JPH09277630A - Tape-like label forming device - Google Patents

Tape-like label forming device

Info

Publication number
JPH09277630A
JPH09277630A JP11842396A JP11842396A JPH09277630A JP H09277630 A JPH09277630 A JP H09277630A JP 11842396 A JP11842396 A JP 11842396A JP 11842396 A JP11842396 A JP 11842396A JP H09277630 A JPH09277630 A JP H09277630A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
tape
printing
print
color
ribbon
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11842396A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Koushirou Yamaguchi
晃志郎 山口
Original Assignee
Brother Ind Ltd
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To realize the printing at the exact position of a pre-printed format by a method wherein positioning marks are printed on a printing tape at pre- printing so as to detect the positioning marks printed on the printing tape at main printing in order to carry out printing in accordance with the positioning marks. SOLUTION: At the formation of a format such as a definite form label or the like on a printing tape 22, positioning marks, each of which serves as the datum point for positioning at the printing of characters or the like in the format. Concretely, the positioning mark does not reflect the sensing light emitted from the light emitting and receiving element 92 of a tip detecting sensor 90 and forms a portion, through which the sensing light running between the light emitting part 70a and the light receiving part 70b of a ribbon sensor passes. Thus, at main printing, the respective positioning marks are detected with the tip detecting sensor 90 so as to perform printing in accordance with the respective detected positioning marks. As a result, printing can be carried out at the exact position of the pre-printed format.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、印字媒体である印字テープとインクリボンを内蔵したカセットを装着し、 The present invention relates to the mounting of the cassette with a built-in print tape and the ink ribbon is the print medium,
入力された印字情報に基づいて、サーマルヘッド等により印字テープに文字や図形を印字するためのテープ状ラベル作成装置に関するものである。 Based on the print information input relates tape-shaped label producing device for printing characters and figures on the printing tape by such as a thermal head.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、印字媒体である印字テープとインクリボンを内蔵したカセットを装着し、サーマルヘッドにより印字情報に基づいて印字テープに文字や図形を印字するためのテープ状ラベル作成装置が知られている。 BACKGROUND ART Conventionally, a cassette with a built-in print tape and the ink ribbon is the print medium is mounted, the tape-shaped label producing device for printing characters and figures on the printing tape based on the print information by the thermal head Are known. カセット内には、印字テープを巻回したテープスプールと、インクリボンを巻回したリボンスプールが設けられており、テープ状ラベル作成装置は、印字テープとインクリボンを各スプールから引き出し、同一の搬送経路に沿って搬送しつつ、サーマルヘッドによりインクリボンを介して印字テープに文字等の印字を行うよう構成されている。 In the cassette, a tape spool winding a printing tape, ribbon spool is provided by winding an ink ribbon, the tape-shaped label producing device draws the print tape and the ink ribbon from the spool, conveying the same while transporting along the path, and is configured to perform printing of the characters and the like on the print tape through the ink ribbon by the thermal head.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】近年、定型ラベルや名札等の汎用的なフォーマットを予め印字テープに印字しておき、一度印字した印字テープを巻き戻して、再度印字することによって、定型ラベル等に名称等の印字を行うことが可能なテープ状ラベル作成装置が提案されている。 [0005] Recently, advance printed in advance print tape generic format such as standard labels and name tags, rewind once printed tape printed by the printing again, standard labels, etc. tape-shaped label producing apparatus capable of printing, such as the name has been proposed. しかしながら、このようなテープ状ラベル作成装置では、予め印字したフォーマットの位置を検出することができないため、例えば、予め印字した定型ラベルに名称を印字する場合など、定型ラベルの枠の中に収まるように名称を印字するのが困難である、即ち、予め印字したフォーマットに対し、正確な位置に印字するのが困難であるという問題点があった。 However, in such a tape-shaped label producing device, it is not possible to detect the position of the format of printing in advance, for example, to print a name to advance printing the standard labels, to fit into a standard label frame the it is difficult to print the name, that is, with respect to pre-printed with a format, there is a problem that it is difficult to print in the correct position.

【0004】本発明は、上記の問題点を解決するためになされたものであり、予め印字したフォーマットに対し、正確な位置に印字を行うことのできるテープ状ラベル作成装置を提供することを目的とするものである。 [0004] The present invention has been made to solve the above problems, to advance printing by format, aims to provide a tape-shaped label producing device capable of performing printing at an accurate position it is an.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】前記目的を達成するため、請求項1に記載のテープ状ラベル作成装置は、印字媒体である印字テープに予め印字を行った上で、該印字テープを巻き戻して再び印字することが可能なテープ状ラベル作成装置において、前記予め行う印字を予備印字とし、該予備印字されたテープを巻き戻して行う印字を本印字として、前記予備印字の際には、前記印字テープに位置決めマークを印字し、前記本印字の際には、検出手段により、前記印字テープに印字された前記位置決めマークを検出し、検出された前記位置決めマークに基づいて印字を行うよう制御する制御手段を備えたものである。 Means for Solving the Problems] To achieve the above object, a tape-shaped label producing device according to claim 1, after performing the pre-printed on the print tape is printed medium, rewind the indicia shaped tape in the tape-shaped label producing device capable of printing again Te, wherein the pre-printed printing performed previously, the present printing the print performing rewind the preliminary printing tape, during the preliminary printing, the prints the positioning marks on the print tape, said during the printing, the detecting means detects the positioning mark printed on the print tape is controlled so as to perform printing based on the detected positioning marks those having a control unit.

【0006】請求項2に記載のテープ状ラベル作成装置は、請求項1に記載のテープ状ラベル作成装置において、前記検出手段を反射型フォトセンサとし、前記位置決めマークをフォトセンサのセンサ光を反射させない色で印字テープに印字したものである。 [0006] tape-shaped label producing device according to claim 2, in the tape-shaped label producing device according to claim 1, said detecting means and the reflection type photo sensor, reflect sensor light photosensors said positioning marks let not one in which was printed on the print tape in color. 請求項3に記載のテープ状ラベル作成装置は、請求項1または請求項2に記載のテープ状ラベル作成装置において、前記制御手段が、前記予備印字において、前記印字テープに所定のパターンを繰り返し印字し、前記本印字において、前記予備印字により予め印字された前記パターンに合わせて印字するよう制御することを特徴とするものである。 The tape-shaped label producing device according to claim 3, in the tape-shaped label producing device according to claim 1 or claim 2, wherein the control means, in the preliminary printing a predetermined pattern on the print tape repeatedly printing and, wherein in the printing, it is characterized in that the control so as to print in accordance with the pre-printed on said pattern by the preliminary printing.

【0007】請求項4に記載のテープ状ラベル作成装置は、請求項3に記載のテープ状ラベル作成装置において、前記位置決めマークを、繰り返し印字される印字パターンの間に印字するものである。 [0007] tape-shaped label producing device according to claim 4, in tape-shaped label producing device according to claim 3, the positioning mark is intended to be printed during the printing pattern to be repeatedly printed.

【0008】 [0008]

【発明の実施の形態】まず、第1の実施形態について説明する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS First, a description will be given of a first embodiment. 図1はテープ状ラベル作成装置の概略平面図である。 Figure 1 is a schematic plan view of a tape-shaped label producing device. テープ状ラベル作成装置1において、本体ケース2の上面には、後述するテープカセットを装着するためのカセット収容部5を覆う開閉可能なカセットカバー3 In the tape-shaped label producing device 1, on the upper surface of the main body casing 2, open the cassette cover 3 that covers the cassette accommodating portion 5 for loading a tape cassette to be described later
が設けられている。 It is provided. 本体ケース2には、文字等を入力するためのキーボード4、各種操作スイッチパネル7、入力された文字等を表示するための液晶表示部9が配置されている。 The main body case 2, a keyboard 4 for inputting characters and the like, various operation switches panel 7, the liquid crystal display unit 9 for displaying the input character or the like is disposed.

【0009】ここで、テープ状ラベル作成装置に用いられるカセットには、印字テープとインクリボンとを収容するレセプタタイプのカセットと、印字テープの代わりに透明テープと両面粘着テープを収容しこれらを貼り合わせて印字テープとするラミネートタイプのカセットがある。 [0009] Here, the cassette used for a tape-shaped label producing device, attached a receptor type cassette for storing the printing tape and the ink ribbon, it houses a transparent tape and double-sided adhesive tape instead of the print tape these there is a laminate type of cassette to the print tape together. さらに、レセプタタイプのカセットには、一つのカセットに印字テープとインクリボンを収容した所謂テープ・リボン一体型カセットと、印字テープとインクリボンを夫々テープカセットとリボンカセットに分けて収容しテープカセットに対してリボンカセットが着脱可能に装着できる所謂テープ・リボン分離型カセットがある。 Furthermore, the receptor type cassette, a so-called tape ribbon integrated cassette accommodating a printing tape and an ink ribbon in one of the cassette, the housing separately print tape and an ink ribbon respectively tape cassette and the ribbon cassette tape cassette there is a so-called tape ribbon separated cassette ribbon cassette can be mounted detachably against.

【0010】第1の実施形態に示すテープ状ラベル作成装置は、レセプタタイプとラミネートタイプのいずれのカセットにも対応できるものであるが、この第1の実施形態では、テープ状ラベル作成装置に、レセプタタイプのテープ・リボン分離型カセットを装着した場合について説明する。 [0010] The first embodiment the tape-shaped label producing device shown in form, but in which can cope with any cassettes receptor type and the laminated type, in this first embodiment, the tape-shaped label producing device, description will be given of a case fitted with a receptor type of tape-ribbon separation type cassette.

【0011】図2は、テープカセットとリボンカセットを装着したテープ状ラベル作成装置1を示す平面図である。 [0011] Figure 2 is a plan view showing a tape-shaped label producing device 1 equipped with a tape cassette and the ribbon cassette. 図2に示すように、カセット収容部5には、印字テープ22を巻きつけるためのテープスプール23を備えたテープカセット20と、インクリボン32が巻装されたリボンスプール33を備えたリボンカセット30とが装着される。 As shown in FIG. 2, the cassette accommodating portion 5, the ribbon cassette 30 with the tape cassette 20 with the tape spool 23 for winding the printing tape 22, the ribbon spool 33 in which the ink ribbon 32 is wound door is mounted. テープカセット20は、テープケース21 Tape cassette 20, the tape case 21
の内部に、印字テープ22を巻回するための回転可能なテープスプール23と、印字テープ22の搬送に寄与するテープ送りローラ24を設けたものである。 Inside of a rotatable tape spool 23 for winding the printing tape 22, is provided with a tape feed roller 24 contributes to the conveyance of the printing tape 22.

【0012】又、リボンカセット30は、リボンケース31の内部に、インクリボン32が巻回されたリボンスプール33と、このインクリボン32を巻取るリボン巻取りスプール34とを回転可能に設けたものである。 [0012] Further, the ribbon cassette 30, the interior of the ribbon casing 31, which the ribbon spool 33 in which the ink ribbon 32 is wound, is provided rotatably and a ribbon take-up spool 34 for taking up the ink ribbon 32 it is. また、リボンカセット30には、下方から挿入されるサーマルヘッド12(後述)を収容するヘッド収容部37が形成されている。 Further, the ribbon cassette 30, the head accommodating portion 37 for accommodating the thermal head 12 (described later) which is inserted from below is formed. インクリボン32と印字テープ22とは、互いに重なった状態で、ヘッド挿入部37に挿入されたサーマルヘッド12(後述)に導かれる。 The ink ribbon 32 and the printing tape 22, in a state of overlapping each other, are guided to the thermal head 12 (described later) which is inserted into the head insertion portion 37. そして、 And,
インクリボン32は、リボンケース31の、ヘッド挿入部37に近接して設けられた分離部材35によって、略鋭角的に折曲されて印字テープ22から離間し、リボン巻取りスプール34で巻き取られるように構成されている。 The ink ribbon 32, the ribbon casing 31, the separating member 35 provided close to the head insertion portion 37, separated from the print tape 22 is substantially acutely bent, wound by the ribbon take-up spool 34 It is configured to.

【0013】次に、テープ状ラベル作成装置1について説明する。 [0013] Next, a description will be given of the tape-shaped label producing device 1. テープ状ラベル作成装置1では、テープカセット20のテープスプール23に係合可能なテープ巻取カム41と、リボンカセット30のリボン巻取スプール34に係合可能なリボン巻取カム42と、テープ送りローラ24に係合するテープ駆動カム43とが、本体フレーム11により回転可能に支持されている。 In the tape-shaped label producing device 1, the tape winding cam 41 engageable with the tape spool 23 of the tape cassette 20, and engageable with the ribbon take-up cam 42 to the ribbon take-up spool 34 of the ribbon cassette 30, the tape feed a tape drive cam 43 for engaging the roller 24 is rotatably supported by the main body frame 11. テープ状ラベル作成装置1には、テープに印字を行うためのサーマルヘッド12が設けられている。 The tape-shaped label producing device 1, the thermal head 12 for performing printing on the tape is provided. サーマルヘッド12 The thermal head 12
は、リボンカセット30をテープ状ラベル作成装置1に装着した状態で、リボンカセット30のヘッド収容部3 Is a ribbon cassette 30 in a state mounted on the tape-shaped label producing device 1, the head accommodating portion 3 of the ribbon cassette 30
7に挿入される。 It is inserted into the 7.

【0014】サーマルヘッド12には、サーマルヘッド12との間でテープを挟み込むプラテンローラ65が対向している。 [0014] The thermal head 12, a platen roller 65 sandwiching the tape between the thermal head 12 is opposed. また、テープカセット20のテープ送りローラ24には、テープ送りローラ24との間でテープを挟み込むテープ送りサブローラ66が対向している。 Further, the tape feed roller 24 of the tape cassette 20, the tape feed subroller 66 sandwiching the tape between the tape feed roller 24 is opposed. プラテンローラ65とテープ送りサブローラ66とは、本体フレーム11に対して揺動可能なローラホルダ67によって保持されている。 The platen roller 65 and the tape feed subroller 66 is held by a pivotable roller holder 67 relative to the main frame 11. そして、ローラホルダ67に保持されたプラテンローラ65とテープ送りサブローラ6 Then, the platen roller 65 is held by the roller holder 67 and the tape feeding sub-roller 6
6が、各々対峙するサーマルヘッド12及びテープ送りローラ24との間で印字テープ及びインクリボンを押圧する圧接位置(図2)と、サーマルヘッド12とテープ送りローラ24から離間したリリース位置(図3)との間で揺動するように構成されている。 6, a pressing position for pressing the printing tape and the ink ribbon between the thermal head 12 and tape feed roller 24 facing each (FIG. 2), the release position (FIG. 3 spaced apart from the thermal head 12 and tape feed roller 24 ) are configured to swing between.

【0015】即ち、テープカセット20に収容された印字テープ20と、リボンカセット30に収容されたインクリボン32は、プラテンローラ65等によって搬送され、サーマルヘッド12にて印字が行われた後、インクリボン32はリボンスプール34に巻き取られ、印字テープ22はテープカセット20から排出される。 [0015] That is, the print tape 20 accommodated in the tape cassette 20, the ink ribbon 32 accommodated in the ribbon cassette 30 is conveyed by the platen roller 65, etc., after the printing by the thermal head 12 is performed, the ink ribbon 32 is wound on the ribbon spool 34, the print tape 22 is discharged from the tape cassette 20. テープ状ラベル作成装置1には、テープカセット20から排出された印字テープ22を切断するためのカッター84 The tape-shaped label producing device 1, a cutter 84 for cutting the print tape 22 discharged from the tape cassette 20
と、カッター84を駆動するための切断用ノブ85、及び印字テープの先端を検出する先端検出センサ90が設けられている。 When the tip detection sensor 90 detects the leading end of the cutting knob 85 and the printing tape, for driving the cutter 84 is provided.

【0016】次に、プラテンローラ65及びテープ送りサブローラ66とを支持するローラホルダ67の揺動機構について説明する。 Next, a description will swing mechanism of the roller holder 67 for supporting the platen roller 65 and the tape feed subroller 66. ローラホルダ67は、ソレノイド80により揺動される。 Roller holder 67 is swung by a solenoid 80. ソレノイド80の作動レバー8 The operation of the solenoid 80 lever 8
0aには、テープ状ラベル作成装置1の本体フレーム1 The 0a, body frame 1 of the tape-shaped label producing device 1
1に対し、図中上下方向に摺動可能に保持された作動板74が固定されている。 To 1, the operation plate 74 is fixed which is slidably held in the vertical direction in FIG. 作動板74のソレノイド80と反対側の端部には軸73が立設されている。 The end of the solenoid 80 and the opposite side of the operation plate 74 the shaft 73 is erected.

【0017】ここで、支軸68により揺動可能に支持されているローラホルダ67は、図示しないばね部材によって、リリース位置(図中下方)に揺動するよう付勢されている。 [0017] Here, the roller holder 67 is pivotably supported by the shaft 68, by a spring member (not shown), and is biased to swing in the release position (figure below). そして、ローラホルダ67は、図中下方に位置するリリースロッド71に当接するカム面67aを有している。 The roller holder 67 has a contact with the cam surface 67a to the release rod 71 which is located downward in the figure. リリースロッド71にはコロ72が枢着され、コロ72が本体フレーム11の立設壁11aに当接することによって図中左右方向に摺動可能となる。 Roller 72 is pivoted to the release rod 71, the roller 72 is slidable in the horizontal direction in the drawing by abutting the upright wall 11a of the main body frame 11. リリースロッド71に立設された支軸76aには軸支される揺動レバー76には、作動板74に立設された軸73に係合する溝が形成されており、作動板74の図中上下方向の運動によって、揺動レバー76が回動する。 The swing lever 76 to pivot 76a erected on the release rod 71 is rotatably supported, a groove which engages is formed in the shaft 73 erected on the operating plate 74, a diagram of the operation plate 74 the middle vertical movement, the swing lever 76 is rotated.

【0018】ソレノイド80の作動レバー80aが、図2に示す突出状態となると、それに伴って作動板74が図中下方に移動する。 The operating lever 80a of the solenoid 80, when the protruding state shown in FIG. 2, the actuation plate 74 with it to move downward in FIG. そして、リリースロッド71が図中左方に移動して、ローラホルダ67と立設壁11aとの間にクサビ状に侵入して、ローラホルダ67を圧接位置に移動させる。 The release rod 71 moves to the left in the drawing, penetrates the wedge shape between the roller holder 67 and the standing wall 11a, moves the roller holder 67 to the pressing position. 一方、ソレノイド80の作動レバー8 On the other hand, the actuating lever 8 of the solenoid 80
0aが、図3に示す引き込み状態となると、それに伴って作動板74が図中下方に移動する。 0a is, when a pull state shown in FIG. 3, the operation plate 74 is moved downward in the drawing along with it. そして、リリースロッド71が図中右方移動して、ローラホルダ67への付勢を解除するため、ローラホルダ67は前記のばね部材によってリリース位置に移動する。 The release rod 71 moves rightward in the drawing, to release the urging to the roller holder 67, the roller holder 67 is moved to the release position by the spring member. このようにして、 In this way,
ローラホルダ67に保持されたプラテンローラ65とテープ送りサブローラ66は、ソレノイド80の駆動により、圧接位置(図2)とリリース位置(図3)との間で揺動する。 A platen roller 65 and the tape feed subroller 66 held by the roller holder 67 is driven by the solenoid 80 swings between the contact position (FIG. 2) and the release position (FIG. 3).

【0019】次に、リボンカセット30のテープカセット20への取付構造について説明する。 Next, a description structure for mounting the tape cassette 20 of the ribbon cassette 30. 図4は、テープカセット20とリボンカセット30とを別々に示す斜視図である。 Figure 4 is a perspective view showing the tape cassette 20 and the ribbon cassette 30 separately. 図3及び図4に示すように、テープカセット20には、リボンカセット30を収容する為のリボンカセット収容部21fが形成されている。 As shown in FIGS. 3 and 4, the tape cassette 20, the ribbon cassette accommodating portion 21f for housing the ribbon cassette 30 is formed. また、テープカセット20の外周には、鉛直方向(テープカセット20 Further, on the outer periphery of the tape cassette 20, the vertical direction (the tape cassette 20
の厚み方向)に延びる2つの案内軸21a、21bが突設され、テープカセット20の底面21cには、鉛直方向に延びる位置決め軸21d、21eが突設されている。 Two guide shafts 21a extending in the thickness direction), 21b is protruded on the bottom surface 21c of the tape cassette 20, the positioning shaft 21d, 21e are projected vertically extending. 図4に示すように、案内軸21a、21bはテープカセット20の天面よりも突出している。 As shown in FIG. 4, the guide shaft 21a, 21b is projected than the top surface of the tape cassette 20. これに対し、 On the other hand,
位置決め軸21d、21eは、案内軸21a、21bよりも短く、テープカセット1の天面には達していない。 Positioning shafts 21d, 21e, the guide shafts 21a, shorter than 21b, does not reach the top surface of the tape cassette 1.

【0020】図5は、リボンカセット30の内部を示す平面図である。 [0020] FIG. 5 is a plan view showing the inside of the ribbon cassette 30. 図4及び図5に示すように、リボンカセット30の外周には、テープカセット20に形成された案内軸21a、21bに夫々係合する案内レール31 As shown in FIGS. 4 and 5, on the outer periphery of the ribbon cassette 30, the guide rails 31 that respectively engage with the guide shaft 21a, 21b formed in the tape cassette 20
a、31b、位置決め軸21d、21eに夫々係合する位置決めレール31d、31eが設けられている。 a, 31b, respectively engage positioning rails 31d, 31e are provided on the positioning shafts 21d, 21e. また、リボンケース31の蓋部材31eの上面には、つまみ片31f、31gが夫々形成されている。 On the upper surface of the lid member 31e of the ribbon casing 31, a knob piece 31f, 31 g are respectively formed.

【0021】そのため、リボンカセット30をテープカセット20に装着すると、最初に案内軸21a、21b [0021] Therefore, to mount the ribbon cassette 30 in the tape cassette 20, the first guide shaft 21a, 21b
と案内レール31a、31bが係合する。 And the guide rails 31a, 31b are engaged. 図6に、案内軸21a、21b、位置決め軸21d、21e、案内レール31a、31b及び位置決めレール31d、31e 6, the guide shafts 21a, 21b, positioning shafts 21d, 21e, the guide rails 31a, 31b and the positioning rails 31d, 31e
の、リボンカセット装着方向における位置関係を示す。 Of, showing the positional relationship in the ribbon cassette mounting direction.
なお、図6において(A)はリボンカセット30の装着開始時を示し、(B)は装着中を示し、(C)は装着終了時を示す。 Note that in FIG. 6 (A) shows the time of mounting the start of the ribbon cassette 30, (B) shows a during wear, shows the time of mounting ends (C). 図6に示すように、案内レール31a、3 As shown in FIG. 6, the guide rails 31a, 3
1b、位置決めレール31d,31eには、夫々案内軸21a、21b、位置決め軸21d、21eが嵌合する溝部が形成されており、当該溝部の幅は下方(装着方向)ほど幅が細くなるようテーパが形成されている。 1b, the positioning rails 31d, the 31e, respectively the guide shafts 21a, 21b, positioning shafts 21d, 21e has grooves for fitting is formed such that the width the width of the groove as the lower (mounting direction) becomes narrower taper There has been formed.

【0022】図6(A)に示すように、リボンカセット30の装着開始時には、案内軸21a、21bと案内レール31a、31bとが係合し、リボンカセット30の装着を案内、位置決めする。 As shown in FIG. 6 (A), at the time of mounting the start of the ribbon cassette 30, the guide shafts 21a, 21b and the guide rails 31a, and the 31b engages, guides the mounting of the ribbon cassette 30 is positioned. 案内軸21a、21bの下側の所定量の部分はより小径の支持柱となっているため、図6(B)に示すように、リボンカセット30を装着していき、案内レール31a、31bの最小幅の部分(即ち、レール31a、31bの下端)が、案内軸21 The guide shaft 21a, because that is the lower predetermined amount of portion smaller diameter support pillars 21b, as shown in FIG. 6 (B), gradually wearing the ribbon cassette 30, the guide rails 31a, 31b of the portion of the minimum width (i.e., the rail 31a, the lower end of 31b) is, the guide shaft 21
a、21bの小径部に達した後、位置決め軸21d、2 a, after reaching the small-diameter portion of the 21b, the positioning shaft 21d, 2
1eと位置決めレール31d、31eとが係合するに伴い、案内軸21a、21bは案内レール31a、31b Along with 1e and positioning rails 31d, and the 31e engages, the guide shafts 21a, 21b are guide rails 31a, 31b
から徐々に開放されていく。 It is gradually released from.

【0023】図6(C)に示すように、リボンカセット30の装着終了時には、位置決めレール31d、31e As shown in FIG. 6 (C), at the time of mounting the end of the ribbon cassette 30, positioning rails 31d, 31e
の最小幅の部分と位置決め軸21d、21eの下端とが係合し、リボンカセット30の装着を案内、位置決めする。 Minimum width of the portion with the positioning shaft 21d of the lower end and is engaged in 21e, guide the mounting of the ribbon cassette 30 is positioned. 位置決めレール31d、31eの最小幅の部分と位置決め軸21d、21eとの間のクリアランスは僅かであるため、位置決めレール31d、31eと位置決め軸21d、21eによって、テープカセット20に対するリボンカセット30の位置決めがなされる。 Positioning rails 31d, portions the positioning shaft 21d of the minimum width of 31e, for clearance between the 21e is small, the positioning rails 31d, 31e and the positioning shaft 21d, the 21e, positioning of the ribbon cassette 30 to the tape cassette 20 It is made.

【0024】このように、リボンカセット30の装着開始時には、案内軸21a、21bと案内レール31a、 [0024] In this way, at the time of mounting the start of the ribbon cassette 30, the guide shafts 21a, 21b and the guide rails 31a,
31bの係合によって、テープカセット20に対してリボンカセット30が案内、位置決めされ、装着終了時には、位置決め軸21d、21eと位置決めレール31 By engagement of 31b, the ribbon cassette 30 is guided with respect to the tape cassette 20 is positioned, at the time of mounting ends, positioning shafts 21d, 21e and the positioning rail 31
d、31eが係合することによって、テープカセット2 By d, 31e are engaged, the tape cassette 2
0に対してリボンカセット30が案内、位置決めされる。 Ribbon cassette 30 is guided, is positioned with respect to 0. かくして、図7に示すように、リボンカセット30 Thus, as shown in FIG. 7, the ribbon cassette 30
とテープカセット20は一体になる。 The tape cassette 20 is made in one piece.

【0025】なお、テープカセット20がテープ状ラベル作成装置1に装着されている状態で、リボンカセット30を装着する際には、図3に示すように、ローラホルダ67をリリース状態にして、プラテンローラ65とサーマルヘッド12の間、及びテープ送りローラ24とテープ送りサブローラ66との間を広げてから行う。 [0025] In the state where the tape cassette 20 is loaded in the tape-shaped label producing device 1, when attaching the ribbon cassette 30, as shown in FIG. 3, and the roller holder 67 in the release state, the platen between the rollers 65 and the thermal head 12, and performs the spread between the tape feed roller 24 and the tape feed subroller 66.

【0026】このように、本実施の形態の印字テープ・ [0026] In this way, the print tape of the present embodiment
インクリボン分離型カセットは、テープカセット20に案内部(案内軸21a、21b、位置決め軸21d、2 Ink ribbon separated cassette guide portion in the tape cassette 20 (the guide shaft 21a, 21b, the positioning shaft 21d, 2
1e)を設け、リボンカセット30に被案内部(案内レール31a、31b、位置決めレール31d、31e) 1e) The provided, guided portion in the ribbon cassette 30 (guide rails 31a, 31b, the positioning rails 31d, 31e)
を設け、リボンカセット30の装着開始時と装着完了時とで、異なる案内部と被案内部の組によって、リボンカセット30が案内され、位置決めされるよう構成される。 The provided in the mounting starting ribbon cassette 30 and at the time of attachment-complete, by a set of different guide portion and the guided portion, the ribbon cassette 30 is guided, configured to be positioned. 従って、個々の案内部の装着方向の長さを小さく形成することが可能になり、リボンカセット30の装着が容易になるという利点がある。 Therefore, it is possible to reduce forming the length of the mounting direction of the respective guide portion, there is an advantage that the mounting of the ribbon cassette 30 is facilitated. また、特に幅の広いテープの場合に、案内部の装着方向の長さを小さくできるため、成形が容易になるという効果が得られる。 Further, particularly in the case of the wide tape width, it is possible to reduce the length of the mounting direction of the guide portion, the effect is obtained that the molding is facilitated.

【0027】次に、テープ及びインクリボンの搬送機構について説明する。 [0027] Next, a description will be given of the transport mechanism of the tape and the ink ribbon. 図8及び図9は、テープ及びインクリボンの搬送機構を示す平面図である。 8 and 9 are a plan view showing a transfer mechanism of the tape and the ink ribbon. 図8に示すように、本体フレーム11の右端部にはステッピングモータであるテープ駆動モータ44が取り付けられ、このテープ駆動モータ44の駆動軸に駆動ギヤ45が固定されている。 As shown in FIG. 8, the right end portion of the main frame 11 is attached the tape drive motor 44 is a stepping motor, the driving gear 45 is fixed to the drive shaft of the tape drive motor 44. 駆動ギア45には、本体フレーム11に回転可能に設けられた第1ギヤ46が係合している。 The drive gear 45, first gear 46 rotatably provided on the main body frame 11 is engaged. ギア46にはギア46aが同軸上に一体形成されている。 Gear 46a is integrally formed coaxially with the gear 46. ギア46 Gear 46
aには、本体フレーム11に設けられたギア47が係合している。 The a, a gear 47 provided on the body frame 11 is engaged.

【0028】リボン巻取カム42周辺のギア列を図10 [0028] FIG. 10 a gear train around the ribbon take-up cam 42
に示す。 To show. 図10に示すように、ギア47には、リボン巻取カム42の回転軸42aに対して回転可能に設けられたギア49が係合している。 As shown in FIG. 10, the gear 47, a gear 49 rotatably provided with respect to the rotation axis 42a of the ribbon take-up cam 42 is engaged. ギア49は、本体フレーム11に回転可能に保持されたギア50に係合している。 Gear 49 is engaged with a gear 50 which is rotatably held by the main body frame 11.
ギヤ50と同軸上にギヤ51が一体形成されている。 Gear 51 is integrally formed on the gear 50 coaxially. ギヤ51の上部には、ギア50、ギア51の回転軸に対して揺動可能な揺動レバー56が設けられており、揺動レバー56の下面と第6ギヤ51の上面との間には適度の摩擦抵抗が与えられている。 At the top of the gear 51, gear 50, swingable swing lever 56 is provided with respect to the axis of rotation of the gear 51, between the lower surface and the upper surface of the sixth gear 51 of the swing lever 56 is moderate frictional resistance is given. 揺動レバー56には、ギヤ51に常時噛み合う遊星ギヤ57が回転可能に枢支されている。 The swing lever 56, the planetary gears 57 meshing always with the gear 51 is rotatably supported.

【0029】遊星ギア57は、図10に示すように、テープ巻取カム41の下端部に固着されたテープ巻取ギア52と係合する位置と、図8に示すように、テープ巻取ギア52から離れた位置の間で揺動可能となっている。 The planetary gear 57, as shown in FIG. 10, a position engaging the tape winding gear 52 fixed to the lower end of the tape winding cam 41, as shown in FIG. 8, the tape winding gear and swingable between a position away from the 52.
そして、図8に示すように、テープ駆動モータ44が時計方向に回転(正回転駆動)し、ギヤ50が時計方向に回転すると、ギア51との間の摩擦抵抗により揺動レバー56も時計方向に回動し、それに伴い、遊星ギヤ57 Then, as shown in FIG. 8, the tape drive motor 44 is rotated (normal rotation drive) clockwise, the gear 50 is rotated clockwise, the swing lever 56 also clockwise by frictional resistance between the gear 51 rotates, accordingly, the planetary gears 57
がテープ巻取ギヤ52から離れ、テープ巻取カム41がフリーになる。 There away from the tape take-up gear 52, tape winding cam 41 becomes free.

【0030】ギヤ50はギア53に係合しており、ギア53はテープ駆動ギヤ54に係合している。 The gear 50 is engaged with the gear 53, the gear 53 is engaged with the tape drive gear 54. 即ち、テープ駆動モータ44の回転はこれらギヤ45〜54を介してテープ駆動ギヤ54に固着されたテープ駆動カム43 That is, the tape drive cam 43 secured to the tape drive gear 54 rotates the tape drive motor 44 through these gears 45-54
に伝達される。 It is transmitted to the. 一方、ギヤ53はギア55にも係合しており、プラテンローラ65を駆動するための後述のプラテンギヤ65aに係合している。 On the other hand, the gear 53 is engaged to the gear 55 is engaged with the platen gear 65a to be described later for driving the platen roller 65.

【0031】図11(A)は、プラテンローラ65の駆動部分を示す側断面図である。 FIG. 11 (A) is a side sectional view showing a driving portion of the platen roller 65. 図11(A)に示すように、プラテンローラ65は、ローラ本体651とローラ本体651の内部を貫通するローラシャフト652よりなっている。 As shown in FIG. 11 (A), the platen roller 65 is made from the roller shaft 652 which passes through the interior of the roller body 651 and the roller body 651. ローラシャフト652は中空になっており、この中空部分には、プラテンローラ65を回転駆動するための駆動シャフト653が挿入されている。 The roller shaft 652 is hollow, the hollow portion, the drive shaft 653 for rotating the platen roller 65 is inserted. 図1 Figure 1
1(B)はローラシャフト652の軸方向中心部における断面図である。 1 (B) is a sectional view in the axial center portion of the roller shaft 652. 図11(B)に示すように、ローラシャフト652の軸方向の略中心から内側に突出形成された係合突起654と、駆動シャフト653に設けられた係合溝655とが係合している。 As shown in FIG. 11 (B), the engaging projection 654 from the substantially center in the axial direction is protruded to the inside of the roller shaft 652, with the engaging groove 655 provided on the drive shaft 653 is engaged . この係合は、プラテンローラ65の軸方向中心部のみで行われている。 This engagement is carried out only in the axial center portion of the platen roller 65. 即ち、 In other words,
駆動シャフト653はローラシャフト652に対し、軸方向には一カ所で係合している。 The drive shaft 653 relative to the roller shaft 652, engages in one place in the axial direction.

【0032】駆動シャフト653は、図11(A)に示すように、可動ケース656により回転可能に支持され、可動ケース656は、ローラホルダ67に対し図中上下方向に移動可能に支持されている。 The drive shaft 653, as shown in FIG. 11 (A), is rotatably supported by the movable case 656, the movable case 656 is movably supported relative to the roller holder 67 in vertical direction in the drawing . また、可動ケース656は、ローラホルダ67に設けられたばね65b The spring 65b movable case 656, provided in the roller holder 67
によりその軸方向両端を、図中上方に付勢されている。 Its axial ends, and is urged upward in the drawing by.
そのため、プラテンローラ65は、ヘッド12に対し(プラテンローラ65の軸方向に)均一な付勢力で付勢される。 Therefore, the platen roller 65 is biased to a head 12 (in the axial direction of the platen roller 65) with a uniform biasing force. このように構成されているため、ギア53が回転すると、ギア55とギア65aを介してプラテンローラ65が回転する。 Since the thus configured, when the gear 53 rotates, the platen roller 65 is rotated via the gear 55 and the gear 65a. さらに、プラテンローラ65はヘッド12に対し(プラテンローラ65の軸方向に)均一な押圧力で押圧される。 Furthermore, the platen roller 65 is pressed in to a head 12 (in the axial direction of the platen roller 65) uniform pressing force.

【0033】図12はテープ送りサブローラ66の駆動部を示す側断面図である。 [0033] FIG. 12 is a side sectional view showing a driving portion of the tape feed subroller 66. 図12(A)に示すように、 As shown in FIG. 12 (A),
テープ送りサブローラ66は、ローラ本体661とローラ本体661の内部を貫通するローラシャフト662よりなっている。 Tape feed subroller 66 is made from the roller shaft 662 through the interior of the roller body 661 and the roller body 661. ローラシャフト662は中空になっている。 The roller shaft 662 is in a hollow. ローラシャフト662の中空部分には、テープ送りサブローラ66を回転駆動するための駆動シャフト66 The hollow portion of the roller shaft 662, a drive shaft 66 for rotationally driving the tape feed subroller 66
3が挿入されている。 3 is inserted. 図12(B)はローラシャフト6 And FIG. 12 (B) is the roller shaft 6
62の軸方向中心部における断面図である。 62 is a sectional view in the axial center portion of the. 図12 Figure 12
(B)に示すように、ローラシャフト662の軸方向の略中心から内側に突出形成された係合突起664と、駆動シャフト663に設けられた係合溝665とが係合している。 (B), the the engaging projection 664 from the substantially center in the axial direction is protruded to the inside of the roller shaft 662, with the engaging groove 665 provided on the drive shaft 663 is engaged. この係合は、テープ送りサブローラ66の軸方向中心部のみで行われている。 This engagement is carried out only in the axial center portion of the tape feed subroller 66. 即ち、駆動シャフト66 That is, the drive shaft 66
3はローラシャフト662に対し、軸方向には一カ所で係合している。 3 to the roller shaft 662, engages in one place in the axial direction.

【0034】駆動シャフト663は、可動ケース666 [0034] The drive shaft 663, movable case 666
により回転可能に支持され、可動ケース666はローラホルダ67に対し、図中上下方向に移動可能に支持されている。 Is rotatably supported by the movable case 666 to the roller holder 67 is movably supported in the vertical direction FIG. 可動ケース666は、ローラホルダ67に設けられたばね66bにより、その軸方向両端部を図中上方に付勢されている。 Movable case 666, by a spring 66b provided in the roller holder 67 is biased to its axially opposite ends upward in the drawing. そのため、テープ送りサブローラ6 Therefore, the tape feeding sub-roller 6
6は、テープ駆動ローラ42に対し、軸方向に均一な付勢力で付勢される。 6, compared tape drive roller 42 is biased with a uniform biasing force in the axial direction. このように構成されているため、ギア53が回転すると、ギア54とギア66aを介してテープ送りサブローラ66が回転する。 Since the thus configured, when the gear 53 rotates, the tape feed subroller 66 via the gear 54 and the gear 66a is rotated. また、プラテンローラ65と同様、テープ送りサブローラ66は、テープ送りローラ24に対し(テープ送りサブローラ66の軸方向に)均一な押圧力で押圧される。 Further, similarly to the platen roller 65, the tape feed subroller 66, to the tape feed roller 24 (in the axial direction of the tape feed subroller 66) is pressed with a uniform pressure.

【0035】ここで、プラテンローラ65による印字テープ22の送り力を、テープ送りサブローラ66よりも大きくなるよう、プラテンローラ65とテープ送りサブローラ66の表面の摩擦係数と、プラテンローラとサーマルヘッド12の間の押圧力(即ち、ばね65b)及びテープ送りローラ24とテープ送りテープ送りサブローラ66との間の押圧力(即ち、ばね65b)を設定している。 [0035] Here, the feeding force of the print tape 22 by the platen roller 65, to be larger than the tape feed subroller 66, and the friction coefficient of the surface of the platen roller 65 and the tape feeding sub-roller 66, the platen roller and the thermal head 12 pressing force between (i.e., springs 65b) and the pressing force between the tape feed roller 24 and the tape feed the tape feed subroller 66 (i.e., a spring 65b) has set. そして、テープ送りサブローラ66の周速はプラテンローラ65よりも僅かに速く設定することによって、テープ送りサブローラ66と印字テープ22との間でスリップを発生させている。 Then, the peripheral speed of the tape feed subroller 66 by setting slightly faster than the platen roller 65, is generating a slip between the tape feed subroller 66 and the printing tape 22. このように、実際に印字を行うプラテンローラ65にて印字テープの搬送すると共に、テープ送りサブローラ66により印字テープに適度な張力を生じさせることによって、安定した搬送を行うことができる。 Thus, conveys the print tape by the platen roller 65 to perform actual printing, by causing an appropriate tension to the print tape by the tape feed subroller 66, it is possible to perform a stable conveyance.

【0036】次に、印字テープの巻き戻しについて説明する。 [0036] Next, a description will be given of the rewinding of the print tape. 図10に示すように、リボン巻取カム42の下端部にはギア48が設けられている。 As shown in FIG. 10, the gear 48 is provided at the lower end portion of the ribbon take-up cam 42. リボン巻取カム42 The ribbon take-up cam 42
とギア48とは、後述のクラッチバネ60を介して連結している。 The gear 48 and is coupled via a clutch spring 60 which will be described later. 一方、図8に示すように、リボン巻取カム4 On the other hand, as shown in FIG. 8, the ribbon take-up cam 4
2の回転軸に対し回転可能に設けられたギア47には、 The gear 47 provided rotatably relative to the second rotary shaft,
本体フレーム11に回転可能に設けられたギア301が係合している。 Gear 301 rotatably provided on the main body frame 11 is engaged. ギア301には、ギア301の回転軸を中心として揺動するレバー302が設けられており、レバー302にはギア301に係合する遊星ギア306が軸支されている。 The gear 301, the lever 302 which swings is provided, the planetary gear 306 which engages the gear 301 on the lever 302 is rotatably supported about the axis of rotation of the gear 301.

【0037】そのため、図8に示すように、(テープ送りモータ44が時計回りに回転し)ギヤ301が反時計方向回転すると、ギア301の上面と揺動レバー302 [0037] Therefore, as shown in FIG. 8, (the tape feed motor 44 is rotated clockwise) the gear 301 rotates counterclockwise, the upper surface of the gear 301 and the swing lever 302
との摩擦によって、揺動レバー302が同方向に移動して遊星ギヤ306がギヤ48と噛み合う。 Due to friction with the planetary gear 306 meshes with the gear 48 swing lever 302 is moved in the same direction. 遊星ギア30 Planetary gear 30
6と係合したギヤ48は、反時計方向回転し、同時にリボン巻取りカム42も同方向に回転する。 6 engaged with the gear 48 counterclockwise and rotating, is also rotated in the same direction the ribbon take-up cam 42 at the same time. 即ち、インクリボン32がリボン巻取スプールに巻き取られていく。 That is, the ink ribbon 32 is gradually taken up by the ribbon take-up spool.

【0038】印字テープ22の巻き戻し時には、ソレノイド80が作動して、ローラホルダ67をリリース位置に揺動させる。 [0038] During rewinding of the print tape 22, the solenoid 80 is actuated, pivoting the roller holder 67 in the release position. また、テープ駆動モータ44は反時計方向に回転し、ギア47が反時計方向に回転する。 The tape drive motor 44 is rotated in the counterclockwise direction, the gear 47 is rotated in the counterclockwise direction. それに伴いギヤ301は時計方向に回転し、揺動レバー302 Gear 301 along with it is rotated clockwise, the swing lever 302
が同方向に移動し、ギヤ306とギヤ48とが離間状態となる。 There moves in the same direction, the gear 306 and the gear 48 is separated state. 即ち、リボン巻取カム42は停止状態となる。 In other words, the ribbon take-up cam 42 is in a stopped state.
なお、揺動レバー302にはストッパー304が形成されて、ストッパー304が本体フレーム11に設けられた当接片に当接することにより移動が停止する。 Incidentally, a stopper 304 is formed on the swing lever 302, the stopper 304 is moved is stopped by coming into contact with the contact piece provided in the main body frame 11.

【0039】ギア47が反時計方向に回転すると、ギア49を介してギヤ50は反時計方向に回転し、揺動レバー56が同方向に移動し、ギヤ57とテープ巻取ギヤ5 [0039] When the gear 47 rotates counterclockwise, the gear 50 is rotated counterclockwise, the swing lever 56 is moved in the same direction via the gear 49, gear 57 and the tape take-up gear 5
2とが噛み合う。 2 and is engaged. すると、ギヤ52と一体的に形成されたテープ巻取カム41が反時計方向に回転して印字テープ22を巻き取る方向に回転する。 Then, the gear 52 and the tape take-up cam 41 integrally formed rotates in the direction of winding the printing tape 22 is rotated in the counterclockwise direction. この際、テープ駆動ギヤ54とギヤ55はそれぞれ印字時とは反対方向に回転しているが、ローラホルダ67が離間状態なので、印字テープ22やインクリボン32に対しては何ら作用しない。 At this time, although the time of printing each tape drive gear 54 and the gear 55 are rotated in the opposite direction, the roller holder 67 is separated state, does not act at all with respect to the print tape 22 and the ink ribbon 32.

【0040】なお、リボン巻取カム42とギア48とを連結するクラッチバネ60は、リボン巻取カム42の周囲に巻かれたコイルバネである。 [0040] Incidentally, the clutch spring 60 for connecting the ribbon take-up cam 42 and the gear 48 is a coil spring wound around the ribbon take-up cam 42. ギア48が反時計回りに回転した場合、クラッチバネ60と回転軸42aとの摩擦により、リボン巻取カム42はギア48と共に回転する。 If the gear 48 is rotated counterclockwise, by the friction between the clutch spring 60 and the rotary shaft 42a, a ribbon take-up cam 42 is rotated together with the gear 48. しかし、リボン巻取カム42が外力によってギア48よりも遅い速度で回転した場合、クラッチバネ60 However, if the ribbon take-up cam 42 is rotated at a slower speed than the gear 48 by an external force, the clutch spring 60
の巻き付きが緩むため、リボン巻取カム42とクラッチバネ60との間にすべりが発生する。 Since winding of the loosening, slippage occurs between the ribbon take-up cam 42 and the clutch spring 60. この場合、リボン巻取カム42は、ギア48ではなく、外力によって回転する。 In this case, the ribbon take-up cam 42, the gear 48, not rotated by an external force. このように構成されているため、インクリボンの巻取速度はプラテンローラ65による搬送速度により決まる。 Since the thus configured, the winding speed of the ink ribbon is determined by the conveying speed by the platen roller 65.

【0041】次に、印字テープの弛みを除去するための構成について説明する。 [0041] Next, the configuration for removing the slack of the print tape. 各ギヤのバックラッシュ等により、テープ送りサブローラギヤ66aよりもプラテンギヤ65aの方が先に回転を開始すると、テープ送りサブローラ66とプラテン65の間で印字テープ22にたるみが生じる。 The backlash of the gears, the direction of the platen gear 65a than the tape feed Saburoragiya 66a starts to rotate earlier, slack occurs in the print tape 22 between the tape feed subroller 66 and the platen 65. 従って、後述の先端検出センサ90にてテープの先端を検出する際にたるみが生じていると、テープ先端位置と印字開始原点位置との直線距離が異なってくる。 Therefore, when the slack is caused in detecting the leading end of the tape at below the tip detection sensor 90, it becomes different linear distance between the print start origin position the tape tip position. 即ち、テープを巻き戻した後再び印字テープ22 In other words, the print again after rewinding the tape tape 22
の先端を検出した時とで、印字位置にズレが生じることになる。 Tip and upon detection of a, so that the deviation in printing position occurs.

【0042】図11、13で示すように、プラテン65 [0042] As shown in Figure 11 and 13, the platen 65
に回転力を伝達するためのギア55は、上下2段のギヤ55a、55bからなり、軸55cの回りに回転する。 Gear 55 for transmitting the rotational force to the upper and lower stages of the gear 55a, composed 55b, rotates about the axis 55c.
回転方向に対してこれらのギヤは空隙55dがあり、ギヤ55bの回転に対してギヤ55aは時間遅れを生じて回転するため、テープ送りサブローラギヤ66aよりもプラテンギヤ65aが遅れて回転する。 These gears in the rotation direction has voids 55d, since the gear 55a relative to the rotation of the gear 55b is rotating occurs a time delay, it rotates platen gear 65a than the tape feed Saburoragiya 66a is delayed. そのため、ギアのバックラッシ等があったとしても、確実にテープ送りサブローラ66がプラテン65よりも先に回転を始める。 Therefore, even backlash or the like of the gears, ensures the tape feed subroller 66 starts to rotate before the platen 65.

【0043】なお、ギヤ55aとギヤ55b間にこの時点でどの様な空隙が発生しているか不明であるため、印字テープを正方向に搬送する前にあらかじめテープ駆動モータ44を逆回転させることで、次回印字テープを正方向に駆動する際ギヤ55aとギヤ55b間に確実に空隙を設ける。 Incidentally, since what kind of void at this point between the gear 55a and the gear 55b is unknown or has occurred, by reverse rotation of the tape drive motor 44 in advance before transporting the print tape in the forward direction reliably provided a gap between the gear 55a and the gear 55b when driving the next print tape in the forward direction. そうすれば、次回印字テープを正方向に搬送開始する際には、ギヤ55bに対してギヤ55aが確実に遅れて回転し始めるため、テープ送りサブローラ6 That way, since when starting transporting the next print tape in the forward direction, the gear 55a starts to rotate reliably delayed relative to the gear 55b, the tape feeding sub-roller 6
6に対してプラテンローラ65の回転が確実に遅れて開始されることになる。 Rotation of the platen roller 65 is to be started surely delayed with respect to 6. このようにして、印字テープの弛みの発生を防止することができる。 In this way, it is possible to prevent the occurrence of the print tape slack.

【0044】次に、テープ送りローラ24について説明する。 Next, a description will be given of the tape feed roller 24. 本実施の形態では、印字テープ22の搬送はプラテンローラ65によって行い、テープ送りローラ24は搬送される印字テープ22に張力を付与するために用いられる。 In this embodiment, the conveyance of the print tape 22 is carried by the platen roller 65, tape feed roller 24 is used to impart tension to the print tape 22 to be conveyed. そのため、テープ送りローラ24は、印字テープ22に対して適度なグリップ力(摩擦力)を持って作用する必要がある。 Therefore, the tape feed roller 24, it is necessary to act with an appropriate grip force (frictional force) with respect to the print tape 22.

【0045】図14は、テープ送りローラ24を示す斜視図である。 [0045] Figure 14 is a perspective view showing the tape feed roller 24. 図14に示すように、テープ送りローラ2 As shown in FIG. 14, the feeding roller 2
4は、略円筒状の外形を持ち、その上下方向中央部には周方向に延びる溝部241が形成されている。 4 has a substantially cylindrical outer shape, the groove portion 241 extending in the circumferential direction is formed at the vertically central portion. テープカセット20には、テープ送りローラ24を回転可能に保持するため、溝部241を押える板状部材であるすべり台部12が形成されている(図4)。 The tape cassette 20, for rotatably holding a tape feed roller 24, slide portion 12 is a plate-like member for pressing the groove 241 is formed (FIG. 4). 溝部241をすべり台部12に嵌合させることにより、テープ送りローラ24はテープカセット20に回転可能に保持される。 By fitting the groove 241 in the slide portion 12, the tape feed roller 24 is rotatably held in the tape cassette 20.

【0046】図14に示すように、テープ送りローラ2 [0046] As shown in FIG. 14, the feeding roller 2
4の溝部241を挟んで軸方向両側には、軸方向に延びる凹部と凸部が周方向に一定ピッチで形成されたローレット242、243が設けられている。 Axially both sides sandwiching the fourth groove 241, knurling 242 and 243 are provided concave portions and convex portions extending in the axial direction are formed at a constant pitch in the circumferential direction. さらに、ローレット242、243の隣接する凸部間のピッチをdとすると、各ローレット242、243は、1/2dだけ周方向にずらして形成されている。 Further, when the pitch between adjacent convex portions of the knurled 242 and 243 is d, the knurling 242, 243 are formed by shifting only 1 / 2d circumferential direction.

【0047】ローレットが形成されたテープ送りローラ24は、印字テープに間欠的に接することになるが、各ローレット242、243の位相を1/2ピッチ分ずらすことによって、実際の半分のピッチで印字テープ22 The tape feed roller 24 knurled has been formed, but come into contact intermittently to print tape, by shifting the phase of each knurling 242 and 243 1/2 pitch, printing the actual half the pitch tape 22
に接するようにすることができる。 It may be in contact with the. 即ち、テープ送りローラ24に複数のローレットを形成し、各々のローレットの位相をずらすことによって、印字テープへのグリップ力を増加させると共に、テープ送りローラ24が印字テープ22に小刻みなピッチで接するようにすることができる。 That is, to form a plurality of knurling the tape feed roller 24, by shifting each of the knurl of the phase, with increasing gripping force of the print tape, the tape feed roller 24 is in contact with wiggle pitch on the print tape 22 it can be. つまり、テープ送りローラ24を、印字テープ22に対して、より適度なグリップ力(摩擦力)で接触させることができるため、印字テープの安定した搬送に寄与することができる。 In other words, the tape feed roller 24, with respect to the print tape 22, since it is possible to contact a more moderate gripping force (frictional force), can contribute to stable conveyance of the print tape.

【0048】なお、本実施形態のテープ状ラベル作成装置は、プラテンローラ65によって印字テープ22の搬送を行い、テープ送りローラ24は印字テープ22に張力を付与するために用いたが、テープ送りローラ24によって印字テープ22を搬送するタイプのテープ状ラベル作成装置に本実施形態のテープ送りローラを使用することもできる。 [0048] Incidentally, the tape-shaped label producing device of the present embodiment performs conveyance of the print tape 22 by the platen roller 65, tape feed roller 24 is used to impart tension to the print tape 22, the tape feed roller it is also possible to use a tape feed roller of the present embodiment the tape-shaped label producing apparatus of the type for conveying the print tape 22 by 24. このような場合でも、グリップ力が増加すると共に小さなピッチで印字テープ22に接するようにすることができるため、印字テープの安定した搬送が可能になる。 Even in such a case, it is possible to make contact with the printing tape 22 with a small pitch with gripping force increases, it is possible to stably transport the print tape.

【0049】なお、図15に示すように、テープ送りローラ24の軸方向に3段のローレット部244、24 [0049] Incidentally, as shown in FIG. 15, the knurled portion of the three stages in the axial direction of the tape feed roller 24 244,24
5、246を形成し、上下のローレット244、246 5,246 to form the upper and lower knurled 244, 246
の位相を中間のローレット245の位相に対して1/2 1/2 of phase with respect to the phase of the middle of the knurled 245
ピッチだけずらして構成することも可能である。 It is also possible to configure shifted by pitch. このように構成することにより、テープ送りローラ24のローレットが、印字テープ22幅方向に対して対称になるため、印字テープ22がテープ送りローラ24に対して軸方向(即ち印字テープ22の幅方向)に斜行するのが防止される。 With this configuration, knurling of the tape feed roller 24, the printing to become symmetrical with respect to the tape 22 the width direction, the width direction of the axial direction (i.e. print tape 22 printed tape 22 against the tape feed roller 24 ) to skew is prevented.

【0050】次に、リボンカセットの識別について説明する。 Next, a description will be given identification of the ribbon cassette. 後述するように、本実施形態のテープ状ラベル作成装置は、マルチカラー印字(リボンカセットを色毎に交換して印字を行う方式)と、フルカラー印字(リボンカセットの交換無しに色の3原色を重ね合わせて色を再現していく方式)とを選択可能としたものである。 As described later, the tape-shaped label producing device of this embodiment, a multi-color printing (method of performing printing by replacing the ribbon cassette for each color), the three primary colors without exchanging full color printing (ribbon cassette superposed in which the to go system) and reproducing the color and can be selected. マルチカラー印刷では、単色のインクリボン(単色リボン) In a multi-color printing, single color ink ribbon (single-color ribbon)
が使用され、フルカラー印字では、複数色(イエロー/ There are used, the full-color printing, a plurality of colors (yellow /
マゼンタ/シアンの3原色等)が交互に塗布された所謂ダンダラリボンが使用される。 3 primary colors such as magenta / cyan) there is coated a so-called multi-color ribbon alternatively be used.

【0051】リボンカセット30には、インクリボン3 [0051] The ribbon cassette 30, the ink ribbon 3
2のリボン色やリボン幅(12、18、24、32mm) 2 of ribbon colors and ribbon width (12,18,24,32mm)
により、複数種類が準備されており、リボンケース31 By, and a plurality of types is prepared, ribbon case 31
の垂直壁部31dの下端部には、これら複数種類のリボンカセット30の何れかを検出させる為に、8つの検出穴36aを組合せた検出用穴群36が形成されている。 The lower end of the vertical wall portion 31d, in order to detect any of these plurality of types of the ribbon cassette 30, the detection hole group 36 is formed of a combination of eight detection hole 36a.

【0052】リボンカセット20には、インクリボンの種類を判別するための8つの検出穴36aよりなる検出用穴群36が形成され、本体フレーム11の後方には8 [0052] the ribbon cassette 20, eight detection holes 36a detection hole group 36 consisting for discriminating the kind of the ink ribbon is formed in the rear of the main frame 11 8
つの検出穴36aの有無を検出する為に、第1〜第8検出スイッチからなるリボン検出スイッチ103が設けられ、これら8つの検出スイッチからのスイッチ信号の組み合わせによるリボン検出信号RSが出力される。 To detect the presence of One detection holes 36a, ribbon detection switch 103 consisting of first to eighth detection switch is provided, these eight ribbon detection signal RS by the combination of the switch signal from the detection switch is output. 図1 Figure 1
6に、リボンカセットの判別テーブルを示す。 6 shows a determination table of the ribbon cassette. 図3に示すスイッチ36aから36hまでが、図16の判別テーブルのNO. From the switch 36a shown in FIG. 3 to 36h is, NO determination table of FIG 16. 1〜8に対応し、搭載されたリボンカセットは32mm幅で、3原色のダンダラリボンカセットとレセプターテープが搭載されていると判断される。 Corresponding to 1-8, mounted ribbon cassette is 32mm wide, three primary Dan Dara ribbon cassette and receptor tape is determined to be mounted.

【0053】次に、印字テープの先端を検出するための構成について説明する。 [0053] Next, the configuration for detecting the leading end of the print tape. テープ状ラベル作成装置1において、切断装置84よりも印字テープ22の搬送方向下流側には、印字テープ22の先端を検出するための先端検出センサ90が設けられている。 In the tape-shaped label producing device 1, downstream in the conveying direction of the print tape 22 from the cutting device 84, tip detection sensor 90 for detecting the leading end of the print tape 22 is provided. 図2に示すように、 As shown in FIG. 2,
先端検出センサ90は、発光兼受光素子92と受光素子93を有する透過型フォトセンサである。 Tip detection sensor 90 is a transmissive photosensor having a light-receiving element 93 and the light emitting and light receiving elements 92. 発光兼受光素子92と受光素子93は夫々センサ収容室94、95に収容され、センサ収容室94、95には、発光兼受光素子92から発射されたセンサ光が受光素子93に投射されるよう、光通過穴94a、95aが形成されている。 Emitting and receiving element 92 and the light receiving element 93 is housed in each sensor housing chamber 94 and 95, the sensor accommodation chamber 94, 95, so that the sensor light emitted from the light emitting and receiving element 92 is projected onto the light receiving element 93 the light passage hole 94a, 95a are formed.
また、センサ収容室94、95の間は、印字テープ22 Further, between the sensor housing chamber 94 and 95, the print tape 22
を通過させるためのスリット98となっている。 It has a slit 98 for passing. そのため、印字テープ22の先端部は、ガイド部99でガイドされ、確実にスリット98を通過する。 Therefore, the distal end portion of the printing tape 22 is guided by the guide portion 99, reliably passes through the slit 98. 即ち、印字テープ22がスリット98に進入し、その発光兼受光素子9 That is, the printing tape 22 enters the slit 98, the light-emitting and light-receiving element 9
2と受光素子93との間を遮ると、発光兼受光素子92 Restricting between 2 and the light receiving element 93, the light emitting and receiving element 92
からのセンサ光が遮断され、先端検出センサ90からは「L」レベルのテープ検出信号TSが出力される。 Sensor light is blocked from the tape detection signal TS "L" level is outputted from the tip detection sensor 90.

【0054】次にインクリボンの種類等を検出するリボンセンサについて説明する。 [0054] Next will be described the ribbon sensor for detecting the type of ink ribbon or the like. リボンセンサ70は、図2 Ribbon sensor 70, as shown in FIG. 2
に示すように、印字テープ22とインクリボン32が搬送される経路を挟んで互いに対向して配置された発光部70aと受光部70bによって構成された透過型フォトセンサである。 As shown in a transmissive photosensor constituted by print tape 22 and the ink ribbon 32 and the light emitting portion 70a arranged to face each other across the path to be conveyed light receiving portion 70b. 上記の先端検出センサ90に比べ、リボンセンサ70は、センサ光の光量が大きく受光感度も高い。 Compared to the above tip detection sensor 90, the ribbon sensor 70, the amount of sensor light is large light receiving sensitivity is high. そして、印字テープ22は、先端検出センサ90のセンサ光に対しては非透過だが、リボンセンサ70のセンサ光に対しては透過性を持つ素材で形成されている。 Then, the print tape 22, but non-transparent with respect to the sensor light tip detection sensor 90 is formed of a material having a transparent to sensor light from the ribbon sensor 70.

【0055】次に、リボンセンサによって検出されるセンサーマークについて説明する。 Next, a description will be given sensor marks detected by the ribbon sensor. インクリボン32は、 Ink ribbon 32,
リボンセンサ70のセンサ光を透過させる材質で形成されており、インクリボン32の終端部32aは、図17 It is formed of a material that transmits the sensor light from the ribbon sensor 70, the end portion 32a of the ink ribbon 32, FIG. 17
(a)に示すように、同一幅のセンサーマーク(リボンセンサ70のセンサ光を透過させない部分)が等間隔で複数本形成されている。 (A), the sensor marks of the same width (the portion which does not transmit sensor light from the ribbon sensor 70) is a plurality of formed at equal intervals. このセンサーマークと空白部(当該センサ光を透過させる部分)の幅の比は、1:2 The ratio of the width of the sensor marks and the blank portion (a portion which transmits the sensor light), 1: 2
となっている。 It has become. 一方、前述の通り、印字テープ22も、 On the other hand, as described above, the print tape 22,
リボンセンサ70のセンサ光を透過させる材質で形成されている。 It is formed of a material that transmits the sensor light from the ribbon sensor 70. そして、印字テープ22の終端部22aは、 The end portion 22a of the printing tape 22,
図18に示すように、同一幅のセンサーマーク(リボンセンサ70のセンサ光を透過させない部分)が等間隔で複数本形成されており、センサーマークと空白部(当該センサ光を透過させる部分)の幅の比は、2:1となっている。 As shown in FIG. 18, the sensor marks of the same width (does not transmit sensor light from the ribbon sensor 70 parts) are a plurality of formed at equal intervals, the sensor mark and a blank portion of (a portion which transmits the sensor light) the ratio of the width is 2: 1. 従って、リボンセンサ70は、上記のセンサーマークを検出すると、センサーマークと空白部との幅の比から、いずれのテープの終端部かを検出することができる。 Accordingly, the ribbon sensor 70 detects the sensor mark of the, the ratio of the width of the sensor marks and the blank region, it is possible to detect the end of one of the tapes.

【0056】ここで、インクリボンには、単色のリボンの他に、複数色を交互に配置された所謂ダンダラリボンがある。 [0056] Here, the ink ribbon, in addition to the single-color ribbon, there is arranged a plurality of colors in turn called multi-color ribbon. 図19に示すダンダラリボンは、同一のリボンにイエロー、マゼンダ、シアンの3原色が、交互に形成されたものである。 Striped ribbon shown in FIG. 19 is a yellow to the same ribbon, magenta, three primary colors of cyan, are formed alternately. 3原色のいずれも前記のリボンセンサ70のセンサ光に対しては透過性を持つものである。 None of the three primary colors for the sensor light of the ribbon sensor 70 is intended to have a permeability.
そして、各色領域の直前にはインク色の識別用のセンサーマーク(リボンセンサ70のセンサ光を透過させない部分)501、504、507が設けられている。 Then, the sensor mark for identification of the ink color is immediately before each color region (portion does not transmit the sensor light from the ribbon sensor 70) 501,504,507 are provided. 各センサーマークはそれぞれ2本のマークで構成されている。 Each sensor mark is composed of marks two respectively. 夫々のセンサーマーク501、504、507の、 Of each of the sensor mark 501,504,507,
1本目のマーク502、505、508は同一幅で、2 The first run of the mark 502,505,508 in the same width, 2
本目のマーク503、506、509はインク色に応じて異なった幅になっている。 Mark 503,506,509 of this day is in a different width in accordance with the ink color. そのため、リボンセンサ7 For this reason, the ribbon sensor 7
0によってセンサーマークを検出すると、2本のマークの幅の比から、インク色を識別することができる。 0 even after the sensor mark by, from the ratio of the two marks in the width, it is possible to identify the ink color. なお、インクリボン32の色識別用センサーマークの1本目の幅と、インクリボン32の終端部を示すセンサーマークの幅と、印字テープ22の終端部を示すセンサーマークの間の空白部の幅は、同一になるように構成されている。 Note that the first run of the width of the color identification sensor mark of the ink ribbon 32, and the width of the sensor marks indicating the end portion of the ink ribbon 32, the width of the blank portion between the sensor marks indicating the end portion of the print tape 22 , and is configured to be the same.

【0057】次に、リボンセンサ70により各センサーマークを識別する方法を説明する。 Next, a method for identifying the respective sensor marks by the ribbon sensor 70. リボンセンサ70の発光部70aと受光部70bの間は、印字テープ22とインクリボン32とが重なって通過するため、リボンセンサ70は印字テープ22とインクリボン32のセンサーマークを合成されたものを検出する。 Between the light emitting portion 70a and the light receiving portion 70b of the ribbon sensor 70, for passage to overlap the print tape 22 and the ink ribbon 32, a ribbon sensor 70 those synthesized sensor marks of the print tape 22 and the ink ribbon 32 To detect. インクリボン3 Ink ribbon 3
2としてダンダラリボンを用いている場合、リボンセンサ70によりセンサーマークが2本だけ検出されれば、 If using a multi-color ribbon as 2, if the sensor marks by the ribbon sensor 70 detects only two,
検出されたセンサーマークは色識別用のものであることが分かるので、2本のセンサーマークの幅の比からインクの色を判別する。 Since the detected sensor mark is for a color identification is found, to determine the color of the ink from the ratio of two of the sensor mark width. 即ち、1本目のセンサーマークに対して2本目がほぼ同一幅の時はインク色がイエローであると判別し、2本目が1本目の約1.5倍であればマゼンタ、2本目が1本目の約2倍ならばシアンと判別する。 That is, the ink color when approximately the same width are two eyes is determined to be a yellow against sensor marks of the first run, as long as two eyes is about 1.5 times that of the first run magenta, two th first run cyan and determine if about 2-fold. また、この時、印字テープ22は印字領域(リボンセンサ70のセンサ光を透過させる領域)にあると判別する。 At this time, the print tape 22 is determined to be in the printing area (area for transmitting sensor light from the ribbon sensor 70). (なお、単色リボンの場合には、インク色識別用のセンサーマークを持たないため、センサマークが2本検知されることは起こり得ない。) (In the case of single-color ribbon, since no sensor mark for ink color identifying, it can not happen that the sensor mark is detected two.)

【0058】一方、リボンセンサ70によって、3本以上のセンサーマークが検出された場合には、センサーマーク(センサ光を透過させない部分)と空白部分(センサ光を透過させる部分)の幅の比を、5本以上のセンサーマークについて記憶する。 Meanwhile, the ribbon sensor 70, when the three or more sensor marks are detected, the ratio of the width of the sensor marks (portion which does not transmit sensor light) and blank portion (a portion which transmits the sensor light) , it is stored for five or more of the sensor mark. ここで、5本以上とした理由は後述する。 Here, the reason for the five or more will be described later. 以下、3本以上のセンサーマークが検出された場合の各ケース(1)〜(5)について説明する。 Hereinafter, the case when three or more of the sensor mark has been detected (1) will be described to (5). なお、以下の説明においては、印字テープが終端部に達した状態(印字テープが無くなった状態)をテープエンドと呼び、インクリボンが終端部に達した状態(インクリボンが無くなった状態)をリボンエンドと呼ぶ。 In the following description, a state in which the printing tape has reached the end portion (printing state in which the tape has run out) is referred to as a tape end, the ink state ribbon reaches the end portion (ink state ribbon has run out) Ribbon referred to as the end.

【0059】(1)リボンセンサ70により3本以上のセンサーマークが検出され、センサーマークと空白部の幅の比が1:2であれば、リボンエンドと判断する。 [0059] (1) three or more of the sensor mark by the ribbon sensor 70 is detected, the ratio of the width of the sensor marks and the blank region is 1: if 2, it is determined that the ribbon end. この時、印字テープ22は印字領域にあると判断する。 At this time, the print tape 22 is determined to be in the printing area. (2)リボンセンサ70により3本以上のセンサーマークが検出され、センサーマークと空白との幅の比が2: (2) three or more of the sensor mark by the ribbon sensor 70 is detected, the ratio of the width of the sensor marks and the spaces 2:
1であれば、テープエンドと判断する。 If it is 1, it is determined that the tape end. この時、インクリボン32は印字領域にあると判断する。 At this time, the ink ribbon 32 is determined to be in the printing area. (3)印字テープ22のセンサーマークのピッチの3倍分テープ送りをしても空白が検出されない場合には、印字テープ22とインクリボン32のセンサーマークが重なって空白部が生じていない状態と考えられるので、テープエンドとリボンエンドの両方と判断する。 (3) when the blank even if the 3-fold amount tape feed pitch of the sensor mark of the printing tape 22 is not detected, a state where the blank region overlap sensor marks of the print tape 22 and the ink ribbon 32 does not occur since it is considered, it is determined that both of the tape end and ribbon end. (4)センサーマークが3本以上検出され、センサーマークと空白との幅の比が一定であり、しかもその比が2:1でも1:2でもなければ、インクリボン32の終端部を示すセンサーマークと印字テープ22の終端部を示すセンサーマークとが、重なった状態でリボンセンサ70を通過したものと考えられるので、テープエンドとリボンエンドの両方と判断する。 (4) sensor marks are detected three or more, the ratio of the width of the sensor marks and spaces is constant, yet the ratio is 2: 1, even 1: If any 2, sensors indicating the end portion of the ink ribbon 32 marked as a sensor marks indicating the end portion of the print tape 22, it is considered as having passed the ribbon sensor 70 in overlapped state, it is determined that both of the tape end and ribbon end.

【0060】インクリボン32が単色リボンであれば、 [0060] The ink ribbon 32 is equal to a single-color ribbon,
上記の(1)〜(4)のいずれかで識別されるが、インクリボン32がダンダラリボンの場合には、次のような場合がある。 The above (1) is identified by either - (4), when the ink ribbon 32 is multi-color ribbon, there are the following cases. (5)センサーマークが3本以上検出され、センサーマークと空白との幅の比が一定でない場合、インクリボン32の色識別用センサーマークと、印字テープ22の終端を示すセンサーマークとが重なって検出されたものと考えられるが、この場合には、センサーマークと空白との幅の比が一定になるまで判断を保留する。 (5) sensor marks are detected three or more, if the ratio of the width of the sensor marks and spaces are not constant, and the sensor mark color identification of the ink ribbon 32, and overlaps the sensor marks indicating the end of the print tape 22 It believed to have been detected, but in this case, reserves determination until the ratio of the width of the sensor marks and the spaces is constant.

【0061】このように、テープ状ラベル作成装置1 [0061] In this way, the tape-shaped label producing device 1
は、2本のセンサーマークの幅の比によって、色を判別するよう構成しているため、色の数が増してもセンサーマーク部分の占めるスペースが増加しない。 Is the ratio of the two sensor marks of width, since the structure to determine the color space occupied by the sensor mark portion is not increased even increases the number of colors. 従来は、センサーマークの本数によってインク色を判別していたため、色の数が増すほどセンサーマークが増え、それだけ印字できる長さが短くなるという欠点があったが、この実施形態のテープ状ラベル作成装置1では、色の数が増してもセンサーマーク部が増えず、それだけ有効スペースが増すという利点がある。 Conventionally, because it was determined ink color by the number of sensor marks, the more sensor marks as the number of colors increases, but has a drawback that much length shorter that can be printed, the tape-shaped label producing this embodiment in the device 1, the sensor mark portion is not increased even increasing the number of colors, there is the advantage that the more effective space is increased.

【0062】なお、インクリボンが単色リボンの場合には、インクリボン32或いは印字テープ22のいずれか一方の終端部の所定量の部分を非透過性の材料で構成し、他方に複数且つ等ピッチのセンサーマークを施すことが可能である。 [0062] When the ink ribbon is monochrome ribbon, a predetermined amount of portions of the one end portion one of the ink ribbon 32 or the print tape 22 formed of a non-permeable material, a plurality to the other and equal pitch it is possible to apply the sensor mark. 例えば、インクリボンの終端部を非透過部32bとした場合(図17(b))、印字テープ2 For example, when the end portion of the ink ribbon and the non-transmissive portion 32 b (FIG. 17 (b)), the printing tape 2
2のセンサーマークの幅よりも長い幅の非透過領域を検出すればリボンエンドと判断し、印字テープ22の終端部22aのマーク22aを検出すればテープエンドと判断することができる。 By detecting the non-transmission region of the longer width than the second sensor mark is determined that the ribbon end, it can be determined that the tape end by detecting the marks 22a of the end portion 22a of the printing tape 22.

【0063】次に制御系について説明する。 [0063] Next, the control system will be described. 本実施形態のテープ状ラベル作成装置は、マルチカラー印字(リボンカセットを色毎に交換する方式)かフルカラー印字(リボンカセットの交換無しに色の3原色を重ね合わせて色を再現していく方式)を選択可能としたものである。 Tape-shaped label producing device of this embodiment, multi-color printing system (exchange scheme ribbon cassette per color) or full color printing that (by overlapping three primary colors without exchanging the ribbon cassette continue to reproduce colors ) is obtained by and can be selected. マルチカラー印刷では、単色のインクリボン(単色リボン)が使用され、フルカラー印字では、ダンダラリボンが使用される。 In multi-color printing, a single color ink ribbon (single color ribbon) is used, in the full color printing, multi-color ribbon is used.

【0064】図20は、制御系を示すブロック図である。 [0064] Figure 20 is a block diagram showing a control system. 図20に示すように、制御装置100の入出力インターフェース113には、キーボード4と先端検出センサ90と、切断検出スイッチ101と、リボン・テープ検出スイッチ群103と、液晶表示部(LCD)9に表示データを出力するためのディスプレイコントローラ(LCDC)104と、警告用ブザー105のための駆動回路106と、サーマルヘッド12を駆動する為の駆動回路107と、テープ駆動モータ44のための駆動回路108と、ソレノイド80のための駆動回路109がそれぞれ接続されている。 As shown in FIG. 20, the output interface 113 of the control device 100, a keyboard 4 and the tip detection sensor 90, a disconnection detection switch 101, the ribbon tape detecting switches 103, the liquid crystal display unit (LCD) 9 a display controller (LCDC) 104 to output display data, a drive circuit 106 for the warning buzzer 105, a drive circuit 107 for driving the thermal head 12, a drive circuit 108 for the tape drive motor 44 When the driving circuit 109 for the solenoid 80 are connected. 制御装置100は、CPU1 The control device 100, CPU1
10とこのCPU110にデータバスなどのバス114 10 bus 114, such as CPU110 to the data bus of Toko
を介して接続された入出力インターフェース113と、 Output interface 113 connected via a
フォントROM111とROM112及びRAM120 Font ROM111 and ROM112 and RAM120
とから構成されている。 It is composed of a.

【0065】フォントROM111には、文字や記号などの多数のキャラクタの各々に関して、表示用ドットパターンデータが格納されると共に、印字用ドットパターンデータが、複数の印字サイズ分格納されている。 [0065] The font ROM 111, for each of a large number of characters such as letters and symbols, the display dot pattern data is stored, the print dot pattern data is stored plurality of printing size of. RO RO
M112には、キーボード4から入力された文字や記号や数字などのキャラクタのコードデータに対応させて、 The M112, in correspondence with code data of characters such as letters and symbols and number entered from the keyboard 4,
ディスプレイコントローラ104を制御する表示制御プログラム、テキストメモリ121に格納された文字や記号について印字に供するドットパターンデータを作成する印字制御プログラム、作成されたドットパターンデータについて、1ドット列毎のドットパターンデータを順次サーマルヘッド12やテープ駆動モータ44に出力して印字する印字制御プログラムなどが格納されている。 Display control program for controlling the display controller 104, a print control program that creates the dot pattern data subjected to print the characters and symbols stored in the text memory 121, the dot pattern data generated, the dot pattern data of each dot column including sequential thermal head 12 and the print control program for printing is output to the tape drive motor 44 is stored.
また、前述のリボン・テープ検出信号RSに基づいて、 Further, on the basis of the above-mentioned ribbon tape detection signal RS,
インクリボン32のリボン色とリボン幅及び、印字テープ22の種類、あるいは一体型のラミネートタイプあるいはレセプタータイプのカセットにおけるテープ幅とを検出する前述の判別テーブル(図16)が格納されている。 Ribbon color and a ribbon width of the ink ribbon 32 and the type of the print tape 22 or the aforementioned determination table for detecting the tape width of the integral laminated type or the receptor type cassette (FIG. 16) is stored.

【0066】キーボード4(印字色設定手段)から入力された文字や記号からなるテキストデータは、印字色のデータを付加されて、RAM120のテキストメモリ1 [0066] Text data consisting of characters or symbols input from the keyboard 4 (print color setting means), is added a print color data, the text memory 1 RAM120
21に格納される。 It is stored in 21. 印字色データとしては、入力された印字色そのものであるマルチカラー印字データ(赤、ピンク、青、水色等)と、印字色が3原色(イエロー・マゼンタ・シアン)に分解されたフルカラー印字データとの2種類があり、RAM120のテキストメモリ121 The print color data, multi-color print data is input print color itself (red, pink, blue, light blue, etc.), and the full-color print data print color has been separated into three primary colors (yellow, magenta, and cyan) There are two types of text memory 121 of the RAM120
には、マルチカラー印字データを付加されたテキストデータと、フルカラー印字データを付加されたテキストデータとが、夫々格納される。 , The text data added multicolor print data, and text data added to a full-color print data are respectively stored.

【0067】ここで、入力された印字色(赤、ピンク、 [0067] In this case, the input print color (red, pink,
青)と、それを色分解した3原色データとの対応関係は、図21に示す印字色対応テーブルとしてROMに記憶されている。 Blue), the correspondence between it and the color decomposed three primary color data, stored in the ROM as a print color correspondence table shown in FIG. 21. そして、例えば印字色として”青”が入力されれば、CPU110がROMに記憶された印字色対応表に基づいて”マゼンダ”と”シアン”を選択し、 Then, if "blue" is input, select "magenta" and "cyan", based on the print color correspondence table CPU110 is stored in the ROM, for example, as a print color,
テキストメモリ121に格納する。 It is stored in the text memory 121. 即ち、ユーザーは、 That is, the user is,
印字色としては単に”青”と入力するだけで良く、3原色に関して特に指定する必要がない。 Simply as print color need only type "blue", there is no particular need to specify with respect to the three primary colors. また、所定の対応表を参照して自動的に色分解が行われるため、複雑なアルゴリズムを必要とせず、迅速に3原色に分解したデータを生成することができる。 Further, since the automatic color separation by referring to a predetermined correspondence table is performed, without requiring a complicated algorithm, it is possible to generate the decomposed data to quickly three primary colors.

【0068】例えば図22に示すようなテープを作成する場合(ここで、「あか」は赤色、「みどり」は緑色、 [0068] The tape as shown in FIG. 22 when creating (where e.g., "red" is red, "Green" green,
「くろ」は黒色、「き」は黄色で印字されるものとする)には、印字色データは、各色毎の色データであるマルチカラー印字データ(図23)と、3原色データであるイエロー・マゼンタ・シアンに分解されたフルカラー印字データ(図24)と、の2通りのデータが別々に付加され、それぞれのデータを選択して取り出せるように格納される。 The "black" black, "ki" is to be printed in yellow), print color data, a multi-color print data (FIG. 23) is a color data for each color, the three primary colors data Yellow - magenta - cyan decomposed full-color print data (FIG. 24), the data of the two types are added to separate, it is stored in retrieval select the respective data.

【0069】そして、入力された印字色の数が、フルカラー印字データとマルチカラー印字データとで別々に色数メモリ122に格納される。 [0069] Then, the number of the input print color is stored separately in a full-color print data and the multi-color print data in the color number memory 122. 例えば、図22〜図24 For example, FIGS. 22 24
の例では、マルチカラー印字データではN=4、フルカラー印字データではN=3として記憶される。 In this example, the multi-color print data N = 4, the full-color print data is stored as N = 3. また、余白量メモリ124には、設定された前余白量(図22のB1)と後余白量(B2)とに関する余白量データが格納される。 Further, the margin amount memory 124, the margin amount data is stored relating to the blank space amount before that is set as (B1 in FIG. 22) the rear margin amount and (B2). 印字データバッファ125には、そのテキストメモリ121に格納されたキャラクタコードに対応するドットパターンデータが展開して格納される。 The print data buffer 125, dot pattern data corresponding to character codes stored in the text memory 121 is stored to expand. 更に、 In addition,
RAM120にはCPU110で演算した演算結果を一時的に格納するメモリ等が設けられている。 Memory for storing a calculation result calculated by the CPU110 temporarily are provided in the RAM 120.

【0070】なお、ダンダラリボンを用いてフルカラー印字を行う場合には、イエロー、マゼンダ、シアン等の一色毎に印字が終了しなければ、重ね合わせてマルチカラーを得ることができない。 [0070] It should be noted that, in the case of performing full color printing by using a multi-color ribbon is, yellow, magenta, unless one color every print is the end of the cyan, etc., it is impossible to obtain a superimposed with multi-color. そのため、イエロー、マゼンダ、シアン等の色領域の長さT(図19)は、印字長よりも長くなければならない。 Therefore, yellow, magenta, length of the color region of cyan, etc. T (FIG. 19) must be longer than the printing length. 一般に、テープ状ラベルとしての用途から考えて、印字長は15cm未満と想定することができるため、本実施の形態では、所定マージン等を考慮して、ダンダラインクリボンの各色領域の長さTを20cmとする。 In general, consider the application as a tape-shaped label, since the printing length can be assumed to be less than 15cm, in the present embodiment, in consideration of a predetermined margin or the like, the length T of each color region of Dan Dara ink ribbon and 20cm. なお、前記のマージンには、先端検出センサ90からサーマルヘッド12の発熱体部までの距離U、発熱体部からカッター84までの距離Pが含まれる。 Incidentally, the margin, the distance U from the tip detection sensor 90 to the heating element of the thermal head 12 includes a distance P from the heating element to the cutter 84.

【0071】以下、印字制御について各フローチャートに基づいて説明する。 [0071] Hereinafter, will be explained based on the flowcharts for printing control. まず、印字開始制御について、図25を参照して説明する。 First, the print start control will be described with reference to FIG. 25. 図25に示すように、初期化処理(S10)の後、印字テキスト入力処理が行われる(S11)。 As shown in FIG. 25, after the initialization process (S10), the print text input process is performed (S11). 印字テキスト入力処理では、キーボード4 In the print text input process, the keyboard 4
から印字するテキストが入力され、その結果がディスプレイ9に表示される。 Text to be printed from is inputted, the result is displayed on the display 9. ここで、通常の印字を行うのか、 Here, whether to perform the normal printing,
後述するプレフォーマット印字テープの作成を行うのか、あるいはプレフォーマット印字テープへの印字を行うのか、の選択がなされる。 Or perform creation of preformat print tape to be described later, or whether to print to preformat print tape, the choice of is made.

【0072】印字テキスト入力処理が終了すると、前記印字テキスト入力処理で入力されたテキストについて色毎の印字対象範囲が設定される(S12)。 [0072] When the print text input process is finished, the printing target range for each color for text input in the print text input process is set (S12). ここでは、 here,
テキストデータがディスプレイ9に表示されるので、操作者は、ディスプレイ9を見ながらキーボード4の右端に配置されている4つのカーソルキー7a(図1)を操作して、各印字色について印字対象となる文字や記号のそれぞれを指示すると共に、その都度色確定キー7b Since the text data is displayed on the display 9, the operator operates the four cursor keys 7a disposed at the right end of the keyboard 4 while viewing the display 9 (FIG. 1), a printing target for each print color It instructs each comprising characters and symbols, each time the color determination key 7b
(図1)を操作して色を指定する。 By operating the (Figure 1) to specify a color. 印字対象の設定終了時には確定キー7c(図1)が操作される。 Set to be printed at the end confirmation key 7c (FIG. 1) is operated.

【0073】この確定キー7cの操作により、カーソルキー7aと色確定キー7bとの操作により指示された文字の文字データに付随させて、入力された色データ(赤、青、ピンク、水色、等)であるマルチカラー印字データと、入力された色データが3原色(イエロー・マゼンタ・シアン)に分解されたフルカラー印字データとが、テキストメモリ121に記憶される。 [0073] By operating the confirmation key 7c, by associated with the character of character data which is instructed by the operation of the cursor key 7a and the color confirmation key 7b, color data (red that has been input, blue, pink, light blue, etc. ) and multi-color print data is, the input color data is decomposed into the three primary colors (yellow, magenta, cyan) was a full-color print data is stored in the text memory 121. さらに、テキストが幾つの色データによって構成されるかが色数メモリ122に色数Nとして記憶される。 Furthermore, if the text is constituted by several color data are stored in the color number memory 122 as the number of colors N. 例えば、色数N For example, the number of colors N
は、図22〜図24に示す印字の例では、マルチカラー印字データではN=4、フルカラー印字データではN= In the example of printing shown in FIGS. 22 to 24, multi-color in the print data N = 4, a full-color print data N =
3と設定される。 3 to be set. なお、テキストメモリ121は、印字色そのものをデータとして格納する第1の印字色記憶手段として機能すると共に、印字色設定手段により設定された印字色を3原色の組み合わせデータとして格納する第2の印字色記憶手段としても機能する。 Note that the text memory 121, printing the print color itself serves as a first print color storage means for storing the data, a second for storing print color set by the print color setting means as a three primary color combination data also it functions as a color storage means.

【0074】次に、印字キーの入力の有無を判定し(S [0074] Next, it is determined whether or not the input of the print key (S
13)、印字キーが入力されると(S13でYES)、 13), when the print key is input (YES in S13),
前述のカセットセンサ群103からのリボン検出信号R Ribbon detection signal R from the aforementioned cassette sensors 103
Sによって、搭載されているリボンカセットのインクリボン32の種類を検出し、インクリボン32がダンダラリボンか否かを判定する(S14)。 By S, detects the type of the ink ribbon 32 of the ribbon cassette mounted, the ink ribbon 32 determines whether striped ribbon (S14). ここで、インクリボン32がダンダラリボンの場合には(S14でYE Here, in the case where the ink ribbon 32 is of the multi-color ribbon is YE in (S14
S)、フルカラー印字制御(S16)に移り、ダンダラリボンでない場合には(S14でNO)、マルチカラー印字制御(S15)に移る。 S), it moves to a full-color printing control (S16), and when not, striped ribbon moves (NO in S14), multi-color printing control (S15).

【0075】次に、マルチカラー印字制御について図2 [0075] Next, the multi-color printing control Figure 2
6を参照して説明する。 6 with reference to the description. 図26に示すように、マルチカラー印字制御が開始されると、まず、プレフォーマット設定制御というサブルーチンを実行する(S30)。 As shown in FIG. 26, when the multi-color printing control is started, first, it executes a subroutine preformat setting control (S30). このプレフォーマット設定制御というサブルーチンの詳細については後述する。 For details of this pre-formatting control subroutine will be described later. プレフォーマット設定制御というサブルーチンの終了後、テープ先端検出制御というサブルーチンを実行する(S31)。 After completion of the subroutine preformat setting control, it executes a subroutine of the tape tip detection (S31).

【0076】図27に示すテープ先端検出制御というサブルーチンでは、所定のパルス数Rだけテープ駆動モータが逆回転される(S100)。 [0076] In the subroutine of the tape tip detection control shown in FIG. 27, the tape drive motor by a predetermined pulse number R is reversely rotated (S100). これは前述したようにテープ送りサブローラ66とプラテンローラ65との間で印字テープ22の弛みが生じないよう、印字テープ2 This way the loosening of the printing tape 22 does not occur between the tape feed subroller 66 and the platen roller 65 as described above, the printing tape 2
2を正方向に搬送開始する際にギヤ55bとギヤ55a Gear 55b and the gear 55a when initiating conveying the 2 in the forward direction
間に確実に空隙を存在させておくためのものである。 It is intended to keep reliably the presence of voids between. 次に、テープ駆動モータを1パルス分正送りし(S10 Then, the tape drive motor 1 pulses normal feed was (S10
1)、先端検出センサ90が印字テープ22の先端を検出したか否かを判定する(S102)。 1), it is determined whether the tip detection sensor 90 detects the leading end of the print tape 22 (S102). 印字テープ22 The print tape 22
の先端が検出されるまで、ステップS101とS102 To the tip is detected, step S101 and S102
が繰り返され、先端検出センサ90により先端が検出されれば(S102でYES)、印字開始原点位置が決定される(S103)。 It is repeated, if the tip is detected (YES in S102), the print start origin position is determined by the tip detection sensor 90 (S103). ここで、印字開始原点位置とは、 Here, the print start origin position,
印字テープ22の先端が検出された時点で、サーマルヘッド12の発熱体位置に位置する部分(図22における点S)であり、実際の印字はここから設定された余白分(図22におけるB1)をテープ送りした後に開始される。 When the tip of the print tape 22 is detected, a portion positioned to the heating element position of the thermal head 12 (point in Fig. 22 S), the actual printing margin amount corresponding to the set from which (B1 in FIG. 22) a is started after the feeding tape. 以上でテープ先端検出制御というサブルーチンが終了する。 Subroutine called tape tip detection is completed.

【0077】なお、ここでモータを駆動する際の1パルスとは、印字における1/2ドットの量に相当する。 [0077] Here, the terms one pulse when driving the motor corresponds to the amount of half dots in the print. つまり、テープ駆動モータ44の2パルスに対して、1ドットの印字が行われるようギア列の減速比が設定されている。 That is, for two pulses of the tape drive motor 44, the reduction ratio of the gear train so that the 1-dot printing is performed is set. そのため、テープ駆動モータ44の1モータパルスに対して印字の1ドットを対応させていた従来の方法に比べ、印字テープ22の先端検出の精度が向上し、印字位置精度が向上する。 Therefore, compared with one motor pulses to conventional it was made to correspond to one dot of the printing process of the tape drive motor 44, to improve the detection of the leading end of the accuracy of the print tape 22 is, the printing position accuracy is improved.

【0078】テープ先端検出制御というサブルーチンの終了後、プレフォーマットテープへの印字か否かを判定する(S32)。 [0078] determines whether the printing after the end of the subroutine of the tape tip detection, the preformat tape (S32). このステップS32からステップS3 Step This step S32 S3
4については後述する。 It will be described later 4. 続いて、N番目の色のマルチカラー印字データが印字バッファに展開される(S3 Then, multi-color print data for N-th color is developed in the print buffer (S3
5)。 5). そして、印字テープ22を1ドット分印字すると共に、印字テープ22の搬送を行い(S36)、リボンセンサ70によってセンサーマークが検出されるか否かの判定及び非透過状態がセンサーマークの3ピッチ分継続するか否かの判定を行う(S37)。 Then, the print tape 22 with print one dot performs conveyance of the print tape 22 (S36), whether or not the determination and non-transmissive state 3 pitches of the sensor mark sensor mark by the ribbon sensor 70 is detected to determine whether to continue (S37). ここで、リボンセンサ70によりセンサーマークが検出されるか、あるいは非透過状態がセンサーマーク3ピッチ分続いたことが検出されると(S37でYES)、テープ及びリボンエンド検出制御というサブルーチンを実行する(S4 Here, if the sensor marks by the ribbon sensor 70 is detected, or when the non-transmission state is detected to have followed sensor marks 3 pitches (YES at S37), and executes the subroutine of tape and ribbon end detection control (S4
5)。 5).

【0079】図28に示すテープ及びリボンエンド検出制御というサブルーチンでは、リボンセンサ70により検出されたセンサーマークと空白部の比が1:2の場合には(S50でYES)、リボンエンドと判断し(S5 [0079] In the subroutine of the tape and ribbon end detection control shown in FIG. 28, the ratio of the sensor mark and a blank portion detected by the ribbon sensor 70 is 1: (YES in S50) in the case of 2, it is determined that the ribbon end (S5
1)、センサーマークと空白部の比が2:1の場合には(S52でYES)、テープエンドと判別し(S5 1), the ratio of the sensor mark and the blank region is 2: YES in (S52 in the case of 1), it is determined that the tape end (S5
3)、上記のいずれにも当てはまらない場合には(S5 3) If none of the above (S5
2でNO)、テープエンドとリボンエンドの両方と判別し(S54)、それぞれ液晶ディスプレイ9に表示を行った上で、テープ搬送を停止し、印字制御を終了する(S55)。 NO 2), it is determined that both of the tape end and ribbon end (S54), on each were displayed on the liquid crystal display 9, to stop the tape transport, and ends the print control (S55).

【0080】一方、リボンセンサ70により3本以上のセンサーマークが検出されない場合には(S37でN [0080] On the other hand, if three or more of the sensor mark by the ribbon sensor 70 does not detect (S37 N
O)、現在の印字色の印字データの印字が終了したかを判定し、終了していなければ(S39でNO)ステップS36からステップS39までを繰り返す。 O), it is determined whether printing of the current print color of the printing data is completed, it repeated if not completed (from S39 in NO) step S36 to step S39. 現在の印字色の印字データの印字が終了していれば(S39でYE If the printing of the current print color of the print data has been completed (YE in S39
S)、現在の印字色が最終印字色か否かを判定し、最終印字色であれば(S40でYES)、所定量テープを搬送し(S41)、テープカットの表示を行い(S4 S), the current print color is determined whether the final printing color, if the final print color (YES at S40), conveys the predetermined amount tape (S41), to display the tape cutting (S4
2)、印字制御を終了する。 2), and ends the print control. ここで、所定量とは図22 Here, the predetermined amount 22
における後余白量B2と印字ヘッド12とカッター84 Printing a rear margin amount B2 in the head 12 and the cutter 84
間の距離Pを合わせたものである。 It is a combination of the distance P between.

【0081】最終印字色でない場合(S40でNO)、 [0081] If it is not the final print color (NO at S40),
印字テープ巻き戻し制御というサブルーチンを実行する(S43)。 A subroutine that print tape rewind control (S43). 図29に示す印字テープ巻き戻し制御というサブルーチンでは、ソレノイド80を駆動してローラホルダ67をリリースし(S121)、テープ駆動モータ44を逆搬送方向に1パルス分回転し(S122)、 The subroutine of the printing tape rewinding control shown in FIG. 29, the roller holder 67 released by driving the solenoid 80 (S121), rotates one pulse a tape drive motor 44 in the reverse conveying direction (S122),
先端検出センサ90が印字テープ22の先端を検出するか否かを判定する(S123)。 Tip detection sensor 90 determines whether to detect the leading end of the print tape 22 (S123). 印字テープ22の先端が検出されなければ、ステップS122とS123を繰り返し、印字テープ22の先端が検出されれば(S12 Is not detected the tip of the print tape 22, repeat steps S122 and S123, if the tip of the print tape 22 is detected (S12
3でYES)、テープ駆動モータ44を停止し(S12 YES 3), it stops the tape drive motor 44 (S12
4)、印字テープ巻き戻し制御というサブルーチンを終了する。 4), and terminates the subroutine named print tape rewinding control.

【0082】そして、印字色を一つカウントし(S4 [0082] Then, one count of the print color (S4
4)、リボンカセット30を交換するよう液晶ディスプレイ9に表示し(S45)、カセット交換が行われたか否かを判定する(S46)。 4) displayed on the liquid crystal display 9 to replace the ribbon cassette 30 (S45), it determines whether the cassette replacement has been performed (S46). ここで、リボンカセット3 Here, the ribbon cassette 3
0が交換されたか否かの判定は、リボンカセット30が一度外されるとリボンカセットに関するスイッチ群10 0 is determined whether or not been replaced, the switch group 10 about the ribbon cassette when the ribbon cassette 30 is detached once
3はすべてOFFとなり、再びいずれかのスイッチがO All 3 is turned OFF, it is one of the switches again O
Nになることにより判断できる。 It can be judged by becoming the N. リボンカセット30が交換されると(S46でYES)、ステップS31に戻り、同様の動作を最終印字色の印字が終了するまで繰り返す。 When the ribbon cassette 30 is exchanged (YES in S46), the flow returns to step S31, and the same operation is repeated until the final print color of the printing is completed. ここで、リボンカセットに関するスイッチ群とは、図16中のNo. Here, the switches relating to the ribbon cassette, No. in FIG. 16 2〜No. 2~No. 8のスイッチである。 8 is a switch.
以上で、マルチカラー印字制御が終了する。 Thus, the multi-color printing control is completed.

【0083】ここで、本実施形態ではリボンカセットのインク色を検出して色データに応じて印字を行う処理はしておらず、第1色から第N色までにユーザーがリボンの色を対応させて印字を行っている。 [0083] Here, not in the process of performing printing in accordance with the color data to detect the ink color of the ribbon cassette in the embodiment, a user from the first color to the N-th color corresponding to the color of the ribbon It is doing the printing by.

【0084】次に、プレフォーマット印字について説明する。 [0084] Next, a description will be given pre-format printing. プレフォーマット印字とは、定型ラベルや名札等の汎用的なフォーマットを予め印字テープ22に印字しておき(図30(a))、一度印字した印字テープ22 The preformat printing, advance is printed in advance on the printing tape 22 a generic format such as standard labels and name tag (FIG. 30 (a)), the print tape 22 which was printed once
を巻き戻して、当該フォーマットに合わせて印字する方法である(図30(b))。 The rewinding is a method of printing in accordance with the relevant format (FIG. 30 (b)). このように、予めフォーマットされた印字テープ(プレフォーマットテープ)を作っておけば、毎回フォーマットを入力する必要が無くなる。 Thus, if making preformatted print tape (preformat tape), it is unnecessary to input the format each time.

【0085】印字テープ22に定型ラベル等のフォーマットを形成する際には、当該フォーマットに文字等を印字する場合に位置決めの基準となる位置決めマークを形成する。 [0085] When forming the format of the standard labels such as the print tape 22 forms a positioning mark as a reference for positioning when printing characters and the like on the format. ここで、インクリボン32には、前述の色識別用のセンサーマーク等、リボンセンサ70により検出されるセンサーマークが施されている。 Here, the ink ribbon 32, the sensor mark or the like for color identification described above, the sensor marks detected is applied by the ribbon sensor 70. そのため、これらのセンサーマークとの混同を避けるため、位置決めマークは、先端検出センサ90の発光兼受光素子92が反射型フォトセンサとして働くことによって検出されるものとする。 Therefore, to avoid confusion with these sensor marks, the positioning mark is intended to emission and light receiving element 92 of the tip detection sensor 90 is detected by serving as a reflection type photosensor. 即ち、位置決めマークは、先端検出センサ90 That is, positioning marks are tip detection sensor 90
の発光兼受光素子92からのセンサ光を反射せず(印字テープ自体は反射する)、リボンセンサ70のセンサ光(先端検出センサ90のセンサよりも光量が多い)を透過させる部分として形成される。 It does not reflect the sensor light from the light emitting and light receiving elements 92 of (print tape itself reflects) is formed as a portion which transmits the sensor light from the ribbon sensor 70 (the light amount is larger than the sensor tip detection sensor 90) .

【0086】位置決めマークは、プレフォーマット印字(予備印字)において、繰り返し印字テープ22に印字される定型ラベルなどのパターンの間に印字される。 [0086] positioning marks, in the pre-format printing (pre-print), is printed between the patterns, such as standard labels to be printed on repetitive print tape 22. そして、定型ラベルに名称等を印字する、プレフォーマットテープへの印字(本印字)において、各位置決めマークを先端検出センサ90によって検出し、定型ラベルなどのパターンに合わせて印字を行う。 Then, to print the name and the like to the fixed labels, in printing on a preformat tape (the printing), each positioning mark detected by the tip detecting sensor 90, performs printing in accordance with the pattern of such standard label. また、図30 In addition, FIG. 30
(a)に示すように、位置決めマークは、繰り返しパターンの間に形成することができるので、プレフォーマットテープへの印字において、各パターン毎に位置決めが行われる。 (A), the positioning mark can be formed between the repetitive pattern, in printing on a preformat tape, positioning each pattern is performed.

【0087】図31に示すプレフォーマット設定制御というサブルーチンでは、プレフォーマット印字を行う否かを判定する(S110)。 [0087] In the subroutine preformat setting control shown in FIG. 31, it determines whether to perform the preformat printing (S110). 印字開始処理の印字データ入力時(図25のS11)においてプレフォーマット印字が選択されていれば(S110でYES)、上記の位置決めマークを印字する位置及びパターンを印字する印字先頭位置を計算し記憶する(S111)。 When print data input of the print start process if preformat printing is selected in (S11 in FIG. 25) (YES at S110), calculates the print head position for printing the position and pattern for printing registration marks of the storage to (S111). そして、インクリボン32がダンダラリボンか否かの判定を行う(S112)。 Then, a judgment ink ribbon 32 is whether striped ribbon (S112).

【0088】インクリボン32がダンダラリボンの場合(S112でYES)、位置決めマークは、印字テープ22とのコントラストが出るよう、黒色で印字する必要がある。 [0088] When the ink ribbon 32 is multi-color ribbon (YES in S112), the positioning mark, so that the contrast between the print tape 22 comes out, it is necessary to print in black. そのため、位置決めマークの印字データは3原色すべての印字データに展開される。 Therefore, the print data of the positioning mark is expanded to the three primary colors all print data. 一方、単色リボンの場合には(S112でNO)、単色リボンはダンダラリボンよりも色が濃いため、位置決めマークを黒で印字する必要がない。 On the other hand, in the case of single-color ribbon (NO in S112), because a single color ribbon darker color than striped ribbon, there is no need to print a positioning mark in black. そのため、処理速度を上げるため、印字データを第1色印字データ(例えば赤)に展開する。 Therefore, to increase the processing speed, to expand the print data in the first color print data (e.g., red).
以上でプレフォーマット設定制御というサブルーチンが終了する。 Subroutine ends that pre-formatting control above.

【0089】プレフォーマット設定ルーチン終了後、前述のマルチカラー印字制御(ステップS31〜S46) [0089] After completion of the pre-formatting routine, multi-color printing control described above (step S31~S46)
を行うと、プレフォーマット設定ルーチンで設定した定型ラベルなどのパターンと位置決めマークとが、通常のマルチカラー印字の場合と同様に印字される。 Doing, the pattern of such standard label set by the pre-format setting routine and the positioning marks are as in a normal multicolor printing printing. このようにして、予め所定のフォーマットが印字された、プレフォーマットテープが作成される。 In this way, the previously predetermined format is printed, preformat tape is created.

【0090】印字開始処理の印字テキスト入力時(図2 [0090] At the time of printing text input of print start processing (FIG. 2
5のステップS11)においてプレフォーマットテープへの印字を選択した場合には(図26のS32でYE If you select the printing on a preformat tape in 5 step S11 in) YE at S32 (FIG. 26
S)、上記のマルチカラー印字制御において、プレフォーマットテープに印字が行われる。 S), in multi-color printing control of the above, it is printed on the pre-format the tape is performed. 即ち、マルチカラー印字制御において、先端検出センサ90によって位置決めマークが検出されるまで印字テープ22を搬送する(S33、S34)。 That is, in multi-color printing control, to convey the printing tape 22 until the positioning mark is detected by the tip detecting sensor 90 (S33, S34). なお、この時、先端検出センサ9 Incidentally, at this time, the tip detection sensor 9
0の発光兼受光素子92は、反射型センサとして機能する。 Emitting and light-receiving element 92 of 0 serves as the reflective type sensor. そして、位置決めマークが検出されてから、通常のマルチカラー印字の場合と同様に印字を行うことによって、定型ラベル等の予め印字されたフォーマットに名称等を印字することができる。 Then, from the detection of the positioning mark, by performing the printing as in the case of conventional multi-color printing, it is possible to print the name and the like in advance printed format of the standard labels or the like.

【0091】このように、テープ状ラベル作成装置1 [0091] In this way, the tape-shaped label producing device 1
は、予備印字(プレフォーマット印字)においては、印字テープ22に位置決めマークを印字し、本印字(プレフォーマットテープへの印字)においては、位置決めマークを検出した上で、検出された位置決めマークに基づいて印字を行うよう制御される。 , In the preliminary printing (preformat printing) is to print a positioning mark on the print tape 22, in the present printing (printing on a preformat tape), upon detecting the positioning mark, based on the detected positioning marks It is controlled to perform printing Te. そのため、予め印字したフォーマットに対し、正確な位置に印字を行うことが可能になる。 Therefore, with respect to pre-printed with the format, it is possible to perform printing at an accurate position.

【0092】次に、フルカラー印字を行う場合について説明する。 [0092] Next, description will be given of a case where performing a full-color printing. 図32に示すように、フルカラー印字制御が開始されると、まず、前述のプレフォーマット設定制御というサブルーチンを実行する(S60)。 As shown in FIG. 32, when the full-color printing control is started, first, it executes a subroutine preformat setting control described above (S60). そして、プレフォーマット設定制御というサブルーチン終了後、リボン色検出制御というサブルーチンを実行する(S6 After completion of the subroutine preformat setting control, it executes a subroutine of the ribbon color detection control (S6
1)。 1). 図33に示すリボン色検出制御というサブルーチンでは、まず印字テープ22及びインクリボン32の搬送を行い(S80)、リボンセンサ70がセンサーマークを2本以上検出したか否かを判定する。 The subroutine of the ribbon color detection control shown in FIG. 33 performs conveyance of the print tape 22 and the ink ribbon 32 is first (S80), the ribbon sensor 70 determines whether the detected two or more of the sensor marks. リボンセンサ70が、センサーマークを2本以上検出した場合(S8 If the ribbon sensor 70, which detects the sensor mark 2 or more (S8
1でYES)、さらにセンサーマークが3本か否かの判定が行われる(S82)。 YES 1), further sensor mark is determined whether three or performed (S82). センサーマークが3本以上検出されれば(S82でYES)、前述のテープ及びリボンエンド検出ルーチンを実行し(S83)、センサーマークが3本以上検出されなければ(S82でNO)、色識別のためのセンサーマークと判断して、ステップS8 If it is detected the sensor mark is three or more (YES in S82), executes the foregoing tape and ribbon end detection routine (S83), if not detected the sensor mark is three or more (in S82 NO), the color identification it is determined that the sensor marks for, step S8
4以下のインク色の識別を行う。 4 performs the following ink color identifying the.

【0093】続いて、センサーマークの1本目と2本目の幅を比較し(S84)、当該幅の比がほぼ1:1であれば(S84でYES)、イエローの先頭位置と判断し、センサーマークの1本目と2本目の比がほぼ1:2 [0093] Then, by comparing the one eyes two eyes of the width of the sensor marks (S84), the ratio of the width of approximately 1: If 1 (YES at S84), determines that the head position of the yellow, the sensor almost has one eyes and two second ratio of the mark 1: 2
であれば(S86でYES)、マゼンタの先頭位置と判断し、いずれでもなければ(S86でNO)、シアンの先頭位置と判断する。 If (YES in S86), determines that the head position of the magenta, unless either (at S86 NO), it is determined that the head position of the cyan. そして、識別された色の先頭位置(この時点ではリボンセンサ70の位置にある)を、リボンセンサ70の位置からサーマルヘッド12の発熱体の位置まで移動させるために、印字テープ22とインクリボン32を所定量Lだけ搬送する(S89)。 Then, the head position of the identified colors (at this point is in the position of the ribbon sensor 70), to move from the position of the ribbon sensor 70 to the position of the heating elements of the thermal head 12, the print tape 22 and the ink ribbon 32 conveying the predetermined amount L (S89). そして、ソレノイド80を作動してローラホルダをリリースし(S90)、リボン色検出制御というサブルーチンは終了する。 Then, the roller holder released by actuating the solenoid 80 (S90), the subroutine of the ribbon color detection control ends.

【0094】リボン色検出制御というサブルーチン終了後、前述の印字テープ巻き戻し制御というサブルーチン(S62)、及び前述のテープ先端検出制御というサブルーチン(S63)を実行する。 [0094] After completion of the subroutine of the ribbon color detection control subroutine that print tape rewinding control described above (S62), and executes the subroutine (S63) of the above-described tape tip detection. 続いて、プレフォーマットテープへの印字か否かを判定する(S64)。 Subsequently, it is determined whether printing on a preformat tape (S64). 印字開始処理においてプレフォーマット印字テープへの印字を選択した場合には(S64でYES)、先端検出センサ90が位置決めマークを検出するまで印字テープ22 When you select the printing on a preformat print tape in the print start process (YES at S64), the print to the tip detection sensor 90 detects the positioning mark tape 22
の搬送を行う(S65、S66)。 Carry out the transport (S65, S66). なお、この時、先端検出センサ90の発光兼受光素子92は反射型フォトセンサとして機能する。 At this time, the light emitting and light receiving elements 92 of the tip detection sensor 90 functions as a reflective photosensor.

【0095】次に、印字バッファに検出色のフルカラー印字データ(3原色データ)が展開される(S67)。 [0095] Next, full-color print data of the detected color in the print buffer (three primary colors data) is expanded (S67).
図22〜図24に示すような印字を行う場合であれば、 In the case of performing printing, as shown in FIGS. 22 to 24,
検出色がイエローであれば「あ」「か」「み」「ど」 If the detected color is a yellow "A" "Do," "only", "etc."
「り」「く」「ろ」「き」の印字データが展開され、マゼンタ色であれば「あ」「か」「く」「ろ」、シアン色であれば「み」「ど」「り」「く」「ろ」の印字データがそれぞれ展開される。 "Ri", "V" printing data of the "filtration", "ki" is expanded, if the magenta color "A" "Do," "county," and "filtration", if the cyan color "only", "etc.", "Ri "print data of" V "," filtration "is expanded, respectively. 続いて、印字テープ22を1ドット分の印字を行うと共に、印字テープ22を搬送し(S68)、リボンセンサ70がセンサーマークを3本検出するか否かの判定及び非透過状態がセンサーマーク3ピッチ分継続するか否かの判定を行う(S69)。 Subsequently, the print tape 22 performs printing of one dot, conveying the print tape 22 (S68), whether or not the determination and non-transmissive state sensor marks 3 ribbon sensor 70 detects three sensor marks to determine whether to continue pitch (S69). ステップS68、S69は、3本のセンサーマークあるいは非透過状態のセンサーマーク3ピッチ分の継続が検出されるまで繰り返される、即ち印字が行われる。 Step S68, S69, the three sensor marks or sensor marks 3 continue pitch of the non-transmission state is repeated until the detected, i.e. printing is performed.

【0096】ここで、リボンセンサ70によってセンサーマークが3本検出されるか、あるいは非透過状態の3 [0096] Here, if the sensor marks are detected three by the ribbon sensor 70, or the non-transmissive state 3
ピッチ分の継続が検出されると(S69でYES)、前述のテープ及びリボンエンド検出制御というサブルーチンに移るが、その前に、検出された3本のセンサーマークにおいて、センサーマークと空白部(図16、図1 When continuation of the pitch is detected (YES in S69), it proceeds to the subroutine of the tape and ribbon end detection control described above, before that, the detected three sensor marks, the sensor mark and a blank portion (FIG. 16, Fig. 1
7)の幅の比が一定か否か判定する(S70)。 The ratio of the width of 7) determines whether the fixed or not (S70). そして、一定でない場合には、色識別のためのセンサーマークと終端を示すセンサーマークが重なっているものと考えられるため、エンド判定を保留してステップ69に戻る。 When not constant, since it is considered that the sensor marks indicating the sensor mark and the end for the color identification overlap, the flow returns to step 69 to hold the end determination. センサーマークと空白部(図16、図17)の幅の比が一定であれば、テープ及びリボンエンド検出制御というサブルーチンに移る(S71)。 Sensor marks and the blank part (16, 17) if the constant ratio of the width of the proceeds to the subroutine of the tape and ribbon end detection control (S71). 一方、センサーマークが3本以上検出されなかった場合には(S69でN On the other hand, if not detecting sensor mark is three or more N in (S69
O)、検出色印字データの印字が終了したかを判定し、 O), it is determined whether printing of the detected color print data is completed,
終了していなければ(S72でNO)、ステップS68 If not completed (NO in S72), step S68
からS72までを繰り返す。 Repeated until the S72 from. 印字が終了していれば(S If printing has been completed (S
72でYES)、現在の印字色が最終印字色であるかを判定し(S73)、最終印字色であれば(S73でYE YES 72), the current print color is determined whether the final printing color (S73), if the final print color (at S73 YE
S)、所定量テープを搬送し(S74)、テープカットの表示を行って(S75)、印字制御を終了する。 S), is conveyed a predetermined amount tape (S74), it performs display of the tape cutting (S75), and ends the print control. ここで、所定量とは、図22における後余白量B2と印字ヘッド12とカッター84間の距離Pを合わせたものである。 Here, the predetermined amount is a combination of distance P between the print head 12 and the cutter 84 and the rear margin amount B2 in FIG 22. 最終印字色でなければ(S73でNO)、印字色を一つカウントし(S76)、S61に戻り、同様の動作を最終印字色の印字が終了するまで繰り返す。 If the final print color (NO at S73), the print color by one count (S76), returns to S61, and the same operation is repeated until the final print color of the printing is completed. 以上で、 Above,
フルカラー印字制御が終了する。 Full-color printing control is completed.

【0097】このように、テキストの印字色を設定する印字色設定手段(キーボード4、CPU)と、設定された印字色そのものをデータとして格納する第1の印字色記憶手段(テキストメモリ121)と、該印字色記憶手段により設定された印字色を所定の複数の色に分解し、 [0097] Thus, the print color setting means for setting a text print color (keyboard 4, CPU), the first print color storage means for storing the print color itself is set as the data (the text memory 121) to decompose the print color set by the indicia shaped color storage means to a predetermined plurality of colors,
該複数の色の組み合わせデータとして格納する第2の印字色記憶手段(テキストメモリ121)とが設けられているため、色別に印字するマルチカラー印字にも、色を重ね合わせて印字するフルカラー印字にも対応できるという利点がある。 Since the second print color storage means for storing a plurality of color combination data (text memory 121) is provided, in multi-color printing to be printed on Color, full color printing for printing by superimposing color there is the advantage that it is possible to cope. さらに、印字色設定手段によって設定される印字色と、3原色データとを対応づけて記憶している組み合わせデータ記憶部(ROM)が設けられているため、印字色を設定するだけで、所定の対応表を参照して自動的に色分解を行うため、複雑なアルゴリズムを必要とせず、迅速に3原色に分解したデータを生成することができる。 Further, a printing color that is set by the print color setting means, 3 for the combination data storage unit and a primary data are stored in correspondence (ROM) is provided, by simply setting the print color, a predetermined to perform the automatic color separation by referring to the correspondence table, without the need for complex algorithms, it is possible to generate a decomposed data quickly to the three primary colors.

【0098】以上のように、第1の実施の形態のテープ状ラベル作成装置によれば、マルチカラー印字かフルカラー印字を選択することができる。 [0098] As described above, according to the tape-shaped label producing device of the first embodiment, it is possible to select a multi-color printing or full color printing. なお、ここでマルチカラー印字のメリットは、必要な色のリボンを必要な量だけ消費されるのでリボンが非常に経済的に使用でき、 Here, the multi-color printing advantage, because it is consumed by an amount required color ribbon required ribbon can be very economical to use,
又それぞれの色はインクリボン固有の色で再現されるため色の再現性に優れる点である。 Further, each color is that excellent color reproducibility to be reproduced by the ink ribbon unique color. また、フルカラー印字のメリットは、1本のリボンカセットで色数を自由に選ぶことができ、しかもリボンカセットの交換無しにカラー印字が実現できるため操作が簡単な点である。 Further, full-color printing benefits, can choose the number of colors freely one ribbon cassette, yet in that operation is easy because the color printing can be realized without exchanging the ribbon cassette. 従って、本実施の形態のテープ状ラベル作成装置によれば、 Therefore, according to the tape-shaped label producing device of this embodiment,
ユーザーがマルチカラー印字かフルカラー印字の各々のメリットを考慮した上で、用途に適した印字方式を選択できるという大きな効果がある。 On a user taking into account the respective merits of the multi-color printing or full color printing, there is a large effect that can be selected printing system suitable for use.

【0099】次に、本発明の第2実施形態について説明する。 Next, a description of a second embodiment of the present invention. この第2の実施形態は、ラミネートタイプのカセットを使用する時にはテープ送りサブローラとプラテンローラ双方にて印字テープの搬送を行い、レセプタータイプのカセットを使用する場合にはプラテンローラのみにより印字テープを搬送するものである。 The second embodiment is conveyed performs conveyance of the print tape in the tape feeding sub-roller and the platen roller both when using the laminated type cassette, the print tape only by the platen roller when using the cassette receptor type it is intended to. さらに、この第2の実施形態は、印字テープの先端を検出する先端検出センサによって、印字テープの終端部検出も行うものである。 Further, the second embodiment, by the tip detecting sensor for detecting the leading end of the print tape, is performed even termination detection of the print tape.

【0100】まず、ラミネートタイプのカセットについて説明する。 [0100] First, a description will be given of the laminated type of cassette. 図34に示すように、カセットケース41 As shown in FIG. 34, the cassette case 41
0には、両面粘着テープ402、透明テープ404、インクリボン406が収納されている。 0, the double-sided adhesive tape 402, a transparent tape 404, the ink ribbon 406 is housed. 両面粘着テープ4 The double-sided pressure-sensitive adhesive tape 4
02は粘着面を402a側にしてテープスプール401 02 by the adhesive surface 402a side tape spool 401
に、透明テープ404はスプール405に、インクリボン406はリボンスプール408にそれぞれ巻回されており、インクリボン406はリボン巻取りスプール40 The transparent tape 404 to the spool 405, the ink ribbon 406 are wound respectively around the ribbon spool 408, the ink ribbon 406 is the ribbon take-up spool 40
7に巻き取られる。 It is taken up by the 7. リボン巻取りスプール407は第1 The ribbon take-up spool 407 first
実施形態と同様に駆動される。 Driven similarly to the embodiment. また、テープ送りローラ409は、テープ状ラベル作成装置201のテープ送りサブローラ66との間で、透明テープ404と両面粘着テープ402とを貼り合わせる機能を有する。 Further, the tape feed roller 409, between the tape feed subroller 66 of the tape-shaped label producing device 201 has a function of bonding the transparent tape 404 and the double-sided adhesive tape 402. なお、ラミネートタイプのカセットの場合は、リボンカセットの交換、あるいはリボンセンサ等によるインクリボン40 In the case of the laminated type cassette, the ink ribbon 40 by replacement of the ribbon cassette, or the ribbon sensor, etc.
6のセンサーマーク検出ができないため、フルカラー印字、マルチカラー印字には使用されない。 Because it can not 6 of the sensor mark detection, full-color printing, is not used for multi-color printing.

【0101】次に、レセプタータイプのカセットについて説明する。 [0101] Next, a description will be given receptor type of cassette. 前述の通り、レセプタタイプのカセットには、テープ・リボン一体型カセットと、テープ・リボン分離型カセットがある。 As described above, the receptor type of cassette, and the tape-ribbon-integrated cassette, there is a tape-ribbon separation type cassette. 図35は、テープ・リボン分離型カセット装着したテープ状ラベル作成装置201を示す平面図、図36はローラホルダ67を開成してリボンカセット230を取り外した状態を示す平面図である。 Figure 35 is a plan view showing a tape-shaped label producing device 201 tape ribbon separated cassette mounting, FIG. 36 is a plan view showing a state in which removal of the ribbon cassette 230 by opening the roller holder 67.
図35に示すように、テープカセット220は、テープケース221内部に、印字テープ222を巻回するためのテープスプール223を備えたものである。 As shown in FIG. 35, the tape cassette 220 is inside the tape case 221, those having a tape spool 223 for winding the printing tape 222. 又、リボンカセット230は、リボンケース231内部に、インクリボン232が巻回されたリボンスプール233と、 Further, the ribbon cassette 230 is inside the ribbon case 231, a ribbon spool 233 ink ribbon 232 is wound,
このインクリボン232を巻き取るリボン巻取りスプール234とが設けられている。 A ribbon take-up spool 234 for taking up the ink ribbon 232 are provided. 第1実施形態のテープカセット20と異なり、第2実施形態のテープカセット2 Unlike tape cassette 20 of the first embodiment, the tape cassette 2 of the second embodiment
20では、印字テープ222の搬送路はリボンセンサ7 In 20, the transport path of the print tape 222 is a ribbon sensor 7
0を迂回して搬送されている。 It is transported to bypass the 0. 即ち、リボンセンサ70 In other words, the ribbon sensor 70
は、インクリボン232に形成されたセンサーマークのみを検出するよう構成されている。 It is configured to detect only the sensor mark formed on the ink ribbon 232.

【0102】次に、この第2の実施形態によるテープ状ラベル作成装置201について説明する。 Next, a description will be given tape-shaped label producing apparatus 201 according to the second embodiment. テープ状ラベル作成装置201では、テープカセット220のテープスプール223に係合可能なテープ巻取カム41と、リボンカセット230のリボン巻取スプール234に係合可能なリボン巻取カム42とが、本体フレーム11により回転可能に支持されている。 In the tape-shaped label producing device 201, a tape winding cam 41 engageable with the tape spool 223 of tape cassette 220, engageable with the ribbon take-up cam 42 to the ribbon take-up spool 234 of the ribbon cassette 230, body It is rotatably supported by the frame 11. テープ状ラベル作成装置201には、印字テープ222に印字を行うためのサーマルヘッド12が設けられている。 A tape-shaped label producing apparatus 201, the thermal head 12 for printing on the print tape 222 is provided. サーマルヘッド12 The thermal head 12
には、サーマルヘッド12との間でテープを挟み込むプラテンローラ65が対向している。 The platen roller 65 sandwiching the tape between the thermal head 12 is opposed. また、テープカセット220のテープ送りローラ24には、テープ送りローラ24との間でテープを挟み込むテープ送りサブローラ66が対向している。 Further, the tape feed roller 24 of the tape cassette 220, the tape feed subroller 66 sandwiching the tape between the tape feed roller 24 is opposed. プラテンローラ65とテープ送りサブローラ66とは、本体フレーム11に対して揺動可能なローラホルダ67によって保持されている。 The platen roller 65 and the tape feed subroller 66 is held by a pivotable roller holder 67 relative to the main frame 11. また、 Also,
本体フレーム11には、テープ送りモータ44が設けられている。 The main frame 11, the tape feed motor 44 is provided.

【0103】プラテンローラ65の駆動部を図37に示す。 [0103] A driving portion of the platen roller 65 in FIG. 37. 図37に示すプラテンローラ65及びその駆動部は、プラテンローラ65を駆動するプラテンギア65a The platen roller 65 and the driving unit shown in FIG. 37, the platen gear 65a for driving the platen roller 65
に係合するギア255を除いて、第1実施形態と同様に構成されている。 Except for the gear 255 which engages with, and is configured similarly to the first embodiment. 即ち、プラテンローラ65は、ローラ本体651とローラ本体651の内部を貫通するローラシャフト652よりなっている。 That is, the platen roller 65 is made from the roller shaft 652 which passes through the interior of the roller body 651 and the roller body 651. ローラシャフト652 Roller shaft 652
は中空になっており、ローラシャフト652の中空部分には、プラテンローラ65を回転駆動するための駆動シャフト653が挿入されている。 Is hollow, the hollow portion of the roller shaft 652, drive shaft 653 for rotating the platen roller 65 is inserted. プラテンギア65a Platen gear 65a
は、駆動シャフト653に形成されている。 It is formed on the drive shaft 653. プラテンギア65aに係合するギア255は、第1の実施形態のギア55と異なり、軸方向に2段に分かれて構成されるのではなく、一体として構成されている。 Gear 255 that engages the platen gear 65a is different from the gear 55 of the first embodiment, rather than being configured in two lines in the axial direction, it is integrally formed. テープ送りモータ44からギア53までの駆動系は、第1の実施形態と同一である。 Driving system from the tape feed motor 44 to the gear 53 is identical to the first embodiment.

【0104】図38にテープ送りサブローラ66の駆動部を示す。 [0104] Figure 38 shows a driving portion of the tape feed subroller 66. 図38(a)に示すように、テープ送りサブローラ66及びその駆動部は、図11に示す第1の実施形態と同一に構成されている。 As shown in FIG. 38 (a), the tape feed subroller 66 and the driving unit is configured the same as the first embodiment shown in FIG. 11. 即ち、テープ送りサブローラ66は、ローラ本体661とローラ本体661の内部を貫通するテープ送りサブローラシャフト662よりなっている。 That is, the tape feed subroller 66 is made from the tape feed sub roller shaft 662 through the interior of the roller body 661 and the roller body 661. ローラシャフト662は中空になっている。 The roller shaft 662 is in a hollow. ローラシャフト662の中空部分には、テープ送りサブローラ66を回転駆動するための駆動シャフト66 The hollow portion of the roller shaft 662, a drive shaft 66 for rotationally driving the tape feed subroller 66
3が挿入されている。 3 is inserted. 駆動シャフト663に設けられた駆動ギア66aは、テープ送りローラカム43の下方に設けられたテープ駆動ギヤ43aを介して、ギア54により駆動される。 Drive gear 66a provided on the drive shaft 663, via the tape drive gear 43a provided on the lower side of the tape feed roller cam 43 is driven by a gear 54. テープ送りモータ44からギア54までの駆動系は、第1の実施形態と同一である。 Driving system from the tape feed motor 44 to the gear 54 is identical to the first embodiment.

【0105】駆動シャフト663は、可動ケース666 [0105] The drive shaft 663, movable case 666
により回転可能に支持され、可動ケース666はローラホルダ67に対し、図中上下方向に移動可能に支持されている。 Is rotatably supported by the movable case 666 to the roller holder 67 is movably supported in the vertical direction FIG. 可動ケース666は、ローラホルダ67に設けられたばね66bで、その軸方向両端部を図中上方に付勢されている。 Movable case 666, a spring 66b provided in the roller holder 67 is biased to its axially opposite ends upward in the drawing. ここで、図38(b)に示すように、レセプタータイプのテープカセット220を本体に装着した場合には、テープカセット220に形成されたリブ2 Here, FIG. 38 as shown in (b), when mounting the tape cassette 220 of the receptor type in the body, the ribs 2 formed on the tape cassette 220
21aがバネ66bに抗してテープ送りサブローラ66 Tape feeding sub-roller 66 21a is against the spring 66b
の軸部を図中下方に向けて付勢する。 It urges the shaft portion downward in the figure. そのため、テープ送りサブローラ66が印字テープ222に接触しない待避位置に待避し、テープ駆動ギヤ43aとテープ送りサブローラギヤ66aとの係合も解除され、テープ送りサブローラ66に駆動力が伝達されなくなる。 Therefore, retreats to the retracted position of the tape feed subroller 66 does not contact the print tape 222, also the engagement between the tape drive gear 43a and the tape feeding Saburoragiya 66a is released, the driving force is not transmitted to the tape feed subroller 66.

【0106】テープ送りサブローラ66とプラテンローラ65とを同時に駆動する場合、それぞれのローラに至るまでのギヤ等のバックラッシュにより、プラテンローラが先に回転し始める可能性がある。 [0106] When driving the tape feed subroller 66 and the platen roller 65 at the same time, the backlash of gears up to the respective roller, the platen roller may begin to rotate first. この場合、テープ送りサブローラ66とプラテンローラ65にテープの弛みが生じ、印字テープ222の先端を検出する際にこの弛みがあるとテープ先端位置と印字開始原点位置との距離に誤差が生じる。 In this case, the tape slack occurs in the tape feed subroller 66 and the platen roller 65, an error occurs in the distance between the print start origin position and the tape end position when there is the slack when detecting the tip of the print tape 222. レセプタータイプのカセットを用いる場合には、フルカラー印字、マルチカラー印字を行う場合が多いため、印字テープ222の先端検出の精度が悪いと色毎に印字位置のずれを起こしやすい。 When using a cassette of the receptor types, full-color printing, because in many cases of performing multi-color printing, prone to misalignment of the printing position in each color and the detection of the leading end of the accuracy of the print tape 222 is poor. そのため、図38(b)のように、印字テープ222をプラテンローラ65によって搬送し、テープ送りサブローラ6 Therefore, as shown in FIG. 38 (b), and transporting the print tape 222 by the platen roller 65, tape feed subroller 6
6の回転を停止させておくことにより、テープ送りサブローラ66とプラテンローラ65との間の印字テープ2 By keeping 6 rotates the stops, printing between the tape feed subroller 66 and the platen roller 65 the tape 2
22の弛みを防止することができる。 It is possible to prevent 22 loosening.

【0107】一方、ラミネートタイプのカセット410 [0107] On the other hand, the laminated type of cassette 410
を装着した場合には、図38(a)に示すように、テープ送りサブローラ66とテープ送りローラ409とが接し、なおかつテープ駆動ギヤ43aとテープ送りサブローラギヤ66aとが噛み合い、回転が伝達される。 When wearing the, as shown in FIG. 38 (a), and the tape feed subroller 66 and the tape feed roller 409 is in contact, yet meshing with the tape drive gear 43a and the tape feeding Saburoragiya 66a, rotation is transmitted. そして、テープ送りサブローラ66及びテープカセット内のテープ送りローラ409によって、両面粘着テープ40 Then, the tape feed subroller 66 and the tape feeding roller 409 in the tape cassette, double-sided adhesive tape 40
2と透明テープ404とを貼り合わせる。 It is bonded to the 2 and the transparent tape 404. ラミネートタイプのカセットは、フルカラー印字、マルチカラー印字には使用されないため、先端検出の精度はさほど要求されないため、テープ送りサブローラ66とプラテンローラ65との間の印字テープ222の弛みが許容される。 Laminated type cassette is full printing, because it is not used for multi-color printing, the tip accuracy of detection is not less required, looseness of the print tape 222 between the tape feed subroller 66 and the platen roller 65 is allowed.

【0108】このように、テープ送りサブローラ66を用いて透明テープ404と両面粘着テープとの貼り合わせを行うラミネートタイプのカセットの使用時のみ、テープ送りサブローラ66が印字テープ404の搬送に寄与する。 [0108] Thus, when using the laminated type cassette for performing bonding of the transparent tape 404 and the double-sided adhesive tape with a tape feed subroller 66 only, the tape feed subroller 66 contributes to the conveyance of the print tape 404. そして、両面粘着テープ等の貼り合わせを行う必要が無く、フルカラー印字、マルチカラー印字を行う(印字テープ222の先端位置を正確に検出する必要がある)レセプタタイプのカセットの使用時には、印字テープ222はプラテンローラ65でのみ搬送され、前述したようなテープ送りサブローラ66とプラテン65間のテープの弛みによる印字先頭位置のバラツキを押さえることができ、フルカラー印字、マルチカラー印字の際に色ズレの発生を防止できる。 Then, it is not necessary to perform bonding, such as double-sided adhesive tape, full-color printing, the multi-color for printing (it is necessary to accurately detect the position of the tip of the print tape 222) when using the receptor type cassette, the print tape 222 is transported only by the platen roller 65, it is possible to suppress the variation in the print head position by the tape slack between the tape feed subroller 66 and the platen 65 as described above, full color printing, the color shift when multicolor printing occurs It can be prevented.

【0109】次に、第2実施形態のテープ状ラベル作成装置による印字テープ222の終端検出(エンド検出) [0109] Next, end detection of the print tape 222 by the tape-shaped label producing device of the second embodiment (end detection)
について説明する。 It will be described. まず、レセプタータイプのカセットを用いた場合の、テープ先端検出について説明する。 First, in the case of using the receptor type cassette, the tape tip detection will be described. 印字テープ222は、先端検出センサ90のセンサ光を透過させない素材で形成されているため、印字テープ22 The print tape 222, which is formed of a material which does not transmit sensor light tip detection sensor 90, the print tape 22
2の終端部(終端から所定距離の部分)に、図39 The second end portion (portion of a given from the end distance), FIG. 39
(a)に示すようなセンサ光を透過させる素材でセンサーマーク222aを形成すると、印字テープ222の終端部が先端検出センサ90を通過するのに伴って、先端検出センサ90によってセンサーマーク222aが読みとられ、終端が検出される。 When forming the sensor marks 222a of a material which transmits the sensor light, such as (a), the with the end portion of the print tape 222 to pass through the tip detection sensor 90, the sensor marks 222a to read the tip detection sensor 90 Torare, termination is detected.

【0110】このように、印字テープ222の先端を検出するための透過型フォトセンサ(先端検出センサ9 [0110] Thus, a transmission type photosensor for detecting the leading end of the print tape 222 (tip detection sensor 9
0)を備え、透過型フォトセンサのセンサ光を透過させない印字テープ222の終端部に、当該センサ光を透過させる部分を形成することによって、前記の透過型フォトセンサ(先端検出センサ90)が印字テープ222の終端を検出することができる。 0) comprising a, the end of the print tape 222 which does not transmit sensor light transmissive photosensor, by forming a portion which transmits the sensor light, the transmissive photosensor (tip detection sensor 90) is printed it is possible to detect the end of the tape 222. そのため、印字テープ2 Therefore, the print tape 2
22を、リボンセンサのセンサ光を透過させる材質で形成する必要がなくなり、印字テープ222の材質選定の幅がそれだけ広くなるという利点がある。 22, there is no need to form a material that transmits the sensor light from the ribbon sensor, there is an advantage that the width of the material selection of the print tape 222 is much wider.

【0111】次に、ラミネートタイプのカセットの場合の先端検出について説明する。 Next, it will be described the detection of the leading end of the case of the laminated type cassette. 両面粘着テープ402 The double-sided pressure-sensitive adhesive tape 402
(不透明テープ)と透明テープ404は、テープ送りローラ409とテープ送りサブローラ66とで貼り合わされて先端検出センサ90を通過する。 (Opaque tape) and the transparent tape 404 passes through the tape feed roller 409 and the tape feed subroller 66 and by the adhesion intertwined with tip detection sensor 90. 通常両面粘着テープ403は様々な色が印刷されており、発光兼受光素子92の光を透過しない。 Usually double-sided adhesive tape 403 and various colors are printed, does not transmit light of the light emitting and light receiving elements 92. 両面粘着テープ402は、透明テープ404よりも短く設定される。 Double-sided adhesive tape 402 is set to be shorter than the transparent tape 404. また、透明テープ404のエンド部に図39(b)に示すような終端部を示すセンサーマーク404aが施されている。 The sensor marks 404a indicating the end portion as shown in FIG. 39 (b) to the end portion of the transparent tape 404 is applied.

【0112】又、図40に示すように、テープスプール401の外周面は、両面粘着テープ402が剥がれやすいよう、軸方向に延びる凹凸が周方向に並んで配置されたローレットが形成されている。 [0112] Also, as shown in FIG. 40, the outer peripheral surface of the tape spool 401, so that the easily peeled off the double-sided adhesive tape 402, knurls irregularities extending in the axial direction are arranged in the circumferential direction is formed. 両面粘着テープ402 The double-sided pressure-sensitive adhesive tape 402
は透明テープ404よりも短いため、透明テープ404 Since the shorter than the transparent tape 404, transparent tape 404
よりも先に両面粘着テープ402が無くなる。 Double-sided adhesive tape 402 is eliminated earlier than. テープスプール401の表面のローレットのため、両面粘着テープ402の終端は容易にテープスプール401から剥がれることができる。 For the surface of the tape spool 401 knurling, the end of the double-sided adhesive tape 402 can be easily peeled from the tape spool 401.

【0113】両面粘着テープ402の終端がテープスプール401から剥がれても、テープ送りローラ409とテープ送りサブローラ66はそのまま回転するため、両面粘着テープ402の終端部が先端検出センサ90を通過してしまうと、後は透明テープ404のみが先端検出センサ90を通過する。 [0113] Also the end of the double-sided adhesive tape 402 is peeled off from the tape spool 401, since the tape feed roller 409 and the tape feed subroller 66 is rotated as it is, the terminal end of the double-sided adhesive tape 402 will pass through the tip detection sensor 90 When, after only transparent tape 404 passes the tip detection sensor 90. そのため、透明テープ404において、両面粘着テープ402の終端部よりも後方に相当する部分に終端部を示すセンサーマークを形成すると、先端検出センサ90によって終端部を検出することが可能となる。 Therefore, in the transparent tape 404, to form a sensor marks indicating the end portion in a portion corresponding to the rear than the terminal end of the double-sided adhesive tape 402, it is possible to detect the end portion by the tip detecting sensor 90.

【0114】このように、透明テープ(透明テープ40 [0114] In this way, a transparent tape (transparent tape 40
4)と不透明テープ(両面粘着テープ402)を貼り合わせて印字テープとすると共に、透明テープを不透明テープよりも長くし、透明テープにおいて不透明テープの終端部よりも後方に相当する所定位置に、透過型フォトセンサ(先端検出センサ90)のセンサ光を透過させる部分と透過させない部分よりなるマークを形成したことにより、前記の透過型フォトセンサ(先端検出センサ9 With 4) and by bonding a transparent tape (double-sided adhesive tape 402) and the print tape, a transparent tape longer than opaque tape, a predetermined position corresponding to the rear than the terminal portion of the opaque tape at the transparent tape, transparent by forming the mark consisting of the portion which does not transmit a part transmitting the sensor light type photosensor (tip detection sensor 90), the transmission type photosensor (tip detection sensor 9
0)が印字テープの終端を検出することができるものである。 0) it is capable of detecting the end of the print tape. また、不透明テープ(両面粘着テープ)を巻回するためのテープスプール401の表面に、凹凸を形成することにより、当該テープスプールから前記の不透明テープ(両面粘着テープ)が剥がれやすくなる。 Further, the opaque tape (double-sided adhesive tape) to the surface of the tape spool 401 for winding, by forming an uneven, non-transparent tape from said the tape spool (double-sided adhesive tape) is easily peeled off.

【0115】次に、ラミネートタイプ、レセプタータイプの各々のカセットを用いた場合の印字制御についてフローチャートを参照して説明する。 [0115] Next, the printing control will be explained with reference to a flowchart in a case of using the laminated type, each of the cassette receptor type. まず、ラミネートタイプを用いた場合の印字制御について説明する。 It will be described first printing control in the case of using the laminated type. なお、 It should be noted that,
第1の実施形態と同様、第2の実施形態でもプレフォーマット印字は可能であるが、ここでは説明を省略する。 Similarly to the first embodiment, although the pre-format printing in the second embodiment can be, it will not be described here.
また、前述の通り、ラミネートタイプのカセットを用いた場合には、単色のインクリボン406による単色印字を行う。 Further, as described above, in the case of using the laminated type cassette performs monochrome printing by a single color ink ribbon 406. (なお、ここでは、透明テープ404と両面粘着テープ402を貼り合わせたものを、単に印字テープ400とする。) (Here, those bonded to the transparent tape 404 and the double-sided adhesive tape 402, simply referred to as print tape 400.)

【0116】単色印字制御が開始されると、図41に示すように、まずテープ先端検出制御というサブルーチンを実行する(S231)。 [0116] If monochrome printing control is started, as shown in FIG. 41, first, executes a subroutine of the tape tip detection (S231). 図42に示すテープ先端検出制御というサブルーチンでは、テープ駆動モータを1パルス分正搬送し(S251)、先端検出センサ90が印字テープ先端を検出したか否かを判定する(S25 The subroutine of the tape tip detection control shown in FIG. 42, it is determined whether or not the tape drive motor 1 pulses and positive transport (S251), the tip detection sensor 90 detects the print tape tip (S25
2)。 2). 印字テープ400の先端が検出されるまでステップS251、S252が繰り返され、先端が検出されれば(S252でYES)、印字開始原点位置が決定される。 Step to the tip of the print tape 400 is detected S251, S252 are repeated, if the tip is detected (YES in S252), the print start origin position is determined. なお、印字開始原点位置とは、印字テープ先端が検出された時点で、サーマルヘッド12の発熱体位置に位置する部分(図22に示すS点)であり、実際の印字はここから設定された余白B1だけテープ搬送した後に開始される。 Note that the print start origin position, when the printing tape tip is detected, a portion positioned to the heating element position of the thermal head 12 (S point shown in FIG. 22), actual printing is set from here only the margin B1 is started after the tape transport.

【0117】テープ先端検出制御というサブルーチン終了後、単色印字データが印字バッファに展開される(S [0117] After completion of the subroutine of the tape tip detection, monochrome print data is developed in the print buffer (S
235)。 235). そして、印字テープ400を1ドット分印字すると共に、テープ送りを行い(S236)、先端検出センサ90によりセンサーマークが検出されたか否かの判定がなされ(S237)、センサーマークが検出されれば(S237でYES)、テープエンドと判断し、液晶ディスプレイ9に表示すると共にテープ駆動モータを停止し(S238)、印字制御を終了する。 Then, the print tape 400 with print one dot performs tape feed (S236), the sensor mark is made a determination whether or not detected (S237) by the tip detecting sensor 90, if the sensor marks are detected ( YES in S237), it determines that the tape end, stops the tape drive motor as well as displayed on the liquid crystal display 9 (S238), and ends the print control. センサーマークが検出されなければ(S237でNO)、印字データの印字が全て終了したかを判定し(S240でN If the sensor mark is not detected (NO in S237), printing of the print data to determine whether all been completed (in S240 N
O)、終了していなければ(S240でNO)、ステップS236からS240までを繰り返す。 O), if not completed (in S240 NO), and repeats the steps S236 to S240. 印字が終了していれば(S240でYES)、所定量印字テープ40 If completed printing (YES in S240), a predetermined amount print tape 40
0を搬送し(S241)、テープカット指示の表示を行い(S242)、印字制御を終了する。 0 conveys the (S241), to display the tape cutting command (S242), and ends the print control. 以上で、単色印字制御が終了する。 Thus, the single-color printing control is completed.

【0118】次に、レセプタータイプのカセットの場合の印字制御について説明する。 Next, a description will be given printing control in the case of the receptor type cassette. レセプタータイプのカセットを用いた場合には、第1の実施形態と同様、マルチカラー印字とフルカラー印字を行うことができるが、ここではマルチカラー印字制御について説明する。 In the case of using the receptor type cassette, as in the first embodiment, it is possible to perform multi-color printing and full-color printing, the multi-color printing control is described herein. また、 Also,
プレフォーマット印字については説明を省略する。 For preformat printing will be omitted. 図4 Figure 4
3に示すように、マルチカラー印字制御が開始されると、前述のテープ先端検出制御というサブルーチン(図42)を実行する(S331)。 As shown in 3, the multi-color printing control is started, a subroutine (Fig. 42) that the tape tip detection described above (S331). テープ先端検出制御というサブルーチン終了後、N番目の色のマルチカラー印字データが印字バッファに展開される(S335)。 After completion of the subroutine of the tape tip detection, multi-color print data for N-th color is developed in the print buffer (S335). 次に、N番目の色の印字が行われる。 Next, N-th color printing is performed. 即ち、印字テープ2 In other words, the print tape 2
22を1ドット分印字すると共に、テープ搬送を行い(S336)、先端検出センサ90がセンサーマークを検出するか否かの判定を行う(S337)。 22 while printing one dot performs tape feed (S336), the tip detection sensor 90 to determine whether to detect the sensor mark (S337). 先端検出センサ90がセンサーマークが検出すると(S337でY Y in the tip detection sensor 90 is a sensor mark is detected (S337
ES)、テープエンドと判断し、液晶ディスプレイ9に表示を行い(S338)、テープ搬送を停止した後印字制御を終了する。 ES), determines that the tape end, to display on the liquid crystal display 9 (S338), and ends the print control after stopping the tape transport.

【0119】一方、リボンセンサ70によってセンサーマークが検出されない場合には(S337でNO)、リボンセンサ70がセンサーマークを検出するか否かの判定を行う(S340)。 [0119] On the other hand, when the sensor mark by the ribbon sensor 70 is not detected (NO in S337), the ribbon sensor 70 to determine whether to detect the sensor mark (S340). リボンセンサ70がセンサーマークが検出すると(S340でYES)、リボンエンドと判断し、液晶ディスプレイ9に表示を行って(S34 When the ribbon sensor 70 is a sensor mark is detected (YES in S340), it determines that the ribbon end, performs display on the liquid crystal display 9 (S34
2)、テープ搬送を停止した後印字制御を終了する。 2), and it ends the print control after stopping the tape transport. なお、第2実施形態では、リボンセンサ70を通過するのは、インクリボン232のみであるので、第1実施形態で行ったようなテープエンドかリボンエンドかの識別は不要である。 In the second embodiment, to pass through the ribbon sensor 70, since only the ink ribbon 232, the identification of whether tape end or ribbon end such as was done in the first embodiment is not required. また、マルチカラー印字の場合には、インク色識別用のセンサーマークが検知されることが無いので、センサーマークの本数によりセンサーマークの種別を識別する必要も無い。 In the case of multi-color printing, since it is not the sensor mark for ink color identifying is detected, it is not necessary to identify the type of the sensor mark by the number of sensor marks.

【0120】リボンセンサ70及び先端検出センサ90 [0120] ribbon sensor 70 and the leading edge detection sensor 90
がセンサーマークを検出しなければ、現在の印字色の印字データの印字が終了したかを判定し(S344)、終了していなければ(S344でNO)、ステップS33 If There does not detect the sensor mark, it determines whether the printing of the current print color of the printing data is completed (S344), If not completed (NO in S344), step S33
6からS344までを繰り返す。 Repeated from 6 to S344. 現在の印字色の印字データの印字が終了していれば(S344でYES)、現在の印字色が最終印字色か否かを判定し(S346)、 If printing of the current print color of the printing data has been completed (YES in S344), the current print color is determined whether the final printing color (S346),
最終印字色であれば(S346でYES)、テープを所定量(後余白量B2+印字ヘッドとカッター間の距離P)搬送し(S348)、テープカットの表示を行った後(S350)、印字制御を終了する。 If the final print color (YES in S346), a predetermined amount of the tape transport (distance P between the rear margin amount B2 + print head and cutter) (S348), after the display of the tape cutting (S350), print control to end the.

【0121】最終印字色でない場合(S346でN [0121] In case it is not the final print color (S346 N
O)、前述の印字テープ巻き戻し制御というサブルーチンを実行する(S352)。 O), it executes a subroutine of the print tape rewinding control described above (S352). 印字テープ巻き戻し制御というサブルーチン終了後、印字数を一つカウントし(S After the subroutine ends of the print tape rewinding control, the number of print and one count (S
354)、リボンカセットを交換するよう液晶ディスプレイ9に表示する(S356)。 354), is displayed on the liquid crystal display 9 to replace the ribbon cassette (S356). リボンカセットが交換されたと判定されれば(S358でYES)、ステップS331に戻る。 If it is determined that the ribbon cassette has been exchanged (at S358 YES), the flow returns to step S331. 以後、同様の制御を最終印字色の印字が完了するまで繰り返す。 Thereafter, repeat the same control until the final print color of the printing is completed. 以上で、マルチカラー印字制御が終了する。 Thus, the multi-color printing control is completed.

【0122】このように、この第2の実施形態のテープ状ラベル作成装置201によると、カセットがレセプタータイプ、ラミネートタイプのいずれの場合も、先端検出センサ90によってテープ終端を検出することができる。 [0122] Thus, according to the tape-shaped label producing device 201 of this second embodiment, the cassette is receptor type, in any case of the laminate type, it is possible to detect the tape end by the tip detecting sensor 90. そのため、印字テープ222を、リボンセンサ70 Therefore, the print tape 222, ribbon sensor 70
のセンサ光を透過させる材質で形成する必要がなくなり、材質選定の幅がそれだけ広くなる。 It is not necessary to form a material capable of transmitting the sensor light, the width of the material selection is much wider. また、単色印字のみ行うタイプのテープ状ラベル作成装置の場合には、 In the case of the type of the tape-shaped label producing device which performs only a single color printing,
テープの終端検出だけのためにリボンセンサを取り付ける必要が無くなり、部品点数及びコストの低減を図ることができる。 It is not necessary to attach the ribbon sensor only for tape end detection, it is possible to reduce the number of parts and cost.

【0123】次に、第3の実施形態について説明する。 [0123] Next, a third embodiment will be described.
第3の実施形態は、各色毎の印字処理のための印字テープの搬送量を、プラテンローラの1回転による搬送量の整数倍にすることによって、プラテンローラの偏心に起因する印字位置のずれを解決するものである。 Third embodiment, the conveyance amount of the print tape for printing processing for each color, by an integral multiple of the conveying quantity due to rotation of the platen roller, the shift of the printing position due to the eccentricity of the platen roller it is intended to resolve. テープ状ラベル作成装置201、テープカセット220、リボンカセット230の構成は、第2実施形態と同様である。 Tape-shaped label producing device 201, the tape cassette 220, the configuration of the ribbon cassette 230 is similar to the second embodiment.

【0124】第3の実施形態によるマルチカラー印字について図44を参照して説明する。 [0124] For multi-color printing will be described with reference to FIG. 44 according to the third embodiment. なお、第1の実施形態と同様、第3の実施形態でもプレフォーマット印字及びプレフォーマットテープへの印字は可能であるが、ここでは説明を省略する。 As in the first embodiment, the third preformat printing in the embodiment and printing on a preformat tape is possible, the description thereof is omitted here. 図44に示すように、マルチカラー印字制御が開始されると、テープ先端を検出するために、印字テープ222を正方向に1パルス搬送し(S As shown in FIG. 44, when the multi-color printing control is started, in order to detect the tape tip, one pulse transporting the print tape 222 in the forward direction (S
902)、先端検出センサ90が印字テープ222の先端を検出したか否かを判定する(S903)。 902), tip detection sensor 90 determines whether it has detected the leading end of the print tape 222 (S903). 続いて、 continue,
印字テープ222の切断を促す表示がなされる(S90 Display is performed to urge the cutting of the print tape 222 (S90
4)。 4). そして、テープが切断されたか否かを判定し(S Then, it is determined whether the tape has been cut (S
903)、テープが切断されていれば(S903でYE 903), if it is the tape cutting (at S903 YE
S)、カッター刃84と所定の原点位置Kとの距離に相当する分の印字テープ222の正方向搬送が行われる(S906)。 S), forward conveyance is performed in minutes of the print tape 222, which corresponds to the distance and the cutter blade 84 to a predetermined origin position K (S906).

【0125】N番目の色のマルチカラー印字データを印字バッファに展開する(S907)。 [0125] to expand the N-th multi-color print data of color in the print buffer (S907). 続いて、入力されたテキストに対し、印字長F1の長さに応じて空送り量が演算・設定される(S908)。 Subsequently, the input text, air feed amount is calculated and set according to the length of the printing length F1 (S908). 空送り量は、印字(余白も含む)と空送りによって、プラテンローラ65 Idle feed amount by the air-feed printing (including margin), the platen roller 65
が丁度整数回転するように設定される。 There is set just to integer rotate. 例えば、印字長F1がプラテンローラ65の搬送量Gよりも少ないとき、即ち、G>F1の時には、印字を行った後の空送り量は(G−F1)となる。 For example, when the printing length F1 is smaller than the transport amount G of the platen roller 65, i.e., when G> F1, an empty feed amount after the printing becomes (G-F1). 又、G<F1<2Gの時の空送り量は(2G−F1)となる。 Further, the idle feed amount when the G <F1 <2G becomes (2G-F1). 又、2G<F1<3G In addition, 2G <F1 <3G
の時の空送り量は(3G−F1)となる。 Empty feed amount of time of the (3G-F1). 以下同様に、 In the same manner,
印字長さに応じて空送り量が設定される。 Idle feed amount is set in accordance with the print length.

【0126】そして、前余白(図22のB1)分のテープ搬送、印字、及び空送りを行う(S909)。 [0126] Then, the front margin (B1 in Fig. 22) portion of the tape transport, it performs printing, and the air feed (S909). 次に、 next,
リボンカセットの交換を促す表示が液晶ディスプレイ9 Display LCD prompting the replacement of the ribbon cassette display 9
に表示され(S910)、リボンカセットが交換されたことが検出されたら(S911でYES)、ローラホルダ67をリリース位置に移動させる(S912)。 Appears in (S910), when it is detected that the ribbon cassette has been exchanged (YES in S911), it moves the roller holder 67 in the release position (S912). そして、印字テープ222の巻き戻しを行い(S913)、 Then, a rewind of the print tape 222 (S913),
先端検出センサ90が印字テープ222の先端を検出したか否かを判断する(S914)。 Tip detection sensor 90 determines whether to detect the leading end of the print tape 222 (S914). 印字テープ222の先端が検出されると(S914でYES)、Vパルス分継続して印字テープ222の巻き戻しを行って停止する(S915)。 When the leading end of the print tape 222 is detected (YES in S914), continuously V pulses stops performing rewinding of the print tape 222 (S915). このVパルスは、安定した状態でテープの先端の検出を行うためのもので、Vパルスだけ巻き戻すことによって、原点位置Kに位置する。 This V-pulse is for the detection of the end of the tape in a stable state, by rewinding by V pulses, positioned at the origin position K.

【0127】続いて、ローラホルダを圧接し(S91 [0127] Subsequently, the roller holder pressed (S91
6)、現在の印字色が最終印字色か否かを判定し(S9 6), the current print color is determined whether the final print color (S9
17)、最終印字色でなければ(S917でNO)、印字色を一つカウントし(S918)、ステップS907 17), if the final print color (NO in S917), and one counts the print color (S918), step S907
に戻る。 Back to. 2色目以降の印字は前述と同様の動作で(ステップS907〜S918)で行われ、最終印字色の印字が終了すると(S917でYES)、所定量(後余白量B2+印字ヘッドとカッター間の距離P)分だけ印字テープ222を搬送し(S919)、テープカットの表示をする(S920)。 2 and subsequent colors printed is carried out in at the operation similar to the above (step S907~S918), the final print color of the printing is completed (YES in S917), the distance between the predetermined amount (rear margin amount B2 + print head and cutter P) content by conveying the printing tape 222 (S919), the display of the tape cut (S920). テープカットされると(S921 When the tape cut (S921
でYES)、ローラホルダがリリースされ(S92 In YES), the roller holder is released (S92
2)、テープカセット及びリボンカセットが取り出せる状態になって終了する。 2), and terminates in a state that can be taken out the tape cassette and the ribbon cassette. 以上でマルチカラー印字制御が終了する。 Multi-color printing control is completed.

【0128】このようにして、プラテンローラ65が、 [0128] In this way, the platen roller 65,
印字色毎に、印字テープ222に対し毎回同じ位置に対向するようになる。 For each printing color, it becomes to face each time at the same position relative to the print tape 222. つまり、印字テープ222上の一箇所について見た場合、どの印字色を印字する時も、印字テープ222上の当該箇所にはプラテンローラ65の同じ位置が対向する。 That is, when viewed on a single location on the print tape 222, which when printing the print colors are also on the position on the print tape 222 is the same position of the platen roller 65 is opposed. つまり、印字テープ222上の当該箇所をどの色で印字する時も、印字テープ222は同じ搬送速度で搬送される。 In other words, even when printing in which color the point on the print tape 222, the print tape 222 is transported at the same transport speed. 従って、色毎に搬送速度が異なることに起因する印字位置のずれが防止される。 Therefore, the deviation of the printing position due to transport speed different for each color can be prevented.

【0129】このように、この第3の実施形態によるテープ状ラベル作成装置201によると、1回の印字処理におけるプラテンローラ65による印字テープ222の搬送量を、プラテンローラ65の1回転による印字テープ222の搬送量の整数倍とすることにより、印字色毎に、印字テープ222に対し、プラテンローラ65が毎回ほぼ同じ位置に接するようになるので、プラテンローラ65に偏心が有ったとしても、印字位置のずれの発生が防止される。 [0129] Thus, according to the tape-shaped label producing apparatus 201 according to the third embodiment, the conveyance amount of the print tape 222 by the platen roller 65 in a single printing process, the print tape according to one rotation of the platen roller 65 with 222 integral multiple of the conveying quantity of, for each printing color, to print tape 222, since the platen roller 65 is in contact with the substantially the same position every time, even if there is an eccentric on the platen roller 65, occurrence of deviation of the printing position is prevented.

【0130】なお、図44に示す印字制御の別の例として、以下のような処理が考えられる。 [0130] As another example of the print control shown in FIG. 44, it can be considered the following processing. 即ち、上述の実施形態では第1色目の印字を行う前になされる動作と、2 That is, the operation performed before performing the printing of the first color in the embodiments described above, 2
色目以降の印字を行う前になされる動作とが異なっている。 Operation and is different to be made prior to performing the subsequent color printing. つまり、第1色目の印字を行う前には、印字テープの正方向搬送が行われ(ステップ906)、第2色目以降の印字を行う前には、印字テープの巻き戻しが行われる(ステップ915)ため、第1色目と第2色目以降のプラテンローラ65の接触位置が実質上が微妙に異なる可能性がある。 That is, before performing the printing of the first color is print tape in the forward direction conveyance is performed (step 906), before the printing of the second or subsequent color is print tape rewind is performed (step 915 ) Therefore, the first color and the contact position of the platen roller 65 of the second or subsequent color is substantially the may differ slightly. 図45及び図46に示す印字制御は、上記の点を改良するため、第1色目の印字を行う前にも、 Print control shown in FIGS. 45 and 46, in order to improve the above points, even before performing the printing of the first color,
第2色目以降と同様に、印字テープの巻き戻しを行うように構成した例である。 Similar to the second and subsequent colors, an example in which to perform rewinding of the print tape.

【0131】まず、ローラホルダ67を圧接し(S10 [0131] First, the roller holder 67 pressed (S10
00)、その状態で先端検出センサ90にて印字テープ222が検出されているか否かを判別する(S100 00), the print tape 222, it is determined whether it is detected by the leading end detection sensor 90 in this state (S100
1)。 1). 印字テープ222の先端が検出されなければ(S If the tip of the print tape 222 is not detected (S
1001でNO)、印字テープ222を正方向に搬送し(S1004)、再度印字テープ先端の検出を行い(S NO in 1001), and conveys the printing tape 222 in the forward direction (S1004), performs detection of the print tape tip again (S
1005)、検出されるまでステップS1004、S1 1005), until it is detected step S1004, S1
005の処理を繰り返す。 005 repeats processing of. そして、ステップS1005 Then, step S1005
において、印字テープ222の先端が検出された場合は(S1005でYES)、S1006に進む。 In the case where the tip of the print tape 222 is detected (YES in S1005), the process proceeds to S1006. 一方、ステップS1001において、印字テープ222の先端が検出された場合は(S1001でYES)、テープカットを促す表示を行い(S1002)、続いて印字テープの切断が検出されたか否かを判断する(S1003)。 On the other hand, in step S1001, (YES in S1001) If the leading end is detected in the print tape 222, to display to prompt the tape cut (S1002), followed by print tape cutting it is determined whether or not detected ( S1003).
印字テープ222の切断がなされるまでステップS10 Step S10 to the cutting of the print tape 222 is made
02、S1003の処理を繰り返し、切断が検出された場合(S1003でYES)、ステップS1006に進む。 02 repeats the processing of S1003, if the disconnection is detected (YES in S1003), the process proceeds to step S1006.

【0132】ステップS1006においては、印字テープ222をWパルス分正方向にテープ送りした後に停止させ、ローラホルダ67をリリースする(S100 [0132] In step S1006, to stop after feeding the tape printing tape 222 to the W pulses positive direction, to release the roller holder 67 (S100
7)。 7). このWパルスは、印字テープを停止したり起動させたりする際のステップモータのスルーアップ及びスルーダウンに必要なパルス数である。 The W pulse is a pulse number necessary steps through-up and through-down of the motor at the time of or activates or stops the print tape. 印字テープ222の搬送を停止した後に、印字テープ222の巻き戻しを行い(S1008)、印字テープ222の先端が先端検出センサ90によって検出されたか否かを判別し(S10 After stopping the feeding of the print tape 222, rewinding is performed (S1008) of the print tape 222, the tip of the print tape 222 is determined not to have been detected by the leading end detection sensor 90 (S10
09)、検出されるまでS1008、S1009の処理を繰り返す。 09), and repeats the processing up to S1008, S1009 is detected. そして、印字テープ222の先端が検出された場合(S1009でYES)、印字テープ222をVパルス分巻き戻し(S1010)、ローラホルダ67 Then, (YES at S1009) if the tip of the print tape 222 is detected, the print tape 222 V pulses rewind (S1010), the roller holder 67
を圧接する(S1011)。 The pressure contact (S1011).

【0133】以後のステップは、図44のステップS9 [0133] Subsequent steps are the step S9 in FIG. 44
07以降と同様に行われる。 07 is performed in the same manner and beyond. 即ち、図46に示すように、N番目の色のマルチカラー印字データを印字バッファに展開し(S1012)、空送り量を演算・設定する(S1013)。 That is, as shown in FIG. 46, to expand the multi-color print data of the N-th color in the print buffer (S1012), calculates and setting an air feed amount (S1013). そして、前余白(図22のB1)分のテープ搬送、印字、及び空送りを行う(S1014)。 Then, the front margin (B1 in Fig. 22) portion of the tape transport, performs printing, and the air feed (S1014).
次に、リボンカセットの交換を促す表示を行い(S10 Next, the display prompting the replacement of the ribbon cassette (S10
15)、リボンカセットの交換が検出されると(S10 15), the exchange of the ribbon cassette is detected (S10
16でYES)、ローラホルダ67をリリースする(S YES at 16), to release the roller holder 67 (S
1017)。 1017). そして、印字テープ222の巻き戻しを行い(S1018)、先端検出センサ90が印字テープ2 Then, a rewind of the print tape 222 (S1018), tip detection sensor 90 print tape 2
22の先端を検出したか否かを判断する(S101 It has detected the leading end of the 22 whether the determining (S101
9)。 9). 印字テープ222の先端が検出されると(S10 When the leading end of the print tape 222 is detected (S10
19でYES)、前述のVパルス分印字テープ222の巻き戻しを行って停止する(S1020)。 YES 19), and it stops performing rewinding of V pulses print tape 222 described above (S1020). 続いて、ローラホルダ67を圧接し(S1021)、現在の印字色が最終印字色か否かを判定し(S1022)、最終印字色でなければ(S1022でNO)、印字色を一つカウントし(S1023)、ステップS1012に戻る。 Subsequently, pressed against the roller holder 67 (S1021), the current print color is determined whether the final printing color (S1022), if the final print color (NO in S1022), then one counts the print color (S1023), the flow returns to step S1012. そして、ステップS1012〜S1023を繰り返して2 Then, repeat steps S1012~S1023 2
色目以降の印字を行い、最終印字色の印字が終了すると(S1022でYES)、所定量(後余白量B2+印字ヘッドとカッター間の距離P)印字テープ222を搬送し(S1024)、テープカットの表示をする(S10 Performed after color printing, the final print color of the printing is completed (at S1022 YES), it carries the print tape 222 (the distance P between the rear margin amount B2 + print head and cutter) a predetermined amount (S1024), the ribbon-cutting the display (S10
25)。 25). テープカットが行われると(S1026でYE When the tape cut is performed (YE in S1026
S)、ローラホルダ67をリリースし(S1027)、 S), it released a roller holder 67 (S1027),
印字制御を終了する。 To end the print control.

【0134】このように、図45及び図46に示す印字制御によれば、第1色目の印字を行う前になされる動作(ステップ1011)が、2色目以降の印字を行う前になされる動作(ステップS1020)と同じ巻き戻し動作となるため、印字時における印字テープとプラテンローラとの接触位置が常に一致することになる。 [0134] Thus, according to the print control shown in FIGS. 45 and 46, operation operation performed before performing the printing of the first color (step 1011) is to be made prior to performing the second color after printing since the same rewinding operation (step S1020), so that the contact position between the print tape and the platen roller during printing is always consistent. 従って、 Therefore,
印字の位置ずれを防止するためには、より効果的である。 To prevent displacement of the printing is more effective.

【0135】以上説明したように、本発明の第1の実施形態のテープ状ラベル作成装置には、テキストの印字色を設定する印字色設定手段(キーボード4、CPU、R [0135] As described above, the tape-shaped label producing device according to the first embodiment of the present invention, print color setting means for setting a text print color (keyboard 4, CPU, R
OM)と、設定された印字色そのものをデータとして格納する第1の印字色記憶手段(テキストメモリ121) First print color storage means for storing the OM), the set print color itself as data (text memory 121)
と、該印字色記憶手段により設定された印字色を所定の複数の色に分解し、該複数の色の組み合わせデータとして格納する第2の印字色記憶手段(テキストメモリ12 If, to decompose the print color set by the indicia shaped color storage means to a predetermined plurality of colors, the second print color storage means for storing as a combination data of the color of the plurality of (the text memory 12
1)とが設けられている。 1) are provided. 従って、設定された色に対応してリボンを交換して印字することができ、また、色分解データに基づいて複数の色を重ねて印字することもできる。 Therefore, in correspondence with the set color can be printed by replacing the ribbon, it can also be overprinted a plurality of colors based on the color separation data.

【0136】上記の印字色設定手段(キーボード4、C [0136] The above print color setting means (keyboard 4, C
PU、ROM)は、テキストの任意の範囲と印字色とを対応づけるものであるため、テキストの任意の範囲に対して所望の印字色を設定することが可能になる。 PU, ROM), because those associating with any range text and print color, it is possible to set a desired print color on any range of text. また、 Also,
上記の複数の色は、イエロー、シアン、マゼンダの3原色であるため、容易にカラー画像を合成することができる。 A plurality of colors of the yellow, cyan, since the three primary colors of magenta, can be readily synthesized color image. また、上記の印字色設定手段によって設定される印字色と、3原色の組合せデータとを対応づけて記憶している組み合わせデータ記憶部(CPU、ROM)が設けられているため、印字色設定手段により設定される印字色を3原色に色分解する際には、単に印字色を設定するだけで所定の対応表を参照して自動的に色分解を行うため、複雑なアルゴリズムを必要とせず、迅速に3原色に分解したデータを生成することができる。 Further, since the above-mentioned and printing color set by the print color setting means, the three primary colors of the combination data and the association with each to have combination data storage unit (CPU, ROM) are provided, print color setting means when color-separated into three primary printing colors set by, since simply performing automatic color separation with reference to the predetermined correspondence table simply by setting the print color, without the need for complex algorithms, it is possible to generate a decomposed data quickly to the three primary colors.

【0137】また、印字色設定手段により設定される印字色に対応した複数の色のインクリボン32を交換して使用するため、インクリボン32を効率よく使用することができる。 [0137] Moreover, for use in replacing multiple color ink ribbon 32 corresponding to the printing color set by the print color setting means, it is possible to use ink ribbon 32 effectively. また、上記の複数の色のインクリボン32 Further, the ink ribbon 32 of a plurality of colors of the
は、夫々リボンカセット30に収納され、印字手段はカセット30が着脱自在に装着されるカセット装着部(リボンカセット収容部21f)を有するため、インクリボンの交換はリボンカセット30を交換するだけで良く、 Is housed in each ribbon cassette 30, a printing unit need only to have a cassette mounting portion cassette 30 is detachably mounted (the ribbon cassette accommodating portion 21f), replacement of the ink ribbon to replace the ribbon cassette 30 ,
ラベル作成装置の操作性が良くなる。 Operation of the label producing apparatus is improved. 上記の複数の色のリボンは、同一のインクリボン32の異なる領域に所定の順序で配置されているため、カラー印刷のためにインクリボン32を交換する必要が無い。 Multiple colors of ribbon above, since it is arranged in a predetermined order in different regions of the same ink ribbon 32, there is no need to replace the ink ribbon 32 for color printing.

【0138】また、テープを搬送する搬送手段(プラテンローラ65、テープ巻き取りカム41、テープ送りモータ44)と、印字テープ22を第1の方向に搬送しつつ印字手段(サーマルヘッド12)により印字テープ2 [0138] Also, printed by a conveying means for conveying the tape (platen roller 65, tape winding cam 41, a tape feeding motor 44), the printing means while conveying the printing tape 22 in a first direction (thermal head 12) tape 2
2に印字を行わせる制御手段(CPU)とを有し、制御手段はさらに前記搬送手段により印字テープ22を第1 2 and a control means for causing the print (CPU), the print tape 22 by the control means further said conveying means first
の方向とは逆の第2の方向に印字を行うことなく搬送させ再度印字テープ22を第1の方向に搬送しつつ前記印字手段により印字テープ22に印字を行わせることにより、印字テープ22の同一領域において複数回印字を行わせる。 The direction by causing the printing on the print tape 22 by the printing means while conveying the printing tape 22 again is conveyed without printing in a second direction opposite the first direction, the print tape 22 to perform multiple printing in the same area. そのため、印字テープの同一領域において複数回印字を行わせることができる。 Therefore, it is possible to perform a plurality of times printing in the same area of ​​the print tape. また、上記の印字手段は、交換されるインクリボン32の色に関する情報を、 Also, the printing means, the information relating to the color of the ink ribbon 32 to be exchanged,
インクリボン32交換時に表示手段に表示させる表示制御手段を有する。 A display control means for displaying on the display means when the ink ribbon 32 exchange. 従って、利用者は、表示に従ってインクリボンを交換することができる。 Therefore, the user can exchange the ink ribbon in accordance with the display.

【0139】本発明の第1の実施形態によるテープ状ラベル作成装置は、予備印字(プレフォーマット印字)においては、印字テープ22に位置決めマークを印字し、 [0139] tape-shaped label producing device according to the first embodiment of the present invention, in a preliminary printing (preformat printing) is to print a positioning mark on the print tape 22,
本印字(プレフォーマットテープへの印字)においては、位置決めマークを検出した上で、検出された位置決めマークに基づいて印字を行うよう制御される。 In the present printing (printing on a preformat tape), upon detecting the positioning mark, it is controlled so as to perform printing on the basis of the detected positioning mark. 従って、予め印字したフォーマットに対し、容易に正確な位置に印字を行うことが可能になる。 Thus, for pre-printing the format, it is possible to perform printing to facilitate accurate position.

【0140】上記の位置決めマークは、反射型フォトセンサ(先端検出センサ90の発光兼受光素子92による反射型センサ)のセンサ光を反射させない色で印字テープ22に印字され(印字テープ自体は反射する)、当該反射型フォトセンサによって検出されるので、インクリボン32のセンサーマーク等(透過型フォトセンサにより検出される)との混同が防止される。 [0140] The positioning marks are printed on the print tape 22 in a color that does not reflect the sensor light of the reflection type photosensor (reflection type sensor according to the light-emitting and light-receiving element 92 of the tip detection sensor 90) (the print tape itself reflects ), since it is detected by the reflective photosensor, confusion with sensor marks of the ink ribbon 32 (detected by transmissive photosensor) is prevented. また、予備印字(プレフォーマット印字)では、印字テープ22に所定のパターンが繰り返し印字され、本印字(プレフォーマットテープへの印字)においては、当該所定のパターンに合わせて印字が行われるので、予め印字された定型ラベル等のフォーマットに対し、名称などを正確な位置に印字できるようになる。 Also, the pre-print (preformat printing), a predetermined pattern is repeatedly printed on the print tape 22, in the present printing (printing on a preformat tape), since printing in accordance with the said predetermined pattern is performed, in advance to print format of the standard labels, etc., it becomes possible to print the name and in the correct position. また、位置決めマークが上記の所定パターンの間に印字されるので、各パターンに対して常に適切な位置に印字が行うことが可能になる。 The positioning marks because they are printed during the predetermined pattern, it is possible to perform the printing at all times a proper position relative to each pattern.

【0141】本発明の第1の実施形態による印字テープ・インクリボン分離型カセットは、テープカセット20 [0141] The first print tape ink ribbon separated cassette according to an embodiment of the present invention, the tape cassette 20
に案内部(案内軸21a、21b、位置決め軸21d、 Guide portions (guide shafts 21a, 21b, positioning shafts 21d, the
21e)を設け、リボンカセット30に被案内部(案内レール31a、31b、位置決めレール31d、31 21e) The provided, guided portion in the ribbon cassette 30 (guide rails 31a, 31b, the positioning rails 31d, 31
e)を設け、リボンカセット30の装着開始時と装着完了時とで、異なる案内部及び被案内部の組によって、リボンカセットが案内され、位置決めされるよう構成される。 The e) provided in the mounting starting ribbon cassette 30 and at the time of attachment-complete, by different guide portion and the set of the guide portion, the ribbon cassette is guided, configured to be positioned. 従って、個々の案内部の装着方向の長さを小さく形成することが可能になり、リボンカセット30の装着が容易になるという利点がある。 Therefore, it is possible to reduce forming the length of the mounting direction of the respective guide portion, there is an advantage that the mounting of the ribbon cassette 30 is facilitated. また、特に幅の広いテープの場合に、案内部の装着方向の長さを小さくできるため、成形が容易になるという効果が得られる。 Further, particularly in the case of the wide tape width, it is possible to reduce the length of the mounting direction of the guide portion, the effect is obtained that the molding is facilitated. 4/14/96 4/14/96

【0142】上記の案内部(案内軸21a、21b、位置決め軸21d、21e)は、リボンカセット30の装着方向に延びる軸部材であり、上記の被案内部(案内レール31a、31b、位置決めレール31d、31e) [0142] The guide portion (guide shafts 21a, 21b, positioning shafts 21d, 21e) is a shaft member extending in the mounting direction of the ribbon cassette 30, the guide portion of the (guide rails 31a, 31b, the positioning rails 31d , 31e)
は前記軸部材を嵌挿する溝部であるので、各部材を少ないスペースに形成することができるという効果が得られる。 Since is interpolated groove fitting the shaft member, there is an advantage that it is possible to form each member into a small space. また、上記の軸部材(案内軸21a、21b、位置決め軸21d、21e)を、リボンカセット30の装着の方向に対して高さを異ならせて配設し、リボンカセット装着開始時においては、高位置に配設された軸部材によってリボンカセット30が案内され、装着完了時においては低位置に配設された軸部材によってリボンカセット30が案内されるよう構成されている。 Further, the shaft member (guide shafts 21a, 21b, positioning shafts 21d, 21e) and, at different heights and arranged with respect to the direction of mounting of the ribbon cassette 30, at the time of the ribbon cassette mounting start, high position the ribbon cassette 30 is guided by the disposed a shaft member, at the time of mounting completion is configured such that the ribbon cassette 30 is guided by a shaft member disposed in the low position. 従って、各軸部材を短くすることができ、装着がし易くなると共に、 Thus, with each shaft member can be shortened, easily it is mounted,
装着するリボンカセットの幅に応じて前記軸部材の配設する高さを決定すれば良いため、様々なサイズのカセットに対応できる。 Because may be determined height to dispose of the shaft member in accordance with the width of the ribbon cassette mounting, it can correspond to various sizes of the cassette.

【0143】上記の溝部(案内レール31a、31b、 [0143] The above-mentioned groove (guide rails 31a, 31b,
位置決めレール31d、31e)は、リボンカセット装着方向に幅が細くなるよう形成されているので、リボンカセット30の位置決め精度を維持しつつ、リボンカセット30の装着に伴う溝部と軸部との摺動による抵抗を減らすことができ、装着が容易になる。 Positioning rails 31d, 31e) is because it is formed to a width in the ribbon cassette mounting direction becomes narrower, while maintaining the positioning accuracy of the ribbon cassette 30, the sliding between the groove and the shaft portion with the mounting of the ribbon cassette 30 can be reduced due to resistance, mounting is facilitated. また、上記の案内軸21a、21bは、より細い支持部材に支持されているため、装着完了時に、案内軸21a、21bが案内レール31a、31bを開放するため、装着の際の抵抗がさらに減少し、装着がさらに容易になる。 Further, the guide shaft 21a, 21b, because they are supported by a thinner support member, when worn completed, the guide shafts 21a, since 21b opens the guide rails 31a, 31b, the resistance is further reduced when the mounting and, mounting becomes easier.

【0144】なお、本発明の第1の実施形態による印字テープ・インクリボン分離型カセットは、リボンカセット30の装着開始時には、案内軸21a、21bが案内レール31a、31bを案内し、装着完了時には位置決め軸21d、21eが位置決めレール31d、31eを位置決めするよう構成することもできる。 [0144] The first print tape ink ribbon separated cassette according to an embodiment of the present invention, at the time of mounting the start of the ribbon cassette 30, the guide shafts 21a, 21b guides the guide rails 31a, 31b, at the time of attachment-complete may be positioned shaft 21d, 21e are configured to position the positioning rails 31d, 31e. 従って、個々の案内軸及び位置決め軸の装着方向の長さを小さく形成することが可能になり、インクリボンカセット30の装着が容易になるという効果が得られる。 Therefore, it is possible to reduce forming the length of the mounting direction of each of the guide shaft and the positioning shaft, the effect is obtained that the mounting of the ink ribbon cassette 30 is facilitated. また、特に幅の広いテープの場合に、案内部及び位置決め部の装着方向の長さを小さくできるため、成形が容易になるという効果が得られる。 Further, particularly in the case of the wide tape width, it is possible to reduce the length of the mounting direction of the guide portion and the positioning portion, the effect is obtained that the molding is facilitated.

【0145】本発明の第2の実施形態によるテープ状ラベル作成装置は、印字テープ222の先端を検出するための透過型フォトセンサ(先端検出センサ90)を備え、透過型フォトセンサのセンサ光を透過させない印字テープ222の終端部に、当該センサ光を透過させる部分(222a、404a)を形成することを特徴とするものである。 [0145] tape-shaped label producing device according to a second embodiment of the present invention comprises a transmission photo sensor for detecting the leading end of the print tape 222 (tip detection sensor 90), the sensor light of the transmissive photosensor the end of the print tape 222 not transmitting, is characterized in forming a part transmitting the sensor light (222a, 404a). 従って、前記の透過型フォトセンサが印字テープ222の終端を検出することができる。 Therefore, the transmission type photosensor can detect the end of the print tape 222. つまり、 That is,
印字テープ222を、リボンセンサ70のセンサ光を透過させる材質で形成する必要がなくなり、印字テープ2 The print tape 222, it is not necessary to form a material that transmits the sensor light from the ribbon sensor 70, the print tape 2
22の材質選定の幅がそれだけ広くなるという効果が得られる。 Width of 22 material selection of the effect is obtained that much wider.

【0146】上記の印字テープは、透明テープ404と不透明テープ(両面粘着テープ402)を貼り合わせて構成されており、透明テープ404は不透明テープよりも長く形成され、透明テープ404において不透明テープの終端部よりも後方に相当する所定位置に、透過型フォトセンサ(先端検出センサ90)のセンサ光を透過させる部分と透過させない部分よりなるマーク(404 [0146] The above printing tape is configured by bonding a transparent tape 404 opaque tape (double-sided adhesive tape 402), the transparent tape 404 is formed longer than the opaque tape, the end of the opaque tape at the transparent tape 404 a predetermined position corresponding to the rear than the section, transmissive photosensor (tip detection sensor 90) of the sensor consists of parts which does not transmit a part transmitting the light mark (404
a)が形成されているため、前記の透過型フォトセンサが印字テープ222の終端を検出することが可能になる。 Because a) is formed, the transmissive photosensor is possible to detect the end of the print tape 222. また、上記の不透明テープ(両面粘着テープ40 Also, the opaque tape (double-sided adhesive tape 40
2)を巻回するためのテープスプール401の表面には凹凸が形成されているため、当該テープスプール401 Since the surface of the tape spool 401 for winding the 2) are irregularities formed, the tape spool 401
から前記の不透明テープ(両面粘着テープ402)が剥がれやすくなるため、上記の透明テープ404のマークが確実に前記の透過型フォトセンサ(先端検出センサ9 The opaque tape (double-sided adhesive tape 402) for tends to peel off from, transmissive photosensor marks reliably the above transparent tape 404 (tip detection sensor 9
0)を通過することができるようになる。 0) it is possible to pass through.

【0147】本発明の第3の実施形態によるテープ状ラベル作成装置は、1回の印字処理におけるプラテンローラ65による印字テープ222の搬送量を、プラテンローラ65の1回転による印字テープ222の搬送量の整数倍とするよう構成されている。 [0147] The third tape-shaped label producing device according to an embodiment of the present invention, the conveyance amount of the print tape 222 by the platen roller 65 in a single printing process, the conveyance amount of the print tape 222 by one rotation of the platen roller 65 It is configured to an integral multiple. 従って、印字毎に、印字テープ222に対し、プラテンローラ65が毎回ほぼ同じ位置に接するようになるので、プラテンローラ65 Therefore, for each printing with respect to the print tape 222, since the platen roller 65 is in contact with the substantially the same position each time, the platen roller 65
に偏心が有ったとしても、印字位置のずれの発生が防止されるという効果が得られる。 Even eccentricity there, the effect that the occurrence of deviation of the printing position is prevented.

【0148】上記のプラテンローラ65は、印字テープ先端が所定位置を通過した時のプラテンローラ65の位置を基準として回転するよう制御される。 [0148] The platen roller 65 is print tape tip is controlled so as to rotate relative to the position of the platen roller 65 when passing through the predetermined position. そのため、印字テープ222の先端を検知する先端検知センサ90等に基づいて、基準位置を正確に設定することができる。 Therefore, based on the leading edge sensor 90 that detects the leading end of the print tape 222, the reference position can be set accurately.
また、上記のプラテンローラ65が、印字長と、プラテンローラ65の1回転による印字テープ222の搬送量との差に相当するだけ空送りを行うよう制御されるため、プラテンローラ65による印字テープ222の上記の搬送量が確実に得られる。 Also, the platen roller 65, and the printing length, since it is controlled to perform air feeding only corresponds to the difference between the conveyance amount of the print tape 222 by one rotation of the platen roller 65, the print tape 222 by the platen roller 65 the conveyance amount of the above can be obtained reliably. また、プラテンローラ65 The platen roller 65
の回転の基準位置を、先端検出センサ90が印字テープ65の先端を検出した位置から印字テープ222が所定量移動した位置とすることによって、印字テープ222 The reference position of the rotation, by a position tip detection sensor 90 is the print tape 222 from the position the tip detects the print tape 65 is moved a predetermined amount, the print tape 222
が安定した速度で先端検出センサ90を通過する。 Passing the leading end detection sensor 90 at a stable speed. 次に先端検出センサ90が印字テープの先端を検出する際に、印字テープが安定した速度に達してから先端検出センサ90を通過するので、検出の精度が一定になる。 Then when the leading end detection sensor 90 detects the leading end of the print tape, the print tape passes through the tip detection sensor 90 after reaching steady rate, the accuracy of detection becomes constant.

【0149】 [0149]

【発明の効果】以上説明したように、請求項1に記載の発明のテープ状ラベル作成装置は、印字媒体である印字テープに予め印字を行った上で、該印字テープを巻き戻して再び印字することが可能なテープ状ラベル作成装置において、前記予め行う印字を予備印字とし、該予備印字されたテープを巻き戻して行う印字を本印字として、 As described above, according to the present invention, a tape-shaped label producing device of the invention described in claim 1, after performing the pre-printed on the print tape is printed medium, again printing rewind the indicia shaped tape in the tape-shaped label producing device capable of, the printing of the previously performed a preliminary printing, the printing performed by rewinding the preliminary print tape as the print,
前記予備印字の際には、前記印字テープに位置決めマークを印字し、前記本印字の際には、検出手段により、前記印字テープに印字された前記位置決めマークを検出し、検出された前記位置決めマークに基づいて印字を行うよう制御する制御手段を備えたものである。 During the preliminary printing is to print a positioning mark on the print tape, said during the printing, the detecting means detects the positioning mark printed on the print tape, it detected the positioning mark those having a control unit for controlling to perform printing based on. 従って、 Therefore,
予め印字された、定型ラベルや名札等のフォーマットに対し、常に正確な位置に印字を行うことが簡単にでき、 Pre printed, to format such standard label or name tag, you can always print it is easy to perform in the correct position,
ユーザーが手動で位置決めするといった面倒な操作をすることなく、容易に美しいラベルを得ることができるという効果を奏する。 Without a troublesome operation such user manually positioned, an effect that can be obtained easily beautiful label.

【0150】また、請求項2に記載の発明のテープ状ラベル作成装置は、請求項1のテープ状ラベル作成装置において、前記検出手段を反射型フォトセンサとし、前記位置決めマークをフォトセンサのセンサ光を反射させない色で印字テープに印字したものである。 [0150] Further, the tape-shaped label producing device of the invention described in claim 2, in the tape-shaped label producing device according to claim 1, said detecting means and the reflection type photo sensor, the sensor light of the photosensor the positioning marks it is obtained by printing on the print tape in a color which does not reflect. 従って、印字テープ上に、通常の印字と同様の方法で位置決めマークを形成することができるという効果を奏する。 Therefore, on the print tape, an effect that it is possible to form a positioning mark in the same manner as normal printing.

【0151】また、請求項3に記載の発明のテープ状ラベル作成装置は、請求項1または請求項2に記載のテープ状ラベル作成装置において、前記制御手段が、前記予備印字において、前記印字テープに所定のパターンを繰り返し印字し、前記本印字において、前記予備印字により予め印字された前記パターンに合わせて印字するよう制御することを特徴とするものである。 [0151] Further, the tape-shaped label producing device of the invention described in claim 3, in the tape-shaped label producing device according to claim 1 or claim 2, wherein the control means, in the preliminary printing, the printing tape to repeatedly printing a predetermined pattern in the present printing, is characterized in that the control so as to print in accordance with the pre-printed on said pattern by the preliminary printing. 従って、位置決めマークを前記のパターンの間に設定することが可能になる。 Therefore, it is possible to set the positioning mark between the patterns. そして、例えば、頻繁に使用する定型フォーマットを予備印字において繰り返し印字し、本印字においてその定型フォーマットに必要事項のみを印字するようにしておけば、毎回フォーマットを呼び出して印字する必要が無く、各定型フォーマットの間に設定された前記位置決めマークに基づいて本印字を行えば、常に定型フォーマットに正確な印字を行うことができる。 Then, for example, frequently fixed format to be used repeatedly printed in the preliminary printing, if so as to print only the necessary information in the standard format in the print, it is not necessary to print by calling format each time, the fixed by performing the present printing based on the positioning mark which is set between the formats you can always perform accurate printing on standard format.

【0152】また、請求項4に記載の発明のテープ状ラベル作成装置は、請求項3に記載のテープ状ラベル作成装置において、前記位置決めマークを、繰り返し印字される印字パターンの間に印字するものである。 [0152] Further, the tape-shaped label producing device of the invention described in claim 4, in tape-shaped label producing device according to claim 3, which printed the positioning mark, during printing pattern to be repeatedly printed it is. 従って、 Therefore,
各パターンに対して常に正確な位置に印字を行うことが可能となる。 It is possible to perform printing at all times an accurate position relative to each pattern.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明のテープ状ラベル作成装置の概略平面図である。 1 is a schematic plan view of a tape-shaped label producing device of the present invention.

【図2】 テープカセットとリボンカセットを装着したテープ状ラベル作成装置のカセット収容部を示す平面図である。 2 is a plan view showing a cassette accommodating portion of the tape-shaped label producing device fitted with a tape cassette and the ribbon cassette.

【図3】 テープカセットを装着したテープ状ラベル作成装置のカセット収容部を示す平面図である。 3 is a plan view showing a cassette accommodating portion of the tape-shaped label producing device equipped with a tape cassette.

【図4】 テープカセットとリボンカセットの取付構造を示す斜視図である。 4 is a perspective view showing a mounting structure of the tape cassette and the ribbon cassette.

【図5】 リボンカセットの平面図である。 FIG. 5 is a plan view of the ribbon cassette.

【図6】 テープカセットの案内軸及び位置決め軸と、 6 and the guide shaft and the positioning shaft of the tape cassette,
リボンカセットの案内レール及び位置決めレールの位置関係を示す側面図概略図である。 Is a side view schematically showing the positional relationship between the guide rails and positioning rails of the ribbon cassette.

【図7】 テープ・リボン分離型カセットを示す斜視図である。 7 is a perspective view showing a tape ribbon separated cassette.

【図8】 テープ状ラベル作成装置の駆動系を示す平面図である。 8 is a plan view showing a driving system of the tape-shaped label producing device.

【図9】 テープ状ラベル作成装置の駆動系を示す平面図である。 9 is a plan view showing a driving system of the tape-shaped label producing device.

【図10】 リボン巻き取りカム周辺のギア列を示す側面図である。 10 is a side view showing a gear train around ribbon take-up cam.

【図11】 プラテンローラ及びその駆動部を示す側面図である。 11 is a side view showing a platen roller and a driving unit.

【図12】 テープ送りサブローラを示す側面図である。 12 is a side view showing a tape feeding sub-roller.

【図13】 ギアを示す斜視図である。 13 is a perspective view of a gear.

【図14】 テープ送りローラを示す斜視図である。 14 is a perspective view showing the tape feed roller.

【図15】 テープ送りローラを示す斜視図である。 15 is a perspective view showing the tape feed roller.

【図16】 リボンカセットの判別テーブルを示す図である。 16 is a diagram showing a determination table of the ribbon cassette.

【図17】 インクリボンの終端部を示す概略図である。 17 is a schematic diagram showing an end portion of the ink ribbon.

【図18】 印字テープの終端部を示す概略図である。 18 is a schematic diagram showing an end portion of the print tape.

【図19】 ダンダラリボンのセンサーマークを示す概略図である。 FIG. 19 is a schematic diagram showing a sensor mark of the multi-color ribbon.

【図20】 テープ状ラベル作成装置の制御系のブロック図である。 FIG. 20 is a block diagram of a control system of the tape-shaped label producing device.

【図21】 印字色対応テーブルを示す図である。 21 is a diagram showing a print color correspondence table.

【図22】 テープ状ラベルへの印字例を示す概略図である。 22 is a schematic diagram illustrating a print example of the tape-shaped label.

【図23】 マルチカラーデータを示す図である。 FIG. 23 is a diagram illustrating a multi-color data.

【図24】 フルカラーデータを示す図である。 FIG. 24 is a diagram showing a full-color data.

【図25】 印字開始制御を示すフローチャートである。 25 is a flowchart showing a print start control.

【図26】 マルチカラー印字制御を示すフローチャートである。 26 is a flowchart illustrating a multi-color printing control.

【図27】 テープ先端検出制御サブルーチンを示すフローチャートである。 27 is a flowchart showing a tape tip detection subroutine.

【図28】 テープ及びリボンエンド検出制御サブルーチンを示すフローチャートである。 28 is a flowchart showing the tape and ribbon end detection control subroutine.

【図29】 印字テープ巻き戻し制御サブルーチンを示すフローチャートである。 29 is a flowchart showing a print tape rewind control subroutine.

【図30】 プレフォーマットテープの例を示す概略図である。 Figure 30 is a schematic diagram showing an example of a pre-formatted tape.

【図31】 プレフォーマット設定制御サブルーチンを示す概略図である。 Figure 31 is a schematic diagram showing a preformat setting control subroutine.

【図32】 フルカラー印字制御を示すフローチャートである。 FIG. 32 is a flowchart illustrating a full-color printing control.

【図33】 リボン色検出制御サブルーチンを示すフローチャートである。 FIG. 33 is a flowchart showing the ribbon color detection control subroutine.

【図34】 ラミネートタイプのテープカセットを装着したテープ状ラベル作成装置のカセット収容部を示す平面図である。 FIG. 34 is a plan view showing a cassette accommodating portion of the tape-shaped label producing device and the laminated type tape cassette mounted.

【図35】 テープカセットとリボンカセットを装着したテープ状ラベル作成装置の第2実施形態を示す平面図である。 FIG. 35 is a plan view showing a second embodiment of a tape-shaped label producing device fitted with a tape cassette and the ribbon cassette.

【図36】 テープカセットのみを装着したテープ状ラベル作成装置の第2実施形態を示す平面図である。 FIG. 36 is a plan view showing a second embodiment of a tape-shaped label producing apparatus equipped only tape cassette.

【図37】 プラテンローラ及びその駆動部の第2実施形態を示す側面図である。 Figure 37 is a side view showing a second embodiment of a platen roller and its drive unit.

【図38】 レセプタタイプ及びラミネートタイプのテープカセットを装着した場合のテープ送りサブローラとその駆動部の第2実施形態を示す側面図である。 Figure 38 is a side view showing the tape feeding sub-roller and a second embodiment of the drive unit in the case of mounting the tape cassette receptor type and the laminated type.

【図39】 印字テープとインクリボンの終端部の一例を示す概略図である。 39 is a schematic diagram showing an example of the end portion of the print tape and the ink ribbon.

【図40】 両面粘着テープのテープスプールを示す斜視図である。 Figure 40 is a perspective view showing a tape spool of the double-sided adhesive tape.

【図41】 第2実施形態による単色印字制御を示すフローチャートである。 41 is a flowchart illustrating a monochromatic printing control according to the second embodiment.

【図42】 テープ先端検出制御サブルーチンを示すフローチャートである。 42 is a flowchart showing a tape tip detection subroutine.

【図43】 第2実施形態によるマルチカラー印字制御を示すフローチャートである。 FIG. 43 is a flowchart illustrating a multi-color printing control according to the second embodiment.

【図44】 第3実施形態によるマルチカラー印字制御を示すフローチャートである。 FIG. 44 is a flowchart illustrating a multi-color printing control according to the third embodiment.

【図45】 図44の印字制御の別の例を示すフローチャートである。 FIG. 45 is a flowchart showing another example of the printing control of Fig. 44.

【図46】 図44の印字制御の別の例を示すフローチャートである。 FIG. 46 is a flowchart showing another example of the printing control of Fig. 44.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 テープ状ラベル作成装置 4 キーボード部 5 カセット収容部 9 表示部 11 本体ベース 12 サーマルヘッド 20 テープカセット 21a、21b 案内軸 21c、21d 位置決め軸 21f リボンカセット収容部 22 印字テープ 24 テープ送りローラ 30 リボンカセット 31a、31b 案内レール 31c、31d 位置決めレール 32 インクリボン 42 リボン巻き取りカム 43 テープ送りカム 44 テープ送りモータ 65 プラテンローラ 66 テープ送りサブローラ 67 ローラホルダ 70 リボンセンサ 84 カッター 90 先端検出センサ 92 発光兼受光素子 103 リボン検出スイッチ群 221a リブ 222 印字テープ 222a センサーマーク 401 テープスプール 402 両面粘着テープ 404 透明テープ 404 1 tape-shaped label producing device 4 keyboard unit 5 the cassette accommodating portion 9 display portion 11 body base 12 thermal head 20 a tape cassette 21a, 21b guide shaft 21c, 21d positioning shaft 21f ribbon cassette accommodating section 22 print tape 24 tape feed roller 30 ribbon cassette 31a, 31b guide rails 31c, 31d positioned rails 32 the ink ribbon 42 ribbon take-up cam 43 tape feed cam 44 tape feed motor 65 platen roller 66 the tape feed subroller 67 roller holder 70 the ribbon sensor 84 cutter 90 tip detection sensor 92 emitting and receiving element 103 ribbon detection switches 221a ribs 222 print tape 222a sensor mark 401 tape spool 402 double-sided adhesive tape 404 transparent tape 404 センサーマーク 410 (ラミネートタイプの)カセット Sensor mark 410 (laminate type) cassette

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 印字媒体である印字テープに予め印字を行った上で、該印字テープを巻き戻して再び印字することが可能なテープ状ラベル作成装置において、 前記予め行う印字を予備印字とし、該予備印字されたテープを巻き戻して行う印字を本印字として、 前記予備印字の際には、前記印字テープに位置決めマークを印字し、前記本印字の際には、検出手段により、前記印字テープに印字された前記位置決めマークを検出し、検出された前記位置決めマークに基づいて印字を行うよう制御する制御手段を備えたことを特徴とするテープ状ラベル作成装置。 In terms of claim 1 was carried out previously printed on the print tape is printed medium, and the tape-shaped label producing apparatus capable of printing again rewinds the indicia shaped tape, the preliminary printing of the print to the previously performed, as the printed printing performed rewind the preliminary printing tape, during the preliminary printing is to print a positioning mark on the print tape, said during the printing, by the detecting means, said printing tape it has been detected the positioning mark printed on the tape-shaped label producing device characterized by comprising a control means for controlling so as to perform printing based on the detected positioning marks.
  2. 【請求項2】 前記検出手段は反射型フォトセンサであり、 前記位置決めマークは、フォトセンサのセンサ光を反射させない色で印字テープに印字されることを特徴とする請求項1に記載のテープ状ラベル作成装置。 Wherein said detecting means is a reflection type photo sensor, the positioning mark, the tape-like according to claim 1, characterized in that it is printed on the print tape in a color which does not reflect the sensor light of the photosensor label producing apparatus.
  3. 【請求項3】 前記制御手段は、前記予備印字において、前記印字テープに所定のパターンを繰り返し印字し、前記本印字において、前記予備印字により予め印字された前記パターンに合わせて印字するよう制御することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のテープ状ラベル作成装置。 Wherein said control means, in the preliminary printing, the repeatedly printing a predetermined pattern on the print tape, in the present printing controls to print in accordance with the said pattern in advance printed by the preliminary printing tape-shaped label producing device according to claim 1 or claim 2, characterized in that.
  4. 【請求項4】 前記位置決めマークは、繰り返し印字される印字パターンの間に印字されることを特徴とする請求項3に記載のテープ状ラベル作成装置。 Wherein said positioning mark is tape-shaped label producing device according to claim 3, characterized in that it is printed during the printing pattern to be repeatedly printed.
JP11842396A 1996-04-15 1996-04-15 Tape-like label forming device Pending JPH09277630A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11842396A JPH09277630A (en) 1996-04-15 1996-04-15 Tape-like label forming device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11842396A JPH09277630A (en) 1996-04-15 1996-04-15 Tape-like label forming device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09277630A true true JPH09277630A (en) 1997-10-28

Family

ID=14736282

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11842396A Pending JPH09277630A (en) 1996-04-15 1996-04-15 Tape-like label forming device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09277630A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010125126A1 (en) * 2009-04-28 2010-11-04 Dymo Cassette for use in a label printer

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010125126A1 (en) * 2009-04-28 2010-11-04 Dymo Cassette for use in a label printer
CN102458867A (en) * 2009-04-28 2012-05-16 迪默公司 Cassette for use in a label printer
JP2012525283A (en) * 2009-04-28 2012-10-22 ダイモ Cassette for use in a label printing device
US8469615B2 (en) 2009-04-28 2013-06-25 Dymo Cassette for use in a label printer
US8939665B2 (en) 2009-04-28 2015-01-27 Dymo Cassette for use in a label printer
JP2015027804A (en) * 2009-04-28 2015-02-12 ダイモ Cassette for use in label printer
CN104802537A (en) * 2009-04-28 2015-07-29 迪默公司 Cassette for use in a label printer

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6106171A (en) Tape printing device and cartridge used therein
US5653542A (en) Tape cassette
US5385416A (en) Device for identifying an ink ribbon cartridge used in a printer
EP0641663A2 (en) Tape printer
JP2596263B2 (en) Tape cassette manufacturing method and a tape cassette
US5393149A (en) Color video printer and an ink ribbon cartridge used therein
US6380965B1 (en) Tape printing apparatus
US4616236A (en) Image forming apparatus with color transfer material
US6190069B1 (en) Tape-shaped label printing device
US6196740B1 (en) Tape-shaped label printing device
JPH0761009A (en) Tape preparing device
US6132120A (en) Tape-shaped label printing device
JPH06183117A (en) Printing cassette and printing device
JPH07214876A (en) The tape printing apparatus
US20080056793A1 (en) Printer
CN1744993A (en) Information on consumables
JPH1178188A (en) Tape cassette
JPH08118738A (en) Printing tape forming apparatus
US5017942A (en) Ink ribbon cassette and recording apparatus which can be loaded with the ink ribbon cassette
US5964539A (en) Tape-shaped label printing device
CN101516628A (en) Tape printing apparatus and tape cassette
US5538351A (en) Thermal transfer printer and ribbon change structure
JP2004255656A (en) Tape cartridge and tape printer
JPH08216461A (en) Printing tape preparing device and cassette therefor
US20070006963A1 (en) Continuous self-laminating labels