JPH0932539A - Exhaust emission control device of diesel engine - Google Patents

Exhaust emission control device of diesel engine

Info

Publication number
JPH0932539A
JPH0932539A JP17643995A JP17643995A JPH0932539A JP H0932539 A JPH0932539 A JP H0932539A JP 17643995 A JP17643995 A JP 17643995A JP 17643995 A JP17643995 A JP 17643995A JP H0932539 A JPH0932539 A JP H0932539A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
diesel engine
sulfate
sof
particulates
oxidation catalyst
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP17643995A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Norihiko Aono
Tetsuo Nagami
哲夫 永見
紀彦 青野
Original Assignee
Cataler Kogyo Kk
Toyota Motor Corp
キャタラー工業株式会社
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To maintain its reducing effect over a long period of time by reliably reducing particulates. SOLUTION: An oxidizing catalyst 3 to mainly oxidize and decompose a soluble organic component (SOF) in exhaust gas is arranged in the middle of an intake air system 2 in the vicinity of a diesel engine 1. Activated carbon 4 is arranged in an exhaust system 2 in the downstream of the oxidizing catalyst 3. Particulates are contained in the exhaust gas discharged from a combustion chamber of the diesel engine 1. Soot, SOF, a sulfate or the like are contained in the particulates. Among these particulates, first of all, the SOF is purified by the oxidizing catalyst 3. That is, the SOF is oxidized and decomposed by the oxidizing catalyst, and is changed to a carbon dioxide and water. When the oxidizing catalyst 3 is exposed to a high temperature, though there is a case of generating a sulfate since a sulfur dioxide is oxidized, its sulfate is reduced by the activated carbon 4.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ディーゼルエンジンの排気ガス中に含まれる微粒子(パーティキュレート)の排出量を低減するための排気浄化装置に関するものである。 The present invention relates to relates to an exhaust purification device for reducing the emissions of particulates (particulate) contained in exhaust gas from diesel engines.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、排気ガス中に含まれる微粒子(パーティキュレート)は、煤(約57%)、可溶有機成分(以下、単に「SOF」という)(約40%)及び硫酸化合物(=サルフェート)(約3%)等からなっている。 Conventionally, fine particles contained in exhaust gas (particulate) is soot (about 57%), soluble organic component (hereinafter, simply referred to as "SOF") (about 40%) and sulfuric acid compounds ( = sulfate) (which is from about 3%), and the like. これらパーティキュレートのうち、SOFは、炭素数10〜30の炭化水素成分を主体としており、酸化触媒によって浄化されうる。 Of these particulates, SOF is mainly a hydrocarbon component of 10 to 30 carbon atoms, it may be purified by the oxidation catalyst. すなわち、SOFは、酸化触媒により酸化、分解されて二酸化炭素と水に変化する。 That, SOF is oxidized by the oxidation catalyst, is decomposed changes into carbon dioxide and water. この酸化は、図6に示すように、排気ガスの酸化触媒を通過する温度(反応温度)が、所定値以上になると急激に起こりやすいものとなる。 The oxidation is, as shown in FIG. 6, the temperature which passes through the oxidation catalyst of the exhaust gas (reaction temperature), becomes prone to sudden it becomes more than a predetermined value.

【0003】しかし、一方で、排気温度が高くなりすぎた場合には、同図に示すように、サルフェートの量が飛躍的に増大してしまうという問題がある。 However, on the other hand, when the exhaust temperature is too high, as shown in the figure, the amount of sulfate is a problem that dramatically increased. すなわち、ディーゼルエンジンの排気ガス中には、硫黄分が燃焼したことにより二酸化硫黄(SO That is, the exhaust gas from diesel engines, sulfur dioxide by sulfur is burned (SO 2 )が含まれている。 2) are included. このSO 2が高温域では前記酸化触媒により容易に酸化されてしまい、SO 3を生成する。 This SO 2 is at high temperatures it will be easily oxidized by the oxidation catalyst to produce a SO 3. そして、そのSO 3は粒子として存在し、さらに水分と結合して硫酸ミスト等のサルフェート粒子を生じてしまうのである。 Then, the SO 3 is present as particles, than occurs sulfates particles such as sulfuric acid mist further combined with moisture. 従って、従来では前記酸化触媒で排気ガスを処理すると却って、サルフェートの増大により、パーティキュレートが増加してしまうという問題があった。 Therefore, rather when the conventional treating exhaust gas by the oxidation catalyst, the increased sulfate, particulates is disadvantageously increased.

【0004】かかる問題を解消するための技術として、 [0004] As a technique for solving such a problem,
例えば特開平4−171215号公報に開示されたものを挙げることができる。 For example, those disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 4-171215. この技術では、ディーゼルエンジンの排気系に酸化触媒が設けられるとともに、その上流側にSO 2トラップが設けられる。 In this technique, together with an oxidizing catalyst is provided in an exhaust system of a diesel engine, SO 2 trap is provided upstream thereof. このSO 2トラップは、活性アルミナと卑金属系金属とを担持したものである。 The SO 2 trap is obtained by carrying the active alumina and base metal-based metal. この技術によれば、SO 2トラップの存在により、排気ガス中のSO 2成分がトラップされ、酸化触媒にはSO 2成分の除去されたガスが供給されることとなる。 According to this technique, the presence of SO 2 trap, is SO 2 component trapped in the exhaust gas, the oxidation catalyst so that the gas which is removed of SO 2 component is supplied. 従って、サルフェートの発生防止が図られうる。 Therefore, prevention of sulphate can be achieved.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来技術では、酸化触媒の上流側にSO 2トラップが設けられる構成となっていた。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the conventional art, has been a structure in which SO 2 trap is provided upstream of the oxidation catalyst. 換言すれば、SO 2トラップの下流側に酸化触媒を設ける必要があった。 In other words, it is necessary to provide an oxidation catalyst on the downstream side of the SO 2 trap. このため、酸化触媒がディーゼルエンジン本体から比較的離れた位置に設けられることとなり、ひいては酸化触媒の暖機性の確保が不十分となってしまうおそれがあった。 Therefore, the oxidation catalyst becomes be provided in a position relatively distant from the diesel engine body, there is a risk that eventually ensure the warming up of the oxidation catalyst becomes insufficient. その結果、 as a result,
酸化触媒でのSOFの浄化が不十分となってしまい、パーティキュレートの総合的な低減が困難となる場合があった。 SOF purification of the oxidation catalyst becomes insufficient, there is a case where the overall reduction of the particulates becomes difficult.

【0006】また、上記技術におけるSO 2トラップは、活性アルミナと卑金属系金属とを担持したものであるため、担持量に限界があった。 Further, SO 2 trap in the art, since activated alumina and is obtained by carrying the base metal-based metal, there is a limit to the amount of supported. しかも、担持体として採用される金属の原子量は、比較的大きいものである。 Moreover, the atomic weight of the metal to be employed as a support is relatively large.
このため、トラップ可能なSO For this reason, the trap can be SO 2の量にも限界があった。 On the amount of 2 it was limited. その結果、SO 2をトラップするための手段としての寿命が比較的短いものとなっていた。 As a result, the life as a means to trap SO 2 has been a relatively short.

【0007】本発明は前述した事情に鑑みてなされたものであって、その目的は、ディーゼルエンジンの排気ガス中に含まれる微粒子(パーティキュレート)の排出量を低減するための排気浄化装置において、パーティキュレートの確実な低減を図ることができ、長期にわたって、その低減効果を持続することの可能なディーゼルエンジンの排気浄化装置を提供することにある。 [0007] The present invention was made in view of the above, and its object is in the exhaust purification apparatus for reducing the emissions of particulates (particulate) contained in exhaust gas from diesel engines, it is possible to ensure reduction of particulate, long period, is to provide an exhaust purification device possible diesel engine to sustain the reduction.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、請求項1に記載の発明においては、ディーゼルエンジンの排気系であって、少なくとも可溶有機成分を酸化するための酸化触媒が配置されてなるディーゼルエンジンの排気浄化装置において、前記酸化触媒の下流側に、 To achieve the above object, according to the solution to ## in the invention of claim 1, comprising an exhaust system of a diesel engine, an oxidation catalyst for oxidizing at least a soluble organic component is arranged in the exhaust purification device for a diesel engine formed by, on the downstream side of the oxidation catalyst,
前記排気系からのサルフェートの排出を抑制するためのサルフェート排出抑制手段を設けたことをその要旨としている。 In that a sulphate emission suppressing means for suppressing the discharge of sulphate from the exhaust system has as its gist.

【0009】また、請求項2に記載の発明では、請求項1に記載のディーゼルエンジンの排気浄化装置において、前記サルフェート排出抑制手段は、少なくとも煤をトラップするためのフィルタにより構成されていることをその要旨としている。 [0009] In the invention described in claim 2, in the exhaust purification device for a diesel engine according to claim 1, wherein the sulfate emissions means that it is constituted by a filter for trapping at least soot It has as its gist.

【0010】(作用)上記請求項1に記載の発明によれば、ディーゼルエンジンの排気系において配置された酸化触媒により、少なくとも可溶有機成分が酸化される。 [0010] (Operation) According to the invention described in claim 1, by the oxidation catalyst arranged in an exhaust system of a diesel engine, at least soluble organic components are oxidized.
また、本発明では、酸化触媒の下流側に、サルフェート排出抑制手段が設けられる。 In the present invention, on the downstream side of the oxidation catalyst, sulfate emissions means are provided. このため、排気系からのサルフェートの排出が確実に抑制される。 Therefore, it is reliably prevented discharge of sulphate from the exhaust system. さらに、この構成では、酸化触媒が比較的上流側に設けられうることから、酸化触媒の暖機性の確保が図られ、当該酸化触媒での可溶有機成分の確実な浄化が図られる。 Furthermore, in this configuration, since the oxidation catalyst can relatively disposed upstream and the warm-up of the oxidation catalyst is attained, reliable purification of soluble organic components in the oxidation catalyst can be achieved.

【0011】また、請求項2に記載の発明では、請求項1に記載の発明の作用に加えて、サルフェート排出抑制手段は、少なくとも煤をトラップするためのフィルタにより構成される。 Further, in the invention according to claim 2, in addition to the functions of the invention as set forth in claim 1, sulfate emissions means is configured by a filter for trapping at least soot. このため、フィルタの上流側でサルフェートが生成されたとしても、当該フィルタによりトラップされた煤により、サルフェートが還元されうる(例えばH 2 SO 4 + 1/2C→SO 2 + 1/2CO 2 +H 2 Therefore, even if the sulfate on the upstream side of the filter is generated by the trapped soot by the filter, sulfate can be reduced (e.g., H 2 SO 4 + 1 / 2C → SO 2 + 1 / 2CO 2 + H 2 O
或いは、H 2 SO 4 +C→SO 2 +CO+H 2 O)。 Alternatively, H 2 SO 4 + C → SO 2 + CO + H 2 O).
従って、サルフェートのみならず、煤の排出についても抑制が図られうる。 Therefore, not sulfates but also suppress the emission of soot can be reduced.

【0012】 [0012]

【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

(第1の実施の形態)以下、本発明におけるディーゼルエンジンの排気浄化装置を具体化した第1の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。 (First Embodiment) will be described in detail with reference to the first embodiment embodying the exhaust purifying device for a diesel engine according to the present invention with reference to the drawings.

【0013】図1は本実施の形態において、車両に搭載されたディーゼルエンジンの排気浄化装置を模式的に示す概略構成図である。 [0013] Figure 1 is in this embodiment, is a schematic configuration diagram schematically showing an exhaust gas purification device for a diesel engine mounted on a vehicle. ディーゼルエンジン1は、燃料と外気との混合気を燃焼室内へ導入し、同燃焼室内にて爆発・燃焼させて駆動力を得る。 Diesel engine 1, a mixture of fuel and outside air is introduced into the combustion chamber, to obtain a driving force detonated and burned at the same combustion chamber. このディーゼルエンジン1には、排気系2が接続されている。 The diesel engine 1, the exhaust system 2 is connected. そして、爆発、燃焼後の排気ガスは、燃焼室から排気バルブを介して各気筒毎の排気マニホールドが集合する排気系2へ導出され、外部へ排出されるようになっている。 The explosion, exhaust gas after combustion, an exhaust manifold of each cylinder via an exhaust valve from the combustion chamber is derived to the exhaust system 2 to set, and is discharged to the outside.

【0014】排気系2の途中には、酸化触媒3が配置されている。 [0014] in the middle of an exhaust system 2, the oxidation catalyst 3 is arranged. この酸化触媒3は、例えば図2に示すように、セラミック又は金属製のモノリス担体や、フォームフィルタ、ハニカムフィルタ等の担体に触媒(例えばP The oxidation catalyst 3, for example, as shown in FIG. 2, or a ceramic or metallic monolithic support, foam filter, catalyst carrier such as a honeycomb filter (e.g., P
t/Al 23系)を担持させた構造を有している。 and a t / Al 2 O 3 system) was carried structure. この酸化触媒3により、主として排気ガス中の可溶有機成分(SOF)が酸化され、分解されるようになっている。 The oxidation catalyst 3, so that the primarily soluble organic components in the exhaust gas (SOF) is oxidized and decomposed. 本実施の形態における酸化触媒3は、ディーゼルエンジン1のなるべく近い位置に配置されており、担持された触媒の暖機性が確保されている。 The oxidation catalyst 3 in the present embodiment is disposed at a position as near as possible to the diesel engine 1, the warm-up of the supported catalyst is ensured. このような配置により、ディーゼルエンジン1から排出されるガスの温度が低い場合でも、触媒がSOFの活性化温度に達しやすく、分解反応が起こりやすくなっている。 Such an arrangement, even if the temperature of the gas discharged from the diesel engine 1 is low, the catalyst tends reaches the activation temperature of the SOF, the decomposition reaction becomes likely to occur.

【0015】さて、本実施の形態において、酸化触媒3 [0015] Now, in this embodiment, the oxidation catalyst 3
の下流側における排気系2には、サルフェート排出抑制手段を構成する活性炭4が配設されている。 The exhaust system 2 downstream of the activated carbon 4 constituting the sulfate emissions means is disposed. この活性炭4は、上記酸化触媒3と同様、モノリス担体等にコーティングされたものであってもよいし、あるいは多数のペレット状に成形されたものであってもよい。 The activated carbon 4 is similar to the oxidation catalyst 3, it may be one which is coated on a monolithic carrier and the like, or may be one molded into a number of pellets. つまり、活性炭4は所定位置に固定され、排気ガスが接触可能であれば、その形態等は何ら限定されるものではない。 That is, the activated carbon 4 is fixed in position, the exhaust gas is contacted if, its form and the like are not intended to be limited.

【0016】但し、活性炭4の位置としては、前記酸化触媒3が400℃以上になるときは、少なくとも活性炭4近傍の排気ガス温度が300℃以上となり、かつ、ディーゼルエンジン1のフル出力のときでも600℃を超えない位置とするのが望ましい。 [0016] However, as the position of the activated carbon 4, wherein when the oxidation catalyst 3 becomes equal to or higher than 400 ° C., at least an exhaust gas temperature of the activated carbon 4 near becomes 300 ° C. or higher, and, even when the full output of the diesel engine 1 it is desirable to position not exceeding 600 ° C.. 前者の条件が満たされたい場合には、サルフェートが活性炭4(C)と反応しにくくなってしまう。 If you want the former condition is satisfied, sulfates becomes difficult to react the activated carbon 4 and (C). また、後者の条件が満たされない場合には、活性炭4自身が着火してしまうおそれがある。 Further, when the latter condition is not met, there is a possibility that activated carbon 4 itself will be ignited.

【0017】次に、上記のように構成されてなるディーゼルエンジン1の排気浄化装置の作用効果について説明する。 Next, the function and effect will be described an exhaust gas purifying device for a diesel engine 1 configured as described above. ディーゼルエンジン1の燃焼室から排出される排気ガスは中には、微粒子(パーティキュレート)が含まれる。 Exhaust gas discharged from the combustion chamber of the diesel engine 1 Some include fine particles (particulates) is. パーティキュレートには、煤、SOF、サルフェート等が含まれる。 The particulate, include soot, SOF, the sulfates and the like. これらパーティキュレートのうち、 Of these particulate,
まず、SOFが酸化触媒3によって浄化されうる。 First, SOF can be purified by the oxidation catalyst 3. すなわち、SOFは、酸化触媒3により酸化、分解されて二酸化炭素と水に変化する。 That, SOF changes oxidized by the oxidation catalyst 3, is decomposed into carbon dioxide and water. ここで、本実施の形態によれば、酸化触媒3はディーゼルエンジン1のなるべく近い位置に配置されているため、担持された触媒の暖機性が確保される。 Here, according to this embodiment, the oxidation catalyst 3 because it is located at a position as near as possible to the diesel engine 1, the warm-up of the supported catalyst is ensured. 従って、ディーゼルエンジン1から排出されるガスの温度が比較的低い場合であっても、酸化触媒3によるSOFの浄化を確実ならしめることができる。 Therefore, the temperature of the gas discharged from the diesel engine 1 even when relatively low, it is possible to makes it reliably purifying SOF by the oxidation catalyst 3.

【0018】また、排気ガス中には、硫黄分が燃焼したことにより二酸化硫黄(SO 2 )が含まれている。 Further, the exhaust gas contains sulfur dioxide (SO 2) is by sulfur is burned. このSO 2は、前記酸化触媒3が高温にさらされた場合には容易に酸化され、SO 3を生成し、ひいては硫酸ミスト等のサルフェート粒子を生じる場合がある。 The SO 2, the oxidation catalyst 3 is easily oxidized when exposed to high temperatures, to generate SO 3, thus there may occur a sulfate particles such as sulfuric acid mist. この場合、 in this case,
酸化触媒3の下流側に設けられた活性炭4により、サルフェートが還元される(例えばH 2 SO 4 + 1/2C→S Activated carbon 4 provided downstream of the oxidation catalyst 3, sulphate is reduced (e.g., H 2 SO 4 + 1 / 2C → S
2 + 1/2CO 2 +H O 2 + 1 / 2CO 2 + H 2 O 或いは、H 2 SO 4 +C→ 2 O or, H 2 SO 4 + C →
SO 2 +CO+H 2 O)。 SO 2 + CO + H 2 O ). このため、排気系2からのサルフェートの排出が抑制される。 Therefore, discharge of the sulfate from the exhaust system 2 is suppressed. 従って、サルフェートの生成によるパーティキュレートの増加を確実に回避することができ、もって総合的なパーティキュレート量の著しい低減を図ることができる。 Therefore, it is possible to reliably avoid an increase of the particulate due to the generation of sulfates, it is possible to significantly reduce the overall particulate quantity with.

【0019】上記の効果を確認するために、パーティキュレート量の測定を行った。 [0019] In order to confirm the effect of the above, measurements were made of the particulate amount. 図3は各温度(200℃〜 Figure 3 is the temperature (200 ° C. ~
500℃)におけるパーティキュレート量を示すグラフである。 Is a graph showing the particulate amount at 500 ° C.). なお、図中、本件とあるのは、この実施の形態に即して行うべく排気マニホールド直下にPt/Al 2 In the drawing, there herewith is, Pt / Al 2 directly below the exhaust manifold in order to perform in line with this embodiment
3系ディーゼル酸化触媒を配置し、その酸化触媒の温度が400℃となるとき、入りガス温度が300℃となる位置に、コージェライドモノリスに活性炭を200g The O 3 based diesel oxidation catalyst arranged, when the temperature of the oxidation catalyst becomes 400 ° C., at a position entering gas temperature is 300 ° C., the activated carbon cordierite ride monolith 200g
/Lコートしたものを配置した場合のパーティキュレート量を示すものである。 / Shows the particulate amount when L is arranged a material obtained by coating. また、比較例1は、ディーゼルエンジン1から排出された直後の排気ガス中のパーティキュレート量を示すものであり、比較例2は従来技術で当初説明した技術(Pt/Al 23系酸化触媒のみ) Further, Comparative Example 1 shows the particulate amount in the exhaust gas immediately after being discharged from a diesel engine 1, Technical Comparative Example 2 was originally described in the prior art (Pt / Al 2 O 3 based oxide catalyst only)
を採用した場合のパーティキュレート量を示すものである。 It shows the particulate amount in the case of adopting the. 同図に示すように、本件によれば、比較例1及び比較例2に比べて、少なくとも200℃〜400℃の温度領域において、パーティキュレート量の低減を図ることができる。 As shown in the figure, according to the present, as compared with Comparative Example 1 and Comparative Example 2, in a temperature range of at least 200 ° C. to 400 ° C., it is possible to reduce the particulate amount.

【0020】また、400℃以上の場合には、比較例2 [0020] In the case of more than 400 ° C. is Comparative Example 2
においてはサルフェートの生成により、パーティキュレート量が増大していることがわかる。 The generation of sulfates in, it can be seen that particulate amount is increased. これに対し、本実施の形態では、上記活性炭4の作用により、生成したサルフェートの還元を図ることができ、これによってパーティキュレート量の増大を抑制することができることがわかる。 In contrast, in the present embodiment, by the action of the active carbon 4, it is possible to achieve reduction of the resulting sulfates, whereby it is understood that it is possible to suppress an increase in particulate amount. 特に、図4に示すように、300℃よりも高温の領域においては、非常に多くのサルフェート(硫酸成分)が還元されることがわかる。 In particular, as shown in FIG. 4, in the high-temperature region than 300 ° C., it can be seen that numerous sulfate (sulfate component) is reduced.

【0021】また、本実施の形態では、サルフェート排出抑制手段として活性炭4を採用することとした。 Further, in this embodiment, it was decided to employ activated carbon 4 as sulfate emissions means. このため、活性炭4を比較的多量に配置することが可能となるとともに、金属に比べて原子量が比較的小さく、少ない設置量でもって多くのサルフェートを還元することができる。 Therefore, it becomes possible to relatively large amounts arranged activated carbon 4, atomic weight than metal is relatively small, it is possible to reduce the number of sulfate with a small installation volume. 従って、サルフェート排出抑制手段としての寿命を長いものとすることができる(試算上は、従来技術に比べて400倍以上)。 Therefore, it can be assumed longer the life of the sulfate emissions means (the estimate is 400 times or more compared to the prior art). つまり、本実施の形態によれば、長期にわたって、パーティキュレートの低減効果を持続することができる。 In other words, according to the present embodiment, over time, it is possible to maintain the effect of reducing particulates.

【0022】(第2の実施の形態)次に、本発明を具体化した第2の実施の形態について説明する。 [0022] (Second Embodiment) Next, a description will be given of a second embodiment embodying the present invention. 但し、本実施の形態の構成等においては上述した第1の実施の形態と同等の部分がほとんどであるため、同一の部材等については同一の符号を付してその説明を省略する。 However, in the structure like the present embodiment is almost the first embodiment and equivalent parts of the embodiments of the above, members identical and their description is omitted with the same reference numerals. そして、以下には、第1の実施の形態との相違点を中心として説明することとする。 Then, in the following there will be described the difference from the first embodiment mainly.

【0023】図5に示すように、本実施の形態では、第1の実施の形態で設けられていた活性炭4の代わりに、 As shown in FIG. 5, in this embodiment, instead of the first activated carbon 4 which has been provided in the embodiment of,
サルフェート排出抑制手段としてのディーゼル・パーティキュレート・フィルタ(以下、単に「DPF」という)11が設けられている。 Diesel particulate filters as sulfate emissions unit (hereinafter, simply "DPF" hereinafter) 11 is provided. このDPF11は、セラミック系のものであってもよいし、金属系のものであってもよい。 The DPF11 is may be of a ceramic-based, may be of metallic. ただし、少なくともパーティキュレート中の煤をトラップしうるものである必要がある。 However, it is necessary that as it can trap soot in at least particulates.

【0024】本実施の形態においても、上述した第1の実施の形態と同様の作用効果を奏する。 [0024] Also in this embodiment, the same effects as the first embodiment described above. また、本実施の形態特有の作用効果として、DPF11により煤がトラップされる。 Moreover, the form of characteristic operation and effect of the present embodiment, the soot is trapped by the DPF 11. そして、酸化触媒3等でサルフェートが生成された場合、そのサルフェートは、前記DPF11によりトラップされた煤(C)の存在によって還元されうる(例えばH 2 SO 4 + 1/2C→SO 2 + 1/2CO 2 When the sulfate is generated by the oxidation catalyst 3 and the like, the sulfates, the it may be reduced by the presence of trapped soot (C) by DPF 11 (e.g. H 2 SO 4 + 1 / 2C → SO 2 + 1 / 2CO 2 +
2 O 或いは、H 2 SO 4 +C→SO 2 +CO+H 2 H 2 O or, H 2 SO 4 + C → SO 2 + CO + H 2
O)。 O). 従って、サルフェートの排出を抑制することができるのはもちろんのこと、煤の排出についても抑制を図ることができる。 Therefore, the course can be suppressed emission of sulfates, can be suppressed also the discharge of the soot. その結果、SOF、サルフェート及び煤といったパーティキュレートの主要構成成分の全てにおいて浄化を図ることができ、もって、総合的なパーティキュレートの低減を図ることができる。 As a result, SOF, it is possible to clean in all major components of the particulate, such as sulfates and soot, has, it is possible to reduce the overall particulate.

【0025】尚、本発明は上記各実施の形態に限定されず、例えば次の如く構成してもよい。 [0025] The present invention is not limited to the foregoing embodiments, for example, may be constructed as follows. (1)前記実施の形態では、酸化触媒3として、例えば、Pt/Al 23系の触媒を担持させたものを採用したが、白金系、卑金属系、複合酸化物系等のいずれの触媒を用いてもよい。 (1) In the above embodiments, the oxidation catalyst 3, for example, is adopted which was supported Pt / Al 2 O 3 based catalyst, platinum-based, base metals, any catalyst such as composite oxide it may be used. すなわち、例えばPd−Rh/S Thus, for example Pd-Rh / S
iO 2・Al 2 iO 2 · Al 2 O 3系、Pt/Fe/ASP(アモルファスセピオライト)系、Pt/K/SiO 3 system, Pt / Fe / ASP (amorphous sepiolite) system, Pt / K / SiO 2・Al 2 2 · Al 2 O
3系等、主としてSOFを浄化しうるものであればいかなる触媒を採用してもよい。 3 system or the like, may be employed any catalyst as long as it can mainly purify SOF.

【0026】(2)前記第1及び第2の実施の形態の構成を組み合わせるようにしてもよい。 [0026] (2) may be combined configuration of the first and second embodiments. 特許請求の範囲の各請求項に記載されないものであって、上記実施の形態から把握できる技術的思想について以下にその効果とともに記載する。 Be those not listed in the following claims, is described with its effect on the following technical idea understood from the embodiment described above.

【0027】(a)請求項1に記載のディーゼルエンジンの排気浄化装置において、前記サルフェート排出抑制手段は、活性炭により構成されていることを特徴とする。 [0027] (a) in the exhaust purification device for a diesel engine according to claim 1, wherein the sulfate emissions means is characterized by being composed by activated carbon. このような構成とすることにより、パーティキュレートのより一層確実な低減を図ることができる。 With such a configuration, it is possible to further reliably reduce particulates.

【0028】(b)請求項1、2又は上記付記(a)に記載のディーゼルエンジンの排気浄化装置において、前記サルフェート排出抑制手段は炭素を主体として構成されるとともに、当該サルフェート排出抑制手段は、酸化触媒が400℃以上になるときは、少なくとも当該サルフェート排出抑制手段近傍の排気ガス温度が300℃以上となり、かつ、600℃を超えない位置に設けられていることを特徴とする。 [0028] In the exhaust gas purification device for a diesel engine according to (b) claim 1, said appendix (a), together with the sulphate emissions means is constituted mainly of carbon, the said sulphate emissions means, when the oxidation catalyst becomes equal to or higher than 400 ° C. is at least an exhaust gas temperature of the sulfate emissions means vicinity becomes 300 ° C. or higher, and characterized in that it is provided in a position that does not exceed 600 ° C..

【0029】このような構成とすることにより、パーティキュレートのより一層確実な低減を図ることができ、 [0029] With such a configuration, it is possible to more reliably reduce the particulate,
しかも炭素の着火を抑制することができる。 Moreover it is possible to suppress the ignition of carbon.

【0030】 [0030]

【発明の効果】以上詳述したように、本発明によれば、 As described above in detail, according to the present invention,
ディーゼルエンジンの排気ガス中に含まれる微粒子(パーティキュレート)の排出量を低減するための排気浄化装置において、パーティキュレートの確実な低減を図ることができ、長期にわたって、その低減効果を持続することができるという優れた効果を奏する。 In the exhaust purification apparatus for reducing the emissions of particulates (particulate) contained in the exhaust gas of a diesel engine, it is possible to ensure reduction of particulate, over time, it may persist their reducing effect an excellent effect that it can be.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】第1の実施の形態のディーゼルエンジンの排気浄化装置を模式的に示す概略構成図である。 1 is a schematic configuration diagram schematically showing an exhaust gas purification device for a diesel engine of the first embodiment.

【図2】第1の実施の形態における酸化触媒の一例を示す斜視図である。 2 is a perspective view showing an example of the oxidation catalyst in the first embodiment.

【図3】各温度におけるパーティキュレート量を示すグラフである。 3 is a graph showing the particulate amount at each temperature.

【図4】各温度における活性炭による硫酸分解特性を示すグラフである。 4 is a graph showing the sulfuric acid decomposition characteristics with activated carbon at various temperatures.

【図5】第2の実施の形態のディーゼルエンジンの排気浄化装置を模式的に示す概略構成図である。 5 is a schematic configuration diagram schematically showing an exhaust gas purification device for a diesel engine of the second embodiment.

【図6】温度に対するSOF浄化率及びサルフェート生成量の関係を示すグラフである。 6 is a graph showing the relationship between the SOF purifying rate and sulfates formation versus temperature.

【符号の説明】 1…ディーゼルエンジン、2…排気系、3…酸化触媒、 [Description of Reference Numerals] 1 ... diesel engine, 2 ... exhaust system, 3 ... oxidizing catalyst,
4…サルフェート排出抑制手段としての活性炭、11… 4 ... activated carbon as sulfate emissions unit, 11 ...
サルフェート排出抑制手段としてのディーゼル・パーティキュレート・フィルタ(DPF)。 Diesel particulate filters as sulfate emissions means (DPF).

Claims (2)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 ディーゼルエンジンの排気系であって、 What is claimed is: 1. An exhaust system of a diesel engine,
    少なくとも可溶有機成分を酸化するための酸化触媒が配置されてなるディーゼルエンジンの排気浄化装置において、 前記酸化触媒の下流側に、前記排気系からのサルフェートの排出を抑制するためのサルフェート排出抑制手段を設けたことを特徴とするディーゼルエンジンの排気浄化装置。 In the exhaust purification device for a diesel engine oxidation catalyst is disposed for oxidizing at least a soluble organic components, on the downstream side of the oxidation catalyst, sulfate emissions means for suppressing the discharge of sulphate from the exhaust system exhaust gas purification apparatus for a diesel engine, wherein a provided.
  2. 【請求項2】 前記サルフェート排出抑制手段は、少なくとも煤をトラップするためのフィルタにより構成されていることを特徴とする請求項1に記載のディーゼルエンジンの排気浄化装置。 Wherein said sulfate emissions means, the exhaust gas purification device for a diesel engine according to claim 1, characterized in that it is constituted by a filter for trapping at least soot.
JP17643995A 1995-07-12 1995-07-12 Exhaust emission control device of diesel engine Pending JPH0932539A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17643995A JPH0932539A (en) 1995-07-12 1995-07-12 Exhaust emission control device of diesel engine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17643995A JPH0932539A (en) 1995-07-12 1995-07-12 Exhaust emission control device of diesel engine

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0932539A true true JPH0932539A (en) 1997-02-04

Family

ID=16013731

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17643995A Pending JPH0932539A (en) 1995-07-12 1995-07-12 Exhaust emission control device of diesel engine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0932539A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0815925A1 (en) * 1996-07-04 1998-01-07 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Apparatus for purifying exhaust gas emitted from diesel engine
EP1371826A2 (en) 2002-06-13 2003-12-17 Denso Corporation Filter catalyst for purifying exhaust gases

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0815925A1 (en) * 1996-07-04 1998-01-07 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Apparatus for purifying exhaust gas emitted from diesel engine
EP1371826A2 (en) 2002-06-13 2003-12-17 Denso Corporation Filter catalyst for purifying exhaust gases
US7204965B2 (en) 2002-06-13 2007-04-17 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Filter catalyst for purifying exhaust gases

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4934142A (en) Exhaust emission control device for a diesel engine
US6293096B1 (en) Multiple stage aftertreatment system
US20020053202A1 (en) Exhaust gas purifying system and method
US20070089403A1 (en) Exhaust-gas purification system for the selective catalytic reduction of nitrogen oxides in the lean exhaust gas of internal combustion engines and method of exhaust-gas purification
US20040258594A1 (en) Catalytic reduction of NOx
US5089236A (en) Variable geometry catalytic converter
US20070028601A1 (en) Device and method for exhaust gas aftertreatment
US20100175372A1 (en) Compact diesel engine exhaust treatment system
US7431749B2 (en) Catalytic filter for removing soot particulates from diesel engine exhaust and method of preparing the same
US7313911B2 (en) Method of removing nitrogen oxides from the exhaust gas of a lean-burn internal combustion engine and exhaust-gas purification system therefor
US6276132B1 (en) Exhaust gas purifying system
US7251929B2 (en) Thermal management of hybrid LNT/SCR aftertreatment during desulfation
US20110014099A1 (en) Particulate filter with hydrogen sulphide block function
US7225613B2 (en) Diesel engine after treatment device for conversion of nitrogen oxide and particulate matter
US6516611B1 (en) Process and device for removing soot from the exhaust gas of a diesel engine
EP1055806A2 (en) NOx trap and particulate filter system for an internal combustion engine
US6732507B1 (en) NOx aftertreatment system and method for internal combustion engines
WO2005014146A1 (en) Catalyst arrangement and method of purifying the exhaust gas of internal combustion engines operated under lean conditions
US20030182930A1 (en) Integrated non-thermal plasma reactor-diesel particulate filter
JPH0953442A (en) Exhaust emission control method of diesel engine
JP2002361047A (en) Method for cleaning exhaust and apparatus therefor
US20040074231A1 (en) Exhaust system
US20060248874A1 (en) Exhaust system for lean burn ic engine including particulate filter and nox absorbent
JPH10202105A (en) Oxidation catalyst for diesel exhaust gas
JP2009082915A (en) Elimination of particles from exhaust gas of internal combustion engine operated mainly by stoichiometric-air/fuel mixture