JPH0935411A - ビデオ装置 - Google Patents

ビデオ装置

Info

Publication number
JPH0935411A
JPH0935411A JP7175998A JP17599895A JPH0935411A JP H0935411 A JPH0935411 A JP H0935411A JP 7175998 A JP7175998 A JP 7175998A JP 17599895 A JP17599895 A JP 17599895A JP H0935411 A JPH0935411 A JP H0935411A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
recording
image
audio
compressed
video
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7175998A
Other languages
English (en)
Inventor
Keiichi Ushiwaka
Takuma Yamada
琢磨 山田
恵一 牛若
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd, 富士通株式会社 filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP7175998A priority Critical patent/JPH0935411A/ja
Publication of JPH0935411A publication Critical patent/JPH0935411A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 本発明は、ビデオ装置に関し、テレビ番組を
連続録画しておき、見たい時に、所定の番組を再生す
る。 【構成】 チューナ部と、画像及び音声を圧縮する画像
音声圧縮部と、該圧縮されたデータを記録する記憶装置
と、上記圧縮された画像及び音声を伸長する画像音声伸
長部と、上記画像及び音声の録画及び検索、再生を実行
する制御部とを備え、所定時間連続したテレビ番組を、
圧縮して断続的に録画し、該録画の断続している期間の
任意の期間で、該圧縮録画された任意のテレビ番組を再
生する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、ビデオ装置に関し、テ
レビ番組を連続録画しておき、見たい時に、所定の番組
を再生するビデオ装置に関する。

【0002】

【従来の技術】図3は、従来のビデオ装置を説明する図
である。家庭で簡易にテレビ番組を録画・再生すること
を実現するものとして、磁気テープに画像と音声を記録
するビデオテープレコーダ(VTR) がある。

【0003】上記図3は、該ビデオテープレコーダ(VT
R) の構成例を示したものである。先ず、チューナ部 1
から出力されるアナログビデオ信号とアナログオーディ
オ信号を、録画用信号変換部 2で録画用の信号、例え
ば、所定の交流信号に変換し、磁気テープ装置 3で録画
する。

【0004】該録画は、録画の直接指定 (所定のボタン
を押下),又は、予約録画 (タイマ設定による) 指定を、
例えば、マイクロプログラム制御の制御部 6が検出し
て、上記録画用信号変換部 2、及び磁気テープ装置 3を
制御することで行われる。

【0005】該録画されたテレビ番組を再生するときに
は、再生直接指定 (所定のボタンを押下) を、上記制御
部 6が検出して、再生用信号変換部 4を制御することに
より、磁気テープに録画されている信号を元のアナログ
ビデオ信号, アナログオーディオ信号に変換して、スイ
ッチ部 50,51を介して、ビデオ出力, オーディオ出力と
して出力される。

【0006】勿論、録画しないで、直接テレビ番組を見
るときには、該上記チューナ部 1から出力されるアナロ
グビデオ信号, 及びアナログオーディオ信号を、上記ス
イッチ部 50,51を介して、出力することで、図示されて
いないディスプレイ上で見ることができる。

【0007】

【発明が解決しようとする課題】上記従来のビデオ装置
では、使用者が録画する番組を事前又は放送時に決定し
て、録画予約操作, 又は、録画操作を行う必要があっ
た。

【0008】本願発明の類似の技術の一つとして、特開
平5−62283号公報「磁気記録再生装置における自
動学習録画装置」があるが、要約すると、過去にユーザ
が視聴,又は録画されている好みの番組の中で、現在、
ユーザが視聴,又は録画されていないものを選択して、
自動的に録画するものであり、該自動的に録画される番
組は、上記ユーザの好みの番組だけであり、且つ、現在
視聴又は録画されていない場合に限定されるので、サー
ビス性が悪いという問題があった。

【0009】又、他の類似の技術として、特開平6−2
84364号公報「情報処理装置」があるが、要約する
と、テレビ電波からのデータを、常時、リング形式の記
憶装置(例えば、30秒程度の録画ができる記憶装置)
に格納しておき、ユーザからの操作により、必要部分を
大容量の外部記憶装置にファイルし、任意に編集・再生
せしめるもので、所望の番組の内容を保存する為には、
ユーザが、所定の番組の開始時刻より少し前に、何らか
の操作を必要とする問題があった。

【0010】又、他の類似の技術として、特開平2−2
26575号公報「ビデオ機能付きテレビ」があるが、
要約すると、テレビの電源スイッチと連動して、テレビ
の電源が入っている間の番組を自動的に録画するもの
で、テレビが動作中のものしか、テレビ番組を録画する
ことができないという問題があった。

【0011】本発明は上記従来の欠点に鑑み、番組放送
後にユーザが見たくなった番組について、テレビで、そ
の番組を見ていたか否かに関係無く、数時間から数日経
過後において、任意の番組を再生して見ることできるビ
デオ装置を提供することを目的とするものである。

【0012】

【課題を解決するための手段】図1は、本発明の原理構
成図であり、図1(a) は、構成例を示し、図1(b) は記
録例を示している。上記の問題点は下記の如くに構成し
たビデオ装置によって解決される。

【0013】受信部(例えば、チューナ部) 1と、画像
及び音声を圧縮する画像および音声圧縮部 8と、該圧縮
されたデータを記録する記憶装置 3a と、上記圧縮され
た画像及び音声を伸長する画像および音声伸長部 9と、
上記記憶装置 3a に記録されている画像及び音声の録画
及び検索、再生を実行する制御部 6a とを備え、所定時
間連続して受信された画像及び音声(例えば、テレビ番
組)を、圧縮して録画し、録画処理の断続している期間
の任意の期間で、該圧縮録画された任意の受信された画
像及び音声(例えば、テレビ番組)を再生するように構
成する。

【0014】

【作用】即ち、本発明のビデオ装置では、図1(a) に示
されているように、ユーザが予め指定したテレビ・チヤ
ンネル, 又はビデオ入力を、チューナ部 1でアナログビ
デオ信号とアナログオーディオ信号とに変換し、それら
を、画像および音声圧縮部 8でディジタル信号に変換し
た後、圧縮処理をする。圧縮されたディジタル信号は、
記録装置、例えば、光ディスク装置 3a 等に記録され
る。

【0015】上記の圧縮処理により、連続したアナログ
ビデオ信号, オーディオ信号は、所定のサイズに圧縮さ
れたブロックデータとなり、上記連続したアナログビデ
オ信号, オーディオ信号は、断続したブロック単位のデ
ィジタル信号となる。

【0016】本発明のビデオ装置では、図1(b) に示さ
れているように、この断続したブロック単位のディジタ
ル信号を録画する間隙を利用して、例えば、時計装置 1
0 からの時刻データをディジタル化したブロックデータ
として記録する。

【0017】上記の録画処理は、記憶装置 3a の容量に
対応して、数時間から数日分、常時行われる為、該記憶
装置 3a には、最新のテレビ番組の内容が、数時間から
数日分、所定の間隔の時刻情報と共に保存されているこ
とになる。

【0018】そこで、ユーザから再生の指示として、例
えば、時刻 (何日何時何分) 指示を受けることで、該記
憶装置 3a より、該指定された時刻のテレビ番組の内容
が読み出された、それらのディジタル信号は、画像およ
び音声伸長部 9で、元のデータに伸長され、アナログ信
号に変換されて出力される。

【0019】従って、本発明のビデオ装置では、常に、
最新のテレビ番組の内容が記憶されているため、ユーザ
の録画の指示なしに、任意の時刻のテレビ番組の内容を
再生することができる。

【0020】

【実施例】以下本発明の実施例を図面によって詳述す
る。前述の図1が、本発明の原理構成図であり、図2
は、本発明の一実施例を示した図である。

【0021】本発明においては、ビデオ装置において、
チューナ部 1と、画像及び音声を圧縮する画像および音
声圧縮部 8と、該圧縮されたデータを記録する記憶装置
3aと、上記圧縮された画像及び音声を伸長する画像お
よび音声伸長部 9と、上記記憶装置 3a に記録されてい
る画像及び音声の録画及び検索、再生を実行する制御部
6a が、本発明を実施するのに必要な手段である。尚、
全図を通して同じ符号は同じ対象物を示している。

【0022】以下、図1を参照しながら、図2によっ
て、本発明のビデオ装置の構成と動作を説明する。本発
明のビデオ装置には、図1(a),図2に示されているよう
に、通常のチューナ部 1の他に、画像及び音声を圧縮す
る画像および音声圧縮部 8と、該圧縮されたデータを記
録する記憶装置 3a と、上記圧縮された画像及び音声を
伸長する画像および音声伸長部 9と、上記記憶装置 3a
に記録されている画像及び音声の録画及び検索、再生を
実行する制御部 6a が備えられており、常時、電力が供
給されている。

【0023】先ず、チューナ部 1で、ユーザが、予め、
制御部 6a に入力して指定したテレビ・チヤンネルのテ
レビ信号を、アナログのビデオ信号とオーディオ信号に
変換する。

【0024】ビデオ信号A/D変換部 80aは、上記アナ
ログのビデオ信号をディジタル信号に変換する。又、オ
ーディオ信号A/D変換部 80bは、アナログのオーディ
オ信号をディジタル信号に変換する。

【0025】画像圧縮部 8a は、上記ディジタル化され
たビデオ信号を、所定の圧縮技術を用いて圧縮処理をす
る。又、音声圧縮部 8b も、上記ディジタル化されたオ
ーディオ信号を圧縮処理をする。

【0026】該圧縮されたビデオ圧縮データ、及び、オ
ーディオ圧縮データは、制御部 6aからの指示により記
憶装置 (例えば、大容量の光ディスク装置等) 3aに記憶
する。

【0027】このとき、元のアナログのビデオ信号, 及
びオーディオ信号は連続した信号であるが、該ビデオ圧
縮データ、及び、オーディオ圧縮データは、所定のサイ
ズにブロック化されているので、該ブロックデータの記
録処理の間には、所定の間隙が生じる。

【0028】そこで、制御部 6a では、時計装置 10 か
らの時刻情報をディジタル化して、上記ビデオ圧縮デー
タ、及び、オーディオ圧縮データの記憶間隙を使用し
て、定期的に、記憶する。

【0029】上記のビデオ圧縮データ、オーディオ圧縮
データ、及び時刻データ{図1(b)参照}は、該記憶装
置 3a の容量の範囲で、数時間から数日間、常時、サイ
クリックに記憶されているので、常に、最新の数時間か
ら数日間分のビデオ圧縮データ、オーディオ圧縮デー
タ、及び時刻データが記憶されていることになる。

【0030】上記の実施例では、ビデオ圧縮データ、オ
ーディオ圧縮データと共に、時刻データを記憶する例で
説明したが、時刻データに限るものではなく、各番組を
特定する番組コード情報であっても良いことは言う迄も
ないことである。この場合には、制御部 6a で、番組の
一欄を予め記憶しておき、上記時計装置からの情報の元
に、各時間帯の番組コードを検索し、該検索した番組コ
ードを、上記ビデオ圧縮データ、オーディオ圧縮データ
の、例えば、ヘッダ部に記憶する。

【0031】ここで、ユーザより、見たいテレビ番組の
時刻, 又は、番組コードを入力すると、制御部 6a から
の指示により、該記憶装置 3a から、該指示された番組
のビデオ圧縮データ、オーディオ圧縮データを読み出
す。

【0032】該記憶装置 3a には、常時、ビデオ圧縮デ
ータ、オーディオ圧縮データが記憶されているが、該記
憶データは、圧縮されたブロックデータであるので、あ
るブロックデータの記録処理と、次のブロックデータの
記録処理との間には、幾らかの記録アクセスのない間隙
が生じるので、本発明のビデオ装置では、その間隙で、
該ユーザの指示する記録データの読み出しを行うように
する。

【0033】画像伸長部 9a は、該読み出したビデオ圧
縮データの伸長処理をする。又、音声伸長部 9b は、該
読み出したオーディオ圧縮データの伸長処理をする。ビ
デオ信号D/A変換部 90aは、ディジタル化されたビデ
オ信号をアナログビデオ信号に変換する。又、オーディ
オ信号D/A変換部 90bは、ディジタル化されたオーデ
ィオ信号をアナログオーディオ信号に変換する。

【0034】制御部 6a は、上記連続的な録画、及び、
ユーザの指示による任意の時刻, 又は番組コードの番組
情報の再生の制御を行う。このように、本発明のビデオ
装置は、受信部、例えば、チューナ部と、画像及び音声
を圧縮する画像および音声圧縮部と、該圧縮されたデー
タを記録する記憶装置と、上記圧縮された画像及び音声
を伸長する画像および音声伸長部と、上記画像及び音声
の録画及び検索、再生を実行する制御部とを備え、所定
時間連続して受信された画像及び音声、例えば、テレビ
番組を、圧縮して断続的に録画し、該録画処理の断続し
ている期間の任意の期間で、該圧縮録画された任意の受
信された画像及び音声、例えば、テレビ番組を再生する
ようにしたところに特徴がある。

【0035】

【発明の効果】以上、詳細に説明したように、本発明の
ビデオ装置によれば、ユーザによる番組を録画する操作
を省くことができる効果を奏し、テレビ番組の視聴利用
の向上に寄与するところが大きい。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の原理構成図

【図2】本発明の一実施例を示した図

【図3】従来のビデオ装置を説明する図

【符号の説明】

1 チューナ部 2 録画用信
号変換部 3 磁気テープ装置 3a 記憶装置 4 再生用信号変換部 50,51 スイ
ッチ部 6,6a 制御部 7 タイマ部 8 画像および音声圧縮部 80a,80b ビデオ信号及びオーディオ信号A/D変
換部 90a,90b ビデオ信号及びオーディオ信号D/A変
換部 9 画像および音声伸長部 10 時計装置

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】受信部と、画像及び音声を圧縮する画像音
    声圧縮部と、該圧縮されたデータを記録する記憶装置
    と、上記圧縮された画像及び音声を伸長する画像音声伸
    長部と、上記記憶装置に記録されている画像及び音声の
    再生を実行する制御部とを備え、 所定時間連続して受信された画像及び音声を、圧縮して
    録画し、録画処理の断続している期間の任意の期間で、
    該圧縮録画された任意の受信された画像及び音声を再生
    することを特徴とするビデオ装置。
JP7175998A 1995-07-12 1995-07-12 ビデオ装置 Pending JPH0935411A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7175998A JPH0935411A (ja) 1995-07-12 1995-07-12 ビデオ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7175998A JPH0935411A (ja) 1995-07-12 1995-07-12 ビデオ装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0935411A true JPH0935411A (ja) 1997-02-07

Family

ID=16005926

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7175998A Pending JPH0935411A (ja) 1995-07-12 1995-07-12 ビデオ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0935411A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6934464B1 (en) 1998-12-23 2005-08-23 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Video/audio data recording apparatus, video/audio data reproducing apparatus, video/audio data recording/reproducing apparatus, video/audio data recording method, video/audio data reproducing method, and program recording program recording medium
US7376336B2 (en) 2003-04-25 2008-05-20 Pioneer Corporation Recording apparatus and recording control method

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6934464B1 (en) 1998-12-23 2005-08-23 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Video/audio data recording apparatus, video/audio data reproducing apparatus, video/audio data recording/reproducing apparatus, video/audio data recording method, video/audio data reproducing method, and program recording program recording medium
US7376336B2 (en) 2003-04-25 2008-05-20 Pioneer Corporation Recording apparatus and recording control method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3090272B2 (ja) Vcrスケジューリング用システムおよびプロセス
KR100228028B1 (ko) 다종 언어 대응형 기록매체 및 재생장치
EP1513151B1 (en) Device and method for editing moving picture data
CN1141840C (zh) 图象信息记录再生装置
EP0866446B1 (en) A disk apparatus having a single recording head and capable of simultaneous recording and reproducing
KR100389070B1 (ko) 프로그램정보방송시스템과프로그램정보표시방법및수신장치
CN1112037C (zh) 录制与再生数据的装置与方法
JP3360705B2 (ja) 放送受信装置および放送受信方法
US7889973B2 (en) Method and apparatus for partial file delete
US20020126992A1 (en) Reproducing apparatus and reproducing/recording apparatus memorizing identification information of optical information media and method thereof
US8195029B2 (en) Content viewing support apparatus and content viewing support method, and computer program
US6590585B1 (en) Apparatus, method, and medium for displaying a moving picture in alternative display picture formats
JP3267249B2 (ja) 番組録画再生装置および番組録画再生方法
CN100366069C (zh) 一种同时记录和播放数据流的时间移动的方法
EP0788278A2 (en) Signal processing
US5751371A (en) Picture receiving apparatus
US7382974B2 (en) Information receiving/recording/reproducing apparatus and method thereof using a secondary memory device before switching to a real time transmission
DE60129390T2 (de) Informationsaufzeichnungs- und -wiedergabevorrichtung
US7218837B2 (en) Program-signal recording and reproducing apparatus
DE69631180T2 (de) Fernsehsignalaufnahme- und -wiedergabeanlage
JP3360548B2 (ja) 情報再生装置
KR100647444B1 (ko) 영상 기록 재생 장치, 디스플레이 방법, 기록 방법 및 재생 방법
US7231136B2 (en) Video signal recording and reproducing apparatus
US5457669A (en) Program search method having a user-controllable search interval and a user-controllable reproduction period
JP4188568B2 (ja) 情報再生装置及び情報編集方法

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040420

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040621

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040817

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041018

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20041104

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20041217