JPH09315819A - ヒ素を含む硫化物からヒ素を回収する方法及びヒ酸カルシウムを製造する方法 - Google Patents

ヒ素を含む硫化物からヒ素を回収する方法及びヒ酸カルシウムを製造する方法

Info

Publication number
JPH09315819A
JPH09315819A JP13703696A JP13703696A JPH09315819A JP H09315819 A JPH09315819 A JP H09315819A JP 13703696 A JP13703696 A JP 13703696A JP 13703696 A JP13703696 A JP 13703696A JP H09315819 A JPH09315819 A JP H09315819A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
arsenic
copper
sulfide
copper oxide
calcium arsenate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP13703696A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3212875B2 (ja
Inventor
Kazuaki Takebayashi
一彰 竹林
Kazuhiro Sato
一博 佐藤
Masatoshi Tomita
昌利 富田
Original Assignee
Nikko Kinzoku Kk
日鉱金属株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nikko Kinzoku Kk, 日鉱金属株式会社 filed Critical Nikko Kinzoku Kk
Priority to JP13703696A priority Critical patent/JP3212875B2/ja
Publication of JPH09315819A publication Critical patent/JPH09315819A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3212875B2 publication Critical patent/JP3212875B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ヒ素を含む水溶液から5価のヒ素を効率的
に生成する方法を提供し、更に、ヒ酸塩としてヒ酸カル
シウムを効率的に製造する方法を提供することにある。 【解決手段】 ヒ素を含む水溶液に、銅及び銅酸化物も
しくは銅又は銅酸化物を添加し、ヒ素イオンを酸化する
工程を含むヒ素の回収方法である。更に、前記回収方法
を利用したヒ素を含む硫化物を、アルカリ浸出する工程
と、銅及び銅酸化物もしくは銅又は銅酸化物の存在下
で、酸化剤により酸化する工程と、消石灰により処理す
る工程を含むことを特徴とするヒ酸カルシウムの製造方
法である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ヒ素を含む水溶液から
ヒ素を回収する方法及びヒ酸カルシウムとして回収する
方法に関する、更にかかる回収方法によるヒ素を含む硫
化物の製練中間物からヒ酸カルシウムを製造する方法に
関するものである。
【0002】
【従来技術】ヒ素(As)は地殻中に比較的広く分布し
ており多くは硫化物の形態で存在するが、単独で存在す
ることは少なく、銅硫化物、鉛硫化物と共存しているこ
とが多い。通常はヒ素単独に回収するのではなく、銅又
は鉛の非鉄製練工程においては銅等の製練中に各種の中
間物を発生するが、硫化物形態の中間物には銅、亜鉛、
ビスマス等と共にヒ素を含むことが大きな特徴となって
いる。一方、近年GaAs、InAs等の化合物半導体
やAsSe等の光導電体の材料として使用するためには
高純度Asが求められるに至った。
【0003】しかし、乾式法では製練中間物を酸化焙焼
し、ヒ酸(H3AsO4)を亜ヒ酸(As23)として揮
散させ、これを凝集して微粉末状の亜ヒ酸として分離回
収する方法により乾燥状態の亜ヒ酸を取り扱うことか
ら、作業環境に困難をともない、また大気中への汚損防
止のための装置の大型化のためにコストを低減すること
が困難である。また煙灰には亜ヒ酸が20〜40%含ま
れるのでこれを800〜1100Kで焙焼して亜ヒ酸9
5%前後の粗製亜ヒ酸を得て、これをさらに還元して金
属ヒ素(As)を製造し、その後に、種々の方法で精製
して高純度ヒ素をえていた。
【0004】一方、湿式法では各種金属の回収を図る場
合は、これらを電解精製等の精製プロセスに繰り返す方
法が一般的であるが、ヒ素の酸化還元電位が、銅の酸化
還元電位に近いためにヒ素の分離は困難であり、そのた
めヒ素を分離しないと製練中間物にヒ素が濃縮蓄積され
てしまうので、ヒ素を分離・除去することが必要であっ
た。そのため、銅の電解製練プロセスで生じたヒ素と銅
とを含む各種水溶液からヒ素を分離するために一般的に
使用される方法は、まず硫化法により銅を硫化物の形で
回収し、その後にヒ素を硫化法により除去するものであ
る。しかし、かかる方法は銅硫化物用の固液分離工程と
ともにヒ素含有硫化物用の固液分離工程とを必要として
おり、2回の固液分離工程が処理コストを増す原因とな
っている。また、湿式法では目的金属を製練・精製する
場合だけではなく、硫化ヒ素を随伴する銅等の硫化鉱石
を処理した際に生ずる廃酸出硫化物や銅の電解精製の際
に生ずる電解出硫化物等の製練中間物が有価物とともに
ヒ素を硫化物形態で含む場合に多く、目的金属の純度向
上だけではなく、有用性の高いヒ素を高純度に分離する
ことが長い間求められていた。
【0005】このヒ素の分離・回収問題を回避する手段
としては、次の技術が提案されている。特開昭54−1
60590号公報にはヒ酸カルシウム(Ca3(As
42)等の安定なヒ素化合物を製造する方法が提案さ
れている。本提案は硫化物形態の精製中間物をアルカリ
浸出して得た浸出液を、3価のヒ素イオン(As3+)を
含む形態で消石灰によるヒ酸カルシウムの合成の工程に
導き、沈殿回収するものである。また、特開昭57−1
60914号公報に示されている方法は、硫酸酸性で浸
出したAs3+を含む亜ヒ酸を銅イオンの存在下でエアレ
ーションにより酸化してAs5+を含むヒ酸とし、これを
亜硫酸ガス等により還元して亜ヒ酸を析出・回収するも
のである。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記提
案においては、以下の問題がある。特開昭54−160
590号公報において提案されているが、ヒ素を含む硫
化物形態の製練中間物に空気を吹き込みながらアルカリ
を添加してpH5〜8に調整しつつ浸出処理を行い、ヒ
素を酸性ヒ酸塩として分離することを特徴とするもので
あり、乾式方法と比較して、大規模な大気汚染防止装置
を必要としない反面、ヒ素の浸出速度が極めて遅いこと
からおおきな装置を必要とし、また、加熱のために蒸気
等のエネルギーを多量に伴うという問題がある。更に、
不安定な亜ヒ酸カルシウムを多量に含むことになってし
まい、実用の妨げとなる。
【0007】特開昭57−160914号公報に提案さ
れている方法は、亜ヒ酸からヒ酸への速度が遅く、ま
た、他の有価物を亜ヒ酸の一部を犠牲にして共に析出さ
せなければならず効率的ではない。また、アルカリ浸出
液の場合は銅イオンが中和され銅イオンとして存在でき
ないことから、アルカリ浸出には適用が困難であると考
えられていた。
【0008】そこで、本発明は上記欠点を解決したもの
で、ヒ素を含む水溶液からヒ素のみを効率的に回収する
方法を提供することを目的としている。不安定な亜ヒ酸
を含まず、純度の高いヒ酸塩を得ることができるもので
ある。更に、ヒ素を含む硫化物からヒ酸塩としてヒ酸カ
ルシウムを高純度で、効率的に製造する方法を提供する
ことにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記問題点を解決するた
めに、請求項1に記載の発明は、ヒ素を含む水溶液に銅
及び銅酸化物もしくは銅又は銅酸化物を添加しヒ素イオ
ンAs3+を酸化してヒ酸をえる工程を含むヒ素の回収方
法である。本発明は、ヒ素を含む水溶液から、銅及び銅
酸化物もしくは銅又は銅酸化物を添加し、かつ、酸化剤
により酸化し、ヒ酸(As5+)を生成してヒ素(As)
を回収する方法である。ヒ素は溶液中に浸出された場合
に、3価のイオン(As3+)と5価のイオン(As5+
が一定の割合で共存する。そこで、溶液中に酸化剤を付
加して、銅及び銅酸化物もしくは銅又は銅酸化物の触媒
作用を利用して、ヒ素イオンの酸化反応を進め5価のヒ
素イオンの存在割合を高めることができる。これによっ
て得られたヒ素イオンを利用することによってヒ素を容
易、かつ効率的に回収することを可能とするものであ
る。
【0010】この時に銅酸化物は次のような反応式に表
され、 As3++2Cu0→As5++Cu2O Cu2O+1/2O2→2CuO 3価のヒ素イオンを2価の銅酸化物が酸化して、5価の
ヒ素イオンとして銅酸化物自身は1価銅酸化物に還元さ
れる。還元された銅酸化物は酸化剤である酸素によって
2価の銅酸化物に酸化され、再度ヒ素イオンの酸化を促
進するものと推測される。従って、銅酸化物が存在する
ことにより、5価のヒ素イオンの生成を促進することを
可能にした。また、銅単体であってもアルカリ浸出液中
で酸化されて酸化銅、酸化第一銅になって上記と同様の
反応をして、同様の効果を呈する。更に、銅及び銅酸化
物であっても同様である。
【0011】酸化のための酸化剤としては、空気、純酸
素ガス等の酸素含有ガスを使用することができる。好ま
しくは、空気がよい。安価であり、入手が容易だからで
ある。空気を用いた場合は、使用量は溶液中のヒ素イオ
ン(As3+)、銅及び銅酸化物もしくは銅又は銅酸化物
の量によるが、溶液1L当り0.2〜1.2L/分が好
ましい。ヒ素の回収方法としては、溶液温度をさげてヒ
酸を析出する方法、キレート樹脂による回収方法等を挙
げることができる。
【0012】請求項2記載の発明は、ヒ素を含む水溶液
が、ヒ素を含む硫化物をアルカリ浸出したものを、銅及
び銅酸化物もしくは銅又は銅酸化物を添加してヒ素イオ
ンを酸化する工程を含むヒ素の回収方法である。ヒ素を
含む硫化物とは、ヒ素を含む銅硫化物、鉛硫化物、亜鉛
硫化物等の鉱石、これら鉱石の予備処理であるある選
鉱、焙焼等によって生ずる尾鉱、煤灰等、これら鉱石を
自溶炉や転炉で製練する際に生ずるマット、スパイス、
排ガスとして発生する煤灰等、電解精製によって生ずる
残渣、沈殿物等をいう。本発明は、アルカリ浸出によっ
てヒ素以外の有価金属の浸出を抑え、固液分離後に3価
のヒ素イオンを5価にした上で効率的に回収できるよう
にしたものである。アルカリ浸出のためのアルカリとし
ては、亜ヒ酸、ヒ酸と不溶性の塩を形成するものでは不
適当である。このため水酸化ナトリウム、水酸化カリウ
ム、炭酸ナトリウム、水酸化アンモニア等が適当であ
る。また、アルカリはpH調整用にも使用する。実際に
使用するアルカリとしてはコスト、使いやすさの点から
水酸化ナトリウムが好ましい。アルカリ浸出としたの
は、銅鉱石や銅製練中間物には、銅、亜鉛、ビスマス等
が含めれているためにこれらまで溶液中に浸出されるの
をできるだけ防ぐためである。この点が硫酸等による酸
浸出と大きく異なる点である。
【0013】請求項3記載の発明は、前記ヒ素の回収方
法が消石灰によりヒ酸カルシウムとするヒ素の回収方法
である。本発明では、5価のヒ素イオンによるヒ酸を消
石灰(Ca(OH)2)を添加して高純度ヒ酸カルシウ
ム(Ca3(AsO42)の沈殿として回収可能にした
ものである。
【0014】請求項4記載の発明は、ヒ素を含む硫化物
を、アルカリ浸出する工程と、銅及び銅酸化物もしくは
銅又は銅酸化物の存在下で、酸化剤により酸化する工程
と、消石灰により処理する工程を含むヒ酸カルシウムの
製造方法である。ヒ酸カルシウムを製造するための消石
灰はヒ素イオン(As5+)とのモル比が1.8〜2.2
の範囲にあることが好ましい。消石灰が多い場合は、固
液分離のさいに不純物として混入されるためヒ酸カルシ
ウムの高純度を維持できなくなるためである。
【0015】請求項5記載の発明は、ヒ素を含む硫化物
が、ヒ素を含む製練中間物であるヒ酸カルシウムの製造
方法である。ヒ素を含む製練中間物とは硫化物鉱石の予
備処理である選鉱、焙焼等によって生ずる尾鉱、煤灰
等、これら鉱石を自溶炉や転炉で製練する際に生ずるマ
ット、スパイス、排ガスとして発生する煤灰等、電解精
製によって生ずる残渣、沈殿物等をいう。
【0016】なお、本発明を実施するための反応装置と
しては、デベロ型撹拌装置、ドル型撹拌装置等を適宜用
いることができる。また、オートクレーブを用いる必要
性は少ないが用いることも可能である。また、銅酸化物
としては、アノード鋳造の際に発生する銅粉及び酸化銅
粉、電解精製時の浄液工程で得られる電解沈殿銅や、電
解沈殿銅浸出時の残渣に含まれる酸化銅等を適宜用いる
ことができる。
【0017】
【発明の実施の形態】本発明は、ヒ素を含む硫化物を水
酸化ナトリウムで浸出する工程では、処理温度は50〜
90℃の範囲が好ましい。浸出速度を高めるためであ
る。pHが5.5〜7.5の範囲が好ましい。5.5以
下では、浸出速度が低いためである。また、pH7.5
以上では、SのSO4への酸化が促進されたり、他の元
素が浸出される場合があるからである。また、銅及び銅
酸化物もしくは銅又は銅酸化物を添加して酸化する工程
では、該溶液のpHが10.5〜11.5の範囲で、温
度が50〜90℃の範囲にして、空気を吹き込むことが
好ましい。pHは、銅等の触媒的作用を高めるためであ
る。また、温度は高くすると反応の進行が速くなるから
である。但し、反応速度を高めるため従来はオートクレ
ーブ等を用いて溶液を100℃以上にする必要があった
が本発明によりかかる温度でも短時間に処理することが
可能になった。
【0018】本発明の方法による反応は、水酸化ナトリ
ウムを使用した場合は、以下の反応式で表されると推測
される。 As23+3/2O2+H2O→2HAsO2+3S (1) As23+6O2+4H2O→2HAsO2+3H2SO4 (1’) 上記式による反応によってヒ素硫化物はアルカリ浸出液
に、亜ヒ酸の3価のイオンとして抽出される。この時部
分的に以下の反応が生じている。 HAsO2+1/2O2+NaOH→NaH2AsO4 (2) HAsO2+1/2O2+2NaOH→Na2HAsO4+4H2O (3) 上記式に従って、ヒ酸塩(NaH2AsO4、Na2HA
sO4)が生成されるが、本ヒ酸塩は水に可溶であり、
5価のヒ素イオンとして酸を形成する。このイオンの分
配係数は、主に溶液のpHによって決定される。しこう
して、本発明は、銅及び銅酸化物もしくは銅又は銅酸化
物の触媒作用を利用してヒ酸を形成する分配係数を高め
ることを可能としたものである。
【0019】以下、本発明の内容を具体的に説明する。 (実施例1)ヒ素を含む硫化物としては、銅硫化物形態
の製練中間物である廃酸出ヒ素硫化物を用いた。これ
は、銅硫化物を自溶炉で製練する際のガス処理工程の一
部である廃酸工程から生じたものである。これを水酸化
ナトリウムでアルカリ浸出した。浸出の条件は、空気の
吹き込み量は溶液1m3当り200L/分であり、溶液
の温度が60℃で、溶液のpHは6.5にした。浸出処
理は10時間行った。
【0020】かかる浸出で得られたヒ素含有水溶液は以
下の表1に示される組成であった。
【表1】 この水溶液を固液分離し、分離した残渣は自溶炉に戻し
て再利用した。
【0021】該分離した水溶液1.15m3に電解沈殿
銅22.5kgを添加した。電解沈殿銅は以下の表2に
示す組成であった。
【表2】 水酸化ナトリウムでpH11となるように調整しなが
ら、空気を600L/分で吹き込み4時間酸化した。こ
の時の溶液の温度は60℃にした。その結果得られた酸
化後液におけるAs3+の濃度は、酸化前に10g/Lが
1.5g/Lと極めて小さな値となり、全ヒ素中の94
%がAs5+になっていた。その後、固液分離して残渣を
自溶炉へ戻し再利用した。
【0022】分離した清澄液を続いて実施した消石灰と
反応させることにより極めて安定なヒ酸カルシウムを得
ることができた。この時の処理条件は、温度60℃にし
た。消石灰の添加量は、全As量に対してモル比で2.
0にした。処理は60分行なった。処理後に固液分離し
て沈殿したヒ酸カルシウムを回収した。この時、ヒ酸カ
ルシウムとして回収したヒ素量は当初投入した全ヒ素量
に対して92.1%の高回収率であった。また、同時に
再生された水酸化ナトリウムは浸出液等として再度利用
した。なお、この時の水酸化ナトリウムの再生率は7
0.5%あった。
【0023】(実施例2)実施例1と同様のヒ酸含有液
1.15m3にアノード鋳造時にターンテーブル下に堆
積した銅粉10kgを添加し、同じくカセイソーダでp
H11として空気を600L/分で吹き込み3時間酸化
した。その結果得られた酸化後液におけるAs3+の濃度
は、酸化前に10g/Lが1.8g/Lの値となり、全
ヒ素中の93%がAs5+になっていた。実施例1と同様
に処理して沈殿したヒ酸カルシウムを回収した。この
時、ヒ酸カルシウムとして回収したヒ素量は当初投入し
た全ヒ素量に対して91.2%の高回収率であった。ま
た、同時に再生された水酸化ナトリウムは浸出液等とし
て再度利用した。なお、この時の水酸化ナトリウムの再
生率は70.0%あった。実施例1と同様に、高純度の
ヒ酸カルシウムを製造でき、また、ヒ素の高回収率を達
成できることが明らかになった。
【0024】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によればヒ
素を含む製練中間物を水酸化ナトリウムの存在下で酸
化、浸出して得たヒ酸を形成する5価のイオン量を多く
することによって安定なヒ酸カルシウムを高純度に製造
することができた。銅の酸化触媒作用を高度に利用でき
ることから、製練中間物から効率的に、かつ、高い歩留
りでヒ素の回収を可能にした。

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ヒ素を含む水溶液に、銅及び銅酸化物も
    しくは銅又は銅酸化物を添加し、かつ、酸化によりヒ酸
    を生成する工程を、含むヒ素の回収方法。
  2. 【請求項2】 ヒ素を含む水溶液が、ヒ素を含む硫化物
    をアルカリ浸出したものであることを特徴とする請求項
    1記載のヒ素の回収方法。
  3. 【請求項3】 前記ヒ素の回収方法が消石灰によりヒ酸
    カルシウムとすることを特徴とする請求項1又は2記載
    のヒ素の回収方法。
  4. 【請求項4】 ヒ素を含む硫化物を、 アルカリ浸出する工程と、 銅及び銅酸化物もしくは銅又は銅酸化物の存在下で、
    酸化剤により酸化する工程と、 消石灰により処理する工程を、含むことを特徴とする
    ヒ酸カルシウムの製造方法。
  5. 【請求項5】 前記ヒ素を含む硫化物が、ヒ素を含む製
    練中間物であることを特徴とする請求項4記載のヒ酸カ
    ルシウムの製造方法。
JP13703696A 1996-05-30 1996-05-30 ヒ素の回収方法 Expired - Fee Related JP3212875B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13703696A JP3212875B2 (ja) 1996-05-30 1996-05-30 ヒ素の回収方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13703696A JP3212875B2 (ja) 1996-05-30 1996-05-30 ヒ素の回収方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09315819A true JPH09315819A (ja) 1997-12-09
JP3212875B2 JP3212875B2 (ja) 2001-09-25

Family

ID=15189359

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13703696A Expired - Fee Related JP3212875B2 (ja) 1996-05-30 1996-05-30 ヒ素の回収方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3212875B2 (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007125627A1 (ja) * 2006-04-28 2007-11-08 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. 砒素含有溶液の処理方法
JP2007297240A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Dowa Holdings Co Ltd 砒素含有物の処理方法
JP2007297243A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Dowa Holdings Co Ltd 砒素含有物質の処理方法
JP2008150658A (ja) * 2006-12-15 2008-07-03 Dowa Metals & Mining Co Ltd 砒素液の製法
WO2009011316A1 (ja) * 2007-07-13 2009-01-22 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. 銅砒素化合物の処理方法
WO2009011317A1 (ja) * 2007-07-13 2009-01-22 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. 砒素を含む非鉄製錬中間産物の処理方法
WO2009019955A1 (ja) * 2007-08-09 2009-02-12 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. 砒素を含む非鉄製錬中間産物の処理方法
JP2009242223A (ja) * 2007-07-13 2009-10-22 Dowa Metals & Mining Co Ltd 三酸化二砒素の処理方法
US8147779B2 (en) 2007-07-13 2012-04-03 Dowa Metals & Minning Co., Ltd. Method of alkali processing substance containing arsenic
JP2015063434A (ja) * 2013-09-26 2015-04-09 住友金属鉱山株式会社 砒素の浸出方法
JP2015081214A (ja) * 2013-10-23 2015-04-27 住友金属鉱山株式会社 砒素の浸出方法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105349771A (zh) * 2015-10-13 2016-02-24 盐城同济新材料科技有限公司 一种从含砷铜渣中回收铜的方法

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4710033B2 (ja) * 2006-04-28 2011-06-29 Dowaメタルマイン株式会社 砒素含有物の処理方法
JP2007297240A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Dowa Holdings Co Ltd 砒素含有物の処理方法
JP2007297243A (ja) * 2006-04-28 2007-11-15 Dowa Holdings Co Ltd 砒素含有物質の処理方法
JP4710034B2 (ja) * 2006-04-28 2011-06-29 Dowaメタルマイン株式会社 砒素含有物質の処理方法
WO2007125627A1 (ja) * 2006-04-28 2007-11-08 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. 砒素含有溶液の処理方法
JP2008150658A (ja) * 2006-12-15 2008-07-03 Dowa Metals & Mining Co Ltd 砒素液の製法
US8097228B2 (en) 2007-07-13 2012-01-17 Dowa Metals and Mining Co., Ltd. Method of processing diarsenic trioxide
US8147779B2 (en) 2007-07-13 2012-04-03 Dowa Metals & Minning Co., Ltd. Method of alkali processing substance containing arsenic
US8110162B2 (en) 2007-07-13 2012-02-07 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. Method of processing copper arsenic compound
JP2009242223A (ja) * 2007-07-13 2009-10-22 Dowa Metals & Mining Co Ltd 三酸化二砒素の処理方法
WO2009011316A1 (ja) * 2007-07-13 2009-01-22 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. 銅砒素化合物の処理方法
WO2009011317A1 (ja) * 2007-07-13 2009-01-22 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. 砒素を含む非鉄製錬中間産物の処理方法
US8092764B2 (en) 2007-07-13 2012-01-10 Dowa Metals and Mining Co., Ltd. Method of processing non-ferrous smelting intermediate containing arsenic
US8092765B2 (en) 2007-08-09 2012-01-10 Dowa Metals and Mining Co., Ltd. Method of processing non-ferrous smelting intermediates containing arsenic
JP2009242224A (ja) * 2007-08-09 2009-10-22 Dowa Metals & Mining Co Ltd 砒素を含む非鉄製錬中間産物の処理方法
WO2009019955A1 (ja) * 2007-08-09 2009-02-12 Dowa Metals & Mining Co., Ltd. 砒素を含む非鉄製錬中間産物の処理方法
JP2015063434A (ja) * 2013-09-26 2015-04-09 住友金属鉱山株式会社 砒素の浸出方法
JP2015081214A (ja) * 2013-10-23 2015-04-27 住友金属鉱山株式会社 砒素の浸出方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3212875B2 (ja) 2001-09-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101021454B1 (ko) 아연 침출 공정에서 희금속을 회수하는 방법
EP2174912B1 (en) Method of removing arsenic from smelting residues comprising copper-arsenic compounds
JP2008540824A (ja) 溶液から有価金属および砒素を回収する方法
JP3212875B2 (ja) ヒ素の回収方法
AU2013227632B2 (en) Method for separating rhenium and arsenic, and method for purification of rhenium
JP3403289B2 (ja) 製錬中間物に含まれるヒ素分離方法およびヒ素の回収方法
EP2174913B1 (en) Method of treating nonferrous smelting intermediate products containing arsenic
US5762891A (en) Process for stabilization of arsenic
JP2004285368A (ja) コバルト水溶液の精製方法
JP3254501B2 (ja) 砒素と鉄とを含有する酸性溶液からの砒素の除去法
JP3052535B2 (ja) 製錬中間産物の処理方法
JP3069520B2 (ja) ヒ素硫化物含有製錬中間物からのヒ素の分離方法
JP6139990B2 (ja) 含砒素溶液の処理方法
JP3294181B2 (ja) 砒酸カルシウムの製造方法
JP3197288B2 (ja) 亜鉛精鉱と亜鉛浸出残渣との同時湿式処理法
JP7016463B2 (ja) テルルの回収方法
US5002748A (en) Method for the preparation of copper arsenate
JP3411320B2 (ja) 亜鉛製錬法
JP3963093B2 (ja) 亜砒酸の製造方法
JP6102675B2 (ja) 砒素の浸出方法
JP4044981B2 (ja) 廃酸からの不純物除去方法
US1167701A (en) Process of recovering zinc from its ores.
JPH05306419A (ja) 含砒ドロス中の砒素の除去方法
JPH10237560A (ja) 高温処理炉から排出されるダストからの有価物回収方法
JP5062111B2 (ja) 脱銅スライムからの高純度亜砒酸水溶液の製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 7

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080719

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090719

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100719

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100719

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 10

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110719

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110719

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110719

Year of fee payment: 10

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110719

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 11

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120719

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees