JPH0970478A - パチンコ機の施錠装置 - Google Patents

パチンコ機の施錠装置

Info

Publication number
JPH0970478A
JPH0970478A JP22987895A JP22987895A JPH0970478A JP H0970478 A JPH0970478 A JP H0970478A JP 22987895 A JP22987895 A JP 22987895A JP 22987895 A JP22987895 A JP 22987895A JP H0970478 A JPH0970478 A JP H0970478A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
glass frame
locking mechanism
pachinko machine
locking device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP22987895A
Other languages
English (en)
Inventor
Atsufumi Nakamura
農史 中村
Tsuneo Nakamura
常男 中村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
CHIYUUTOU SANGYO KK
Original Assignee
CHIYUUTOU SANGYO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by CHIYUUTOU SANGYO KK filed Critical CHIYUUTOU SANGYO KK
Priority to JP22987895A priority Critical patent/JPH0970478A/ja
Publication of JPH0970478A publication Critical patent/JPH0970478A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】部品点数を削減できると共に、構造を簡単化す
ることができるパチンコ機の施錠装置を提供する。 【解決手段】この施錠装置は、取付板2と支持板3を断
面L形に成形した縦長の基枠体1の内側に、連結杆6が
摺動可能に配設され、支持板3の上部と下部に鉤部材
4、5が傾動可能に枢支される。連結杆6の上下端部が
鉤部材4、5に連結され、取付板2の中間部にシリンダ
錠7がその錠軸を内側にして取付けられ、錠軸の先端に
連結杆6と係合するカム板8が固定され、本体枠に対す
る前面枠の施錠と前面枠に取付けられたガラス枠のガラ
ス枠施錠機構の解錠を行うパチンコ機の施錠装置であ
る。カム板8の一部にガラス枠施錠機構を解錠するため
の第二係合部8bが設けられ、第二係合部8bは、支持
板3の上から外側に突き出し、ガラス枠施錠機構の作動
部に直接当るように形成される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パチンコ機の前面
枠を本体枠に対し施錠すると共に、前面枠に設けられた
ガラス枠の施錠機構を解錠するパチンコ機の施錠装置に
関する。
【0002】
【従来の技術】パチンコ機の前面枠を本体枠に対し施錠
する装置として、取付板と支持板を断面L形に成形した
縦長の基枠体の内側に、連結杆が摺動可能に配設され、
支持板の上部と下部に鉤部材が傾動可能に枢支され、連
結杆の上下端部が鉤部材に連結され、取付板の中間部に
シリンダ錠がその錠軸を取付板に設けた孔から内側に差
し込むように取付けられ、錠軸の先端に連結杆と係合す
るカム板が固定されてなる施錠装置が、一般に使用され
ている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】この種の施錠装置に
は、前面枠に設けられたガラス枠の施錠機構を解錠する
ためのガラス枠解錠機構が設けられ、このガラス枠解錠
機構は、支持板と連結杆との間に作動片を外側に向けて
突設した作動杆を摺動可能に配設し、作動杆の一部に、
カム板の係合部と係合可能な係合凹部を設けて構成さ
れ、シリンダ錠の錠軸に固定されたカム板をキーにより
一方向に回動させ、カム板の係合部を作動杆の係合凹部
に係合させて作動杆を摺動させ、このとき、作動杆の一
部の作動片がガラス枠解錠機構の作動部に当ってこれを
移動させ、ガラス枠解錠機構を解錠動作させる。
【0004】しかし、このようなガラス枠解錠機構を解
錠する機構は、カム板の回動により、作動杆を移動させ
て作動片を平行移動させるため、比較的スムーズにガラ
ス枠解錠機構の解錠をシリンダ錠に差し込んだキーの操
作により行うことができるものの、作動杆やそれを一方
向に付勢するためのコイルばねを設ける必要があるな
ど、部品点数が多くなる問題があった。
【0005】本発明は、上記の課題を解決するためにな
されたもので、部品点数を削減できると共に、構造を簡
単化することができるパチンコ機の施錠装置を提供する
ことを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】このために、本発明のパ
チンコ機の施錠装置は、取付板と支持板を断面L形に成
形した縦長の基枠体の内側に、連結杆が摺動可能に配設
され、支持板の上部と下部に鉤部材が傾動可能に枢支さ
れ、連結杆の上下端部が鉤部材に連結され、取付板の中
間部にシリンダ錠がその錠軸を内側にして取付けられ、
錠軸の先端に該連結杆と係合するカム板が固定され、基
枠体がパチンコ機の前面枠に取付けられ、本体枠に対す
る前面枠の施錠と前面枠に取付けられたガラス枠のガラ
ス枠施錠機構の解錠を行うパチンコ機の施錠装置におい
て、カム板の一部にガラス枠施錠機構を解錠するための
第二係合部が設けられ、第二係合部は、支持板の上から
外側に突き出し、ガラス枠施錠機構の作動部に直接当る
ように形成されて構成される。
【0007】
【作用・効果】このように構成された施錠装置では、前
面枠を解錠する場合は、キーによってシリンダ錠の錠軸
を回し、カム板を一方向に回転させる。このとき、カム
板の第一係合部が連結杆と係合してこれを上方へ摺動さ
せ、上下の鉤部材が上方へ回動する。この鉤部材の回動
によって、本体枠側の受け金具との係合が外れ、前面枠
は開放可能な状態となる。
【0008】また、ガラス枠を解錠する場合、キー操作
によってカム板を他方向へ回動させると、支持板の上か
ら突き出したカム板の第二係合部がガラス枠施錠機構の
作動部に直接当り、これを下方に押し下げる。これによ
り、ガラス枠施錠機構の係止部とガラス枠側の係止ピン
との係合が外れ、ガラス枠は解錠される。
【0009】この施錠装置によれば、カム板の第二係合
部が支持板の上から外側に突き出し、ガラス枠施錠機構
の作動部に直接当るように形成されるため、従来のこの
種の施錠装置で連結杆と支持板との間に摺動可能に配設
していたガラス枠解錠用の摺動作動部材やそれを付勢す
るコイルばねが不要となり、部品点数を削減できると共
に、構造を簡単化することができる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施例を図面に基
づいて説明する。
【0011】図1はパチンコ機の施錠装置の正面図を、
図2はその斜視図を示している。1は取付板2と支持板
3を断面L字状に一体成形してなる縦長の基枠体で、基
枠体1の支持板3の上部と下部に枢支部が形成される。
【0012】その枢支部には、鉤部材4、5が図1の位
置から上方に傾動可能に枢支ピン4a,5aで枢支され
る。鉤部材4、5は三角形頭部の元部の下側に係合凹部
を有し、施錠時、その係合凹部がパチンコ機の本体枠側
に設けた後述の受け金具と係合する。
【0013】基枠体1の内側には、支持板3に沿って連
結杆6が摺動可能に配設される。連結杆6は、その上端
が幅広に形成されると共に鉤部材4に連結ピン4bで連
結され、下端が同様に下部の鉤部材5に連結ピン5bで
連結される。また、連結杆6の上端部、下端部、中間部
には長孔が形成され、それらの長孔に、支持板3の所定
位置に取付けたガイドピン9a,9b,9cが挿入さ
れ、これらのガイドピン9a〜9cにより、連結杆6の
一定範囲の移動がガイドされる。連結杆6と取付板2間
に、連結杆6を下方に付勢するコイルばね10が掛止さ
れる。
【0014】取付板2の中間部は幅広に形成され、その
略中央にはシリンダ錠7を挿入可能なシリンダ挿入孔が
穿設される。シリンダ錠7の元部にはフランジ7aがか
しめ等により固定され、そのフランジ7aに固定孔が穿
設される。その固定孔に対応した取付板2上にねじ孔が
設けられ、シリンダ錠7が基枠体1の正面側からシリン
ダ挿入孔に挿入され、正面側から固定ねじをフランジ7
aの固定孔にねじ込み、シリンダ錠7は脱着可能に固定
される。
【0015】シリンダ錠7の錠軸7bはフランジ7aの
孔から基枠体1の内側に突出し、その錠軸7b先端にカ
ム板8が固定される。カム板8には、第一係合部8aと
第二係合部8bが形成される。第一係合部8aは、図1
の反時計方向にカム板8が回動したとき、連結杆6の中
間部に設けた係合凹部と係合し、連結杆6を上方に摺動
させ、鉤部材4、5を回動させるように形成される。
【0016】第二係合部8bは、パチンコ機の前面枠側
に設けたガラス枠施錠機構を解錠するための係合部であ
り、支持板3の上から外側に突き出すように形成されて
いる。即ち、第二係合部8bは、カム板上に垂直部8c
を曲折して形成し、その垂直部8cの上部をさらに直角
に曲折し、その先端を支持板3の外側に突出させるよう
に形成される。
【0017】第二係合部8bは、図1の時計方向にカム
板8が回動したとき、後述のガラス枠施錠機構の作動部
と係合してそれをそれを下方へ摺動させ、ガラス枠を解
錠させるように動作する。
【0018】支持板3の下部には幅広部3aが設けら
れ、その幅広部3aの外側にローラ12が回転自在に軸
支される。このローラ12は、前面枠を閉じる際、本体
枠側に取付けた滑り板上にのり上げて、その上を転動
し、前面枠の自重による下がりを防止する。
【0019】図3に示すように、この施錠装置は、パチ
ンコ機の前面枠19の縦枠部分に、鉤部材4、5を本体
枠20側に向けて取付けられ、受け金具17、18がそ
の上下の鉤部材4、5に対向した位置の本体枠20内に
各々取付けられる。また、下側の受け金具18の下部に
は、閉鎖時にローラ12がのって転動する滑り板18a
が設けられる。
【0020】図4、図5に示すように、前面枠19の内
側にはガラス枠21が開閉可能に配設され、そのガラス
枠21を施錠するためのガラス枠施錠機構22が取付け
られる。ガラス枠施錠機構22は、ガラス枠21の側部
に突設した係止ピン23を、その係止部22aに係止し
て施錠するように構成され、その内側つまり施錠装置側
には解錠用の作動部22bが突設される。
【0021】図4に示すように、この作動部22bは、
コイルばね24により上方に付勢され、第二係合部8b
により下方に押し下げられることにより、ガラス枠施錠
機構22の係止部22aから係止ピン23が外れ、解錠
する構造である。
【0022】次に、施錠装置の動作を説明する。パチン
コ機の前面枠19を閉じると、前面枠側に固定された施
錠装置の鉤部材4、5の三角形頭部が、本体枠20側に
固定された受け金具17、18の下縁部に当りながら、
傾動してそこをのり越え、コイルばね10の付勢力によ
って戻り、そこに係止される。この閉鎖時、重量の重い
前面枠19であっても、ローラ12が滑り板18a上を
転動し、前面枠を少し持上げるように作用するため、円
滑に閉じることができる。
【0023】前面枠19を解錠する場合は、キーによっ
てシリンダ錠7の錠軸7bを回し、カム板8を図1反時
計方向に回転させる。このとき、カム板8の第一係合部
8aが連結杆6と係合してこれを上方へ摺動させ、上下
の鉤部材4、5が上方へ回動する。この鉤部材4、5の
回動によって、本体枠20側の受け金具17、18との
係合が外れ、前面枠19は開放可能な状態となる。
【0024】一方、キー操作によってカム板8を図1時
計方向へ回動させた場合、図4に示すように、カム板8
の第二係合部8bがガラス枠施錠機構22の作動部22
bと係合しコイルばね24の付勢力に抗してこれを下方
に押し下げ、これによって、ガラス枠施錠機構22の係
止部22aと係止ピン23の係合が外れ、ガラス枠が解
錠される。解錠後は、コイルばね24の力により、第二
係合部8b、作動部22bが元の位置に戻される。
【0025】このように、カム板8の第二係合部8bが
直接、作動部22bを押して解錠し、そのために第二係
合部8bが長く突設されるが、第二係合部8bは、カム
板8上に垂直部8cを介して直角に曲折して形成される
ため、充分な強度を有し、解錠作動時にも変形すること
はなく、良好に解錠動作することができる。
【0026】図6は他の実施例を示し、この施錠装置で
は、傾動する鉤部材4、5に代えて長手方向に平行移動
する鉤部34、35が設けられる。上記実施例と同様な
部分については同じ符号を付してその説明を省略する。
【0027】即ち、図6に示すように、基枠体1の内側
には支持板3に沿って作動杆36が摺動可能に配設さ
れ、その作動杆36の上端部と下端部には幅広部が設け
られ、その上端と下端の幅広部上に鉤部34、鉤部35
が一体的に設けられる。鉤部34、35は、三角形頭部
の元部の下側に係合凹部を設けて形成され、施錠時、そ
の係合凹部がパチンコ機の本体枠側に設けた後述の受け
金具と係合する。
【0028】作動杆36の上下の幅広部と中間部には長
孔が形成され、支持板3側の対応位置に取付けたガイド
ピン39a,39b,39cが各々その長孔に挿入さ
れ、作動杆36の一定範囲内の移動がガイドされる。作
動杆36と取付板2間に、作動杆36を下方に付勢する
コイルばね10が掛止される。
【0029】また、上記実施例と同様に、シリンダ錠7
がフランジ7aを介して基枠体1の取付板2に取付けら
れ、その錠軸7b先端にカム板8が固定される。カム板
8には、第一係合部8aと第二係合部8bが形成され
る。第一係合部8aは、反時計方向にカム板8が回動し
たとき、作動杆36の中間部に設けた係合凹部と係合
し、作動杆36を上方に摺動させ、鉤部34、35を平
行移動させる。
【0030】この施錠装置も上記実施例と同様に、パチ
ンコ機の前面枠の縦枠部分に、鉤部34、35を本体枠
側に向けて取付けられ、受け金具がその上下の鉤部3
4、35に対向した位置の本体枠内に各々取付けられ
る。
【0031】そして、前面枠の施錠時、解錠時には、鉤
部34、35が作動杆36と共に平行移動し、受け金具
と係合し、或はその係合を外すように動作する点を除
き、上記実施例と同様に動作する。
【0032】なお、上記両実施例では支持板3の下部に
ローラ12を設けているが、このローラ12は、他の部
材に取付けることもでき、また、本体枠側に設けること
もできる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す施錠装置の正面図であ
る。
【図2】その斜視図である。
【図3】装着状態の右側面図である。
【図4】使用状態の部分正面図である。
【図5】前面枠の施錠装置部分の部分斜視図である。
【図6】他の実施例を示す施錠装置の斜視図である。
【符号の説明】
1−基枠体、2−取付板、3−支持板、4,5−鉤部
材、6−連結杆、7−シリンダ錠、8−カム板、8a−
第一係合部、8b−第二係合部。

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 取付板と支持板を断面L形に成形した縦
    長の基枠体の内側に、連結杆が摺動可能に配設され、該
    支持板の上部と下部に鉤部材が傾動可能に枢支され、該
    連結杆の上下端部が該鉤部材に連結され、該取付板の中
    間部にシリンダ錠がその錠軸を内側にして取付けられ、
    該錠軸の先端に該連結杆と係合するカム板が固定され、
    該基枠体がパチンコ機の前面枠に取付けられ、本体枠に
    対する前面枠の施錠と前面枠に取付けられたガラス枠の
    ガラス枠施錠機構の解錠を行うパチンコ機の施錠装置に
    おいて、 前記カム板の一部に該ガラス枠施錠機構を解錠するため
    の第二係合部が設けられ、該第二係合部は、前記支持板
    の上から外側に突き出し、該ガラス枠施錠機構の作動部
    に直接当るように形成されていることを特徴とするパチ
    ンコ機の施錠装置。
  2. 【請求項2】 取付板と支持板を断面L形に成形した縦
    長の基枠体の内側に、作動杆が長手方向に摺動可能に配
    設され、該作動杆の上部と下部に鉤部が一体的に設けら
    れ、該取付板の中間部にシリンダ錠がその錠軸を内側に
    して取付けられ、該錠軸の先端に該作動杆と係合するカ
    ム板が固定され、該基枠体がパチンコ機の前面枠に取付
    けられ、本体枠に対する前面枠の施錠と前面枠に取付け
    られたガラス枠のガラス枠施錠機構の解錠を行うパチン
    コ機の施錠装置において、 前記カム板の一部に該ガラス枠施錠機構を解錠するため
    の第二係合部が設けられ、該第二係合部は、前記支持板
    の上から外側に突き出し、該ガラス枠施錠機構の作動部
    に直接当るように形成されていることを特徴とするパチ
    ンコ機の施錠装置。
  3. 【請求項3】 前記第二係合部は、前記カム板上に垂直
    部が曲折・形成され、該垂直部の上部がさらに直角に曲
    折されて形成される請求項1又は2記載のパチンコ機の
    施錠装置。
JP22987895A 1995-09-07 1995-09-07 パチンコ機の施錠装置 Granted JPH0970478A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22987895A JPH0970478A (ja) 1995-09-07 1995-09-07 パチンコ機の施錠装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22987895A JPH0970478A (ja) 1995-09-07 1995-09-07 パチンコ機の施錠装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0970478A true JPH0970478A (ja) 1997-03-18

Family

ID=16899128

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22987895A Granted JPH0970478A (ja) 1995-09-07 1995-09-07 パチンコ機の施錠装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0970478A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008036051A (ja) * 2006-08-04 2008-02-21 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008036052A (ja) * 2006-08-04 2008-02-21 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008092998A (ja) * 2006-10-06 2008-04-24 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012035140A (ja) * 2011-11-25 2012-02-23 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012050594A (ja) * 2010-08-31 2012-03-15 Chuto Sangyo Kk ゲーム機の施錠装置
JP2013056214A (ja) * 2012-12-25 2013-03-28 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014097353A (ja) * 2013-10-08 2014-05-29 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015013153A (ja) * 2014-08-06 2015-01-22 株式会社三洋物産 遊技機
JP2015110067A (ja) * 2015-03-16 2015-06-18 株式会社三洋物産 遊技機
JP2016128060A (ja) * 2016-04-11 2016-07-14 株式会社三洋物産 遊技機
JP2017070776A (ja) * 2016-12-05 2017-04-13 株式会社三洋物産 遊技機

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008036051A (ja) * 2006-08-04 2008-02-21 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008036052A (ja) * 2006-08-04 2008-02-21 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008092998A (ja) * 2006-10-06 2008-04-24 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012050594A (ja) * 2010-08-31 2012-03-15 Chuto Sangyo Kk ゲーム機の施錠装置
JP2012035140A (ja) * 2011-11-25 2012-02-23 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2013056214A (ja) * 2012-12-25 2013-03-28 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014097353A (ja) * 2013-10-08 2014-05-29 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015013153A (ja) * 2014-08-06 2015-01-22 株式会社三洋物産 遊技機
JP2015110067A (ja) * 2015-03-16 2015-06-18 株式会社三洋物産 遊技機
JP2016128060A (ja) * 2016-04-11 2016-07-14 株式会社三洋物産 遊技機
JP2017070776A (ja) * 2016-12-05 2017-04-13 株式会社三洋物産 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0970478A (ja) パチンコ機の施錠装置
JP2908766B2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP3127290B2 (ja) ゲーム機の施錠装置
JP4094333B2 (ja) ゲーム機の施錠装置
JP3976553B2 (ja) ゲーム機の施錠装置
JP4181538B2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP2003175251A (ja) 遊技機用施錠装置
JP3025872B2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP3250008B2 (ja) パチンコ機用施錠装置
JP4220712B2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP3191151B2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP4198420B2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP4306992B2 (ja) 遊技機の施錠装置
JPH0710797Y2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JPH0751105Y2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP3030613B2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP4266559B2 (ja) パチンコ機用施錠装置
JP3528121B2 (ja) パチンコ機用施錠装置
JP4094298B2 (ja) 遊技機用施錠装置
JP3250009B2 (ja) パチンコ機用施錠装置
JPH0742470Y2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP3045542U (ja) ゲーム機の施錠装置
JP2981851B2 (ja) パチンコ機の施錠装置
JP4195310B2 (ja) ゲーム機の施錠装置
JP2518924Y2 (ja) パチンコ機の施錠装置

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 19990126