JPH09255350A - ガラス板のカッタ装置 - Google Patents

ガラス板のカッタ装置

Info

Publication number
JPH09255350A
JPH09255350A JP9335796A JP9335796A JPH09255350A JP H09255350 A JPH09255350 A JP H09255350A JP 9335796 A JP9335796 A JP 9335796A JP 9335796 A JP9335796 A JP 9335796A JP H09255350 A JPH09255350 A JP H09255350A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cutter
glass plate
movement
cutter head
cutters
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9335796A
Other languages
English (en)
Inventor
Shigeru Bando
茂 坂東
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Bando Kiko Co Ltd
Original Assignee
Bando Kiko Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Bando Kiko Co Ltd filed Critical Bando Kiko Co Ltd
Priority to JP9335796A priority Critical patent/JPH09255350A/ja
Publication of JPH09255350A publication Critical patent/JPH09255350A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
    • C03BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
    • C03B33/00Severing cooled glass
    • C03B33/02Cutting or splitting sheet glass or ribbons; Apparatus or machines therefor
    • C03B33/023Cutting or splitting sheet glass or ribbons; Apparatus or machines therefor the sheet or ribbon being in a horizontal position
    • C03B33/027Scoring tool holders; Driving mechanisms therefor

Abstract

(57)【要約】 【課題】 往動、復動毎にガラス板の切り線形成表面に
直交する軸の周りでカッタを回転させる必要がなく、而
して、往動、復動毎のカッタの位置ずれ等をなくすこと
ができる上に、高速に多数のガラス板を形成することが
できるガラス板のカッタ装置を提供すること。 【解決手段】 ガラス板のカッタ装置1は、ガラス板2
が載置される載置台3と、載置台3に載置されたガラス
板2に、複数のX及びY方向の切り線5及び6を形成す
るカッタホイール7及び8を備えたカッタヘッド装置9
と、カッタヘッド装置9をガラス板2上でX方向及びY
方向に直線往復動させる移動装置10とを具備してい
る。カッタヘッド装置9は、往動Aの際には、刃先が往
動A中にX及びY方向に配向されるように設けられたカ
ッタホイール7を下降させてガラス板2に当接させると
共に、復動B中に刃先がX及びY方向に配向されるよう
に設けられた残るカッタホイール8を上昇させてガラス
板2への当接を解除し、復動Bの際には、各カッタホイ
ール7及び8を前記と逆に上下させる上下動装置21を
具備している。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、素板ガラスから多
数の方形のガラス板を形成する場合に好適なガラス板の
カッタ装置に関する。
【0002】
【発明が解決しようとする課題】素板ガラスから多数の
方形のガラス板を形成する場合、通常、カッタヘッド
を、X方向に関して往復動させて素板ガラスにまずY方
向に離間したX方向の互いに平行な多数の切り線(折割
り線)を形成し、その後、カッタヘッドをY方向に関し
て往復動させて素板ガラスにX方向に離間したY向の互
いに平行な多数の切り線(折割り線)を形成し、これら
X及びY方向の切り線が形成された素板ガラスを、当該
切り線に沿って折り割っている。
【0003】カッタヘッドは、通常、カッタと、このカ
ッタが先端に取り付けられた支持ロッドと、支持ロッド
を上下動させて、カッタをガラス板に当接する位置とガ
ラス板から離反する位置とに移動させるエアシリンダか
らなる上下動装置とを具備しており、また、このような
カッタは、ガラス板への当接位置が支持ロッドの軸心か
らガラス板の平面方向において変位して支持ロッドに取
り付けられて、刃先配向方向が予め決定されて、支持ロ
ッドに取り付けられている。したがって、上記のように
往動後に次に復動させながらカッタによりX又はY方向
の切り線を形成する際に、支持ロッドを180度回転さ
せて復動において刃先が所望に切り線形成方向に配向さ
れるようにしている。
【0004】ところで、例えば支持ロッドは、製作、取
り付け誤差等により、その回転軸心が切り線を形成する
ガラス板の表面に対して垂直からずれて若干傾いて取り
付けられることが多く、このように支持ロッドが傾いて
いる場合、切り線形成の往復動において支持ロッドを1
80度回転させると、カッタのガラス板表面への当接位
置がずれたり、線形成態様が変化することになる。この
カッタの位置ずれは切り線間隔の不揃いとなり、切り線
形成態様の変化は折り割りの難易となり、多数の同形の
ガラス板を形成することに種々の問題を惹起する。加え
て、往動、復動毎に支持ロッドを180度回転させるこ
とは、作業速度の低下を来し、高速に多数のガラス板を
形成することに対する障害となる。
【0005】本発明は、前記諸点に鑑みてなされたもの
であって、その目的とするところは、往動、復動毎にガ
ラス板の切り線形成表面に直交する軸の周りでカッタを
回転させる必要がなく、而して、往動、復動毎のカッタ
の位置ずれ等をなくすことができる上に、高速に多数の
ガラス板を形成することができるガラス板のカッタ装置
を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明によれば前記目的
は、ガラス板が載置される載置台と、この載置台に載置
されたガラス板に切り線を形成する一対のカッタを備え
たカッタヘッド装置と、このカッタヘッド装置をガラス
板上でX方向及びこのX方向に交差するY方向に直線往
復動させる移動装置とを具備しており、カッタヘッド装
置は、ガラス板にX方向の切り線をY方向に離間して順
次形成するための移動装置によるX方向の往復動におい
て、往動の際には、刃先が当該往動中はX方向に配向さ
れるように設けられたカッタを下降させてガラス板に当
接させると共に、復動中は刃先がX方向に配向されるよ
うに設けられた残るカッタを上昇させてこれのガラス板
への当接を解除し、復動の際には、各カッタを前記と逆
に上下させる上下動装置とを具備しているガラス板のカ
ッタ装置によって達成される。
【0007】本発明によれば前記目的はまた、カッタヘ
ッド装置を往復動させて、載置台に載置されたガラス板
に、カッタヘッド装置により互いに平行な直線的な切り
線を形成するガラス板のカッタ装置であって、カッタヘ
ッド装置は、往動用のカッタと復動用のカッタとを具備
してなるガラス板のカッタ装置によっても達成される。
【0008】カッタヘッド装置は、一対のカッタをX−
Y平面内で回転させる、好ましくは、90度の角度範囲
で回転させる回転装置を更に具備していてもよく、ま
た、上下動装置は、ガラス板にY方向の切り線をX方向
に離間して順次形成するための移動装置によるY方向の
往復動において、往動の際には、刃先が往動中にY方向
に配向されるように設けられたカッタを下降させてガラ
ス板に当接させると共に、復動中に刃先がY方向に配向
されるように設けられた残るカッタを上昇させてこれの
ガラス板への当接を解除し、復動の際には、各カッタを
前記と逆に上下させるようになっていてもよい。両カッ
タは、固定のものであってもよいが、回転自在なカッタ
ホイールであってもよい。
【0009】カッタヘッド装置は、それぞれ一個のカッ
タを搭載して、独立に移動装置により直線往復動される
一対の別体の可動台を具備して構成してもよいが、両カ
ッタ及び上下動装置、又はこれらに加えて回転装置が搭
載されて、移動装置により直線往復動される共通の可動
台を具備して構成してもよい。カッタヘッド装置は、一
つの例では、X−Y平面に直交するZ軸の周りであっ
て、微小角度範囲内で回転自在に設けられたカッタブロ
ックを各カッタについて具備しており、一対のカッタの
それぞれは、Z軸からX−Y平面方向において変位して
ガラス板に当接するように、対応のカッタブロックに取
り付けられている。
【0010】本発明の他の一つでは、上下動装置は、各
カッタについて空気ばね装置と機械ばね装置とを具備し
ており、各空気ばね装置は、圧縮空気の供給により対応
のカッタを下降させ、各機械ばね装置は、対応の空気ば
ね装置からの圧縮空気の排出により対応のカッタを上昇
させるように、それぞれ構成されている。
【0011】
【発明の実施の形態】次に本発明の実施の形態を、図に
示す好ましい実施例に基づいて更に詳細に説明する。な
お、本発明はこれら実施例に何等限定されないのであ
る。
【0012】
【実施例】図1から図6において、本例のガラス板のカ
ッタ装置1は、素板ガラスとしてのガラス板2が載置さ
れる載置台3と、載置台3に載置されたガラス板2に、
X方向に交差、本例では直交するY方向に等間隔に離間
された複数のX方向の切り線5(5a1、5b1、5a
2、5b2、・・・)及びX方向に等間隔に離間された
複数のY方向の切り線6(6a1、6b1、6a2、6
b2、・・・)を順次形成する一対のカッタとしてのカ
ッタホイール7及び8を備えたカッタヘッド装置9と、
カッタヘッド装置9をガラス板2上でX方向及びY方向
に直線往復動させる移動装置10とを具備している。
【0013】載置台3は、可撓性の弾性シート15と、
弾性シート15の下面で弾性シート15を支持する装置
フレーム17とを具備している。
【0014】カッタヘッド装置9は、上記カッタホイー
ル7及び8と、ガラス板2にX方向の切り線5をY方向
に離間して順次形成するための移動装置10によるX方
向の往復動A及びB並びにガラス板にY方向の切り線6
をX方向に離間して順次形成するための移動装置10に
よるY方向の往復動A及びBのそれぞれにおいて、往動
Aの際には、刃先が往動A中にX及びY方向に配向され
るように設けられたカッタ、本例ではカッタホイール7
を下降させてガラス板2に当接させると共に、復動B中
に刃先がX及びY方向に配向されるように設けられた残
るカッタ、本例ではカッタホイール8を上昇させてガラ
ス板2への当接を解除し、復動Bの際には、各カッタホ
イール7及び8を前記と逆に上下させる上下動装置21
と、一対のカッタホイール7及び8をX−Y平面内で9
0度の角度範囲で回転させる回転装置22と、両カッタ
ホイール7及び8、上下動装置21及び回転装置22が
搭載されて、移動装置10により直線往復動される共通
の可動台23と、X−Y平面に直交するZ軸の周りであ
って、微小角度範囲内で回転自在に設けられたカッタブ
ロック24及び25とを具備している。
【0015】カッタホイール7は、ガラス板2への当接
位置31がZ軸からX−Y平面方向において復動B方向
に距離Lだけ変位するように、カッタブロック24にピ
ン32を介して回転自在に取り付けられており、カッタ
ホイール8は、ガラス板2への当接位置33がZ軸から
X−Y平面方向において復動A方向に距離Lだけ変位す
るように、カッタブロック25にピン34を介して回転
自在に取り付けられている。
【0016】カッタブロック24は、軸受40を介して
Z軸の周りで回転自在となるように、スライダ41の下
端に取り付けられており、また、そのZ軸の周りでの回
転は、スライダ41に取り付けられた回転制限部材42
により微小角度範囲内となるように制限されている。カ
ッタブロック24の微小角度範囲内での回転自在性と、
Z軸から距離Lだけ変位したカッタホイール7のガラス
板2への当接位置31とにより、カッタホイール7は、
カッタヘッド装置9のX及びY方向の移動における往動
Aの際には、刃先が往動A中にX及びY方向に安定に配
向されるようになっている。カッタブロック25も同様
であって、軸受(図示せず)を介してZ軸の周りで回転
自在となるように、スライダ43の下端に取り付けられ
ており、また、そのZ軸の周りでの回転は、スライダ4
3に取り付けられた回転制限部材44により微小角度範
囲内となるように制限されており、カッタブロック25
の微小角度範囲内での回転自在性と、Z軸から距離Lだ
け変位したカッタホイール8のガラス板2への当接位置
33とにより、カッタホイール8は、カッタヘッド装置
9のX及びY方向の移動における復動Bの際には、復動
B中にX及びY方向に刃先が安定に配向されるようにな
っている。すなわち、カッタホイール7は、カッタヘッ
ド装置9の往動Aの際に、それ自身回転しながらカッタ
ブロック24にひきずられるように移動するため、X及
びY方向に安定して配向されることになり、復動Bの際
には、X及び方向に安定して配向されず、Z軸を中心と
して振動されるようになり、一方、カッタホイール8
は、カッタヘッド装置9の復動Bの際に、それ自身回転
しながらカッタブロック24にひきずられるように移動
するため、X及びY方向に安定に配向されることにな
り、往動Aの際には、X及びY方向に安定して配向され
ず、Z軸を中心として振動されるようになる。
【0017】上下動装置10は、上記のスライダ41及
び43と、スライダ41及び43のそれぞれの上下動を
案内するように、それぞれブラケット51及び52にリ
ニアベアリング51a及び52aを具備したスライドガ
イド53及び54と、一端がスライダ41に他端がピス
トン55に連結された連結ロッド56と、一端がスライ
ダ43に他端がピストン57に連結された連結ロッド5
8と、カッタホイール7及び8についての空気ばね装置
59及び60並びに機械ばね装置61及び62とを具備
している。
【0018】カッタホイール7についての空気ばね装置
59は、上記ピストン55と、ピストン55を収容して
ブラケット51に取り付けられたシリンダ65とを具備
しており、カッタホイール7についての機械ばね装置6
1は、ピストン55とシリンダ65との間に連結ロッド
56を囲繞して配されたコイルばね66を具備してい
る。カッタホイール8についての空気ばね装置60は、
上記ピストン57と、ピストン57を収容してブラケッ
ト52に取り付けられたシリンダ67とを具備してお
り、カッタホイール8についての機械ばね装置62は、
ピストン57とシリンダ67との間に連結ロッド58を
囲繞して配されたコイルばね68を具備している。
【0019】以上の上下動装置21は、ガラス板2にX
方向の切り線5をY方向に離間して順次形成するための
移動装置10によるX方向の往復動A及びB並びにガラ
ス板2にY方向の切り線6をX方向に離間して順次形成
するための移動装置10によるY方向の往復動A及びB
のそれぞれにおいて、往動Aの際には、シリンダ65に
圧縮空気を供給してピストン55をコイルばね66のば
ね力に抗して下降させ、この下降により連結ロッド5
6、スライダ41及びカッタブロック24を介してカッ
タホイール7を下降させてガラス板2に当接させると共
に、シリンダ67から圧縮空気を排出してコイルばね6
8のばね力によりピストン57を上昇させて、この上昇
により連結ロッド58、スライダ43及びカッタブロッ
ク25を介してカッタホイール8を上昇させてこれのガ
ラス板2への当接を解除し、復動Bの際には、シリンダ
65から圧縮空気を排出してコイルばね66のばね力に
よりピストン55を上昇させる一方、シリンダ67に圧
縮空気を供給してコイルばね68のばね力に抗してピス
トン57を下降させ、而して各カッタホイール7及び8
を前記と逆に上下させて、カッタホイール7のガラス板
2への当接を解除すると共に、カッタホイール8をガラ
ス板2に当接させる。
【0020】回転装置22は、可動台23に取り付けら
れた軸受71と、ブラケット51及び52が取り付けら
れており、軸受71に回転自在に支持された回転軸72
と、ブラケット73を介して軸受71に支持されたロー
タリエアシリンダ装置74とを具備しており、ロータリ
エアシリンダ装置74の出力回転軸75は回転軸72に
連結されている。回転装置22は、ロータリエアシリン
ダ装置74を動作させて回転軸72をR方向に90度だ
け正又は逆方向に回転させ、X方向の切り線5を形成す
る際には、往動A中にカッタホイール7の刃先がX方向
に、復動B中にカッタホイール8の刃先がX方向にそれ
ぞれ安定に配向されように、Y方向の切り線6を形成す
る際には、同じくカッタホイール7の刃先が往動A中に
Y方向に、カッタホイール8の刃先が復動C中にY方向
にそれぞれ安定して配向されように、カッタホイール7
及び8をX−Y平面内で回転させる。
【0021】移動装置10は、可動台23をY方向に移
動させるY方向移動装置81と、可動フレーム82をX
方向に移動させるX方向移動装置83とを具備してお
り、Y方向移動装置81は、可動台23に設けられた電
動モータ84と、電動モータ84の出力回転軸85に取
り付けられたピニオン86と、ピニオン86に噛み合っ
て可動フレーム82に取り付けられたラック歯87とを
具備している。可動台23は、可動フレーム82にY方
向に伸びて取り付けられた案内レール88にY方向に摺
動自在に嵌合して設けられており、可動フレーム82
は、装置フレーム17にX方向に伸びて取り付けられた
案内レール89にX方向に摺動自在に嵌合して設けられ
ている。X方向移動装置83は、ブラケット91に取り
付けられた電動モータ92と、可動フレーム82に軸受
93を介して回転自在に取り付けられた回転伝達軸94
と、電動モータ92の出力回転軸及び回転伝達軸94の
それぞれに取り付けられた歯付きプーリ(図示せず)間
に掛け渡されたタイミングベルト95と、装置フレーム
17にX方向に伸びて互いに平行に取り付けられた一対
のラック歯96及び97と、ラック歯96及び97にそ
れぞれ噛み合って回転伝達軸94の各端に取り付けられ
たピニオン98及び99とを具備している。なお、ブラ
ケット91は可動フレーム82に取り付けられている。
【0022】移動装置10は、電動モータ92を作動さ
せて回転伝達軸94を回転させ、この回転によるピニオ
ン98及び99の回転で、案内レール89により案内さ
れる可動フレーム82をX方向に移動させ、電動モータ
84を作動させてピニオン86を回転させ、この回転
で、案内レール88により案内される可動台23をY方
向に移動させる。
【0023】なお、ガラス板のカッタ装置1は、上記の
ほか各装置の作動を制御する制御装置を具備しており、
この制御装置によって上記及び以下述べる動作を制御す
るようになっている。
【0024】ガラス板のカッタ装置1の動作を説明する
と、まず、X方向の切り線5を形成する際には、往動A
中にカッタホイール7の刃先がX方向に、復動B中にカ
ッタホイール8の刃先がX方向にそれぞれ安定して配向
されるように、回転装置22によりカッタホイール7及
び8をX−Y平面内で回転設定する(図1から図6に示
す状態)。次に、Y方向移動装置81により可動台23
をY方向に移動させて、カッタホイール7を最初のX方
向の切り線5a1の位置まで移動させる。更に、上下動
装置21により、カッタホイール7をガラス板2の表面
に当接させるように下降させ、カッタホイール8をガラ
ス板2の表面から離反させるように上昇させる。その
後、X方向移動装置83により可動フレーム82をX方
向において往動Aさせて、切り線5a1をガラス板2の
表面にカッタホイール7により形成する。切り線5a1
の形成後、Y方向移動装置81により可動台23をY方
向に移動させて、カッタホイール8を次のX方向の切り
線5b1の位置まで移動させるると共に、上下動装置2
1により、カッタホイール8をガラス板2の表面に当接
させるように下降させ、カッタホイール7をガラス板2
の表面から離反させるように上昇させる。その後、X方
向移動装置83により可動フレーム82をX方向におい
て復動Bさせて、切り線5b1をガラス板2の表面にカ
ッタホイール8により形成する。以下、同様であって、
切り線5a2、5a3、・・・をカッタホイール7によ
り、切り線5b2、5b3、・・・をカッタホイール8
により順次ガラス板2の表面に形成する。
【0025】X方向の全ての切り線5の形成後、Y方向
の切り線6を形成する際には、往動A中にカッタホイー
ル7の刃先がY方向に、復動B中にカッタホイール8の
刃先がY方向にそれぞれ配向されるように、回転装置2
2によりカッタホイール7及び8をX−Y平面内で90
度回転させて設定する(図7及び図8に示す状態)。次
に、X方向移動装置83により可動フレーム82をX方
向に移動させて、カッタホイール7を最初のY方向の切
り線6a1の位置まで移動させる。更に、上下動装置2
1により、カッタホイール7をガラス板2の表面に当接
させるように下降させ、カッタホイール8をガラス板2
の表面から離反させるように上昇させる。その後、Y方
向移動装置81により可動台23をY方向において往動
Aさせて、切り線6a1をガラス板2の表面にカッタホ
イール7により形成する。切り線6a1の形成後、X方
向移動装置83により可動フレーム82をX方向に移動
させて、カッタホイール8を次のY方向の切り線6b1
の位置まで移動させるると共に、上下動装置21によ
り、カッタホイール8をガラス板2の表面に当接させる
ように下降させ、カッタホイール7をガラス板2の表面
から離反させるように上昇させる。その後、Y方向移動
装置81により可動台23をY方向において復動Bさせ
て、切り線6b1をガラス板2の表面にカッタホイール
8により形成する。以下、同様であって、切り線6a
2、6a3、・・・をカッタホイール7により、切り線
6b2、・・・をカッタホイール8により順次ガラス板
2の表面に形成する。
【0026】以上のようにして全ての切り線5及び6を
形成した後、切り線5及び6に沿ってガラス板2を折り
割ることにより、同形の方形の多数のガラス板を得るこ
とができる。
【0027】ところでガラス板のカッタ装置1では、カ
ッタの支持ロッドに相当するスライダ41の縦方向の軸
心101がX−Y平面に対して傾斜していても、また、
同じくカッタの支持ロッドに相当するスライダ43の縦
方向の軸心102がX−Y平面に対して傾斜していて
も、X方向又はY方向の切り線形成における往動Aから
復動B及びその逆の復動Bから往動Aに際して、スライ
ダ41及び43を軸心101及び102を中心として回
転させないため、軸心101及び102の傾斜に基づく
カッタホイール7及び8の位置変動が生じなく、また、
カッタホイール7及び8は、常に、同様の状態でガラス
板2の表面に当接されるため、同一の状態の切り線を所
望の間隔で形成できるようになる。
【0028】なお、前記では多数の同形のガラス板を得
るために多数のX及びY方向の切り線5及び6を形成す
るようようにしたが、本発明はこれに限定されず、X又
はY方向の切り線5又は6のみを形成するようにしても
よく、また、必ずしも等間隔に形成する必要もなく、目
的のガラス板が得られるように所望の間隔で切り線を形
成してもよく、更に、X方向の切り線形成に際しては往
動Aの際に用いたカッタホイール7を、Y方向の切り線
形成に際しても往動Aの際に用いたが、これに代えて、
Y方向の切り線形成に際しては復動Bの際に用いてもよ
いのは勿論である。
【0029】また前記では、回転装置22を、ロータリ
エアシリンダ装置74を具備したもので実施したが、こ
れに代えて、図9に示すように、固定子111と、固定
子111に同心に配されており、固定子111に軸受1
12を介して回転自在に取り付けられた回転子113と
を具備した電動モータ114により回転装置22を実施
してもよく、この場合、固定子111を、可動台23に
固定されたブラケット115に取り付け、回転子113
にブラケット51及び52を取り付け、回転子113の
R方向の回転でブラケット51及び52を介してカッタ
ホイール7及び8をX−Y平面内で回転させるようにす
る。
【0030】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、往動、復
動毎にガラス板の切り線形成表面に直交する軸の周りで
カッタを回転させる必要がなく、而して、往動、復動毎
のカッタの位置ずれ及び切り線形成態様の変化等をなく
すことができる上に、高速に多数のガラス板を形成する
ことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の好ましい一実施例の平面図である。
【図2】図1に示すカッタヘッド装置等の一部破断正面
説明図である。
【図3】図1に示すカッタヘッド装置等の一部破断側面
説明図である。
【図4】図3に示すカッタヘッド装置の詳細説明図であ
る。
【図5】図1に示すカッタヘッド装置等の一部破断側面
説明図である。
【図6】図1に示すカッタヘッド装置等の平面拡大説明
図である。
【図7】図1に示す例の動作説明図である。
【図8】図1に示す例の動作説明図である。
【図9】本発明の好ましい他の例の一部説明図である。
【符号の説明】
1 ガラス板のカッタ装置 2 ガラス板 3 載置台 5、6 切り線 7、8 カッタホイール 9 カッタヘッド装置 10 移動装置 21 上下動装置

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ガラス板が載置される載置台と、この載
    置台に載置されたガラス板に切り線を形成する一対のカ
    ッタを備えたカッタヘッド装置と、このカッタヘッド装
    置をガラス板上でX方向及びこのX方向に交差するY方
    向に直線往復動させる移動装置とを具備しており、カッ
    タヘッド装置は、ガラス板にX方向の切り線をY方向に
    離間して順次形成するための移動装置によるX方向の往
    復動において、往動の際には、刃先が当該往動中はX方
    向に配向されるように設けられたカッタを下降させてガ
    ラス板に当接させると共に、復動中は刃先がX方向に配
    向されるように設けられた残るカッタを上昇させてこれ
    のガラス板への当接を解除し、復動の際には、各カッタ
    を前記と逆に上下させる上下動装置とを具備しているガ
    ラス板のカッタ装置。
  2. 【請求項2】 上下動装置は、ガラス板にY方向の切り
    線をX方向に離間して順次形成するための移動装置によ
    るY方向の往復動において、往動の際には、刃先が当該
    往動中はY方向に配向されるように設けられたカッタを
    下降させてガラス板に当接させると共に、復動中は刃先
    がY方向に配向されるように設けられた残るカッタを上
    昇させてこれのガラス板への当接を解除し、復動の際に
    は、各カッタを前記と逆に上下させるようになってお
    り、カッタヘッド装置は、一対のカッタをX−Y平面内
    で回転させる回転装置を更に具備している請求項1又は
    2に記載のガラス板のカッタ装置。
  3. 【請求項3】 カッタヘッド装置は、両カッタ及び上下
    動装置が搭載されて、移動装置により直線往復動される
    共通の可動台を具備している請求項1又は2に記載のガ
    ラス板のカッタ装置。
  4. 【請求項4】 カッタヘッド装置は、両カッタ、上下動
    装置及び回転装置が搭載されて、移動装置により直線往
    復動される共通の可動台を具備している請求項2に記載
    のガラス板のカッタ装置。
  5. 【請求項5】 上下動装置は、各カッタについて空気ば
    ね装置と機械ばね装置とを具備しており、各空気ばね装
    置は、圧縮空気の供給により対応のカッタを下降させ、
    各機械ばね装置は、対応の空気ばね装置からの圧縮空気
    の排出により対応のカッタを上昇させるように、それぞ
    れ構成されている請求項1から4のいずれか一項に記載
    のガラス板のカッタ装置。
  6. 【請求項6】 両カッタは、回転自在なカッタホイール
    からなる請求項1から5のいずれか一項に記載のガラス
    板のカッタ装置。
  7. 【請求項7】 カッタヘッド装置は、各カッタについ
    て、X−Y平面に直交するZ軸の周りであって、微小角
    度範囲内で回転自在なカッタブロックを具備しており、
    一対のカッタのそれぞれは、Z軸からX−Y平面方向に
    おいて変位してガラス板に当接するように、対応のカッ
    タブロックに取り付けられている請求項1から6のいず
    れか一項に記載のガラス板のカッタ装置。
  8. 【請求項8】 カッタヘッド装置を往復動させて、載置
    台に載置されたガラス板に、カッタヘッド装置により互
    いに平行な直線的な切り線を形成するガラス板のカッタ
    装置であって、カッタヘッド装置は、往動用のカッタと
    復動用のカッタとを具備してなるガラス板のカッタ装
    置。
JP9335796A 1996-03-22 1996-03-22 ガラス板のカッタ装置 Pending JPH09255350A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9335796A JPH09255350A (ja) 1996-03-22 1996-03-22 ガラス板のカッタ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9335796A JPH09255350A (ja) 1996-03-22 1996-03-22 ガラス板のカッタ装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09255350A true JPH09255350A (ja) 1997-09-30

Family

ID=14080035

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9335796A Pending JPH09255350A (ja) 1996-03-22 1996-03-22 ガラス板のカッタ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09255350A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002020133A (ja) * 2000-07-03 2002-01-23 Mitsuboshi Diamond Industrial Co Ltd マルチスクライブヘッドによるスクライブ法およびスクライバー
WO2002081392A1 (fr) * 2001-04-02 2002-10-17 Mitsuboshi Diamond Industrial Co., Ltd. Mollette de coupe, dispositif et procede d'utilisation de la mollette de coupe, procede permettant de diviser un substrat lamine, et procede et dispositif permettant de fabriquer la mollette de coupe
WO2003040049A1 (fr) * 2001-11-08 2003-05-15 Sharp Kabushiki Kaisha Procede et dispositif destines a diviser un substrat de verre, panneau a cristaux liquides et dispositif de fabrication de panneau a cristaux liquides
CN106186655A (zh) * 2016-08-26 2016-12-07 浙江卡莎罗新型装饰材料有限公司 一种新型玻璃分切装置

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002020133A (ja) * 2000-07-03 2002-01-23 Mitsuboshi Diamond Industrial Co Ltd マルチスクライブヘッドによるスクライブ法およびスクライバー
JP4509316B2 (ja) * 2000-07-03 2010-07-21 三星ダイヤモンド工業株式会社 マルチスクライブヘッドによるスクライブ法およびスクライバー
WO2002081392A1 (fr) * 2001-04-02 2002-10-17 Mitsuboshi Diamond Industrial Co., Ltd. Mollette de coupe, dispositif et procede d'utilisation de la mollette de coupe, procede permettant de diviser un substrat lamine, et procede et dispositif permettant de fabriquer la mollette de coupe
JPWO2002081392A1 (ja) * 2001-04-02 2004-07-29 三星ダイヤモンド工業株式会社 カッターホイール及びそのカッターホイールを用いたスクライブ装置、スクライブ方法及び貼り合わせ基板の分断方法、並びにカッターホイールを製造するカッターホイール製造方法と製造装置
WO2003040049A1 (fr) * 2001-11-08 2003-05-15 Sharp Kabushiki Kaisha Procede et dispositif destines a diviser un substrat de verre, panneau a cristaux liquides et dispositif de fabrication de panneau a cristaux liquides
US7553390B2 (en) 2001-11-08 2009-06-30 Sharp Kabushiki Kaisha Method and device for parting glass substrate, liquid crystal panel, and liquid crystal panel manufacturing device
US7990495B2 (en) 2001-11-08 2011-08-02 Sharp Kabushiki Kaisha Liquid crystal panel having polarizer plates on both surfaces thereof
CN106186655A (zh) * 2016-08-26 2016-12-07 浙江卡莎罗新型装饰材料有限公司 一种新型玻璃分切装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2246309B1 (en) Processing machine of plate glass
EP1834930B1 (en) Device for processing glass panes
CN100450764C (zh) 连续板材的切断方法
WO1991011399A1 (en) Machine for working glass plate
KR960013524B1 (ko) 유리판 절단기계
JPH09255350A (ja) ガラス板のカッタ装置
JPH0624779A (ja) ガラス板の折割機械
US6766723B2 (en) Multiaxis punch device
JP2540439B2 (ja) レリ―フ状陶板の製造方法とその製造装置
JP2970117B2 (ja) ガラス板の折り割り機械
JP2002052416A (ja) ブランク材切出し方法及び装置
JP2814712B2 (ja) ガラス板の折割装置
JPH09124330A (ja) ガラス板の加工方法及び装置
JP2006321150A (ja) スクリーン印刷装置および印刷方法
JP2698510B2 (ja) トリミング方法およびトリミング装置
JPH08103910A (ja) 基板の切断方法および装置
JPH05310437A (ja) 硝子板の切断方法及びその装置
CN216990085U (zh) 一种剪板机
JP3129277B2 (ja) ガラス板の折り割り機械
JP3512157B2 (ja) Ncルータの吸着テーブル
KR0184524B1 (ko) 유리판의 가공기계
JP2000302467A (ja) ガラス板の折割装置
JPH05229840A (ja) ガラス板の加工装置
JPH0710708Y2 (ja) 自動玉縁縫製機におけるコーナーメス作動機構
JPH09155677A (ja) パレット供給排出装置及びパレット移送コンベア装置