JPH09233428A - デジタル放送受信端末装置 - Google Patents

デジタル放送受信端末装置

Info

Publication number
JPH09233428A
JPH09233428A JP8065464A JP6546496A JPH09233428A JP H09233428 A JPH09233428 A JP H09233428A JP 8065464 A JP8065464 A JP 8065464A JP 6546496 A JP6546496 A JP 6546496A JP H09233428 A JPH09233428 A JP H09233428A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
program
information
configured
programs
packet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP8065464A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3146969B2 (ja
Inventor
Takeshi Oishi
Tomoyuki Shindo
Yutaka Tanaka
剛士 大石
豊 田中
朋行 進藤
Original Assignee
Victor Co Of Japan Ltd
日本ビクター株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Victor Co Of Japan Ltd, 日本ビクター株式会社 filed Critical Victor Co Of Japan Ltd
Priority to JP06546496A priority Critical patent/JP3146969B2/ja
Priority claimed from US08/810,994 external-priority patent/US5909257A/en
Publication of JPH09233428A publication Critical patent/JPH09233428A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3146969B2 publication Critical patent/JP3146969B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 記録再生されたデジタルデータのビットスト
リームの信号処理が可能なデジタル放送受信端末装置を
提供する。 【解決手段】 デジタル復調及び誤り訂正部2から出力
された複数の番組情報のすべてを含んでいるデジタルデ
ータのビットストリーム中から視聴者が選択した複数の
受信希望の番組と対応するデジタルデータのビットスト
リームを、記録再生装置16の記録媒体に記録させた後
に再生したデジタルデータのビットストリームに対する
番組情報解析部4における番組情報の解析結果が、PA
Tのプログラムに対応しているPMTの内で存在が確認
されないものがあった場合には、入力されたデジタルデ
ータのビットストリームにおける複数の番組についての
番組仕様情報のPAT(番組情報)の内容を、番組情報
解析部4によって存在が確認されたPMT(番組対応
表)と対応するプログラムだけについての内容を有する
PATに修正する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、複数の番組につい
ての番組仕様情報を含んで構成されているパケットと、
個別の番組の内容自体の情報を含んで構成されているパ
ケットとが少なくとも含まれているパケットを時分割多
重化してなるデジタルデータのビットストリームに基づ
いて得たデジタル放送波を受信するデジタル放送受信端
末装置、特に、受信したデジタル放送波を復調して得た
デジタルデータのビットストリームから、受信対象番組
の情報を含んで構成されているパケットを選択して、そ
れを番組仕様情報を含んで構成されているパケットとと
もに記録再生装置で記録し再生して得たデジタルデータ
のビットストリームの信号処理も行なえるようにしたデ
ジタル放送受信端末装置に関する。

【0002】

【従来の技術】それぞれ高能率圧縮された複数の番組の
デジタルデータを時分割多重化した状態でデジタル放送
波とし、通信衛星を用いて放送するようにしたデジタル
通信衛星放送は、既に一部の国において実用されている
他に、我国においても実用化に向けての各種の技術的な
検討が行なわれている。前記のデジタル通信衛星放送で
は、各種の番組(プログラム)を、例えばMPEM2エ
ンコーダで高能率圧縮して、188バイトのデータ量を
有するトランスポート・パケット(TP)とし、前記の
トランスポート・パケットを時分割多重化したトランス
ポート・ストリーム(TS)を、トランスポンダ(衛星
中継器)の個数だけ並列的に伝送させるようにしてい
る。

【0003】したがって、多数の番組を略々同時的に送
っている状態のデジタル放送波を受信したデジタル通信
衛星放送の視聴者は、受信可能な多数の番組中から受信
を希望する番組を選択(選局)して受信動作を行なうよ
うにしなければならないが、MPEGでは前記した番組
の選択動作(選局動作)を容易とするために、複数の番
組についての番組仕様情報(プログラム仕様情報…Pro
gram Specific Information←PSI)を含んで構成
されているパケットを設けるようにしてある。そして、
前記の複数の番組についての番組仕様情報を含んで構成
されているパケットと、個別の番組の内容自体の情報を
含んで構成されているパケットとが少なくとも含まれて
いるパケットを時分割多重化してなるデジタルデータの
ビットストリームに基づいて得たデジタル放送波を送信
側から受信側に送るようにし、前記のデジタル放送波を
受信したデジタル放送受信端末装置(セット トップボ
ックス…STB)では、前記した複数の番組についての
番組仕様情報を含んで構成されているパケットの情報も
有効に利用して、受信希望の番組の選択(選局)が容易
に行なわれるようにしている。

【0004】図10はそれぞれ188バイトのトランス
ポート・パケット(TP)からなるMPEG2トランス
ポート・ストリーム(TS)の構成例と、トランスポー
ト・パケットの構成例とを示している。図10中に示し
てあるトランスポート・パケットにおける主な部分につ
いて説明すると次のとおりである。まず、8ビットの同
期バイトは、復号器がトランスポート・パケットの先頭
を検出するために使用されるデータであり、また、1ビ
ットの誤り表示は、このトランスポート・パケットのビ
ット・エラーの有無を示している。さらに、13ビット
のPID(パケット識別子)はストリーム識別情報であ
り、該当パケットの個別ストリームの属性を示してお
り、例えば、前記の13ビットのPIDが「0」である
ようなトランスポート・パケットは、図11を参照して
後述されているPAT(プログラム・アソシエーション
・テーブル)であることを示す。

【0005】既述した複数の番組についての番組仕様情
報(PSI)を含んで構成されているパケットと、個別
の番組の内容自体の情報を含んで構成されているパケッ
トとが少なくとも含まれているパケットを時分割多重化
してなるデジタルデータのビットストリームに基づいて
得たデジタル放送波を受信するデジタル放送受信端末装
置(STB)は、図5に例示してあるようにチューナ部
1と、デジタル復調及び誤り訂正部2と、メモリ及びコ
ンピュータを含んで構成されているシステム制御部3
と、番組情報解析部4と、デ・マルチプレクサ5と、映
像及び音響のMPEGデコーダ(デコーダ)6と、選択
情報入力部7等を備えて構成されている。アンテナ9で
受波したデジタル放送波が入力されたデジタル放送受信
端末装置STBでは、デジタル放送波をチューナ部1で
増幅し、周波数変換した後に、デジタル復調及び誤り訂
正部2に与えて、そこでデジタル復調されたデジタルデ
ータのビットストリームが誤り訂正される。

【0006】そして、誤り訂正が行なわれたデジタルデ
ータのビットストリームは、デ・マルチプレクサ5と番
組情報解析部4とに与えられる。前記の番組情報解析部
4では、誤り訂正が行なわれた後のデジタルデータのビ
ットストリームにおける複数の番組についての番組仕様
情報に関連して得た番組の表題情報を加算器8と出力端
子10とを介して図示されていないディスプレイに供給
する。視聴者が前記したディスプレイの表示面上に表示
された番組の表題情報を見て、受信を希望する番組を選
択し、前記の選択した受信対象番組を受信できるように
するための情報を選択情報入力部7に設定すると、デジ
タル放送受信端末装置STBにおけるシステム制御部3
では、前記の選択された受信対象番組の情報を含んで構
成されているパケットだけが、デ・マルチプレクサ5を
介してデコーダ6に供給されるようにする。

【0007】前記のデコーダ(映像及び音響のMPEG
デコーダ)6では、それに供給された映像情報のパケッ
ト及び音声情報のパケットのデジタルデータについての
復号動作を行なって、復号された映像信号と音声信号と
を加算器8を介して出力させる。このようにデジタル放
送受信端末装置STBでは、デジタル放送受信端末装置
STBで受信された複数の番組の内から視聴者が選択し
た特定な1つの番組の映像信号と音声信号とを出力させ
ることができる。また、前記のデジタル放送受信端末装
置STBから出力された特定な1つの番組の映像信号と
音声信号とは、従来からアナログ信号形態の映像信号の
記録再生を行なうための記録再生装置として世界的に広
く使用されて来ているヘリカル・スキャン型のビデオ・
カセット・レコーダ(VCR)あるいはビデオテープレコ
ーダ(VTR)を用いて、必要に応じて記録し再生する
ことができることはいうまでもない。

【0008】ところで、前記したデジタル放送受信端末
装置STBで受信しているデジタル放送波は、既述した
ように複数の番組についての番組仕様情報を含んで構成
されているパケットと、個別の番組の内容自体の情報を
含んで構成されているパケットとが少なくとも含まれて
いるパケットを時分割多重化してなるデジタルデータの
ビットストリームに基づいて得たデジタル放送波であっ
て、前記のデジタル放送受信端末装置STBにおけるデ
ジタル復調及び誤り訂正部2から出力されるデジタルデ
ータのビットストリームは、送信側から送信されて来た
複数の番組情報のすべてを含んでいるが、従来のデジタ
ル放送受信端末装置STBでは、視聴者が選択した特定
な1つの番組以外にも受信希望の他の番組があったとし
ても、同時に複数の番組を復号して出力させることがで
きないために、視聴者が選択した特定な1つの番組以外
の番組のデジタルデータのビットストリームは利用され
ることがなかった。前記の点は、例えばデジタル放送受
信端末装置STBに、受信希望の複数の番組の個々のも
の毎にデコーダを設けて、前記の各デコーダによって復
号された個別の信号を個別の記録装置で記録させるよう
にすることによっても解決できるが、前記のような解決
手段は、装置の構成が複雑化し、またコスト高になるた
めに到底採用することができない。

【0009】ところで、既述したアナログ信号形態の映
像信号の記録再生を行なうための記録再生装置として世
界的に広く使用されて来ているヘリカル・スキャン型の
ビデオ・カセット・レコーダ(VCR)あるいはビデオテ
ープレコーダ(VTR)が、デジタル機器におけるデジ
タルデータ用の大容量のメモリとしても実用できるとい
う点に着目して、最近になってS−VHS(登録商標)
方式のVCRの機構部をそのまま使用して、現行のVH
S方式との互換性を有するとともに、デジタル・インタ
ーフェースを介して供給されたデジタルデータのビット
ストリームをも記録再生できるようにしたD−VHS方
式のVCRが提案された。そして、前記のD−VHS方
式のVCRは、前述のようにデジタルデータのビットス
トリームの記録再生を行なうことができるものであるこ
とから、前記したデジタル通信衛星放送によるデジタル
放送波を受信したデジタル放送受信端末装置STB中の
デジタル復調及び誤り訂正部2から出力された複数の番
組情報のすべてを含んでいるデジタルデータのビットス
トリーム中から、受信希望の複数の番組と対応するデジ
タルデータのビットストリームを選択して記録再生する
ようにすれば、前記した諸問題点が良好に解決できるの
ではないかと考えた。

【0010】

【発明が解決しようとする課題】しかし、従来のデジタ
ル放送受信端末装置STBにおける番組の選択動作は、
図6に例示してあるフローチャートにおける順次のステ
ップに従って行なわれているので、前記のようにデジタ
ル復調及び誤り訂正部2から出力された複数の番組につ
いての番組仕様情報を含んで構成されているパケット
と、個別の番組の内容自体の情報を含んで構成されてい
るパケットなどを含んでいるデジタルデータのビットス
トリーム中から、複数の番組についての番組仕様情報を
含んで構成されているパケットと受信希望の1つ以上の
番組と対応するパケットを選択して記録して記録済み磁
気テープを得て、その記録済み磁気テープから再生した
デジタルデータのビットストリームをデジタル放送受信
端末装置STBに供給しても、正常な再生動作を行ない
得なかった。

【0011】前記の点を具体的に説明すると次のとおり
である。まず、デジタル放送受信端末装置STBで受信
するデジタル放送波が、各種の番組(プログラム)をM
PEM2エンコーダで高能率圧縮し、それぞれ188バ
イトのデータ量を有するトランスポート・パケット(T
P)とし、前記のトランスポート・パケットを時分割多
重化したトランスポート・ストリーム(TS)を、トラ
ンスポンダ(衛星中継器)の個数だけ並列的に伝送して
いるものであったとし、また、番組の選択動作(選局動
作)を容易とするために送信側から送出している情報、
すなわち複数の番組についての番組仕様情報(プログラ
ム仕様情報…Program Specific Information←PS
I)を含んで構成されているパケットとしては、図11
に例示してあるPAT(プログラム・アソシエーション
・テーブル←番組表)を含んで構成されているパケット
や、図12に例示してあるPMT(プログラム・マップ・
テーブル←番組対応表)を含んで構成されているパケッ
トであったとする。

【0012】前記した図11に示されているPATや図
12に示されているPMTは、図10中に示してあるト
ランスポート・パケット中におけるペイロード(情報)
として示されている領域中に構成されるのであり、ま
た、個別の番組の内容自体の情報を含んで構成されてい
るパケットでは、図10中に示してあるトランスポート
・パケット中におけるペイロード(情報)として示され
ている領域中に、個別の番組の内容自体の情報(映像情
報,音声情報)が設けられるのである。図7は、図5に
示されている従来のデジタル放送受信端末装置STB
が、図6に例示してあるフローチャートにおける順次の
ステップに従って番組の選択動作を行なう状態を判り易
く図示説明している図である。

【0013】まず、図7の(a)は、図10に示してあ
るトランスポート・パケットにおける13ビットのPI
D(パケット識別子)が「0」であるようなパケット、
すなわち、図10中に示してあるトランスポート・パケ
ット中におけるペイロード(情報)として示されている
領域中に図11に示されているPATが構成されている
ようなトランスポート・パケットTP(PAT)[図7
の(a)の上方に記載してあるPIDの数値が00であ
るトランスポート・パケット]と、図10中に示してあ
るトランスポート・パケット中におけるペイロード(情
報)として示されている領域中に図12に示されている
PMTが構成されているようなトランスポート・パケッ
トTP(PMT)[図7の(a)の上方に記載してある
PIDの数値が05,07,09であるトランスポート
・パケット]と、図10中に示してあるトランスポート
・パケット中におけるペイロード(情報)として示され
ている領域中に個別の番組の内容自体の情報を含んで構
成されているトランスポート・パケットTP[図7の
(a)の上方に記載してあるPIDの数値が10,1
1,12…32であるトランスポート・パケット]が、
時分割多重化された状態で時間軸上に配列されている状
態を模式的に示した図である。

【0014】また、図7の(b)は、1つのトランスポ
ンダ(衛星中継器)で扱っている番組が3個(3個のプ
ログラム)であったとした場合を例にとり、前記したP
AT(番組表)の内容を説明している図であって、この
図では、1つのトランスポンダ(衛星中継器)で扱って
いる全部(設例では3個)のプログラム#1〜#3のそ
れぞれのものについて、個別の番組対応表(PMT)が
存在しているトランスポート・パケットのPIDの数値
として、プログラム#1のPMTが存在しているトラン
スポート・パケットはPIDの数値が05であるトラン
スポート・パケットであり、また、プログラム#2のP
MTが存在しているトランスポート・パケットはPID
の数値が07であるトランスポート・パケットであり、
さらにプログラム#3のPMTが存在しているトランス
ポート・パケットはPIDの数値が09であるトランス
ポート・パケットである、という内容のPATを例示し
てある。

【0015】次に、図7の(c)〜(e)の各図は、前
記した図7の(b)に例示したPAT(番組表)におい
て、各プログラム#1〜#3のそれぞれのものについて
の個別の番組対応表(PMT)が存在しているとして指
示されているPIDの数値を有するトランスポート・パ
ケット中のペイロード(情報)として示されている領域
中に構成されているPMT(番組対応表)を例示したも
のであり、例えば図7の(c)は、前記した図7の
(b)に例示したPAT(番組表)中において、プログ
ラム#1についての番組対応表(PMT)が存在すると
して示されている数値05を有するPIDを備えている
トランスポート・パケット中のペイロード(情報)の領
域に構成されているPMT(番組対応表)である。

【0016】また例えば図7の(d)は、前記した図7
の(b)に例示したPAT(番組表)中において、プロ
グラム#2についての番組対応表(PMT)が存在する
として示されている数値07を有するPIDを備えてい
るトランスポート・パケット中のペイロード(情報)の
領域に構成されているPMT(番組対応表)であり、同
様にして、図7の(e)は、前記した図7の(b)に例
示したPAT(番組表)中において、プログラム#3に
ついての番組対応表(PMT)が存在するとして示され
ている数値09を有するPIDを備えているトランスポ
ート・パケット中のペイロード(情報)の領域に構成さ
れているPMT(番組対応表)である。

【0017】各プログラム#1〜#3の個別のものと対
応して、図7の(b)に例示してあるPAT(番組表)
で指定されているPIDを有するトランスポート・パケ
ット中のペイロード(情報)の領域に構成されているP
MT(番組対応表)には、そのPMTで取扱っている特
定な1つの番組における音声情報,映像情報,PCR
(プログラム時刻基準参照値)等の情報が存在している
トランスポート・パケットのPIDの数値が示されてい
る。すなわち、例えば、図7の(b)に例示してあるP
AT(番組表)によって、プログラム#1のPMT(番
組対応表)が、トランスポート・パケット中のペイロー
ド(情報)の領域に構成されているとされていたPID
の数値が05のトランスポート・パケットにおけるペイ
ロード(情報)の領域には、図7の(c)に例示されて
いるように、プログラム#1の番組における音声情報,
映像情報,PCR(プログラム時刻基準参照値)等の情
報が存在しているトランスポート・パケットが、それぞ
れ特定な数値のPID[図7の(c)中に示されている
PID10,PID11,PID12,PID15]に
よって指示するようなPMTが構成されている。

【0018】また図7の(b)に例示してあるPAT(番
組表)によって、プログラム#2のPMT(番組対応
表)が、トランスポート・パケット中のペイロード(情
報)の領域に構成されているとされていたPIDの数値
が07のトランスポート・パケットにおけるペイロード
(情報)の領域には、図7の(d)に例示されているよ
うに、プログラム#2の番組における音声情報,映像情
報,PCR(プログラム時刻基準参照値)等の情報が存
在しているトランスポート・パケットが、それぞれ特定
な数値のPID[図7の(d)中に示されているPID
20,PID21,PID22,PID25]によって
指示するようなPMTが構成されており、さらに、図7
の(b)に例示してあるPAT(番組表)によって、プロ
グラム#3のPMT(番組対応表)が、トランスポート
・パケット中のペイロード(情報)の領域に構成されて
いるとされていたPIDの数値が09のトランスポート
・パケットにおけるペイロード(情報)の領域には、図
7の(e)に例示されているように、プログラム#2の
番組における音声情報,映像情報,PCR(プログラム
時刻基準参照値)等の情報が存在しているトランスポー
ト・パケットが、それぞれ特定な数値のPID[図7の
(d)中に示されているPID30,PID31,PI
D32,PID35]によって指示するようなPMTが
構成されている。

【0019】さて、図5に例示してある従来のデジタル
放送受信端末装置STBにおいて、アンテナ9で受波し
たデジタル放送波を既述のようにチューナ部1で増幅
し、周波数変換した後に、デジタル復調及び誤り訂正部
2においてデジタル復調し、誤り訂正が行なわれた状態
のデジタルデータのビットストリームが供給された番組
情報解析部4では、まず、図6のフローチャートにおけ
るステップ(1)のように、デジタルデータのビットス
トリームにおける複数の番組についての番組仕様情報を
含んで構成されているトランスポート・パケット、すな
わち、図10中に示してあるトランスポート・パケット
中におけるペイロード(情報)として示されている領域
中に図11に示されているPATが構成されているよう
なトランスポート・パケットTP(PAT)[図7の
(a)の上方に記載してあるPIDの数値が00である
トランスポート・パケット]を抽出して、その抽出した
トランスポート・パケット中におけるペイロード(情
報)の領域に存在しているPAT(番組表)の情報を得
る。

【0020】ステップ(2)では、PAT(番組表)に
示されている各プログラムに対応しているPMT(番組
対応表)を含んで構成されているトランスポート・パケ
ットを抽出し、ステップ(3)で、PAT(番組表)に
示されている各プログラムに対応していすべてのPMT
(番組対応表)に関する処理が終了したかどうかをみ
て、YESの場合にはステップ(5)に進み、また、N
Oの場合にはステップ(1)に戻る。次いで、ステップ
(5)では番組の表題情報をディスプレイに供給して番
組の表題を表示させ、ステップ(6)では視聴者がディ
スプレイ上に表示された番組の表題を見て受信を希望す
る番組を選択して、受信希望の番組選択情報を入力部に
設定する。ステップ(7)ではシステム制御部が、前記
した受信希望の番組の情報を含んで構成されているパケ
ットを指定して、デ・マルチプレクサが前記した受信希
望の番組の情報を含んで構成されているパケットだけが
デコーダに供給されるようにする。ステップ(8)で
は、前記した受信希望の番組のデジタルデータを復号し
て再生信号を出力する。

【0021】ところで、図6のフローチャート中の順次
の各ステップに従って行なわれる前記のようなデジタル
放送受信端末装置の受信動作は、デジタル放送受信端末
装置における番組情報解析部4に供給されているデジタ
ルデータのビットストリーム中に、複数の番組について
の番組仕様情報を示しているPAT(番組表)に示され
ているすべてのプログラムと対応しているPMT(番組
対応表)が含まれている場合には円滑に行なわれるが、
デジタル放送受信端末装置における番組情報解析部4に
供給されるデジタルデータのビットストリーム中に、複
数の番組についての番組仕様情報を示しているPAT
(番組表)に示されているプログラムの一部のプログラ
ムと対応するPMT(番組対応表)だけが含まれている
場合には、既述したステップ(1)〜(4)の動作が繰
返えして行なわれ、ステップ(4)からステップ(5)
に進むことがないから、デジタル放送受信端末装置では
番組情報を復号して出力させることができないことにな
る。

【0022】デジタル放送受信端末装置が、アンテナ9
によって受波したデジタル放送波についての受信動作を
行なっている場合には、デジタル放送受信端末装置にお
けるデジタル復調及び誤り訂正部2から出力されて、番
組情報解析部4に供給されているデジタルデータのビッ
トストリームが、複数の番組についての番組仕様情報を
示しているPAT(番組表)に示されているすべてのプ
ログラムと対応しているPMT(番組対応表)を含んで
いる状態になっているから、デジタル放送受信端末装置
の動作は正常に行なわれるのであるが、デジタル復調及
び誤り訂正部2から出力された複数の番組についての番
組仕様情報を含んで構成されているパケットと、個別の
番組の内容自体の情報を含んで構成されているパケット
などを含んでいるデジタルデータのビットストリーム中
から、複数の番組についての番組仕様情報を含んで構成
されているパケットと受信希望の1つ以上の番組と対応
するパケットを選択して記録して記録済み磁気テープを
得て、その記録済み磁気テープから再生したデジタルデ
ータのビットストリームがデジタル放送受信端末装置S
TBに供給されたような場合には、デジタル放送受信端
末装置における番組情報解析部4に供給されるデジタル
データのビットストリーム中に、複数の番組についての
番組仕様情報を示しているPAT(番組表)に示されて
いるプログラムの一部のプログラムと対応するPMT
(番組対応表)だけが含まれている状態になっているた
めに、既述のようにステップ(1)〜(4)の動作が繰
返えして行なわれるだけで、ステップ(4)からステッ
プ(5)に進むことがなく、デジタル放送受信端末装置
では番組情報を復号して出力させることができないこと
になるのである。それで、前記の問題点に対する解決策
が求められた。

【0023】

【課題を解決するための手段】本発明は複数の番組につ
いての番組仕様情報を含んで構成されているパケット
と、個別の番組の内容自体の情報を含んで構成されてい
るパケットとが少なくとも含まれているパケットを多重
化してなるデジタルデータのビットストリームに基づい
て得たデジタル放送波を受信するデジタル放送受信端末
装置であって、受信したデジタル放送波を復調してデジ
タルデータのビットストリームを得る復調手段と、前記
の復調手段で得たデジタルデータのビットストリームか
ら、複数の番組についての番組仕様情報に関連して得た
番組の表題情報を得る手段と、前記した番組の表題情報
に基づいて行なわれた受信対象番組の選択結果の情報を
設定する入力手段と、前記の選択された受信対象番組の
情報を含んで構成されているパケットだけを選択し、そ
れをデコーダに与える手段と、複数の番組についての番
組仕様情報を含んで構成されているパケットと、前記の
選択された受信対象番組の情報を含んで構成されている
パケットとを外部の記録再生装置に出力させることがで
きるようにする手段と、外部の記録再生装置から出力さ
れた複数の番組についての番組仕様情報を含んで構成さ
れているパケットと、前記の選択された受信対象番組の
情報を含んで構成されているパケットによる再生対象番
組の情報を含んで構成されているパケットとが入力され
たときには、前記した複数の番組についての番組仕様情
報を含んで構成されているパケットにおける番組仕様情
報の内容を、選択された受信対象番組の情報を含んで構
成されているパケットによる再生対象番組についての番
組仕様情報だけに修正させる手段とを備えてなるデジタ
ル放送受信端末装置、及び複数の番組についての番組仕
様情報を含んで構成されているパケットと、個別の番組
の内容自体の情報を含んで構成されているパケットとが
少なくとも含まれているパケットを多重化してなるデジ
タルデータのビットストリームに基づいて得たデジタル
放送波を受信するデジタル放送受信端末装置であって、
受信したデジタル放送波を復調してデジタルデータのビ
ットストリームを得る復調手段と、前記の復調手段で得
たデジタルデータのビットストリームから、複数の番組
についての番組仕様情報に関連して得た番組の表題情報
を得る手段と、前記した番組の表題情報に基づいて行な
われた受信対象番組の選択結果の情報を設定する入力手
段と、前記の選択された受信対象番組の情報を含んで構
成されているパケットだけを選択し、それをデコーダに
与える手段と、複数の番組についての番組仕様情報を含
んで構成されているパケットと、前記の選択された受信
対象番組の情報を含んで構成されているパケットとを外
部の記録再生装置に出力させる際に、前記した複数の番
組についての番組仕様情報を含んで構成されているパケ
ットにおける番組仕様情報の内容を、選択された受信対
象番組の情報を含んで構成されているパケットの番組仕
様情報だけに修正して出力させる手段とを備えてなるデ
ジタル放送受信端末装置を提供する。

【0024】

【発明の実施の形態】以下、添付図面を参照して本発明
のデジタル放送受信端末装置の具体的な内容を詳細に説
明する。図1及び図3は本発明のデジタル放送受信端末
装置の構成例を示すブロック図であり、前記の各図に例
示した本発明のデジタル放送受信端末装置(STB)は、
図5を参照して既述した従来のデジタル放送受信端末装
置(STB)と同様に、複数の番組についての番組仕様
情報(PSI)を含んで構成されているパケットと、個
別の番組の内容自体の情報を含んで構成されているパケ
ットとが少なくとも含まれているパケットを時分割多重
化してなるデジタルデータのビットストリームに基づい
て得たデジタル放送波が受信できる機能を備えている。
そして、図1及び図3に示す本発明のデジタル放送受信
端末装置における構成部分と対応している構成部分に
は、図5中で使用している図面符号と同一の図面符号を
付してある。

【0025】図1及び図3に示してあるデジタル放送受
信端末装置STBにおいて、1はチューナ部、2はデジ
タル復調及び誤り訂正部、3はメモリ及びコンピュータ
を含んで構成されているシステム制御部、4は番組情報
解析部、5はデ・マルチプレクサ、6は映像及び音響の
MPEGデコーダ(デコーダ)、7は選択情報入力部、
8は加算器、9はアンテナ、10は出力端子、11は切
換スイッチ、12,15はデジタル・インターフェー
ス、16はデジタルデータのビットストリームが記録再
生できる記録再生装置であり、また図1中において13
は番組情報修正処理部、14は切換スイッチである。そ
して前記した切換スイッチ14の可動接点v1と可動接
点v2とは連動して切換え動作を行なう。また、図3中
において14Sは切換スイッチ、17は加算器、18は
番組情報書換処理部である。

【0026】さて、図1及び図3に示す本発明のデジタ
ル放送受信端末装置STBは、図5及び図6の各図を参
照して既述した従来のデジタル放送受信端末装置STB
と同様に、アンテナ9で受波したデジタル放送波を対象
にして受信希望の1つの番組の選択を行ない、その選択
された1つの番組のデジタルデータをデコーダ6で復号
して出力端子10から出力させることができる他に、デ
ジタル放送受信端末装置STB中のデジタル復調及び誤
り訂正部2から出力された複数の番組情報のすべてを含
んでいるデジタルデータのビットストリーム中から、受
信希望の複数の番組と対応するデジタルデータのビット
ストリームを選択し、前記の選択された複数の番組と対
応するデジタルデータのビットストリームをデジタル・
インターフェースを介して出力させることもできるよう
に構成されている。

【0027】また、本発明のデジタル放送受信端末装置
STBでは、前記のようにデジタル復調及び誤り訂正部
2から出力された複数の番組情報のすべてを含んでいる
デジタルデータのビットストリーム中から視聴者が選択
してデジタル・インターフェースを介してデジタル放送
受信端末装置STBから出力させた複数の受信希望の番
組と対応するデジタルデータのビットストリームを、一
たん記録再生装置の記録媒体に記録させた後に、記録再
生装置によって再生したデジタルデータのビットストリ
ームを入力させて、その入力させた複数の受信希望の番
組と対応するデジタルデータのビットストリームから再
生が希望された特定な番組を選択して復号させることも
できるのである。

【0028】デジタル放送受信端末装置STBの動作モ
ードの設定は、図示されていない操作部の入力装置(例
えばキーボード、あるいはマウス)を介してにシステム
制御部3に動作モード情報を入力することによって行な
われる。例えば、デジタル放送受信端末装置STBが、
アンテナ9で受波したデジタル放送波について、前記の
デジタル放送波に含まれている複数の番組から受信希望
の番組を選択する動作モードに設定された場合には、図
1中の切換スイッチ14の可動接点v1,v2が、固定接
点a1,a2側に切換えられ、また、図3中の切換スイッ
チ14Sの可動接点vが、固定接点a側に切換えられ
る。

【0029】前記のように、デジタル放送受信端末装置
STBが、アンテナ9で受波したデジタル放送波に含ま
れている複数の番組から受信希望の番組を選択する動作
モードに設定された場合には、図1中の切換スイッチ1
4の可動接点v1,v2が、固定接点a1,a2側に切換え
られた状態にされ、また、図3中の切換スイッチ14S
の可動接点vが、固定接点a側に切換えられた状態にさ
れる。そして、アンテナ9で受波したデジタル放送波
は、チューナ部1で増幅され周波数変換された後に、デ
ジタル復調及び誤り訂正部2においてデジタル復調され
るとともにデジタルデータのビットストリームが誤り訂
正されて、図1に示されているデジタル放送受信端末装
置STBでは切換スイッチ14の可動接点v1と固定接
点a1とを介して番組情報解析部4とデ・マルチプレク
サ5とに供給され、また図3に示されているデジタル放
送受信端末装置STBでは切換スイッチ14Sの可動接
点vと固定接点aとを介して番組情報解析部4とデ・マ
ルチプレクサ5とに供給される。

【0030】前記の番組情報解析部4では、誤り訂正が
行なわれた後のデジタルデータのビットストリームにお
ける複数の番組についての番組仕様情報に関連して得た
番組の表題情報を抽出する。すなわち、前記した番組情
報解析部4では、例えば前記したPMT(番組対応表)
を含んで構成させてあるトランスポート・パケット内
に、文字情報の形で備えさせておいた番組の表題情報を
抽出したり、あるいは例えば前記した番組の表題情報を
文字情報の形で備えさせてあるトランスポート・パケッ
トのPIDを、前記したPMT(番組対応表)を含んで
構成させてあるトランスポート・パケットで指示させる
ようにし、前記した番組の表題情報を含んで構成されて
いるとして指示されたトランスポート・パケットから、
文字情報の形で備えさせておいた番組の表題情報を抽出
したりする。前記のようにして、番組情報解析部4によ
って抽出された複数の番組についての番組仕様情報に関
連して得た番組の表題情報は加算器8と出力端子10と
を介して図示されていないディスプレイに供給する。視
聴者が前記したディスプレイの表示面上に表示された番
組の表題情報を見て、受信を希望する番組を選択し、前
記の選択した受信対象番組を受信できるようにするため
の情報を選択情報入力部7に設定すると、デジタル放送
受信端末装置STBにおけるシステム制御部3では、前
記の選択された受信対象番組の情報を含んで構成されて
いるパケットだけが、デ・マルチプレクサ5から出力す
るようにデ・マルチプレクサ5の動作を制御する。

【0031】前記したデ・マルチプレクサ5から出力さ
れたデジタルデータは、切換スイッチ11の可動接点v
に供給されているが、前記した切換スイッチ11の可動
接点vは、デジタル放送受信端末装置STBに設定され
た動作モードに応じて、固定接点a側に切換えられた状
態にされるか、または固定接点b側に切換えられた状態
にされる。図3中の切換スイッチ11では、それの可動
接点vが固定接点a側に切換えられた状態にされている
が、この場合にはデ・マルチプレクサ5から出力された
デジタルデータが、前記した切換スイッチ11の可動接
点vと固定接点aとを介してデコーダ6に供給されてい
る。そして、前記のデコーダ(映像及び音響のMPEG
デコーダ)6では、それに供給された映像情報のパケッ
ト及び音声情報のパケットのデジタルデータについての
復号動作を行なって、復号された映像信号と音声信号と
を加算器8を介して出力端子10に供給して、デジタル
放送受信端末装置STBで受信された複数の番組の内か
ら視聴者が選択した特定な1つの番組の映像信号と音声
信号とを出力端子10から出力させる。

【0032】また、前記した切換スイッチ11の可動接
点vが、図1に示してある放送受信端末装置STB中の
切換スイッチ11のように、可動接点vが固定接点b側
に切換えられた状態にされていた場合には、デ・マルチ
プレクサ5から出力されたデジタルデータのビットスト
リームが、前記した切換スイッチ11の可動接点vと固
定接点bとを介してデジタルインターフェース12に供
給される。そして、前記のデジタルデータのビットスト
リームは、デジタル放送受信端末装置STB側のデジタ
ルインターフェース12から出力されて、記録再生装置
側のデジタルインターフェース15を介して記録再生装
置16に与えられ、記録再生装置16により記録媒体に
記録される。

【0033】前記のように、デジタル放送受信端末装置
STBからデジタルデータのビットストリームを出力さ
せる場合には、誤り訂正が行なわれた後のデジタルデー
タのビットストリームにおける複数の番組についての番
組仕様情報に関連して、番組情報解析部4によって得た
番組の表題情報が加算器8と出力端子10とを介して図
示されていないディスプレイに供給されて、視聴者が前
記のディスプレイの表示面上に表示された番組の表題情
報に基づいて、受信を希望する複数個の番組を選択し、
前記の選択された複数個の受信対象番組を受信できるよ
うにするための情報を選択情報入力部7に設定し、デジ
タル放送受信端末装置STBにおけるシステム制御部3
により、前記の選択された複数個の受信対象番組の情報
を含んで構成されているそれぞれのパケットだけが、デ
・マルチプレクサ5から出力されるようにデ・マルチプ
レクサ5の動作を制御して、複数の受信希望の番組と対
応するデジタルデータのビットストリームを出力させ、
それを記録再生装置によって記録再生させるようにする
こともできるのである。

【0034】そして、前記のようにデジタル放送受信端
末装置STBから出力させたデジタルデータのビットス
トリームを記録させるための記録再生装置としては、例
えば既述したD−VHS方式のVCRを使用することが
できる。前記のD−VHS方式のVCRでは、回転磁気
ヘッドの180度の回転と対応して磁気テープに形成さ
れる1本の記録跡(トラック)に、図13に示すように
マージン領域19、プリアンブル領域20、サブコード
領域21、ポストアンブル領域22、IBG領域23、
プリアンブル領域24、主要データ領域25、ポストア
ンブル領域26、マージン領域27が順次に並ぶような
記録フォーマットによりデジタルデータを記録させてい
る。

【0035】前記した主要データ領域25は、データ領
域と誤り訂正符号領域とにより、全部でシンクブロック
(同期ブロック)番号が0から335までの336シン
クブロックで構成されている。前記の主要データ領域2
5の内で、データ領域は306シンクブロック(6の倍
数)に設定されており、また誤り訂正符号領域は誤り訂
正のための外符号(C3符号)が記録される30シンク
ブロックである。また、図14は前記した主要データ領
域中のシンクブロックの一例フォーマットを示してい
る。図14において28はシンクブロックを再生するた
めの2バイトの同期情報(Sync)領域であり、ま
た、29は3バイトのアドレス情報(ID)領域、30
はヘッダを含む99バイトの実質的なデータ格納領域、
31はシンクブロック情報の誤り訂正のための8バイト
のパリティ領域であり、シンクブロックは112バイト
で構成されている。そして、前記の3バイトのアドレス
情報(ID)領域29は2バイトのID(336シンク
ブロックの識別情報、及び6本の記録跡を区別するため
の識別情報)と1バイトのパリティとによって構成され
ている。

【0036】ところで、デジタル放送受信端末装置ST
Bで受信するデジタル放送波が、既述したように、各種
の番組(プログラム)をMPEM2エンコーダで高能率
圧縮し、それぞれ188バイトのデータ量を有するトラ
ンスポート・パケット(TP)とし、前記のトランスポ
ート・パケットを時分割多重化したトランスポート・ス
トリーム(TS)は、既述した図7の(a)に示すよう
に種々のPIDを有する順次のトランスポート・パケッ
トTP,TP…が時間軸上に並んでいる状態のものであ
り、同様に図16の(a)は、時間軸上に並んでいる順
次のトランスポート・パケットTP,TPが、それぞれ
異なる番組情報を含んで構成されているものであること
を、それぞれ異なる模様を用いて表示している。

【0037】図16の(b)は、前記した図16の(a)
における複数種類の番組のそれぞれ個々の番組内容で構
成されているトランスポート・パケットTP,TP…か
ら、ある1つの特定な番組に関するトランスポート・パ
ケットTP,TP…を選択して抽出した状態を示してお
り、また図16の(c),(e)は、時間測定用の基準の
クロック信号であり、さらに図16の(d)は図16の
(b)に示されている特定な番組に関するトランスポー
ト・パケットTP,TP…に設けたヘッダに、それぞれ
の到着時間の情報(タイムスタンプ)を付けた状態とし
て、記録媒体に記録される特定な番組に関するトランス
ポート・パケットTP,TP…の時間軸上の配置を示し
ている。

【0038】さらにまた図16の(f)は、図16の
(d)に示されているような時間軸上の配置状態で記録
媒体から再生された特定な番組に関するトランスポート
・パケットTP,TP…の時間軸上の位置を、図16の
(e)に示してある時間測定用の基準のクロック信号
と、トランスポート・パケットTP,TP…に設けたヘ
ッダにおける到着時間の情報(タイムスタンプ)とによ
って、本来のトランスポート・パケットTP,TP…の
時間位置に回復させた状態を示している。前記の図16
では、複数種類の番組のそれぞれ個々の番組内容で構成
されているトランスポート・パケットTP,TP…か
ら、ある1つの特定な番組に関するトランスポート・パ
ケットTP,TP…を選択して抽出する場合を示してい
たが、複数種類の番組のそれぞれ個々の番組内容で構成
されているトランスポート・パケットTP,TP…か
ら、複数個の特定な番組に関するトランスポート・パケ
ットTP,TP…を選択して抽出することも容易に実現
できることはいうまでもない。

【0039】既述したD−VHS方式のVCRにおいて
回転磁気ヘッドの180度の回転と対応して磁気テープ
に形成される1本の記録跡(トラック)における記録フ
ォーマットを示す図13中の主要データ領域25には、
図14について既述したように、それぞれ112バイト
からなる主要データ領域のシンクブロックが306個存
在している。そして、1個のトランスポート・パケット
TPは既述のように188バイトであるから、D−VH
S方式のVCRでは図15に示すように、前記した主要
データ領域のシンクブロックの連続する2個のものによ
って、1個のトランスポート・パケットTPと対応させ
るようにしている。

【0040】図15において図面符号28,29,31
等は、図14中で使用している図面符号28,29,3
1等と対応している。図15中に示されている連続する
2個のシンクブロックにおいて、上方に位置している方
のシンクブロックは、99バイトのデータ領域30(図
14参照)の内で、2バイトのヘッダ(メイン・ヘッ
ダ)と、1バイトのエリア(メイン・パケット・エリ
ア)と、4バイトのパケットヘッダ等によって7バイト
が使用されているために残りは92バイトである。ま
た、図15中の下方に位置している方のシンクブロック
は、99バイトのデータ領域30の内で、2バイトのヘ
ッダ(メイン・ヘッダ)と、1バイトのエリア(メイン
・パケット・エリア)とによって3バイトが使用されて
いるために残りは96バイトである。それで、図15中
において図中で網模様が施されている領域は92バイト
と96バイトとの和の188バイトとなり、前記の18
8バイトの領域に対して、1個のトランスポート・パケ
ットTPを配置させることができるのである。

【0041】図1に示すデジタル放送受信端末装置ST
Bは、アンテナ9で受波したデジタル放送波を対象にし
て受信希望の1つの番組の選択を行ない、その選択され
た1つの番組のデジタルデータをデコーダ6で復号して
出力端子10から出力させるような動作を行なう場合、
及びアンテナ9で受波したデジタル放送波を対象にして
受信希望の複数の番組と対応するデジタルデータのビッ
トストリームを選択し、前記の選択された複数の番組と
対応するデジタルデータのビットストリームをデジタル
・インターフェースを介して出力させるような動作を行
なう場合には、切換スイッチ14の2つの可動接点v
1,v2が、固定接点a1,a2に切換えられていて、番組
情報修正処理部13の入出力間は前記した切換スイッチ
14の可動接点v2と固定接点a2とによって短絡された
状態にされているから、番組情報修正処理部13が不動
作の状態にされて、番組情報解析部4の出力が直接にシ
ステム制御部3に供給されることになる。

【0042】それで、図1に示されているデジタル放送
受信端末装置STBが前述したような動作モードで動作
している場合には、受信したデジタル放送波中に含まれ
ていた複数の番組についての番組仕様情報を含んで構成
されているトランスポート・パケット(TP)と、視聴
者によって選択された受信対象番組の情報を含んで構成
されているトランスポート・パケットとが、デ・マルチ
プレクサ5によって抽出されて、デコータ6に供給され
たり、あるいはデジタル・インターフェース12を介し
て出力されることになる。ここで、前記のデジタル放送
受信端末装置STBにおけるデジタル復調及び誤り訂正
部2から出力された、複数の番組についての番組仕様情
報を含んで構成されているトランスポート・パケット
と、個別の番組の内容自体の情報を含んで構成されてい
るトランスポート・パケットなどを含んでいるデジタル
データのビットストリームが、例えば図7の(a)に示
されているものであったとし、またプログラム#1〜#
3の内で、プログラム#1,#2の2つだけが選択され
た場合について、図8を参照して説明すると次のとおり
である。

【0043】デジタル放送受信端末装置STBのデジタ
ル復調及び誤り訂正部2から出力されたデジタルデータ
のビットストリームが、例えば図7の(a)に示されて
いるものであったとすると、前記したデジタル・インタ
ーフェース12を介して出力されて、デジタル・インタ
ーフェース15を介して記録再生装置16で記録媒体に
記録されるPATは、図7の(b)に例示されているよ
うに、プログラム#1〜#3に関する内容を有するPA
Tと同一の内容のPAT、すなわち、もともとのPAT
として図8の(a)に示してある、プログラム#1〜#
3に関する内容を有するPATと同一の内容を有する、
図8の(b)に示されているようなPATとなる。

【0044】ところで、図8の(b)に示されているよ
うなプログラム#1〜#3に関する内容を有するPAT
を含むデジタルデータのビットストリームが記録されて
いる記録媒体から再生されたデジタルデータのビットス
トリームを、図5について既述したような従来のデジタ
ル放送受信端末装置STBにおける番組情報解析部4に
供給した場合に、従来のデジタル放送受信端末装置ST
Bが図6に示されているフローチャートに従った正常な
動作を行なうためには、前記した図8の(b)に示され
ているPATの内容と対応して、記録媒体には図8の
(c)に示されているように、前記のプログラム#1〜
#3と対応して、PIDが05,07,09であるよう
なトランスポート・パケットが記録されていなければな
らないことは既述したとおりである。

【0045】しかし、図8の(b)に示されているよう
なプログラム#1〜#3に関する内容を有するPATを
含むデジタルデータのビットストリームが記録されてい
る記録媒体であっても、既述の設例のようにプログラム
#1〜#3の内のプログラム#1,#2の2つのプログ
ラムだけが視聴者によって選択されていた場合に、記録
媒体に記録されているトランスポート・パケットの内
で、PMT(番組対応表)が存在しているトランスポー
ト・パケットは、視聴者によって選択されたプログラム
#1,#2に対応しているPMTが存在しているトラン
スポート・パケット、すなわち、設例においては図8の
(d)に示されているようにPIDが05,07である
ようなトランスポート・パケットだけが記録されてお
り、記録媒体に記録されているPATに含まれているプ
ログラム#3に対応しているPMTが存在しているトラ
ンスポート・パケット、すなわち、設例においてはPI
Dが09であるようなトランスポート・パケットは記録
されていない。

【0046】前記のように、記録媒体に記録されている
PATに含まれているプログラムに対応しているPMT
が存在しているトランスポート・パケットが記録されて
いない状態のデジタルデータのビットストリームが、図
5を参照して既述した従来のデジタル放送受信端末装置
STBにおける番組情報解析部4に供給した場合には、
図6に示されているフローチャート中のステップ(1)
〜(4)の動作が繰返えして行なわれるだけで、ステッ
プ(4)からステップ(5)に進むことがないために、
従来のデジタル放送受信端末装置では番組情報を復号し
て出力させることができないことは既述したとおりであ
るが、図1に示す本発明のデジタル放送受信端末装置S
TBでは、デジタルインターフェース12を介して入力
されたデジタルデータのビットストリームが、番組情報
解析部4に供給されるような動作モードで動作する際に
は、番組情報修正処理部13によりPATの内容が修正
[前記の設例の場合には図8の(e)に示すような内容
のPATに修正]されるようにしてあるために、図2に
示してあるフローチャートに従って正常に動作して、視
聴者が選択した番組情報を復号して出力させることがで
きるのである。

【0047】さて、図1に示す本発明のデジタル放送受
信端末装置STBが、それの番組情報解析部4に対し、
デジタルインターフェース12を介して入力されたデジ
タルデータのビットストリームが供給されるような動作
モードとされた場合には、システム制御部3からの制御
信号により、切換スイッチ14の可動接点v1,v2が、
固定接点b1,b2側に切換えられ、また、切換スイッチ
11の可動接点vが、固定接点a側に切換えられる。記
録再生装置16から再生されたデジタルデータのビット
ストリームは、記録再生装置16側のデジタルインター
フェース15からデジタル放送受信端末装置STB側の
デジタルインターフェース12とを介して、前記した切
換スイッチ14の固定接点b1に与えられる。

【0048】それで、前記した記録再生装置16から再
生されたデジタルデータのビットストリームは、切換ス
イッチ14の固定接点b1側に切換えられた状態の切換
スイッチ14の可動接点v1から、番組情報解析部4と
デ・マルチプレクサ5とに供給される。前記の番組情報
解析部4では、図2のフローチャートにおけるステップ
(1)のように、それに供給されたデジタルデータのビ
ットストリームにおける複数の番組についての番組仕様
情報をPAT(番組情報)から得て、ステップ(2)に
進み、前記したPATの内容として示されているすべて
のプログラムに対応しているPMT(番組対応表)の存
在を確めて、ステップ(3)においてPATの内容とし
て示されているすべてのプログラムに対応しているPM
T(番組対応表)が存在していることが確認されたら
(YES)ステップ4に進み、また、前記のステップ
(3)においてPATの内容として示されているプログ
ラムに対応しているPMT(番組対応表)の内で存在が
確認されないものがあったら(NO)ステップ5に進
む。

【0049】そして、ステップ5では存在が確認されな
かったPMTに対応するプログラムが無いものとしてス
テップ(6)に進む。前記のステップ(6)では、記録
再生装置16から再生されたデジタルデータのビットス
トリームにおける複数の番組についての番組仕様情報の
PAT(番組情報)の内容を、番組情報解析部4によっ
て存在が確認されたPMT(番組対応表)と対応するプ
ログラムだけについての内容を有するPATに番組情報
修正処理部13で修正してステップ(4)に進む。ステ
ップ(4)では番組の表題情報をディスプレイに供給し
て番組の表題を表示させてステップ(7)に進み、ステ
ップ(7)では視聴者がディスプレイ上に表示された番
組の表題を見て受信を希望する番組を選択して、受信希
望の番組選択情報を入力部に設定する。ステップ(8)
ではシステム制御部が、前記した受信希望の番組の情報
を含んで構成されているパケットを指定して、デ・マル
チプレクサが前記した受信希望の番組の情報を含んで構
成されているパケットだけがデコーダに供給されるよう
にする。ステップ(9)では、前記した受信希望の番組
のデジタルデータを復号して再生信号を出力する。

【0050】すなわち、図1に示す本発明のデジタル放
送受信端末装置STBが、番組情報解析部4に対して、
デジタルインターフェース12を介して入力されたデジ
タルデータのビットストリームを供給している動作モー
ドとされて動作している場合に、番組情報解析部4にお
ける番組情報の解析結果が、PATの内容として示され
ているプログラムに対応しているPMT(番組対応表)
の内で存在が確認されないものがあった場合には、入力
されたデジタルデータのビットストリームにおける複数
の番組についての番組仕様情報のPAT(番組情報)の
内容を、番組情報解析部4によって存在が確認されたP
MT(番組対応表)と対応するプログラムだけについて
の内容を有するPATに番組情報修正処理部13で修正
して、動作が続行できるようにしているのであり、前記
した番組情報修正処理部13におけるPATの内容の修
正を既述した設例について示すと、例えば、入力された
デジタルデータのビットストリームにおける複数の番組
についての番組仕様情報のPAT(番組情報)を示して
いる図8の(b)が、図8の(e)で示されている内容
のPAT(番組情報)に変更されるのである。

【0051】そして、デジタルデータのビットストリー
ムにおける複数の番組についての番組仕様情報に関連し
て得た番組の表題情報が、加算器8と出力端子10とを
介して図示されていないディスプレイに供給される。視
聴者が前記したディスプレイの表示面上に表示された番
組の表題情報を見て、受信を希望する番組を選択し、前
記の選択した受信対象番組を受信できるようにするため
の情報を選択情報入力部7に設定すると、デジタル放送
受信端末装置STBにおけるシステム制御部3では、前
記の選択された受信対象番組の情報を含んで構成されて
いるパケットだけが、デ・マルチプレクサ5から出力す
るようにデ・マルチプレクサ5の動作を制御する。前記
したデ・マルチプレクサ5から出力されたデジタルデー
タは、切換スイッチ11の可動接点vと固定接点aとを
介してデコーダ6に供給され、前記のデコーダ(映像及
び音響のMPEGデコーダ)6において、それに供給さ
れた映像情報のパケット及び音声情報のパケットのデジ
タルデータについての復号動作を行なって、復号された
映像信号と音声信号とが加算器8を介して出力端子10
から出力されることになる。

【0052】図1及び図8等を参照してこれまでに説明
が行なわれてきたデジタル放送受信端末装置STBで
は、アンテナ9で受波したデジタル放送波を対象にして
受信希望の1つの番組の選択を行ない、その選択された
1つの番組のデジタルデータをデコーダ6で復号して出
力端子10から出力させるような動作を行なう場合、及
びアンテナ9で受波したデジタル放送波を対象にして受
信希望の複数の番組と対応するデジタルデータのビット
ストリームを選択して、前記の選択された複数の番組と
対応するデジタルデータのビットストリームをデジタル
・インターフェースを介して出力させるような動作を行
なう場合には、PAT(番組表)の内容はそのままにし
ておき、デジタル放送受信端末装置STBの番組情報解
析部4に対して、デジタルインターフェース12を介し
て入力されたデジタルデータのビットストリームが供給
されるような動作モードとされた場合に、デジタルイン
ターフェース12を介して番組情報解析部4に入力され
たデジタルデータのビットストリームに対する番組情報
解析部4における番組情報の解析結果が、PATの内容
として示されているプログラムに対応しているPMT
(番組対応表)の内で存在が確認されないものがあった
ときに、入力されたデジタルデータのビットストリーム
における複数の番組についての番組仕様情報のPAT
(番組情報)の内容を、番組情報解析部4によって存在
が確認されたPMT(番組対応表)と対応するプログラ
ムだけについての内容を有するPATに番組情報修正処
理部13で修正して、動作が続行できるようにしている
ようにするものであったが、図3に示すデジタル放送受
信端末装置STBは、アンテナ9で受波したデジタル放
送波を対象にして受信希望の1つの番組の選択を行な
い、その選択された1つの番組のデジタルデータをデコ
ーダ6で復号して出力端子10から出力させるような動
作を行なう場合、及びアンテナ9で受波したデジタル放
送波を対象にして受信希望の複数の番組と対応するデジ
タルデータのビットストリームを選択し、前記の選択さ
れた複数の番組と対応するデジタルデータのビットスト
リームをデジタル・インターフェースを介して出力させ
るような動作を行なう場合に、番組情報解析部4におけ
る番組情報の解析結果が、PATの内容として示されて
いるプログラムに対応しているPMTの内で存在が確認
されないものがあった場合には、入力されたデジタルデ
ータのビットストリームにおける複数の番組についての
番組仕様情報のPAT(番組情報)の内容を、番組情報
解析部4によって存在が確認されたPMT(番組対応
表)と対応するプログラムだけについての内容を有する
PATとなるように、番組情報書換処理部18によって
PATの内容を書換えるような構成態様とした本発明の
デジタル放送受信端末装置STBを示している。

【0053】図3に示す本発明のデジタル放送受信端末
装置STBは、アンテナ9で受波したデジタル放送波を
対象にして受信希望の1つの番組の選択を行ない、その
選択された1つの番組のデジタルデータをデコーダ6で
復号して出力端子10から出力させるような動作を行な
う場合、及びアンテナ9で受波したデジタル放送波を対
象にして受信希望の複数の番組と対応するデジタルデー
タのビットストリームを選択し、前記の選択された複数
の番組と対応するデジタルデータのビットストリームを
デジタル・インターフェースを介して出力させるような
動作を行なう場合には、切換スイッチ14Sの可動接点
vが固定接点a側に切換えられ、また、ディジタルイン
ターフェース12を介して入力されるデジタルデータの
ビットストリームが番組情報解析部2及びデ・マルチプ
レクサ5に供給されるようにされるような動作を行なう
場合には、前記の切換スイッチ14Sの可動接点vが固
定接点b側に切換えられる。

【0054】前記の切換スイッチ14Sの可動接点vか
らデジタルデータのビットストリームが供給された番組
情報解析部4では、それの番組情報の解析結果として、
PATの内容として示されているプログラムに対応して
いるPMTの内で存在が確認されないものがあった場合
には、入力されたデジタルデータのビットストリームに
おける複数の番組についての番組仕様情報のPAT(番
組情報)の内容を、番組情報解析部4によって存在が確
認されたPMT(番組対応表)と対応するプログラムだ
けについての内容を有するPATとなるように、番組情
報書換処理部18によってPATの内容を書換える。

【0055】前記の点を具体例を挙げて説明すると、
今、図3のデジタル放送受信端末装置STBにおける切
換スイッチ14Sの可動接点vから出力されたデジタル
データのビットストリームから抽出されたPAT(番組
表)が、図9の(a)に示されているようにプログラム
#1〜#3に関する内容を有するPATであったが、プ
ログラム#1〜#3の内のプログラム#1,#2の2つ
のプログラムだけが視聴者によって選択されていた場合
のように、PMT(番組対応表)が存在しているトラン
スポート・パケットが、図9の(c)に示されているよ
うに、視聴者によって選択されたプログラム#1,#2
に対応しているPMTだけの場合には、番組情報書換処
理部18が、PATの内容を図9の(b)のように書換
えるのである。

【0056】図4は、図3のデジタル放送受信端末装置
STBにおける前記のような動作を説明するためのフロ
ーチャートであり、デジタルデータのビットストリーム
が切換スイッチ14Sの可動接点vから、番組情報解析
部4とデ・マルチプレクサ5とに供給されると、前記の
番組情報解析部4では、図4のフローチャートにおける
ステップ(1)のように、それに供給されたデジタルデ
ータのビットストリームにおける複数の番組についての
番組仕様情報をPAT(番組情報)から得て、ステップ
(2)に進み、ステップ(2)で前記したPATの内容
として示されているすべてのプログラムに対応している
PMT(番組対応表)が存在しているか否かをみて、特
定の番組だけを記録するかどうかを判断し、YESの場
合にはステップ(3)に進んでPAT,PMTなどの記
録が行なわれるようにし、また前記したステップ(2)
における判断がNOの場合にはステップ(4)に進んで
PATの内容を書換えてからステッ値(3)に進んでP
AT,PMTなどの記録が行なわれるようにする。

【0057】このように図3に示す本発明のデジタル放
送受信端末装置STBでは、番組情報解析部4における
番組情報の解析結果が、PATの内容として示されてい
るプログラムに対応しているPMT(番組対応表)の内
で存在が確認されないものがあった場合には、入力され
たデジタルデータのビットストリームにおける複数の番
組についての番組仕様情報のPAT(番組情報)の内容
を、番組情報解析部4によって存在が確認されたPMT
(番組対応表)と対応するプログラムだけについての内
容を有するPATに番組情報書換処理部18で書換える
ようにしているので、デジタルデータのビットストリー
ムにおける複数の番組についての番組仕様情報に関連し
て得た番組の表題情報が、加算器8と出力端子10とを
介して図示されていないディスプレイに供給されて、視
聴者が前記したディスプレイの表示面上に表示された番
組の表題情報を見て、受信を希望する番組を選択し、前
記の選択した受信対象番組を受信できるようにするため
の情報を選択情報入力部7に設定すると、デジタル放送
受信端末装置STBにおけるシステム制御部3では、前
記の選択された受信対象番組の情報を含んで構成されて
いるパケットだけが、デ・マルチプレクサ5から出力す
るようにデ・マルチプレクサ5の動作を制御して、前記
したデ・マルチプレクサ5から出力されたデジタルデー
タが、切換スイッチ11の可動接点vと固定接点aとを
介してデコーダ6に供給され、前記のデコーダ(映像及
び音響のMPEGデコーダ)6において、それに供給さ
れた映像情報のパケット及び音声情報のパケットのデジ
タルデータについての復号動作を行なって、復号された
映像信号と音声信号とが加算器8を介して出力端子10
から出力されることになる。

【0058】

【発明の効果】以上、詳細に説明したところから明らか
なように本発明のデジタル放送受信端末装置は、アンテ
ナで受波したデジタル放送波を対象にして受信希望の1
つの番組の選択を行ない、その選択された1つの番組の
デジタルデータをデコーダで復号して出力端子から出力
させることができる他に、デジタル放送受信端末装置中
のデジタル復調及び誤り訂正部から出力された複数の番
組情報のすべてを含んでいるデジタルデータのビットス
トリーム中から、受信希望の複数の番組と対応するデジ
タルデータのビットストリームを選択し、前記の選択さ
れた複数の番組と対応するデジタルデータのビットスト
リームをデジタル・インターフェースを介して出力させ
ることもできるように構成し、デジタル復調及び誤り訂
正部から出力された複数の番組情報のすべてを含んでい
るデジタルデータのビットストリーム中から視聴者が選
択してデジタル・インターフェースを介してデジタル放
送受信端末装置から出力させた複数の受信希望の番組と
対応するデジタルデータのビットストリームを、一たん
記録再生装置の記録媒体に記録させた後に、記録再生装
置によって再生したデジタルデータのビットストリーム
を入力させて、その入力させた複数の受信希望の番組と
対応するデジタルデータのビットストリームから再生が
希望された特定な番組を選択して復号させることも容易
にできるようにするために、番組情報解析部における番
組情報の解析結果が、PATの内容として示されている
プログラムに対応しているPMT(番組対応表)の内で
存在が確認されないものがあった場合には、入力された
デジタルデータのビットストリームにおける複数の番組
についての番組仕様情報のPAT(番組表)の内容を、
番組情報解析部によって存在が確認されたPMTと対応
するプログラムだけについての内容を有するPATに修
正したり書換えたりするようにしたものであって、本発
明により既述した従来の問題点は良好に解決できる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明のデジタル放送受信端末装置の概略構成
を示すブロック図である。

【図2】図1に示されているデジタル放送受信端末装置
の動作の説明に用いられるフローチャートである。

【図3】本発明のデジタル放送受信端末装置の概略構成
を示すブロック図である。

【図4】図3に示されているデジタル放送受信端末装置
の動作の説明に用いられるフローチャートである。

【図5】従来のデジタル放送受信端末装置の概略構成を
示すブロック図である。

【図6】図5に示されている従来のデジタル放送受信端
末装置の動作の説明に用いられるフローチャートであ
る。

【図7】デジタル放送受信端末装置の動作説明のための
図である。

【図8】デジタル放送受信端末装置の動作説明のための
図である。

【図9】デジタル放送受信端末装置の動作説明のための
図である。

【図10】デジタルデータの構成例を示す図である。

【図11】デジタルデータの構成例を示す図である。

【図12】デジタルデータの構成例を示す図である。

【図13】デジタルデータの構成例を示す図である。

【図14】デジタルデータの構成例を示す図である。

【図15】デジタルデータの構成例を示す図である。

【図16】デジタル放送受信端末装置の動作説明のため
の図である。

【符号の説明】

1…チューナ部、2…デジタル復調及び誤り訂正部、3
…メモリ及びコンピュータを含んで構成されているシス
テム制御部、4…番組情報解析部、5…デ・マルチプレ
クサ、6…映像及び音響のMPEGデコーダ(デコー
ダ)、7…選択情報入力部、8…加算器、9…アンテ
ナ、10…出力端子、11…切換スイッチ、12,15
…デジタル・インターフェース、13…番組情報修正処
理部、14,14S…切換スイッチ、16…デジタルデ
ータのビットストリームが記録再生できる記録再生装
置、17…加算器、18…番組情報書換処理部、

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数の番組についての番組仕様情報を含
    んで構成されているパケットと、個別の番組の内容自体
    の情報を含んで構成されているパケットとが少なくとも
    含まれているパケットを多重化してなるデジタルデータ
    のビットストリームに基づいて得たデジタル放送波を受
    信するデジタル放送受信端末装置であって、受信したデ
    ジタル放送波を復調してデジタルデータのビットストリ
    ームを得る復調手段と、前記の復調手段で得たデジタル
    データのビットストリームから、複数の番組についての
    番組仕様情報に関連して得た番組の表題情報を得る手段
    と、前記した番組の表題情報に基づいて行なわれた受信
    対象番組の選択結果の情報を設定する入力手段と、前記
    の選択された受信対象番組の情報を含んで構成されてい
    るパケットだけを選択し、それをデコーダに与える手段
    と、複数の番組についての番組仕様情報を含んで構成さ
    れているパケットと、前記の選択された受信対象番組の
    情報を含んで構成されているパケットとを外部の記録再
    生装置に出力させることができるようにする手段と、外
    部の記録再生装置から出力された複数の番組についての
    番組仕様情報を含んで構成されているパケットと、前記
    の選択された受信対象番組の情報を含んで構成されてい
    るパケットによる再生対象番組の情報を含んで構成され
    ているパケットとが入力されたときには、前記した複数
    の番組についての番組仕様情報を含んで構成されている
    パケットにおける番組仕様情報の内容を、選択された受
    信対象番組の情報を含んで構成されているパケットによ
    る再生対象番組についての番組仕様情報だけに修正させ
    る手段とを備えてなるデジタル放送受信端末装置。
  2. 【請求項2】 複数の番組についての番組仕様情報を含
    んで構成されているパケットと、個別の番組の内容自体
    の情報を含んで構成されているパケットとが少なくとも
    含まれているパケットを多重化してなるデジタルデータ
    のビットストリームに基づいて得たデジタル放送波を受
    信するデジタル放送受信端末装置であって、受信したデ
    ジタル放送波を復調してデジタルデータのビットストリ
    ームを得る復調手段と、前記の復調手段で得たデジタル
    データのビットストリームから、複数の番組についての
    番組仕様情報に関連して得た番組の表題情報を得る手段
    と、前記した番組の表題情報に基づいて行なわれた受信
    対象番組の選択結果の情報を設定する入力手段と、前記
    の選択された受信対象番組の情報を含んで構成されてい
    るパケットだけを選択し、それをデコーダに与える手段
    と、複数の番組についての番組仕様情報を含んで構成さ
    れているパケットと、前記の選択された受信対象番組の
    情報を含んで構成されているパケットとを外部の記録再
    生装置に出力させる際に、前記した複数の番組について
    の番組仕様情報を含んで構成されているパケットにおけ
    る番組仕様情報の内容を、選択された受信対象番組の情
    報を含んで構成されているパケットの番組仕様情報だけ
    に修正して出力させる手段とを備えてなるデジタル放送
    受信端末装置。
JP06546496A 1996-02-27 1996-02-27 デジタル放送受信端末装置 Expired - Fee Related JP3146969B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06546496A JP3146969B2 (ja) 1996-02-27 1996-02-27 デジタル放送受信端末装置

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06546496A JP3146969B2 (ja) 1996-02-27 1996-02-27 デジタル放送受信端末装置
US08/810,994 US5909257A (en) 1996-02-27 1997-02-27 Apparatus and method of receiving broadcasted digital signal

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09233428A true JPH09233428A (ja) 1997-09-05
JP3146969B2 JP3146969B2 (ja) 2001-03-19

Family

ID=13287879

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06546496A Expired - Fee Related JP3146969B2 (ja) 1996-02-27 1996-02-27 デジタル放送受信端末装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3146969B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000251457A (ja) * 1999-02-26 2000-09-14 Deutsche Thomson Brandt Gmbh デジタルデータストリームの再生方法及び装置
EP1049332A2 (en) * 1999-04-28 2000-11-02 Victor Company of Japan, Ltd. Method, apparatus and medium for recording digital information signal
US6366731B1 (en) 1997-04-14 2002-04-02 Samsung Electronics Co., Ltd. Digital broadcast receiving/recording apparatus and method
US6556776B1 (en) 1997-05-13 2003-04-29 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Digital signal recording/reproducing apparatus
KR100653561B1 (ko) * 1998-07-15 2006-12-05 소니 가부시끼 가이샤 정보 수신 장치, 다운로드 방법, 다운로드 진행 상황 표시 방법, 및 기기 선택 방법
US8447167B2 (en) 1998-12-24 2013-05-21 Panasonic Corporation Recording/reproduction device and method for digital broadcasting

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
USRE40982E1 (en) 1997-04-14 2009-11-17 Samsung Electronics Co., Ltd. Digital broadcast receiving/recording apparatus and method
US6366731B1 (en) 1997-04-14 2002-04-02 Samsung Electronics Co., Ltd. Digital broadcast receiving/recording apparatus and method
US6556776B1 (en) 1997-05-13 2003-04-29 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Digital signal recording/reproducing apparatus
KR100653561B1 (ko) * 1998-07-15 2006-12-05 소니 가부시끼 가이샤 정보 수신 장치, 다운로드 방법, 다운로드 진행 상황 표시 방법, 및 기기 선택 방법
US8447167B2 (en) 1998-12-24 2013-05-21 Panasonic Corporation Recording/reproduction device and method for digital broadcasting
JP4619474B2 (ja) * 1999-02-26 2011-01-26 ドイチェ トムソン−ブラント ゲーエムベーハーDeutsche Thomson−Brandt GmbH デジタルデータストリームの再生方法及び装置
JP2000251457A (ja) * 1999-02-26 2000-09-14 Deutsche Thomson Brandt Gmbh デジタルデータストリームの再生方法及び装置
EP1049332A3 (en) * 1999-04-28 2003-11-19 Victor Company of Japan, Ltd. Method, apparatus and medium for recording digital information signal
EP1049332A2 (en) * 1999-04-28 2000-11-02 Victor Company of Japan, Ltd. Method, apparatus and medium for recording digital information signal

Also Published As

Publication number Publication date
JP3146969B2 (ja) 2001-03-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1411716B1 (en) Packet data recording/reproducing system
ES2436171T3 (es) Aparato de recepción para señal de radiodifusión digital y aparato de recepción/registro o grabación/reproducción de dicha señal
US5844478A (en) Program specific information formation for digital data processing
US6477317B1 (en) Video reproducing apparatus which demultiplexes a plurality of video programs and outputs a plurality of program numbers (attribute data) in parallel
US5838873A (en) Packetized data formats for digital data storage media
US5754651A (en) Processing and storage of digital data and program specific information
KR100230282B1 (ko) 단일 프로그램 전송 스트림 전송장치 및 그 방법
US5973748A (en) Receiving device and receiving method thereof
CN1201322C (zh) 在传送数据流中插入辅助数据的方法和设备
EP0679027B1 (en) Recording and reproducing time-base compressed digital image data in an image transmission system
US6741795B1 (en) Digital video disc player and apparatus for displaying images
DE4341294B4 (de) Digitales Videosignal-Aufzeichnungs- und -Wiedergabegerät
US7313315B2 (en) Methods and apparatus for making and replaying digital video recordings, and recordings made by such methods
CA2212333C (en) Processing of packets in mpeg encoded transport streams using additional data attached to each packet
JP4073037B2 (ja) ディジタル記録・再生装置およびディジタル・テレビ受像機
KR100243209B1 (ko) 오류정정 능력을 개선한 디지털 기록/재생 장치와 그 방법
US6445872B1 (en) Recording and reproducing apparatus for recording digital broadcast compression-coded data of video signals of a multiplicity of channels
US7529277B2 (en) Separating device and method and signal receiving device and method
CN100388773C (zh) 数字信号处理设备及其处理方法
JP2004522370A (ja) マルチチャンネルストリームを記録して再生する装置及び方法
US5844595A (en) Decoding of digital data including program specific information
EP1276325A2 (en) Mpeg encoding apparatus, mpeg decoding apparatus, and encoding program
JP4352976B2 (ja) 受信装置及び受信方法
JP3803843B2 (ja) ディジタル信号記録装置及び記録再生装置及び受信記録再生装置
KR100204978B1 (ko) 디지틀신호의 기록재생장치

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090112

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090112

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100112

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110112

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120112

Year of fee payment: 11

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees