JPH0973381A - Processor specifying method, computer system, and user computer - Google Patents

Processor specifying method, computer system, and user computer

Info

Publication number
JPH0973381A
JPH0973381A JP7226368A JP22636895A JPH0973381A JP H0973381 A JPH0973381 A JP H0973381A JP 7226368 A JP7226368 A JP 7226368A JP 22636895 A JP22636895 A JP 22636895A JP H0973381 A JPH0973381 A JP H0973381A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
processor
job
display
computer
icon
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7226368A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
喜充 ▲廣▼
Keiji Kageyama
Yoshimitsu Ko
Masaki Tsuruki
啓二 影山
昌樹 鶴来
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP7226368A priority Critical patent/JPH0973381A/en
Publication of JPH0973381A publication Critical patent/JPH0973381A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make decentralized processing operation for a job on a system, wherein a plurality of processors are connected to a network, simple and easy to understand. SOLUTION: A user computer 1 is equipped with a job managing means 4 which displays and manages a job that a user executes as job icons 21, 22... in an 'execution job' window 11, the network 3 which constitutes the system, and a processor managing means 5 which displays and manages processors 31, 32... of a server computer 2 connected to the network in a 'processor network' window 12, and the user specifies a processor only by specifying and moving the displayed job icon 21 with a mouse and putting it on a desired processor 31. When the job icon 21 is dropped on a network icon 30, it is considered that all the processors are specified and an optimum processor is automatically selected.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、複数のプロセッサがネットワーク上に接続された計算機システムにおいて、それら複数のプロセッサに処理対象のジョブを指定するプロセッサ指定方法と、それを利用した計算機システム及びユーザ計算機に関する。 The present invention relates, in a computer system in which a plurality of processors connected to a network, a processor designating method for designating the job to be processed in the plurality of processors, the computer system and the user using the same on the computer.

【0002】 [0002]

【従来の技術】ネットワーク上に複数のプロセッサを接続し、これら独立に動作可能な複数のプロセッサを利用して分散処理を行うことが可能な計算機システムは既に知られている。 Connecting a plurality of processors on the Related Art Network computer system capable of performing a dispersion treatment by using a plurality of processors operable to these independently are already known. このようなシステムに於て、複数のプロセッサで分散処理する際のプロセッサの割当て方法としては、特開平3−85664号公報、特開平4−346 Such systems Te at, as a method of assigning a processor when distributed processing by a plurality of processors, JP-A 3-85664, JP-A No. 4-346
40号公報、あるいは、特開平4−223547号公報などにも示されるように、すべて、計算機システムが与えられたジョブについて適切だと思われるプロセッサを判断して割当てる方法が知られている。 40 JP Alternatively, as also shown like in JP-A-4-223547 and JP-all, a method of allocating to determine processor computer system that seems the see fit a given job is known. この方法によると、計算機システムに不慣れなユーザでも容易に分散処理を行うことができる。 According to this method, easily dispersed even inexperienced users to the computer system can be performed.

【0003】なお、かかる従来技術の計算機システムによるプロセッサ指定は、各プロセッサの処理性能、一定時間毎に検出する負荷レベルなどの状態情報、さらに、 [0003] Incidentally, according processor designation by the prior art computer system, the processing performance of each processor, the status information such as load levels detected every predetermined time, furthermore,
ジョブの内容や処理量などのジョブ特性情報を基に、推定される処理時間が最も短いものを、最適なプロセッサとすることにより行われる。 Based on the job characteristic information, such as contents and processing amount of the job, what processing time estimated shortest, is performed by the optimum processor.

【0004】また、計算機システムに不慣れなユーザでも容易に分散処理を行えるように、いわゆるアイコンなどのグラフィックイメージを用いて処理装置を指定する方式は、例えば特開平5−290007号公報により、 [0004] The computer to allow easily dispersed even inexperienced users to the system, a method of specifying the processing device using a graphic image such as the so-called icon, for example, by JP-A 5-290007, JP-
既に知られている。 It is already known. この従来技術では、いわゆるジョブではなくプログラムを、これを表すシンボル(アイコン)をマウス指定することにより指定し、選択した処理装置を表すシンボルに移動させることにより、当該プログラムを選択した処理装置で実行するように定義するものである。 In this prior art, the program rather than the so-called job, symbol representing this (icon) designated by specifying the mouse, by moving the symbol representing the selected processing apparatus, executed by the processing apparatus selected the program it is intended to define such that.

【0005】また、実行プロセッサを直接指定することを可能にするものとして、NFS((米)Sun Microsys Further, as an enabling specifying the execution processor directly, NFS ((US) Sun Microsys
tems 社の登録商標)と呼ばれるユティリティにある「on」コマンドが利用可能である。 In the tems, Inc. utility called registered trademark) of "on" command is available. ただし、計算機システムによってはこのコマンドがない場合もあり、また、コマンド形式でジョブの実行依頼を発行できない場合には、このコマンドを利用できない。 However, the computer system may not have this command, and if you can not issue a job execution request in the command format can not use this command.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】上述のように、従来技術にあるような計算機によるプロセッサ選択方式では、 [0007] As described above, in the processor selection method according to one such computer in the prior art,
個々のジョブに対してどのプロセッサが最適であるかを計算機システム側の処理により決定するが、しかしながら、この処理は、各プロセッサの処理性能、負荷状態などの情報、さらには、ジョブの内容や処理量などのジョブ特性情報から、すべてのプロセッサについて、ジョブの実行処理に要する時間を推定し、最も短い時間となるものを最適なプロセッサとしてジョブの割当てを行うというものである。 Although determined by the process of the computer system side which of the processors is optimal with respect to individual jobs, however, the process, the processing performance of each processor, information such as load conditions, and further, the content of the job and processing from the job characteristic information such as the amount, for all the processors, it estimates the time required for execution of the job, is that to assign the job as the optimum processor what the shortest time. このとき、各プロセッサの負荷状態の情報入手には、各プロセッサ負荷状態をチェックした後、その情報をジョブの割当てを行うプロセッサに送信するという処理が必要となるため、最適なプロセッサの割当てのための処理に時間がかかってしまう。 At this time, the information available in the load status of each processor, after checking the processor load condition, since the processing of transmitting the information to the processor for assignment of jobs is required, because the assignment of the optimum processor it takes a long time to process. また、最適なプロセッサを選択するためには、ジョブ処理量の高精度な予測が必要となるが、ジョブの種類や入力データにより、処理量が変化することが多く、精度の高い予測には時間を要する。 Further, the optimum in order to select the processor, it is necessary that precise prediction of the job processing amount, the job type and the input data, often processed amount changes, high prediction in the time accuracy the required. そのため、即時実行したい場合には、前記NFSユティリティの「on」コマンドなどを用い、直接ユーザがプロセッサを指定し、ジョブの実行依頼を発行することが必要となる。 Therefore, if you want to immediately run, using a "on" command of the NFS utility, user directly specifies the processor, it is necessary to issue a job execution request. しかし、前述したように、計算機システムによってはこの種のコマンドがなく、また、コマンド形式でジョブの実行依頼を発行できない場合にはこのコマンドを利用できないということとなる。 However, as described above, the computer without this type of command by the system, also, the fact that if you can not issue a job execution request in the command format is not available with this command. さらには、計算機システムに不慣れなユーザでは、かかるコマンド入力形式によるプロセッサ指定方法を使いこなすことが困難であるという問題もあった。 Furthermore, the user unfamiliar to the computer system, there is a problem that the processor specifies how it is difficult to master the by such command input format.

【0007】さらに、一般的には、計算機プログラムはCPUの種類やそのオペレーティングシステム(O Furthermore, in general, a computer program on the type of CPU and its operating system (O
S)、コンパイラなどが異なる環境下では、その動作が保証されない。 S), compiler etc. Under different circumstances, the operation is not guaranteed. そのため、上記の従来技術である特開平5−290007号公報により知られるように、プログラムを移動対象とした場合には、当該プログラムを異なる種類の処理装置(プロセッサ)間で移動すると、その実行ができなくなる場合がほとんどであった。 Therefore, as known from JP-A-5-290007 discloses a above-mentioned prior art, when a moving target program, moving the program among different types of processing devices (processors), its execution If it can not be had in most cases.

【0008】そこで、本発明では、上記の従来技術における問題点に鑑み、すなわち、上述の課題を解決するため、複数のプロセッサがネットワーク上に接続された、 [0008] In the present invention, in view of the problems in the conventional techniques described above, i.e., to solve the problems described above, a plurality of processors connected to the network,
特に、複数の種類の異なるプロセッサがネットワーク上に接続された計算機システムにおいても、プロセッサ自動割当及び直接指定が可能であり、かつ、その操作もイメージを用いてグラフィカルに行え、計算機に不慣れなユーザでも容易に分散処理を行うことを可能とするプロセッサ指定方法とそれを利用した計算機システム及びユーザ計算機を提供することを目的とする。 In particular, even in a computer system in which a plurality of different types of processors are connected to the network, are possible processor automatic allocation and direct designation and the operation is also performed graphically using an image, even inexperienced users to the computer and to provide a readily possible to perform distributed processing with processor designation method and a computer system and the user computer using the same.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】本発明によれば、上記の目的を達成するための手段として、まず、少なくとも1 According to the present invention SUMMARY OF], as a means for achieving the above object, firstly, at least 1
のプロセッサを備えた複数の計算機を接続したネットワーク上においてジョブファイルを前記プロセッサに指定する方法であって、前記計算機の1つのディスプレイのウィンドウ上に、処理すべき前記ジョブファイルをアイコンとして表示し、前記ネットワーク上に接続された複数の計算機のプロセッサを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示し、ポインティングディバイスにより前記表示されたジョブファイルの少なくとも1つを指定し、その後、前記表示されたプロセッサのアイコンを指定して少なくとも1つのプロセッサを指定することにより、前記指定したジョブファイルの処理を前記指定した計算機のプロセッサに割り当てるようにしたことを特徴とするプロセッサ指定方法が提案される。 A method of specifying the job file to the processor on the plurality having a processor connected to a computer network, over the window of one of the display of said computer, to display the job file to be processed as an icon, the processor of the plurality of computers connected on the network, and displayed as icons on the window of the display, the specified at least one of the displayed job file by a pointing device, then the displayed processor by specifying at least one processor to specify an icon, the processor designation method characterized by the processing of the job file above specified to assign the processor of the specified computer is proposed.

【0010】さらに、本発明によれば、やはり、上記の目的を達成するための手段として、プロセッサを備えた複数の計算機をネットワーク上に接続してなる計算機システムであって、前記複数の計算機の1をユーザ計算機とし、その他の計算機をサーバ計算機とし、少なくとも前記ユーザ計算機は、ユーザインターフェイスを支援するウィンドウシステムがそのディスプレイ上で稼動し、 Furthermore, according to the present invention, also, as a means for achieving the above object, a computer system composed by connecting a plurality of computers with a processor on the network, the plurality of computers 1 and user computer, the other computer and the server computer, at least the user computer, the window system for supporting the user interface running on the display,
かつ、当該ディスプレイ上で表示されるアイコンを選択的に指定するためのポインティングディバイスを備えており、さらに前記ユーザ計算機は、処理内容を記述したジョブファイルを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示して前記ポインティングディバイスによる指定を可能にするジョブ管理手段と、前記ネットワーク上に接続された複数の計算機のプロセッサを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示して、前記ポインティングディバイスによる指定を可能にし、もって、当該指定された処理ファイルの処理を前記ディスプレイのウィンドウ上に表示された複数の計算機の指定されたプロセッサに割り当てるプロセッサ管理手段と、を備えたことを特徴とする計算機システムが提案される。 And has a pointing device for selectively specifying the icon displayed on the display, further wherein the user computer, the job file which describes the processing contents, displayed as icons on the window of the display wherein the job management means for allowing designation by a pointing device, a processor of a plurality of computers connected on the network, and displayed as an icon on the window of the display, to allow designation by the pointing device Te, with, the computer system characterized by comprising a processor managing means for allocating a processing of the specified processing file into multiple specified processor of the computer displayed on the window of the display is proposed.

【0011】また、本発明によれば、やはり、上記の目的を達成するための手段として、複数の計算機が接続されたネットワーク上の1つの計算機であって、当該ネットワーク上に接続された他の計算機をサーバ計算機とすることの可能なユーザ計算機において、所定の演算プログラムを実行するプロセッサと、前記演算プログラム及びデータを記憶するためのメモリ手段と、ユーザインターフェイスを支援するウィンドウを表示することの出来るディスプレイと、前記ディスプレイ上に表示されたイメージを選択的に指定するためのポインティングディバイスを含む入力手段と、を備え、さらに、計算機による処理内容を記述したジョブファイルを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示して、前記ポインティングディバ Further, according to the present invention, also, as a means for achieving the above object, a single computer on a network in which a plurality of computers are connected, the other connected on the network in a computer the possibility of having a server computer of the user computer, a processor for executing a predetermined calculation program, and a memory means for storing said operation program and data, capable of displaying a window that assist the user interface a display, an input means including a pointing device for selectively specifying the displayed image on said display, comprises a further, the job file which describes the contents of processing by the computer, an icon on the window of the display It is displayed as, the pointing Dibba スによる指定を可能にするジョブ管理手段と、前記ネットワーク上に接続された計算機のプロセッサを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示して、前記ポインティングディバイスにより指定された前記ジョブファイルの位置により、当該指定されたジョブファイルの処理を前記ディスプレイのウィンドウ上に表示された計算機のプロセッサに指定するプロセッサ管理手段と、を備えたことを特徴とするユーザ計算機が提案される。 And job management means for allowing designation by scan, the processor of the connected computers on the network, and displayed as an icon on the window of the display, the position of the job file specified by the pointing device, user computer, characterized in that it comprises a processor managing means for specifying the processing of the designated job file to the processor of the computer displayed on the window of the display, a is proposed.

【0012】上記の本発明により提案されるプロセッサ指定方法とそれを利用した計算機システム及びユーザ計算機によれば、ユーザ計算機のウィンドウシステムを利用し、そのディスプレイ上にアイコンなどのグラフィックイメージとして表示されたジョブファイルとネットワーク上に接続された計算機のプロセッサを、マウスなどのポインティングディバイスを利用して特定するだけで、計算機システムに不慣れなユーザでも、簡単に、プロセッサの指定を行うことができ、かつ、ジョブを実行するための計算機プログラムではなく、むしろ、ジョブファイルをプロセッサに対して指定することにより、ジョブの実行不可能が生じる確率を大幅に低減することが可能になる。 According to the processor specifying a computer system and the user computer using the same proposed by the invention described above, by utilizing the window system of the user computer, the displayed as a graphic image such as an icon on the display the processor of the computer connected on the job file and network, just identified using a pointing device such as a mouse, even inexperienced users to the computer system, easily can be performed the specified processor, and, rather than a computer program for executing the job, but rather, by specifying the job file to the processor, it is possible to significantly reduce the probability of job execution impossible occurs.

【0013】 [0013]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について、添付の図面を参照しながら詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the accompanying drawings. まず、 First of all,
図2には、本発明のプロセッサ指定方法を利用する計算機システムが示されており、複数の計算機1、2…がネットワーク3上に接続された計算機システムを構成している。 Figure 2 is a computer system is shown which utilizes a processor specification method of the present invention, constitutes a computer system in which a plurality of computers 1, 2, ... is connected to the network 3. かかる構成の計算機システムにおいて、計算機1 In a computer system having such a configuration, the computer 1
は、現在ユーザが使用しており、ユーザが入出力を行う、いわゆるユーザ計算機であり、このユーザ計算機1 Currently is using user, the user performs input and output, a so-called user computer, the user computer 1
に対しては、他の計算機2、2…は、いわゆるサーバ計算機として働くこととなる。 For other computer 2, 2 becomes to act as a so-called server computer. なお、これらの複数の計算機1、2…は、それぞれ、プロセッサ(CPU)、メモリ装置、キーボードやマウスなどのポインタディバイスを含む入力装置、さらに、ディスプレイなどを備えており、また、そのCPUの種類やオペレーティングシステム(OS)、あるいは、コンパイラなどが異なるものであってもよい。 Incidentally, 1,2 ... These plurality of computers, respectively a processor (CPU), a memory device, an input device including a pointer devices such as a keyboard or a mouse, further comprising a display, etc. The type of the CPU , an operating system (OS), or the compiler and may be different.

【0014】次に、図1には、ネットワーク3上に接続された上記のユーザ計算機1と、複数台のサーバ計算機2、2…が示されており、図からも明らかなように、各計算機1、2…は、それぞれ、ジョブ受付実行手段1 [0014] Next, in FIG. 1, the network 3 and the user computer 1 of the connected the above is shown more servers computers 2, 2 is, as is apparent from the figure, the computer 1, 2, ..., respectively, job acceptance execution means 1
3、及び、実行プログラム14を備えている。 3, and includes an execution program 14. なお、上記のジョブ受付実行手段13は、ジョブの実行に必要なプログラムや入力データなどの有無をチェックし、これがない場合には、必要なファイルの転送やファイルシステムのマウントなどにより、当該ジョブの実行準備を行うものであり、サーバ計算機2で動作した場合には、以下に説明するユーザ計算機1のジョブ管理手段4及びプロセッサ管理手段5とネットワーク3を通して通信を行い、ジョブの受付・実行、及び、自プロセッサの情報送信を行う。 The above job accepting execution unit 13 checks whether the program and input data required for execution of the job, which in the absence, due mounts transfers and file systems required file, the job is intended to perform the execution preparation, when operating in the server computer 2 communicates through the user computer 1 of the job management means 4 and the processor managing means 5 and network 3 to be described below, reception and execution of the job, and , performs information transmission of its own processor. また、各プログラムの実行は、ジョブの実行を行う上記実行プログラム14を起動することにより行われる。 The execution of each program is performed by activating the execution program 14 for execution of the job. なお、本実施例では、他の計算機2がユーザ計算機となった場合に備え、ユーザ計算機1にもジョブ受付実行手段13を設けている。 In the present embodiment, in case where another computer 2 is turned user computer is provided with a job receiving execution unit 13 to the user computer 1.

【0015】そして、上記のユーザ計算機1には、さらに、ジョブの管理を行うためのジョブ管理手段4、そして、各プロセッサの管理を行うためのプロセッサ管理手段5が設けられている。 [0015] Then, the user computer 1 above, further, the job managing unit 4 for managing the job and the processor managing means 5 for managing the respective processors are provided. ここで、ジョブ管理手段4は、 Here, the job managing unit 4,
ユーザが処理しようとしているひとつ以上のジョブファイル21、22、23(図ではJOB1、JOB2、J One or more job files 21, 22, 23 the user is trying to process (in FIG JOB1, JOB2, J
OB3)をアイコン、または、グラフィックイメージ(以下、まとめてアイコンと記す)で表示・管理するためのものであり、また、プロセッサ管理手段5は、ネットワーク3及び当該ネットワーク3に接続されている自己のユーザ計算機1やサーバ計算機2、2…を、やはり、アイコンで表示・管理するための手段である。 OB3) icon or a graphic image (hereinafter, collectively are intended to display and manage referred to as icons), The processor managing means 5, the self-connected to the network 3 and the network 3 the user computer 1 or the server computer 2, 2 ..., again, is a means to display and manage an icon.

【0016】続いて、上記の構成になる計算機システムにおける本発明によるプロセッサ指定方法について、上記の図1を参照しながら示す。 [0016] Subsequently, the processor specifies the method according to the invention in a computer system comprising the arrangement, shown with reference to Figure 1 above. 本発明のプロセッサ指定方法は、以下の手順により基本処理を実行する。 Processor specification method of the present invention performs the basic processing by the following procedure. (1):ユーザは、分散処理を行う際、ユーザ計算機1 (1): the user, when performing distributed processing, the user computer 1
において、まず、そのジョブ管理手段4を起動する。 In, First, to start the job management section 4.

【0017】ジョブ管理手段4は、起動されるとユーザ計算機1のディスプレイ上に、管理対象となるジョブファイルを表示するためのウィンドウ11を生成し、これにジョブファイルをアイコンで表示する。 The job controlling section 4, on when activated in the user computer 1 display, generates a window 11 for displaying the job file to be managed, which to view the job file icons. その後、ジョブ管理手段4はプロセッサ管理手段5を起動する。 Then, the job managing unit 4 activates the processor managing means 5. プロセッサ管理手段5は、上記ユーザ計算機1やサーバ計算機2、2…の各プロセッサ及びネットワーク3を含んでやはりグラフィカルにアイコン表示するためのウィンドウ12を生成し、さらに、ネットワーク3に、サーバ計算機2、2…のジョブ受付実行手段13を起動するための制御コードをブロードキャストする。 Processor managing means 5 generates a window 12 for icon display also graphically comprise the user computer 1 and the server computer 2, 2 each processor and the network 3, further to the network 3, the server computer 2, 2 ... broadcasts a control code for starting a job accepting execution unit 13.

【0018】一方、このブロードキャストされた制御コードを受け付けたサーバ計算機2は、そのジョブ受付実行手段13を起動し、自プロセッサの負荷状態をチェックした後、その結果をネットワーク3を介してユーザ計算機1のプロセッサ管理手段5へ送信する。 Meanwhile, the server computer 2 that has received the broadcasted control code starts the job accepting execution means 13, after checking the load state of the host processor, the user computer and the results over the network 3 1 and it transmits to the processor managing means 5. なお、例えばサーバ計算機2がシステム管理者により、ジョブ管理手段5の要求に応じないよう設定されている場合には、 Incidentally, for example, when the server computer 2 by the system administrator, is set not according to the request of the job controlling section 5,
その旨の情報をプロセッサ管理手段5へ送信する。 Transmits information to that effect to the processor managing means 5. そして、プロセッサ管理手段5は、サーバ計算機2、2…のジョブ受付実行手段13から送信される情報を基に、各サーバ計算機2、2…の状態を、例えば表示色の変化やパターンにより区別して、ユーザ計算機1のディスプレイ上に、グラフィカルにアイコンで表示する。 Then, the processor managing unit 5, based on the information transmitted from the server computer 2, 2 ... of the job accepting execution means 13, each server computer 2, 2 state, for example, distinguished by a change or pattern display color , on the display of the user computer 1, and displays an icon graphically.

【0019】(2):上記(1)による準備完了後、ジョブ管理手段4は、ユーザが操作するポインタデバイスの位置と状態(ボタンが押されている、又は、押されていない等)から、何が選択されるかを識別する。 [0019] (2): After ready by the (1), the job management means 4, from the position and status of the pointer device operated by the user (button is pressed, or not depressed, etc.), What identifies whether is selected.

【0020】例えば、ジョブファイルそしてプロセッサの順に選択された場合、ジョブ管理手段4は、選択された当該ジョブファイルに記述されているジョブを、当該選択されたプロセッサに対応するサーバ計算機2で実行することを定義する。 [0020] For example, when it is selected in the order of the job file and the processor, the job managing unit 4 executes the job described in selected the job file, the server computer 2 corresponding to the selected processor to define that. 図1において、より具体的に説明すると、ユーザがユーザ計算機1のディスプレイ上の「実行ジョブ」ウィンドウ11上でジョブファイル21 In Figure 1, To be more specific, the job file 21 users on a "run job" window 11 on the display of the user computer 1
(JOB1)をマウスでクリックして指定し、これを図中の一点鎖線で示すようにドラッグし、このドラッグした移動アイコン25を「プロセッサ・ネットワーク」ウィンドウ12上の「CPU−1」上に重ね、クリックボタン放すことにより、この場合には自己のプロセッサであるユーザ計算機1のプロセッサ31を指定して、上記のジョブファイル21(JOB1)を割り当てる。 The (JOB1) specified by clicking the mouse, which was dragged as shown by a chain line in the figure, repeated movement icon 25 that the drag on the "processor network" on the window 12 of the "CPU-1" , by releasing the click button, in this case to specify the processor 31 of the user computer 1 is self processor allocates said job files 21 (JOB1).

【0021】一方、ジョブファイル、ネットワークの順に選択された場合、ジョブ管理手段4は、選択されたネットワーク3内のひとつのプロセッサをサーバ計算機として自動的に選択し、当該ジョブファイルに記述されているジョブを、当該自動的に選択されたサーバ計算機で実行することを定義する。 Meanwhile, if the selected job files, in the order of the network, the job management unit 4 automatically selects one of the processors in the network 3 which is selected as the server computer, it is described in the job file a job is defined to run in the automatically selected server computer. 具体的には、ユーザがユーザ計算機1のディスプレイ上の「実行ジョブ」ウィンドウ11上でジョブファイル22(JOB2)をマウスでクリックして指定し、これを図中の一点鎖線で示すようにドラッグし、このドラッグした移動アイコン25を「プロセッサ・ネットワーク」ウィンドウ12上のネットワーク30上に重ね、クリックボタンを放すことにより、 Specifically, the job file 22 users on a "run job" window 11 on the display of the user computer 1 (JOB2) specified by clicking the mouse, which was dragged as shown by a chain line in FIG. , repeated movement icon 25 was this drag on "processor network" on the network 30 on the window 12, by releasing the click button,
ジョブ管理手段4が複数の中から最適のプロセッサをサーバ計算機として自動的に選択し、この自動選択されたプロセッサを指定して、上記のジョブファイル22(J Job management means 4 automatically chooses the best processor out of the plurality as a server computer, specify the automated selected processor, said job files 22 (J
OB2)を割り当てる。 OB2) assign a.

【0022】この様に、アイコンの選択は、ポインタデバイスのドラッグ操作により行ってもよいが、ボタンの押下の順に、ジョブファイル、プロセッサあるいはネットワークを指定するようにしてもよい。 [0022] Thus, the selection of the icon may be performed by a drag operation of the pointer device, the order of pressing the buttons, the job file may be specified processor or network.

【0023】(3):次に、ジョブ管理手段4は、ジョブを実行するサーバ計算機2を確定した後、ジョブファイルからジョブのプログラム名、入出力ファイル名などのジョブ情報を取り出し、ネットワーク3を通して、当該ジョブを実行するサーバ計算機2のジョブ受付実行手段13に送信する。 [0023] (3): Next, the job management section 4, after determining the server computer 2 to execute the job, the program name of the job from the job file, retrieve the job information, such as input and output file name, via the network 3 , and it transmits the job accepting execution unit 13 of the server computer 2 to execute the job.

【0024】すなわち、ジョブを実行するよう指定されたサーバ計算機2のジョブ受付実行手段13は、当該ジョブの実行に必要なプログラム、入力データなどの有無をチェックし、これらがない場合には、必要なファイルの転送、ユーザ計算機1のファイルシステムのマウントなどの手段を用い、ジョブの実行準備を行う。 [0024] That is, the job accepting execution means 13 of the designated server computer 2 to execute a job, check program necessary for execution of the job, whether such input data, if they are not required transfer of a file, using means such as mounting of the user computer 1 of the file system, the execution job preparation. このジョブの実行準備完了後、ジョブ受付実行手段13は、ユーザ計算機1のジョブ管理手段4にジョブ開始メッセージを送信し、実行プログラム14を起動することにより、 After execution preparation completion of the job, the job accepting execution unit 13, by sending the job start message to the job management section 4 of the user computer 1, to start the execution program 14,
ジョブの実行を開始する。 To start the execution of the job. なお、ユーザ計算機1のジョブ管理手段4は、ジョブ開始メッセージを受信すると、 The job managing unit 4 of the user computer 1 receives the job start message,
ジョブの番号、サーバ計算機名をプロセッサ管理手段5 Job number, processor management means 5 the server computer name
へ送り、さらに、当該プロセッサ管理手段5は、ユーザ計算機1のディスプレイ上に表示されたアイコンの表示色やパターンを変えることにより、実行プロセッサに対応するサーバ計算機2でジョブが実行中であることをユーザに示す。 To feed, further, that the processor managing means 5, by changing the display color or pattern of the icon displayed on the display of the user computer 1, the job is running on the server computer 2 that corresponds to the execution processor It indicates to the user.

【0025】(4):その後、指定されたサーバ計算機2のジョブ受付実行手段13は、割り当てられたジョブの実行完了後、ユーザ計算機1のジョブ管理手段4にジョブ終了メッセージを送信し、さらに、ジョブ実行の結果である出力ファイルを、ファイル名の送信、ファイル転送などの手段を用いて、ユーザ計算機1のジョブ管理手段4の管理の下に移す。 [0025] (4): Then, the job accepting execution means 13 of the given server computer 2, after completion execution of the assigned job, and transmits a job end message to the job management section 4 of the user computer 1, further the output file is a result of the job execution, the transmission of the file name, using means such as file transfer, transferred under the control of job management means 4 of user computer 1. すなわち、ジョブ管理手段4 In other words, the job management means 4
は、ジョブ終了メッセージを受信し、その出力ファイルの管理が移されると、出力ファイルをアイコンで表示し、さらに、ジョブ終了の情報をプロセッサ管理手段5 Receives a job completion message, the management of the output file is transferred, to display the output file in the icon, further processor managing means information job end 5
へ送る。 Send to. プロセッサ管理手段5は、ジョブ終了の情報を受け取り、プロセッサのアイコンを元の状態に戻す。 Processor managing means 5 receives the information of the job end, returning the processor icon to its original state.

【0026】このように、上記(1)〜(4)の処理によれば、ユーザはユーザ計算機1のディスプレイ上のグラフィカルな表示により、容易に、かつ、対話的に、複数の計算機をネットワーク上に接続した計算機システムにおける複数の計算機による分散処理の指示、及び、分散処理の実行を、簡単な操作で行うことが可能になる。 [0026] Thus, according to the process of (1) to (4), the user by graphical display on a display of the user computer 1, easily and interactively, the network a plurality of computers instruction distributed processing by a plurality of computers in a computer system connected to, and, the execution of distributed processing, it is possible to perform a simple operation.

【0027】次に、上記にその実行の基本処理手順を説明した本発明のプロセッサ指定方法について、その各手順のより詳細について説明する。 Next, the processor specification method of the present invention described the basic procedure described above for the execution will be described in more detail in the respective steps. まず、図3には、ジョブの選択方法の具体例が示されている。 First, in FIG. 3, a specific example of a job selection method is shown. 既述のように、 As described above,
ジョブの選択の際には、ジョブ管理手段4がユーザにより起動されると、起動されたディレクトリにあるファイルのファイル名、ファイル属性などを検索し、ジョブ実行に関係するものを専用のウィンドウ(「実行ジョブ」)11にアイコンで表示する。 At the time of the job of selection, and job management means 4 is activated by the user, the file name of the file in the startup directory, search for, such as file attributes, dedicated window relate to job execution ( " to display an icon in the execution job ") 11. この図3の上段の図は、ジョブの実行内容が記述されているファイルが3個(JOB1、JOB2、JOB3)あり、そのうち、ファイル23(JOB3)には複数の実行単位が含まれており、また、そのサブディレクトリとしてData f Upper view of FIG. 3, the file execution content of the job are described with three (JOB1, JOB2, JOB3) there, of which the file 23 (JOB3) includes a plurality of execution units, In addition, Data f as its sub-directory
iles 24がある例を示したものである。 It illustrates an example in which there is iles 24.

【0028】ここで、ユーザは、ユーザ計算機1のマウスを操作し、そのディスプレー上に表示された実行しようとするファイルのアイコン、例えば、ジョブ21のアイコンJOB1へマウスカーソル10を移動し、マウスのボタンを押す。 [0028] Here, the user operates the mouse of the user computer 1, a file icon to be executed is displayed on the display, for example, move the mouse cursor 10 to the icon JOB1 job 21, mouse I press the button. この操作により、ジョブ管理手段4 With this operation, job management means 4
は、ディスプレー上に表示されたウィンドウシステムを通して、マウスのボタンが押されたという情報を取得し、これにより、図3の中央に示すように、ボタンが押された場所にあるアイコンJOB1をジョブ選択アイコン211に変える(図中で斜線を施す)。 , Through a window system that is displayed on the display, acquires the information that the mouse button is pressed, thereby, as shown in the center of FIG. 3, the job select the icon JOB1 at the location button is pressed changing the icon 211 (subjected to hatching in the figure).

【0029】この後、ユーザが、このマウスのボタンを押したままマウスを動かすと、ジョブ管理手段4はマウスの位置を一定時間毎に取得し、その位置にジョブ移動アイコン25を表示する。 [0029] Thereafter, when the user moves the mouse while pressing a button of the mouse, the job management means 4 obtains the position of the mouse at regular time intervals to display the job move icon 25 in that position. このとき、1回前に取得したマウスの位置に表示していたものを削除することにより、動かしていることをユーザが視覚的に捉えることが出来るようにする。 In this case, by deleting what has been displayed on the position of the mouse obtained before once, moving the user to be able to capture visually that is. これと同時に、元の位置に表示していたジョブ選択アイコン211は、状態が変化したことを示すために、図3の下段に示すように、例えばその輪郭を破線で示したジョブ選択・移動アイコン212に変える。 At the same time, job selection icon 211 was displayed in the original position, to indicate that the state has changed, as shown in the lower part of FIG. 3, for example, job selection and movement icon showing the outline by a broken line change to 212. また、ジョブ移動アイコン25は、外形のみを表す輪郭線のみとするなど、出来るだけ、その表示を高速に行えるものにすることにより、マウスの位置取得の時間間隔が短くても、ジョブ移動アイコン25の移動を容易にアニメーションにすることが可能になる。 The job moving icons 25, such as only the contour line representing a contour only, can only by those which can perform the display at high speed, even if short time interval position acquisition mouse job moving icons 25 moving it is possible to easily animate the.

【0030】次に、プロセッサの指定方法の詳細を、添付の図4及び図5を参照しながら説明する。 Next, the details of how to specify the processor, will be described with reference to FIGS. 4 and 5 of the accompanying drawings. 図4は、実行プロセッサを直接指定する方法を示したものである。 Figure 4 illustrates how to specify the execution processor directly.
すなわち、ジョブ管理手段4は、上述のように、ジョブファイルの表示用のウィンドウ(「実行ジョブ」)11 That is, the job managing unit 4, as described above, the window for display of the job file ( "Run Job") 11
を生成した後、さらに、プロセッサ管理手段5を起動し、その結果、このプロセッサ管理手段5は、図にも示すように、プロセッサやネットワークをアイコンで表示するウィンドウ(「プロセッサ・ネットワーク」)11 After generating the further start the processor managing means 5 such that the processor managing unit 5, as shown in FIG, window displaying processor and network icons ( "Processor Network") 11
をユーザ計算機1のディスプレイ上に生成する。 The generated on the display of the user computer 1.

【0031】そこで、ユーザは、上記ジョブの選択方法に従ってジョブを選択したままマウスを移動させ、上記の移動用アイコン25をプロセッサ管理手段5が生成したウィンドウ12内に移動させ、例えば当該選択ジョブを実行させたいプロセッサ31のアイコンCPU−1上へ重ね、マウス移動時に押していたボタンを離す。 [0031] Therefore, the user moves the mouse while selecting the job according to the selection method of the job is moved to the window 12 in which the above mobile icon 25 generated by the processor managing means 5, for example, the selected job superimposed to the processor 31 to be executed icon CPU-1 above, release the button was pressed during the mouse movement. この操作により、ジョブファイル21に記述されている処理単位を、プロセッサ31で表したサーバ計算機で実行することを定義する。 This operation, the processing unit described in the job file 21, defined to be executed by a server computer in terms of processor 31. また、ジョブ管理手段4は、選択されたアイコンに対応するジョブファイルを実行するサーバ計算機が定義された際、ジョブファイルに記述されている処理単位の数をチェックし、処理単位数がサーバ計算機のプロセッサ数よりも大きいときには、ひとつのプロセッサが複数の処理単位を実行することになることをユーザに通知するようにすることが好ましい。 The job managing unit 4, when the server computer executing the job file corresponding to the selected icon is defined, checks the number of processing units described in the job file, the number of processing units of the server computer when greater than the number of processors, it is preferable to notify that one processor is executing a plurality of processing units to the user. これにより、ユーザは、当該通知の内容を承認するか、あるいは、プロセッサの指定を取消すかの、いずれか一方を選択することとなる。 Thus, the user may either accept the contents of the notification, or whether cancel the designation of the processor will select either. ここで、プロセッサの指定が承認された場合には、上記ジョブ管理手段4は、サーバ計算機1に対してジョブの実行依頼を行う。 Here, if the specified processor is approved, the job management means 4 performs the job execution request to the server computer 1.

【0032】図5は、プロセッサを選択する際、特定のプロセッサを指定することなく、ネットワークを示すアイコンを選択した場合の例を示している。 [0032] Figure 5, when selecting the processor, without specifying a particular processor, shows an example in which the selection icon showing the network. すなわち、上述のジョブ選択方法に従って、ユーザが、ユーザ計算機1のディスプレイ上でジョブを選択したままマウスを移動させ、「プロセッサ・ネットワーク」ウィンドウ11 That is, according to job selection method described above, the user moves the mouse while selecting the job on the display of the user computer 1, "processor network" window 11
内のネットワーク30を示すアイコン(図では太線)の上まで運び、ここでマウス移動時に押していたボタンを離すと、プロセッサ管理手段5は、ネットワーク3に接続された複数のサーバ計算機2、2…全部が選択されたという認識をする。 (In the figure bold lines) icon indicating the network 30 of the inner carried to the top of, wherein release the button was pressed on mouse movement, the processor managing means 5, a plurality of which are connected to the network 3 server computer 2, 2 total the recognition that but has been selected. ただし、このとき、ネットワークに接続された計算機の内、そのジョブ受付実行手段13が動作している計算機のみが選択可能であり、ジョブ受付実行手段13が動作していない計算機は選択対象から外される。 However, this time, of the computer connected to the network, only the computer to which the job receiving execution unit 13 is operating is selectable, computer job accepting execution unit 13 is not operating is removed from selection that.

【0033】一方、ジョブ管理手段4は、上記のようにして、プロセッサ管理手段5により選択されたサーバ計算機群の中から、ユーザが選択したジョブファイルを実行するのに最適なサーバ計算機を選択する。 On the other hand, the job managing unit 4, as described above, from among the selected server computer group by the processor managing unit 5, to select an optimum server computer to execute a job file selected by the user . このとき、 At this time,
ジョブ管理手段4は、上記プロセッサ管理手段5より、 Job management means 4, from the processor managing unit 5,
サーバ計算機の処理能力、負荷状況、利用者数などの情報をもらい、ジョブの内容を調べて処理量を推定し、選択されたサーバ計算機群の個々のプロセッサについての処理時間を推定し、これにより、最も処理時間の短いものを最適なサーバ計算機とみなす。 Processing capacity of the server computer, load status, got information such as user numbers, examines the contents of the job to estimate the amount of processing to estimate the processing time for each processor of a server computer group selected, thereby , regarded as optimal server computer a shorter most processing time.

【0034】この最適なサーバ計算機の選択の手順を、 [0034] The procedure of selection of the optimal server computer,
図6を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. まず、サーバ計算機2ではログインユーザ数及びCPUの稼働状況を定期的にチェックする。 First, the number of login in the server computer 2 user and the operating status of the CPU periodically checks. このユーザ数チェック121によるデータと、C And data according to the number of users check 121, C
PU稼働率チェック122によるデータとにより、現処理能力推定123を行って、現在の処理能力を推定する。 By the data from PU utilization rate check 122, performs the current throughput estimation 123 estimates the current capacity. 一方、推定した当該処理能力と、図示しない記憶手段により保持されたデータから過去のCPU稼働率を集めて求めたCPU稼働率履歴124とから、処理能力分布推定125により、現在以降の処理能力分布を推定する。 On the other hand, the the capacity estimated from the CPU operation rate history 124. determined gathered historical CPU operation rate from the data held by the storage means (not shown), the processing capacity distribution estimation 125, after the current capacity distribution to estimate.

【0035】他方、ユーザ計算機1では、ジョブ内容確認111により、ユーザの指示したジョブの内容をチェックし、処理量推定112によってジョブの実行にかかる処理量を推定する。 [0035] On the other hand, the user computer 1, the job content confirmation 111 checks the contents of the job instruction from the user, to estimate the amount of processing according to the execution of the job by the processing amount estimating 112. さらに、処理時間推定113により、上記のサーバ計算機2が推定したサーバ計算機2の処理能力分布を積分し、その積分値が上記処理量と一致するような時間を求める。 Further, the processing time estimation 113 integrates the processing capacity distribution server computer 2 in which the server computer 2 is estimated, the integrated value is determine the time to conform with the processing amount. そして、当該時間を処理時間とし、これを比較手段によりジョブを実行可能なサーバ計算機2について比較114し、最も処理時間の小さいものを最適なサーバ計算機として選択115する。 Then, the processing time the time, which the server computer 2 can perform the job compared 114 by comparison means, selects 115 the one of the most processing time smaller as the optimum server computer.

【0036】以上に説明した手順により、ユーザが指定するジョブファイルを実行するサーバ計算機が確定すると、ユーザ計算機1のジョブ管理手段4は、そのディスプレイ上に開いたプロセッサ・ネットワーク12内に、 [0036] according to the procedure described above, the user server computer executing the job file specifying is determined, the job managing unit 4 of the user computer 1, to the processor network 12 in the open on its display,
図7に示すように、ジョブファイルアイコン25を、例えば確定したサーバ計算機33のアイコンCPU−3へ重ねて表示することにより、当該ジョブファイルがサーバ計算機33で実行されることが決定したことをユーザに示す。 As shown in FIG. 7, the job file icon 25, for example by finalized overlapping the icon CPU-3 server computer 33 displays, that the job file is determined to be executed by the server computer 33 the user to show. このとき、図に点線の矢印で示すように、ジョブファイルアイコン25をネットワークのケーブル30 At this time, as shown by dotted arrows in the figure, the cable 30 the job file icon 25 network
を示す図形に沿って移動させることにより、ユーザにネットワークを利用している感覚を伝えることができる。 The by moving along a figure indicating, you can tell a sense utilizing the network to the user.
なお、上記の図4及び図5のように、サーバ計算機32 Incidentally, as shown in FIGS. 4 and 5 above, the server computer 32
〜35のアイコンCPU−2〜CPU−5、及びネットワーク30のアイコンを選択する際、マウス移動時に、 35 icon CPU-2~CPU-5, and when selecting the icon of the network 30, upon the mouse movement,
最も近接したアイコンのハイライト表示や表示色の変更などを行うことにより、どのサーバ計算機が選択されることになるかを明示することが出来る。 By performing such closest highlight and display color of the icon changes, which server computer can be explicitly or will be selected.

【0037】続いて、この最も近接したアイコンの選択方法を、図8を用いて説明する。 [0037] Subsequently, a method of selecting the nearest icon will be described with reference to FIG. 一般的に、ディスプレイ上に表示されるアイコンは矩形境界を持つビットマップとして表示される。 In general, the icon displayed on the display is displayed as a bit map having a rectangular boundary. また、ジョブファイル25やプロセッサ31、さらには、ネットワーク30等のアイコンも、それぞれ、矩形境界255、315、305を持つ。 The job file 25 or processor 31, and further, such as a network 30 of icons also respectively, with a rectangular boundary 255,315,305. これらの矩形境界の各線分は、互いに、平行または垂直となり、互いの位置関係は、共有領域を持つか、接するか、あるいは、共有領域を持たずに離れているかのいずれかとなる。 Each segment of the rectangular boundary may, together, be parallel or perpendicular, the positional relationship between each other, either with shared area, contact either, or the either away without a shared area. そこで、ジョブファイルアイコンの矩形境界255と、プロセッサアイコン矩形境界315、 Therefore, a rectangular boundary 255 of the job file icon, the processor icon bounding rectangle 315,
325、…と、さらには、これらとネットワークアイコンの矩形境界305とが作る共有領域327、337、 325, ... and, furthermore, the shared area 327,337 formed by the meeting of a rectangular boundary 305 of the network icon,
…、または、近接領域306、316、326、…をとり、この面積を共有領域の場合は正値で、近接領域の場合は負値で算出する。 ... or proximity area 306,316,326, take ..., in the case of the area shared area by a positive value, if the close region is calculated by the negative value. その結果、この面積値が最大となるプロセッサアイコン、または、ネットワークアイコンを、最も近接したアイコンとすることが出来る。 As a result, the processor icon this area value is maximum, or the network icon, may be a nearest icon. その場合、面積値が最大となるアイコンが2つ以上ある場合には、最初に最大値をとったアイコンを最近接アイコンとすることにより、確実に1つのアイコンを選択することが出来る。 In that case, when the icon area value is maximum there are two or more, the first took the maximum icon by the nearest icon, can be selected surely one icon. また、面積値が0で最大となるアイコンが2 Also, an icon area value is maximum at zero 2
つ以上ある場合には、アイコン矩形境界の重心間距離3 One or more in some cases, the distance between the centers of gravity 3 icons rectangular boundary
38、348、…を算出し、これが最小となるものを最近接アイコンとする。 38,348, to calculate the ..., this is the closest icon what will become the minimum. なお、この場合にも、最近接アイコンが2つ以上となった場合、最初に重心間距離の最小値をとったアイコンを最近接アイコンとすればよい。 Also in this case, if the closest icon becomes two or more, the first icon taken the minimum distance between centroids may be the nearest icon.

【0038】次に、図9を用いて、ジョブを実行する方法を説明する。 Next, with reference to FIG. 9, illustrating a method of performing the job. ユーザ計算機1のジョブ管理手段4は、 Job management means 4 of user computer 1,
上記に述べた方法により、選択したジョブを実行するサーバ計算機2が確定すると、ネットワーク3を介して、 By the method described above, when the server computer 2 that executes the selected job to determine, via the network 3,
当該サーバ計算機2のジョブ受付実行手段13に、選択したジョブアイコンの実体であるジョブファイル20を参照し、これにより、ジョブのプログラム名や入出力ファイルのファイル名、または、そのパス名(以下、まとめてファイル名と記す)を取り出す。 A job accepting execution unit 13 of the server computer 2, with reference to the job file 20 is an entity of the job icon selected, thereby, the file name of the program, or input and output files for the job, or, its path name (hereinafter, collectively referred to as the file name) taking out. ここで、入力データファイルが実際に存在するかどうかの確認を行い、実在している場合は、ネットワーク3を介してプログラム名などをサーバ計算機2のジョブ受付実行手段13に送信する。 Here, confirm whether the input data file actually exists, if existent, via the network 3 transmits a program name to the job accepting execution unit 13 of the server computer 2. また、当該サーバ計算機2のジョブ受付実行手段13は、入力データファイル15のファイル名をチェックし、自己プロセッサが当該入力データファイル15 Further, the server computer 2 job accepting execution means 13 checks the file name of the input data file 15, the self-processor is the input data file 15
を直接アクセスできない場合には、ファイル転送などにより、当該入力データファイル15のコピーを、例えばローカル入力データファイル17として作成する。 If the directly accessible, such as by a file transfer, a copy of the input data file 15, for example created as a local input data file 17. その後、ジョブ受付実行手段13は、ジョブを実行するためのプログラムを起動し、起動された実行プログラム14 Thereafter, the job accepting execution unit 13 starts the program for executing the job, the activated execution program 14
は、入力データファイル15、または、ローカル入力データファイル17を入力データとし、処理を行い、その結果を出力データファイル16、または、ローカル出力データファイル18へ出力する。 The input data file 15 or as input data the local input data file 17, performs processing, so that output data file 16, or outputs to a local output data file 18. なお、この時、出力をローカル出力データファイル18へ送出した場合には、 Incidentally, at this time, when sent to a local output data file 18 output,
実行プログラム14の完了後、ジョブ受付実行手段13 After completion of the execution program 14, job accepting execution means 13
が、ファイル転送などにより、ローカル出力データファイル18を出力データファイル16へコピーするようにする。 But due file transfer, so as to copy the local output data file 18 to the output data file 16. また、ジョブ受付実行手段13は、実行プログラム14が上記ローカル入力データファイル17やローカル出力データファイル18を用いて処理を行った場合には、最後に、これらのファイルを消去し、ジョブ実行の処理を完了することとなる。 The job accepting execution unit 13, when the execution program 14 performs processing by using the local input data files 17 and local output data file 18, finally, to clear these files, the processing of the job execution and thus to complete.

【0039】なお、上記サーバ計算機2のジョブ受付実行手段13は、実行プログラム14の開始時、及び、その完了時に、それぞれ、ジョブ実行開始、及び、ジョブ実行完了を、ユーザ計算機1のジョブ管理手段11に通知する。 [0039] Note that the server computer 2 of the job accepting execution unit 13, at the start of the execution program 14, and, upon its completion, respectively, the job execution start, and the job execution completion, the job managing unit of the user computer 1 to notify the 11. これにより、ユーザ計算機1のジョブ管理手段4は、上記の通知を受けて、ジョブアイコンの表示を変える。 Thus, the job managing unit 4 of the user computer 1 receives the above notification, change the display of the job icon.

【0040】ここで、このジョブアイコンの表示を変える処理の具体例を、図10を参照しながら説明する。 [0040] Here, a specific example of a process of changing the display of the job icon will be described with reference to FIG. 10. すなわち、ジョブ管理手段4は、ジョブ実行開始通知を受け取ると、直ちに、図示するように表面に斜線を施したジョブファイル選択・移動アイコン212を、外形の輪郭だけのジョブ実行開始アイコン213に変え、さらに、ジョブ実行完了通知を受け取ると、直ちに、上記のジョブ実行開始アイコン213を、図示のように全体に横線を施したジョブ実行完了アイコン218に変える。 That is, the job managing unit 4 receives the job execution start notification, immediately the job file selection and moving icon 212 indicated by hatching on a surface as shown, changing the job execution start icon 213 only the contours of the outer shape, further, when receiving the job execution completion notification, immediately the job execution start icon 213 changes the job execution completion icon 218 subjected to horizontal throughout as shown.
なお、これらのアイコンの変化は、上記のような変化だけに限られず、その形状による変化や表示色による変化を利用することも勿論可能である。 The change of these icons are not limited to changes in the above, it is of course also possible to use the change due to the change and display color by its shape.

【0041】また、実行プログラム14の進捗状況を把握する場合、図11にも示すように、その進捗状況に応じて、ジョブ実行開始アイコン213とジョブ実行完了アイコン218までの間で徐々に変化させて表示させることも出来る。 Further, if to grasp the progress of the execution program 14, as shown in FIG. 11, in accordance with the progress, gradually varied until the job execution start icon 213 and job execution completion icon 218 It can also be displayed Te. 図にも示すように、ジョブ実行中アイコンの表示を、例えばアイコン214→215→216→ As shown in FIG, the display of job execution in icon, for example icon 214 → 215 → 216 →
217のように段階的に変化させ、これにより、処理量の変化を表示しながら、ジョブ実行開始アイコン213 217 is changed stepwise as, thereby, while displaying a change in throughput, the job execution start icon 213
がジョブ実行完了アイコン218に変えることが出来る。 There can be varied to job execution completion icon 218. この様なアイコンの表示処理により、ユーザにジョブの状態を視覚的に把握させることが可能となる。 The display processing of such icon, it is possible to visually grasp the state of the job to the user.

【0042】一方、上記のジョブだけに限らず、さらに、プロセッサやネットワークの表示についても、ジョブを実行中であることを示すよう、アイコンを変化させることにより、視覚的に把握させることが可能である。 On the other hand, not only to the above job, further, a display processor or networks, as indicating the running job, by changing the icon is possible to visually grasp is there.
例えば、ユーザ計算機1のジョブ管理手段4は、サーバ計算機2のジョブ受付実行手段13から受け取ったジョブ実行開始通知を、プロセッサ管理手段5に送る。 For example, the job managing unit 4 of the user computer 1, the job execution start notification received from the job accepting execution means 13 of the server computer 2, sends to the processor managing unit 5. 当該通知を受け取ると、このプロセッサ管理手段5は、ディスプレイ上にジョブを実行中のサーバ計算機を表すアイコンを表示するが、その際、そのジョブ実行中のサーバ計算機のアイコンを変更し、または、ジョブを表すアイコンをサーバ計算機のアイコンと共に表示することにより、これを実現することが出来る。 Upon receiving the notification, the processor managing unit 5 is to display an icon representing the server computer in the job execution on a display, this time, to change the server computer icon in the job execution or job the icon representing the by displaying with server computer icon, it is possible to achieve this.

【0043】ジョブ実行中のサーバ計算機を表すアイコンの例を、図12により示す。 [0043] Examples of icons representing server computer in the job execution, shown by FIG. いま、図の左にアイコンCPU−1で示すプロセッサ31がJOB1を実行している場合、これを、図の右上向きの矢印で示すように、 Now, if the processor 31 shown by the icon CPU-1 to the left in figure running JOB1, which, as shown in the right upward arrow in the figure,
元のプロセッサ(CPU−1)のアイコン31の下側にジョブ実行中を示すためのアイコンを付加し、もって、 Adding an icon for indicating that the job execution below the icon 31 of the original processor (CPU-1), with,
ジョブ実行中プロセッサアイコン311とすることもでき、または、右下向きの矢印で示すように、元のプロセッサ31のアイコンCPU−1の上側にジョブを示すアイコンを付加し、もって、ジョブ実行中プロセッサアイコン312として表示することもできる。 Can also be a job execution in the processor icon 311, or, as shown in the right downward arrow adds an icon indicating a job on the upper side of the icon CPU-1 of the original processor 31, has, during job execution processor icon It can also be displayed as 312. なお、これらのジョブ実行中のサーバ計算機を表すアイコンは、ジョブの実行完了時には、元のアイコンに戻す。 Note that icons representing these jobs running server computer of, at the time of job execution completion is returned to the original icon. さらに、ジョブ実行中のサーバ計算機を表すアイコンでは、どのジョブを実行中であるかが分かるように、図12にも示したように、ジョブファイルのファイル名などをも合わせて表示した方がよく、ユーザにとって便利である。 Further, the icon representing the server computer in the job execution, as if it were running which job is found, as shown in FIG. 12, it is better that displayed together with a file name of the job file , it is convenient for the user.

【0044】しかしながら、プロセッサやネットワークの表示では、特に、接続されるプロセッサの数が多い場合には、ディスプレイ上に表示されるアイコンの大きさも制限されて小さくなり、かかる場合には、上記のような文字表示が不可能になる場合がある。 [0044] However, in the display processor and network, in particular, if the number of processors to be connected is large, the size of the icon displayed on the display becomes small is limited, in such a case, as described above there is a case in which a character display such becomes impossible. このような場合には、例えば図13に示すように、当該プロセッサ(C In such a case, for example, as shown in FIG. 13, the processor (C
PU−1)がジョブを実行しているかしていないかを示すため、そのアイコン31の形や表示色、あるいは、パターンのみを変え、これをジョブ実行中プロセッサアイコン(小アイコン)313として表示する。 Since the PU-1) indicating whether not you are running the job, shapes and display color of the icon 31, or change only the pattern, which displays as a job execution in the processor icon (small icon) 313 . そして、ユーザがマウスを操作し、マウスカーソルが当該ジョブ実行中プロセッサアイコン313を指した時に、いわゆるポップアップ形式で、ジョブ状況表示ウィンドウ314 Then, the user operates the mouse, when the mouse cursor is pointing to the job executing processor icon 313, a so-called pop-up format, the job status display window 314
を表示するようにする。 To display to. なお、該ジョブ状況表示ウィンドウ314中には、ジョブ名以外の情報をも表示させることが出来るため、これを、上記の図11に示したジョブ実行中プロセッサアイコン311または312を表示したときにも利用可能であることは言うまでもない。 Note that in the job status display window 314, since it is possible to also display the information other than the job name, which, even when displaying the job execution in the processor icon 311 or 312 shown in FIG. 11 of the it is needless to say that the available.

【0045】すなわち、本発明のプロセッサ指定方法とそれを利用した計算機システムでは、以上に詳述した処理を利用することにより、処理実行に関する操作を対話的に行う機能、及び、処理実行の状況を視覚的にユーザに提供する表示機能を有する分散処理システムとして構築できることとなる。 [0045] That is, in a computer system utilizing processor specification method and the same of the present invention, by utilizing the process described above in detail, functions to perform operations related to the processing performed interactively, and the status of the processing execution a it can be constructed as a distributed processing system having a display function for providing a visual user.

【0046】さらに、上記に詳述したシステムについて付加すると、より使いやすいシステムとして発展させることのできる機能について、以下に説明する。 [0046] In addition, adding the system detailed above, the functions that can be developed as a more easy-to-use system will be described below. 図14 Figure 14
は、ディスプレイ上にのウィンドウ、すなわち、「実行ジョブ」ウィンドウ11に表示された複数のジョブアイコンから、複数を同時に選択する方法を示している。 Is window on the display, i.e., a plurality of jobs icons displayed in the "run job" window 11 shows a method of selecting a plurality of simultaneously. 例えば上記の図3では、マウスのボタンを押したままマウスを移動させることにより、選択したジョブアイコンがマウスとともに移動する機能を示したが、ここではマウスのボタンと異なる別ボタンを利用する操作を示す。 For example, in the above FIG. 3, by moving the mouse while holding down the mouse button, the operation is the job selected icon shows the function of moving together with the mouse, where to use another button different from the button of the mouse show.

【0047】すなわち、図3の場合とは異なるボタンを押したままマウスを移動させると、領域描画動作となり、これにより、図14(A)に実線219で示すように、マウスの別ボタンを押した最初の位置と、マウスカーソル10のある位置とを対角とする矩形を描くことが出来る。 [0047] That is, when moves the mouse while pressing the different buttons as in FIG. 3, becomes the area drawing operation, thereby, as indicated by the solid line 219 in FIG. 14 (A), press a different button of the mouse the first position can draw a rectangle to position and diagonal with mouse cursor 10. そこで、この矩形領域219の中にアイコンが完全に包含されたものを選択されたジョブアイコン(J Therefore, the job icon icon is selected which is fully contained within the rectangular region 219 (J
OB1〜JOB3、及び、JOB7〜JOB9)とし、 OB1~JOB3, and, as a JOB7~JOB9),
ジョブ管理手段4は、これら複数の選択されたアイコンを、ジョブ選択アイコン211に変える。 Job management means 4, a plurality of selected icon, changing the job selection icon 211.

【0048】一方、領域描画動作を利用しないときには、次のような方法となる。 Meanwhile, when not using the area drawing operation results in this way. 図14(B)に示すように、マウスのボタンをジョブアイコンJOB1のところで押し、移動させずにすぐ離すと、ジョブアイコン21 As shown in FIG. 14 (B), pressing the mouse button at the job icon JOB1, soon release without moving, the job icon 21
1が選択され、続けて、異なるジョブアイコン、例えば、ジョブアイコンJOB2のところで上記の同様の操作を行うことにより、ジョブアイコン212も選択され、結果として、2個のジョブアイコン211、212 1 is selected, continuously, different jobs icon, for example, by at the job icon JOB2 the same procedure described above, the job icon 212 is also selected, as a result, two job icons 211 and 212
が選択されることになる。 It will be but is selected. この操作は、2回以上の繰り返しが可能である。 This operation, it is possible to repeat more than once. また、一度選択したジョブアイコンのところで再度マウスのボタンを押すことにより、その選択が解除され、ジョブアイコンはもとの状態、すなわち、選択されていない状態に戻る。 In addition, by pressing the re-mouse button at the job icon that once selected, the selection is canceled, the job icons original state, that is, returns to the state that has not been selected.

【0049】この様に、上記図14に示した領域描画動作による選択方法、及び、ボタン押下により順次選択していく方法は、システム中に共存することは可能であり、これらの選択方法を組み合わせて、複数のジョブアイコンを簡単に選択、または、選択解除を行うことを可能にすることが出来る。 [0049] Thus, the method selected by the region drawing operation shown in FIG. 14, and a method of sequentially selected by button pressing, it is possible to co-exist in the system, a combination of these selection methods Te, easily select multiple jobs icons, or can make it possible to perform the deselected.

【0050】さらに、図15(A)及び図15(B) [0050] Further, FIG. 15 (A) and FIG. 15 (B)
は、特に、「実行ジョブ」ウィンドウ12内において、 Is, in particular, in the "Run Job" window 12,
表示された複数のプロセッサを同時に選択する方法を示している。 It shows a method of selecting a plurality of processors that are displayed simultaneously. この選択方法も、上記のジョブアイコンを複数同時に選択する方法と同様の操作により実行され、ネットワークの中から複数の実行対象プロセッサを容易に選択することを可能にする。 The selection method is also being performed in the same manner as the method for selecting the job icon multiple simultaneously enables easily selecting a plurality of execution target processor from the network. ただし、ジョブアイコンを複数同時に選択する方法とは異なる点として、領域描画動作でアイコンを囲んでいく際、ネットワークアイコン30だけはアイコンが完全に矩形領域219の中に入っても選択対象としないことが挙げられる。 However, as different from the method for selecting the job icon multiple simultaneously, when we enclose an icon area drawing operation, it only network icon 30 is the icon does not even as a selection target completely contained within the rectangular region 219 and the like. これは、プロセッサ単位で複数選択を行っているため、ネットワーク30を含めると、領域描画動作による選択方法に意味がなくなってしまうためである。 This is, because a plurality selected by the processor unit, the inclusion of network 30, is because there would be no meaning in the selection process by the area drawing operation. また、これらのプロセッサ選択方法においても、領域描画動作による選択方法と、ボタン押下により順次選択していく方法は、共存可能であり、これらを組み合わせて複数のプロセッサアイコンの選択や選択解除を行うことができることは上記と同様である。 Also in these processor selection method, the selection method according to region drawing operation, a method of sequentially selected by button pressing is can coexist, to perform the selection and deselection of a plurality of processors icons in combination that can are as defined above. ただし、ここでは、上記複数のジョブアイコンを同時に選択する方法により複数のジョブを選択し、次に複数のプロセッサアイコンを同時に選択する方法により複数のプロセッサを選択すると、ジョブ管理手段は、各ジョブ毎に、ネットワークを示すアイコン30 However, in this case, it selects a plurality of jobs by a method of simultaneously selecting a plurality of jobs icons, the next method of selecting a plurality of processors icons simultaneously selecting multiple processors, the job management unit, each job to show the network icon 30
が選択されたときと同様の方法で、選択された複数のプロセッサの中からそのジョブを実行するのに最適なプロセッサを選択し順次ジョブを実行させる。 There in the same manner as when selected, to execute the sequential job to select the best processor to execute the job from among a plurality of processors selected.

【0051】次に、ウィンドウ内に表示されたひとつのジョブアイコンの中に、複数の処理単位が記述されている場合の処理について、図16により説明する。 Next, in a single job icon displayed in the window, the processing of the case where a plurality of processing units is described, will be described with reference to FIG. まず、 First of all,
図16(A)に示すジョブ21のアイコンJOB1のファイルには、その右側の矩形221に示されるように、 As the file icon JOB1 job 21 shown in FIG. 16 (A), shown in rectangle 221 to the right,
プログラム名、及び、入出力ファイル名が記述されている。 Program name, and, input and output file name is described. あるいは、これに代え、図16(B)に示すように、ラベルとしてジョブ名(JOB2)を付加し、右側の矩形222に示されるように、記号「{」及び「}」 Alternatively, instead of this, as shown in FIG. 16 (B), by adding the job name (JOB2) as a label, as shown on the right side of the rectangle 222, the symbol "{" and "}"
で囲んでもよい。 It may be enclosed in. さらに、ジョブ管理手段4は、これら「{」と「}」で囲まれた記述をひとつの処理単位として扱う。 Furthermore, the job managing unit 4 treats these "{" and "}" written surrounded by a single processing unit. これにより、図16(C)に示すファイル22 Thus, the file 22 shown in FIG. 16 (C)
3のように、上記の記号「{」と「}」で囲んだ処理単位を複数記述することも可能となる。 As in 3, it is possible to more describing the processing unit surrounded by the symbol "{" and "}". なお、この場合には、ジョブ管理手段4は、個々の処理単位を独立なものとして扱い、かつ、ひとつのアイコンに複数の処理単位が含まれていることをユーザに示すため、そのアイコンのパターンを変えることが望ましい。 In this case, the job managing unit 4 treats the individual processing units as independent ones, and, to indicate that it contains a plurality of processing units to one of the icons to the user, the icon pattern that it is desirable to change. 例えば、図16 For example, FIG. 16
(C)のジョブアイコン23の場合には、当該アイコンの左上の部分に変更を施し、複数の処理単位が含まれていることを表している。 For a job icon 23 (C) is subjected to a change in the upper left part of the icon, indicating that it contains a plurality of processing units.

【0052】また、計算機システムによっては、ジョブを実行するために選択したプロセッサが単独なCPUではなく、マルチプロセッサや並列計算機のように、複数の独立動作可能なCPUを登載している場合もある。 [0052] Further, the computer system, rather than the processor itself of CPU selected to run the job, such as the multi-processor or a parallel computer, you may have to Tosai multiple independent operable CPU . そこで、かかる複数の独立動作可能なCPUを登載したプロセッサを指定したときの処理を、図17を用いて説明する。 Therefore, the process when the specified processor that Tosai such multiple independent operable CPU, and described with reference to FIG. 17.

【0053】まず、図17の上方に示すように、ジョブアイコンを移動することにより、ジョブ移動アイコン2 First, as shown above in FIG. 17, by moving the job icon job moving icons 2
5を当該複数のCPUを登載するプロセッサのアイコンに移動させ、ここでマウスのボタンを離すと、図の下方に示すような「プロセッサ・オプション」シート50が開き、当該アイコンのジョブを並列処理、あるいは、C 5 are moved to the icon of the processor Tosai the plurality of CPU, wherein when releasing the mouse button to open the "Processor Options" sheet 50, as shown in the lower part of FIG., Parallel processing jobs of the icon, Alternatively, C
PU独立利用のどちらのモードで実行するかを、ユーザに問い合わせる。 Whether to run in either mode of the PU independent use, query the user. そして、ユーザは、やはりマウス操作によりポインタを移動してボタンを押すことにより、並列処理を選択する場合には、並列処理選択ボタン510 The user, by pressing a button and also move the pointer by operating the mouse, to select the parallel processing, parallel processing selection button 510
を、他方、CPU独立利用を希望する場合には、独立利用選択ボタン520を押して選択する。 The, on the other hand, if you want the CPU independent use is selected by pressing the independent use selection button 520.

【0054】まず、並列処理を選択する場合には、実行CPU数指定フィールド511でCPU数を指定する。 [0054] First, when selecting the parallel processing specifies the number of CPU execution CPU number designation field 511.
なお、該CPU数は、計算機システムがユーザに許可しているプロセッサ数の最大値を越えて指定することはできない。 The number and the CPU, the computer system can not be specified exceeds the maximum value of the number of processors that allow the user. また、実行CPU数指定フィールド511にはデフォルト値としてユーザに許可しているプロセッサ数の最大値が設定される。 The maximum value of the number of processors that allow a user as a default value is set in the execution CPU number designation field 511. この値は、一般に、並列計算機の運用上、システム管理者によって設定されている。 This value is typically on the operation of the parallel computer, is set by the system administrator.

【0055】これに対して、独立利用を選択すると、さらに、図に示すポップアップ形式で実行CPU選択シート521が表示され、この中にユーザが利用可能なCP [0055] On the contrary, by selecting the independent use, further, it displays the execution CPU selects the sheet 521 in the pop-up format shown in FIG, available to the user CP in this
Uのリストが表示される。 List of U is displayed. これにより、ユーザはこの実行CPU選択シート521から、ジョブを実行させるC C Thus, the user from the running CPU selection sheet 521, to execute the job
PUを選択することとなる。 It will select the PU. この様にして、CPUの選択操作が完了すると、実行CPU選択シート521は閉じられる。 In this way, when the selection operation of the CPU is complete, run CPU selection sheet 521 is closed. そして、上記実行CPU選択シート521のリストの中から、例えば、「ANY」の項目を選択した場合には、実際にジョブを実行するCPUは並列計算機システムにより自動的に決定される。 Then, from the list of the execution CPU selection sheet 521, for example, if you select the item "ANY", the CPU that actually performs the job it is automatically determined by the parallel computer system. また、プロセッサ管理手段5の環境設定により、実行CPU選択シート5 Further, the configuration of the processor managing unit 5, the CPU executes selected sheet 5
21に表示させるCPUのリストを、図示の例とは異なり、これらをアイコンで表示することも出来る。 A list of the CPU to be displayed on the 21, unlike the example shown, it is also possible to display these icons. このようなCPUのアイコンによる表示モードでは、実行CP In the display mode is such a CPU of the icon, running CP
U選択シート521は、一旦開くと、その後は開いた状態のままに保持され、ウィンドウクローズの指定をするまで閉じられない構成とすることが好ましい。 U Select sheet 521, open once, then is held remain open, it is desirable to employ an arrangement wherein not closed until the specified window close. なお、各CPUのアイコンは、プロセッサ管理手段5に表示されるプロセッサアイコンと同じ扱いとなる。 Incidentally, the icon of each CPU, the same treatment as the processor icon displayed on the processor managing means 5. 従って、プロセッサアイコンに対して行う操作と同じ操作でCPUを指定することができ、複数のジョブを複数のCPUで実行させることが出来る。 Therefore, it is possible to specify the CPU in the same operation as the operation performed on the processor icon, it is possible to execute multiple jobs in the CPU.

【0056】また、プロセッサ管理手段5で表示されるプロセッサアイコンに、プロセッサの状態を表す情報を付加すると、ユーザのプロセッサ指定の操作をより使い易いものにすることが出来る。 [0056] Further, the processor icon displayed by the processor managing means 5 and adds information representing the state of the processor can be those likely more useful operation of the processor designated by the user. この機能を、図18を用いて説明する。 This function will be described with reference to FIG. 18. プロセッサ管理手段5は、ジョブ実行受付手段13より送られてくる情報、すなわち、ジョブ実行受付手段13が動いているプロセッサのCPU稼働率、ログインユーザ数などから、計算機システムとしての状態をランク分けし、それぞれを、異なるパターン、 Processor managing means 5, the information sent from the job execution accepting unit 13, i.e., CPU utilization rate of the processor which job execution accepting unit 13 is moving, and the like anonymous users, and ranked the state as the computer system , respectively, different patterns,
表示色などでプロセッサアイコンを「プロセッサ・ネットワーク」ウィンドウ12内に表示する。 The display can be changed display color processor icon to the "processor network" window 12. この図18の例では、5つのプロセッサ31(CPU−1)〜35 In the example of FIG. 18, five processor 31 (CPU-1) ~35
(CPU−5)が、ネットワーク30に接続されており、これらの中のプロセッサ32(CPU−2)には負荷が少しかかっており、他のひとつのプロセッサ35 (CPU-5), it is connected to the network 30, and a bit takes load to the processor 32 in these (CPU-2), one of the other processors 35
(CPU−5)にはかなり負荷がかかっている状態を示している。 It shows a state in which significant load is hanging in the (CPU-5). また、図示の例では、状態のランク分けを定性的に示すための識別部530が、同じ「プロセッサ」 In the illustrated example, the identification unit 530 for qualitatively illustrating the ranking of the condition, the same "processor"
ウインドウ12内に表示されている。 It is displayed in the window 12. これにより、ユーザが実行プロセッサを選択する際の判断材料を、視覚的に提供することが出来る。 Thus, the decisions when the user selects the execution processor, visually it is possible to provide. なお、計算機システムは、一般に、その負荷状態が絶えず変動しているため、状態を細かくランク分けしてもすぐに変化してしまうため、あまり効果はなく、また、細かくランク分けすると、そのための管理や表示などの処理量が多くなり、むしろ、ユーザのジョブ実行の妨げになることもあり得る。 Incidentally, the computer system is generally because the load state is constantly varied, since the finely ranked state varies quickly, not very effective, also when fine ranking, management for the and display becomes large processing amount, such as, but rather, may be hindering the user's job. そこで、このランク分けは、3〜15段階程度とし、さらには、ランク分け数、及び、プロセッサ状態ランク識別部530の表示あるいは非表示を、ユーザが設定しかつ選択可能とすることが好ましい。 Therefore, the ranking is set to about 3 to 15 stages, more, ranked number, and a display or non-display of the processor state rank identification part 530, it is preferable that the user sets and selectable. また、状態チェックの時間間隔は、短ければ短いほどよいが、しかしながら、短くなるにつれてユーザジョブ実行の妨げになる割合が高くなるため、プロセッサ管理手段5のパラメータとして、やはり、ユーザが設定できるようにしておくことが好ましい。 Further, the time interval of status check, the shorter good, however, the proportion that impede the user job execution as shorter becomes higher, as the parameters of the processor managing means 5, also, to allow the user to set it is preferable advance. なお、デフォルト値は、プロセッサ管理手段5のセットアップの時に、システム管理者が行うものとする。 Note that the default value, when the set-up of the processor managing unit 5, it is assumed that the system administrator.

【0057】次に、上記に詳述した本発明によるプロセッサ指定方式を応用して、ひとつのプログラムをブロック単位でパイプライン的に動作させるようにした実行指示例を、図19を参照しながら説明する。 Next, by applying the processor specification method according to the present invention detailed above, the execution instruction example of one program to cause the pipeline to be operated in units of blocks, with reference to FIG. 19 described to.

【0058】まず、当該システムで実行可能なプログラムを表示する「実行プログラム一覧」ウィンドウ60には、当該システムで実行可能なプログラムであるプログラム61、62、63がアイコンPR−1、PR−2、 [0058] First of all, to display an executable program in the system to "run program list" window 60, 61, 62, 63 program icon PR-1 is an executable program in the system, PR-2,
PR−3で表示される。 It is displayed in the PR-3. これら表示されたプログラムアイコンを選択して、その内容を表示するための操作、すなわち、選択・表示操作を行うと、図示のように、その内部構造が、別に開いたウィンドウ70にアイコンイメージで表示される。 Select those displayed program icon, the operation for displaying the contents, i.e., when the selection and display operation, as shown, its internal structure is displayed in the icon image in the window 70 opened separately It is. この例では、「実行プログラム一覧」ウィンドウ60内のプログラム61が選択・表示された例を示しており、このプログラム61は、3つのブロック71(BLK1)、72(BLK2)、73(B In this example, shows an example of program 61 of "Run Program List" window 60 is selected and displayed, the program 61, three blocks 71 (BLK1), 72 (BLK2), 73 (B
LK3)、さらには、入力データ指定部74(IN)、 LK3), furthermore, the input data designation unit 74 (IN),
及び、出力データ指定部75(OUT)より構成されている。 And it is composed of the output data specified portion 75 (OUT).

【0059】ここで、上記「実行プログラム一覧」ウィンドウ60内のプログラム61により実行される処理について各処理ブロック毎に説明すると、まず、入力データは入力データ指定部74(IN)を通して入力され、 [0059] Here, explaining each processing block processes executed by the program 61 in the "Run Program List" window 60, first, the input data is input through the input data designation unit 74 (IN),
この入力データ指定部74(IN)から入力されたデータにより、ブロック71(BLK1)が処理を行い、その結果を、次のブロック72(BLK2)へ送る。 The data inputted from the input data specification unit 74 (IN), performs block 71 (BLK1) processing, send the results, the next block 72 to (BLK2). これにより、該ブロック72(BLK2)が処理を行う。 Thus, the block 72 (BLK2) performs processing. 同様に、ブロック72(BLK2)は、その処理結果をブロック73(BLK3)へ送り、該ブロック73(BL Similarly, blocks 72 (BLK2) sends the processing result block 73 to (BLK3), the block 73 (BL
K3)は、受け取ったデータで処理を行った結果を、当該実行プログラム61の出力として、上記出力データ指定部75(OUT)へ出力するものである。 K3) is the result of in received data processing, as the output of the execution program 61, and outputs the output data specifying section 75 to the (OUT).

【0060】そこで、ユーザは、これらの処理ブロック71〜75のアイコンIN、BLK1〜BLK3、OU [0060] Therefore, the user, the icon IN of the processing blocks 71~75, BLK1~BLK3, OU
Tを、上記の図1、図3及び図4と同様な操作で、それぞれ異なるプロセッサに割当てる。 The T, above 1, in a same manner as FIGS. 3 and 4 are assigned to different processors. 例えば、処理ブロック71のアイコンBLK1をマウスを用いてプロセッサ31のアイコンCPU−1のところへ移動させると、処理ブロック71はプロセッサ31で処理されることが定義される。 For example, moving the icon BLK1 processing block 71 to the place of the icon CPU-1 processor 31 using the mouse, the processing block 71 is defined to be processed by the processor 31. 同様に、処理ブロック72をプロセッサ32 Similarly, the processing block 72 processor 32
に、処理ブロック73をプロセッサ33に割当て、さらに、「実行ジョブ」ウィンドウ11内にアイコンで表示されているジョブアイコンJOB1を入力データ指定部74(IN)に移動させると、ジョブアイコンJOB1 , The allocation processing block 73 to the processor 33, further moving the job icon JOB1 displayed by the icon in the "run job" window 11 to input data specification unit 74 (IN), the job icon JOB1
をジョブ実行指示として入力データ指定部74が認識し、これにより、プログラム61の実行を行う。 The recognized input data designation unit 74 as a job execution instruction, thereby, the execution of the program 61. さらに、他のデータを続けて、または、複数のジョブファイルを選択して、これを同時に入力データ指定部74に与えると、入力データ指定部74は、順次、ブロック71 Furthermore, following other data, or select a plurality of job files, given this time the input data designation unit 74, the input data designation unit 74 sequentially, block 71
にデータを送り、ジョブ実行の処理を行う。 Sends data to, the process of job execution. これにより、ジョブは、ブロック71〜73により、複数の入力データに対してパイプライン的に実行される。 Thus, the job is a block 71-73, are performed in a pipeline manner for a plurality of input data. かかる処理方法では、特に、共有メモリ方式の並列計算機を用い、各ブロックの入出力データを各プロセッサから共通にアクセス可能な領域に保持しておくと、データ転送の必要がなくなるため、ブロック間の転送データ量が多くても高速処理が可能となる。 In such treatment methods, in particular, shared with a parallel computer memory system, the input and output data of each block holds in common accessible area from each processor, since the necessary data transfer is eliminated, between the blocks even many transfer data amount becomes capable of high-speed processing.

【0061】 [0061]

【発明の効果】以上の詳細な説明からも明らかなように、本発明によれば、複数のジョブをネットワークで接続された計算機システムを用いて分散処理を行う際に、 As is apparent from the foregoing detailed description, according to the present invention, according to the present invention, when performing distributed processing by using a computer system connected to a plurality of jobs in the network,
ジョブをネットワーク内の複数のプロセッサに割り当てる操作を、ジョブを実行するプロセッサなどの状態も含めて、アイコンなどのグラフィックイメージで表示することにより、視覚的に捉えることが可能となり、ユーザは指定すべきプロセッサを容易に把握することが出来、 An operation to assign jobs to a plurality of processors in a network, including conditions such as a processor for executing the job, by displaying the graphic images such as icons, it is possible to grasp visually, the user should specify it is possible to easily grasp the processor,
また、ユーザが定義しなかった場合にも最適なプロセッサを選択して指定する、いわゆる自動処理をも備えることにより、不慣れなユーザでも分かり易く、その操作も簡単に行うことが出来る。 The user specifies by selecting an optimal processor even if not defined, by providing also a so-called automatic processing, clarity even an inexperienced user, the operation is also easily performed, it is possible.

【0062】また、本発明のプロセッサ指定方法は、単一プログラムをブロック毎の処理に分解した場合にも適用でき、この場合複数の入力データをパイプライン的に順次処理するような応用が可能である。 [0062] The processor specification method of the present invention is also applicable to a case of decomposing a single program to the processing of each block, it can be applied so as to sequentially processed in a pipeline manner a plurality of input data in this case is there. 入力データファイルの数が多いほど、パイプライン動作による高速化の効果が大きく得られることになる。 As the number of the input data file is large, the effect of speeding up by the pipeline operation is obtained largely.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明になるプロセッサ指定方法の基本動作を示すブロック図である。 1 is a block diagram illustrating the basic operation of the processor specification method according to the present invention.

【図2】計算機ネットワークを示すブロック図である。 2 is a block diagram illustrating a computer network.

【図3】上記本発明のプロセッサ指定方法におけるジョブ指定方法の説明図である。 3 is an explanatory view of a job designation method in the processor specification method of the present invention.

【図4】上記本発明のプロセッサ指定方法におけるプロセツサ指定方法の説明図である。 4 is an explanatory diagram of a processor designated method in processor specification method of the present invention.

【図5】上記本発明のプロセッサ指定方法において、計算機が接続されたネットワークを特定することによるプロセッサ指定方法の説明図である。 [5] In processor specification method of the present invention, it is an explanatory diagram of a processor designated method by computer to identify the connected network.

【図6】上記本発明のプロセッサ指定方法における最適なサーバ計算機を選択する手順を説明するためのフロー図である。 6 is a flowchart for explaining the procedure for selecting the optimal server computer in the processor specified method of the present invention.

【図7】上記本発明のプロセッサ指定方法において、特定されたジョブを選択された最適なサーバ計算機に指定する表示方法の一例を示す図である。 [7] In processor specification method of the present invention, it is a diagram showing an example of a display method of specifying the best server computer which has selected a particular job.

【図8】上記本発明のプロセッサ指定方法を実現するための、ジョブアイコンの位置によるプロセッサの決定方法の一例を説明する説明図である。 8 is an explanatory diagram for explaining an example of a method for determining a processor according to the position of the job icons for implementing the processor specification method of the present invention.

【図9】上記本発明のプロセッサ指定方法を利用した計算機システムにけるユーザ計算機と指定プロセッサによるジョブの実行を説明するためのブロック図である。 9 is a block diagram for explaining the execution of a job processor specified method takes a computer system using a user computer by specifying a processor of the present invention.

【図10】上記本発明のプロセッサ指定方法におけるジョブ実行中のジョブアイコン表示の例を示す図である。 10 is a diagram showing an example of a job icon in the job execution in processor specification method of the present invention.

【図11】上記本発明のプロセッサ指定方法におけるジョブ実行中のジョブアイコン表示の変形例を示す図である。 11 is a diagram showing a modification of a job icon in the job execution in processor specification method of the present invention.

【図12】上記本発明のプロセッサ指定方法Iこおけるジョブ実行中のプロセッサアイコン表示の例を示す図である。 12 is a diagram showing an example of a processor icon display processor designated Method I This definitive during job execution according to the present invention.

【図13】上記本発明のプロセッサ指定方法におけるジョブ実行中のプロセッサアイコン表示の変形例を示す図である。 13 is a diagram showing a modification of the processor icon display in the job execution in processor specification method of the present invention.

【図14】上記本発明のプロセッサ指定方法においてジョブアイコンを複数一括で選択する方法を説明する図である。 14 is a diagram illustrating a method of selecting a plurality batch job icon in processor specification method of the present invention.

【図15】上記本発明のプロセッサ指定方法においてプロセッサアイコンを複数一括で選択する方法を説明する図である。 15 is a diagram for explaining a method of selecting a plurality collectively processor icon in processor specification method of the present invention.

【図16】上記本発明のプロセッサ指定方法におけるジョブファイルに記述されている処理単位の数の扱いを説明するための図である。 16 is a diagram for explaining the handling of the number of processing units described in the job file in the processor specification method of the present invention.

【図17】上記本発明のプロセッサ指定方法において複数のCPUを含むプロセッサを選択する方法及び操作を説明する図である。 17 is a diagram illustrating the method and operation for selecting a processor including a plurality of CPU in the processor specified method of the present invention.

【図18】上記本発明のプロセッサ指定方法におけるプロセッサの状態表示の例を説明する図である。 18 is a diagram illustrating an example of a processor of the status display in the processor specification method of the present invention.

【図19】上記本発明によるプロセッサ指定方法を他に応用した例として、プログラムのパイプライン動作を実行する方法及び操作を説明する図である。 [19] As an example of application to other processors specified method according to the present invention, is a diagram illustrating a method and operation to perform a pipeline operation of the program.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ユーザ計算機 2 サーバ計算機 3 ネットワーク 4 ジョブ管理手段 5 プロセッサ管理手段 10 マウスカーソル 11 「実行ジョブ」ウィンドウ 12 「プロセッサ・ネットワーク」ウィンドウ 13 ジョブ受付実行手段 14 実行プログラム 21、22、23 ジョブファイル 25 ジョブ移動アイコン 30 ネットワーク 31、32、33、34、35 プロセッサ 1 user computer 2 server computer 3 network 4 job management unit 5 processor managing unit 10 mouse cursor 11 "run job" window 12 "Processor Networks" window 13 job accepting execution unit 14 executes a program 21, 22, 23 job file 25 jobs move icon 30 network 31, 32, 33, 34 processor

Claims (19)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 少なくとも1のプロセッサを備えた複数の計算機を接続したネットワーク上においてジョブファイルを前記プロセッサに指定する方法であって、 前記計算機の1つのディスプレイのウィンドウ上に、処理すべき前記ジョブファイルをアイコンとして表示し、 前記ネットワーク上に接続された複数の計算機のプロセッサを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示し、 ポインティングディバイスにより前記表示されたジョブファイルの少なくとも1つを指定し、 その後、前記表示されたプロセッサのアイコンを指定して少なくとも1つのプロセッサを指定することにより、 1. A method of specifying the job file to the processor on at least one network connected plurality of computers having a processor, on a window of one of the display of said computer, the job to be processed display file as an icon, a processor of a plurality of computers connected on the network, and displayed as icons on the window of the display, specify at least one of the displayed job file by a pointing device, then , by specifying at least one processor to specify an icon of the displayed processor,
    前記指定したジョブファイルの処理を前記指定した計算機のプロセッサに割り当てるようにしたことを特徴とするプロセッサ指定方法。 Processor specification method characterized in that the processing of the job file above specified to assign the processor of the specified computer.
  2. 【請求項2】 前記請求項1に記載のプロセッサ指定方法において、前記ポインティングディバイスにより前記ジョブファイルを指定した後、当該ジョブファイルのアイコンを移動して前記表示されたプロセッサのアイコンに重ねあるいは隣接させることにより、プロセッサの指定を行うようにしたことを特徴とするプロセッサ指定方法。 2. A processor specification method according to claim 1, wherein after designating the job file by a pointing device, is superimposed or adjacent to the job file of the processor which is the display by moving the icon Icon it allows processor specification method being characterized in that to perform the specified processor.
  3. 【請求項3】 前記請求項1に記載のプロセッサ指定方法において、前記ジョブファイルを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示する際、上記ディスプレイ上に固有のウィンドウを開き、当該ウィンドウ内に前記ジョブファイルを表示するようにしたことを特徴とするプロセッサ指定方法。 3. The processor specification method according to claim 1, wherein the job the job file, when displayed as an icon on the window of the display, open the specific window on the display, in the window processor specification method is characterized in that so as to display the file.
  4. 【請求項4】 前記請求項1に記載のプロセッサ指定方法において、前記ネットワーク上に接続された複数の計算機のプロセッサを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示する際、上記ディスプレイ上に固有のウィンドウを開き、当該ウィンドウ内に前記ネットワーク上に接続された複数の計算機のプロセッサを表示するようにしたことを特徴とするプロセッサ指定方法。 4. The processor specification method according to claim 1, the processor of the plurality of computers connected on the network, when displayed as an icon on the window of the display, specific window on the display open, processor specification method is characterized in that so as to display the processor of the plurality of computers connected on the network within that window.
  5. 【請求項5】 前記請求項1に記載のプロセッサ指定方法において、前記ネットワーク上に接続された複数の計算機のプロセッサを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示する際、当該ネットワークをも含めて表示し、かつ、前記ポインティングディバイスにより指定した前記ジョブファイルを移動して前記ネットワークに重ねあるいは隣接させることにより、当該処理ファイルの処理を当該ネットワークに接続された複数の計算機のプロセッサから最適のプロセッサを選択して指定することを特徴とするプロセッサ指定方法。 5. The processor specification method according to claim 1, the processor of the plurality of computers connected on the network, when displayed as an icon on the window of the display, including the network display and, and, selected by moving the specified the job file is superposed or adjacent to the network, the optimum processor processing the process files from the processor of the plurality of computers connected to the network by the pointing device processor specification method characterized by specified.
  6. 【請求項6】 前記請求項5に記載のプロセッサ指定方法において、前記ネットワークに接続された複数の計算機のプロセッサからの最適のプロセッサの選択を、前記ネットワークに接続された当該複数の計算機のプロセッサの処理能力と稼動履歴を基に行うことを特徴とするプロセッサ指定方法。 6. The processor specification method according to claim 5, the selection of the optimum processor from the processor of the plurality of computers connected to the network, the processor connected the plurality of computers to the network processor specification how and performing based on the operation history and processing power.
  7. 【請求項7】 前記請求項1に記載のプロセッサ指定方法において、前記ポインティングディバイスによりジョブファイルを指定する際、表示されたジョブファイルの複数を一括して指定することが可能であることを特徴とする計算機へのジョブ指定方法。 7. The processor specification method according to claim 1, and characterized in that the time of specifying the job file by a pointing device, it is possible to specify collectively a plurality of displayed job file job how to specify to the computer to be.
  8. 【請求項8】 前記請求項1に記載のプロセッサ指定方法において、前記ポインティングディバイスにより前記ネットワークに接続された計算機のプロセッサを指定する際、表示されたプロセッサの複数を一括して指定することが可能であることを特徴とするプロセッサ指定方法。 8. The processor specification method according to claim 1, when specifying a processor computers connected to the network by the pointing device, can be designated collectively a plurality of processors that are displayed processor specification wherein the at.
  9. 【請求項9】 前記請求項1に記載のプロセッサ指定方法において、指定された計算機のプロセッサが当該ジョブファイルを処理中は、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示された当該計算機のプロセッサの表示状態を変更することを特徴とするプロセッサ指定方法。 9. The processor specification method according to claim 1, processing the processor is the job file for the specified computer, the display state of the processor of the computer is displayed as icons on the window of the display processor specification method characterized by changing the.
  10. 【請求項10】 プロセッサを備えた複数の計算機をネットワーク上に接続してなる計算機システムであって、 前記複数の計算機の1をユーザ計算機とし、その他の計算機をサーバ計算機とし、 少なくとも前記ユーザ計算機は、ユーザインターフェイスを支援するウィンドウシステムがそのディスプレイ上で稼動し、かつ、当該ディスプレイ上で表示されるアイコンを選択的に指定するためのポインティングディバイスを備えており、 さらに前記ユーザ計算機は、 処理内容を記述したジョブファイルを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示して前記ポインティングディバイスによる指定を可能にするジョブ管理手段と、 前記ネットワーク上に接続された複数の計算機のプロセッサを、前記ディスプレイのウィンドウ上に 10. A computer system a plurality of computers having a processor made by connecting to the network, the plurality of the first computer and the user computer, the other computer and the server computer, at least the user computer , the window system for supporting the user interface running on the display, and includes a pointing device for selectively specifying the icon displayed on the display, even the user computer, the processing content the job file that describes a job management means for allowing designation by the pointing device to display the icons on the window of the display, a processor of a plurality of computers connected on the network, on the window of the display to イコンとして表示して、前記ポインティングディバイスによる指定を可能にし、もって、当該指定された処理ファイルの処理を前記ディスプレイのウィンドウ上に表示された複数の計算機の指定されたプロセッサに割り当てるプロセッサ管理手段と、 を備えたことを特徴とする計算機システム。 Displayed as icons, and the enabling designation by the pointing devices, has, the processor managing means for allocating a processing of the specified processing file into multiple specified processor of the computer displayed on the window of the display, computer system characterized by comprising a.
  11. 【請求項11】 前記請求項10に記載の計算機システムにおいて、 前記ジョブ管理手段は、前記ポインティングディバイスにより前記ジョブファイルを指定した後に当該ジョブファイルを表すアイコンを移動可能にし、かつ、前記プロセッサ管理手段は、前記ポインティングディバイスにより移動された前記ジョブファイルのアイコンが重ねられあるいは隣接させされたアイコンに該当する計算機のプロセッサを指定されたプロセッサとするように構成されたことを特徴とする計算機システム。 11. A computer system according to claim 10, wherein the job management unit allows moving an icon representing the job file after specifying the job file by the pointing device, and said processor managing means the computer system, characterized in that it is configured to the processor to the specified processor of the computer that corresponds to the to the the icon superimposed or adjacent said job file moving icon by the pointing device.
  12. 【請求項12】 前記請求項10に記載の計算機システムにおいて、 前記サーバ計算機となる計算機は、前記ユーザ計算機により割り当てられた前記ジョブファイルを受け付けかつ実行するジョブ受付実行手段を備えており、当該ジョブ受付実行手段は、前記ネットワークを介して、前記ユーザ計算機の前記プロセッサ管理手段へ接続されていることを特徴とする計算機システム。 12. A computer system according to claim 10, wherein the server computer to become a computer includes a job receiving execution means for receiving and executing the job file assigned by the user computer, the job accepting execution means, a computer system via said network, characterized in that it is connected to the processor managing unit of the user computer.
  13. 【請求項13】 複数の計算機が接続されたネットワーク上の1つの計算機であって、当該ネットワーク上に接続された他の計算機をサーバ計算機とすることの可能なユーザ計算機において、 所定の演算プログラムを実行するプロセッサと、 前記演算プログラム及びデータを記憶するためのメモリ手段と、 ユーザインターフェイスを支援するウィンドウを表示することの出来るディスプレイと、 前記ディスプレイ上に表示されたイメージを選択的に指定するためのポインティングディバイスを含む入力手段と、 を備え、さらに、 計算機による処理内容を記述したジョブファイルを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示して、前記ポインティングディバイスによる指定を可能にするジョブ管理手段と、 前記ネットワーク 13. A plurality of computers one computer on the connected network, the possible user computers to the other computer connected on the network as the server computer, a predetermined calculation program a processor for executing said memory means for storing the operation program and data, a display capable of displaying a window that assist the user interface, the image displayed on said display selectively for designating includes an input means including a pointing device, a further, and job management means for the job file which describes the contents of processing by a computer, and displayed as an icon on the window of the display, to allow designation by the pointing device, the network に接続された計算機のプロセッサを、前記ディスプレイのウィンドウ上にアイコンとして表示して、前記ポインティングディバイスにより指定された前記ジョブファイルの位置により、当該指定されたジョブファイルの処理を前記ディスプレイのウィンドウ上に表示された計算機のプロセッサに指定するプロセッサ管理手段と、 を備えたことを特徴とするユーザ計算機。 The processor of computer connected to, and displayed as an icon on the window of the display, the position of the job file specified by the pointing device, the processing of the designated job file on the window of the display user computer, characterized in that and a processor managing means for specifying the processor of the displayed calculator.
  14. 【請求項14】 前記請求項13に記載のユーザ計算機において、前記ジョブ管理手段は、前記ディスプレイのウィンドウ上に表示した前記ジョブファイルのアイコンを前記ポインティングディバイスにより移動可能とし、 14. A user computer according to claim 13, wherein the job management unit, the icons of the job files displayed on the window of the display and can be moved by the pointing device,
    かつ、前記プロセッサ管理手段は、前記ポインティングディバイスにより移動された前記ジョブファイルの位置により当該指定されたジョブファイルの処理が指定される計算機のプロセッサを決定するように構成されていることを特徴とするユーザ計算機。 And, said processor managing means, characterized in that it is configured to determine the processor of the computer processing of the designated job file is designated by the position of the job file which has been moved by the pointing device user computer.
  15. 【請求項15】 前記請求項13に記載のユーザ計算機において、前記処理ファイル管理手段は、その起動により、上記ディスプレイ上に固有のウィンドウを開き、当該ウィンドウ内に前記ジョブファイルのアイコンを表示するように構成したことを特徴とするユーザ計算機。 15. A user computer according to claim 13, wherein the processing the file management means, at its start, opens a unique window onto the display, to display the icons of the job file in the window user computer, characterized by being configured to.
  16. 【請求項16】 前記請求項13に記載のユーザ計算機において、前記プロセッサ管理手段は、その起動により、上記ディスプレイ上に固有のウィンドウを開き、当該ウィンドウ内に前記ネットワーク上に接続された計算機のプロセッサのアイコンを表示するように構成したことを特徴とするユーザ計算機。 16. A user computer according to claim 13, wherein said processor managing means, by its activation, to open the specific window on the display, the processor of the computers connected on the network in the window user computer, characterized by being configured to display the icon.
  17. 【請求項17】 前記請求項13に記載のユーザ計算機において、前記プロセッサ管理手段は、前記ネットワーク上に接続された計算機のプロセッサのアイコンと共に、当該ネットワークのアイコンをも含めて表示するように構成したことを特徴とするユーザ計算機。 17. A user computer according to claim 13, wherein said processor managing means, together with the network on the connected computer processor icon, and configured to display, including the relevant network icon user computer, wherein a.
  18. 【請求項18】 前記請求項13に記載のユーザ計算機において、前記プロセッサ管理手段は、前記ネットワーク上に接続された計算機のプロセッサのアイコンを前記ディスプレイ上に表示する際に、当該表示される計算機のプロセッサのCPU稼働率及びログインユーザ数の少なくとも一つを含む負荷状況を表示するように構成されたことを特徴とするユーザ計算機。 18. A user computer according to claim 13, wherein said processor managing means, an icon processor computers connected on the network when displaying on the display, the computer is the display user computer, characterized in that it is configured to display the load status including at least one CPU operating ratio and the number of login user processor.
  19. 【請求項19】 前記請求項13に記載のユーザ計算機において、前記プロセッサ管理手段は、前記ポインティングディバイスにより指定された計算機のプロセッサのCPUが複数である場合には、当該複数のCPUを単独利用するか、あるいは、並列利用するかの選択を可能にするよう構成されたことを特徴とするユーザ計算機。 19. The user computer according to claim 13, wherein the processor managing unit, when the CPU of the processor of the computer designated by said pointing device is plural, alone utilize the multiple CPU or, alternatively, the user computer, characterized in that it is configured to allow the selection of parallel use.
JP7226368A 1995-09-04 1995-09-04 Processor specifying method, computer system, and user computer Pending JPH0973381A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7226368A JPH0973381A (en) 1995-09-04 1995-09-04 Processor specifying method, computer system, and user computer

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7226368A JPH0973381A (en) 1995-09-04 1995-09-04 Processor specifying method, computer system, and user computer

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0973381A true JPH0973381A (en) 1997-03-18

Family

ID=16844051

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7226368A Pending JPH0973381A (en) 1995-09-04 1995-09-04 Processor specifying method, computer system, and user computer

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0973381A (en)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010271982A (en) * 2009-05-22 2010-12-02 Nec Casio Mobile Communications Ltd Portable terminal device and program
JP2010538394A (en) * 2007-09-04 2010-12-09 アップル インコーポレイテッド Editing interface
JP2011203902A (en) * 2010-03-25 2011-10-13 Konica Minolta Business Technologies Inc Program and method for displaying congestion degree of printing machine
JP2012018600A (en) * 2010-07-09 2012-01-26 Sony Corp Display control device, display control method, display control program and recording medium
JP2012099063A (en) * 2010-11-05 2012-05-24 Mitsubishi Electric Corp Monitoring controller
JP2012128852A (en) * 2010-12-14 2012-07-05 Symantec Corp Systems and methods for displaying dynamic list of virtual objects when drag and drop action is detected
JP2013200769A (en) * 2012-03-26 2013-10-03 Nec Corp Distribution processing system, distribution processing method, and distribution processing program
JP2015201060A (en) * 2014-04-09 2015-11-12 株式会社日立ソリューションズ sensor data collection system
US9335924B2 (en) 2006-09-06 2016-05-10 Apple Inc. Touch screen device, method, and graphical user interface for customizing display of content category icons
US9367232B2 (en) 2007-01-07 2016-06-14 Apple Inc. Portable multifunction device, method, and graphical user interface supporting user navigations of graphical objects on a touch screen display
US9619143B2 (en) 2008-01-06 2017-04-11 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for viewing application launch icons
US9733812B2 (en) 2010-01-06 2017-08-15 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface with content display modes and display rotation heuristics
US9772751B2 (en) 2007-06-29 2017-09-26 Apple Inc. Using gestures to slide between user interfaces
US9933937B2 (en) 2007-06-20 2018-04-03 Apple Inc. Portable multifunction device, method, and graphical user interface for playing online videos
US9933913B2 (en) 2005-12-30 2018-04-03 Apple Inc. Portable electronic device with interface reconfiguration mode
US10250735B2 (en) 2013-10-30 2019-04-02 Apple Inc. Displaying relevant user interface objects
US10313505B2 (en) 2006-09-06 2019-06-04 Apple Inc. Portable multifunction device, method, and graphical user interface for configuring and displaying widgets

Cited By (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9933913B2 (en) 2005-12-30 2018-04-03 Apple Inc. Portable electronic device with interface reconfiguration mode
US10359907B2 (en) 2005-12-30 2019-07-23 Apple Inc. Portable electronic device with interface reconfiguration mode
US9335924B2 (en) 2006-09-06 2016-05-10 Apple Inc. Touch screen device, method, and graphical user interface for customizing display of content category icons
US10313505B2 (en) 2006-09-06 2019-06-04 Apple Inc. Portable multifunction device, method, and graphical user interface for configuring and displaying widgets
US9952759B2 (en) 2006-09-06 2018-04-24 Apple Inc. Touch screen device, method, and graphical user interface for customizing display of content category icons
US10254949B2 (en) 2007-01-07 2019-04-09 Apple Inc. Portable multifunction device, method, and graphical user interface supporting user navigations of graphical objects on a touch screen display
US9367232B2 (en) 2007-01-07 2016-06-14 Apple Inc. Portable multifunction device, method, and graphical user interface supporting user navigations of graphical objects on a touch screen display
US9933937B2 (en) 2007-06-20 2018-04-03 Apple Inc. Portable multifunction device, method, and graphical user interface for playing online videos
US9772751B2 (en) 2007-06-29 2017-09-26 Apple Inc. Using gestures to slide between user interfaces
JP2015099596A (en) * 2007-09-04 2015-05-28 アップル インコーポレイテッド Editing interface
JP2010538394A (en) * 2007-09-04 2010-12-09 アップル インコーポレイテッド Editing interface
JP2018055706A (en) * 2007-09-04 2018-04-05 アップル インコーポレイテッド Editing interface
US9619143B2 (en) 2008-01-06 2017-04-11 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for viewing application launch icons
JP2010271982A (en) * 2009-05-22 2010-12-02 Nec Casio Mobile Communications Ltd Portable terminal device and program
US9733812B2 (en) 2010-01-06 2017-08-15 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface with content display modes and display rotation heuristics
JP2011203902A (en) * 2010-03-25 2011-10-13 Konica Minolta Business Technologies Inc Program and method for displaying congestion degree of printing machine
US8830273B2 (en) 2010-07-09 2014-09-09 Sony Corporation Display control apparatus and display control method, display control program, and recording medium
JP2012018600A (en) * 2010-07-09 2012-01-26 Sony Corp Display control device, display control method, display control program and recording medium
JP2012099063A (en) * 2010-11-05 2012-05-24 Mitsubishi Electric Corp Monitoring controller
JP2012128852A (en) * 2010-12-14 2012-07-05 Symantec Corp Systems and methods for displaying dynamic list of virtual objects when drag and drop action is detected
JP2013200769A (en) * 2012-03-26 2013-10-03 Nec Corp Distribution processing system, distribution processing method, and distribution processing program
US9262219B2 (en) 2012-03-26 2016-02-16 Nec Corporation Distributed processing system, distributed processing method, and distributed processing program
US10250735B2 (en) 2013-10-30 2019-04-02 Apple Inc. Displaying relevant user interface objects
JP2015201060A (en) * 2014-04-09 2015-11-12 株式会社日立ソリューションズ sensor data collection system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0478346B1 (en) System state controller for electronic image processing systems
US5752254A (en) Method and system for controlling clipboards in a shared application progam
US5768506A (en) Method and apparatus for distributed workflow building blocks of process definition, initialization and execution
USRE38883E1 (en) Method and system for the direct manipulation of information, including non-default drag and drop operation
DE19632854B4 (en) Context identifier system and method for individual menu customization in a window
US7007244B2 (en) Method and system for displaying categorized information on a user interface
US6145031A (en) Multiple insertion point queue to order and select elements to be processed
US5826020A (en) Workflow real time intervention
US5337407A (en) Method and system for identifying users in a collaborative computer-based system
JP3538434B2 (en) Method of controlling the execution of an application program
US6335795B1 (en) Method for customizing print attribute choices based on selected model, media, and printer
US4937737A (en) Process transparent multi storage mode data transfer and buffer control
US5793974A (en) Network navigation and viewing system for network management system
JP2708384B2 (en) Integrated data processing implementation of a graphical user interface
US5745687A (en) System for distributed workflow in which a routing node selects next node to be performed within a workflow procedure
US6816176B2 (en) Temporarily moving adjacent or overlapping icons away from specific icons being approached by an on-screen pointer on user interactive display interfaces
US7298503B2 (en) Partitioning of print jobs for raster image processing
US4901231A (en) Extended process for a multiprocessor system
CN1041567C (en) Method and device for avoiding multiuser operating shared data object cursor lock at same time
US6965450B2 (en) Method for imaging multiple sets of an electronic document on one or more image forming devices
EP0362105B1 (en) Method for processing program threads of a distributed application program by a host computer and an intelligent work station in an SNA LU 6.2 network environment
US6393441B1 (en) System and method for printing ordered sections having different file formats
US6281896B1 (en) Data processor controlled interface with multiple tree of elements views expandable into individual detail views
EP0362106A2 (en) Method for scheduling execution of distributed application programs at preset times in an SNA LU 6.2 network environment
JP4076239B2 (en) Information display method and window management apparatus