JPH09276495A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JPH09276495A
JPH09276495A JP8094411A JP9441196A JPH09276495A JP H09276495 A JPH09276495 A JP H09276495A JP 8094411 A JP8094411 A JP 8094411A JP 9441196 A JP9441196 A JP 9441196A JP H09276495 A JPH09276495 A JP H09276495A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
specific
state
special
reach
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP8094411A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4271739B2 (ja
Inventor
Sadao Ioki
定男 井置
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sophia Co Ltd
Original Assignee
Sophia Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sophia Co Ltd filed Critical Sophia Co Ltd
Priority to JP09441196A priority Critical patent/JP4271739B2/ja
Publication of JPH09276495A publication Critical patent/JPH09276495A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4271739B2 publication Critical patent/JP4271739B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 この発明は、リーチ状態中の遊技に新たな遊
技価値を持たせて、所謂リーチ状態中の止め打ち遊技を
防止することの出来る遊技機を提供する。 【解決手段】 遊技領域中に、複数の識別情報を変動表
示可能な可変表示部が設けられ、該可変表示部で行われ
る変動表示遊技結果が予め定められた特別態様になった
場合に、遊技者にとって有利な特別遊技状態が発生され
る遊技機である。そして、前記変動表示遊技が段階的に
進行される過程において前記特別態様となる可能性が高
くなった場合にリーチ変動表示遊技が発生されるととも
に、該リーチ変動表示遊技中に、前記遊技領域内に打ち
込まれた遊技媒体の特定状態の検出に基づいて遊技者に
特定の遊技価値を付与可能な、特定遊技状態が発生可能
になっている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、遊技領域中に、
複数の識別情報を変動表示可能な可変表示部が設けら
れ、該可変表示部で行われる変動表示遊技結果が予め定
められた特別態様になった場合に、遊技者にとって有利
な特別遊技状態が発生される遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の遊技機(パチンコ遊技機などの弾
球遊技機)においては、遊技者が発射操作部を操作する
ことにより、遊技領域内に遊技球を発射して遊技が行わ
れていた。
【0003】そして、例えばセブン機と呼ばれる第1種
のパチンコ遊技機などにおいては、遊技領域内に、可変
表示装置、始動入賞口、変動入賞装置などが設置され、
始動口への入賞に基づき可変表示装置による変動表示遊
技(可変表示遊技)が行われ、その変動表示遊技による
停止結果が予め定められた特別態様(例えば、”7,
7,7”等のゾロ目)であった場合に、大当たりと呼ば
れる特別遊技状態が発生して変動入賞装置が所定の態様
で開放される特別遊技が行われるようになっていた。
【0004】可変表示装置の可変表示部においては、変
動表示遊技の開始により、例えば、3つの表示領域の識
別情報(図柄)を遊技者の目に追えない程度の高速で変
動表示させ、所定時間経過後(例えば6秒後)にその3
つの表示領域の変動表示(可変表示)を例えば左、右、
中の順に停止させるようになっていて、その最終停止図
柄の態様如何によって大当たり発生の可否が決定される
ようになっていた。
【0005】そして、従来の遊技機においては、その3
つの表示領域の表示(変動表示)が順に停止される過程
で、大当り発生の可能性が高い停止表示態様になった場
合、例えば2つの表示領域の図柄(2図柄)が停止した
時点で3つのぞろめになる可能性が高くなった(例え
ば、「7,−,7」(「−」は未だ変動中)など)と
き、最後の図柄(中図柄)の変動表示は、一般に、通常
の停止動作とは異なる停止動作を経て停止されていた。
例えば、最後に停止する中図柄の停止図柄が確定する数
図柄前からスロースクロール状態に変換され、そのスロ
ースクロール状態を長時間(1連の図柄列の2、3周分
のスクロール時間)行う所謂リーチスクロール(リーチ
状態)が発生されるようになっていた。
【0006】また、最近では、大当りの発生に対する期
待度に変化を持たせるよう、複数パターンのリーチスク
ロールが発生されるようにした遊技機も出現している。
例えば、リーチの発生回数自体は多いがその発生回数に
対しての大当りの発生率(期待度)が低いいわゆるノー
マルリーチと、リーチの発生回数自体は少ないがその発
生数に対しての大当りの発生率(期待度)が高いスペシ
ャルリーチとの使い分けが行われている遊技機も出現し
ている。
【0007】この種の遊技機において各表示領域毎に所
定種類(例えば、15種類)ずつの一連の図柄が可変表
示(循環変動表示)されるとした場合に、1図柄目(左
図柄)と2図柄目(右図柄)の停止図柄が同一になって
リーチが発生する確率は、1/15(15回の可変表示
遊技につき、1回リーチ状態が発生する)となる。それ
に対して、大当りの発生確率は、内部大当たり乱数の抽
出確率(大当たりの設定確率)で決定されているため、
例えば、大当たりの設定確率が1/300であれば、表
示部の図柄の種類数に関係なく、1/300の大当り発
生確率になる。つまり、可変表示遊技300回につき、
1回の割合で、大当りが発生する。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】しかし、従来の遊技機
のリーチ状態の発生制御においては、リーチ状態の大部
分は外れで、しかも、そのリーチ状態に期待感を持たせ
ようとして長時間リーチスクロールを行わせる場合が多
いので、遊技者は、折角リーチ状態が発生しても外れと
なって落胆するケースが多く、大当り発生に対する期待
感やリーチ状態の発生に対する喜びが低下して、遊技自
体に対する興趣が失われてしまう可能性があった。
【0009】また、そのリーチ状態中には、次の可変表
示遊技は行えず、その間、次の遊技の進行が無い状態と
なるため、遊技者が遊技を継続してもその遊技は無駄
(打ち球が無駄)になってしまうというような、遊技者
にとって不利な状態が発生していた。
【0010】また、最近の遊技機は、確率変動機能等の
付加機能を備えているため、リーチの発生率はそのまま
(1/15)で、通常時における大当りの内部発生確率
が低い値(例えば1/400等)に抑えられ、その分、
外れになるリーチ状態の率が多くなってきている。
【0011】そのため、遊技者は、上記のようなリーチ
状態中の無駄な遊技を防止しようとして、リーチ状態の
発生中には、発射を停止することにより遊技を一時中断
してリーチスクロールの結果のみを見て、リーチ状態が
終了してから再遊技を行うといったように、所謂リーチ
中の止め打ち遊技を行うことが多くなってきている。
【0012】遊技店側では、リーチ状態中における止め
打ち遊技分、売り上げが低下してしまうという問題が発
生していた。
【0013】最近の遊技機においては、特に、リーチ時
間の延長化や、外れリーチの発生率上昇のために、より
問題が大きくなってきている。
【0014】この発明は、上記問題点を解決するために
なされたもので、リーチ状態中の遊技に新たな遊技価値
を持たせて、所謂リーチ状態中の止め打ち遊技を防止す
ることの出来る遊技機を提供することを目的としてい
る。
【0015】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するた
め、請求項1の発明は、遊技領域中に、複数の識別情報
を変動表示可能な可変表示部が設けられ、該可変表示部
で行われる変動表示遊技結果が予め定められた特別態様
になった場合に、遊技者にとって有利な特別遊技状態が
発生される遊技機において、前記変動表示遊技が進行さ
れる過程において前記特別態様となる可能性が高くなっ
た場合にリーチ変動表示遊技が発生されるとともに、該
リーチ変動表示遊技に基づいて、前記遊技領域内に打ち
込まれた遊技媒体の特定状態の検出に起因して遊技者に
特定の遊技価値を付与可能な特定遊技状態が発生するよ
うになっている構成とした。
【0016】この請求項1記載の発明によれば、リーチ
変動表示遊技中に、前記遊技領域内に打ち込まれた遊技
媒体の特定状態の検出に起因して遊技者に特定の遊技価
値を付与可能な特定遊技状態が発生されるようになって
いるので、リーチ変動表示遊技中に打ち込まれた遊技媒
体が無駄にならず、遊技者は特定の遊技価値を得ようと
して、リーチ変動表示遊技中でも遊技領域内に遊技媒体
を打込むようになる。すなわち、所謂リーチ変動表示遊
技中の止め打ちの回避が図れる。
【0017】また、リーチ変動表示遊技中の止め打ちが
回避されるので、リーチ状態を長くしても従来のような
止め打ちによる問題が発生せず、より演出効果の高いリ
ーチ変動表示遊技を行うことが出来る。
【0018】また、リーチ変動表示遊技中に特定遊技状
態が発生することによって特定の遊技価値の取得が可能
となるので、遊技者は、リーチ変動表示遊技中において
は、特別遊技発生の期待感と併せて特定の遊技価値取得
の期待感をも持って遊技を続行できるようになる。
【0019】従って、リーチ変動表示遊技で外れ(特別
態様以外)となった場合でも、特定の遊技価値が取得さ
れてリーチ外れの落胆感が避けられる場合が生じ、大当
り(特別遊技)の内部発生確率が低い遊技機(リーチ外
れの多い遊技機)においても、従来のように興趣を損な
うことなく対応可能であるなど、斬新で興趣性の高い遊
技を実現可能となる。
【0020】ここで、遊技機は、パチンコ遊技機、アレ
ンジボール遊技機、雀球遊技機等の弾球遊技機が含まれ
る。識別情報には、数字、記号およびキャラクター等の
図柄、並びに、色彩など、視覚により識別可能な標章
(識別標章)等が含まれる。可変表示部は、液晶表示装
置、CRT(陰線管)表示装置、多数の発光素子を配列
した表示装置、および、回転ドラムやベルトを使用した
メカ式の表示装置など、どのような形式のものであって
もよい。特別遊技状態は、例えば、所謂第1種のパチン
コ遊技機における大入賞口(アタッカー、特別変動入賞
装置とも言う。)の開放、所謂第3種のパチンコ遊技機
における権利発生の状態、或は、電動役物を複数備えた
所謂一般電役機における電動役物を連続させて開放させ
る状態など、遊技者に特に有利となる遊技状態である。
リーチ変動表示遊技は、例えば、最終停止で大当り(特
別態様)となる可能性があるリーチ状態などに、そのリ
ーチ状態を装飾及び報知するための表示遊技で、変動表
示のスロースクロール、長時間の変動表示、キャラクタ
ー等の装飾表示、或いは、装飾ランプの点滅などが含ま
れる。特定遊技状態は、特定入賞口への入賞、特定ゲー
トの通過など、予め定められた特定の状態で、どのよう
に定めても良い。遊技媒体は、例えばパチンコ遊技機で
の遊技球などである。また、識別情報が表示される可変
表示部の表示領域は、例えば、3つ、4つ又は5つの表
示領域を備えたものなど、どのような構成にしても良
い。
【0021】請求項2の発明は、請求項1記載の遊技機
において、前記遊技領域内に特定入賞口が設けられ、前
記特定状態は、前記特定遊技状態中における前記特定入
賞口への遊技媒体の入賞となっている構成とした。
【0022】この請求項2記載の発明によれば、特に、
特定遊技状態中に特定入賞口へ遊技媒体が入賞すること
により前記特定状態が検出されるので、該特定状態の検
出が確実に行われるとともに、該特定状態が遊技者にと
って容易に認識されるものとなって、特定入賞口に遊技
媒体を入賞させるべくリーチ変動表示遊技中の遊技媒体
の打込みがより確実に行われる。すなわち、所謂リーチ
変動表示遊技中の止め打ちがより確実に回避される。
【0023】請求項3の発明は、請求項1又は2記載の
遊技機において、前記特別態様が前記可変表示部の停止
表示の組合せ態様が有効組合せラインに沿っての特別の
組合せ態様になったことであり、前記特定の遊技価値
が、前記特別態様が発生しうる前記有効組合せラインの
増加になっている構成とした。
【0024】この請求項3記載の発明によれば、特に、
特定の遊技価値が、変動表示遊技の停止表示の組合せ態
様が特別の組合せ態様となって特別遊技態様が発生しう
る有効組合せラインが増加されるという内容になってい
るので、その有効組合せラインの増加による特別遊技状
態発生の可能性のアップを期待して、遊技者は、リーチ
表示遊技中であっても、前記特定の遊技価値(有効組合
せラインの増加)の取得を期待して、遊技を続行するよ
うになり、より確実に、止め打ちを回避できることとな
る。従って、請求項1記載の発明の効果がより確実に得
られる。
【0025】また、例えば、変動表示遊技の結果に基づ
き普図時短遊技などの付加遊技価値が発生されるような
遊技機の場合、上記の有効組合せラインが増加すれば、
その分、その付加遊技価値発生の可能性アップも期待で
きるので、遊技者は更に前記特定の遊技価値(有効組合
せラインの増加)を期待してリーチ表示遊技中において
も遊技を続行することとなって、止め打ちを回避できる
こととなる。
【0026】ここで、有効組合せラインとは、変動表示
遊技結果を一定のライン上に並んだ複数の停止表示の組
合せで特別遊技状態を発生させる特別態様になったか否
かを判断する遊技機において、例えば、停止表示がマト
リクス状に並んだ9個の停止表示で行われる場合に、組
合せ可能な上段1列目のライン、中段2列目のライン、
下段3列目のライン、斜め右下がりのラインおよび斜め
右上がりの5ラインのうちで組合せが有効とされるライ
ンのことである。つまり、有効とされる組合せライン上
で、例えば「7,7,7」等の特別な態様の組合せにな
ったときに特別態様が成立して特別遊技態様が発生され
るが、有効でない組合せライン上で例えば「7,7,
7」等の特別な態様の組合せになったとしても特別態様
が成立せず特別遊技態様は発生されない。なお、識別情
報の停止表示の配列はマトリクス状に並んだ9個の表示
に限られず、識別情報の組合せラインが複数あるもので
あれば適宜変更可能である。
【0027】請求項4の発明は、請求項1、2又は3記
載の遊技機において、前記遊技領域内に変動入賞装置が
設置され、前記特定遊技状態が、前記変動入賞装置が遊
技者にとって有利となる状態へ変換された状態である構
成とした。
【0028】この請求項4記載の発明によれば、特定遊
技状態は、変動入賞装置が遊技者に有利な状態に変換さ
れた状態(例えば、チューリップ型の変動入賞装置が開
くなど)であるので、リーチ表示遊技中における遊技
(遊技球の発射)においても特定遊技状態の発生によっ
て変動入賞装置が遊技者に有利な状態に変換されるの
で、遊技者はその有利な状態を活かそうとして、リーチ
表示遊技中においても、遊技を続行するようになり、そ
れによって、リーチ表示遊技中における止め打ちが回避
されることとなる。
【0029】ここで、変動入賞装置は、所謂チューリッ
プ型の変動入賞装置、アタッカー形式の変動入賞装置、
前記変動表示遊技の始動口を兼ねた変動入賞装置など、
どのような形式のものであってもよい。有利となる状態
とは、例えば、変動入賞装置を開放させたり、開放状態
を変化させたりすることなどである。
【0030】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態につ
いて、図面を参照しながら説明する。
【0031】[第1の実施の形態]図1はこの発明の第
1の実施の形態に係るパチンコ遊技機の遊技盤の正面
図、図2は役物遊技装置4の全体斜視図である。
【0032】このパチンコ遊技機はいわゆる第1種のも
ので、遊技盤1のガイドレール2で囲まれた遊技領域3
には、特別図柄の可変表示装置4aを備えた役物遊技装
置4、普通図柄の可変表示器7、普図始動ゲート8,
8、普通変動入賞装置9、特別変動入賞装置10、一般
入賞口11,11,…、装飾LED(Light Emitting D
iode)12,12、装飾ランプ13…,14…、風車と
呼ばれる方向変換部材15,15,…、遊技球を誘導す
るための誘導釘16,…などが配設されている。
【0033】役物遊技装置4は、図2にも示すように、
前方側を遊技領域3に開放した遊技球の流入空間5Aを
有し、この流入空間5Aの奥方に特別図柄の可変表示装
置4aを備えている。この役物遊技装置4の前側上部に
は、一般入賞口11、ワープ入口5a,5aが設けられ
ている。流入空間5A内の下部には案内底板5fが設け
られるとともに、その周囲には案内路5eが設けられ、
下部側左右にはワープ出口5b,5bが設けられてい
る。案内底板5fの中央には特定入賞口6aが設けら
れ、その内部には入賞球を検出する特定スイッチ6bが
設けられている。
【0034】この役物遊技装置4は上記のように構成さ
れていて、遊技球がワープ入口5a,5aに入ると、そ
の遊技球が内部流路を通ってワープ出口5b,5bから
流入空間5A内の案内路5e上に導出されるようになっ
ている。その案内路5e上に導出された遊技球は、案内
路5eからそのまま案内底板5f上に流下したり、或い
は案内路5e上に設けられた方向転換用突起5cに当た
って進路を変更されて案内路5e上の奧側に至ってから
誘導溝5dを介して案内底板5f上に流下したりする。
このようにして、案内底板5f上に至った遊技球は、特
定入賞口6aに入賞するか、或は案内底板5fの手前側
を介して遊技領域3の下方側に流下するようになってい
る。また、遊技領域3中を流下する遊技球が、誘導釘1
6に当たって前方開放部から流入空間内に入る場合もあ
る。
【0035】その他、この役物遊技装置4の上部手前側
中央には特図始動記憶表示器4b,4b,…が配設さ
れ、下部手前側中央にはチャンスランプ6が配設されて
いる。チャンスランプ6は、リーチ変動表示遊技中にお
いて、特定遊技状態が発生したときに点灯され、特定入
賞口6aへの入賞が有効なものであることを示すように
なっている。
【0036】特別図柄(特図)の可変表示装置4aは、
例えば、液晶表示装置(LCD:Liquid Crystal Displ
ay)などから構成されている。この特図の可変表示装置
4aにおいて、複数の図柄(識別情報)が変動表示され
て変動表示遊技(特図の変動表示遊技)が行われるよう
になっている。また、この特図の変動表示遊技において
リーチ変動表示遊技が発生可能になっている。
【0037】普通図柄(普図)の可変表示器7は、例え
ば7セグメント型のLEDなどによって構成され、この
普図の可変表示器7において普図の変動表示遊技が行わ
れるようになっている。普図の可変表示器7の近傍には
普図の始動記憶表示器7a,7a,…が設けられてい
る。
【0038】普図始動ゲート8,8内には普図始動スイ
ッチ8a,8aが設けられている。
【0039】普通変動入賞装置9は、左右一対の開放部
材9a,9aを備えている。これら開放部材9a,9a
は、常時は、遊技球1個分受け入れうる間隔を開けた状
態に閉じているが、普通図柄可変表示器7の普図変動表
示遊技の結果如何によって、逆「ハ」の字状に開いて遊
技球を受け入れやすい状態に変化されるようになってい
る。この普通変動入賞装置9は特図の始動口も兼ね、内
部に特図始動スイッチ9bを備えている。
【0040】特別変動入賞装置10はアタッカー形式の
開閉扉10aによって開閉される大入賞口10bを備え
ている。開閉扉10aはその上端側が手前側に倒れる方
向に回動可能になっていて、特図の変動表示遊技の結果
如何によって大入賞口10bが開放されるようになって
いる。この大入賞口10bの内部には継続スイッチ10
dとカウントスイッチ10cが設けられている。
【0041】図3には、このパチンコ遊技機の裏側に設
置された遊技系統の制御を行う役物制御回路20、およ
びこの役物制御回路20の制御下で特図の可変表示装置
4aの表示の制御を行う表示制御回路40の主要制御ブ
ロック図を示す。
【0042】役物制御回路20は、特図の変動表示遊技
や特別遊技状態発生の制御、リーチ変動表示遊技発生の
制御および特定遊技状態発生の制御など、遊技系統の制
御を行うもので、内部にCPU(Central Processing U
nit )21aおよびRAM(Random Access Memory)2
1bを備えた役物用IC(Integrated Circuit:集積回
路)21、役物用IC21に外付けされた制御ROM2
2、並びに、分周回路23、電源回路24、I/O(入
出力)バス30、サウンドジェネレータ32、アンプ3
3、出力ポート25、ドライバー26,36、バッファ
ゲート28、ローパスフィルタ27などから構成されて
いる。
【0043】ローパスフィルタ27には、特定スイッチ
6b、普図始動スイッチ8a,8a、特図始動スイッチ
9b、カウントスイッチ10c、継続スイッチ10d、
および、パチンコ遊技機の背面側に設置された確率設定
装置200などが接続されている。
【0044】ドライバー26には、普図の始動記憶表示
器4b、特図の始動記憶表示器7a、特別変動入賞装置
10、普通変動入賞装置9、普図の可変表示器7、装飾
LED12,12、装飾ランプ13…,14…、チャン
スランプ6、並びに、パチンコ遊技機の背面側にある遊
技店の管理装置101に接続された外部情報端子100
などが接続されている。
【0045】サウンドジェネレータ32には、アンプ3
3を介してスピーカー34が接続されている。
【0046】役物用IC21には、特別図柄の可変表示
装置4aの表示制御を行う表示制御回路40がケーブル
等を介して接続されている。
【0047】CPU21aは、制御部、演算部、各種カ
ウンタ、各種レジスタ、各種フラグなどを備え、演算制
御を行うようになっている。RAM21bはCPU21
aで生成される乱数値(特図変動表示遊技の大当り用乱
数値や普図変動表示遊技の当たり用乱数値、リーチ変動
表示遊技の発生に関与するリーチ発生用乱数値、およ
び、リーチ変動表示遊技の種類決定に関与するリーチ決
定用乱数値)や各種データを一時的に記憶する記憶領域
や作業領域を備えている。
【0048】制御ROM22には、遊技系統の制御プロ
グラムや制御データや、特図の大当たりや普図当たりの
発生を判定するための通常確率と高確率の乱数判定値な
ど特図の大当たりの発生を判定するための大当り判定値
などが書き込まれている。
【0049】表示制御回路40は、図示は省略するが、
内部に、表示用CPU、VDP(Video Digital Proce
ssor)、キャラクタROM等を備え、役物制御回路20
からの制御信号に基づいてキャラクタROM中に書き込
まれた表示データをVDPで編集しその表示信号を特別
図柄可変表示装置4aに送信するようになっている。
【0050】この実施の形態に係るパチンコ遊技機は、
上記のように構成されていて、役物制御回路20や表示
制御回路40により、例えば、次のような遊技制御と表
示制御が行われる。
【0051】すなわち、常時は、役物制御回路20から
のコマンド信号に基づいて表示制御回路40が特図の可
変表示装置4aの表示制御を行って、特図の可変表示装
置4aに客寄せ用呼び込み表示などの画像表示が行われ
ている。
【0052】この状態で、遊技領域3に発射された遊技
球が普図の始動ゲート8,8中を通過して普図始動スイ
ッチ8a,8aによる検出信号がローパスフィルター2
7側から入力されると、ドライバー26への出力に基づ
き普図の変動表示遊技が行われる。
【0053】普図の変動表示遊技は、普図の可変表示器
7で変動表示が行われ、所定時間(例えば60秒)経過
後に、或る図柄が停止表示されてその結果により当たり
か否かが決定される遊技である。
【0054】この普図の変動表示遊技中に、普図の始動
ゲート8,8中を遊技球が通過して普図始動スイッチ8
a,8aからの検出信号がローパスフィルター27側か
ら入力されると、その通過の検出回数がRAM21bに
記憶(普図始動記憶)される。その記憶した数の表示信
号がドライバー26に出力されて、普図の始動記憶表示
器8a,8a…がその記憶数分だけの個数点灯される。
そして、その記憶個数分だけの普図の変動表示遊技が順
に行われる。
【0055】この普図の変動表示遊技の結果、当たりの
停止表示態様(例えば、「7」)であれば、普図の当た
りとなって、普通変動入賞装置9が所定時間(例えば、
0.5秒間)開放される。それにより、普通変動入賞装
置9に遊技球が入賞しやすくなって、その分、特別図柄
の変動表示遊技の始動の可能性が高くなる。
【0056】遊技領域3中に打ち込まれた遊技球が、普
通変動入賞装置(特図始動口)9に入賞すると、その入
賞が特図始動スイッチ9bに検出されてRAM21bに
記憶(特図始動記憶)される。その記憶に基づいてドラ
イバー26から出力信号が送られて、特図の可変表示装
置4aにおいて特別図柄の変動表示遊技が行われる。
【0057】特図の変動表示遊技は、先ず、特図の可変
表示装置4aの左、中、右の3つの表示部分61,6
2,63において、複数の図柄が人の目で追えない程度
の速さでスクロール変動することで開始される。そし
て、このスクロール変動が所定時間続いた後に、そのス
クロール変動が左、中、右の順に段階的に停止して、表
示部分61,62,63の上段部、中段部、下段部にそ
れぞれ図柄が停止表示される(図10参照)。
【0058】この特図の変動表示遊技の結果として、停
止表示の組合せ態様が有効組合せライン(例えば、左、
中、右の表示部分61,62,63の中段部に3つ並ん
だ横ライン)に沿っての特別の組合せ態様(例えば、
「6,6,6」、「7,7,7」などのぞろめ)となっ
た場合には、大当りとなって特別遊技(後述)が発生さ
れる。上記の有効組合せラインは、変動表示遊技の開始
時には1つのラインになっているが、リーチ変動表示遊
技中に発生される特定遊技によりその位置や数が変更
(増加)可能になっている。
【0059】また、特図の変動表示遊技の結果として、
有効組合せライン上に特別の図柄(例えば「ボーナス」
図柄などで、時短発生図柄とも言う。)が停止した場合
には、小当りとなってボーナスゲームとしての普図時短
遊技(後述)が発生される。
【0060】この特図の変動表示遊技の進行過程におい
て、左、中の表示部分61,62のスクロール変動が停
止して、次の右の表示部分63の停止で大当りとなる可
能性があるリーチ表示態様(例えば、1つの有効ライン
上で「7,7,−」(−は変動中)など)となった場合
には、リーチ変動表示遊技が発生される。
【0061】リーチ変動表示遊技はリーチ表示態様とな
ったことを装飾、演出する遊技であり、例えば、最終停
止の表示部分63の変動表示が人の目で十分追える程度
の速さのスロースクロールに変更されたり、最終停止の
表示部分63の変動表示時間が長時間(循環表示される
一連の図柄列のスクロール2周分の時間或は3周分の時
間)に変更されたりする。それにより、遊技者の大当り
発生の期待感が高められるようになっている。
【0062】この実施の形態においては、リーチ変動表
示遊技中には無条件で特定遊技状態が発生され、ドライ
バー26側からの出力により役物遊技装置4のチャンス
ランプ6が点灯される。このチャンスランプ6の点灯に
より特定遊技状態であることが遊技者等に示される。
【0063】この特定遊技状態中、遊技媒体としての遊
技球が役物遊技装置4内の特定入賞口6aに入賞する
と、その入賞が特定スイッチ6bに検出され、その検出
信号に基づき特定状態になったと判定され、その特定状
態の判定に基づき特定の遊技価値として特図の変動表示
遊技の有効組合せラインの増加が行われる。
【0064】すなわち、特図の変動表示遊技の開始時に
は1つの有効組合せライン(例えば、左、中、右の表示
部分61,62,63の中段部に3つ並んだ横ライン)
のみとなっているが、特定遊技状態中に特定入賞口6a
に1個入賞すると、1つ有効組合せラインが加算されて
2つの有効組合せライン(例えば、左、中、右の表示部
分61,62,63の中段部と上段部にそれぞれ3つ並
んだ中段横ラインと上段横ライン)となり、特定遊技中
に特定入賞口6aにさらに1個入賞すると、さらに1つ
有効組合せラインが加算されて3つの有効組合せライン
(例えば、左、中、右の表示部分61,62,63中段
部、上段部及び下段部にそれぞれ3つ並んだ中段横ライ
ン、上段横ライン及び下段横ライン)となる。
【0065】この有効組合せラインの増加により大当り
や小当りとなり得る組合せの数が増えるので、遊技者は
特定入賞口6aに入賞させて有効組合せラインを増加さ
せるべく、リーチ変動表示遊技中においても遊技球を遊
技領域3内へ打ち込んで遊技を続行するようになる。
【0066】そして、特図の変動表示遊技の終了とほぼ
同時に(最終停止の表示部分63の停止より少し前)に
特定遊技状態も終了されドライバー26側からのオフ信
号により役物遊技装置4のチャンスランプ6が消灯され
る。
【0067】この特別図柄の変動表示遊技中に、さらに
普通変動入賞装置9に遊技球が入賞して特図始動スイッ
チ9bにより検出されたときには、その入賞によって特
図変動表示遊技が未処理となっている回数がRAM21
bに記憶され、その未処理記憶数分の数(この実施の形
態では最高で4個)だけ、特図始動記憶表示器4bが点
灯される。そして、その変動表示遊技の終了後に、その
未処理となっている回数分の変動表示遊技が順次行わ
れ、その行われる毎に、RAM21bの未処理記憶数が
減算されるとともに特図始動記憶表示器4bが1つずつ
順に消灯される。
【0068】特図の変動表示遊技で大当りとなって発生
される特別遊技は、特別変動入賞装置10の開閉扉10
aが所定時間(例えば、29.5秒)開放されて閉じる
サイクルを1サイクルとし、各サイクル中、遊技球が大
入賞口10b中の継続入賞領域の継続スイッチ10dに
検出されることを条件に所定サイクル(例えば、16サ
イクル)まで継続される遊技である。但し、各サイクル
中、大入賞口10bに遊技球が所定個数(例えば、10
個)入賞したときはその時点でそのサイクルを終了す
る。各サイクル中、大入賞口10bへの入賞個数は、カ
ウントスイッチ10cにより検出されてRAM21bに
記憶され、所定個数に達すると、特別変動入賞装置10
のソレノイド10eが消磁されて開閉扉10aが閉じら
れて特別遊技のそのサイクルが終了する。
【0069】特図の変動表示遊技で小当りとなって発生
される普図時短遊技は、特図の変動表示遊技の始動が所
定回数(例えば30回)に達するまで、普図の変動表示
遊技の変動表示時間が短縮(例えば、60秒から6秒
へ)される遊技である。この普図の時短状態が継続され
る特図変動表示遊技の始動回数のことを時短回数と言
う。この普図時短遊技において、普図の始動記憶より6
秒以上経過している普図の変動表示遊技についてはその
変動表示を6秒以内で停止させる即止め制御を併せて行
っても良い。この普図時短状態により普図の変動表示遊
技の単位時間当りの実行可能回数が増えて、その分、普
図の当り発生回数も増加することになる。
【0070】また、この普図時短状態中には、普図の当
りによる普通変動入賞装置9の開放パターンの変更制御
(例えば、0.5秒の開放1回から、3秒の開放が2回
又は5秒の開放が1回など)を併せて行っても良い。
【0071】特図の変動表示遊技の結果が確率変動図柄
(例えば「3」、「5」、「7」など)による特別の組
合せ態様で大当りとなった場合には、その大当たりの特
別遊技の終了後、例えば、その後に大当たりが2回発生
するまで大当たりの発生確率や普図の当たりの発生確率
が高確率となる確率変動状態が発生される。但し、この
確率変動状態中に再び確率変動図柄で大当りが発生した
場合には、その後、再び、大当りが例えば2回発生する
まで確率変動状態が継続される。また、この確率変動状
態の継続は所定回数(例えば16回)で無条件に終了さ
れるようにしても良い。また、この確率変動中には普図
時短遊技が併せて行われる。
【0072】その他、大当たりの発生時、リーチ表示態
様の発生時および特定遊技の発生時などにはスピーカー
34から各種電子音が発せられ、装飾LED12,12
や装飾ランプ13…,14…などにもそれを知らせる装
飾表示としての点灯や点滅が行われる。
【0073】図4には、役物制御回路20によって行わ
れるメイン遊技制御処理(ゼネラルフロー)のフローチ
ャートを示す。
【0074】この制御処理は、図2の分周回路23のク
ロック信号をもとに役物用IC21内で作成される所定
の周期(例えば、約2ms)を持ったリセット信号に基
づいてスタートからエンドまでの1シーケンスずつの処
理が行われる。
【0075】そのリセット信号により、この処理が開始
され、ステップS1において先ず電源の投入時であるか
否かを判定する。この判定の結果、電源投入時であれば
ステップS2でイニシャル処理をしてそのまま1シーケ
ンスの処理を終了する。
【0076】が、電源投入時でなければステップS3に
おいてスイッチ入力処理のサブルーチン処理(後述)を
してステップS4に移行する。
【0077】ステップS4では、制御処理の過程で定め
られる処理NO.に従って、ステップS5〜S15のう
ちの該当する処理を行う分岐処理がなされる。
【0078】この分岐処理の順序としては、図5の制御
処理の流れの説明図に示すように、先ず、普段処理(ス
テップS5)において普通変動入賞装置(特図始動口)
9への入賞に基づく始動記憶があるシーケンスで高速変
動処理の処理NO.に変更されて、ゼネラルフロー(図
4)の次のシーケンスで変動開始処理(ステップS6)
に移行される。この変動開始処理は特図の可変表示装置
4aに図柄の表示を人の目で追えない程度の速さで変動
させる処理である。
【0079】この変動開始処理で所定時間後のシーケン
スに左図柄停止処理の処理NO.に変更されて、ゼネラ
ルフローの次のシーケンスで左図柄停止処理(ステップ
S7)が行われる。そして、この左図柄停止処理で設定
時間後のシーケンスに中図柄停止処理の処理NO.に変
更されてゼネラルフロー(図4)の次のシーケンスで中
図柄停止処理(ステップS8)が行われる。
【0080】この中図柄停止処理で、リーチ図柄の停止
であればリーチ処理の処理NO.に、リーチ図柄以外の
停止であれば右図柄停止処理の処理NO.に、それぞれ
変更されてゼネラルフロー(図4)の次のシーケンスで
その変更された処理NO.に応じて、リーチ処理(ステ
ップS9)、又は右図柄停止処理(ステップS10)が
行われる。
【0081】その結果、リーチ処理が行われたときに
は、該リーチ処理中で図柄判定処理の処理NO.に変更
されてゼネラルフロー(図4)の次のシーケンスで図柄
判定処理(ステップS11)が行われる。このリーチ処
理は、リーチ変動表示遊技および特定遊技を行う処理で
ある。
【0082】一方、右図柄停止処理が行われたときに
は、該右図柄停止処理中で図柄判定処理の処理NO.に
変更されてゼネラルフロー(図4)の次のシーケンスで
図柄判定処理が行われる。
【0083】この図柄判定処理で、大当り図柄以外の停
止であれは外れ処理の処理NO.に、大当り図柄の停止
であればファンファーレ処理の処理NO.に、それぞれ
変更されて、ゼネラルフロー(図4)の次のシーケンス
でその変更された処理NO.に応じた、外れ処理(ステ
ップS12)、又はファンファーレ処理(ステップS1
3)が行われる。
【0084】その結果、外れ処理が行われたときには、
該外れ処理中で普段処理の処理NO.に変更されてゼネ
ラルフロー(図4)の次のシーケンスで普段処理に戻さ
れる。
【0085】一方、ファンファーレ処理が行われたとき
には、該ファンファーレ処理で所定時間後のシーケンス
に大当り処理の処理NO.に変更されてゼネラルフロー
(図4)の次のシーケンスで大当り処理(ステップS1
4)が行われる。
【0086】この大当り処理で大当り処理の最終回のと
き或は継続条件が満たされなかったときのシーケンス
に、大当り終了処理の処理NO.に変更されて、ゼネラ
ルフロー(図4)の次のシーケンスで大当り終了処理
(ステップS15)が行われる。
【0087】そして、大当たり終了処理の終了時に普段
処理の処理NO.に変更されてゼネラルフロー(図4)
の次のシーケンスで普段処理(ステップS5)に戻され
る。
【0088】このような順序で行われる上記ステップ4
の分岐処理により、普段処理(ステップS5)、変動開
始処理(ステップS6)、左図柄停止処理(ステップS
7)、中図柄停止処理(ステップS8)、リーチ処理
(ステップS9)、右図柄停止処理(ステップS1
0)、図柄判定処理(ステップS11)、外れ処理(ス
テップS12)、ファンファーレ処理(ステップS1
3)、大当たり処理(ステップS14)、大当たり終了
処理(ステップS15)のうちの処理ナンバーNO.に
対応する処理をして次のステップS16に移行する。
【0089】その後、順に、普図の可変表示遊技に関す
る普図普電処理(ステップS16)、遊技店の管理装置
や島設備の演出装置との情報のやり取りに関する外部情
報処理(ステップS17)を行いステップS18に移行
する。
【0090】ステップS18では、ステップS5の普段
処理での決定に従って特図の変動表示遊技の結果として
特図の可変表示装置4aに停止表示される図柄を作成す
る処理、および、ステップS16の普図普電処理での決
定に従って普図の変動表示遊技の結果として普図の可変
表示器7に停止表示される図柄の作成処理をしてステッ
プS19に移行する。
【0091】ステップS19では、ステップS5からス
テップS15の分岐処理での決定に従って特図の変動表
示遊技で特図の可変表示装置4aに表示される図柄の編
集処理を行いステップS20に移行する。
【0092】その後、順に、リーチ変動表示遊技の発生
に関与するリーチ発生用乱数を更新(「1」インクリメ
ント)してRAM21b中に記憶させる処理(ステップ
S20)、リーチ変動表示遊技の種類の決定に関与する
リーチ決定用乱数を更新(「1」インクリメント)して
RAM21b中に記憶させる処理(ステップS21)、
特図の変動表示遊技の大当りや小当り発生に関与する特
図乱数(特図大当り用乱数、特図小当り用乱数)並びに
普図の変動表示遊技の当たり発生に関与する普図乱数を
それぞれ更新(「1」インクリメント)してRAM21
b中に記憶させる処理(ステップS22)をしてステッ
プS23に移行する。
【0093】ステップS23では、ステップS18やス
テップS19で作成編集したデータ(表示図柄の種類や
表示位置など)を表示制御回路40に送信する処理をし
てステップS24に移行する。
【0094】ステップS24では、ドライバー26側か
ら、特図始動記憶表示器4b、普図始動記憶表示器7
a、特別変動入賞装置10、普通変動入賞装置9、普通
可変表示器7、装飾LED12,12、装飾ランプ13
…,14…、外部情報端子100等へ、ゼネラルフロー
(図4)のこのシーケンス中に決定した制御信号を出力
する処理をしてこのシーケンスの処理を終了する。
【0095】そして、役物用IC21内で次のリセット
信号が作成されるのを待って、次のリセット信号により
次のシーケンス処理(ステップS1〜S24までの処
理)が行われる。
【0096】図6には、図4のゼネラルフローのステッ
プS3において行われるスイッチ入力処理のサブルーチ
ン処理のフローチャートを示す。
【0097】このスイッチ入力処理が開始されると、先
ず、ステップS30において、特定スイッチ6b、普図
始動スイッチ8a,8a、特図始動スイッチ9b、カウ
ントスイッチ10c、継続スイッチ10d、確率設定装
置200等からのスイッチ信号をローパスフィルター2
7側から入力し、チャタリング除去等の処理をしてステ
ップS31に移行する。
【0098】ステップS31では特図始動スイッチ9b
からの入力信号が有りか否かを判定して、有りであれば
ステップS32に移行し、なければステップS37にジ
ャンプする。
【0099】ステップS32ではRAM21bに記憶さ
れている特図の始動記憶が4以上か否かを判定して、4
以上でなければステップS33に移行し、4以上であれ
ばステップS36にジャンプする。
【0100】ステップS33に移行したときには、その
後、順に、RAM21b中の特図始動記憶の数を「1」
加算する処理(ステップS33)、ゼネラルフロー(図
4)のステップS22で記憶させた特図乱数をRAM2
1b中から抽出して今回の特図始動記憶に対応するRA
M21b中の記憶領域に格納する処理(ステップS3
4)、ゼネラルフロー(図4)のステップS20で記憶
させたリーチ発生用乱数をRAM21b中から抽出して
今回の特図始動記憶に対応するRAM21b中の記憶領
域に格納する処理(ステップS35)をしてステップS
36に移行する。
【0101】ステップS36では普図始動スイッチ8
a,8aからの入力信号が有りか否かを判定して、有り
であればステップS37に移行するが、なければこのサ
ブルーチンを終了してゼネラルフロー(図4)の次のス
テップに移行する。
【0102】ステップS37ではRAM21bに記憶さ
れている普図の始動記憶が4以上か否かを判定して、4
以上でなければステップS38に移行し、4以上であれ
ばこのサブルーチンを終了してゼネラルフロー(図4)
の次のステップに移行する。
【0103】ステップS38に移行したときには、その
後、順に、RAM21b中の普図始動記憶の数を「1」
加算する処理(ステップS38)、ゼネラルフロー(図
4)のステップS22で記憶させた普図乱数をRAM2
1b中から抽出して今回の普図始動記憶に対応するRA
M21b中の記憶領域に格納する処理(ステップS3
9)をしてこのサブルーチンを終了しゼネラルフロー
(図4)の次のステップに移行する。
【0104】図7には、図4のゼネラルフローのステッ
プS5において行われる普段処理のサブルーチン処理の
フローチャートを示す。
【0105】この普段処理が開始されると、先ず、ステ
ップS41において特図の始動記憶が有るか否かを判定
して、なければこのままこのサブルーチンを終了しゼネ
ラルフロー(図4)の次のステップS16に移行する
が、あればステップS42に移行する。
【0106】ステップS42では、1番古い特図始動記
憶に対応して記憶されている特図乱数、リーチ発生用乱
数をRAM21b中から抽出すると共に、その始動記憶
やその始動記憶に対応した記憶領域内をクリアする処理
を行ってステップS43に移行する。
【0107】ステップS43では、確率変動状態の残り
の継続回数を示すRAM21b中の確率変動カウンタが
「0」か否かを判定して、「0」であればステップS4
5で制御ROM22中に書き込まれた通常確率の大当り
発生用の乱数判定値を選択してステップS46に移行
し、「0」でなければステップS44で制御ROM22
中に書き込まれた確率アップ中(高確率)の大当り発生
用の乱数判定値を選択してステップS46に移行する。
【0108】ステップS46では、ステップS42で抽
出した特図大当り乱数とステップS44或はステップS
45で選択した乱数判定値とを比較してステップS47
に移行し、該ステップS47ではその特図大当り乱数が
大当り値か否かを判定する。
【0109】その結果、大当り値であれば、ステップS
48において、特図の変動表示遊技の結果として特図の
可変表示装置4aに停止表示される大当り停止図柄を決
定してRAM21b中に記憶させる処理をしてステップ
S51に移行する。
【0110】一方、大当り値でなければ、ステップS4
9において、特図の変動表示遊技の結果として特図の可
変表示装置4aに停止表示される外れ停止図柄を決定し
てRAM21b中に記憶させる処理をする。
【0111】ステップS50では停止図柄がリーチ図柄
か否かを判定して、リーチ図柄でなければステップS5
3に移行するが、リーチ図柄であればステップS51に
移行する。
【0112】ステップS51に移行したときには、該ス
テップS51でRAM21b中のリーチフラグをセット
して、次に、ステップS52でリーチ種類の決定処理を
行う。
【0113】このリーチ種類の決定処理は、3種類のリ
ーチ変動表示パターンの中から1つのリーチ変動表示パ
ターンを選択する処理である。その選択はリーチ決定用
乱数により所定の割合で行われる。これら3種類のリー
チ変動表示パターンにおける最終停止図柄の変動表示時
間はそれぞれ異なっていて(例えば、上記の3種類のリ
ーチ変動表示パターンの変動表示時間として、それぞれ
10〜15秒、16〜20秒、21〜30秒など)、リ
ーチ変動表示遊技の種類によって、リーチ変動表示遊技
中に発生される特定遊技状態の継続時間に変化が出て、
それにより、特定遊技での特定入賞口6aへの入賞率が
リーチ変動表示遊技の種類に応じて変化するようになっ
ている。なお、リーチ変動表示パターンの数や変動表示
時間は上記のものに限定されたものではない。
【0114】そして、このステップS52の処理後、ス
テップS53に移行する。
【0115】ステップS53に移行すると、ゼネラルフ
ロー(図4)の次のシーケンスの処理を変動開始処理に
変更すべく変動開始処理の処理NO.に変更する処理を
して、このサブルーチンを終了しゼネラルフロー(図
4)の次のステップS16に移行する。
【0116】図8には、図4のゼネラルフローのステッ
プS9において行われるリーチ処理のサブルーチン処理
のフローチャートを示す。
【0117】このリーチ処理が開始されると、先ず、ス
テップS61において、リーチ変動表示パターンに応じ
たリーチ終了タイミングか否かを判定する。
【0118】その結果、リーチ終了タイミングであれ
ば、順に、停止予定図柄(図7の普段処理のステップS
48又はステップS49で記憶させた停止図柄)での停
止処理(ステップS62)、ゼネラルフロー(図4)の
次のシーケンスの処理を図柄判定処理に変更するために
図柄判定処理の処理NO.に変更する処理(ステップS
63)をして、このサブルーチンを終了しゼネラルフロ
ー(図4)の次のステップS16に移行する。
【0119】一方、リーチ終了タイミングでなければ、
ステップS64においてリーチスクロール処理をする。
このリーチスクロール処理は、図7の普段処理のステッ
プS52で決定されたリーチ変動表示パターンに応じ
て、特図の可変表示装置4aに表示される図柄の種類や
表示位置を決定する処理である。そして、その後、ステ
ップS65に移行する。
【0120】ステップS65では、特定遊技状態の実行
のため特定スイッチ6bを有効にして、且つ、チャンス
ランプ6を点灯するべくデータをRAM21b中にセッ
トする処理をしてステップS66に移行する。
【0121】ステップS66では、特定スイッチ6bか
らのスイッチ信号に基づいて特定入賞口6aへの入賞有
りか否かを判定して、有りであればステップS67に移
行するが、無しであればこのサブルーチンを終了してゼ
ネラルフロー(図4)の次のステップS16に移行す
る。
【0122】ステップS67では、特定入賞口6aへの
入賞個数に応じて特図変動表示遊技の有効組合せライン
の数を変更(増加)させる処理をする。この有効組合せ
ライン数の変更処理では、役物用IC21内部で有効組
合せライン数の変更の認識を行うとともに、有効組合せ
ラインの増加を遊技者に示す有効ライン枠52,53
(図10参照)を特図の可変表示装置4aに表示させる
ためのデータ処理を行うようになっている。そして、そ
の後、ステップS68に移行する。
【0123】ステップS68では、図7の普段処理のス
テップS48又はステップS49で記憶させた停止図柄
が大当り図柄か否かを判定して、そうであればステップ
S69に移行するが、そうでなければこのサブルーチン
を終了してゼネラルフロー(図4)の次のステップS1
6に移行する。
【0124】ステップS69では、有効組合せライン数
の変更に応じて大当りの停止図柄をランダムに変更して
RAM21b中に記憶させる処理をする。例えば、有効
組合せラインが1ラインから2ラインに変化した場合に
は、RAM21b中に記憶させてある1ライン用の大当
り停止図柄を2ライン用に変更してRAM21b中に記
憶させ、有効組合せラインが2ラインから3ラインに変
化した場合には、2ライン用の大当り停止図柄を3ライ
ン用に変更してRAM21b中に記憶させる。そして、
その後、このサブルーチンを終了してゼネラルフロー
(図4)の次のステップS16に移行する。
【0125】つまり、このリーチ処理のサブルーチン処
理により、リーチ状態となったときに特図の可変表示装
置4aでリーチ変動表示遊技が行われるとともに、同リ
ーチ状態時に特定入賞口6aへの入賞により特図変動表
示遊技の有効組合せラインの数が増加される特定遊技が
行われるようになっている。
【0126】図9には、図4のゼネラルフローのステッ
プS11において行われる図柄判定処理のサブルーチン
処理のフローチャートを示す。
【0127】この図柄判定処理が開始されると、先ず、
ステップS71において、RAM21b中に記憶してあ
る特図の変動表示遊技の停止図柄を判定する処理を行っ
てステップS72に移行する。
【0128】ステップS72ではその停止図柄が大当り
図柄か否かを判定して、大当り図柄でなければステップ
S74に移行するが、大当り図柄であれば、ステップS
73においてゼネラルフローの次の処理をファンファー
レ処理に変更すべくファンファーレ処理の処理NO.に
変更して、このサブルーチンを終了しゼネラルフロー
(図4)の次のステップS16に移行する。
【0129】ステップS74に移行すると、該ステップ
S74において、ステップS71で判定した停止図柄が
時短発生図柄か否かを判定して、そうであればステップ
S75で普図時短回数を示すRAM21b中の普図時短
カウンタを「30」にセットしてステップS76に移行
するが、そうでなければそのままステップS76に移行
する。
【0130】つまり、これらステップS74,S75に
より、特図の変動表示遊技の結果として時短発生図柄
(例えば「ボーナス」図柄)が停止表示された場合に、
時短回数30回の普図時短遊技が発生される。なお、時
短回数や時短発生図柄の種類および種類数は適宜変更可
能である。
【0131】ステップS76では、ゼネラルフロー(図
4)の次の処理を外れ処理に変更すべく外れ処理の処理
NO.に変更して、このサブルーチンを終了しゼネラル
フロー(図4)の次のステップS16に移行する。
【0132】役物制御回路20は上記のような遊技制御
処理(ゼネラルフロー)を行い、該ゼネラルフローの中
で、特図の可変表示装置4aに表示させる図柄やその表
示位置などを決定および編集して、その決定および編集
したデータに基づくコマンドデータを表示制御回路40
に送信する。そして、ののコマンドデータに基づく表示
制御回路40の表示制御により、特図の変動表示遊技で
リーチ状態となり特定遊技状態が発生したときなどに、
次のような特図の変動表示遊技の画像表示が特図の可変
表示装置4aにおいて行われる。
【0133】図10には、特図の可変表示装置4aに表
示される特定遊技状態中の画像図の一例を示しており、
(a)はリーチ状態となって特定遊技状態が発生された
ときの画像図、(b)は特定遊技で特定入賞口6aへ1
個入賞された場合の画像図、(c)は特定遊技で特定入
賞口6aへ2個入賞された場合の画像図である。
【0134】図11には、特定遊技を経て特図の可変表
示装置4aに表示される変動表示遊技の停止結果の画像
図の一例を示しており、(a)は有効組合せラインが1
ラインのままで外れとなったときの画像図、(b)は有
効組合せラインが2ラインになった後に小当りとなった
ときの画像図、(c)は有効組合せラインが3ラインに
なった後に大当りとなったときの画像図である。
【0135】図10に示すように、特図の変動表示遊技
中には、有効ライン枠51,52,53の何れかが特図
の可変表示装置4aに表示され、この有効ライン枠5
1,52,53によって、上段部に停止図柄が3つ並ぶ
組合せライン50a、中段部に停止図柄が3つ並ぶ組合
せライン50b、および、下段部に停止図柄が3つ並ぶ
組合せライン50cのうちの何れが有効になっているか
が示されるようになっている。
【0136】すなわち、中段部の組合せライン50bの
みが有効になっている場合には、そのラインのみを囲む
有効ライン枠51が表示され、また、中段部と上段部の
組合せライン50b,50aが有効になっている場合に
は、それらのラインを囲む有効ライン枠52が表示さ
れ、また、上段部、中段部および下段部の組合せライン
50a,50b,50cが有効になっている場合には、
それらのラインを囲む有効ライン枠53が表示される。
【0137】また、左、中、右の表示部分61,62,
63に表示される図柄(変動表示中の図柄および停止表
示の図柄を含む。)は、有効ライン枠51,52,53
内に入っているときと出ているときとでその表示態様が
変化し、表示図柄が大当りや小当りとなる組合せ態様の
図柄として有効か否かが示されるようになっている。図
示例では、有効表示枠51,52,53から出ている図
柄が白抜きされることで、大当りや小当りとなる組合せ
態様の図柄として無効であることを示している。
【0138】変動表示遊技の始動時には、中段部の組合
せライン50bが有効組合せラインとなり、それを示す
有効ライン枠51が表示されている。
【0139】図10(a)に示すように、変動表示遊技
で左、中の表示部分61,62の変動表示が停止されて
リーチ状態となったときには、リーチ状態を示すための
リーチラインがリーチ図柄を結ぶように表示されるとと
もに、遊技制御処理中で決定されたリーチ変動表示パタ
ーンに応じてリーチ変動表示遊技が発生し、例えば、右
(最終停止)の表示部分63の変動表示がスロースクロ
ールに変更される。なお、リーチ状態は、有効組合せラ
インである中段部の組合せライン50bに沿って例えば
「7,7,−」(−は変動中)など次の停止で大当りと
なる可能性がでた状態である。
【0140】左、中の表示部分61,62に表示される
一連の図柄列は、例えば、その大部分が同じ図柄配列に
なっていて、それにより、左、中の表示部分61,62
の中段部に停止表示される図柄が同じ図柄(図示例では
「7,7」)になったときには、その上段部に表示され
る図柄(図示例では「8,8」)、および、下段部に表
示される図柄(図示例では「6,6」)もおおかた同じ
図柄になるようになっている。それにより、特定遊技で
有効組合せラインが増えたときには、その増えた有効組
合せライン上においてもリーチ状態になるようになって
いる。
【0141】図10(b)に示すように、リーチ変動表
示遊技とともに発生された特定遊技において特定入賞口
6aへ1個入賞したときには、有効組合せラインが1つ
増加され、有効組合せラインは上段部と中段部の組合せ
ライン50a,50bの2つとなる。そして、それを示
す有効ライン枠52が表示される。
【0142】そして、おおかたの場合において、新たに
増えた有効組合せライン上でもリーチ状態となって(図
示例では上段部の組合せライン50aで「8,8,−」
のリーチ状態となっている。)、リーチ状態であること
を示すためのリーチラインが新たなリーチ図柄間を結ぶ
ように表示される。
【0143】図10(c)に示すように、リーチ変動表
示遊技とともに発生された特定遊技において特定入賞口
6aへ更に1個入賞し合計2個の入賞となったときに
は、有効組合せラインが更に1つ増加され、有効組合せ
ラインは上段部、中段部および下段部の組合せライン5
0a,50b,50cの3つとなる。そして、それを示
す有効ライン枠53が表示される。
【0144】そして、おおかたの場合において、新たに
増えた有効組合せライン上でもリーチ状態となって(図
示例では下段部の組合せライン50cで「6,6,−」
のリーチ状態となっている。)、リーチ状態であること
を示すためのリーチラインが新たなリーチ図柄間を結ぶ
ように表示される。
【0145】それらの後、図11に示すように、右(最
終停止)表示部分63のスクロール変動が停止して、変
動表示遊技の結果が確定するとともに、特定遊技も終了
される。
【0146】図11(a)に示すように、有効組合せラ
インが1つのまま右表示部分63の変動表示が停止した
ときには、有効組合せラインである中段部の組合せライ
ン50bに3つ並んだ図柄のみが変動表示遊技の結果と
され、それにより大当りか否かが決定される。図示例で
は、中段部の組合せライン50bで「7,7,☆」とな
って外れとなっている。
【0147】また、有効組合せライン以外の組合せライ
ンにおいて、大当りの組合せ態様や小当り図柄が発生し
たとしても、それにより大当りや小当りとはならない。
図11(a)の例では、上段部に小当り図柄としての
「ボーナス」図柄が停止しているが、これによる小当り
発生にはならない。
【0148】図11(b)に示すように、有効組合せラ
インが2つで右表示部分63の変動表示が停止したとき
には、有効組合せラインである上段部の組合せライン5
0aに3つ並んだ図柄、又は中段部の組合せライン50
a,50bに3つ並んだ図柄のみが変動表示遊技の結果
とされ、それにより大当りか否かが決定される。図示例
では、上段部の組合せライン50aで「8,8,ボーナ
ス」となって小当りとなっている。
【0149】図11(c)に示すように、有効組合せラ
インが3つで右表示部分63の変動表示が停止したとき
には、有効組合せラインである上段部、中段部又は下段
部の組合せライン50a,50b,50cに3つ並んだ
図柄のみが変動表示遊技の結果とされ、それにより大当
りか否かが決定される。図示例では、下段部の組合せラ
イン50cで「6,6,6」となって大当りとなってい
る。
【0150】なお、下段部の組合せライン50cで大当
りとなった場合には、ラッキー大当りとして、遊技店で
定めた所謂ラッキーナンバーの大当りと同様に、例えば
遊技球の交換をせずに無制限に遊技続行可能にするな
ど、他の特別な遊技価値を付与するようにしても良く、
それにより、更に、遊技者は有効組合せラインの増加に
期待をもって、更に、リーチ状態時の止め打ち防止へと
つながる。
【0151】なお、右表示部分63に表示される一連の
図柄列は、左や中の表示部分61,62のものと異なっ
た図柄配列になっていて、特定遊技状態中に特定の遊技
価値が得られてリーチ状態の組合せラインが増えた場合
に、大当りの組合せとなる右表示部分63の停止表示態
様の種類数が組合せラインの増加分だけ増加されるよう
になっている。
【0152】以上のように、この実施の形態のパチンコ
遊技機によれば、リーチ変動表示遊技の発生に基づいて
特定遊技状態が発生され、該特定遊技状態中に遊技球が
特定入賞口6aに入賞することで遊技者に特定の遊技価
値が付与されるので、リーチ変動表示遊技中に遊技領域
3内に打ち込まれた遊技媒体が無駄にならず、遊技者は
特定の遊技価値を得るためにリーチ変動表示遊技中でも
遊技領域内に遊技媒体を打込むようになる。すなわち、
所謂リーチ変動表示遊技中の止め打ちが防止される。
【0153】また、その特定遊技状態において付与され
る特定の遊技価値は、変動表示遊技の有効組合せライン
が増加されることであり、その有効組合せラインの増加
により遊技者は大当りの発生や小当りの発生に対して有
利な状態となるので、遊技者は特定の遊技価値(有効組
合せラインの増加)の取得を期待して、リーチ変動表示
遊技中においても遊技領域内に遊技球を打ち込むように
なる。
【0154】また、特定遊技状態の発生によってリーチ
変動表示遊技中の止め打ちが防止されることによりリー
チ変動表示遊技を長く演出することが可能である他、特
定遊技状態における特定遊技価値の取得により、リーチ
変動表示遊技に対して有効組合せラインの増加が行われ
るので、リーチ変動表示遊技が斬新で興趣に富んだ遊技
となる。
【0155】また、特定入賞口6aが特図の可変表示装
置4aの手前側に設けられているので、遊技者は、変動
表示遊技におけるリーチ変動表示遊技を見ながら特定入
賞口6aへの入賞を視認することが可能となり、リーチ
変動表示遊技と特定遊技状態とを同時に楽しむことが出
来て、興趣性の高いものとなる。
【0156】なお、遊技機は、この実施の形態のパチン
コ遊技機に限られたものではなく、所謂第3種のパチン
コ遊技機、アレンジボール遊技機、雀球遊技機などの弾
球遊技機等でも良い。特定遊技状態は、特定入賞口6a
への入賞により特図変動表示遊技の有効組合せラインが
増加される遊技の他、次の第2,第3の実施の形態に示
すものなど、遊技者が技領域内へ打ち込む遊技媒体が特
定状態になることで特定の遊技価値が得られるものであ
れば、どのようなものでも良い。
【0157】また、特定遊技状態における遊技媒体の特
定状態は、特定入賞口6aへの遊技球の入賞状態に限ら
れず、遊技領域内に設けた特定ゲートの遊技球の通過で
も良く、また、それら特定入賞口や特定ゲートは特別に
設けられる必要はなく、通常ある入賞口やゲートと併用
させても良い。その他、特定遊技で増加される有効組合
せライン、大当りや小当りの組合せ態様などの具体的な
細部は、この発明の要旨を逸脱しない範囲で適宜変更可
能である。
【0158】[第2の実施の形態]第2の実施の形態の
遊技機の基本的構成は第1の実施の形態の遊技機と同様
であるが、特定遊技のバリエーションとして第1の実施
の形態のものと異なった特定遊技が備わっている。即
ち、異なる点としては、第1の実施の形態のパチンコ遊
技機に設けられている特定入賞口6aの作用や、役物制
御回路20により行われる遊技制御処理の内容の一部だ
けである。従って、第1の実施の形態のパチンコ遊技機
と同様の構成については説明を省き、異なった構成につ
いてのみ以下に説明を行う。
【0159】この実施の形態のパチンコ遊技機において
は、役物遊技装置4(図1,図2参照)に設けられた特
定入賞口6aは一般入賞口と同様に作用するもので、特
定遊技状態時に入賞しても通常時(特定遊技状態時以
外)での入賞と同様、所定数の賞球が得られるだけのも
のである。従って、この第2の実施の形態のパチンコ遊
技機には、特に、特定入賞口6aを設けなくても良い。
【0160】役物制御回路20の制御ROM22には、
第2の実施の形態特有の制御プログラムや制御データが
書き込まれている。
【0161】図12には、図4のゼネラルフローのステ
ップS9において行われる、第2の実施の形態特有のリ
ーチ処理のサブルーチン処理のフローチャートを示す。
【0162】このサブルーチン処理が開始されると、先
ず、ステップJ1において、図7の普段処理のステップ
S52で決定のリーチ変動表示パターンに応じたリーチ
終了タイミングか否かを判定する。
【0163】その結果、リーチ終了タイミングであれ
ば、順に、停止予定図柄(図7の普段処理のステップS
48又はステップS49で記憶させた停止図柄)での停
止処理(ステップJ4)、ゼネラルフロー(図4)の次
のシーケンスの処理を図柄判定処理に変更するために図
柄判定処理の処理NO.に変更する処理(ステップJ
5)をして、このサブルーチンを終了しゼネラルフロー
(図4)の次のステップS16に移行する。
【0164】一方、リーチ終了タイミングでなければ、
ステップJ2においてリーチスクロール処理をする。こ
のリーチスクロール処理は、図7の普段処理のステップ
S52で決定されたリーチ変動表示パターンに応じて、
特図の可変表示装置4aに表示される図柄の種類や表示
位置を決定する処理である。そして、その後、ステップ
J3に移行する。
【0165】ステップJ3では、所定の開放パターンに
応じて普通変動入賞装置9を開放させるか否かのデータ
をRAM21b中にセットする処理をする。この処理が
複数のゼネラルフロー(図4)のシーケンスに亘って行
われ、且つ、ゼネラルフロー(図4)のステップJ24
の出力処理で上記データに基づく信号が出力されること
により、普通変動入賞装置9が所定の開放パターンで開
放される。
【0166】ここで、所定の開放パターンとしては、所
定時間(例えば5秒)開放するパターン、短い所定時間
(例えば1秒)の開放を所定回数(例えば3回)行うパ
ターンなど適宜設定可能である。また、この開放処理中
における普通変動入賞装置9への入賞個数により開放が
終了するパターンなども可能である。
【0167】その後、このサブルーチン処理を終了して
ゼネラルフロー(図4)の次のステップS16に移行す
る。
【0168】第2の実施の形態のパチンコ遊技機は上記
のように構成され、それら第2の実施の形態特有の構成
により以下のような遊技制御が行われる。
【0169】この実施の形態のパチンコ遊技機の特図の
可変表示装置4aによって行われる変動表示遊技におい
て発生するリーチ変動表示遊技中には、無条件で第2の
実施の形態特有の特定遊技状態が発生される。
【0170】この特定遊技状態は、普通変動入賞装置9
が所定の開放パターンで開放されるという遊技状態であ
る。この特定遊技状態により、遊技者が有利な状態で遊
技球を普通変動入賞装置9に入賞(遊技媒体の特定状態
としての入賞)させることができ、その入賞に基づいて
発生する特定の遊技価値としては、普通変動入賞装置9
への入賞に基いての特図の始動記憶への記憶加算や所定
数の賞球排出がなされることになる。それにより、遊技
者はリーチ変動表示遊技中においても止め打ちをしない
で遊技球を遊技領域3内へ打ち込むようになる。
【0171】そして、特図の変動表示遊技の終了とほぼ
同時に(右図柄(最終停止図柄)の変動停止より少し
前)にこの特定遊技状態も終了される。
【0172】その他、上記の特図の変動表示遊技や特定
遊技の遊技制御以外は、第1の実施の形態のパチンコ遊
技機のものとほぼ同様である。
【0173】以上のように、この実施の形態のパチンコ
遊技機によれば、リーチ変動表示遊技中に、遊技者が有
利な状態で特定の遊技価値(特図始動記憶および賞球)
を獲得可能な、特定遊技状態(普通変動入賞装置9の開
放)が発生可能になっているので、その特定遊技状態に
より普通変動入賞装置9への入賞が容易になり、従っ
て、その入賞により付与される遊技価値(特図始動記憶
および賞球)が得やすくなる。それ故、遊技者は、特定
遊技状態中に遊技球を遊技領域3内に打ち込んで普通変
動入賞装置9へ入賞させようとするので、リーチ変動表
示遊技中に打ち込まれた遊技媒体が無駄にならず、遊技
者は特定の遊技価値を得るためにリーチ変動表示遊技中
でも遊技領域内に遊技媒体を打込むようになる。すなわ
ち、所謂リーチ変動表示遊技中の止め打ちが防止され
る。
【0174】また、リーチ変動表示遊技中の止め打ちが
防止されるので、リーチ状態を長くしても従来のような
止め打ちによる問題が発生せず、より演出効果の高いリ
ーチ変動表示遊技を行うことが出来る。また、特定遊技
状態としてリーチ変動表示遊技中に普通変動入賞装置9
が開放されるので、遊技者は、リーチ変動表示遊技に対
して特別遊技発生の期待感を持つとともに、普通変動入
賞装置9への入賞による特図始動記憶の増加や賞球獲得
の期待感をも持つことになる。
【0175】従って、特定遊技状態(普通変動入賞装置
9の開放)を期待してのリーチ変動表示遊技発生の期待
感も増す。例えば、リーチ変動表示遊技で外れとなった
場合でも、特定遊技状態が発生して普通変動入賞装置9
に容易に入賞して特図始動記憶が増加したり賞球獲得で
きるチャンスが得られて、リーチ外れの落胆感が避けら
れることとなり、リーチ遊技中における止め打ちが回避
される。そして、大当り(特別遊技)の内部発生確率が
低い遊技機(リーチ外れの多い遊技機)においても、従
来のように興趣を損なうことなく対応可能であり、斬新
で興趣性の高い遊技を実現可能である。
【0176】なお、特定遊技状態は、普通変動入賞装置
9を直接開放する遊技状態の他、普通図柄の変動表示遊
技の当り確率が高くなる遊技状態、或は、普図時短状態
など、普通変動入賞装置9の開放に対して有利になる遊
技状態としても良く、それらにより上記と同様の効果が
得られる。また、それら特定遊技状態と第1の実施の形
態における特定遊技状態とを併せて行うようにしても良
い。
【0177】[第3の実施の形態]第3の実施の形態の
遊技機には、特定遊技のバリエーションとして第1の実
施の形態の特定遊技状態に加えて第3の実施の形態特有
の特定遊技状態が備わっている。この第3の実施の形態
の遊技機は、第1の実施の形態のパチンコ遊技機に新た
な構成とその構成に関与する新たな遊技制御とを加わえ
たものであり、その他の構成は第1の実施の形態のパチ
ンコ遊技機とほぼ同様のものになっている。
【0178】従って、第1の実施の形態のパチンコ遊技
機と同様の構成(遊技盤の構成)については同符号を振
って説明を省き、異なった構成についてのみの説明を以
下に行う。
【0179】図13には、この発明の第3の実施の形態
に係るパチンコ遊技機の遊技盤の正面図を示す。
【0180】この第3の実施の形態に係るパチンコ遊技
機の遊技盤81には、第3の実施の形態特有の特定変動
入賞装置83が配設されている。
【0181】特定変動入賞装置83は、左右一対の開閉
部材83a、特定可変表示器84および特定入賞スイッ
チ等を備えている。この開閉部材83aは、遊技球1個
分だけの間隔を開けた閉じた状態(遊技者にとって不利
な状態)と、逆「ハ」の字状に開いた状態(遊技者にと
って有利な状態)とに変換可能となっている。特定可変
表示器84は、例えば7セグメントのLEDから構成さ
れ、複数の数字や記号を変動表示可能になっている。
【0182】また、図示は省略するが、開閉部材83a
の作動ソレノイドや特定可変表示器84は図3に示した
役物制御回路20のドライバー26側に接続されてい
て、役物用IC21の制御信号により動作制御可能にな
っている。また、特定変動入賞装置83に入賞した遊技
球を検出する特定入賞スイッチは役物制御回路20のロ
ーパスフィルター27側に接続されていて、その入賞を
役物用IC21に出力するようになっている。
【0183】役物制御回路20の制御ROM22には、
第3の実施の形態特有の制御プログラムや制御データが
書き込まれている。
【0184】フローチャートは省略するが、図4のゼネ
ラルフローのステップS9において行われる第3の実施
の形態特有のリーチ処理のサブルーチン処理は、第1の
実施の形態のリーチ処理の中に(例えばステップS6
4,S65の間に)、特定変動入賞装置83を所定時間
(例えば3秒)開放させるための処理等が加えられたも
のになっている。
【0185】その他、第3の実施の形態の遊技制御処理
には、第1の実施の形態の遊技制御処理の中に、特定入
賞スイッチの検出信号が有った場合に乱数を抽出しその
乱数に基づく特定可変表示遊技(後述)を特定可変表示
器38において行わせる処理、および、該特定可変表示
遊技の結果に基づいて普図の時短カウンタに所定数(例
えば「30」)をセットする処理等が加えられている。
【0186】第3の実施の形態のパチンコ遊技機は、第
1の実施の形態のパチンコ遊技機の構成に上記のような
新たな構成を加えたものであり、その第3の実施の形態
特有の構成により以下のような遊技制御が行われる。
【0187】例えば、可変表示装置4aにより第1の実
施の形態のものと同様の特図の変動表示遊技が行われ
て、その特図変動表示遊技の進行過程でリーチ表示態様
となってリーチ変動表示遊技が発生されたときには、無
条件で特定遊技状態が発生され、ドライバー26側から
の出力により役物遊技装置4のチャンスランプ6が点灯
される。このチャンスランプ6の点灯により特定遊技状
態であることが遊技者等に示される。
【0188】この実施の形態における特定遊技状態は、
第1の実施の形態の特定遊技状態に併せて第3の実施の
形態特有の特定遊技状態が同時に次のように発生され
る。
【0189】すなわち、特定遊技状態が開始されると、
ドライバー26側からの出力により特定変動入賞装置8
3が所定時間(例えば3秒)開放されて、遊技球が特定
変動入賞装置83へ入賞しやすい状態に変更される。
【0190】この特定遊技状態中に、遊技領域3内に発
射された遊技球が特定変動入賞装置83に入賞すると、
その入賞の検出信号がローパスフィルター27側から入
力されてRAM21b中に記憶され、その記憶に基づい
てドライバー26側からの出力により特定可変表示器8
4で特定変動表示遊技が行われる。この特定変動表示遊
技は、数字や記号などの図柄が所定時間を通して変動表
示された後、特定変動入賞装置83への入賞時に抽出し
た乱数値に基づく図柄が停止表示され、その停止図柄に
より結果が決定される遊技である。
【0191】そして、この特定変動表示遊技の停止図柄
が当たり図柄(例えば、「7」)であれば、特定変動表
示遊技の結果が当りとなって、特定の遊技価値として所
定の時短回数(例えば30回)の普図時短遊技が発生さ
れる。
【0192】なお、特定変動入賞装置83への入賞時に
抽出した乱数値により当りとなる確率は例えば1/3に
設定するなど、どのように設定してもよい。また、当り
となって発生される普図時短遊技の時短回数も適宜変更
可能である。
【0193】この普図時短遊技によって、普図の変動表
示遊技の単位時間当りの実行可能回数が増えて、その
分、普図の当り発生回数も増加することになる。加え
て、特定遊技状態時には、特定変動入賞装置83が遊技
者に有利な状態に開放され、遊技者はその特定変動入賞
装置83へ遊技球を容易に入賞させることが出来るの
で、遊技者は、普図時短遊技を有利な状態で獲得すべく
リーチ変動表示遊技中においても遊技領域3内へ遊技球
を打ち込むようになる。
【0194】なお、この特定変動表示遊技の発生は特定
遊技状態中だけでなく、特定変動入賞装置83への入賞
に基づいて何時発生されるようにしても良く、また、そ
の際、特定変動表示遊技で当りとなる確率を特定遊技状
態中とそれ以外のときとで変化を付けて、特定遊技状態
中の当り確率がアップするようにしても良い。それによ
り、特定遊技状態中の特定変動表示遊技が遊技者に有利
な状態となって、遊技者は、普図時短遊技を更に有利な
状態で獲得すべくリーチ変動表示遊技中においても遊技
領域3内へ遊技球を打ち込むようになる。
【0195】そして、特図の変動表示遊技の終了とほぼ
同時に(最終停止の表示部分63の停止より少し前)に
特定遊技状態も終了されドライバー26側からのオフ信
号により役物遊技装置4のチャンスランプ6が消灯され
る。
【0196】その他、第3の実施の形態特有の特定遊技
の遊技制御以外のものは、第1の実施の形態のものとほ
ぼ同様のものである。
【0197】以上のように、この実施の形態のパチンコ
遊技機によれば、遊技盤81上に特定変動入賞装置83
と特定可変表示器84とが配設され、リーチ変動表示遊
技中に特定遊技状態として特定変動入賞装置83が開放
されるので、特定遊技状態中における特定変動入賞装置
83への遊技球の入賞が容易になり、その分、その入賞
による特定可変表示器84での特定変動表示遊技の当り
発生、即ち、特定の遊技価値としての普図時短遊技の獲
得が通常時より容易に可能となる。従って、遊技者は、
リーチ変動表示遊技中にも遊技球を遊技領域3内に打ち
込んで遊技者に有利な状態の特定変動入賞装置83に入
賞させようとするので、所謂リーチ変動表示遊技中の止
め打ちが防止される。
【0198】
【発明の効果】請求項1記載の発明によれば、リーチ変
動表示遊技中に、前記遊技領域内に打ち込まれた遊技媒
体の特定状態の検出に起因して遊技者に特定の遊技価値
を付与可能な特定遊技状態が発生されるようになってい
るので、リーチ変動表示遊技中に打ち込まれた遊技媒体
が無駄にならず、遊技者は特定の遊技価値を得ようとし
て、リーチ変動表示遊技中でも遊技領域内に遊技媒体を
打込むようになる。すなわち、所謂リーチ変動表示遊技
中の止め打ちの回避が図れる。
【0199】また、リーチ変動表示遊技中の止め打ちが
回避されるので、リーチ状態を長くしても従来のような
止め打ちによる問題が発生せず、より演出効果の高いリ
ーチ変動表示遊技を行うことが出来る。
【0200】また、リーチ変動表示遊技中に特定遊技状
態が発生することによって特定の遊技価値の取得が可能
となるので、遊技者は、リーチ変動表示遊技中において
は、特別遊技発生の期待感と併せて特定の遊技価値取得
の期待感をも持って遊技を続行できるようになる。
【0201】従って、リーチ変動表示遊技で外れ(特別
態様以外)となった場合でも、特定の遊技価値が取得さ
れてリーチ外れの落胆感が避けられる場合が生じ、大当
り(特別遊技)の内部発生確率が低い遊技機(リーチ外
れの多い遊技機)においても、従来のように興趣を損な
うことなく対応可能であるなど、斬新で興趣性の高い遊
技を実現可能となる。
【0202】請求項2記載の発明によれば、特に、特定
遊技状態中に特定入賞口へ遊技媒体が入賞することによ
り前記特定状態が検出されるので、該特定状態の検出が
確実に行われるとともに、該特定状態が遊技者にとって
容易に認識されるものとなって、特定入賞口に遊技媒体
を入賞させるべくリーチ変動表示遊技中の遊技媒体の打
込みがより確実に行われる。すなわち、所謂リーチ変動
表示遊技中の止め打ちがより確実に回避される。
【0203】請求項3記載の発明によれば、特に、特定
の遊技価値が、変動表示遊技の停止表示の組合せ態様が
特別の組合せ態様となって特別遊技態様が発生しうる有
効組合せラインが増加されるという内容になっているの
で、その有効組合せラインの増加による特別遊技状態発
生の可能性のアップを期待して、遊技者は、リーチ表示
遊技中であっても、前記特定の遊技価値(有効組合せラ
インの増加)の取得を期待して、遊技を続行するように
なり、より確実に、止め打ちを回避できることとなる。
従って、請求項1記載の発明の効果がより確実に得られ
る。
【0204】また、例えば、変動表示遊技の結果に基づ
き普図時短遊技などの付加遊技価値が発生されるような
遊技機の場合、上記の有効組合せラインが増加すれば、
その分、その付加遊技価値発生の可能性アップも期待で
きるので、遊技者は更に前記特定の遊技価値(有効組合
せラインの増加)を期待してリーチ表示遊技中において
も遊技を続行することとなって、止め打ちを回避できる
こととなる。
【0205】請求項4記載の発明によれば、特定遊技状
態は、変動入賞装置が遊技者に有利な状態に変換された
状態(例えば、チューリップ型の変動入賞装置が開くな
ど)であるので、リーチ表示遊技中における遊技(遊技
球の発射)においても特定遊技状態の発生によって変動
入賞装置が遊技者に有利な状態に変換されるので、遊技
者はその有利な状態を活かそうとして、リーチ表示遊技
中においても、遊技を続行するようになり、それによっ
て、リーチ表示遊技中における止め打ちが回避されるこ
ととなる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の第1の実施の形態に係るパチンコ遊
技機の遊技盤の正面図である。
【図2】図1の遊技盤に配設された役物表示装置単体の
斜視図である。
【図3】パチンコ遊技機の裏側に設置された遊技系統の
制御を行う役物制御回路、および、この役物制御回路の
制御下で特図の可変表示装置の表示の制御を行う表示制
御回路の主要制御ブロック図である。
【図4】役物制御回路によって行われるメイン遊技制御
処理(ゼネラルフロー)のフローチャートである。
【図5】図4のゼネラルフローのステップS5〜S15
の制御処理の流れの説明図である。
【図6】図4のゼネラルフローのステップS3において
行われるスイッチ入力処理のサブルーチン処理のフロー
チャートである。
【図7】図4のゼネラルフローのステップS5において
行われる普段処理のサブルーチン処理のフローチャート
である。
【図8】図4のゼネラルフローのステップS9において
行われるリーチ処理のサブルーチン処理のフローチャー
トである。
【図9】図4のゼネラルフローのステップS11におい
て行われる図柄判定処理のサブルーチン処理のフローチ
ャートである。
【図10】特図の可変表示装置に表示される特定遊技状
態中の画像図の一例として、(a)はリーチ状態となっ
て特定遊技状態が発生されたときの画像図、(b)は特
定遊技で特定入賞口へ1個入賞された場合の画像図、
(c)は特定遊技で特定入賞口へ2個入賞された場合の
画像図である。
【図11】特定遊技を経た後の変動表示遊技の停止結果
の画像図の一例として、(a)は有効組合せラインが1
ラインのままで外れとなったときの画像図、(b)は有
効組合せラインが2ラインになった後に小当りとなった
ときの画像図、(c)は有効組合せラインが3ラインに
なった後に大当りとなったときの画像図である。
【図12】図4のゼネラルフローのステップS9におい
て行われる、第2の実施の形態特有のリーチ処理のサブ
ルーチン処理のフローチャートである。
【図13】この発明のパチンコ遊技機に配設された第3
の実施の形態特有の遊技盤の正面図である。
【符号の説明】
1 遊技盤 3 遊技領域 4 役物表示装置 4a 特図の可変表示装置 6 チャンスランプ 6a 特定入賞口 9 普通変動入賞装置 20 役物制御回路 40 表示制御回路 50a,50b,50c 組合せライン 81 遊技盤(第3の実施の形態) 83 特定変動入賞装置 84 特定可変表示器

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 遊技領域中に、複数の識別情報を変動表
    示可能な可変表示部が設けられ、該可変表示部で行われ
    る変動表示遊技結果が予め定められた特別態様になった
    場合に、遊技者にとって有利な特別遊技状態が発生され
    る遊技機において、 前記変動表示遊技が進行される過程において前記特別態
    様となる可能性が高くなった場合にリーチ変動表示遊技
    が発生されるとともに、 該リーチ変動表示遊技中に特定遊技状態が発生可能であ
    って、 該特定遊技状態中に前記遊技領域内に打ち込まれた遊技
    媒体の特定状態の検出に起因して遊技者に特定の遊技価
    値が付与可能になっていることを特徴とする遊技機。
  2. 【請求項2】 前記遊技領域内に特定入賞口が設けら
    れ、前記特定状態は、前記特定遊技状態中における前記
    特定入賞口への遊技媒体の入賞であることを特徴とする
    請求項1記載の遊技機。
  3. 【請求項3】 前記特別態様は前記可変表示部の停止表
    示の組合せ態様が有効組合せラインに沿っての特別の組
    合せ態様になったことであり、 前記特定の遊技価値は、前記特別態様が発生しうる前記
    有効組合せラインの増加であることを特徴とする請求項
    1又は2記載の遊技機。
  4. 【請求項4】 前記遊技領域内に変動入賞装置が設置さ
    れ、 前記特定遊技状態は、前記変動入賞装置が遊技者にとっ
    て有利となる状態へ変換された状態であることを特徴と
    する請求項1、2又は3記載の遊技機。
JP09441196A 1996-04-16 1996-04-16 遊技機 Expired - Fee Related JP4271739B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09441196A JP4271739B2 (ja) 1996-04-16 1996-04-16 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09441196A JP4271739B2 (ja) 1996-04-16 1996-04-16 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09276495A true JPH09276495A (ja) 1997-10-28
JP4271739B2 JP4271739B2 (ja) 2009-06-03

Family

ID=14109513

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP09441196A Expired - Fee Related JP4271739B2 (ja) 1996-04-16 1996-04-16 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4271739B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003088641A (ja) * 2001-09-18 2003-03-25 Sankyo Kk 遊技機
JP2005329058A (ja) * 2004-05-20 2005-12-02 Samii Kk 弾球遊技機
JP2007202705A (ja) * 2006-01-31 2007-08-16 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2009034403A (ja) * 2007-08-02 2009-02-19 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003088641A (ja) * 2001-09-18 2003-03-25 Sankyo Kk 遊技機
JP2005329058A (ja) * 2004-05-20 2005-12-02 Samii Kk 弾球遊技機
JP2007202705A (ja) * 2006-01-31 2007-08-16 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2009034403A (ja) * 2007-08-02 2009-02-19 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4271739B2 (ja) 2009-06-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3967395B2 (ja) 遊技機
JP3770501B2 (ja) 遊技機
JP2000135332A (ja) 遊技機
JPH09215828A (ja) 遊技機
JP2000070462A (ja) 遊技機
JP3986582B2 (ja) 遊技機
JP2000245919A (ja) 遊技機
JP3960863B2 (ja) 遊技機
JPH11104314A (ja) 遊技機
JP2001025544A (ja) 遊技機
JP2002095830A (ja) 遊技機
JP2004329782A (ja) 遊技機
JPH0975508A (ja) 遊技機
JP4059536B2 (ja) 遊技機
JPH09322965A (ja) 遊技機
JP2000061077A (ja) 遊技機
JP4271739B2 (ja) 遊技機
JP2000070465A (ja) 遊技機
JP4409725B2 (ja) 遊技機およびゲームプログラムが記録された記録媒体
JP4083255B2 (ja) 遊技機
JP2000014875A (ja) 遊技機
JPH10244047A (ja) パチンコ機
JP3980102B2 (ja) 遊技機
JP4083256B2 (ja) 遊技機
JP2003010447A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050816

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051004

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060214

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060412

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20060425

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20060519

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090123

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090226

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120306

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120306

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120306

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120306

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130306

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130306

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130306

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140306

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees