JPH09192675A - 廃水の処理方法 - Google Patents

廃水の処理方法

Info

Publication number
JPH09192675A
JPH09192675A JP8011168A JP1116896A JPH09192675A JP H09192675 A JPH09192675 A JP H09192675A JP 8011168 A JP8011168 A JP 8011168A JP 1116896 A JP1116896 A JP 1116896A JP H09192675 A JPH09192675 A JP H09192675A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
aluminum salt
liq
separation
solid
added
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP8011168A
Other languages
English (en)
Inventor
Masatoshi Tamai
正俊 玉井
Naoyuki Uejima
直幸 上島
Hikari Takeuchi
光 竹内
Hirayasu Nakagawa
平安 中川
Hideki Kamiyoshi
秀起 神吉
Morimasa Nishida
守賢 西田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Industries Ltd filed Critical Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority to JP8011168A priority Critical patent/JPH09192675A/ja
Publication of JPH09192675A publication Critical patent/JPH09192675A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 セレンなどの重金属やフッ素を含有する廃水
の処理方法であって、廃水中のフッ素濃度の変動にかか
わらず安定した処理が可能で、イオン交換樹脂等を使用
することなくセレン等の重金属を容易に除去することが
でき、カルシウム化合物によるスケーリングのおそれも
ない廃水処理方法を提供すること。 【解決手段】 フッ素、セレン又はこれらの化合物のい
ずれか1種以上を含む廃水の処理方法において、該廃水
にアルミニウム塩を添加して凝集フロックを形成させた
後、沈殿分離を行う第一工程と、前記沈殿分離して得ら
れる上澄水に液体キレート剤を加えて反応させ、さらに
該反応液にアルミニウム塩を添加して固形物を凝集させ
た後、固液分離する第二工程とからなることを特徴とす
る廃水の処理方法。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は燃焼排ガス中の酸化
硫黄ガスを石灰−石膏法で脱硫処理する湿式排煙脱硫装
置から排出される廃水やその他一般産業廃水などのフッ
素やセレンを含む廃水の無害化処理方法に関する。
【0002】
【従来の技術】石炭、重油等を燃料とする燃焼排ガス
は、通常、石灰−石膏法等による脱硫装置で処理され
る。その際、燃料が石炭の場合はフッ素及びセレンを含
む廃水が排出され、燃料が重油である場合にはセレンを
含む廃水が排出される。このような廃水中の有害成分の
うち、フッ素の処理方法については多くの方法が提案さ
れているが、セレンについては排出源が限定されている
ことから、その処理方法については不明な点が多い。こ
れらの方法のうちフッ素を含む廃水の処理方法について
説明すると、フッ素イオンに対し2〜3倍当量のカルシ
ウムイオンを添加してフッ化カルシウムとして除去する
方法や、アルミニウム塩を添加して凝集沈殿処理する方
法が一般に採用されている。しかし、これらの方法では
処理水中のフッ素濃度が高く、全国一律の規制基準(1
5mg/リットル以下)を達成することが困難である。
こうした状況から、処理性を向上させる方法として、一
般的には図4に示す二段凝集沈殿法が知られている。こ
の方法について図4により詳しく説明する。
【0003】石炭、石油等の燃焼装置から出る排ガス
は、排煙脱硫装置(図示省略)にて冷却、除塵され、硫
黄酸化物が吸収除去された後、清浄ガスとして放出され
る。このとき、排煙脱硫装置からは燃料成分に起因する
フッ素化合物を含む脱硫廃水21が排出される。例え
ば、前記排煙脱硫装置がスート混合方式の場合、廃水2
1に含まれるフッ素の大部分は固形物(フッ化カルシウ
ム)として存在する。この脱硫廃水21を溶解槽11に
導き、ここで酸30を添加してpHを4以下とし、廃水
中の酸可溶成分及び後段から返送される沈殿物35を溶
解する。なお、沈殿物35には酸可溶成分、例えば水酸
化マグネシウム、炭酸カルシウム等が含まれている。こ
のときこれらの沈殿物と錯塩を形成していたフッ素イオ
ンは、沈殿物の溶解にともない液中に再溶解する。この
溶解液を第1pH調整槽12に導入し、消石灰31を添
加してpH8〜9に調整することによって、重金属の水
酸化物、石膏及びフッ化カルシウム等を含有する凝集物
を生成させる。次いで、この反応液に有機高分子凝集剤
24cを添加して凝集物を粗大化した後、第1沈殿槽1
3で重力沈降による固液分離をする。その上澄水32を
第2pH調整槽14に流入させるとともに、分離された
沈殿物33を第1沈殿槽13から排出し、脱水機(図示
省略)等で脱水して系外へ排出する。
【0004】第2pH調整槽14では、第1沈殿槽13
で固液分離した上澄水32にアルカリ剤34を添加し、
pH8〜11に調整する。アルカリ剤34としては水酸
化ナトリウム、炭酸ナトリウム等が使用される。水酸化
ナトリウムを添加した場合は水酸化マグネシウムの沈殿
物が生じ、炭酸ナトリウムを添加した場合は炭酸カルシ
ウムの沈殿物が生じることから分かるように、添加され
る薬品によって沈殿物の成分がそれぞれ異なったものと
なる。その際、第2pH調整槽14の反応液中の大部分
のフッ素イオンは、これらの沈殿物に吸着されている。
なお、マグネシウム化合物は前記排ガス成分等に由来す
るもので、排煙脱硫廃水中には通常マグネシウムイオン
として500〜1000mg/リットル程度含有されて
いる。次いで、第2pH調整槽14の反応液に有機高分
子凝集剤24dを添加して、凝集物を粗大化したのち、
第2沈殿槽15に導入して重力沈降による固液分離を
し、得られた処理水28は必要に応じて酸で中和処理し
たのち、後処理工程(図示省略)へ送られる。また、沈
殿物35は前記溶解槽11に返送して新たな脱硫廃水2
1とともに混合して、以下前記と同様に処理される。後
処理工程としては必要により砂ろ過等による浮遊物除
去、活性炭吸着処理やイオン交換処理によるCOD除去
処理等の工程が設けられる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】前記した従来の処理方
法には次のような問題点があった。 (1)脱硫廃水中のフッ素濃度の変動に対して処理水中の
フッ素10mg/リットル以下を維持するためには、大
量の酸及びアルカリ剤が必要であり、設備規模が大きく
なって設備費及び運転費が高価となる。また、処理水の
pHがアルカリ性であるため、処理水を再度pH調整す
る必要がある。 (2)セレン等の重金属の処理が不安定で除去率が低いた
め、安定して良好な処理水質を得るためには、イオン交
換樹脂吸着等さらに高度な処理工程が必要である。 (3)大量の消石灰を使用するため、第1pH調整槽及び
第1沈殿槽においてカルシウム化合物のスケーリング問
題が常につきまとう。
【0006】本発明は前記従来技術の問題点を解決し、
セレンなどの重金属やフッ素を含有する廃水の処理方法
であって、廃水中のフッ素濃度の変動にかかわらず安定
した処理が可能で、イオン交換樹脂等を使用することな
くセレン等の重金属を容易に除去することができ、カル
シウム化合物によるスケーリングのおそれもない廃水処
理方法を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は前記課題を解決
する手段として次の(1)ないし(5)の態様を含むも
のである。 (1)フッ素、セレン又はこれらの化合物のいずれか1
種以上を含む廃水の処理方法において、該廃水にアルミ
ニウム塩を添加して凝集フロックを形成させた後、沈殿
分離を行う第一工程と、前記沈殿分離して得られる上澄
水に液体キレート剤を加えて反応させ、さらに該反応液
にアルミニウム塩を添加して固形物を凝集させた後、固
液分離する第二工程とからなることを特徴とする廃水の
処理方法。
【0008】(2)前記第一工程及び/又は第二工程の
アルミニウム塩を添加する段階において、アルカリ剤を
添加してpHを6〜8の範囲に調整して凝集処理するこ
とを特徴とする前記(1)の廃水の処理方法。 (3)前記第一工程及び/又は第二工程でアルミニウム
塩を添加した後、有機高分子凝集剤を添加し凝集処理す
ることを特徴とする前記(1)又は(2)の廃水の処理
方法。
【0009】(4)前記液体キレート剤の添加量が10
〜100mg/リットルであることを特徴とする前記
(1)ないし(3)のいずれかの廃水の処理方法。 (5)前記第二工程における固液分離が、重力沈降分離
又は中空糸膜分離によるものであることを特徴とする前
記(1)ないし(4)のいずれかの廃水の処理方法。
【0010】本発明の方法の第一工程においては、排煙
脱硫廃水にアルミニウム塩と必要によりアルカリ剤を加
えることによって、水酸化アルミニウム〔Al(OH)
3 〕フロックが析出する。このとき廃水中のSS成分で
ある石膏、フッ化カルシウム(CaF2 )及びフッ素イ
オンの一部等は水酸化アルミニウムに吸着されて沈降分
離する。
【0011】本発明の方法の第二工程で添加する液体キ
レート剤は、ジチオカルバミン酸基(−NH−CS2
a)とチオール基(−SNa)をキレート形成基として
持つ水溶性の高分子化合物(平均分子量8万〜12万)
であるが、フッ素イオン除去に対する作用はおおよそ次
のように考えられる。すなわち、第一工程の処理水にこ
の液体キレート剤、アルミニウム塩及び必要によりアル
カリ剤を加えると、水酸化アルミニウムAl(OH)3
フロックが析出し、フッ素イオンは水酸化アルミニウム
に吸着されるとともに、キレート形成基とも結合してこ
の水酸化アルミニウムフロックに包含される。また、こ
れと並行して、セレン等の微量の重金属は、前記キレー
ト形成基によってキレートを形成して不溶化する。
【0012】第二工程で形成された固形物の固液分離手
段としては、浮上分離、ろ過、遠心分離なども適用でき
るが、分離性能、作業性、経済性等の点から沈降分離又
は膜分離が特に好適である。固液分離の手段が膜分離に
よる場合、これらのフロックが膜によって通過が阻止さ
れて循環水側に残り、膜透過水にはSS、フッ素イオン
及びセレンイオンが除去された処理水となる。固液分離
の手段が沈降分離の場合は、有機高分子凝集剤を添加す
ることによって水酸化アルミニウムフロックが粗大化
し、容易に沈降分離する。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の方
法についてさらに詳細に説明する。図1は本発明の第1
の実施態様を示す廃水処理の工程説明図である。石炭、
石油等の燃焼装置から出る排ガスは、排煙脱硫装置(図
示省略)にて冷却、除塵され、硫黄酸化物が吸収除去さ
れた後、清浄ガスとして放出される。このとき、排煙脱
硫装置からは燃料成分に起因するフッ素化合物を含む脱
硫廃水21が排出される。前記脱硫装置がスート混合方
式の場合、脱硫廃水21の溶解性フッ素濃度は通常20
〜100mg/リットル、セレン濃度は数mg/リット
ルである。
【0014】第一工程として、先ず脱硫廃水21を第1
pH調整槽1に導き、アルミニウム塩22a及びアルカ
リ剤23aを添加してpH6〜8、好ましくはpH7程
度に調整する。pH6未満又はpH8を超えた場合は、
液中へのアルミニウムの溶解度が大きくフロックが十分
成長しない。なお、廃水中にアルミニウム塩22aを添
加しただけで、このpH領域となる場合は、アルカリ剤
23aの添加は不要である。pHを6〜8に調整するこ
とによって水酸化アルミニウムが析出し、廃水中のSS
成分である石膏、フッ化カルシウム(CaF2 )等は水
酸化アルミニウムのフロックに包含され、それと同時に
脱硫廃水21中のフッ素イオンの一部は水酸化アルミニ
ウムに吸着される。
【0015】なお、アルミニウム塩22aとしては硫酸
バンド、ポリ塩化アルミニウム(PAC)等が使用で
き、その注入量は脱硫廃水21中のフッ素濃度に対して
Al/F比(重量比)が0.3〜0.5となるように設
定する。また、アルカリ剤23aとしては水酸化ナトリ
ウム、水酸化カルシウム等が使用できる。なお、脱硫廃
水21の処理に際して、硫酸塩やカルシウム塩を添加す
ると、各装置でのスケールが発生しやすくなるため、ア
ルミニウム塩22aとしてはPAC、アルカリ剤23a
としては水酸化ナトリウムを用いるのが好ましい。
【0016】第1pH調整槽1で生じた水酸化アルミニ
ウム等の凝集物を含む懸濁液を第1凝集槽2に導入し、
有機高分子凝集剤24aと混合して沈降しやすい粗大フ
ロックにしたのち第1沈殿槽3に導き、重力沈降分離に
よって固液分離する。なお、有機高分子凝集剤24aの
添加はフロックを成長させて粗大化し、固液分離の手段
として重力沈降分離を行う場合に特に効果的であるが、
前記アルミニウム塩の添加によって容易に分離し得る程
度にまでフロックが成長している場合は特に添加を必要
としないことがある。固液分離後の上澄水25は反応槽
4に導入する。一方、分離された沈殿物26は第1沈殿
槽3から排出し、脱水機(図示省略)等で脱水して系外
へ排出する。なお、上澄水25にはフッ素イオンが15
〜20mg/リットル程度残存している。有機高分子凝
集剤としてはアニオン(陰イオン)性のものが適してお
り、例えばポリアクリル酸系の有機高分子凝集剤が好適
に使用できる。
【0017】次に第二工程として前記上澄水25を反応
槽4で液体キレート剤27(例えば、ミヨシ油脂社製エ
ポフロックL−2など)と混合する。液体キレート剤2
7は表1に示す性状を有し、ジチオカルバミン酸基(−
NH−CS2 Na)とチオール基(−SNa)等をキレ
ート形成基として有する水溶性の高分子化合物であり、
その注入量は10〜100mg/リットル、好ましくは
20〜50mg/リットルである。この操作によって、
上澄水25に残存するセレン等の微量重金属類は、液体
キレート剤27によって不溶化しマイクロフロックとな
る。
【0018】
【表1】
【0019】この反応液を次の第2pH調整槽5に導入
し、アルミニウム塩22bとアルカリ剤23bを添加し
てpH6〜8、好ましくはpH7程度に調整する。な
お、反応液中にアルミニウム塩22bを添加した段階で
このpH領域となる場合は、アルカリ剤23bの添加は
不要である。これによって析出した水酸化アルミニウム
のフロックに、前記マイクロフロックが包含され、それ
と同時に上澄水25に残存したフッ素イオンが水酸化ア
ルミニウムに吸着される。なお、アルミニウム塩22b
として硫酸バンド、ポリ塩化アルミニウム(PAC)等
が使用でき、その注入量は上澄水25のフッ素濃度に対
してAl/F比(重量比)が0.2〜0.4、好ましく
は0.2〜0.3になるように設定する。
【0020】また、アルカリ剤23bとしては水酸化ナ
トリウム、水酸化カルシウム等が使用できる。第2pH
調整槽5の懸濁液は第2凝集槽6に導入し、有機高分子
凝集剤24bと混合してフロックを粗大化する。なお、
アルミニウム塩22bを添加した段階でフロックが良好
に成長している場合や、後続の固液分離に重力分離以外
の手段を採用する場合は、有機高分子凝集剤24bの添
加を特に必要としない場合がある。この粗大化したフロ
ックを含有する液を第2沈殿槽7で上澄水(処理水)2
8と沈殿物29に固液分離する。このとき、処理水28
のフッ素濃度は5〜8mg/リットル以下、セレン等の
微量重金属濃度は放流規制値以下(例えばセレンの場合
は0.1mg/リットル以下)となる。沈殿物2は沈殿
物26とともに脱水機等で脱水して系外へ排出する。な
お、第一工程の場合と同様に各装置でのスケールの問題
から、アルミニウム塩22bとしてはPAC、アルカリ
剤23bとしては水酸化ナトリウムを用いるのが好まし
い。
【0021】図2は本発明の第2の実施態様を示す廃水
処理の工程説明図である。排煙脱硫廃水21には前記第
1の実施態様の場合と同様にフッ素が20〜100mg
/リットル含まれている。この廃水を第1の実施態様と
同様、第1pH調整槽1、第1凝集槽2及び第1沈殿槽
3に導き、廃水中のSS成分である石膏、フッ化カルシ
ウム(CaF2 )等とフッ素イオンの一部を除去する。
その際、第1工程としてアルミニウム塩22a、アルカ
リ剤23a及び有機高分子凝集剤24aの種類と注入
量、pHの設定条件等は前記第1の実施態様の場合と全
く同じである。
【0022】第1凝集槽2の反応液は、第1沈殿槽3で
重力沈降分離によって固液分離して、その上澄水25を
反応槽4に導入する。一方、分離された沈殿物26は第
1沈殿槽3から排出し、脱水機(図示省略)等で脱水し
て系外へ排出する。なお、この上澄水25にはフッ素イ
オンがまだ15〜20mg/リットル程度残存してい
る。さらに第1の実施態様の第2工程と同様にして、上
澄水25は反応槽4で液体キレート剤27と混合し、こ
の反応液を次の第2pH調整槽5に導入して、アルミニ
ウム塩22bとアルカリ剤23bを添加する。液体キレ
ート剤27、アルミニウム塩22b及びアルカリ剤23
bの種類及び注入量、pHの設定条件等は前記第1の実
施態様の場合と全く同じである。
【0023】第2pH調整槽5で生成した懸濁液は循環
槽8に導入し、後記の循環スラリ29aと合流したの
ち、膜分離装置9にポンプ圧送される。この膜分離装置
9の概要を図3に示す。図3の膜分離装置9には複数の
中空糸膜9aが配備されており、循環槽内液8aは循環
ポンプ30によって膜分離装置9へ圧送され、膜分離装
置9の中空糸膜9aでろ過されて透過液(処理水28)
が得られる。一方、固形物が濃縮された液は、循環スラ
リ29aとして循環槽8に戻される。循環槽8では槽内
のスラリ濃度を一定に維持するため、汚泥29bが所定
量排出され、前記沈殿物26とともに脱水機(図示省
略)で脱水処理して系外へ排出する。
【0024】中空糸膜9aは、直径約350μmのポリ
プロピレン製の繊維状の中空糸(細孔径0.2μm)を
束ねたもので、高い固形物濃度の廃水を直接ろ過するこ
とができ、その透過液の固形物濃度を1mg/リットル
以下にすることができる。廃水のろ過を長時間継続する
と中空糸膜9aのろ過差圧が上昇する。そのため、加圧
空気31でろ過と逆方向に短時間加圧して空気逆洗を行
う。その際排出された逆洗スラリは、循環スラリ29a
とともに、循環槽8に戻される。この逆洗操作は間欠的
に行う。固形物濃度によって逆洗操作の間隔は異なる
が、通常5〜15分間に1回逆洗し、逆洗時間は1回当
たり2〜3分間である。このように凝集物を含む液を膜
分離すれば、処理水28のSS濃度が非常に低くなるた
め、後処理工程で砂ろ過処理することなく、直ちに活性
炭処理することが可能となる。
【0025】
【実施例】以下、実施例により本発明の効果を実証する
が、本発明はこの実施例に限定されるものではない。 (実施例1)石炭を燃料とするボイラからの排ガスの排
煙脱硫廃水の処理試験を行った。このときの排煙脱硫廃
水の水質を表2に示す。
【0026】
【表2】
【0027】表2に示す排煙脱硫廃水を図1のプロセス
に従って処理した。すなわち、表2の脱硫廃水にPAC
溶液を2000mg/リットル添加し、pH7に調整し
て攪拌したのち、アニオン系有機高分子凝集剤5mg/
リットルを添加して凝集沈殿処理した。この上澄水のフ
ッ素イオン濃度は15mg/リットルであった。この上
澄水に液体キレート剤(ミヨシ油脂社製、エポフロック
L−2)30mg/リットル、PAC溶液500mg/
リットルを添加し、pH7に調整して攪拌したのち、ア
ニオン系有機高分子凝集剤3mg/リットルを添加して
凝集沈殿処理した。この上澄水のフッ素イオン濃度は8
mg/リットル、セレン濃度は0.1mg/リットル以
下で、汚泥量は廃水量ベースで900mg/リットル相
当であった。
【0028】(比較例1)表2の排煙脱硫廃水を従来技
術の一段凝集沈殿で処理した。すなわち、表2の排煙脱
硫廃水にPAC溶液を2000、3000又は4000
mg/リットル添加し、それぞれの溶液をpH7に調整
して攪拌したのち、アニオン系有機高分子凝集剤5mg
/リットルを添加して凝集沈殿処理した。この上澄水の
フッ素イオン濃度はいずれも15mg/リットルで、セ
レンはほとんど除去されていなかった。
【0029】(比較例2)表2の排煙脱硫廃水を図4に
示す従来プロセスで二段凝集沈殿処理した。すなわち、
表2の排煙脱硫廃水に消石灰1000mg/リットルを
添加し、塩酸でpH8となるように調整し、有機高分子
凝集剤を5mg/リットル添加して凝集沈殿処理した。
この上澄水にアルカリ剤として炭酸ナトリウムを250
0mg/リットル、有機高分子凝集剤を5mg/リット
ル添加して凝集沈殿処理した。この上澄水のpHは9、
フッ素イオン濃度は8mg/リットル、セレンはほとん
ど除去されておらず、汚泥量は廃水量ベースで4000
mg/リットルであった。
【0030】(実施例2)表2に示す排煙脱硫廃水を図
2のプロセスに従って処理した。すなわち、表2の脱硫
廃水にPAC溶液を2000mg/リットル添加し、p
H7に調整して攪拌したのち、アニオン系有機高分子凝
集剤5mg/リットルを添加して凝集沈殿処理した。こ
の上澄水に実施例1と同じ液体キレート剤30mg/リ
ットル、PAC溶液500mg/リットルを添加し、p
H7に調整して攪拌したのち、ポリプロピレン製中空糸
膜(日本メムテック製、細孔径0.1μm)を用いた図
3に示す構成の中空糸膜型固液分離装置を使用して、ろ
過速度60リットル/m2 /hの一定流量加圧ろ過し
た。ろ過差圧が一定になるように、10分毎に1回、
2.5分間の空気逆洗を行った。逆洗圧力は10kPa
とした。その結果、ろ過差圧はろ過開始後5000時間
を経ても当初の10〜15kPaと大差なかった。この
透過液(処理水)の水質はフッ素イオン濃度が8mg/
リットル、セレン濃度は0.1mg/リットル以下で、
SS濃度は常に1mg/リットル以下であった。汚泥量
は廃水量ベースで実施例1とほぼ同じ900mg/リッ
トル相当であった。
【0031】
【発明の効果】本発明の方法によれば次のような効果が
ある。 (1)脱硫廃水中のフッ素濃度の変動に対して、処理水
中のフッ素イオン濃度10mg/リットル以下、セレン
濃度0.1mg/リットル以下を安定して得ることがで
きる。 (2)従来プロセスに比べて薬品注入量が比較的少なく
てすむ。そのため設備規模が小さくなり、運転費が少な
くて済む。さらに、処理水のpHがほぼ中性であるた
め、従来法のように放流前に処理水を再度pH調整する
必要がない。 (3)第二工程の固液分離が膜分離の場合は、その透過
水(処理水)のSS濃度は非常に低いため、後処理工程
で砂ろ過処理することなく、直ちに活性炭処理すること
が可能となる。
【0032】(4)脱硫廃水中には多量の石膏が含まれ
ている。石膏は針状結晶であり、これを直接膜分離すれ
ば膜表面が傷つきやすい。特に中空糸の場合、SSの沈
積を防止するために管内流速を比較的高く維持しなけれ
ばならない。そのため、石膏によって膜面が磨耗されて
破損しやすく、耐久性に問題がある。本発明では、第一
工程で凝集沈殿処理してほとんどの石膏粒子を除去する
ため、第二工程で膜分離をしても、膜面に対する磨耗性
はなく、耐久性が飛躍的に増加する。 (5)セレン等の重金属がフッ素イオンと同時に除去さ
れるため、後処理工程でイオン交換樹脂による吸着等の
処理工程が不要となる。 (6)従来法のように、第一工程におけるカルシウムの
スケーリング問題を生じるおそれがない。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1の実施態様を示す廃水処理の工程
説明図。
【図2】本発明の第2の実施態様を示す廃水処理の工程
説明図。
【図3】本発明で使用される中空糸膜による固液分離装
置の概念説明図。
【図4】従来の技術による廃水処理の1例を示す工程説
明図。
フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B01D 53/50 C02F 1/44 ZABE 53/77 1/52 K C02F 1/44 ZAB ZABJ 1/52 B01D 53/34 125R ZAB (72)発明者 中川 平安 兵庫県神戸市兵庫区小松通五丁目1番16号 株式会社神菱ハイテック内 (72)発明者 神吉 秀起 兵庫県神戸市兵庫区小松通五丁目1番16号 株式会社神菱ハイテック内 (72)発明者 西田 守賢 兵庫県神戸市兵庫区小松通五丁目1番16号 株式会社神菱ハイテック内

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 フッ素、セレン又はこれらの化合物のい
    ずれか1種以上を含む廃水の処理方法において、該廃水
    にアルミニウム塩を添加して凝集フロックを形成させた
    後、沈殿分離を行う第一工程と、前記沈殿分離して得ら
    れる上澄水に液体キレート剤を加えて反応させ、さらに
    該反応液にアルミニウム塩を添加して固形物を凝集させ
    た後、固液分離する第二工程とからなることを特徴とす
    る廃水の処理方法。
  2. 【請求項2】 前記第一工程及び/又は第二工程のアル
    ミニウム塩を添加する段階において、アルカリ剤を添加
    してpHを6〜8の範囲に調整して凝集処理することを
    特徴とする請求項1に記載の廃水の処理方法。
  3. 【請求項3】 前記第一工程及び/又は第二工程でアル
    ミニウム塩を添加した後、有機高分子凝集剤を添加し凝
    集処理することを特徴とする請求項1又は2に記載の廃
    水の処理方法。
  4. 【請求項4】 前記液体キレート剤の添加量が10〜1
    00mg/リットルであることを特徴とする請求項1な
    いし3のいずれかに記載の廃水の処理方法。
  5. 【請求項5】 前記第二工程における固液分離が、重力
    沈降分離又は中空糸膜分離によるものであることを特徴
    とする請求項1ないし4のいずれかに記載の廃水の処理
    方法。
JP8011168A 1996-01-25 1996-01-25 廃水の処理方法 Withdrawn JPH09192675A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8011168A JPH09192675A (ja) 1996-01-25 1996-01-25 廃水の処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8011168A JPH09192675A (ja) 1996-01-25 1996-01-25 廃水の処理方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09192675A true JPH09192675A (ja) 1997-07-29

Family

ID=11770528

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8011168A Withdrawn JPH09192675A (ja) 1996-01-25 1996-01-25 廃水の処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09192675A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001025777A (ja) * 1999-07-15 2001-01-30 Kurita Water Ind Ltd 水処理方法
JP2002331204A (ja) * 2001-03-22 2002-11-19 Hymo Corp 水酸化アルミニウムスラッジの脱水方法
JP2005125153A (ja) * 2003-10-21 2005-05-19 Kurita Water Ind Ltd フッ素含有排水の処理方法及び処理装置
JP2006224023A (ja) * 2005-02-18 2006-08-31 Matsushita Electric Ind Co Ltd 重金属含有排水の処理方法および重金属含有排水の処理装置
JP2011245431A (ja) * 2010-05-27 2011-12-08 Shimizu Corp 溶存態重金属含有スラリーの凝集沈澱処理方法及び凝集沈澱処理システム
JP2014091115A (ja) * 2012-11-07 2014-05-19 Swing Corp 重金属含有廃液の処理方法及び装置
JP6015841B1 (ja) * 2015-06-22 2016-10-26 王子ホールディングス株式会社 水処理システム、水処理方法、無菌水製造方法、抗菌水製造方法および水処理方法の管理方法
WO2019131832A1 (ja) 2017-12-27 2019-07-04 三菱マテリアル株式会社 廃水の処理方法
WO2019131827A1 (ja) 2017-12-27 2019-07-04 三菱マテリアル株式会社 廃水の処理方法
JP2019171291A (ja) * 2018-03-28 2019-10-10 栗田工業株式会社 セレン含有水の処理方法及び処理装置
US11479490B2 (en) 2017-12-27 2022-10-25 Mitsubishi Materials Corporation Method of treating wastewater

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001025777A (ja) * 1999-07-15 2001-01-30 Kurita Water Ind Ltd 水処理方法
JP4507267B2 (ja) * 1999-07-15 2010-07-21 栗田工業株式会社 水処理方法
JP2002331204A (ja) * 2001-03-22 2002-11-19 Hymo Corp 水酸化アルミニウムスラッジの脱水方法
JP4553507B2 (ja) * 2001-03-22 2010-09-29 ハイモ株式会社 水酸化アルミニウムスラッジの脱水方法
JP2005125153A (ja) * 2003-10-21 2005-05-19 Kurita Water Ind Ltd フッ素含有排水の処理方法及び処理装置
JP4508600B2 (ja) * 2003-10-21 2010-07-21 栗田工業株式会社 フッ素含有排水の処理方法及び処理装置
JP2006224023A (ja) * 2005-02-18 2006-08-31 Matsushita Electric Ind Co Ltd 重金属含有排水の処理方法および重金属含有排水の処理装置
JP2011245431A (ja) * 2010-05-27 2011-12-08 Shimizu Corp 溶存態重金属含有スラリーの凝集沈澱処理方法及び凝集沈澱処理システム
JP2014091115A (ja) * 2012-11-07 2014-05-19 Swing Corp 重金属含有廃液の処理方法及び装置
JP6015841B1 (ja) * 2015-06-22 2016-10-26 王子ホールディングス株式会社 水処理システム、水処理方法、無菌水製造方法、抗菌水製造方法および水処理方法の管理方法
JP2017006899A (ja) * 2015-06-22 2017-01-12 王子ホールディングス株式会社 水処理システム、水処理方法、無菌水製造方法、抗菌水製造方法および水処理方法の管理方法
WO2019131832A1 (ja) 2017-12-27 2019-07-04 三菱マテリアル株式会社 廃水の処理方法
WO2019131827A1 (ja) 2017-12-27 2019-07-04 三菱マテリアル株式会社 廃水の処理方法
KR20200096247A (ko) 2017-12-27 2020-08-11 미쓰비시 마테리알 가부시키가이샤 폐수의 처리 방법
KR20200098539A (ko) 2017-12-27 2020-08-20 미쓰비시 마테리알 가부시키가이샤 폐수의 처리 방법
US11479490B2 (en) 2017-12-27 2022-10-25 Mitsubishi Materials Corporation Method of treating wastewater
JP2019171291A (ja) * 2018-03-28 2019-10-10 栗田工業株式会社 セレン含有水の処理方法及び処理装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100851456B1 (ko) 물 처리 방법 및 장치
CN104936907B (zh) 通过利用再生三水铝石降低废水流中硫酸盐浓度的工艺
JP4183741B1 (ja) 吸着・凝集方式の廃水処理剤
EP2585185A1 (en) A process for reducing the sulfate concentration in a wastewater stream
WO2008073963A1 (en) Method for treating wastewater or produced water
CN107089744B (zh) 一种脱硫废水深度处理零排放的方法
EP2373588B1 (fr) Procédé et dispositif pour la régénération des solutions de lavage polluées
JP2000317262A (ja) 排煙脱硫排水の処理方法
JPH09192675A (ja) 廃水の処理方法
WO1991007354A1 (en) Water treatment method
JP2014233699A (ja) 被処理水からシリカを除去する方法及び装置
JP2005074295A (ja) 洗車排水処理システム
JP2005254159A (ja) 排水処理システム及びそれを用いた排ガス処理システム
JPH11104696A (ja) 純水製造方法
JP2001239273A (ja) ホウ素およびフッ素含有水の処理方法
JP2007075780A (ja) マンガン含有水の処理方法及び装置
JP3496773B2 (ja) 有機性汚水の高度処理方法及び装置
JPH1177062A (ja) 凝集分離方法
TWI715110B (zh) 用於淨化受電解質及染劑污染之廢水之設備及方法
JP2001129309A (ja) 粉末状凝集沈降剤
JPH10235398A (ja) 汚泥の処理方法
JP2002079004A (ja) 凝集方法
JP4894139B2 (ja) リン酸含有液の処理方法および装置
JPH1110169A (ja) 廃水の処理方法
CZ28793A3 (en) Method of waste water treatment, particularly of car wash waste water

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20030401