JPH0988277A - 軒先水切り構成体 - Google Patents

軒先水切り構成体

Info

Publication number
JPH0988277A
JPH0988277A JP25046995A JP25046995A JPH0988277A JP H0988277 A JPH0988277 A JP H0988277A JP 25046995 A JP25046995 A JP 25046995A JP 25046995 A JP25046995 A JP 25046995A JP H0988277 A JPH0988277 A JP H0988277A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
eaves
support
draining
contact
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP25046995A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshiaki Totsuta
義明 土津田
Eiji Furukawa
英二 古川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Plastics Inc
Original Assignee
Mitsubishi Plastics Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Plastics Inc filed Critical Mitsubishi Plastics Inc
Priority to JP25046995A priority Critical patent/JPH0988277A/ja
Publication of JPH0988277A publication Critical patent/JPH0988277A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 軒先の水切り板に、これを下支えする支持部
材を添設して、家屋の防火・防水性を改善する軒先水切
り構成体を提供する。 【解決手段】屋根野地板の先端上面から軒樋の上面に亘
り傾斜延出する水切り板とこれを下支えする支持部材と
からなり、上記水切り板には、その延出途中において斜
め下方に折曲する一次折曲部と、その先が斜め前面側に
折曲する二次折曲部とを有し、該水切り板の二次折曲部
の裏側に面接触する支持部材を添設してなる軒先水切り
構成体。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は軒先水切り構成体に
係り、特に、軒先の水切り板に、これを下支えする支持
部材を添設して、家屋の防火・防水性を改善する軒先水
切り構成体に関するものである。
【0002】
【従来技術とその課題】従来、図4に側断面図で示す如
く、屋根野地板cの先端上面から傾斜延出する水切り板
aの裏側から、鼻隠しカバーbの上端に折曲形成した支
持部材b−1を当接して水切り板aの傾斜勾配を一定に
保持する等の対策が講じられていた。しかしながら、上
記従来の水切り板aを支持する方法では、図示の如く、
水切り板aの裏面と鼻隠しカバーbに形成した支持部材
b−1とは、平坦な面同士の接触であるため、強風や地
震等により水切り板aが破線で示す如く矢印方向にずり
下がり、水切り板aと支持部材b−1との間に隙間tを
生じて、ここから火災時の火煙や雨水の水飛進入を誘う
など、防火、防水上の問題があった。
【0003】
【課題を解決するための手段】本発明は上記課題を解決
するためのものであって、その要旨は、屋根野地板の先
端上面から軒樋の上面に亘り傾斜延出する水切り板とこ
れを下支えする支持部材とからなり、上記水切り板に
は、その延出途中において斜め下方に折曲する一次折曲
部と、その先が斜め前面側に折曲する二次折曲部とを有
し、該水切り板の二次折曲部の裏側に面接触する支持部
材を添設してなる軒先水切り構成体である。
【0004】
【発明の実施の形態】本発明を図面に基づき以下具体的
に説明する。図1は、軒先鼻隠しカバーに支持部材を一
体に形成した本発明の実施例を斜視図で示し、図2は、
図1の本発明の取付け状態を側断面図で示し、図3は、
本発明の水切り板と支持部材との接触状態を側断面図で
示す。
【0005】本発明は、図1に斜視図で示す如く、屋根
野地板Aの先端上面から傾斜延出する水切り板1と、こ
れを下支えする軒先鼻隠しカバー2の上端部に形成した
支持部材21とからなり、上記水切り板1には、その延
出途中において斜め下方に折曲する一次折曲部11と、
その先が斜め前面側に折曲する二次折曲部12とを有
し、該二次折曲部12の裏側に面接触する支持部材21
を添設してなる軒先水切り構成体である。本発明の軒先
水切り構成体は、水切り板1の二次折曲部12の裏側に
面接触する支持部材21を添設したから、強風や地震等
により水切り板1がずり下がったとしても、水切り板1
と支持部材21との間に隙間を生ずることがなく、軒先
の防火、防水上安全である。
【0006】
【実施例】本発明は、図1に斜視図で、また図2に側断
面図で示す如く、屋根野地板Aの先端上面から軒樋Eの
上面に亘り傾斜延出する水切り板1と、これを下支えす
る支持部材21とからなるものであって、上記水切り板
1は、その延出途中において斜め下方に折曲する一次折
曲部11と、これに連続して一次折曲板111を設ける
と共に、その先に斜め前面側に折曲する二次折曲部12
と、これに連続して二次折曲板121を設け、そして、
該二次折曲板121の先端を垂下して水切り端部13を
形成してなるものである。
【0007】また、上記支持部材21は、軒先鼻隠しカ
バー2の上端部を前面側に屈折して上部当接面212を
形成し、更に、その先を折曲部211を介して斜め前面
側に所要長さの下部当接面213を突設してなり、この
折曲部211の折曲角度は上記水切り板1の二次折曲部
12の折曲角度と同一に設定することが好ましい。上記
支持部材21は、図示した軒先鼻隠しカバー2の上端部
に付設したものに拘束されるものではなく、軒先鼻隠し
カバー2から切離した独立した形態のものであってもよ
い。
【0008】本発明を用いて軒先工事を行なうには、先
づ、軒先前面板Bに、軒先鼻隠しカバー2を挟み込んで
軒樋吊り具取付板Cを釘打ち固定したのち、軒先鼻隠し
カバー2の上端部に折曲形成した支持部材21の折曲部
211の上面に水切り板1の二次折曲部12を載せて、
水切り板1の一次折曲板111の裏面と支持部材21の
上部当接面212、及び水切り板1の二次折曲板121
の裏面と支持部材21の下部当接面213の各2面相互
間を面接触させた状態のまま、水切り板1の挟着板1−
1を屋根野地板Aに取付けて屋根下地シート及び屋根材
を施工する。そして、軒先前面板Bに固定した軒樋吊り
具取付板Cに軒樋吊り具Dを挿着した後、該軒樋吊り具
Dに軒樋Eを吊設して軒先の施工を完了する。
【0009】上記本発明の如く、水切り板1の二次折曲
部12の裏側に面接触する支持部材21を添設したか
ら、図3に側断面図で示す如く、強風や地震等により水
切り板1が矢印方向にずり下がり、支持部材21の上部
当接面212と、水切り板1の一次折曲板111との間
に間隔tを生じたとしても、二次折曲板121の裏面と
支持部材21の下部当接面213間は面接触した状態の
ままであるので、水切り板1と支持部材21との間に隙
間を生ずることがなく、火災時の火煙や雨水の水飛進入
を防止でき、また、施工時に水切り板1の出寸法に若干
のばらつきがあったとしてもこれを吸収することも出来
る。
【0010】
【発明の効果】本発明は上記構成よりなるので下記効果
を奏する。即ち、本発明によれば、水切り板の二次折曲
部の裏側に面接触する支持部材を添設したから、強風や
地震等により水切り板がずり下がったり、施工時に水切
り板の出寸法に若干のばらつきがあったとしても、水切
り板と支持部材との間に隙間を生ずることがなく、火災
時の火煙や雨水の水飛進入を防止できて軒先の防火、防
水上安全である。
【図面の簡単な説明】
【図1】軒先鼻隠しカバーに支持部材を形成した本発明
の実施例を斜視図で示す。
【図2】図1の本発明の取付け状態を側断面図で示す。
【図3】本発明の水切り板と支持部材との接触状態を側
断面図で示す。
【図4】従来例における水切り板と支持部材との接触状
態を側断面図で示す。
【符号の説明】
1 水切り板 1−1 挟着板 11 一次折曲部 111 一次折曲板 12 二次折曲部 121 二次折曲板 13 水切り端部 2 軒先鼻隠しカバー 21 支持部材 211 折曲部 212 上部当接面 213 下部当接面 A 屋根野地板 B 軒先前面板 C 軒樋吊り具取付板 D 軒樋吊り具 E 軒樋

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 屋根野地板の先端上面から軒樋の上面に
    亘り傾斜延出する水切り板とこれを下支えする支持部材
    とからなり、上記水切り板には、その延出途中において
    斜め下方に折曲する一次折曲部と、その先が斜め前面側
    に折曲する二次折曲部とを有し、該水切り板の二次折曲
    部の裏側に面接触する支持部材を添設してなる軒先水切
    り構成体。
  2. 【請求項2】 支持部材を軒先鼻隠しカバーの上端部に
    折曲形成してなる請求項1記載の軒先水切り構成体。
JP25046995A 1995-09-28 1995-09-28 軒先水切り構成体 Pending JPH0988277A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25046995A JPH0988277A (ja) 1995-09-28 1995-09-28 軒先水切り構成体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25046995A JPH0988277A (ja) 1995-09-28 1995-09-28 軒先水切り構成体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0988277A true JPH0988277A (ja) 1997-03-31

Family

ID=17208336

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25046995A Pending JPH0988277A (ja) 1995-09-28 1995-09-28 軒先水切り構成体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0988277A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009257019A (ja) * 2008-04-18 2009-11-05 Ever Kk 軒先構造
JP6030726B1 (ja) * 2015-09-17 2016-11-24 積水ハウス株式会社 軒先構造
JP2017057710A (ja) * 2016-10-20 2017-03-23 積水ハウス株式会社 軒先構造
JP2017057711A (ja) * 2016-10-20 2017-03-23 積水ハウス株式会社 軒先構造

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009257019A (ja) * 2008-04-18 2009-11-05 Ever Kk 軒先構造
JP6030726B1 (ja) * 2015-09-17 2016-11-24 積水ハウス株式会社 軒先構造
JP2017057710A (ja) * 2016-10-20 2017-03-23 積水ハウス株式会社 軒先構造
JP2017057711A (ja) * 2016-10-20 2017-03-23 積水ハウス株式会社 軒先構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0988277A (ja) 軒先水切り構成体
JPH09158428A (ja) 軒先構成体
JP4970841B2 (ja) 破風化粧板及びその取り付け構造
JP2000114578A (ja) 太陽電池モジュール
JPH0711614U (ja) 軒先部の換気構造
JP2567053Y2 (ja) 軒樋の取り付け構造
JP2604244Y2 (ja) タイトフレーム
JP2603589Y2 (ja) 軒先水切り装置
JP2636184B2 (ja) 軒先構造
JP3705200B2 (ja) 太陽電池瓦施工構造
JPH0748841Y2 (ja) 庇取付構造
JPH0882052A (ja) パラペット部の構造
JP2510414Y2 (ja) 屋根パネル
JP2530563Y2 (ja) けらば用屋根パネル
JPH0988273A (ja) 軒樋吊り具取付け装置
JP2871102B2 (ja) 軒天井板の取付け構造
JPH0960223A (ja) 軒先雨押え用板金具
JP2000087517A (ja) 軒 樋
JP2886754B2 (ja) 軒樋の取り付け構造
JP2578733B1 (ja) 屋根設置物の台座の取付構造
JPH076355U (ja) 軒先部の構造
JP2000145066A (ja) 軒先唐草の取付け構造及び軒先構造
JPH11117447A (ja) 軒先構造
JPH05340037A (ja) 屋根の切妻部の雨仕舞装置
JP2000008565A (ja) 鼻隠し部材