JPH09220671A - バット溶接方法及びバット溶接装置 - Google Patents

バット溶接方法及びバット溶接装置

Info

Publication number
JPH09220671A
JPH09220671A JP8025170A JP2517096A JPH09220671A JP H09220671 A JPH09220671 A JP H09220671A JP 8025170 A JP8025170 A JP 8025170A JP 2517096 A JP2517096 A JP 2517096A JP H09220671 A JPH09220671 A JP H09220671A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
welding
butt welding
shaped steel
butted
square pipe
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8025170A
Other languages
English (en)
Inventor
Tatsusaburou Yamakawa
達三朗 山川
Masaya Yamamoto
雅也 山本
Shinoyoshi Mori
紫乃喜 森
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sekisui Chemical Co Ltd
Original Assignee
Sekisui Chemical Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sekisui Chemical Co Ltd filed Critical Sekisui Chemical Co Ltd
Priority to JP8025170A priority Critical patent/JPH09220671A/ja
Publication of JPH09220671A publication Critical patent/JPH09220671A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 溶接時に溶接バリの発生を抑えることにより
溶接バリの除去工数の必要がないバット溶接方法及びバ
ット溶接装置を提供する。 【解決手段】 2個の鋼材同士1、2を突き合わせて接
合するに当たり、2個の鋼材同士1、2の突き合わせ箇
所の表面に絶縁材料からなる押圧体5の押圧面51を密
接押圧する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えば、複数個の
角パイプ状鋼材を溶接してフレームを製造する際に使用
して好適なバット溶接方法及びバット溶接装置に関す
る。
【0002】
【従来の技術】従来、図6に示すように、被溶接ワーク
1、2の端部同士を突き合わせて電極3により通電して
溶接すると、図7に示すように、溶接部に溶接バリ8が
発生する。このような溶接バリ8は、例えば、特公平4
−31802号公報、特公平4−8151号公報に記載
されているように、バイト等のバリ取り装置により除去
して仕上げる方法が知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
ように、被溶接ワークを溶接接合した後に発生した溶接
バリをバイト等のバリ取り装置により除去して仕上げる
のは、そのための工数が加わり煩瑣であり、生産性の低
下、コスト高等の不都合が生じる。
【0004】本発明は、このような従来の溶接方法にお
ける問題点に着目してなされたものであって、その目的
とするところは、従来の溶接方法における問題点を解消
し、溶接時に溶接バリの発生を抑えることにより溶接バ
リの除去工数の必要がないバット溶接方法及びバット溶
接装置を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、請求項1記載の本発明バット溶接方法は、2個の鋼
材同士を突き合わせて接合するに当たり、2個の鋼材同
士の突き合わせ箇所の表面に絶縁材料からなる押圧体の
押圧面を密接押圧することを特徴とするものである。
【0006】又、請求項2記載のバット溶接装置は、被
溶接ワーク同士を突き合わせて溶接するバット溶接装置
において、被溶接ワークに通電するための電極と、被溶
接ワーク同士の突き合わせ箇所を押圧するための押圧体
とが設けられ、押圧体には押圧面が設けられていること
を特徴とするものである。
【0007】本発明において、絶縁材料からなる押圧体
としては、溶接時に被溶接ワーク同士の突き合わせ箇所
を押圧できる耐熱性、強度を備えているものであれば、
いずれでもよいものであって、特に限定されるものでは
なく、例えば、セラミックス、或いは、セラミックスの
皮膜で被覆された鋼材等が使用できる。
【0008】(作用)請求項1記載の本発明バット溶接
方法においては、2個の鋼材同士を突き合わせて接合す
るに当たり、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所の表面に
絶縁材料からなる押圧体の押圧面を密接押圧するもので
あるから、溶接時に押圧体により溶融バリを押さえ込
み、溶接痕を滑らかにすることができ、溶接終了後にバ
リ除去の仕上げ工程を必要としない。又、2個の鋼材同
士の突き合わせ箇所の表面を押圧体により押圧するもの
であるから、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所に段差が
生じるのを防止し、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所の
位置決めができ、美麗に溶接できる。
【0009】請求項2記載の本発明バット溶接装置にお
いては、被溶接ワーク同士の突き合わせ箇所を押圧する
ための押圧体とが設けられているので、押圧体により被
溶接ワーク同士の突き合わせ箇所を押圧することにより
溶接時に押圧体により溶融バリを押さえ込み、溶接痕を
滑らかにすることができ、溶接終了後にバリ除去の仕上
げ工程を必要としない。又、2個の鋼材同士の突き合わ
せ箇所の表面を押圧体により押圧するものであるから、
2個の鋼材同士の突き合わせ箇所に段差が生じるのを防
止し、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所の位置決めがで
き、美麗に溶接できる。
【0010】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態を図面
を参照しながら説明する。図1は本発明バット溶接方法
の一実施態様の要部を示す斜視図、図2は図1に示す本
発明バット溶接方法の一実施態様の要部の断面図であ
る。図1、2において、1は一方の角パイプ状鋼材、2
は他方の角パイプ状鋼材であり、一方の角パイプ状鋼材
1の側壁に他方の角パイプ状鋼材2の先端を本発明方法
によりT形に溶接して図3に示すように、フレームFを
製作しようとするものである。図4に示すように、角パ
イプ状鋼材1、2の断面形状は横長の矩形であり、角パ
イプ状鋼材1、2の幅Wは約32mm、高さHは約14
mm、肉の厚さTは約1.2mmである。
【0011】3は他方の角パイプ状鋼材2とは反対側か
ら一方の角パイプ状鋼材1の側壁に当接されている電極
であり、電極3の先端は、その後方の加圧シリンダ31
により矢印a方向に当接加圧されるようになっている。
【0012】4は他方の角パイプ状鋼材2の両側の側壁
に当接されている電極であり、電極4の先端は、その後
方の加圧シリンダ41により矢印b、c方向に当接し加
圧されるようになっている。但し、図1においては、一
方の電極4の後方の加圧シリンダの図示を省略してい
る。
【0013】5はセラミックス(材質:サイアロン(S
3 4 +Al2 3 ))からなる押圧体であり、押圧
体5の下端に押圧面51が設けられ、上方に設けられた
加圧シリンダ52の作動により押圧体5の押圧面51は
一方の角パイプ状鋼材1の側壁と他方の角パイプ状鋼材
2の先端との突き合わせ箇所に密接し押圧できるように
なっている。
【0014】一方の角パイプ状鋼材1の側壁に他方の角
パイプ状鋼材2の先端を本発明方法によりT形に溶接す
るには、図1に示すように、一方の角パイプ状鋼材1の
側壁に他方の角パイプ状鋼材2の先端を当接し、他方の
角パイプ状鋼材2の両側の側壁に電極4、4の先端を加
圧シリンダ41により当接加圧する。一方の角パイプ状
鋼材1の他方の角パイプ状鋼材2とは反対側の側壁に電
極3の先端を加圧シリンダ41により当接加圧する。
【0015】一方の角パイプ状鋼材1の側壁と他方の角
パイプ状鋼材2の先端との突き合わせ箇所に押圧体5の
押圧面51を加圧シリンダ52により密接加圧する。こ
のようにして、各電極3、4に溶接電流を流すと、一方
の角パイプ状鋼材1の側壁に他方の角パイプ状鋼材2の
先端をバット溶接することができる。
【0016】この際、一方の角パイプ状鋼材1の側壁と
他方の角パイプ状鋼材2の先端との突き合わせ箇所に押
圧体5の押圧面51を加圧シリンダ52により密接加圧
されているので、突き合わせ箇所には段差が生じること
がなく位置決めされ、溶接バリの発生が押えられ、溶接
バリは発生しない。
【0017】このようにして、図3に示すようなフレー
ムFが製作され、フレームFの下方には図5に示すよう
に、石膏ボード6が取付けられ、石膏ボード6の下方に
アルミニウム板7が取付けられて外壁パネルPが製作さ
れる。尚、フレームFの長さL1 は約3000mm、幅
2 は約1000mmである。
【0018】一方の角パイプ状鋼材1の側壁と他方の角
パイプ状鋼材2の先端との突き合わせ箇所には溶接バリ
が殆ど発生することがなく、良好な溶接強度が得られ、
一方の角パイプ状鋼材1の側壁と他方の角パイプ状鋼材
2の先端との突き合わせ箇所は仕上げ工程を必要とする
ことなく美麗であり、フレームFに接触する石膏ボード
6を損傷することがない。
【0019】本発明方法による溶接箇所におけるバリ高
さと、押圧体5を設けない場合(比較例)におけるバリ
高さとを表1に示す。又、溶接条件を表2に示す。
【0020】
【表1】
【0021】
【表2】
【0022】表1に示すように、本発明においては、溶
接バリは発生しても無視できるものであり、仕上げ工程
を必要としない。以上、本発明の実施の形態例を図によ
り説明したが、本発明の具体的な構成は図示の実施の形
態例に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱し
ない設計変更は本発明に含まれる。
【0023】例えば、図示の実施の形態例においては、
一方の角パイプ状鋼材1の側壁に他方の角パイプ状鋼材
2の先端とをT形に溶接する態様を示したが、一方の角
パイプ状鋼材1及び他方の角パイプ状鋼材2の先端同士
を突き合わせて溶接してもよい。
【0024】
【発明の効果】請求項1記載の本発明バット溶接方法に
おいては、溶接時に押圧体により溶融バリを押さえ込
み、溶接痕を滑らかにすることができ、溶接終了後にバ
リ除去の仕上げ工程を必要としない。又、2個の鋼材同
士の突き合わせ箇所の表面を押圧体により押圧するもの
であるから、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所に段差が
生じるのを防止し、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所の
位置決めができ、美麗に溶接できる。
【0025】請求項2記載の本発明バット溶接装置にお
いては、溶接時に押圧体により溶融バリを押さえ込み、
溶接痕を滑らかにすることができ、溶接終了後にバリ除
去の仕上げ工程を必要としない。又、2個の鋼材同士の
突き合わせ箇所の表面を押圧体により押圧するものであ
るから、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所に段差が生じ
るのを防止し、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所の位置
決めができ、美麗に溶接できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明バット溶接方法の一実施態様の要部を示
す斜視図。
【図2】図1に示す本発明バット溶接方法の一実施態様
の要部の断面図。
【図3】本発明バット溶接方法により製作するフレーム
の一例を示す斜視図。
【図4】本発明バット溶接方法により溶接する角パイプ
状鋼材の断面図。
【図5】本発明バット溶接方法により製作したフレーム
を使用した外壁パネルの斜視図。
【図6】従来のバット溶接方法の実施態様を示す説明
図。
【図7】従来のバット溶接方法の実施態様を示す説明
図。
【符号の説明】
1 一方の角パイプ状鋼材 2 他方の角パイプ状鋼材 3、4 電極 31、41 加圧シリンダ 5 押圧体 51 押圧面 52 加圧シリンダ 6 石膏ボード 7 アルミニウム板 8 溶接バリ

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 2個の鋼材同士を突き合わせて接合する
    に当たり、2個の鋼材同士の突き合わせ箇所の表面に絶
    縁材料からなる押圧体の押圧面を密接押圧することを特
    徴とするバット溶接方法。
  2. 【請求項2】 被溶接ワーク同士を突き合わせて溶接す
    るバット溶接装置において、被溶接ワークに通電するた
    めの電極と、被溶接ワーク同士の突き合わせ箇所を押圧
    するための絶縁材料からなる押圧体とが設けられ、押圧
    体には押圧面が設けられていることを特徴とするバット
    溶接装置。
JP8025170A 1996-02-13 1996-02-13 バット溶接方法及びバット溶接装置 Pending JPH09220671A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8025170A JPH09220671A (ja) 1996-02-13 1996-02-13 バット溶接方法及びバット溶接装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8025170A JPH09220671A (ja) 1996-02-13 1996-02-13 バット溶接方法及びバット溶接装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09220671A true JPH09220671A (ja) 1997-08-26

Family

ID=12158539

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8025170A Pending JPH09220671A (ja) 1996-02-13 1996-02-13 バット溶接方法及びバット溶接装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09220671A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1999017904A1 (de) * 1997-10-02 1999-04-15 Evg Entwicklungs- U. Verwertungs-Gesellschaft Mbh Verfahren und vorrichtung zum stumpfschweissen drahtförmiger materialien
JP2002341087A (ja) * 2001-05-21 2002-11-27 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd ガラス溶融炉の給電装置
CN108941872A (zh) * 2018-07-12 2018-12-07 东莞市中合金科技有限公司 电阻焊接设备及其焊接方法

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1999017904A1 (de) * 1997-10-02 1999-04-15 Evg Entwicklungs- U. Verwertungs-Gesellschaft Mbh Verfahren und vorrichtung zum stumpfschweissen drahtförmiger materialien
AT409732B (de) * 1997-10-02 2002-10-25 Evg Entwicklung Verwert Ges Verfahren und vorrichtung zum stumpfschweissen drahtförmiger materialien
JP2002341087A (ja) * 2001-05-21 2002-11-27 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd ガラス溶融炉の給電装置
CN108941872A (zh) * 2018-07-12 2018-12-07 东莞市中合金科技有限公司 电阻焊接设备及其焊接方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100486371B1 (ko) 마찰교반 용접방법 및 마찰교반 용접장치
KR20080081797A (ko) 모재 사이의 간격이 큰 맞대기 이음의 일면 용접방법
EP1512488A1 (en) Friction stir welding method and group of shape members for friction stir welding
JPH11267859A (ja) 接合用加工材とその接合方法及び接合された加工パネル
US4286744A (en) Process for joining narrow width thin gage metal or alloy strip
JP3970790B2 (ja) 帯状ワークの突合せ接合装置
JPH09220671A (ja) バット溶接方法及びバット溶接装置
JP3083130B2 (ja) シーム溶接方法
JP2899276B1 (ja) 帯状金属薄板の突き合せ接合装置及び接合方法
JP2002224860A (ja) 摩擦撹拌接合による金属の突合せ接合方法
JP3922730B2 (ja) ディスクホィールリムのアプセットバット溶接方法
JP6276625B2 (ja) レーザ溶接方法
JP3126791B2 (ja) 板材の突合せ接合方法およびその接合方法に使用する治具
JP2017177216A (ja) 片面サブマージアーク溶接方法
JP3733438B2 (ja) 電動サーボ式抵抗溶接装置の制御方法および制御装置
JP4578006B2 (ja) レーザ溶接方法
JP3274335B2 (ja) 棒鋼溶接用裏当て材
JP3889068B2 (ja) ディスクホイール用リム素材
JP2867708B2 (ja) 消耗電極式溶接による管の溶接方法
JPH0675779B2 (ja) 帯状金属板の接合方法
JPH09220670A (ja) バット溶接方法及びバット溶接装置
JP2588835B2 (ja) タブ付き裏当板
JP2651368B2 (ja) 薄板の溶接方法及びこの方法に用いる当て金
JPH08224673A (ja) レールの接合方法
JPH09206951A (ja) ホイールリムの接合方法