JPH09158333A - 木材同士の継手部分の気密保持方法 - Google Patents

木材同士の継手部分の気密保持方法

Info

Publication number
JPH09158333A
JPH09158333A JP32135295A JP32135295A JPH09158333A JP H09158333 A JPH09158333 A JP H09158333A JP 32135295 A JP32135295 A JP 32135295A JP 32135295 A JP32135295 A JP 32135295A JP H09158333 A JPH09158333 A JP H09158333A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
joint
holding groove
sealing
holding
airtightness
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP32135295A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoichi Ao
洋一 青
Original Assignee
Daishiyuu Kensetsu:Kk
株式会社大周建設
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Daishiyuu Kensetsu:Kk, 株式会社大周建設 filed Critical Daishiyuu Kensetsu:Kk
Priority to JP32135295A priority Critical patent/JPH09158333A/ja
Publication of JPH09158333A publication Critical patent/JPH09158333A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 木造建築の木材と木材との継手部分における
気密保持を図る。 【解決手段】 接手部分の接合面にまたがる保持溝3
a,3bを形成し、組付け後、この保持溝3a,3bにシ
ール材4を充填する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、木造建築物等にお
ける木材同士の継手部分の気密保持方法に関する。

【0002】

【従来の技術】暖房、冷房のための保温性向上を図るた
め、また建物内外の遮音性を向上させるため、近年、こ
とに木造建築物の内外の気密性を高める工法が、寒冷地
ばかりでなく、広く用いられる傾向にある。窓部は、ア
ルミサッシュ、ことに複層ガラス使用のアルミサッシュ
により、気密性及び断熱性は高められている。壁部は、
気密性及び断熱性の高い複合壁材の使用、また、ガラス
ウール等と熱反射材処理の合成樹脂シート材とを組み合
わせた材料を壁内部に展設することにより、相当の気密
が保たれるようになっている。屋根裏、床下においても
同様である。特に近来は、このような材料と骨組み材と
の間の気密保持も、相当な考慮がなされてきている。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】上述の各種の気密保持
手段にもかかわらず、盲点となっているのが、骨組み材
と骨組み材との継手部分、窓まぐさの仕口等における気
密保持の問題である。

【0004】従って、本発明は、木造建築の木材と木材
との継手部分における気密保持を図ることを主たる目的
とし、かつその目的を達成する簡単かつ経済的な具体手
段を提供することも目的としている。

【0005】

【課題を解決するための手段】本発明によると、上記課
題は、次のようにして解決される。 (1) 一方の木材の接合面に設けた凹入部に、他方の木
材の接合面に設けた突部を嵌合することにより、木材同
士を接合するようにした木材同士の接手部分における気
密保持方法であって、前記両接合面の少なくともいずれ
か一方に、両木材の側面と平行な方向を向く保持溝を形
成し、この保持溝にシール材を充填する。

【0006】(2) 上記(1)項において、保持溝を、接
合面における建物の外側の縁部に形成する。

【0007】(3) 上記(1)項において、保持溝を、接
合面の中間に形成する。

【0008】(4) 上記(1)ないし(3)項において、シ
ール材としてウレタンを用い、これを、接手の組付け後
に、保持溝に吹き込んで充填する。

【0009】(5) 上記(1)ないし(3)項において、シ
ール材として弾性体を用い、これを、接手の組付け前ま
たは後に、保持溝に押し込むことにより充填する。

【0010】

【発明の実施の形態】図1及び図2は、本発明方法を、
土台、胴差等の直継手として、かま接手を用いた場合の
気密保持に適用した例を示す。これらの図において、右
下が建物の外側、左上が内側である。

【0011】図1の組付け前の状態に示すように、水平
骨組み材(1)の端部は接合面(1a)を有するが、この端部
すなわち接合面(1a)から飛び出して、拡大頭部を有する
かま形の突部(1b)が形成されている。他方、水平骨組み
材(1)に対向する水平骨組み材(2)の端部は、接合面(2
a)を有するが、この接合面(2a)より内方に、前記突部(1
b)と補形をなす凹入部(2b)が形成されている。

【0012】図2に示すように、水平骨組み材(1)の突
部(1b)を水平骨組み材(2)の凹孔(2b)に嵌合させて、か
ま接手が形成される。この状態では、接合面(1a)(2a)
が、互いに接合する。

【0013】水平骨組み材(1)と水平骨組み材(2)との
継手部分の外側には、水平骨組み材(1)の上縁部または
上肩部に保持溝(3a)、水平骨組み材(2)の下縁部すなわ
ち下肩部に保持溝(3b)が形成されている。これらの保持
溝(3a)(3b)は、継手を組み付けた状態において、互いに
上下方向に整合する。

【0014】このようにかま継手を形成した後、図2に
示すように、保持溝(3a)(3b)内に、例えばウレタンのよ
うなシール材(4)を吹き込んで充填する。

【0015】このウレタンの吹き込みに代えて、発泡ウ
レタン、軟質合成ゴムのような予め成型した弾性体のシ
ール材を、保持溝(3a)(3b)に押し込んで充填してもよ
い。この際、シール材に接着剤を塗布してもよい。ま
た、継手の組付け前に、保持溝(3a)(3b)にシール材を嵌
合して必要に応じて接着しておいてもよい。いずれにし
ても、保持溝(3a)(3b)に充填したシール材は、この接合
面において内外部間の気密を保持する。

【0016】図3及び図4に示す例は、前述の例と同様
に、かま継手に本発明方法を実施したものである。この
例においては、保持溝(3a)(3b)は、接合面(1a)(2a)の中
間に形成されている。具体的には、保持溝(3a)は、水平
骨組み材(1)の突部(1b)の外側に接するようにして、接
合面(1b)に形成されている。また、保持溝(3b)は、組付
け後、保持溝(3a)の下方に整合するように、水平骨組み
材(2)の接合面(2a)の中間に形成されている。この実施
例では、シール材(4)は、上部から吹き込むだけで、何
の型枠も必要としない。

【0017】図5及び図6に示す実施例は、土台、胴差
等の角部の継手部分の気密保持に本発明の方法を適用し
たものである。これらの図の左下及び右下が建物の外側
である。

【0018】この継手部分は、水平骨組み材(5)と水平
骨組み材(6)とを直角に継ぎ、その角部の上部に通し柱
(7)を建てたものである。水平骨組み材(5)か、水平骨
組み材(6)か、またはその両方(図示の場合には水平骨
組み材(5))の外側の仕口面に、第1の実施例と同様
に、保持溝(8)が形成されている。

【0019】この実施例の場合、まず水平骨組み材(5)
の長ほぞ状の突部(5b)を、それと補形をなすようにして
水平骨組み材(6)に設けた凹入部(6b)に嵌合させて、接
合面(5a)(6a)を当接させて組付け、くさび(10)により固
定する。ついで、水平骨組み材(6)の上部の凹入部(6c)
に、シール材(9)を介して通し柱(7)の突部(7a)を嵌合
させて、通し柱(7)を建てる。ついで、図6に示すよう
に、保持溝(8)にシール材(11)を吹き込んで充填し、さ
らに、くさび(10)(10)の間に残された空間部分(13)に、
シール材(12)を吹き込んで充填する。このようにするこ
とにより、図6に示すように気密の保持が果たされる。

【0020】図7及び図8は、本発明方法を、通し柱と
胴差との接手部分の気密の保持に適用した例を示す。図
の左側が建物の外側である。図7に明らかなように、通
し柱(14)の中間に接続されている胴差(15)には、長ほぞ
状の突部(15b)が形成されている。この突部(15b)を、そ
れと補形をなすようにして、通し柱(14)に設けた凹入部
(14b)に嵌合することにより、接合面(14a)(15a)を互い
に当接させる。

【0021】胴差(15)の端部の外側、すなわち角部に
は、保持溝(16)が形成されている。胴差(15)を通し柱(1
4)に組み付けた後、保持溝(16)にシール材(17)を吹き付
けて充填する。

【0022】図9及び図10は、本発明方法を窓まぐさ
の接手部分に適用した例を示す。これらの図において、
左側が建物外側である。柱(18)に設けた溝状の凹入部(1
8a)(18b)に、窓まぐさ(19)(21)の端部、すなわち突部(1
9b)(21b)をそれぞれ嵌合し、柱(18)の接合面(18c)(18d)
を、それぞれ窓まぐさ(19)(21)の接合面(19a)(21a)に当
接させる。

【0023】窓まぐさ(19)(21)の端部、すなわち突部(1
9b)(21b)には、それぞれ保持溝(20)(22)が形成されてい
る。組付け後、図10に示すようにシール材(23)(24)を
吹き込んで充填する。

【0024】

【発明の効果】本発明によれば、木造建築物の木材同士
の継手部分において気密保持を、簡単な方法により確保
することができる。また、この際、継手部分の強度を損
なうことがない。

【0025】請求項2記載の発明のように、保持溝を、
接合面における建物の外側の縁部に形成すると、密封が
完全になるとともに、シール材の施工を外部から行える
ので簡便である。

【0026】請求項3記載の発明のように保持溝を、接
合面の中間に形成すると、シール材は上方から吹き込む
だけでよく、この際、何の型枠も必要としない。

【0027】請求項4記載の発明のように、シール材と
して発泡性のウレタンを用い、これを、接手の組付け後
に、保持溝に注入発泡させて充填すると、接着剤を要せ
ずに、シール材を溝に密着させて取り付けることができ
る。

【0028】請求項5記載の発明のように、シール材と
して弾性体を用い、これを、接手の組付け前または後
に、保持溝に押し込むことにより充填すると、シール材
を予め部品として用意しておき、便利に施工することが
できる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明方法の第1の実施例の組み付け前の状態
の分解斜視図である。

【図2】図1に示した第1の実施例の完成後の状態を示
す斜視図である。

【図3】本発明方法の第2の実施例の組み付け前の状態
の分解斜視図である。

【図4】図3に示した第2の実施例の完成後の状態を示
す斜視図である。

【図5】本発明方法の第3の実施例の組み付け前の状態
の分解斜視図である。

【図6】図5に示した第3の実施例の完成後の状態を示
す斜視図である。

【図7】本発明方法の第4の実施例の組み付け前の状態
の分解斜視図である。

【図8】図7に示した第4の実施例の完成後の状態を示
す斜視図である。

【図9】本発明方法の第5の実施例の組み付け前の状態
の分解斜視図である。

【図10】図9に示した第5の実施例の完成後の状態を
示す斜視図である。

【符号の説明】

(1)水平骨組み材 (1a)接合面 (1b)突部 (2)水平骨組み材 (2a)接合面 (2b)凹入部 (3a)(3b)保持溝 (4)シール材 (5)水平骨組み材 (5a)接合面 (5b)突部 (6)水平骨組み材 (6a)接合面 (6b)(6c)凹入部 (7)通し柱 (7a)突部 (8)保持溝 (9)シール材 (10)くさび (11)(12)シール材 (13)空間部分 (14)通し柱 (14a)接合面 (14b)凹入部 (15)胴差 (15a)接合面 (15b)突部 (16)保持溝 (17)シール材 (18)柱 (18a)(18b)凹入部 (18c)(18d)接合面 (19)窓まぐさ (19a)接合面 (19b)突部 (20)保持溝 (21)窓まぐさ (21a)接合面 (21b)突部 (22)保持溝 (23)(24)シール材

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 一方の木材の接合面に設けた凹入部に、
    他方の木材の接合面に設けた突部を嵌合することによ
    り、木材同士を接合するようにした木材同士の接手部分
    における気密保持方法であって、 前記両接合面の少なくともいずれか一方に、両木材の側
    面と平行な方向を向く保持溝を形成し、この保持溝内に
    シール材を充填することを特徴とする木材同士の継手部
    分の気密保持方法。
  2. 【請求項2】 保持溝を、接合面における建物の外側の
    縁部に形成することを特徴とする請求項1記載の木材同
    士の継手部分の気密保持方法。
  3. 【請求項3】 保持溝を、接合面の中間に形成すること
    を特徴とする請求項1記載の木材同士の継手部分の気密
    保持方法。
  4. 【請求項4】 シール材として発泡性のウレタンを用
    い、これを、接手の組付け後に、保持溝に注入発泡させ
    て充填することを特徴とする請求項1〜3のいずれかに
    記載の木材同士の継手部分の気密保持方法。
  5. 【請求項5】 シール材として弾性体を用い、これを、
    接手の組付け前または後に、保持溝に押し込むことによ
    り充填することを特徴とする請求項1〜3のいずれかに
    記載の木材同士の継手部分の気密保持方法。
JP32135295A 1995-12-11 1995-12-11 木材同士の継手部分の気密保持方法 Pending JPH09158333A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32135295A JPH09158333A (ja) 1995-12-11 1995-12-11 木材同士の継手部分の気密保持方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32135295A JPH09158333A (ja) 1995-12-11 1995-12-11 木材同士の継手部分の気密保持方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09158333A true JPH09158333A (ja) 1997-06-17

Family

ID=18131629

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32135295A Pending JPH09158333A (ja) 1995-12-11 1995-12-11 木材同士の継手部分の気密保持方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09158333A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103758208A (zh) * 2014-02-18 2014-04-30 沈阳远大科技创业园有限公司 装配整体式叠合框架结构
JP2016216907A (ja) * 2015-05-14 2016-12-22 旭化成ホームズ株式会社 梁接続部の断熱気密構造

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103758208A (zh) * 2014-02-18 2014-04-30 沈阳远大科技创业园有限公司 装配整体式叠合框架结构
CN103758208B (zh) * 2014-02-18 2016-07-06 沈阳远大科技园有限公司 装配整体式叠合框架结构
JP2016216907A (ja) * 2015-05-14 2016-12-22 旭化成ホームズ株式会社 梁接続部の断熱気密構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6564521B1 (en) Structural sandwich panels and method of manufacture of structural sandwich panels
US8561365B2 (en) Versatile hybrid window system
CA2544872C (en) A framed panel and related method of manufacture
US5048997A (en) Flexible cornerpiece for spacer frame for insulated glass panel
US8789330B2 (en) Door with glass insert and method for assembling the same
US4420920A (en) Cored plastics profiles and manufacture of frames for windows and the like therefrom
US8499516B2 (en) Molded fiberglass sidelite assembly
US3786609A (en) Cored insulated door
CA1315157C (en) Frame assembly for doors, windows and the like
EP2074271B1 (en) Barrier assembly sealing the gap between frames of a window and rough openings
FI83360C (fi) Profil foer bildande av ett foenster innefattande fler aen ett glas i en foensterbaoge.
EP0865559B1 (de) Fenster oder tür aus einem kern aus schaumstoff enthaltenden profilen
US5618127A (en) T-connector between two profiles
CA2302503C (en) A unitary insulated glass unit and method of manufacture
US5632125A (en) Curtain wall
CN100404782C (zh) 连接型材的锁角器和框架组件
JP5315245B2 (ja) シート材料用フレーム組立体
EP0059058B1 (en) Building system
US8057120B2 (en) Corner joining of structural members
US5157885A (en) Door leaf or casing frame and process for its manufacture
JP2002544416A (ja) 一体型マルチガラス窓ユニットとサッシの組み立て品及びその製造方法
US6141874A (en) Window frame welding method
US4567699A (en) Prefabricated panel and building system
EP0100991A2 (de) Verbundprofil
KR101468003B1 (ko) 커튼월의 보강 및 단열구조