JPH09163526A - 電気機器ユニット搬送装置 - Google Patents

電気機器ユニット搬送装置

Info

Publication number
JPH09163526A
JPH09163526A JP31513895A JP31513895A JPH09163526A JP H09163526 A JPH09163526 A JP H09163526A JP 31513895 A JP31513895 A JP 31513895A JP 31513895 A JP31513895 A JP 31513895A JP H09163526 A JPH09163526 A JP H09163526A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
unit
arm
supported
cubicle
electric
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP31513895A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuyoshi Hagane
和義 羽兼
Shinichi Kishida
真一 岸田
Mitsunobu Nishi
光信 西
Koichi Yamamoto
幸市 山本
Okiie Yamagishi
興屋 山岸
Kazunobu Morikawa
一信 森川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
KANDEN KOGYO KK
MAEDA IND
PLANT SERVICE KK
Maeda Kogyo Co Ltd
Original Assignee
KANDEN KOGYO KK
MAEDA IND
PLANT SERVICE KK
Maeda Kogyo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by KANDEN KOGYO KK, MAEDA IND, PLANT SERVICE KK, Maeda Kogyo Co Ltd filed Critical KANDEN KOGYO KK
Priority to JP31513895A priority Critical patent/JPH09163526A/ja
Publication of JPH09163526A publication Critical patent/JPH09163526A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 電気機器搬送装置に関し、短時間で安全にキ
ュービクルに電気機器を出し入れできるようにした電気
機器搬送装置を提供することを目的とする。 【解決手段】 移動用車輪1、2を有する台枠3と、こ
の台枠3に立設した支柱4と、支柱4に昇降可能に支持
させた左右1対の荷受用アーム8とを備える電気機器搬
送装置おいて、支柱4に昇降可能に支持され、前記アー
ムを左右移動可能に支持する昇降枠5と、昇降枠5を駆
動する昇降駆動装置9と、アームの左右位置を調整する
位置調整装置10とを備える。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えば発電所など
に設備されるキュービクルに電気機器を出し入れする際
に使用される電気機器ユニット搬送装置に関し、特に短
時間で安全にキュービクルに電気機器を出し入れできる
ようにした電気機器ユニット搬送装置に関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】発電所などにおいては、施設全体のコン
トロールを行うために多数の電気機器ユニット(以下、
単にユニットという)を上下多段に収納するキュービク
ルが設けられ、定期的に、あるいは必要に応じて随時に
このユニットを点検や交換のために出し入れしている。
【0003】このユニットをキュービクルに入れる時に
は、キュービクルの前でユニットを所定の高さに持ち上
げ、その左右位置を合わせてからキュービクルに押し込
むという作業がおこなわれ、また、このユニットをキュ
ービクルから取り出す時には、キュービクルからユニッ
トを引出し、床に下ろすという作業が行われる。各ユニ
ットは例えば幅 400〜 500mm、高さ 200〜 300mm、奥行
き 200〜 250mm程度のケースに組み込まれ、重量は20kg
程度であるので、一人で多数のユニットを出し入れする
ことは不可能であり、二人の作業員が両側から持ってキ
ュービクルに出し入れしている。位置が高いユニットの
場合には、作業員はそれぞれ脚立に乗ってユニットをキ
ュービクルに出し入れする作業を行っている。
【0004】しかし、キュービクルの前に立てた脚立は
かならずしも安定が良いわけではなく、脚立がぐらつい
て作業員が転落する恐れもあり、作業の安全性を高める
上で大きな問題があるとされている。また、ユニットの
出し入れに際しての二人の作業員が必ずしも上手く連繋
して作業できるとは限らず、ユニットの上下および左右
の位置合わせに時間がかかったり、作業員が電気機器の
重量に耐えられなくなってユニットを落としたり、連繋
が上手く行かずにユニットとキュービクルとの間に指や
手を挟んだりする恐れれがある。
【0005】そこで、例えば特開平4−304103号公報に
開示れているように、支柱および移動用車輪を有する台
枠と、支柱に昇降可能に支持させた荷台とを備える電気
機器ユニット搬送装置(配電機器搬入用リフタ)を用い
てキュービクルにユニットを出し入れする方法が提案さ
れている。この方法によれば、キュービクルの前でのユ
ニットの上げ下げが機械作業化されるので、作業員が脚
立から転落するおそれはなくなり、また、キュービクル
に入れるユニットの高さを簡単に調整することができ
る。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、この方
法では、荷台とキュービクルとの左右位置が合う位置に
一度で電気機器ユニット搬送装置を正確に位置させるこ
とは奇蹟に近いほど困難なことであり、何度も電気機器
ユニット搬送装置を前後左右に行ったり来たり動かさな
ければ位置合わせができない。
【0007】このために、多大の労力と時間とが必要に
なる上、荷台とキュービクルとの左右位置を微調整する
ことができず、ユニットを斜めに押し込んだり、引き出
したりすることになるので、作業性が悪く、ユニットの
押し込みや引出しに長い時間がかかるという問題があ
る。また、重いユニットを載せた電気機器ユニット搬送
装置を行ったり来たり動かすことは、ユニットとキュー
ビクルとの間だけでなく、台枠と床との間や台枠とキュ
ービクルとの間にも作業員が挟まれる危険が生じ、安全
性を高める上で不利になる。
【0008】本発明は、上記の事情を鑑みてなされたも
のであり、短時間で安全にキュービクルに電気機器ユニ
ットを出し入れできるようにした電気機器ユニット搬送
装置を提供することを目的とするものである。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明は、移動用車輪を
有する台枠と、この台枠に立設した支柱と、支柱に昇降
可能に支持させた左右1対の荷受用アームを複数備える
電気機器電気機器ユニット搬送装置において、上記の目
的を達成するため、支柱に昇降可能に支持され、前記ア
ームを左右移動可能に支持する昇降枠と、昇降枠を駆動
する昇降駆動装置と、アームの左右位置を調整する位置
調整装置とを備えることを特徴とするものである。
【0010】本発明によれば、昇降駆動装置により昇降
枠およびアームを昇降させることにより、アームに支持
された電気機器を上げ下げすることができ、しかも、台
枠を左右方向に移動させずに、任意の高さに持ち上げた
アームの左右位置を位置調整装置により調整することが
できる。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施例に係る電
気機器ユニット搬送装置を図面に基づいて具体的に説明
する。図2の側面図に示すように、本発明の一実施例に
係る電気機器ユニット搬送装置は、移動用車輪1・2を
有する台枠3と、台枠3の後部から立ち上げた支柱4
と、この支柱4に昇降可能に支持された昇降枠5と、こ
の昇降枠5にそれぞれ上下1対のベアリング6を介して
左右方向に摺動可能に支持された左右1対のスライドポ
スト7と、各スライドポスト7に上下3段に並べて支持
させたアーム8と、上記昇降枠5を昇降駆動する昇降駆
動装置9と、各スライドポスト7を介して上記アーム8
の左右方向の位置を調整する位置調整装置10とを備えて
いる。
【0012】図1に示すように、上記台枠3は平面視に
おいて前方が開かれたコ字形に形成され、その左右の前
端部に移動用の車輪1が左右軸心回りに回転自在に支持
されると共に、図2に示すように、キュービクル11の前
面下部に受け止められる左右1対のパッド12が設けられ
る。また、後方の車輪2は自在車輪からなり、支柱4の
下部から後側に張り出させた作業台枠13の後部に支持さ
せてある。さらに、この作業台枠13の下側には固定用ジ
ャッキ14が設けられる。
【0013】この電気機器ユニット搬送装置を移動させ
る時にはこの固定用ジャッキ14を短縮して床面から浮き
上がらせておき、ユニット15を電気機器ユニット搬送装
置に積下ろしする時、ユニット15をキュービクル11に出
し入れする時、あるいは駐機する時には、固定用ジャッ
キ14を床面まで伸長させることにより電気機器ユニット
搬送装置を床面に固定する。
【0014】上記位置調整装置10は、アーム8の左右位
置を調整できるように構成してあればよいのであるが、
この実施例では、手動操作式(または電磁操作式)のク
ラッチ17を介して断続される1対の同軸心に配置された
2本のねじ軸18・19と、昇降枠5の両端上部に回転可能
に支持され、各ねじ軸18・19に個別に連動させた1対の
ハンドル20とを備え、クラッチ17を切った状態でいずれ
か一方のハンドル20を操作すれば、アーム8の左右間隔
を微調整でき、クラッチ17を繋いだ状態でいずれか一方
のハンドル20を操作すれば、アーム8の左右間隔を一定
にしたままでその左右方向の位置を微調整できるように
している。
【0015】したがって、図1に示すように、電気機器
ユニット搬送装置を左右のアーム8がキュービクル11内
のレール16とほぼ対応する位置で両パッド12をキュービ
クル11の前面下部に受け止めさせて電気機器ユニット搬
送装置をユニット15の出し入れができる位置に位置させ
てから、固定用ジャッキ14を床面まで伸長させることに
より電気機器ユニット搬送装置をその位置に固定し、こ
の後に、クラッチ17とハンドル20とを操作することによ
り、左右のアーム8を単独で移動させたり、連動して移
動させたりして、キュービクル11内のレール16に正確に
対応する位置に微調整することができる。
【0016】なお、これらハンドル20は、ねじ軸18・19
の各外端部に直接に固定してもよいが、この実施例で
は、操作性を高めるために、昇降枠5の両端部に前後軸
心回りに回転可能に各ハンドル20を支持させると共に、
各ハンドル20と各ねじ軸18・19を傘歯車装置21によって
連動させ、さらに、ハンドル20を昇降枠5の支柱4側に
配置している。
【0017】また、クラッチ17を操作するレバーは後方
から支柱4の間に手を入れて操作できるようにしてい
る。上述したように、ハンドル20を操作してアーム8の
位置をキュービクル11内のレール16に正確に対応する位
置に調整した後、アーム8に支持させたユニット15をキ
ュービクル11内に押し込み、あるいは、キュービクル11
内のユニット15をアーム8の上に引き出す。
【0018】この実施例では、ユニット15の押し込みや
引き出しを容易にするため、図3の側面図および図4の
正面図に示すように、ユニット15側のレール22の下面に
転接する複数(ここでは5個)のローラ23をインライン
状に並べてアーム8に支持させてある。また、各アーム
8の基端部には、図1に示すようにユニット15をアーム
8の基端側から受け止めるストッパ24が設けられ、右側
のアーム8には、ユニット15がアーム8の先端側に脱出
することを防止するためのストッパ25が設けられる。こ
のストッパ25は図4に示すように、軸26を介して前後軸
心回りに90°にわたって回転可能にアーム8に支持さ
れ、図1および図3に示すように、この軸26のアーム8
の基端近傍部に連結された操作レバー27を操作すること
により図4に実線で示すユニット15の脱出を禁止する位
置と、図4に仮想線で示すユニット15の脱出を許容する
位置とに切り替えることができる。
【0019】図2に示すように、上記昇降駆動装置9
は、特に限定されず、例えば手動または電動のウィン
チ、スクリュージャッキなどで構成することが可能であ
るが、この実施例では、重量物であるユニット15を3ユ
ニットまとめて安定良く昇降させることができるように
するために、油圧式の昇降駆動装置9を用いている。こ
の昇降駆動装置9は、両端を台枠1と昇降枠5とに連結
したチェーン28と、このチェーン28の中間部が逆U字形
に巻き掛けられるスプロケット29と、このスプロケット
29を昇降させる油圧シリンダ30と、この油圧シリンダ30
に圧油を給排する油圧ユニット31と、油圧ユニット31を
制御する制御盤32、油圧ユニット31および制御盤32の駆
動源としてのバッテリおよびペンダントスイッチを備え
ている。
【0020】このように油圧シリンダ30を両端を台枠1
と昇降枠5とに連結したチェーン28と、このチェーン28
の中間部が逆U字形に巻き掛けられるスプロケット29
と、このスプロケット29を昇降させる油圧シリンダ30と
を設ける場合には、油圧シリンダ30の伸縮量に対して昇
降枠5は2倍の昇降量で昇降する。したがって、直接油
圧シリンダを昇降枠5に連結する場合に比べて、油圧シ
リンダ30を短くして安価にすることができ、また、油圧
シリンダ30に圧油を供給する油圧ユニット31も小能力
で、小型、かつ、安価なものにすることができる。
【0021】また、高い位置のユニット15の出し入れに
際して、アーム8の位置合わせやユニット15の押し込み
あるいは引出しが容易にできるようにするために、作業
台枠13の上面高さを床面から適当な高さに設定し、この
作業台枠13の上面に板、網板などを張って作業台33を設
け、さらに、上記昇降駆動装置9の油圧ユニット31、制
御盤32およびバッテリをこの作業台枠13内に配置するこ
とにより、小型化およびコンパクト化を図っている。
【0022】なお、上記油圧ユニット31は、図5に示す
ように、油圧ポンプ34と、これを駆動するモータ35と、
油圧ポンプ34の吐出路36に接続された第1弁システム37
および第2弁システム38と、戻り油路39と、圧力設定弁
40とからなり、第1弁システム37の電磁弁37aが中立状
態にあり、かつ、第2弁システム38の電磁弁38aが中立
状態にある時には、第1弁システム37のパイロットチェ
ック弁37bおよび第2弁システム38のパイロットチェッ
ク弁38bが閉弁し、油圧シリンダ30が油圧ロックされ
る。
【0023】第1弁システム37の電磁弁37aが順接続状
態にある時には、第1弁システム37のパイロットチェッ
ク弁37bが油圧ポンプ34から吐出される圧油によって開
かれ、また、第2弁システム38の電磁弁38aが順接続状
態にある時には、第2弁システム38のパイロットチェッ
ク弁38bが油圧ポンプ34から吐出される圧油によって開
かれ、油圧シリンダ30に圧油が供給される。
【0024】第1弁システム37は高速用であり、電磁弁
37aを切換えすることにより上昇下降を行う。上昇時は
電磁弁37aを順接することによりパイロットチェック弁
37b、チェック弁37dを経て高速で上昇し、また、電磁
弁37aを逆接することによりパイロットチェック弁37b
が強制開弁される。同時に絞り弁37cより圧油が流れ油
圧シリンダ30が荷重とともに下降する。
【0025】パイロットチェック弁37bはシリンダ30が
最下限の位置より上昇した時、その位置を保持すること
を目的とし、電磁弁37aを励磁することにより開放され
る。第2弁システム38は低速用であり、第1弁システム
37と同様電磁弁38aを切換えすることにより上昇下降を
行う。このとき、絞り弁38c、逆止弁38eにより上昇下
降の速度が制御される。
【0026】このように、このシステムは高速低速度の
上昇下降を2段階に切換えるための装置である。なお、
油圧シリンダーに過大圧が加わった場合は、圧力設定弁
40が開き、戻り油路39に接続され油圧を下げる仕組み
になっている。また、上記ペンダントスイッチは、作業
員が床上に立って操作できると共に、作業台33上でも操
作できるようにするため、例えば支柱4の上端と作業台
との中間の高さで一方の支柱4に支持させる。
【0027】ところで、この電気機器ユニット搬送装置
にユニット15を載せる時には、安全性を高めるために固
定用ジャッキ14を伸長させて電気機器ユニット搬送装置
を床に固定する。そして、油圧シリンダ30を短縮し、昇
降枠5、スライドポスト7およびアーム8はそれぞれ最
も低い位置に位置させる。この際に必要があれば、クラ
ッチ17を切ってアーム8の左右間隔が調整される。そし
て、この最も低い位置に位置させた上下3段の各段のア
ーム8に例えば低い段から順に作業者がユニット15を手
で持って載せる。したがって、作業員はユニット15を高
く持ち上げる必要はなくスライドさせるだけでよく、作
業が容易になると共にその安全性を高めることができ
る。なお、この場合、一人の作業員でもよいが、多数の
ユニット15を取り扱うことを考慮して、二人以上の作業
員で載せることが好ましい。
【0028】各段のアーム8にユニット15が載せられる
ごとにストッパ25でユニット15の脱出を防止し、各段の
アーム8にユニット15を載せ終えれば、固定用ジャッキ
14を短縮してから、電気機器ユニット搬送装置を一人ま
たは二人以上の作業員で所定のキュービクル11の前に移
動させ、キュービクル11の扉を開いて、左右のアーム8
がキュービクル11内のレール16とほぼ対応する位置に移
動させ、さらに、両パッド12がキュービクル11の前面下
部に受け止められる位置に前進させた後、固定用ジャッ
キ14を床面まで伸長させることにより電気機器ユニット
搬送装置を固定する。
【0029】ここで、両パッド12をキュービクル11の前
面下部に受け止めさせると、これにより、台枠3の前方
向の位置および向きが正確に位置決めされることにな
り、アーム8が正確にキュービクル11内のレール16と平
行に位置決めができ、ユニット15が斜めに押し込まれる
ことが防止される。この後、必要に応じて油圧シリンダ
30を伸長させて、各ユニット15を所定の高さまで持ち上
げ、高い場合には作業台33に乗って、低い場合には床に
立ってハンドル20を操作し、各アーム8をキュービクル
11内のレール16に正確に対応する位置に微調整する。
【0030】このように、ユニット15を出し入れする高
さが高い時に作業員が作業台に乗って作業をすることに
より、また、低い時には作業員が床に立って作業をする
ことにより、位置調整の状態を間近に見ながら位置調整
作業が行えることになり、位置調整の作業性が高められ
ると共に、位置調整の精度を高めることができる。そし
て、各アーム8をキュービクル11内のレール16に対応す
る位置に正確に対応する位置に位置させた後、例えば上
段から順にストッパ25を外して、アーム8上のユニット
15をキュービクル11内に押し込む。したがって、1ユニ
ット15ごとにユニット15を電気機器ユニット搬送装置に
載せる位置とキュービクル11との間で電気機器ユニット
搬送装置を往復させ、キュビクル11の前で電気機器ユニ
ット搬送装置の位置合わせを行う必要はなく、作業性お
よび安全性を高めて、作業時間を短縮することができる
のである。
【0031】ユニット15をキュービクル11から取り出す
場合は、空の電気機器ユニット搬送装置を一人または二
人以上の作業員で所定のキュービクル11の前に移動さ
せ、キュービクル11の扉を開いて、左右のアーム8がキ
ュービクル11内のレール16とほぼ対応する位置で両パッ
ド12をキュービクル11の前面下部に受け止めさせた後、
固定用ジャッキ14を床面まで伸長させることにより電気
機器ユニット搬送装置を固定する。
【0032】この後、必要に応じて油圧シリンダ30を伸
長させ、あるいは、短縮して各ユニット15の所定の高さ
に位置決めさせた後、高い場合には作業台33に乗って、
低い場合には床に立ってハンドル20を操作し、各アーム
8をキュービクル11内のレール16に正確に対応する位置
に微調整する。また、必要がある場合には、クラッチ17
を切ってアーム8の左右間隔を調整する。
【0033】さらにこの後、例えば下側のユニット15か
ら順にキュービクル11内から引出してアーム8の上に移
動させ、移動させるごとにストッパ25でユニット15の脱
出を防止し、全ての段のアーム8にユニット15を乗せ終
えた後、固定用ジャッキ14を短縮して、電気機器ユニッ
ト搬送装置を所定の位置まで移動させる。したがって、
1ユニット15ごとに電気機器ユニット搬送装置の位置を
合わせる必要がなく、また、ユニット15ごとに電気機器
ユニット搬送装置から下ろす位置とキュービクル11との
間を人力で搬送する必要もなくなり作業性および安全性
を高めて作業時間を短縮することができるのである。
【0034】電気機器ユニット搬送装置からユニット15
を下ろす時には、再び固定用ジャッキ14を伸長して電気
機器ユニット搬送装置を床に固定してから、必要に応じ
て油圧シリンダ30を短縮し、昇降枠5、スライドポスト
7、アーム8およびユニット15はそれぞれ最も低い位置
に位置させる。そして、例えば上段から順にストッパ25
を外してユニット15が各アーム8から下ろされる。した
がって、作業員はユニット15を高く持ち上げる必要はな
くなり、作業が容易になると共にその安全性を高めるこ
とができる。なお、この場合、一人の作業員でもよい
が、多数のユニット15を取り扱うことを考慮して、二人
以上の作業員で下ろすことが好ましい。
【0035】なお、上記の一実施例では、上下3段のア
ーム8が共通のスライドポスト7に固定されているの
で、上下3段のアーム8の左右位置および間隔は同じよ
うに調整されるが、各段のアーム8を各段ごとに独立し
たスライドポスト7に支持させ、各段毎に位置調整装置
10を設けて、各段ごとにアーム8の左右位置および間隔
を互いに独立して調整できるようにしてもよい。
【0036】
【発明の効果】以上に説明したように、本発明の電気機
器ユニット搬送装置は、支柱に昇降可能に支持され、前
記アームを左右移動可能に支持する昇降枠と、昇降枠を
駆動する昇降駆動装置と、アームの左右位置を調整する
位置調整装置とを備えるので、昇降駆動装置によってア
ームに支持させた電気機器を上げ下げできるうえ、しか
も、台枠を移動させずに、任意の高さに位置させたアー
ムの左右位置を位置調整装置により調整することができ
る。
【0037】したがって、電気機器ユニット搬送装置全
体を前後左右に行き来させながらキュービクル内の電気
機器の位置に対するアームの位置を合わせを行っている
従来例に比べて、簡単に、短時間で、しかも、正確にア
ームの位置合わせをすることができ、その結果、短時間
でキュービクルに電気機器を出し入れできる効果が得ら
れる。
【0038】また、アームの位置の微調整のために電気
機器ユニット搬送装置全体を前後左右に行き来させる必
要がなくなるので、位置調整時に作業員が電気機器ユニ
ット搬送装置と床との間や電気機器ユニット搬送装置と
キュービクルとの間に挟まれる恐れがなくなり、安全性
が高められる効果が得られる。本発明において、特に上
記位置調整装置が、昇降枠に支持されると共に、前記ア
ームの基端部に螺合されるねじ軸と、昇降枠の一端部ま
たは両端部に回転可能に支持され、上記ネジ軸を回転操
作するハンドルとを備える場合には、ハンドルの操作に
よってアームの位置を微調整することが容易になり、ア
ームの位置合わせを高精度にできる効果が得られる。
【0039】また、本発明において、特に前記位置調整
装置が、クラッチを介して断続される1対の同軸心に配
置された2本のねじ軸と、昇降枠の両端部に回転可能に
支持され、各ねじ軸に個別に連動させた1対のハンドル
とを備える場合には、クラッチを切ることにより各ねじ
軸を独立して操作できるので、アームの左右間隔を調整
することができ、左右幅が異なる複数種類の電気機器の
出し入れができる効果が得られる。
【0040】さらに、本発明において、特に床上の所定
の高さで、かつ、昇降枠に関してアームと反対側に位置
させて台枠に支持させた作業台を設けた場合は、高い位
置の電気機器の出し入れに際してアームの左右位置の調
整を間近に見ながら行えるので、作業性を高められると
共に、位置調整の精度を高める効果が得られる。またさ
らに、本発明において、特に前記昇降駆動装置が両端を
台枠と昇降枠とに連結した索条体または帯条体と、この
索条体または帯条体の中間部が巻き掛けられる輪体と、
この輪体を昇降させるシリンダと、シリンダの駆動源と
を備え、この駆動源が作業台内に配置される場合には、
電気機器を支持したアームの昇降を安定良く行えるう
え、シリンダの伸縮量に対するアームの昇降量を2倍に
できるので、シリンダを短く安価にできると共にシリン
ダに圧油を供給する駆動源を小型で小能力のものにする
ことができ、コストダウンを図る上で有利になる上、昇
降駆動装置全体を小型、かつコンパクトにできる効果が
得られる。
【0041】加えて、本発明において、台枠の前部に左
右に適当な間隔を置いて電気機器を収納するキュービク
ルに当接される位置決めパッドを支持させた場合には、
両パッドをキュービクルに当接させることにより、台枠
の前後方向の位置および向きが確実に制御され、電気機
器が斜めに出し入れされることを防止できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の要部の平面図である。
【図2】本発明の側面図である。
【図3】本発明のアームの側面図である。
【図4】本発明のアームの正面図である。
【図5】本発明の昇降駆動装置の油圧回路図である。
【符号の説明】
1、2…車輪 3…台枠 4…支柱 5…昇降枠 7…スライドポスト 8…アーム 9…昇降駆動装置 10…位置調整装置 12…パッド 17…クラッチ 18、19…ねじ軸 20…ハンドル 28…チェーン 29…スプロケット 30…油圧シリンダ 31…油圧ユニット 33…作業台
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 岸田 真一 大阪市北区本庄東2丁目9番18号 関電興 業株式会社内 (72)発明者 西 光信 大阪市北区本庄東2丁目9番18号 関電興 業株式会社内 (72)発明者 山本 幸市 大阪市北区本庄東2丁目9番18号 関電興 業株式会社内 (72)発明者 山岸 興屋 大阪市浪速区大国2丁目8番15号 株式会 社プラントサービス内 (72)発明者 森川 一信 福井県吉田郡松岡町吉野第30号7番地 前 田工業株式会社内

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 移動用車輪を有する台枠と、この台枠に
    立設した支柱と、支柱に昇降可能に支持させた左右1対
    の荷受用アームを複数備える電気機器ユニット搬送装置
    において、支柱に昇降可能に支持され、前記アームを左
    右移動可能に支持する昇降枠と、昇降枠を駆動する昇降
    駆動装置と、アームの左右位置を調整する位置調整装置
    とを備えることを特徴とする電気機器ユニット搬送装
    置。
  2. 【請求項2】 上記位置調整装置が、昇降枠に支持され
    ると共に、前記アームの基端部に螺合されるねじ軸と、
    昇降枠の一端部または両端部に回転可能に支持され、上
    記ネジ軸を回転操作するハンドルとを備える請求項1に
    記載の電気機器ユニット搬送装置。
  3. 【請求項3】 前記位置調整装置が、クラッチを介して
    断続される1対の同軸心に配置された2本のねじ軸と、
    昇降枠の両端部に回転可能に支持され、各ねじ軸に個別
    に連動させた1対のハンドルとを備える請求項1または
    2に記載の電気機器ユニット搬送装置。
  4. 【請求項4】 床上の所定の高さで、かつ、昇降枠に関
    してアームと反対側に位置させて台枠に支持させた作業
    台を設けた請求項1ないし3のいずれか1項に記載の電
    気機器ユニット搬送装置。
  5. 【請求項5】 前記昇降駆動装置が両端を台枠と昇降枠
    とに連結した索条体または帯条体と、この索条体または
    帯条体の中間部が逆U字形に巻き掛けられる輪体と、こ
    の輪体を昇降させるシリンダと、シリンダの駆動源とを
    備え、この駆動源が作業台内に配置される請求項4に記
    載の電気機器ユニット搬送装置。
  6. 【請求項6】 台枠の前部に左右に適当な間隔を置いて
    電気機器を収納するキュービクルに当接される位置決め
    パッドを支持させた請求項1ないし5のいずれか1項に
    記載の電気機器ユニット搬送装置。
JP31513895A 1995-12-04 1995-12-04 電気機器ユニット搬送装置 Pending JPH09163526A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31513895A JPH09163526A (ja) 1995-12-04 1995-12-04 電気機器ユニット搬送装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31513895A JPH09163526A (ja) 1995-12-04 1995-12-04 電気機器ユニット搬送装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09163526A true JPH09163526A (ja) 1997-06-20

Family

ID=18061871

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31513895A Pending JPH09163526A (ja) 1995-12-04 1995-12-04 電気機器ユニット搬送装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09163526A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101908732A (zh) * 2010-07-22 2010-12-08 河南省电力公司驻马店供电公司 开关柜安装移动装置
CN104444212A (zh) * 2014-09-30 2015-03-25 国家电网公司 一种开关小车的全自动化转运系统
CN104444162A (zh) * 2014-09-30 2015-03-25 国家电网公司 一种开关小车的自动抓取转运系统
CN105207089A (zh) * 2015-09-14 2015-12-30 国网山东省电力公司菏泽供电公司 一种新型手车开关运送及检修小车
CN105655903A (zh) * 2016-03-23 2016-06-08 国网山东省电力公司高唐县供电公司 小型电力设备用折叠式起落架
CN106025838A (zh) * 2016-07-21 2016-10-12 新疆特变电工自控设备有限公司 一种开关柜断路器出入控制机构
CN107069505A (zh) * 2017-04-18 2017-08-18 国网江苏省电力公司无锡供电公司 高压柜一体化安装装置
CN107437761A (zh) * 2016-12-31 2017-12-05 广州迅速光电科技有限公司 一种便抽取的电力抽屉柜设备

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101908732A (zh) * 2010-07-22 2010-12-08 河南省电力公司驻马店供电公司 开关柜安装移动装置
CN104444212A (zh) * 2014-09-30 2015-03-25 国家电网公司 一种开关小车的全自动化转运系统
CN104444162A (zh) * 2014-09-30 2015-03-25 国家电网公司 一种开关小车的自动抓取转运系统
CN105207089A (zh) * 2015-09-14 2015-12-30 国网山东省电力公司菏泽供电公司 一种新型手车开关运送及检修小车
CN105655903A (zh) * 2016-03-23 2016-06-08 国网山东省电力公司高唐县供电公司 小型电力设备用折叠式起落架
CN106025838A (zh) * 2016-07-21 2016-10-12 新疆特变电工自控设备有限公司 一种开关柜断路器出入控制机构
CN106025838B (zh) * 2016-07-21 2018-03-30 新疆特变电工自控设备有限公司 一种开关柜断路器出入控制机构
CN107437761A (zh) * 2016-12-31 2017-12-05 广州迅速光电科技有限公司 一种便抽取的电力抽屉柜设备
CN107069505A (zh) * 2017-04-18 2017-08-18 国网江苏省电力公司无锡供电公司 高压柜一体化安装装置
CN107069505B (zh) * 2017-04-18 2019-10-22 国网江苏省电力公司无锡供电公司 高压柜一体化安装装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR20200090199A (ko) 팰릿 셸핑 장치
US3172501A (en) Portable lift
JP2007119251A (ja) バラストを搭載したモービルクレーン
US8306706B2 (en) Storage container loading/unloading and transporting apparatus
JPH09163526A (ja) 電気機器ユニット搬送装置
US20050226712A1 (en) Bar stock loading table and apparatus
US3874477A (en) Method and arrangement for shoring up the base frame of lifts hoists and the like
JP2009274863A (ja) 昇降装置及び該昇降装置を用いる貨物積替え方法
KR20020082171A (ko) 겐트리크레인
JP4727136B2 (ja) 架台への重量物収納又は取り出し方法及びこれらに使用する重量物据付冶具
US3764028A (en) Container stall interchange
KR100588536B1 (ko) 가스 용기 로딩 장치
JP2019099064A (ja) 重量物搬送台車及び重量物の荷役方法
JP4791719B2 (ja) ガスボンベ交換装置
CN210277629U (zh) 安葬工作系统
US5462257A (en) Jack stand
CN210205264U (zh) 安葬设备
JP3315312B2 (ja) 工事用エレベータの鉄塔組立・解体装置
CN210812286U (zh) 骨灰盒推移卸载系统
JPH08216772A (ja) 電柱運搬車
JPH07242394A (ja) 大型部品着脱用作業台
JPH05131901A (ja) 車体搬送用仮台車
JP2634030B2 (ja) 重量物運搬用手押し台車
KR100217471B1 (ko) 대형 트럭 후레임 페인팅용 리프트 장치와 이형 팰릿구조
KR101774156B1 (ko) 회전식 하물적재장치