JPH0925771A - 窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ両用レインバイザー - Google Patents

窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ両用レインバイザー

Info

Publication number
JPH0925771A
JPH0925771A JP20728395A JP20728395A JPH0925771A JP H0925771 A JPH0925771 A JP H0925771A JP 20728395 A JP20728395 A JP 20728395A JP 20728395 A JP20728395 A JP 20728395A JP H0925771 A JPH0925771 A JP H0925771A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rain
screen door
rain visor
visor
window sash
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP20728395A
Other languages
English (en)
Inventor
Yuji Watanabe
裕司 渡邉
Original Assignee
Yuji Watanabe
裕司 渡邉
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yuji Watanabe, 裕司 渡邉 filed Critical Yuji Watanabe
Priority to JP20728395A priority Critical patent/JPH0925771A/ja
Publication of JPH0925771A publication Critical patent/JPH0925771A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】この発明は、主に住宅用窓サッシ防虫網戸のた
めの、室内換気と室内への降雨侵入防止機能を合せ持っ
た、換気雨よけ両用のレインバイザーに関するものであ
る。 【構成】換気雨よけ両用の機能構造を持った羽根図1を
複数枚使用した形態で軽く薄く一体成型プレスしたもの
を、既設の普及型網戸の室内外の外周枠部分に取り付け
るか、防虫網戸内臓タイプに取り替えて使用する構成で
ある。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、主に住居窓サッシ防
虫網戸用に開発された換気雨よけ用品に関するものであ
るが、あらゆる用途の開口部防虫網戸用に応用可であ
る。
【0002】
【従来の技術】従来、雨戸や日除けはあったが、住居窓
サッシ防虫網戸用専門に開発された換気を兼ねた軽薄で
手軽な雨よけ用品はなかった。ために雨戸を閉めると暗
くて昼間でも照明したり換気が不完全なため夏期など熱
気が籠って余分にエアコンを稼働させねばならず不経済
であった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題点】本発明は、とくに雨
戸や霧よけのない窓の防虫網戸用に、換気機能と降雨侵
入防止機能を合せ持った軽薄で手軽な窓サッシ網戸用雨
よけ用品を開発しようとするもの。
【0004】
【課題を解決するための手段】今その解決手段を図面に
追いながら説明すれば、 (イ)図1の1,2,3,4などの羽根形状のものを複
数枚使用して (ロ)図2の5,6のような全体を構成し (ハ)図3の7に取り付けたり、6に取り替えたりす
る。 図3の7は、既設の普及型防虫網戸で、その外周枠はア
ルミ製など軽金属が主であるため、本発明の取り付け
は、タッピングネジや両面テープ、マジックテープなど
で簡単に装着できる。サイズの微調整は、薄く軽い適度
に剛性を持つ本発明品の性質上、はさみやカッターなど
で加工が容易である。
【0005】
【作 用】本発明は、以上のような構造であるからこれ
を使用すれば、とくに雨戸や霧よけのない窓の防虫網戸
の場合は、換気機能を持ちつつ降雨の室内振り込み防止
作用がある。また、透明素材の場合窓の明るさを維持す
ることができて照明の点でも夏期の換気の点でも省エネ
効果が高くなる作用もある。
【0006】
【実施例】なお、本発明の実施に当たっては、次のよう
なことも考えられる。 (イ)おもな使途は住居用だが自動車用品などにも使用
できる (ロ)大開口の窓にも入り口などにも使用できる。 (ハ)不透明素材の場合、プライバシーの保護にもな
る。
【0007】
【発明の効果】したがって、とくに雨戸や霧よけのない
窓でもあるいはあらゆる窓を解放したまま防虫網戸だけ
で、降雨時の心配なく安心して外出できるのはもちろん
のこと、むしろ外出時や在宅時を問わず、夏期にはもち
ろんのこと四季を問わずあるいは天気問わずより快適な
生活ができる手助けをしてくれるのが、本発明用品であ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】羽根部分の側面断面図 本発明構成要素の雨よけ羽根一枚の構成図の変化例 1 ストレートタイプ 2 ウエーブタイプ 3 内カーブタイプ 4 外カーブタイプ
【図2】5 基本製品の全体図と側面図 6 防虫網戸内臓タイプ側面図
【図3】7 既設の外周枠のある普及型防虫網戸の図
【符号の説明】
A 室内側防虫アミ A 室外側防虫アミ BCDE 本発明装着部分

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】(イ)雨よけレインバイザーの羽根自体に
    関するもの。降雨侵入防止機能と換気機能を同時に満た
    す構造のもの。透明や着色半透明や着色不透明のもので
    形成。形状、素材特定せず。 (ロ)雨よけレインバイザーの全体に関するもの。ロー
    コストなもの(例プラスチック、アルミ箔、防水紙等)
    で一体成型プレスされたものが良い。また各羽根は非可
    動だが可動もありうる。 (ハ)窓サッシ防虫網戸の室外側もしくは室内側窓枠部
    分にネジや両面テープ、マジックテープなどで簡単に取
    り付ける形態のもので、バリエーションとして防虫網戸
    内臓タイプもありうる。 以上のように構成された窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ
    両用レインバイザーおよび汎用開口部防虫網戸用換気雨
    よけ両用レインバイザー。
JP20728395A 1995-07-11 1995-07-11 窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ両用レインバイザー Pending JPH0925771A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20728395A JPH0925771A (ja) 1995-07-11 1995-07-11 窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ両用レインバイザー

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20728395A JPH0925771A (ja) 1995-07-11 1995-07-11 窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ両用レインバイザー

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0925771A true JPH0925771A (ja) 1997-01-28

Family

ID=16537241

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20728395A Pending JPH0925771A (ja) 1995-07-11 1995-07-11 窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ両用レインバイザー

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0925771A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002310996A (ja) * 2001-04-09 2002-10-23 Tokyo Yogyo Co Ltd 金属溶湯貯留容器の充填層の充填状況測定方法およびこれに使用する装置
WO2005047635A1 (en) * 2003-11-12 2005-05-26 Toonen Albertus Margretha Long Window screen
CN109826550A (zh) * 2019-04-01 2019-05-31 黄长柱 铝合金纱窗

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002310996A (ja) * 2001-04-09 2002-10-23 Tokyo Yogyo Co Ltd 金属溶湯貯留容器の充填層の充填状況測定方法およびこれに使用する装置
WO2005047635A1 (en) * 2003-11-12 2005-05-26 Toonen Albertus Margretha Long Window screen
CN109826550A (zh) * 2019-04-01 2019-05-31 黄长柱 铝合金纱窗
CN109826550B (zh) * 2019-04-01 2020-07-31 东阳市中傲建筑工程有限公司 铝合金纱窗

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20090320388A1 (en) Double-skin and moveable-sunshade facade system
US5617683A (en) Shutter panel
US5027566A (en) Window with reflective enclosure
US3350819A (en) Ventilating skylight with two simultaneously operated closures
US6070637A (en) Horizontally openable window
KR100515766B1 (ko) 방풍용 창틀비닐
JPH0925771A (ja) 窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ両用レインバイザー
KR101162922B1 (ko) 다기능 창호 조립체
KR100326649B1 (ko) 차양 기능을 갖는 다용도 방범창문
JP3095834U (ja) 網戸に粘着テープで取り付けて雨の吹き込みを防止する遮水帯。
KR200470411Y1 (ko) 방충창용 가림막설치프레임
CN211370049U (zh) 一种防雨遮阳窗
JPH0682394U (ja) ブラインド網戸
KR101248413B1 (ko) 차양 및 빗물 유입방지 기타 사생활보호 및 방범을 위한 차단부재가 구비된 방충망
CN212614066U (zh) 一种适用于建筑外立面的通风幕墙结构
JP2008013972A (ja) 玄関構造
SI25159A (sl) Zunanja žaluzija in rolo senčila, zaščitena s steklom v ohišju
KR200320183Y1 (ko) 방풍용 창틀비닐
KR200385457Y1 (ko) 방충망 부착용 빗물막이
KR200373238Y1 (ko) 창문의 눈비막이 구조
CA2291921A1 (en) Decorative window shutter
KR200176175Y1 (ko) 차양 기능을 갖는 다용도 방범창문
JP2951503B2 (ja) ルーバー窓用内窓の取付構造
JP3076786U (ja) 網戸用鎧板
CN103967398A (zh) 新型太阳能智能化镁铝合金多功能一体化窗户