JPH0969028A - Magnetic tape cartridge control system - Google Patents

Magnetic tape cartridge control system

Info

Publication number
JPH0969028A
JPH0969028A JP22303295A JP22303295A JPH0969028A JP H0969028 A JPH0969028 A JP H0969028A JP 22303295 A JP22303295 A JP 22303295A JP 22303295 A JP22303295 A JP 22303295A JP H0969028 A JPH0969028 A JP H0969028A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
magnetic tape
data
volume
tape cartridge
logical volume
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP22303295A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshifumi Nishimura
Tomofumi Sugata
智文 菅田
利文 西村
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP22303295A priority Critical patent/JPH0969028A/en
Publication of JPH0969028A publication Critical patent/JPH0969028A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make the magnetic tape cartridge control system, which has a magnetic tape device performing magnetic recording by using a magnetic tape cartridge, automatically perform generation management and maintenance for data without making a user aware of them by effectively and efficiently using one magnetic tape cartridge with a less unused area and performing the generation management for the data with one magnetic tape cartridge. SOLUTION: The magnetic tape of one magnetic tape cartridge is divided into a plurality of variable-capacity areas (variable data capacity dependent logical volume) and a magnetic tape controller 20 performs management by the areas. Further, the generation control of a data backup is performed with one magnetic tape cartridge by regarding one variable data capacity dependent logical volume as one generation. Further, when the frequency of access to a data capacity dependent logical volume exceeds a set threshold value, its data are saved in free areas of its tape or another tape to maintain the data.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は磁気テープ装置に関し、 The present invention relates to an magnetic tape unit,
特に大容量のデータを記録可能な磁気テープカートリッジを用いて磁気記録を行なう磁気テープカートリッジ制御方式に関する。 Particularly to a magnetic tape cartridge control scheme for magnetic recording by using a recordable magnetic tape cartridge large amounts of data.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、磁気テープカートリッジは、その1巻を1ボリュームと定義し、磁気テープ制御装置も1 Conventionally, magnetic tape cartridges, defines the Volume 1 and 1 volume, the magnetic tape control apparatus is also 1
ボリュームを1巻と認識している。 It has been recognized as one volume the volume. つまり、磁気テープは物理的・論理的に1対1に対応している。 That is, magnetic tape corresponds to the physical and logical one-to-one.

【0003】磁気テープカートリッジの管理は、巻数が少なければ人間が手動で行ない、巻数が数千巻以上になると、磁気テープサブシステムとは別のソフトウェアまたは磁気テープライブラリ装置などで行う。 The magnetic tape cartridge management of the less number of turns performed humans manually, the number of turns is thousands Vol carried out in such other software or a magnetic tape library apparatus and a magnetic tape subsystem. また、磁気テープライブラリ装置とは違い、複数巻の磁気テープカートリッジをマガジンに入れ、磁気テープオートチェンジャにより磁気テープカートリッジをシーケンシャルに取り扱うことも行われている。 Moreover, unlike magnetic tape library device, containing a magnetic tape cartridge of the multi-turn in the magazine have been made to handle the magnetic tape cartridge sequentially by the magnetic tape autochanger.

【0004】一方、1/2インチカートリッジ型の磁気テープへの磁気記録は、磁気テープの走行方向に沿って一方向18トラックで行ない、その種類には、片方向1 On the other hand, magnetic recording on the 1/2 inches cartridge type magnetic tape is performed in one direction 18 tracks along the running direction of the magnetic tape, the its type, unidirectional 1
8トラックのみで記録する場合と双方向36トラックで記録する場合の2通りある。 8 tracks only are two ways of recording in the case bidirectionally 36 tracks to be recorded in. それぞれの場合に応じてそのトラック数に対応したマルチトラックヘッド素子を有する磁気ヘッドを用いる。 A magnetic head having a multi-track head element corresponding to the number of tracks in each case.

【0005】近年、1往復(双方向記録)だけでなく、 [0005] In recent years, not only one round trip (bidirectional printing),
磁気テープが数往復してマルチトラックで記録する装置も考案されており、磁気テープカートリッジ1巻に大容量のデータを記録することができるようになった。 Reciprocating magnetic tape number and apparatus for recording also devised a multi-track, it has become possible to record data of large capacity Volume magnetic tape cartridge.

【0006】さらに、磁気テープのデータ保護の面では、磁気テープの老朽化による磁気テープ上のデータの再生不能を未然に防止するため別のテープに作り直すことになる。 Furthermore, in terms of data protection of the magnetic tape, so that the remake to another tape for preventing nonrenewable of data on the magnetic tape by the aging of the magnetic tape in advance. また不幸にしてテープ上のデータが破壊されてしまった場合、データ回復用の特殊なソフトウェアや装置によりリカバリを行なう必要があった。 In the case where the data on the tape have been destroyed Unfortunately, it has been necessary to perform the recovery by a special software or equipment for data recovery. どちらも多大の労力が必要で、手間がかかる作業である。 Both require a lot of effort, it is time-consuming work.

【0007】さらに、また、従来型磁気テープ装置における磁気テープカートリッジ複数巻分に相当する大容量磁気テープカートリッジ1巻の磁気テープを従来型磁気テープカートリッジ1巻分の容量で区切ったデータ制御方式が特開平05−73221号公報に開示されている。 Furthermore, also the conventional magnetic tape apparatus the magnetic tape cartridge plurality wound partial data control scheme in which a large capacity magnetic tape cartridge 1 vol magnetic tape corresponding separated in a volume of 1 volume fraction conventional magnetic tape cartridge in It disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 05-73221.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】磁気テープカートリッジ1巻が1ボリュームに相当するという考え方では、記録したいデータの大きさによって磁気テープカートリッジに未使用領域ができたり、容量が足りなかったりするため、磁気テープカートリッジ1巻を全て有効に使い切ることは難しく、磁気テープカートリッジを有効に利用する方法が求められる。 The idea magnetic tape cartridge 1, Volume [0006] corresponds to one volume, or can unused area on the magnetic tape cartridge according to the size of the data to be recorded, order or not enough capacity, it is difficult to use up to enable all Volume magnetic tape cartridge, a method to effectively use the magnetic tape cartridge is obtained.

【0009】さらに磁気テープカートリッジ1巻の容量が大幅に増大することにより、これまでのように磁気テープカートリッジ1巻を1ボリュームとしていたのでは磁気テープの無駄な領域が増えることになる。 [0009] By further capacity of 1 vol magnetic tape cartridge is greatly increased, so that wasted space of the magnetic tape increases so far than a volume magnetic tape cartridge was 1 volume as. そこで無駄な領域をなくすようにテープをより一層効率的に使うことが課題となる。 Therefore the use of tape so as to eliminate wasted space more efficiently becomes a problem.

【0010】また現在、システムのデータのバックアップは、1世代前だけではなく、1日前、2日前、…、1 [0010] Currently, the system of data backup, one generation rather than before only, one day before, two days before, ..., 1
週間前といった何世代かにわたっている。 Have over what generations, such as the previous week. この作業では1世代に対して磁気テープカートリッジ1巻もしくは数巻必要で、ユーザはそれぞれのテープを意識して1本1 Magnetic tape cartridge 1 Volume or several volumes required for one generation at this task, the user is aware of the respective tape one by one
本管理して行うしかない。 There is only carried out by the management. そこでユーザの手を煩わすことなく自動で行える方法が求められる。 Therefore a method that allows automatic without troubling the user's hand is determined.

【0011】また、磁気テープを管理しやすい容量でいくつかの領域に分割するために磁気テープカートリッジを磁気テープ装置にマウントして位置付けたい領域へアクセスする時間が長くかかり、この時間の短縮を図ることも望まれる。 Further, it takes a long time to access the region to be positioned to mount the magnetic tape cartridge in the magnetic tape apparatus to divide into several regions at manageable capacity magnetic tape, shortening of the time it is also desired.

【0012】また、ユーザが現在行なっている磁気テープのデータの保守の容易性の確立が課題となる。 Moreover, the establishment of the ease of the maintenance data of the magnetic tape is an issue that the user is currently doing. 磁気テープの容量が増えることによってテープ1巻へのアクセス回数が増え、磁気テープの老朽化が進み、磁気テープのデータ破壊という現象が起こる可能性が生じる。 Increasing the number of accesses to the tape, Volume 1 by volume of the magnetic tape increases, advances the aging of the magnetic tape, there is a possibility that a phenomenon that the data destruction of a magnetic tape occurs. よって早い段階でのデータの退避が必要となる。 Therefore, the data at an early stage evacuation is required.

【0013】そこで、本発明の目的は、磁気テープカートリッジ1巻を有効に効率的に使用する磁気テープカートリッジ制御方式を提供することである。 [0013] It is an object of the present invention is to provide a magnetic tape cartridge control method for effectively and efficiently using one volume magnetic tape cartridge.

【0014】また、本発明の目的は、データの世代管理とデータの保守をユーザが意識することなく自動的に行なえる磁気テープカートリッジ制御方式を提供することである。 Further, an object of the present invention is to provide an automatic performed magnetic tape cartridge control scheme without considering user generation management and data maintenance data.

【0015】 [0015]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成し、磁気テープカートリッジの有効な利用を図るために、本発明では、磁気テープカートリッジ1巻の磁気テープを複数の論理ボリュームに分割する。 To achieve the above object, according to the solution to ## in order to achieve effective utilization of the magnetic tape cartridge, in the present invention, to divide the magnetic tape 1, Volume magnetic tape cartridge into a plurality of logical volumes. そして、この論理ボリュームは、対応するデータの容量に依存した大きさを持つように作成される。 Then, the logical volume is created to have a magnitude dependent on the capacity of the corresponding data. 以下、この論理ボリュームを、「データ容量依存論理ボリューム」と呼ぶ。 Below, this logical volume, referred to as a "data capacity depends on the logical volume." データ容量依存論理ボリュームを用いることにより、磁気テープの未使用領域が少なくなるように論理ボリュームを詰めて記録することができる。 By using the data capacity dependent logical volume, can be recorded stuffed with logical volume as unused area of ​​the magnetic tape is reduced. 上記従来の技術の項であげた公報では論理ボリュームは、磁気テープ1巻分全体の容量で固定であった。 Logical volume in publications mentioned in the section of the prior art was fixed capacity of the entire Volume 1 minute magnetic tape.

【0016】このように、磁気テープをデータ容量依存論理ボリュームに分割することにより、データの管理は磁気テープカートリッジ単位からデータ容量依存論理ボリューム単位に移行する。 [0016] Thus, by dividing the magnetic tape in the data volume dependent logical volume management data is shifted from the magnetic tape cartridge units to the data volume dependent logical volume units. そこで、本発明では、磁気テープ制御装置で磁気テープカートリッジとデータ容量依存論理ボリュームの2つの関連付けを行なって管理する手段を提供する。 Therefore, in the present invention, it provides a means for managing by performing two associations magnetic tape cartridge and data capacity depending logical volume in a magnetic tape control unit. また、磁気テープオートチェンジャ内のデータ容量依存論理ボリュームの管理も磁気テープ制御装置で行なうことで、磁気テープカートリッジの入れ換えも自動で行なうことができる。 The management of the data volume dependent logical volume in a magnetic tape autochanger also be carried out in the magnetic tape control apparatus can be performed automatically even replacement of the magnetic tape cartridge.

【0017】また、本発明によれば、データの世代管理についても、磁気テープ上に数個のデータ容量依存論理ボリュームを作成でき、また、磁気テープ制御装置で各世代のデータの記録状況等の世代管理情報を管理することから、これまで数本の磁気テープカートリッジで行なっていたデータの世代管理を磁気テープカートリッジ1 Further, according to the present invention, the generation management of data is also possible to create several data capacity dependent logical volumes on the magnetic tape, also, such as the recording status of each generation of the data in the magnetic tape control unit since managing the generation management information, the magnetic tape cartridge 1 generation management to date data which has been performed in several of the magnetic tape cartridge
巻でユーザが世代を意識することなく行なうことが可能になる。 The user becomes possible to perform without being conscious of the generation in the winding.

【0018】データ容量依存論理ボリュームへのアクセス時間は、データ容量依存論理ボリュームの分割の仕方によって変化する。 The access time to the data volume dependent logical volume is changed by a method of dividing the data capacity dependent logical volume. マルチトラックで磁気テープに記録するとき、m往復を1単位としてデータ容量依存論理ボリュームを作れば、磁気テープカートリッジを磁気テープ装置にマウントしたときに必ず各データ容量依存論理ボリュームの先頭に磁気ヘッドが位置付けられることになり、データ容量依存論理ボリュームへのアクセス時間が短縮できる。 When recording on the magnetic tape in a multi-track, if you make a data capacity depending logical volume m reciprocating as a unit, the magnetic head always at the beginning of each data volume dependent logical volume when mounting a magnetic tape cartridge in the magnetic tape apparatus will be positioned, it can be shortened access time to the data volume dependent logical volume.

【0019】また、磁気テープのデータの保守は次のような方法で自動で行なう。 Further, the maintenance data of the magnetic tape is performed automatically in the following manner. 磁気テープ上のデータへのアクセス回数を磁気テープ制御装置で管理し、その値が設定したしきい値を越えるとデータ保護のために同一テープ上、または他テープ上の空き領域にデータを移動する。 Number of accesses to the data on the magnetic tape managed by the magnetic tape controller, moves the data to the free space on the same tape or on other tapes, for the data protection exceeds a threshold value is set . 他テープ上に移動するときオートチェンジャを用いていれば、オートチェンジャ内のカートリッジを磁気テープ制御装置で管理することにより、人間が磁気テープカートリッジを交換しなくても自動的に磁気テープカートリッジを入れ換えて空き領域にデータを移動することができる。 If using the autochanger when moving onto another tape, by managing the cartridge in the autochanger in a magnetic tape controller, human interchanged automatically magnetic tape cartridge without replacing the magnetic tape cartridge empty it is possible to move the data to the area. 上記従来技術に挙げた公報ではデータ容量依存論理ボリューム領域書き込みに障害が発生した場合のみ、自テープ上の空データ容量依存論理ボリューム領域に書き込むようになっている。 In the publications listed above prior art only if a failure occurs in the data volume dependent logical volume area writing, so that the writing to the own tape empty data volume dependent logical volume area.

【0020】 [0020]

【作用】本発明によれば、データ容量依存論理ボリュームを用いることにより、磁気テープカートリッジ1巻を、未使用部分を少なく効率的に有効に利用することができる。 According to the present invention, by using a data volume dependent logical volume, a volume magnetic tape cartridge, it is possible to utilize unused portions less efficiently effectively.

【0021】また、ユーザは目的とするデータ容量依存論理ボリュームにアクセスすることで、従来の磁気テープカートリッジ(物理ボリューム)にアクセスしていたのと同じようなデータ管理を行なうことができる。 Further, the user is able to access the data volume dependent logical volume of interest, it is possible to perform similar data management and had access to the conventional magnetic tape cartridge (physical volume). つまりデータ容量依存論理ボリュームと磁気テープカートリッジの管理を磁気テープ制御装置で行うことにより、ユーザはデータ容量依存論理ボリュームを管理するだけで良いことになる。 That By managing the data capacity dependent logical volume and the magnetic tape cartridge in the magnetic tape control unit, the user would only need to manage the data capacity dependent logical volume. オートチェンジャを用いた場合も、オートチェンジャ内のデータ容量依存論理ボリュームの管理を全て磁気テープ制御装置で行なうことにより、同様の効果が得られる。 Even when using the autochanger, by all the management data capacity dependent logical volumes in the autochanger performed in the magnetic tape control unit, the same effect can be obtained.

【0022】また、世代毎に磁気テープカートリッジ1 [0022] In addition, the magnetic tape cartridge 1 in every generation
巻もしくは数巻を使用していた世代管理を、磁気テープカートリッジ1巻で行なうことができる。 The generation management that used a winding or several volumes, can be carried out in Volume 1 magnetic tape cartridge. そして磁気テープ制御装置が磁気テープ1巻のデータ容量依存論理ボリュームを管理することによって人間が世代を意識することなくバックアップを取ることができる。 And it is possible to man by the magnetic tape controller manages data capacity dependent logical volume of the magnetic tape 1, Volume backs up without being conscious of the generation.

【0023】また、マルチトラックで磁気記録を行う場合、m往復を単位としてデータ容量依存論理ボリュームを作るとデータへのアクセス時間が短くなる。 Further, when performing magnetic recording in multitrack, access time to the data when making the data capacity dependent logical volume m reciprocating units is shortened.

【0024】また、磁気テープ上のデータを自動的に安全に保守できる。 [0024] In addition, it automatically safely maintain the data on the magnetic tape.

【0025】 [0025]

【実施例】以下、本発明のデータ容量依存論理ボリュームによる磁気テープカートリッジ制御方式を図面を用いて説明する。 BRIEF DESCRIPTION magnetic tape cartridge control scheme according to the data capacity dependence logical volume present invention with reference to the drawings.

【0026】図1は、磁気テープ1をデータ容量依存論理ボリュームに分割した概念図である。 [0026] FIG. 1 is a conceptual diagram obtained by dividing the magnetic tape 1 in the data volume dependent logical volume. 各データ容量依存論理ボリューム領域1aは、そのデータ容量依存論理ボリューム領域の制御情報の部分1bとデータ領域の部分1cの2つから成り立っている。 Each data capacity depends logical volume area 1a is made up from two parts 1c of the part 1b and the data area of ​​the control information of the data volume dependent logical volume area. 本発明ではこのデータ容量依存論理ボリュームの容量が可変であり、図1で示すように、さまざまな容量のデータ容量依存論理ボリュームが磁気テープ1上に作成される。 In the present invention the capacitance of the data capacity depends logical volume variable, as shown in Figure 1, the data capacity dependence logical volumes of various capacities are created on the magnetic tape 1.

【0027】図2は、データ容量依存論理ボリューム単位でのデータ管理を中心に示した磁気テープカートリッジ制御システムの一実施例のブロック構成図を示している。 [0027] Figure 2 shows a block diagram of an embodiment of a magnetic tape cartridge control system data management as shown in the center of the data volume dependent logical volume units. すなわち、10は、ホストコンピュータ等の上位装置、20は、磁気テープ制御装置、30は、磁気テープライブラリ装置又はオートチェンジャ等の磁気テープカートリッジ群装置である。 That is, 10, the upper apparatus such as a host computer, 20, a magnetic tape controller, 30 is a magnetic tape cartridge unit device such as a magnetic tape library device or autochanger. 磁気テープ制御装置20は、 Magnetic tape controller 20,
上位装置インタフェース21及び磁気テープ装置インタフェース22を備え、さらに、ホストコンピュータ等の上位装置10と、磁気テープライブラリ又はオートチェンジャ等の磁気テープカートリッジ群装置30との間のデータの記録、転送を制御するための処理装置23を有している。 It comprises a host device interface 21 and a magnetic tape device interface 22 further includes a host device 10 such as a host computer, the recording of data between the magnetic tape cartridge unit 30 such as a magnetic tape library or autochanger, for controlling transfer and a processing device 23. 処理装置23は、図示していないが、マイクロプロセッサやメモリ装置から構成されている。 Processor 23, not shown, and a microprocessor and a memory device.

【0028】前述したように、従来は、各ボリュームは磁気テープカートリッジ1巻に相当しており、磁気テープ制御装置も磁気テープカートリッジ1巻ごとにアクセスしていた。 As previously mentioned, conventionally, the volume is equivalent to one volume magnetic tape cartridge, the magnetic tape controller also had access to each winding magnetic tape cartridge. しかし、データ容量依存論理ボリュームの概念を取り入れることによって図2のように、磁気テープカートリッジ群装置30のマウント部31にアクセスする磁気テープカートリッジは1巻だけであるが、その中のデータ容量依存論理ボリュームそれぞれにアクセスできるようになる。 However, as shown in FIG. 2 by introducing the concept of data volume dependent logical volume, although the magnetic tape cartridge to access the mount portion 31 of the magnetic tape cartridge unit 30 is only one volume, the data volume dependent logic therein You will be able to access each volume. つまり、磁気テープカートリッジ1 In other words, the magnetic tape cartridge 1
巻が複数ボリュームに相当することになる。 Winding will be equivalent to the multiple volumes.

【0029】それぞれのデータ容量依存論理ボリュームの管理方法を次に説明する。 [0029] The management method of each data volume dependent logical volume will be described. 各磁気テープカートリッジには「カートリッジ識別子」PVN〜を付け、その中のデータ容量依存論理ボリュームには図1で示した制御情報領域1bに、「データ容量依存論理ボリューム識別子」LVN〜を加える。 Each magnetic tape cartridge with a PVN~ "cartridge identifier", the control information area 1b shown in the data capacity depends logical volume therein in FIG. 1, is added to "data volume dependent logical volume identifier" LVN~. これらの識別子を相互に関係付けた情報と磁気テープ上のデータ容量依存論理ボリュームの位置情報等を磁気テープ制御装置20内の図示しない不揮発性のメモリ装置に記憶させ、磁気テープ制御装置20で全て管理させる。 These identifiers mutually stores the positional information of the data volume dependent logical volume on related information and a magnetic tape in a non-volatile memory device (not shown) of the magnetic tape control device 20, all the magnetic tape control device 20 to management. また、磁気テープ制御装置2 The magnetic tape control apparatus 2
0内に管理情報を全て記憶させるのではなく、磁気テープカートリッジごとにデータ管理情報を磁気テープの先端部分に書き込んでおき、それを磁気テープカートリッジをマウントしたときに読み込むことによって磁気テープ制御装置20でデータを管理する方法でも良い。 0 in the management information rather than to store all, previously written data management information for each tape cartridge in the distal end portion of the magnetic tape, the magnetic tape control device by loading when mounting the magnetic tape cartridge it 20 in may be a way to manage the data.

【0030】さらに、磁気テープライブラリ装置又はオートチェンジャ等の磁気テープカートリッジ群装置30 Furthermore, the magnetic tape cartridge unit 30 such as a magnetic tape library device or autochanger
を用いることにより、磁気テープカートリッジ1巻だけではなく、多数巻の磁気テープカートリッジを磁気テープ制御装置20がまとめて管理することができる。 The by using not only one volume magnetic tape cartridge, it is possible to manage the magnetic tape cartridge number winding the magnetic tape control device 20 is summarized.

【0031】図3は、磁気テープカートリッジ群装置3 [0031] Figure 3, a magnetic tape cartridge unit 3
0の例として、オートチェンジャを示すものである。 Examples of 0 shows the autochanger. 複数巻の磁気テープカートリッジCTRをマガジン31にセットし、マガジン31をオートチェンジ機構32にセットする。 Insert the magnetic tape cartridge CTR multiple winding the magazine 31, to set the magazine 31 to the automatic change mechanism 32. そしてオートチェンジ機構32の可動部が上下に動き、目的の磁気テープカートリッジをマウントすることができる。 And it is the movable part of the automatic change mechanism 32 moves up and down, to mount the magnetic tape cartridge of interest. このとき、磁気テープ制御装置20 In this case, the magnetic tape control device 20
は、磁気テープカートリッジ識別子情報PVN〜とデータ容量依存論理ボリューム識別子情報LVN〜とに加えて、オートチェンジャ内の磁気テープカートリッジの位置情報も持ち、オートチェンジャ内の全てのデータ容量依存論理ボリュームに自由にアクセスすることが可能になる。 In addition to the magnetic tape cartridge identifier information PVN~ and data capacity depending logical volume identifier information LVN~, also has positional information of the magnetic tape cartridge in the autochanger, free access to all data volume dependent logical volumes in the autochanger it becomes possible to. この場合、磁気テープカートリッジ制御システムは、磁気テープライブラリ装置と同等の作用を持つことになる。 In this case, the magnetic tape cartridge control system will have the same effect as the magnetic tape library apparatus.

【0032】図4ないし図6は、データ容量依存論理ボリュームの分割方法を示した図である。 [0032] FIGS. 4 to 6 are views showing a method of dividing the data capacity dependent logical volume. 図4は、マルチトラックの磁気記録の1例である。 Figure 4 is an example of a magnetic recording multitrack. 往復36トラック(1方向18トラック)の磁気記録の可能な磁気ヘッド40が、磁気テープ1の走行方向に垂直に矢印方向にm Reciprocating 36 tracks (one-way 18 tracks) magnetic head 40 capable of magnetic recording is, m the perpendicular to the direction of the arrow in the running direction of the magnetic tape 1
段階に移動し、それぞれの段階で磁気テープ1が往復してマルチトラックで磁気記録を行なう。 Go to step, the magnetic tape 1 is reciprocated for magnetic recording in a multi-track at each stage. この結果、磁気テープ1はm往復し、磁気テープ1上のトラック数は、 As a result, the magnetic tape 1 is m reciprocally, the number of tracks on the magnetic tape 1,
m×36トラックとなる。 The m × 36 track. ここで、mは自然数である。 Here, m is a natural number.

【0033】図5は、記録したいデータの容量に合わせてデータ容量依存論理ボリュームの大きさを決定する例である。 FIG. 5 is an example of determining the size of the data volume dependent logical volume in accordance with the amount of data to be recorded. 図のように、データ領域1c−1、1c−2、 As shown, the data area 1c-1, 1c-2,
1c−3等の前に、それぞれ、制御領域情報1b−1、 Before such 1c-3, respectively, the control area information 1b-1,
1b−2、1b−3等を付加してなるデータ容量依存論理ボリューム1a−1、1a−2、1a−3等を、詰めて記録することにより磁気テープの未使用領域を少なくすることができる。 1b-2, lb-3 by adding composed data capacity depends logical volume 1a-1,1a-2,1a-3 or the like, etc., it is possible to reduce the unused area of ​​the magnetic tape by stuffed recorded . しかし、それぞれのデータ容量依存論理ボリュームの先頭の位置が磁気テープ上でまちまちになるため、磁気テープカートリッジを磁気テープ装置にマウントしてから目的のデータ容量依存論理ボリュームにアクセスするのに時間がかかる。 However, since the head position of each data volume dependent logical volume is mixed on a magnetic tape, it takes time to access the desired data capacity dependent logical volumes from mount the magnetic tape cartridge in the magnetic tape apparatus .

【0034】図6は、図4に示したように磁気テープ1 [0034] Figure 6, the magnetic tape 1 as shown in FIG. 4
が数往復することから、i往復(iは可変で自然数)を1データ容量依存論理ボリュームとする分割方法を示しものである。 Since but a few round-trip, i reciprocating (i is a natural number in the variable) are those show the division method of the one data volume dependent logical volume. この場合、図5よりもデータ容量依存論理ボリューム領域に未使用部分ができ磁気テープに未使用領域が生じるが、磁気テープカートリッジを磁気テープ装置にマウントしたときに常に磁気ヘッドがデータ容量依存論理ボリュームの先頭に位置することになり、データ容量依存論理ボリュームへのアクセス時間が速くなる。 In this case, although unused area on the magnetic tape can unused portion in the data volume dependent logical volume area than Fig. 5 occurs, always magnetic head data capacity depends logical volume when mounting a magnetic tape cartridge in the magnetic tape apparatus will be located at the head of the access time to the data volume dependent logical volume is increased.

【0035】図7はデータ容量依存論理ボリュームを用いた磁気テープカートリッジ1巻でのデータの世代管理を示した図である。 [0035] FIG. 7 is a diagram showing the generation management of data in the magnetic tape cartridge 1 volume using the data capacity dependent logical volume. 図7(a)は、データ容量依存論理ボリュームを用いた基本的な世代管理を示している。 FIGS. 7 (a) shows the basic generation management using the data capacity dependent logical volume. 1
つのデータ容量依存論理ボリュームを1世代とし、それぞれのデータ容量依存論理ボリュームの制御情報には世代情報を加えておく。 One of the data volume dependent logical volumes one generation, A supplementary generation information in the control information of each data volume dependent logical volume. 同図には、第1世代データ容量依存論理ボリューム1aI、第2世代データ容量依存論理ボリューム1aII、第3世代データ容量依存論理ボリューム1aIIIの例が示されている。 In the figure, the first-generation data volume dependent logical volume 1ai, second-generation data volume dependent logical volume 1AII, of the third-generation data capacity depends logical volume 1aIII is shown. 磁気テープ制御装置20には、世代の記録情報と位置情報とを記憶させておき、ユーザがデータのバックアップをとるときに、自動的にその情報を参照して、1つ前の世代の次の領域にずらして記録していく。 The magnetic tape controller 20, may be stored and position information recorded information generation, when the user backs up the data, automatically by referring to the information, the previous-generation following continue to record shifted to the area. 磁気テープ1が一杯になると再び最初のデータ容量依存論理ボリュームから記録していく。 It will again recorded from the first data volume dependent logical volume when the magnetic tape 1 is full. こうすることによって何世代かのバックアップを1 1 to several generations of backup by doing this
巻の磁気テープカートリッジでとることができる。 You can take in wound magnetic tape cartridge.

【0036】図7(b)は、1往復を1世代のデータ容量依存論理ボリュームとしたときのデータの世代管理を表している。 [0036] FIG. 7 (b) represents the generation management of data when the one reciprocation with one generation of data capacity dependent logical volume. 第1世代、第2世代、…、第m世代まで記録されると次の第m+1世代は第1世代に上書きし、その後順次更新していく。 The first generation, second generation, ..., and is recorded to the m-th generation next (m + 1) th generation is overwritten in the first generation, will then sequentially updated. よってこの場合、m世代のデータを1巻の磁気テープに記録することが可能になる。 Therefore, in this case, it is possible to record the m generation of data in a volume of the magnetic tape. 世代管理の方法は、図7(a)のときと同様である。 The method of generation management is similar to the case of FIG. 7 (a).

【0037】図8は、磁気テープ上のデータの保守方法を示したフロー図である。 [0037] FIG. 8 is a flow diagram illustrating a service method of the data on the magnetic tape. 本発明では、図2で示したように磁気テープカートリッジ1巻のマウント回数が増え、それに伴い磁気テープへのアクセス回数も増える。 In the present invention, increasing mounts one reel magnetic tape cartridge as shown in FIG. 2, also increases the number of accesses to the magnetic tape along with it.
よってテープの老朽化に伴うデータの破壊を防止する観点から、データの保守を強化することが望ましい。 Thus from the viewpoint of preventing the destruction of data due to tape aging, it is desirable to enhance the data maintenance. そこで、データの保守の手順を図8を用いて以下に説明する。 Therefore, the procedure of the data maintenance below with reference to FIG.

【0038】まず、磁気テープカートリッジがマウントされると磁気テープ制御装置が持つ管理情報又は磁気テープの始端部に記録されたデータ情報により、当該データ容量依存論理ボリュームへのアクセス回数をチェックし(801)、設定されたしきい値と比較を行う(80 [0038] First, the management information or the recorded data information beginning of the magnetic tape with the magnetic tape cartridge is mounted a magnetic tape control unit checks the number of accesses to the data capacity depends logical volume (801 ), and compares the set threshold (80
2)。 2). その結果、アクセス回数がしきい値を越えていなければ通常の処理を行って(808)終了し、越えていたならば自テープ内の空き領域をチェックする(80 As a result, number of accesses if not exceed the threshold by performing the normal processing (808) ends, check the free space in its own tape if was over (80
3)。 3). 空き領域があれば、データバッファに記録するデータを読み込み(805)、空き領域にデータを書き込む(806)。 If there is free space, it reads the data to be recorded in the data buffer (805), and writes the data in a vacant area (806). そして元データがあった領域を使用禁止にするように情報を直す(807)。 The correct information to disable the area where there is the original data (807). 空き領域がなければ、他テープへデータを退避することをオペレータに報告し(809)、データバッファにデータを読み込んで(810)、元データがあった領域を使用禁止にするように情報を直して(811)、自テープをデマウントする(812)。 If there is no empty space, it reported that saving data to another tape operator (809), reads the data in the data buffer (810), fix the information to disable the area where there is the original data Te (811) and demounted self tape (812). そして、他テープをマウント(813) And the other tape the mount (813)
した後、空き領域をチェックし(814)、あればデータを書き込み(816)、なければさらに他のテープをマウントして、同様の処理を行う。 After checks the free space (814), writes the data if any (816), and mount additional tape Without performs the same processing.

【0039】 [0039]

【発明の効果】以上述べたように、本発明によれば、ユーザはデータ容量依存論理ボリュームにアクセスすることで、これまでの磁気テープカートリッジ(物理ボリューム)へのアクセスと同様の考え方でデータ管理を行なうことができる。 As described above, according to the present invention, according to the present invention, the user by accessing the data volume dependent logical volume, data management in the same concept as access to previous magnetic tape cartridge (physical volume) it can be carried out.

【0040】そして、データ容量依存論理ボリュームを使用することにより、磁気テープカートリッジ1巻を、 [0040] Then, by using the data volume dependent logical volume, a volume magnetic tape cartridge,
未使用領域を少なく効率的に有効に利用することができる。 It can utilize unused space less efficiently effectively. また、世代ごとに磁気テープカートリッジ1巻もしくは数巻を使用していた世代管理を人間が意識することなく磁気テープカートリッジ1巻で行なうことができる。 Moreover, it can be carried out in Volume 1 magnetic tape cartridge without being aware of human generation management which uses 1 volume or several volumes magnetic tape cartridge in each generation.

【0041】また、マルチトラックで磁気記録を行う場合、m往復を単位としてデータ容量依存論理ボリュームを作るとデータへのアクセス時間を短くすることができる。 Further, when performing magnetic recording in multitrack, it is possible to shorten the access time to the data when making the data capacity dependent logical volume m reciprocating units.

【0042】さらに、アクセス回数を管理、チェックすることにより、磁気テープ上のデータを自動的に安全に保守でき、磁気テープの信頼性を容易に向上させ得る。 [0042] In addition, managing the number of accesses, by checking the data on the magnetic tape automatically safe to maintain and may easily improve the reliability of the magnetic tape.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】磁気テープ1往復分につき可変データ容量依存論理ボリュームの分割例を示す模式図。 Figure 1 is a schematic view showing an example of division of variable data capacity depends logical volume per magnetic tape 1 round trip.

【図2】実施例の磁気テープカートリッジ制御システムの機能ブロック図。 FIG. 2 is a functional block diagram of a magnetic tape cartridge control system of an embodiment.

【図3】磁気テープカートリッジオートチェンジャの概略斜視図。 3 is a schematic perspective view of a magnetic tape cartridge autochanger.

【図4】マルチトラック磁気記録による可変データ容量依存論理ボリュームの分割例を示す模式図。 Figure 4 is a schematic view showing an example of division of variable data capacity depends logical volumes by the multi-track magnetic recording.

【図5】データ長による可変データ容量依存論理ボリュームの分割例を示す模式図。 Figure 5 is a schematic view showing an example of division of variable data capacity depends logical volume by the data length.

【図6】マルチトラックの可変データ容量依存論理ボリュームの分割例を示す模式図。 Figure 6 is a schematic view showing an example of division of variable data capacity depends logical volume multitrack.

【図7】可変データ容量依存論理ボリュームによるデータの世代管理を示す模式図で、(a)は基本例、(b) In schematic diagram Figure 7 shows a variable data capacity depends logical volume generation management of data by, (a) a basic example, (b)
は1往復1単位の例を示す。 Shows an example of a reciprocating one unit.

【図8】データの保守動作を示すフロー図。 FIG. 8 is a flow diagram illustrating a maintenance operation of the data.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…磁気テープ、1a…データ容量依存論理ボリューム領域、1b…制御情報領域、1c…データ領域、10… 1 ... magnetic tape, 1a ... data capacity depends logical volume area, 1b ... control information area, 1c ... data area, 10 ...
上位装置、20…磁気テープ制御装置、21…上位装置インタフェース、22…磁気テープ装置インタフェース、23…処理装置、30…磁気テープカートリッジライブラリ装置又は磁気テープカートリッジオートチェンジャ、31…マウント部、32…収納部、30A…磁気テープカートリッジオートチェンジャ、31A…オートチェンジャ、32A…マガジン、40…磁気ヘッド Host device 20 ... magnetic tape controller, 21 ... host device interface, 22 ... magnetic tape device interface, 23 ... processing device 30 ... magnetic tape cartridge library system or a magnetic tape cartridge autochanger, 31 ... mounting portion, 32 ... accommodating portion , 30A ... magnetic tape cartridge autochanger, 31A ... autochanger, 32A ... magazine, 40 ... magnetic head

Claims (8)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】磁気テープカートリッジ1巻の磁気テープを複数個のデータ容量依存論理ボリュームに分割し、上記各データ容量依存論理ボリューム毎に制御を行うことを特徴とする磁気テープカートリッジ制御方式。 [Claim 1] by dividing the magnetic tape of the magnetic tape cartridge 1 volume into a plurality of data capacity dependent logical volume, the magnetic tape cartridge control system and performs control for each of the respective data volume dependent logical volume.
  2. 【請求項2】記録する個々のデータの容量に比例してデータ容量依存論理ボリュームの容量を決定し、データ容量依存論理ボリュームの分割を行なうことを特徴とする請求項1に記載された磁気テープカートリッジ制御方式。 Wherein in proportion to the capacity of the individual data to be recorded to determine the amount of data capacity dependent logical volume, a magnetic tape according to claim 1, characterized in that for dividing the data capacity dependent logical volume cartridge control system.
  3. 【請求項3】磁気テープカートリッジには、複数回往復して磁気記録を行うようになっており、データ容量依存論理ボリュームの分割をm往復単位(mは正の整数で可変)で行なうことを特徴とする請求項1に記載された磁気テープカートリッジ制御方式。 The 3. A magnetic tape cartridge being adapted to perform a magnetic recording back and forth several times, (the m variable positive integer) divide the m reciprocating unit of data volume dependent logical volume it is carried out in magnetic tape cartridge control method described in claim 1, wherein.
  4. 【請求項4】磁気テープカートリッジ1巻の磁気テープを複数個のデータ容量依存論理ボリュームに分割し、上記各データ容量依存論理ボリューム毎に制御を行う磁気テープ制御装置を備え、上記磁気テープ制御装置により磁気テープカートリッジとその中に記録されているデータ容量依存論理ボリュームの管理(対応付け)を行なうことを特徴とする磁気テープカートリッジ制御方式。 4. A dividing a magnetic tape of the magnetic tape cartridge 1 volume into a plurality of data capacity dependent logical volume, a magnetic tape controller for controlling for each of the respective data volume dependent logical volume, the magnetic tape controller magnetic tape cartridge control system and performing management of the data volume dependent logical volume recorded therein a magnetic tape cartridge (correspondence) by.
  5. 【請求項5】複数本の磁気テープカートリッジを入れるマガジンを用いるオートチェンジャを備え、上記マガジン内の全ての磁気テープカートリッジおよびデータ容量依存論理ボリュームを磁気テープ制御装置で管理し、指示されたデータ容量依存論理ボリュームへのアクセスを上記磁気テープ制御装置が行なうことを特徴とする請求項4に記載された磁気テープカートリッジ制御方式。 Provided 5. A autochanger using the magazine to put a plurality of magnetic tape cartridges, all of the magnetic tape cartridge and data capacity depending logical volumes in the magazine managed by the magnetic tape controller, designated data volume dependent magnetic tape cartridge control method described in claim 4, characterized in that for accessing the logical volume the magnetic tape control device.
  6. 【請求項6】磁気テープカートリッジ1巻の磁気テープを複数個のデータ容量依存論理ボリュームに分割し、上記各データ容量依存論理ボリューム毎に制御を行う磁気テープ制御装置を備え、上記磁気テープ制御装置は、データ容量依存論理ボリュームの容量を一定にして1つのデータ容量依存論理ボリュームを一世代に割当てることにより磁気テープカートリッジ1巻で自動的にデータバックアップの世代管理を行なうことを特徴とする磁気テープカートリッジ制御方式。 6. dividing the magnetic tape of the magnetic tape cartridge 1 volume into a plurality of data capacity dependent logical volume, a magnetic tape controller for controlling for each of the respective data volume dependent logical volume, the magnetic tape controller a magnetic tape and performing the automatic data backup generation management in volume 1 magnetic tape cartridge by assigning the capacity of the data capacity dependent logical volumes to one generation one data volume dependent logical volume is constant cartridge control system.
  7. 【請求項7】往復単位を一定にしてそれぞれの往復単位を一世代に割当てることにより磁気テープカートリッジ1巻で複数世代のデータバックアップの管理を行なうことを特徴とする請求項3に記載された磁気テープカートリッジ制御方式。 7. A magnetic according to claim 3, characterized in that for managing the reciprocating unit constant to multiple generations of data backup in Volume 1 magnetic tape cartridge by assigning each reciprocating units one generation tape cartridge control system.
  8. 【請求項8】データ容量依存論理ボリュームへのアクセス回数が設定したしきい値を越えると、自テープあるいは他テープ上の空き領域にそのデータを退避することを特徴とする請求項1に記載された磁気テープカートリッジ制御方式。 When 8. exceeds a threshold number of accesses to the data capacity depends logical volume is set, according to claim 1, characterized by saving the data to the free space on its own tape or other tape magnetic tape cartridge control scheme.
JP22303295A 1995-08-31 1995-08-31 Magnetic tape cartridge control system Pending JPH0969028A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22303295A JPH0969028A (en) 1995-08-31 1995-08-31 Magnetic tape cartridge control system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22303295A JPH0969028A (en) 1995-08-31 1995-08-31 Magnetic tape cartridge control system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0969028A true JPH0969028A (en) 1997-03-11

Family

ID=16791785

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22303295A Pending JPH0969028A (en) 1995-08-31 1995-08-31 Magnetic tape cartridge control system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0969028A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007502470A (en) * 2003-08-14 2007-02-08 コンペレント・テクノロジーズ The system and method of the virtual disk drive
JP2010152603A (en) * 2008-12-25 2010-07-08 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Device and method for migrating data recorded in recording medium
US8009541B2 (en) 2009-12-21 2011-08-30 International Business Machines Corporation Device, method, and computer program product for data migration
JP2015036851A (en) * 2013-08-12 2015-02-23 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation Method for performing spanning of one file in multiple tape media, storage system, and program

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007502470A (en) * 2003-08-14 2007-02-08 コンペレント・テクノロジーズ The system and method of the virtual disk drive
US10067712B2 (en) 2003-08-14 2018-09-04 Dell International L.L.C. Virtual disk drive system and method
JP2010152603A (en) * 2008-12-25 2010-07-08 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Device and method for migrating data recorded in recording medium
US8009541B2 (en) 2009-12-21 2011-08-30 International Business Machines Corporation Device, method, and computer program product for data migration
JP2015036851A (en) * 2013-08-12 2015-02-23 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation Method for performing spanning of one file in multiple tape media, storage system, and program
US9684454B2 (en) 2013-08-12 2017-06-20 International Business Machines Corporation Method, storage system, and program for spanning single file across plurality of tape media

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5455926A (en) Virtual addressing of optical storage media as magnetic tape equivalents
US6341341B1 (en) System and method for disk control with snapshot feature including read-write snapshot half
US7644249B2 (en) Method of designing storage system
US6256706B1 (en) Storage and access to scratch mounts in VTS system
US8930319B2 (en) Modular backup and retrieval system used in conjunction with a storage area network
US6836830B1 (en) Method of data backup in a computer system and a storage system therefor
US5287459A (en) Method and apparatus for reducing response time in automated library data retrieval systems
US6542972B2 (en) Logical view and access to physical storage in modular data and storage management system
JP2989661B2 (en) Apparatus and method for converting and managing disc drive
US7035883B2 (en) Storage control system and method
US5392244A (en) Memory systems with data storage redundancy management
EP0332210B1 (en) Backup control method and system in data processing system
US5666512A (en) Disk array having hot spare resources and methods for using hot spare resources to store user data
US6317814B1 (en) Method for selectively storing redundant copies of virtual volume data on physical data storage cartridges
US6061309A (en) Method and apparatus for maintaining states of an operator panel and convenience input/output station of a dual library manager/dual accessor controller system in the event of a failure to one controller
JP3662510B2 (en) Remapping driving method and which according to the flash memory structure for flash memory
US20090112358A1 (en) System and program for virtualization of data storage library addresses
EP1376329A2 (en) Method of utilizing storage disks of differing capacity in a single storage volume in a hierarchic disk array
JP3393751B2 (en) How and data storage device for optimizing the placement of data storage cartridges in the super library
CN1265273C (en) Concurrent read and write access to simulated sequential data of a removable random access data storage medium
JP2009193599A (en) Computer system equipped with array controller and storage subsystem
JP3870063B2 (en) Utilizing the data fragments, efficient import / export methods and systems movable storage volume
US7962783B2 (en) Preventing write corruption in a raid array
US5875457A (en) Fault-tolerant preservation of data integrity during dynamic raid set expansion
US5457791A (en) Storage system and method of control