JPH10131195A - 組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法 - Google Patents

組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法

Info

Publication number
JPH10131195A
JPH10131195A JP30704996A JP30704996A JPH10131195A JP H10131195 A JPH10131195 A JP H10131195A JP 30704996 A JP30704996 A JP 30704996A JP 30704996 A JP30704996 A JP 30704996A JP H10131195 A JPH10131195 A JP H10131195A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
block
retaining
soil
hexagonal
horizontal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP30704996A
Other languages
English (en)
Inventor
Sohei Suzuki
壮兵 鈴木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
D Y BURITSUKU KK
Original Assignee
D Y BURITSUKU KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by D Y BURITSUKU KK filed Critical D Y BURITSUKU KK
Priority to JP30704996A priority Critical patent/JPH10131195A/ja
Publication of JPH10131195A publication Critical patent/JPH10131195A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 施工時においては、容易に組立てることがで
き、完成状態においては、デザイン性にも優れるととも
に、階段状に構築することによって、複数の水平面を形
成できる組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法を提
供する。 【解決手段】 円弧曲面及び切欠部分からなる係止連結
部を有するブロック部材2を主杭及び副杭を挟み込んで
六角柱筒状の枠体に結合し、これを複数連結して、前記
枠体内に施工現地の土壌3を充填し、前記土壌3等が露
出可能な水平面部4aを複数形成して、前記水平面4a
部が階段状になって全体で傾斜面を成す擁壁1を構築す
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、組立式ブロック部
材による緑化擁壁施工法に関するものであり、特に、組
立可能なブロック部材を傾斜面に沿って階段状に組立て
ることで、各段に水平面を形成できる組立式ブロック部
材による緑化擁壁施工法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来より、急傾斜地の崩壊を防止するた
めの擁壁は、大型コンクリートブロックを重機を使用し
て順次積上げていく工法が主流である。しかし、この工
法では、重機が搬入できない山地の場合には、施工をす
ることができない。
【0003】また、傾斜角度が60度に近い急勾配にお
いては、緑化のための開口面が斜面と同じ急勾配とな
り、この水平面積が狭くなるために、高木緑化をするこ
とができない。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記のような、従来の
擁壁は壁面が殆どコンクリートによって覆われていた。
このため、外観は極めて不自然な工的であり、山等の壁
面が持つ本来の景観を損ない、印象が悪く、環境面につ
いても、植物及び小動物の生活環境を破壊し、太陽熱に
より地球をヒートアイランド化していた。
【0005】そこで、本発明は、施工時においては、容
易に組立てることができ、完成状態においては、デザイ
ン性にも優れるとともに、階段状に構築することによっ
て、複数の大面積の土壌面である高木等が植林できる水
平面を形成できる組立式ブロック部材による緑化擁壁施
工法の提供を課題とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明にかかる組立式ブ
ロック部材による緑化擁壁施工法は、係止連結部を有す
るブロック部材を六角柱筒状の枠体に結合し、これを複
数連結して、前記枠体内に施工現地の土壌を充填し、前
記土壌等が露出可能な水平面部を複数形成して、前記水
平面部が階段状になって全体で傾斜面を成すものであ
る。ここで、ブロック部材の形状には、表面が円弧状曲
面をし、背面が平坦なものがあるが、前後に2個合わせ
れば円弧状局面となり、両面及び側面についても円弧状
曲面としてもよい。また、ブロック部材の内部には、下
水汚泥や焼却灰等の有害廃棄物等の充填材が封入でき、
発泡スチロールを封入すれば、軽量化を促進できる。
【0007】したがって、本発明の組立式ブロック部材
による緑化擁壁施工法によれば、組立てにおいてはブロ
ック部材を横に水平にテラス型に連結させることがで
き、斜面に施工した場合においても、土壌等が露出し、
高木等が植林できる水平面を複数形成することができ
る。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明の各実施形態につい
て説明をする。図1は本発明の第一実施形態である組立
式ブロック部材による緑化擁壁施工法により施工された
擁壁を示す斜視図、図2は本発明の第一実施形態である
組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法により施工さ
れた擁壁の構造を示す平面図及び断面図、図3は組立式
ブロック部材を示す平面図、図4は組立式ブロック部材
を示す断面図である。
【0009】本実施形態に使用される段階的な組立てが
可能なブロック部材は、組立てることによって様々なも
のを構築することができるが、本実施形態では、擁壁1
として施工されたものについて説明する。まず、図1に
示すように、本実施形態のブロック部材2が複数個組立
てられて構築された擁壁1の外観は、所定枚数のブロッ
ク部材2が組合わされて形成された六角柱筒状の枠体で
ある六角室4が、横方向には、水平にテラス状に並べら
れ、縦方向には、下段の六角室4の奥部辺の上に上段の
六角室4の前部片が載せられた状態で順次積み上げられ
た構成となっている。そして、上段と下段とは、両ブロ
ックに固定された埋栓11内を通り主杭7及び副杭7a
が連通し、縫い付けられたようになっている。つまり、
ブロック部材2によって形成された六角形の部屋である
六角室4が順次規則正しく上下左右強固にハニカム状に
段差を付けて積み上げられている。
【0010】擁壁1の六角室4に収容される内容物とし
ては、本実施形態では、施工現地の土壌3が詰め込まれ
ており、それによって、六角室4の上面には、土壌3が
露出する水平面4aが形成されている。
【0011】ここで、このような擁壁1を構築するブロ
ック部材2の詳細について説明する。図3に示すよう
に、ブロック部材2を上から見た場合、正面側は、4個
の半円形の円柱が並べられた構造の円弧曲面2aが形成
されている。つまり、縦半分に切断された4本の円柱が
隣接して並べられたようになっている。但し、標準形は
図3に示すように、片側は外円、他方は内円形になって
いる。また、背面側は、主杭溝2c及び連結溝2dが設
けられた平坦面2bが形成されており、片側の側面には
凹状の円弧の切欠部分2gが設けられている。
【0012】主杭溝2cは、ブロック部材2を組立てる
際に全体を支持するために埋設された主杭及び副杭を挿
通するための溝であって、各円弧の背面に、段付きの半
円状の溝がブロック部材2の上面から底面に渡って設け
られている。
【0013】連結溝2dは、略半楕円形の空洞が設けら
れたもので、ブロック部材2の上面及び底面に各々深さ
約3cm乃至4cm程度の大きさで形成されている。また、
本実施形態のブロック部材2には、左から1つ目と2つ
目の表面円弧の接合部分の背面と、左から3つ目と4つ
目の表面円弧の接合部分の背面との2箇所に設けられて
いる。つまり、背面から見た場合は、上面側に2箇所、
底面側に2箇所の計4箇所の連結溝2dが設けられてい
る。
【0014】各々の連結溝2dには、上面を塞ぐような
状態で、連結部材5が固定されている。この連結部材5
は、金属製の板材からなるもので、左右は下方直角に曲
げ加工されており、コンクリートを型に流し込んでブロ
ック部材2を成形させる際に、左右の垂直部分をコンク
リートに埋め込んで固定したものである。そして、中央
部分には、若干の窪みが形成されており、金属製板材の
左右が下方直角に曲げ加工された構造の、掛渡部材6を
嵌め込むことができるようになっている。
【0015】切欠部分2gは、ブロック部材2を隣接さ
せて組立てた場合に逆の側面を当接させて嵌め込むため
に設けられたもので、背面に同形状のブロック部材2を
当接させて組立てる場合は、上面と底面を逆にして、切
欠部分2gを同方向に向けて使用する。
【0016】また、ブロック部材2の内部構造は、図4
に示すように、厚さ約1cm乃至1.5cm程度のモルタル
またはG.R.C(グラスファイバー,レインフォース
ド,セメント)で固められて形成された外郭2eによっ
て空洞となっており、空洞内には廃棄物や発泡スチロー
ル等の充填材2fが封入されている。つまり、外観上
は、全てがモルタルまたはG.R.Cによって形成され
たブロック部材2にのように見えるが、内部には、空洞
となっており、下水汚泥や焼却灰等の廃棄物や発泡スチ
ロール等の充填材2fが詰め込まれている。
【0017】続いて、本実施形態のブロック部材2を実
際に組立てる場合について説明する。図5は組立式ブロ
ック部材の組立方法を示す分解斜視図、図6の(a)は
組立式ブロック部材による六角室を示す平面図、(b)
は組立式ブロック部材を角度を与えて横に連結する連結
方法を示す平面図である。なお、図5及び図6の(a)
はブロック部材を内外両側に使用した場合、図6の
(b)はブロック部材を外側のみに使用した場合を示
す。
【0018】まず、本実施形態のブロック部材2を、主
杭7に固定させるとともに、背面を向かい合わせて2枚
組立てる場合について説明する。図5に示すように、主
杭7は、ブロック部材2背面の凸状の円弧となった先端
側にある杭溝2cに合わせて予め垂直に設置地面に打ち
込まれ固定された鋼管製のパイプ材であり、副杭7aは
ブロック部材2背面の他の杭溝2cに挿通される鉄筋等
の棒材である。この主杭7を杭溝2cに当接させて挟む
ような状態で、2枚のブロック部材2を背面を向かい合
わせて切欠部分2gを同方向に向けて一点鎖線矢印のよ
うに当接させる。そのように当接させた場合、上面及び
底面の各々2箇所に設けられた連結溝2dは、互いに同
位置となり、連結部材5も隣接する。そこで、各々の連
結部材5を挟むような状態で、一点鎖線矢印のように掛
渡部材6を嵌込み固定する。また、このとき、副杭7a
もブロック部材2背面の中央寄りの杭溝2cによって挟
み込まれる。その際、上部から余分な主杭7及び副杭7
aが突出していれば、切断すればよく、さらに、上面に
積み上げる場合は、予め長い主杭7及び副杭7aを使用
すればよい。このように積み上げる場合には、後述する
埋栓11を使用するが、主杭7用の場合には杭孔11b
を大きくし、副杭7aの場合にはそのままの杭孔11b
を使用する。
【0019】このようにして2枚のブロック部材2が組
立てられ一体化されたものは、同様のものを上下左右に
連結して組立てることができる。特に、左右は切欠部分
2gと隣接したブロック部材2の逆側面とを当接させて
組立てることによって、無段階で角度調節をすることが
できる。例えば、図6の(a)に示すように120度の
角度でブロック部材2を連結し、ブロック部材2で六角
室4を形成しつつ積み上げて、図1及び図2に示すよう
な緑化擁壁を施工する。
【0020】また、単体のブロック部材2を角度を与え
て横に並べて組立てる場合は、図6に示すように、上辺
を切欠部分2gの円弧に当接させることができ、下辺が
杭溝2cに同化する形状の扇形のコンクリートからなる
中柱9を介在させて連結させる。
【0021】そして、中柱9を左右のブロック部材2の
間に介在させた状態で、背面から金属製板材からなる固
定板8を当接させ、連結部材5の上面から掛渡部材6を
嵌めて固定させる。それによって各々のブロック部材2
は、中柱9共々固定板8によって背面から固定される。
固定板8及び中柱9は、互いのブロック部材2が形成す
る角度によって形状が決定され、予め準備されている。
なお、ブロック部材2で六角室4を形成して図1及び図
2に示すような擁壁1を構成する場合には、120度の
角度でブロック部材2が連結されるので、固定板8及び
中柱9もこの角度に応じた形状となる。
【0022】さらに、本実施形態のブロック部材2が組
立てられて形成された擁壁1の構造について説明する。
図2は本発明の第一実施形態である組立式ブロック部材
による緑化擁壁施工法により施工された擁壁の構造を示
す平面図及び断面図である。
【0023】図2の(a)に示すように、本発明の第一
実施形態であるブロック部材2によって構築された擁壁
1を上から見た場合、連続した六角室4が敷き詰められ
たようになっている。また、図2の(b)に示すよう
に、擁壁1の縦断面は、階段状になっており、各段の上
面には、水平面4aが形成されている。そして、必要に
応じて水平面4aには高木等の植物10が植えられてい
る。
【0024】したがって、本実施形態の組立式ブロック
部材による緑化擁壁施工法においては、特殊な工具を必
要とせず、組立ての作業が極めて簡単で、どのような作
業者にでも容易に組立てることができる。つまり、基礎
以外は、乾式の施工方法でよい。また、施工において
は、ブロック部材2を水平にテラス状に横に連結させる
ことができ、斜面に施工した場合においても、土壌3が
表出する広い水平面4aを形成することができ、高木等
の植物10を植えることができるので、自然環境の保護
をすることができる。さらに、外観上は、ブロック部材
2表面の曲面によって、デザイン性に優れた擁壁1を構
築することができる。特に、ブロック部材2の内部の空
洞に発泡スチロールが封入されたものの場合には、ブロ
ック部材2が軽くなり、作業が楽になり、ブロック部材
2の内部の空洞に下水汚泥や焼却灰等の廃棄物が封入さ
れたものの場合には、廃棄物の処理と擁壁の施工が同時
にできることになる。
【0025】なお、ここでは各段にブロック部材2を1
段ずつ積んだ擁壁1について説明したが、各段にブロッ
ク部材2を複数積み重ねることにより、傾斜角度の急な
擁壁1とすることもできる。
【0026】上記説明では、ブロック部材2の内部に形
成された空洞に汚泥や産業廃棄物等、一般的に廃棄する
ことが困難な物質を封入することができるとしたが、ブ
ロック部材2からの漏れが懸念される場合は、空洞の内
側に合成樹脂等を塗布し皮膜しておけばよい。そのよう
なものを封入すれば、汚泥や産業廃棄物等の廃棄場所を
確保することができる。
【0027】上記実施形態では、ブロック部材2の円弧
曲面2aを構成する円弧の個数を4個としたが、この個
数は限定されるものではなく、いくつ設けても構わな
い。
【0028】連結溝2d及び連結部材5の構造は、背面
にブロック部材を連結することができればどのような構
造でもよく、例えば、クリップ状に形成された部材を備
えたものや、各々の凹凸を組合わせることによって固定
することができるもの等としてもよい。
【0029】また、中柱9は、必ずしもコンクリートに
よって形成されたものでなくてもよく、プラスチックが
一体成形されたもの等としてもよい。
【0030】次に、本発明の第二実施形態について説明
をする。図7は本発明の第二実施形態である組立式ブロ
ック部材による緑化擁壁施工法により施工された擁壁を
示す斜視図、図8は本発明の第二実施形態である組立式
ブロック部材による緑化擁壁施工法により施工された擁
壁の構造を示す平面図及び断面図である。図中、上記第
一実施形態と同一符号及び記号は上記第一実施形態と同
一または相当する部分である。
【0031】図7に示すように、本実施形態のブロック
部材2が複数個組立てられて構築された擁壁1の外観
は、所定枚数のブロック部材2が組合わされて形成され
た六角室4が、横方向には、所定の間隔を隔てて各々独
立して並べられ、縦方向には、前後の半分の長さの段違
い状態で隣り合う六角室4どうしを連結するように下段
の六角室4の上に上段の六角室4が載せられ順次積み上
げられた構成となっている。そして、全体の外観は、ブ
ロック部材2によって形成された六角形の部屋である六
角室4が順次横に1つおきに規則正しく水平に積み上げ
られている。擁壁1の六角室4には、土壌3が詰め込ま
れており、この土壌3は一段とんだ下段の上段側に傾斜
して落ち、その下端には水平面4aが形成されている。
なお、このような擁壁1を構築するブロック部材2自体
の組付方法は、上記第一実施形態と略同様であるので、
ここでは説明を省略するが、正面の立面は斜面に六角柱
状の大きな植木鉢が独立して結合された状態で、その植
木鉢の外に半分以上の土壌3が見えるという画期的な景
観となる。また、本実施形態の施工法によると、上記第
一実施形態の施工法に比べてブロック部材2の使用量が
半分になる。
【0032】図8の(a)に示すように、本実施形態で
あるブロック部材2によって構築された擁壁1を上から
見た場合も、連続した六角室4が敷き詰められたように
なっている。また、図8の(b)に示すように、擁壁1
の縦断面は、階段状になっており、各段の上面には、水
平面4aが形成されている。そして、必要に応じて水平
面4aには高木等の植物10が植えられている。
【0033】したがって、本実施形態の組立式ブロック
部材による緑化擁壁施工法においても、特殊な工具を必
要とせず、組立ての作業が極めて簡単で、どのような作
業者にでも容易に組立てることができる。つまり、基礎
以外は、乾式の施工方法でよい。また、施工において
は、ブロック部材2を水平にテラス状に横に連結させる
ことができ、斜面に施工した場合においても、土壌3が
表出する広い水平面4aを形成することができ、高木等
の植物10を植えることができるので、自然環境の保護
をすることができる。さらに、外観上は、ブロック部材
2表面の曲面によって、デザイン性に優れた擁壁1を構
築することができる。特に、ブロック部材2の内部の空
洞に発泡スチロールが封入されたものの場合には、ブロ
ック部材2が軽くなり、作業が楽になり、ブロック部材
2の内部の空洞に下水汚泥や焼却灰等の廃棄物が封入さ
れたものの場合には、廃棄物の処理と擁壁の施工が同時
にできることになる。なお、ここでは各段にブロック部
材2を1段ずつ積んだ擁壁1について説明したが、各段
にブロック部材2を複数積み重ねることにより、傾斜角
度の急な擁壁1とすることもできる。
【0034】続いて、本発明の各実施形態に使用される
ブロック部材2の他の連結方法について説明をする。図
9は組立式ブロック部材を角度を与えて横及び上下に連
結する他の連結方法を示す平面図、図10は組立式ブロ
ック部材を連結するための埋栓を示す斜視図である。図
中、上記第一実施形態及び第二実施形態と同一符号及び
記号は上記第一実施形態及び第二実施形態と同一または
相当部分である。
【0035】図9に示すように、本実施形態のブロック
部材2を角度を与えて横に連結させる場合の連結方法
は、上記各実施形態で述べた方法と略同様であるが、特
に、1つの六角室4の壁面が、複数段積み上げられて構
成される場合に、上下ブロック部材2の間に介在させる
埋栓11と最下部の底に敷設される台座12を使用して
組立てられる点において相違している。そして、各ブロ
ック部材2には、鋼管からなる主杭7が1本と、鉄筋棒
からなる副杭7aが各々3本貫通している。
【0036】本実施形態では、1つの六角室4の壁面
が、複数段積み上げられて構成される場合に、上下ブロ
ック部材2の間に介在させ、固定板8と主杭7を固定す
るための部材として埋栓11が使用されている。この埋
栓11は、プラスチックを一体成形したもので、図10
に示すように、副杭7aを挿通することができる大きさ
の中心に杭孔11bが開けられた円板11cの両面にツ
メ11aが設けられている。ツメ11aは、片面に4
本、計8本設けられており、互いに位置を若干ずらして
配置されている。そして、杭溝2cに嵌め込まれるとと
もに、固定板8を挟み込んで固定されている。
【0037】各ブロック部材2の連結部分、つまり、所
定角度で隣接されるとともに固定されている部分の底面
には、厚さ約13cm、直径約28cm程度のコンクリート
製の円柱である円座12が固定されている。この円座1
2は、中央に主杭7用の孔が穿設されており、主杭7が
挿通されている。また、各ブロック部材2の連結部分
は、所定角度に折曲された組立板13によってボルト・
ナット等の締結具を介して連結されており、対向する各
ブロック部材2の上面または下面間は平板等の渡し材1
4によって連結されている。
【0038】したがって、本実施形態のブロック部材2
よる段差付擁壁は、第一実施形態と略同様の作用効果に
加えて、埋栓11によって上下の組立てが更に容易にな
る。また、底面に敷設された円座12によってブロック
部材2の沈下を防止し、長期間水平な状態を維持するこ
とができる。さらに、各ブロック部材2は組立板13、
及び渡し材14等により強固に連結されており、各ブロ
ック部材2により形成される組立形状が維持される。
【0039】続いて、本発明の第三実施形態について説
明をする。図11は本発明の第三実施形態である組立式
ブロック部材による緑化擁壁施工法(カーブ施工をした
場合)を示す平面図、図12は本発明の第三実施形態で
ある組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法(カーブ
施工をした場合)の間隔調節のための組立てを示す平面
図である。図中、上記各実施形態と同一符号及び記号は
上記各実施形態と同一または相当部分である。
【0040】図11は、本実施形態のブロック部材2が
組立てられて構築された壁面の構造を示した図である
が、特に、壁面が所定の湾曲をしている場合の構造を表
したものである。つまり、上方よりも下方の方が広く扇
形になったものである。
【0041】擁壁1を構築するための壁面が湾曲し、上
方よりも下方の方が広く扇形に形成されている場合は、
全体として上記各実施形態と略同様の六角室4が下方に
いくにつれて、開く状態に配設し、その開いた間に同様
の六角室4を配設する。その場合は、3列の六角室4の
間には他の六角室4とは異なった形状の室が形成される
ことになるが、図12に示すように、表面の円弧の数を
減らしたブロック部材15、つまり、横の長さが通常の
ブロック部材2よりも短いブロック部材15を使用して
調節する。なお、この表面の円弧の数が2個のブロック
部材15は途中組立板等で連結し伸縮可能とすることに
より、長さの異なる場合にも使用ができる。例えば、こ
のブロック部材15を2個直列に連結すると、通常のブ
ロック部材2と略同一長さとなるが、この2個のブロッ
ク部材15の隙間を延ばて組立板等で連結すれば、通常
のブロック部材15の長さよりも長くなる。
【0042】したがって、本実施形態の組立式ブロック
部材による緑化擁壁施工法も、第一実施形態と略同様の
作用効果に加えて、変化に富んだ形状の室を形成するこ
とができるため、湾曲した壁面に対してもカーブ施工が
できる。
【0043】なお、上記説明では、異なった形状の室を
形成する場合に、長さの違うブロック部材15を使用し
たが、必ずしもブロック部材を使用する必要はなく、通
常の六角室4の水平面4aに土壌3が露出し、植物10
等を植えることができるため、形状の異なった場所は、
単なる斜面とし、表面をコンクリートによって埋設して
しまっても、略同様の効果は期待することができる。
【0044】つまり、上記各実施形態の組立式ブロック
部材による緑化擁壁施工法は、軽い部材であるブロック
部材2を利用して六角形に枠組された六角柱筒状の枠体
を結合し、これを図1及び図2、図7及び図8、図11
及び図12等に示すように複数連結して、その枠体内に
施工現地の土壌3を充填し、この土壌3が露出可能な水
平面4a部を複数形成して、重い六角柱体を作り、前記
水平面4a部が階段状になって全体で傾斜面を成すもの
である。
【0045】したがって、従来の擁壁施工法のような重
機等が不要で、乾式工法により一枠の重量が重く、土圧
による顛倒に強い擁壁が容易に施工できる。即ち、ブロ
ック部材2は1個約20Kg以下の軽量で、施工には上下
のブロック部材連結用の主杭7及び副杭7aの上からブ
ロックを差込む方法ではなく、杭を前後から挟んでブロ
ック部材2を固定する方法であるから、重機は不要であ
る。その上、基礎以外は全て乾式工法で、ブロック部材
2で形成された枠体内に土壌3を投入した六角柱体はブ
ロック部材2が1枚の高さで1枠約500Kg程度にな
り、2枚の高さでは1枠約1000Kg程度、3枚の高さ
では1枠約1500Kg程度の重量になる。このような重
量のある枠体として左右上下に結合した擁壁1であるか
ら、土圧による顛倒に強い擁壁1ができ、豪雨による崩
壊の危険のある山腹の急斜面には保護工法として最適で
ある。
【0046】そして、急勾配の擁壁1でも高木による緑
化ができる。即ち、従来の緑化擁壁は重機で施工する
か、または現地でのコンクリート打ち施工であり、45
度以上の急勾配の傾斜面の場合には、緑化用の土壌面は
斜面に平行であるために、水平面が非常に狭く、高木緑
化ができない。しかし、本緑化擁壁によれば、いかなる
急勾配の場合にも、水平面または水平に近い緩勾配の1
m2 程度の土壌面があるので、高木緑化ができる。この
結果、高木の太い根が土中に深く延びて、擁壁1として
の安全性は益々高くなる。現在、地球環境保全により、
高木緑化の必要が叫ばれているが、急勾配の擁壁1では
高木緑化ができる工法は他にない。
【0047】また、現在、地球のヒートアイランド化に
より、土木工事においては、コンクリートの露出面をい
かに少なくするかが重要であるが、本組立式ブロック部
材による緑化擁壁施工法によれば、土壌3が露出する水
平面4a部が階段状になって全体で傾斜面を成すので、
土壌3の露出面が極めて多く、かかる問題の解消には極
めて効果的である。
【0048】
【発明の効果】以上のように、この発明の組立式ブロッ
ク部材による緑化擁壁施工法は、組立てにおいては軽量
のブロック部材を無段階の角度を与えて横に連結させる
ことができ、斜面に施工した場合においても、土壌等が
露出可能な水平面を複数形成することができるので、土
壌の部分に高木等の植物を植えることができ、自然環境
の保護をすることができる。また、外観上は、ブロック
部材表面の曲面によって、デザイン性及び耐震性に優れ
た擁壁を構築することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第一実施形態である組立式ブロック部
材による緑化擁壁施工法により施工された擁壁を示す斜
視図である。
【図2】本発明の第一実施形態である組立式ブロック部
材による緑化擁壁施工法により施工された擁壁の構造を
示す平面図及び断面図である。
【図3】組立式ブロック部材を示す平面図である。
【図4】組立式ブロック部材を示す断面図である。
【図5】組立式ブロック部材の組立方法を示す分解斜視
図である。
【図6】(a)は組立式ブロック部材による六角室を示
す平面図、(b)は組立式ブロック部材を角度を与えて
横に連結する連結方法を示す平面図である。
【図7】本発明の第二実施形態である組立式ブロック部
材による緑化擁壁施工法により施工された擁壁を示す斜
視図である。
【図8】本発明の第二実施形態である組立式ブロック部
材による緑化擁壁施工法により施工された擁壁の構造を
示す平面図及び断面図である。
【図9】組立式ブロック部材を角度を与えて横及び上下
に連結する他の連結方法を示す平面図である。
【図10】組立式ブロック部材を連結するための埋栓を
示す斜視図である。
【図11】本発明の第三実施形態である組立式ブロック
部材による緑化擁壁施工法(カーブ施工をした場合)を
示す平面図である。
【図12】本発明の第三実施形態である組立式ブロック
部材による緑化擁壁施工法(カーブ施工をした場合)の
間隔調節のための組立てを示す平面図である。
【符号の説明】
1 擁壁 2 ブロック部材 2a 円弧曲面 2e 外郭 2f 充填材 2g 切欠部分 3 土壌 4 六角室 4a 水平面 5 連結部材 6 掛渡部材 7 主杭 7a 副杭 8 連結板 9 中栓 10 植物 11 埋栓 12 円座 13 組立板 14 渡し材 15 ブロック部材

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 係止連結部を有するブロック部材を六角
    柱筒状の枠体に結合し、これを複数連結して、 前記枠体内に施工現地の土壌を充填し、前記土壌等が露
    出可能な水平面部を複数形成して、 前記水平面部が階段状になって全体で傾斜面を成すこと
    を特徴とする組立式ブロック部材による緑化擁壁施工
    法。
JP30704996A 1996-11-02 1996-11-02 組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法 Pending JPH10131195A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30704996A JPH10131195A (ja) 1996-11-02 1996-11-02 組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30704996A JPH10131195A (ja) 1996-11-02 1996-11-02 組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10131195A true JPH10131195A (ja) 1998-05-19

Family

ID=17964440

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30704996A Pending JPH10131195A (ja) 1996-11-02 1996-11-02 組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10131195A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008075389A (ja) * 2006-09-22 2008-04-03 Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd 擁壁
CN104389290A (zh) * 2014-10-28 2015-03-04 江苏龙腾工程设计有限公司 一种用于太湖水域植物保护的抗水浪防底泥淘蚀装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008075389A (ja) * 2006-09-22 2008-04-03 Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd 擁壁
CN104389290A (zh) * 2014-10-28 2015-03-04 江苏龙腾工程设计有限公司 一种用于太湖水域植物保护的抗水浪防底泥淘蚀装置
CN104389290B (zh) * 2014-10-28 2016-05-04 江苏龙腾工程设计有限公司 一种用于太湖水域植物保护的抗水浪防底泥淘蚀装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4190384A (en) Concrete construction element system for erecting plant accommodating walls
US4229123A (en) Inclined retaining wall and element therefor
US5163261A (en) Retaining wall and soil reinforcement subsystems and construction elements for use therein
KR200345937Y1 (ko) 덩굴식물 및 소동물 이동통로가 구비된 옹벽블록
KR100644795B1 (ko) 조립 패널 옹벽
US6231272B1 (en) Construction block for making various structures
JPH10131195A (ja) 組立式ブロック部材による緑化擁壁施工法
JP3657547B2 (ja) 構造物の緑化構造
KR100515136B1 (ko) 식생 블럭 및 그를 이용한 식생 옹벽 및 호안 시공방법
KR100941783B1 (ko) 이동고정식 사계절녹화 방음벽
KR20060024745A (ko) 축대옹벽블록 구조체 및 그 시공방법
JP2541396Y2 (ja) テラス状植生用ポット付き法枠擁壁
JP2781166B2 (ja) 土工用木製カプセル、及びこれを用いた土木施工法
KR101129494B1 (ko) 식생 옹벽 구조체 및 그를 이용한 식생 옹벽 시공방법
KR20080112603A (ko) 식생용 옹벽블럭 구조체
KR200390304Y1 (ko) 식생용 옹벽블럭 구조체
KR20090099176A (ko) 사면보강형 조경블럭
JPH09125421A (ja) 擁壁の築造構造
KR101024041B1 (ko) 조립식 목재삼각기둥블록을 이용한 목재옹벽
KR101539400B1 (ko) 태양광 패널이 설치된 방음기능 개비온
JP3535085B2 (ja) 波板状構築要素
JPH07189271A (ja) 植栽ブロック
JPH10252086A (ja) 植生が可能な擁壁用ブロック体
JP2931769B2 (ja) 修景型枠工法並びに修景型枠ブロック
KR101070304B1 (ko) 옹벽용 식생 축조블록