機器を制御対象とする監視制御システムに本発明を適用できる。 For example, the slave station 53, and the case of sending the data acquired with the various sensors to the master station 52, based on the instruction of the master station 52, slave stations 53, such as when controlling the motor and pump, the present invention can be applied to the monitoring and control system to be controlled to various devices. ただし、監視カメラ53bが取得した映像を伝送する場合のように、伝送されるデータ量が多い場合は、通信に要する時間が長いので、通信回線による直接通信にて当該データを送出すると、通信費用が高騰する。 However, as in the case of transmitting video surveillance camera 53b acquired, if large amount of data to be transmitted, since the time required for communication is long, when transmitting the data by direct communication by the communication line, a communication cost There soaring. したがって、監視カメラシステム51 Thus, surveillance camera system 51
に本発明を適用した場合の効果は特に大きくなる。 Effect of applying the present invention is particularly large in.

【0163】上記第1ないし第5の各実施形態に示すように、ダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、 [0163] As shown in the embodiments of the first to fifth, method of calling dial-up connection communication device,
発呼側および被呼側の通信機器が、それぞれ電話回線に接続されていると共に、少なくとも被呼側の通信機器が、当該電話回線を介して、インターネット網やパソコン通信などのネットワークにダイアルアップ接続される通信システムに適用される呼び出し方法であり、ネットワークを介して通信する前に、電話回線を用いて、発呼側の通信機器が被呼側の通信機器へ接続要求を伝えることを特徴としている。 Calling and called communication device, along with being connected to the respective telephone line, the communication device of at least the called party, via the telephone line is a dial-up connection to a network such as the Internet network or personal computer communication a calling method applied to a communication system that, before communicating over a network, using a telephone line, the calling communication device is characterized by transmitting a connection request to the communication device of the called party .

【0164】これにより、被呼側の通信機器がネットワークに接続されていない場合であっても、ネットワークを介して通信する際には、被呼側の通信機器をネットワークへ接続させることができる。 [0164] Thus, even when the communication apparatus of the called side is not connected to the network, when communicating over a network, it is possible to connect the communication apparatus of the called side to the network. したがって、両通信機器は、所望のタイミングで確実に通信を開始できる。 Therefore, both the communication device can reliably initiate a communication at a desired timing. これにより、従来に比べて、被呼側の通信機器の即応性を向上でき、リアルタイム通信が可能となる。 Thus, as compared with the conventional, can improve responsiveness of the communication device of the called party, it is possible to real-time communication.

【0165】また、少なくとも被呼側の通信機器は、ダイアルアップ接続によってネットワークに接続されている。 [0165] Further, at least the called communication device is connected to the network by dial-up connection. したがって、ネットワークを介して通信する際の費用は、専用線を介してネットワークに接続する場合や、 Therefore, the cost at the time of communicating over a network, or when connecting to a network via a dedicated line,
電話回線を介して直接通信する場合に比べて、大幅に低減できる。 As compared with the case of direct communication via the telephone line, it can be significantly reduced. 特に、海外など、両通信機器を設置している場所が離れている場合には、電話回線を介して直接通信する場合の費用は、極めて高いので効果が大きい。 In particular, if you are away from a place that has established overseas, both the communication equipment, the cost of the case to communicate directly via the telephone line, the effect is large because the extremely high.

【0166】なお、上記各実施形態では、両通信機器がそれぞれダイアルアップ接続する場合について説明したが、これに限るものではない。 [0166] In the above embodiments, although both the communication device has been described a case where a dial-up connection, respectively, not limited to this. 例えば、第4の実施形態に示すように、少なくとも被呼側の通信機器がダイアルアップ接続する通信システムであれば、第1ないし第5 For example, as shown in the fourth embodiment, if the communication system in which communication devices of at least the called side is a dial-up connection, first to fifth
の各実施形態と同様の効果が得られる。 The same effect as the embodiments can be obtained.

【0167】また、上記各実施形態では、発呼側の通信機器が電話回線を用いて接続要求を通知しているが、これに限るものではない。 [0167] In the above embodiments, the communication apparatus of the calling side is notified of the connection request using a telephone line, not limited to this. 例えば、船舶無線など、他の通信回線を用いてもよい。 For example, a watercraft wireless, may use other communication lines. 被呼側に接続要求を通知できるものであれば、各実施形態と同様の効果が得られる。 As long as it can notify the connection request to the called side, the same effect as the embodiment can be obtained.

【0168】さらに、上記各実施形態では、発呼側の通信機器が1台の通信機器を呼び出す場合について説明しているが、これに限らず、複数の通信機器を呼び出してもよい。 [0168] Further, in the above embodiments, a case has been described where the communication device of the calling party calls the communication device one is not limited thereto, may invoke a plurality of communication devices. 1台の通信機器を呼び出す場合と同様に、複数の通信機器を順番に電話回線で呼び出すことによって、 As with calling a single communication device, by calling on the telephone line in order a plurality of communication devices,
多数の通信機器がネットワーク上で同時に通信できる。 Multiple communication devices can communicate simultaneously on the network.
この場合、発呼側の通信機器の使用者が会議の招集者となる。 In this case, the user of the calling communication device is the convener of the conference. なお、この場合、複数の通信機器が同時に通信可能なネットワーク会議ソフトが必要となるが、このような製品は、既に一般的に使用されている。 In this case, a plurality of communication devices is necessary communicable network conference software simultaneously, such products have already been commonly used.

【0169】ところで、上記各実施形態に係る通信機器は、使用者名や通信内容など、ネットワークで伝送するデータの少なくとも一部を暗号化しているが、これに限るものではない。 [0169] Incidentally, the communication apparatus according to the above embodiments, such as user names and communication contents, but at least part of the data to be transmitted in the network are encrypted, but not limited thereto. ネットワークで通信する際、特に暗号を施さず、平文のままデータを送出してもよい。 When communicating with the network, in particular without performing encryption, data may be sent to clear text.

【0170】ただし、平文のままデータを送出する場合、ネットワークを伝送されるデータは、盗聴あるいは改ざんされる虞れがある。 [0170] However, when sending the remains data in plain text, data transmitted network, there is a possibility to be eavesdropped or tampered. 特に、ネットワークとして、 In particular, as a network,
インターネット網などを使用する場合には、発信側および受信側の通信機器がデータの伝送路を指定できない。 When using the Internet or the like networks, communication equipment of the calling side and the receiving side can not specify a data transmission path.
したがって、盗聴などが容易で、通信を妨害される危険性が高い。 Therefore, it is easy like eavesdropping, high risk of interfering with communications.

【0171】これに対して、上記各実施形態では、ネットワークでデータを送信する際、例えば、相手の公開鍵や共通の暗号鍵など、種々の暗号鍵によって、データの少なくとも一部を暗号化している。 [0171] In contrast, in the embodiments described above, when transmitting data in a network, such as a public key and a common cryptographic key partner by various encryption key, encrypts at least part of the data there. これにより、正規の通信相手ではない第三者から、データの少なくとも一部を隠蔽できるので、通信妨害に対する安全性を向上できる。 Accordingly, from a third party is not a legitimate communication partner, it is possible to conceal at least some of the data, it is possible to improve the security against communication jamming.

【0172】なお、暗号化するデータは、例えば、通信内容そのもの、両通信機器の使用者名あるいはアドレスなどが挙げられる。 [0172] The data to be encrypted, for example, communication content itself, such as a user name or address of both the communication device and the like. ただし、暗号化するデータ量が増大するに従って、両通信機器の負担が増大するので、通信の重要度を考慮して、一部のデータのみを暗号化してもよい。 However, according to the amount of data to be encrypted is increased, since the burden of both the communication device is increased, in consideration of the importance of communication, only a part of the data may be encrypted. 一般に、使用者名やアドレスなどが第三者に傍聴されると、通信内容の重要性を推測されやすい。 In general, when such as user names and addresses are hearing to a third party, it is estimated the importance of communication content easy. したがって、第1および第2の実施形態に示すように、画像や音声などの通信に先立って、使用者名やアドレスなどを送信する場合には、これらを暗号化することが特に望まれる。 Accordingly, as shown in the first and second embodiment, prior to communication, such as images and sound, when transmitting such user names and addresses, it is particularly desirable to encrypt them. これにより、両通信機器の負担を余り増加させることなく、通信妨害に対する安全性を向上できる。 Thus, without increasing too much the burden of both the communication device can improve the security against communication jamming.

【0173】各通信機器が暗号鍵を取得する方法は、種々の方法が考えられる。 [0173] The method of the communication device obtains the encryption key, various methods are conceivable. 例えば、郵送など、他の通信手段によって、予め相手に通知し、例えば、図2に示すF For example, by mail, etc., other communication means, notifies the advance party, e.g., F shown in FIG. 2
lashメモリ11など、各通信機器の記憶手段へ格納しておいてもよい。 Such lash memory 11 may be stored in the storage unit of each communication device. ただし、この場合、各通信機器の使用者は、通信に先立って、相手から通知された暗号鍵を、それぞれの通信機器へ設定する必要がある。 However, in this case, the user of the communication device prior to communication, the encryption key notified from the other party, it is necessary to set the respective communication device. 暗号鍵は、各通信機器毎に用意されるので、通信相手が増加するに従って、設定時の手間も増大する。 Encryption key, because it is prepared for each communication device, according to a communication partner is increased, also increases labor setting. さらに、暗号鍵は、通信妨害に対する安全性を向上させるために、必要に応じて変更しなければならない。 Furthermore, the encryption key, in order to improve safety for communication jamming, must be modified as necessary. したがって、各通信機器の使用者は、自らの暗号鍵を変更する度に、全ての通信相手に対して、新たな暗号鍵を通知する必要がある。 Accordingly, the user of each communication device, each time changing the own encryption key for all communication partners, it is necessary to notify a new encryption key.

【0174】これに対して、上記各実施形態では、接続要求時に通信回線にて、暗号鍵を通知している。 [0174] In contrast, in the embodiments described above, in the communication line at the time of connection request, and notifies the encryption key. なお、 It should be noted that,
暗号鍵が公開鍵と秘密鍵とから構成されている場合は、 If the encryption key is composed of a public key and a private key,
通信回線にて、互いの公開鍵を交換する。 In the communication line, to exchange each other's public key. また、共通の暗号鍵を用いる場合には、一方の通信機器が他方に通知すればよい。 In the case of using a common encryption key, one communication device may notify the other. この構成では、接続要求毎に暗号鍵を通知するので、前回通信したときと暗号鍵を変更した場合であっても訂正が容易である。 In this configuration, since notifies the encryption key for each connection request, it is easy to correct even if you change the encryption key and when the previous communication. したがって、接続要求毎に暗号鍵を容易に変更でき、通信妨害に対する安全性をさらに向上できる。 Thus, encryption keys for each connection request can easily change, security against communication jamming can be further improved. 加えて、電話回線を用いて、接続要求の通知と暗号鍵の送付との双方を一括して行っている。 In addition, by using a telephone line, they have performed together both the sending of the notification and the encryption key of the connection request.
したがって、両者を個別に行う場合に比べて、電話回線を接続する手間を削減できる。 Therefore, as compared with the case where both separately, can be reduced labor for connecting the telephone line.

【0175】さらに、暗号鍵と暗号化されたデータとは、互いに異なる通信手段によって伝送される。 [0175] Further, the encryption key and the encrypted data are transmitted by different communication means. したがって、第三者が通信の妨害を試みる場合、双方の通信を傍受する必要があり、単一の通信手段にて、暗号鍵とデータとを送信する場合に比べて、通信妨害に対する安全性を向上できる。 Accordingly, if a third party attempts to interference of the communication, it is necessary to intercept both communications, in a single communication means, as compared with the case of transmitting the encryption key and data, the security against communication jamming It can be improved. なお、通信回線としては、暗号鍵の盗聴を防止するために電話回線など、比較的傍受しにくい通信回線を使用することが望まれる。 As the communication line, such as a telephone line in order to prevent eavesdropping of encryption key, it is desirable to use a relatively intercepted difficult communication line.

【0176】ところで、第2の実施形態に示すように、 [0176] Incidentally, as shown in the second embodiment,
両通信機器がネットワークに設けられたサーバを介して通信する場合には、上記構成に加えて、両通信機器がサーバに登録名を登録し、両通信機器が相手の登録名をサーバへ通知して、通信相手を選択する必要がある。 When both the communication devices communicate via a server provided to the network, in addition to the above structure, both the communication device registers the registered name in the server, both the communication device notifies the server registration name of the other party Te, it is necessary to select the communication partner.

【0177】この場合、サーバに登録された登録名は、 [0177] registered name in this case, which has been registered with the server,
公開されているので、使用者名をそのまま登録すると、 Because it is published, if the user name is registered as it is,
通信妨害に対する安全性を低下させる虞れがある。 There is a possibility of lowering the security against communication jamming. また、サーバに登録されている登録名のうち、所望の登録名を選択する際に手間がかかる。 Also, among the registered name that is registered in the server, it takes time when selecting a desired registered name. この場合には、上記公開鍵を用いて使用者名を暗号化して、サーバに登録すればよい。 In this case, by encrypting the user name by using the public key, it can be registered on the server. これにより、使用者名を第三者から隠蔽できる。 This makes it possible to hide the user name from a third party.

【0178】ところで、第2の実施形態に示すように、 [0178] Incidentally, as shown in the second embodiment,
サーバを設ける構成では、サーバを別に設ける費用や維持費などが必要となる。 In the configuration in which the server, such as provided separately from costs and maintenance costs of the server is required. また、サーバが混み合っている場合には、両通信機器間で通信できなくなる虞れがある。 Also, if the server is busy, there is a risk that can not communicate between the two communication devices.

【0179】これに対して、第1の実施形態では、上記第2の実施形態とは異なり、両通信機器が互いにネットワークを介して直接通信できる方法を提供している。 [0179] In contrast, in the first embodiment, unlike the second embodiment provides a method in which both communication devices can communicate directly with each other via a network. 具体的には、ダイアルアップ接続した際、被呼側の通信機器が自らのアドレスを取得し、電子メールにて発呼側の通信機器へ送信する工程が設けられている。 Specifically, when the dial-up connection, the communication device of the called party obtains its own address, the step of transmitting to the calling-side communication device is provided by e-mail. これにより、第2の実施形態とは異なり、特にサーバを設けることなく、両通信機器は、ネットワークを介して通信できる。 Thus, unlike the second embodiment, without particularly providing the server, both communication devices may communicate over a network. この結果、通信に要する費用をさらに削減できる。 As a result, the can further reduce cost required for communication.
また、サーバの混雑に関わらず、両通信機器は、確実に通信できる。 Further, regardless of the server congestion, both the communication device can communicate securely.

【0180】ところで、ネットワークを介する通信が終了すると、ダイアルアップ接続通信機器は、ネットワークとの接続を切断する。 [0180] By the way, the communication through the network is completed, dial-up connection communication equipment, to disconnect from the network. ここで、ダイアルアップ接続通信機器がネットワークとの回線切断に失敗すると、当該ダイアルアップ接続通信機器は、ネットワークに接続され続けるので、通信費用が不所望に高騰する。 Here, the dial-up connection communication device fails to line disconnection with the network, the dial-up connection communication device, so connected to the network continues, the communication costs are rising undesirably. 特に、例えば、ダイアルアップ接続通信機器が監視制御システムの子局である場合など、ダイアルアップ接続通信機器の周囲に使用者がいない場合には、回線切断に失敗したことを把握しにくい。 In particular, for example, when a dial-up connection communication device is a slave station of the monitoring control system, when the user is not in the periphery of the dial-up connection communication device, difficult to grasp a failure to line disconnection. したがって、回線切断に失敗した場合、当該ダイアルアップ接続通信機器が不所望にネットワークに接続される期間が長くなりがちであり、無駄な通信費用が増大する虞れが大きい。 Therefore, if it fails to line disconnection, tend period becomes longer to the dial-up connection communication device is connected to undesirably network, risk is large that unnecessary communication costs increases.

【0181】これに対して、第4および第5の実施形態に示すように、上記発呼側の通信機器は、ネットワーク経由の通信が終了した後で、通信回線を介して、ダイアルアップ接続通信機器を呼び出し、正常にダイヤルアップ接続が切断されたことを確認している。 [0181] In contrast, as shown in the fourth and fifth embodiments, the communication device of the caller, after communication via the network is completed, through a communication line, dial-up connection communication device the call, it has been confirmed that the normal dial-up connection has been disconnected. この結果、回線切断の失敗に起因する無駄な通信費用を削減できる。 As a result, it is possible to reduce unnecessary communication costs due to the failure of the line disconnection.

【0182】ところで、本発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法を適用する通信システムの一例として、上記第1ないし第3の実施形態では、映像や音声などを伝送するインターネット電話システムについて説明し、第4および第5の実施形態では、監視カメラシステムなどの監視制御システムについて説明しているが、これに限るものではない。 [0182] Incidentally, as an example of a communication system applying the method of calling dial-up connection communication apparatus according to the present invention, in the above-described first to third embodiments, described internet telephone system that transmits video and audio, in the fourth and fifth embodiments has described the monitoring and control system, such as a monitoring camera system, not limited to this. インターネットVPN Internet VPN
( Virtual Private Network)を構築して、任意のデータを送受する場合に広く適用できる。 Building a (Virtual Private Network), it can be widely applied to the case of transmitting and receiving any data.

【0183】ただし、当該ダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法を用いることによって、所望のタイミングで通信の開始が可能で、かつ、通信費用の削減できる通信システムを構築できるので、例えば、インターネット電話システムや監視制御システムなどのように、即応性が強く要求される場合に、特に好適である。 [0183] However, by using the method of calling the dial-up connection communication equipment, can be the beginning of the communication desired timing, and it is possible to construct a communication system which can reduce the communication cost, for example, the Internet telephone system and monitoring such as control systems, if the responsiveness is strongly required, it is particularly preferred.

【0184】具体的には、監視制御システムでは、一般に、子局が、親局から離れた場所に設置されており、かつ、親局が数多くの子局を監視制御する。 [0184] Specifically, the monitoring and control systems, in general, slave station, are located away from the master station, and the parent station controls monitor the number of slave stations. したがって、 Therefore,
親局と子局とが通信する際の費用は、増大しがちであり、通信費用の削減が強く要求されている。 Cost at the time of the master station and the slave station to communicate is an increased likely, reduction of communication costs has been strongly demanded. 一方、監視制御システムでは、指示の遅れが事故の拡大に直結するので、子局は、親局の指示に即座に応答しなければならない。 On the other hand, in the supervisory control system, since the delay of the instruction is directly connected to expansion of the accident, the slave station must respond immediately to an instruction of the parent station. したがって、ダイアルアップ接続により接続されるネットワークのみを介して、子局が親局と通信する場合、子局が親局の指示に即応できず、事故を拡大させる虞れがある。 Thus, only through the network connected by dial-up connection, if the slave station to communicate with the master station, the slave station can not responsive to an instruction of the master station, there is a possibility to expand the accident. これらの結果、監視制御システムでは、親局の指示に対する子局の即応性を保ったまま、通信費用を削減することが強く求められている。 These results, in the monitoring and control systems, while maintaining the responsiveness of the slave station to the indicated master station, and it is strongly demanded to reduce communication costs. したがって、親局が子局を呼び出す際に、本発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法を適用した場合、特に効果的である。 Accordingly, when the master station calls the slave station, when applying the method of calling dial-up connection communication apparatus according to the present invention is particularly effective.

【0185】 [0185]

【発明の効果】請求項1の発明に係る通信ダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、以上のように、ネットワークとは別に設けられ、上記ダイアルアップ接続通信機器を呼び出し可能な通信回線によって、発呼側の通信機器がダイアルアップ接続通信機器へ接続要求を伝える第1工程と、接続要求を受けたダイアルアップ接続通信機器が、上記ネットワークへダイアルアップ接続する第2工程と、上記ネットワークを介して、発呼側の通信機器とダイアルアップ接続通信機器とが通信する第3工程とを含んでいる構成である。 Calling communication dialup connection communication apparatus according to the invention of claim 1 according to the present invention, as described above, the network is provided separately from the callable communication line the dial-up connection communication device, the calling a first step of communication devices convey a connection request to the dial-up connection communication devices, dial-up access communication equipment having received the connection request, a second step of dial-up connection to the network, via the network, the calling party a configuration in which the communication device and the dial-up connection communication device and a third step of communicating.

【0186】上記構成では、ダイアルアップ接続通信機器がネットワークに接続されていない場合であっても、 [0186] In the above configuration, even when the dial-up connection communication device is not connected to the network,
上記第3工程における通信時には、当該ダイアルアップ接続通信機器をネットワークへ接続させることができる。 Above when communicating in the third step, it is possible to connect the dial-up connection communication equipment to the network. それゆえ、安い料金で通信可能なダイアルアップ接続通信機器において、所望のタイミングで確実に通信を開始でき、リアルタイムに通信できるという効果を奏する。 Thus, in a communicable dial-up connection communication equipment at a cheap rate, you can reliably initiate a communication at a desired timing, an effect that can communicate in real time.

【0187】請求項2の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、以上のように、請求項1記載の発明の構成において、上記第3工程は、上記発呼側の通信機器およびダイアルアップ接続通信機器のうちで送信側の通信機器が、当該第3工程にて送出するデータの少なくとも一部を暗号化して送出する暗号工程と、受信側の通信機器が、暗号化されたデータを復号する復号工程とを含んでいる構成である。 [0187] Calling of the dial-up connection communication apparatus according to the second aspect of the present invention, as described above, in the configuration of the invention of claim 1, wherein said third step, a communication device and a dial-up connection of the calling party communication device on the transmitting side of the communication device, and an encryption step of sending by encrypting at least a portion of the data to be delivered at the third step, the communication apparatus on the reception side decodes the encrypted data it is a configuration that includes a decoding step.

【0188】上記構成では、通信内容のうち、少なくとも一部は、暗号化によって、発呼側の通信機器およびダイアルアップ接続通信機器以外の第三者から隠蔽されている。 [0188] In the above configuration, in the communication content, at least in part, by encryption, it is concealed from a third party other than the calling communication device and a dial-up connection communication devices. この結果、通信内容を暗号化せず、平文のまま伝送する場合に比べて、通信妨害に対する安全性を向上できるという効果を奏する。 As a result, without encrypting the communication contents, as compared with the case of transmitting clear text, an effect that can be improved security against communication jamming.

【0189】請求項3の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、請求項2記載の発明の構成において、上記第1工程は、発呼側の通信機器あるいはダイアルアップ接続通信機器が、暗号化の際に使用される暗号鍵を相手に通知する工程を含んでいる構成である。 [0189] Calling of the dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 3 is the structure of the invention of claim 2, wherein the first step is communication equipment or dial-up connection communication apparatus of the calling side, the encryption the encryption key used when a configuration that includes a step of notifying the other party.

【0190】上記構成では、接続要求の通知と暗号鍵の送付との双方を一括して行っている。 [0190] In the above configuration, we have performed together both the sending of the notification and the encryption key of the connection request. これにより、通信回線の接続する手間を増加させることなく、暗号鍵を接続毎に伝送でき、暗号鍵を変更した場合の手間を削減できるという効果を奏する。 Thus, without increasing the effort of connection of a communication line, it can transmit the encryption key for each connection, an effect of reducing the trouble of changing the encryption key.

【0191】さらに、暗号鍵と暗号化されたデータとは、互いに異なる通信手段によって伝送される。 [0191] Further, the encryption key and the encrypted data are transmitted by different communication means. この結果、盗聴やデータの改ざんなど、通信妨害に対する安全性をさらに向上できるという効果を併せて奏する。 As a result, such eavesdropping or data falsification, so together effect that safety can be further improved with respect to communication interference.

【0192】請求項4の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、以上のように、請求項1、 [0192] Calling of the dial-up connection communication apparatus according to the fourth aspect of the present invention, as described above, according to claim 1,
2または3記載の発明の構成において、上記第3工程は、上記両通信機器が、通信を中継するサーバへ自らを示す登録名をそれぞれ通知する工程と、上記両通信機器が、相手の登録名を上記サーバへ通知して、相手の通信機器を選択する工程と、上記サーバが選択された通信機器間の通信を中継する工程とを含んでいる構成である。 In the configuration of the invention 2 or 3, wherein the third step, the two communication devices, a step of notifying registered name indicating itself to the server for relaying communication respectively, the both communication devices, registered name of the other party the notified to the server, a step of selecting a communication device on the partner is a configuration that includes a step of relaying communications between communication devices the server is selected.

【0193】それゆえ、両通信機器は、ネットワークに設けられたサーバを介して、所望のタイミングで確実に通信を開始でき、リアルタイムに通信できるという効果を奏する。 [0193] Therefore, both the communication device via a server provided to the network, can initiate reliably communicate at a desired timing, an effect that can communicate in real time.

【0194】請求項5の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、以上のように、請求項1、 [0194] Calling of the dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 5 is, as described above, according to claim 1,
2または3記載の発明の構成において、上記第3工程は、ダイアルアップ接続通信機器が、現接続における自らのアドレスを取得する工程と、電子メールによって、 In the configuration of the invention 2 or 3, wherein the third step, dial-up connection communication device, a step of acquiring its own address in the current connection, the e-mail,
ダイアルアップ接続通信機器が、発呼側の通信機器へ自らのアドレスを通知する工程と、発呼側の通信機器およびダイアルアップ接続通信機器が、互いのアドレスにより相手を特定して通信する工程とを含んでいる構成である。 It includes dial-up connection communication device, a step of notifying its own address to the calling-side communication equipment, communication equipment and a dial-up connection communication apparatus of the calling side, and a step of communicating to identify the other party by mutual Address is a configuration you are in.

【0195】それゆえ、請求項4の構成のように、特にサーバを設けることなく、両通信機器は、ネットワークを介して通信できる。 [0195] Therefore, as in the fourth aspect, especially without providing a server, both communication devices may communicate over a network. この結果、請求項4記載の発明の効果に加えて、通信に要する費用をさらに削減できると共に、サーバの混雑に関わらず、確実に通信できるという効果を奏する。 As a result, achieved in addition to the effect of the invention according to claim 4, it is possible to further reduce the cost required for communication, irrespective of the server congestion, an effect that can reliably communicate.

【0196】請求項6の発明に係るダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法は、以上のように、請求項1、 [0196] Calling of the dial-up connection communication apparatus according to the invention of claim 6 is, as described above, according to claim 1,
2、3、4または5記載の発明の構成において、さらに、上記第3工程の後で、上記発呼側の通信機器がダイアルアップ接続通信機器を上記通信回線にて直接呼び出して、当該ダイアルアップ接続通信機器が当該通信回線との回線接続を正常に切断したか否かを確認する第4工程を含んでいる構成である。 In the configuration of the invention 2, 3, 4 or 5, further comprising: after the third step, the calling communication device of a dial-up connection communication device directly calls in the communication line, the dial-up connection communication device is a configuration that includes a fourth step of confirming whether the normally disconnects the line connection with the communication line.

【0197】それゆえ、発呼側の通信機器は、ダイアルアップ接続通信機器の回線切断失敗を確実に認識でき、 [0197] Therefore, communication equipment of the caller, can reliably recognize the line disconnection failure of the dial-up connection communication equipment,
回線切断の失敗に起因する無駄な通信費用の発生を確実に防止できるという効果を奏する。 An effect that the occurrence of wasteful communication fee due to failure of line disconnection can be reliably prevented.

【0198】請求項7の発明に係る監視制御システムは、以上のように、親局は、呼び出し可能な通信回線を介して上記子局を呼び出し、接続要求を伝えた後で、上記通信回線とは別に設けられたネットワーク経由で上記子局と通信する親局通信手段を備え、上記子局は、上記通信回線を介して、上記接続要求を受け取った後で、上記ネットワークにダイアルアップ接続して、当該ネットワーク経由で上記親局と通信する子局通信手段を備えている構成である。 [0198] monitoring and control system according to the invention of claim 7 is, as described above, the master station can call said child stations via callable communication line, after conveyed the connection request, and the communication line comprises a master station communicating means for communicating with said child station via a network which is provided separately, said child station through the communication line, after receiving the connection request, and dial-up connection to the network, via the network is configured to and a slave station communication means for communicating with the master station.

【0199】上記構成において、親局通信手段が呼び出し可能な通信回線を用いて子局を呼び出した後、子局通信手段は、安価に通信が可能なダイアルアップ接続にてネットワークに接続し、当該ネットワークを介して、データを送受する。 [0199] In the above structure, after the master station communication means calling slave station by using a communication line callable, the slave station communication means, connected to the network at low cost communication is possible dial-up connection, the network through the, to send and receive data. この結果、親局の指示に対して、子局が即応可能でありながら、子局と親局との間の通信費用を大幅に削減可能な監視制御システムを実現できるという効果を奏する。 As a result, achieved for the indicated master station, while the slave station is capable readiness, the effect that the communication cost between the slave station and the master station can achieve significant reductions possible monitoring and control system.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施形態を示すものであり、通信システム全体の要部構成を示すブロック図である。 [1], showing an embodiment of the present invention, it is a block diagram showing a main configuration of the entire communication system.

【図2】上記通信システムの発呼側および被呼側の通信機器に設けられた接続器の要部構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing a main configuration of a connector provided in the communication apparatus of the calling and called for the communication system.

【図3】上記通信機器の一変形例を示すものであり、通信機器の接続関係を示すブロック図である。 [3] show one modification of the communication device is a block diagram showing a connection relationship between communication devices.

【図4】上記通信システムにおいて、呼び出し時における発呼側および被呼側双方の通信機器の動作を示すフローチャートである。 [4] In the communication system is a flowchart showing the operation of the calling and called both communication devices at the time of the call.

【図5】本発明の他の実施形態を示すものであり、通信システム全体の要部構成を示すブロック図である。 [5] show another embodiment of the present invention, it is a block diagram showing a main configuration of the entire communication system.

【図6】上記通信システムにおいて、呼び出し時における発呼側および被呼側双方の動作を示すフローチャートである。 [6] In the communication system is a flowchart showing the calling and called both operations at the time of the call.

【図7】本発明のさらに他の実施形態を示すものであり、通信システム全体の要部構成を示すブロック図である。 FIG. 7 is shows still another embodiment of the present invention, is a block diagram showing a main configuration of the entire communication system.

【図8】上記通信システムにおいて、呼び出し時における発呼側および被呼側双方の動作を示すフローチャートである。 [8] In the communication system is a flowchart showing the calling and called both operations at the time of the call.

【図9】本発明のさらに他の実施形態を示すものであり、監視制御システムの要部構成を示すブロック図である。 [9] and shows still another embodiment of the present invention, is a block diagram showing a main configuration of a supervisory control system.

【図10】上記監視制御システムにおいて、受信装置の要部構成を示すブロック図である。 [10] In the monitoring and control system, is a block diagram showing a main configuration of a receiving apparatus.

【図11】上記監視制御システムにおいて、親局が子局を呼び出す際の動作を示すフローチャートである。 [11] In the supervisory control system, a flowchart illustrating an operation when the master station calls the slave station.

【図12】本発明のさらに他の実施形態を示すものであり、監視制御システムの要部構成を示すブロック図である。 [Figure 12] and shows still another embodiment of the present invention, is a block diagram showing a main configuration of a supervisory control system.

【図13】上記監視制御システムにおいて、親局が子局を呼び出す際の動作を示すフローチャートである。 [13] In the supervisory control system, a flowchart illustrating an operation when the master station calls the slave station.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

2・22・32・42 通信機器 3・33・43 通信機器(ダイアルアップ接続通信機器) 4・34・44・54 電話回線(通信回線) 7・37・57 インターネット網(ネットワーク) 38 サーバ 48・58 回線(ネットワーク) 52 親局(通信機器) 52a 受信装置(親局通信手段) 53 子局(ダイアルアップ接続通信機器) 53a 送信装置(子局通信手段) 2, 22, 32 and 42 the communication device 3, 33, 43 communication device (dial-up connection communication device) 4, 34, 44, 54 telephone lines (communication lines) 7 - 37 - 57 Internet network (network) 38 Server 48 - 58 circuit (network) 52 master station (communication device) 52a receiving apparatus (master station communication means) 53 slave station (dial-up connection communication equipment) 53a transmitting apparatus (slave station communication means)

フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 FI H04L 12/58 H04L 9/00 673A H04M 1/66 11/02 Z 3/42 11/20 101B H04Q 9/00 311 Front Page continued (51) Int.Cl. 6 identifications FI H04L 12/58 H04L 9/00 673A H04M 1/66 11/02 Z 3/42 11/20 101B H04Q 9/00 311

Claims (7)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】ネットワークへダイアルアップ接続されるダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法であって、 上記ネットワークとは別に設けられ、上記ダイアルアップ接続通信機器を呼び出し可能な通信回線によって、発呼側の通信機器がダイアルアップ接続通信機器へ接続要求を伝える第1工程と、 接続要求を受けたダイアルアップ接続通信機器が、上記ネットワークへダイアルアップ接続する第2工程と、 上記ネットワークを介して、発呼側の通信機器とダイアルアップ接続通信機器とが通信する第3工程とを含んでいることを特徴とするダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法。 1. A calling method of dial-up access communication equipment to be dial-up connection to the network, and the network provided separately, by the dial-up connection communication device a callable communication line, the calling communication device a first step of transmitting a connection request to the dial-up connection communication devices, dial-up access communication equipment having received the connection request, a second step of dial-up connection to the network, via the network, the communication device of the calling side and the dial-up calling method dial-up connection communication device, characterized in that the connection and communication device and a third step of communicating.
  2. 【請求項2】上記第3工程は、上記発呼側の通信機器およびダイアルアップ接続通信機器のうちで送信側の通信機器が、当該第3工程にて送出するデータの少なくとも一部を暗号化して送出する暗号工程と、 受信側の通信機器が、暗号化されたデータを復号する復号工程とを含んでいることを特徴とする請求項1記載のダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法。 Wherein said third step, a communication device on the transmitting side of the communication equipment and a dial-up connection communication device of the calling party, and encrypting at least a portion of the data to be delivered at the third step an encryption step of sending, the communication device on the reception side, the encrypted calling method dial-up connection communication device according to claim 1, characterized in that it comprises a decoding step of decoding the data.
  3. 【請求項3】上記第1工程は、発呼側の通信機器あるいはダイアルアップ接続通信機器が、暗号化の際に使用される暗号鍵を相手に通知する工程を含んでいることを特徴とする請求項2記載のダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法。 Wherein said first step, wherein the communication device or a dial-up connection communication apparatus of the calling side, characterized in that it includes a step of notifying the cipher keys used in the encryption partner calling method dial-up connection communication device in claim 2.
  4. 【請求項4】上記ネットワークには、発呼側の通信機器とダイアルアップ接続通信機器との間の通信を中継するサーバが設けられており、 上記第3工程は、上記両通信機器が、自らを示す登録名を上記サーバへそれぞれ通知する工程と、 上記両通信機器が、相手の登録名を上記サーバへ通知して、相手の通信機器を選択する工程と、 上記サーバが選択された通信機器間の通信を中継する工程とを含んでいることを特徴とする請求項1、2または3記載のダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法。 The method according to claim 4 wherein said network has a server for relaying is provided a communication between the calling communication device and a dial-up connection communication device, the third step, the two communication devices, itself a step of notifying each registered name that indicates to the server, the both communications device, the registered name of the other party by notification to the server, a step of selecting a communication device on the partner, communication devices the server is selected claim 1, 2 or 3 recalling dial-up connection communication apparatus according to, characterized in that and a step of relaying the communication.
  5. 【請求項5】上記ネットワークは、データを伝送する際、当該ネットワークにおけるアドレスによって送信先を特定すると共に、 ダイアルアップ接続通信機器に対して、接続毎に臨時のアドレスを割り当てるネットワークであり、 上記第3工程は、ダイアルアップ接続通信機器が、現接続における自らのアドレスを取得する工程と、 電子メールによって、ダイアルアップ接続通信機器が、 Wherein said network when transmitting data, along with specifying the destination by the address in the network, with respect to a dial-up connection communication device is a network for assigning a temporary address for each connection, the third process, dial-up connection communication device, a step of acquiring its own address in the current connection, the e-mail, dial-up connection communication device,
    発呼側の通信機器へ自らのアドレスを通知する工程と、 発呼側の通信機器およびダイアルアップ接続通信機器が、互いのアドレスにより相手を特定して通信する工程とを含んでいることを特徴とする請求項1、2または3 A step of notifying its own address to the calling-side communication equipment, communication equipment and a dial-up connection communication apparatus of the calling side, and characterized in that it comprises the step of communicating to identify the other party by mutual Address claim 1, 2 or 3
    記載のダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法。 Calling method dial-up connection communication device according.
  6. 【請求項6】さらに、上記第3工程の後で、上記発呼側の通信機器がダイアルアップ接続通信機器を上記通信回線にて直接呼び出して、当該ダイアルアップ接続通信機器が当該通信回線との回線接続を正常に切断したか否かを確認する第4工程を含んでいることを特徴とする請求項1、2、3、4または5記載のダイアルアップ接続通信機器の呼び出し方法。 6. Further, after the third step, the calling communication device by calling directly the dial-up connection communication device in the communication line, the dial-up connection communication device line connection with the communication line claim 1, 2, 3, 4 or 5 recalling dial-up connection communication apparatus according to, characterized in that it contains a fourth step of confirming whether or not successfully cut.
  7. 【請求項7】設備機器を有する子局と、当該子局との通信によって上記設備機器を制御する親局とを備えた監視制御システムにおいて、 上記親局は、呼び出し可能な通信回線を介して上記子局を呼び出し、接続要求を伝えた後で、上記通信回線とは別に設けられたネットワーク経由で上記子局と通信する親局通信手段を備え、 上記子局は、上記通信回線を介して、上記接続要求を受け取った後で、上記ネットワークにダイアルアップ接続して、当該ネットワーク経由で上記親局と通信する子局通信手段を備えていることを特徴とする監視制御システム。 A slave station having a 7. A equipment, the monitoring control system and a master station which controls the equipment through communication with the child station, said master station via a callable communication lines call the said child station, after conveyed the connection request comprises a master station communicating means for communicating with said child station via a network that is provided separately from the aforementioned communication line, said child station through the communication line , after receiving the connection request, the monitoring control system and dial-up connection to the network, characterized in that it comprises a slave station communication means for communicating with the master station via the network.
JP26463997A 1996-09-30 1997-09-29 Calling method for dial-up connection communication equipment and monitor control system using the same Pending JPH10155040A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8-259921 1996-09-30
JP25992196 1996-09-30
JP26463997A JPH10155040A (en) 1996-09-30 1997-09-29 Calling method for dial-up connection communication equipment and monitor control system using the same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26463997A JPH10155040A (en) 1996-09-30 1997-09-29 Calling method for dial-up connection communication equipment and monitor control system using the same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10155040A true JPH10155040A (en) 1998-06-09

Family

ID=26544357

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26463997A Pending JPH10155040A (en) 1996-09-30 1997-09-29 Calling method for dial-up connection communication equipment and monitor control system using the same

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10155040A (en)

Cited By (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001103046A (en) * 1999-09-30 2001-04-13 Sony Corp Device, system and method for communication and authenticating device
JP2002077268A (en) * 2000-09-04 2002-03-15 Hitachi Ltd Portable telephone ip connection system
WO2002041588A1 (en) * 2000-11-20 2002-05-23 Mikio Maruyama Charging server, charging method, recorded medium where charging program is stored, and recorded medium where connection program is stored
WO2002056554A1 (en) * 2001-01-10 2002-07-18 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Line concentrator
JP2002278903A (en) * 2001-03-15 2002-09-27 Sony Corp Information processor, information processing method, recording medium and program
JP2003510962A (en) * 1999-09-30 2003-03-18 ユナイテッド ステイツ ポスタル サーヴィス A system and method for authenticating electronic messages
US6560650B1 (en) 1999-02-25 2003-05-06 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Computer system for controlling a data transfer
JP2004513453A (en) * 2000-11-10 2004-04-30 サイトサウンド テクノロジーズ,インコーポレイテッドSightsound Technolegies, Inc. How to establish a distributed peer-to-peer network with a reliable and system
GB2401292A (en) * 2003-05-02 2004-11-03 Roke Manor Research Secure network communication
JP2005198043A (en) * 2004-01-07 2005-07-21 Nec Corp Content distribution system, its method, server, user terminal, encryption apparatus, managing apparatus, and streaming apparatus
WO2005103623A1 (en) * 2004-04-22 2005-11-03 Aisin Aw Co., Ltd. Navigation system and navigation unit
JP2005327319A (en) * 2005-08-08 2005-11-24 Ipex:Kk Information service system using communication line
JP2005341622A (en) * 2005-08-08 2005-12-08 Ipex:Kk Information supply system using communication line
JP2006042374A (en) * 2005-08-08 2006-02-09 Ipex:Kk Information supply system using communication line
JP2006074752A (en) * 2005-08-08 2006-03-16 Ipex:Kk Information supply system using communication line
US7170981B2 (en) 2002-07-24 2007-01-30 Lg Electronics Inc. Dual IP phone and method of telecommunicating by using the same
JP2008160212A (en) * 2006-12-20 2008-07-10 Mitsubishi Electric Corp Communication system, transmission side terminal equipment, and incoming side terminal equipment
JP2011103677A (en) * 2010-12-27 2011-05-26 Ipex:Kk Information supply system using communication line
JP2011109692A (en) * 2011-01-07 2011-06-02 Ipex:Kk Information supplying system using communication line
JP2011139466A (en) * 2010-12-27 2011-07-14 Ipex:Kk Data supplying system using communication line
JP2012055010A (en) * 2011-11-14 2012-03-15 I-Pex Co Ltd Information supply system using communication channel
US8867713B2 (en) 2000-07-19 2014-10-21 Ewi Holdings, Inc. Systems and methods for personal identification number distribution and delivery
US8967464B2 (en) 2003-05-28 2015-03-03 Ewi Holdings, Inc. System and method for electronic prepaid account replenishment
US9852414B2 (en) 2010-01-08 2017-12-26 Blackhawk Network, Inc. System for processing, activating and redeeming value added prepaid cards
US10037526B2 (en) 2010-01-08 2018-07-31 Blackhawk Network, Inc. System for payment via electronic wallet
US10102516B2 (en) 2004-12-07 2018-10-16 Ewi Holdings, Inc. Transaction processing platform for facilitating electronic distribution of plural prepaid services
US10205721B2 (en) 2002-12-10 2019-02-12 Ewi Holdings, Inc. System and method for distributing personal identification numbers over a computer network

Cited By (38)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6560650B1 (en) 1999-02-25 2003-05-06 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Computer system for controlling a data transfer
JP2001103046A (en) * 1999-09-30 2001-04-13 Sony Corp Device, system and method for communication and authenticating device
JP4853694B2 (en) * 1999-09-30 2012-01-11 ユナイテッド ステイツ ポスタル サーヴィス A system and method for authenticating electronic messages
JP2003510962A (en) * 1999-09-30 2003-03-18 ユナイテッド ステイツ ポスタル サーヴィス A system and method for authenticating electronic messages
US8867713B2 (en) 2000-07-19 2014-10-21 Ewi Holdings, Inc. Systems and methods for personal identification number distribution and delivery
JP2002077268A (en) * 2000-09-04 2002-03-15 Hitachi Ltd Portable telephone ip connection system
US8245036B2 (en) 2000-11-10 2012-08-14 Dmt Licensing, Llc Method and system for establishing a trusted and decentralized peer-to-peer network
JP2004513453A (en) * 2000-11-10 2004-04-30 サイトサウンド テクノロジーズ,インコーポレイテッドSightsound Technolegies, Inc. How to establish a distributed peer-to-peer network with a reliable and system
US7903822B1 (en) 2000-11-10 2011-03-08 DMT Licensing, LLC. Method and system for establishing a trusted and decentralized peer-to-peer network
WO2002041588A1 (en) * 2000-11-20 2002-05-23 Mikio Maruyama Charging server, charging method, recorded medium where charging program is stored, and recorded medium where connection program is stored
GB2387742A (en) * 2001-01-10 2003-10-22 Matsushita Electric Ind Co Ltd Line concentrator
WO2002056554A1 (en) * 2001-01-10 2002-07-18 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Line concentrator
GB2387742B (en) * 2001-01-10 2004-10-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Concentrator
JP2002278903A (en) * 2001-03-15 2002-09-27 Sony Corp Information processor, information processing method, recording medium and program
US7170981B2 (en) 2002-07-24 2007-01-30 Lg Electronics Inc. Dual IP phone and method of telecommunicating by using the same
US10205721B2 (en) 2002-12-10 2019-02-12 Ewi Holdings, Inc. System and method for distributing personal identification numbers over a computer network
GB2401292B (en) * 2003-05-02 2006-06-07 Roke Manor Research Secure network communication
GB2401292A (en) * 2003-05-02 2004-11-03 Roke Manor Research Secure network communication
US10210506B2 (en) 2003-05-28 2019-02-19 Ewi Holdings, Inc. System and method for electronic prepaid account replenishment
US9558484B2 (en) 2003-05-28 2017-01-31 Ewi Holdings, Inc. System and method for electronic prepaid account replenishment
US8967464B2 (en) 2003-05-28 2015-03-03 Ewi Holdings, Inc. System and method for electronic prepaid account replenishment
JP2005198043A (en) * 2004-01-07 2005-07-21 Nec Corp Content distribution system, its method, server, user terminal, encryption apparatus, managing apparatus, and streaming apparatus
US8713108B2 (en) 2004-04-22 2014-04-29 Aisin Aw Co., Ltd. Navigation system and navigation apparatus
WO2005103623A1 (en) * 2004-04-22 2005-11-03 Aisin Aw Co., Ltd. Navigation system and navigation unit
US10102516B2 (en) 2004-12-07 2018-10-16 Ewi Holdings, Inc. Transaction processing platform for facilitating electronic distribution of plural prepaid services
JP2005341622A (en) * 2005-08-08 2005-12-08 Ipex:Kk Information supply system using communication line
JP2005327319A (en) * 2005-08-08 2005-11-24 Ipex:Kk Information service system using communication line
JP4619235B2 (en) * 2005-08-08 2011-01-26 株式会社アイペックス Information supply system using a communication line
JP2006074752A (en) * 2005-08-08 2006-03-16 Ipex:Kk Information supply system using communication line
JP2006042374A (en) * 2005-08-08 2006-02-09 Ipex:Kk Information supply system using communication line
JP2008160212A (en) * 2006-12-20 2008-07-10 Mitsubishi Electric Corp Communication system, transmission side terminal equipment, and incoming side terminal equipment
US10223684B2 (en) 2010-01-08 2019-03-05 Blackhawk Network, Inc. System for processing, activating and redeeming value added prepaid cards
US9852414B2 (en) 2010-01-08 2017-12-26 Blackhawk Network, Inc. System for processing, activating and redeeming value added prepaid cards
US10037526B2 (en) 2010-01-08 2018-07-31 Blackhawk Network, Inc. System for payment via electronic wallet
JP2011139466A (en) * 2010-12-27 2011-07-14 Ipex:Kk Data supplying system using communication line
JP2011103677A (en) * 2010-12-27 2011-05-26 Ipex:Kk Information supply system using communication line
JP2011109692A (en) * 2011-01-07 2011-06-02 Ipex:Kk Information supplying system using communication line
JP2012055010A (en) * 2011-11-14 2012-03-15 I-Pex Co Ltd Information supply system using communication channel

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6959184B1 (en) Method for determining the security status of transmissions in a telecommunications network
RU2170494C2 (en) Method and microcomputer system for safe and direct automatic data transmission
US6118778A (en) Method and apparatus for data network call processing
KR100469737B1 (en) System and method for notifying a user of the status of other mobile terminals
JP4886727B2 (en) Providing routing information in a communication system
JP3247540B2 (en) Packet communication equipment and switching device
US6526131B1 (en) Initiation of communication between network service system and customer-premises equipment
US6301339B1 (en) System and method for providing a remote user with a virtual presence to an office
US7092380B1 (en) Method and system for providing voice communication over data networks
US20070290830A1 (en) Remotely monitored security system
US7734020B2 (en) Two-way voice and voice over IP receivers for alarm systems
US6643283B2 (en) Communication network
US6748052B2 (en) Multimedia emergency services
CN1148040C (en) Data communication method, data communication terminal, data communication control system
US7466978B1 (en) Telephone network node device
US7593512B2 (en) Private VoIP network for security system monitoring
JP4456966B2 (en) Wireless terminal
JP2005520404A (en) Method and apparatus for monitoring the state of the phone
JPWO2005013590A1 (en) Communication system, the call connection server, a terminal apparatus and communication method
US20060141981A1 (en) Universal temporary communication ID with service integration
GB2405051A (en) Call establishment
KR101004347B1 (en) Method and apparatus for voice over internet protocol telephony using a virtual private network
KR20000048730A (en) A system for transferring a call and a mobile station
US6137597A (en) Method of controlling network facsimile apparatus
HU0301050A2 (en) Integrated security and communications system with secure communications link