JPH09122390A - 浴室換気乾燥機 - Google Patents

浴室換気乾燥機

Info

Publication number
JPH09122390A
JPH09122390A JP28128195A JP28128195A JPH09122390A JP H09122390 A JPH09122390 A JP H09122390A JP 28128195 A JP28128195 A JP 28128195A JP 28128195 A JP28128195 A JP 28128195A JP H09122390 A JPH09122390 A JP H09122390A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
bathroom
exhaust
damper
temperature
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP28128195A
Other languages
English (en)
Inventor
Akihiro Tsuchida
晃宏 土田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Ecology Systems Co Ltd
Original Assignee
Matsushita Seiko Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Seiko Co Ltd filed Critical Matsushita Seiko Co Ltd
Priority to JP28128195A priority Critical patent/JPH09122390A/ja
Publication of JPH09122390A publication Critical patent/JPH09122390A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 換気時間を短縮しランニングコストの低減を
図ることのできる浴室換気乾燥機を提供することを目的
とする。 【解決手段】 循環風路9と排気風路12および外気導
入ダンパー15を設けた給気風路14を設け、浴室1の
温度および湿度を検知する浴室の温湿度検知器16の信
号により排気送風機13を運転し、外気導入ダンパー1
5を開放し、外気の温湿度検知器17の信号により外気
導入ダンパー15を閉鎖する制御部18を設けた構成と
する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、浴室の天井裏内に
埋め込まれる天井埋込型の浴室換気乾燥機に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、夫婦共働きの増加に伴い、洗濯物
を室内にて乾かしたいという要望が多くなり、浴室を洗
濯物の乾燥の場所として利用する浴室換気乾燥機が普及
してきており、換気の時間を短縮する要求が高まってき
ている。
【0003】従来、この種の天井埋込型の浴室換気乾燥
機は図4および図5に示すような構成が一般的であっ
た。以下、その構成について図4および図5を参照しな
がら説明する。
【0004】図に示すように、浴室換気乾燥機の本体1
01は浴室102の天井面に埋設され、本体101に内
蔵された循環用送風機103の運転により本体の下面に
設けられた吸込口104、エアフィルター105を介し
て浴室102内の空気を吸い込み熱交換器106で熱交
換し吹出口107より温風を吹き出し浴室102の暖房
を行うように構成していた。そして、浴室102内に洗
濯物108を吊り下げることにより洗濯物108を乾燥
させる。また、洗濯物108より除去された水分により
浴室102内空気の絶対湿度が上昇するため熱交換器1
06との間に開口部109を設け、この開口部109に
連通した本体の外側に排気用送風機110を備えダクト
111を介して湿度の高い浴室102内の空気の一部を
屋外に排出することによって絶対湿度の上昇を抑え洗濯
物108の乾燥運転を行っていた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】このような従来の浴室
換気乾燥機では、洗濯物の乾燥運転または入浴中の浴室
102内の絶対湿度の高い空気の換気について、排気の
み強制的に送風機110で行っており浴室102内への
吸気に関しては自然吸気のため絶対湿度の高い浴室10
2内の換気に長時間を要するという問題があった。
【0006】さらに、冬場浴室102の暖房は行え快適
な入浴が行えるが、浴室102に隣接する脱衣場等の暖
房は行えず寒い環境での脱衣を余儀なくされるか、ある
いは別途暖房システムを設置しなければならず、浴室1
02内の暖房によって暖められた暖気は利用されること
なく排気され、近年盛んに取り組みが行われていたり、
関心の高い省エネルギーの観点から言えば利に反してい
る。また、従来の浴室換気乾燥機は浴室102内の空気
を循環させることを主たる目的としている循環用送風機
103と浴室102内の空気を排気することを主たる目
的としている排気用送風機110とは各々分離し、また
その役割も分割しているため、どちらかの送風機が故障
あるいは破損してしまうと、機器全体の浴室の換気乾燥
機としての機能も失われるという問題があった。
【0007】本発明は上記課題を解決するもので、換気
時間の短縮をはかることのできる浴室換気乾燥機を提供
することを第1の目的とする。
【0008】また、第2の目的は、浴室内の暖房によっ
て暖められた暖気を他室へも供給する等の省エネルギー
をはかり、かつ風路をダンパー等により切り換えること
により、循環と排気の役割を各々循環用、排気用送風機
両方にもたせることにより、どちらかが故障または破損
しても浴室換気乾燥機としての機能を維持できるように
することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明の浴室換気乾燥機
は上記第1の目的を達成するために第1の手段は、浴室
に連通する循環空気吸込口および排気空気吸込口と循環
空気吐出口を設け、室外に連通する排気口と吸気口を設
けた本体と、この本体の内部に前記循環空気吸込口と循
環空気吐出口を連通し、循環送風機を設け、熱交換器を
介して形成される循環風路と、前記排気空気吸込口と排
気口を連通し、排気送風機を設け形成された排気風路
と、前記循環送風機の吸込側と前記給気口とを連通する
給気風路と、この給気風路を開閉する外気導入ダンパー
と、浴室の温度および湿度を検知する浴室の温湿度検知
器と、外気の温度および湿度を検知する外気の温湿度検
知器と、前記浴室の温湿度検知器の信号により前記排気
送風機の運転を制御するとともに前記外気導入ダンパー
を開放する制御部とを備え、前記外気の温湿度検知器で
検知された外気温度が所定温度以下の時に前記外気導入
ダンパーを前記制御部で閉鎖する構成とする。
【0010】また、第2の目的を達成するための第2の
手段は、他室とダクトを介して連通する他室吸込口と他
室吹出口を設けた本体と、顕熱交換器を介して形成され
る排気風路および給気風路と、循環空気吸込口を開閉す
る浴室吸込遮断ダンパーと、循環風路を閉鎖し排気路を
形成する排気用ダンパーと、排気空気吸込口と他室吸込
口を開閉する他室吸込用ダンパーと、循環空気吐出口と
他室吐出口を開閉する他室吹出用ダンパーと、前記顕熱
交換器を通る排気流を遮断するように開閉する遮断ダン
パーと、循環送風機および排気送風機の風路を切換える
切換えダンパーと、他室の温度および湿度を検知する他
室の温湿度検知器と、検知された温湿度の信号により前
記各ダンパーの開閉を制御する制御部とを備え、前記各
ダンパーの制御により循環送風機を排気風路に連通また
は排気送風機を循環風路に連通できる構成とする。
【0011】
【発明の実施の形態】本発明は上記した第1の手段の構
成により、乾燥運転時に洗濯物より除去された水分、あ
るいは入浴中にお湯より発生する湯気による絶対湿度の
高い空気を排気送風機を用いて屋外に排出すると同時
に、屋外より絶対湿度の低い外気空気を温湿度検知器の
情報をもとに、より効率よく制御しながら機械的に同時
吸気するため、換気に要する時間を短縮することが可能
である。
【0012】また、第2の手段の構成により、浴室内の
暖房にて暖められた暖気を他室吹出ダンパー等の制御に
より他室へも効率よく熱供給することが可能であり他室
の暖房も同時に行え、さらに他室の空気もダンパー等を
介して取り込めるため温湿度検知器からの情報をもと
に、より効率のよい状態の空気を取り込むことができ、
省エネへとつながる。また、循環風路と排気風路を切り
換える為の排気用ダンパーと切換えダンパー等を用いれ
ば循環用に用いた送風機を排気用に、排気用に用いた送
風機を循環用にすることが可能であり、各々どちらかの
送風機が故障しても応急的に浴室換気乾燥機の機能を失
うことなく運転を継続することが可能である。
【0013】(実施の形態1)以下、本発明の第1実施
例について図1を参照しながら説明をする。
【0014】図に示すように、浴室1に連通する循環空
気吸込口2および排気空気吸込口3と循環空気吐出口4
を設け、室外5に連通する排気口6と給気口7を設けた
本体8の内部に循環空気吸込口2と循環空気吐出口4を
連通した循環風路9に循環送風機10および熱交換器1
1を設け、排気空気吸込口3と排気口6を連通した排気
風路12に排気送風機13を設け、循環送風機10の吸
込側と給気口7とを連通する給気風路14に風路を開閉
する外気導入ダンパー15を設ける。
【0015】そして、浴室1の温度および湿度を検知す
る浴室の温湿度検知器16を循環空気吸込口2の近傍に
設け、外気の温度および湿度を検知する外気の温湿度検
知器17を給気口7近傍の給気風路14内に設け、浴室
の温湿度検知器16の信号により排気送風機13の運転
を制御し、外気導入ダンパー15を開放するとともに、
外気の温湿度検知器17が所定温度以下の温度を検知し
たときに外気導入ダンパー15を閉鎖するように制御す
る制御部18を設ける。
【0016】上記構成により洗濯物を乾燥する場合に
は、浴室1内に洗濯物(図示せず)を吊下げ、循環送風
機10と熱交換器11を運転すると、循環空気吸込口2
から浴室1内の空気が本体8内に吸込まれ、循環送風機
10により循環風路9を通って熱交換器11により加熱
された浴室1内の空気が循環空気吐出口4より温風とな
って浴室1内に吐出され、温風が洗濯物に接触するとと
もに、浴室1内の温度が上昇しながら洗濯物が乾燥す
る。
【0017】そして、洗濯物の乾燥に伴い発生する湿気
により浴室1内の絶対湿度が高くなると、浴室の温湿度
検知器16の信号を制御部18が受けて制御部18によ
り排気送風機13が運転されるとともに外気導入ダンパ
ー15により、給気風路14が開放し、浴室1内の湿気
は同時給排の換気作用により室外に排出される。
【0018】一方、外気温度が所定温度より低い低温の
外気を給入すると浴室1内の温度が急激に低下し乾燥に
支障をきたすときには、外気の温湿度検知器17からの
信号により制御部18は外気導入ダンパー15を閉鎖し
た状態で乾燥を行うこととなる。
【0019】また、湯気等により浴室1内の絶対湿度が
高まると浴室の温湿度検知器16により信号が制御部1
8に送られ、排気送風機13が運転されるとともに、外
気導入ダンパー15により給気風路14が開放し、同時
給排の換気作用により換気され、浴室1内の湿気が低下
すると制御部18により排気送風機13の運転は自動的
に停止される。
【0020】また、夏期など浴室1内の温度が外気温度
より高いときには、外気導入ダンパー15を開放し、循
環送風機10により外気を浴室1に取入れることもでき
るものである。
【0021】このように本発明の第1実施例の浴室換気
乾燥機によれば、洗濯物の乾燥時に、浴室1内の絶対湿
度が高まると、排気送風機13が運転され、浴室1内の
湿気が排気されるとともに、絶対湿度の低い外気が給気
され、外気の温湿度検知器17の信号により、浴室1内
の温度を下げ過ぎず湿度のみが下がるので、乾燥運転に
要する時間を短縮することができる。
【0022】そして、換気運転時は同時給排されるので
換気に要する時間は短縮されるとともに浴室の温湿度検
知器16の信号により自動的に換気運転を停止するので
ランニングコストも低減することができる。
【0023】また、夏期など浴室1内より低温の外気を
浴室1内に取入れ快適な浴室空間を形成できる。
【0024】(実施の形態2)以下、本発明の第2実施
例について図2および図3を参照しながら説明をする。
なお、第1実施例と同一部分には符号を付けて詳細な説
明は省略する。
【0025】図に示すように、浴室1に隣接する脱衣室
等の他室19の暖房および換気を行うように設けられた
空調ボックス20に連通するダクト21を介して連通す
る他室吸込口22と他室吹出口23を設けた本体8Aの
内部に顕熱交換器24を介して形成される排気風路12
Aおよび給気風路14Aを設け、循環空気吸込口2Aに
は循環空気吸込口2Aを開閉する浴室吸込遮断ダンパー
25を設け、循環風路9Aを閉鎖し排気路を形成する排
気用ダンパー26を設け、排気空気吸込口3Aと他室吸
込口22を開閉する他室吸込用ダンパー27を設け、循
環空気吐出口4Aと他室吹出口23を開閉する他室吹出
用ダンパー28を設け、顕熱交換器24を通る排気流を
遮断するように開閉する遮断ダンパー29を設け、循環
送風機10および排気送風機13の風路を切換える切換
えダンパー30を設ける。
【0026】そして、他室19の温度および湿度を検知
する他室の温湿度検知器31を設け、検知された温湿度
の信号により各ダンパーの開閉を制御する制御部18A
を設ける。
【0027】上記構成により、浴室の暖房を行う場合に
は、浴室の温湿度検知器16と外気の温湿度検知器17
および他室の温湿度検知器31よりの情報を制御部18
Aに取り込み、一番高い空気がどこにあるかを判断す
る。
【0028】そして、浴室1の温度が最も高いときに
は、浴室吸込遮断ダンパー25をA、排気用ダンパー2
6をA、他室吹出用ダンパー28をAの各位置に制御部
18Aにより作動させ、循環送風機10を運転し、浴室
1内の空気を用いて熱交換器11で加熱し、循環空気吐
出口4Aより浴室1内に温風を放散して暖房を行う。
【0029】また、他室19の温度が最も高いときに
は、浴室吸込遮断ダンパー25をB、他室吸込用ダンパ
ー27をC、外気導入ダンパー15をB、切換えダンパ
ー30をB、遮断ダンパー29をA、他室吹出用ダンパ
ー28をA、排気用ダンパー26をAの各位置に作動さ
せ、循環送風機10を運転し、他室19の空気を用いて
熱交換器11で加熱し、循環空気吐出口4Aより浴室1
内に温風を放散して暖房を行う。
【0030】また、外気温度が最も高いときには、外気
導入ダンパー15をAの位置にし、その他は他室19の
空気を利用するときと同じ動作をすれば、外気を用いて
浴室1の暖房を行うことができる。
【0031】つぎに他室19の暖房運転を行いたい場合
は、他室吹出用ダンパー28をCの位置に作動させ、そ
の他の動作については浴室1を暖房運転するときと同じ
動作で行う。さらに、浴室1と他室19を同時に暖房運
転する場合は、他室吹出用ダンパー28をBの位置にす
る以外は前述と同じ動作で行う。各々の温湿度検知器1
6、17、31よりの情報を制御部18Aに取り込む動
作は暖房運転中継続的であり、最も暖かい場所が変われ
ばその場所へと吸い込みも変わる。以上のように、最も
暖かい場所の空気を利用し浴室1あるいは他室19の暖
房を行うため省エネの暖房運転が可能である。
【0032】次に換気運転を行う場合において、浴室1
の換気を行う場合、まずダンパー位置については外気導
入ダンパー15がA、他室吹出用ダンパー28がA、排
気用ダンパー26がA、切換ダンパー30がB、他室吸
込用ダンパー27がA、浴室吸込遮断ダンパー25が
B、遮断ダンパー29をCの位置にし循環送風機10を
吸気用、排気送風機13を排気用とし運転させ同時給排
を行う。次に他室19の換気を行う場合、他室吸込用ダ
ンパー27がC、他室吹出用ダンパー28がC、その他
のダンパーは前述と同じ動作にて行う。また、浴室1と
他室19の同時の換気は他室吹出用ダンパー28がB、
他室吸込用ダンパー27がBの位置にて前述同様の動作
にて行う。このように2室同時の換気が行え、さらに湿
度の低い外気を利用し同時給排するため換気時間の短縮
となり、顕熱交換器24を用いているため省エネにもな
る。
【0033】さらに、循環送風機10を排気用として、
また排気送風機13を循環用として使うことができる。
まず、循環送風機10を排気用として使う場合、ダンパ
ー位置は浴室吸込遮断ダンパー25がA、排気用ダンパ
ー26がB、切換えダンパー30がA、遮断ダンパー2
9をBの位置に動作させ循環送風機10を運転すること
により浴室1内の空気を排気する。もちろん前述の運転
は排気送風機13が故障および破損した場合の応急的な
運転、あるいは排気送風機13との同時運転により排気
能力をアップさせることが可能である。
【0034】つぎに、排気送風機13を循環用として浴
室暖房時使う場合のダンパー位置は、他室吹出用ダンパ
ー28がA、排気用ダンパー26がA、切換えダンパー
30がA、他室吸込用ダンパー27がA、浴室吸込遮断
ダンパー25がB、遮断ダンパー29がAの位置で排気
送風機13を運転させ浴室1内の暖房運転が可能であ
る。また、浴室1の乾燥で前述同様排気送風機13を循
環用として使う場合は、切換えダンパー30をCの位置
にし、その他の動作は前述と同じである。次に他室19
のみ暖房、他室19と浴室1の同時暖房の場合は、前述
の浴室1を暖房するときとほとんど同じで、ただ他室吹
出用ダンパー28と他室吸込用ダンパー27の位置が違
うだけである。また、他室19のみ暖房の場合、前記ダ
ンパーの位置は各々Cの位置であり、他室19と浴室1
同時暖房の場合は、前記ダンパーの位置は各々Bの位置
である。このように、排気送風機13を循環送風機10
として使用できるが、もちろん前述の運転は循環送風機
10が故障および破損した場合の応急的な運転、あるい
は循環送風機10との同時運転により暖房能力をアップ
させることが可能である。
【0035】このように本発明の第2実施例の浴室換気
乾燥機によれば、浴室1と室外5と他室19の温度およ
び湿度を検知する温湿度検知器16、17、31の信号
により最も温度の高い場所の空気を用いて浴室1あるい
は他室19の暖房を行うので省エネルギーを図ることが
できるとともに、風路をダンパーの切換えにより循環と
換気の役割を循環送風機10および排気送風機13の両
方にもたせることにより、循環送風機10または排気送
風機13のいずれかが故障しても応急的な運転が可能で
同時運転することにより暖房能力のアップも図ることが
可能となる。
【0036】
【発明の効果】以上の実施例から明らかなように、本発
明によれば浴室に連通する循環空気吸込口および排気空
気吸込口と循環空気吐出口を設け、室外に連通する排気
口と給気口を設けた本体と、この本体の内部に前記循環
空気吸込口と循環空気吐出口を連通し、循環送風機を設
け、熱交換器を介して形成される循環風路と、前記排気
空気吸込口と排気口を連通し、排気送風機を設け形成さ
れた排気風路と、前記循環送風機の吸込側と前記給気口
とを連通する給気風路と、この給気風路を開閉する外気
導入ダンパーと、浴室の温度および湿度を検知する浴室
の温湿度検知器と、外気の温度および湿度を検知する外
気の温湿度検知器と、前記浴室の温度検知器の信号によ
り前記排気送風機の運転を制御するとともに、前記外気
導入ダンパーを開放する制御部とを備え、前記外気の温
湿度検知器で検知された外気温度が所定温度以下の時に
前記外気導入ダンパーを前記制御部で閉鎖する構成とし
たので、浴室内の換気の時間を短縮しランニングコスト
の低減を図ることのできる浴室換気乾燥機を提供でき
る。
【0037】また、他室とダクトを介して連通する他室
吸込口と他室吹出口を設けた本体と、顕熱交換器を介し
て形成される排気風路および給気風路と、循環空気吸込
口を開閉する浴室吸込遮断ダンパーと、循環風路を閉鎖
し排気路を形成する排気用ダンパーと、排気空気吸込口
と他室吸込口を開閉する他室吸込用ダンパーと、循環空
気吐出口と他室吐出口を開閉する他室吹出用ダンパー
と、前記顕熱交換器を通る排気流を遮断するように開閉
する遮断ダンパーと、循環送風機および排気送風機の風
路を切換える切換えダンパーと、他室の温度および湿度
を検知する他室の温湿度検知器と、検知された温湿度の
信号により前記各ダンパーの開閉を制御する制御部とを
備え、前記各ダンパーの制御により循環送風機を排気風
路に連通または排気送風機を循環風路に連通できる構成
としたので、温度の高い空気を利用して暖房が可能とな
り、省エネルギーを図ることができるとともに循環送風
機または排気送風機のいずれかが故障しても応急的に浴
室換気乾燥機の機能を失うこと無く、運転を継続するこ
とが可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1実施例の浴室換気乾燥機の構成を
示す断面図
【図2】同第2実施例の浴室換気乾燥機の構成を示す断
面図
【図3】同第2実施例の浴室換気乾燥機のシステム構成
【図4】従来の浴室換気乾燥機の構成を示す断面図
【図5】同浴室換気乾燥機の設置状態を示す斜視図
【符号の説明】
1 浴室 2 循環空気吸込口 2A 循環空気吸込口 3 排気空気吸込口 3A 排気空気吸込口 4 循環空気吐出口 4A 循環空気吐出口 5 室外 6 排気口 7 給気口 8 本体 8A 本体 9 循環風路 9A 循環風路 10 循環送風機 11 熱交換器 12 排気風路 12A 排気風路 13 排気送風機 14 給気風路 14A 給気風路 15 外気導入ダンパー 16 浴室の温湿度検知器 17 外気の温湿度検知器 18 制御部 18A 制御部 19 他室 21 ダクト 22 他室吸込口 23 他室吹出口 24 顕熱交換器 25 浴室吸込遮断ダンパー 26 排気用ダンパー 27 他室吸込用ダンパー 28 他室吹出用ダンパー 29 遮断ダンパー 30 切換えダンパー 31 他室の温湿度検知器

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 浴室に連通する循環空気吸込口および排
    気空気吸込口と循環空気吐出口を設け、室外に連通する
    排気口と吸気口を設けた本体と、この本体の内部に前記
    循環空気吸込口と循環空気吐出口を連通し、循環送風機
    を設け、熱交換器を介して形成される循環風路と、前記
    排気空気吸込口と排気口を連通し、排気送風機を設け形
    成された排気風路と、前記循環送風機の吸込側と前記給
    気口とを連通する給気風路と、この給気風路を開閉する
    外気導入ダンパーと、浴室の温度および湿度を検知する
    浴室の温湿度検知器と、外気の温度および湿度を検知す
    る外気の温湿度検知器と、前記浴室の温湿度検知器の信
    号により前記排気送風機の運転を制御するとともに前記
    外気導入ダンパーを開放する制御部とを備え、前記外気
    の温湿度検知器で検知された外気温度が所定温度以下の
    時に前記外気導入ダンパーを前記制御部で閉鎖する構成
    とした浴室換気乾燥機。
  2. 【請求項2】 他室とダクトを介して連通する他室吸込
    口と他室吹出口を設けた本体と、顕熱交換器を介して形
    成される排気風路および給気風路と、循環空気吸込口を
    開閉する浴室吸込遮断ダンパーと、循環風路を閉鎖し排
    気路を形成する排気用ダンパーと、排気空気吸込口と他
    室吸込口を開閉する他室吸込用ダンパーと、循環空気吐
    出口と他室吐出口を開閉する他室吹出用ダンパーと、前
    記顕熱交換器を通る排気流を遮断するように開閉する遮
    断ダンパーと、循環送風機および排気送風機の風路を切
    換える切換えダンパーと、他室の温度および湿度を検知
    する他室の温湿度検知器と、検知された温湿度の信号に
    より前記各ダンパーの開閉を制御する制御部とを備え、
    前記各ダンパーの制御により循環送風機を排気風路に連
    通または排気送風機を循環風路に連通できる構成とした
    請求項1記載の浴室換気乾燥機。
JP28128195A 1995-10-30 1995-10-30 浴室換気乾燥機 Pending JPH09122390A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28128195A JPH09122390A (ja) 1995-10-30 1995-10-30 浴室換気乾燥機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28128195A JPH09122390A (ja) 1995-10-30 1995-10-30 浴室換気乾燥機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09122390A true JPH09122390A (ja) 1997-05-13

Family

ID=17636892

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28128195A Pending JPH09122390A (ja) 1995-10-30 1995-10-30 浴室換気乾燥機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09122390A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH114998A (ja) * 1997-06-18 1999-01-12 Matsushita Electric Ind Co Ltd 浴室乾燥機
JPH11182890A (ja) * 1997-12-24 1999-07-06 Mitsubishi Electric Corp 空気加工装置
JP2005156014A (ja) * 2003-11-25 2005-06-16 Matsushita Electric Works Ltd 浴室乾燥装置
JP2011069579A (ja) * 2009-09-28 2011-04-07 Toto Ltd 浴室乾燥機
JP2016174744A (ja) * 2015-03-20 2016-10-06 Toto株式会社 多室換気機能付き浴室乾燥機
JP2017181016A (ja) * 2016-03-28 2017-10-05 パナソニックIpマネジメント株式会社 浴室暖房乾燥機
JP2021139536A (ja) * 2020-03-04 2021-09-16 三菱電機株式会社 浴室乾燥機およびその制御方法

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH114998A (ja) * 1997-06-18 1999-01-12 Matsushita Electric Ind Co Ltd 浴室乾燥機
JPH11182890A (ja) * 1997-12-24 1999-07-06 Mitsubishi Electric Corp 空気加工装置
JP2005156014A (ja) * 2003-11-25 2005-06-16 Matsushita Electric Works Ltd 浴室乾燥装置
JP2011069579A (ja) * 2009-09-28 2011-04-07 Toto Ltd 浴室乾燥機
JP2016174744A (ja) * 2015-03-20 2016-10-06 Toto株式会社 多室換気機能付き浴室乾燥機
JP2017181016A (ja) * 2016-03-28 2017-10-05 パナソニックIpマネジメント株式会社 浴室暖房乾燥機
JP2021139536A (ja) * 2020-03-04 2021-09-16 三菱電機株式会社 浴室乾燥機およびその制御方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001116290A (ja) 暖房乾燥機
JP2003343892A (ja) 除湿乾燥装置
JPH09122390A (ja) 浴室換気乾燥機
WO2007058260A1 (ja) 換気装置及び換気システム
JP2005164113A (ja) 換気装置
JP4432102B2 (ja) 浴室空調装置
JP3959181B2 (ja) 熱交換換気システム
JP3959182B2 (ja) 熱交換換気システム
JP3764220B2 (ja) 浴室換気乾燥機
JP3839707B2 (ja) 浴室暖房乾燥機および全熱交換装置の運転方法
JP3015576B2 (ja) 浴室用空気調和機
JP3430009B2 (ja) 換気装置
JPH07171299A (ja) 浴室換気乾燥機
JP3521175B2 (ja) 浴室暖房・乾燥システムの運転制御方法、浴室暖房乾燥装置及びそれ用のコントローラ
JPH1190093A (ja) 浴室乾燥機
JP2011112239A (ja) 換気空調システム及び建物
JP2933529B2 (ja) 別室暖房機能付き浴室暖房乾燥機
JP4304402B2 (ja) 浴室換気装置
KR100511566B1 (ko) 전열교환기를 구비한 사계절 환기장치
JP2933528B2 (ja) 多室換気機能付き浴室暖房乾燥機
JP2000257894A (ja) 衣類乾燥機を用いた室内暖房システム
JPH1130432A (ja) 換気システム
JP3621729B2 (ja) 浴室換気乾燥機
JPH06294A (ja) 浴室換気乾燥機
JP3308389B2 (ja) 暖房機能付浴室乾燥装置