JPH0956874A - 弾球遊技機 - Google Patents

弾球遊技機

Info

Publication number
JPH0956874A
JPH0956874A JP7239252A JP23925295A JPH0956874A JP H0956874 A JPH0956874 A JP H0956874A JP 7239252 A JP7239252 A JP 7239252A JP 23925295 A JP23925295 A JP 23925295A JP H0956874 A JPH0956874 A JP H0956874A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
display
ball
variable
image display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP7239252A
Other languages
English (en)
Inventor
Shohachi Ugawa
詔八 鵜川
Original Assignee
Sankyo Kk
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Kk, 株式会社三共 filed Critical Sankyo Kk
Priority to JP7239252A priority Critical patent/JPH0956874A/ja
Publication of JPH0956874A publication Critical patent/JPH0956874A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 より一層高度なゲーム性を演出でき、また複
数人で行う際に共に遊技に参加できる遊技機を目的とす
る。 【解決手段】 画像表示可能な可変表示装置の表示結果
が所定の表示結果となる場合に所定の遊技価値を付与可
能な弾球遊技機において、少なくとも、打玉の発射に関
連して表示結果が導出される第1の表示領域と、遊技者
の操作により遊技が進行する第2の表示領域とに分割さ
れた表示領域を有する可変表示装置を備え、第1の表示
領域および/または第2の表示領域に特定の表示結果が
導出された場合に特定遊技状態にする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、遊技板面に画像表
示装置を備える遊技機に関する。詳しくは、遊技機に備
えた画像表示装置に出力される画像表示結果により遊技
内容が構成されるパチンコ遊技機、コイン遊技機等に関
する。
【0002】
【従来の技術】従来、可変画像表示装置を備える遊技機
としては、パチンコ遊技機、コイン遊技機、スロットマ
シン等がある。パチンコ遊技機は、平坦な遊技盤に形成
された遊技領域に、打玉の流れを誘導ないし妨害する釘
や風車、各種入賞口を設け、打球操作ハンドル(遊技レ
バー)の操作によりパチンコ玉を発射して、遊技領域を
流下させるものである。
【0003】入賞口の形態としては、ポケット状のも
の、開閉動作を可変的に行うハネを有するもの、往復動
作や回転動作を可変的に行う種々の形状のハネや回転体
により打玉の誘導、排除に関与する役物を備えた入賞
口、可変的な開閉状態を呈するアタッカー入賞口等があ
り、これらの形態を組み合わせた様々な入賞口が存在す
る。
【0004】また、一旦入賞した打玉を遊技盤裏面に設
けた径路に導き、遊技盤に設けられた他の玉出口から排
出するワープ入賞口がある。入賞口には、打玉の入賞に
応答して、可変画像表示装置の可変表示を始動させた
り、役物の動作や配置の変更に関与する始動チャッカ
ー、予め設定した数の賞球の払出などの設定がある。
【0005】可変画像表示装置は、通常、遊技領域の中
央付近に備えられている。予め可変画像表示装置の始動
チャッカーとして設定された始動入賞口に打玉が入賞す
ると、入賞球が始動口スイッチによって検出され、可変
画像表示装置が可変表示を開始する。一般に可変画像表
示装置の表示部は、二ないし三の画面を有し、それぞれ
の画面がスロットリールで構成されたもの、デジタル電
光板(LED)で構成されたもの、液晶ディスプレイ
(LCD)を用いたもの、ブラウン管(CRT)を用い
たものなどがある。
【0006】スロットリールの場合、数字や記号を含む
各種の絵柄面を連ねて描かれたリールを回転させること
により、可変表示が行われる。デジタル電光板や液晶デ
ィスプレイの場合は、電光出力や液晶画面出力を連続切
換することにより、回転するスロットリールが呈する画
面表示に置き換えたものである。停止時の各画面でみる
と、それぞれ、一の絵柄ないしは上下を加えて三の絵柄
が縦に並んだ状態で表示される。
【0007】可変表示始動直後に可変表示停止制御が働
き、二ないし三の画面は、いずれかの絵柄面を表示した
まま停止する。デジタル電光板や液晶ディスプレイを用
いたパチンコ遊技機の可変表示停止制御は、始動入賞球
に、タイムカウンタや乱数発生器が生成した数値を付与
し、付与された数値を判定することにより停止絵柄面が
制御されている。生成する数値には、いわゆる当たりと
なる特定の数値が含まれ、付与された数値が当たりと判
定された際には、二ないし三の画面は、予め決められた
組み合わせの絵柄が横や斜めに並んだ状態で停止する。
液晶ディスプレイを用いた場合は、画面の分割表示を中
止し、ディスプレイ全面に一の画像表示を行うものもあ
る。
【0008】当たりの場合、操作者に特定の遊技価値を
付与し、アタッカー入賞口や役物入賞口を一定の時間、
入賞球数に限定して開成し、打玉の入賞を優遇する。ま
た、役物入賞口やアタッカー入賞口などには、入賞した
打玉の振り分けを行うものがある。入賞口内に特定領域
を設定したり、入賞球に計数器で発生させた乱数を対応
させるなどの手段により、入賞球の振り分けを行う。入
賞球が特定領域を通過した場合、ないしは、特定値を振
り分けられた場合、特定の遊技価値を付与する。
【0009】コイン遊技機やスロットマシン等は、パチ
ンコ遊技機と同様の可変画像表示装置が用いられ、可変
画像表示装置が遊技機の基幹となる。可変画像表示装置
の表示部は、通常、縦に三の絵柄分の表示枠を有する画
面を横三面に備え、それぞれの画面がスロットリールで
構成されたものが一般的である。数字や記号を含む各種
の絵柄面を連ねて描かれたリールを回転させることによ
り、可変表示が行われる。始動レバーやボタンの操作に
より、可変表示が始動し、各画面毎に設けられた停止ボ
タンを操作することにより可変表示停止制御が作動す
る。予め設定された絵柄の組み合わせが横や斜めに並ん
だ状態で停止すると、当たりとなり、特定の遊技価値の
付与や、コインの払出、得点の計上が行われる。
【0010】上述した遊技機は、いずれも可変表示する
絵柄に多様性をもたせ、効果音や電飾の点滅、遊技盤や
本体に装飾をこらすなど、さまざまな手法により遊技効
果を高める工夫がなされている。また、設定の異なる遊
技価値を組み合わせて、遊技価値付与の態様に変化を持
たせた新機種が開発されている。
【0011】現在の遊技機、とくにパチンコ遊技機は遊
技者の打球操作によって生じる遊技結果を可変画像表示
装置で遊技者に伝える手段しか有していない。遊技者が
もっとも興味を引くときはリーチ時と当たりになったと
きである。リーチも当たりもある確率をもって生じるも
のであるから、連続してリーチや当たりが生じることも
あれば、長い時間、該当の状態にならないこともある。
この間、遊技者にとってもっとも退屈な時間となってい
る。
【0012】また、フィーバータイプのパチンコ遊技機
では、パチンコ玉を弾いて入賞口に玉を入賞させること
によって可変表示装置を回す以外に遊技に参加できない
ようになっている。このような状況から、遊技者がパチ
ンコ遊技に参加できるタイプのパチンコ遊技機が考えら
れている。
【0013】たとえば、特開平6−178847や特開
平7−88225には、特定の入賞口にパチンコ玉を入
れることによって特定のゲームがスタートし、遊技者が
ゲームを行うことができ、そのゲーム結果によって特典
が与えられるように設計された、パチンコとテレビゲー
ムを組み合わせた、遊技者参加型のパチンコ遊技機が示
されている。
【0014】特開平6−178847の実施例では、特
定の入賞口にパチンコ玉が入賞するとゲーム画面が表示
され、パチンコ玉を特定のチャッカー(入賞口)に入賞
させることよってゲームを展開させ、最終状態まで達し
たときにフィーバー状態となるタイプのパチンコ遊技機
が記載されているである。この遊技機ではあらかじめ遊
技者が数字を選択しておき、その数字が揃ったときにフ
ィーバー状態になる機能も備えている。
【0015】この機能が従来のフィーバータイプのパチ
ンコ遊技機と異なる点は、フィーバーする数字をあらか
じめ遊技者が選択できるということだけであり、従来の
フィーバー機と大差がない。いずれにしろ、上記の遊技
機は1人ゲームであり、なおかつ遊技者参加型のゲーム
と従来のフィーバータイプのパチンコ遊技方式は独立し
ている。
【0016】特開平7−88225の実施例においては
特定の入賞口にパチンコ玉が入賞するとゲーム画面が表
示され、遊技者がハンドルに取り付けられたボタンでゲ
ームを進めることによって好結果を得たときに、特定の
入賞口にパチンコ玉が入りやすいように設計されたパチ
ンコ遊技機が記載されている。
【0017】
【発明が解決しようとする課題】上記の可変画像表示装
置を備えた遊技機は、各種の工夫により遊技効果が高め
られている。可変画像表示装置の表示部、とくにパチン
コ遊技機においては、遊技盤のほぼ中央に配置され、コ
イン遊技機やスロットマシン等においては、遊技機の構
成の基本となっており、遊技効果を高める重要な役割を
果たしている。
【0018】しかし、これらの遊技機に備えられる可変
画像表示装置は、絵柄の組み合わせを可変表示するのみ
である。パチンコ遊技機を例に挙げれば、コンピュータ
による制御手段を導入し、打玉の入賞や当たりの確率設
定、効果音や電飾など動作が自在となった結果、液晶デ
ィスプレイ等を備えることが可能になったにもかかわら
ず、スロットリールの代用か、当たり画面として一画面
表示を行うに過ぎない。
【0019】また、最近の遊技場では2人がともに楽し
めるようなツーボックス型のパチンコ遊技席が設けられ
ている。しかしそこに設置されているパチンコ遊技機は
1台であり、パチンコ遊技機も従来どおりの1人用であ
る。本発明は、より一層のゲーム性を演出できる遊技機
として、また複数人で行う際に共に遊技に参加できる遊
技機を目的とする。
【0020】
【課題を解決するための手段】本発明は上記課題を解決
するために、画像表示可能な可変表示装置の表示結果が
所定の表示結果となる場合に所定の遊技価値を付与可能
な弾球遊技機において、少なくとも、打玉の発射に関連
して表示結果が導出される第1の表示領域と、遊技者の
操作により遊技が進行する第2の表示領域とに分割され
た表示領域を有する可変表示装置を備えるものである。
【0021】そして、本発明の装置の第1の表示領域お
よび第2の表示領域に特定の表示結果が導出された場合
に特定遊技状態にする、または、第1の表示領域または
第2の表示領域に特定の表示結果が導出された場合に特
定遊技状態にするなどの手段を備えるものである。
【0022】
【発明の実施の形態】本発明では可変画像表示装置を複
数に分割し、従来の遊技表示領域と新ゲーム表示領域を
設ける。本発明では前者を第1可変画像表示部といい、
後者を第2可変画像表示部と呼ぶ。この第1可変画像表
示部が特定の結果を導いたときに、第2可変画像表示部
の結果との組み合わせによって遊技結果として得られる
特典を決定する。
【0023】ここでいう第2可変画像表示部の結果と
は、遊技者がゲームを行って得るゲーム結果のことであ
る。第2可変画像表示部のゲームはコントロール装置で
遊技者が操作できるようになっている。コントロール装
置とROMカセットは遊技制御回路で管理・制御し、こ
こから上がる情報(信号)は従来の遊技制御回路で統合
して管理・制御する。ゲームソフトはROMカセットに
記憶させておく。このROMカートリッジを入れ換える
だけで別のゲームが行える。
【0024】第1可変画像表示部は従来の遊技表示領域
であり、操作方法は従来通りの遊技方法をそのまま継承
している。第2可変画像表示部は遊技者がゲームを直接
操作する領域であるから、遊技台に別途に設けたボタン
やコントローラを使って操作することができる。第2可
変画像表示部のゲーム操作は遊技者が独りでも、別の人
でも操作することもできるようなコントロール装置であ
る。
【0025】
【実施例】本発明の実施例を図面に基づいて詳細に説明
する。本実施例においては、遊技機の一例としてパチン
コ遊技機を示すが、本発明はこれに限定されず、例えば
コイン遊技機やスロットマシン等など、表示状態が変化
可能な画像表示装置を有し、その画像表示装置の表示結
果があらかじめ定められた特定の表示態様となった場合
に所定の遊技価値が付与可能となる遊技機を対象とす
る。
【0026】図1は、本発明の実施例として挙げるフィ
ーバータイプのCRパチンコ遊技機の正面図である。本
実施例では、打玉の始動入賞から開始する表示手段の表
示結果が予め定められた特定の表示態様となった場合に
可変入賞球装置を開成するなどして、打玉の入賞を優遇
し、価値付与手段により遊技価値が付与可能な状態を提
供するいわゆるフィーバータイプのパチンコ遊技機を示
している。
【0027】本発明の遊技機は、実施例に開示する機種
に限定されず、例えば、打玉の入賞で開始する表示手段
の表示結果が予め定められた特定の表示態様となった場
合に、或る確率で、または、100%の確率で権利発生
状態となり、その権利の発生期間中に打玉が始動入賞領
域に入賞する等の条件が成立することにより可変入賞球
装置を第1の状態にするなどして価値付与手段により遊
技価値が付与可能な状態にするいわゆる権利物タイプの
パチンコ遊技機でもよい。
【0028】図1において、主な部分の機能と名称につ
いて説明する。パチンコ遊技機の遊技盤1の前面には遊
技領域2が形成されている。パチンコ遊技機には、遊技
者が打球操作するための打球操作ハンドル3が設けられ
ており、この打球操作ハンドル3を操作者が操作するこ
とにより、パチンコ玉を1つずつ発射することができ
る。
【0029】発射されたパチンコ玉は、区画レール4に
よって遊技領域2内に導かれる。区画レール4から遊技
領域2への出口部分には、図示されていない弁状の逆流
防止部材が設けられている。この逆流防止部材によっ
て、いったん遊技領域2内に打ち込まれたパチンコ玉が
区画レール4内に逆戻りすることを防止するとともに、
遊技領域2内に打ち込まれるパチンコ玉の速度をコント
ロールする。
【0030】遊技領域2内には、複数種類の画像情報の
表示状態が変化可能な可変画像表示装置5が設けられて
いる。この可変画像表示装置5は、遊技領域2内に打ち
込まれたパチンコ玉が始動入賞口6に入賞し、その始動
入賞玉が始動玉検出器7によって検出され、画像表示が
開始される。この可変画像表示装置5の表示結果が出力
された直後に、その表示結果があらかじめ定められた特
定の表示態様となれば、可変入賞球装置8の開閉板9が
開成して、打玉が入賞可能な遊技者にとって有利となる
第1の状態すなわちフィーバー状態が発生する。
【0031】可変入賞球装置8は、通常時は開閉板9が
閉成して打玉が入賞不可能な遊技者にとって不利な第2
の状態となっているが、上述のフィーバー状態が発生す
れば、遊技価値の付与としてソレノイド10が励磁され
て、開閉板9が開成し、開閉板9が開放された第1の状
態となる。この可変入賞球装置8の第1の状態は、所定
期間の経過あるいは所定個数の打玉の入賞のうち、いず
れか早い方の条件が成立したことにより終了して第2の
状態に復帰する。開閉板9の開成中に入賞したパチンコ
玉は、特定玉検出器、入賞玉検出器によって検出され、
その検出個数は入賞個数表示器または可変画像表示装置
5に表示される。可変入賞球装置8に打玉が入賞した場
合には、15個の賞球が払い出される。また、他の入賞
口、入賞装置は7個の賞球が払い出されるように設定さ
れている。
【0032】また、開閉板9の開成により入賞可能な空
間には予め定められた特定入賞領域が設けられている。
第1の状態となっている可変入賞球装置8内に入賞した
パチンコ玉がこの特定入賞領域に入賞すれば、その特定
入賞玉が特定玉検出器により検出され、その回の可変入
賞球装置8の第1の状態が終了すると再度、可変入賞球
装置8を第1の状態に駆動制御する繰り返し継続制御が
実行される。この繰り返し制御の上限回数が例えば16
回と定められている。通常、第1の状態では開閉板9は
パチンコ玉が10個入賞するか、または30秒経つまで
開成する。この繰り返しが最大16回続く。したがって
第1の状態すなわちフィーバー状態となると、約240
0個のパチンコ玉が払い戻される。ただし本発明の実施
例では遊技者のゲーム結果によって開閉の上限が変わる
場合もあるので、この点は従来のフィーバー機と異なる
こともある。
【0033】可変画像表示装置5が画像表示中に再度パ
チンコ玉が始動入賞口6に入賞すると、その始動入賞は
記憶されて、可変画像表示装置に表示結果を出力した
後、画像表示が開始可能な状態に復帰するのを待ち、再
度、その始動入賞記憶に基づいて可変画像表示装置5の
画像表示が開始される。この始動入賞記憶の上限値は、
例えば4に定められており、現時点における始動入賞個
数が始動記憶表示LED11に表示される。
【0034】CR機ではある特定の図柄で大当たりをす
ると確率変動状態になり、フィーバー終了後の次の大当
たりの確率がアップする。また同時に小当たり確率もア
ップする。可変表示装置30は小当たり用のもので、通
過口13をパチンコ玉が通過すると小当たり用のカウン
タチェックが行われ可変表示し、表示結果が小当たりす
ると可変入賞球装置12のチューリップが開き、パチン
コ玉が入賞しやすくなる。通常の状態では、通過口13
をパチンコ玉が通過したことにより、可変表示装置30
は可変表示を開始して30秒後停止する。小当たりの場
合には、可変入賞球装置12は1秒以下の短い開成とな
る。また、小当たりとなる確率も10分の1である。そ
れが、確率変動状態(確率変動制御)となると確率が1
0分の9とアップし、それと同時に、可変表示時間も5
秒と短くなり(短縮制御)、開成期間も3秒を2回と増
大される(増大制御)。また、確率変動制御、短縮制
御、増大制御を同時に行わずに、いずれか一つ又は組み
合わせて行ってもよい。
【0035】コントローラ14はピンプラグ15をパチ
ンコ遊技機のピンジャック16に挿入して接続する。こ
の実施例は2人用を念頭に置いているために、コード1
7付きの構成にしてある。もちろんこの形態でも1人で
遊技することもできるが、コントローラ14が邪魔にな
ったり扱いにく場合には、台に埋め込んだ型としてもよ
い。
【0036】1人で遊技する場合には右手に打球操作ハ
ンドル3を握り、左手でコントローラ14を操作するこ
とになる。下皿18にパチンコ玉がいっぱいになると打
球できなくなるので、パチンコ玉を下皿18から抜くと
きに左手を使う。しかし、フィーバー状態にならないと
下皿18にパチンコ玉があふれるということはないか
ら、コントローラ14の操作と玉抜きとの作業がかち合
うことはない。人によっては左手はタバコのためにあけ
ておきたいという人用には、打球操作ハンドル3にコン
トローラのボタンを設置しておいてもよいが、2人での
操作はできなくなる。
【0037】図2は可変画像表示装置の構成を示してい
る。可変画像表示部の画面は3つに分けられ、左側半分
がゲーム用の第2可変画像表示部19、右側半分の上部
が従来のフィーバー用の第1可変画像表示部20、右側
半分の下部がメッセージ用のメッセージ表示部21であ
る。第1可変画像表示部20に図柄が2つ揃うとリーチ
となり、メッセージ表示部21に“リーチ”が表示され
る。
【0038】図柄が3つ揃うと大当たり(フィーバー)
となり、図3に示すようにメッセージ表示部21が“大
当り”の表示に変わる。第1可変画像表示部20は従来
のフィーバータイプのパチンコ遊技であるから、大当た
りになる確率はカウンタとパチンコ玉が始動入賞口に入
るタイミング(正確には始動玉検出器が入賞を検出した
タイミング)で決まる。
【0039】第2可変画像表示部は遊技者が操作できる
テレビゲーム画面で、コントローラによって遊技者側キ
ャラクタ22を操作できる。この画像の例はインベーダ
ーゲームを示しているが、敵キャラクタ23からの攻撃
を図1のコントローラ14の十字キーボタン24を操作
して、遊技者側キャラクタ22を左右に移動しながら敵
ミサイルからの攻撃を避け、逆にミサイル25を図1の
コントローラ14のAボタン31で発射して敵キャラク
タ23を撃破する。ある一定時間内に撃破した敵キャラ
クタの数で得点が決まり、ゲームが終了するとスコア2
6が第2可変画像表示部19の上部に表示される。
【0040】図4は、本実施例の遊戯装置のシステムブ
ロック図である。第1遊技制御回路27はパチンコ遊技
機を制御する回路である。始動玉検出器からのパチンコ
玉通過を検出すると同回路内のフィーバー判定装置(カ
ウンタと始動玉検出器の検出のタイミング)によってフ
ィーバーか否かの判定が行われる。フィーバーのあるな
しにかかわらず一定時間可変表示することになるが、そ
の表示情報(コマンド情報)は表示制御回路28を通し
て可変画像表示装置の第1可変表示画像表示部に表示さ
れる。
【0041】リーチや大当たりの情報も同じ経路でメッ
セージ表示部にその旨が伝えられ、表示される。小当た
りまたは大当たりがあると可変入賞球装置を開成するた
めに、その信号をソレノイドに送る。第1遊技制御回路
27の直接の制御としては飾りランプ、LEDの点滅指
令やスピーカへの音情報の出力指令等がある。このあた
りの制御は従来通りである。
【0042】第2遊技制御回路29の入力装置はコント
ロール装置やROMカセットであり、出力部は第1遊技
制御回路27へのゲーム結果の情報と直接ゲーム内容を
可変画像表示装置に表示する画像情報である。画像情報
は表示制御回路28を通して可変画像表示装置の第2可
変画像表示部に表示される。最終的な大当たりの決定
は、第1遊技制御回路27の結果と第2遊技制御回路2
9の遊技結果とから第1遊技制御回路27が行う。
【0043】図5は第1遊技制御回路での当たり判定処
理フローチャートを示しており、図6は第1可変画像表
示部に表示する図柄の決定値(ランダム数)と図柄の対
応図表である。可変画像表示の図柄は3つで、装置に内
蔵されているカウンタで“1”を検出したときが大当た
りで、その場合にはランダムL(左図柄)のみを大当た
りの図柄とし、3つともランダムLの図柄で表示する。
たとえばランダムLの値が12のときには“D”が3つ
揃うことになる。一方、カウンタ値が“1”以外を検出
したときはハズレとなり、ランダム値はL(左図柄)、
C(中図柄)、R(右図柄)の3つが求められる。前述
した確率変動状態においては、当たりとするカウンタ値
1に加えて他のカウンタ値も当たりとしたので大当たり
確率がアップしたことになる。
【0044】ただし、L、C、Rが3つ同じになった場
合には、Rの図柄を1つずらしてハズレの図柄にする。
図6のランダム1の大当たりの確率は200分の1であ
り、CR機としてはかなり高い大当たりの確率となって
いる。なお、通常は1/350〜1/400程度であ
る。これは、第1遊技制御回路からの当たりと第2遊技
制御回路からの遊技結果によって大当たりの状況(出玉
数や大当たりそのもの判定)が決定されるからである。
【0045】本発明の装置では、従来のフィーバータイ
プのパチンコ遊技と遊技者の遊技結果とによって大当た
り決定や大当たり時の出玉等の状況を変えることができ
る。実際の遊技例を以下で説明する。なお以下では、第
1遊技制御回路の遊技を“第1遊技”とよび、第2遊技
制御回路の遊技者による遊技を“第2遊技”とよぶ。
【0046】図7は、第1遊技の判定値が大当たりとな
った場合に大当たりになるか、または第1遊技でリーチ
になったときに第2遊技が可能となり、なおかつ第2遊
技の得点がある値以上の場合に大当たりとなるタイプの
処理フローチャートである。第1遊技の大当たりはラン
ダム1で決定されるが、リーチはランダム2のL(左)
とR(右)の図柄が揃ったときである。
【0047】リーチになると第2遊技が可能となり、あ
る一定時間ミサイルの発射が可能となる。この所定時間
内に得た得点が所定の得点を超せば大当たりとなり、第
1可変画像表示部にランダムLで抽出した大当たりの図
柄を表示する。もし得点が所定の得点まで達しないとき
には大当たりは見送られ、第1遊技で抽出したC(中)
の図柄をハズレの図柄にして第1可変画像表示部に表示
する。
【0048】図8は、第1遊技で当たりとなり、かつ第
2遊技である得点以上になると大当たりになるタイプの
処理フローチャートである。この場合は第1遊技で図柄
が3つ揃った時点(フィーバー状態)で第2遊技が可能
となり、所定時間内にある得点以上上げないと大当たり
が見送られる。したがって、テレビゲームに得意な人向
きのフィーバー機である。
【0049】図9は、第1遊技で大当たりを決定し、第
2遊技で可変入賞球装置の開閉板の開成継続回数を決定
するタイプの処理フローチャートである。第1遊技で同
じ図柄が3つ揃うと大当たりとなり、第2遊技が遊技可
能となる。第2遊技である得点以上上げると開閉板の開
成継続回数が16回となり、それ以下のときには8回と
なる。この例では16回と8回にしているが、もっとき
め細かい継続回数にしてもよい。
【0050】図10は、第1遊技と第2遊技が独立して
動作し、第1遊技で大当たりになるまでの間に第2遊技
で上げた得点で開閉板の開成継続回数が決定されるタイ
プの処理フローチャートである。第2遊技は常に遊技可
能で、第1遊技で大当たりが来るまでに出来るだけ高得
点を上げておくと有利になる。本実施例では、第2遊技
で所定の得点を上げるとカウンタCが1ずつアップし、
第1遊技で大当たりが来たときにカウンタCが0、1、
2、3、4の場合、それぞれ開成継続回数が2、4、
8、12、16としている。常に第2遊技が可能なこと
から、2人用に向いた遊技機といえる。
【0051】また、第1遊技と第2遊技により、大当た
りの決定、大当たり時の継続回数の決定だけでなく、前
述した大当たりの確率変動状態にするか否かの決定、小
当たりの確率変動状態にするか否かの決定、小当たり用
可変表示装置の可変表示時間の短縮制御をするか否かの
決定、小当たり用可変入賞球装置の開成期間(時間、回
数)の増大制御をするか否かの決定を行うようにしても
よい。
【0052】また、遊技価値の付与として、可変入賞球
装置を開成させたが、これに限られるものでない。例え
ば、直接所定数の出玉(2400個)を排出したり、玉
の代わりにカードや得点、現金等を排出してもよい。
【0053】打玉の発射は、図示されない打玉発射装置
にてその下方から遊技領域に打玉を発射している。この
打玉発射装置は、円弧状や直線状に動作するハンマにて
打玉を打つものであるが、これに限らず遠心力、摩擦
力、磁力を使用したものであってもよい。また、遊技領
域の下方から打玉を発射するのでなく、遊技領技領域の
上側から打玉を落とさせるものであってもよい。さら
に、遊技領域や釘等を画像で表示して、その画像上に打
玉(画像)が発射される又は落下するようにしてもよ
い。
【0054】図11は、第1遊技と第2遊技が独立して
作動するタイプの処理フローチャートである。第1遊技
で当たっても、第2遊技で当たってもいずれも大当たり
となる。従って1人で遊技する場合にはいずれか得意で
ある方を選択すればよい。また2人で遊技する場合であ
っても第1遊技、第2遊技の協働により、大当たりとな
ったり、大当たり時の継続回数等が決定されるものでな
いので、初心者が含まれていても、片方の遊技者に迷惑
をかけることのない遊技機といえる。
【0055】
【発明の効果】本発明は従来の遊技機の特徴をそのまま
継承し、本格的なテレビゲームを行うことが可能であ
り、遊技者がテレビゲーム機による遊技で大当たり時の
結果に関与できるという、新しい遊技性を備えている。
また、コントローラの使用により複数人が同時に遊技に
参加できる効果もある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例における遊技機の正面図であ
る。
【図2】本発明の実施例における可変画像表示装置の構
成の説明図である。
【図3】本発明の実施例における可変画像表示装置の構
成の説明図である。
【図4】本発明の実施例におけるパチンコ遊技機のシス
テム構成図である。
【図5】本発明の実施例におけるパチンコ遊技機での大
当たり決定フローチャートである。
【図6】本発明の実施例におけるパチンコ遊技機でのラ
ンダム2と図柄の乱数対応図表である。
【図7】本発明の実施例における、第1遊技と第2遊技
の組み合わせによって大当たりを決定するための処理フ
ローチャートである。
【図8】本発明の実施例における、第1遊技と第2遊技
の組み合わせによって大当たりを決定するための処理フ
ローチャートである。
【図9】本発明の実施例における、第1遊技と第2遊技
の組み合わせによって大当たりを決定するための処理フ
ローチャートである。
【図10】本発明の実施例における、第1遊技と第2遊
技の組み合わせによって大当たりを決定するための処理
フローチャートである。
【図11】本発明の実施例における、第1遊技と第2遊
技が独立して作動する処理フローチャートである。
【符号の説明】
1 遊技盤 2 遊技領域 3 打球操作ハンドル 4 区画レール 5 可変画像表示装置 6 始動入賞口 7 始動玉検出器 8 可変入賞球装置 9 開閉板 10 ソレノイド 11 始動記憶表示LED 12 可変入賞球装置 13 通過口 14 コントローラ 15 ピンプラグ 16 ピンジャック 17 コード 18 下皿 19 第2可変画像表示部 20 第1可変画像表示部 21 メッセージ表示部 22 遊技者側キャラクタ 23 敵キャラクタ 24 十字キーボタン 25 ミサイル 26 スコア 27 第1遊技制御回路 28 表示制御回路 29 第2遊技制御回路 30 可変表示装置 31 Aボタン

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 画像表示可能な可変表示装置の表示結果
    が所定の表示結果となる場合に所定の遊技価値を付与可
    能な弾球遊技機において、少なくとも、打玉の発射に関
    連して表示結果が導出される第1の表示領域と、遊技者
    の操作により遊技が進行する第2の表示領域とに分割さ
    れた表示領域を有する可変表示装置を備えたことを特徴
    とする弾球遊技機。
  2. 【請求項2】 画像表示可能な可変表示装置の表示結果
    が所定の表示結果となる場合に所定の遊技価値を付与可
    能な弾球遊技機において、少なくとも、打玉の発射に関
    連して表示結果が導出される第1の表示領域と、遊技者
    の操作により遊技が進行する第2の表示領域とに分割さ
    れた表示領域を有する可変表示装置を備え、前記第1の
    表示領域および前記第2の表示領域に特定の表示結果が
    導出された場合に前記所定の遊技価値を付与されること
    を特徴とする弾球遊技機。
  3. 【請求項3】 画像表示可能な可変表示装置の表示結果
    が所定の表示結果となる場合に所定の遊技価値を付与可
    能な弾球遊技機において、少なくとも、打玉の発射に関
    連して表示結果が導出される第1の表示領域と、遊技者
    の操作により遊技が進行する第2の表示領域とに分割さ
    れた表示領域を有する可変表示装置を備え、前記第1の
    表示領域または前記第2の表示領域に特定の表示結果が
    導出された場合に前記所定の遊技価値を付与されること
    を特徴とする弾球遊技機。
JP7239252A 1995-08-24 1995-08-24 弾球遊技機 Withdrawn JPH0956874A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7239252A JPH0956874A (ja) 1995-08-24 1995-08-24 弾球遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7239252A JPH0956874A (ja) 1995-08-24 1995-08-24 弾球遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0956874A true JPH0956874A (ja) 1997-03-04

Family

ID=17042004

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7239252A Withdrawn JPH0956874A (ja) 1995-08-24 1995-08-24 弾球遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0956874A (ja)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003062218A (ja) * 2001-08-28 2003-03-04 Samii Kk 弾球遊技機
JP2005287948A (ja) * 2004-04-02 2005-10-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
US7128648B2 (en) 2001-08-30 2006-10-31 Konami Corporation Game machine and method for controlling the game machine
JP2006296747A (ja) * 2005-04-20 2006-11-02 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2006340933A (ja) * 2005-06-09 2006-12-21 Samii Kk 弾球遊技機
JP2007075331A (ja) * 2005-09-14 2007-03-29 Samii Kk 加振源の保持構造、収納ケース、演出ボタンユニット、及び遊技機
JP2008168153A (ja) * 2008-03-31 2008-07-24 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2008200364A (ja) * 2007-02-21 2008-09-04 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2008200354A (ja) * 2007-02-21 2008-09-04 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2009297560A (ja) * 2009-09-30 2009-12-24 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2010158586A (ja) * 2010-04-22 2010-07-22 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011092775A (ja) * 2011-02-14 2011-05-12 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011212302A (ja) * 2010-03-31 2011-10-27 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2012179494A (ja) * 2012-06-29 2012-09-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014028237A (ja) * 2013-09-02 2014-02-13 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014147695A (ja) * 2014-01-20 2014-08-21 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2015033597A (ja) * 2014-09-26 2015-02-19 株式会社三洋物産 遊技機
JP2016129855A (ja) * 2016-04-25 2016-07-21 株式会社三洋物産 遊技機
JP2017127740A (ja) * 2017-05-01 2017-07-27 株式会社三洋物産 遊技機

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003062218A (ja) * 2001-08-28 2003-03-04 Samii Kk 弾球遊技機
US7128648B2 (en) 2001-08-30 2006-10-31 Konami Corporation Game machine and method for controlling the game machine
JP2005287948A (ja) * 2004-04-02 2005-10-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2006296747A (ja) * 2005-04-20 2006-11-02 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2006340933A (ja) * 2005-06-09 2006-12-21 Samii Kk 弾球遊技機
JP2007075331A (ja) * 2005-09-14 2007-03-29 Samii Kk 加振源の保持構造、収納ケース、演出ボタンユニット、及び遊技機
JP2008200364A (ja) * 2007-02-21 2008-09-04 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2008200354A (ja) * 2007-02-21 2008-09-04 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP2008168153A (ja) * 2008-03-31 2008-07-24 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2009297560A (ja) * 2009-09-30 2009-12-24 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2011212302A (ja) * 2010-03-31 2011-10-27 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010158586A (ja) * 2010-04-22 2010-07-22 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011092775A (ja) * 2011-02-14 2011-05-12 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012179494A (ja) * 2012-06-29 2012-09-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014028237A (ja) * 2013-09-02 2014-02-13 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014147695A (ja) * 2014-01-20 2014-08-21 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2015033597A (ja) * 2014-09-26 2015-02-19 株式会社三洋物産 遊技機
JP2016129855A (ja) * 2016-04-25 2016-07-21 株式会社三洋物産 遊技機
JP2017127740A (ja) * 2017-05-01 2017-07-27 株式会社三洋物産 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0956874A (ja) 弾球遊技機
JP2001269461A (ja) 遊技機
JPH08309002A (ja) 弾球遊技機
JP2000070462A (ja) 遊技機
JPH09182853A (ja) 弾球遊技機
JP3033418B2 (ja) パチンコ機
JPH06246052A (ja) 遊技機
JP4046375B2 (ja) 弾球遊技機
JP2002306685A (ja) 組み合わせ遊技機
JP2004129770A (ja) 弾球遊技機
JP2000070489A (ja) パチンコ遊技機
JP2003284846A (ja) 遊技機、遊技プログラム及びサーバ
JP4409725B2 (ja) 遊技機およびゲームプログラムが記録された記録媒体
JP3897834B2 (ja) 弾球遊技機
JP2006020841A (ja) パチンコ遊技機および制御プログラム
JP2000070454A (ja) 遊技機
JP2000176099A (ja) 遊技機
JP4819319B2 (ja) 映像式遊技機
JP2000126391A (ja) 遊技機
JP3632116B2 (ja) パチンコ機
JPH0956880A (ja) 遊技機用操作ハンドル
JP2001087485A (ja) パチンコ遊技機
JPH09266972A (ja) 遊技機
JPH11299983A (ja) パチンコ遊技機における抽選確率変動制御装置
JP2000176094A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20050317