JPH0914742A - 空気調和機 - Google Patents

空気調和機

Info

Publication number
JPH0914742A
JPH0914742A JP7186273A JP18627395A JPH0914742A JP H0914742 A JPH0914742 A JP H0914742A JP 7186273 A JP7186273 A JP 7186273A JP 18627395 A JP18627395 A JP 18627395A JP H0914742 A JPH0914742 A JP H0914742A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
louver
outlet
flow passage
rectangular
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7186273A
Other languages
English (en)
Inventor
Hidenao Kawai
秀直 川合
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Ind Ltd
三菱重工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Ind Ltd, 三菱重工業株式会社 filed Critical Mitsubishi Heavy Ind Ltd
Priority to JP7186273A priority Critical patent/JPH0914742A/ja
Publication of JPH0914742A publication Critical patent/JPH0914742A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 空気調和機の冷房運転時、吹出口4から室内
に吹き出された冷風に巻き込まれることによって室内の
暖かい室内空気が吹出口4の両サイドに誘引され、これ
が冷風によって冷却されたルーバ14の両サイドに接触し
てその表面に結露するのを防止又は抑制する。 【構成】 ルーバ14の上流側に空調風を吹出口4の両サ
イド側へ分散させるガイド17を設け、吹出口4の両サイ
ドから吹き出される風量を増大させることによって吹出
口4の両サイドから誘引される室内空気の量を少なくす
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は室内に吹き出される空調
風の風向を調整するルーバを吹出口に設置してなる空気
調和機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の天井埋込型空気調和機の1例が図
9ないし図11に示されている。図9に示すように、天井
1に埋め込んで設置されたケース本体2の内部には熱交
換器7、ドレンパン10、モータ5、送風機6、導風板12
等が内蔵され、このケース本体2の下部に天井パネル8
が装着されている。
【0003】この天井パネル8の中央部には吸込口3が
形成され、この吸込口3に隣接してその外側に長方形状
の吹出口4が形成されている。各吹出口4にはその長さ
方向に沿ってルーバ14が設置されている。
【0004】この空気調和機の運転時、図示しない室外
ユニットからの冷媒が熱交換器7を循環し、モータ5に
よって送風機6が駆動される。すると、室9内の室内空
気が吸込口3から吸込グリル11、フィルタ13を通り、導
風板12に案内されて送風機6に吸入されて付勢される。
【0005】そして、熱交換器7を流過する過程で冷却
又は過熱されることにより調和空気となってケース本体
2側の長方形状の流路15及びパネル8に形成され、流路
15より長い長方形状の流路16を通って吹出口4に導か
れ、ルーバ14に吹出風向を調整されて室9内に吹き出さ
れる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】上記従来の空気調和機
においては、その冷房運転時、冷風がルーバ14に案内さ
れることによってほぼ水平方向に室9内に吹き出される
と、この気流に巻き込まれた暖かい室内空気が吹出口4
に誘引され、冷風によって冷却されたルーバ14の下面に
接触する。これによって室内空気中の水分がルーバ14の
下面に結露し、ドレンとなって室9内に滴下するという
不具合があった。
【0007】また、図10及び図11に明らかなように、ケ
ース本体2側の流路15の長さよりパネル8側の流路16及
び吹出口4の長さが長いため、ルーバ14及び吹出口4の
両サイド部分を流過する冷風の量が少なく、従って、吹
出口4の両サイドに誘引される室内空気の量が多くなる
ので、ルーバ14の両サイド部分の下面に結露する量が多
いという問題があった。
【0008】そこで、ルーバ14への結露を防止するた
め、ルーバ14の表面に植毛を施していたが、この植毛の
コストが嵩むのみならず植毛が汚れ易く、しかも、この
汚れを拭き取るのが極めて困難であるという問題があっ
た。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明は上記課題を解決
するために発明されたものであって、第1の発明の要旨
とするところは、ケース本体に装着されたパネルに上記
ケース本体側の長方形状の流路と連通してこの流路より
長い長方形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出
口に導かれた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿っ
て設置されたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹
出す空気調和機において、上記ルーバの上流側に空調風
を上記長方形状の吹出口の両サイド側へ分散させるガイ
ドを設けたことを特徴とする空気調和機にある。
【0010】他の特徴とするところは、上記ガイドを1
又は2以上のガイドベーンによって構成したことにあ
る。
【0011】請求項3記載の第2の発明の要旨とすると
ころは、ケース本体に装着されたパネルに上記ケース本
体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長い長方
形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口に導か
れた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って設置さ
れたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出す空気
調和機において、上記ルーバの上記流路の外側に位置す
る両サイド部分を上記吹出口の奥側に弯曲したことを特
徴とする空気調和機にある。
【0012】請求項4記載の第3の発明の要旨とすると
ころは、ケース本体に装着されたパネルに上記ケース本
体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長い長方
形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口に導か
れた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って設置さ
れたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出す空気
調和機において、上記ルーバの上記流路の外側に位置す
る両サイド部分の出口側をカットしたことを特徴とする
空気調和機にある。
【0013】他の特徴とするところは、上記ルーバの出
口側の厚さより入口側の厚さを厚くしたことにある。
【0014】請求項6記載の第4の発明の要旨とすると
ころは、ケース本体に装着されたパネルに上記ケース本
体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長い長方
形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口に導か
れた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って設置さ
れたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出す空気
調和機において、上記ルーバを上記流路の外側に位置す
る両サイド部分に対応したサポート部分と、上記流路に
対応したルーバ部分とから構成し、このサポート部分を
上記ルーバ部分より熱伝導率の低い材料で構成したこと
を特徴とする空気調和機にある。
【0015】請求項7記載の第5の発明の要旨とすると
ころは、ケース本体に装着されたパネルに上記ケース本
体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長い長方
形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口に導か
れた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って設置さ
れたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出す空気
調和機において、上記ルーバにその長さ方向に沿ってそ
の一方の面から他方の面に空調風を貫流させるスリット
を設けたことを特徴とする空気調和機にある。
【0016】他の特徴とするところは、上記スリットを
並設された複数枚のルーバ間の間隙によって形成したこ
とにある。
【0017】
【作用】請求項1記載の第1の発明においては、流路を
通って来た空調風はガイドによって吹出口の両サイド側
へ分散せしめられるので、ルーバ及び吹出口の両サイド
側を通る風量が増大し、これに伴って吹出口の両サイド
に誘引される室内空気の量が少なくなるため、ルーバの
両サイド部分への結露を抑制しうる。
【0018】請求項2においては、流路を通って来た空
調風は1又は2以上のガイドベーンによって吹出口の両
サイド側へ分散せしめられる。
【0019】請求項3記載の第2の発明においては、吹
出口の両サイド側から流入した暖かい室内空気はルーバ
の両サイド部分に接触し難くなる。
【0020】請求項4記載の第3の発明においては、ル
ーバの両サイド部分の出口側がカットされているので、
吹出口の両サイド側から流入した暖かい室内空気はルー
バの両サイド部分に接触し難くなる。
【0021】請求項5においては、ルーバの両サイド部
分の強度低下を防止できる。
【0022】請求項6記載の第4の発明においては、ル
ーバの両サイドのサポート部分の熱伝導率が低く、従っ
て、ルーバ部分が冷風によって冷却されてもサポート部
分の温度が低下しないため、サポート部分への結露を抑
制しうる。
【0023】請求項7記載の第5の発明においては、空
調風がルーバの一方の面からスリットを通って他方の面
に流れ、ルーバの双方の面が空調風によって包囲される
ため、吹出口に誘引された暖かい室内空気がルーバに接
触するのを防止しうる。
【0024】請求項8においては、並設された複数枚の
ルーバ間の間隙を通って空調風がルーバの一方の面から
他方の面に流れる。
【0025】
【実施例】本発明の第1の実施例が図1に示されてい
る。天井パネル8に形成された長方形状の流路16の長さ
方向の中央部にはルーバ14の上流側に位置してケース本
体2側の流路15を流過して来た空調風を吹出口4の両サ
イド側へ分散させる断面山形のガイド17が上流側に向か
うように配設されている。
【0026】しかして、空気調和機の冷房運転時、図示
しない熱交換器を流過して冷却された冷風がケース本体
2側の流路15を通ってパネル8側の流路16に入ると、こ
の冷風はガイド17によって吹出口4の両サイド側に分散
せしめられるので、ルーバ14の両サイド部分及び吹出口
4の両サイドを通って室9内に吹き出される風量が増大
し、長方形状の吹出口4から吹き出される風速分布を吹
出口4の長手方向に沿ってほぼ均等化することができ
る。
【0027】この結果、室9内に吹き出された冷風に巻
き込まれることによって吹出口4の両サイドに誘引され
る暖かい室内空気の量が少なくなるので、ルーバ14の両
サイド部分に結露する量を低減することができる。
【0028】かくして、ルーバ14に植毛を施す必要がな
くなるので、そのコストを低減できるとともにルーバ14
が汚れ難くなり、また、汚れた場合でもこれを容易に拭
き取ることが可能となる。
【0029】なお、ガイド17に代えて図2に示すよう
に、1又は2以上のガイドベーン18を長方形状の流路16
に設け、これらガイドベーン18によって空調風を吹出口
4の両サイド側へ分散させることもできる。
【0030】本発明の第3の実施例が図3に示されてい
る。この第3の実施例においては、ルーバ20の両サイド
部分を捩ることによってその流路15の外側に位置する部
分を吹出口4の奥側に弯曲させている。なお、図3(B)
、(C) 、(D) に示すように、ルーバ20の巾を両サイド
に向かうに従って次第に短くすれば、吹出口4から見た
ルーバ20の厚さWをルーバ14の全長さに亘って一定とし
うるのでルーバ20の見映えを向上しうる。
【0031】しかして、空気調和機の冷房運転時、吹出
口4から室9内に吹き出された冷風に巻き込まれること
によって暖かい室内空気が吹出口4の両サイド部分に誘
引されるが、ルーバ20の両サイド部分が弯曲せしめられ
て吹出口4の奥側に位置しているので、暖かい室内空気
がルーバ20の両サイド部分に接触せず、従って、ルーバ
20の両サイド部分への結露を防止できる。
【0032】なお、流路16及び吹出口4の長さは流路15
の長さより長く、従って、ルーバ14及び吹出口4の両サ
イド部分は空調風があまり流れないので、ルーバ20の両
サイド部分を捩って弯曲させても吹出口4から吹き出さ
れる風向は殆ど影響を受けることはない。
【0033】本発明の第4の実施例が図4に示されてい
る。この第4の実施例においては、ルーバ21の流路15の
外側に位置する両サイド部分の吹出側を四角状にカット
21A することによってその巾を短くしている。そして、
ルーバ21はその全長に亘って入口側の厚さd1を吹出側の
厚さd2より大きくすることによってルーバ21の両サイド
部分の強度低下を防止している。
【0034】しかして、空気調和機の冷房運転時、吹出
口4から室9内に吹き出された冷風に巻き込まれること
によって暖かい室内空気が吹出口4の両サイド部分に誘
引されるが、ルーバ21の両サイド部分の出口側がカット
されることにってその巾が短くなっているので、暖かい
室内空気がルーバ21の両サイド部分に接触せず、従っ
て、ルーバ21の両サイド部分への結露を防止できる。
【0035】なお、図5に示すように、ルーバ22の両サ
イド部分を両端に向かうに従って巾が狭くなるように斜
めにカットしても図4に示すものと同様の作用、効果を
奏することができる。
【0036】本発明の第6の実施例が図6に示されてい
る。この第6の実施例においては、ルーバ23は流路15の
外側に位置するサポート部分23A と流路15に対応するル
ーバ部分23B とによって構成されている。なお、サポー
ト部分23A の長さは若干長くても短くても良い。そし
て、サポート部分23A はルーバ部分23B より熱伝導率の
低い材料から構成されている。
【0037】しかして、空気調和機の冷房運転時、ルー
バ部分23B は冷風によって冷却され、また、吹出口4か
ら室9内に吹き出された冷風に巻き込まれることによっ
て暖かい室内空気が吹出口4の両サイドに誘引される
が、サポート部分23A が熱伝導率が低い材料から構成さ
れているので、ルーバ部分23B からの冷熱がサポート部
分23A に伝達されることはなく、また、サポート部分23
A には殆ど冷風が当たらないので、サポート部分23A の
温度は殆ど低下しない。従って、暖かい室内空気がサポ
ート部分23A に接触してもその表面に結露することはな
い。
【0038】本発明の第7の実施例が図7に示されてい
る。この第7の実施例においては、ルーバ25にはその一
方の面から他方の面に空調風を貫流させる複数のスリッ
ト26が穿設され、これらスリット26はルーバ25の長さ方
向に沿って伸び、ルーバ25のほぼ全長に亘るように穿設
されている。
【0039】しかして、空気調和機の冷房運転時、吹出
口4から室9内に吹き出された冷風に巻き込まれること
によって暖かい室内空気が吹出口4に誘引されるが、空
調風がルーバ25の上面からスリット26を通って下面に沿
って流過し、ルーバ25の出口側下面が冷風によって包囲
されるので、吹出口4に誘引された暖かい室内空気がル
ーバ25の出口側下面に接触せず、従って、ルーバ25への
結露を防止できる。
【0040】なお、図8に示すように、複数枚のルーバ
24A 、24B を並設し、これらルーバ24A と24B との間隙
によってスリット26を形成しても図7に示すものと同様
の作用、効果を奏することができる。
【0041】
【発明の効果】請求項1記載の第1の発明においては、
吹出口のルーバの上流側に空調風を長方形状の吹出口の
両サイド側へ分散させるガイドを設けたため、流路を通
って来た空調風はガイドによって吹出口の両サイド側へ
分散せしめられるので、ルーバ及び吹出口の両サイド側
を通る風量が増大する。この結果、空気調和機の冷房運
転時、吹出口から室内に吹き出された冷風に巻き込まれ
ることによって吹出口の両サイドに誘引される暖かい室
内空気の量が少なくなるので、ルーバの両サイドへの結
露を低減することができる。
【0042】ガイドを1又は2以上のガイドベーンによ
って構成すれば、流路を通って来た空調風を1又は2以
上のガイドベーンによって吹出口の両サイド側に分散さ
せることができる。
【0043】請求項3記載の第2の発明においては、ル
ーバの流路の外側に位置する両サイド部分を吹出口の奥
側に弯曲したため、吹出口の両サイドに誘引された暖か
い室内空気はルーバの両サイド部分に接触し難くなるの
で、ルーバの両サイド部分への結露を低減することがで
きる。
【0044】請求項4記載の第3の発明においては、ル
ーバの流路の外側に位置する両サイド部分の出口側をカ
ットしたため、吹出口の両サイドに誘引された暖かい室
内空気はルーバの両サイド部分に接触し難くなるので、
ルーバの両サイド部分への結露を低減することができ
る。
【0045】ルーバの出口側の厚さより入口側の厚さを
厚くすれば、ルーバの両サイド部分の強度低下を防止で
きる。
【0046】請求項6記載の第4の発明においては、ル
ーバを流路の外側に位置する両サイド部分に対応したサ
ポート部分と、流路に対応したルーバ部分とから構成
し、このサポート部分をルーバ部分より熱伝導率の低い
材料で構成したため、ルーバ部分が冷風によって冷却さ
れてもサポート部分の温度が殆ど低下しないため、サポ
ート部分への結露を抑制しうる。
【0047】請求項7記載の第5の実施例においては、
ルーバにその長さ方向に沿ってその一方の面から他方の
面に空調風を貫流させるスリットを設けたため、空調風
がルーバの一方の面からスリットを通って他方の面に流
れ、ルーバの双方の面が空調風によって包囲されるた
め、吹出口に誘引された暖かい室内空気がルーバに接触
することはない。
【0048】スリットを並設された複数枚のルーバ間の
間隙によって形成すれば、並設された複数枚のルーバ間
の間隙を通して空調風をルーバの一方の面から他方の面
に流すことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1の実施例を部分的に破断して示す
斜視図である。
【図2】本発明の第2の実施例を示す縦断面図である。
【図3】本発明の第3の実施例を示し、(A) は横断面
図、(B) は(A) のB−B線に沿う縦断面図、(C) 、(D)
は(B) のC−C線、D−D線に沿う断面図である。
【図4】本発明の第4の実施例を示し、(A) は縦断面
図、(B) 、(C) は(A) のB−B線、C−C線に沿う断面
図である。
【図5】本発明の第5の実施例を示し、(A) は縦断面
図、(B) 、 (C)は(A) のB−B線、C−C線に沿う断面
図である。
【図6】本発明の第6の実施例を示す縦断面図である。
【図7】本発明の第7の実施例を示す縦断面図である。
【図8】本発明の第8の実施例を示す横断面図である。
【図9】従来の天井埋込型空気調和機の縦断面図であ
る。
【図10】上記空気調和機の下面図である。
【図11】上記空気調和機の水平断面図である。
【符号の説明】
15 ケース本体側流路 8 パネル 16 パネル側流路 4 吹出口 14 ルーバ 17 ガイド

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ケース本体に装着されたパネルに上記ケ
    ース本体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長
    い長方形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口
    に導かれた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って
    設置されたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出
    す空気調和機において、 上記ルーバの上流側に空調風を上記長方形状の吹出口の
    両サイド側へ分散させるガイドを設けたことを特徴とす
    る空気調和機。
  2. 【請求項2】 上記ガイドを1又は2以上のガイドベー
    ンによって構成したことを特徴とする請求項1記載の空
    気調和機。
  3. 【請求項3】 ケース本体に装着されたパネルに上記ケ
    ース本体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長
    い長方形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口
    に導かれた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って
    設置されたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出
    す空気調和機において、 上記ルーバの上記流路の外側に位置する両サイド部分を
    上記吹出口の奥側に弯曲したことを特徴とする空気調和
    機。
  4. 【請求項4】 ケース本体に装着されたパネルに上記ケ
    ース本体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長
    い長方形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口
    に導かれた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って
    設置されたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出
    す空気調和機において、 上記ルーバの上記流路の外側に位置する両サイド部分の
    出口側をカットしたことを特徴とする空気調和機。
  5. 【請求項5】 上記ルーバの出口側の厚さより入口側の
    厚さを厚くしたことを特徴とする請求項4記載の空気調
    和機。
  6. 【請求項6】 ケース本体に装着されたパネルに上記ケ
    ース本体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長
    い長方形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口
    に導かれた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って
    設置されたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出
    す空気調和機において、 上記ルーバを上記流路の外側に位置する両サイド部分に
    対応したサポート部分と、上記流路に対応したルーバ部
    分とから構成し、このサポート部分を上記ルーバ部分よ
    り熱伝導率の低い材料で構成したことを特徴とする空気
    調和機。
  7. 【請求項7】 ケース本体に装着されたパネルに上記ケ
    ース本体側の長方形状の流路と連通してこの流路より長
    い長方形状の吹出口を設け、上記流路を経て上記吹出口
    に導かれた空調風を上記吹出口にその長さ方向に沿って
    設置されたルーバにより吹出風向を調整して室内に吹出
    す空気調和機において、 上記ルーバにその長さ方向に沿ってその一方の面から他
    方の面に空調風を貫流させるスリットを設けたことを特
    徴とする空気調和機。
  8. 【請求項8】 上記スリットを並設された複数枚のルー
    バ間の間隙によって形成したことを特徴とする請求項7
    記載の空気調和機。
JP7186273A 1995-06-29 1995-06-29 空気調和機 Pending JPH0914742A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7186273A JPH0914742A (ja) 1995-06-29 1995-06-29 空気調和機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7186273A JPH0914742A (ja) 1995-06-29 1995-06-29 空気調和機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0914742A true JPH0914742A (ja) 1997-01-17

Family

ID=16185419

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7186273A Pending JPH0914742A (ja) 1995-06-29 1995-06-29 空気調和機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0914742A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1152193A1 (en) * 1999-11-05 2001-11-07 Daikin Industries, Ltd. Ceiling-embedded type air conditioner
WO2002014748A1 (fr) * 2000-08-11 2002-02-21 Daikin Industries,Ltd. Panneau decoratif et unite de diffuseur d'un climatiseur et climatiseur
WO2002021051A1 (fr) * 2000-09-06 2002-03-14 Daikin Industries,Ltd. Panneau decoratif pour systemes de climatisation, unite de sortie d'air, et systeme de climatisation
WO2002021052A1 (fr) * 2000-09-06 2002-03-14 Daikin Industries,Ltd. Panneau de decoration pour systeme de climatisation, unite d'echappement d'air de sortie, et systeme de climatisation
WO2012169110A1 (ja) * 2011-06-09 2012-12-13 三菱電機株式会社 空気調和機の室内機
JP2014129929A (ja) * 2012-12-28 2014-07-10 Daikin Ind Ltd 天井設置型室内機
JP2014215013A (ja) * 2013-04-30 2014-11-17 ダイキン工業株式会社 化粧パネル、及び空気調和機の室内ユニット
EP3076088A1 (en) * 2015-03-31 2016-10-05 Fujitsu General Limited Ceiling-embedded air conditioner
JP2016191491A (ja) * 2015-03-31 2016-11-10 株式会社富士通ゼネラル 天井埋込型空気調和機
EP3086051A4 (en) * 2013-12-20 2017-08-30 Mitsubishi Electric Corporation Air conditioner
JPWO2019123894A1 (ja) * 2017-12-22 2020-09-24 ダイキン工業株式会社 吹出パネルおよび空調室内機

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS51154949U (ja) * 1975-06-04 1976-12-10
JPS5590710A (en) * 1978-12-26 1980-07-09 Matsushita Electric Ind Co Ltd Controlling device of flow direction
JPS5640338U (ja) * 1979-09-05 1981-04-15
JPS57140635U (ja) * 1981-02-27 1982-09-03
JPS6329044U (ja) * 1986-08-12 1988-02-25
JPS6346748U (ja) * 1986-09-11 1988-03-30
JPH0519846U (ja) * 1991-08-26 1993-03-12 三菱重工業株式会社 空気調和機の吹出しルーバ
JPH05264070A (ja) * 1992-03-17 1993-10-12 Mitsubishi Electric Corp 空気調和機の室外ユニット

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS51154949U (ja) * 1975-06-04 1976-12-10
JPS5590710A (en) * 1978-12-26 1980-07-09 Matsushita Electric Ind Co Ltd Controlling device of flow direction
JPS5640338U (ja) * 1979-09-05 1981-04-15
JPS57140635U (ja) * 1981-02-27 1982-09-03
JPS6329044U (ja) * 1986-08-12 1988-02-25
JPS6346748U (ja) * 1986-09-11 1988-03-30
JPH0519846U (ja) * 1991-08-26 1993-03-12 三菱重工業株式会社 空気調和機の吹出しルーバ
JPH05264070A (ja) * 1992-03-17 1993-10-12 Mitsubishi Electric Corp 空気調和機の室外ユニット

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1152193A1 (en) * 1999-11-05 2001-11-07 Daikin Industries, Ltd. Ceiling-embedded type air conditioner
EP1152193A4 (en) * 1999-11-05 2003-05-14 Daikin Ind Ltd AIR CONDITIONING BUILT IN THE CEILING
WO2002014748A1 (fr) * 2000-08-11 2002-02-21 Daikin Industries,Ltd. Panneau decoratif et unite de diffuseur d'un climatiseur et climatiseur
WO2002021051A1 (fr) * 2000-09-06 2002-03-14 Daikin Industries,Ltd. Panneau decoratif pour systemes de climatisation, unite de sortie d'air, et systeme de climatisation
WO2002021052A1 (fr) * 2000-09-06 2002-03-14 Daikin Industries,Ltd. Panneau de decoration pour systeme de climatisation, unite d'echappement d'air de sortie, et systeme de climatisation
JP2002081733A (ja) * 2000-09-06 2002-03-22 Daikin Ind Ltd 空気調和装置の化粧パネル、吹出口ユニット、及び空気調和装置
AU2001282562B2 (en) * 2000-09-06 2005-10-20 Daikin Industries, Ltd. Decorative panel for air conditioning system, air outlet unit, and air conditioning system
US9574815B2 (en) 2011-06-09 2017-02-21 Mitsubishi Electric Corporation Air-conditioning-apparatus indoor unit
AU2012265763B2 (en) * 2011-06-09 2015-07-09 Mitsubishi Electric Corporation Air-conditioning-apparatus indoor unit
WO2012169110A1 (ja) * 2011-06-09 2012-12-13 三菱電機株式会社 空気調和機の室内機
JPWO2012169110A1 (ja) * 2011-06-09 2015-02-23 三菱電機株式会社 空気調和機の室内機
US10429088B2 (en) 2011-06-09 2019-10-01 Mitsubishi Electric Corporation Air-conditioning-apparatus indoor unit
JP2014129929A (ja) * 2012-12-28 2014-07-10 Daikin Ind Ltd 天井設置型室内機
JP2014215013A (ja) * 2013-04-30 2014-11-17 ダイキン工業株式会社 化粧パネル、及び空気調和機の室内ユニット
EP3086051A4 (en) * 2013-12-20 2017-08-30 Mitsubishi Electric Corporation Air conditioner
JP2016191491A (ja) * 2015-03-31 2016-11-10 株式会社富士通ゼネラル 天井埋込型空気調和機
CN106016453A (zh) * 2015-03-31 2016-10-12 富士通将军股份有限公司 顶棚埋入型空气调节器
EP3076088A1 (en) * 2015-03-31 2016-10-05 Fujitsu General Limited Ceiling-embedded air conditioner
JPWO2019123894A1 (ja) * 2017-12-22 2020-09-24 ダイキン工業株式会社 吹出パネルおよび空調室内機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1326054B1 (en) Decorative panel for air conditioning system, air outlet unit, and air conditioning system
AU2011311102B2 (en) Air conditioner
JPH0914742A (ja) 空気調和機
EP1310743B1 (en) Decorative panel and diffuser unit of air conditioner, and air conditioner
AU2014379851B2 (en) Air conditioner
GB2144209A (en) Heat exchanger
JP3116874B2 (ja) 空気調和装置の空気吹出口構造
EP1316760B1 (en) Decorative panel for air conditioning system, air outlet blow-off unit, and air conditioning system
JP4017491B2 (ja) 空気調和機
KR20070033531A (ko) 천장형 공기조화기
JP2835036B2 (ja) ルーバ・アッセンブリ、及び空調システムのユニット
JPH07217987A (ja) 空気調和機用熱交換器
JP2000234796A (ja) 空気調和機
JPH07198167A (ja) 空気調和機の室外ユニット
JP2007255879A (ja) 店舗用空調装置
JP2001066083A (ja) 熱交換器
JPH08254352A (ja) 送風フラップ及びその送風フラップを備える空気調和機
JP3233551B2 (ja) 空気調和機
KR101167639B1 (ko) 공기조화장치 케이스
JPH1068534A (ja) 空気調和機
JP3218276B2 (ja) 空気調和機
WO2016063397A1 (ja) 空気調和機
JPH07103503A (ja) 空気調和機の室内機
JP3675895B2 (ja) 空気調和機の風向変更装置
JP3223087B2 (ja) 輻射冷房装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20041224

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050105

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050307

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050412

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050511

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20050607