JPH09137556A - 瓦桟材、瓦の施工方法及び屋根構造 - Google Patents

瓦桟材、瓦の施工方法及び屋根構造

Info

Publication number
JPH09137556A
JPH09137556A JP29306395A JP29306395A JPH09137556A JP H09137556 A JPH09137556 A JP H09137556A JP 29306395 A JP29306395 A JP 29306395A JP 29306395 A JP29306395 A JP 29306395A JP H09137556 A JPH09137556 A JP H09137556A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
roof
roof tile
tile
eaves
groove
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP29306395A
Other languages
English (en)
Inventor
Ichiro Nakajima
一郎 仲嶋
Kumiko Osugi
久美子 大杉
Kazunari Iwamoto
和成 岩本
Yoshihiro Kimura
吉宏 木村
Original Assignee
Kanegafuchi Chem Ind Co Ltd
鐘淵化学工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kanegafuchi Chem Ind Co Ltd, 鐘淵化学工業株式会社 filed Critical Kanegafuchi Chem Ind Co Ltd
Priority to JP29306395A priority Critical patent/JPH09137556A/ja
Publication of JPH09137556A publication Critical patent/JPH09137556A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 強い風にも十分に耐え得ることのできる瓦桟
材を得ること。 【構成】 瓦を引っ掛け固定する瓦桟材であって、瓦桟
材の上面に瓦の係止突部を嵌入する凹部溝を長手方向に
形成すると共に該凹部溝の両側の側凸部の高さに高低差
を形成したこと。この瓦桟材を使用した瓦の施工方法及
びこの瓦桟材を使用した断熱性能の良い屋根構造。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の利用分野】この発明は、建造物の屋根に使用す
る瓦桟材、瓦の施工方法及びこれら瓦桟材を使用した屋
根構造に関する。
【0002】
【従来の技術】図6に示すように、建造物の屋根を構成
する野地板8や垂木10上には、必要に応じてアスファ
ルトルーフィングなどの防水材9が敷設され後に、瓦桟
材1'が軒先と平行方向に瓦5の長さより幾分短い間隔を
あけて複数固定され、この瓦桟材1'に瓦5が固定されて
いるのが一般的な屋根構造である。このような屋根構造
における従来の瓦桟材1'は、木材を細長い断面矩形の棒
状に形成したもので、これを釘などの固定具11で野地
板8や垂木10に固定し、この瓦桟材1'の上に瓦5の後
端下方に形成されている係止突起6を瓦桟材1’に引っ
掛けて滑り落ちないように載せ、且つ、瓦5の前端下方
を軒先側にある瓦5の後端上方に載置し、しかも、必要
な部分にその後端を固定具11で瓦桟材1’に係止する
ようにした構造である。
【0003】前記瓦桟材1'を使用した屋根構造による
と、瓦5の後端は釘等の固定具11で確実に固定される
ものの、前端は単に軒先側の瓦5の後端上方に載置して
いるにすぎないので、風速30〜40m/H程度の強い
風が吹いた場合には、軒先側が風力によって持ち上がっ
て瓦5が矢符X方向に飛ばされる危険を内包しており、
その耐風性の改良が望まれていた。
【0004】このような欠点を解消するものとして、従
来から種々提案されている技術の内の1つには、例え
ば、特開平4−49361号に開示の金具がある。この
金具は当該瓦の前端下方に形成した陥凹部に食い込む舌
片と、軒先側瓦の後端上方を押さえる爪片とを有するも
ので、軒先側の瓦の後端を釘等で瓦桟材に固定する際
に、同時に固定して使用するものである。また、他のも
のは、特公平2−40818号に開示の瓦の固定装置が
ある。この装置は、金属製垂木に取付使用されるもので
あるが、金属弾性を利用した凹溝の両側板を有する構造
からなり、使用時にはこの両側板の間に瓦の後端下方に
形成されている係止部を嵌入することによってその弾性
力で挟み込み、釘等の固定具を使用することなく固定す
るものである。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】前者の金具によると、
瓦を止める時にこの金具を瓦と同時に釘等で固定しなけ
ればならず、また、瓦の陥凹部へ舌片を挿入しなければ
ならないので、現場施工に手数が掛かるという問題点が
ある。さらに、金具自体の製作費用を要するために、施
工経費が多く要するという問題点がある。また、後者の
固定装置によると、金属の弾力性を利用して瓦の係止部
を止めることから釘等の固定具が不要となり現場施工の
能率は向上するものの、軒先側の固定がないために強い
風に対する対策は何ら取られていなく、この点における
改善はなされていないという問題点がある。
【0006】更に又、野地板上を漏れ出た雨水が軒先側
へ流れるような場合には、瓦桟材によってその流れが阻
止されて、雨漏りの原因になるという問題点がある。
【0007】又、従来の屋根構造を示す図6において、
断熱材12を瓦5と野地板8の間に介在させた場合に
は、瓦桟材1'に引っ掛けた瓦5の係止突起6によって隙
間Cが生じて2つの瓦桟材5の間を完全に詰めることが
できず、断熱効果が低減化する問題点がある。更に、断
熱材12を野地板8上に直接載置しているために、流下
する水の通路を阻害したり、断熱効果の低下を来す問題
点がある。
【0008】この発明は、上記のような問題点を解消し
て、強い風にも十分に耐え得ることのできる瓦桟材、こ
の瓦桟材を使用した瓦の施工方法及びこの瓦桟材を使用
した断熱性能の良い屋根構造を提供しようとするもので
ある。
【0009】
【課題を解決するための手段】この発明の請求項1の手
段は、瓦を引っ掛け固定する瓦桟材であって、瓦桟材の
上面に瓦の係止突部を嵌入する凹部溝を長手方向に形成
すると共に該凹部溝の両側の側凸部の高さに高低差を形
成した瓦桟材としたことにある。
【0010】請求項2の手段は、前記高低差が略瓦の厚
み分でしたことにある。
【0011】請求項3の手段は、前記凹部溝の溝幅を前
記瓦の係止突部の幅よりも5mm以下の範囲で大きく形成
したところにある。
【0012】請求項4の手段は、前記瓦桟材の材質を合
成樹脂発泡体としたことにある。
【0013】請求項5の手段は、前記合成樹脂発泡体の
発泡倍率が、1.5乃至10倍の範囲としたことにあ
る。
【0014】請求項6の手段は、前記瓦桟材の下面にそ
の長手方向と交差する排水溝を形成したところにある。
【0015】請求項7の手段は、前記請求項1乃至6の
いずれかの瓦桟材の複数をそれぞれの低いほうの側凸部
を軒先側に向けて所定間隔を開けて野地板上又は垂木上
に固定した後に、又は、軒先側に高さの低い棒状の瓦桟
材、その反対側に高さの高い棒状の瓦桟材を瓦係止突部
の厚み間隙を離して平行に固定したものを所定間隔を開
けて複数組野地板上又は垂木上に固定した後に、軒先側
の瓦桟材から順にその凹部溝の内部に前記瓦の係止突部
を挿入し、瓦の前端下方を軒先側の瓦の後端上方に載置
することを特徴とする瓦の施工方法としたことにある。
【0016】請求項8の手段は、前記請求項1乃至6の
いずれかの瓦桟材の複数をそれぞれの低いほうの側凸部
を軒先側に向けて野地板上又は垂木上に所定間隔を開け
て固定し、相向かい合う瓦桟材の間に断熱材を介在させ
た屋根構造としたところにある。
【0017】請求項9の手段は、前記瓦桟材の側面に形
成した横凹部に前記断熱材を挿入して固定する屋根構造
としたところにある。
【0018】
【発明の実施の形態】この発明の実施の形態について以
下図面を参照しつつ説明する。この瓦桟材1は、図1に
示すように、長尺な断面矩形の棒材の上面の長手方向に
凹部溝2を形成すると共に、この凹部溝2に両側に形成
される2つの側凸部3、4の高さに高低差Hを生じさせ
たものである。
【0019】側凸部3、4の低い方の側凸部3と高い方
の側凸部4との間に高低差Hを設ける理由は、図2に示
すように、瓦5の係止突部6を凹部溝2内に嵌入して使
用している際に、矢符X方向に瓦5の軒先側に強い風力
が作用した時に、瓦5が図6に示す従来技術のように飛
び上がりを防止するためである。すなわち、図2に示す
ように、矢符X方向に瓦5に風力が作用した時には、高
い方の側凸部5の内側の上方角部であるA点及び凹部溝
2の低い方の側凸部3側の下方角部であるB点に瓦5が
当たって飛びが防止される。この時、側凸部3、4の高
低差H分だけ瓦5の回転モーメントに対する反力が大き
くなることから、効果的に瓦5の飛び上がりを防止でき
るのである。
【0020】前記凹部溝2の溝幅Wは、瓦5の係止突部
6の幅W’よりも大きくしなければ嵌入し難くなり、逆
に大きくなりすぎると納りが悪くなるので、その差は5
mm以下が適当である。0の場合であっても、材質が合成
樹脂発泡体などの柔軟部材である場合には、押し込むこ
とによって凹部溝2が拡大されて嵌入し、押し込み終了
時に収縮して係止突部6を挟み込む効果も生ずるために
不都合は生じない。
【0021】瓦桟材1に用いる棒材の材質としては、
木、金属、合成樹脂、合成樹脂発泡体やその複合材など
種々の既存の材質のものが使用され得るが、とくに合成
樹脂発泡体を使用した場合には、軽量、断熱性、強靱性
に優れたものとなる。発泡倍率は1.5乃至10倍の範
囲内で、瓦や屋根の種類に応じて最適のものを選択して
使用できるが、通常は木材以上の強度を有する3.0倍
以内のものが好ましい。
【0022】図4に示すように、前記瓦桟材1の下面に
長手方向と交差する排水溝7を形成した場合には、野地
板8又はアスファルトルーフィングなどの防水材9上を
漏れた水が流下する場合であっても、瓦桟材1に阻止さ
れることなくこの排水溝7を通過して軒先まで流れ出す
利点が生じる。又、図5に示すように、この下凹部7に
よって、野地板8と断熱材12の間の空間の空気の流通
も良くなり、直射日光に当たって暖められた瓦5によっ
て野地板8と瓦5の間の空気の温度が上昇している場合
にはこの上昇した温度の空気を棟方向へ排出でき、室内
の温度上昇を押さえることができる。
【0023】以上のような瓦桟材1を用いて瓦5を施工
する場合には、図3、図5などに示すように、野地板8
上に必要に応じて防水材9を敷設してから、あるいは、
垂木10上に直接に瓦桟材1を釘などの固定具11によ
って瓦5の長さ分以下の距離をあけて、且つ、低い方の
側凸部3が軒先側を向くようにして、それぞれが平行と
なるように固定してゆく。そして、軒先側の瓦桟材1か
ら順にその凹部溝2内に瓦5の係止突部6を嵌入してか
ら、釘などの固定具11で瓦5の後端を瓦桟材1に固定
する。1つの瓦5の固定が終わると、横方向にその一部
を重ね合わせて次の横に位置する瓦5を同様に瓦桟材1
に固定してゆき、横一列の瓦5の敷設が終了すると、1
つ棟側の瓦桟材1に上記と同様にして横一列に敷設して
ゆくが、この時は軒先側の瓦5の後端上方に棟側の瓦5
の前端下方を載せる。この時、前述したように、凹部溝
2の2つの側凸部3、4の高低差Hがほぼ瓦5の厚さ分
又はそれ以下であれば、瓦5の前端下方が高い方の側凸
部4上面に載置され、軒先側の瓦5にその荷重が掛から
ず、瓦5の耐久性が向上することとなる。
【0024】尚、上記施工において、瓦桟材1に代え
て、高低差Hの異なる2つの別の瓦桟材を、低いほうが
軒先側に位置するようにして野地板8又は垂木10上に
固定してもよい。この場合の2つの別の瓦桟材の間隔距
離は、図2の凹部溝2の溝幅と同じWの距離を開けるよ
うにし、瓦5の後端下方の幅W’を有する係止突起6が
嵌入できるようにしておく。この瓦桟材の材質等は、前
記した瓦桟材1と同じであるのが望ましい。その他の施
工は、上記施工と同じであるのでその説明を省略する。
【0025】上記瓦の施工において、2つの相向かい合
う瓦桟材1の間に断熱材12を介在させた場合には、野
地板8又は垂木10上で断熱できるためによりこれらの
下で断熱する場合に較べて大きな断熱効果を得ることが
できる。この場合において、断熱材12は、図3の一点
鎖線で示すように野地板8や防水材9上あるいは図外の
垂木上に直接載置しても、図5に示すように野地板8上
から少し間隔を開けて介在させてもよい。図5の場合に
は、野地板8上を流下する水の通路を妨げることがない
利点があるが、断熱材12の両側部を瓦桟材1に係止す
る必要があることから、図4、図5に示すように、瓦桟
材1の側面に横凹部13を形成して、この中に断熱材1
2の側部を押し入れるようにするのが好ましい。横凹部
13は瓦桟材1の片方側のみでもよいし、又、横凹部1
3を設けることなく、釘などの他の手段で係止するよう
にしてもよい。断熱材12としては、発泡合成樹脂板な
ど既知の断熱材が使用できる。この場合において、瓦の
種類や屋根の大きさなどによって瓦桟材1の間隔距離が
異なる場合にも対応できるように、断熱材12にあらか
じめ切り溝を刻設しておけば、必要な大きさにその切り
溝に沿って現場で容易に切断することができるので、作
業能率を一層向上させることができる。
【0026】又、この発明の瓦桟材1を使用した場合に
は、瓦の係止突部6は、図6に示す従来技術のように瓦
桟材1’の側面に位置させて引っ掛けるのではなく、図
3、図5等に示すように、瓦桟材1の上面の凹部溝2内
に嵌入することになる。このため、断熱材12と瓦桟材
1の間に係止突部6の厚さ分の隙間Cが生じないので、
より一層断熱効果を高めることが可能になる。
【0027】
【発明の効果】請求項1の手段は、瓦桟材の上面に凹部
溝を形成し、且つ、この凹部溝の両方の側凸部の高さに
高低差を形成したものであるので、使用に際して、低い
方の側凸部を軒先側に向けて瓦の係止突部をこの凹部溝
に嵌入して固定具で瓦を固定すれば、強い風が吹いて瓦
の軒先側が持ち上がる方向に作用しても、係止突部の軒
先側下が凹部溝の軒先側下方に、又、瓦の後端上方が高
い方の側凸部の上方内側に当接することによって、瓦の
回転モーメントが弱い間に阻止でき、瓦の風による飛び
上がりを防止できる。
【0028】請求項2の手段によると、軒先側の瓦の後
端上方に棟側の瓦の前端下方が載置される時に、高い方
の側凸部の上面にもその一部が載り、その荷重の一部が
分散されるために、軒先側の瓦にかかる荷重が軽減さ
れ、瓦の耐久性が向上する。
【0029】請求項3の手段によると、瓦の係止突部が
凹部溝へ嵌入し易くなると共に、飛びを有効に防止でき
得る。
【0030】請求項4の手段によると、軽量でしかも断
熱性のある瓦桟材を得ることができる。又、適度な弾力
性を有するために、凹部溝の幅を小さめに形成しその内
部へ係止突部を嵌入するようにすれば、固定具による固
定に加えてより確実に凹部溝内へ係止突部を固定でき
る。
【0031】請求項5の手段によると、合成樹脂の原料
費が高くなく、又、適度な硬さと強度を有する瓦桟材を
得ることができる。
【0032】請求項6の手段によると、野地板や防水材
の上方へ瓦の間から漏れた雨水が流下する時にも邪魔に
なることなく棟側から軒先側へと流下してゆく。又、晴
天時には野地板と断熱材の間の高温の空気が棟側へと通
過する通路となるので、建物内部の温度上昇を阻止で
き、断熱効果を一層高めることができる利点がある。
【0033】請求項7の手段によると、瓦の係止突部を
軒先側の瓦桟材から順にその凹部溝内へ嵌入してゆくだ
けで瓦桟材に瓦を仮固定でき、その後、固定具で瓦を瓦
桟材に固定してゆけばよいので作業能率が向上する。
又、瓦桟材が発泡合成樹脂である場合には、高い方の側
凸部の上面に棟側の瓦の前端下方を載置することができ
るので、瓦のすわりが良く、又、瓦同志の接触が少なく
なることから、瓦の耐久性が向上する。
【0034】請求項8の手段によると、温められた瓦の
熱や寒冷地の冷熱が、断熱材によって野地板上で阻止さ
れることになるので、建造物内への熱の侵入がなくな
り、冷暖房費の節減を図ることができる。又、請求項1
乃至6の瓦桟材を使用すれば、瓦桟材と断熱材の間に隙
間が生じることがないので、より一層の断熱効果を得る
ことができる。
【0035】請求項9の手段によると、上記請求項8の
効果に加えて、断熱材を横凹部へ挿入するだけで固定で
きるので作業能率の向上を図ることができる。又、野地
板や防水材との間に隙間が生じるので、雨水や空気の流
通を阻害されることもない。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の実施の形態を示す一部省略斜視図
【図2】図1の断面説明図
【図3】図1の使用状態断面説明図
【図4】この発明の他の実施の形態を示す一部省略斜視
【図5】図4の使用状態断面説明図
【図6】従来技術の使用状態断面説明図
【符号の説明】
1 瓦桟材 2 凹部溝 3、4 側凸部 5 瓦 6 係止突起 7 排水溝 8 野地板 12 断熱材 13 横凹部

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 瓦を引っ掛け固定する瓦桟材であって、
    瓦桟材の上面に瓦の係止突部を嵌入する凹部溝を長手方
    向に形成すると共に該凹部溝の両側の側凸部の高さに高
    低差を形成したことを特徴とする瓦桟材。
  2. 【請求項2】 前記高低差が略瓦の厚み分である請求項
    1の瓦桟材。
  3. 【請求項3】 前記凹部溝の溝幅を前記瓦の係止突部の
    幅よりも5mm以下の範囲で大きく形成した請求項1又は
    2の瓦桟材。
  4. 【請求項4】 前記瓦桟材の材質を合成樹脂発泡体とし
    た請求項1、2又は3の瓦桟材。
  5. 【請求項5】 前記合成樹脂発泡体の発泡倍率が、1.
    5乃至10倍の範囲である請求項4の瓦桟材。
  6. 【請求項6】 前記瓦桟材の下面にその長手方向に交差
    する排水溝を形成した請求項1乃至5のいずれかの瓦桟
    材。
  7. 【請求項7】 前記請求項1乃至6のいずれかの瓦桟材
    の複数をそれぞれの低いほうの側凸部を軒先側に向けて
    所定間隔を開けて野地板上又は垂木上に固定した後に、
    又は、軒先側に高さの低い棒状の瓦桟材、その反対側に
    高さの高い棒状の瓦桟材を瓦係止突部の厚み間隙を離し
    て平行に固定したものを所定間隔を開けて複数組野地板
    上又は垂木上に固定した後に、軒先側の瓦桟材から順に
    その凹部溝の内部に前記瓦の係止突部を挿入し、瓦の前
    端下方を軒先側の瓦の後端上方に載置することを特徴と
    する瓦の施工方法。
  8. 【請求項8】 前記請求項1乃至6のいずれかの瓦桟材
    の複数をそれぞれの低いほうの側凸部を軒先側に向けて
    野地板上又は垂木上に所定間隔を開けて固定し、相向か
    い合う瓦桟材の間に断熱材を介在させた屋根構造。
  9. 【請求項9】 前記瓦桟材の側面に形成した横凹部に前
    記断熱材を挿入して固定する請求項8の屋根構造。
JP29306395A 1995-11-10 1995-11-10 瓦桟材、瓦の施工方法及び屋根構造 Pending JPH09137556A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29306395A JPH09137556A (ja) 1995-11-10 1995-11-10 瓦桟材、瓦の施工方法及び屋根構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29306395A JPH09137556A (ja) 1995-11-10 1995-11-10 瓦桟材、瓦の施工方法及び屋根構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09137556A true JPH09137556A (ja) 1997-05-27

Family

ID=17789988

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP29306395A Pending JPH09137556A (ja) 1995-11-10 1995-11-10 瓦桟材、瓦の施工方法及び屋根構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09137556A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006348660A (ja) * 2005-06-17 2006-12-28 Sumitomo Forestry Co Ltd 外壁防水構造
JP2010047954A (ja) * 2008-08-21 2010-03-04 Gantan Beauty Ind Co Ltd 外装構造
JP2012067461A (ja) * 2010-09-21 2012-04-05 Panahome Corp 屋根構造
US8898978B2 (en) * 2012-07-26 2014-12-02 Pat L. Murray Innovative batten system for roof tile installation

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006348660A (ja) * 2005-06-17 2006-12-28 Sumitomo Forestry Co Ltd 外壁防水構造
JP2010047954A (ja) * 2008-08-21 2010-03-04 Gantan Beauty Ind Co Ltd 外装構造
JP2012067461A (ja) * 2010-09-21 2012-04-05 Panahome Corp 屋根構造
US8898978B2 (en) * 2012-07-26 2014-12-02 Pat L. Murray Innovative batten system for roof tile installation

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5287670A (en) Double roofing roof structure
CZ287665B6 (en) Base element for plane plate-like structural element
GB2062056A (en) Roofing laths and roofs incorporating such laths
GB2124672A (en) Roof tiles
JPH09137556A (ja) 瓦桟材、瓦の施工方法及び屋根構造
JP5618121B2 (ja) 屋根構造及び防水下地材
JP5881562B2 (ja) 平板金属瓦、この平板金属瓦を用いた屋根構造、およびその設置方法
JP4181608B2 (ja) 通気断熱材及び断熱パネル並びに断熱屋根
JP2913268B2 (ja) 縦葺き外装構造及びその施工方法
JPH0699987B2 (ja) タイルブロック製屋根
JP3904528B2 (ja) すがもれ防止瓦屋根
JP2502825B2 (ja) 瓦葺き屋根構造
JP3070909B2 (ja) 屋根の下地構造
JP3389167B2 (ja) 屋根の改修構造及び改修方法
JP4382967B2 (ja) 合成樹脂発泡体製屋根用遮熱・断熱材
JPH0960206A (ja) 建築用縦葺き外装材及び建築物の外装構造
JP2528073B2 (ja) 縦葺き屋根構造
JP2006342537A (ja) 瓦係止用の横桟、並びに縦桟瓦係止用の瓦桟
JP3809256B2 (ja) 寄棟屋根の換気棟構造
JP2002070244A (ja) 成型瓦屋根構造
JP3689396B2 (ja) 金属屋根の葺設構造
JP2567575B2 (ja) 改修用縦葺屋根板および改修縦葺屋根の構造
JP3044451B2 (ja) 建築用縦葺き外装材及び建築外装構造
JP2004116112A (ja) プラスチック製瓦桟
JP2623451B2 (ja) 定尺縦葺き屋根板の接続構造