JPH09327849A - 射出圧縮成形のモニタ表示方法 - Google Patents

射出圧縮成形のモニタ表示方法

Info

Publication number
JPH09327849A
JPH09327849A JP14713096A JP14713096A JPH09327849A JP H09327849 A JPH09327849 A JP H09327849A JP 14713096 A JP14713096 A JP 14713096A JP 14713096 A JP14713096 A JP 14713096A JP H09327849 A JPH09327849 A JP H09327849A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold clamping
injection
monitor
clamping force
mold
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14713096A
Other languages
English (en)
Inventor
Akio Sukemune
昭夫 祐宗
Original Assignee
Japan Steel Works Ltd:The
株式会社日本製鋼所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Japan Steel Works Ltd:The, 株式会社日本製鋼所 filed Critical Japan Steel Works Ltd:The
Priority to JP14713096A priority Critical patent/JPH09327849A/ja
Publication of JPH09327849A publication Critical patent/JPH09327849A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2045/7606Controlling or regulating the display unit

Abstract

(57)【要約】 【課題】 トグル式射出圧縮成形機の射出圧縮工程の条
件出しを容易とする成形状態のモニタ表示方法を提供す
る。 【解決手段】 トグル式射出圧縮成形機のモニタで、射
出圧縮工程における射出圧力、型締力および可動盤位置
の波形を、同時に時間軸基準でグラフィック表示する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、トグル式射出圧縮
成形機における射出圧縮工程をモニタ表示する方法に関
するものである。
【0002】
【従来の技術】トグル式射出圧縮成形では、射出圧力に
よる金型の開き量が成形品の品質に大きな影響を及ぼ
す。そこで、従来、射出圧縮工程の成形の条件出しで
は、射出圧力による型開き量を数値として表示し、この
値をもとに射出圧力や初期型締力などを変更している。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の射出圧縮工程の
成形の条件出しでは、射出された樹脂が金型のキャビテ
イ内に充満し、金型が開き始める時の射出圧力や、型締
力と金型の開き量の関係などの時間的変化を把握するこ
とができないので、成形の条件出しを容易に行うことが
できないという問題点があった。上述した成形状態を把
握しようとすると、オシログラフのような波形記録装置
が必要となると共に、射出圧縮成形機と接続して成形状
態を表示するための準備作業に手間が掛かり、かつ、成
形の条件出しに必要な成形状態の関係も適切に表示でき
ないという問題点があった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明では、上述した課
題を、トグル式射出圧縮成形機のモニタで、射出圧縮工
程における射出圧力、型締力および可動盤位置の波形
を、時間軸基準で同時にグラフィック表示することによ
って解決した。
【0005】
【発明の実施の形態】本発明による射出圧縮成形のモニ
タ表示方法は、トグル式射出圧縮成形機のモニタで、射
出圧縮工程における射出圧力、型締力および可動盤位置
の波形を、時間軸基準で同時にグラフィック表示したこ
とを特徴とする。前記型締力は多段に傾斜制御され、型
締力は型締ピストン位置またはタイバーの伸びで検出さ
れることを特徴とする。
【0006】
【実施例】本発明の実施例を図面を参照して説明する。
【0007】図2は、本発明による射出圧縮成形のモニ
タ表示方法の実施に使用されるトグル式射出圧縮成形機
の型締調整装置を示す概略構成図である。同図に示すよ
うに型締調整装置1は、射出圧縮コントローラ2とそれ
に接続されているキーボード3とモニタ4とから構成さ
れている。前記射出圧縮コントローラ2には、キーボー
ド3から入力される各段の型締力および各段間の移動時
間などの信号並びに型締シリンダ5の型締ピストン6の
位置を検出する型締ピストン位置検出センサー7、可動
盤8の位置を検出する可動盤位置検出センサー9および
射出シリンダ10の先端の内圧を検出する射出圧力検出
センサー11などからの信号に基づき、型締シリンダ5
の油圧回路に設けられている流量調整弁12、圧力調整
弁13を操作して、トグル式射出圧縮成形機の型締調整
を行っている。
【0008】図1は、本発明による射出圧縮成形のモニ
タ表示方法を示すモニタ表示図である。
【0009】同図に示すように、トグル式射出圧縮成形
機のモニタには、射出圧縮工程における成形状態である
射出圧力、型締力および可動盤位置の波形が同時に時間
軸基準でグラフィック表示されている。なお、射出圧力
は射出圧力検出センサー11、型締力は型締ピストン位
置検出センサー7、可動盤位置は可動盤位置検出センサ
ー9からの信号によって表示される。
【0010】次に、上記型締力と型締ピストン位置の関
係を説明する。
【0011】トグル式射出圧縮成形機の場合、型締工程
中(金型タッチから型締完了まで)型締力が増加する
が、この増加傾向は型締ピストン位置と線形にならな
い。例えば、図3に示すように、ある150tonの成形機で
型締力を0から50tonに増加させる時の型締ピストンの移
動距離αは4.8mm、50tonから100tonに増加させる時の移
動距離βは6.9mmである。すなわち、同じ型締力の増加
に対する型締ピストンの移動距離は、型締力の設定値が
低い領域と高い領域とでは、高い領域程大きくなる。型
締ピストン6を移動させる型締シリンダ5に供給する油
量を一定にすると、多段に設定された型締力の各段間の
移動距離と最短移動時間が一義的に決まる。この移動時
間は、オペレータが成形品により変更するので、最短で
固定せずに、オペレータに設定を解放している。オペレ
ータが型締力の各段間の移動距離を変えることによっ
て、図1に示すような型締力の傾斜制御が可能となる。
【0012】次に、図1に表示されている射出圧縮成形
のモニタ表示について説明する。450tonのトグル式射出
圧縮成形機を使用し、型締力が初期型締力(80ton)にな
ると、射出を開始し、射出開始からの設定時間経過後、
最大5段の射出圧力制御を行う。射出圧力が57kg/cm2
なると型開きする。型開き量は射出圧力、型締力、樹脂
充填量とのバランスによって決定されるが、この時の型
開き量(可動盤の後退量)は0.48mmである。オペレータ
は、上述したモニタ表示に基づき、射出圧力に応じて、
適正な型締力の傾斜制御を行なうと共に、型開き量を決
定する。
【0013】上述した射出圧縮成形のモニタ表示例は、
射出圧力によって金型が開く射出圧縮成形について説明
したが、金型の最終閉じ位置手前で可動盤を停止し、射
出開始からの設定時間経過後、多段圧縮制御を行なう射
出圧縮成形についても同様である。
【0014】上述した実施例では、型締力は型締ピスト
ン位置から求めているが、より正確な値とするため、図
2に示すようにタイバーの後端部にタイバー伸び検出セ
ンサー14を設けて、モニタ上に型締力の実測値を表示
することもできる。また、このセンサー14を型締ピス
トン位置検出センサー7の代用とすることもできる。ま
た、上述した実施例では、1ショット毎の射出圧縮工程
における射出圧力、型締力および可動盤位置の波形を、
同時に時間軸基準でグラフィック表示しているが、上記
波形を数ショット重ねて表示して、成形状態の変化を容
易に把握することもできる。
【0015】
【発明の効果】本発明は、以上のように構成されている
ため、次のような効果を得ることができる。すなわち、
射出開始から金型が開き始めた時期、開いていく時間的
な推移、開いた大きさ、型締力の推移などをリアルタイ
ムで確認することができるので、成形の条件出しが容易
となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による射出圧縮成形のモニタ表示方法を
示すモニタ表示図である。
【図2】本発明による射出圧縮成形のモニタ表示方法の
実施に使用されるトグル式射出圧縮成形機の型締調整装
置を示す概略構成図である。
【図3】トグル式射出圧縮成形機の型締力と型締ピスト
ン位置との関係を示す図である。
【符号の説明】
1 型締調整装置 2 射出圧縮コントローラ 3 キーボード 4 モニタ 5 型締シリンダ 6 型締ピストン 7 型締ピストン位置検出センサー 8 可動盤 9 可動盤位置検出センサー 10 射出シリンダ 11 射出圧力検出センサー 12 流量調整弁 13 圧力調整弁 14 タイバー伸び検出センサー

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 トグル式射出圧縮成形機のモニタで、射
    出圧縮工程における射出圧力、型締力および可動盤位置
    の波形を、時間軸基準で同時にグラフィック表示したこ
    とを特徴とする射出圧縮成形のモニタ表示方法。
  2. 【請求項2】 前記型締力は多段に傾斜制御されること
    を特徴とする請求項1記載の射出圧縮成形のモニタ表示
    方法。
  3. 【請求項3】 前記型締力は型締ピストン位置で検出さ
    れることを特徴とする請求項1または2記載の射出圧縮
    成形のモニタ表示方法。
  4. 【請求項4】 前記型締力はタイバーの伸びで検出され
    ることを特徴とする請求項1または2記載の射出圧縮成
    形のモニタ表示方法。
JP14713096A 1996-06-10 1996-06-10 射出圧縮成形のモニタ表示方法 Pending JPH09327849A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14713096A JPH09327849A (ja) 1996-06-10 1996-06-10 射出圧縮成形のモニタ表示方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14713096A JPH09327849A (ja) 1996-06-10 1996-06-10 射出圧縮成形のモニタ表示方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09327849A true JPH09327849A (ja) 1997-12-22

Family

ID=15423245

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14713096A Pending JPH09327849A (ja) 1996-06-10 1996-06-10 射出圧縮成形のモニタ表示方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09327849A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11254542A (ja) * 1998-03-11 1999-09-21 Sanyo Electric Co Ltd 光造形装置のモニタリングシステム
EP1650004A3 (de) * 2004-10-20 2007-04-04 Karl Hehl Verfahren zum Spritzgiessen mit einem Prägeablauf
JP2008126557A (ja) * 2006-11-22 2008-06-05 Japan Steel Works Ltd:The 射出成形機の操作画面
CN102886879A (zh) * 2011-07-21 2013-01-23 日精树脂工业株式会社 注射成型机的波形监视装置

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11254542A (ja) * 1998-03-11 1999-09-21 Sanyo Electric Co Ltd 光造形装置のモニタリングシステム
EP1650004A3 (de) * 2004-10-20 2007-04-04 Karl Hehl Verfahren zum Spritzgiessen mit einem Prägeablauf
JP2008126557A (ja) * 2006-11-22 2008-06-05 Japan Steel Works Ltd:The 射出成形機の操作画面
CN102886879A (zh) * 2011-07-21 2013-01-23 日精树脂工业株式会社 注射成型机的波形监视装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3423219B2 (ja) ディスク基板の射出成形機におけるモニタ方法及び成形作動制御装置
US4917840A (en) Mold compression control process for an injection molding machine and apparatus thereof
US5161598A (en) Method of controlling mold pressure pin for press casting machine
US6042760A (en) Injection molding method for an injection molding machine
JP4107780B2 (ja) 射出成形方法
JPH0911288A (ja) 射出成形機の射出成形速度条件自動設定方法
JPH09327849A (ja) 射出圧縮成形のモニタ表示方法
US4844847A (en) Method and apparatus for controlling injection molding machines
JP2917089B2 (ja) 射出成形機の制御方式
JP2936379B2 (ja) 射出圧縮成形機の型締方法
JP3128048B2 (ja) 射出圧縮成形方法および装置
JP3128049B2 (ja) 射出圧縮成形方法および装置
JP3154385B2 (ja) 射出圧縮成形方法
JPH11129297A (ja) 射出成形機の射出工程の制御方法および制御装置
JP3154386B2 (ja) 射出圧縮成形方法
JP2976366B2 (ja) 射出成形機の制御方式
JP2976365B2 (ja) 射出成形機の制御方式
JP3128051B2 (ja) 射出プレス成形方法および装置
JP2789295B2 (ja) 射出成形機
JP4592868B2 (ja) ダイカストマシンの射出制御装置および射出制御方法
JP2920733B2 (ja) 射出成形機の制御方式
JPH0622845B2 (ja) 射出成形機の制御方法
JP3099220B2 (ja) 射出成形機の制御方式
JP2587575B2 (ja) 射出成形方法および射出成形機
JP2000211001A (ja) 射出プレス成形方法および射出プレス成形機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Effective date: 20040225

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040303

A02 Decision of refusal

Effective date: 20040818

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02