JPH0916380A - Start setting system for application program - Google Patents

Start setting system for application program

Info

Publication number
JPH0916380A
JPH0916380A JP15921795A JP15921795A JPH0916380A JP H0916380 A JPH0916380 A JP H0916380A JP 15921795 A JP15921795 A JP 15921795A JP 15921795 A JP15921795 A JP 15921795A JP H0916380 A JPH0916380 A JP H0916380A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
file
application program
setting
system
means
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP15921795A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Nobukazu Watabe
信和 渡部
Original Assignee
Shiyuurudo Ueebu:Kk
株式会社シュールド・ウェーブ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To provide an application program start setting system with which various application programs can be smoothly started by automatically solving problems in memory area setting to be generated when starting the new program. CONSTITUTION: A CONFIG. SYS. and an AUTOEXEC. BAT. are saved (S100 and S110). Next, the C0NFIG. SYS, and AUT0EXEC. BAT. dedicated to the object application program are prepared (S120 and S130). Then, a computer is reset (S140). Therefore, the memory area setting due to the CONFIG. SYS. corresponds to the object application program and the memory area enough for starting the object application program is set so that it can not be necessary for a user to perform the complicated reloading of 'CONFIG. SYS'. or 'AUT0 EXEC. BAT.'.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、アプリケーションプログラム起動設定システムに関し、特に、オペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、更に自動起動設定ファイルの内容に応じてアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動するオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システム、更に、下位のオペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、更に自動起動設定ファイルの内容に応じてアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動する下位のオペレーティングシステム、およびこ BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to the application program starting setting system, in particular, to set the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files at startup of the operating system itself, further the content of the autorun setup file automatic operating system to start the application program starting setting system in the presence of a further memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files at startup subordinate operating system itself reads the application program in the memory of the computer in accordance with the to set the further lower the operating system to automatically start reading the application program in the memory of the computer in accordance with the contents of the autorun setup file, and the child 下位のオペレーティングシステム上において稼動するとともに下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能なアプリケーションプログラムも所定環境の基で起動可能な上位のオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムに関する。 For the application program starting setting system in the presence of a bootable upper operating system under the only bootable application programs predetermined environment on the lower of the operating system while running on the underlying operating system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】現在、コンピュータの実用プログラムは、通常、オペレーティングシステム上にてアプリケーションプログラムとして起動されている。 At present, practically program of the computer is normally started as an application program in the operating system. 例えば、パーソナルコンピュータのオペレーティングシステムとしては、MS−DOS(マイクロソフト社製オペレーティングシステム)や、DOS/V(IBM社製オペレーティングシステム)が存在し、更にそのオペレーティングシステム上で稼動する上位オペレーティングシステムとして、WINDOWS(ウインドウズ:マイクロソフト社製オペレーティングシステム)が存在する。 For example, the operating system of the personal computer, or MS-DOS (Microsoft Corporation operating system), there are DOS / V (IBM Corporation operating system), as further higher operating system that runs on its operating system, WINDOWS (Windows: Microsoft Corp. operating system) is present.

【0003】これらのオペレーティングシステム上でアプリケーションプログラムを起動させる場合には、そのアプリケーションプログラムに見合ったメモリが必要とされる。 [0003] When to start an application program on these operating systems, memory commensurate with the application program is required. このため、オペレーティングシステムは、オペレーティングシステム自身の起動の際に、予めメモリ設定の記述が行われているシステム設定ファイル(例えば、MS−DOSならば「config.sys」)の内容を読み込み、その内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定、例えば、バッファの大きさの指定、必要なデバイスドライバの登録、EMS(Expanded Memory For this reason, the operating system, at the time of the start-up of the operating system itself, read the contents of the system configuration file description of the advance in the memory setting has been performed (for example, if MS-DOS "config.sys"), its contents setting of the memory area of ​​the computer in response to, for example, specify the size of the buffer, the registration of the necessary device driver, EMS (Expanded memory
Specification:拡張メモリ仕様)等の特別なメモリ領域使用の設定等を行っている。 Specification: doing the extended memory specification) special set of memory area use of such like.

【0004】このように、アプリケーションプログラム毎に、必要とされるメモリ領域が異なるため、アプリケーションプログラムを購入したユーザにおいて、そのアプリケーションプログラムを起動させるためには、自己のコンピュータのシステム設定ファイル(例えば、MS [0004] Thus, for each application program, a memory area required different, the user who bought the application program, in order to launch the application program, system configuration files of the own computer (e.g., MS
−DOSならば「CONFIG.SYS」)を変更しなくてはならない。 -DOS if without changing the "CONFIG.SYS") should not be. また、更にアプリケーションプログラムを起動させるための自動起動設定ファイル(例えば、 The automatic startup configuration file for further starts the application program (e.g.,
MS−DOSならば「AUTOEXEC.BAT」)の内容も変更する必要があった。 The contents of if MS-DOS "AUTOEXEC.BAT") also had to be changed.

【0005】このような変更作業は、メモリ領域の設定や自動起動の知識を有しているユーザならば、自分で行うことはできるが、このような知識が無いユーザの場合は、うまく設定ができず、アプリケーションプログラムを起動することができない恐れがあった。 [0005] Such a change work, if the user has a knowledge of settings and automatic start of the memory area, although it is possible to do it yourself, if such knowledge is not the user, is well set can not, there is a possibility not be able to start the application program.

【0006】このため、アプリケーションプログラムには、セットアッププログラムが同時に添付され、このような面倒なシステム設定ファイルや自動起動設定ファイルの設定を自動化しているのが現状である。 [0006] For this reason, the application program, is attached setup program at the same time, are you automate the setup of such a cumbersome system configuration files and automatic startup configuration file is the status quo.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】ところが、このようなセットアッププログラムは、システム設定ファイルや自動起動設定ファイルを書き替えてしまうので、新しく購入したアプリケーションプログラムの処理が終了し、以前から使用していたアプリケーションプログラムの処理を行おうとした場合に、既にシステム設定ファイルや自動起動設定ファイルは書き替えられてしまっているので、それら設定ファイルの内容によっては、起動できなくなってしまう恐れがあった。 The object of the invention is to be Solved However, such a set-up program, so would rewrites the system configuration files and automatic startup configuration file, exit the processing of the application program that has been newly purchased, were previously used If an attempt is made to processing of the application program, since they've already rewritten the system configuration files and automatic startup configuration file, depending on the contents of their configuration files, there is a fear that you can not start.

【0008】この場合には、やはり、ユーザ自身において、システム設定ファイルや自動起動設定ファイルを、 [0008] In this case, again, in the user's own, the system configuration files and automatic startup configuration file,
元に戻したり、両方のプログラムが起動できるように書き替えなくてはならず、面倒であった。 Or return to the original, both programs must not not rewritten so as to be able to start, was troublesome. 一方、WIND On the other hand, WIND
OWSのようなMS−DOSやDOS/V上で稼動する上位のオペレーティングシステムについては、その下位のオペレーティングシステムに属するMS−DOS等のオペレーティングシステム上のみで起動することができるアプリケーションプログラムも、特別な設定により下位のオペレーティングシステムの仮想的な環境を作成することにより、WINDOWS上でも起動できる。 For MS-DOS and higher-level operating system that runs on DOS / V, such as the OWS, even application program that can be activated only on the operating system of MS-DOS, etc. belonging to the operating system of its subordinate, special by creating a virtual environment of the underlying operating system by setting, it can be started even on WINDOWS. しかし、この場合、メモリ領域はWINDOWSにより管理されており、他のソフトも稼動しているマルチタスクの状況下では、下位のオペレーティングシステムの仮想的な環境上では自由にメモリ領域を設定できるわけではなかった。 However, in this case, the memory area is managed by WINDOWS, in the context of the multi-task running also other software, it is not freely set the memory area in the virtual environment of the underlying operating system There was no.

【0009】したがって、下位のオペレーティングシステム上のみで起動することができるアプリケーションプログラムも、メモリ領域の設定が十分にできず、起動できない恐れがあり、この解決を全てのユーザに期待することは無理であった。 Accordingly, an application program that can be activated only on the lower operating systems, setting of the memory area can not be sufficiently, there may not be started, it is unreasonable to expect this solution to all users there were. 本発明は、このように新たなプログラムを起動させようとした場合に生じるメモリ領域設定上の問題を自動的に解決して、円滑に各種アプリケーションプログラムを起動できるアプリケーションプログラム起動設定システムを提供することを目的とする。 The present invention is to provide such a new program to automatically solve the problem of the memory region setting caused when trying to start the application program starting setting system running smoothly start the various application programs With the goal.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、 Means for Solving the Problems The invention according to claim 1,
オペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、更に自動起動設定ファイルの内容に応じて該当するアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動するオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムであって、前記システム設定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる設定ファイル退避手段と、前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーションプログラムを Operating system to set the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files when the operating system itself activated, further autostart reads the corresponding application program in the memory of the computer in accordance with the contents of the autorun setup file an application program activation setting system in the presence of, among the system configuration file and the autorun setup file, and setting file saving means for saving the configuration file contents are present, in the setting file saving means, after setting the file contents are present is evacuated, thereby creating a system configuration file contents for setting a memory area corresponding to the predetermined application program, said predetermined application program 動起動する内容の自動起動設定ファイルを作成する設定ファイル作成手段と、前記設定ファイル作成手段によりシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルが作成されると、コンピュータをリセットするリセット手段と、前記リセット手段によりリセットされた後に前記設定ファイル作成手段にて作成されたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルに基づいて起動される前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に、前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる設定ファイル復活手段と、を備えたことを特徴とするアプリケーションプログラム起動設定システムである。 A setting file creating means for creating autorun setup file contents to be moving start, the system configuration files and autorun setup file is created by the configuration file generation means, resetting means for resetting the computer, by the reset means the configuration file before execution of the predetermined application program that is run on the basis of a system set the created file and autorun setup file at creation means or after execution after being reset, has been evacuated by the configuration file saving means a configuration file revival means to revive the system configuration files and autorun setup file is an application program activation setting system comprising the.

【0011】請求項2記載の発明は、オペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、更に自動起動設定ファイルの内容に応じて該当するアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動するオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムであって、前記システム設定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる設定ファイル退避手段と、前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前 [0011] According to a second aspect of the invention, to set the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files at startup of the operating system itself, further computer application program applicable in accordance with the content of the autorun setup file a application program starting setting system in the presence of an operating system to automatically start reading in the memory, of the system configuration file and the autorun setup file, the configuration file is retracted configuration file contents exist retracted means, at the setting file saving means, after setting the file contents are present is evacuated, thereby creating a system configuration file contents for setting a memory area corresponding to the predetermined application program, before 所定アプリケーションプログラムを自動起動し、かつ前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる内容の自動起動設定ファイルを作成する設定ファイル作成手段と、を備えたことを特徴とするアプリケーションプログラム起動設定システムである。 Automatically starts a predetermined application program, and creates a predetermined application program autorun setup file of what the revive the configuration file system settings have been saved by saving device files and autorun setup file before or after execution the execution of a configuration file generation means is an application program activation setting system comprising the.

【0012】請求項3記載の発明は、下位のオペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、 [0012] According to a third aspect, setting the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files at startup subordinate operating system itself,
更に自動起動設定ファイルの内容に応じて該当するアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動する下位のオペレーティングシステム、およびこの下位のオペレーティングシステム上において稼動するとともに下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能なアプリケーションプログラムも所定環境の基で起動可能な上位のオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムであって、前記所定環境で使用可能なメモリ領域が下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能な所定アプリケーションプログラムの起動に十分か否かを判定するメモリ領域判定手段と、前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記システム Further underlying operating system to automatically start reading the relevant application program in the memory of the computer in accordance with the contents of the autorun setup file, and can only be started on the lower of the operating system while running on the underlying operating system an application program may be an application program activation setting system in the presence of a bootable higher operating systems in a predetermined environment based on a predetermined memory space available is only available started on the lower of the operating system at the predetermined environment a memory area determining means for determining sufficient or not to start the application program, when the memory area is determined not to be sufficient to start at the memory area determination unit, said system 定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる設定ファイル退避手段と、前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーションプログラムを前記下位のオペレーティングシステム上にて自動起動する内容の自動起動設定ファイルを作成する設定ファイル作成手段と、を備えたことを特徴とするアプリケーションプログラム起動設定システムである。 Of the constant file and the autorun setup file, after the configuration file saving means for saving the configuration file contents are present, in the setting file saving means, the configuration file content that is present is evacuated, the predetermined as well as create a system configuration file contents for setting a memory area corresponding to the application program, the setting file creating means for creating autorun setup file contents to automatically start a predetermined application program in on the underlying operating system is an application program activation setting system comprising the.

【0013】請求項4記載の発明は、更に、前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記上位のオペレーティングシステム上で稼働している他のアプリケーションプログラムが存在する場合にそのアプリケーションプログラムのデータを退避させるプログラムデータ退避手段と、前記設定ファイル作成手段によりシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルが作成され、更に前記プログラムデータ退避手段により他のアプリケーションプログラムのデータが退避されると、コンピュータをリセットするリセット手段と、を備えた請求項3記載のアプリケーションプログラム起動設定システムである。 [0013] The invention of claim 4, wherein, further, when said memory area determining unit in the memory region is determined to be not sufficient to start another application program running on the host operating system and program data saving means for saving the data of the application program when present, the configuration file is created the system configuration files and autorun setup file by creating means, further data of another application program with the program data saving means Once retracted, an application program activation setting system according to claim 3, further comprising a reset means for resetting the computer.

【0014】請求項5記載の発明は、更に、前記リセット手段によりリセットされた後に前記設定ファイル作成手段にて作成されたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルに基づいて前記下位のオペレーティングシステム上で起動される前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に、前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる設定ファイル復活手段を備えた請求項4記載のアプリケーションプログラム起動設定システムである。 [0014] According to a fifth aspect, further, started on the underlying operating system based on the configuration file system configuration files created by the creation means and autorun setup file after being reset by the reset means the predetermined application program before or after execution being, an application program starting of the configuration file system settings have been saved by saving device files and autorun setup file with a configuration file revival means to revive claim 4, wherein Setup is a system.

【0015】請求項6記載の発明は、下位のオペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、 [0015] According to a sixth aspect of the invention, to set the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files at startup subordinate operating system itself,
更に自動起動設定ファイルの内容に応じて該当するアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動する下位のオペレーティングシステム、およびこの下位のオペレーティングシステム上において稼動するとともに下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能なアプリケーションプログラムも所定環境の基で起動可能な上位のオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムであって、前記所定環境で使用可能なメモリ領域が下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能な所定アプリケーションプログラムの起動に十分か否かを判定するメモリ領域判定手段と、前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記システム Further underlying operating system to automatically start reading the relevant application program in the memory of the computer in accordance with the contents of the autorun setup file, and can only be started on the lower of the operating system while running on the underlying operating system an application program may be an application program activation setting system in the presence of a bootable higher operating systems in a predetermined environment based on a predetermined memory space available is only available started on the lower of the operating system at the predetermined environment a memory area determining means for determining sufficient or not to start the application program, when the memory area is determined not to be sufficient to start at the memory area determination unit, said system 定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる設定ファイル退避手段と、前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーションプログラムを前記下位のオペレーティングシステム上にて自動起動し、かつ前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる内容の自動起動設定ファイルを作成する設定ファイル作成手段と、を備えたことを特徴とするアプリケーションプログラム起動設定シス Of the constant file and the autorun setup file, after the configuration file saving means for saving the configuration file contents are present, in the setting file saving means, the configuration file content that is present is evacuated, the predetermined as well as create a system configuration file contents for setting a memory area corresponding to the application program, the setting of the predetermined application program automatically activated in on the underlying operating system, and after the predetermined application program before or execution application program launch configuration cis, characterized in that it and a setting file creating means for creating autorun setup file contents to revive the system configuration has been saved file and autorun setup file at the file saving means ムである。 It is a non.

【0016】請求項7記載の発明は、更に、前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記上位のオペレーティングシステム上で稼働している他のアプリケーションプログラムが存在する場合にそのアプリケーションプログラムのデータを退避させるプログラムデータ退避手段と、前記設定ファイル作成手段によりシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルが作成され、更に前記プログラムデータ退避手段により他のアプリケーションプログラムのデータが退避されると、コンピュータをリセットするリセット手段と、を備えた請求項6記載のアプリケーションプログラム起動設定システムである。 [0016] according to claim 7, wherein the invention is further when said memory area determining unit in the memory region is determined to be not sufficient to start another application program running on the host operating system and program data saving means for saving the data of the application program when present, the configuration file is created the system configuration files and autorun setup file by creating means, further data of another application program with the program data saving means Once retracted, an application program activation setting system according to claim 6, further comprising a reset means for resetting the computer.

【0017】 [0017]

【作用及び発明の効果】請求項1のアプリケーションプログラム起動設定システムは、設定ファイル退避手段、 [Effect of the action and INVENTION application program starting setting system of claim 1, the configuration file saving means,
設定ファイル作成手段、リセット手段および設定ファイル復活手段を備えている。 Configuration file creation means, it is provided with a reset means and setting file revival means.

【0018】設定ファイル退避手段は、前記システム設定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる。 [0018] Configuration file saving means of the system configuration file and the autorun setup file is retracted configuration file contents are present. 設定ファイル作成手段は、前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーションプログラムを自動起動する内容の自動起動設定ファイルを作成する。 Configuration file creating means, in the setting file saving means, after setting the file contents are present is evacuated, thereby creating a system configuration file contents for setting a memory area corresponding to the predetermined application program, the to create an automatic start-up configuration files of contents that automatically starts a predetermined application program.

【0019】リセット手段は、前記設定ファイル作成手段によりシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルが作成されるとコンピュータをリセットする。 The reset means, the system configuration files and autorun setup file is reset when created a computer by the configuration file generation means. 設定ファイル復活手段は、前記リセット手段によりリセットされた後に前記設定ファイル作成手段にて作成されたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルに基づいて起動される前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に、前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる。 Configuration file revival means, the configuration file the is run on the basis of a system-created configuration file and autorun setup file at creation unit before execution of a predetermined application program or after execution after being reset by the reset means, the revive the system configuration files and automatic start-up configuration files that have been saved in the configuration file saving means.

【0020】すなわち、リセット手段によりリセットされると、設定ファイル作成手段により作成されたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルに基づいてオペレーティングシステムが起動される。 [0020] That is, when it is reset by the reset means, the operating system is activated based on the system configuration files and autorun setup file created by the setting file creation means. したがって、 Therefore,
メモリ領域は所定アプリケーションプログラムの起動に対応して十分に確保され、その状態で所定アプリケーションプログラムが起動されるので、所定アプリケーションプログラムは問題なく起動される。 Memory area is sufficiently secured in response to activation of a predetermined application program, since the predetermined application program in this state is started, a predetermined application program is started without problems.

【0021】そして、オペレーティングシステムが稼動した状態で、所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に、設定ファイル復活手段が、設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させるので、元どおり所定アプリケーションプログラムを起動させる前の設定状態に戻る。 [0021] In a state where the operating system is running, to either before or after execution of predetermined application programs, configuration files revival means to revive the system configuration files and autorun setup file that was saved in the configuration file saving means since, it returns to the set state before starting the Replace predetermined application program.

【0022】したがって、再度自動的にリセット、あるいはユーザがリセットしたり電源を入れ直せば、元通りの設定状態に戻り、以前から使用していたアプリケーションプログラムの処理を、問題なく円滑に実行することができる。 [0022] Thus, automatically reset again or if the user Irenaose the power or reset, return to restore the settings, the processing of the application program that was previously used, to be smoothly performed without error, can. 尚、リセット手段を設けず、設定ファイル作成手段にて自動起動設定ファイルの内容を、所定アプリケーションプログラムを自動起動し、かつ所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる内容とすることにより、設定ファイル復活手段を自動起動設定ファイルの内容に含ませておいても良い。 Note that without providing the reset means, the contents of the autorun setup file at configuration file generation means, automatically starts a predetermined application program, and has been retracted by a predetermined application program execution set before or after execution file saving means by the content to revive the system configuration files and autorun setup file, it may be previously included a configuration file revival means the contents of the autorun setup file.

【0023】この構成の場合は、ユーザがコンピュータをリセットしたり、電源を入れ直すだけで、請求項1の場合と同様な効果を得ることができる。 [0023] In the case of this configuration, the user can or reset the computer, only power cycle, to obtain the same effects as in the claim 1. 請求項3のアプリケーションプログラム起動設定システムは、メモリ領域判定手段、設定ファイル退避手段および設定ファイル作成手段を備える。 Application program starting setting system according to claim 3 is provided with a memory area determining unit, a setting file save means and setting file creating means.

【0024】メモリ領域判定手段は、所定環境で使用可能なメモリ領域が下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能な所定アプリケーションプログラムの起動に十分か否かを判定する。 The memory area determining means determines only whether sufficient or not to start the predetermined application programs that can run on the operating system available memory space lower in a given environment. 所定環境とは、例えばWIN The predetermined environment, e.g. WIN
DOWSで言えば、WINDOWS上に設定される仮想的なMS−DOSの環境のことを言い、その環境では、 Speaking at DOWS, refers to a virtual MS-DOS environment, which is set on a WINDOWS, in that environment,
下位のオペレーティングシステムでしか起動しないアプリケーションプログラムも起動可能となる。 Application programs that do not start only at a lower operating system also becomes possible start.

【0025】設定ファイル退避手段は、前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記システム設定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる。 [0025] Configuration file saving means, when said memory area in the memory area determination unit is determined not to be sufficient for activation, of the system configuration file and the autorun setup file, the configuration file contents are present a is retracted. 設定ファイル作成手段は、前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーションプログラムを前記下位のオペレーティングシステム上にて自動起動する内容の自動起動設定ファイルを作成する。 Configuration file creating means, in the setting file saving means, after setting the file contents are present is evacuated, thereby creating a system configuration file contents for setting a memory area corresponding to the predetermined application program, the to create the automatic startup configuration file contents to be automatically activated in a predetermined application program the underlying operating system on.

【0026】このため、この処理の後に、上位のオペレーティングシステムの稼動下にリセットあるいは電源を入れ直したり、または下位のオペレーティングシステムに戻った後にリセットあるいは電源を入れ直したりすれば、システム設定ファイルが所定アプリケーションプログラムの起動に十分なメモリ領域を設定し、更に自動起動設定ファイルにより下位のオペレーティングシステム上にて所定アプリケーションプログラムが自動起動される。 [0026] Thus, after this process, if cycle or a reset or power after returning cycle or a reset or power, or to lower the operating system under operation of the upper operating system, system configuration files specified application set enough memory to start the program, the predetermined application program is automatically activated in on the lower of the operating system by further autorun setup file.

【0027】したがって、下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能な所定アプリケーションプログラムも、特別にユーザが設定変更を行うこと無く、円滑に実行させることができる。 [0027] Thus, also only bootable predetermined application program on the lower of the operating system, especially without the user performing the setting change can be smoothly performed. この構成に、更に、プログラムデータ退避手段とリセット手段とを備えても良い。 This arrangement may further comprise a program data saving unit and reset means.

【0028】プログラムデータ退避手段は、メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記上位のオペレーティングシステム上で稼働している他のアプリケーションプログラムが存在する場合にそのアプリケーションプログラムのデータを退避させる。 The program data saving means, that when the memory area in the memory area determination means when it is determined not to be sufficient for activation, other application programs running on the host operating system is present retracting the data of the application program. リセット手段は、設定ファイル作成手段によりシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルが作成され、更にプログラムデータ退避手段により、稼働していた他のアプリケーションプログラムのデータが退避されるとコンピュータをリセットする。 Reset means is the system configuration files and autorun setup file is created by the configuration file generation means, the further program data saving means, the data of the other application programs that were running is evacuated to reset the computer.

【0029】このため、上位のオペレーティングシステムでメモリ領域設定上の問題から、起動が円滑に行かなかったアプリケーションプログラムも、ユーザが設定を変更すること無く、円滑に上位のオペレーティングシステムを終えて、自動的にリセットされることにより、自動的に下位のオペレーティングシステム上でアプリケーションプログラムを、メモリ領域設定上の問題を生ずること無く、起動させることができる。 [0029] For this reason, from the problem on the memory area set by the higher-level operating system, application programs that start-up is not smoothly go also, without the user to change the settings, and smoothly finished the operating system of the higher-level, automatic the manner be reset, automatically an application program on the lower of the operating system, without causing problems in the memory region setting can be activated.

【0030】更に、リセット手段によりリセットされた後に前記設定ファイル作成手段にて作成されたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルに基づいて前記下位のオペレーティングシステム上で起動された前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に、前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる設定ファイル復活手段を備えれば、元の設定状態に自動的に戻すことができ、所定アプリケーションプログラムを起動させる前の設定状態に戻る。 Furthermore, before the execution of the predetermined application program is started on the lower of the operating system based on the system configuration files and autorun setup file is created by the configuration file generation means after being reset by the reset means or after execution, if Sonaere configuration file revival means to revive the configuration file system settings have been saved by saving device files and autorun setup file can be automatically returned to the original setting condition, a predetermined application Back to the set state before starting the program. したがって、以前から使用していたアプリケーションプログラムの処理を、問題なく円滑に実行することができる。 Thus, the process of the application program that was previously used, it is possible to smoothly performed without error.

【0031】尚、請求項3についても請求項6のごとく、設定ファイル作成手段の処理にて、自動起動設定ファイルの内容を、所定アプリケーションプログラムを自動起動し、かつ所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる内容とすることにより、設定ファイル復活手段を自動起動設定ファイルの内容に含ませておいても良い。 [0031] Incidentally, as also of claim 6 for claim 3, in the process of setting the file creating means, the content of the autorun setup file, automatically starts a predetermined application program, and before or execution of a predetermined application program by the content revive configuration file saving means system configuration files and autorun setup file that was saved in later may be previously included a configuration file revival means the contents of the autorun setup file.

【0032】この構成の場合も、ユーザがコンピュータをリセットしたり電源を入れ直すだけで、請求項3の場合と同様な効果を得ることができる。 [0032] Also in this configuration, the user can simply power cycle or reset the computer to obtain the same effects as in the claim 3. 請求項1〜7の各手段は、プログラムとして提供されるのが普通である。 Each unit in claims 1 to 7, is usually provided as a program.
また、請求項3〜7の各手段は、プログラムとして起動する場合、例えば、上位オペレーティングシステムとして、WINDOWSのようなグラフィカルなマン/マシンインターフェースを採用している場合には、アイコンとして登録しておき、ユーザはアイコンをクリックすることにより実行する。 Each unit in claims 3-7, to start a program, for example, as an upper operating system, when employing a graphical man / machine interface such as WINDOWS are previously registered as icons , the user is done by clicking on the icon.

【0033】 [0033]

【実施例】 【Example】

[実施例1]図1は、本発明が適用されるコンピュータ2の基本的構成を表している。 [Embodiment 1] FIG. 1 shows the basic structure of the computer 2 to which the present invention is applied. コンピュータ2は、CP Computer 2, CP
U4、ROM6、RAM8、キーボード10、CRTディスプレイ12、ハードディスクドライブ14、フロッピーディスクドライブ16、CD−ROMドライブ1 U4, ROM 6, RAM 8, a keyboard 10, CRT display 12, a hard disk drive 14, floppy disk drive 16, CD-ROM drive 1
8、プリンタ20およびRS232Cポート22を備え、それぞれはバスライン23にて接続されている。 8, a printer 20 and RS232C port 22, each of which is connected by bus line 23. R
S232Cポート22にはモデム24が接続されて、モデム24を介して通信回線に対してデータの入出力を可能としている。 The S232C port 22 modem 24 is connected, thereby enabling the input and output of data to the communication line via the modem 24.

【0034】ROM6には、電源オン後にCPU4にて解釈されて、ハードディスクドライブ14からオペレーティングシステムのプログラムを読み込むプログラムが格納され、ハードディスクドライブ14にはオペレーティングシステムのプログラム(ここではマイクロソフト社製MS−DOS)とそのオペレーティングシステム上で起動されるアプリケーションプログラムが格納されている。 [0034] ROM6 is, is interpreted after the power is turned on at CPU4, is stored program to load the operating system of the program from the hard disk drive 14, the operating system of the program in the hard disk drive 14 (manufactured by Microsoft MS-DOS is here ) and the application program to be started by the operating system on are stored.

【0035】また、特定のアプリケーションプログラムに対して、そのアプリケーションプログラムが起動するに必要なメモリをRAM8内に確保して、対象のアプリケーションプログラムを起動した後、そのアプリケーションプログラムの処理が終了すると再度、RAM8内のメモリ領域の設定状態を基に戻すアプリケーションプログラム起動設定プログラムが備えられている。 Further, for a particular application program, to ensure the memory required for the application program is activated in the RAM 8, after starting the application program of the target, again when the processing of the application program is completed, application program starting setting program returns based on the setting state of the memory area in the RAM8 is provided.

【0036】このアプリケーションプログラム起動設定プログラムに基づくCPU4の処理を図2以下のフローチャートに示す。 [0036] A process of CPU4 based on this application program launch configuration program in the flowchart of FIG. 2 below. 処理が開始されると、Aドライブのルートディレクトリに、現在存在するシステム設定ファイル(ファイル名:CONFIG.SYS)の拡張子を「BAK」に変更し、システム設定ファイルを退避させる(S100)。 When the process is started, in the root directory of drive A, the system configuration file that currently exist (file name: CONFIG.SYS) to change the extension of the "BAK", to retract the system configuration file (S100). 尚、拡張子を変えなくても、退避用のディレクトリに移動させても良い。 It should be noted that, even without changing the extension, may be moved to the directory for saving. 勿論、ファイル名全体を変更しても良い。 Of course, it may change the entire file name.

【0037】次に、Aドライブのルートディレクトリに、現在存在する自動起動設定ファイル(ファイル名: Next, in the root directory of the A drive, automatic startup configuration file that currently exist (file name:
AUTOEXEC. AUTOEXEC. BAT)の拡張子を「BAK」に変更し、自動起動設定ファイルを退避させる(S11 Change the extension of BAT) to "BAK", to retract the automatic startup configuration file (S11
0)。 0). 尚、拡張子を変えなくても、退避用のディレクトリに移動させても良い。 It should be noted that, even without changing the extension, may be moved to the directory for saving. 勿論、ファイル名全体を変更しても良い。 Of course, it may change the entire file name.

【0038】次に、対象とするアプリケーションプログラム専用の「CONFIG.SYS」ファイルを作成する(S120)。 Next, to create a "CONFIG.SYS" file of the dedicated application program of interest (S120). この作成は、例えば「CONFIG. This creation is, for example, "CONFIG.
AP1」なるファイル名でハードディスクドライブ14 Hard disk drive 14 in the AP1 "as the file name
上に格納されていたアプリケーションプログラム専用システム設定ファイルを、「CONFIG.SYS」というファイル名で、Aドライブのルートディレクトリにコピーしても良いし、特別なディレクトリに格納していたアプリケーションプログラム専用の「CONFIG.S The application program dedicated system configuration files that have been stored in the above, in the file name "CONFIG.SYS", it may be copied to the root directory of drive A, a dedicated application program that has been stored in a special directory " CONFIG.S
YS」ファイルをAドライブのルートディレクトリにコピーしても良い。 The YS "file may be copied to the root directory of the A drive. 勿論、プログラム内のデータに基づいて、新たに作成しても良い。 Of course, based on the data in the program, it may be newly created.

【0039】次に、対象とするアプリケーションプログラム専用の「AUTOEXEC.BAT」ファイルを作成する(S130)。 Next, to create a "AUTOEXEC.BAT" file of the dedicated application program of interest (S130). この作成も「CONFIG.SY This also created "CONFIG.SY
S」の場合と同様にしてなされる。 It is made in the same manner as in the case of S ". 次に、コンピュータ2がソフト的にリセットされる(S140)。 Then, the computer 2 is reset software manner (S140). したがって、RAM8内の全てのプログラムやデータが消去されて、電源オンとほぼ同様な状態からコンピュータ2は立ち上がることになる。 Therefore, it is erased all programs and data in the RAM 8, consisting of substantially the same state as the power-on to the computer 2 rises.

【0040】この時も、前述したごとく、最初にMS− [0040] Also at this time, as described above, in the first MS-
DOSが立ち上がるが、ハードディスクドライブ14のAドライブ上に存在する「CONFIG.SYS」も「AUTOEXEC.BAT」も直前にステップS12 DOS but rises, present on the A drive of the hard disk drive 14, "CONFIG.SYS" also step S12 immediately before also "AUTOEXEC.BAT"
0およびステップS130にて変更されたファイルが参照される。 The modified file is referenced at 0 and step S130.

【0041】したがって、「CONFIG.SYS」によるメモリ領域の設定は、対象となるアプリケーションプログラムに応じたものとなり、対象となるアプリケーションプログラムが起動するに十分なメモリ領域の設定がなされる。 [0041] Thus, setting of the memory area by the "CONFIG.SYS" becomes one corresponding to the application program in question, the application program of interest is set enough memory space is made to start. 更に、この状態において、ステップS13 Further, in this state, step S13
0で作成された「AUTOEXEC.BAT」により、 By the "AUTOEXEC.BAT" that has been created in 0,
図3のフローチャートに示すごとく、ステップS200 As shown in the flowchart of FIG. 3, Step S200
にて、対象となるアプリケーションプログラムが起動されるので、ユーザは「CONFIG.SYS」のバッファやデバイスドライバ等の設定や「AUTOEXEC. At, the application program of interest is started, the user or configuration such as a buffer or device driver "CONFIG.SYS" "AUTOEXEC.
BAT」処理を変更すること無く、対象とするアプリケーションプログラムを自動的に起動できる。 Without changing the BAT "process, it can automatically start the application program of interest. したがって、ユーザは、面倒な「CONFIG.SYS」や「A Thus, the user, troublesome "CONFIG.SYS" and "A
UTOEXEC. UTOEXEC. BAT」の書き替えを行わなくても済む。 It is not necessary to perform the rewriting of BAT ".

【0042】更に、図3にては、ステップS200にてアプリケーションプログラムが起動されてその処理を行った後、そのアプリケーションプログラムの処理が終了すると、ステップS210の処理がなされて、前記ステップS100にて退避しておいた元の設定状態を保持する「CONFIG.BAK」を「CONFIG.SY [0042] Further, in FIG. 3, after the processing was performed by the application program is activated in step S200, the processing of the application program is completed, the process of step S210 is performed at step S100 to retain the original settings state that has been saved to "CONFIG.BAK", "CONFIG.SY
S」にファイル名変更する。 To change the file name to S ".

【0043】次に、同じく、ステップS110にて退避しておいた元の自動起動設定状態を表す「AUTOEX Next, similarly, it represents the automatic start-up setting state of the original that has been saved in step S110 "AUTOEX
EC. EC. BAK」を「AUTOEXEC.BAT」にファイル名変更する(S220)。 BAK "and to change the file name to" AUTOEXEC.BAT "(S220). こうして全ての処理が終了し、ユーザがコンピュータ2の電源スイッチをオフして終了する。 Thus all processing is completed, the user is finished by turning off the power switch of the computer 2. 次に起動するために、ユーザが電源スイッチをオンすると、ステップS210およびステップS2 Then to start, when the user turns on the power switch, step S210 and step S2
20にて元の状態に戻した「CONFIG.SYS」および「AUTOEXEC.BAT」にて処理がなされるので、元々使用していたアプリケーションプログラムが起動できる状態となる。 Since the processing at and returned to the original state "CONFIG.SYS" and "AUTOEXEC.BAT" it is made at 20, an application program that was originally used is ready to start. したがって、ユーザが「CON Thus, the user is "CON
FIG. FIG. SYS」および「AUTOEXEC.BAT」 SYS "and" AUTOEXEC.BAT "
を元に戻す面倒な処理を行わなくても自動的に元の状態に戻すことができる。 It can be even without the cumbersome process to undo the automatic return to the original state.

【0044】本実施例1において、ステップS100およびステップS110が設定ファイル退避手段としての処理に該当し、ステップS120およびステップS13 [0044] In the first embodiment, step S100 and step S110 is corresponds to processing as a setting file saving means, steps S120 and S13
0が設定ファイル作成手段としての処理に該当し、ステップS140がリセット手段としての処理に該当し、ステップS210およびステップS220が設定ファイル復活手段としての処理に該当する。 0 corresponds to processing as a configuration file generation means, and step S140 is corresponds to processing as a resetting means, step S210 and step S220 corresponds to processing as a configuration file revival means.

【0045】[実施例2]次に、コンピュータ2において、下位のオペレーティングシステムとしてMS−DO [0045] [Embodiment 2] Next, in the computer 2, MS-DO as a lower operating system
SおよびそのMS−DOS上で上位のオペレーティングシステムとしてWINDOWSが稼動している状態で、 In a state where WINDOWS is operating as an upper operating system on S and MS-DOS,
MS−DOS上のみで起動しWINDOWS上では起動しない、すなわちMS−DOS専用のアプリケーションプログラムを、WINDOWS上に設定される仮想的なMS−DOSの環境にて起動しようとする際に、予めユーザにより実行されるアプリケーションプログラム起動設定プログラムを、図4のフローチャートに示す。 It does not start on WINDOWS start only on MS-DOS, i.e. a MS-DOS dedicated application program, when trying to start at the virtual MS-DOS environment set on WINDOWS, by the user in advance the application program starting setting program executed, shown in the flowchart of FIG.

【0046】例えば、このアプリケーションプログラム起動設定プログラムは、アプリケーションプログラムに添付されているものであり、同じく添付されているセットアッププログラムを起動させることにより、自動的に、アイコンとしてプログラムマネージャに登録されているものとする。 [0046] For example, the application program starting configuration program, which is attached to the application program, by activating the setup program that is also attached, are automatically registered in the Program Manager as an icon and things.

【0047】ユーザによるアイコンのクリックにより処理が開始されると、仮想的なMS−DOS環境に対して許されるメモリ領域の内容を、WINDOWS側から設定データを得て確認する(S300)。 [0047] When the processing by clicking the icon by the user is started, the contents of the memory area allowed for the virtual MS-DOS environment, confirms to obtain configuration data from the WINDOWS side (S300). もし、コンベンショナルメモリが不足していたり、必要とするEMSの領域が得られず、対象とするアプリケーションプログラムが起動できないことが判明すると、ステップS310 If, missing or conventional memory, can not be obtained EMS in a region to be a need, the application program of interest is found to be unable to start, step S310
の判定で否定判定される。 A negative decision is made at the decision. もし、許されるメモリ領域が十分に有れば、ステップS310にて肯定判定されて、 If there enough memory area is allowed, and an affirmative decision in step S310, the
直ちに処理を終了する。 Immediately the process is terminated.

【0048】ステップS310にて否定判定された場合には、Aドライブのルートディレクトリに、現在存在するシステム設定ファイル(ファイル名:CONFIG. [0048] If a negative determination is made in step S310, in the root directory of drive A, the system configuration file that currently exist (file name: CONFIG.
SYS)の拡張子を「BAK」に変更し退避する(S3 Change the extension of SYS) to "BAK" saves (S3
20)。 20). 次に、Aドライブのルートディレクトリに、現在存在する自動起動設定ファイル(ファイル名:AUT Then, in the root directory of the A drive, automatic startup configuration file that currently exist (file name: AUT
OEXEC. OEXEC. BAT)の拡張子を「BAK」に変更し退避する(S330)。 Change the extension of BAT) to "BAK" retracted (S330).

【0049】勿論、ステップS100またはステップS [0049] Of course, step S100 or step S
110にて述べた他の退避方法でも良い。 It may be other retraction method described at 110. 次に、対象とするアプリケーションプログラム専用の「CONFI Then, a dedicated application program of interest "CONFI
G. G. SYS」ファイルを作成する(S340)。 To create a SYS "file (S340). この作成は、例えば「CONFIG.AP1」なるファイル名でハードディスクドライブ14上に格納されていたアプリケーションプログラム専用システム設定ファイルを、 This created, the application program dedicated system configuration files that have been stored on the hard disk drive 14, for example, "CONFIG.AP1" as file name,
「CONFIG.SYS」というファイル名で、Aドライブのルートディレクトリにコピーしても良いし、特別なディレクトリに格納していたアプリケーションプログラム専用の「CONFIG.SYS」ファイルをAドライブのルートディレクトリにコピーしても良い。 In the file name "CONFIG.SYS", it may be copied to the root directory of drive A, and copy the "CONFIG.SYS" file for the application program dedicated that had been stored in a special directory in the root directory of drive A and it may be. 勿論、 Of course,
プログラムの処理にて作成しても良い。 It may be created by the program of treatment. この「CONF This "CONF
IG. IG. SYS」は、WINDOWSを介さないMS−D SYS "is, not through the WINDOWS MS-D
OS単独で起動する場合のメモリ領域内容に設定されている。 It is set in the memory area contents when starting the OS alone.

【0050】次に、対象とするアプリケーションプログラム専用の「AUTOEXEC.BAT」ファイルを作成する(S350)。 Next, to create a "AUTOEXEC.BAT" file of the dedicated application program of interest (S350). この作成も「CONFIG.SY This also created "CONFIG.SY
S」の場合と同様にしてなされる。 It is made in the same manner as in the case of S ". この「AUTOEX This "AUTOEX
EC. EC. BAT」は、MS−DOS上で、対象とするアプリケーションプログラムを起動させるものであり、WI BAT "is on MS-DOS, is intended to launch the application program of interest, WI
NDOWSは一切起動しない。 NDOWS does not start at all. 次に、現在、WINDO Then, current, WINDO
WSのマルチタスク機能により、稼動中の他のアプリケーションプログラムが存在するか否かが、WINDOW The multitasking of the WS, whether another application program running exists, WINDOW
S側の状態を得ることにより判定される(S360)。 It is determined by obtaining the state of the S-side (S360).
稼動中の他のアプリケーションプログラムが有る場合には、そのアプリケーションプログラムを終了することによって、そのアプリケーションプログラムのデータを保存させる(S370)。 If another application program running is present, by ending the application program, thereby saving the data of the application program (S370).

【0051】ステップS370の後、またはステップS [0051] After step S370, or step S
360にて否定判定された場合に、コンピュータ2はソフト的にリセットされる(S380)。 If a negative determination is made at 360, the computer 2 is reset software manner (S380). したがって、R Thus, R
AM8内の全てのプログラムやデータが消去されて、電源オンとほぼ同様な状態からコンピュータ2は立ち上がることになる。 All programs and data is erased in AM8, the computer 2 would rise from almost the same state as the power-on.

【0052】この時も、前述したごとく、最初にMS− [0052] Also at this time, as described above, in the first MS-
DOSが立ち上がるが、ハードディスクドライブ14のAドライブ上に存在する「CONFIG.SYS」も「AUTOEXEC.BAT」も直前にステップS34 DOS but rises, present on the A drive of the hard disk drive 14, "CONFIG.SYS" also step S34 immediately before also "AUTOEXEC.BAT"
0およびステップS350にて書き替えられたファイルが参照される。 0 and files that are rewritten in step S350 is referred to.

【0053】この「AUTOEXEC.BAT」の内容は、図3のフローチャートと同じである。 [0053] The contents of this "AUTOEXEC.BAT" is the same as the flow chart of FIG. 3. すなわち、仮想的でなく、MS−DOSのみで、対象のアプリケーションプログラムが起動される(S200)。 That is, rather than virtual, MS-DOS only, the application program of the object is activated (S200). したがって、「CONFIG.SYS」によるメモリ領域の設定は、WINDOWSによる制限を受けること無く、対象となるアプリケーションプログラムに応じたものとすることができ、起動するに十分なメモリ領域の設定がなされた状態で、問題なく、対象となるアプリケーションプログラムが起動されることになる。 State Therefore, setting of the memory area by the "CONFIG.SYS" when without being restricted by WINDOWS, can be made in accordance with the application program to be set enough memory space to start has been made in, no problem, the application program of interest is to be started.

【0054】そして、そのアプリケーションプログラムの処理が終了すれば、ステップS210およびステップS220にて、「CONFIG.SYS」も「AUTO [0054] Then, if the end of the processing of the application program, in step S210 and step S220, "CONFIG.SYS" is also "AUTO
EXEC. EXEC. BAT」も、元の状態に戻される。 BAT "is also returned to its original state. すなわち、次に電源を入れ直したり、リセットスイッチによりリセットした場合には、MS−DOSに引き続いて、W That, then a power cycle or, when reset by the reset switch, following the MS-DOS, W
INDOWSが起動され、元の状態に戻ることができる。 INDOWS is activated, it is possible to return to the original state.

【0055】こうして、上位のオペレーティングシステムにおいても、仮想的なMS−DOSの環境がメモリ領域上十分でない場合には、自動的に下位のオペレーティングシステムの起動に移行する。 [0055] Thus, also in the upper operating system, environment of the virtual MS-DOS is when not enough memory area is automatically shifts to start the underlying operating system. この下位のオペレーティングシステムでの起動のためにはユーザは面倒な「C "C user is troublesome is for start-up in the lower-level operating system
ONFIG. ONFIG. SYS」や「AUTOEXEC.BAT」 SYS "and" AUTOEXEC.BAT "
の書き替え処理をしなくて済む。 It is not necessary to the rewriting process.

【0056】本実施例2において、ステップS300およびステップS310がメモリ領域判定手段としての処理に該当し、ステップS320およびステップS330 [0056] In the second embodiment, steps S300 and step S310 is corresponds to processing as a memory area determining means, and step S320 and step S330
が設定ファイル退避手段としての処理に該当し、ステップS340およびステップS350が設定ファイル作成手段としての処理に該当し、ステップS360およびステップS370がプログラムデータ退避手段としての処理に該当し、ステップS380がリセット手段としての処理に該当し、ステップS210およびステップS22 There corresponds to processing as a setting file saving means, step S340 and step S350 is corresponds to processing as a configuration file generation means, step S360 and step S370 are applicable to the processing of a program data saving unit, step S380 is reset It corresponds to processing as a means, steps S210 and S22
0が設定ファイル復活手段としての処理に該当する。 0 corresponds to the processing of as the configuration file the resurrection means.

【0057】[その他]前記実施例1,2では、ステップS140あるいはステップS380にて、コンピュータ2をリセットして、対象のアプリケーションプログラム専用の「CONFIG.SYS」および「AUTOE [0057] [Other] wherein in Examples 1 and 2, at step S140 or step S380, resets the computer 2, the target application program dedicated "CONFIG.SYS" and "AUTOE
XEC. XEC. BAT」にて、オペレーティングシステムを起動したが、実施例1の場合、図2のアプリケーションプログラム起動設定プログラムは、ステップS130で終了しても良い。 At BAT ", although the operating system is started, in the case of the first embodiment, the application program starting setting program of FIG. 2 may be terminated at step S130. また、実施例2の場合、図4のステップS350にて終了しても良い。 Further, in Example 2, it may be terminated at step S350 in FIG. 4.

【0058】既に、対象のアプリケーションプログラム専用の「AUTOEXEC.BAT」には、図3の内容が記述されているので、ユーザがコンピュータをリセットするのみで、実施例1,2と同様な効果が生じる。 [0058] Already, the target application program dedicated to the "AUTOEXEC.BAT", because the contents of FIG. 3 is described, only the user to reset the computer, the same effects as the embodiments 1 and 2 . この場合、ステップS130あるいはステップS350の後に、ユーザにリセットを促すメッセージをCRTディスプレイ12に表示すれば良い。 In this case, after step S130 or step S350, it may be displayed a message that prompts a reset to the user on the CRT display 12.

【0059】図3のアプリケーションプログラム専用A [0059] FIG. 3 application program dedicated A
UTOEXEC. UTOEXEC. BATの処理では、ステップS210 In the process of BAT, the step S210
およびステップS220の処理は、ステップS200の後であったが、既にオペレーティングシステムが稼動している状態では、ステップS210およびステップS2 And the processing in step S220 has been even after the step S200, the already state of the operating system is running, step S210 and step S2
20の「CONFIG.SYS」および「AUTOEX 20 "CONFIG.SYS" of and "AUTOEX
EC. EC. BAT」を元に戻す処理は、オペレーティングシステムに何等の影響も与えないので、ステップS200 Process of returning to the original BAT "is, does not give the influence of anything, such as the operating system, step S200
の前にステップS210およびステップS220の処理を実行しても良い。 It may perform the processing of step S210 and step S220 before.

【0060】前記実施例2において、ステップS310 [0060] In Example 2, Step S310
にて肯定判定された場合には、仮想的なMS−DOS環境にてアプリケーションプログラムは起動できるので、 If an affirmative determination in, since the application program in the virtual MS-DOS environment can be started,
ステップS310の次にアプリケーションプログラムを起動させる処理を行っても良い。 Next it may be subjected to a treatment for activating the application program step S310.

【0061】前記実施例2では、下位のオペレーティングシステム(基本的オペレーティングシステム)としてMS−DOSを使用し、およびその基MS−DOSの上で稼動する上位のオペレーティングシステムとしてWI [0061] In Example 2, using the MS-DOS as a lower operating systems (basic operating system), and WI as an upper operating system running on the base MS-DOS
NDOWSを使用したが、これ以外の下位オペレーティングシステムと上位オペレーティングシステムとの組合せに適用しても良い。 Was used the NDOWS, it may be applied to a combination of the other sub-operating system and the host operating system.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の一実施例としてのプログラム処理が実行されるコンピュータの概略ブロック図である。 1 is a schematic block diagram of a computer program processing is executed as an embodiment of the present invention.

【図2】 実施例1のアプリケーションプログラム起動設定プログラム内容を表すフローチャートである。 2 is a flow chart representing the application program starting setting program content of Example 1.

【図3】 実施例1,2のアプリケーションプログラム専用AUTOEXEC. Application program dedicated AUTOEXEC in Figure 3 Examples 1 and 2. BATの処理を表すフローチャートである。 It is a flow chart of processing of the BAT.

【図4】 実施例2のアプリケーションプログラム起動設定プログラムの処理を表すフローチャートである。 4 is a flow chart of processing of the application program starting setting program of Example 2.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

2…コンピュータ 4…CPU 6…ROM 2 ... computer 4 ... CPU 6 ... ROM
8…RAM 10…キーボード 12…CRTディスプレイ 14…ハードディスクドライブ 16…フロッピーディスクドライブ 18…CD−ROMドライブ 20…プリンタ 2 8 ... RAM 10 ... keyboard 12 ... CRT display 14 ... hard disk drive 16 ... floppy disk drive 18 ... CD-ROM drive 20 ... printer 2
3…バスライン 24…モデム 3 ... bus line 24 ... modem

Claims (7)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】オペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、更に自動起動設定ファイルの内容に応じて該当するアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動するオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムであって、 前記システム設定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる設定ファイル退避手段と、 前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーショ 1. A setting the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files when the operating system itself starts, further reads the application program applicable in accordance with the content of the autorun setup file in the memory of the computer an application program activation setting system in the presence of an operating system to automatically start, of the system configuration file and the autorun setup file, and setting file saving means for saving the configuration file contents are present, the configuration file at retracting means, after setting the file contents are present is evacuated, thereby creating a system configuration file contents for setting a memory area corresponding to the predetermined application program, the predetermined application プログラムを自動起動する内容の自動起動設定ファイルを作成する設定ファイル作成手段と、 前記設定ファイル作成手段によりシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルが作成されると、コンピュータをリセットするリセット手段と、 前記リセット手段によりリセットされた後に前記設定ファイル作成手段にて作成されたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルに基づいて起動される前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に、前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる設定ファイル復活手段と、 を備えたことを特徴とするアプリケーションプログラム起動設定システム。 A setting file creating means for creating autorun setup file contents to automatically start the program, the system configuration files and autorun setup file is created by the configuration file generation means, and reset means for resetting the computer, said reset the configuration file the is run on the basis of a system-created configuration file and autorun setup file at creation unit before execution of a predetermined application program or after execution after being reset by means saved in the configuration file saving means application program starting setting system comprising: the configuration file revival means, to restore the system configuration files and autorun setup file had.
  2. 【請求項2】オペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、更に自動起動設定ファイルの内容に応じて該当するアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動するオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムであって、 前記システム設定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる設定ファイル退避手段と、 前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーショ Wherein setting the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files when the operating system itself starts, further reads the application program applicable in accordance with the content of the autorun setup file in the memory of the computer an application program activation setting system in the presence of an operating system to automatically start, of the system configuration file and the autorun setup file, and setting file saving means for saving the configuration file contents are present, the configuration file at retracting means, after setting the file contents are present is evacuated, thereby creating a system configuration file contents for setting a memory area corresponding to the predetermined application program, the predetermined application プログラムを自動起動し、かつ前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる内容の自動起動設定ファイルを作成する設定ファイル作成手段と、 を備えたことを特徴とするアプリケーションプログラム起動設定システム。 Configuration file the program starts automatically, and to create a predetermined application program autorun setup file of what the revive the configuration file system settings have been saved by saving device files and autorun setup file before or after execution the execution of application program starting setting system comprising: the creation means.
  3. 【請求項3】下位のオペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、更に自動起動設定ファイルの内容に応じて該当するアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動する下位のオペレーティングシステム、およびこの下位のオペレーティングシステム上において稼動するとともに下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能なアプリケーションプログラムも所定環境の基で起動可能な上位のオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムであって、 前記所定環境で使用可能なメモリ領域が下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能な所定アプリケーションプログラムの起動に Wherein setting the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files at startup subordinate operating system itself, further the relevant application program in the memory of the computer in accordance with the contents of the autorun setup file in the presence of Loading autostart to lower the operating system, and only bootable application programs of higher bootable in a predetermined environment based on the operating system on the underlying operating system with running on this underlying operating system an application program starting setting system, the activation of only bootable predetermined application program on the memory space available in a given environment underlying operating system 十分か否かを判定するメモリ領域判定手段と、 前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記システム設定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる設定ファイル退避手段と、 前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーションプログラムを前記下位のオペレーティングシステム上にて自動起動する内容の自動起動設定ファイルを作成する設定ファイル作成手段と、 を備えたことを特徴とするアプリケーションプログラム起動設定システム。 A memory area determining means for determining sufficient whether, when said memory area in the memory area determination unit is determined not to be sufficient for activation, of the system configuration file and the autorun setup file, there to a configuration file saving means for saving the configuration file contents are at the setting file saving means, after setting the file contents are present is evacuated, system settings of the content of setting a memory area corresponding to the predetermined application program as well as creating a file, the application program starting setting system is characterized in that and a setting file creating means for creating autorun setup file contents to automatically start a predetermined application program in on the underlying operating system .
  4. 【請求項4】更に、 前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記上位のオペレーティングシステム上で稼働している他のアプリケーションプログラムが存在する場合にそのアプリケーションプログラムのデータを退避させるプログラムデータ退避手段と、 前記設定ファイル作成手段によりシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルが作成され、更に前記プログラムデータ退避手段により他のアプリケーションプログラムのデータが退避されると、コンピュータをリセットするリセット手段と、 を備えた請求項3記載のアプリケーションプログラム起動設定システム。 4. Furthermore, the application when the memory area in the memory area determination means when it is determined not to be sufficient for activation, other application programs running on the host operating system is present and program data saving means for saving the data of the program, the setting by the file creating means creates the system configuration files and autorun setup file, the data of another application program is saved by further said program data saving means, the computer application program starting setting system according to claim 3, further comprising a reset means for resetting the.
  5. 【請求項5】更に、 前記リセット手段によりリセットされた後に前記設定ファイル作成手段にて作成されたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルに基づいて前記下位のオペレーティングシステム上で起動される前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に、前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復活させる設定ファイル復活手段を備えた請求項4記載のアプリケーションプログラム起動設定システム。 5. Furthermore, the predetermined application program is started on the lower of the operating system based on the configuration file system settings created by creating unit files and autorun setup file after being reset by the reset means after the previous execution or execution, the application program starting setting system according to claim 4, further comprising a configuration file revival means to revive evacuated once was system configuration files and autorun setup file in the configuration file saving means.
  6. 【請求項6】下位のオペレーティングシステム自身の起動時にシステム設定ファイルの内容に応じてコンピュータのメモリ領域の設定を行い、更に自動起動設定ファイルの内容に応じて該当するアプリケーションプログラムをコンピュータのメモリ上に読み込んで自動起動する下位のオペレーティングシステム、およびこの下位のオペレーティングシステム上において稼動するとともに下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能なアプリケーションプログラムも所定環境の基で起動可能な上位のオペレーティングシステムの存在下におけるアプリケーションプログラム起動設定システムであって、 前記所定環境で使用可能なメモリ領域が下位のオペレーティングシステム上でのみ起動可能な所定アプリケーションプログラムの起動に 6. setting the memory area of ​​the computer in accordance with the contents of the system configuration files at startup subordinate operating system itself, further the relevant application program in the memory of the computer in accordance with the contents of the autorun setup file in the presence of Loading autostart to lower the operating system, and only bootable application programs of higher bootable in a predetermined environment based on the operating system on the underlying operating system with running on this underlying operating system an application program starting setting system, the activation of only bootable predetermined application program on the memory space available in a given environment underlying operating system 十分か否かを判定するメモリ領域判定手段と、 前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記システム設定ファイルおよび前記自動起動設定ファイルの内、存在している設定ファイル内容を退避させる設定ファイル退避手段と、 前記設定ファイル退避手段にて、存在している設定ファイル内容が退避された後、前記所定アプリケーションプログラムに対応するメモリ領域を設定する内容のシステム設定ファイルを作成するとともに、前記所定アプリケーションプログラムを前記下位のオペレーティングシステム上にて自動起動し、かつ前記所定アプリケーションプログラムの実行前または実行後に前記設定ファイル退避手段にて退避されていたシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルを復 A memory area determining means for determining sufficient whether, when said memory area in the memory area determination unit is determined not to be sufficient for activation, of the system configuration file and the autorun setup file, there to a configuration file saving means for saving the configuration file contents are at the setting file saving means, after setting the file contents are present is evacuated, system settings of the content of setting a memory area corresponding to the predetermined application program as well as creating a file, the predetermined application program automatically activated in on the underlying operating system, and the predetermined application program system was being evacuated before or after execution by the configuration file saving means of the configuration file and automatically start restore the settings file させる内容の自動起動設定ファイルを作成する設定ファイル作成手段と、 を備えたことを特徴とするアプリケーションプログラム起動設定システム。 Application program starting setting system comprising: the configuration file generation means, the creating autorun setup file contents to be.
  7. 【請求項7】更に、 前記メモリ領域判定手段にてメモリ領域が起動に十分でないと判定された場合に、前記上位のオペレーティングシステム上で稼働している他のアプリケーションプログラムが存在する場合にそのアプリケーションプログラムのデータを退避させるプログラムデータ退避手段と、 前記設定ファイル作成手段によりシステム設定ファイルおよび自動起動設定ファイルが作成され、更に前記プログラムデータ退避手段により他のアプリケーションプログラムのデータが退避されると、コンピュータをリセットするリセット手段と、 を備えた請求項6記載のアプリケーションプログラム起動設定システム。 7. Furthermore, the application when the memory area in the memory area determination means when it is determined not to be sufficient for activation, other application programs running on the host operating system is present and program data saving means for saving the data of the program, the setting by the file creating means creates the system configuration files and autorun setup file, the data of another application program is saved by further said program data saving means, the computer application program starting setting system according to claim 6, further comprising a reset means for resetting the.
JP15921795A 1995-06-26 1995-06-26 Start setting system for application program Pending JPH0916380A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15921795A JPH0916380A (en) 1995-06-26 1995-06-26 Start setting system for application program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15921795A JPH0916380A (en) 1995-06-26 1995-06-26 Start setting system for application program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0916380A true true JPH0916380A (en) 1997-01-17

Family

ID=15688895

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15921795A Pending JPH0916380A (en) 1995-06-26 1995-06-26 Start setting system for application program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0916380A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006039890A (en) * 2004-07-27 2006-02-09 Sony Corp Information processor and information update method
JP2006252104A (en) * 2005-03-10 2006-09-21 Yokogawa Electric Corp Application initiation method, and application initiation apparatus using the same
US7355739B2 (en) 2001-09-14 2008-04-08 Ricoh Company, Ltd. Image forming device having a memory assignment unit
WO2014097658A1 (en) * 2012-12-21 2014-06-26 株式会社 東芝 Setting method, program, and information processing device
US9727731B2 (en) 2012-12-21 2017-08-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Setting method, program, and information processing apparatus

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7355739B2 (en) 2001-09-14 2008-04-08 Ricoh Company, Ltd. Image forming device having a memory assignment unit
JP2006039890A (en) * 2004-07-27 2006-02-09 Sony Corp Information processor and information update method
JP2006252104A (en) * 2005-03-10 2006-09-21 Yokogawa Electric Corp Application initiation method, and application initiation apparatus using the same
WO2014097658A1 (en) * 2012-12-21 2014-06-26 株式会社 東芝 Setting method, program, and information processing device
JP2014123295A (en) * 2012-12-21 2014-07-03 Toshiba Corp Setting method, program, and information processor
US9727731B2 (en) 2012-12-21 2017-08-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Setting method, program, and information processing apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6463531B1 (en) Method and system for monitoring a boot process of a data processing system providing boot data and user prompt
US6727920B1 (en) Multiple operating system quick boot utility
US20090300415A1 (en) Computer System and Method for Performing Integrity Detection on the Same
US5581766A (en) Selectable video driver system
US6393560B1 (en) Initializing and restarting operating systems
US6804774B1 (en) Software image transition aid comprising building a disk image based on identified hardware
US20040236997A1 (en) Portable operating system and method to load the same
US20080270583A1 (en) Method, system and program product for remotely deploying and automatically customizing workstation images
US6014744A (en) State governing the performance of optional booting operations
US20040107179A1 (en) Method and system for controlling software execution in an event-driven operating system environment
US6421777B1 (en) Method and apparatus for managing boot images in a distributed data processing system
US6993642B2 (en) Method and system for creating and employing an operating system having selected functionality
US6282641B1 (en) System for reconfiguring a boot device by swapping the logical device number of a user selected boot drive to a currently configured boot drive
US6041395A (en) System and method for changing partition mappings to logical drives in a computer memory
US20060242398A1 (en) Booting from non-volatile memory
US6529966B1 (en) Booting a computer system using a last known good set of configuration data
US6108779A (en) Server and computer network that permit a client to be easily introduced into the computer network
US6920555B1 (en) Method for deploying an image into other partition on a computer system by using an imaging tool and coordinating migration of user profile to the imaged computer system
US7299346B1 (en) Method and apparatus to minimize computer apparatus initial program load and exit/shut down processing
US6178503B1 (en) Managing multiple operating systems on a single computer
US5627964A (en) Reduce or fail-safe bootstrapping of a system having a graphical user interface
EP0658843A1 (en) Method for hibernation file creation
US6684327B1 (en) Extensible, flexible, memory efficient technique for network boot without special DHCP/PXE hardware
US6397327B1 (en) Method and apparatus for configuring a computer system
JP2000148348A (en) Method and system capable of easily discriminating application being activated program and completing the same