JPH0989004A - シンクロ機構の冷却装置 - Google Patents

シンクロ機構の冷却装置

Info

Publication number
JPH0989004A
JPH0989004A JP24916295A JP24916295A JPH0989004A JP H0989004 A JPH0989004 A JP H0989004A JP 24916295 A JP24916295 A JP 24916295A JP 24916295 A JP24916295 A JP 24916295A JP H0989004 A JPH0989004 A JP H0989004A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hub
synchronizing
oil
synchro
cone
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP24916295A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3375467B2 (ja
Inventor
Kazumi Yoshida
田 計 巳 吉
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
UD Trucks Corp
Original Assignee
UD Trucks Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by UD Trucks Corp filed Critical UD Trucks Corp
Priority to JP24916295A priority Critical patent/JP3375467B2/ja
Publication of JPH0989004A publication Critical patent/JPH0989004A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3375467B2 publication Critical patent/JP3375467B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16DCOUPLINGS FOR TRANSMITTING ROTATION; CLUTCHES; BRAKES
    • F16D23/00Details of mechanically-actuated clutches not specific for one distinct type
    • F16D23/02Arrangements for synchronisation, also for power-operated clutches
    • F16D23/04Arrangements for synchronisation, also for power-operated clutches with an additional friction clutch
    • F16D23/06Arrangements for synchronisation, also for power-operated clutches with an additional friction clutch and a blocking mechanism preventing the engagement of the main clutch prior to synchronisation

Abstract

(57)【要約】 【課題】 シンクロ焼け等が発生しないシンクロ構成部
品の冷却装置を提供すること。 【解決手段】 シンクロ機構のハブ(8)の側面にオイ
ル孔(13)を設け、その孔(13)の半径方向外方に
突起を設けてハブ(8)の側面の両側にオイルを供給し
やすくする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、インプットシャフ
ト(又はメインドライブシャフトと言う)のリヤ側に設
けられ、ハブ、シンクロリング、フロント側シンクロコ
ーン、リヤ側シンクロコーンを有するシンクロ機構の冷
却装置に関する。
【0002】
【従来の技術】トランスミッション内にオイルポンプを
内装しトランスミッション内のベアリングやシンクロ装
置を潤滑・冷却する強制潤滑式トランスミッションは知
られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、例え
ば、 図面3で示す従来のトランスミッションの同期装
置(シンクロ機構)では、フロント側のシンクロコーン
9に比較して、リヤ側のシンクロコーン10の冷却性が
悪い。シンクロコーン9の冷却については、強制潤滑油
がパイロットベアリング4を通過し、ハブ8の側面を流
れて、シンクロコーン9を冷却するのに対して、シンク
ロコーン10ではニードルベアリング7を潤滑した油が
流れ込んで冷却するのみであり、冷却に用いられる潤滑
油の流量の絶対量がシンクロコーン10側では少ないか
らである。
【0004】その他の従来技術として、実開平5−10
56号公報、実開平6−49850号公報、特開平6−
213307号公報で示す様な技術があるが、潤滑油を
跳ね掛けるだけであるため、十分な冷却を行うことが出
来ない。
【0005】そして、シンクロコーン10では十分な冷
却が為されないため、シンクロリング、コーン摩擦面の
冷却が不十分であり、所謂「シンクロ焼け」やシンクロ
リングの異常摩耗等を惹起する恐れが存在する。
【0006】本発明は上述した従来技術の問題点に鑑み
て提案されたもので、フロント側のシンクロコーンのみ
ならず、リヤ側のシンクロコーンも十分に冷却すること
が出来る様なシンクロ機構の冷却装置の提供を目的とし
ている。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明のシンクロ機構の
冷却装置は、インプットシャフトのリヤ側に設けられ、
ハブ、シンクロリング、フロント側シンクロコーン、リ
ヤ側シンクロコーンを有するシンクロ機構の冷却装置に
おいて、パイロットベアリングを潤滑する潤滑油の流路
がフロント側のハブ側面に連通しており、フロント側の
ハブ側面からリヤ側のハブ側面に貫通する油孔がハブに
形成されており、該油孔はハブの周方向に等間隔に複数
配置されている。
【0008】この様に本発明においては、フロント側の
ハブ側面からリヤ側のハブ側面に貫通する油孔がハブに
形成されているため、パイロットベアリングを潤滑する
潤滑油は該油孔を介してリヤ側のハブ側面を介してリヤ
側のシンクロコーンに供給される。そして、冷却に十分
な流量の潤滑油がリヤ側のシンクロコーンに供給される
結果、シンクロリング、コーン摩擦面の冷却が十分に行
われ、所謂「シンクロ焼け」やシンクロリングの異常摩
耗等を防止することが出来る。
【0009】本発明のシンクロ機構の冷却装置の実施に
際して、フロント側のハブ側面には、前記油孔よりも半
径方向外方の位置に突起が形成されているのが好まし
い。この様に構成すれば、該突起がフロント側のシンク
ロコーンへ向かう潤滑油をせきとめ、せきとめられた潤
滑油が油孔を介してリヤ側のシンクロコーンに供給され
るので、リヤ側のシンクロコーンの冷却性能が更に改善
される。
【0010】ここで該突起は、フロント側のハブ側面の
全周に亘って連続的に形成されていても良いし、或い
は、前記油孔の近傍部にのみ形成されていても良い。な
お、油孔近傍部にのみ形成する場合は、全周に亘って突
起を形成する場合よりも、突起を形成しない部分の分だ
け軽量化される。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して、本発明の
実施の形態を説明する。
【0012】図1は本発明にかかるシンクロ機構の冷却
装置の実施の形態の例を示すトランスミッションのイン
プットシャフトを構成するメインドライブシャフト側
(フロント側)の側断面図であり、本願の要件の理解を
容易にするため、従来の技術と同じ部材については同じ
符合を付して、先ず従来の技術に関する部分を説明す
る。
【0013】トランスミッションケース1にはメインド
ライブシャフト(又はインプットシャフトと言う)2が
ローラベアリング3により支持されている。そして、他
端が図示しないベアリングで支持されたメインシャフト
5の一端5aはパイロットベアリング4により軸支され
ている。
【0014】また、メインシャフト5の端部にはスプラ
イン8aによりハブ8が係合され、そのハブ8の両側に
は、メインドライブシャフトの端部に形成された第1の
ギヤ2a(図の左側)と第2のギヤ6とが設けられ、第
1のギヤには第1のシンクロコーン9(図の左側)が固
着され、第2のギヤ6には第2のシンクロコーン10が
固着されている。そして、第1のシンクロコーン9には
第1のシンクロリング11がテーパで係合し、第2のシ
ンクロコーン10には第2のシンクロリング12がテー
パで係合するよう構成されている。
【0015】また、第1のギヤ2aは図示しないカウン
タシャフトに設けられたギヤ20と噛み合い、第2のギ
ヤ6はギヤ21と噛み合うよう構成されている。
【0016】そして、スリーブ15を図示しないフォー
クで図の左右に移動させて、シンクロリングを介してス
リーブ15とシンクロコーン9又は10とを同期させて
係合するようにしている。
【0017】従来の技術は上記の通り構成され、図示し
ないオイルポンプからベアリングキャップ1´のオイル
通路1a及びメインドライブシャフト2のオイル通路2
bを介して、図の矢印Aで示す通り第1のシンクロコー
ン9と第1のシンクロリング11に給油し、矢印Cで示
す通りニードルベアリング7を介して第2のシンクロコ
ーン10と第2のシクロリング12とを冷却及び潤滑し
ている。
【0018】以下、本願の実施の形態について説明す
る。ハブ8の側面のディスク部には複数のオイル孔13
が周方向に等間隔で設けられ、オイルの入り口側(図の
左側)から出口側に向けて半径方向外方に向くよう明け
られている。またそのオイル孔13の入り口側の半径方
向外方には円周状の突起14が設けられている。
【0019】以下、作用について説明する。
【0020】図示しないオイルポンプからオイル通路1
a及び2bを経由してパイロットベアリング4を潤滑し
た十分な量のオイルの一部分はハブ8の側面の円周状の
突起14に塞き止められオイル孔13の入り口側(図の
左側)から矢印Bのように流れ、第2のシンクロコーン
10と第2のシンクロリング12とを潤滑・冷却するの
で、第1及び第2のシンクロコーン9、10およびシン
クロリング11、12は同様に潤滑・冷却され、シンク
ロコーン焼けが発生することはない。
【0021】図2は、ハブ8の突起14aを複数のオイ
ル孔13(図示の例は3個)の半径方向外方の一部分だ
けに形成したもので、作用効果については同様である
が、ハブの重量が軽減される利点がある。
【0022】
【発明の効果】本発明は上記のように構成されており、
以下の優れた効果を奏することができる。 (1) 潤滑油がハブの両側のシンクロコーン及びシク
ロリングに同様に供給される。 (2) したがって、シンクロ焼け、リングの異常摩耗
が防止でき、耐久性が大幅に向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態の一例を示すトランスミッ
ション前部の側断面図。
【図2】本発明の別の実施の形態を示す図。
【図3】従来技術の例を示すトランスミッション前部の
側断面図。
【符号の説明】
1・・・トランスミッションケース 1´・・・ベアリングキャップ 2・・・メインドライブシャフト 3・・・ローラベアリング 4・・・パイロットベアリング 5・・・メインシャフト 6・・・第2のギヤ 8・・・ハブ 9・・・第1のシンクロコーン 10・・・第2のシンクロコーン 11・・・第1のシンクロリング 12・・・第2のシンクロリング 13・・・オイル孔 14、14a・・・突起 15・・・スリーブ

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 インプットシャフトのリヤ側に設けら
    れ、ハブ、シンクロリング、フロント側シンクロコー
    ン、リヤ側シンクロコーンを有するシンクロ機構の冷却
    装置において、パイロットベアリングを潤滑する潤滑油
    の流路がフロント側のハブ側面に連通しており、フロン
    ト側のハブ側面からリヤ側のハブ側面に貫通する油孔が
    ハブに形成されており、該油孔はハブの周方向に等間隔
    に複数配置されていることを特徴とするシンクロ機構の
    冷却装置。
  2. 【請求項2】 フロント側のハブ側面には、前記油孔よ
    りも半径方向外方の位置に突起が形成されている請求項
    1のシンクロ機構の冷却装置。
  3. 【請求項3】 前記突起はフロント側のハブ側面の全周
    に亘って連続的に形成されている請求項2のシンクロ機
    構の冷却装置。
  4. 【請求項4】 前記突起は前記油孔の近傍部にのみ形成
    されている請求項2のシンクロ機構の冷却装置。
JP24916295A 1995-09-27 1995-09-27 シンクロ機構の冷却装置 Expired - Fee Related JP3375467B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24916295A JP3375467B2 (ja) 1995-09-27 1995-09-27 シンクロ機構の冷却装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24916295A JP3375467B2 (ja) 1995-09-27 1995-09-27 シンクロ機構の冷却装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0989004A true JPH0989004A (ja) 1997-03-31
JP3375467B2 JP3375467B2 (ja) 2003-02-10

Family

ID=17188834

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24916295A Expired - Fee Related JP3375467B2 (ja) 1995-09-27 1995-09-27 シンクロ機構の冷却装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3375467B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006002737A1 (de) * 2004-06-30 2006-01-12 Zf Friedrichshafen Ag Ölversorgungseinrichtung
WO2006133471A2 (de) * 2005-06-16 2006-12-21 Avl List Gmbh Synchronisierungseinrichtung für ein schaltgetriebe
AT502092B1 (de) * 2005-06-16 2009-04-15 Avl List Gmbh Synchronisiereinrichtung fur ein schaltgetriebe
JP2009144806A (ja) * 2007-12-13 2009-07-02 Nissan Diesel Motor Co Ltd 変速機の同期機構部潤滑装置
JP2011220466A (ja) * 2010-04-12 2011-11-04 Aisin Ai Co Ltd 変速機におけるスプライン嵌合部の潤滑構造
WO2014156280A1 (ja) * 2013-03-25 2014-10-02 ジヤトコ株式会社 オイルポンプ駆動装置

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102518776A (zh) * 2012-01-01 2012-06-27 赵孝民 一种同步齿座

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006002737A1 (de) * 2004-06-30 2006-01-12 Zf Friedrichshafen Ag Ölversorgungseinrichtung
WO2006133471A2 (de) * 2005-06-16 2006-12-21 Avl List Gmbh Synchronisierungseinrichtung für ein schaltgetriebe
WO2006133471A3 (de) * 2005-06-16 2007-03-22 Avl List Gmbh Synchronisierungseinrichtung für ein schaltgetriebe
AT502092B1 (de) * 2005-06-16 2009-04-15 Avl List Gmbh Synchronisiereinrichtung fur ein schaltgetriebe
JP2009144806A (ja) * 2007-12-13 2009-07-02 Nissan Diesel Motor Co Ltd 変速機の同期機構部潤滑装置
JP2011220466A (ja) * 2010-04-12 2011-11-04 Aisin Ai Co Ltd 変速機におけるスプライン嵌合部の潤滑構造
WO2014156280A1 (ja) * 2013-03-25 2014-10-02 ジヤトコ株式会社 オイルポンプ駆動装置
CN105051413A (zh) * 2013-03-25 2015-11-11 加特可株式会社 油泵驱动装置
JPWO2014156280A1 (ja) * 2013-03-25 2017-02-16 ジヤトコ株式会社 オイルポンプ駆動装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP3375467B2 (ja) 2003-02-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1543250B1 (en) Integrated oil transfer sleeve and bearing
RU2241150C1 (ru) Опорный подшипник и узел упорных вкладышей
CA2444061C (en) Oil annulus to circumferentially equalize oil feed to inner race of a bearing
US9726224B2 (en) Tapered roller bearing
JP2018197577A (ja) 変速機のブレーキ装置
JP3375467B2 (ja) シンクロ機構の冷却装置
JP2006002904A (ja) 保持器付きころ
CN107850204B (zh) 变速器的润滑构造及变速器
JPH0763250A (ja) 歯車変速機における同期装置の潤滑機構
JP7091892B2 (ja) 車両用変速機
JP2000283270A (ja) マニュアルトランスミッションの潤滑構造
JP2012154415A (ja) トルクコンバータのステータ支持構造
JP2013181620A (ja) シフト機構
JP2007177986A (ja) 変速機
JPH10153221A (ja) 手動変速機の潤滑装置
JP2007078033A (ja) 動力伝達装置
JPH0571555A (ja) ダブルコーン式シンクロ装置の潤滑
JPH0684028U (ja) 変速機の同期装置
JPH0612292Y2 (ja) 歯車式変速機の潤滑構造
JP5004780B2 (ja) 変速機の同期機構部潤滑装置
JP2021038769A (ja) 変速機
JPH0510346A (ja) ギヤ変速装置
JP2002206627A (ja) トランスミッションの潤滑装置
JP2003035358A (ja) 変速機の潤滑装置
JPH1163177A (ja) ダブルコーンシンクロ機構の潤滑構造

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081129

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111129

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111129

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111129

Year of fee payment: 9

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees