JPH10105538A - Information processor, information processing method and recording medium - Google Patents

Information processor, information processing method and recording medium

Info

Publication number
JPH10105538A
JPH10105538A JP27873696A JP27873696A JPH10105538A JP H10105538 A JPH10105538 A JP H10105538A JP 27873696 A JP27873696 A JP 27873696A JP 27873696 A JP27873696 A JP 27873696A JP H10105538 A JPH10105538 A JP H10105538A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
user
space
list
virtual
shared
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP27873696A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3879154B2 (en )
Inventor
Takeshi Miyashita
Tatsushi Nashida
健 宮下
辰志 梨子田
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To easily perform the recognition and specification of another user sharing a three-dimensional(3D) virtual reality space by possessing the name list of update objects existent within the prescribed range of the 3D virtual reality space from a shared server terminal and displaying the list on a display device. SOLUTION: Client terminals from 13-1 to 13-3 previously execute the installation of browsers. Besides, a shared server terminal 11 previously executes the installation of a bureau. Then, the browser possesses the name list from the bureau and recognizes the nickname or the other user existent within the visible range. Further, the browser rearranges these nicknames in the order of users positioned closer to its won position based on a shared space coordinate and displays these rearranged nicknames on a nickname window in the form of list. Therefore, the user can easily recognize and specify the other user sharing the 3D virtual reality space.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、情報処理装置および情報処理方法、並びに記録媒体に関し、特に、3次元仮想現実空間を共有する他のユーザを、容易に認識することができるようにする情報処理装置および情報処理方法、並びに記録媒体に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to an information processing apparatus and an information processing method, and a recording medium, information that allows the other users that share the three-dimensional virtual reality space, easily recognized processing apparatus and information processing method, and a recording medium.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、NIFTY-Serve(商標)や米国のCompu Conventionally, NIFTY-Serve (trademark) and of the United States Compu
Serve(商標)などのように、複数の利用者が自らのパーソナルコンピュータを、モデムおよび公衆電話回線網を介してセンターのホストコンピュータに接続し、所定の通信プロトコルに基づいてホストコンピュータにアクセスする、いわゆるパソコン通信サービスの分野においては、Habitat(商標)と呼ばれるサイバースペースのサービスが知られている。 As such Serve (trademark), a plurality of users own personal computer, connected to the center of the host computer via the modem and public switched telephone network, to access the host computer based on a predetermined communication protocol, in the field of so-called personal computer communication services, services of cyber space is known, called Habitat (trademark). Habitatは、米国LucasFilm社によって1985年から開発が始められ、米国商業ネットワークであるQuantumLink社で約3年間運用された後、1990 Habitat is, by the United States LucasFilm company started in development since 1985, after being operated in QuantumLink, Inc., a US commercial networks about three years, 1990
年2月に富士通Habitat(商標)としてNIFTY-Serveでそのサービスが開始されたものである。 That service in NIFTY-Serve in February year as Fujitsu Habitat (trademark) is what has been started. このHabitatにおいては、2次元グラフィックスで描画された「ポピュロポリス(Populopolis)」と呼ばれる仮想の都市に、アバタ(avatar;インド神話に登場する神の化身)と呼ばれるユーザの分身を送り込み、ユーザ同士がチャット(Chat;文字の入力と表示によるテキストベースでのリアルタイムの対話)などを行うことができる。 In this Habitat, the city of virtual called that has been drawn in two-dimensional graphics "Popyuroporisu (Populopolis)", the avatar; feeding the alter ego of a user called (avatar incarnation of God that appears in Hindu mythology), the user each other Chat (Chat; real-time interaction with a text-based by the display with the character of the input) can be carried out, and the like. このHabi This Habi
tatの更に詳細な説明については、サイバースペース, A more detailed description for cyber space of tat,
マイケル・ベネディクト編,1994年3月20日初版発行, Michael Benedict, ed., First edition published on March 20, 1994,
NTT出版ISBN4−87188−265−9C0010(原著;Cybersp NTT Publishing ISBN4-87188-265-9C0010 (Original; Cybersp
ace:First Steps ,Michael Benedikt,ed. 1991,MIT Pr ace:. First Steps, Michael Benedikt, ed 1991, MIT Pr
essCambrige,MA ISBN0−262−02327−X)第282頁〜第30 essCambrige, MA ISBN0-262-02327-X) # 282 pages, second, 30
7頁を参照されたい。 See page 7.

【0003】さて、図34は、上述したHabitatに代表されるパソコン通信サービスで提供される従来のサイバースペースシステムの一構成例を示している。 [0003] Now, FIG. 34 shows an example of the configuration of a conventional cyberspace system provided by the personal computer communication service typified by Habitat described above.

【0004】サーバ端末1は記憶装置2を備え、記憶装置2に記憶されている画像データを公衆電話回線網4を介して、各クライアント端末3−1乃至3−3に供給するようになされている。 [0004] The server terminal 1 includes a storage device 2, the image data stored in the storage device 2 via the public telephone network 4, and supplies it to a respective client terminals 3-1 to 3-3 there.

【0005】各クライアント端末3−1乃至3−3は、 [0005] Each client terminals 3-1 to 3-3,
記憶装置2に予め用意されている、複数のアバタ(オブジェクト)の中から所定のものを、仮想の3次元空間において自己を表すシンボルとして指定する。 Storage device prepared in advance to 2, those from the plurality of avatar (object) in a predetermined, specified as a symbol representing the self in a virtual three-dimensional space. そして、そのアバタを、サーバ端末1が提供する3次元仮想現実空間内において移動させ、仮想現実空間での生活を楽しむことができるようになされている。 Then, the avatar is moved in the three-dimensional virtual reality space server terminal 1 is provided, which is adapted to be able to enjoy life in virtual reality space.

【0006】例えばクライアント端末3−1が、内蔵するモデムおよび公衆電話回線網4を介してサーバ端末1 [0006] For example, the client terminal 3-1, a modem and a public telephone network 4 server terminal 1 via the built
にアクセスし、仮想現実空間の画像の提供を受ける。 And access to, subject to provide an image of the virtual reality space. クライアント端末3−1において、所定の操作を行い、自己のアバタ(例えば、アバタA)を所定の方向に移動させるように指示すると、その移動方向に対応する画像がサーバ端末1より提供されてくる。 In the client terminal 31 performs a predetermined operation, self avatar (e.g., avatar A) to instruct to move to a predetermined direction, an image corresponding to the moving direction comes provided from the server terminal 1 . これにより、クライアント端末3−1は、自己のアバタAを、あたかも仮想現実空間が提供する町を移動させるようにして楽しむことができる。 Accordingly, the client terminal 31, its own avatar A, though can be enjoyed by the move the town virtual reality space provided.

【0007】クライアント端末3−2においても、同様に、自己のアバタ(例えば、アバタB)を指定し、このアバタBを、仮想現実空間内において移動させることができる。 [0007] In the client terminal 32, similarly, its avatar (e.g., avatars B) specified, the avatar B, can be moved in the virtual reality space.

【0008】クライアント端末3−1のアバタAと、クライアント端末3−2のアバタBが、仮想現実空間内で、互いに近傍で対面する位置に移動した場合、サーバ端末1からクライアント端末3−1に提供される仮想現実空間の画像には、背景としての町の画像の他に、その町を移動するアバタBの画像も提供される。 [0008] an avatar A of the client terminal 3-1, avatar B of the client terminal 32 is, in the virtual reality space, a case where it has been moved to the position facing near each other, from the server terminal 1 to the client terminal 3-1 the image of the virtual reality space provided, in addition to the town of image as the background image of the avatar B to move the town are also provided. これにより、クライアント端末3−1には、例えば図35に示すような画像が表示される。 Thus, the client terminal 31, for example, an image as shown in FIG. 35 is displayed. すなわち、自己のアバタAが中央に配置され、その近傍には、クライアント端末3− That is, its own avatar A is disposed in the center, in its vicinity, the client terminal 3
2のアバタBが位置している。 2 avatars B is located.

【0009】同様に、クライアント端末3−2には、図36に示すような画像が提供される。 [0009] Similarly, the client terminal 32, an image as shown in FIG. 36 is provided. この図36においては、自己のアバタBが画面の中央に配置され、その近傍には、クライアント端末3−1のアバタAが配置されている。 In this FIG. 36 is disposed at the center of its own avatar B screen, the near, avatar A of the client terminal 31 is arranged.

【0010】さらに、同様に、クライアント端末3−3 [0010] In addition, similarly, the client terminal 3-3
において、自己のアバタ(例えば、アバタC)を指定し、このアバタCを、仮想現実空間内において、アバタAおよびアバタBの近傍の位置に移動した場合には、端末3−1乃至3−3には、仮想現実空間に、アバタA乃至Cが配置された画像が提供される。 In self avatar (e.g., avatar C) specified, the avatar C, and the virtual reality space, when moved to a position in the vicinity of the avatar A and avatar B are terminals 3-1 to 3-3 , the virtual reality space, image avatar a to C is placed is provided.

【0011】以上のように、あるクライアント端末(クライアント端末3−1乃至3−3のうちのいずれか)が仮想現実空間に及ぼした変化(例えば、アバタの位置や属性の変更、新たなオブジェクトの生成)は、他のクライアント端末に提供され、これにより、クライアント端末3−1乃至3−3を利用するユーザ(クライアント) [0011] As described above, the change in the client terminal (any of the client terminals 3-1 to 3-3) is exerted in the virtual reality space (e.g., changing the position and attributes of the avatar, the new object generation) is provided to other client terminals, thereby using the client terminals 3-1 to 3-3 user (client)
は、同一の仮想現実空間を、いわば共有することができる。 It is, the same virtual reality space, so to speak, can be shared.

【0012】上述したHabitatに代表される、パソコン通信サービスで運用されている従来のサイバースペースシステムにおいては、複数のユーザがクライアント端末3−1乃至3−3を介して同一の2次元グラフィックスで表示された仮想現実空間を共有し、各個人のアバタの移動などを互いに共有するマルチユーザ機能を有している。 [0012] typified Habitat described above, in the conventional cyberspace system operated by a personal computer communication service, a plurality of users with the same two-dimensional graphics via the client terminals 3-1 to 3-3 share displayed virtual reality space, and has a multi-user ability to share such movement of the avatar of each individual one another.

【0013】しかしながら、そのマルチユーザ機能は、 [0013] However, the multi-user function,
あくまで限られたユーザのみが利用できるものであって、不特定のユーザが利用できるものではなかった。 Be one only is available only a limited user, unspecified users was not available. すなわち、上述したHabitatを例に挙げると、ユーザは、 That is, when cited Habitat mentioned above as an example, a user,
まず事前に専用のパソコン通信ソフトを購入し、そのソフトウェアプログラムを自分のパーソナルコンピュータ(クライアント端末3−1乃至3−3)にインストールし、そのパーソナルコンピュータを、モデムおよび公衆電話回線網4を介してホストコンピュータ(サーバ端末1)に接続し、オンラインサインアップ等の会員登録を済ませなければならない。 First, buy a dedicated PC communication software in advance, install the software program on their personal computer (client terminals 3-1 to 3-3), the personal computer, via a modem and a public telephone line network 4 connect to the host computer (server terminal 1), it must be finished the member registration of online sign-up and the like. このような会員登録を済ませた後、初めて仮想現実空間にアクセスすることが可能となる。 After you finish such a membership registration, it is possible to access the first time virtual reality space. 従って、実際に利用できるのは、会員登録を済ませたユーザに制限され、不特定のユーザが自由にアクセスする事はできなかった。 Therefore, the actually available is limited to the user who finished the member registration, unspecified users not be able to freely access.

【0014】さらに、上述したHabitat等の従来のサイバースペースシステムにおいては、仮想的な街並みや部屋の内部の様子が2次元グラフィックスで描画されており、アバタを奥行きまたは手前方向へ移動させる場合、 Furthermore, in the conventional cyberspace system such as Habitat mentioned above, state of the internal virtual city or rooms are drawn in two-dimensional graphics, to move the avatar in the depth or front direction,
単にアバタを2次元グラフィックスの背景上で上下に移動させるだけであり、仮想空間内での歩行や移動を疑似体験させるには表示の上での表現力が乏しかった。 Merely moves the avatar up and down on the two-dimensional graphics in the background, power of expression on the display is to be simulated experience walking or moving in the virtual space it was poor. また、自分の分身であるアバタと他人のアバタが表示された仮想空間を、第3者の視点で見ることになるため、この点においても、疑似体験の感覚が損なわれるものであった。 Also, the virtual space avatar avatar with others is their alter ego appears, this means that viewed in third person viewpoint, also in this respect, was achieved sense of virtual reality is impaired. そこで、仮想空間を3次元グラフィックスで表示し、ユーザがアバタの視点で自由に歩き回れる機能、すなわちウォークスルー機能の実現が待たれていた。 So, to display a virtual space in a three-dimensional graphics, the user is free to walk around function from the perspective of the avatar, that is, the realization of a walk-through function has been waiting for.

【0015】一方、ネットワーク上での3次元仮想現実空間の共有を実現する従来例としては、図37に示すような、会社や研究所内のLAN(Local Area Network)で相互に接続されたクライアント端末3−5乃至3−7で構成されるシステムが知られている。 Meanwhile, the client terminal as a conventional example for realizing a shared three-dimensional virtual reality space on a network, which as shown in FIG. 37, the LAN company or the laboratory (Local Area Network) are connected to each other 3-5 to system constituted by 3-7 are known.

【0016】最初に、全てのクライアント端末3−5乃至3−7は、同一の3次元空間を記述したグラフィックスデータを読み込み、同一の3次元空間を表示している。 [0016] First, all of the client terminals 3-5 through 3-7, reads the graphics data that describes the same three-dimensional space, is displaying the same three-dimensional space. この時点で、全てのユーザが視認する3次元空間は一致している。 At this point, three-dimensional space in which all users viewing is consistent.

【0017】次に、例えば、図37に示すように、クライアント端末3−5において、自己のアバタAの位置を、図中、点線で示す位置から実線で示す位置に変更したとすると、その位置の変更に関する情報(変更情報) Next, for example, as shown in FIG. 37, the client terminal 3-5, the position of its own avatar A, in FIG., From the position shown by the dotted line and has been changed to the position indicated by the solid line, its position information about the change (change information)
が、クライアント端末3−5から、LAN(図示せず) But, from the client terminal 3-5, LAN (not shown)
を介して、クライアント端末3−6および3−7に送信される。 Via, it is transmitted to the client terminal 3-6 and 3-7. そして、クライアント端末3−6および3−7 Then, the client terminal 3-6 and 3-7
では、クライアント端末3−5からの変更情報に基づいて、表示が変更される。 So based on the change information from the client terminal 3-5, the display is changed.

【0018】すなわち、同図に示すように、クライアント端末3−5におけるアバタAの位置の変更に関する変更情報(図37の例では、Move Object to (10,20,3 [0018] That is, as shown in the figure, in the example of modification information (FIG. 37 on changing the position of the avatar A in the client terminal 3-5, Move Object to (10,20,3
0))は、クライアント端末3−6および3−7に送信され、クライアント端末3−6および3−7において、この変更情報に対応して、アバタAの表示が、図中、点線で示すものから実線で示すものに変更されることにより、クライアント端末3−5で移動されたアバタAが、 0)) is transmitted to the client terminal 3-6 and 3-7, the client terminal 3-6 and 3-7, in response to this change information, the display of the avatar A is in the figure, those indicated by the dotted line by being changed to that shown by the solid line from the avatar a, which is moved by the client terminal 3-5,
クライアント端末3−6および3−7においても移動される。 Also moved in the client terminal 3-6 and 3-7.

【0019】クライアント端末3−5以外のクライアント端末3−6や3−7で、仮想現実空間に変化が与えられた場合も同様に、その変化が、他のクライアント端末に反映され、これにより、クライアント端末3−5乃至3−7を利用するユーザは、同一の仮想現実空間を共有することができる。 [0019] In the client terminal 3-5 other client terminals 3-6 and 3-7, as in the case of change in the virtual reality space is given, the change is reflected in the other client terminals, thereby, user of the client terminal 3-5 to 3-7 can share the same virtual reality space.

【0020】ここで、上述のように自己を表すアバタのオブジェクトは、仮想現実空間内を移動させたり、また、登場させたり退場させたりすることができるものであり、仮想現実空間において、その状態が変化する(更新される)。 [0020] Here, an object of the avatar representing the self as described above, or move the virtual reality space, also, which can be or is dismissed or made to appear in the virtual reality space, that state to make the transition (to be updated). そこで、このようなオブジェクトを、以下、適宜、更新オブジェクトという。 Therefore, such an object, hereinafter referred to as the update object. また、仮想現実空間の、例えば町などを構成する、ビルディングなどの建物のオブジェクトは、更新オブジェクトと異なり、複数のユーザが共通して利用するもので、その基本的な状態は変化しない。 Further, the configuration of the virtual reality space, for example, such as a town, the objects of the building, such as building, unlike the update object, in which a plurality of users use common, its basic state does not change. 変化するとしても、それは自立的であり、クライアント端末の操作とは独立している。 Even changes, it is self-sustaining, independent of the operation of the client terminal. そこで、このような複数のユーザが共通して利用するオブジェクトを、以下、適宜、基本オブジェクトという。 Therefore, an object to use such a plurality of users commonly, hereinafter referred to as basic objects.

【0021】 [0021]

【発明が解決しようとする課題】ところで、共有可能な仮想現実空間において出会ったユーザ(アバタ)とチャットなどを行う場合においては、その相手に話しかけるときに、名前がある方が便利であり、また、各アバタは、他のアバタとそれほど明確に区別できるようなグラフィックスではないので(アバタは、他のアバタと同一または類似の3次元画像なので)、どのアバタが、誰なのかを特定するために、通常、アバタには、ニックネームと呼ばれる、自己を他のユーザと区別するための名前が付される。 The object of the invention is to be Solved by the way, in the case of performing a chat with the user (avatar) who met in shareable virtual reality space, when talking to the other party, it is more convenient to have a name, also each avatar is not a graphics that allows less clearly distinguished from the other avatar (avatar, since other avatars identical or similar 3-dimensional image), since what avatar identifies whether who the to, usually, the avatar, called a nickname, the name of the order to distinguish between the self and the other user is assigned.

【0022】アバタのニックネームは、例えば、カーソルなどが、そのアバタ上に移動されたときに表示させるようにすることが可能であるが、この場合は、ニックネームを知りたいアバタの位置までカーソルを移動しなければならず面倒である。 The avatar nickname, for example, move a cursor is, it is possible to cause display when it is moved on to the avatar, in this case, the cursor to the position of the avatar you want to know the nickname it is troublesome must be.

【0023】本発明は、このような状況に鑑みてなされたものであり、アバタなどに付されたニックネームなどの名前を、容易に認識することができるようにすることで、3次元仮想現実空間を共有する他のユーザを、容易に認識(特定)することができるようにするものである。 [0023] The present invention has been made in view of such circumstances, a name such as nickname attached like avatars, that to be able to easily recognize the three-dimensional virtual reality space other users that share is intended to be able to easily recognize (identify).

【0024】 [0024]

【課題を解決するための手段】請求項1に記載の情報処理装置および請求項6に記載の情報処理方法、並びに請求項7に記載の記録媒体は、3次元仮想現実空間において、所定の範囲内に存在する更新オブジェクトの名前についての名前リストを、共有サーバ端末から取得し、その名前リストを、表示装置に表示させることを特徴とする。 The information processing method according to an information processing apparatus and claim 6 according to claim 1 Means for Solving the Problems], and recording medium according to claim 7, in the three-dimensional virtual reality space, a predetermined range a name list of names of the update object present within, acquired from the shared server terminal, the name list, and wherein the to be displayed on the display device.

【0025】請求項1に記載の情報処理装置および請求項6に記載の情報処理方法、並びに請求項7に記載の記録媒体においては、3次元仮想現実空間において、所定の範囲内に存在する更新オブジェクトの名前についての名前リストを、共有サーバ端末から取得し、その名前リストを、表示装置に表示させるようになされている。 The information processing method according to an information processing apparatus and claim 6 according to claim 1, and a recording medium according to claim 7, in the three-dimensional virtual reality space is within the predetermined range update a name list of names of the objects, acquired from the shared server terminal, the name list, the CPU 120 is configured to be displayed on the display device.

【0026】 [0026]

【発明の実施の形態】まず最初に、バーチャル・ソサエティーの基本理念・構想に関して、ソニー・コンピュータ・サイエンス研究所の北野宏明氏は、そのHome Page DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION First of all, with respect to the basic philosophy and concept of virtual Society, is Hiroaki Kitano of Sony Computer Science Laboratories, the Home Page
「北野宏明、”バーチャル・ソサエティー(V1.0)”、ht "Hiroaki Kitano," Virtual Society (V1.0) ", ht
tp://www.csl.sony.co.jp/person/kitano/VS/concept. tp: //www.csl.sony.co.jp/person/kitano/VS/concept.
j.html,1995」の中で、以下のように説明している。 j.html, in 1995 ", it has been described as follows.

【0027】「21世紀の初頭に、全世界的な規模で張りめぐらされたネットワークの中に、仮想的な社会--- [0027] to the beginning of the "21 century, in the worldwide tension on a scale Megurasa network, virtual society ---
バーチャル・ソサエティー---が出現するでしょう。 Virtual Society --- would appear. 全世界の人々が、ネットワーク上に作られた共有空間の中に、数千万人、数億人という規模の「社会」を出現させるのです。 All the world's people, in a shared space created on the network, tens of millions, it allowed to appear the "society" in the scale of hundreds of millions. 現在のインターネットやCATV、さらには、情報スーパーハイウエーの彼方に出現するであろう社会が、私の考える「バーチャル・ソサエティー」です。 Current Internet and CATV, and even more, society will appear in Beyond the information super highway is, is I think of "Virtual Society". この社会の中で、人々は、買いものを楽しんだり、人と会話をする、ゲームをする、仕事をする、など、通常の社会生活とほぼ同等の社会行為を行なうことができるうえ、仮想的であるゆえに可能である(つまり、一瞬にして、東京からパリに移動するなど、実社会では困難である)ことも可能となるのです。 In this society, people, enjoy shopping, a conversation with the person, to the game, to work, etc., after which it is possible to carry out a social act almost the same as the normal social life, a virtual it is possible to a certain therefore (in other words, in an instant, such as moving to Paris from Tokyo, is difficult in the real world) that I also becomes possible. この様な、「社会」は、 Such, "society" is,
広帯域ネットワーク、高品位な三次元の表現能力、音声、音楽、動画像の双方向のコミュニケーションを可能とした、サイバースペースの構築技術、そして、その空間を、多人数で共有できる場にする、大規模分散システムなどの最先端の技術で初めて可能になります。 Broadband network, high-quality three-dimensional representation capability, voice, music, made it possible to two-way communication of the moving image, of cyber space construction techniques, and, the space, to the place that can be shared by many people, large It will be possible for the first time in the state-of-the-art technologies, such as scale distributed systems. "

【0028】更に詳細な説明については、上記URL= [0028] For a more detailed description, the URL =
http://www.csl.sony.co.jp/person/kitano/VS/concep http://www.csl.sony.co.jp/person/kitano/VS/concep
tjhtmlを参考にされたい。 It should be the tjhtml to reference.

【0029】以上のような、バーチャル・ソサエティーを実現する3次元仮想現実空間システムがサイバースペースシステムであり、このサイバースペースシステムを構築するのに必要なインフラストラクチャの具体例としては、現段階においては、TCP/IP(Transmission The above as a three-dimensional virtual reality space system implementing virtual Society is cyberspace system, as a specific example of the infrastructure needed to build the cyberspace system, in this stage , TCP / IP (Transmission
Control Protocol/Internet Protocol)と称される通信プロトコルで接続された世界的規模のコンピュータ・ネットワークであるインターネット(The Internet)や、W And the Internet (The Internet) is a Control Protocol / Internet Protocol) and connected to a worldwide computer network referred to as communication protocol, W
WW(World Wide Web)などのインターネット技術を企業内LAN(Local Area Network)での情報共有に適用したイントラネット(Intranet)等が考えられている。 WW (World Wide Web) intranet to the Internet technology was applied to the sharing of information within the enterprise LAN (Local Area Network), such as (Intranet), and the like are considered. さらに、将来的には、幹線系から加入者系に至るまで全てを光ファイバで構成するFTTH(Fiber To The Home)による広帯域ネットワークを利用することも考えられている。 Furthermore, in the future, it is also contemplated to utilize the broadband network by FTTH (Fiber To The Home) constituting an optical fiber everything up to the subscriber system from the mains system.

【0030】ここで、インターネット(The Internet)で利用できる情報提供システムとして、スイスのCERN [0030] In this case, as the information providing system available on the Internet (The Internet), Swiss CERN
(European Center for Nuclear Research:欧州核物理学研究所)が開発したWWW(World Wide Web)が知られている。 (European Center for Nuclear Research: the European Institute of Nuclear Physics) is WWW was developed (World Wide Web) has been known. これは、テキスト、画像、音声などの情報をハイパーテキスト形式で閲覧できるようにしたもので、HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)と呼ばれるプロトコルに基づいて、WWWサーバ端末に格納された情報をパーソナルコンピュータなどの端末に非同期転送するものである。 This, text, images, information such as voice which was to be able to browse hypertext format, based on the protocol called HTTP (Hyper Text Transfer Protocol), the information stored in the WWW server terminal personal computer, etc. the terminal is to asynchronous transfer.

【0031】WWWサーバは、HTTPデーモン(HTT [0031] The WWW server, HTTP daemon (HTT
P:HyperText Transfer Protocol、ハイパーテキスト転送プロトコル)と呼ばれるサーバ・ソフトウエアとハイパーテキスト情報が格納されるHTMLファイルによって構成される。 P: HyperText Transfer Protocol, constituted by the HTML file that the server software and hypertext information is stored, called the hyper text transfer protocol). ハイパーテキスト情報は、HTML(Hy Hypertext information, HTML (Hy
perText Makeup Language、ハイパーテキスト記述言語)と呼ばれる記述言語によって表現される。 perText Makeup Language, is represented by a description language called Hypertext Markup Language). HTML HTML
によるハイパーテキストの記述は、「<」と「>」で囲まれたタグと呼ばれる書式指定によって文章の論理的な構造が表現される。 Description of the hypertext by is, "<" and ">" surrounded by the logical structure of the sentence by the format specification called a tag is expressed. 他の情報とのリンクについての記述は、アンカーと呼ばれるリンク情報によって行われる。 Description of the link to other information is effected by the link information called an anchor.
アンカーで情報が存在する所を指定する方法がURL Method URL to specify where the information in the anchor exists
(Uniform Resource Locator)である。 It is a (Uniform Resource Locator).

【0032】HTMLで記述されたファイルを、TCP The files written in HTML, TCP
/IPネットワーク上において転送するためのプロトコルがHTTP(HyperText Transfer Protocol)である。 / Protocol for transferring on IP network is HTTP (HyperText Transfer Protocol). クライアントからの情報の要求をWWWサーバに伝え、HTMLファイルのハイパーテキスト情報をクライアントに転送する機能をもっている。 Convey the request for information from the client to the WWW server, it has the ability to transfer hypertext information of the HTML file to the client.

【0033】WWWを利用する環境として多く利用されているのが、WWWブラウザ(ブラウザとは閲覧するという意味)と呼ばれるNetscape Navigator(商標)をはじめとするクライアント・ソフトウエアである。 [0033] that are widely used as an environment to utilize the WWW, a client software, including Netscape Navigator, which is called a WWW browser (meaning that browsing the browser) (TM).

【0034】なお、デーモンとは、UNIX上で作業を行う場合、バックグラウンドで管理や処理を実行するプログラムを意味する。 [0034] It is to be noted that the daemon, when working on UNIX, which means the program to perform administrative and processing in the background.

【0035】近年、このWWWをさらに拡張し、3次元空間の記述や、3次元グラフィックスで描画されたオブジェクトに対してハイパーテキストのリンクの設定を可能とし、これらのリンクをたどりながらWWWサーバ端末を次々とアクセスできるようにしたVRML(Virtual [0035] In recent years, further extend this WWW, descriptions and of three-dimensional space, to allow the setting of hypertext links to the objects that are drawn in three-dimensional graphics, WWW server terminal while following these links VRML was so one after another you can access the (Virtual
Reality Modeling Language)と呼ばれる3次元グラフィックス・データの記述言語と、このVRMLで記述された仮想空間をパーソナルコンピュータやワークステーションで描画するためのVRMLビューワが開発された。 A Reality Modeling Language) and the three-dimensional graphics data description language called, VRML viewer for rendering a virtual space that is described in this VRML in personal computers and workstations have been developed. このVRMLバージョン1.0の仕様書は、1995年5 Specification of the VRML version 1.0, 5 1995
月26日に公開されたが、その後、誤記や曖昧な表現が訂正された改正版が、1995年11月9日に公開され、その仕様書は、URL=http://www.oki.com./vrml/vrml10c.h It has been published in 26 days a month, and then, as amended that errors or ambiguous representation has been corrected, published on November 9, 1995, the specification, URL = http: //www.oki.com ./vrml/vrml10c.h
tmlから入手することができる。 It can be obtained from the tml.

【0036】上述した、VRMLによって記述した3次元空間の情報をWWWサーバ端末に格納しておくことで、インターネット上に3次元グラフィックスによる仮想空間を構築することが可能となり、さらにインターネットを介して接続されたパーソナルコンピュータ等によりVRMLビューワを利用することによって、3次元グラフィックスによる仮想空間の表示やウォークスルー機能を実現することができる。 [0036] described above, by storing the information in three-dimensional space described in WWW server terminal by VRML, it is possible to construct a virtual space by 3-dimensional graphics on the Internet, further over the Internet by utilizing the VRML viewer by connected personal computer or the like, it is possible to realize a display and walkthrough function of the virtual space by the three-dimensional graphics.

【0037】以下の実施例においては、ネットワークとしてインターネットを用いた例について説明するが、F [0037] In the following examples, an example of using the Internet as the network but, F
TTHを用いて実現しても勿論構わない。 It may of course be realized by using the TTH.

【0038】なお、サイバースペース(Cyberspace)とは、米国のSF作家William Gibsonの造語であり、21 [0038] It is to be noted that the cyberspace (Cyberspace), is the United States of SF writer William Gibson coined, 21
世紀後半を舞台にした出世作NEUROMANCER(1984年)の中で使用された。 The second half century has been used in the career work NEUROMANCER (1984 years), which was on the stage. 厳密には、同書が最初ではなく、Burnin Strictly speaking, not the first book is, Burnin
g Chrome(1982年)でも使用されている。 g Chrome (1982 years), even being used. これらの小説では、主人公が額に特殊な電極を貼り付けてコンピュータと脳を直接的に接続し、世界中に張り巡らされたコンピュータ・ネットワークのデータを視覚的に再構成した仮想的な3次元空間を脳に直接投影させる描写がある。 In these novels, the hero is stuck a special electrode on the forehead to connect the computer and the brain directly, a virtual three-dimensional and visually reconstruct the data of the spread around the computer network in the world there is a depiction to project directly to space in the brain. この仮想3次元空間をサイバースペースと称した。 This virtual three-dimensional space was called cyberspace. 最近においては、ネットワークを介して仮想的な3次元空間を複数のユーザが共有するシステムを示す用語として使用されるようになった。 In recent years, a virtual three-dimensional space through the network a plurality of users have come to be used as a term representing the system to be shared. 本願の実施例においてもこの意味で使用する。 Also used in this sense in the examples of the present application.

【0039】図1は、本発明のサイバースペース(ネットワークを介して提供される3次元仮想現実空間)システムの構成例を表している。 [0039] Figure 1 represents an example of the configuration of a system (three-dimensional virtual reality space is provided via a network) to cyberspace present invention. 同図に示すように、この実施例においては、例えば、いわゆるインターネットなどの世界的規模のネットワーク(広域通信網)15(情報伝送媒体)を介して、ホストコンピュータ(ホスト)A As shown in the figure, in this embodiment, for example, via a worldwide network such as the so-called Internet (wide area network) 15 (information transmission medium), the host computer (host) A
乃至C、複数(本実施例では、3台)のクライアント端末13−1乃至13−3、任意の数(本実施例では、1 Or C, plural (in this embodiment, three) client terminal 13-1 through 13-3, in any number of (in this embodiment, 1
台)のサービス提供者端末14が相互に接続されている。 The service provider terminal 14 units) are connected to each other.

【0040】ホストAは、例えば、いわゆるWWW(Wo The host A is, for example, the so-called WWW (Wo
rld Wide Web)のシステムを構成している。 Constitute a system of rld Wide Web). すなわち、 That is,
ホストAは、後述するような情報(ファイル)を有している。 Host A has information (file) to be described later. そして、各情報(ファイル)には、その情報を一元的に指定するための指定情報としてのURL(Unifor Then, URL of each information (file), as the designation information for designating the information centrally (Unifor
m Resource Locator)が対応付けられており、URLを指定することで、そのURLに対応する情報にアクセスすることができるようになされている。 m Resource Locator) are associated, by specifying a URL, are made to be able to access the information corresponding to the URL.

【0041】具体的には、ホストAは、例えば3次元仮想現実空間における東京の町並みや、3次元仮想現実空間におけるニューヨークの町並み、その他の所定の地域の3次元仮想現実空間(以下、適宜、単に、仮想現実空間と称する)を提供するための3次元画像のデータを記憶している。 [0041] Specifically, host A, for example 3-dimensional Tokyo and streets in the virtual reality space, New York streets in a three-dimensional virtual reality space, other predetermined three-dimensional virtual reality space area (hereinafter, simply, stores data of the three-dimensional image for providing a called virtual reality space). なお、この3次元画像データは、その基本的な状態が変化しない(変化するとしても、例えば、観覧車、ネオンサインなどのように自立的に変化する)基本オブジェクトだけでなる、いわば更新が伴わない静的なデータである。 Incidentally, the 3-dimensional image data, (as changes, for example, a Ferris wheel, autonomously changes, such as neon signs) its basic state does not change made just basic objects, as it were updated accompanied not a static data. 例えば、ビルディングや道路などのように複数のユーザが共通して利用するものが基本オブジェクトである。 For example, it is the basic object a plurality of users use common, such as buildings and roads. そして、ホストAは、情報サーバ端末1 Then, the host A, the information server terminal 1
0(基本サーバ端末)を有しており、この情報サーバ端末10は、ネットワーク15を介してURLを受信すると、そのURLに対応する情報、すなわち、仮想現実空間(但し、これは、上述したように基本オブジェクトだけでなるもの)を、同じくネットワーク15を介して提供するようになされている。 0 has the (basic server terminal), the information server terminal 10, when via the network 15 to receive the URL, information corresponding to the URL, i.e., virtual reality space (although this is, as described above the only that is) basic objects, are made also to provide through the network 15 to.

【0042】なお、図1においては、所定の地域の仮想現実空間(基本オブジェクトだけでなるもの)を提供するサーバ端末である情報サーバ端末を有するホストは、 [0042] In FIG. 1, the host with the information server terminal is a server terminal for providing a virtual reality space (made just basic objects) of a predetermined area,
ホストAの1台だけしか設けられていないが、このようなホストは複数設けることが可能である。 Only one host A provided only, but such hosts can be more provided.

【0043】ホストBは、共有サーバ端末11(共有サーバ端末)を有し、この共有サーバ端末11は、仮想現実空間に配置されることにより、その仮想現実空間を構成することとなる更新オブジェクトとしての、例えば各ユーザを表すアバタなどを管理し、これにより複数のユーザに同一の仮想現実空間を共有させるようになされている。 The host B has a shared server terminal 11 (shared server terminal), the shared server terminal 11, by being placed in the virtual reality space, as an update object for composing the virtual reality space of, for example, manages the avatar representing each user, thereby the CPU 120 is configured to share the same virtual reality space into a plurality of users. 但し、ホストBは、ホストAが記憶している仮想現実空間のうちの所定の地域(例えば、東京など)の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトのみを管理するようになされている。 However, host B, a predetermined area of ​​the virtual reality space Host A stores (e.g., Tokyo, etc.) is adapted to manage only updated objects arranged in virtual reality space. すなわち、ホストBは、いわば所定の地域の仮想現実空間専用のものとされている。 That is, the host B is so to speak is as given region of the virtual reality space only. なお、図示していないが、ネットワーク15には、ホストB以外にも、ホストAが記憶している、その他の各地域(例えば、ニューヨーク、ロンドンなど)の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理するサーバ端末である共有サーバ端末を有するホストが接続されている。 Although not shown, the network 15, in addition to host B, host A stores, each of the other regions (e.g., New York, London, etc.) to update objects placed in a virtual reality space host having a shared server terminal is a server terminal that manages is connected.

【0044】ホストCは、ホストAと同様、例えばWW [0044] Host C, as with the host A, for example, WW
Wのシステムを構成するもので、ホストBのような、更新オブジェクトを管理するホスト(共有サーバ端末)をアドレスするための、例えばそのホストのIPアドレス(共有サーバ端末のアドレス)を記憶している。 Constitutes a W system, such as host B, and stores for addressing the host to manage the update object (shared server terminal), for example, an IP address (address of the shared server terminal) of the host . 従って、ホストCが記憶している共有サーバ端末のアドレスは、上述したホストAにおける場合と同様に、URLと一元的に対応付けられている。 Thus, the address of the shared server terminal by the host C is stored is likewise, URL and centrally associated with the case of the host A described above. そして、ホストCは、マッピングサーバ端末12(管理サーバ端末)を有しており、このマッピングサーバ端末12は、ネットワーク1 Then, the host C has mapping server terminal 12 (management server terminal), the mapping server terminal 12, the network 1
5を介してURLを受信すると、そのURLに対応する情報としての共有サーバ端末のIPアドレスを、同じくネットワーク15を介して提供するようになされている。 Upon receiving the URL through 5, the IP address of the shared server terminal of the information corresponding to the URL, is adapted to provide also via a network 15. なお、図1においては、共有サーバ端末のアドレスを提供するサーバ端末であるマッピングサーバ端末12 Incidentally, the mapping server terminal 12 in FIG. 1 is a server terminal for providing an address of the shared server terminal
を有するホストは、ホストCの1台だけしか設けられていないが、このようなホストは複数設けることが可能である。 Host with is provided only by one host C, such hosts can be more provided.

【0045】クライアント端末13(13−1,13− The client terminal 13 (13-1,13-
2,13−3)は、ネットワーク15を介して情報サーバ端末10から、仮想現実空間の提供を受け、共有サーバ端末11の管理の下、その仮想現実空間を、他のクライアント端末(サービス提供者端末14を含む)と共有することができるようになされている。 2,13-3) from the information server terminal 10 via the network 15, receiving a supply of virtual reality space, under the management of the shared server terminal 11, the virtual reality space, the other client terminals (the service provider it is made to be able to share and including the terminal 14). さらに、クライアント端末13は、サービス提供者端末14から、仮想現実空間を利用した所定のサービス(情報)の提供を受けることができるようにもなされている。 Further, the client terminal 13, from the service provider terminal 14, have been made to be able to receive the provision of a predetermined service using a virtual reality space (information).

【0046】サービス提供者端末14は、クライアント端末13と同様に、仮想現実空間の提供を受け、その仮想現実空間を、クライアント端末13(サービス提供者端末が、サービス提供者端末14以外にも存在する場合には、そのサービス提供者端末を含む)と共有することができるようになされている。 The service provider terminal 14, like the client terminal 13 receives the provision of virtual reality space, the virtual reality space, the client terminal 13 (service provider terminal is present in addition to the service provider terminal 14 when it is adapted to be able to share and including) the service provider terminal. 従って、この部分の機能に関しては、サービス提供者端末14は、クライアント端末13と同一である。 Thus, for the function of this part, the service provider terminal 14 is identical to the client terminal 13.

【0047】さらに、サービス提供者端末14は、クライアント端末13に対して、所定のサービスを提供することができるようになされている。 [0047] Further, the service provider terminal 14 to the client terminal 13, are made to be able to provide a predetermined service. なお、図1において、このようなサービス提供者端末は、サービス提供者端末14の1台だけしか設けられていないが、サービス提供者端末は複数設けることが可能である。 In FIG. 1, such a service provider terminal is only provided by one service provider terminal 14, the service provider terminal may provide a plurality.

【0048】次に、ホストAおよびCが構成しているW Next, W Host A and C constitute
WWのシステムについて簡単に説明する。 It will be briefly described WW systems. 図2に示すように、WWWは、ホストX,Y,Zから、ネットワーク(WWWの場合はインターネット)15を介して、不特定多数のユーザ(クライアント端末)に対し、情報を提供するためのシステムの1つで、提供可能な情報は、テキストだけでなく、図形、画像(静止画、動画)、音声、さらには3次元画像、その他これらをリンクさせたハイパーテキストなど多岐にわたる。 As shown in FIG. 2, WWW, the host X, Y, from Z, (in the case of WWW Internet) network via the 15, to an unspecified number of users (the client terminal), for providing an information system is one, information that can be provided for, not only the text, graphics, images (still images, moving images), sound, and even three-dimensional images, diverse and other hypertext that links them.

【0049】WWWの場合、各情報について、その情報を一元的に表現する形式であるURLが決められており、ユーザは、URLを指定することで、そのURLに対応する情報を得ることができる。 [0049] For WWW, for each information, the information and URL are determined in the form a unified representation of the user, by specifying a URL, it is possible to obtain information corresponding to the URL . ここで、URLは、 Here, URL is,
例えば、図3に示すように、サービスの種類を表すプロトコル種別(図3の実施例では、http(これは、後述するファイル名に対応するファイルを検索して送信するように指示するコマンドに相当する))、URLの送り先を表すホスト名(図3の実施例では、www.csl.sony.co. For example, as shown in FIG. 3, in the embodiment of the protocol type (Figure 3 indicating the type of service, http (this is equivalent to a command that instructs to transmit to search the file corresponding to the file name to be described later to)), in the embodiment of the host name (FIG. 3 representing a destination URL, www.csl.sony.co.
jp)、および送信させるべきデータのファイル名(図3 uk), and the file name of the data to be transmitted (FIG. 3
の実施例では、index.html)で構成される。 In the embodiment, it consists of index.html).

【0050】ユーザは、クライアント端末を操作して、 [0050] The user operates the client terminal,
所望する情報に対応するURLを入力する。 Enter the URL that corresponds to the desired information. クライアント端末では、URLが入力されると、そのURLの、例えばホスト名が参照され、そのホスト名によって特定されるホスト(図2の実施例では、インターネットに接続されているホストX,Y,Zのうちの、例えばホストX)とのリンクが確立される。 The client terminal, the URL is input, the URL, for example, a host name is referenced, in the embodiment of a host (Fig. 2 identified by the host name, the host X which is connected to the Internet, Y, Z of, for example, the host X) and the link is established. そして、クライアント端末では、URLが、インターネットを介して、リンクが確立されたホスト、すなわちホストXに送信され、これにより、ホストXに対し、URLに対応する情報の提供の要求がなされる。 Then, in the client terminal, URL, via the Internet, the host link is established, that is, transmitted to the host X, thereby, the host X, request for providing information corresponding to the URL is made. ホストXでは、情報サーバ端末(W In the host X, information server terminal (W
WWサーバ端末)上でHTTPデーモン(httpd)が稼働しており、情報サーバ端末は、URLを受信すると、そのURLに対応する情報を、インターネットを介してクライアント端末に送信する。 WW server terminal) on which the HTTP daemon (httpd) is running, the information server terminal receives the URL, and transmits the information corresponding to the URL, via the Internet to the client terminal.

【0051】クライアント端末では、送信されてきた情報が受信され、その後、例えば表示される。 [0051] In the client terminal is received information that has been transmitted, then, for example, it is displayed. これにより、ユーザは、所望する情報を得ることができる。 Thus, the user can obtain the desired information.

【0052】従って、ホストに、情報として、仮想現実空間を構成する要素(オブジェクト)の記述としての、 [0052] Therefore, the host, as the information, as the description of the elements constituting the virtual reality space (object),
例えば基本オブジェクトの形状(例えば、直方体や円錐形など)や、その配置位置、属性(例えば、基本オブジェクトの色やテクスチャなど)などを表すデータを記憶させるようにするだけで、不特定多数のユーザに、仮想現実空間(但し、基本オブジェクトだけでなるもの)を提供することができる。 For example the shape of the basic object (e.g., rectangular or conical) and its position, attributes (e.g., color or texture of the base object) only so as to store the data representing the like, unspecified number of users , it is possible to provide a virtual reality space (however, made in only the base object). すなわち、ネットワーク15として、インターネットを採用するとともに、WWWを利用する場合、インターネットは、既に世界的規模で普及しており、また、ホストに記憶させる情報を、仮想現実空間を構成する要素の記述とすることは、WWWを構成する情報サーバ端末(WWWサーバ端末)の変更を要するものでない(仮想現実空間を構成する要素の記述を、 That is, as the network 15, while adopting the Internet, when using the WWW, the Internet has already spread on a global scale, also the information to be stored in the host, and description of the elements constituting the virtual reality space that is not intended to require a change in the information server terminal constituting a WWW (WWW server terminal) to (description of elements constituting the virtual reality space,
上述したようにして提供するサービスは、WWWによって提供されている既存のサービスとの上位互換性を有する)から、不特定多数のユーザに、世界的規模で、仮想現実空間を、容易に、かつ安価に提供することが可能となる。 Service provided as described above, having from upward compatibility with existing services provided by the WWW), an unspecified number of users, a global scale, the virtual reality space, easily, and it is possible to provide a low cost.

【0053】また、所定のホスト(マッピングサーバ端末)に、情報として、他のホストのIPアドレスを記憶させるようにすることで、やはり、不特定多数のユーザに、世界的規模で、ホストのIPアドレスを、容易に提供することが可能となる。 [0053] Also, the predetermined host (mapping server terminal), as the information, by so as to store the IP address of the other host, again, to an indefinite number of users, a global scale, IP hosts an address, it is possible to easily provide.

【0054】なお、WWWを構成するホストに、仮想現実空間を構成する要素の記述(所定の地域の仮想現実空間を提供するための3次元画像のデータ)を記憶させただけでは、同一の仮想現実空間を、複数のユーザが共有することは困難である。 [0054] Incidentally, in the host to configure the WWW, only stores the description of the elements constituting the virtual reality space (data of the three-dimensional image for providing a virtual reality space of a predetermined area), the same virtual the physical space, it is difficult for a plurality of users to share. すなわち、WWWでは、URL That is, in the WWW, URL
に対応する情報が、ユーザに提供されるだけであり、ユーザ間で、情報のやりとりを行うための管理は行われない。 Corresponding information is merely provided to the user, between users, management for exchanging information is not performed. このため、WWWを、その設計を変更せずに利用して、ユーザ間で、前述したような更新オブジェクトの変更情報のやりとりを行うのは困難である。 Therefore, the WWW, and available without changing its design, between users, it is difficult to exchange changes on the updated object as described above. そこで、図1 Then, as shown in FIG. 1
のサイバースペースシステムでは、共有サーバ端末11 In the cyberspace system, the shared server terminal 11
を有するホストBおよびマッピングサーバ端末12を有するホストCを設け、同一の仮想現実空間を、複数のユーザが共有することができるようになされている(その詳細については、後述する)。 Host C with host B and mapping server terminal 12 having provided the same virtual reality space, to have been made so that multiple users share (details thereof will be described later).

【0055】次に、図4は、図1のホストA上で稼働する情報サーバ端末10の構成例を示している。 Next, FIG. 4 shows an example of the configuration of an information server terminal 10 running on host A in Figure 1. 同図に示すように、情報サーバ端末10はCPU81を備え、このCPU81は、ROM82に記憶されているプログラムに従って各種の処理を実行するようになされている。 As shown in the figure, the information server terminal 10 includes a CPU 81, the CPU 81 is adapted to perform various processes according to a program stored in the ROM 82.
この情報サーバ端末10では、前述したHTTPデーモンが、バックグラウンドで稼動している。 In this information server terminal 10, the HTTP daemon described above, running in the background. RAM83には、CPU81が各種の処理を実行する上において必要なデータ、プログラム等が適宜記憶されるようになされている。 The RAM 83, necessary data in the upper CPU81 executes various processes, programs and the like are adapted to be stored as appropriate. 通信装置84は、ネットワーク15に対して所定のデータを授受するようになされている。 Communication device 84 is adapted to exchange predetermined data to the network 15. ハードディスク、光ディスク、光磁気ディスクなどよりなる記憶装置85は、上述したような、例えば東京や、ニューヨーク、その他の所定の地域の仮想現実空間を提供するための3次元画像のデータを、URLと対応付けて記憶している。 A hard disk, an optical disk, memory device 85 composed of a magneto-optical disc, as described above, for example, Tokyo and New York, the data of the three-dimensional image for providing a virtual reality space other predetermined areas, URL and the corresponding put in stores.

【0056】図5は、図1のホストB上で稼働する共有サーバ端末11の構成例を示している。 [0056] Figure 5 shows a configuration example of a shared server terminal 11 running on host B of FIG. 同図に示すように、共有サーバ端末11はCPU21を備え、このCP As shown in the figure, the shared server terminal 11 includes a CPU 21, the CP
U21は、ROM22に記憶されているプログラムに従って各種の処理を実行するようになされている。 U21 is adapted to perform various processes according to programs stored in the ROM 22. RAM RAM
23には、CPU21が各種の処理を実行する上において必要なデータ、プログラム等が適宜記憶されるようになされている。 The 23, the necessary data in the upper CPU21 executes various processes, programs and the like are adapted to be stored as appropriate. 通信装置24は、ネットワーク15に対して所定のデータを授受するようになされている。 Communication device 24 is adapted to exchange predetermined data to the network 15.

【0057】表示装置25は、例えばCRTやLCDなどを備え、共有サーバ端末11が管理を担当している地域の仮想現実空間(基本オブジェクトだけでなく、更新オブジェクトを含んで構成される仮想現実空間)の画像をモニタすることができるように、インタフェース28 [0057] The display device 25 includes, for example, a CRT or LCD, as well as virtual reality space (basic object regions shared server terminal 11 is responsible for managing the virtual reality space configured to include an update object image to be able to monitor the) interface 28
に接続されている。 It is connected to the. このインタフェース28には、また、マイク26とスピーカ27が接続されており、所定の音声信号をクライアント端末13やサービス提供者端末14に供給したり、クライアント端末13やサービス提供者端末14からの音声信号をモニタすることができるようになされている。 The interface 28, The voice from the microphone 26 and the speaker 27 are connected, and supplies a predetermined audio signal to the client terminal 13 and the service provider terminal 14, the client terminal 13 and the service provider terminal 14 it is made to be able to monitor the signal.

【0058】また、共有サーバ端末11は、入力装置2 [0058] In addition, the shared server terminal 11, the input device 2
9を備え、インタフェース28を介して、各種の入力を行うことができるようになされている。 With 9, through the interface 28, it is made to be able to perform various inputs. この入力装置2 The input device 2
9は、少なくともキーボード29aとマウス29bを有している。 9 includes at least a keyboard 29a and a mouse 29b.

【0059】ハードディスク、光ディスク、光磁気ディスクなどよりなる記憶装置30は、共有サーバ端末11 [0059] a hard disk, a storage device 30 including, for example, magneto-optical disk, a shared server terminal 11
が管理を担当している地域の仮想現実空間のデータを記憶している。 There has been storing the data of the virtual reality space of the area which is in charge of the management. なお、この仮想現実空間のデータは、情報サーバ端末10(図4)の記憶装置85に記憶されているものと同一のものであり、表示装置25では、このデータが表示されることで、共有サーバ端末11が管理を担当している地域の仮想現実空間が表示される。 The data of the virtual reality space, the information server terminal 10 is the same as the ones stored in the storage device 85 (FIG. 4), the display device 25, that this data is displayed, shared virtual reality space of the area where the server terminal 11 is in charge of the management is displayed.

【0060】図6は、図1のホストC上で稼働するマッピングサーバ端末12の構成例を示している。 [0060] FIG. 6 shows a configuration example of a mapping server terminal 12 running on host C in Figure 1. CPU9 CPU9
1乃至通信装置94は、図4に示したCPU81乃至通信装置84と基本的に同様の構成であるので、その説明は省略する。 1 to the communication device 94, since it is CPU81 through the communication device 84 is basically similar to the configuration shown in FIG. 4, a description thereof will be omitted. 記憶装置95は、更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末(図1の実施例では、共有サーバ端末11しか図示していないが、その他にも、図示せぬ共有サーバ端末がネットワーク15に接続されている)を特定するためのアドレスを、URLと対応付けて記憶している。 Storage device 95, in the embodiment of a shared server terminal (FIG. 1 for managing the update object, only the shared server terminal 11 is not shown, Besides, the shared server terminal (not shown) is connected to the network 15 the address for specifying a), are stored in association with the URL.

【0061】図7は、クライアント端末13(13−1 [0061] FIG. 7, the client terminal 13 (13-1
乃至13−3)の構成例を示している。 To show an example of a configuration of 13-3). クライアント端末13はCPU41を備え、このCPU41は、ROM The client terminal 13 includes a CPU 41, the CPU 41 is, ROM
42に記憶されているプログラムに従って各種の処理を実行するようになされている。 Thereby executing various processes in accordance with programs stored in 42. RAM43には、CPU The RAM43, CPU
41が各種の処理を実行する上において必要なデータやプログラム等が適宜記憶されるようになされている。 41 data and programs necessary in the execution of various processes have been made to be appropriately stored. 通信装置44は、ネットワーク15を介して、データを授受するようになされている。 Communication device 44 via the network 15 is adapted to exchange data.

【0062】表示装置45は、例えばCRTやLCDなどを備え、CG(コンピュータグラフィック)の3次元画像や、通常のビデオカメラなどにより撮影された3次元の画像を表示することができるようになされている。 [0062] The display device 45 includes, for example, a CRT or LCD, CG or a three-dimensional image of the (computer graphics), etc. is made to be able to display the 3-dimensional image taken by a conventional video camera there.
マイク46は、音声信号を共有サーバ端末11に出力するとき利用される。 Microphone 46 is used when outputting the audio signal to the shared server terminal 11. また、スピーカ47は、共有サーバ端末11より音声信号が伝送されてきたとき、これを出力する。 The speaker 47, when the audio signal from the shared server terminal 11 has been transmitted, and outputs this. 入力装置49は、各種の入力を行うとき操作されるようになされている。 Input device 49 is adapted to be operated to perform various inputs.

【0063】この入力装置49のキーボード49aは、 [0063] keyboard 49a of the input device 49,
所定の文字や記号などでなるテキスト(URLを含む) Text made of such as a predetermined characters and symbols (including the URL)
を入力するとき操作されるようになされている。 It is adapted to be operated to input. マウス49bは、所定の位置を指定するとき操作されるようになされている。 Mouse 49b is adapted to be operated to specify a predetermined position. 視点入力装置49cおよび移動入力装置49dは、更新オブジェクトとしての、クライアント端末13に対応するアバタの状態を変化させるときに操作される。 View input device 49c and movement input device 49d is as update object, is operated to change the state of the avatar corresponding to the client terminal 13. すなわち、視点入力装置49cは、クライアント端末13の対応するアバタの視点を入力するとき操作される。 That is, the viewpoint input device 49c is operated to input viewpoint corresponding avatar of the client terminal 13. これにより、アバタの視点を上下左右の方向に移動させたり、仮想現実空間の奥行方向への移動ができるようになされている。 Accordingly, or moving the viewpoint of the avatar in the vertical and horizontal directions, it is made to allow movement in the depth direction of the virtual reality space. また、移動入力装置49dは、 In addition, the movement input device 49d is,
アバタを、前後左右の方向に、所定の速度で移動させるための入力を行うことができるようになされている。 The avatar, the direction of the right and left front and rear, are made to be able to perform an input for moving at a predetermined speed. 勿論、これらの入力を、キーボード49aやマウス49b Of course, these inputs, a keyboard 49a and a mouse 49b
から行うようにすることもできる。 It can also be performed from.

【0064】ハードディスク、光ディスク、光磁気ディスクなどよりなる記憶装置50は、ユーザを表すアバタ(更新オブジェクト)を記憶している。 [0064] a hard disk, an optical disk storage device 50 including, for example, stores an avatar (update object) representing the user. さらに、記憶装置50は、情報サーバ端末10(情報サーバ端末10以外に情報サーバ端末が存在する場合には、その情報サーバ端末を含む)に記憶されている各地域の仮想現実空間に配置される更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末のIPアドレスを取得するためのURL(以下、適宜、アドレス取得URLという)を、その地域の仮想現実空間のデータに対応するURL(以下、適宜、仮想現実空間URLという)と対応付けて記憶している。 Furthermore, the storage device 50, the information server terminal 10 (when the information server terminal 10 the information server terminal in addition exists, the information including a server terminal) placed in a virtual reality space in each region stored in the URL for acquiring the IP address of the shared server terminal that manages the update object (hereinafter referred to as address acquisition URL) to, URL corresponding to the data in the virtual reality space in the region (hereinafter referred to as a virtual reality space URL It is stored in association with) that. これにより、ある地域の仮想現実空間のデータに対応する仮想現実空間URLが入力されたとき、その地域の仮想現実空間を管理する共有サーバ端末のIPアドレスを取得するためのアドレス取得URLを得ることができるようになされている。 Thus, when a virtual reality space URL corresponding to the data of the virtual reality space an area is entered, to obtain the address acquisition URL for acquiring the IP address of the shared server terminal that manages the virtual reality space in the region It has been made to allow.

【0065】インタフェース48は、表示装置45、マイク46、スピーカ47、入力装置49、および記憶装置50に対するデータのインタフェースを構成している。 [0065] interface 48, display device 45 constitutes an interface of data to the microphone 46, a speaker 47, an input device 49 and the storage device 50,.

【0066】図8は、図1のサービス提供者端末14の構成例を示している。 [0066] Figure 8 shows a configuration example of the service provider terminal 14 of FIG. 1. そのCPU51乃至記憶装置60 Its CPU51 or memory device 60
は、図7のクライアント端末13のCPU41乃至入力装置50と基本的に同様の構成であるので、その説明は省略する。 Since is CPU41 through the input device 50 basically the same configuration of the client terminal 13 in FIG. 7, a description thereof will be omitted.

【0067】図9は、図1の情報サーバ端末10により提供され、共有サーバ端末11の管理の下、複数のユーザの間で共有することのできる仮想現実空間を模式的に表している。 [0067] Figure 9 is provided by the information server terminal 10 of FIG. 1, under the management of the shared server terminal 11, and represents a virtual reality space which can be shared among multiple users schematically. 同図に示すように、この仮想現実空間は、 As shown in the figure, the virtual reality space,
町を構成しており、アバタC(例えばクライアント端末13−1のアバタ)や、アバタD(例えばクライアント端末13−2のアバタ)が、この町(仮想現実空間)を移動することができるようになされている。 Constitute a town, or (avatar e.g. client terminal 13-1) avatar C, avatar D (e.g. an avatar of the client terminal 13-2) is, to be able to move the city (virtual reality space) It has been made.

【0068】アバタCは、仮想現実空間における位置と視点から、例えば図10に示すような画像を見ることになる。 [0068] avatar C will see an image as shown from the position and viewpoint in the virtual reality space, for example, in FIG. すなわち、クライアント端末13−1には、仮想現実空間を構成する基本オブジェクトに関するデータが、情報サーバ端末10から提供され、RAM43(または記憶装置50)に記憶される。 That is, the client terminal 13-1, the data on the basic objects constituting a virtual reality space, provided from the information server terminal 10, is stored in the RAM 43 (or the storage device 50). そして、RAM43 Then, RAM43
(または記憶装置50)からは、所定の視点と位置から仮想現実空間を見た場合に見ることのできる仮想現実空間のデータが読み出され、表示装置45に供給される。 From (or storage device 50), the data of the virtual reality space that can be seen when viewed virtual reality space from a predetermined view point and the position is read out and supplied to the display device 45.
その後、そのアバタCの視点と位置を、視点入力装置4 Then, the viewpoint and the position of the avatar C, view input device 4
9cと移動入力装置49dを操作することで変更すると、その変更に対応したデータがRAM43(または記憶装置50)から読み出されて表示装置45に供給され、これにより、表示装置45に表示されている仮想現実空間(3次元画像)が変化される。 Changing by manipulating 9c and movement input device 49d, data corresponding to the change is supplied to the RAM 43 (or the storage device 50) Display the read and apparatus 45, thereby, be displayed on the display device 45 are virtual reality space (three-dimensional image) is changed.

【0069】さらに、クライアント端末13−1には、 [0069] In addition, the client terminal 13-1,
いまの視点と位置から仮想現実空間を見た場合にみることのできる他人のアバタ(更新オブジェクト)(図10 Avatar of others that from now of viewpoint and position can be seen in the case of viewing the virtual reality space (update object) (Fig. 10
の実施例では、アバタD)に関するデータが、共有サーバ端末11から提供され、そのデータに基づいて、表示装置45の表示が変更される。 In the embodiment, data relating to the avatar D) is provided from the shared server terminal 11, based on the data, the display of the display device 45 is changed. すなわち、図9に示した状態において、アバタCはアバタDの方向を見ているので、図10に示したように、クライアント端末13−1 That is, in the state shown in FIG. 9, the avatar C is looking in the direction of avatar D, as shown in FIG. 10, the client terminal 13-1
の表示装置45に表示される画像(仮想現実空間)には、アバタDが表示される。 The image (virtual reality space) displayed on the display device 45, avatar D is displayed.

【0070】同様にして、アバタDが対応するクライアント端末13−2の表示装置45には、図11に示すような画像が表示される。 [0070] Similarly, avatar D is on the display device 45 of the corresponding client terminal 13-2, an image as shown in FIG. 11 is displayed. そして、この表示画像も、アバタDの視点と位置を移動させることで変化される。 Then, the displayed image is also changed by moving the view point and the position of the avatar D. なお、図9において、アバタDはアバタCの方向を見ているので、クライアント端末13−2の表示装置45に表示される画像(仮想現実空間)には、図11に示したように、アバタCが表示されている。 In FIG. 9, the avatar D is looking at the direction of the avatar C, as in the image (virtual reality space) displayed on the display device 45 of the client terminal 13-2 shown in FIG. 11, the avatar C is displayed.

【0071】サービス提供者端末14は、情報サーバ端末10および共有サーバ端末11によって提供される共有可能な仮想現実空間の一部の空間を支配する。 [0071] service provider terminal 14 governs the part of the space shareable virtual reality space provided by the information server terminal 10 and the shared server terminal 11. 換言すれば、サービス提供者は、情報サーバ端末10および共有サーバ端末11の管理者(仮想現実空間の情報を提供する情報プロバイダ)から、その提供する仮想現実空間の一部を購入する。 In other words, the service provider, the administrator of the information server terminal 10 and the shared server terminal 11 (information provider for providing information in the virtual reality space), to purchase a part of a virtual reality space provided. この購入は、現実空間において行われる。 This purchase is carried out in the real space. すなわち、情報サーバ端末10および共有サーバ端末11の管理者は、所定のサービス提供者より仮想現実空間の購入の申込を受けたとき、仮想現実空間の一部を、そのサービス提供者に割り当てる。 That is, the administrator of the information server terminal 10 and the shared server terminal 11, when receiving the application for purchase of the virtual reality space than the predetermined service provider, some of the virtual reality space, allocated to the service provider.

【0072】例えば、サービス提供者端末14の所有者(サービス提供者)が、仮想現実空間内の所定のビルの1室を借り受け、そこに電器店を設けるものとする。 [0072] For example, the owner of the service provider terminal 14 (service provider) is, rented one room of a given building in the virtual reality space, it is assumed that there is provided a electronics store. サービス提供者は、その電器店に展示する商品、例えばテレビジョン受像機(テレビ)の資料をサーバ端末管理者に提供する。 Service providers, products for exhibition in the electronics store, for example to provide a television receiver the article in the (TV) to the server terminal manager. サーバ端末管理者は、この資料を基に、コンピュータグラフィックスにより、そのテレビの立体画像を生成する。 Server terminal manager, based on the article, the computer graphics to generate a three-dimensional image of the television. そして、その立体画像を、その電器店の所定の位置に配置する。 Then, the three-dimensional image is placed in a predetermined position of the electronics store. これにより、仮想現実空間内におけるその空間の画像が完成することになる。 Thereby, the image of the space in the virtual reality space is completed.

【0073】同様のことが多くのサービス提供者により行われ、仮想現実空間が1つの大きな町として形成される。 [0073] The same is done by a number of service providers, the virtual reality space is formed as one large towns.

【0074】図12は、サービス提供者端末14を有するサービス提供者が占有する仮想現実空間(ビルの1 [0074] Figure 12 is a first virtual reality space (building service provider with the service provider terminal 14 occupies
室)を平面的に表している。 A chamber) are planar representation. この実施例においては、ビルの1室が、このサービス提供者のために割り当てられており、その空間(ビル内)には、2台のテレビ72, In this example, one room of building, are allocated for the service provider, in its space (the building), two TV 72,
73が配置されているとともに、テレビ73の右斜め前方には、カウンタ71が配置されている。 73 together is arranged in the diagonally forward right of the TV 73, the counter 71 is arranged. そしてサービス提供者端末14のサービス提供者は、自己のアバタF And service providers of the service provider terminal 14, own avatar F
をカウンタ71の後方に配置するようにする。 The to be arranged behind the counter 71. 勿論、アバタFは、サービス提供者端末14の移動入力装置59 Of course, avatar F is movement input device of the service provider terminal 14 59
dを操作することで、所定の位置に移動させることが可能である。 By operating the d, it is possible to move to a predetermined position.

【0075】いま、この電器店に、クライアント端末1 [0075] Now, in this electronics store, the client terminal 1
3−1のアバタCが、図12に示すように入ってきたものとする。 3-1 avatar C is assumed to have entered as shown in FIG. 12. このとき、クライアント端末13−1の表示装置45には、アバタCの位置と視点に対応して、例えば図13に示すような画像が表示される。 At this time, the display device 45 of the client terminal 13-1 in response to the position and the viewpoint of the avatar C, for example, an image as shown in FIG. 13 is displayed. これに対して、アバタFがカウンタ71の後方に位置している場合においては、サービス提供者端末14の表示装置55には、図14に示すような画像が表示される。 In contrast, when the avatar F is positioned behind the counter 71, the display device 55 of the service provider terminal 14, an image as shown in FIG. 14 is displayed. 図13と図14に示すように、アバタCから見た画像にはアバタF As shown in FIGS. 13 and 14, the image viewed from avatar C avatar F
が、また、アバタFから見た画像にはアバタCが、それぞれ表示される。 But also, the image viewed from avatar F avatar C are respectively displayed.

【0076】また、図13に示すように、アバタCから見た画像には、クライアント端末13−1から所定の画像を指定するとき使用されるカーソル74が表示される。 [0076] Further, as shown in FIG. 13, the image viewed from avatar C, the cursor 74 that is used is displayed when specifying the predetermined image from the client terminal 13-1. 同様に、図14に示すように、サービス提供者端末14から所定の画像を指定するとき利用するために、カーソル75が表示される。 Similarly, as shown in FIG. 14, in order to use when specifying a predetermined image from the service provider terminal 14, the cursor 75 is displayed.

【0077】クライアント端末13−1の移動入力装置49dを操作して、アバタCをテレビ72あるいはテレビ73の回りに移動させることで、その位置と視点に対応する画像が表示装置45に表示される。 [0077] by operating the movement input device 49d of the client terminal 13-1, by moving the avatar C around the TV 72 or the TV 73, the image corresponding to the position and the viewpoint is displayed on the display device 45 . これにより、 As a result,
ユーザは、テレビ72や73を、実際に、売場に配置されている商品としてのテレビを観察する場合と同様に観察することができる。 User television 72 and 73, in fact, can be similarly observed for the case of observing the TV as a commodity which is disposed on the sales floor.

【0078】また、ユーザは、マウス49bを操作して、カーソル74を移動させ、アバタF上でクリックすると、アバタFに対応するサービス提供者端末14には、会話申込信号が伝送される。 [0078] Further, the user operates the mouse 49b, moves the cursor 74, by clicking on the avatar F, the service provider terminal 14 corresponding to the avatar F, conversation application signal is transmitted. サービス提供者端末1 Service provider terminal 1
4は、このとき、マイク56を介して、アバタCに対応するクライアント端末13−1のスピーカ47に対して音声信号を出力することができる。 4, this time, through the microphone 56, it is possible to output the audio signal to the speaker 47 of the client terminal 13-1 corresponding to the avatar C. 同様に、クライアント端末13−1のマイク46から所定の音声信号を入力することで、サービス提供者端末14のスピーカ57にユーザの音声信号を伝達することができる。 Similarly, by inputting a predetermined audio signal from the microphone 46 of the client terminal 13-1, it is possible to transmit the user's voice signal to the speaker 57 of the service provider terminal 14. このようにして、両者は音声による通常の会話を行うことができる。 In this way, you can perform a normal voice conversation.

【0079】なお、この会話は、アバタF(サービス提供者端末14)からアバタC(クライアント端末13− [0079] In this conversation, avatar from avatar F (the service provider terminal 14) C (client terminal 13
1)に対して、申し込むようにすることもできる。 Relative to 1), it is also possible to make apply.

【0080】また、クライアント端末13−1において、カーソル74を移動させ、例えばテレビ72の画像上においてクリックすると、テレビ72のより詳細な説明情報(提供情報)の提供を受けることができる。 [0080] Further, the client terminal 13-1 moves the cursor 74, for example, by clicking on the image of the television 72 can be provided with a more detailed description information of the television 72 (provided information). これは、情報サーバ端末10が提供する仮想現実空間のデータを、テレビ72のデータに説明情報をリンクさせておくように構成することで実現することができる。 This allows the data of the virtual reality space which the information server terminal 10 is provided, can be realized by configuring as allowed to link the described information in the data of the television 72. なお、 It should be noted that,
説明情報を表示するときの画像は、3次元画像であってもよいし、平面的な2次元画像とすることもできる。 Image when displaying the description information may be a three-dimensional image may be a flat, two-dimensional images.

【0081】この所定の画像を指定する操作は、サービス提供者端末14側からも行うことができる。 [0081] operation for designating the predetermined image can be performed from the service provider terminal 14 side. これにより、サービス提供者側からユーザに対して、所定のテレビの説明情報を積極的に提供することができる。 Thus, the user from the service provider side, it is possible to actively provide descriptive information given television.

【0082】また、サービス提供者がマウス59bを操作して、カーソル75でアバタCを指定すると、このアバタCの位置と視点に対応する画像、すなわち、クライアント端末13−1の表示装置45に表示されている画像と同一の画像を、サービス提供者端末14の表示装置55に表示させることができる。 [0082] Also, the service provider operates the mouse 59b, by specifying the avatar C with the cursor 75, the image corresponding to the position and the viewpoint of the avatar C, i.e., displayed on the display device 45 of the client terminal 13-1 the same image as the image being, can be displayed on the display device 55 of the service provider terminal 14. これにより、サービス提供者は、ユーザ(アバタC)が、いまどこを見ているのかを知ることができ、ユーザの知りたいポイントに関する情報を、的確にユーザに対して提供することが可能となる。 As a result, the service provider, the user (avatar C) is, now where to have the whether it is possible to know the look, the information about the point you want to know the user, it is possible to be provided to accurately user.

【0083】ユーザは、説明を受け、あるいは提供情報(説明情報)の提供を受け、気に入った場合においては、例えばテレビ72を実際に購入することができる。 [0083] The user receives the description, or receiving a supply of providing information (descriptive information), when they like, can be purchased for example a television 72 actually.
この場合、ユーザは、アバタFを介して、サービス提供者端末14に対して購入の申込をする。 In this case, the user, through the avatar F, the application of the purchase to the service provider terminal 14. また、ユーザは、例えばクレジットカードの番号等を、アバタCを介してサービス提供者端末14(アバタF)に伝達する。 The user transmits such as credit card numbers, etc., the service provider terminal 14 via the avatar C (the avatar F).
そして、商品の金額に対応する額を引き落とすように依頼する。 Then, ask them to deduct an amount corresponding to the amount of goods. サービス提供者端末14のサービス提供者は、 Service provider of the service provider terminal 14,
そのクレジットカードの番号から、所定の金額を引き落とすための処理を行うとともに、購入の申込を受けた商品の発送の手配を行う。 From the number of its credit card, it carries out the processing for debit a predetermined amount of money, do the dispatch of arrangements of products that received the application of the purchase.

【0084】この仮想現実空間において提供される画像は、基本的に、コンピュータグラフィックスにより生成された精度の高い画像である。 [0084] images provided in this virtual reality space is essentially a high accuracy computer generated graphic images. 従って、これをあらゆる角度から見ることで、殆ど実際の商品を希望する角度から観察した場合と同様の観察を行うことが可能となり、 Therefore, by looking it from all angles, it is possible to perform the same observation and when observed from the desired angle actual products most
より確実に商品を確認することができる。 More surely it is possible to check the goods.

【0085】この仮想現実空間には、このようにして、 [0085] The virtual reality space, in this way,
多数の店や映画館、劇場などが存在する。 A large number of shops and cinemas, and theaters are present. そして、各店において、実際に商品を販売することが可能であるため、立地条件の良い空間(多くのユーザのアバタが入ってくる空間)は、実際に経済的価値が発生する。 Then, in each store, since it is possible to actually sell products, (space coming in the avatar of many users) good space of location conditions, actually economic value is generated. そこで、この仮想現実空間を実際に(現実に)売買したり、 So, (in reality) actually this virtual reality space or real estate,
賃貸することができる。 It is possible to rent. 従って、このシステムは、所謂テレビショッピングなどとは全く異なるものとなる。 Thus, the system becomes completely different from the like so-called television shopping.

【0086】次に、図15乃至図18のフローチャートを参照して、クライアント端末13(サービス提供者端末14)、情報サーバ端末10、マッピングサーバ端末12、または共有サーバ端末11それぞれの動作について詳述する。 Next, with reference to the flowchart of FIGS. 15 to 18, the client terminal 13 (service provider terminal 14), the information server terminal 10, the mapping server terminal 12 or the shared server terminal 11 for each operation, detailing to.

【0087】図15は、クライアント端末13(サービス提供者端末14)の処理例を示している。 [0087] Figure 15 shows a processing example of the client terminal 13 (service provider terminal 14). クライアント端末13では、まず最初に、ステップS1において、 In the client terminal 13, first, at step S1,
仮想現実空間URLの入力があったか否かが、CPU4 Whether or not there is an input of a virtual reality space URL is, CPU4
1によって判定される。 As determined by 1. ステップS1において、仮想現実空間URLの入力がないと判定された場合、ステップS1に戻る。 In step S1, if it is determined that there is no input of the virtual reality space URL, the flow returns to step S1. また、ステップS1において、仮想現実空間URLの入力があったと判定された場合、すなわち、 Also, if in step S1, it is determined that there has been input of a virtual reality space URL, i.e.,
ユーザがキーボート49aを操作することで、所望する仮想現実空間に対応する仮想現実空間URLを入力し、 When the user operates the keyboard 49a, enter the virtual reality space URL corresponding to the desired virtual reality space,
これが、インターフェース48を介して、CPU41によって受信された場合、ステップS2に進み、図2で説明したように、WWWのシステムを構成し、情報サーバ端末を有する所定のホストの情報サーバ端末(ここでは、例えばホストAの情報サーバ端末10)に対して、 This is through the interface 48, when received by the CPU 41, the process proceeds to step S2, as described in FIG. 2, constitutes a WWW system, the information server terminal for a given host with the information server terminal (here for example, the information server terminal 10 of the host a),
通信装置44から、ネットワーク15を介して、仮想現実空間URLが送信され、リンクが確立される。 From the communication device 44 via the network 15, the virtual reality space URL is sent, the link is established.

【0088】さらに、ステップS2では、仮想現実空間URLと対応付けられているアドレス取得URLが、記憶装置50から読み出され、WWWのシステムを構成する、所定のホストのマッピングサーバ端末(ここでは、 [0088] Further, in step S2, the address acquisition URL that is associated with the virtual reality space URL is read from the storage device 50, constitutes a WWW system, the mapping server terminal of a given host (here,
例えばホストCのマッピングサーバ端末12とする)に対して、通信装置44から、ネットワーク15を介して、アドレス取得URLが送信され、リンクが確立される。 For example, for a mapping server terminal 12 of the host C), from the communication device 44 via the network 15, the address acquisition URL is transmitted, the link is established.

【0089】その後、ステップS3に進み、ネットワーク15を介して送られてくる、ステップS2で送信した仮想現実空間URLまたはアドレス取得URLにそれぞれ対応する仮想現実空間のデータ(3次元画像データ) [0089] Then, the process proceeds to step S3, sent via the network 15, the data of the virtual reality space corresponding to each of the virtual reality space URL or address acquisition URL transmitted in step S2 (3-dimensional image data)
または共有サーバ端末12のIPアドレスが、通信装置44によって受信される。 Or IP address of the shared server terminal 12 is received by the communication device 44.

【0090】すなわち、ステップS2では、情報サーバ端末10に、仮想現実空間URLが送信されるが、情報サーバ端末10において、この仮想現実空間URLが受信されると、それに対応する仮想現実空間のデータが、 [0090] That is, in step S2, the information server terminal 10, but the virtual reality space URL is transmitted, the information server terminal 10, this virtual reality space URL is received, the data of the virtual reality space corresponding thereto But,
後述する図16のステップS22において、ネットワーク15を介してクライアント端末13に送信される。 In step S22 of FIG. 16 to be described later, it is transmitted over the network 15 to the client terminal 13. ステップS3では、このようにして情報サーバ端末10から送信されてくる仮想現実空間のデータが受信される。 In step S3, the data of the virtual reality space transmitted from the information server terminal 10 this way is received.
なお、受信された仮想現実空間のデータは、RAM43 The data of the received virtual reality space, RAM 43
に転送されて記憶される(または記憶装置50に記憶され、そこからRAM43に転送される)。 And stored are transferred to (or stored in the storage device 50, is transferred from there to the RAM 43).

【0091】また、ステップS2では、マッピングサーバ端末12に対し、アドレス取得URLが送信されるが、マッピングサーバ端末12において、このアドレス取得URLが受信されると、それに対応する共有サーバ端末のIPアドレスが、後述する図17のステップS3 [0091] In step S2, with respect to the mapping server terminal 12, but the address acquisition URL is transmitted, in the mapping server terminal 12, this address acquisition URL is received, IP address, of the shared server terminal corresponding thereto but the step S3 of FIG. 17 described later
2において、ネットワーク15を介してクライアント端末13に送信される。 In 2, it is transmitted over the network 15 to the client terminal 13. ステップS3では、このようにしてマッピングサーバ端末12から送信されてくる共有サーバ端末12のIPアドレスが受信される。 In step S3, IP address of the shared server terminal 12 transmitted from the mapping server terminal 12 in this manner is received.

【0092】ここで、入力された仮想現実空間URLに対応付けられているアドレス取得URLは、上述したように、その仮想現実空間URLに対応する仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末のIPアドレスに対応するものである。 [0092] Here, the address acquisition URL associated with the virtual reality space URL entered, as described above, the shared managing the update object placed in a virtual reality space corresponding to the virtual reality space URL which corresponds to the IP address of the server terminal. 従って、例えば、入力された仮想現実空間URLが、東京の仮想現実空間に対応するものであり、ホストBが有する共有サーバ端末11が、東京の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理するものであった場合、ステップS3 Thus, for example, those virtual reality space URL entered is, which corresponds to the virtual reality space in Tokyo, the shared server terminal 11 included in the host B, for managing the update object placed in a virtual reality space in Tokyo If it was, step S3
では、共有サーバ端末11のIPアドレスが受信されることになる。 In, so that the IP address of the shared server terminal 11 is received. よって、ユーザは、どの共有サーバ端末が、どの地域の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理するものか知らなくても、自身が提供を受けようとする地域の仮想現実空間を管理する共有サーバ端末の場所(IPアドレス)を、自動的に取得することができる。 Thus, the user, which shared server terminal is, even if you do not know or not to manage the update objects that are placed in the virtual reality space of any region, to manage the virtual reality space of the area that is going to receive its own offer share the location of the server terminal (IP address), can be automatically obtained.

【0093】なお、ステップS2およびS3において、 [0093] Note that, in step S2 and S3,
仮想現実空間URLおよびアドレス取得URLを送信し、仮想現実空間のデータおよびIPアドレスを受信する処理は、実際には、例えば、仮想現実空間URLを送信し、それに対応する仮想現実空間のデータを受信した後、アドレス取得URLを送信し、それに対応するIP Sends a virtual reality space URL and address acquisition URL, the processing of receiving data and the IP address of the virtual reality space is actually, for example, receives the data of the virtual reality space to send a virtual reality space URL, the corresponding IP, which was, sends the address acquisition URL, the corresponding
アドレスを受信することで行われる。 It is performed by receiving the address.

【0094】ステップS3で、仮想現実空間のデータおよび共有サーバ端末のIPアドレスが受信されると、ステップS4に進み、ステップS3で受信したIPアドレス(共有サーバ端末のIPアドレス)に対応する共有サーバ端末(ここでは、例えば共有サーバ端末11)に対し、ネットワーク15を介して、接続要求が、通信装置44によって送信され、これによりクライアント端末1 [0094] In step S3, the shared server the data and the IP address of the shared server terminal of the virtual reality space is received, the process proceeds to step S4, corresponding to the received IP address (IP address of the shared server terminal) in step S3 terminal (here, for example, the shared server terminal 11) to, via the network 15, the connection request is transmitted by the communication device 44, thereby the client terminal 1
3と共有サーバ端末11との間で通信リンクが確立される。 3 a communication link with the shared server terminal 11 is established. さらに、ステップS4では、通信リンクの確立後、 Further, in step S4, after the establishment of the communications link,
共有サーバ端末11に対し、記憶装置50に記憶されている、自己を表すアバタ(更新オブジェクト)が、通信装置44によって送信される。 Share to the server terminal 11, the storage device 50 are stored, an avatar representing the self (update object) is transmitted by the communication device 44.

【0095】ここで、共有サーバ端末11は、ユーザのアバタを受信すると、そのアバタを、同一の仮想現実空間(ここでは、上述したように、東京の仮想現実空間とする)に存在する他のユーザのクライアント端末に送信するようになされている。 [0095] Here, the shared server terminal 11 receives the avatar of the user, the avatar (here, as described above, and Tokyo virtual reality space) the same virtual reality space to other existing It is adapted to transmit to the user of the client terminal. そして、他のクライアント端末においては、送信されてきたアバタが、仮想現実空間に配置され、これにより、複数のユーザの間で、同一の仮想現実空間を共有することができる。 Then, in the other client terminals, the avatar that has been transmitted, are placed in the virtual reality space, thereby, among the plurality of users can share the same virtual reality space.

【0096】なお、ユーザのアバタは、クライアント端末13から共有サーバ端末11に提供するのではなく、 [0096] Incidentally, avatar of the user, rather than providing the client terminal 13 to the shared server terminal 11,
共有サーバ端末11に、アクセスのあったユーザに対し、所定のアバタを割り当てさせるようにすることも可能である。 The shared server terminal 11, the user who made the access, it is also possible to to assign a predetermined avatar. また、クライアント端末13においては、それを利用するユーザ自身のアバタを、前述の図36および図37に示したように、仮想現実空間に配置して表示するようにすることが可能であるが、現実の世界では、 In the client terminal 13, the avatar of a user himself to use it, as shown in FIGS. 36 and 37 described above, it is possible to be displayed by arranging the virtual reality space, in the real world,
ユーザは、自身を見ることはできないので、仮想現実空間を、現実の世界に近いものとする観点からは、ユーザのアバタは、そのユーザが利用するクライアント端末には表示させないようにする方が好ましい。 The user, so can not be seen itself, the virtual reality space, from the point of view of those close to the reality of the world, the avatar of the user, it is preferable to so as not to appear in the client terminal that the user uses .

【0097】ステップS4の処理後、ステップS5に進み、RAM43から、所定の視点と位置から仮想現実空間を見た場合に見ることのできる仮想現実空間のデータが、CPU41によって読み出され、表示装置45に供給される。 [0097] After step S4, the process proceeds to step S5, the RAM 43, the data of the virtual reality space that can be seen when viewed virtual reality space from a predetermined view point and the position is read out by CPU 41, a display device It is supplied to the 45. これにより、表示装置45には、所定の仮想現実空間が表示される。 Thus, the display device 45, a predetermined virtual reality space is displayed.

【0098】そして、ステップS6において、共有サーバ端末11から、他のユーザのアバタの更新情報が送信されてきたか否かが、通信装置44によって判定される。 [0098] Then, in step S6, from the shared server terminal 11, whether the update information of the avatar of another user has been transmitted is determined by the communication device 44.

【0099】ここで、ユーザは、上述したように、自己のアバタの位置あるいは視点を、視点入力装置49cまたは移動入力装置49dを操作することで更新することができるようになされており、これにより、アバタの位置あるいは視点の更新が指令されると、CPU41では、インタフェース48を介して、この指令が受信される。 [0099] Here, the user, as described above, the position or viewpoint of its avatar, have been made so that it can be updated by operating the viewpoint input device 49c or the movement input device 49d, thereby , the position or viewpoint of updating the avatar is instructed, the CPU 41, via the interface 48, the command is received. そして、CPU41は、その指令に対応して、更新されたアバタの位置または視点にそれぞれ対応する位置データまたは視点データを、更新情報として共有サーバ端末11に出力する処理を実行する。 Then, CPU 41, in response to the command, the position data or viewpoint data corresponding to the position or view of the updated avatar, executes a process of outputting the shared server terminal 11 as update information. すなわち、CPU In other words, CPU
41は、通信装置44を制御し、更新情報を共有サーバ端末11に送信させる。 41 controls the communication unit 44 to transmit the update information to the shared server terminal 11.

【0100】共有サーバ端末11は、クライアント端末から更新情報を受信すると、後述する図18のステップS44において、その更新情報を、他のクライアント端末に出力するようになされている。 [0100] shared server terminal 11 receives the update information from the client terminal, in step S44 of FIG. 18 to be described later, the update information, and to output the other client terminals. なお、共有サーバ端末11は、上述したように、アクセス要求のあったクライアント端末から、アバタを受信すると、そのアバタを、他のユーザのクライアント端末に送信するようになされているが、このアバタも、更新情報として送信されるようになされている。 Incidentally, the shared server terminal 11, as described above, from the client terminal for which the access request, upon receiving the avatar, the avatar, have been made to transmit to the client terminal of another user, also this avatar It is adapted to be sent as the update information.

【0101】以上のようにして更新情報が送信されてきた場合、ステップS6においては、共有サーバ端末11 [0102] The above manner if the update information is transmitted, at step S6, the shared server terminal 11
から、他のユーザのアバタの更新情報が送信されてきたと判定される。 From the update information of the avatar of another user it is determined to have been transmitted. この場合、その更新情報は、通信装置4 In this case, the update information, the communication device 4
4によって受信され、CPU41に出力される。 Received by 4, it is output to the CPU 41. CPU CPU
41は、ステップS7において、表示装置45の表示を、更新情報を反映した表示に更新させる。 41, in step S7, the display of the display device 45, and updates the display to reflect the update information. すなわち、 That is,
更新情報として、他のクライアント端末からの位置データあるいは視点データを受信した場合、そのユーザのアバタを、受信した位置データ、視点データにしたがって、移動させ、または変化させる(例えば、アバタの向きを変更させる)。 Change as update information, when receiving the position data or viewpoint data from another client terminal, the avatar of the user, received position data, in accordance with viewpoint data, which is moved or varied (e.g., the orientation of the avatar make). また、更新情報として、他のクライアント端末からのアバタを受信した場合、そのアバタを、表示装置45に、いま表示されている仮想現実空間の所定の位置に配置する。 Further, as the update information, when receiving the avatar from another client terminal, the avatar, the display device 45, arranged at a predetermined position in the virtual reality space displayed now. なお、共有サーバ端末11 In addition, the shared server terminal 11
は、更新情報として、アバタを送信する場合、そのアバタについての位置データおよび視点データも、更新情報に含めて送信するようになされており、表示装置45では、その位置データおよび視点データに対応して、アバタが表示されるようになされている。 As update information, when transmitting an avatar, the position data and viewpoint data for the avatar, and adapted to transmit included in the update information, the display device 45, corresponding to the position data and viewpoint data Te are adapted to the avatar are displayed.

【0102】以上の処理が終了すると、ステップS8に進む。 [0102] When the above process is completed, the process proceeds to step S8.

【0103】一方、ステップS6において、共有サーバ端末11から、他のユーザのアバタの更新情報が送信されてきていないと判定された場合、ステップS7をスキップして、ステップS8に進む。 [0103] On the other hand, in step S6, from the shared server terminal 11, if the update information of the avatar of the other user is determined not to have been transmitted, by skipping step S7, the process proceeds to step S8. ステップS8では、上述したように、視点入力装置49cまたは移動入力装置49dを操作することで、クライアント端末13を利用するユーザのアバタの位置あるいは視点が更新されたか否かが、CPU41によって判定される。 In step S8, as described above, by operating the viewpoint input device 49c or the movement input device 49d, whether or not the position or viewpoint of the user of the avatar using the client terminal 13 has been updated is determined by the CPU41 .

【0104】ステップS8において、アバタの位置あるいは視点が更新されたと判定された場合、すなわち、視点入力装置49cまたは移動入力装置49dが、ユーザによって操作された場合、ステップS9に進み、CPU [0104] In step S8, if the position or viewpoint of the avatar is determined to have been updated, i.e., when the viewpoint input device 49c or the movement input device 49d has been operated by the user, the process proceeds to step S9, CPU
41では、その操作に対応する位置データ、視点データに基づいて、ユーザのアバタの位置と視点に対応する仮想現実空間のデータをRAM43から読み出し、必要に応じて補正のための演算を行い、その位置と視点に対応する画像データを生成する。 In 41, the position data corresponding to the operation, based on the viewpoint data, reads the data of the virtual reality space corresponding to the position and the viewpoint of the user of the avatar from the RAM 43, performs a calculation for correction if necessary, its generating image data corresponding to the position and viewpoint. そして、CPU41は、表示装置45に、その画像データを出力し、表示させる。 Then, CPU 41 causes the display device 45, and outputs the image data to be displayed.
これにより、表示装置45には、視点入力装置49cと移動入力装置49dを操作することで入力した視点と位置に対応する画像(仮想現実空間)が表示される。 Thus, the display device 45, an image (virtual reality space) is displayed corresponding to the viewpoint and position entered by operating the movement input device 49d and view input device 49c.

【0105】さらに、CPU41は、ステップS10において、通信装置44を制御し、これにより、視点入力装置49cまたは移動入力装置49dそれぞれの操作に対応する視点データまたは位置データを、共有サーバ端末11に送信させ、ステップS11に進む。 [0105] In addition, CPU 41 is transmitted in step S10, controls the communication device 44, by which, the viewpoint data or position data corresponding to the viewpoint input device 49c or the movement input device 49d each operation, the shared server terminal 11 then, the process proceeds to step S11.

【0106】ここで、上述したように、クライアント端末13からの更新情報は、共有サーバ端末11により受信され、さらに、他のクライアント端末に出力される。 [0106] Here, as described above, the update information from the client terminal 13 is received by the shared server terminal 11, furthermore, is output to the other client terminals.
これにより、他のクライアント端末においては、クライアント端末13を利用するユーザのアバタが、更新情報を反映した形で表示される。 Thus, in another client terminal, the user of the avatar using the client terminal 13 is displayed in a form that reflects the updated information.

【0107】一方、ステップS8において、アバタの位置あるいは視点が更新されていないと判定された場合、 [0107] On the other hand, in step S8, if the position or viewpoint of the avatar is determined not to be updated,
ステップS9およびS10をスキップして、ステップS Step S9 and S10 are skipped and step S
11に進む。 Proceed to 11. ステップS11では、キーボード49aの所定のキーを操作するなどして終了が指令されたか否かが判定され、終了が指令されない限り、ステップS6に戻り、それ以降の処理が繰り返し実行される。 In step S11, whether the end, such as by operating a predetermined key on the keyboard 49a is commanded is determined, as long as the termination is not commanded, the flow returns to step S6, and the subsequent process is executed repeatedly.

【0108】次に、図16のフローチャートは、情報サーバ端末10の処理例を示している。 [0108] Next, the flowchart of FIG. 16 shows a processing example of the information server terminal 10. 情報サーバ端末1 Information server terminal 1
0では、まず最初に、ステップS21において、クライアント端末13から、ネットワーク15を介して、仮想現実空間URLが送信されてきたかどうかが、通信装置84によって判定される。 In 0, first, in step S21, the client terminal 13 via the network 15, whether a virtual reality space URL has been transmitted is determined by the communication device 84. ステップS21において、仮想現実空間URLが送信されてきていないと判定された場合、ステップS21に戻る。 In step S21, if the virtual reality space URL is determined not to have been sent, the flow returns to step S21. また、ステップS21において、仮想現実空間URLが送信されてきたと判定された場合、その仮想現実空間URLが、通信装置84によって受信され、ステップS22に進む。 Further, in step S21, if the virtual reality space URL is determined to have been transmitted, the virtual reality space URL is received by the communication device 84, the process proceeds to step S22. ステップS2 Step S2
2では、記憶装置85から、通信装置84で受信された仮想現実空間URLと対応付けられている仮想現実空間のデータが、CPU81によって読み出され、それが、 In 2, the storage device 85, data of the virtual reality space is associated with a virtual reality space URL received by the communication device 84 is read by the CPU 81, it,
通信装置84により、ネットワーク15を介して、仮想現実空間URLを送信してきたクライアント端末13に送られる。 A communication device 84, via the network 15, is sent to the client terminal 13 that has transmitted the virtual reality space URL. そして、その後は、ステップS21に戻り、 And, then, it returns to the step S21,
上述の処理が繰り返される。 And the above-described processing is repeated.

【0109】図17は、マッピングサーバ端末12の処理例を示している。 [0109] Figure 17 shows a processing example of the mapping server terminal 12. マッピングサーバ端末12では、ステップS31において、クライアント端末13から、ネットワーク15を介して、アドレス取得URLが送信されてきたかどうかが、通信装置94によって判定される。 The mapping server terminal 12, in step S31, the client terminal 13 via the network 15, whether the address acquisition URL has been transmitted is determined by the communication device 94. ステップS31において、アドレス取得URLが送信されてきていないと判定された場合、ステップS31 In step S31, if the address acquisition URL is determined not to have been transmitted, step S31
に戻る。 Back to. また、ステップS31において、アドレス取得URLが送信されてきたと判定された場合、そのアドレス取得URLが、通信装置94によって受信され、ステップS32に進む。 Further, in step S31, if the address acquisition URL is determined to have been transmitted, the address acquisition URL is received by the communication device 94, the process proceeds to step S32. ステップS32では、記憶装置95 In step S32, the storage device 95
から、通信装置94で受信されたアドレス取得URLと対応付けられているIPアドレス(共有サーバ端末のI From the IP address (shared server terminal that is associated with the address acquisition URL that is received by the communication device 94 I
Pアドレス)が、CPU91によって読み出され、それが、通信装置94により、ネットワーク15を介して、 P address) is read out by the CPU 91, it, the communication device 94 via the network 15,
アドレス取得URLを送信してきたクライアント端末1 The client terminal has transmitted the address acquisition URL 1
3に送られる。 3 is sent to. そして、その後は、ステップS31に戻り、上述の処理が繰り返される。 Thereafter, the flow returns to step S31, and the above-described processing is repeated.

【0110】図18は、共有サーバ端末11の処理例を示している。 [0110] FIG. 18 shows a processing example of a shared server terminal 11. 共有サーバ端末11では、まず最初に、ステップS41において、クライアント端末13から、ネットワーク15を介して、接続要求が送信されてきたかどうかが、通信装置24によって判定される。 The shared server terminal 11, first, in step S41, the client terminal 13 via the network 15, the connection request whether sent is determined by the communication device 24. ステップS41において、接続要求が送信されてきていないと判定された場合、ステップS42をスキップして、ステップS43に進む。 In step S41, if the connection request is determined not to have been transmitted, by skipping step S42, the process proceeds to step S43. また、ステップS41において、接続要求が送信されてきたと判定された場合、すなわち、クライアント端末13が、図15のステップS4において接続要求を、共有サーバ端末11に送信した場合、そのクライアント端末13との通信リンクが、通信装置24 Further, in step S41, if the connection request is determined to have been transmitted, i.e., the client terminal 13, the connection request at step S4 of FIG. 15, when transmitted to the shared server terminal 11, and the client terminal 13 communication links, communication device 24
によって確立され、ステップS42に進む。 Established by, the process proceeds to step S42.

【0111】ステップS42では、RAM23に記憶された接続管理表が、CPU21によって更新される。 [0111] At step S42, the connection management table stored in the RAM 23, is updated by the CPU 21. すなわち、共有サーバ端末11は、クライアント端末13 That is, the shared server terminal 11, the client terminal 13
から送信されてくる更新情報を、他のクライアント端末に送信するために、自身との通信リンクを確立しているクライアント端末13を認識している必要がある。 Update information transmitted from, for transmission to other client terminals, it is necessary to know the client terminal 13 has established a communication link with itself. そこで、共有サーバ端末11では、クライアント端末との通信リンクを確立すると、そのクライアント端末を識別するための情報を、接続管理表に登録するようになされている。 Therefore, the shared server terminal 11, when establishing a communication link with the client terminal, the information for identifying the client terminal is adapted to register the connection management table. すなわち、この接続管理表は、共有サーバ端末1 That is, the connection management table, the shared server terminal 1
1と、いまリンクが確立しているクライアント端末の、 1, the client terminals that link now has been established,
いわば一覧表である。 So to speak, is a list. ここで、クライアント端末を識別するための情報としては、TCP/IPパケットのヘッダとして各クライアント端末から送られてくる送信元のIPアドレスと、各クライアント端末のユーザが設定したアバタのニックネームを登録する。 Here, as the information for identifying the client terminal, and registers the IP address of the source transmitted from the client terminal as the header of the TCP / IP packet, the nickname of the avatar set by the user of each client terminal .

【0112】その後、ステップS43に進み、クライアント端末13から更新情報が送信されてきたか否かが、 [0112] After that, the process proceeds to a step S43, whether or not the update information from the client terminal 13 has been transmitted,
通信装置24によって判定される。 It is determined by the communication device 24. ステップS43において、更新情報が送信されてきていないと判定された場合、ステップS44をスキップして、ステップS45に進む。 In step S43, if the update information is determined not to have been transmitted, by skipping step S44, the process proceeds to step S45. また、ステップS43において、更新情報が送信されてきたと判定された場合、すなわち、クライアント端末13が、図15のステップS10において、更新情報としての位置データ、視点データを、共有サーバ端末11に送信した場合(あるいは、図15のステップS4 Further, in step S43, if the update information is determined to have been transmitted, i.e., the client terminal 13, in step S10 of FIG. 15, the position data as update information, the viewpoint data, transmitted to the shared server terminal 11 If (alternatively, step S4 of FIG. 15
において、接続要求の送信後、更新情報としてのアバタを、共有サーバ端末11に送信した場合)、その更新情報が、通信装置24によって受信され、ステップS44 In, after transmission of the connection request, if the avatar as update information, transmitted to the shared server terminal 11), its update information is received by the communication device 24, step S44
に進む。 Proceed to. ステップS44では、CPU21によって、R At step S44, the CPU 21, R
AM23に記憶された接続管理表が参照され、通信装置24で受信された更新情報が、その更新情報を送信してきたクライアント端末以外のクライアント端末に送信される。 AM23 stored connection management table is referred to, update information received by the communication apparatus 24 is transmitted to the client terminal other than the client terminal that transmitted the update information. この際に、接続管理表で管理されている各クライアント端末の送信元のIPアドレスが使用される。 At this time, the source IP address of each client terminal that is managed by the connection management table is used.

【0113】なお、この更新情報は、上述したように、 [0113] In addition, this update information, as described above,
図15のステップS6において、クライアント端末13 In step S6 in FIG. 15, the client terminal 13
により受信される。 It is received by the.

【0114】その後、ステップS45に進み、クライアント端末13より終了の指令が入力されたか否かが、C [0114] Then, the process proceeds to step S45, whether or not a command completion from the client terminal 13 is inputted, C
PU21によって判定され、終了が指令されていない場合においては、ステップS46をスキップして、ステップS41に戻る。 It is determined by the PU21, when the termination is not instructed skips step S46, the process returns to the step S41. また、終了が指令された場合は、ステップS46に進み、その指令を送信してきたクライアント端末13との回線が、通信装置24によって切断され、さらに、接続管理表から、そのクライアント端末1 Also, if the termination has been instructed, the process proceeds to step S46, the line between the client terminal 13 which has transmitted the command, is cleaved by the communication apparatus 24, further, the connection management table, the client terminal 1
3に関する情報が、CPU21によって削除されて、ステップS41に戻る。 Information about 3, is deleted by CPU 21, the process returns to the step S41.

【0115】以上のように、更新オブジェクトの管理は、共有サーバ端末11で行うようにするとともに、基本オブジェクトの管理(提供)は、既に世界的規模で普及しているインターネットのWWWを構成する情報サーバ端末10で行うようにしたので、世界的規模で、不特定多数のユーザに、共有可能な仮想現実空間を、容易に提供することが可能となる。 [0115] As described above, the information management of the update object, as well as to perform on a shared server terminal 11, management of basic objects (offer) is, that make up the already of the Internet, which is popular on a global scale WWW since to carry out by the server terminal 10, on a global scale, the unspecified number of users, it is possible to shareable virtual reality space, easily provided. さらに、この際、既に構築されているWWWのシステムの仕様は変更する必要がない。 Further, at this time, the specifications of the WWW system has already been constructed there is no need to change.

【0116】また、仮想現実空間のデータを提供するのに、WWWを利用する場合には、データの授受を行うのに、既存のウェブブラウザ(例えば、ネットスケープ社のネットスケープナビゲータ(Netscape Navigator) [0116] In addition, in order to provide the data of the virtual reality space, in the case of using the WWW, to carry out the exchange of data, the existing web browser (for example, Netscape's Netscape Navigator (Netscape Navigator)
(商標)など)を使用することができるので、新規にウェブブラウザを作成する必要もない。 It is possible to use the (TM), etc.), there is no need to create a new web browser.

【0117】さらに、マッピングサーバ端末12によって、共有サーバ端末11のIPアドレスを提供するようにしたので、ユーザは、共有サーバ端末11のアドレスを知らなくても、仮想現実空間を、他のユーザと共有することができる。 [0117] Further, by the mapping server terminal 12, since the provide the IP address of the shared server terminal 11, the user, without knowing the address of the shared server terminal 11, the virtual reality space, and other users it can be shared.

【0118】次に、図19を参照して、クライアント端末13と、情報サーバ端末10、共有サーバ端末11、 [0118] Next, with reference to FIG. 19, the client terminal 13, the information server terminal 10, the shared server terminal 11,
マッピングサーバ端末12それぞれとの通信手順について説明する。 Mapping server terminal 12 for instructions and communication respectively described. ユーザは、仮想現実空間の提供を希望するとき、その希望する地域の仮想現実空間に対応付けられたURL(仮想現実空間URL)を入力する。 User, virtual when you want to provide a real space, to enter its associated with the virtual reality space of hope for the region URL (virtual reality space URL). すると、 Then,
そのURLが、クライアント端末13から情報サーバ端末10(httpd)に対して送信される。 The URL is transmitted from the client terminal 13 to the information server terminal 10 (httpd). 情報サーバ端末10は、クライアント端末13からURLを受信すると、そのURLに対応付けられた仮想現実空間のデータ(3次元シーンデータ)(基本オブジェクトのみのデータ)を、クライアント端末13に送信する。 Information server terminal 10 receives the URL from the client terminal 13, the data of the virtual reality space associated with that URL (3-dimensional scene data) (data of only the basic object), to the client terminal 13. クライアント端末13は、これを受信して表示させる。 The client terminal 13 displays receives this.

【0119】なお、この段階では、クライアント端末1 [0119] It should be noted that, at this stage, the client terminal 1
3と共有サーバ端末11との間は接続されていない(リンクが確立していない)ため、クライアント端末13が更新情報を受信することはなく、従って、基本オブジェクトだけの仮想現実空間、すなわち、例えばビルディングなどの、いわば町並みだけの仮想現実空間が表示される(他のユーザのアバタなどの更新オブジェクトは表示されない)。 3 and between the shared server terminal 11 is not connected (link is not established) for not the client terminal 13 receives the update information, therefore, the virtual reality space only basic objects, i.e., for example, such as building, as it were a virtual reality space only streets is displayed (updated objects such as avatars of other users is not displayed).

【0120】さらに、クライアント端末13では、仮想現実空間URLと対応付けられているアドレス取得UR [0120] Further, the client terminal 13, the address acquisition UR that is associated with the virtual reality space URL
Lが、マッピングサーバ端末12に送信される。 L is sent to the mapping server terminal 12. マッピングサーバ端末12では、アドレス取得URLが受信され、そのアドレス取得URLと対応付けられているIP The mapping server terminal 12, the address acquisition URL is received, IP, which is associated with the address acquisition URL
アドレス(仮想現実空間URLと対応付けられている地域の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末である、例えば、共有サーバ端末1 Address (which is a shared server terminal for managing the virtual reality space URL and associated update object arranged in the virtual reality space area, for example, the shared server terminal 1
1のIPアドレス)が、クライアント端末13に送信される。 1 of IP address) is transmitted to the client terminal 13.

【0121】ここで、マッピングサーバ端末12に、クライアント端末13が送信したアドレス取得URLと対応付けられているIPアドレスが登録されていないことが考えられる。 [0121] Here, the mapping server terminal 12, IP address that the client terminal 13 is associated with the address acquisition URL that sent it is conceivable that not registered. すなわち、例えば、仮想現実空間URL That is, for example, a virtual reality space URL
と対応付けられている地域の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末が、未設置(未稼動)である場合などがある。 Shared server terminal that manages the update object placed in a virtual reality space regions which are associated with the, there is a case not yet installed (not running). このような場合は、 In such a case,
共有サーバ端末のIPアドレスが得られないため、基本オブジェクトだけの仮想現実空間、すなわち、例えば、 Since the IP address of the shared server terminal is not obtained, the virtual reality space only basic objects, i.e., for example,
上述したような町並みだけの仮想現実空間が表示される。 Virtual reality space only streets as described above is displayed. 従って、この場合、仮想現実空間の、他のユーザとの共有は成立しない。 Therefore, in this case, the virtual reality space, sharing with other users not satisfied. このような仮想現実空間は、既存のWWWにより、情報サーバ端末(WWWサーバ端末) Such virtual reality space by an existing WWW, the information server terminal (WWW server terminal)
に、仮想現実空間のデータ(基本オブジェクト)を記憶させておくだけで提供することができるものであり、このことから、本発明のサイバースペースシステムは、既存のWWWと上位互換になっているということができる。 In, which can be provided only allowed to store data in the virtual reality space (basic objects), this fact, that cyberspace system of the present invention is adapted to an existing WWW upward compatible be able to.

【0122】マッピングサーバ端末12からIPアドレス(共有サーバ端末11のIPアドレス)が送信されてくると、クライアント端末13では、そのIPアドレスが受信され、それに対応する共有サーバ端末、すなわち、ここでは、共有サーバ端末11に、接続要求が送信される。 [0122] When the IP address from the mapping server terminal 12 (IP address of the shared server terminal 11) is transmitted, the client terminal 13, the IP address is received, the shared server terminal corresponding thereto, i.e., here, the shared server terminal 11, the connection request is transmitted. そして、クライアント端末13と共有サーバ端末11との間の通信リンクが確立すると、クライアント端末13は、自己を表すアバタ(ユーザの3次元形状) When the communication link between the client terminal 13 and the shared server terminal 11 is established, the client terminal 13, the avatar representing the self (three-dimensional shape of the user)
を、共有サーバ端末11に送信する。 And transmits to the shared server terminal 11. 共有サーバ端末1 The shared server terminal 1
1は、クライアント端末13から、そのユーザのアバタを受信すると、そのアバタを、いま、共有サーバ端末1 1, from the client terminal 13 receives the avatar of the user, the avatar, now shared server terminal 1
1とリンクの確立している、その他のクライアント端末に送信するとともに、共有サーバ端末11が管理する地域の仮想現実空間に配置されている、他のユーザのアバタである更新オブジェクト(共有3次元オブジェクトの形状)を、クライアント端末13に送信する。 Has established one link, and transmits to the other client terminal, the shared server terminal 11 is disposed in the virtual reality space area for managing a avatar of another user update objects (shared three-dimensional object the shape), and transmits to the client terminal 13.

【0123】これにより、他のクライアント端末では、 [0123] As a result, in the other client terminal,
クライアント端末13のユーザのアバタが仮想現実空間に配置され、そのアバタが画面上に登場する。 User avatar of the client terminal 13 is placed in the virtual reality space, the avatar will appear on the screen. また、クライアント端末13では、他のクライアント端末のユーザのアバタが仮想現実空間に配置され、やはり、そのアバタが画面上に登場する。 Further, the client terminal 13, the avatar of another client terminal of the user is placed in the virtual reality space, again, the avatar will appear on the screen. その結果、共有サーバ端末1 As a result, the shared server terminal 1
1とのリンクが確立しているクライアント端末のすべてのユーザは、同一の仮想現実空間を共有することとなる。 All users of the client terminals which link with 1 has been established, and thus share the same virtual reality space.

【0124】その後、共有サーバ端末11は、他のクライアント端末からの更新情報を受信すると、その更新情報を、クライアント端末13に送信する。 [0124] After that, the shared server terminal 11 receives the update information from another client terminal, the update information to the client terminal 13. クライアント端末13では、この更新情報が受信され、それに対応して表示が変更される(例えば、他のユーザのアバタの位置が変更される)。 In the client terminal 13, the update information is received, displayed corresponding is changed to it (e.g., the position of the avatar of another user is changed). また、クライアント端末13のユーザによって、そのユーザのアバタの状態が変更されると、その変更に対応した更新情報が、クライアント端末13から共有サーバ端末11に送信される。 Further, the user of the client terminal 13, the state of the avatar of the user is changed, the update information corresponding to the change is sent from the client terminal 13 to the shared server terminal 11. 共有サーバ端末11は、クライアント端末13からの更新情報を受信すると、他のクライアント端末からの更新情報を受信した場合と同様に、その更新情報を、クライアント端末13以外のクライアント端末に送信する。 Shared server terminal 11 receives the update information from the client terminal 13, similarly to the case of receiving the update information from another client terminal, and transmits the update information to the client terminal other than the client terminal 13. これにより、 As a result,
クライアント端末13以外のクライアント端末では、その更新情報に対応して、クライアント端末13のユーザのアバタの状態が変更される(クライアント端末13のユーザによって、そのユーザのアバタの状態が変更されたように変更される)。 The client terminal other than the client terminal 13, in response to the update information, by a user of the user's state is changed avatar (client terminal 13 of the client terminal 13, as the state of the avatar of the user has changed Be changed).

【0125】その後、クライアント端末13では、共有サーバ端末11との接続が切断されるまで、自己のアバタについての更新情報を送信するとともに、共有サーバ端末11からの更新情報を受信し、その更新情報に基づいて、表示を変更する処理が繰り返される。 [0125] Then, the client terminal 13, until the connection with the shared server terminal 11 is disconnected, transmits the updated information about its own avatar, and receives the update information from the shared server terminal 11, the update information based on the process is repeated to change the display.

【0126】以上のように、同一の仮想現実空間の共有は、ユーザ(クライアント端末13)同志の間で、共有サーバ端末11を経由した更新情報のやりとりを行うことによって成立する。 [0126] As described above, the sharing of the same virtual reality space, between the user (client terminal 13) each other, is established by exchanging update information via the shared server terminal 11. 従って、共有サーバ端末11とクライアント端末13とが離れた位置に存在する場合、共有サーバ端末11とクライアント端末13との間の通信に、大きな遅延が生じ、レスポンスが悪化することとなる。 Thus, when present in a position away and the shared server terminal 11 and the client terminal 13, the communication between the shared server terminal 11 and the client terminal 13, a large delay occurs, so that the response is deteriorated. すなわち、例えば、共有サーバ端末11が米国(アメリカ合衆国)に設置されている場合において、日本のユーザが、共有サーバ端末11にアクセスしているときには、日本のあるユーザAの更新情報は、日本→アメリカ→日本という経路で、日本の他のユーザBに送信されることとなり、ユーザAによる変更が、ユーザBにおいて反映されるまでに、時間を要することとなる。 That is, for example, when the shared server terminal 11 is installed in the United States (USA), when the Japanese users, accessing the shared server terminal 11, the update information of the user A with Japan, Japan → USA → a path of Japan, Japan will be sent to other users B, modified by user a, to be reflected in the user B, and thus takes time.

【0127】そこで、同一の地域の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末は、 [0127] Therefore, the shared server terminal to manage the update objects that are placed in the virtual reality space of the same area,
1つだけでなく、例えば世界各国などに複数設置し、さらに、マッピングサーバ端末12には、そのような複数の共有サーバ端末のIPアドレスを登録しておき、そのうちの、クライアント端末13が設置された地域に地理的に近い位置に設置されている共有サーバ端末のIPアドレスを提供させるようにすることが可能である。 Not only one, for example a plurality installed in the world, further, the mapping server terminal 12, may be registered the IP address of such multiple shared server terminals, of which, the client terminal 13 is installed and it is possible to so as to provide the IP address of the shared server terminal installed in a position geographically near the region.

【0128】すなわち、例えば、図20に示すように、 [0128] That is, for example, as shown in FIG. 20,
遊園地などの仮想現実空間(3次元空間)に配置された更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末W1またはW2を、それぞれ日本または米国に設置しておくようにする。 The shared server terminal W1 or W2 to manage virtual reality space update object placed in (three-dimensional space), such as an amusement park, so that each previously installed in Japan or the United States. そして、情報サーバ端末10から、その遊園地の仮想現実空間のデータの提供を、日本および米国のユーザが受けた場合には、各ユーザからは、マッピングサーバ端末12に対し、遊園地の仮想現実空間に対応する仮想現実空間URLに対応付けられたアドレス取得URL Then, from the information server terminal 10, the provision of data in the virtual reality space of the amusement park, when Japanese and US users received is from the user, to the mapping server terminal 12, the amusement virtual reality address acquisition URL that is associated with the virtual reality space URL corresponding to the space
が送信されてくるが(すべてのユーザから同一のアドレス取得URLが送信されてくるが)、このとき、マッピングサーバ端末12には、日本のユーザに対しては日本に設置されている共有サーバ端末W1のIPアドレスを、米国のユーザに対しては米国に設置されている共有サーバ端末W2のIPアドレスを、それぞれ提供させるようにする。 Although but transmitted (but all the same address acquisition URL from the user transmitted), this time, the mapping server terminal 12, the shared server terminal for the Japanese user installed in Japan the IP address of W1, for the United States user IP address of the shared server terminal W2 installed in the United States, so as to provide respectively.

【0129】ここで、マッピングサーバ端末12は、以下の手順でアドレス取得URLを送信してきたクライアント端末の設置場所を特定する。 [0129] In this case, the mapping server terminal 12, to identify the location of the client terminal that has transmitted the address acquisition URL in the following procedure.

【0130】すなわち、TCP/IPプロトコルで通信を行う場合、そのTCP/IPパケットのヘッダには、 [0130] That is, when communicating in the TCP / IP protocol, the header of the TCP / IP packet,
送信元のIPアドレス(Source IP Address)と発信先のIPアドレス(Destination IP Address)が記述されている。 Source IP address (Source IP Address) and destination of the IP address (Destination IP Address) is described.

【0131】一方、IPアドレスは、32ビットで構成され、通常、8ビット単位でドットで区切られた10進数で表現される。 [0131] On the other hand, IP address, is composed of 32 bits, usually expressed in decimal numbers separated by dots in units of 8 bits. 例えば、IP=43.0.35.11 For example, IP = 43.0.35.11
7と表現される。 7 and is expressed. このIPアドレスが、インターネットに接続された送信元や発信先の端末を一意に定める住所の役割を担っている。 This IP address is, plays the role of address uniquely determined the terminal of the source and destination, which is connected to the Internet. 4オクテット(32ビット)で表現されるIPアドレスは人間にとって覚えにくいため、人間にとって理解しやすい識別名称として表現したのが、 Since it is difficult to remember for IP address humans represented by 4 octets (32 bits), that was expressed as understandable identification names for humans,
ドメインネームである。 Is a domain name. そして、世界中の端末に付与されたドメインネームとIPアドレスの対応を管理し、端末からのドメインネームによる問い合わせに対してIP Then, manages the correspondence of the assigned domain name and IP address to the terminal around the world, IP to the inquiry by the domain name from the terminal
アドレスを答える、もしくはIPアドレスによる問い合わせに対してドメインネームを答えるシステムがドメインネームシステム(DNS:Domain Name System)である。 It is: (Domain Name System DNS) answer the address, or the system is the Domain Name System to answer the domain name to the inquiry by IP address. DNSは、世界中のインターネット上に散在するドメインネームサーバの連携動作によって、機能する。 DNS is, by the cooperative operation of the domain name servers that are scattered on the Internet around the world, to function. ドメインネームは、例えば、hanaya@ipd.sony.co.jpのように、ユーザ名@ホスト名称. Domain name, for example, as hanaya @ ipd.sony.co.jp, user name @ host name. 組織名称. Organization name. 組織属性. Organization attributes. 国識別名称(米国は省略)と表現され、第1階層の国識別名称が、jpであれば日本に設置されている端末であり、省略されていた場合は、米国に設置されている端末である事が特定できる。 Country identification name (USA omitted) is represented as the country identification name of the first hierarchy, a terminal installed in Japan If uk, if it is omitted, the terminal installed in the United States there it can be identified.

【0132】マッピングサーバ端末12は、図23に示すドメインネームサーバ130を利用して、アドレス取得URLを送信してきたクライアント端末の設置場所を特定する。 [0132] mapping server terminal 12 uses the domain name server 130 shown in FIG. 23, identifies the location of the client terminal that transmitted the address acquisition URL.

【0133】すなわち、要求元のクライアント端末の送信元のIPアドレスとこのIPアドレスが付与されたドメインネームの対応テーブルを管理するドメインネームサーバ130に対して、対応するドメインネームの問い合わを行い、ドメインネームサーバ130より得られたクライアント端末のドメインネームの第1階層に基いてクライアント端末が設置された国を特定する。 [0133] That is, the domain name server 130 to the source IP address of the requesting client terminal and the IP address to manage a correspondence table of domain names granted performs inquiries corresponding domain name, the client terminal to identify the installed country based on the first layer of the domain name of the client terminal obtained from the domain name server 130.

【0134】この場合、各ユーザが利用するクライアント端末と共有サーバ端末とは地理的に近い位置に存在するから、上述したような遅延の問題を解消、すなわち、 [0134] In this case, since the shared server terminal with the client terminal that each user utilizes existing geographically close, eliminating the delay problems described above, i.e.,
レスポンスの悪化を防止することができる。 It is possible to prevent the deterioration of the response.

【0135】なお、この場合、日本のユーザおよび米国のユーザが提供を受ける仮想現実空間は、同一の遊園地の仮想現実空間であるが、その共有を管理する共有サーバ端末が、日本のユーザと米国のユーザとで異なるため、その共有は、日本のユーザどうしと、米国のユーザ同志とで、別個独立に行われる。 [0135] It should be noted that, in this case, the virtual reality space in which Japan of users and the United States of the user receives the provision is a virtual reality space of the same amusement park, shared server terminal that manages the share, and Japanese user since different between American user, the sharing and between users of Japan, the United States of user comrades are performed separately and independently. すなわち、日本のユーザどうしのみ、または米国のユーザどうしのみで、それぞれ1つの遊園地の仮想現実空間が共有される。 That is, Japanese between users only, or only the US between users, virtual reality space of each one of amusement is shared. 従って、この場合、情報サーバ端末10からは、同一の仮想現実空間が提供されるが、日本のユーザどうしと米国のユーザどうしとでは、別々の共有空間が構築されることとなり、自国の言語でのチャットが支障なく行えることとなる。 Therefore, in this case, from the information server terminal 10, the same virtual reality space is provided, Japanese and in between users and US between users, it becomes possible to separate the shared space is built, in their own language Chat is can be performed without any trouble of.

【0136】但し、この場合、共有サーバ端末W1とW [0136] However, in this case, the shared server terminal W1 and the W
2とを接続し、その間で、更新情報のやりとりを行わせるようにすることで、日本のユーザおよび米国のユーザどうしの間で、同一の仮想現実空間を共有するようにすることが可能である。 Connecting the 2, therebetween, by so as to perform the exchange of update information, between each other Japanese users and US users can be configured to share the same virtual reality space .

【0137】また、レスポンスの悪化は、共有サーバ端末11に対し、多くのユーザがアクセスした場合も生じるが、これは、同一の地域の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末を、例えば各国や各県などの、所定の地域ごとに、複数設置し、マッピングサーバ端末12には、その複数の共有サーバ端末のうち、そこにアクセスしているクライアント端末の数の少ないもののアドレスを提供させるようにすることで防止することができる。 [0137] Further, deterioration of the response, to the shared server terminal 11, but also occurs if many users have accessed, which is shared server terminal that manages the update object placed in a virtual reality space of the same area , for example, such as countries and prefectures, for each predetermined region, a plurality of installation, the mapping server terminal 12, the address of, there with less number of client terminals accessing the plurality of shared server terminals it can be prevented by so as to provide a.

【0138】すなわち、この場合、例えば、上述の如く、複数の共有サーバ端末W3,W4,W5,・・・を設置し、マッピングサーバ端末12には、まず、所定のURLに対し、所定の共有サーバ端末W3のIPアドレスを提供させるようにする。 [0138] That is, in this case, for example, as described above, a plurality of shared server terminals W3, W4, W5, and installed., The mapping server terminal 12, first, for a given URL, sharing certain so as to provide the IP address of the server terminal W3. さらに、この場合、例えばマッピングサーバ端末12と共有サーバ端末W3との間で通信を行わせるようにし、これにより、共有サーバ端末W3からマッピングサーバ端末12に対し、共有サーバ端末W3にアクセスしているクライアント端末の数を送信させるようにする。 Furthermore, in this case, so as to perform communication between the example and the mapping server terminal 12 and the shared server terminal W3, thereby, to the mapping server terminal 12 from the shared server terminal W3, accessing the shared server terminal W3 the number of client terminals so as to transmit. そして、マッピングサーバ端末12には、共有サーバ端末W3にアクセスしているクライアント端末の数が所定の数(共有サーバ端末W3のレスポンスが悪化しないような数(例えば、100など))を超えた状態となった場合において、所定のUR State and, in the mapping server terminal 12, the number of client terminals accessing the shared server terminal W3 exceeds a predetermined number (shared number such responses do not deteriorate the server terminal W3 (e.g., 100, etc.)) in the case where a predetermined UR
Lを受信したとき、他の共有サーバ端末W4(この共有サーバ端末W4は、共有サーバ端末4の近くに設置されているものであることが望ましい)のIPアドレスを提供させるようにする。 When receiving L, and the other shared server terminal W4 (this shared server terminal W4 is desirably be those which are located near the shared server terminal 4) so ​​as to provide the IP address of.

【0139】なお、この場合、共有サーバ端末W4は、 [0139] It should be noted that, in this case, the shared server terminal W4 is,
最初から稼働させておいても良いが、共有サーバ端末W May be allowed to run from the beginning, but the shared server terminal W
3にアクセスしているクライアント端末の数が所定の数を超えたときに稼働させるようにすることも可能である。 The number of client terminals 3 are accessing can be so as to operate when it exceeds a predetermined number.

【0140】その後は、さらに、マッピングサーバ端末12と共有サーバ端末W4との間で通信を行わせるようにし、マッピングサーバ端末12には、上述の場合と同様に、共有サーバ端末W4にアクセスしているクライアント端末の数が所定の数を超えた状態となった場合において、所定のURLを受信したときに、さらに他の共有サーバ端末W5のIPアドレスを提供させるようにする(但し、共有サーバ端末W3へのアクセス数が所定の数以下に減少した場合には、共有サーバ端末W3のアドレスを提供させるようにする)。 [0140] After that, further, so as to perform communication with the shared server terminal W4 mapping server terminal 12, the mapping server terminal 12, similarly to the case described above, by accessing the shared server terminal W4 in the case where the number of client terminals have become a state exceeding the predetermined number, when receiving a predetermined URL, and so as to further provide the IP address of the other shared server terminal W5 (however, the shared server terminal If the number of accesses to W3 is reduced to a predetermined number or less, so as to provide the address of the shared server terminal W3).

【0141】以上のようにすることで、各共有サーバ端末W3,W4,W5,・・・には、過大な負荷がかからなくなるので、レスポンスの悪化を防止することができる。 [0141] By the above-described manner, each shared server terminal W3, W4, W5, the ..., so will not impose an excessive load, it is possible to prevent the deterioration of the response.

【0142】なお、以上のことは、マッピングサーバ端末12が、所定のURLに対応して出力する共有サーバ端末のIPアドレスを制御することで実現することができ、ユーザが利用するクライアント端末13や、その上で稼働するソフトウェアについては、一切変更する必要はない。 [0142] Incidentally, the above description, the mapping server terminal 12, can be realized by controlling the IP address of the shared server terminal for outputting in response to a predetermined URL, Ya client terminal 13 used by a user , for the software running on it, there is no need to make any changes.

【0143】また、本実施例においては、共有サーバ端末11が管理する更新オブジェクトとして、ユーザのアバタを例に説明したが、共有サーバ端末11には、アバタ以外の、例えばユーザが作成した、状態の変化するオブジェクトなどの、あらゆる更新オブジェクトを管理させることができる。 [0143] Further, in this embodiment, as an update object is shared server terminal 11 manages, has been described avatar of the user to the example, the shared server terminal 11, other than the avatar, for example, a user-created state such objects of varying, it is possible to manage all update object. 但し、更新オブジェクトの管理は、 However, management of the update object,
場合によっては、クライアント端末13に行わせるようにすることが可能である。 Optionally, it is possible to ensure that causes the client terminal 13. すなわち、例えば時計などの更新オブジェクトについては、クライアント端末13 That is, for example for updating objects such as watches, the client terminal 13
に、その内蔵するクロックに基づいて、時刻の更新を行わせるようにすることが可能である。 , Based on the clock to the internal, it is possible to cause updating the time.

【0144】さらに、本実施例では、図1に示すように、ホストA乃至C、クライアント端末13−1乃至1 [0144] Further, in this embodiment, as shown in FIG. 1, the host A to C, the client terminal 13-1 to 1
3−3、およびサービス提供者端末14のすべてを、インターネットであるネットワーク15を介して、相互に接続するようにしたが、既に構築されているWWWを利用する観点からすれば、少なくとも、情報サーバ端末1 3-3, and all of the service provider terminal 14 via the network 15 is the Internet, but to be connected to each other, from the viewpoint of utilizing the WWW already constructed, at least, the information server terminal 1
0を有するホストAまたはマッピングサーバ端末12を有するホストCのそれぞれと、クライアント端末13とが、インターネットを介して接続されていれば良い。 Each and host C having a host A or mapping server terminal 12 has a 0, and the client terminal 13, may be connected via the Internet. さらに、例えば、ユーザが、共有サーバ端末11のアドレスを認識している場合には、少なくとも、情報サーバ端末10を有するホストAと、クライアント端末13とが、インターネットを介して接続されていれば良い。 Furthermore, for example, when the user knows the address of the shared server terminal 11 includes at least a host A having information server terminal 10, and the client terminal 13, may be connected via the Internet .

【0145】また、本実施例では、情報サーバ端末10 [0145] In this embodiment, the information server terminal 10
とマッピングサーバ端末12とを、別々のホスト上で稼動させるようにしたが、情報サーバ端末10およびマッピングサーバ端末12は、WWWを利用する場合には、 Mapping the server terminal 12, but so as to run on different hosts, the information server terminal 10 and the mapping server terminal 12, the case of using the WWW and,
同一のホスト内に構成することが可能である。 It can be configured in the same host. なお、W In addition, W
WWを利用しない場合には、情報サーバ端末10、共有サーバ端末11、およびマッピングサーバ端末12は、 If you do not use a WW, the information server terminal 10, the shared server terminal 11 and the mapping server terminal 12, is
すべて同一のホスト内に構成することが可能である。 All can be configured in the same host.

【0146】さらに、本実施例においては、ホストA [0146] Further, in this embodiment, the host A
(情報サーバ端末10)に、所定の地域ごとの仮想現実空間のデータを記憶させるようにしたが、このデータは、地域単位の他、例えば、デパートや遊園地などといった単位で扱うことも可能である。 (The information server terminal 10), but so as to store the data of the virtual reality space for each predetermined region, this data, other local units, for example, can also be handled by a unit, such as department stores and amusement is there.

【0147】以上の実施例においては、基本オブジェクトをネットワーク15を介して、各クライアント端末1 [0147] In the above embodiment, the basic object through the network 15, each client terminal 1
3に供給するようにしたが、例えばCD−ROMなどの情報記録媒体に仮想現実空間を形成する基本的なオブジェクトである基本オブジェクトを予め格納しておき、各ユーザに、これを予め配布しておくようにすることができる。 Was so supplied to the 3, for example, CD-ROM may be stored the basic objects in advance a basic object to form an information recording medium in a virtual reality space, such as, to each user, and distribute it in advance it is possible to put so. この場合、各クライアント端末13は、例えば図21に示すように構成される。 In this case, each client terminal 13 is arranged as shown for example in FIG. 21. すなわち、この実施例においては、CD−ROMドライブ100が、インタフェース48に接続されており、基本オブジェクトにより構成される仮想現実空間が予め格納されているCD−RO That is, in this example, CD-ROM drives 100 are connected to the interface 48, CD-RO virtual reality space are stored in advance composed of basic objects
M101をドライブするようになされている。 M101 have been made to drive the. その他の構成は、図7における場合と同様である。 Other configurations are the same as in FIG.

【0148】このように、CD−ROM101から基本オブジェクトのデータを提供するようにすれば、ネットワーク15を介して基本オブジェクトのデータを転送する時間が不要となるため、より迅速な処理が可能となる。 [0148] Thus, when to provide the data of the basic objects from CD-ROM 101, since the time to transfer the data of the basic object through the network 15 is not required, thereby enabling faster processing .

【0149】あるいはまた、CD−ROMを用いずに、 [0149] Alternatively, without using the CD-ROM,
情報サーバ端末10から供給された基本オブジェクトのデータを記憶装置50に最初の第1回目のみ格納し、その後は、適宜、これを読み出して、使用するようにしてもよい。 Stored in the information server terminal 10 the storage device 50 the data of the supplied basic objects from the first initial only, then suitably reads this, it may be used.

【0150】すなわち、基本オブジェクトデータの格納元は、図22に示すように、情報サーバ端末10の記憶装置85(ケース1乃至ケース3の場合)、クライアント端末13の記憶装置50(ケース4乃至ケース6の場合)、またはクライアント端末13のCD−ROM10 [0150] That is, the storage source of the basic object data, as shown in FIG. 22, (Case 1 to Case 3) Information storage unit 85 of the server terminal 10, the storage device 50 of the client terminal 13 (Case 4 to Case If 6), or CD-ROM10 of the client terminal 13
1(ケース7乃至ケース9の場合)とすることができる。 It may be 1 (Case 7 to Case 9).

【0151】これに対して、更新オブジェクトデータの格納元は、情報サーバ端末10の記憶装置85(ケース1の場合)、または共有サーバ端末11の記憶装置30 [0151] In contrast, the storage source of the update object data (Case 1) storage device 85 of the information server terminal 10, or storage of the shared server terminal 11 30
(ケース2乃至ケース9の場合)とすることができる。 It can be (Case 2 to Case 9).
そして、共有サーバ端末11に更新オブジェクトデータを格納する場合においては、その共有サーバ端末は、例えば図23に示すように、日本の共有サーバ端末11− Then, in a case of storing the updated object data into the shared server terminal 11, the shared server terminal, for example, as shown in FIG. 23, Japanese shared server terminal 11
1(ケース2、ケース5またはケース8の場合)、または、米国の共有サーバ端末11−2(ケース3、ケース6またはケース9の場合)とすることができる。 1 (Case 2, Case 5 or case 8), or can be a US shared server terminal 11-2 (Case 3, case 6 or case 9). この場合、更新オブジェクトデータのURLの格納元は、マッピングサーバ端末12となる。 In this case, the storage source of the URL of the update object data is a mapping server terminal 12.

【0152】なお、更新オブジェクトデータの格納元が情報サーバ端末10である場合には、更新オブジェクトデータのURLの格納元は、情報サーバ端末10で管理されているデフォルトのURLとなる(ケース1の場合)。 [0152] When the storage source of the update object data is the information server terminal 10, the storage source of the URL of the update object data, the default URL, which is managed by the information server terminal 10 (Case 1 case). あるいはユーザにより共有サーバ端末11がマニュアルで指定された場合には、その指定されたURLが格納元となる(ケース4またはケース7の場合)。 Or if the shared server terminal 11 is designated manually by the user, the designated URL is stored source (Case 4 or case 7).

【0153】図22における各ケースの場合のデータの流れを、図23を参照して説明すると、次のようになる。 [0153] The flow of data when each case in FIG. 22, referring to FIG. 23, as follows. すなわち、ケース1の場合、情報サーバ端末10としてのWWWサーバ端末121の記憶装置であるHDD That is, case 1, a storage device of the WWW server terminal 121 as an information server terminal 10 HDD
(Hard Disk Drive)の所定のディレクトリに記憶されているVRLMファイル(その詳細は後述する)から基本オブジェクトデータが読み出され、ネットワーク15としてのインターネット(The Internet)15Aを介して、例えばクライアント端末13−1に供給される。 (Hard Disk Drive) (the details thereof will be described later) VRLM files stored in a predetermined directory of the read basic object data from, via the Internet (The Internet) 15A as a network 15, for example, the client terminal 13 It is supplied to -1. また、WWWサーバ端末121の記憶装置には、更新オブジェクトデータも記憶されている。 The storage device of the WWW server terminal 121, updates the object data is also stored. すなわち、WWWサーバ端末121において、基本オブジェクトデータが読み出されたとき、それに対応する更新オブジェクトデータのURLが、WWWサーバ端末121の記憶装置に予めデフォルトのURLとして記憶されており、そのデフォルトのURLから更新オブジェクトデータが読み出され、クライアント端末13−1に供給される。 That is, in the WWW server terminal 121, when the basic object data is read, URL of the update object data corresponding thereto are stored in advance as the default URL to the storage device of the WWW server terminal 121, the default URL update object data is read from and supplied to the client terminal 13-1.

【0154】ケース2においては、日本のクライアント端末13−1に対して、WWWサーバ端末121から、 [0154] In case 2, with respect to Japan of the client terminal 13-1, from the WWW server terminal 121,
基本オブジェクトのデータがインターネット15Aを介して供給される。 Data of the basic object is supplied via the Internet 15A. これに対して、更新オブジェクトのデータは、マッピングサーバ端末12で指定された日本の共有サーバ端末11−1からインターネット15Aを介してクライアント端末13−1に供給される。 In contrast, the data of the update object is supplied from the shared server terminal 11-1 of the designated Japan mapping server terminal 12 to the client terminal 13-1 via the Internet 15A.

【0155】ケース3においては、米国のクライアント端末13−2に対して、基本オブジェクトのデータが、 [0155] In case 3, against the United States of the client terminal 13-2, data of the basic object,
WWWサーバ端末121からインターネット15Aを介して供給され、更新オブジェクトデータは、マッピングサーバ端末12で指定された米国の共有サーバ端末11 Is supplied from the WWW server terminal 121 via the Internet 15A, the update object data sharing server terminal 11 specified by the mapping server terminal 12 US
−2からインターネット15Aを介して供給される。 -2 is supplied via the Internet 15A.

【0156】ケース4においては、例えば、日本のクライアント端末13−1の記憶装置50に予め基本オブジェクトのデータが格納されており、更新オブジェクトデータは、クライアント端末13−1で指定した、例えば、米国の共有サーバ端末11−2から供給される。 In [0156] Case 4, for example, Japanese and advance data of the basic objects stored in the storage device 50 of the client terminal 13-1, the update object data specified in the client terminal 13-1, for example, U.S. supplied from the shared server terminal 11-2.

【0157】ケース5においては、クライアント端末1 [0157] In the case 5, the client terminal 1
3−1の記憶装置50に基本オブジェクトのデータが予め格納されており、更新オブジェクトデータは、マッピングサーバ端末12で指定された日本の共有サーバ端末11−1からインターネット15Aを介して供給される。 3-1 are stored data of the basic objects in advance in the storage unit 50, the update object data are supplied from the mapping server terminal 12 shared server terminal 11-1 of the designated Japan via the Internet 15A.

【0158】ケース6においては、米国のクライアント端末13−2の記憶装置50に基本オブジェクトデータが予め格納されている。 [0158] In case 6, the basic object data in US storage device 50 of the client terminal 13-2 is stored in advance. そして、更新オブジェクトデータは、マッピングサーバ端末12で指定された米国の共有サーバ端末11−2から、インターネット15Aを介してクライアント端末13−2に供給される。 The update object data from the shared server terminal 11-2 of the designated USA mapping server terminal 12, is supplied to the client terminal 13-2 via the Internet 15A.

【0159】ケース7においては、例えば、日本のクライアント端末13−1に対して、CD−ROM101の基本オブジェクトのデータが、CD−ROMドライブ1 [0159] In the case 7, for example, with respect to Japan of the client terminal 13-1, data of the basic object of the CD-ROM101 is, CD-ROM drives 1
00を介して提供される。 It is provided through a 00. 更新オブジェクトのデータは、クライアント端末13−1で指定した共有サーバ端末(例えば、共有サーバ端末11−1または11−2) Data update object, the shared server terminal specified in the client terminal 13-1 (e.g., the shared server terminal 11-1 or 11-2)
から供給される。 It is supplied from.

【0160】ケース8においては、クライアント端末1 [0160] In the case 8, the client terminal 1
3−1に対して、基本オブジェクトがCD−ROM10 For the 3-1, the basic object is CD-ROM10
1から供給され、更新オブジェクトのデータが、日本のマッピングサーバ端末12で指定された日本の共有サーバ端末11−1から供給される。 Is supplied from the 1, the data of the update object is supplied from the shared server terminal 11-1 in Japan specified by the mapping server terminal 12 in Japan.

【0161】ケース9においては、米国のクライアント端末13−2に対して、基本オブジェクトデータがCD [0161] In the case 9, against the United States of the client terminal 13-2, the basic object data CD
−ROM101から供給され、更新オブジェクトデータが、マッピングサーバ端末12により指定された米国の共有サーバ端末11−2からインターネット15Aを介して供給される。 Supplied from -ROM101, update object data are supplied from the shared server terminal 11-2 of the designated US via the Internet 15A by the mapping server terminal 12.

【0162】次に、以上のような仮想現実空間のデータを授受し、表示装置に表示させるためのソフトウエアについて説明する。 [0162] Then, transfer the data of the virtual reality space as described above, will be described software to be displayed on the display device. WWWにおいては、文書データをHT In the WWW, the document data HT
ML(Hyper Text Markup Language)によって記述されたファイルを転送する。 Transferring files written by ML (Hyper Text Markup Language). 従って、テキストデータは、H Therefore, text data, H
TML形式のファイルとして登録される。 It is registered as a file of TML format.

【0163】これに対して、WWWにおいて、3次元グラフィックスデータは、VRMLまたはこれを拡張したE−VRML(Enhanced Virtual Reality Modeling La [0163] On the other hand, in the WWW, 3-dimensional graphics data, E-VRML that extends VRML or this (Enhanced Virtual Reality Modeling La
nguage)で記述することで、転送して利用することができる。 By describing in nguage), it can be utilized to transfer. 従って、例えば、図24に示すように、前述した情報サーバ端末10、共有サーバ端末11またはマッピングサーバ端末12を構成するリモートホスト111のWWWサーバ端末112は、HTMLファイルとE−V Thus, for example, as shown in FIG. 24, WWW server terminal 112 of remote host 111 constituting the information server terminal 10, the shared server terminal 11 or the mapping server terminal 12 described above is, HTML files and E-V
RMLファイルを、その記憶装置に格納している。 The RML file, are stored in the storage device.

【0164】HTMLファイルにおいては、URLにより異なるファイルとのリンクが行われる。 [0164] In the HTML file, a link with a different file by the URL is performed. また、VRM In addition, VRM
LファイルまたはE−VRMLファイルにおいては、オブジェクトに対して、WWW AnchorやWWW Inlineなどの属性が指定できるようになされている。 In L file or E-VRML file, the object, attributes such as WWW Anchor and WWW Inline are adapted be specified. WWW Anc WWW Anc
horは、オブジェクトにハイパーテキストのリンクを付けるための属性であり、リンク先のファイルは、URL hor is an attribute for attaching a link of hyper text to an object, the linked file, URL
で指定される。 In is specified. また、WWW Inlineは、例えば建物などの外観を外壁、屋根、窓、扉などの部品に分けて記述するための属性であり、各部品のファイルにURLを対応させることができる。 Also, WWW Inline, for example the outer wall and appearance of the buildings, an attribute for roofs, windows, is divided into parts such as doors description can correspond to URL to each part of the file. このようにして、VRMLファイルまたはE−VRMLファイルにおいても、WWW A Thus, also in the VRML file or E-VRML files, WWW A
nchorまたはWWW Inlineにより、他のファイルにリンクをはることができる。 By nchor or WWW Inline, it is possible to add a link to another file.

【0165】WWWにおいて、クライアント端末に入力されたURLをWWWサーバ端末へ通知し、これによりWWWサーバ端末から転送されてきたHTMLファイルを解釈して表示するためのアプリケーションソフトウエア(WWW Browser)としては、ネットスケープ社のNetsc [0165] In the WWW, sends the URL, which is input to the client terminal to the WWW server terminal, a result as the application software to interpret and display an HTML file that has been transferred from the WWW server terminal (WWW Browser) is , Netscape's Netsc
ape Navigator(商標)(以降、Netscapeと略称する) ape Navigator (TM) (hereinafter, referred to as Netscape)
が知られている。 It has been known. そこで、例えば、クライアント端末1 So, for example, the client terminal 1
3においても、WWWサーバ端末とのデータの授受を行う機能を利用する目的で、Netscapeを用いている。 Also in 3, in order to use the function for exchanging data with the WWW server terminal uses a Netscape.

【0166】但し、このWWW Browserは、HTMLファイルを解釈し、表示することができるが、VRMLファイルまたはE−VRMLファイルは、受信することができても、これを解釈して表示することができない。 [0166] However, this WWW Browser interprets the HTML file, it can be displayed, VRML files or E-VRML file, even if it is possible to receive, it is impossible to interpret and display it . そこで、VRMLファイルおよびE−VRMLファイルを解釈し、3次元空間として描画し、表示することができる Therefore, interpreting the VRML file and E-VRML file, rendered as a three-dimensional space can be displayed
VRML Browserが必要となる。 VRML Browser is required.

【0167】なお、VRMLの詳細は、書籍『VRML [0167] The details of VRML, the book "VRML
を知る:3次元電脳空間の構築とブラウジング,マーク・ペシ著,松田晃一・蒲池輝尚・竹内彰一・本田康晃・ The know: Building and browsing of the three-dimensional cyber space, Mark Pesci al., Koichi Kamachi TeruSho, Shoichi Honda Takeuchi Matsuda KanAkira -
暦本純一・石川真之・宮下健・原和弘訳,1996年3月25 Rekihon Junichi Masayuki Ishikawa Ken Miyashita Kazuhiro Hara translation, March 1996 25
日初版発行,プレンティスホール出版ISBN4-931356-37- Day first edition issue, Prentice Hall Publishing ISBN4-931356-37-
0(原著;VRML:Browsing & Building Cyberspace, 0 (Original; VRML: Browsing & Building Cyberspace,
Mark Pesce, 1995 New Readers Publishing ISBN 1-56 Mark Pesce, 1995 New Readers Publishing ISBN 1-56
205-498-8)』に開示されている。 It is disclosed in 205-498-8) ".

【0168】本出願人は、このVRML Browserを含むアプリケーションソフトウエアとして、Community Place [0168] The present applicant, as the application software that includes this VRML Browser, Community Place
(商標)を開発している。 Has developed the (trademark).

【0169】Community Placeは、次の3つのソフトウェアから構成される。 [0169] Community Place is composed of the following three software. (1)Community Place Browser これは、VRMLブラウザであり、VRML1.0に準拠し、加えて、VRML2.0の機能(動き、音)を先取りし、動画機能を持つE-VRMLをサポートする。 (1) Community Place Browser This is a VRML browser, compliant with VRML 1.0, In addition, anticipating a function of VRML 2.0 (motion, sound), to support E-VRML with video capabilities. また、Community Place In addition, Community Place
Bureauに接続できるマルチユーザ機能を持つ。 With a multi-user function that can connect to the Bureau. スクリプト言語には、TCL/TKを用いている。 The script language, and using the TCL / TK. (2)Community Place Conductor これは、VRMLオーサリングシステムであり、VRML1.0をベースにしたE-VRMLに準拠し、単純に3次元の世界を構築するだけではなく、3次元の世界に動きを付けたり、 (2) Community Place Conductor This is a VRML authoring system, compliant with the E-VRML which is based on VRML 1.0, simply not only to build a three-dimensional world, with a movement in a three-dimensional world. or,
音や映像を付加することを簡単に行なえるツールである。 It is easy to perform tool that adds the sound and video. (3)Community Place Bureau これは、Community Place Browserから接続し、ネットワーク上に構築された仮想的な空間の中で本当に人々が出会うことを可能にするサーバ端末システムのためのものである。 (3) Community Place Bureau which connects the Community Place Browser, is really for a server terminal system that allows to meet people in a virtual space built on a network.

【0170】図23に示すクライアント端末13−1, [0170] The client terminal 13-1 shown in FIG. 23,
13−2において、予めブラウザ(Browser)をインストール実行させる。 In 13-2, to be pre-installed running the browser (Browser). また、共有サーバ端末11−1,1 In addition, the shared server terminal 11-1,1
1−2において、予めビューロ(Bureau)をインストールして実行させる。 In 1-2, to install and run pre-bureau of the (Bureau). 図25においては、クライアント端末13−1上で、Community Place BrowserをCD−R In Figure 25, on the client terminal 13-1, the Community Place Browser CD-R
OM101からインストールして実行させ、共有サーバ端末機能とクライアント機能を単一の端末で実現するために、共有サーバ端末11−1上で、予めCommunity Pl OM101 installed by running from, in order to realize the shared server terminal function and a client function in a single device on a shared server terminal 11-1, advance Community Pl
ace BureauとCommunity Place BrowserをCD−ROM ace Bureau and the Community Place Browser a CD-ROM
101からインストールして実行させている場合の一例を示している。 Installing from 101 shows an example of the case that is to be executed.

【0171】Community Place Browserは、図24に示すように、WWW BrowserとしてのNetscapeとの間において、NCAPI(Netscape Client Application Progra [0171] Community Place Browser, as shown in FIG. 24, between the Netscape as WWW Browser, NCAPI (Netscape Client Application Progra
ming Interface)(商標)に基づいて各種データの授受を行う。 And exchanges of various types of data based on the ming Interface) (trademark).

【0172】Netscapeは、インターネットを介してWW [0172] Netscape, through the Internet WW
Wサーバ端末112よりHTMLファイルとVRMLファイルまたはE−VRMLファイルの供給を受けると、 Upon receiving a supply of the HTML file and a VRML file or E-VRML files than W server terminal 112,
これを記憶装置50にそれぞれ記憶させる。 It is stored, respectively in the storage device 50. Netscape Netscape
は、このうちのHTMLファイルを処理する。 Processes the HTML file of this. これに対して、VRMLファイルまたはE−VRMLファイルは、Community Place Browserが処理する。 In contrast, VRML file or E-VRML file, Community Place Browser processes.

【0173】E-VRML(Enhanced VRML)は、VRML1.0にBeha [0173] E-VRML (Enhanced VRML) is, Beha to VRML1.0
vior(動き)とマルチメディア拡張(音、動画)を行なったもので、本出願人の最初の成果として、1995年9 vior (movement) and multimedia extension (sound, video) which was carried out, as the first fruits of the applicant, 1995 9
月にVRMLコミュニティに提案された。 It has been proposed to the VRML community to month. E-VRMLで用いられている動きの記述の基本モデル(イベントモデル)は、 Basic model description of the motion which is used in E-VRML (event model),
現在のVRML2.0のプロポーザルの1つであるMoving Worl It is one of the current VRML2.0 proposal Moving Worl
dsプロポーザルに引き継がれている。 It has been taken over by the ds proposal.

【0174】次に、Community Place Browserの概略について説明する。 [0174] Next, the outline of the Community Place Browser. このブラウザをインストール後、Wind After installing the browser, Wind
ows95(商標)のスタートメニューの「プログラム」(Wi ows95 "Programs" in the Start menu of (TM) (Wi
ndows NT(商標)の場合はプログラムマネージャ)の「Community Place Folder」からManualを選択するとマニュアルを表示させることができる。 ndows If NT (TM) can be displayed when you select the Manual from the "Community Place Folder" manual of Program Manager).

【0175】なお、ここでは、Community Place Browse [0175] It should be noted that, here, Community Place Browse
r,Community Place Conductor,Community Place Bure r, Community Place Conductor, Community Place Bure
au、並びにこれらを動作させるために必要なファイルは、CD−ROMなどの記録媒体に記録して、サンプルとして配布されるものとする。 au, and the files needed for operating these, and recorded in a recording medium such as a CD-ROM, and shall be distributed as samples.

【0176】[ブラウザの動作環境]ブラウザの動作環境は、例えば、図26に示すとおりである。 [0176] [browser operating environment browser operating environment, for example, as shown in FIG. 26. その最低動作環境は最低限満足する必要がある。 Its minimum operating environment, it is necessary to minimum satisfaction. 但し、Netscape N However, Netscape N
avigatorは、スタンドアローンのVRMLブラウザとして使用する場合には必要ない。 avigator is not required if used as a stand-alone VRML browser. 特に、マルチユーザで使う場合は、推奨動作環境とすることが望ましい。 In particular, when used in multi-user, it is desirable that the recommended operating environment.

【0177】[ブラウザのインストール方法]ブラウザのインストール方法は、通常、Netscapeをインストールするのと同じである。 [0177] [how to install the browser browser How to install, it is the same as normal, and to install the Netscape. 上記CD−ROMの\Sony(商標)のディレクトリに置かれているvscplb3a.exeを用いてインストールする。 To install using the vscplb3a.exe that are placed in the directory of \Sony (trademark) of the CD-ROM.

【0178】(1)vscplb3a.exeをダブルクリックする。 [0178] (1) Double-click the vscplb3a.exe. " "
Unzip To Directory"欄のディレクトリにインストールパッケージが展開されるので、必要に応じて適宜変更する。 (2)[Unzip]ボタンをクリックする。しばらくするとインストールパッケージが展開される。 (3)"12 files unzipped successfully"と表示されるので、[OK]ボタンをクリックする。 (4)「Welcome」ウィンドウが表示されたら、[NEXT]ボタンをクリックする。 Unzip To Directory "The installation package is developed in the field of the directory, be changed as necessary. (2) Click the [Unzip] button. Is after a while the installation package deployment. (3)" 12 files it is because it is displayed that unzipped successfully ", When the [OK] the click of a button. (4)" Welcome "window appears, click the [NEXT] button. (5)「Software License Agreement」の条項をよく読み、同意する場合は[Yes]ボタンをクリックする。 (5) Carefully read and accept the terms and conditions of the "Software License Agreement", if you agree, click the [Yes] button. 同意しない場合は[No]ボタンをクリックする。 If you do not agree Click the [No] button. (6)インストールするディレクトリを調べる。 (6) examine the directory where you want to install. デフォルトでは\Program Files\Sony\Community Placeとなっている。 By default, it has become a \Program Files\Sony\Community Place. (7)上記ディレクトリ名で不都合があれば、[Browse]ボタンを押してディレクトリを選択する。 (7) If there is a disadvantage in the above directory name, select the directory, press the [Browse] button. [Next]ボタンを押して次へ進む。 Press the [Next] button advance to the next. (8)「readme」ファイルをこの場で読む場合は[Yes]ボタンをクリックする。 (8) If you read the "readme" file in this field is to click the [Yes] button. (9)インストールが完了したら、[OK]ボタンをクリックする。 (9) When the installation is complete, click the [OK] button.

【0179】[ブラウザの起動方法]ブラウザを起動する前に、まずNetscape Navigatorの設定を行う。 [0179] before you start the browser [browser how to start], first, the setting of Netscape Navigator. なお、 It should be noted that,
スタンドアロンで使用する場合はこの作業は必要なく、 This work is if you use a stand-alone is not required,
スタートメニューの「プログラム」から「Community Pl From the "Programs" in the Start menu "Community Pl
ace Folder...Community Place」を選んで起動すれば良い。 ace Folder ... Community Place, "the Pick can be started. また、以下の設定は、インストールにより自動的に設定される場合もある。 Also, the following setting may also be set automatically by the installation.

【0180】(1)Netscape Navigatorの「Options」メニューから「General Preference」を実行し、「Preferen [0180] (1) Run the "General Preference" from the "Options" menu of Netscape Navigator, "Preferen
ce」ウィンドウを開く。 Opening the ce "window. 上部のタブから「Helper Appli "Helper Appli from the top of the tab
cations」を選択する。 To select the cations ". (2)File typeの一覧に「x-world/x-vrml」があるかどうか確認する。 (2) whether to verify the list of File type is the "x-world / x-vrml". すでに存在していれば、(4)へ進む。 If already exists, the process proceeds to (4). (3)[Create New Type]ボタンをクリックする。 (3) Click the [Create New Type] button. Mime Typ Mime Typ
eの欄に「x-world」、Mime SubTypeの欄に「x-vrml」と入力し、[OK]ボタンをクリックする。 "X-world" in the column of the e, type "x-vrml" in the column of Mime SubType, click the [OK] button. Extensions欄に「wrl」と入力する。 Type "wrl" in the Extensions column. (4)[Launch the Application:]ボタンをクリックする。 (4): Click the button [Launch the Application].
Community Placeブラウザのパス名をその下のテキスト欄に入力する(デフォルトでは\Program Files\Sony\ The path name of the Community Place browser to enter in the text field below it (by default \Program Files\Sony\
Community Place\bin\vscp.exe)。 Community Place\bin\vscp.exe). (5)[OK]ボタンをクリックする。 (5) Click the [OK] button.

【0181】以上で、設定は終りである。 [0181] In the above, the setting is the end. 後は、以下の手順で起動する。 After, start with the following procedure.

【0182】(1)Netscapeの「File..Open File」メニューで、サンプルのCD−ROMのreadme.htmを読み込む。 [0182] (1) in the "File..Open File" menu of Netscape, read the readme.htm of the sample of the CD-ROM. (2)サンプルワールドへのリンクをクリックすると、Com (2) When you click the link to the sample world, Com
munity Placeが自動的に起動され、CD−ROMに添付したサンプルワールドをロードできる。 munity Place is activated automatically, can be loaded the sample world that was attached to the CD-ROM.

【0183】[ブラウザのアンインストール(削除)方法]スタートメニューの「プログラム」(Windows NTの場合はプログラムマネージャ)の「Community Place Fo [0183] [uninstall the browser (Delete) method on the Start menu of the "program" (Windows NT program manager in the case of) "Community Place Fo
lder」からUninstallを実行すれは、自動的にアンインストールされる。 By running the Uninstall from lder "it is automatically uninstalled.

【0184】[ブラウザの操作方法]ブラウザの操作は、マウス49b、キーボード49a、画面上のボタンを用いて行なう。 [0184] of [browser method of operation] browser operation is performed using a mouse 49b, the keyboard 49a, a button on the screen. 操作は、非常に直観的に行なえる。 Operation is very intuitive to perform.

【0185】〈3次元内での移動〉VRMLが提供する3次元空間では、前進、後退、右へ回転、左へ回転など現実世界で行なっている動作が可能である。 [0185] In the three-dimensional space VRML <movement within the 3-dimensional> provides, forward, backward, rotation to the right, it is possible to operate is being performed in the real world, such as rotation to the left. ブラウザでは、 In the browser,
このような動作を以下のようなユーザインタフェースで実現している。 Such an operation is implemented by the user interface, including:.

【0186】《ボードを使う方法》キーボード49aでは、その矢印キー(図示せず)で次のように移動できる。 [0186] In the keyboard 49a "how to use the board", can be moved in the arrow keys (not shown) in the following manner. → 右へ回転 ← 左へ回転 ↑ 前進 ↓ 後退 → rotation to the right ← rotation to the left ↑ forward ↓ retreat

【0187】《マウスを使う方法》マウス操作は、すべて左ボタンで行なう。 [0187] mouse operation "how to use the mouse", all done with the left button. (1)Community Placeのウィンドウ内でマウス49bの左ボタンを押し、押した状態のまま押した地点よりも 右へ動かすと 右へ回転 左へ動かすと 左へ回転 上へ動かすと 前進 下へ動かすと 後退 する。 (1) Press the left button of the mouse 49b in the Community Place of the window, and when the move to the rotation to the right-to-left and moving to the right than the point you press remain pressed and move onto the rotation to the left to move to the forward under fall back. マウスを動かした距離によって移動の速度が変化する。 Speed ​​of movement is changed by distance moves the mouse. (2)キーボード49aのCtrl(Control)キー(図示せず)を押した状態で、画面上の物体をクリックすると、 (2) while pressing the keyboard 49a of the Ctrl (Control) key (not shown), by clicking an object on the screen,
その物体の正面まで移動する。 Move to the front of the object.

【0188】ここで、以下の注意が必要である。 [0188] Here, it is necessary to note the following. ・物体にぶつかると衝突音がして、画面の枠が赤く点滅する。 - and hit the object and the collision sound, the frame of the screen is flashing red. この場合はそれ以上先には進めないので、向きを変える。 Since this case does not proceed to more ahead, changing the direction. ・自分のいる場所がわからなくなったり、何も見えなくなったりした場合には、画面右の[Home]ボタンをクリックすると、初期位置に戻る。 - or no longer know where their Ile, in the case where nothing was or is no longer visible, when you click the [Home] button on the right of the screen and returns to the initial position.

【0189】[ジャンピングアイ]3次元空間をナビゲートしている間に、道に迷うことがある。 [0189] While the jumping eye] 3-dimensional space navigating, it may get lost. そのような場合に、空に飛び上がって回りを見回すことができる。 In such a case, it is possible to look around around jump up in the sky. (1)画面右の[Jump]ボタンをクリックすると、ジャンピングアイモードになり、上空からワールドを見下ろす位置にジャンプする。 (1) When you click the [Jump] button on the right of the screen, becomes the jumping eye mode, it jumps to the position overlooking the world from the sky. (2)もう一度、[Jump]ボタンをクリックすると、元の位置に戻る。 (2) Once again, when you click the [Jump] button, return to the original position. (3)あるいは、ワールド内のどこかの地点をクリックするとその地点に降りる。 (3) Alternatively, click anywhere on the point in the world and get off at that point.

【0190】[物体の選択]画面上でマウスカーソルを動かすと、物体の上にさしかかったところでカーソルの形が手に変わるところがある。 [0190] When you move the mouse cursor in the [object Selection screen, the shape of the cursor was approaching on top of the object there is a place where changes to a hand. そこでマウス49bの左ボタンをクリックすると、物体の持つアクションを呼び出すことができる。 So when you click the left button of the mouse 49b, it is possible to call the action with the object.

【0191】[VRMLファイルの読み込み]次の方法でVR [0191] [reading of the VRML file] VR in the following ways:
MLファイルを読み込むことができる。 It is possible to read the ML file. ・NetscapeでVRMLファイルへのリンクをクリックする。 - Click the link to the VRML file in Netscape. ・Community Placeの「File..Open File」メニューでディスク上の拡張子wrlのファイルを選択する。 • Select a file with the extension wrl on the disk in the "File..Open File" menu of Community Place. ・Community Placeの「File..Open URL」メニューでURL · Community URL in the "File..Open URL" menu of Place
を入力する。 To enter. ・ワールド内の物体で、マウスカーソルに「URL」と表示されるものをクリックする。 • The object in the world, to click the one labeled "URL" to the mouse cursor.

【0192】[ツールバーボタン操作]ブラウザでは、 [0192] [toolbar button operation] in the browser,
良く使う機能をツールバーに並んでいるツールバーのボタンを使って以下のような操作を行うことができる。 Use the buttons on the toolbar, which are arranged frequently used functions to the toolbar can be operated as follows. [Back] 一つ前に読み込んだワールドに戻る。 [Back] Back to read world before one. [Forward] Backで戻った後、先のワールドへ再度進む。 After returning in the [Forward] Back, again proceeding of the world. [Home] 初期位置へ移動する。 [Home] moves to the initial position. [Undo] 物体を移動した後、元の場所に戻す(後述)。 [Undo] After moving the object back to the original location (see below). [Bookmark] 現在のワールド、位置をブックマークに登録する。 [Bookmark] current world, to register the position to bookmark. [Scouter] スカウターモードにする(後述)。 [Scouter] to scouter mode (to be described later). [Jump] ジャンピングアイモードにする。 To [Jump] jumping eye mode.

【0193】[スカウタモード]ワールドに置かれた物体は、E-VRMLの機能を用いて、文字列を情報として持つことができる。 [0193] [Sukautamodo] object placed in the world, using the function of the E-VRML, it is possible to have a character string as information. (1)画面右の[Scouter]ボタンをクリックすると、スカウタモードに入る。 (1) When you click the [Scouter] button on the right of the screen, enter the Sukautamodo. (2)画面上でマウスカーソルを動かすと、情報ラベルを持つ物体の上にさしかかったところで情報ラベルが表示される。 (2) move the mouse cursor on the screen, the information label is displayed at that approaching on the object having the information label. (3)もう一度[Scouter]ボタンをクリックすると、スカウタモードを終了する。 (3) When you click the [Scouter] button again to end the Sukautamodo.

【0194】[物体を動かす]キーボード49aのAlt [0194] [move the object] Alt on the keyboard 49a
(Alternate)キー(図示せず)(機種によっては、gra (Alternate) key (not shown) (Depending on the model, gra
phキー)を押しながら物体の上でマウス49bの左ボタンを押し、押したままマウス49bを動かすと、物体を移動させることができる。 Press the left mouse button 49b on the object while pressing the ph key), move the mouse 49b hold down, it is possible to move the object. これは、現実世界で、机の上のコーヒーカップを手で動かせるのと同じである。 This is, in the real world, is the same as move by hand a cup of coffee on the desk. ただし、移動できるのは移動可能属性を持つ物体だけなので、あらゆる物体を移動できるわけではない。 However, it can move because only object having a movable attribute, not able to move any object. サンプルワールドではDigital HandyCamなどで物体を移動させることができる。 The sample world can move the object in such Digital HANDYCAM. なお、物体を移動させた後、1回分だけは[Undo]ボタンで元に戻すことができる。 Incidentally, after moving the object, only one dose can be undone with [Undo] button.

【0195】[マルチユーザサーバ端末への接続方法] [0195] [how to connect to the multi-user server terminal]
このブラウザは、マルチユーザ機能を持っている。 This browser, has a multi-user function. マルチユーザ機能とは、同じVRMLの仮想空間を他のユーザと共有する機能である。 A multi-user function is a function to share a virtual space of the same VRML with other users. 現在、出願人は、Community Plac Currently, the applicant, Community Plac
eビューロをインターネット上で実験運用している。 The e bureau are experimenting operate on the Internet. cha cha
troomを読み込むことでサーバ端末に接続し、他のユーザと同じVRMLの仮想空間を共有し、一緒に歩き回ったり、部屋の電気を消したり、チャットしたりすることができる。 Connect to the server terminal by reading Troom, sharing the virtual space of the same VRML with other users, or walk around together, or turn off the lights of the room, or can be chatting.

【0196】これは、以下の手順で行なう。 [0196] This is done by the following procedure. (1)自分の使っているパーソナルコンピュータが、インターネットへ接続されていることを確認する。 (1) personal computer you are using of yourself, to make sure that you are connected to the Internet. (2)サンプルワールドのChatroomをブラウザに読み込む。 (2) read the Chatroom of the sample world in the browser. これは、サンプルのCD−ROMの\Sony\readm This is, of samples of the CD-ROM \Sony\readm
e.htmをNetscapeに読み込み、Chat Roomをクリックすることで行なう。 The e.htm read in Netscape, done by clicking on the Chat Room. (3)メッセージウィンドウに「Connected to VS Serve (3) "Connected to VS Serve in the message window
r」と表示されれば、マルチユーザサーバ端末への接続が成功している。 If you see a r ", the connection to the multi-user server terminal is successful.

【0197】以上で、サーバ端末に接続される。 [0197] In the above, it is connected to the server terminal. 他のユーザとのインタラクションには、次の2種類がある。 The interaction with other users, there are two types. ・他の人にアクションを伝える。 · Convey the action to other people. これは、actionウィンドウのHello,Smile,Wao!,Wooo!!,Umm...,Sad,Byeなどのボタンをクリックすることで実現される。 This is, action window of Hello, Smile, Wao!, Wooo !!, Umm ..., Sad, is realized by the click of a button, such as Bye. また、アクションとしては、自分自身(アバタ)を左または右方向に36度、180度、または360度回転させることもできる。 As the action 36 degrees himself (avatar) in the left or right, can be rotated 180 degrees, or 360 degrees. ・他の人と会話する。 - to talk to other people. これは、「View..Chat」メニューでChatウィンドウを開き、一番下の入力欄にキーボード49aからメッセージを入力することで実現される。 This is, to open the Chat window in the "View..Chat" menu, it is achieved by inputting a message from the keyboard 49a in the input field at the bottom.

【0198】[マルチユーザワールド]サンプルのCD [0198] [multi-user World] sample of CD
−ROMで提供されているマルチユーザのワールドは、 Multi-user of the world that are provided in the -ROM is,
次の3つである。 The following is three. なお、チャットはすべての世界で、共通に行うことができる。 It should be noted, chat with all of the world, it can be carried out in common. (1)Chat Room チャットをメインとする部屋であるが、いくつかのオブジェクトは、他のユーザと共有されている。 (1) is a room for a Chat Room Chat main, some objects are shared with other users. 左ボタンでクリックするとだんだん透明になるオブジェクトや、部屋の電気を消すスイッチや、クリックすると飛び回るオブジェクトなどがある。 Objects and to become more and more transparent when you click with the left button, a switch, to turn off the electricity in the room, there is such objects fly around when you click. また、秘密の穴などもある。 In addition, there is also such a secret hole of. (2)Play with a ball! 仮想空間に浮かぶボールをクリックすると、自分の方に飛んでくる。 (2) Play with a ball! When you click a ball floating in virtual space, it flies toward him. このボールは、その空間にいるすべてのユーザで共有され、他のユーザとキャッチボールすることができる。 This ball can be shared by all users in the space, to other users catch. (3)Share your drawing 仮想空間にホワイトボードが置かれており、それを左ボタンでクリックすると共有ホワイトボードが表示される。 (3) Share your drawing are placed whiteboard in the virtual space, shared whiteboard is displayed by clicking it with the left button. 左ボタンでドラッグすることでボードに描画することができ、それは、その空間にいる他のユーザと共有できる。 It can be drawn on the board by dragging with the left button, which can be shared with other users in the space.

【0199】Community Place Bureauを使えば、Commun [0199] With the Community Place Bureau, Commun
ity Place Browserを使ったユーザ同志がVRML1.0で記述された世界に一緒に入り込むことができる。 User comrades using ity Place Browser is able to penetrate together in a world that has been described in the VRML1.0. このため、 For this reason,
3次元仮想現実空間を提供するには、まず、VRML1.0で記述されたファイルを用意する必要がある。 To provide a three-dimensional virtual reality space, it is first necessary to prepare a file described in VRML 1.0. その後、ビューロ(以下、適宜、Cyber Passage Bureauを、単に、 Thereafter, bureau (hereinafter, the Cyber ​​Passage Bureau, simply,
ビューロ(Bureau)と称する)を適当なパーソナルコンピュータで動作させる。 Operating bureau the (Bureau) referred to as) a suitable personal computer. さらに、そのVRML1.0のファイルに、ビューロの動いているパーソナルコンピュータを知らせる行を追加する。 In addition, in the VRML1.0 of the file, to add a line to inform the personal computer that is running the bureau. そのVRMLファイルを、Comm The VRML file, Comm
unity PlaceBrowserに読み込ませれば、ブラウザ(以下、適宜、Cyber Passage Browserを、単に、ブラウザ(Browser)と称する)はビューロに接続される。 If ask loaded into unity PlaceBrowser, browser (hereinafter, the Cyber ​​Passage Browser, simply referred to as a browser (Browser)) is connected to the bureau.

【0200】接続がうまく行けば、仮想世界の中でユーザ同志がお互いに見え、会話を行うことができる。 [0200] If you go connection is successful, it allows the user each other in the virtual world is visible to each other, carry out the conversation. さらに、適当なスプリクトをファイルに書き込むことにより、アクションパネルを使って、喜怒哀楽を表現することができる。 Moreover, by writing the appropriate Supurikuto the file, using the action panel, it is possible to express emotions.

【0201】Community Place Browserは、TCLを用いた動作記述用のインタフェースを用意している。 [0201] Community Place Browser is provided an interface for behavioral description using the TCL. これを使うことにより、仮想世界の中のオブジェクトに動きを付けて、さらに、それをブラウザ間で同期させることができる。 By using this, with a movement to the objects in the virtual world, further, it can be synchronized between the browser. これにより、工夫次第で、3Dゲームなどを複数のユーザで楽しむことが可能となる。 As a result, the ingenuity, it is possible to enjoy such as 3D games by a plurality of users.

【0202】マルチユーザの仮想世界を楽しむには、V [0202] to enjoy the virtual world of multi-user, V
RMLファイルの準備、ビューロの起動、ブラウザの接続の3つのステップがある。 Preparation of RML file, start-up of the bureau, there are three steps in the connection of the browser.

【0203】[VRMLファイルの準備]まず、自分の気に入ったVRML1.0のファイルを用意する。 [0203] [Preparation of VRML file] First, a file of VRML1.0 yourself the favorite. このファイルは、自分で作成するか、あるいはフリーのものを持ってくることができる。 This file can be brought or create your own, or the free ones. そのファイルが、マルチユーザの仮想世界の舞台となる。 The file becomes the stage of the virtual world of multi-user.

【0204】[ビューロの起動]Community Place Bure [0204] [start-up of the bureau] Community Place Bure
auの動作環境は次の通りである。 au operating environment is as follows. CPU 486SX以上 OS Windows 95 メモリ 12MB以上 CPU 486SX or higher OS Windows 95 memory 12MB or more

【0205】このビューロは、ダウンロードしてきたファイルを実行するだけで、起動することができる。 [0205] The bureau, only to run a file that has been downloaded, it is possible to start-up. 実行すると、いくつかのメニューのついたメニューバーだけが表示される。 When you run, only some of the menu marked with the menu bar is displayed. 起動直後は、ビューロは停止状態であり、Viewメニューをプルダウンして、statusを選べば、 Immediately after the start, the bureau is in a stopped state, pull down the View menu, if you choose the status,
statusウインドウが表示され、現在のビューロの状態が判るようになる。 status window is displayed, so that it is understood that the current bureau of the state. なお、このとき、停止中であるのか、 It should be noted that, at this time, what is being stopped,
動作中であるのかの状態の他、接続しているユーザビューロが接続を待っているポート番号も表示される。 Another is the one of the states in operation, the port number that the user bureau connected is waiting for a connection is also displayed.

【0206】ビューロは、起動直後はTCPのポート5 [0206] bureau, of TCP immediately after start-up port 5
126番で接続を待つように設定されている。 It is set to wait for a connection in the 126 number. このポート番号を変更するには、optionsメニューをプルダウンして、portを選択する。 To change this port number, pull down the options menu, select the port. 新しいポート番号の入力を促されたら、5000以上のポート番号を入力する。 When you are prompted to enter a new port number, to enter more than 5000 port number. どのポートを使えばよいか判らない場合には、特に設定をせず、デフォルト値(5126)を使用することができる。 If you do not know whether it use is which port, not specifically set, it is possible to use the default value (5126).

【0207】停止中のビューロを動作させるには、run [0207] To operate the bureau during the stop, run
メニューをプルダウンして、startを選択する。 Pull down the menu, to select a start. サーバ端末は、指定されたポートで接続を待つようになる。 Server terminal will wait for connection on the specified port. このとき、statusウインドウで表示されている状態は、ru At this time, the state that is displayed in the status window, ru
nningになる。 It becomes nning.

【0208】このように、ビューロの準備が完了した後、ブラウザがビューロに接続してきたとき、ビューロは、そのブラウザの位置を他のブラウザに教えたり、会話や動作の情報を受け渡しする。 [0208] In this way, after the preparation of the bureau has been completed, when the browser has been connected to the bureau, bureau, or tell the position of the browser to other browsers, to pass the information of conversation and behavior.

【0209】ビューロのstatusウインドウは、ユーザからの接続が来る度に更新されるので、このウインドウを使うことにより、その世界に入っているユーザを確認することができる。 [0209] bureau of the status window, because it is updated every time the connection from the user come, by using this window, it is possible to confirm the user has entered in the world.

【0210】[ブラウザの接続]ブラウザをビューロに接続するには、次の2つのことが必要となる。 [0210] To connect the Browser Connection browser to the bureau, the next need two things. 1つは、 One is,
ブラウザにどのビューロに接続するのかを指示することである。 It is to indicate whether to connect to any bureau in the browser. これは、VRMLファイルにinfoノードを書き込むことにより行われる。 This is done by writing the info node in VRML file. そして、もう1つは、自分が他のユーザから見えるように、自分のアバタのファイルを適当なディレクトリにコピーすることである。 Then, the other one, as they appear from the other user, is to copy the files of your avatar to the appropriate directory.

【0211】[VRMLファイルへの追加]接続するビューロを指定する行をVRMLファイルに書き込むとき、ビューロが動いているパーソナルコンピュータの名称と、ポート番号を指定する。 [0211] When writing a line specifying the bureau to connect Add to VRML file] in the VRML file, specify the name of the personal computer that is moving bureau, the port number. この場合の書式は次のようになる。 The format of this case is as follows. DEF VsServer Info {string"サーハ゛名:ホ゜ート番号"} DEF VsServer Info {string "Saha Bu name: port number"}

【0212】サーバ端末名は、ビューロの動作しているインターネットでのマシン名(例えばfred.research.so [0212] The server terminal name is the machine name of the Internet running of the bureau (for example fred.research.so
ny.com)、またはそのIPアドレス(例えば123.231.1 ny.com), or its IP address (for example 123.231.1
2.1)になる。 It becomes 2.1). ポート番号は、ビューロで設定したポート番号である。 Port number is a port number set in the bureau.

【0213】従って、上記した書式は例えば次のようになる。 [0213] Thus, the format described above, for example, as follows. DEF VsServer Info {string"fred.research.sony.com:5 DEF VsServer Info {string "fred.research.sony.com:5
126"} 126 "}

【0214】また、図25の例においては、共有サーバ端末11−1のIPアドレスは、43.0.35.117とされているので、この場合には、上記した書式は次のようになる。 [0214] Further, in the example of FIG. 25, IP address of the shared server terminal 11-1, since there is a 43.0.35.117, in this case, the format described above is as follows. DEF VsServer Info { string "43.0.35.117:5126"} DEF VsServer Info {string "43.0.35.117:5126"}

【0215】このような書式を用意したVRMLファイルの #VRML V1.0 ascii の下の行に追加する。 [0215] to add to the bottom line of #VRML V1.0 ascii of VRML file that you prepared such a format.

【0216】[アバタファイルのコピー]Community Pl [0216] [copy of the avatar file] Community Pl
ace Browserは、Community Place Bureauに接続されたとき、それに対し、自分のアバタを通知する。 ace Browser is, when it is connected to the Community Place Bureau, whereas, to notify their own avatar. 所定のアバタが他のアバタと出会ったとき、ビューロは、この情報を他のブラウザに通知することにより、所定のアバタを他のブラウザに表示させる。 When a predetermined avatar encounters with other avatars, bureau, by notifying the information to the other browsers to display a predetermined avatar to other browsers. このため、所定のアバタのVRMLファイルを予め適当な場所にコピーする必要がある。 Therefore, it is necessary to copy the previously appropriate location VRML file of a given avatar.

【0217】次に、ビューロ(共有サーバ端末11)におけるブラウザ(クライアント端末13)の管理について説明する。 [0217] Next, a description will be given of management of the browser (client terminal 13) in the bureau (shared server terminal 11).

【0218】ビューロは、自身に接続しているブラウザを、例えば、図27に示すようなユーザ管理テーブルによって管理するようになされている。 [0218] bureau, the browser connecting to itself, for example, have been made to manage the user management table as shown in FIG. 27.

【0219】即ち、ビューロは、ブラウザが接続しにくると、そのブラウザに、ユニークなユーザIDを付与する。 [0219] In other words, the bureau, the browser comes to connect, to the browser, to give a unique user ID. さらに、ビューロは、そのブラウザのユーザ(アバタ)のニックネーム、そのユーザが使用するアバタの各種のパラメータ、および仮想現実空間における、そのアバタの座標(共有空間座標)(位置情報)をブラウザから取得し、これら(以下、適宜、共有データという) Furthermore, bureau, nickname of the user (avatar) of the browser, to retrieve various parameters of the avatar used by the user, and in the virtual reality space, coordinates of the avatar (shared space coordinates) (position information) from the browser these (hereinafter referred to as shared data)
を、ユーザIDに対応付けて、ユーザ管理テーブルに登録する。 And in association with the user ID, and registered in the user management table. なお、図27(A)の実施の形態では、ブラウザに対して、ビューロに接続しに来た順番に、1から、 In the embodiment of FIG. 27 (A), to the browser, came the order to connect to the bureau, from 1,
整数のユーザIDが付されるようになされている。 Integer user ID is adapted to be attached. また、図27(A)は、64のブラウザ(ユーザ)がビューロに接続しているときのユーザ管理テーブルを示している。 Further, FIG. 27 (A) shows the user management table when the 64 browser (user) is connected to the bureau.

【0220】ビューロは、接続しに来たブラウザのユーザIDと共有データを、ユーザ管理テーブルに登録すると、仮想現実空間において、そのユーザの周囲に存在するユーザを、ユーザ管理テーブルを参照することで認識し、そのユーザについてのユーザIDと共有データとを、例えば、図27(B)に示すようにテーブル(以下、適宜、周囲情報テーブルという)にし、接続しに来たブラウザに送信する。 [0220] bureau, the shared data with the user ID of the browser that came to be connected, and registered in the user management table, in the virtual reality space, a user that exists on the periphery of the user, by referring to the user management table recognized, the user ID and shared data for that user, for example, a table (hereinafter referred to as ambient information table) as shown in FIG. 27 (B) to be sent to the browser, which came to be connected. この周囲情報テーブルは、上述の更新情報に相当し、従って、各ブラウザでは、この周囲情報テーブルを用いて、他のユーザのアバタの状態が更新される。 The ambient information table corresponds to the update information described above, therefore, in each browser uses this ambient information table, the state of the avatar of another user is updated. さらに、ブラウザでは、周囲情報テーブルを用いて、後述するようなレーダの機能も実現される。 Furthermore, the browser, using ambient information table is implemented the function of the radar, as will be described later.

【0221】次に、図28を参照して、周囲情報テーブルの生成方法について説明する。 [0221] Next, with reference to FIG. 28, a description method for generating ambient information table.

【0222】ビューロは、ブラウザが接続しに来ると、 [0222] bureau, and come to the browser connects,
図28に実線で示すように、例えば、そのブラウザのユーザを中心とする所定の半径Rvの球を、視認可能領域(Visible Area)(オーラ)として設定する。 As shown by the solid line in FIG. 28, for example, a sphere of a predetermined radius Rv around the user of the browser is set as visible regions (Visible Area) (aura). そして、 And,
この視認可能領域内に存在する、他のユーザを、ユーザ管理テーブル(図27(A))に登録されている共有空間座標から認識し、その認識したユーザについてのユーザIDと共有データをテーブル化することで、図27 Present in the visible region, the other users, and recognizes from the shared space coordinates registered in the user management table (FIG. 27 (A)), the table of the user ID and shared data for the user who recognition by, as shown in FIG. 27
(B)に示した周囲情報テーブルを生成する。 Generating ambient information table shown in (B). 従って、 Therefore,
図27(B)に示した周囲情報テーブルは、接続しに来たブラウザのユーザが存在する位置を中心とする半径R Figure 27 is ambient information table shown (B), the radius R centered on the position where the user exists browser came connected
vの球の中に、ユーザIDが02乃至11の10人が存在する場合に生成されたものを表している。 v in the sphere represent those generated when the user ID is present ten 02 to 11.

【0223】ここで、上述したように、ブラウザでは、 [0223] Here, as described above, in the browser,
周囲情報テーブルを用いて、他のユーザのアバタの状態が更新されるから、あるブラウザに注目した場合、その注目ブラウザに送信される周囲情報テーブルに登録されていないユーザ、即ち、視認可能領域の外に存在するユーザについての情報は、注目ブラウザにおいて表示される仮想現実空間に、なんら反映されないが、これは、次のような理由による。 Using ambient information table, because the state of the avatar of another user is updated, when attention is paid to a certain browser, users who are not registered in the surrounding information table is sent to the attention browser, i.e., viewable area of information about the user that exists outside the virtual reality space displayed in the attention browser, but no not reflected, this is for the following reason.

【0224】即ち、まず、第1に、現実の空間においても、人間が見ることのできるは、自己を中心とした所定の範囲における状態の変化に限られるためである。 [0224] That is, first, the first, also in the real space, the human can see, because to be limited to the change of state in a predetermined range around the self. そして、第2に、仮想現実空間に存在するすべてのユーザについての情報を、ビューアからブラウザに送信する場合、その仮想現実空間に、莫大な数のユーザが存在するときには、ネットワークのトラフィックも莫大なものとなるためである。 Then, the second, the information about all users that exist in the virtual reality space, when transmitting from the viewer to the browser, to the virtual reality space, when the huge number of users is present, network traffic is also enormous of This is because the thing.

【0225】なお、視認可能領域内に、多くのユーザが入り込み、これにより、ネットワークのトラフィックが増加することが考えられる。 [0225] Incidentally, in the visible region, enter the number of users, by which, it is conceivable that the network traffic increases. そこで、周囲情報テーブルには、例えば、所定の人数(例えば、10人など)までのユーザについての情報だけを登録するように制限することが可能である。 Therefore, around information table, for example, it is possible to limit to register only the information about the user to a predetermined number (e.g., ten). 即ち、視認可能領域に、所定の人数のユーザが入り込んだときには、誰かが、その視認可能領域の外に出るまでは、それ以後に、視聴可能領域に入り込んだユーザについての情報は、周囲情報テーブルに登録しないようにすることができる。 That is, the viewable area, when entered by the user of a given number of people, someone, until goes out of the visible region, it since, the information about the user that has entered the viewing area, the surrounding information table it is possible to avoid registration to. あるいは、また、 Or, also,
視認可能領域内に、所定の人数を越えたユーザが入り込んだときには、そのうちの、視認可能領域の中心から近い位置に居る所定の人数のユーザについての情報だけを、周囲情報テーブルに登録するようにすることなども可能である。 The viewable area, when entered by a user exceeds a predetermined number of people, of which, only the information for a given number of users are in the close position from the center of the viewing area, to register the surrounding information table it is also like to be.

【0226】次に、図28に示した実施の形態では、視認可能領域の他に、チャット可能領域も設定されるようになされている。 [0226] Next, in the embodiment shown in FIG. 28, in addition to the visible region, are made as a chat area is set.

【0227】即ち、ビューロは、ブラウザが接続しに来ると、図28に点線で示すように、例えば、そのブラウザのユーザを中心とする所定の半径Raの球を、チャット可能領域(Chat enable Area)(オーラ)として設定する。 [0227] That is, bureau, come to connect the browser, as shown by a dotted line in FIG. 28, for example, a sphere of a predetermined radius Ra around the user of the browser, chat area (Chat enable Area ) is set as the (aura). そして、ビューロは、このチャット可能領域内に存在するユーザどうしでのみチャットを行うことができるように制御を行う。 The bureau controls so as to perform a chat only between users present in the chat can region. このようにチャットすることのできる範囲を制限するのは、上述の視認可能領域における場合と同様に、現実の空間において、人間が話しをすることのできるは、自己を中心とした所定の範囲に居る人間とに限られ、また、ネットワークのトラフィックが莫大なものとなることを防止するためである。 To limit the range that can be chatting in this way, as in viewable area of ​​the above, in a real space, can a human to speak is a predetermined range around the self limited to a human who is, also, in order to prevent the network traffic becomes enormous.

【0228】ここで、図28の実施の形態では、チャット可能領域が、視認可能領域より小さくなっているが、 [0228] Here, in the embodiment of FIG. 28, the chat region is, although smaller than the visible region,
これは、現実の世界において、一般的に、聴くことのできる範囲が、見ることができる範囲よりも狭いことに対応させるためである。 This, in the real world, in general, the range that can be heard is, is to correspond to narrower than the range that can be seen. 但し、チャット可能領域は、必ずしも、視認可能領域より狭い範囲にする必要はない。 However, the chat region does not necessarily need to be in a narrow range from visible region.

【0229】なお、視認可能領域およびチャット可能領域の形状は、球に限定されるものではなく、例えば、円柱その他の任意の形状とすることが可能である。 [0229] The shape of the viewable area and chat region is not limited to a sphere, for example, it may be a cylindrical any other shape.

【0230】また、視認可能領域(チャット可能領域についても同様)である球の半径は固定としても良いが、 [0230] Also, the radius of the sphere is viewable area (the same is true for the chat region) may be a fixed,
可変とすることも可能である。 It is also possible to vary. 即ち、例えば、視認可能領域の半径は、ビューロにおいて、その領域内に、常時、所定の人数のユーザが入るような値に変化させるようにすることことが可能である。 Thus, for example, the radius of the viewable area, the bureau, in that region, constantly, it is possible to ensure that changing to a value that the user enters the predetermined number. あるいは、ブラウザ側において、任意の値に設定するようにすることも可能である。 Alternatively, the browser side, it is also possible to set to an arbitrary value.

【0231】次に、図29は、ブラウザの表示例を示している。 [0231] Next, FIG. 29 shows a display example of the browser.

【0232】ブラウザが起動されると、メインウインドウ201がオープンされ、そこに、仮想現実空間(ワールド)が表示される。 [0232] When the browser is started, the main window 201 is opened, there, the virtual reality space (world) is displayed. さらに、ブラウザがビューロに接続され、そのビューロから周囲情報テーブルが送信されてくると、メインウインドウ201には、その周囲情報テーブルに基づいて、他のユーザのアバタが表示される。 Furthermore, the browser connects to the bureau, the ambient information table from the bureau is transmitted, the main window 201, based on the ambient information table, the avatar of the other user is displayed. 図29の実施の形態では、2つのアバタAおよびB In the embodiment of FIG. 29, two avatars A and B
が表示されている。 There has been displayed.

【0233】また、図29の実施の形態では、メインウインドウ201の右側に、マルチユーザウインドウ20 [0233] In the embodiment of FIG. 29, on the right side of the main window 201, the multi-user window 20
2がオープンされている。 2 is open. このマルチユーザウインドウ202は、ブラウザがビューロに接続されると、即ち、 The multi-user window 202, the browser is connected to the bureau, i.e.,
同一の仮想現実空間が他のユーザと共有状態となると、 When the same virtual reality space is shared state with other users,
オープンされるようになされている。 It is adapted to be opened. このマルチユーザウインドウ202に、文字列を入力すると、その文字列が、ビューロを介して、そのビューロと接続されている、他のブラウザ(但し、チャット可能領域内に居るユーザのブラウザ)に送信され、また、マルチユーザウインドウ202には、このようにして他のブラウザから送信されている文字列が表示され、これにより、チャット可能領域内に居るユーザとチャットをすることができるようになされている。 This multiuser window 202, entering a string, the string is, via the bureau, and is connected with its bureau, sent to other browsers (however, the user's browser who are available to chat region) Further, the multi-user window 202 Thus string being transmitted from another browser is displayed, thereby, are made to be able to the users and chat being in chat possible area .

【0234】ところで、ブラウザには、レーダの機能が備えられている。 [0234] By the way, the browser function of the radar is provided. 即ち、メインウインドウのMultiUser In other words, MultiUser of the main window
メニューから、Radar Mapアイテムを選択すると、ブラウザでは、そのメインウインドウ201の、例えば、右上に、仮想現実空間に重ねて(重畳して)、円に十字形を加えた座標系上に、他のユーザの位置を示したグラフィックスであるレーダ203が表示(スーパインポーズ)される。 From the menu, selecting the Radar the Map item, the browser, the main window 201, for example, the upper right, (superimposed) on top in the virtual reality space, cross the on the coordinate system is added to a circle, other radar 203 is a graphics showing the position of the user is displayed (superimposed).

【0235】ここで、図30は、レーダ203の詳細を示している。 [0235] Here, FIG. 30 shows details of the radar 203.

【0236】レーダ203の十字形の中心(交点)が自己の位置に対応しており、そこには、自己の周囲に居るユーザの位置が、例えば、赤などの所定の色を付した点や四角形などで示されている。 [0236] A cruciform center of the radar 203 (intersection) corresponds to its own position, there is a position of the user in the periphery of the self, eg, Ya points marked with a predetermined color, such as red It has been shown in such as a rectangle. なお、図30の実施の形態では、図29に示したアバタ(ユーザ)AおよびBの位置が示されている。 In the embodiment of FIG. 30, the position of the avatar (user) A and B shown in FIG. 29 is shown.

【0237】ブラウザは、Radar Mapアイテムが選択されると、例えば、次のようにしてレーダ203を生成して、メインウインドウ201に表示された仮想現実空間にオーバレイさせる。 [0237] The browser, when Radar the Map item is selected, for example, generates the radar 203 in the following manner, is overlaid on the virtual reality space displayed in the main window 201.

【0238】即ち、ブラウザは、上述したように、ビューロから送信されてくる周囲情報テーブルを取得し、その共有空間座標から、他のユーザが存在する、仮想現実空間の位置を認識する。 [0238] That is, the browser, as described above, it acquires the ambient information table transmitted from bureau, from the shared space coordinates, other user exists, recognizes the position of the virtual reality space. そして、ブラウザは、そのユーザ(ブラウザのユーザ)が存在する位置と、認識した他のユーザの位置とから、他のユーザの位置を、レーダ2 Then, the browser is set to the position where the user (browser user) is present, and a position of another user who recognizes the position of other users, the radar 2
03に反映させ、メインウインドウ201に、仮想現実空間と重ねて表示させる。 03 to be reflected, in the main window 201, to be displayed over the virtual reality space.

【0239】従って、本実施の形態では、レーダ203 [0239] Thus, in this embodiment, the radar 203
には、視認可能領域内に存在するユーザの位置のみが反映される。 The only position of the user existing in a visible region is reflected.

【0240】よって、仮想現実空間に、他のユーザが居たとしても、そのユーザが、視認可能領域内に居ない場合には、そのユーザの位置は、レーダ203に表示されないことになる。 [0240] Thus, the virtual reality space, be other users was there, the user can, if absent in visible region, the position of the user will not be displayed in the radar 203. この場合、ユーザに、仮想現実空間の中に、自分以外に誰もいないと勘違いさせることになる。 In this case, the user, in the virtual reality space, will be mistaken for no one is other than your own. そこで、マルチユーザウインドウの左下には、人数インジケータ204が設けられており、そこには、仮想現実空間の中に居るユーザの総数が表示されるようになされている。 Therefore, multi At the lower left of the user window number indicator 204 is provided, there is adapted to the total number of users who are in the virtual reality space is displayed.

【0241】なお、仮想現実空間内のユーザの総数は、 [0241] It should be noted that the total number of users in the virtual reality space,
ビューロから送信されてくるようになされており、ブラウザでは、これが受信されて、人数インジケータ204 It has been made as transmitted from bureau, the browser, which is received, number indicator 204
に反映される。 It is reflected in the.

【0242】図29の実施の形態では、人数インジケータ204は、仮想現実空間に、4人のユーザが居ることを示している(図29の実施の形態では、メインウインドウ201に2人のユーザ(アバタ)が表示されているから、その他に、2人のユーザが居ることになる)。 [0242] In the embodiment of FIG. 29, number indicator 204, the virtual reality space, four in the embodiment of the user indicate that the there (FIG. 29, the main window 201 two users ( since the avatar) is being displayed, on the other, so that the two users is present).

【0243】さらに、図29の実施の形態では、人数インジケータ204の右側に、要求ボタン205が設けられている。 [0243] Further, in the embodiment of FIG. 29, the right side of the number indicator 204, the request button 205 are provided. ユーザが、マウス46bなどを操作して、この要求ボタン205をクリックすると、ブラウザは、例えば、図31に示すように、ニックネームウインドウ2 The user operates the mouse 46b, clicking this request button 205, the browser, for example, as shown in FIG. 31, the nickname window 2
06をオープンし、そこに、視認可能領域内に存在するユーザのニックネームのリスト(名前リスト)を表示する。 06 to open the, there, to display a list of the user's nickname present in the visible region (name list).

【0244】即ち、ブラウザは、ビューロから、周囲情報テーブル(図27(B))(名前リスト)を取得し、 [0244] In other words, the browser, obtained from the bureau, the ambient information table (FIG. 27 (B)) (the name list),
これにより、視認可能領域内にいる、他のユーザのニックネームを認識する。 Thus, being in the visible region, recognizing the nickname of another user. さらに、ブラウザは、そのニックネームを、共有空間座標に基づいて、自己の位置から近い位置にいるユーザの順に並べ替え、ニックネームウインドウ206に、その並べ替えたニックネームをリスト形式で表示する。 Furthermore, the browser, and the nickname, based on the shared space coordinates, sorted by user at the position close to the own position, the nickname window 206, and displays the sorted nickname list format.

【0245】従って、ユーザは、ニックネームを、容易に認識し、これにより、3次元仮想現実空間を共有する他のユーザ(但し、ここでは、視認可能領域内に居るユーザ)を、容易に認識(特定)することができる。 [0245] Therefore, the user, a nickname, easily recognized, so that other users who share the three-dimensional virtual reality space (except that a user in the viewable area) to easily recognize ( can be specified).

【0246】なお、ブラウザでは、カーソルを、メインウインドウ201に表示されたアバタ上に移動することによっても、そのアバタのニックネームが表示されるようになされている。 [0246] In the browser, cursor, by moving on the avatar that is displayed in the main window 201, the nickname of the avatar is made to appear.

【0247】以上のようにして、ニックネームが表示された後、その表示されたニックネームのうちのいずれかが、その位置にカーソルが移動されてクリックされることにより指定されると、ブラウザは、例えば、図32に示すように、そのニックネームが付されたアバタの正面の位置に移動する。 [0247] As described above, after the nickname is displayed, if any of the displayed nickname, the cursor in that position is designated by being clicked is moved, the browser, for example, as shown in FIG. 32, it moves to a position in front of the avatar that the nickname attached.

【0248】従って、この場合、所望するユーザが居る位置に、容易に移動することができる。 [0248] Therefore, in this case, a position desired user is located, can be easily moved.

【0249】なお、図32の実施の形態は、図31において、ニックネーム「kamachi」がクリックされ、そのニックネーム「kamachi」が付されたアバタの正面に移動した状態を示している。 [0249] Incidentally, the embodiment of FIG. 32, in FIG. 31, is clicked nickname "kamachi" is shows a state in which the nickname "kamachi" has moved in front of the avatar attached.

【0250】次に、図33のフローチャートを参照して、上述のブラウザの処理について、さらに説明する。 [0250] Next, with reference to the flowchart of FIG. 33, the processing of the above-mentioned browser, further described.

【0251】まず最初に、ステップS201では、ビューロから送信されてくる、仮想現実空間内に存在するユーザの総数が受信され、これにより、その総数が認識される。 [0251] First, at step S201, sent from the bureau, the received total number of users existing in the virtual reality space is thereby, that the total number is recognized. そして、ステップS202において、人数インジケータ204に、その総数が表示され、ステップS20 Then, in step S202, the number indicator 204, the total number will be displayed, step S20
3に進み、要求ボタン205がクリックされたかどうかが判定される。 Proceed to 3, a request button 205 whether the click is determined. ステップS203において、要求ボタン205がクリックされていないと判定された場合、ステップS201に戻る。 In step S203, if the request button 205 is judged not clicked, the flow returns to step S201.

【0252】また、ステップS203において、要求ボタン205がクリックされたと判定された場合、ステップS204に進み、ビューロから送信されてくる周囲情報テーブルに基づいて、自己の周囲にいるユーザ(アバタ)(視認可能領域内に居るユーザ)が認識される。 [0252] Further, in step S203, if the request button 205 is judged to be clicked, the process proceeds to step S204, based on the ambient information table transmitted from the bureau, the user at the periphery of the self (avatar) (visual being in possible area user) is recognized. そして、ステップS205において、ニックネームウインドウがオープンされ、ステップS204で認識されたユーザのニックネームがリスト形式で表示される。 Then, in step S205, the nickname window is opened, the nickname of recognized user in step S204 is displayed in a list format.

【0253】その後、ステップS206に進み、ニックネームウインドウに表示されたニックネームのうちのいずれかがクリックされたかどうかが判定される。 [0253] Then, the process proceeds to step S206, whether any of the nickname displayed on the nickname window is clicked or not. ステップS206において、ニックネームがクリックされていないと判定された場合、ステップS206に戻る。 In step S206, if the nickname is not determined to be clicked, the flow returns to step S206. また、ステップS206において、ニックネームがクリックされたと判定された場合、ステップS207に進み、 Further, in step S206, if it is determined that the nickname is clicked, the process proceeds to step S207,
そのクリックされたニックネームが付されたアバタの正面に移動し、処理を終了する。 Go to the front of the avatar that clicked nickname is attached, the process is terminated.

【0254】ところで、レーダ203に表示されるユーザと、ニックネームウインドウ206に表示されるユーザとは、いずれも視認可能範囲にいるユーザであるから、その数は一致する。 [0254] Incidentally, a user that is displayed on the radar 203, the user is displayed in the nickname window 206, since both are users in visible range, the number of matches. 即ち、ニックネームウインドウ206には、レーダ203に位置が表示されるユーザについてのニックネームが表示される。 That is, the nickname window 206, the nickname of the user located in the radar 203 is displayed is displayed.

【0255】従って、ニックネームウインドウ206にニックネームが表示されたユーザと、レーダ203に位置が表示されたユーザとの対応関係がわかれば便利である。 [0255] Therefore, it is convenient Knowing the correspondence between the user nickname in the nickname window 206 is displayed, the user position is displayed on the radar 203.

【0256】本実施の形態では、ニックネームが、自分からの距離が近い順に表示されるので、レーダ203を見ることで、どの位置にいるユーザが、どのニックネームに対応するのかを、ある程度想像することができるが、例えば、次のようにすることにより、ニックネームと、そのユーザの位置とを対応関係を、より明確に認識することが可能となる。 [0256] In this embodiment, nickname, the distance from the own are displayed in order of distance, by looking at the radar 203, the user at any position, or to correspond to any nickname, to some extent imagine but it is, for example, by the following manner, and the nickname, the correspondence between the position of the user, it is possible to recognize more clearly.

【0257】即ち、例えば、レーダ203に、ユーザの位置を、各ユーザごとに異なる色の点などを用いて表示するとともに、各ユーザに用いた色を、そのユーザのニックネームを表示するのに用いるようにする。 [0257] That is, for example, the radar 203, the position of the user, and displays by using a point of a different color for each user, the color used in each user, used to display the nickname of the user so as to. あるいは、また、例えば、レーダ203に、ユーザの位置を、 Alternatively, also, for example, the radar 203, the position of the user,
各ユーザごとに異なる番号を用いて表示するとともに、 And displays with different numbers for each user,
各ユーザに用いた番号を、そのユーザのニックネームとともに表示するようにしても良い。 The number used in each user, may be displayed along with the nickname of the user.

【0258】以上、本発明を、ネットワーク15として、インターネットを採用するとともに、WWWを利用する場合について説明したが、本発明は、ネットワーク15として、インターネット以外の広域通信網を採用した場合、また、WWW以外のシステムを採用した場合においても、実現可能である。 [0258] Although the present invention as the network 15, while adopting the Internet, has been described to utilize the WWW, the present invention is, as the network 15, when employing a wide area network other than the Internet, also, in the case of adopting the system other than WWW it can also be realized.

【0259】 [0259]

【発明の効果】以上の如く、請求項1に記載の情報処理装置および請求項6に記載の情報処理方法、並びに請求項7に記載の記録媒体によれば、3次元仮想現実空間において、所定の範囲内に存在する更新オブジェクトの名前についての名前リストが、共有サーバ端末から取得され、その名前リストが、表示装置に表示される。 As above, according to the present invention, an information processing method according to an information processing apparatus and claim 6 according to claim 1, and according to the recording medium according to claim 7, in the three-dimensional virtual reality space, a predetermined the name list for the name of the update object existing in the range of is acquired from the shared server terminal, the name list is displayed on the display device. 従って、3次元仮想現実空間を共有する他のユーザを、容易に認識、特定することが可能となる。 Thus, the other users that share the three-dimensional virtual reality space, easily recognized, it is possible to identify.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明を適用したサイバースペースシステムの一実施例の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing the structure of an embodiment of a cyberspace system according to the present invention.

【図2】WWWを説明するための図である。 FIG. 2 is a diagram for explaining the WWW.

【図3】URLの例を示す図である。 FIG. 3 is a diagram showing an example of a URL.

【図4】図1の情報サーバ端末10の構成例を示すブロック図である。 4 is a block diagram showing a configuration example of an information server terminal 10 of FIG.

【図5】図1の共有サーバ端末11の構成例を示すブロック図である。 5 is a block diagram showing a configuration example of a shared server terminal 11 of FIG. 1.

【図6】図1のマッピングサーバ端末12の構成例を示すブロック図である。 6 is a block diagram showing a configuration example of a mapping server terminal 12 of FIG. 1.

【図7】図1のクライアント端末13の構成例を示すブロック図である。 7 is a block diagram showing a configuration example of the client terminal 13 in FIG. 1.

【図8】図1のサービス提供者端末14の構成例を示すブロック図である。 8 is a block diagram showing a configuration example of the service provider terminal 14 of FIG. 1.

【図9】図1のサイバースペースシステムにより形成される仮想現実空間を説明する図である。 9 is a diagram illustrating a virtual reality space formed by the cyberspace system of FIG.

【図10】図9のアバタCからの視野を説明する図である。 10 is a diagram explaining the field of view of the avatar C of FIG.

【図11】図9のアバタDからの視野を説明する図である。 11 is a diagram explaining the field of view of the avatar D in FIG.

【図12】図1の実施例におけるサイバースペースシステムの一部の割当空間を説明する図である。 Is a diagram illustrating a portion of the allocation space of cyberspace system in the embodiment of FIG. 12 FIG.

【図13】図12のアバタCからの視野を説明する図である。 13 is a diagram explaining the field of view of the avatar C of FIG.

【図14】図12のアバタFからの視野を説明する図である。 14 is a diagram explaining the field of view of the avatar F in FIG.

【図15】クライアント端末13(サービス提供者端末14)の動作を説明するフローチャートである。 15 is a flowchart for explaining the operation of the client terminal 13 (service provider terminal 14).

【図16】情報サーバ端末10の動作を説明するフローチャートである。 16 is a flowchart for explaining the operation of the information server terminal 10.

【図17】マッピングサーバ端末12の動作を説明するフローチャートである。 17 is a flowchart for explaining the operation of the mapping server terminal 12.

【図18】共有サーバ端末11の動作を説明するフローチャートである。 18 is a flowchart for explaining the operation of the shared server terminal 11.

【図19】クライアント端末13と、情報サーバ端末1 [19] The client terminal 13, the information server terminal 1
0、共有サーバ端末11、またはマッピングサーバ端末12それぞれとの間の通信手順を説明するための図である。 0, is a diagram for explaining the communication procedure between the shared server terminal 11 or the mapping server terminal 12, respectively.

【図20】同一の仮想現実空間に配置された更新オブジェクトを管理する共有サーバ端末が複数存在する場合を説明するための図である。 20 is a diagram for explaining the case where shared server terminal that manages the update object placed in the same virtual reality space there are multiple.

【図21】クライアント端末13の他の構成例を示すブロック図である。 FIG. 21 is a block diagram showing another configuration example of the client terminal 13.

【図22】基本オブジェクトと更新オブジェクトの格納先を説明する図である。 22 is a diagram illustrating a storage destination of the basic object and update object.

【図23】基本オブジェクトと更新オブジェクトの配置を説明するための図である。 23 is a diagram for explaining the arrangement of the basic object and update object.

【図24】サイバースペースシステムを実現するためのソフトウエアを説明するための図である。 FIG. 24 is a diagram for explaining the software to realize the cyberspace system.

【図25】クライアント端末13−1と共有サーバ端末11−1の上で動作するソフトウエアを説明する図である。 25 is a diagram illustrating the software operating the client terminal 13-1 on the shared server terminal 11-1.

【図26】ソフトウエアが動作する環境を説明する図である。 FIG. 26 is a diagram to explain the environment in which the software is running.

【図27】ユーザ管理テーブルと周囲情報テーブルを示す図である。 27 is a diagram showing a user management table and the surrounding information table.

【図28】オーラ(視認可能領域およびチャット可能領域)を示す図である。 28 is a diagram showing an aura (visual region and chat region).

【図29】ブラウザにおける画面の表示例を示す写真である。 FIG. 29 is a photograph showing a display example of a screen in the browser.

【図30】レーダ203を示す図である。 30 is a diagram showing a radar 203.

【図31】ブラウザにおける画面の表示例を示す写真である。 FIG. 31 is a photograph showing a display example of a screen in the browser.

【図32】ブラウザにおける画面の表示例を示す写真である。 FIG. 32 is a photograph showing a display example of a screen in the browser.

【図33】ブラウザの処理を説明するためのフローチャートである。 FIG. 33 is a flowchart for explaining the processing of the browser.

【図34】従来のサイバースペースシステムの一例の構成を示すブロック図である。 FIG. 34 is a block diagram showing an example of a configuration of a conventional cyberspace system.

【図35】図34のクライアント端末3−1の表示例を示す図である。 35 is a diagram showing a display example of a client terminal 3-1 of Figure 34.

【図36】図34のクライアント端末3−2の表示例を示す図である。 36 is a diagram showing a display example of the client terminal 32 in FIG. 34.

【図37】従来のLANを介して構築されたサーバースペースシステムの通信手段を示す概念図である。 37 is a conceptual diagram showing a communication unit of the server space system built via a conventional LAN.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 情報サーバ端末, 11 共有サーバ端末, 1 10 information server terminal, 11 shared server terminal, 1
2 マッピングサーバ端末, 13−1乃至13−3 2 mapping server terminal, 13-1 through 13-3
クライアント端末(情報処理装置), 15ネットワーク(広域通信網), 21 CPU, 22 ROM, The client terminal (information processing apparatus), 15 network (Wide Area Network), 21 CPU, 22 ROM,
23 RAM, 24 通信装置, 25 表示装置, 26 マイク, 27 スピーカ, 28 インターフェース, 29 入力装置, 30 記憶装置, 23 RAM, 24 communication device, 25 display device, 26 a microphone, 27 a speaker, 28 interface, 29 input device, 30 memory,
41CPU(表示処理手段), 42 ROM, 4 41CPU (display processing means), 42 ROM, 4
3 RAM, 44 通信装置(取得処理手段), 4 3 RAM, 44 a communication device (acquisition processing unit), 4
5 表示装置, 46 マイク, 47 スピーカ,4 5 display, 46 a microphone, 47 a speaker, 4
8 インターフェース, 49 入力装置, 50 記憶装置, 81 CPU, 82 ROM, 83 R 8 interface, 49 input device, 50 memory, 81 CPU, 82 ROM, 83 R
AM, 84 通信装置, 85 記憶装置,91 C AM, 84 communication device, 85 memory, 91 C
PU, 92 ROM, 93 RAM, 94 通信装置, 95記憶装置, 130 ドメインネームサーバ, 201 メインウインドウ,202 マルチユーザウインドウ, 203 レーダ, 204 人数インジケータ, 205 要求ボタン, 206 ニックネームウインドウ PU, 92 ROM, 93 RAM, 94 communication device, 95 memory, 130 domain name server, 201 main window, 202 multiuser window 203 radar, 204 persons indicator, 205 request button, 206 nickname window

Claims (7)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 複数のユーザが共通して利用する基本オブジェクトと、各ユーザの操作に応じてその状態が更新される更新オブジェクトとに関する3次元グラフィックスデータを取得して、3次元仮想現実空間を表示する複数の情報処理装置と、前記各情報処理装置から各々通知される前記更新オブェクトの状態の更新に関する更新データを管理する共有サーバ端末とを、不特定の端末が相互に接続される広域通信網を介して接続した3次元仮想現実空間共有システムにおける情報処理装置であって、 前記3次元仮想現実空間において、所定の範囲内に存在する前記更新オブジェクトの名前についての名前リストを、前記共有サーバ端末から取得する取得処理手段と、 前記名前リストを、表示装置に表示させる表示処理手段とを備えることを 1. A basic object in which a plurality of users use commonly, to obtain the three-dimensional graphics data about the update object whose state is updated according to the operation of the user, the three-dimensional virtual reality space a plurality of information processing device for displaying, and a shared server terminal that manages the update data about the update status of the update Obuekuto said are each notified from the information processing apparatus, a wide area of ​​unspecified terminals are connected to each other an information processing apparatus in the three-dimensional virtual reality space sharing system connected via a communication network, in the three-dimensional virtual reality space, a name list of names of the update object existing within the predetermined range, the shared an acquisition processing means for acquiring from the server terminal, the list of names, further comprising a display processing means for displaying on the display device 徴とする情報処理装置。 Information processing apparatus according to symptoms.
  2. 【請求項2】 前記名前リストは、所定の操作が行われたときに表示されることを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。 Wherein said name list, the information processing apparatus according to claim 1, characterized in that is displayed when a predetermined operation is executed.
  3. 【請求項3】 前記取得処理手段は、前記3次元仮想現実空間内に存在する前記更新オブジェクトの総数も、前記共有サーバ端末から取得し、 前記表示処理手段は、前記更新オブジェクトの総数も、 Wherein said acquisition processing means, the total number of the update object existing in the three-dimensional virtual reality space are also obtained from the shared server terminal, the display processing unit, also the total number of the update object,
    前記表示装置に表示させることを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。 The information processing apparatus according to claim 1, characterized in that to be displayed on the display device.
  4. 【請求項4】 前記名前リストの中の所定の名前が指定されたとき、その名前の前記更新オブジェクトが存在する前記3次元仮想現実空間の位置に移動することを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。 Wherein when the given name in the name list is specified, according to claim 1, characterized in that to move the position of the three-dimensional virtual reality space in which the update object with that name exists the information processing apparatus.
  5. 【請求項5】 前記表示処理手段は、前記名前リストを、自己についての前記更新オブジェクトと、他のユーザについての更新オブジェクトとの間の距離に対応して並べ替えて表示させることを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。 Wherein said display processing means, the name list to the updating object for self, characterized by displaying sorted corresponds to the distance between the update objects for other users the information processing apparatus according to claim 1.
  6. 【請求項6】 複数のユーザが共通して利用する基本オブジェクトと、各ユーザの操作に応じてその状態が更新される更新オブジェクトとに関する3次元グラフィックスデータを取得して、3次元仮想現実空間を表示する複数の情報処理装置と、前記各情報処理装置から各々通知される前記更新オブェクトの状態の更新に関する更新データを管理する共有サーバ端末とを、不特定の端末が相互に接続される広域通信網を介して接続した3次元仮想現実空間共有システムにおける情報処理装置の情報処理方法であって、 前記3次元仮想現実空間において、所定の範囲内に存在する前記更新オブジェクトの名前についての名前リストを、前記共有サーバ端末から取得し、 その名前リストを、表示装置に表示させることを特徴とする情報処理方法。 6. A basic object in which a plurality of users use commonly, to obtain the three-dimensional graphics data about the update object whose state is updated according to the operation of the user, the three-dimensional virtual reality space a plurality of information processing device for displaying, and a shared server terminal that manages the update data about the update status of the update Obuekuto said are each notified from the information processing apparatus, a wide area of ​​unspecified terminals are connected to each other an information processing method for an information processing apparatus in the three-dimensional virtual reality space sharing system connected via a communication network, wherein the three-dimensional virtual reality space, the name list for the name of the update object existing in a predetermined range the, obtained from the shared server terminal, an information processing method characterized by that name list on the display device.
  7. 【請求項7】 複数のユーザが共通して利用する基本オブジェクトと、各ユーザの操作に応じてその状態が更新される更新オブジェクトとに関する3次元グラフィックスデータを取得して、3次元仮想現実空間を表示する複数の情報処理装置と、前記各情報処理装置から各々通知される前記更新オブェクトの状態の更新に関する更新データを管理する共有サーバ端末とを、不特定の端末が相互に接続される広域通信網を介して接続した3次元仮想現実空間共有システムにおける情報処理装置に実行させるコンピュータプログラムであって、 前記3次元仮想現実空間において、所定の範囲内に存在する前記更新オブジェクトの名前についての名前リストを、前記共有サーバ端末から取得する処理ステップと、 その名前リストを、表示装置に表示 7. A base object in which a plurality of users use commonly, to obtain the three-dimensional graphics data about the update object whose state is updated according to the operation of the user, the three-dimensional virtual reality space a plurality of information processing device for displaying, and a shared server terminal that manages the update data about the update status of the update Obuekuto said are each notified from the information processing apparatus, a wide area of ​​unspecified terminals are connected to each other the name of a computer program to be executed by the information processing apparatus in the three-dimensional virtual reality space sharing system connected via a communication network, in the three-dimensional virtual reality space, the name of the update object existing in a predetermined range the list, a processing step of obtaining from the shared server terminal, the name list displayed on the display device せる処理ステップとを有するコンピュータプログラムが記録されていることを特徴とする記録媒体。 Recording medium, wherein the computer program is recorded and a processing step of.
JP27873696A 1996-09-30 1996-09-30 Information processing apparatus and information processing method Expired - Fee Related JP3879154B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27873696A JP3879154B2 (en) 1996-09-30 1996-09-30 Information processing apparatus and information processing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27873696A JP3879154B2 (en) 1996-09-30 1996-09-30 Information processing apparatus and information processing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10105538A true true JPH10105538A (en) 1998-04-24
JP3879154B2 JP3879154B2 (en) 2007-02-07

Family

ID=17601497

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27873696A Expired - Fee Related JP3879154B2 (en) 1996-09-30 1996-09-30 Information processing apparatus and information processing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3879154B2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7945856B2 (en) 1995-11-13 2011-05-17 Worlds.Com, Inc. System and method for enabling users to interact in a virtual space
US8108439B2 (en) 2007-11-01 2012-01-31 International Business Machines Corporation Method and device for displaying and browsing a multi-faceted data set

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7945856B2 (en) 1995-11-13 2011-05-17 Worlds.Com, Inc. System and method for enabling users to interact in a virtual space
US8082501B2 (en) 1995-11-13 2011-12-20 Worlds.Com, Inc. System and method for enabling users to interact in a virtual space
US8145998B2 (en) 1995-11-13 2012-03-27 Worlds Inc. System and method for enabling users to interact in a virtual space
US8108439B2 (en) 2007-11-01 2012-01-31 International Business Machines Corporation Method and device for displaying and browsing a multi-faceted data set
US8589448B2 (en) 2007-11-01 2013-11-19 International Business Machines Corporation Method and device for displaying and browsing a multi-faceted data set

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3879154B2 (en) 2007-02-07 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Stone Will the real body please stand up?
US7464344B1 (en) Systems and methods for immersive advertising
US6731314B1 (en) Network-based three-dimensional multiple-user shared environment apparatus and method
US7043529B1 (en) Collaborative development network for widely dispersed users and methods therefor
US6175842B1 (en) System and method for providing dynamic three-dimensional multi-user virtual spaces in synchrony with hypertext browsing
US20100169837A1 (en) Providing Web Content in the Context of a Virtual Environment
US20020081020A1 (en) Infromation providing server, client, information providing system processing method, recording medium recording a program, and advertisement providing method
US20030156135A1 (en) Virtual reality system for tradeshows and associated methods
US6349301B1 (en) Virtual environment bystander updating in client server architecture
US6518989B1 (en) Graphic data generating apparatus, graphic data generation method, and medium of the same
US6363404B1 (en) Three-dimensional models with markup documents as texture
US5675721A (en) Computer network data distribution and selective retrieval system
US7024456B1 (en) Method for facilitating collaborative development efforts between widely dispersed users
US6029180A (en) Information presentation apparatus and method
US6351777B1 (en) Computer software for converting a general purpose computer network into an interactive communications system
US5737533A (en) System for generating a virtual reality scene in response to a database search
US6600502B1 (en) Immersive interface interactive multimedia software method and apparatus for networked computers
US7139796B2 (en) Method and system for supporting image creating and storing of the same
US6466239B2 (en) Method and apparatus for editing data used in creating a three-dimensional virtual reality environment
US6009460A (en) Virtual reality space sharing system having self modifying avatars (symbols) in accordance to a category that the symbol belongs
US20090125481A1 (en) Presenting Media Data Associated with Chat Content in Multi-Dimensional Virtual Environments
US20020070978A1 (en) Dynamically configurable graphical user environment
US6552721B1 (en) Graphic data generating apparatus, graphic data generation method, and medium of the same
US7809789B2 (en) Multi-user animation coupled to bulletin board
US5889951A (en) Systems, methods, and computer program products for accessing, leasing, relocating, constructing and modifying internet sites within a multi-dimensional virtual reality environment

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051227

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060224

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060308

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060508

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060920

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060925

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20061017

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20061030

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091117

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101117

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111117

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121117

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees