JPH09201127A - 植物育成用基材 - Google Patents

植物育成用基材

Info

Publication number
JPH09201127A
JPH09201127A JP8029912A JP2991296A JPH09201127A JP H09201127 A JPH09201127 A JP H09201127A JP 8029912 A JP8029912 A JP 8029912A JP 2991296 A JP2991296 A JP 2991296A JP H09201127 A JPH09201127 A JP H09201127A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pile
base
length
plant
growing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8029912A
Other languages
English (en)
Inventor
Takao Maruyama
山 隆 男 丸
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NHK Spring Co Ltd
Original Assignee
NHK Spring Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NHK Spring Co Ltd filed Critical NHK Spring Co Ltd
Priority to JP8029912A priority Critical patent/JPH09201127A/ja
Publication of JPH09201127A publication Critical patent/JPH09201127A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A30/00Adapting or protecting infrastructure or their operation
    • Y02A30/24Structural elements or technologies for improving thermal insulation
    • Y02A30/254Roof garden systems; Roof coverings with high solar reflectance
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B80/00Architectural or constructional elements improving the thermal performance of buildings
    • Y02B80/32Roof garden systems

Abstract

(57)【要約】 【課題】 植物の根を十分に絡ませることができるとと
もに、草花の種や土壌の保持を確実にし、移設時にも十
分な強度を発揮可能にする。 【解決手段】 シート状材料1を基布として、該基布に
は、パイル2間隔が5/32インチ以上7/8インチ以
下のゲージ幅で、10cmあたりのステッチが5以上2
5以下の密度で、パイル2長さが3mm以上25mm以
下であり、かつパイル2間距離の短い方の長さの1/3
以上で、パイル2間距離の長い方の長さの3倍以内の長
さのパイル2を織り込む。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、ゴルフ場,ビル
の屋上,ベランダ,運動場,公園,法面等に草花等の植
物を植えたり敷き詰めたりしたりするために、あらかじ
め別の場所でこれらの草花を育成して、これらを移植し
たり、また直接土の上等に敷いてこの上で草花を育成す
るのに用いる植物育成用基材に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の芝育成シートとして、例えば特公
昭50―21373号公報(従来例1)に示すものがあ
る。これは、フィルム上に可とう性の網目状構造体を敷
いて、その上で芝を育成し、上記網目構造体に根を絡ま
せた状態にて移設可能な芝生を提供するものである。
【0003】また、特開昭53―75035号公報(従
来例2)には、破砕された樹皮で構成された堆肥の層に
芝の根を侵入させて、それ自体を支持組織とする植生カ
ーペットが開示されている。
【0004】さらに、特開昭和59―151813号公
報(従来例3)には、穴を開けた人工芝を用いて、この
人工芝を苗床として天然芝を作り、ゴルフ場のティーグ
ランドを改良し、人工芝の持つ欠点を天然芝で補うよう
にした人工芝生板が開示されている。
【0005】また、特開平7―246023号公報(従
来例4)には、整地した圃場にネットを敷いてそこに芝
をまいて、このネットへ芝が絡むまで育成した後、根切
りをして芝シートを生産するものである。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来例1の芝育成シートにあっては、網目構造体に根を絡
ませて、両者を十分に密着させるためには、下側に必ず
フィルムを敷くことが必要で、また、草花を斜面や法面
に植え付けようとする場合には、そこに種子をまいたり
土を敷き込むために単純な網目材料を用いただけでは、
その種子や土が雨などによって流されてしまうという課
題があった。
【0007】また、従来例2の植生カーペットにあって
は引張強度が弱く、移設時等に引っ張ることによって破
れたり、ちぎれたりするなどの課題があった。
【0008】また、従来例3の人工芝生板はこれに天然
芝を根付かせるだけのものであり、移設用には適しない
ものであるという課題があった。
【0009】さらに、従来例4の芝シートは土壌がある
場所にしか移設を行えず、例えばビルの屋上のように土
がないコンクリート上への設置は不可能であり、土壌ま
たはこれに代わる物を前もって上記屋上のコンクリート
上に敷き込んでおく必要があるなどの課題があった。
【0010】この発明は上記のような従来の課題を解決
するためになされたものであり、網目材料を使用しなく
ても草木の根を十分に絡ませることができるとともに、
草花の種や土壌等の保持をすることができ、しかも移設
時にも十分な強度を発揮できるほか、土のないコンクリ
ート面などへの移設を可能とし、法面などの斜面にも草
花の種や土を保持して、草花を容易かつ確実に根付かせ
ることができる植物育成用基材を提供することを目的と
する。
【0011】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明にかかる
植物育成用基材は、シート状材料を基布として、該基布
には、パイル間隔が5/32インチ以上7/8インチ以
下のゲージ幅で、10cmあたりのステッチが5以上2
5以下の密度で、パイル長さが3mm以上25mm以下
であり、かつパイル間隔の短い方の長さの1/3以上
で、パイル間隔の長い方の長さの3倍以内の長さのパイ
ルを織り込むようにしたものである。
【0012】請求項2の発明にかかる植物育成用基材
は、これの透水係数を1×10-3cm/s以上としたも
のである。
【0013】請求項3の発明にかかる植物育成用基材
は、織り込まれた上記パイルに、スプレーによって糊を
付着するようにしたものである。
【0014】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の一形態を
図について説明する。図1および図2はこの実施の形態
による植物育成用基材Aを示す斜視図および断面図であ
る。同図において、1はパイルを植え付けるための基布
として用いられるシート状材料であり、これが種々の織
布,不織布,フィルムまたはこのフィルムより厚めのシ
ートなどのシート状材料である。
【0015】このシート状材料1は具体的にポリエチレ
ン,ポリプロプレン,ポリエステルなどのプラスチック
のほか、綿やジュートなどの天然の材料からなり、透水
性,通水性,保温性のほか柔軟性,強靭性を備えてい
る。
【0016】また、2は上記のシート状材料1を基布と
して、この基布の地組織からこの基布の表面に出て、こ
の表面に輪奈状に出るように織り込まれたパイルであ
る。
【0017】このパイル2はナイロン,アクリル,ポリ
エステルなどの化学繊維や綿,ジュートなどの天然繊維
によって作られている。なお、このパイル2が上から被
せられる土などによってつぶれて折れ曲がるのを少なく
するために、十分に弾力性に富む構成とすることが望ま
しい。このため、パイル2にラテックスなどの糊をスプ
レーすることによって、このパイル2の弾力性を大幅に
向上させることが可能となる。
【0018】また、上記パイル2は、基材と草花との密
着を良くするため、根がよくからむように、5/32イ
ンチ以上7/8インチ以下のゲージで、しかも10cm
あたりのステッチが5以上25以下で、パイル長Hが3
mm以上25mm以下の長さとし、パイル2間距離の短
い方の長さL1の1/3以上、かつパイル間距離の長い
方の長さL2の3倍以内の長さで、基布1に織り込まれ
ている。
【0019】すなわち、ゲージが5/32インチより小
さかったり、ステッチが25より高い密度でパイルを織
った植物育成用基材Aは、種や土壌がパイル2の間には
いりにくくなり、しいては草花の根がパイル2に絡みに
くくなり、シート状材料1とうまく一体となりにくい。
【0020】逆に、ゲージが7/8インチより大きかっ
たり、10cmあたりのステッチが5より小さい場合
は、パイル2間の隙間があきすぎて、草花の根が伸びて
も、絡み付くパイル2がすくなくて、これもまた植物育
成用基材Aと草花が一体となりにくい。
【0021】また、パイル2の長さについては、パイル
2の長さが3mmより短いと、草花の根が絡みにくく、
また、パイル2の長さが25mmより長いとシート状材
料1との密着が悪くなる。また、パイル2の長さが3m
m以上25mm以下の長さでも、パイル2間距離の短い
方の長さL1の1/3の長さより短くパイル間距離の長
い方の長さL2の3倍より長くなると根が絡んでも、シ
ート状材料1との密着が悪くなる。
【0022】また、一般にパイル2の形状は、ループパ
イルとカットパイルの2種類があるが、草花の根との密
着強度はループパイルがよく、密着については、ループ
パイルの割合が多い方がよいが全体の50%以上あれば
十分な強度が得られる。
【0023】さらに、シート状材料1の透水性(JIS
―A―1218に準ずる)については、草花を育成した
後これを他の場所に移植する場合と、そうではなくその
場所に根付かせる場合とでは、適する透水性の値が違
う。
【0024】すなわち、移植用の場合は透水性がなくと
もよいが、その場所にそのまま根付かせるためには、透
水係数が1×10-3cm/s以上、好ましくは1×10
−1cm/s以上であり、実質的に草花の根が自由に植
物育成用基材の下に伸びることのできる間隙のあること
が必要である。
【0025】またパイルを織り込んだとき、抜けの防止
のために一般にはラテックスなどのバッキングを行う
が、本発明のシート状材料1にも行ってもよい。ただ
し、その場に根付かせる場合は、シート状材料1の透水
係数を1×10-3cm/s以上にすることが必要であ
る。また、ポリウレタンなどの発泡体のバッキングを行
うこともできる。
【0026】なお、このシート状材料1を用いて移植用
のマットを育成する際には、このシート状材料1の下に
プラスチックのフィルムを敷いてもよい。
【0027】
【実施例】
実施例1.まず、図3に示すような厚さ2.1mmのポ
リエステル不織布を、基布であるシート状材料1とし
て、パイル2にポリエステル繊維を使用し、パイル間隔
が5/32インチ幅ゲージ、10cmあたりのステッチ
が20、パイル長さを5mmとして、植物育成用基材A
を造った。この植物育成用基材Aの透水係数は1.8×
10-3cm/sであった。
【0028】これをよく耕した土の表面に置き、その上
に培養土(土壌)3を1.5cm敷き、さらにコウライ
芝ランナーを植え付け、さらに培養土をかけた。水,肥
料等を適宜与えて育てたところ、順調に生育し、約5カ
月で良好な芝生4に育った。これを上からはがして根の
絡み具合を調べたところ、本発明の植物育成用基材Aと
芝生4の根がよく絡み合って一体となっており、この植
物育成用基材Aの端を持って振っても芝生4がはがれ
ず、しっかりと両者は密着していた。
【0029】そして、これを幅1mで長さ7mの長さに
カットし、ロール状に巻いたところ、良好な巻物とする
ことができた。またこの芝生マットは強度も十分あり、
これらの作業では全く破れもなかった。
【0030】一方、これを幅1m、長さ2mにカットし
たものを、屋上のコンクリートの上に敷いて4カ月間置
いてみたが、芝生の育成状態は全く良好であった。
【0031】実施例2.まず、ポリプロピレン製の織布
に、ナイロン繊維のパイルを使用し、これをパイル間隔
が5/16インチゲージで、10cmあたりのステッチ
を10、パイル長は10mmとして植物育成用基材Aを
作成した。この植物育成用基材Aの透水係数は1.2×
10-2cm/sであった。
【0032】これを砂地を主体とした土の上に敷き、そ
の上にバークを約2cmほど敷きつめ、さらに西洋シバ
の種をまいた。水,肥料等を適宜与えて育てたところ発
芽も良好で順調に生育し、2〜3カ月で均一で良好な芝
生となった。
【0033】これを土からはがして状態を見たところ、
根がよく伸びていると共に、植物育成用基材Aとよく絡
み両者が一体となった芝生に生育したことが確認され
た。この芝生はロール状とすることもでき、強度も十分
あり、移動等に力を加えても破れない丈夫なものであっ
た。
【0034】実施例3.まず、目付け量が270g/m
2のジュート基布に、同じくジュートのパイルを用い、
これを5/8インチのゲージで、10cmあたりのステ
ッチを7、パイル長を15mmとして植物育成用基材A
を作成した。これの透水係数は1.31cm/sであっ
た。この植物育成用基材Aを20度の傾斜地において生
育試験を行った。
【0035】まず、この植物育成用基材Aを斜面に設置
し、培養土とホワイトクローバーの種を混ぜたものをそ
の上に設置した。同時に比較例として、ポリエチレンで
できた、編目の隙間が5mmのネットを使用した場合
(比較例1)と、全くこのような植物育成用基材Aを使
用しない場合(比較例2)について生育試験を行った。
【0036】なお、比較例1についてはこの編目状ネッ
トを設置したあと、培養土とホワイトクローバーの種を
混ぜた物をまいた。そして、比較例2については斜面に
なにもせずに、培養土とホワイトクローバーの種を撒い
た。
【0037】3カ月後にこれらを観察したところ、実施
例のものは8割近くがホワイトクローバーでカバーされ
ていたが、比較例1は約2割、比較例2は約0.5割
が、ホワイトクローバーでカバーされていたに過ぎなか
った。
【0038】また、このとき使用した植物育成用基材A
はかなり分解している状況であった。さらに2カ月後に
観察したところ、植物育成用基材Aはほぼ完全に分解し
ておりボロボロであった。
【0039】この実施例のように、そのまま草花を根付
かせる場合は、土の中で微生物により分解される材料を
使用した方がよい場合がある。このときの分解性の材料
は、ジュートのような天然の材料でも、また化学合成の
材料を使用してもよい。
【0040】従って、この発明の植物育成用基材Aは、
透水性のあるシート状材料1を基布としてこれにパイル
2が理想的に縫いつけてあるため、この植物育成用基材
Aを使って草花を育成すると、透水性,通気性等が改善
され、しかも保温性も持っているので、草花の種の発芽
がよくなり、生育も良好となるほか、土壌や種子等の保
持および根絡み機能も十分となり、草花がこの植物育成
用基材Aと根がよく絡み合って一体となったマットが得
られる。
【0041】そして、これをロール状にしたり、一定の
大きさにカットしたりして、簡単に他の場所に移設する
ことができ、強度も十分な植生マットを造ることができ
る。
【0042】また、この植物育成用基材Aを水はけの悪
い土の上に敷いて草花を育成しても、水はけが改良され
るため草花の生育がよくなり、また、コンクリート上や
岩等の上でも、この植物育成用基材Aを敷設した後に土
壌などと草花の種を上に設置することで、草花を育成す
ることもできる。
【0043】また、道路の法面等にもこの植物育成用基
材Aを設置した後、草花の種や土壌などを吹き付けるこ
とにより、この植物育成用基材Aによって種や土壌が保
持されて雨などにも流されにくくなり、草花をそのまま
その場所に根付かせることができる。また、この種に代
えて苗または苗に準ずるものを植え付けても同様の効果
が得られる。
【0044】
【発明の効果】以上のように、請求項1の発明によれば
シート状材料を基布として、該基布には、パイル間隔が
5/32インチ以上7/8インチ以下のゲージ幅で、1
0cmあたりのステッチが5以上25以下の密度で、パ
イル長さが3mm以上25mm以下であり、かつパイル
間距離の短い方の長さの1/3以上で、パイル間距離の
長い方の長さの3倍以内の長さのパイルを織り込むよう
に構成したので、網目材料を使用しなくても草木の根を
パイルに十分に絡ませることができるとともに、草花の
種や土壌の種や土壌等の保持を十分に確実にでき、しか
も移設時にも十分な強度を発揮できるほか、土のないコ
ンクリート面などへの移設を可能とし、法面などの斜面
にも草花の種や土を保持して、草花を容易かつ確実に根
付かせることができるという効果が得られる。
【0045】また、請求項2の発明によれば透水係数を
1×10-3cm/s以上とするように構成したので、水
はけをよくでき、従って草花の種の発芽および生育を良
好に促進でき、パイルに対する根絡み状態を良好にでき
るという効果が得られる。さらに、直接地面に根付かせ
やすくすることもできる。
【0046】また、請求項3の発明によれば織り込まれ
た上記パイルに、スプレーによって糊を付着させたこと
により、パイルに弾力性を付与でき、パイルが土によっ
てつぶされずに、所定の形状を保ちながら植物の根絡み
を促進可能にするという効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の実施の一形態による植物育成用基材
を示す斜視図である。
【図2】図1に示す植物育成用基材の断面図である。
【図3】図1に示す植物育成用基材に芝を育成した状態
を示す断面図である。
【符号の説明】
1 シート状材料 2 パイル

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 シート状材料を基布として、該基布に
    は、パイル間隔が5/32インチ以上7/8インチ以下
    のゲージ幅で、10cmあたりのステッチが5以上25
    以下の密度で、パイル長さが3mm以上25mm以下で
    あり、かつパイル間隔の短い方の長さの1/3以上で、
    パイル間隔の長い方の長さの3倍以内の長さのパイルが
    織り込まれていることを特徴とする植物育成用基材。
  2. 【請求項2】 透水係数が1×10-3cm/s以上であ
    ることを特徴とする請求項1に記載の植物育成用基材。
  3. 【請求項3】 織り込まれた上記パイルに、スプレーに
    よって糊が付着されていることを特徴とする請求項1に
    記載の植物育成用基材。
JP8029912A 1996-01-24 1996-01-24 植物育成用基材 Pending JPH09201127A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8029912A JPH09201127A (ja) 1996-01-24 1996-01-24 植物育成用基材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8029912A JPH09201127A (ja) 1996-01-24 1996-01-24 植物育成用基材

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09201127A true JPH09201127A (ja) 1997-08-05

Family

ID=12289212

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8029912A Pending JPH09201127A (ja) 1996-01-24 1996-01-24 植物育成用基材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09201127A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6029397A (en) * 1997-06-06 2000-02-29 Technology Licensing Corp. Stabilized natural turf for athletic field
US6035577A (en) * 1998-12-03 2000-03-14 Technology Licensing Corp Temporarily stabilized natural turf
US6145248A (en) * 1992-06-22 2000-11-14 Turf Stabilization Technologies, Inc. Sports playing surfaces with biodegradable backings
JP2006014691A (ja) * 2004-07-02 2006-01-19 Honey Steel Kk 植栽マット、緑化パネル、プランターおよび植栽法
JP2013519358A (ja) * 2010-02-11 2013-05-30 エックスエフ テクノロジーズ ベスローテン フェノーツハップ 背の低い植物及び/又は背の高い植物により人工又は天然の面を緑化するための植生エレメント並びに植生エレメントを製造する方法

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6145248A (en) * 1992-06-22 2000-11-14 Turf Stabilization Technologies, Inc. Sports playing surfaces with biodegradable backings
US6029397A (en) * 1997-06-06 2000-02-29 Technology Licensing Corp. Stabilized natural turf for athletic field
US6094860A (en) * 1997-06-06 2000-08-01 Technology Licensing Corp. Stabilized turf for athletic field
US6173528B1 (en) 1997-06-06 2001-01-16 Technology Licensing Corp Stabilized natural turf for athletic field
US6035577A (en) * 1998-12-03 2000-03-14 Technology Licensing Corp Temporarily stabilized natural turf
JP2006014691A (ja) * 2004-07-02 2006-01-19 Honey Steel Kk 植栽マット、緑化パネル、プランターおよび植栽法
JP2013519358A (ja) * 2010-02-11 2013-05-30 エックスエフ テクノロジーズ ベスローテン フェノーツハップ 背の低い植物及び/又は背の高い植物により人工又は天然の面を緑化するための植生エレメント並びに植生エレメントを製造する方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO1996003027A1 (fr) Structure en feuille pour la croissance des plantes, structure en feuille pour la croissance du gazon naturel, procede pour faire pousser du gazon et procede pour poser des structures en feuille portant du gazon
US5346514A (en) Versatile plant sod mat and method for propagation
GB2332353A (en) A biodegradable mat
JPH07207614A (ja) 芝舗装構造およびその施工法
JPH09201127A (ja) 植物育成用基材
US5397368A (en) Specialty sod mats constructed of nonwoven fabric
JP2005180037A (ja) 植生基体およびこれを用いる施工方法
JP2004218261A (ja) 植生基盤層の構築方法及びその構築方法に使用される植生基盤層形成材料
JP2870732B1 (ja) 天然芝入り人工芝
JP2997447B2 (ja) 植生用芝シート
JP4256528B2 (ja) 水稲の育成方法
JP3685850B2 (ja) マルチング材およびマルチング材を用いた種苗植栽方法
JP2007175040A (ja) 特定の天然植物の栽培方法およびその栽培に使用する育生保持体
JP2001214407A (ja) 天然芝入り人工芝およびその施工方法
JP2525496B2 (ja) 植生基体及びその保護ネット
JPH1181324A (ja) 金網付き植生ネット
JP2783756B2 (ja) 植生用芝シートの製造方法
JP2940608B1 (ja) 稲の育苗用不織布
JP2647620B2 (ja) 天然芝生のマット構造体
JP2004159513A (ja) 植生土嚢及びこれを用いた植生ユニット
JP2932157B2 (ja) 法面緑化工法
KR101927989B1 (ko) 인공 배양토 매트 제조방법
JPH10292379A (ja) 仕切材付き緑化マット
Decker Producing Sods over Plastic
JPH08266151A (ja) 芝等の植物を育成するための植物育成シート構造体及び天然芝シート構造体