JPH09328728A - 道路ガードレール用光反射体 - Google Patents

道路ガードレール用光反射体

Info

Publication number
JPH09328728A
JPH09328728A JP18392796A JP18392796A JPH09328728A JP H09328728 A JPH09328728 A JP H09328728A JP 18392796 A JP18392796 A JP 18392796A JP 18392796 A JP18392796 A JP 18392796A JP H09328728 A JPH09328728 A JP H09328728A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
road guardrail
guard rail
road
long
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP18392796A
Other languages
English (en)
Inventor
Masayoshi Kuno
允義 久野
Original Assignee
Masayoshi Kuno
允義 久野
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Masayoshi Kuno, 允義 久野 filed Critical Masayoshi Kuno
Priority to JP18392796A priority Critical patent/JPH09328728A/ja
Publication of JPH09328728A publication Critical patent/JPH09328728A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ガードレールの所要の位置に極めて簡単に取
り付けることができる光反射体の提供。 【解決手段】 道路ガードレール(6)のガード板
(5)に所要の枚数の光反射体を備えた縦長板体(2)
を取り付け可能とし、車両の通行安全を図る。表面に発
光体(1)を被覆した縦長板体(2)の上下端部に、そ
れぞれフック体(3)を一体に連設して構成、道路ガー
ドレール(6)のガード板(5)に必要枚数を鉤止させ
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、道路の路肩に設置
されているガードレールの存在を車両の運転者に明示
し、車両の安全運行を図るための道路ガードレール用光
反射体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、道路には、建物、構築物、田畑、
山地、河川などの存在により、曲り角とかカーブとかが
形成されている。このため、この曲り角やカーブにおい
ては、往往、自動車等の運転者のわき見運転、制限速度
の不順守などによる車両の道路ガードレールに衝当する
ような交通事故が発生している。
【0003】この道路ガードレールは、道路交通の安全
保護のための鋼板製防護柵で、複数本の支柱間に横長の
鉄板(以下、ガード板と言う。)を架装したものが普通
で、例外として鉄パイプとか鎖体とかを用いたものもあ
る。ガード板を架装するものには、車両が衝当した場合
にその衝撃力を吸収するように、そのガード板の長さ方
向を長尺に曲折することが日本工業規格に定められてい
る。
【0004】このようにして、夜間における車両事故の
発生が上記の曲り角、カーブ地点に起こり易いため、当
局者は、当該地点のガード板に自動車の前照灯の光を反
射させ、ガード板の所在を運転者に明示して事故を防止
するための反射鏡を多数設置している。図5によりこれ
を説明すると、(10)は支柱、(11)は支柱(1
0)の間に架装したガード板、(12)は支柱(10)
の上端部に設けた反射鏡である。なお、ガード板(1
1)には白色など目立つ塗料が塗られている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来技術による道路ガ
ードレールの支柱に取り付けた反射鏡は、運転者に対す
るガード板の認識度を高め、車両の通行安全の確保につ
いて優れているが、なお、下記のような解決しなければ
ならない問題を有していた。 (1)必要により道路ガードレールへの装着ができな
い。 (2)支柱へ強固に装着することによる工事費が必要で
ある。 (3)装着した反射鏡を他の支柱への移設が困難であ
る。 (4)反射鏡そのものの値段が高い。 (5)車両衝突による反射鏡の破片が、二次的事故の誘
発につながることがある。
【0006】本発明は、従来技術の有する上記した問題
を解決した、道路ガードレールの所要の位置に極めて簡
単に取り付けられることのできる道路ガードレール用光
反射体の提供を目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めに、本発明の道路ガードレール用光反射体は、表面に
発光体を被覆した縦長板体の上下端部にそれぞれフック
体を連設して成り、前記フック体により前記縦長板体を
道路ガードレールのガード板に鉤止めするものである。
そして、前記発光体を夜光塗料または発光テープとする
ことがよい。そして、前記縦長板体を円柱型または蒲鉾
型としても良い。そして、前記縦長板体及び前記フック
体を、エラストマ系樹脂または塩化ビニール系樹脂で形
成することが経済的である。
【0008】
【発明の実施の形態】実施例の図面に従いその具体例を
説明する。図1は、光反射体を取り付けた道路ガードレ
ールの正面図、図2は、図1の側面図であり、(1)
は、縦長板体(2)の表面に被覆した発光体、(3)
は、縦長板体(2)の上下端部に連設されたフック体、
(4)は支柱、(5)は、支柱(4)〜(4)間に架装
されたガード板である。
【0009】光反射体(1)は、夜光塗料による塗装ま
たは発光テープの展着方法で形成される。縦長板体
(2)、フック体(3)は、エラストマ系樹脂または塩
化ビニール系樹脂で形成されたものである。そしてフッ
ク体(3)は縦長板体(2)と一体に形成されている。
そして光反射体(1)はその上下端部に一体に連設され
たフック体(3)、(3)がガード板(5)の上下端縁
を掛合して止着する。更に、運転者がどの方向からでも
認識できるように縦長板体(2)を、図3に示す円柱
型、図4に示す蒲鉾型とすることもできる。
【0010】
【発明の効果】本発明の道路ガードレール用光反射体
は、上記した構成であるので下記のような効果を奏す
る。 (1)道路の曲り角、カーブ地帯の道路ガードレールに
多数の光反射体を掛着できる。 (2)道路ガードレールへの着脱が極めて簡単で、移動
に便利である。また着脱については、従来にように取り
付け、取り外しの工事がない。 (3)合成樹脂による成型が容易で、廉価に提供するこ
とができる。 (4)合成樹脂製のため軽量で取扱いが容易であるばか
りでなく、衝撃に対しても容易に破断することがない。
【図面の簡単な説明】
【図1】光反射体を取り付けた道路ガードレールの正面
図である。
【図2】図1の側面図である。
【図3】円柱型光反射体の斜視図である。
【図4】蒲鉾型光反射体の斜視図である。
【図5】従来の反射鏡を取り付けた道路ガードレールの
正面図である。
【図6】図6の側面図である。
【符号の簡単な説明】
1 発光体 2 縦長板体 3 フック体 4 支柱 5 ガード板 6 道路ガードレール

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 表面に発光体(1)を被覆した縦長板体
    (2)の上下端部にそれぞれフック体(3)、(3)を
    連設して成り、前記フック(3)、(3)により前記縦
    長板体(2)を道路ガードレール(6)のガード板
    (5)に鉤止する道路ガードレール用光反射体。
  2. 【請求項2】 前記反射体(1)を夜光塗料とする請求
    項1記載の道路ガードレール用光反射体。
  3. 【請求項3】 前記反射体(1)を発光テープとする請
    求項1記載の道路ガードレール用光反射体。
  4. 【請求項4】 前記縦長板体(2)を円柱型とする請求
    項1記載の道路ガードレール用光反射体。
  5. 【請求項5】 前記縦長板体(2)を蒲鉾型とする請求
    項1記載の道路ガードレール用光反射体。
  6. 【請求項6】 前記縦長板体(2)及びフック体
    (3)、(3)をエラストマ系樹脂でなるものとする請
    求項1、4、5、記載の道路ガードレール用光反射体。
  7. 【請求項7】 前記縦長板体(2)及びフック体
    (3)、(3)を塩化ビニール系樹脂でなるものとする
    請求項1、4、5、記載の道路ガードレール用光反射
    体。
JP18392796A 1996-06-10 1996-06-10 道路ガードレール用光反射体 Pending JPH09328728A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18392796A JPH09328728A (ja) 1996-06-10 1996-06-10 道路ガードレール用光反射体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18392796A JPH09328728A (ja) 1996-06-10 1996-06-10 道路ガードレール用光反射体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09328728A true JPH09328728A (ja) 1997-12-22

Family

ID=16144253

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18392796A Pending JPH09328728A (ja) 1996-06-10 1996-06-10 道路ガードレール用光反射体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09328728A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100288656B1 (ko) * 1999-02-05 2001-04-16 이항복 가드레일 부착용 갈매기표지
CN102720152A (zh) * 2012-03-28 2012-10-10 李布尔 防撞栏及其塑料防撞板
JP2016223195A (ja) * 2015-06-01 2016-12-28 東洋ゴム工業株式会社 進入防止具

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100288656B1 (ko) * 1999-02-05 2001-04-16 이항복 가드레일 부착용 갈매기표지
CN102720152A (zh) * 2012-03-28 2012-10-10 李布尔 防撞栏及其塑料防撞板
JP2016223195A (ja) * 2015-06-01 2016-12-28 東洋ゴム工業株式会社 進入防止具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR200365454Y1 (ko) 가드레일용 지주대의 매설보강구조
JPH09328728A (ja) 道路ガードレール用光反射体
KR102071829B1 (ko) 가드레일 지주용 델리네이터
KR200391860Y1 (ko) 가드레일용 차광판 고정브래킷
JP4652209B2 (ja) 防護柵
KR200360002Y1 (ko) 라이트와 엘이디 전구가 장착된 횡단 보도용 교통 안전표지판
KR200197896Y1 (ko) 도로안전시선유도표지판
KR200268756Y1 (ko) 반사판이부착된도로난간지주
KR200287773Y1 (ko) 도로경계용 차량안내구
KR200373880Y1 (ko) 반사지가 부착된 밴드클램프
KR200324435Y1 (ko) 도로난간부착용 야광표지판
KR100910966B1 (ko) 교통안전표시판 부착구를 겸하는 교통안전표시용 반사체
JP2562379Y2 (ja) 衝突緩衝装置
KR20040069544A (ko) 곡선도로 표시기능이 부가된 델리네이터
KR102062009B1 (ko) 가드레일 부착형 알루미늄 델리네이터
KR200313334Y1 (ko) 가드레일용 데리네이트
JP5417125B2 (ja) 防護柵、防護柵用視線誘導標
JP2523834Y2 (ja) 交通安全反射器
KR102077973B1 (ko) 중앙분리대 방현망용 델리네이터
KR200234898Y1 (ko) 도로의 중앙분리대
KR200311383Y1 (ko) 곡선도로 표시기능이 부가된 델리네이터
KR200385854Y1 (ko) 도로 안전 시선 유도 표지판
KR200213387Y1 (ko) 식별을 용이하게 하는 반사표시물이 부착된 가드레일
KR200165499Y1 (ko) 도로의 안전사고 방지 식별구조가 장착된 콘크리트방호벽
KR950000598Y1 (ko) 도로 야광표지판