JPH09277306A - 射出成形機のノズルタッチ機構 - Google Patents

射出成形機のノズルタッチ機構

Info

Publication number
JPH09277306A
JPH09277306A JP9859896A JP9859896A JPH09277306A JP H09277306 A JPH09277306 A JP H09277306A JP 9859896 A JP9859896 A JP 9859896A JP 9859896 A JP9859896 A JP 9859896A JP H09277306 A JPH09277306 A JP H09277306A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
linear motion
nozzle touch
rotation
injection unit
die plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9859896A
Other languages
English (en)
Inventor
Akikimi Kuroda
章公 黒田
Original Assignee
Toyo Mach & Metal Co Ltd
東洋機械金属株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyo Mach & Metal Co Ltd, 東洋機械金属株式会社 filed Critical Toyo Mach & Metal Co Ltd
Priority to JP9859896A priority Critical patent/JPH09277306A/ja
Publication of JPH09277306A publication Critical patent/JPH09277306A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/1777Nozzle touch mechanism

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ノズルタッチ力が作用しても固定ダイプレー
トが傾く(倒れる)ことなく、金型同志の平行度が良好
に維持できる、射出成形機のノズルタッチ機構を実現す
ること。 【解決手段】 ノズルタッチ機構の駆動源となるブレー
キ付きの電動モータと、該電動モータの回転を直線運動
に変換する回転→直線運動変換メカニズムとをもち、該
回転→直線運動変換メカニズムの軸体の一端部を固定ダ
イプレートに固着して、軸体に対して射出ユニットを前
後進させるようにすると共に、上記回転→直線運動変換
メカニズムを、射出ユニットのメカセンターに対して軸
対称に1対配設する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、射出成形機のノズ
ルタッチ機構に係り、特に、電動式の射出成形機におけ
る回転→直線運動変換メカニズムを用いたノズルタッチ
機構に関する。
【0002】
【従来の技術】射出成形機においては、射出ユニットを
固定ダイプレートに対して前後進させ、射出ユニットの
加熱シリンダ先端のノズルを、固定ダイプレートの樹脂
注入口に密着もしくは離間させるためのノズルタッチ機
構が設けられている。そして、連続成形運転中には、ノ
ズルタッチ機構によって、加熱シリンダ先端のノズル
は、固定ダイプレート側の樹脂注入口(スプルーブッシ
ュの樹脂注入口)に押し付けられるようになっている。
【0003】上記のノズルタッチ機構は、電動式の射出
成形機においては電動モータを駆動源としており、電動
モータの回転を直線運動に変換するボールネジ機構を用
いた回転→直線運動変換メカニズムによって、射出ユニ
ットを固定ダイプレートに対して前後進させるようにし
ている。
【0004】図3は、電動式の射出成形機における従来
のノズルタッチ機構の構成を簡略化して示す図である。
同図において、51はマシンの本体ベース、52は本体
ベース51上に固設された固定ダイプレート、53は固
定ダイプレート52に取り付けられた固定側金型、54
は射出ユニット、55は射出ユニット54を前後進(ス
ライド)可能に保持する支持台である。
【0005】上記射出ユニット54は、先端にノズル5
6を取り付けた加熱シリンダ57、加熱シリンダ57の
後部側を保持したシリンダ保持ブロック、加熱シリンダ
57内に回転並びに前後進可能であるように配設された
図示せぬスクリュー、スクリューを回転させるための図
示せぬ計量駆動源(計量用モータ)、スクリューを前後
進させるための図示せぬ射出駆動源(射出用モータ)、
射出ユニット54を前後進させるための図示せぬ回転→
直線運動変換メカニズム(例えば、ボールネジ機構)、
この回転→直線運動変換メカニズム、すなわちノズルタ
ッチ機構のための図示せぬノズルタッチ駆動源(ノズル
タッチ用モータ)などを具備したものとなっている。
【0006】そして、上記回転→直線運動変換メカニズ
ムを用いたノズルタッチ機構は、例えば射出ユニット5
4の下側に1つだけが配設され、ノズルタッチ機構のネ
ジ軸58の先端が、固定ダイプレート52の下部側に連
結・固定されるようになっている。ネジ軸58には、上
記ノズルタッチ用モータによって回転駆動される図示せ
ぬナット体が螺合されており、射出ユニット54に回転
可能に保持されたナット体が回転することによって、ナ
ット体と一体となって射出ユニット54全体が、ネジ軸
58に沿って前後進するようになっている。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】ところで、図3に示し
た従来の技術においては、回転→直線運動変換メカニズ
ムを用いたノズルタッチ機構が1つだけ、射出ユニット
54の下側に配設されているため(射出ユニット54の
上側のセンターライン上には、図示せぬホッパーが位置
するため、射出ユニット54の下側に配設することを余
儀なくされているためであるが)、ノズルタッチを行う
と、固定ダイプレート52には、ネジ軸58による引っ
張り力F1と、ノズル56による押し付け力F2とが作
用する。このため、型開き時には固定ダイプレート52
に、図3で矢印Mで示すようなモーメントが作用して、
固定ダイプレート52が傾き、固定側金型53のPL面
(離型面)も傾く。このように固定ダイプレート52と
固定側金型53とが傾いた状態で、型閉じ(型締め)を
行うと、固定側金型53と図示せぬ可動側金型とのPL
面同志の平行度が出ていないため、金型同志の位置決め
・案内ピンと穴とがこじり合って、金型損傷を引き起こ
す虞があった。
【0008】上記の不都合を解消するために、型開き時
にノズルタッチ力を無くすことも考えられるが、こうす
ると、こんどはノズル56の先端からの樹脂漏れが問題
となる。
【0009】また、上記したノズルタッチ力によって固
定ダイプレート52に作用するモーメントMは、型閉じ
(型締め)時にも作用しているため、型締め力によって
固定ダイプレート52の倒れは概ね矯正されるも、なお
固定ダイプレート52が僅かに傾きぎみになることもあ
り、この場合には、成形品に偏肉が生じ易いという問題
もあった。
【0010】なお、上記した問題は、ノズルタッチ機構
(回転→直線運動変換メカニズム)を1つだけ設けた場
合に共通な事柄で、射出ユニットのメカセンター(ノズ
ル中心線)に回転→直線運動変換メカニズムを配設でき
ないことに起因する。
【0011】したがって、本発明の解決すべき技術的課
題は、上記した従来技術のもつ問題点を解消することに
あり、その目的とするところは、ノズルタッチ力が作用
しても固定ダイプレートが傾く(倒れる)ことなく、金
型同志の平行度が良好に維持できる、射出成形機のノズ
ルタッチ機構を実現することにある。
【0012】
【課題を解決するための手段】本発明は上記した目的を
達成するため、射出ユニットを固定ダイプレートに対し
て前後進させ、射出ユニットの加熱シリンダ先端のノズ
ルを、固定ダイプレート側の樹脂注入口に密着もしくは
離間させる射出成形機のノズルタッチ機構において、ノ
ズルタッチ機構の駆動源となるブレーキ付きの電動モー
タと、該電動モータの回転を直線運動に変換する回転→
直線運動変換メカニズムとをもち、該回転→直線運動変
換メカニズムの軸体の一端部を固定ダイプレートに固着
して、軸体に対して射出ユニットを前後進させるように
すると共に、上記回転→直線運動変換メカニズムを、射
出ユニットのメカセンターに対して軸対称に1対配設し
た、構成をとる。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を説明
する。図1は、本発明の実施の1形態例(以下、本例と
称す)に係る射出成形機の要部構成を示す一部切断した
平面図、図2は、図1の右側面図である。
【0014】図1,図2において、1は射出ユニット、
2は固定ダイプレートであり、射出ユニット1は、図示
せぬマシンの本体ベース上に適宜支持台を介して所定量
前後進可能であるように搭載されており、固定ダイプレ
ート2は、図示せぬマシンの本体ベース上に固設されて
いる。
【0015】3は、射出ユニット1のシリンダ保持ブロ
ックで、加熱シリンダ4の後端部を保持している。加熱
シリンダ4内には、図示せぬスクリューが回転並びに前
後進可能であるように配設されており、加熱シリンダ4
の先端部にはノズル5が取り付けられている。また、図
1,図2では図示の都合上割愛してあるが、射出ユニッ
ト1には、スクリューを回転駆動するための計量用の電
動サーボモータと、スクリューを前後進駆動するための
射出用の電動サーボモータと、射出用の電動サーボモー
タの回転を直線運動に変換して、スクリューおよび計量
用の電動サーボモータを前後進させる回転→直線運動変
換メカニズム(ボールネジ機構)とが、適宜に搭載され
ている。
【0016】6は、ノズルタッチ機構の駆動源となるノ
ズルタッチ用モータで、シリンダ保持ブロック3の奥方
側面に適宜の取り付け金具等を介して固定されている。
このノズルタッチ用モータ6は、本例においては、減速
機構を内蔵したブレーキ付きの電動モータを用いてお
り、停止位置を保持するためにブレーキ機能をもつ必要
はあるが、電動サーボモータに比して大幅に安価ともの
となっている。
【0017】7Aおよび7Bは、ボールネジ機構を用い
た回転→直線運動変換メカニズムで、これにより射出ユ
ニット1全体を前後進させるためのノズルタッチ機構を
構成しており、この2つの回転→直線運動変換メカニズ
ム7A,7Bは、射出ユニット1のメカセンター(ノズ
ル中心線)に対して軸対称に配設されている。
【0018】上記の対をなす回転→直線運動変換メカニ
ズムA,7Bは、同一構造をとるものとなっており、図
1において、一方の回転→直線運動変換メカニズム7A
を破断して示すように、シリンダ保持ブロック3に軸受
を介して回転可能にかつ軸方向には移動不能であるよう
に保持されたナット体(ボールナット体)8Aと、該ナ
ット体8Aに螺合されたネジ軸9Aとを具備したものと
なっている。そして、ナット体8Aには、歯車A10が
一体回転するように結合されている。他方の回転→直線
運動変換メカニズム7Bも、ナット体(8B)とネジ軸
9Bとを具備しており、図示せぬナット体(8B)に
は、歯車A10と同一形状の歯車B11が一体回転する
ように結合されている。また、各ネジ軸9A,9Bの先
端部は、ダイプレート2に連結・固定されている。
【0019】12は、前記ノズルタッチ用モータ6の出
力軸6aに固着された出力歯車で、この出力歯車12に
回転→直線運動変換メカニズム7Aの歯車A10が噛み
合っている。また、13は、射出ユニット1のメカセン
ターにその回転中心が位置するようにシリンダ保持ブロ
ック3に軸支された中間歯車で、回転→直線運動変換メ
カニズム7Aの歯車A10と回転→直線運動変換メカニ
ズム7Bの歯車B11とに噛み合っている。
【0020】上記した構成をとる本例においては、ノズ
ルタッチ用モータ6が所定方向に回転すると、歯車列1
2,10,13,11が回転して、各回転→直線運動変
換メカニズム7A,7Bのナット体8A,8B(ただ
し、ナット体8Bは図示していない)が回転する。各ナ
ット体は軸方向には移動不能であるように保持されてい
るので、各ナット体は各ネジ軸9A,9Bに沿って前進
し、各ナット体を保持したシリンダ保持ブロック3、す
なわち、射出ユニット1全体が前進して、前記ノズル5
が、固定ダイプレート2側の樹脂注入口(スプルーブッ
シュの樹脂注入口)に押し付けられる(ノズルタッチさ
れる)。この状態で、ノズルタッチ用モータ6が先とは
逆方向に回転すると、各ナット体は各ネジ軸9A,9B
に沿って後退し、これと一体となって射出ユニット1全
体が後退して、ノズル5が、固定ダイプレート2側の樹
脂注入口から離間する(ノズルバックする)。
【0021】ここで本例においては、先にも述べたよう
に、対をなす回転→直線運動変換メカニズム7A,7B
を、射出ユニット1のメカセンターに対して軸対称に配
設してある。したがって、ノズルタッチ時に、各回転→
直線運動変換メカニズム7A,7Bのネジ軸9A,9B
がダイプレート2に作用させる2つの引っ張り力の作用
点は、ノズル5がダイプレート2に作用させる押し付け
力の作用点に対して、軸対称なものとなって、換言する
なら、2つの引っ張り力の作用点の中心たるメカセンタ
ーをノズル5が押し付ける形となっているので、固定ダ
イプレート2に傾き(倒れ)が生じる虞が全くなくな
る。
【0022】このため、型開き時にも、固定側金型と可
動側金型とのPL面同志の平行度が良好なものに保た
れ、型閉じ(型締め)動作時に、金型同志の位置決め・
案内ピンと穴とがこじり合うことが無くなり、これに起
因する金型の損傷を確実に防止できる。また、型締め時
にも勿論、金型同志の平行度が良好なものに保たれてい
るので、成形品精度も良好なものとなる。
【0023】なお、本例においては、対をなす回転→直
線運動変換メカニズム7A,7Bを、射出ユニット1の
メカセンターと同一高さに配設しているが、2つの回転
→直線運動変換メカニズム7A,7Bの配置は、射出ユ
ニット1のメカセンターに対して軸対称であれば、どの
ような配置であっても差し支えない。また、ノズルタッ
チ用モータ6の回転を、歯車列によって回転→直線運動
変換メカニズム7A,7Bに伝達しているが、回転伝達
はベルトを用いるものであっても、差し支えない。
【0024】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、回転→直
線運動変換メカニズムを用いたノズルタッチ機構をもつ
電動式の射出成形機において、ノズルタッチ力が作用し
ても固定ダイプレートが傾く(倒れる)ことなく、金型
同志の平行度が良好に維持できる、射出成形機のノズル
タッチ機構が実現でき、以って、金型損傷を防止でき、
また、成形品精度も良好なものに維持できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の1形態例に係る射出成形機の要
部構成を示す一部切断した平面図である。
【図2】図1の右側面図である。
【図3】従来のノズルタッチ機構の構成を簡略化して示
す説明図である。
【符号の説明】
1 射出ユニット 2 固定ダイプレート 3 シリンダ保持ブロック 4 加熱シリンダ 5 ノズル 6 ノズルタッチ用モータ 6a 出力軸 7A,7B 回転→直線運動変換メカニズム 8A ナット体 9A,9B ネジ軸 10 歯車A 11 歯車B 12 出力歯車 13 中間歯車

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 射出ユニットを固定ダイプレートに対し
    て前後進させ、射出ユニットの加熱シリンダ先端のノズ
    ルを、固定ダイプレート側の樹脂注入口に密着もしくは
    離間させる射出成形機のノズルタッチ機構において、 ノズルタッチ機構の駆動源となるブレーキ付きの電動モ
    ータと、該電動モータの回転を直線運動に変換する回転
    →直線運動変換メカニズムとをもち、該回転→直線運動
    変換メカニズムの軸体の一端部を上記固定ダイプレート
    に固着して、上記軸体に対して上記射出ユニットを前後
    進させるようにすると共に、上記回転→直線運動変換メ
    カニズムを、上記射出ユニットのメカセンターに対して
    軸対称に1対配設したことを特徴とする射出成形機のノ
    ズルタッチ機構。
JP9859896A 1996-04-19 1996-04-19 射出成形機のノズルタッチ機構 Pending JPH09277306A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9859896A JPH09277306A (ja) 1996-04-19 1996-04-19 射出成形機のノズルタッチ機構

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9859896A JPH09277306A (ja) 1996-04-19 1996-04-19 射出成形機のノズルタッチ機構

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09277306A true JPH09277306A (ja) 1997-10-28

Family

ID=14224073

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9859896A Pending JPH09277306A (ja) 1996-04-19 1996-04-19 射出成形機のノズルタッチ機構

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09277306A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6524095B1 (en) 1999-08-02 2003-02-25 Fanuc Ltd. Injection molding machine with nozzle touch mechanism
DE10337785B3 (de) * 2003-08-14 2004-11-04 Demag Ergotech Gmbh Düsenanpressvorrichtung
WO2006118083A1 (ja) * 2005-04-28 2006-11-09 Sumitomo Heavy Industries, Ltd. 射出成形機
CN102642271A (zh) * 2011-12-13 2012-08-22 宁波长飞亚塑料机械制造有限公司 注塑机双丝杠对角对称导向喷嘴接触装置
DE102013020696A1 (de) 2012-12-11 2014-06-12 Fanuc Corporation Düsenberührmechanismus einer Spritzgussmaschine
WO2014188949A1 (ja) * 2013-05-22 2014-11-27 東洋機械金属株式会社 射出成形機
KR20170099099A (ko) * 2016-02-23 2017-08-31 엘에스엠트론 주식회사 사출성형기

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6524095B1 (en) 1999-08-02 2003-02-25 Fanuc Ltd. Injection molding machine with nozzle touch mechanism
DE10337785B3 (de) * 2003-08-14 2004-11-04 Demag Ergotech Gmbh Düsenanpressvorrichtung
US7402036B2 (en) 2003-08-14 2008-07-22 Demag Ergotech Gmbh Nozzle contact device
WO2006118083A1 (ja) * 2005-04-28 2006-11-09 Sumitomo Heavy Industries, Ltd. 射出成形機
CN102642271A (zh) * 2011-12-13 2012-08-22 宁波长飞亚塑料机械制造有限公司 注塑机双丝杠对角对称导向喷嘴接触装置
DE102013020696A1 (de) 2012-12-11 2014-06-12 Fanuc Corporation Düsenberührmechanismus einer Spritzgussmaschine
JP2014113785A (ja) * 2012-12-11 2014-06-26 Fanuc Ltd 射出成形機のノズルタッチ機構
US9061455B2 (en) 2012-12-11 2015-06-23 Fanuc Corporation Injection nozzle touch mechanism for an injection molding machine
DE102013020696B4 (de) * 2012-12-11 2017-08-03 Fanuc Corporation Düsenberührmechanismus einer Spritzgussmaschine
WO2014188949A1 (ja) * 2013-05-22 2014-11-27 東洋機械金属株式会社 射出成形機
JP2014226855A (ja) * 2013-05-22 2014-12-08 東洋機械金属株式会社 射出成形機
KR20170099099A (ko) * 2016-02-23 2017-08-31 엘에스엠트론 주식회사 사출성형기

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0213211A1 (en) Mold clamping structure for injection molding machines
JP2838978B2 (ja) エジェクタ装置
JP4049523B2 (ja) トグル式射出成形機の型締装置
JPH09277306A (ja) 射出成形機のノズルタッチ機構
JP3620724B2 (ja) 電動射出成形機の型締装置
JP2004322439A (ja) 射出成形機のノズルタッチ方法
JP3839752B2 (ja) エジェクタ装置
JP3712331B2 (ja) コア圧縮射出成形機
JPH08174612A (ja) 型締装置
JP3817341B2 (ja) 射出成形機
JP2584325B2 (ja) 射出成形機の型締め装置
JP3608104B2 (ja) 二重成形用電気式射出成形機
JP3256785B2 (ja) 射出成形機のエジェクタ装置
JP2950406B2 (ja) エジェクタ装置
JP3302922B2 (ja) エジェクタ装置
JP3247678B2 (ja) 射出成形機
JP3748992B2 (ja) 射出成形機
JP3137948B2 (ja) 型締装置
JP3577014B2 (ja) 成形機の型締装置
JPH0929791A (ja) 射出成形金型装置
JPH10225965A (ja) エジェクタ装置
JPH0737852Y2 (ja) 縦型電動式射出装置のノズルタッチ機構
JP3137949B2 (ja) 射出成形機
JP3137947B2 (ja) 型締装置
JP2003080562A (ja) コア圧縮装置