JPH09262288A - Infusion device for liquid medicine - Google Patents

Infusion device for liquid medicine

Info

Publication number
JPH09262288A
JPH09262288A JP8074663A JP7466396A JPH09262288A JP H09262288 A JPH09262288 A JP H09262288A JP 8074663 A JP8074663 A JP 8074663A JP 7466396 A JP7466396 A JP 7466396A JP H09262288 A JPH09262288 A JP H09262288A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pressure
means
flow
flow rate
connected
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP8074663A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takeshi Tsubouchi
猛 坪内
Original Assignee
Terumo Corp
テルモ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Terumo Corp, テルモ株式会社 filed Critical Terumo Corp
Priority to JP8074663A priority Critical patent/JPH09262288A/en
Publication of JPH09262288A publication Critical patent/JPH09262288A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device that is capable of using a gas efficiently with a gas cylinder as a pressure generating means, that is reduced in size and weight for excellent portability, that is structured at low cost, and that is also capable of stably discharging a liquid medicine. SOLUTION: The device performs infusion by means of a cartridge 31 for a liquid medicine. The device is provided with a pressurizing means structured with a small gas cylinder 51 containing a liquefied gas, piping 200 communicating with a pressurizing chamber 33 to which the small gas cylinder 51 is made freely attachable/detachable, and a pressure adjusting means 52 for automatically adjusting the pressure chamber 33 to be open at or below a prescribed pressure and closed at or above a prescribed pressure.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、薬液注入装置に係り、例えば薬液バッグに充填された薬液を硬膜外、動静脈血管、皮下、筋肉、諸臓器などに注入するために小型軽量に構成することで携帯用としても使用することができ、また薬液注入量、注入期間及び注入時間間隔等を任意に設定して使用することが可能であることから、特に薬液注入ポンプに好適に適用可能な技術に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a liquid injector, for example, constitute a chemical solution filled in the drug solution bag epidural, arteriovenous vascular, subcutaneous, intramuscular, reducing the size and weight in order to inject the like Organs It can also be used as a portable by, also liquid medicine injection amount, the injection period and the injection time interval, etc. since it is possible to use arbitrarily set, suitably applicable to particularly liquid injection pump it relates to such technology.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、疼痛緩和の目的で塩酸モルヒネを含む麻薬や、癌治療のための抗癌剤や抗生物質等の連続微量注入を行うための薬液注入装置が提案されている。 Hitherto, and drugs containing morphine hydrochloride purposes of pain relief, liquid injector for performing continuous microinjection such as anticancer agents and antibiotics for the treatment of cancer has been proposed. これらの薬液注入装置によれば、バッテリーで駆動される小型のシリンジポンプやペリスタリックポンプなどのように電気をエネルギー源としてモータ等の動力源を用いた電動ポンプを使用している。 According to these liquid injector, using an electric pump using a power source such as a motor as an energy source electrically, such as miniature syringe pump or peristaltic pump driven by a battery.

【0003】このような電動ポンプによれば、電気回路やマイクロプロセッサによる制御回路等を用いて任意の注入量を得るように適宜制御可能となることから、患者の様態に応じたきめ細かな薬剤投与管理が実現可能となるという利点がある。 [0003] According to such an electric pump, since the appropriate controllably obtain any injection amount using the control circuit and the like due to electric circuits and microprocessors, fine drug administration according to the aspect of the patient there is an advantage that management can be realized.

【0004】一方、電動ポンプに比べて、小型軽量であり、かつ低価格に構成できしかもその操作が簡便なポンプとして弾性材料からなるバルーンを用いた薬液注入装置が知られている。 On the other hand, as compared with the electric pump is small and light, and can be configured at a low cost yet that operation is liquid injector using a balloon made of an elastic material is known as a simple pump. 例えば、特公平6-83725号公報乃至特開平6-296688号公報になる開示によれば、バルーンの内部に薬液を充填しておき、バルーンの収縮力を利用して薬液を注入するポンプシステムが提案されている。 For example, according to the disclosure made in Japanese Patent Kokoku 6-83725 discloses to Hei 6-296688, previously filled with drug solution inside the balloon, pump system for injecting a drug solution by using the contraction force of the balloon Proposed. また、特公昭51-117489号公報によれば、金属ベローズと金属ベローズを覆うケース内に封入されたガスの蒸気圧を利用してベローズを圧縮して、ベローズ内の薬液を吐出させるようにして注入を行う薬液注入装置も提案されている。 Further, according to Japanese Patent Publication No. Sho 51-117489, to compress the bellows using the vapor pressure of the enclosed gas in a case that covers the metal bellows and the metal bellows, so as to discharge the liquid medicine in the bellows liquid injector that performs injection has been proposed. また、特開平7-509号公報によれば、筒状容器内において薬液を充填した後に、これをカプセル内に収納しプランジャ(押子)を取付け、このプランジャをゼンマイ式の定荷重バネにより移動するようにして薬液を吐出するものも提案されている。 The movement, according to Japanese Patent Laid-Open No. 7-509, after filling the liquid medicine in the cylindrical vessel, which attach the housing to the plunger (pushing element) within the capsule, the constant force spring of the mainspring type the plunger It has also been proposed that way ejecting the liquid medicine.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記のような電動ポンプを使用する薬液注入装置によれば、きめ細かな薬液注入制御が可能な反面で、電動ポンプに付随する機構部品や電源により装置全体の外形寸法が大きくなり、また重量が増加することから携帯性が悪くなるという欠点がある。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, according to the liquid injector that uses an electric pump, such as described above, in the other hand capable of fine liquid injector control, the entire device by mechanical parts and power associated with an electric pump dimensions of increases, also has the disadvantage that weight portability is deteriorated since it increases. また、多くは薬液注入設定のための操作部を一体的に設けている構成であるので価格が高くなり、また操作も繁雑になるなるという欠点も指摘されている。 Also, many since it is configured that provided integrally with the operation portion for a liquid injection set higher price, also has been pointed out disadvantage operation also becomes complicated.

【0006】一方、上記のように低価格に構成することができるバルーン式ポンプやガス圧利用のポンプを使用した薬液注入装置によれば、小型軽量に構成できるので携帯性に優れる利点がある。 On the other hand, according to the liquid injector apparatus using a balloon pump for pumping or gas pressure utilization which can be constructed at a low cost as described above, an advantage of excellent portability it can be constructed in small size and light weight. しかし、これらの薬液注入装置は圧力が任意に調整できず、また流量制御を単一のオリフィス(微細孔を有する流体抵抗体)で行っているものが殆どであることから、一機種で一流量の設定しかできないという欠点がある。 However, since these liquid injector can not arbitrarily adjust the pressure, also those performing flow control in a single orifice (fluid resistor having a minute opening) is most leading amount in one model there is a disadvantage that the set can not be only. 加えて、薬液注入のための流路を任意かつ自動的にオン/オフ制御することができない構成であることから、連続微量注入のみの動作となるので、患者の状態に応じたきめ細かな薬液投与が不可能となる。 In addition, since it is configured not possible to arbitrarily and automatically turn on / off control of the flow path for the liquid injector, since the operation of the continuous microinjection only, fine chemical dosage depending on the condition of the patient It becomes impossible.

【0007】また、近年になり、従来からの手動式空気ポンプに代えてパンク修理キット用として超小型の液化炭酸ガスボンベが広く販売されている。 [0007] In recent years, the liquefied carbon dioxide cylinder of the miniature are widely sold in place of the manual air pump conventionally employed as a puncture repair kit. この液化炭酸ガスボンベによれば、太めの筆記具程度の大きさであるので常時携帯できることから、例えば自転車や二輪車等の車両の走行途中でパンクが発生した時に、このボンベをタイヤの空気注入口にセットすることで充填された液化炭酸ガスが気化して、チューブまたはチューブレスタイヤを膨張するようにできるので、その後に近隣の修理店まで走行するか、あるいはパンク発生箇所を現場で修理した後にタイヤを膨張してそのまま走行できるようになる便利なものである。 According to the liquefied carbon dioxide cylinder, set because it can always carry because it is large as thick writing instrument, for example, in the running route of the vehicle such as a bicycle or motorcycle when puncture occurs, the cylinder air inlet of the tire and filled liquefied carbon dioxide is vaporized by, it is possible to inflate the tube or tubeless tires, inflated tires after repair or travel subsequently to nearby repair shop, or the puncture occurrence location in situ are those convenient to be able to travel as it is.

【0008】以上のように、このような小型の液化炭酸ガスボンベ乃至その他の目的に使用されるガスボンベ類であって、特に小型軽量に構成されるものは携帯に便利であることから、上記の電動ポンプに代えて小型ガスボンベを圧力発生手段として使用するように構成した薬液注入装置が考えられる。 [0008] As described above, since a such a small liquefied carbon dioxide cylinder through a gas cylinder such that is used for other purposes, in particular those configured in size and weight is easy to carry, said electric liquid injector that is configured to use as a pressure generating means a small gas cylinder in place of the pump are considered.

【0009】しかしながら、このような小型のガスボンベによれば、上記のように液体から気体に気化することで発生する際に圧力が大きく変動するので、圧力発生手段としてそのまま使用できず、安定した吐出は到底実現できなくなる問題がある。 However, according to a gas cylinder of such a small, since the pressure varies greatly in generating by vaporizing from a liquid to a gas as described above, can not be directly used as a pressure generating means, stable ejection there is a problem that will not possibly be realized.

【0010】したがって、本発明はこのような問題点に鑑みてなされたものであり、ガスボンベを圧力発生手段として使用する際にガスを無駄なく利用でき、しかも小型軽量に構成して携帯性に優れ、低価格に構成でき、かつ安定的に薬液の吐出を行うことができる薬液注入装置の提供を目的としている。 Accordingly, the present invention has been made in view of such a problem, the gas cylinder can be utilized without waste gas when used as a pressure generating means, moreover excellent portability configured to compact and lightweight , it is intended to provide a liquid injector which can perform can be configured at a low cost, and stably discharging the liquid medicine.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】上述の課題を解決し、目的を達成するために、本発明によれば、薬液バッグを有するか着脱自在に収納する薬液カートリッジを加圧手段に接続して所定流量で薬液を注入する薬液注入装置であって、前記加圧手段を、圧力発生手段と、該圧力発生手段を着脱自在にするとともに前記加圧室に連通する圧力導入孔部に対して着脱自在に構成される圧力配管と、該圧力配管に配管されるとともに、前記加圧室が所定圧力以下では開状態となり、かつ前記加圧室が所定圧力以上では閉状態に自動調節する圧力調整手段から構成することを特徴としている。 To solve the above problems BRIEF SUMMARY OF THE INVENTION In order to achieve the object, according to the present invention, by connecting the chemical cartridge detachably accommodated or have a medical bag to the pressure means given a liquid injector for injecting a drug solution at a flow rate, detachable said pressurizing means, and the pressure generating means, the pressure introduction hole communicating with the pressurizing chamber as well as the detachable pressure generating means a pressure line configured to, while being a pipe to the pressure pipe, the pressure chamber are opened in the following predetermined pressure, and a pressure adjusting means for the pressurizing chamber is less than the predetermined pressure adjusting automatically closed It is characterized in that it constitutes.

【0012】 [0012]

【発明の実施の形態】以下に本発明における好適な実施の形態につき、添付図面を参照して詳細に述べる。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter per preferred embodiment of this invention will be described in detail with reference to the accompanying drawings.

【0013】先ず、図1は患者Pへの装着状態とともに示した薬液注入ポンプ1の全体構成を示す外観斜視図である。 [0013] First, FIG. 1 is an external perspective view showing the overall configuration of a liquid injection pump 1 shown with mounted state of the patient P.

【0014】本図において、薬液注入ポンプ1は図示のように患者の衣類の胸ポケットに入れることができるようにした形状からなり、かつ表示部15が上に向くようにして、患者Pが随時見ることができ、またスイッチ1 [0014] In the figure, the liquid injector pump 1 comprises shape to be able to put in a breast pocket of the patient's clothing, as shown, and as the display unit 15 faces upward, the patient P from time to time can be seen, also switch 1
8が前面に位置するように構成された流量制御ユニット11と、このユニット11に内蔵される流量制御デバイス21と、この流量制御デバイス21に対して後述するように着脱される薬液カートリッジ31と、流量制御ユニット11に配設されたコネクタC1に対してインターフェースケーブル20(例えば、シリアルインターフェース用RS232Cケーブル)を介して接続されるノートパソコン等の外部プログラミング装置41とから構成されている。 8 is a flow rate control unit 11 configured to be positioned in front, the flow control device 21 incorporated in the unit 11, a chemical cartridge 31 that is removably as described below with respect to this flow control device 21, interface cable 20 (e.g., RS232C cable serial interface) to the flow control unit 11 disposed in the connector C1 and an external programming device 41. laptop or the like connected via a.

【0015】また、流量制御ユニット11と、流量制御デバイス21と薬液カートリッジ31は図中の矢印D Further, the flow control unit 11, the flow control device 21 and the chemical cartridge 31 arrow D in FIG.
1、D2方向に互いに着脱自在に構成される一方で、左下の使用状態図に示したように例えばパチン嵌合により一体的となる状態にセットした後には、外力の作用により簡単に外れることがないように構成されている。 1, in D2 while being configured together detachably in the direction, after setting the condition to be integrally by, for example, snap fit, as shown in use state diagram of bottom left, be disengaged easily by the action of an external force and it is configured so as not. さらにまた、図示のように一体的にセットするときに、流量制御デバイス21のコネクタC2が流量制御ユニット1 Furthermore, when loading integrally as shown, the connector C2 of the flow control device 21 is flow control unit 1
1に対して自動的に電気的に接続する状態になる一方で、薬液カートリッジ31の上部に配設された加圧孔3 Automatically while a state for electrically connecting to one pressurized pressure hole 3 provided in an upper portion of the chemical cartridge 31
4が流量制御デバイス21側に設けられた圧力発生部(ガスボンベ51)に対して自動的に接続できるように構成されている。 4 is configured to be automatically connected to the pressure generating portion provided on the flow control device 21 side (the gas cylinder 51).

【0016】一方、薬液Mは薬液カートリッジ31内に収納された薬液バッグ32において所定量分が予め真空パックにより気泡が絶対に混入しないようにして充填されており、また動作中においても気泡が混入しないように構成されている。 [0016] On the other hand, chemical M is also air bubbles entrained in the liquid medicine cartridge predetermined amount in the drug solution bag 32 housed in the 31 is filled so as not mixed bubbles absolutely advance by vacuum packing, also during operation and it is configured so as not to. この薬液カートリッジ31は薬液の消費状況を外から見えるようにするために透明乃至半透明であって所定の機械的強度を有する硬質の高分子材料から形成されており、その内面において薬液バッグ32 The chemical cartridge 31 is formed of a hard polymer material having a transparent or a translucent predetermined mechanical strength in order to be visible from outside the consumption status of the liquid medicine, the medical bag 32 at its inner surface
と薬液カートリッジ31との間の仕切り部材として作用すると共に、薬液カートリッジ31の内壁との間において、後述するように導入気体を漏れなく封入することのできる弾性体からなる加圧室33であって隔壁33aにより薬液バッグ32を押圧する機構が設けられている。 And thereby act as a partition member between the chemical cartridge 31, between the inner wall of the chemical cartridge 31, a pressure chamber 33 made of an elastic body that can be encapsulated without omission the introduced gas as described below mechanism for pressing the drug solution bag 32 is provided by the partition wall 33a.

【0017】この加圧室33は加圧孔34を介して内部に気体を導入することにより隔壁33aで遮蔽された空間が膨張して、薬液バッグ32側に移動して加圧するように構成されており、この移動動作により薬液バッグ3 [0017] The pressure chamber 33 expands the space which is shielded by the partition wall 33a by introducing a gas into the interior through the pressurized pressure hole 34, is configured to pressurize and move the drug solution bag 32 side and, the medical bag 3 by the movement
2がカートリッジ内において収縮されることで、内部の薬液Mを流量制御デバイス21に送ることをその基本動作原理としている。 2 by being contracted in the cartridge, and to send an internal liquid medicine M to the flow control device 21 and its basic operating principle.

【0018】ここで、この薬液カートリッジ31の素材としては、機械的強度及び光透過性に優れるポリカーボネート、アクリル、ポリスチレンなどの高分子樹脂材料が挙げられる。 [0018] Here, as the material of the chemical cartridge 31, polycarbonate which is excellent in mechanical strength and optical transparency, acrylic, and polymer resin material such as polystyrene. また、薬液バッグ32の素材にはポリエチレン、ポリウレタン、塩化ビニル、ポリプロピレンのように可撓性及びに光透過性に優れる樹脂材料が挙げられる。 Further, the medical bag 32 materials polyethylene, polyurethane, polyvinyl chloride, flexibility and excellent light-transmitting resin material and the like as polypropylene. さらに隔壁33の材料としては、ポリエチレン、 Furthermore as the material of the partition wall 33, polyethylene,
ポリウレタン、ポリプロピレン、塩化ビニル、シリコンゴム、ウレタンゴム、フッ素系ゴム、イソプレンゴム、 Polyurethane, polypropylene, polyvinyl chloride, silicone rubber, urethane rubber, fluorinated rubber, isoprene rubber,
ブタジエンゴム、天然ゴム等のように、柔軟性と耐久性に富む素材が挙げられる。 Butadiene rubber, as natural rubber, and a material rich in flexibility and durability. また、隔壁33aとカートリッジ31は一体成形される場合には、同種の材料が使用されるが、隔壁のみ異なる樹脂材料を用いて所謂2色成形技術から成形するようにしても良い。 Further, when the partition wall 33a and the cartridge 31 are integrally molded, but the same kind of material is used, it may be molded from a so-called two-color molding technique using different resin materials only bulkhead.

【0019】続いて、図1に図2のブロック図をさらに参照して、先ず、隔壁33aを移動するための加圧は、 [0019] Next, with further reference to the block diagram of FIG. 2 in FIG. 1, first, the pressure for moving the partition walls 33a,
制御ユニット11内に設けられた圧力発生手段である小型ガスボンベ51によって隔壁33a内の圧力が一定になるように加えられる。 The pressure in the partition wall 33a is added to a constant by a small gas cylinder 51 is a pressure generating means provided in the control unit 11. この小型ガスボンベとしては、 As this small gas cylinder,
例えばパンク修理用として一般向けに販売されるようになった液化炭酸ガスを充填した超小型ガスボンベを用いることにより、非常に小型に構成できるようになる。 For example, by the use of ultra-small gas cylinder filled with liquefied carbon dioxide began to be sold to the general public for the puncture repair, so much can be configured compact.

【0020】この小型ガスボンベ51には、ガスボンベに接続される後述する圧力調整部52が設けられており、発生圧力を一定に調整して、薬液カートリッジ31 [0020] The small gas cylinder 51, the pressure adjustment unit 52 to be described later is connected to the gas cylinder is provided, by adjusting the generation pressure constant, drug solution cartridge 31
内の隔壁33aで囲まれた空間内に対して自動接続される加圧孔34を介して圧力気体を導入するように構成されている。 It is configured to introduce pressurized gas through the pressurization pressure hole 34 to be automatically connected to the space enclosed by the partition wall 33a of the inner. このようなガスボンベ中に充填される気体としては、上記の二酸化炭素の他に、ヘリウム、窒素、代替フロンガス等があり、また発生圧力は、26〜66k The gas charged in such gas cylinders, in addition to the above carbon dioxide, Helium, nitrogen, alternative chlorofluorocarbon or the like, also occurs pressure, 26~66K
Pa(約200〜約500mmHg)の範囲に調整することが望ましい。 It is desirable to adjust the range of Pa (about 200 to about 500 mmHg).

【0021】また、図示のように一体的にセットするときに、流量制御デバイス21のコネクタC2が流量制御ユニット11に接続する状態になる一方で、薬液カートリッジ31の上部に配設された加圧孔34が流量制御デバイス21側に設けられた小型ガスボンベ51に対して自動接続されるとともに、接続された状態において自動弁34aが開くことで小型ガスボンベ51からの発生ガスが薬液カートリッジ31に対して自動供給されるように構成されている。 Further, when loading integrally as shown, while the connector C2 of the flow control device 21 is in a state to be connected to a flow control unit 11, the upper part is arranged a pressure of liquid medicine cartridge 31 with holes 34 is automatically connected to the small gas cylinder 51 provided in the flow control device 21 side, the gas generated from the compact gas cylinder 51 by opening the automatic valve 34a is against chemical cartridge 31 in a connected state It is configured to be automatically supplied. 一方、薬液カートリッジ31内の薬液バッグ32には流量制御デバイス21に設けられた接続管22が上記のように矢印D2方向に移動することで自動的に刺入された状態になり連通状態となる。 Meanwhile, connecting tube 22 provided in the flow control device 21 is communicated state is automatically pierced state by moving in the direction of arrow D2 as described above in the chemical bag 32 in the drug solution cartridge 31 . この接続管22を通過した薬液Mは微細孔23a(オリフィス)を有する流体抵抗体23を通過するが、この微細孔23aの内径は10〜500μmが好ましく、後述のように適宜流路が選択されるように分岐しており、設定流量を精度良く得るように構成されている。 Although the chemical solution M having passed through the connecting tube 22 passes through fluid resistor 23 having fine pores 23a (orifice), the inner diameter of the fine pores 23a is preferably from 10 to 500 [mu] m, suitably flow path is selected as described below branches into so that is configured to set the flow rate obtained with good precision.

【0022】こうして流体抵抗体23のオリフィス23 [0022] Thus the orifices 23 of the fluid resistor 23
aを通過した薬液Mは、流路を開閉する作用を有する流体制御弁24によってオン/オフ状態にされて略一定の流量になるように制御される。 Chemical M passing through the a is controlled is by the fluid control valve 24 which has the effect of opening and closing a flow path on / off state to be substantially constant flow rate. このためにこの流体制御弁24は、流路である軟性チューブ25を流量制御ユニット11内に設けられた流量制御弁である弁駆動機構1 The fluid control valve to the 24, the valve drive mechanism 1 which is a flow rate control valve provided a flexible tube 25 which is the passage to the flow control unit 11
2のソレノイドの可動軸12aの押圧作用により、軟性チューブ25自体を図示のように直接押し潰すことで流路を閉塞させる方式であるが、他の周知の弁機構も使用できることは勿論である。 By the pressing action of the movable shaft 12a of the second solenoid is a method of occluding the flow path by crushing directly as illustrated flexible tube 25 itself, other well-known valve mechanism that can be used of course.

【0023】したがって、この弁駆動機構12がオフ状態であり、流体制御弁24が開放状態の時には、薬液バッグ32に対して印加された気体圧力と、主に流路抵抗体23による流体抵抗で定められた一定流量の薬液Mが患者に対して注入されることになる。 [0023] Thus, this valve is the drive mechanism 12 is in the OFF state, when the fluid control valve 24 is in open state, and the gas pressure is applied to the drug solution bag 32, primarily in the fluid resistance due to the flow path resistor 23 chemical M a defined constant flow rate is to be injected into the patient. また、この弁駆動機構を用いて流量を時分割制御することにより、流路開放時の時間流量値を最大値とした任意の時間流量値が得られることになるので、後述する各投与モードに適合した流量制御が可能となる。 Further, by controlling time-sharing the flow using the valve drive mechanism, since any time flow rate value and the maximum value of time flow rate during the passage opening will be obtained, for each administration mode described below matched flow rate control becomes possible.

【0024】一方、流量制御デバイス21には上記の弁機構24の下流部位に薬液の流量を測定するための流量センサ26がさらに組み込まれており、コネクタC2を介して制御ユニット11に対して着脱可能に接続されている。 The detachable On the other hand, the flow control device 21 is the flow rate sensor 26 is further incorporated for measuring the flow rate of the chemical solution to the downstream portion of the valve mechanism 24, the control unit 11 via the connector C2 It is connected. 即ち、図1に示したように、ポンプアセンブリの状態で制御ユニット11と接続され、流量を検出できるように構成されており、流量センサドライバ13と流量信号増幅器14を介してCPU19に対して接続されている。 That is, as shown in FIG. 1, is connected to the control unit 11 in the state of the pump assembly is configured to detect the flow rate, connected to the CPU19 through a flow sensor driver 13 and the flow rate signal amplifier 14 It is. この流量センサ26にはヒータとサーミスタとからなる熱式流量計が好ましいが、容積式流量計、差圧式流量計、超音波流量計、電磁流量計等であっても良い。 Although the thermal type flow meter preferably comprises a heater and a thermistor to the flow rate sensor 26, the volume flow meter, differential pressure type flow meter, ultrasonic flowmeter, it may be an electromagnetic flow meter or the like.
また、制御ユニット11は実装基板上に実装されているCPU19に対して図示の各素子が接続されており、具体的にはゲートアレイやドライバ素子他105を介して弁駆動機構12と、4桁の8セグメントの液晶表示素子等からなる表示部15と、電源オフ状態でも記憶内容の保持が可能なEPROM素子等からなるメモリ16と、動作スイッチ17と両方を同時に押圧した時にオンされるようにアンド回路接続される薬液注入スイッチ18a、1 Further, the control unit 11 are the elements of the illustrated are connected to CPU19, which is mounted on the mounting substrate, the valve driving mechanism 12 through the gate array and the driver device other 105 specifically, 4 digits a display unit 15 composed of a liquid crystal display element or the like 8 segments of the memory 16 is also made of EPROM devices or the like which can hold stored data in a power-off state, as is turned on when pressed both the operation switch 17 at the same time liquid injection switch 18a is an aND circuit connected, 1
8bと、外部プログラミング装置41であるパソコンにコネクタC1を介して接続される外部インターフェース素子101と、警報ブザー102と、交換自在の乾電池103とから構成されている。 And 8b, the external interface device 101 connected via the connector C1 to the computer which is an external programming unit 41, an alarm buzzer 102, and a freely exchangeable batteries 103. 以上のように構成される薬液注入装置の全体の動作は、外部プログラミング装置41に組み込まれたソフトウェアを用いて制御され、薬液注入量、注入時間、要事手動注入と呼ばれるPCA. The overall operation of liquid injector configured as described above, are controlled using software embedded in the external programming device 41, liquid injection amount, injection time, called toothpick manual injection PCA.
(Patient Controlled Anesthesia)量等のポンプ動作に必要な情報が医師または有資格者により入力されて、外部プログラミング装置41の外部インタフェースを用いて制御ユニット11の外部インタフェース101を通して情報が入力される。 (Patient Controlled Anesthesia) information necessary for pump operation amount or the like is input by a physician or qualified personnel, information through the external interface 101 of the control unit 11 by using the external interface of the external programming device 41 is input. この時点で外部プログラミング装置41と制御ユニット11は切り離される。 An external programming device 41 and the control unit 11 at this point is disconnected.

【0025】制御ユニット11は、流量制御デバイス2 The control unit 11, the flow control device 2
1と薬液カートリッジ31と組み合わされることで、薬液注入ポンプとして機能することになるので、これらが組み合わされた時点で、制御ユニット11の動作スイッチ17を入れると入力されたポンプ動作情報に従って、 1 and that combined with the drug solution cartridge 31, since the function as a liquid injection pump, when they are combined, in accordance with the pump operation information input and add operation switch 17 of the control unit 11,
プライミング動作の後に薬液注入が開始される。 Liquid injection is started after the priming operation.

【0026】流量制御は前述したように流量制御のための弁駆動機構12にCPU19から信号を送って行われる。 The flow control is performed by sending a signal from the CPU19 to the valve drive mechanism 12 for flow control as described above. このために流量センサ26からの流量信号は、流量信号増幅器14を通りCPU19に送られてモニタされる。 Flow rate signal from the flow sensor 26 for this purpose, it is monitored sent a flow signal amplifier 14 as CPU 19. この流量信号は、ポンプからの流量と測定値との差に基づき弁駆動機構12にフィードバックをかけることでオン/オフ制御を実行することで、後述の夫々の投与モードに基づき流量制御を行うようにしている。 The flow signal, by performing the applying feedback to based valve drive mechanism 12 to the difference in on / off control of the flow rate and the measured value from the pump, to control the flow rate based on the mode of administration each below s I have to. また、 Also,
流量検出が実行できないような異常検出した場合には、 If the flow rate detecting abnormally detected which can not be executed,
ブザー102から警報を発生させるためにも流量センサ26からの流量信号が用いられる。 Flow rate signal from the flow sensor 26 is also used to generate an alarm buzzer 102.

【0027】また、薬液注入ポンプ1を使用する患者P [0027] In addition, the patient to use a chemical injection pump 1 P
が例えば末期ガン患者であり、激しい疼痛にどうしても耐えることができない場合には、薬液の塩酸モルヒネを任意に注入する上記のPCA. There for example, a terminal cancer patient, if not able to withstand just the severe pain, the above PCA arbitrarily injected morphine hydrochloride in the drug solution. 注入を実現するために、 In order to realize the injection,
注入スイッチ18a、18bの両方を同時に押圧すると、あらかじめ設定されたPCA. Injection switches 18a, when the both 18b is simultaneously pressed, a preset PCA. 量の塩酸モルヒネが患者に注入されて、患者の苦痛を緩和するように配慮されている。 And the amount of morphine hydrochloride is injected into the patient, and consideration is given to relieve the patient's pain. このような使用状況は、内蔵のメモリ19に随意記憶されて、外部プログラミング装置41と接続することで、使用情報を読み出すことができるようにして、次の投与スケジュールの作成に役立て、次の処方箋作成の参考にするように構成されている。 Such usage, is optionally stored in an internal memory 19, by connecting an external programming device 41, as can be read using information, help to create the next administration schedule, the following prescriptions and it is configured so as to reference the creation.

【0028】図3は、上記の実使用状態を示したフローチャートであって、初回の設定時におけるプログラムを示したものである。 [0028] FIG. 3 is a flowchart showing an actual use state of the shows the program at the time of initial setting.

【0029】本図において、先ず、ステップS1において医師または有資格者がノートパソコン等の外部プログラミング装置41の電源投入後に、投与プログラムのロードまたは呼び出しを行う。 [0029] In the figure, first of all, after the power-on of the external programming device 41 of the notebook computer or the like doctor or qualified person in step S1, a load or a call to an administration program. 続いて、ステップS2において、インターフェースケーブル20(例えば、シリアルインターフェース用RS232Cケーブル)をコネクタC1を介して制御ユニット11の本体と接続する。 Subsequently, in step S2, the interface cable 20 (e.g., RS232C cable serial interface) connected to the main control unit 11 via the connector C1.

【0030】続いて、ステップS3において、患者カルテに合致する内容の暗証番号を装置41から入力して、 [0030] Subsequently, in step S3, by entering a personal identification number of the content that matches the patient record from the device 41,
病状、薬液の照合を行う。 Medical condition, the collation of the chemical do. このようにして装置41の表示画面に、患者カルテの内容が表示されたら、ステップS4において、投与スケジュールを決定し、薬液種類、 In this way, the display screen of the device 41, When the contents of patient records is displayed, in step S4, determines the dosing schedule, chemical type,
注入量、注入期間及び注入時間間隔と、薬液が例えば塩酸モルヒネの場合には上記のPCA注入のための条件の設定値を入力する。 Injection volume, the injection period and the injection time interval, when the drug solution is for example morphine hydrochloride inputs the setting values ​​of conditions for the above PCA infusion.

【0031】以上で、投与のための制御条件が決定したので、続いてステップS5において制御ユニット11の電源がオンされて、制御条件データの送信が実行されて、記憶部であるRAM16に記憶される。 [0031] In the above, the control condition is determined for administration, followed by being turned on the power of the control unit 11 in step S5, the control condition transmitting the data is executed, is stored in the RAM16 is a storage unit that.

【0032】また、この作業と前後して、所望の薬液を充填した薬液カートリッジ31について記入した患者の処方箋が外部プログラミング装置41に接続されているプリント装置からプリントアウトされる。 Further, the working front and rear, are printed out from the printing apparatus prescription patients entered the chemical cartridge 31 filled with the desired drug solutions is connected to an external programming device 41. 以上で、医師または有資格者の作業が終了する。 This is the end of the work of a physician or qualified personnel. 尚、1回の処方箋により最長で2週間分の薬液カートリッジ31を薬局で準備することができるので、これに伴い、上記の小型ガスボンベ及び流量制御デバイス21が提供される。 Incidentally, it is possible to prepare up a chemical cartridge 31 of two weeks in pharmacy by one prescription, Accordingly, the above-described miniature gas cylinder and the flow control device 21 is provided.

【0033】続いて、ステップS6に進み、流量制御デバイス21の接続管22を薬液バッグ32に穿通するようにして薬液カートリッジ31にセットした後に、制御ユニット11に対してセットして、弁機構12が動作可能な状態にする一方で、コネクタC2により電気的な接続状態にする。 [0033] Then, the process proceeds to step S6, a connection tube 22 of the flow control device 21 after setting the chemical cartridge 31 so as to penetrate the medical bag 32, is set to the control unit 11, the valve mechanism 12 There while operable state, an electrical connection state by a connector C2. また、制御ユニット11側の小型ガスボンベ51がセットされて、加圧孔34を介して発生圧力を薬液カートリッジ31中に導入できる状態にする。 Also, being small gas cylinder 51 is set in the control unit 11 side, a state in which the pressure generated through the pressurized pressure hole 34 can be introduced into the chemicals cartridge 31. 次に、ステップS7に進み外部プログラミング装置41からの指示に基づき初期動作プログラムが起動されて、プライミングと各部の機能をチェックする後述する機能チエックプログラムが起動される。 Next, an initial operation program based on an instruction from an external programming device 41 proceeds to step S7 is activated, function check program to be described later to check the function of the priming and each part is activated.

【0034】以上で外部プログラミング装置41を接続した状態の操作が終了し、ステップS8に進み、コネクタC1においてインターフェースケーブル20を取り外すとともに、チューブ25の先端に接続された留置針2 The operation state of connecting an external programming device 41 is completed in the above, the process proceeds to step S8, with disconnecting the interface cable 20 in connector C1, the indwelling needle is connected to the front end of the tube 25 2
5aを患者側に予め埋設されたキャップPCに穿す状態にする。 5a and to puncture to state in advance buried capped PC to patient. この後、ステップS9においてステップS4で設定された投与プログラムに基づく自動投与プログラムが起動される。 Thereafter, automatic dosing program based on administration program set in step S4 in the step S9 is started. また、薬液が疼痛の緩和のための塩酸モルヒネである場合には、上記のPCA注入のためのプログラムが起動される。 Further, when the drug solution is hydrochloric morphine for pain relief, the program for the above PCA infusion is started.

【0035】以上で、患者は薬液投与による治療と疼痛緩和を受けることができるようになり、所定期間の投与経過途中においてステップS10で、装置の投与履歴が上記の記憶部19に記憶されて、ステップS11において薬液残量が少なくなるまで投与が継続され、残量が残り少なくなると終了する。 [0035] In the above, the patient will be able to receive treatment and pain relief by chemical administration, in step S10 in the administration course during the predetermined time period, administration history of the device is stored in the storage unit 19, administration until drug solution level is low in step S11 is continued, and ends the remaining amount becomes scarce.

【0036】図4は、図3のステップS4における投与スケジュールの具体例を示した、フローチャートである。 [0036] Figure 4 shows a specific example of the administration schedule in the step S4 of FIG. 3, a flow chart. 本図において、ステップS20において、医師は患者の病状、病歴の確認を行い、ステップS21において(a)持続投与、(b)間欠投与、(c)持続/間欠投与のいづれかの投与パターンを選択決定して、外部プログラミング装置41から入力する。 In the figure, in step S20, the physician performs patient's condition, a confirmation history, in step S21 (a) continuous administration, (b) intermittent dosing, select determines the administration pattern Izure sustainable / intermittent dosing (c) and, input from an external programming device 41. 続いて、ステップS Then, step S
22において、決定された投与パターンに基づき、流量設定、投与時間と時間間隔(H1、H2)、PCA注入のための投与量と、このPCA注入を禁止する不応期の入力が行われる。 At 22, based on the determined dosage pattern, the flow rate setting, administration time and time intervals (H1, H2), and the dose for PCA infusion, the input of refractory period for prohibiting the PCA implantation is performed. 続いて、ステップS23において、P. Subsequently, in step S23, P.
CA許可期間の入力が行われ、ステップS24において1日当たりの最大投与量が入力される。 CA permission input period is performed, the maximum daily dosage in step S24 is entered.

【0037】図5は、図3のステップS7における初期動作プログラムの具体例を示した、フローチャートである。 [0037] Figure 5 shows a specific example of the initial operation program in step S7 in FIG. 3, a flow chart. 本図において、ステップS30において、スイッチ18a、18bの両方が同時に押圧されると、このプログラムが起動され、加圧された状態になっている薬液バッグから薬液が吐出されて(ステップS31)、弁駆動機構12のソレノイドがオフ状態にされ(ステップS3 In the figure, in step S30, the switch 18a, the both 18b are simultaneously pressed, the program is started, the chemical liquid is discharged from the medical bag that is a pressurized state (step S31), the valve solenoid driving mechanism 12 is turned off (step S3
2)、ステップS33において、流量センサ26において所定の流量が検出されたか否かの判定がされて、流量検出がない場合には何らかの異常発生があったと判断して、ステップS37に進み異常発生フラグを立てることでこのステップに続く処理を禁止して、ステップS38 2), in step S33, a predetermined flow rate is a determination whether or not detected in the flow rate sensor 26, when there is no flow rate detection, it is determined that there is some abnormality occurs, the abnormality occurrence flag proceeds to step S37 prohibits continues at step process to make a step S38
においてブザー102の連続通電により異常状態を知らせて、ステップS39で強制終了する。 And report abnormal state by the continuous energization of the buzzer 102 in, forcibly terminated in step S39.

【0038】一方、ステップS33で所定の流量検出がなされると、ステップS34において留置針25aからの薬液吐出を確認してプライミングを終了し、ステップS35において弁機構をオン状態にして、吐出を禁止して、ステップS36で投与準備が終了する。 On the other hand, when a predetermined flow rate detection is made in step S33, to check the chemical solution discharge from the indwelling needle 25a ends the priming in step S34, and the valve mechanism in the ON state at step S35, prohibits discharge and, the administration prepared in step S36 is completed.

【0039】図6は、2回目以降の投与プログラムであり、図3に示したフローチャートによる投与スケジュールを変更するものである。 [0039] FIG. 6 is a second or subsequent administration program, and changes the administration schedule according to the flowchart shown in FIG. このように変更する必要がある場合において、ステップS40において医師または有資格者がノートパソコン等の外部プログラミング装置4 In the case where it is necessary to change this way, the external programming device doctor or qualified person, such as a notebook computer in step S40 4
1の電源投入後に、投与プログラムのロードまたは呼び出しを行う。 After one of the power is turned on, do a load or call the administration program. 続いて、ステップS41において、インターフェースケーブル20をコネクタC1を介して制御ユニット11の本体と接続する。 Subsequently, in step S41, connected to the main control unit 11 of the interface cable 20 through a connector C1.

【0040】続いて、ステップS42において、患者カルテに合致する内容の暗証番号を装置41から入力して、病状、薬液の再照合を行う。 [0040] Subsequently, in step S42, by entering a personal identification number of the content that matches the patient record from the device 41, medical condition, the re-verification of the chemical performed. このようにして装置4 In this way, the device 4
1の表示画面に、患者カルテの内容が表示される。 1 of the display screen, the contents of the patient's medical record is displayed.

【0041】次に、ステップS43において、制御ユニットの記憶部19に記憶された投与履歴が装置41側にインターフェースケーブル20を介してダウンロードされて装置41の画面に表示されるので、この表示結果を見て医師は、起動投与スケジュールを再度検討して最適な投与パターンを決定し、再度薬液種類、注入量、注入期間及び注入時間間隔を入力する(ステップS44)。 Next, in step S43, since the administration history stored in the storage unit 19 of the control unit is displayed on the screen of the device 41 is downloaded via the interface cable 20 to the apparatus 41 side, the display result see physicians is, to determine the optimal dosage pattern consider starting dose schedule again, chemical type again, injection volume, and inputs the injection period and the injection time interval (step S44).

【0042】この後に、ステップS45において制御ユニット11の電源がオンされて、制御条件データの送信が実行されて、記憶部であるRAM16に記憶され、所望の薬液を充填した薬液カートリッジ31について記入した患者の処方箋が外部プログラミング装置41に接続されているプリント装置からプリントアウトされる。 [0042] After this, it is turned on power is the control unit 11 in step S45, is transmitted in the control condition data is performed, a storage unit stored in the RAM 16, and fill the liquid medicine cartridge 31 filled with the desired liquid medicine prescription of the patient is printed out from the printing device connected to an external programming device 41. この後に、上記のステップS6〜ステップS11(ステップS46)を実行して、以降ステップS40からステップS46を患者が完治するまで行う。 After this is performed by performing the above steps S6~ step S11 (step S46), the step S46 from step S40 and subsequent to the patient healed.

【0043】次に、図7は流量制御デバイス21に設けられる流量センサ26を熱式流量計から構成した場合の動作原理図(a)、波形図(b)である。 Next, FIG. 7 is an operation principle diagram of a case where the flow sensor 26 provided in the flow control device 21 from the thermal flow meter (a), waveform (b). 本図において、チューブ25は長手方向に同じ断面積Sを有しており、薬液の流路となる上流側においてヒータ26hを設けており、このヒータ26hを流量センサドライバ13 In the figure, the tube 25 has the same cross-sectional area S in the longitudinal direction and provided with a heater 26h on the upstream side of the flow path of the liquid medicine flow sensor driver 13 to the heater 26h
を介してCPU19に対して接続している。 It is connected to the CPU19 via the. また、このヒータ26hの距離L分に下流側には温度検出のためのサーミスタ26tが配設されている。 Further, the thermistor 26t for temperature detection is disposed downstream a distance L min of the heater 26h.

【0044】以上の構成において、求める流速で矢印方向に下流に流れる薬液Mに対して時間t1において、 [0044] In the above configuration, at the time t1 with respect to the chemical solution M which flows downstream in the direction of an arrow at a flow rate of obtaining,
(b)に示したようなヒータ加熱信号Hを印加してヒータ26hへの通電を行い薬液の温度上昇を行う。 (B) applying a heater heating signal H as shown in the temperature increase of the chemical performs energization to the heater 26h are. このようにして温度上昇された状態を距離L分下流に配設されるとともに流量信号増幅器14を介してCPUに接続されたサーミスタ26tにより、時間t2において温度上昇のピーク値を検出して図示のような波形のサーミスタ出力信号Tを得る。 By this way, the temperature increase state distance thermistor 26t connected to the CPU via a flow signal amplifier 14 while being disposed in L fraction downstream, shown by detecting the peak value of the temperature rise at time t2 obtaining a thermistor output signal T of such waveforms.

【0045】以上から、時間差Δt=t1−t2を内蔵のタイマにより求め、距離Lを求めた時間差Δtで割ることで薬液の流速を得て、この流速に断面積Sを乗じて求める流量Vを得る。 [0045] From the above, determined by internal timer time difference Δt = t1-t2, the distance to obtain the flow rate of the liquid medicine by dividing by the time difference Delta] t to determine the L, and the flow rate V for obtaining by multiplying the cross-sectional area S in the flow velocity obtain. このようにして求められた流量V Flow rate V obtained in this way
に基づき、投与の管理を上記のように時間分割して行うようにする。 The basis, so as to manage the administration time-divided as described above.

【0046】次に、図8は小型ガスボンベ51に接続される圧力調整機構の配管図である。 Next, FIG. 8 is a piping diagram of a pressure adjusting mechanism connected to the small gas cylinder 51. 本図において、既に説明済みの構成には同一符号を付して説明を割愛して、 In the figure, the already explained structure was omitted will be denoted by the same reference numerals,
未説明部分について述べると、先ず、小型ガスボンベ5 Describing the unexplained part, first, a small gas cylinder 5
1は配管200の口金部201において螺合等により着脱自在に設けられており、最終的にセットされた状態において配管200内部と連通して、配管200の内部にガスを充満するとともに圧力調整弁52の作用により2 1 is detachably attached by screwing or the like in the base part 201 of the pipe 200, in communication with the inner pipe 200 in the finally set condition, the pressure regulating valve while filling the gas into the pipe 200 2 by the action of 52
6〜66kPa(約200〜約500mmHg)の範囲に自動調整することができるように構成されている。 And it is configured to be able to automatically adjust the range of 6~66KPa (about 200 to about 500 mmHg).

【0047】このために、小型ガスボンベ51に接続された配管200の第1端部200aは圧力調整弁52の本体210に接続された継手212に接続されており、 [0047] For this, first end 200a of the pipe 200 connected to the small gas cylinder 51 is connected to a fitting 212 connected to the body 210 of the pressure regulating valve 52,
本体210内に形成された空間部210a内にガスボンベ51で発生したガス圧Aを第1ボール弁を介して供給するように構成されている。 It is configured to supply gas pressure A generated by the gas cylinder 51 to the space portion 210a formed in the main body 210 through the first ball valve.

【0048】この第1ボール弁は後述するように機能するように構成されており、本体210に対してOリング230を介して螺合して固定されるボール座部材231 [0048] The first ball valve is configured to function as described later, a ball seat member 231 fixed screwed via an O-ring 230 relative to body 210
のテーパ底部231aに対してボール222がコイルバネ223の圧縮力により常時移動するようにしてテーパ底部231aの中心部に穿設された孔部231kを塞ぐようにする一方で、ダイアフラム部材240の突起部2 Ball 222 against the tapered bottom 231a is While so as to close the hole portion 231k drilled in the central portion of the tapered bottom 231a so as to move at all times by the compression force of the coil spring 223, the projecting portion of the diaphragm member 240 2
40aがこの孔部231k中に移動して、ボール222 40a are moved into the hole 231k, ball 222
を上記のコイルバネ223の圧縮力に打ち勝つようにして下方に移動するようにして、この孔部231kを介して配管200の第1端部200aから供給されるガス圧Aを空間部201a内に導入可能にしている。 The so as to move downward so as to overcome the compressive force of the coil spring 223, introducing a gas pressure A supplied into the space 201a from the first end 200a of the pipe 200 through the hole portion 231k It is possible.

【0049】このダイアフラム部材240は、環状に形成されるラバー体242を部材245との間で挟むようにしてネジ止めする一方、ラバー体242の外周縁部を本体210と蓋部材260の間で挟む状態で固定することで、空間部210aを外気から遮断する気密状態にしており、ガス圧Aが漏れないように構成されている。 The state the diaphragm member 240, sandwiching the rubber member 242 which is formed in an annular while screwing so as to sandwich between the member 245, the outer peripheral edge portion of the rubber member 242 between the body 210 and the cover member 260 in that fixed, has been airtight to block the space portion 210a from the outside air, and is configured so that the gas pressure a leakage. また、このようなダイヤフラム機構と構成する部材245 Moreover, member 245 which constitute such a diaphragm mechanism
上にはコイルバネ250の一端が当接するとともに、蓋部材260において調整自在に螺合されているキヤップ体270においてコイルバネ250の他端が当接するように保持されており、さらにキャップ体270の中心部位には貫通孔270aが穿設されており、外気に連通してダイヤフラム機構の動きを妨害しないようにするとともに、貫通孔270aに連続して溝部270kが形成されており、この溝部270kに例えばコインGを入れるようにしてキャップ体270を回転するようにして、コイルバネ250への予圧調整を行えるようにして、部材245と一体的に固定されたダイヤフラム部材240の突起部240aにおける予圧調整ができるように構成されている。 One end of the coil spring 250 abuts the top, the other end of the coil spring 250 in the cap body 270 which is engaged adjustably threaded in the cover member 260 is held so as to abut, further central portion of the cap body 270 a through hole 270a is bored in, as well as not to interfere with the movement of the diaphragm mechanism in communication with the outside air, and continuously groove 270k is formed in the through hole 270a, for example a coin into the groove portion 270k so as to rotate the cap member 270 so as to put the G, so as to perform the pre-load adjustment to the coil spring 250, to allow the preload adjusting the protrusion 240a of the diaphragm member 240 is integrally fixed and the member 245 It is configured.

【0050】本体210の空間部210aには、本体2 [0050] In the space portion 210a of the body 210, the main body 2
10の空間部210aに連通する空間部210dが形成されており、この空間部のテーパ底部に対してボール2 Space 210d which communicates with the space portion 210a of 10 and is formed, the ball 2 relative to the tapered bottom of the space
22がコイルバネ223の圧縮力により常時移動するようにしてテーパ底部の中心部に穿設された孔部を塞ぐようにして第2ボール弁が設けられており、通常は塞ぐ状態となっており、異常圧力が発生した時のみ開くことで大気に開放するようにしている。 22 is a and the second ball valve so as to block a hole drilled in the center of the tapered bottom is provided to move at all times by the compression force of the coil spring 223, and a state in which normally closes, It is to be open to the atmosphere by opening only when abnormal pressure occurs.

【0051】図9は図8の圧量調整弁52の動作説明図であって、図9(a)は加圧室33の戻り圧A4が所定圧に到達していない場合、また図9(b)は所定圧になって自動的に上記の開放弁が開く状態になった様子を夫々示したものである。 [0051] Figure 9 is a diagram explaining the operation of the pressure amount adjusting valve 52 of FIG. 8, when FIG. 9 (a) return pressure A4 in the pressurizing chamber 33 does not reach the predetermined pressure, and FIG. 9 ( b) are those that automatically shows' s husband a state in which the state where the open valve is opened becomes a predetermined pressure.

【0052】先ず、図9(a)において本体210の空間部210aにガスボンベからの発生ガス圧Aが導入される。 [0052] First, the generated gas pressure A from the gas cylinder into the space portion 210a of the body 210 is introduced in Fig. 9 (a). このときダイアフラム機構の突起部240aがコイルバネ250の予圧により、矢印X1方向に移動してボール222を下方に移動して、ガス圧Aを空間部21 The preload of the protrusion 240a coil spring 250 in this case the diaphragm mechanism, the ball 222 moves to move downward in the arrow X1 direction, the space portion 21 of the gas pressure A
0a内に導入する。 It is introduced into the 0a. このとき矢印A2方向のガス圧を供給する。 Supplying a gas pressure of the arrow A2 direction at this time. 以上のようにして、ダイアフラム機構の予圧によって決定されるガス圧が自動制御される。 As described above, the gas pressure is determined by the preload of the diaphragm assembly is automatically controlled.

【0053】続いて、図9(b)において、加圧室33 [0053] Subsequently, in FIG. 9 (b), the pressure chamber 33
の圧力が次第に高くなると、継手211を介して空間部210aに供給されるガス圧A2がダイアフラム機構の予圧以上になるとラバー体242の膨張による変形移動が発生して、第1ボール弁のボール222に作用していた突起部240aが矢印X2方向に移動して、ボール2 When the pressure of gradually increases, the gas pressure A2 supplied to the space 210a through the coupling 211 is equal to or greater than the preload of the diaphragm mechanism deformation movement by expansion of the rubber member 242 occurs, the ball of the first ball valve 222 protrusion 240a which was acting moves in the arrow X2 direction, the ball 2
22により塞ぐ状態になるので、ガスボンベからのガス圧の供給が停止され、同時に第2ボール弁のボール22 Since a state of closing the 22, the supply of gas pressure from the gas cylinder is stopped, at the same time the second ball valve ball 22
2も矢印Y2方向にコイルバネの作用に逆らうように移動して、開放する状態になって、異常ガス圧を大気中に開放する。 2 be moved to counter the action of the coil spring in the arrow Y2 direction, ready to open, releasing the abnormal gas pressure in the atmosphere.

【0054】その後、バッグ32を圧縮する作用にともない加圧室33の内圧が所定圧以下になると、図9 [0054] Thereafter, when the internal pressure of the accompanying pressure chamber 33 to act to compress the bag 32 falls below a predetermined pressure, 9
(a)に示した状態に復帰して、ガス圧の供給が再開され、以降同様の動作が繰り返される。 And return to the state shown in (a), the gas supply pressure is resumed, the same operation is repeated later. 一方、キャップ体270の溝部にコイン等を入れて適宜調整することで、 On the other hand, by appropriately adjusting putting coins into the groove of the cap body 270,
26〜66kPa(約200〜約500mmHg)の範囲に調整することがてきるようになり、隔壁33aに作用する圧力を所望の圧力に維持できるようにして、バッグ32に対して一定圧力を作用させるようにできるようにしている。 26~66kPa become (about 200 to about 500 mmHg) range to adjust the Tekiru so the, by the pressure acting on the partition wall 33a so as to be maintained at a desired pressure, exerts a constant pressure against the bag 32 and to be able to.

【0055】最後に、図10は 薬液バッグ131の構成を示した要部断面図である。 [0055] Finally, FIG. 10 is a fragmentary cross-sectional view showing the structure of a drug solution bag 131. 本図において、容器内に複数の独立した部屋を有し、それぞれの部屋が柔軟な隔膜により形成された容器となっており、隣り合う隔膜の表面積が等しくなるように構成されている。 In the figure, has a room with multiple independent in the container, each room has a container formed by a flexible diaphragm, is configured as the surface area of ​​the adjacent diaphragm are equal. 以上のように構成することで、ガス室(袋)にガスが供給されることで薬液袋側が収縮する際における残量をなくすことが可能となる。 By the above configuration, it is possible to eliminate the remaining amount at the time of drug solution bag side is contracted by gas into the gas chamber (bag) is supplied. また、加圧バッグであるガス袋との一体化により小型にできるので省スペース化、低コストが可能となるものである。 Also, space saving because it compact by integration of the gas bag is a pressure bag, in which a low cost is possible.

【0056】このように構成するために、平面に成形した樹脂製シートを3枚重ねた状態にし、それぞれのシートの間に適当な長さのチューブを挟み、シートの外側をまとめて融着する。 [0056] For this configuration, in a state in which three sheets molded the resin sheet in a plane, sandwiching the appropriate length of the tube between the respective sheets, fused together outside of the sheet . その際に、各チューブをその内腔を確保した状態で両側にシートと融着することにより、2 At that time, by sheet and fused on both sides in a state in which each tube has secured its lumen, 2
つの同一の形状を有する重ね合わせた形状となった密閉状態のバックが成形されるようになり、各チューブは夫々のバック(袋)における唯一のポート(出入口)となる。 One of look like the same in the closed condition that overlapping shape having a shape-back is formed, each tube is the only port (entrance) in each of the back (the bag).

【0057】このようにして得られた薬液バッグの一方に薬液を充填する。 [0057] To one filling a drug solution to the drug solution bag thus obtained. この状態で、他法のバック中に所定ガス圧のガスを注入すると、ガス圧によって隔膜132 In this state, when dispensing a predetermined gas pressure of the gas in the back of the other methods, the diaphragm by the gas pressure 132
が薬液側に押されるので、薬液を充填したバッグ内において同一の圧力が発生し、薬液袋側のポートから抽出できるようになる。 There therefore pushed in the chemical side, chemical same pressure occurs in the filling within the bag, it becomes possible to extract from the port of the liquid medicine bag side.

【0058】また、隔膜132は薬液袋に完全に密着する状態になるまで、ガス圧に押されるので残量を略ゼロにすることができるようになるので理想的なものとなる。 [0058] Further, the diaphragm 132 until the state completely close contact with the drug solution bag, an ideal because it is possible to substantially zero the remaining amount so pushed gas pressure.

【0059】図11は、薬液バッグの別実施形態を示した製造工程の模式図である。 [0059] Figure 11 is a schematic diagram of a manufacturing process showing another embodiment of the medical bag. 本図において、図示のような形状に予め成形された2つのバックを重ね合わせて融着することにより、隔膜が2層構造になる点以外は上記の薬液バッグと同じ2部屋を有する薬液バッグを成形できる。 In the figure, by fusing overlapped two back which is previously formed into a shape as shown, except that the diaphragm is a two-layer structure is a medical bag having the same two rooms as the above drug solution bag It can be molded.

【0060】さらに、薬液バッグのさらなる別実施形態を示した製造工程の模式図において、外側になるシートを固い材質から構成して、隔膜のみを柔軟な素材から構成するようにして、原形を留めることができる立体形状にすることにより薬液バッグの変形により発生する圧力損失を軽減できるようになる。 [0060] Further, in the schematic view of a manufacturing process showing a further alternative embodiment of the medical bag, it constitutes a sheet made outwardly from the rigid material, so as to constitute the only diaphragm of a flexible material, keep the original shape it becomes possible to reduce the pressure loss caused by the deformation of the medical bag by a three-dimensional shape that can. 以上の薬液バッグを成形するシートとしては、オレフィン系(PP、PE)、 The sheet for forming the above medical bag, olefin (PP, PE),
PET、軟質塩化ビニル、及び水蒸気バリヤとガスバリヤ性を具備する複合材料が使用される。 PET, soft vinyl chloride, and a composite material comprising a water vapor barrier and gas barrier property is used.

【0061】 [0061]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
ガスボンベを圧力発生手段として使用する際にガスを無駄なく利用でき、しかも小型軽量に構成して携帯性に優れ、低価格に構成でき、かつ安定的に薬液の吐出を行うことができる薬液注入装置を提供することができる。 Gas cylinders available without waste gas when used as a pressure generating means, moreover excellent portability constitutes the small and lightweight, can be configured at a low cost, and chemical liquid injector which can be stably perform discharge of the liquid medicine it is possible to provide a.

【0062】 [0062]

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 患者Pへの装着状態とともに示した薬液注入ポンプ1の全体構成を示す外観斜視図である。 1 is an external perspective view showing the overall structure of a liquid injection pump 1 shown with mounted state of the patient P.

【図2】 流量制御デバイス11と制御ユニット21と薬液カートリジの接続後の様子を示したブロック図である。 2 is a block diagram showing the state after the connection of the flow control device 11 and the control unit 21 and the chemical Katoriji.

【図3】 投与スケジュール設定のフローチャートである。 3 is a flowchart of the dosing schedule.

【図4】 図3のステップS4の具体例を示したフローチャートである。 4 is a flowchart showing a specific example of step S4 of FIG. 3.

【図5】 初期動作のフローチャートである。 5 is a flowchart of the initial operation.

【図6】 2回目以降の投与スケジュール設定のフローチャートである。 FIG. 6 is a flow chart of the administration schedule of the second and subsequent times.

【図7】 流量計測の説明図である。 FIG. 7 is an explanatory view of the flow measurement.

【図8】 圧量調整弁52の配管図である。 8 is a piping diagram of a pressure amount adjusting valve 52.

【図9】 図8の圧量調整弁52の動作説明図であって、(a)は加圧室33の戻り圧A4が所定圧に到達していない場合、また(b)は所定圧になった様子を夫々示したガスボンベの配管状態と圧力調整弁の要部破断図である。 [9] A diagram explaining the operation of the pressure amount adjusting valve 52 of FIG. 8, (a) if the return pressure A4 in the pressurizing chamber 33 does not reach the predetermined pressure, and (b) the predetermined pressure since the state is a main part cutaway view of the pipe state and the pressure regulating valve each shown gas cylinder.

【図10】薬液バックの要部断面図である。 10 is a fragmentary cross-sectional view of the drug solution bag.

【図11】薬液バックの製造工程の模式図である。 11 is a schematic diagram of a manufacturing process of the liquid chemical back.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 流量制御ユニット 12 弁駆動機構 13 流量センサドライバ 14 流量信号増幅器 15 表示部 16 記憶部 17 動作スイッチ 18 薬液注入スイッチ 19 CPU 20 インターフェースケーブル 21 流量制御デバイス 22 接続管 23 流体抵抗体 24 流体制御弁 25 軟性チューブ 26 流量センサ 31 薬液カートリッジ 32 薬液バッグ 33 加圧室 34 加圧孔 41 外部プログラミング装置 51 小型ガスボンベ 52 圧力調整弁 52 圧力調整弁 11 flow control unit 12 valve driving mechanism 13 flow sensor driver 14 flow signal amplifier 15 display unit 16 storage unit 17 operation switch 18 liquid injector switch 19 CPU 20 interface cable 21 the flow control device 22 connecting pipe 23 fluid resistor 24 fluid control valve 25 flexible tube 26 flow sensor 31 chemical cartridge 32 drug solution bag 33 pressure chamber 34 pressurized pressure hole 41 external programming device 51 small gas cylinder 52 pressure regulating valve 52 pressure regulating valve

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 薬液バッグを有するか着脱自在に収納する薬液カートリッジを加圧手段に接続して所定流量で薬液を注入する薬液注入装置であって、 前記加圧手段を、 圧力発生手段と、 該圧力発生手段を着脱自在にするとともに前記加圧室に連通する圧力導入孔部に対して着脱自在に構成される圧力配管と、 該圧力配管に配管されるとともに、前記加圧室が所定圧力以下では開状態となり、かつ前記加圧室が所定圧力以上では閉状態に自動調節する圧力調整手段とから構成することを特徴とする薬液注入装置。 1. A liquid injector for injecting a drug solution a chemical cartridge detachably accommodated or have a medical bag connected to the pressure means at a predetermined flow rate, the pressure means, a pressure generating means, a pressure line configured to detachably attached to the pressure introduction hole communicating with the pressurizing chamber as well as the detachable pressure generating means, together with the piping to the pressure pipe, the pressure chamber is a predetermined pressure hereinafter opened, and the pressurizing chamber liquid injector, characterized in that consists of a pressure adjusting means for adjusting automatically to the closed state at least a predetermined pressure.
  2. 【請求項2】 前記薬液バッグに接続されるとともに流量を制限する流体抵抗手段を途中部位において接続した流路と、 該流路内における薬液の流量を断続するために前記流体抵抗手段の下流側に設けられる流量制御手段と、 前記流路内における流量を測定するために前記流量制御手段の下流側に設けられる流量測定手段と、 前記流量制御手段と前記流量測定手段に接続される制御手段をさらに具備することを特徴とする請求項1に記載の薬液注入装置。 Wherein downstream of said fluid resisting means for intermittently a flow path where the fluid resistance means for limiting the flow rate is connected to the drug solution bag and connected at the middle portion, the flow rate of the chemical solution in the flow path and flow control means provided in the flow rate measuring means provided downstream of said flow control means for measuring the flow rate in the flow path, a control means connected to said flow measurement means and said flow rate control means liquid injector according to claim 1, characterized by further comprising.
  3. 【請求項3】 前記圧力調整手段において、前記加圧室からの背圧で自動開閉するとともに圧力を調整可能にするための圧力調整部を設けることを特徴とする請求項1 3. A said pressure adjusting means, according to claim 1, wherein providing a pressure regulator to allow adjusting the pressure as well as automatic opening and closing with back pressure from the pressure chamber
    または請求項2のいずれかに記載の薬液注入装置。 Or liquid injector according to claim 2.
JP8074663A 1996-03-28 1996-03-28 Infusion device for liquid medicine Withdrawn JPH09262288A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8074663A JPH09262288A (en) 1996-03-28 1996-03-28 Infusion device for liquid medicine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8074663A JPH09262288A (en) 1996-03-28 1996-03-28 Infusion device for liquid medicine

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09262288A true JPH09262288A (en) 1997-10-07

Family

ID=13553707

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8074663A Withdrawn JPH09262288A (en) 1996-03-28 1996-03-28 Infusion device for liquid medicine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09262288A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004504118A (en) * 2000-07-20 2004-02-12 ディセトロニック・ライセンシング・アクチェンゲゼルシャフトDisetronic Licensing AG The catheter head comprising a flow sensor
JP2008500099A (en) * 2004-05-27 2008-01-10 バクスター・インターナショナル・インコーポレイテッドBaxter International Incorp0Rated Identification information recognition system for a medical device
JP2008520339A (en) * 2004-11-22 2008-06-19 インテリジェクト,エルエルシー Devices for drug delivery, systems, and methods
US7867198B2 (en) 2004-08-16 2011-01-11 Daiken Iki Kabushiki Kaisha Medical liquid infusion apparatus
JPWO2009119519A1 (en) * 2008-03-24 2011-07-21 オリンパス株式会社 The drug delivery device
WO2014185437A1 (en) * 2013-05-16 2014-11-20 株式会社村田製作所 Liquid delivery device

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004504118A (en) * 2000-07-20 2004-02-12 ディセトロニック・ライセンシング・アクチェンゲゼルシャフトDisetronic Licensing AG The catheter head comprising a flow sensor
JP2008500099A (en) * 2004-05-27 2008-01-10 バクスター・インターナショナル・インコーポレイテッドBaxter International Incorp0Rated Identification information recognition system for a medical device
US7867198B2 (en) 2004-08-16 2011-01-11 Daiken Iki Kabushiki Kaisha Medical liquid infusion apparatus
JP2008520339A (en) * 2004-11-22 2008-06-19 インテリジェクト,エルエルシー Devices for drug delivery, systems, and methods
US9352091B2 (en) 2004-11-22 2016-05-31 Kaleo, Inc. Devices, systems and methods for medicament delivery
US9833573B2 (en) 2004-11-22 2017-12-05 Kaleo, Inc. Devices, systems and methods for medicament delivery
JPWO2009119519A1 (en) * 2008-03-24 2011-07-21 オリンパス株式会社 The drug delivery device
WO2014185437A1 (en) * 2013-05-16 2014-11-20 株式会社村田製作所 Liquid delivery device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100788318B1 (en) Pen-type injector having an electronic control unit
US4221219A (en) Implantable infusion apparatus and method
US5078683A (en) Programmable infusion system
US6635049B1 (en) Drug bolus delivery system
US8277435B2 (en) Infusion pump system
US9039679B2 (en) Systems and methods for sustained medical infusion and devices related thereto
CA2481102C (en) Dispenser for patient infusion device
US5244463A (en) Programmable infusion pump
US5582593A (en) Ambulatory medication delivery system
US4898585A (en) Implantable patient-activated fluid delivery device with bolus injection port
US8663201B2 (en) Infusion device
US6641562B1 (en) Apparatus and method of intravenous fluid infusion
AU2001296588B2 (en) Data collection assembly for patient infusion system
US20110270188A1 (en) Fill-status sensors for drug pump devices
CN102413852B (en) Drug delivery management systems and methods
US7338464B2 (en) Non-constant pressure infusion pump
US6183441B1 (en) Variable rate infusion apparatus with indicator and adjustable rate control
US4360019A (en) Implantable infusion device
US4447224A (en) Variable flow implantable infusion apparatus
US5090963A (en) Electrochemically driven metering medicament dispenser
CN1022852C (en) Pump apparatus for biomedical use
US6485461B1 (en) Disposable infusion device
US4838887A (en) Programmable valve pump
US20080139910A1 (en) Analyte sensor and method of using the same
AU2006331839B2 (en) Needle-free injection device

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20030603