JPH09302840A - 装飾パネル - Google Patents

装飾パネル

Info

Publication number
JPH09302840A
JPH09302840A JP14800196A JP14800196A JPH09302840A JP H09302840 A JPH09302840 A JP H09302840A JP 14800196 A JP14800196 A JP 14800196A JP 14800196 A JP14800196 A JP 14800196A JP H09302840 A JPH09302840 A JP H09302840A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
pattern
glass
translucent
property
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14800196A
Other languages
English (en)
Inventor
Shingo Nomura
信吾 野村
Original Assignee
Ichibanboshi Mitsuketa:Kk
株式会社一番星みつけた
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ichibanboshi Mitsuketa:Kk, 株式会社一番星みつけた filed Critical Ichibanboshi Mitsuketa:Kk
Priority to JP14800196A priority Critical patent/JPH09302840A/ja
Publication of JPH09302840A publication Critical patent/JPH09302840A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】 透光性を有した種々の色を組み合わせること
によって、容易に模様を描出することができるパネルを
提供する。 【解決手段】 2枚の透光性を有する板状部材の間に
透光性を有し着色された小塊を2枚の該板状部材に通じ
る位置に配置して模様を形成させる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、2枚の透光性を有する
板状部材の間に少なくとも一部に透光性を有し着色され
た多数の小塊を配置させて模様を形成した装飾パネルに
関するものである。
【0002】
【従来の技術】外壁の一部、窓、扉、間仕切りなどにお
いては、アクリル板などの透明・半透明のプラスチック
板やガラス材が広く利用されている。これらの板状部材
は、主として光を採り入れるための実用性を目的として
いるが、通常着色したり表面に模様を施し、色の組み合
わせや光の拡散による装飾性をも兼ね備えている。透光
性を有する板状部材としては、一般的な板ガラスの他着
色ガラス、色焼付けガラス、種々の型模様を施した型板
ガラス、すりガラス、ガラスブロック、ステンドガラス
などガラス材、又はこのようなプラスチック製板材があ
る。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
板状部材によっては透光性を損なうことなく色彩による
細かな絵や模様を描出させることは極めて困難である。
つまり、一枚の板状部材に部分的に透光性のある着色部
分を設けることは、技術的に難しくできたとしても高価
となる。このため、従来では板状部材の一方の面に塗料
を塗布したり、テープを貼着する他なく、塗布面側や貼
着面側は綺麗なものとは言いがたく、しかも透光性が著
しく阻害されてしまうことになる。
【0004】また、従来広く利用されているものとして
ガラスブロックがあるが、比較的大きなブロックである
ため精々種々の色を組み合わせるだけで、到底絵や模様
を描けるものではない。さらに、ステンドガラスは美麗
であるものの、極めて高価なものであり、一般的にはほ
とんど使用されていないのが現状であった
【0005】
【課題を解決するための手段】そこで、本発明者は上記
問題に鑑み鋭意研究の結果、本発明を成し得たものであ
りその特徴とするところは、2枚の透光性を有する板状
部材の間に多数の小塊を介在させることによって形成し
たパネルであって、該多数の小塊の内、少なくとも一部
透光性を有し着色された小塊を2枚の該板状部材に通じ
る位置に配置することにより模様を形成したことにあ
る。
【0006】ここで、本明細書中でいう「板状部材」と
は、平板状に成型された透光性を有する部材をいう。例
えば、板ガラス、アクリル板などのプラスチック製透明
板などである。板ガラスの種類としては普通板ガラス、
すりガラス、型模様が刻設された型板ガラス、網入板ガ
ラス、合せガラス、色焼付けガラスなどである。プラス
チック板としては、アクリル酸エステル樹脂やメタクリ
ル樹脂などのアクリル系樹脂の他、ポリスチレンなど透
光性を有するものであれば特に限定するものではない。
【0007】「小塊」とは、上述した2枚の板状部材の
間に多数介在させる部材であり、これらの内少なくとも
一部に透光性を有し着色したものを配することによって
模様を形成させるものをいう。この小塊の材質として
は、板状部材と同様にガラスやプラスチックなどであ
る。ただ、小塊はその全てを透光性を有するものでなく
てもよく、発泡プラスチック、ゴム、木、金属などでも
よい。要は、透光性を有する2枚の板状部材の間に少な
くとも一部に透光性のある小塊を配置させることによ
り、該板状部材を通じて光の透過による模様を形成させ
るものであればよい。
【0008】小塊の形状は、特に限定するものではなく
球や多面体の他、プレート状、小石状や岩を破砕したも
の、或いは表面に複数の突起のあるもの、氷が溶けたよ
うな歪んだ形状のものでもよい。また、小塊は基本的に
板状部材の間の厚み方向に重ならないように介在させる
が、薄いものの場合などには2〜3個重なるように介在
させてもよい。ビー玉のように球体の場合には、厚みや
重量の問題から重ねることなく介在させるようにする。
【0009】「模様」とは、透光性を有し着色された小
塊を適宜配することによって形成するものをいう。模様
としては、人物、動物、植物の他、幾何学模様、図形、
文字など特に限定するものではない。要は、2枚の板状
部材の間に全部若しくは一部が着色された小塊を配する
ことによって、一部に他と異なる透光性を有する部分が
存在するものであればよい。
【0010】本発明に係る装飾パネルの製造方法として
は、2枚の板状部材を間隔を開けて固定しその間に小塊
を詰めてもよく、また一方の板状部材の上に小塊を模様
を描きながら配置した後、もう一方の板状部材を載せて
固定させてもよい。後者の場合は、模様を描きやすい利
点があり、また一方の板状部材に小塊の全部若しくは一
部を接着剤で固定させることも可能となる。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、本発明を図面に示す発明の
実施の形態に基づいて詳細に説明する。
【0012】図1は本発明に係る装飾パネル1の実施の
形態の一例を示すもので、透光性のある板状部材として
板ガラス2を利用し、2枚の該板ガラス2の間に小塊と
して透光性を有するビー玉3を一列に多数介在させ、異
なる色のビー玉3を配することによって模様を形成させ
たものである。本例に示すパネル1は全て透光性のある
ビー玉3を使用したもので、全体的に透光性のある模様
と共に採光性を得ることが可能となる。パネル1の周囲
は板ガラス2の間に内枠材4、周面をカバーする外枠材
5を夫々接着剤で固定している。
【0013】ここで、店舗やショウルームなどの出入口
部分を本発明に係る装飾パネル1で形成した状態を図2
に示す。これは、壁面全域を装飾パネル1によって形成
したもので、複数の装飾パネル1を連結固定したもので
ある。各装飾パネル1は、透光性を有するビー玉3を2
枚の板ガラス2に介在させ複数の色のビー玉3を適宜配
することによって模様を描いたものである。このため、
壁面全体が透光性を有し採光性と共に、内部照明によっ
て極めて綺麗な模様を演出させることが可能となる。
【0014】装飾パネル1の製造方法としては、図3に
示すように先ず板ガラス2の上にビー玉3を接着剤6で
固定しながら模様を描く。そして、もう1枚の板ガラス
2を該ビー玉3に載せて周囲を外枠材5で固定して完成
する。また、図4のように2枚の板ガラス2を内枠材4
で間隔を開けた状態で固定した後、これらの間にビー玉
3を模様を形成させながら詰め込むようにしてもよい。
【0015】
【発明の効果】以上のように本発明に係る装飾用パネル
は、2枚の透光性を有する板状部材の間に多数の小塊を
介在させることによって形成したパネルであり、該多数
の小塊の内、少なくとも一部透光性を有し着色された小
塊を2枚の該板状部材に通じる位置に配置して模様を形
成したことにより、透光性を損なうことなく、且つ表裏
面の区別なく模様を描出した装飾的に美しいパネルの製
造が容易に行なえることになる。しかも色彩豊かで細か
い模様も簡単に描くことができるという実用上極めて有
益な効果を有するものである。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る装飾用パネルの実施の形態の一例
を示す部分斜視図である。
【図2】図1に示した装飾用パネルの使用状態の一例を
示す正面図である。
【図3】本発明に係る装飾用パネルの製造方法の一例を
示す分解斜視図である。
【図4】本発明に係る装飾用パネルの製造方法の他の例
を示す斜視図である。
【符号の説明】
1 装飾用パネル 2 板ガラス 3 ビー玉 4 内枠材 5 外枠材 6 接着剤

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 2枚の透光性を有する板状部材の間に多
    数の小塊を介在させることによって形成したパネルであ
    って、該多数の小塊の内、少なくとも一部透光性を有し
    着色された小塊を2枚の該板状部材に通じる位置に配置
    することにより模様を形成したことを特徴とする装飾パ
    ネル。
  2. 【請求項2】 小塊は、少なくとも一方の板状部材に接
    着剤で貼着されたものである請求項1記載の装飾パネ
    ル。
JP14800196A 1996-05-17 1996-05-17 装飾パネル Pending JPH09302840A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14800196A JPH09302840A (ja) 1996-05-17 1996-05-17 装飾パネル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14800196A JPH09302840A (ja) 1996-05-17 1996-05-17 装飾パネル

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09302840A true JPH09302840A (ja) 1997-11-25

Family

ID=15442900

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14800196A Pending JPH09302840A (ja) 1996-05-17 1996-05-17 装飾パネル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09302840A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20030013032A (ko) * 2001-08-06 2003-02-14 주식회사 아이칸테크코리아 비드를 이용한 이중창 구조의 단열 시스템 창호
US7510297B2 (en) 2007-01-29 2009-03-31 Dobija Michael J Luminous wall system
WO2009096043A1 (ja) * 2008-02-01 2009-08-06 Nac Co., Ltd. 画像データに基づくビーズピクチャー及びその制作方法
US7770985B2 (en) 2006-02-15 2010-08-10 Maytag Corporation Kitchen appliance having floating glass panel

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20030013032A (ko) * 2001-08-06 2003-02-14 주식회사 아이칸테크코리아 비드를 이용한 이중창 구조의 단열 시스템 창호
US7770985B2 (en) 2006-02-15 2010-08-10 Maytag Corporation Kitchen appliance having floating glass panel
US7510297B2 (en) 2007-01-29 2009-03-31 Dobija Michael J Luminous wall system
WO2009096043A1 (ja) * 2008-02-01 2009-08-06 Nac Co., Ltd. 画像データに基づくビーズピクチャー及びその制作方法
US20100178448A1 (en) * 2008-02-01 2010-07-15 Nac Co., Ltd. Bead picture based on image data and manufacturing method thereof

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3996458A (en) Ceiling system
USD273527S (en) Plastic sheet material for surfacing a wall panel or similar article
US5079886A (en) Decorative panel
JPH09302840A (ja) 装飾パネル
KR101400118B1 (ko) 입체감을 갖는 장식 복층유리의 제조방법
JP2004307279A (ja) 装飾樹脂シートとそれを使用した装飾合わせガラス
US5441777A (en) Screen or panel with marbles sandwiched between grids
CN206737715U (zh) 一种装饰用七彩玻璃板
KR101189813B1 (ko) 조립형 장식무늬판이 구비된 복층유리 및 이의 제조방법
EP2130687B1 (en) Colored transparent panel assembly
CN2303041Y (zh) 木拼图案装饰板
KR100829520B1 (ko) 장식재, 이를 포함하는 장식 패널 및 이들의 제조방법
KR19990015223A (ko) 조명방식의 광고겸용 장식용 액자
CN2156236Y (zh) 变色装饰板
CN212537624U (zh) 具有圆角的led面板框
KR101518705B1 (ko) 배치가 자유로운 장식무늬판에 표면가공 문양이 접목된 장식유리
CN209738662U (zh) 一种石质面板及石质装饰结构
JPH0755060Y2 (ja) 装飾合成樹脂板
KR101518704B1 (ko) 다양한 소재의 장식물 배치가 자유로운 장식유리
CN2250238Y (zh) 凹凸线条复合板
US20170028775A1 (en) Kit for simulated stained glass article, article produced from the kit, and substrate for the article
CN2166987Y (zh) 立体彩虹动态饰面
JPH0530325U (ja) 装飾用板
CN106968560A (zh) 一种用于门窗的装饰用七彩玻璃板的制造方法
KR200402892Y1 (ko) 장식용 유리