JPH09159689A - センサ組立体及びその組み立て方法 - Google Patents

センサ組立体及びその組み立て方法

Info

Publication number
JPH09159689A
JPH09159689A JP7318356A JP31835695A JPH09159689A JP H09159689 A JPH09159689 A JP H09159689A JP 7318356 A JP7318356 A JP 7318356A JP 31835695 A JP31835695 A JP 31835695A JP H09159689 A JPH09159689 A JP H09159689A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
case
circuit board
printed circuit
acceleration sensor
detection unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP7318356A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3201242B2 (ja
Inventor
Toshio Matsui
Yasushi Uenaka
俊雄 松井
裕史 植中
Original Assignee
Toyota Motor Corp
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyota Motor Corp, トヨタ自動車株式会社 filed Critical Toyota Motor Corp
Priority to JP31835695A priority Critical patent/JP3201242B2/ja
Publication of JPH09159689A publication Critical patent/JPH09159689A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3201242B2 publication Critical patent/JP3201242B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 本発明はセンサ組立体に関し、車両の上下方
向の振動を進行方向の振動として誤検出することのない
センサ組立体を提供することを目的とする。 【解決手段】 ECU12はケース16、加速度センサ
検出部10が装着されたプリント基板14、及びベース
17より構成されている。検出部固定ネジ31、32が
それぞれ、加速度センサ検出部10及びプリント基板1
4を貫通して、ケース16の内面に設けられたセンサ固
定用突起18、20に螺着されることにより、加速度セ
ンサ検出部10及びプリント基板14が共にケース16
に固定されている。ベース17はベース固定ネジ40、
41によりケース16の側壁16a、16bの底面にプ
リント基板14と共に締着されている。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、センサ組立体に係
わり、特に、車両エアバッグシステム用加速度センサに
好適な構造を有するセンサ組立体に関する。

【0002】

【従来の技術】従来より車両には乗員の安全を図るため
にエアバッグシステムが装着されている。エアバッグシ
ステムは、車両に搭載された加速度センサにより検出さ
れた車両の進行方向の加速度あるいは加速度により演算
される値が所定値を越えた際に動作するように構成され
ている。従って、加速度センサには、車両に生ずる進行
方向の加速度を正確に検出することが要求される。

【0003】加速度センサの構造としては、例えば、実
開平6−18973号に開示される構造が知られてい
る。上記従来の加速度センサは、加速度検出部と、信号
処理回路と、これらを収納する保護筐体とを備えてい
る。上述の如く、加速度センサには車両の進行方向のみ
の加速度を検出することが要求される。このため、上記
従来の加速度センサは、加速度検出部の検出方向が車両
の進行方向に一致するように、車両に搭載される。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、車両に
生ずる振動が上記従来の加速度センサに伝達されると、
加速度検出部が搭載されたプリント基板に撓み振動が生
ずる。かかる撓み振動には、プリント基板に垂直な方向
の成分のみならずプリント基板に平行な方向の成分が含
まれている。このため、上記従来の加速度センサによっ
ては車両に上下方向の振動のみが生じている場合に、進
行方向の加速度が生じていると誤検出される場合があ
る。この点、上記従来の加速度センサは高い検出精度を
得る上で必ずしも最適な構成ではなかったことになる。

【0005】本発明は、上述の点に鑑みてなされたもの
であり、センサ検出部を適切に保護し得ると共に、セン
サ検出部が、本来検出すべき振動以外の振動を誤検出す
ることのない、信頼性に優れた検出性能を有するセンサ
組立体を提供することを目的とする。

【0006】

【課題を解決するための手段】上記の目的は、請求項1
記載の如く、所定方向の運動に応じた量を検出するセン
サ検出部と、該センサ検出部及び信号処理回路が装着さ
れたプリント基板と、該プリント基板を収容するケース
とを備えるセンサ組立体において、前記センサ検出部が
プリント基板に固定されると共に前記ケースに固定され
たセンサ組立体により達成される。

【0007】本発明において、センサ検出部はケースに
固定される。このため、センサ検出部にはケースに対す
る相対的な運動は生じない。従って、センサ検出部はケ
ースに生じた運動に応じた量のみを検出する。また、セ
ンサ検出部はプリント基板に固定されている。このた
め、センサ検出部のケースへの装着は、センサ検出部が
プリント基板に固定された状態で行なわれる。従って、
センサ検出部をケースに装着する際に、センサ検出部を
プリント基板に保持するための治具等は不要とされる。

【0008】また、上記の目的は、請求項2記載の如
く、請求項1記載のセンサ組立体において、該センサ組
立体の本体を被検出体へ固定する固定用ブラケットと、
前記センサ検出部を前記ケースへ固定する検出体固定ネ
ジと、前記ブラケットを前記検出体固定ネジと同じ方向
から前記ケースに固定するブラケット固定ネジと、を備
えるセンサ組立体によっても達成される。

【0009】また、上記の目的は、請求項3記載の如
く、所定方向の運動に応じた量を検出するセンサ検出部
と、該センサ検出部及び信号処理回路が装着されたプリ
ント基板と、プリント基板を収容するケースと、被検出
体への固定用ブラケットとを備えるセンサ組立体の組み
立て方法において、前記センサを検出体固定ネジにより
前記ケースにネジ止めする工程と、前記ブラケットをブ
ラケット固定ネジにより、前記検出体固定ネジと同じ方
向から前記ケースに固定する工程と、を備えるセンサ組
立体の組み立て方法によっても達成される。

【0010】請求項2及び3記載の発明において、セン
サ検出部は検出体固定ネジによりケースへ固定される。
また、ブラケットはブラケット固定ネジにより、検出体
固定ネジと同じ方向からケースに固定される。従って、
センサ組立体の組み立て工程において、検出体固定ネジ
とブラケット固定ネジは同じ方向から締着される。

【0011】

【発明の実施の形態】図1は本発明の一実施例に係わ
る、内部に加速度センサ検出部10が装着さた電子制御
装置(以下、ECUと称す)12の斜視図である。プリ
ント基板14には電子制御装置としての機能を実現する
ための電子回路が実装されている。加速度センサ検出部
10はプリント基板14に装着されている。プリント基
板14は加速度センサ検出部10がケース16の内部に
収容されるように、ケース16に装着されている。EC
U12は車両取付けブラケット17aにより車両に固定
される。

【0012】図2は、図1に示す切断線II−IIに沿って
切断した際のECU12の断面図である。ケース16は
アルミダイキャストにより形成された直方体状のケース
である。ケース16の図2における上壁面内側には、2
つの円筒状のセンサ取付け突起18、20が設けられて
いる。センサ取付け突起18、20の内周面にはネジ山
が形成されている。また、ケース16の側壁16a及び
16bの底面にはそれぞれベース取付けネジ孔21、2
2が設けられている。加速度センサ検出部10のケース
は、ガラス繊維入りPPS等の耐クリープ性の良好な樹
脂で作られており、貫通孔23及び24が設けられてい
る。

【0013】プリント基板14にはネジ固定孔26及び
28が設けられている。ネジ固定孔26及び28は、加
速度センサ検出部10がプリント基板14に固定された
際に、その位置が加速度センサ検出部10の貫通孔2
3、24の位置に一致するように設けられている。プリ
ント基板14の周縁部近傍にはケース取付け孔29、3
0が設けられている。ケース取付け孔29、30はそれ
ぞれ、プリント基板14がケース16に装着される際
に、ケース16のベース取付けネジ孔21、22の位置
に一致するように設けれている。

【0014】加速度センサ検出部10は、図2における
紙面に垂直方向の振動のみを検出するように構成されて
いる。従って、ECU12は図2における紙面に垂直方
向が車両進行方向となるように車両に搭載される。検出
体固定ネジ31、32はそれぞれ、プリント基板14の
センサ取付け孔26及び28、加速度センサ検出部10
の貫通孔23及び24を貫通してケースのセンサ取付け
突起18、20に螺着されている。これにより、加速度
センサ検出部10、プリント基板14、及びケース16
は互いに固定されている。ネジ26、28はそれぞれス
プリングワッシャ33、34及び平座金35、36と共
に固定されている。加速度センサ検出部10がネジ2
6、28により締着された際に加速度センサ検出部10
の筐体に生ずるクリープ変形は、スプリングワッシャ3
3、34及び平座金35、36によって吸収される。こ
れにより、かかるクリープ変形によって加速度センサ検
出部10の締着部位に緩みが生ずることが防止されてい
る。ただし、加速度センサ検出部10の筐体の構成材質
の耐クリープ特性が良好であって、加速度センサ検出部
10の筐体にクリープ変形がほとんど生じないならば、
スプリングワッシャ33、34及び平座金35、36を
用いなくても、上述の如く締着部位に緩みが生ずること
はない。

【0015】ベース17は矩形の金属製板状部材であ
る。ベース17は、中央部が矩形の凹状に形成されて設
けられた凹部17bと、凹部17bの外側に形成された
周縁部17cとを備えている。ベース17の凹部17b
の底面(図2における下面)には車両取付けブラケット
17aが溶接されている。金属ベース17の周縁部17
cにはケース取付け孔38、39が設けられている。ベ
ース固定ネジ40、41はそれぞれ、金属ベース17の
ケース取付け孔38、39、及びプリント基板14のケ
ース取付け孔29、30を貫通してケース16のベース
取付けネジ孔21、22に螺着されている。これによ
り、金属ベース17、プリント基板14、及びケース1
6が互いに固定されている。

【0016】次に、図3及び図4を参照して、ECU1
2の組み立て手順について説明する。図3は加速度セン
サ検出部10のプリント基板14への固定方法を示す図
である。加速度センサ検出部10をプリント基板14に
固定する場合には、先ず、加速度センサ検出部10の入
出力端子50をプリント基板14のスルーホール49に
挿入すると共に、加速度センサ検出部10に設けられた
固定用ピン52、54をそれぞれ、プリント基板14に
設けられたセンサ取付け孔56、58に挿入する。次
に、固定用ピン52、54のセンサ取付け孔56、58
からの突出部分をプリント基板14の裏面(図3におい
ては下面)に沿うように屈曲させることにより、加速度
センサ検出部10をプリント基板14に仮止めする。最
後に、入出力端子50と共に固定用ピン52、54をプ
リント基板14にハンダ付けすることにより、加速度セ
ンサ検出部10をプリント基板14に固定する。

【0017】図4は上述の如く加速度センサ検出部10
が固定されたプリント基板14を、ケース16に固定す
る方法を示す図である。プリント基板14をケース16
に固定する場合には、先ず、プリント基板14をケース
16の側壁部16aの底面に係合させた後、ネジ31及
び32によりプリント基板14及び加速度センサ検出部
10を共にケース16に締着する。次に、ベース固定ネ
ジ40、41により金属ベース17をプリント基板14
と共にケース16に締着して、ECU12の組み立てを
完了する。

【0018】上述したECU12の構成によれば、加速
度センサ検出部10は、プリント基板14に固定される
と共に検出体固定ネジ31、32によりケース16にも
固定される。これにより、加速度センサ検出部10にケ
ース16に対する相対的な運動が生ずることが防止され
ている。このため、車両に振動が生じた際に、車両の振
動方向以外の振動は加速度センサ検出部10に伝達され
ない。この結果、加速度センサ検出部10が、車両に生
じた進行方向以外の方向の振動を進行方向の振動として
誤検出することが防止されている。また、加速度センサ
の検出方向(車両進行方向)の振動に対して、当該方向
に加速度センサ10が共振することも同時に防止される
ので、この共振による加速度センサ検出部10の誤検出
も防止されている。

【0019】また、加速度センサ検出部10が剛体であ
るケース16に直接締着されるため、車両に生ずる振動
は、その伝達経路に弾性体が介在することなく加速度セ
ンサ検出部10に伝達される。このため、車両に生ずる
振動が遅延されたり減衰されたりすることなく加速度セ
ンサ検出部10により検出される。これにより、加速度
センサ検出部10の信頼性が向上されている。

【0020】更に、ECU12の組み立て工程におい
て、加速度センサ検出部10の入出力端子50のプリン
ト基板14への半田付けは、加速度センサ検出部10が
固定用ピン52、54によりプリント基板14に固定さ
れた状態で行なわれる。このため、入出力端子50の半
田付けを行なう際に、加速度センサ検出部10をプリン
ト基板上に保持するための治具等が不要とされる。これ
により、ECU12の組み立て工程が簡素化され、組み
立てコストが低減されている。

【0021】また、ECU12の組み立て工程におい
て、加速度センサ検出部10を固定する検出体固定ネジ
31、32と金属ベース17を固定するベース固定ネジ
40、41の締め付け方向が一致している。このため、
ECU12の組み立てが自動化されている場合には、組
み立て部品の姿勢あるいはネジ止め機械の姿勢を変化さ
せることなく、組み立てを行なうことができる。これに
より、組み立て工程の簡素化及び組み立て時間の短縮が
図られている。また、ネジ止めが手作業で行なわれる場
合にも、組み立て部品の姿勢を変化させることなく同一
方向からネジ止めを行なうことができるため、組み立て
時間が短縮される。このように、本実施例のECU12
によれば、ネジの締め付け工程の簡素化・短時間化が可
能とされ、これにより、組み立てコストが更に低減され
ている。

【0022】図5は本発明の第2の実施例に係わるEC
U112の断面図を示す。なお、図2と同様の構成部分
には同一の符号を付してその説明を省略する。ベース1
17はアルミダイカストにより形成された長方形の板状
部材である。ベース117は、その周縁部に中間部に比
して高く形成されたリブ部118を備えている。ベース
117の中間部にはリブ部118に等しい高さを有する
円筒状のセンサ取付け突起119、120が設けられて
いる。センサ取付け突起119、120の内周面にはネ
ジ山が形成されている。

【0023】加速度センサ検出部10は上記した第1の
実施例と同様にしてプリント基板14に装着されてい
る。検出体固定ネジ130、132は加速度センサ検出
部10の貫通孔22、24及びプリント基板14のセン
サ取付け孔26、28を貫通してベース117のセンサ
取付け突起119、120に螺着されている。これによ
り、加速度センサ検出部10はプリント基板14と共に
ベース117に固定されている。なお、検出体固定ネジ
130、132はスプリングワッシャ133、134及
び平座金135、136と共に装着されている。プリン
ト基板14はネジ140、141によりベース117の
リブ部118の図5における上面に締着されている。ケ
ース116はプリント基板14を覆うようにベース11
7に装着されている。そして、ケース116は、その側
壁部の図5中下端部近傍がネジ150によりベース11
7のリブ部の外側面に締着されることにより、ベース1
17に固定されている。

【0024】上記したECU112の構成によれば、加
速度センサ検出部10はプリント基板14に固定される
と共にベース117にも固定されている。ベース117
はアルミダイカスト製の剛性部材であるため、ベース1
17と加速度センサ検出部10及びプリント基板14と
の間に相対的な運動が生ずることはない。これにより、
ECU112が車両に装着された場合、上記したECU
12の場合と同様に、車両の進行方向以外の振動が進行
方向の振動として誤検出されることが防止されている。

【0025】図6は本発明の第3の実施例に係わる加速
度センサ検出部200の斜視図を示す。加速度センサ検
出部200は筐体部202がプレート部204に接合さ
れて構成されている。プレート部204はその1辺方向
が筐体部202に比して長く設けられている。ブレート
部204の長手方向の両端部には、プレス加工により円
筒状に形成されたスリーブ部204a、204bが設け
られている。入出力端子206、207は、筐体部20
2のプレート部204への装着面とは反対側の面に設け
られており、その途中で直角に屈曲されてブレート部2
04のスリーブ部204a、204bの軸方向と平行に
向けられている。また、固定ピン208、209は、筐
体部202の、入出力端子206、207の屈曲方向側
の底面に設けられている。

【0026】かかる構成の加速度センサ検出部200
は、上記第1及び第2の実施例の加速度センサ検出部1
0と同様に、入出力端子206、207がプリント基板
のスルーホールに挿入されると共に、固定用ピン20
8、209がプリント基板のセンサ取付け孔に挿入され
る。次に、固定用ピン208、209の先端部が屈曲さ
れてブリント基板に仮止めされた後、入出力端子20
6、207が半田付けにて固定される。このようにして
加速度センサ検出部200が装着されたプリント基板
を、図2に示すケース16及び金属ベース17に装着す
る場合には、図2に示す如く、ネジをプリント基板の固
定孔及び加速度センサ検出部200のスリーブ204a
に貫通させてケース16の取付け突起18、24に螺着
する。また、加速度センサ検出部200が装着されたプ
リント基板を、図5に示すケース116及び金属ベース
117に装着する場合には、図5に示す如く、ネジを加
速度センサ検出部200のスリーブ204a及びプリン
ト基板の固定孔に貫通させてベース117の取付け突起
118、120に螺着する。

【0027】上述の如く、本実施例の加速度センサ検出
部200は、筐体部202に貫通孔を設けることなくケ
ース及びベースに固定することができる。これにより、
加速度センサ検出部200の製造コストの低減、及び、
筐体202内への加速度検出素子の配置の自由度の向上
が図られている。また、本実施例の場合、スリーブ部が
金属プレートで形成されるため、樹脂ケースの場合に懸
念されるクリープの影響は考慮しなくてもよい。

【0028】図7は本発明の第4の実施例に係わる、加
速度センサ検出部300をプリント基板314に固定す
る方法を示す図である。本実施例の加速度センサ検出部
300はセンサ筐体と一体に形成された樹脂製の固定ピ
ン310、312を備えている。加速度センサ検出部3
00をプリント基板314に固定する場合、先ず、加速
度センサ検出部300の入出力端子350をプリント基
板314のスルーホール351に挿入すると共に、固定
ピン310、312をプリント基板314のセンサ取付
け孔326、328に挿入する。次に、固定ピン31
0、312の先端部を熱して溶融させることにより加速
度センサ検出部300をプリント基板314に固定す
る。あるいは、プリント基板314のセンサ取付け孔3
26、328の径を加速度センサ検出部300の固定ピ
ン310、312の径よりもわずかに小さく設けて、固
定ピン310、312をセンサ取付け孔326、328
に圧入することにより、加速度センサ検出部300をプ
リント基板314に固定してもよい。

【0029】上記した加速度センサ検出部300の構成
によれば、第1〜第3の実施例の加速度センサ検出部1
0及び200と同様に、加速度センサ検出部300の入
出力端子151のプリント基板114への半田付けを、
加速度センサ検出部300が固定ピン310、312に
よりプリント基板114に固定された状態で行なうこと
ができる。このため、入出力端子151の半田付けを行
なう際に加速度センサ検出部300を保持するための治
具や部品等を用いることが不要とされている。これによ
り、組み立て工程が簡素され、組み立てコストが低減さ
れている。

【0030】また、上記した第1〜第4の実施例におい
ては、加速度センサ検出部に、ケースに生じた振動以外
の振動が伝達されることが防止されているので、加速度
センサ検出部のプリント基板への配置の自由度も向上さ
せることができる。また、本発明の各実施例において
は、車両の進行方向と加速度センサの検出方向が一致す
る場合について述べたが、これに限らず、加速度センサ
の検出方向が車両車幅方向である場合でも、本発明は適
用可能である。

【0031】なお、上記した第1〜第4の実施例におい
ては、加速度センサ検出部10、200、300が上記
したセンサに、ECU12、112が上記したセンサ組
立体に、ベース17、117が上記したブラケットに、
ベース固定ネジ40、41、140、141がブラケッ
ト固定ネジに、それぞれ相当している。

【0032】

【発明の効果】上述の如く、請求項1記載の発明によれ
ば、センサをケースに固定することにより、ケースに生
じた運動以外の運動がセンサに伝達されることを防止す
ることができる。これにより、センサ組立体が車両に搭
載された際に、車両の上下方向の振動が進行方向の振動
と誤検出されることを防止することができる。また、セ
ンサがプリント基板に固定された状態でセンサをプリン
ト基板に装着することができる。これにより、センサの
プリント基板への装着時にセンサ保持用の治具等を用い
ることが不要となり、センサ組立体の組立コストを低減
することができる。

【0033】また、請求項2及び3記載の発明によれ
ば、センサの検出体固定ネジによる固定の方向とブラケ
ットのベース固定ネジによる固定の方向とを一致させる
ことにより、センサ組立体の組立工程を簡素化すること
ができ、従って、組立コストを低減することができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の第1の実施例に係わるECUの斜視図
である。

【図2】本実施例のECUを図1の切断線2−2に沿っ
て切断した際の断面図である。

【図3】本実施例のECUの組立工程において、加速度
センサ検出部をプリント基板に固定する方法を示す図で
ある。

【図4】本実施例のECUの組立工程において、プリン
ト基板及びベースをケースに固定する方法を示す図であ
る。

【図5】本発明の第2の実施例に係わるECUの断面図
である。

【図6】本発明の第3の実施例に係わる加速度センサ検
出部の斜視図である。

【図7】本発明の第4の実施例に係わる加速度センサ検
出部のプリント基板への固定方法を示す図である。

【符号の説明】

10、200、300 加速度センサ検出部 12、112 ECU 14、314 プリント基板 16、116 ケース 17、117 ベース 18、20 センサ取り付け用突起 31、32、130、132 検出部固定ネジ 40、41、140、141 ベース固定ネジ 52、54、208、209、310、312 固定用
ピン

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 所定方向の運動に応じた量を検出するセ
    ンサ検出部と、該センサ検出部及び信号処理回路が装着
    されたプリント基板と、該プリント基板を収容するケー
    スとを備えるセンサ組立体において、 前記センサ検出部がプリント基板に固定されると共に前
    記ケースに固定されたことを特徴とするセンサ組立体。
  2. 【請求項2】 請求項1記載のセンサ組立体において、 該センサ組立体の本体を被検出体へ固定する固定用ブラ
    ケットと、 前記センサ検出部を前記ケースへ固定する検出体固定ネ
    ジと、 前記ブラケットを前記検出体固定ネジと同じ方向から前
    記ケースに固定するブラケット固定ネジと、を備えるこ
    とを特徴とする請求項1記載のセンサ組立体。
  3. 【請求項3】 所定方向の運動に応じた量を検出するセ
    ンサ検出部と、該センサ検出部及び信号処理回路が装着
    されたプリント基板と、該プリント基板を収容するケー
    スと、被検出体へ固定する固定用ブラケットとを備える
    センサ組立体の組み立て方法において、 前記センサを検出体固定ネジにより前記ケースにネジ止
    めする工程と、 前記ブラケットをブラケット固定ネジにより、前記検出
    体固定ネジと同じ方向から前記ケースに固定する工程
    と、を備えることを特徴とするセンサ組立体の組み立て
    方法。
JP31835695A 1995-12-06 1995-12-06 センサ組立体及びその組み立て方法 Expired - Fee Related JP3201242B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31835695A JP3201242B2 (ja) 1995-12-06 1995-12-06 センサ組立体及びその組み立て方法

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31835695A JP3201242B2 (ja) 1995-12-06 1995-12-06 センサ組立体及びその組み立て方法
TW086217408U TW346897U (en) 1995-12-06 1996-06-14 Sensor assembly having snesing part for providing increased level of detection accuracy
CN 96114567 CN1078707C (zh) 1995-12-06 1996-11-13 可提供高精度探测水平具有加速度传感器的传感器装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09159689A true JPH09159689A (ja) 1997-06-20
JP3201242B2 JP3201242B2 (ja) 2001-08-20

Family

ID=18098246

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31835695A Expired - Fee Related JP3201242B2 (ja) 1995-12-06 1995-12-06 センサ組立体及びその組み立て方法

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP3201242B2 (ja)
CN (1) CN1078707C (ja)
TW (1) TW346897U (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0908363A3 (en) * 1997-10-06 2000-10-18 Kabushiki Kaisha Toyoda Jidoshokki Seisakusho Sensor support assembly for vehicles
WO2003008244A1 (en) * 2001-07-19 2003-01-30 Kelsey-Hayes Company Motion sensors integrated within an electro-hydraulic control unit
JP2005155827A (ja) * 2003-11-27 2005-06-16 Fujitsu Ten Ltd 固定構造
JP2006168408A (ja) * 2004-12-13 2006-06-29 Advics:Kk ブレーキ液圧による車両制御装置
WO2007054397A1 (de) * 2005-11-08 2007-05-18 Robert Bosch Gmbh Beschleunigungssensor und stossfängerverkleidung
JP2008506937A (ja) * 2004-07-15 2008-03-06 シーメンス アクチエンゲゼルシヤフトSiemens Aktiengesellschaft 自動車用センサ
JP2010083382A (ja) * 2008-09-30 2010-04-15 Fujitsu Ten Ltd 筐体固定構造
JP2010127707A (ja) * 2008-11-26 2010-06-10 Rion Co Ltd 加速度センサ取付用アタッチメント及び振動計
US8112196B2 (en) 2007-07-26 2012-02-07 Nissin Kogyo Co., Ltd. Electronic control unit and vehicle behavior control device

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN202074990U (zh) * 2011-04-29 2011-12-14 博世汽车部件(苏州)有限公司 用于安全气囊电子控制单元的传感器支架

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0908363A3 (en) * 1997-10-06 2000-10-18 Kabushiki Kaisha Toyoda Jidoshokki Seisakusho Sensor support assembly for vehicles
US6398252B1 (en) 1997-10-06 2002-06-04 Kabushiki Kaisha Toyoda Jidoshokki Seisakusho Sensor support assembly for vehicles
WO2003008244A1 (en) * 2001-07-19 2003-01-30 Kelsey-Hayes Company Motion sensors integrated within an electro-hydraulic control unit
JP2005155827A (ja) * 2003-11-27 2005-06-16 Fujitsu Ten Ltd 固定構造
JP2008506937A (ja) * 2004-07-15 2008-03-06 シーメンス アクチエンゲゼルシヤフトSiemens Aktiengesellschaft 自動車用センサ
JP2006168408A (ja) * 2004-12-13 2006-06-29 Advics:Kk ブレーキ液圧による車両制御装置
JP4715183B2 (ja) * 2004-12-13 2011-07-06 株式会社アドヴィックス ブレーキ液圧による車両制御装置
WO2007054397A1 (de) * 2005-11-08 2007-05-18 Robert Bosch Gmbh Beschleunigungssensor und stossfängerverkleidung
US8112196B2 (en) 2007-07-26 2012-02-07 Nissin Kogyo Co., Ltd. Electronic control unit and vehicle behavior control device
JP2010083382A (ja) * 2008-09-30 2010-04-15 Fujitsu Ten Ltd 筐体固定構造
US8096576B2 (en) 2008-09-30 2012-01-17 Fujitsu Ten Limited Housing fixing structure
JP2010127707A (ja) * 2008-11-26 2010-06-10 Rion Co Ltd 加速度センサ取付用アタッチメント及び振動計

Also Published As

Publication number Publication date
CN1078707C (zh) 2002-01-30
CN1159000A (zh) 1997-09-10
JP3201242B2 (ja) 2001-08-20
TW346897U (en) 1998-12-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7514784B2 (en) Electronic circuit device and production method of the same
JP2794558B2 (ja) 電子機器
DE19720106C2 (de) Vorrichtung zur Aufnahme von elektrischen Bauteilen
KR100534560B1 (ko) 온도센서 일체형 압력센서장치
EP0712265B1 (de) Baugruppe
US6343953B2 (en) Structure for assembling a housing and a connector
EP1511368B1 (de) Sandwich Gehäuse für einen Antennenverstärker
US7510404B2 (en) Fixing structure and control device using that fixing structure
JP4366863B2 (ja) 電子制御装置
DE60211587T2 (de) Elektronische Vorrichtung für Fahrzeuge
US8414013B2 (en) Housing structure for in-vehicle electronic device
KR100225330B1 (ko) 반도체 센서
JP3532776B2 (ja) 自動車用センサの取付け構造
JP3648119B2 (ja) 電子回路基板の収容ケース
US7654864B2 (en) Mounting bracket structure
JP5184286B2 (ja) 筐体固定構造
DE19637079C2 (de) Anordnung zur Beschleunigungsmessung
JP5036764B2 (ja) 電流センサー
US7819004B2 (en) Vehicle sensor
US6897647B2 (en) Revolution detecting sensor with recessed guide
US7221149B2 (en) Moving object detection device
KR20130055130A (ko) 차량용 카메라 모듈
US20040200279A1 (en) Composite sensor for detecting angular velocity and acceleration
EP1776565B1 (de) Sensor für kraftfahrzeuge
JP4186826B2 (ja) プリント基板の取り付け構造

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080622

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090622

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees