JPH09122312A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JPH09122312A
JPH09122312A JP7287142A JP28714295A JPH09122312A JP H09122312 A JPH09122312 A JP H09122312A JP 7287142 A JP7287142 A JP 7287142A JP 28714295 A JP28714295 A JP 28714295A JP H09122312 A JPH09122312 A JP H09122312A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
variable display
state
reach
control
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP7287142A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3850055B2 (ja
Inventor
Shohachi Ugawa
詔八 鵜川
Original Assignee
Sankyo Kk
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Kk, 株式会社三共 filed Critical Sankyo Kk
Priority to JP28714295A priority Critical patent/JP3850055B2/ja
Publication of JPH09122312A publication Critical patent/JPH09122312A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3850055B2 publication Critical patent/JP3850055B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 特定遊技状態を早期に発生させながらも、可
変表示の面白味を損なわないようにすることである。 【解決手段】 パチンコ遊技機が高確率状態に制御され
ている場合(S21,YES)において、リーチ状態が
発生した場合(S22,YES)のその後の可変表示装
置の表示結果の導出表示に至るまでの可変表示の種類
と、リーチ状態が発生しなかった場合のその後の表示結
果の導出表示に至るまでの可変表示の種類とを異ならせ
る制御(S23,S24)が行なわれる。具体的には、
たとえば、可変表示時間が異ならされる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、たとえばパチンコ
遊技機やコイン遊技機あるいはスロットマシン等で代表
される遊技機に関し、詳しくは、表示状態が変化可能な
可変表示装置を有し、該可変表示装置の表示結果が予め
定められた特定の表示態様となった場合に、遊技者に有
利な特定遊技状態に制御可能な遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】この種の遊技機において、従来から一般
的に知られているものに、たとえば、図柄等からなる複
数種類の識別情報を可変表示可能な可変表示装置が設け
られ、その可変表示装置が可変表示開始された後、停止
制御される等して表示結果が導出表示され、その表示結
果が予め定められた特定の表示態様(たとえば777)
になった場合に、遊技者に有利な特定遊技状態(大当り
状態)に制御されるように構成されたものがあった。
【0003】さらに、この種の従来の遊技機では、遊技
において所定条件が成立した場合に、特定遊技状態が発
生しやすい特別遊技状態に遊技機を制御するものがあっ
た。その特別遊技状態の具体例としては、特定遊技状態
が発生する確率が向上した高確率状態がある。この高確
率状態は、確率変動状態または確率向上状態とも呼ばれ
ているものである。
【0004】このような高確率状態に遊技機が制御され
た場合には、識別情報の可変表示期間を短縮する制御で
ある変動時間短縮制御(可変表示時間短縮制御)も実行
されるようになっていた。このような変動時間短縮制御
が行なわれると、識別情報の表示結果が通常時(高確率
状態時以外の場合)よりも早期に得られるため、可変表
示に関与しない無駄な入賞を減らすことが可能になると
ともに、早期に特定遊技状態を発生させることが可能に
なる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかし、前述のような
変動時間短縮制御を実行する高確率状態を制御の1つと
して設定した従来の遊技機では、早期に特定遊技状態を
発生させることが可能な反面、次のような問題があっ
た。
【0006】前述のような変動時間短縮制御において
は、一様に可変表示期間が短縮される。このため、リー
チ状態が発生した場合でも、リーチ状態が発生しない場
合と同様に可変表示期間が短縮される制御が行なわれ
る。このように、従来の遊技機では、遊技者の期待感が
高められるリーチ状態での可変表示期間も短縮される。
このため、従来の遊技機では、特別遊技状態に制御され
た場合において、可変表示により遊技者の期待感を盛り
上げるための演出効果が不足し、遊技者の期待感が高ま
らず、遊技の面白味に欠けるという問題があった。
【0007】この発明は係る実情に鑑み考え出されたも
のであって、その目的は、特別遊技状態において、特定
遊技状態を早期に発生させながらも、可変表示の面白味
を損なわないようにすることが可能な遊技機を提供する
ことである。
【0008】
【課題を解決するための手段】請求項1に記載の本発明
は、表示状態が変化可能な可変表示装置を有し、該可変
表示装置の表示結果が予め定められた特定の表示態様と
なった場合に、遊技者に有利な特定遊技状態に制御可能
な遊技機であって、所定条件の成立により前記遊技機を
前記特定遊技状態が発生しやすい特別遊技状態に制御す
る遊技制御手段と、前記可変表示装置を可変開始させた
後表示結果を導出表示させる制御を行なう可変表示制御
手段とを含み、該可変表示制御手段は、前記遊技機が前
記特別遊技状態に制御されている場合において、リーチ
状態が発生した場合のその後の表示結果の導出表示に至
るまでの可変表示の種類と、リーチ状態が発生しなかっ
た場合のその後の表示結果の導出表示に至るまでの可変
表示の種類とを異ならせる制御を行なうことを特徴とす
る。
【0009】請求項2に記載の本発明は、請求項1に記
載の発明の構成に加えて、前記可変表示制御手段は、前
記特別遊技状態において、リーチ状態が発生した場合
と、リーチ状態が発生しなかった場合とでその後の表示
結果の導出表示に至るまでの可変表示の種類を異ならせ
る制御として、リーチ状態が発生した場合の表示結果の
導出表示に至るまでの期間を、リーチ状態が発生しなか
った場合の表示結果の導出表示に至るまでの期間よりも
長くする制御を行なうことを特徴とする。
【0010】請求項3に記載の本発明は、請求項1に記
載の発明の構成に加えて、前記可変表示制御手段は、前
記特別遊技状態において、リーチ状態が発生した場合
と、リーチ状態が発生しなかった場合とでその後の表示
結果の導出表示に至るまでの可変表示の種類を異ならせ
る制御として、リーチ状態が発生した場合の可変表示状
態の変化態様を、リーチ状態が発生しなかった場合の可
変表示状態の変化態様とは異なる変化態様にする制御を
行なうことを特徴とする。
【0011】請求項4記載の本発明は、請求項1に記載
の発明の構成に加えて、前記リーチ状態には、特別のリ
ーチ状態を含む複数種類のリーチ状態が含まれ、前記可
変表示制御手段は、前記特別遊技状態において、リーチ
状態が発生した場合のその後の表示結果の導出表示に至
るまでの可変表示の種類を、前記特別のリーチ状態が発
生した場合と、前記特別のリーチ状態が発生しなかった
場合とで異ならせる制御をさらに行なうことを特徴とす
る。
【0012】請求項5記載の本発明は、請求項1に記載
の発明の構成に加えて、前記可変表示制御手段は、前記
特別遊技状態でリーチ状態を発生させる場合において、
導出表示される表示結果が前記特定の表示態様となる確
率を向上させる表示制御をさらに行なうことを特徴とす
る。
【0013】
【作用】請求項1に記載の本発明によれば、遊技制御手
段の働きにより、所定条件の成立により遊技機が、特定
遊技状態が発生しやすい特別遊技状態に制御される。可
変表示制御手段の働きにより、可変表示装置を可変開始
させた後表示結果を導出表示させる制御が行なわれる。
可変表示制御手段のさらなる働きにより、遊技機が特別
遊技状態に制御されている場合において、リーチ状態が
発生した場合のその後の表示結果の導出表示に至るまで
の可変表示の種類と、リーチ状態が発生しなかった場合
のその後の表示結果の導出表示に至るまでの可変表示の
種類とを異ならせる制御が行なわれる。このように、特
別遊技状態において、リーチ状態が発生すると、その後
の表示結果の導出表示に至るまでの可変表示の種類が、
リーチ状態が発生しなかった場合とは異なる種類の表示
になる。
【0014】請求項2記載の本発明によれば、請求項1
に記載の発明の作用に加えて次のように作用する。可変
表示制御手段の働きにより、特別遊技状態において、リ
ーチ状態が発生した場合と、リーチ状態が発生しなかっ
た場合とで、その後の表示結果の導出表示に至るまでの
可変表示の種類を異ならせる制御として、リーチ状態が
発生した場合の表示結果の導出表示に至るまでの期間
を、リーチ状態が発生しなかった場合の表示結果の導出
表示に至るまでの期間よりも長くする制御が行なわれ
る。このため、特別遊技状態においてリーチ状態が発生
した場合には、リーチ状態が発生しなかった場合より
も、表示結果の導出表示に至るまでの期間が長くなる。
その結果、特別遊技状態においてリーチ状態が発生した
場合には、長期間リーチ状態が可変表示装置に表示され
る。
【0015】請求項3に記載の本発明によれば、請求項
1に記載の発明の作用に加えて次のように作用する。可
変表示制御手段の働きにより、特別遊技状態において、
リーチ状態が発生した場合と、リーチ状態が発生しなか
った場合とでその後の表示結果の導出表示に至るまでの
可変表示の種類を異ならせる制御として、リーチ状態が
発生した場合の可変表示状態の変化態様を、リーチ状態
が発生しなかった場合の可変表示状態の変化態様とは異
なる変化態様にする制御が行なわれる。このため、特別
遊技状態においてリーチ状態が発生した場合には、リー
チ状態が発生しなかった場合とは異なる特有の変化態様
の可変表示が行なわれる。
【0016】請求項4に記載の本発明によれば、請求項
1に記載の発明の作用に加えて次のように作用する。リ
ーチ状態には、特別のリーチ状態を含む複数種類のリー
チ状態が含まれている。そして、可変表示制御手段の働
きにより、特別遊技状態において、リーチ状態が発生し
た場合のその後の表示結果の導出表示に至るまでの可変
表示の種類を、特別のリーチ状態が発生した場合と、特
別のリーチ状態が発生しなかった場合とで異ならせる制
御がさらに行なわれる。このため、特別遊技状態におけ
るリーチ状態において、リーチ状態の種類により異なる
可変表示が行なわれる。
【0017】請求項5に記載の本発明によれば、請求項
1に記載の発明の作用に加えて次のように作用する。可
変表示制御手段の働きにより、特別遊技状態でリーチ状
態を発生させる場合において、導出表示させる表示結果
が特定の表示態様となる確率を向上させる表示制御がさ
らに行なわれる。このため、特別遊技状態において発生
されるリーチ状態は、特別遊技状態以外の状態において
発生されるリーチ状態の場合よりも、特定遊技状態が発
生しやすいこととなる。
【0018】
【発明の実施の形態】以下に、本発明の実施の形態を図
面に基づいて詳細に説明する。なお、以下の実施の形態
においては、遊技機の一例としてパチンコ遊技機を示す
が、本発明は、これに限らず、たとえばコイン遊技機や
スロットマシン等であってもよく、表示状態が変化可能
な可変表示装置を有し、該可変表示装置の表示結果が予
め定められた特定の表示態様となった場合に、遊技者に
有利な特定遊技状態に制御可能な遊技機であれば、すべ
てに適用することが可能である。
【0019】図1は、遊技機の一例のパチンコ遊技機の
遊技盤面を示す正面図である。このパチンコ遊技機に
は、遊技者が打球操作するための打球操作ハンドル(図
示せず)が設けられており、この打球操作ハンドルを遊
技者が操作することにより、パチンコ玉を1つずつ遊技
盤12の前面に形成された遊技領域13内に打込むこと
ができる。
【0020】この遊技領域13内には、図柄等からなる
複数種類の識別情報を可変表示して表示状態が変化可能
な可変表示装置として、特別図柄用可変表示装置60お
よび飾り図柄用可変表示装置1の2種類の装置が設けら
れている。
【0021】特別図柄用可変表示装置60は、3つの7
セグメントLEDよりなり、特別図柄と呼ばれる識別情
報を可変表示するためのものである。この特別図柄用可
変表示装置60は、横一列に並ぶ左,中,右の各特別図
柄可変表示部を有し、各特別図柄可変表示部に表示され
る特別図柄を可変表示可能に構成されている。以下の説
明においては、左,中,右の各特別図柄表示部に表示さ
れる特別図柄を、左特別図柄,中特別図柄,右特別図柄
と呼ぶ。
【0022】飾り図柄用可変表示装置1は、飾り図柄と
呼ばれる識別情報等を可変表示するためのものであり、
液晶表示装置等よりなる画像表示装置2を有している。
この画像表示装置2は、3行×3列の合計9個の可変表
示用の飾り図柄表示部2a〜2iを表示することが可能
である。さらに画像表示装置2は、飾り図柄表示部2a
〜2iの他にも、キャラクタ画像およびその他の多種類
の画像を適宜表示することが可能である。ここで、キャ
ラクタ画像とは、画像表示装置2に表示される人間,動
物,図形あるいは物等を表わす映像をいう。
【0023】このように構成された特別図柄用可変表示
装置60および飾り図柄用可変表示装置1は、連動して
可変表示を行なう。具体的には、特別図柄用可変表示装
置60の特別図柄の可変表示に連動して、飾り図柄用可
変表示装置1の飾り図柄の可変表示が行なわれる。この
ため、特別図柄用可変表示装置60の表示内容と、飾り
図柄用可変表示装置1の表示内容との間には、一定の関
連性がある。
【0024】その関連性とは、たとえば、次のような関
連性である。特別図柄用可変表示装置60の表示内容が
後述する大当り状態となれば、飾り図柄用可変表示装置
1の表示内容も大当り状態となる。また、特別図柄用可
変表示装置60の表示内容が外れ状態となれば、飾り図
柄用可変表示装置1の表示内容も外れ状態となる。
【0025】遊技領域13内に打込まれたパチンコ玉が
始動入賞口4内に入賞すれば、その始動入賞玉が始動入
賞玉検出スイッチ4aにより検出されてその検出出力に
基づいて、特別図柄用可変表示装置60の特別図柄が可
変開始された後、停止制御される。それと同時に、その
特別図柄用可変表示装置60の動作に連動して、飾り図
柄用可変表示装置1においても、飾り図柄が可変開始さ
れ、その後飾り図柄が停止制御される。この場合、特別
図柄用可変表示装置60においては、飾り図柄用可変表
示装置1の飾り図柄表示部2a〜2iのすべてが停止し
た直後に、左,中,右特別図柄可変表示部がすべて同時
に停止する。
【0026】その特別図柄用可変表示装置60の可変停
止時の表示結果が予め定められた特定の表示態様(たと
えば777)となり、それに伴って、飾り図柄用可変表
示装置1の可変停止時の表示結果が予め定められた特定
の表示態様(たとえばあるライン上で777)となれ
ば、可変入賞球装置50の開閉板5aが開成して打玉が
入賞可能な遊技者にとって有利な第1の状態となり大当
り状態(特定遊技状態)が発生する。
【0027】飾り図柄用可変表示装置1の可変表示中に
おいては、リーチ状態が発生する場合がある。ここで、
リーチの定義を説明する。リーチとは、表示状態が変化
可能な可変表示装置を有し、該可変表示装置が複数の表
示結果を導出表示し、該複数の表示結果が予め定められ
た特定の表示態様の組合せになった場合に、特定の遊技
価値が付与される遊技機において、前記複数の表示結果
の一部がまだ導出表示されていない段階で、既に導出表
示されている表示結果が前記特定の表示態様の組合せと
なる条件を満たしている表示状態をいう。具体的には、
前記複数の表示結果が、複数の可変表示部(ここでは1
つの可変表示装置に複数の可変表示部が設けられた場合
の可変表示部をいう)に表示される識別情報の組合せを
指す場合において、一部の可変表示部の表示結果がまだ
導出表示されていない表示状態が含まれ、また、1つの
可変表示装置が1つの可変表示部を有する場合に、前記
複数の表示結果が、1つの可変表示部が複数回停止表示
され、その停止表示された結果の識別情報の組合せを指
す場合において、一部の回の表示結果がまだ導出表示さ
れていない段階の表示状態が含まれる。
【0028】あるいは、リーチとは、可変表示装置が複
数の表示結果を導出表示する場合に、前記複数の表示結
果の全部がまだ導出表示されていない段階で、前記遊技
機が、前記特定の表示態様の組合せを導出表示可能な1
段階前の状態であることを示した状態をもいう。具体的
には、前記1つの可変表示装置が複数の可変表示部を有
する場合に、前記複数の表示結果が複数の可変表示部に
表示される識別情報の組合せを指す場合において、複数
の可変表示部に表示される識別情報の一部または全部が
揃った状態で可変表示を行なっている状態をいう。
【0029】一方、特別図柄用可変表示装置60におい
ては、左,中,右特別図柄可変表示部がすべて同時に停
止するため、リーチ状態の表示が行なわれない。
【0030】この可変入賞球装置50は、通常時は開閉
板5aが閉成して打玉が入賞不可能な遊技者にとって不
利な第2の状態となっているが、大当り状態が発生すれ
ばソレノイド8が励磁されて開閉板5aが開成して入賞
開口5が開放された第1の状態となる。この可変入賞球
装置50の第1の状態は、所定期間(たとえば30秒
間)の経過あるいは所定個数(たとえば10個)の打玉
の入賞のうちいずれか早い方の条件が成立したことによ
り終了して第2の状態となる。その入賞開口5内に入賞
したパチンコ玉が特定入賞玉検出スイッチ6,入賞玉検
出スイッチ7により検出され、その検出個数は入賞個数
表示器9により表示される。また、第1の状態となって
いる可変入賞球装置50内に入賞したパチンコ玉が予め
定められた特定入賞領域(Vポケット)に入賞すれば、
その特定入賞玉が特定入賞玉検出スイッチ6により検出
され、その回の可変入賞球装置50の第1の状態が終了
するのを待って再度可変入賞球装置50を第1の状態に
駆動制御する繰返し継続制御が行なわれる。この繰返し
継続制御の上限回数はたとえば16回と定められてい
る。
【0031】ここで、飾り図柄用可変表示装置1の画像
表示装置2の表示内容を簡単に説明する。画像表示装置
2の表示画像においては、3行×3列の合計9個の飾り
図柄表示部が一斉に可変開始(スクロール表示を開始)
した後、まず2つの飾り図柄表示部2a,2bが停止
し、次に4つの飾り図柄表示部2c〜2fが停止し、次
に2つの飾り図柄表示部2g,2hが停止し、最後に真
ん中の飾り図柄表示部2iが停止する。
【0032】そして、横方向における上段,中段,下段
の3本の当りラインと、縦方向における左,中,右の3
本の当りラインと、斜め対角線上に2本の当りラインと
の合計8本の当りラインが定められている。この8本の
当りラインのうちのある当りライン上で、予め定められ
た特定の表示態様(たとえば777)となれば、大当り
状態が発生する。さらに、この9個の飾り図柄表示部の
すべてが、後述するフルーツ図柄となった場合にも大当
り状態が発生する。
【0033】飾り図柄用可変表示装置1が可変表示中に
再度パチンコ玉が始動入賞口4に入賞すれば、その始動
入賞が記憶されて飾り図柄用可変表示装置1が可変停止
した後再度可変開始できる状態になるまで待ってその始
動入賞記憶に基づいて飾り図柄用可変表示装置1が再度
可変開始される。この始動入賞記憶の上限値はたとえば
「4」に定められており、現時点における始動入賞個数
が始動入賞個数表示器10により表示される。
【0034】遊技領域13内には、さらに通常入賞口3
a〜3eが設けられているとともに、各種の装飾ランプ
や装飾LED14,15,16が設けられている。遊技
領域13内に打込まれたパチンコ玉がいずれの入賞領域
や可変入賞球装置にも入賞しなかった場合にはアウト玉
としてアウト口11から回収される。
【0035】なお、飾り図柄用可変表示装置1は、液晶
表示装置を用いたものに限らず、CRT表示装置、プラ
ズマ表示装置またはマトリックスLED表示装置等の画
像を表示するその他の装置を用いてもよい。さらに当り
ラインは8本に限らず、5本あるいは1本であってもよ
い。
【0036】可変入賞球装置50の第2の状態は、打玉
が入賞可能ではあるが入賞困難なものであってもよい。
【0037】このパチンコ遊技機においては、特別図柄
用可変表示装置60において可変表示される特別図柄の
配列構成が左,中,右特別図柄可変表示部について予め
定められている。たとえば、左,中,右特別図柄可変表
示部において、数字等の図柄が、複数種類同一の配列で
定められている。そして、それらの各図柄に対応する図
柄ポジションが、各特別図柄に対応して割り振られてい
る。そして、後述するC RND L,C,Rの各抽出
値が図柄ポジションの番号と一致する場所の図柄が、
左,中,右特別図柄可変表示部の予定停止図柄として選
択決定される。
【0038】図2は、飾り図柄用可変表示装置1で可変
表示される複数種類の図柄の配列からなる図柄列を示す
説明図である。飾り図柄用可変表示装置1により可変表
示される図柄列は3グループに分かれており、図2にお
ける一番左側に示された7やフルーツ図柄や星印マーク
からなる図柄列は、6個の飾り図柄表示部2a〜2fに
より可変表示される図柄列である。中央に示された図柄
列は、2個の飾り図柄表示部2g,2hにより可変表示
される図柄列である。右側に示された図柄列は、中央の
1つの飾り図柄表示部2iより可変表示される図柄列で
ある。
【0039】これら図柄列は、後述する表示図柄切換制
御の場合を除いて、各飾り図柄表示部により上方の図柄
から順次下方の図柄のものがスクロール表示され、各図
柄列の一番下側に最後の図柄が可変表示された次には各
図柄列の一番上の図柄(図面では7)が表示され、これ
ら各図柄列が巡回して可変表示される。そして、各飾り
図柄表示部の可変表示が停止し、いずれかの当りライン
上において777が揃うか、あるいはすべての飾り図柄
表示部においてフルーツ図柄が表示された場合に、前述
した大当りが発生する。なお、星印マークの図柄の場合
には、たとえいずれかの当りライン上において3つ揃っ
たとしても大当りは発生しない。
【0040】図2の左側の00〜14はソフト上のシン
ボルナンバーのコードであり、各図柄に割り振られてお
り、16進数で示されている。さらに、各図柄は、各飾
り図柄表示部2a〜2iにおいて画像表示装置2のドッ
トにより表示され、7やフルーツ図柄の場合には64ド
ット(1図柄)で表示され、星印マークの図柄はその1
/2図柄からなる32ドットで表示される。ゆえに、図
2の一番左側に示された図柄列の場合には、64×6+
32×3=480ドットとなる。中央の図柄列と右側の
図柄列との場合には、64×6+32×15=864ド
ットとなる。このように、外れ図柄を小さくすることに
より、当たり図柄がわかりやすくなるとともに、図柄列
の1周期の長さ(ドット数)を短くできる効果がある。
【0041】図3は、飾り図柄用可変表示装置の各飾り
図柄表示部によって表示される可変停止時の表示結果が
予め定められた特定の表示態様となった場合を示した表
示画面図である。図3の一番左上に示された画面図で
は、各飾り図柄表示部2a〜2iにより「7」が表示結
果として導出表示されている。この場合にはすべての飾
り図柄表示部2a〜2iを枠で囲む表示が行なわれる。
その下の表示画面図においては、横方向上段の当りライ
ン上において「777」が揃った状態が示されている。
そして、「777」がそろった飾り図柄表示部2a,2
b,2gを枠で囲む表示が行なわれる。その下の表示画
面図においては、縦方向左側の当りラインにおいて「7
77」が揃った状態とそれを枠で囲んだ状態が示されて
いる。その下の表示画面図においては、左上から右下に
向かう斜め方向に「777」が揃った状態とそれを枠で
囲んだ状態が示されている。その下の表示画面図におい
ては、横方向中段の当りラインにおいて「777」が揃
った状態とそれを枠で囲んだ状態が示されている。
【0042】図3の右上の表示画面図においては、縦方
向中央の当りライン上において「777」が揃った状態
とそれを枠で囲んだ状態が示されている。その下の表示
画面図においては、左下から右上に向かう斜めの当りラ
イン上において「777」が揃った状態とそれを枠で囲
んだ状態が示されている。その下の表示画面図において
は、横方向下段の当りライン上において「777」が揃
った状態とそれを枠で囲んだ状態が示されている。その
下の表示画面図においては、縦方向右側の当りライン上
において「777」が揃った状態とそれを枠で囲んだ状
態が示されている。その下の表示画面図においては、す
べての飾り図柄表示部2a〜2iにおいてフルーツ図柄
が揃った状態と、すべての飾り図柄表示部2a〜2iを
枠で囲んだ状態とが示されている。
【0043】この図3には大当り状態が発生する特定の
表示態様が10種類示されているが、この10種類の表
示態様のいずれが揃ったとしても、前述したように可変
入賞球装置50の第1の状態への駆動制御の態様は同じ
である。また、この図3に示された特定の表示態様の他
の例としては、たとえば、横方向上段と左上から右下へ
向かう斜め方向との2本の当りライン上において共に
「777」が揃ったり、あるいは斜め対角線上の2本と
横方向1本または縦方向1本の合計3本の当りライン上
において「777」が揃う場合がある。このような場合
においても、付与される遊技価値としての可変入賞球装
置50の第1の状態への駆動制御の態様は同じである。
【0044】図3のたとえば右上端に示された表示画面
図においては、飾り図柄表示部2aや2eに、星印マー
クの図柄が中央に示されており、その上下にフルーツ図
柄の一部が示されている。これは、図2で説明したよう
に、星印マークの図柄はいくら当りライン上に3つ揃っ
たとしても大当り状態にはならない外れ図柄であるため
に、飾り図柄用可変表示装置の表示結果が外れ図柄とな
った場合にこの星印マークの図柄を見た遊技者があまり
不愉快に感じないようにするために極力ズーム縮小して
表示した結果、この星印マークの外れ図柄の前後の図柄
が1つの飾り図柄表示部2a,2eに一部入り込んでし
まったのである。この前後の図柄の一部が1つの飾り図
柄表示部に入り込んだ原因が、外れ図柄のズーム縮小表
示であるために、この一部入り混んだ図柄の種類までは
必ずしも遊技者が認識できる必要はない。たとえば、図
2に示された左側の図柄表示列の上から4番目にはオレ
ンジのフルーツ図柄がまるごと表示されており、一方、
右側に示された図柄表示列の上から12番目にはスライ
スされたオレンジのフルーツ図柄が示されており、これ
らフルーツ図柄の下方の一部分がある飾り図柄表示部に
入り込んだ形で示された場合には、まるごとオレンジの
フルーツ図柄かスライスオレンジのフルーツ図柄かの区
別はつかないのである。
【0045】一方、図3の表示画面図は、飾り図柄用可
変表示装置1の可変停止時の表示結果を示したものであ
るが、可変表示中においては、前述したように、図2に
示された図柄列が各飾り図柄表示部において順次スクロ
ール表示されるために、各飾り図柄表示部2a〜2iに
おいては、1つまたは2つまたは3つの図柄(図柄の一
部を含む)が可変表示される状態となる。
【0046】図4は、飾り図柄用可変表示装置1の当り
ラインと図柄との配置関係を説明するための説明図であ
る。飾り図柄用可変表示装置1は、前述したように、3
行×3列の合計9個の飾り図柄表示部2a〜2iを有し
ており、それぞれの飾り図柄表示部により、図示するよ
うに、図柄1〜図柄9の9個の飾り図柄が可変表示され
る。そして、横方向3行と縦方向3列と斜め対角線上に
2本の合計8本の当りライン〜が定められており、
この8本の当りライン〜のうちの少なくともいずれ
か1つの当りライン上において、「777」の図柄のぞ
ろめが揃うか、あるいは、すべての飾り図柄表示部2a
〜2iの表示結果がすべてフルーツ図柄である場合に
は、大当り状態が発生する。
【0047】図5は、大当りが発生する飾り図柄用可変
表示装置1の表示結果の表示態様の種類を示した表を表
わす図である。この図の左上に示された「C RND
LINE」は、後述の当り図柄決定用のカウンタであ
り、0から順次カウントアップして上限である85まで
カウントアップした後再度0から繰返しカウントアップ
するものである。そして、所定のタイミングでこのC
RND LINEの値が読出され、そのときの値は「C
RND LINE」の下の列に示された複数の値の中
のいずれかに該当すれば、その該当する欄の右に示され
た当りライン上に「777」が停止表示されるように制
御される。たとえば、C RND LINEのカウント
値が「24」であった場合には、図4に示したの当り
ライン上に「777」が揃うように制御される。
【0048】また、C RND LINEのカウント値
が「85」であった場合には、図4に示したの当りラ
イン上に「777」が揃うように制御される。さらに、
CRND LINEのカウント値が「7」であった場合
には、すべての飾り図柄表示部2a〜2iにフルーツ図
柄が表示されるように制御される。図5に示したよう
に、飾り図柄用可変表示装置1の大当りが発生する表示
結果は、9種類存在する。
【0049】このように、図柄の組合せの総数が少ない
特別図柄用可変表示装置60の表示内容に対応するよう
に、図柄の組合せの総数が多い飾り図柄用可変表示装置
1の表示がなされる。このため、遊技者に対して表示す
る図柄の組合せを、飾り図柄により、バラエティに富ん
だものにすることができる。
【0050】図6は、パチンコ遊技機に用いられる制御
回路を示すブロック図である。パチンコ遊技機の制御回
路は、各種機器を制御するためのプログラムに従って遊
技機制御を行なうための基本回路24と、始動入賞玉検
出スイッチ4aと特定入賞玉検出スイッチ6と入賞玉検
出スイッチ7とからの検出信号をメイン基本回路24に
与えるためのスイッチ回路22と、メイン基本回路24
の指令に従ってソレノイド8を駆動するソレノイド回路
26と、メイン基本回路24から与えられるデータに従
って、大当りが発生した旨を示す大当り情報や飾り図柄
用可変表示装置1の可変表示に利用された始動入賞玉の
個数を表わす有効始動情報をホストコンピュータである
ホール用管理コンピュータ等に対して出力する情報出力
回路28と、メイン基本回路24から与えられるデータ
に従って特別図柄可変表示装置60と始動記憶数表示器
10とV表示LED17と入賞個数表示器9と各種装飾
用のランプやLED16とを駆動するためのLED回路
23とを含む。さらに、基本回路24には、制御用プロ
グラム等を記憶しているROM31と、そのプログラム
に従って制御動作を行なうためのCPU30と、RAM
32と、I/Oポート33さらにはクロック発生回路
(図示せず)とが設けられている。
【0051】さらに、メイン基本回路24には、電源投
入時にメイン基本回路24をリセットするための初期リ
セット回路19と、メイン基本回路24に対し定期的
(たとえば2msec毎)にリセットパルスを与え、所
定のゲーム制御用プログラムを先頭から繰返し実行する
ための定期リセット回路20と、メイン基本回路24か
ら与えられるアドレス信号をデコードし、メイン基本回
路24内に含まれるROM31,RAM32,I/Oポ
ート33等のいずれか1つを選択するための信号を出力
するためのアドレスデコード回路18と、メイン基本回
路24から与えられる音データに従ってスピーカ210
を駆動し、効果音等を発生させるための音発生,増幅回
路21とが接続されている。さらに、パチンコ遊技機の
制御回路には、AC24Vの交流電源に接続され、複数
種類の直流の電圧を発生させる電源回路29が含まれて
いる。
【0052】さらに、制御回路には、基本回路24から
の可変表示制御指令信号に従って飾り図柄可変表示装置
1の画像表示装置2に対し可変表示制御信号を与える液
晶表示回路25が設けられている。また、画像表示装置
2は、サブCPU34、ROM35およびRAM36を
備えている。ROM35には、飾り図柄用可変表示装置
1により表示される飾り図柄の画像データ、キャラクタ
画像の画像データおよびアニメーション画像の画像デー
タ等のデータが記憶されている。
【0053】RAM36は、画像表示を行なうための作
業領域等として用いられる。サブCPU34は、液晶表
示回路25から受けた可変表示指令信号に応答して、R
OM35に記憶されている画像表示用のプログラムおよ
びデータに基づいて、RAM36を作業領域として使用
しながら画像表示制御を行なう。具体的には、受取った
可変表示制御信号に応答して、ROM35から画像表示
用のデータを読出し、そのデータに対して、画像表示の
ための割付けおよび加工等の処理を行ない、画像表示を
行なうためのデータを作成し、その作成したデータに基
づいて、画像表示装置2に飾り図柄の画像、キャラクタ
画像、およびアニメーション画像等を表示する制御を行
なう。
【0054】図7は、遊技制御,特別図柄用可変表示装
置60の可変表示制御,飾り図柄用可変表示装置1の可
変表示制御に用いられる各種ランダムカウンタを説明す
るための説明図である。ランダムカウンタは、以下に示
す16種類が代表例として挙げられる。それぞれのラン
ダムカウンタは、前述した基本回路24によりカウント
動作される。
【0055】ここで、前述の基本回路24に設けられた
CPU30は、定期的(0.002秒毎)に定期リセッ
ト回路20からリセット信号が入力され、プログラムを
先頭から実行してその最後まで実行したアドレスでリセ
ット待ち状態となっており、前記リセット信号が入力さ
れることにより再度プログラムを先頭から実行しなおす
ことを繰返し、リセット信号の入力毎にプログラムを先
頭から最後まで実行することを繰返すことにより、パチ
ンコ遊技機の遊技状態を制御できるように構成されてい
る。
【0056】C RNDは、大当り状態(特定遊技状
態)を発生させるか否かを事前に決定するために用いら
れ、「0」からカウントアップしてその上限である「2
39」までカウントアップし、再度「0」からカウント
アップしなおすように構成されている。
【0057】C RND Lは、特別図柄用可変表示装
置60の左特別図柄可変表示部の停止時に表示される左
特別図柄を事前に決定するために用いられる。このC
RND Lは「0」からカウントアップしてその上限で
ある「14」までカウントアップした後、再度「0」か
らカウントアップし直されるものである。
【0058】C RND Cは、特別図柄用可変表示装
置60の中特別図柄可変表示部の停止時に表示される中
特別図柄を事前に決定するために用いられる。このC
RND Cは,「0」からカウントアップしてその上限
である「14」までカウントアップし、その後再度
「0」からカウントアップし直されるものである。
【0059】C RND Rは、特別図柄用可変表示装
置60の右特別図柄可変表示部の停止時に表示される右
特別図柄を事前に決定するために用いられる。このC
RND Rは,「0」からカウントアップしてその上限
である「14」までカウントアップし、再度「0」から
カウントアップし直すように構成されている。
【0060】C RND R1は、飾り図柄用可変表示
装置1においてリーチ表示をするか否かを決定するため
のものであり、「0」からカウントアップしてその上限
である「15」までカウントアップした後、再度「0」
からカウントアップし直されるものである。
【0061】C RND R2は、リーチ表示の種類を
決定するために用いられるものである。このリーチ表示
の種類は、複数種類予め用意されており、その中からC
RND R2の値によりリーチ表示の種類が選択され
る。このC RND R2は、「0」からカウントアッ
プしてその上限である「25」までカウントアップした
後、再度「0」からカウントアップし直されるものであ
る。
【0062】C RND LINEは、飾り図柄用可変
表示装置1の当り図柄を決定するために用いられるもの
である。このC RND LINEは、「0」からカウ
ントアップしてのその上限である「85」までカウント
アップした後、再度「0」からカウントアップし直され
るものである。
【0063】C RND ZU1〜ZU9は、飾り図柄
用可変表示装置1の外れ図柄を決定するために用いられ
るものである。具体的には、C RND ZU1〜ZU
9は、画像表示装置2に表示される飾り図柄表示部2a
〜2iにそれぞれ対応し、対応する飾り図柄表示部の外
れ図柄の決定に用いられる。C RND ZU1〜ZU
6の6個の外れ図柄決定用のカウンタの各々は、「0」
からカウントアップしてその上限である「8」までカウ
ントアップした後、再度「0」からカウントアップし直
されるものである。C RND ZU7〜ZU9の3つ
の外れ図柄決定用のカウンタの各々は、「0」からカウ
ントアップしてその上限である「20」までカウントア
ップした後、再度「0」からカウントアップし直される
ものである。
【0064】以上に説明した各種のランダムカウンタに
は、ランダムカウンタ毎にカウントの加算更新タイミン
グが定められている。これにより、各ランダムカウンタ
は、独立的に加算更新される。
【0065】次に、ランダムカウンタの値により大当り
を発生させるか否かを事前に決定するための手順を説明
する。図8は、ランダムカウンタの値により大当りを発
生させるか否かを事前に決定するための手順を示すフロ
ーチャートである。
【0066】パチンコ玉が始動入賞口4に入賞して始動
入賞玉検出スイッチ4aにより検出されれば、その時点
におけるC RNDの値を抽出し、その値が「4」のと
きに大当りを発生させることが事前決定される。その場
合における特別図柄用可変表示装置60および飾り図柄
用可変表示装置1のそれぞれの大当り図柄は、次のよう
に決定される。特別図柄用可変表示装置60では、C
RND Lの抽出値により、大当りとなる図柄が決定さ
れる。飾り図柄用可変表示装置1においては、C RN
D LINEの抽出値により、大当りとなる図柄が決定
される。
【0067】一方、C RNDの抽出値が「4」以外の
ときには、外れが事前決定される。その場合における特
別図柄用可変表示装置60および飾り図柄用可変表示装
置1のそれぞれの外れ図柄(外れ予定停止図柄)は、次
のように決定される。特別図柄用可変表示装置60で
は、C RND Lの抽出値により左特別図柄の予定停
止図柄が決定され、C RND Cの値により中特別図
柄の予定停止図柄が決定され、C RND Rの値によ
り右特別図柄の予定停止図柄が決定される。なお、左,
中,右の3つの特別図柄の予定停止図柄を決定した際
に、その決定内容がたとえばぞろ目となり大当りを発生
させるための図柄の組合せが偶然一致した場合には、C
RND Cの抽出値に「1」を加算して強制的に外れ
の図柄となるように制御する。
【0068】また、遊技状態が後述する高確率状態(特
別遊技状態)のときには、C RNDの抽出値が、4,
6,8,12,14のときに大当りを発生させることが
事前決定され、それ以外のときに外れが事前決定され
る。
【0069】ここで、高確率状態について説明する。高
確率状態とは、大当りが発生する確率が向上した状態で
あり、この高確率状態においては、以下のような制御が
行なわれる。大当り状態の発生時における特別図柄可変
表示装置60および飾り図柄用可変表示装置1の各々の
表示結果が予め定められた特別の識別情報の組合せとな
っていた場合に、以降の大当りが発生する確率が向上す
る高確率状態に制御される。そして、この高確率状態中
においては、特別図柄用可変表示装置60および飾り図
柄用可変表示装置1の各々により表示される大当りとな
るように予め定められた特定の識別情報の組合せ(特定
の表示態様)の表示される確率が向上するのであり、そ
れらの可変表示装置により特定の識別情報の組合せが表
示された場合には、再度大当り制御が開始される。この
ような高確率状態は、確率向上状態または確率変動状態
とも呼ばれる。
【0070】さらに、このパチンコ遊技機においては、
特別遊技状態である高確率状態に制御された場合におい
て、特別図柄用可変表示装置60および飾り図柄用可変
表示装置1のそれぞれの可変表示期間を短縮する変動時
間短縮制御が行なわれる。この変動時間短縮制御が実行
されると、特別図柄用可変表示装置60および飾り図柄
用可変表示装置1のそれぞれの可変表示結果が早期に得
られるため、可変表示に関与しない無駄な入賞を減らす
ことが可能になるとともに、早期に大当り(特定遊技状
態)を発生させることが可能になる。
【0071】飾り図柄用可変表示装置1では、C RN
D ZU1〜ZU9の抽出値により飾り図柄表示部2a
〜2iのそれぞれの飾り図柄の予定停止図柄が決定され
る。なお、飾り図柄表示部2a〜2iの9つの予定停止
図柄を決定した際に、その決定内容がたとえばぞろ目と
なり大当りを発生させるための図柄の組合せが偶然発生
した場合には、たとえば、C RND ZU9(飾り図
柄表示部2iに対応)の抽出値に「1」を加算して強制
的に外れの図柄となるように制御する等、そのような図
柄を決定する一部のランダムカウンタの抽出値に「1」
を加算して強制的に外れの図柄とする。
【0072】次に、リーチ表示を行なうか否かの決定方
法について説明する。C RNDR1の抽出値が「0」
である場合には、リーチ表示を行なうことが決定され
る。一方、C RND R1の抽出値が「1」〜「1
5」である場合には、リーチ表示を行なわない通常表示
を行なうことが決定される。なお、C RNDの値に基
づいて大当りが事前決定された場合には、C RND
R1の値によらず、リーチ表示を行なうことが強制的に
決定される。
【0073】つぎに、C RND R2の抽出値と、決
定されるリーチの種類との関係について説明する。C
RND R2の抽出値に基づくリーチの種類の決定は、
以下に示すリーチ種類決定テーブルを用いて行なわれ
る。
【0074】図9は、リーチ種類決定テーブルの内容を
示す説明図である。この図9に示されるリーチ種類決定
テーブルにおいては、遊技状態ごとにC RND R2
の抽出値と、実行するリーチの種類との関係が予め定め
られている。詳しくは次のとおりである。遊技状態は、
外れ時および大当り時の2種類に分類されている。
【0075】外れ時の場合は、C RND R2の抽出
値と、リーチの種類との関係が以下のように定められて
いる。抽出値が「0」〜「19」である場合にはノーマ
ルリーチの実行が決定される。抽出値が「20」〜「2
2」である場合には、スーパーリーチ1の実行が決定さ
れる。抽出値が「23」,「24」である場合には、ス
ーパーリーチ2の実行が決定される。抽出値が「25」
である場合には、スーパーリーチ3の実行が決定され
る。
【0076】大当り時の場合は、C RND R2の抽
出値と、リーチの種類との関係が以下のように定められ
ている。抽出値が「0」〜「7」である場合には、ノー
マルリーチの実行が決定される。抽出値が「8」〜「1
3」である場合には、スーパーリーチ1の実行が決定さ
れる。抽出値が「14」〜「19」である場合には、ス
ーパーリーチ2の実行が決定される。抽出値が「20」
〜「25」である場合には、スーパーリーチ3の実行が
決定される。これらのノーマルリーチおよびスーパーリ
ーチ1〜3は、飾り図柄用可変表示装置1に表示される
リーチの種類である。
【0077】ここで、ノーマルリーチとは、比較的出現
頻度が高くその代わりに大当りとなる割合が低い通常の
リーチ状態をいう。また、スーパーリーチとは、リーチ
表示後の停止図柄が大当りになる割合が高く設定されて
いるリーチをいう。すなわち、飾り図柄用可変表示装置
1においてスーパーリーチが表示されると、その後の停
止図柄が大当り図柄の組合せになる割合がノーマルリー
チの場合よりも高いのである。このパチンコ遊技機の場
合には、スーパーリーチ1、スーパーリーチ2およびス
ーパーリーチ3の3種類のスーパーリーチが用意されて
いる。これらのスーパーリーチは、たとえば、リーチ表
示時の表示画像が異なるものである。また、各スーパー
リーチの表示画像は、ノーマルリーチの表示画像と異な
る。
【0078】このように、この遊技機においては、たと
えば、スーパーリーチ1〜スーパーリーチ3の3種類の
スーパーリーチを表示することが可能である。したがっ
て、遊技者は、飾り図柄用可変表示装置1にスーパーリ
ーチが表示されると、大当りの発生に対する期待感が高
くなる。このため、スーパーリーチを表示可能にするこ
とにより、遊技者の興趣を向上させることができる。
【0079】図10および図11は、飾り図柄用可変表
示装置1における時間の変化に伴う各飾り図柄表示部2
a〜2iの制御の状態を示すタイミングチャートであ
る。
【0080】パチンコ玉が始動入賞口4に入賞して始動
入賞玉検出スイッチ4aにより検出されれば、図10の
左上に示すように、その検出パルスがONとなって基本
回路24に入力される。その検出パルスの立上がりのタ
イミングに従って、基本回路は、C RNDの値の抽出
および格納を行なうとともに、C RND ZU1〜Z
U9の値の抽出を行なう。これらのC RND ZU1
〜ZU9のカウント値が、図2に示したソフト上のシン
ボルに相当し、カウント値がそのままソフト上のシンボ
ルとなり、そのソフト上のシンボルに相当する図柄が該
当する飾り図柄表示部2a〜2iで停止表示されるよう
に制御される。
【0081】次に、始動入賞玉検出スイッチ4aの検出
パルスの立下がりのタイミング(立上がり時点より0.
002秒後)で、既に格納されているC RNDの値の
読出しが行なわれるとともに、この読出された値が予め
定められた大当りに該当する値「4」であるか否かの判
定が行なわれる。さらに、そのタイミングにおいては、
C RND R1,R2の抽出も行なわれる。さらに、
C RNDの抽出値に基づく大当りの判定において、大
当りを発生させることが決定された場合には、C RN
D LINEの値の抽出動作が行なわれる。
【0082】次に、始動入賞玉検出スイッチ4aの検出
パルスの立上がりから0.004〜0.022秒の後
に、C RND L,C,Rのそれぞれの値の抽出動作
が行なわれ、それと同時に、特別図柄用可変表示装置6
0および飾り図柄用可変表示装置1のそれぞれにおいて
すべての図柄が一斉に変動を開始する。
【0083】特別図柄用可変表示装置60に関しては、
左特別図柄可変表示部、右特別図柄可変表示部、中特別
図柄可変表示部の順に可変表示を停止させる制御が行な
われる。その場合の停止図柄は、次のように決定され
る。C RNDの抽出値の判定により大当りを発生させ
ることが決定された場合には、C RND C,Rの値
が、C RND Lの抽出値に揃えられる。これによ
り、大当り時の予定停止図柄が決定される。一方、C
RNDの抽出値の判定により外れにすることが決定され
た場合には、C RND L,C,Rのそれぞれの抽出
値に基づいて、左,中,右特別図柄可変表示部のそれぞ
れの予定停止図柄が決定される。ここでは、特別図柄用
可変表示装置60の制御タイミングの図示は省略し、主
に、飾り図柄用可変表示装置1の制御タイミングの説明
を行なう。
【0084】図10には、リーチ状態が発生しない通常
状態における飾り図柄用可変表示装置1の制御タイミン
グが示されており、図11には、リーチ状態が発生する
場合の制御タイミングが示されている。
【0085】図10に示されるリーチ状態が発生しない
通常状態の場合には、飾り図柄表示部2a,2bが、可
変表示開始後4.400秒(6600ドット変動するの
に要する時間)変動した後、C RND ZU1,2あ
るいはC RND LINEの抽出値に従って事前決定
された図柄(以下予定停止図柄という)の512ドット
手前の図柄データがセットされてそのセットされた図柄
データを表示する制御が行なわれる。
【0086】そして、図10に示すように、0.700
秒(512ドット変動するのに要する時間)だけ飾り図
柄表示部2a,2bの変動を続行させた後、その飾り図
柄表示部2a,2bを停止させる。その結果、前述した
予定停止図柄まで変動した状態で飾り図柄表示部2a,
2bが停止することとなり、飾り図柄表示部2a,2b
により予定停止図柄が停止表示されることとなる。
【0087】このように、飾り図柄表示部2a,2bの
可変表示が停止間近になった時点で予定停止図柄の少し
手前の図柄を表示する図柄切換表示制御が行なわれる。
【0088】飾り図柄表示部2c〜2fの場合にも、可
変開始してから5.100秒(7650ドット分変動す
るのに要する時間)変動した後、前述した表示図柄切換
制御が行なわれ、その後0.700秒可変表示が続行さ
れて停止される。飾り図柄表示部2e,2hも同様に、
5.800秒(8700ドット分変動するのに要する時
間)可変表示された後、前述した表示図柄切換制御が行
なわれる。飾り図柄表示部2iの場合も、6.500秒
(9750ドット分変動するのに要する時間)可変表示
された後、前述した表示図柄切換制御が行なわれる。
【0089】このように、表示図柄切換制御を行なう理
由は、各飾り図柄表示部が可変開始されてからそれぞれ
に定められた一定時間が経過した段階で停止されるので
あるが、実際に停止する予定停止図柄は順次カウンタ
(C RND ZU1〜ZU9)の抽出値次第でランダ
ムに決定されるために、図柄切換表示制御を行なわない
場合にはその決定された予定停止図柄のところまで可変
表示させた後停止させざるを得ず、その予定停止図柄の
ところまで可変表示させるのに要する時間がランダムと
なり、可変開始してから実際に停止するまでの可変表示
時間がランダムとなってしまうのであり、そのような可
変表示時間の不規則性を排除するために、途中で表示図
柄切換制御を行なうのである。
【0090】図11は、飾り図柄表示部2iの停止時の
表示図柄次第では大当りが発生するというリーチ状態が
生ずる場合の動作を示したタイミングチャートである。
飾り図柄表示部2a〜2hについては、図10で説明し
た制御動作と同様である。そして、飾り図柄表示部2i
については、可変開始されてから6.500秒(975
0ドット分変動するのに要する時間)可変表示した後、
図柄切換表示制御が行なわれる。この表示図柄切換制御
は、ソフト上のシンボル00の図柄すなわち図2に従え
ば「7」の図柄データがセットされてその図柄が表示さ
れる。
【0091】その後、飾り図柄表示部2iの可変表示速
度が徐々に遅くなって遊技者がはっきり視認できる程度
の速度となり、そのゆっくりとした可変表示を比較的長
い時間続行させた後、C RND ZU9の抽出値に応
じた図柄あるいは当りの場合には「7」やフルーツ図柄
が可変表示された瞬間停止制御する。この表示図柄切換
制御が行なわれてから実際に可変表示が停止するまでの
時間は、予定停止図柄の種類次第で異なるのであり、
7.958〜11.334秒(2272〜3088ドッ
ト分変動する時間)となる。
【0092】このように、表示図柄切換制御が行なわれ
てから実際に可変表示が停止するまでの時間は、予定停
止図柄の種類次第で異なるため、飾り図柄用可変表示装
置1においては、次のようなリーチ状態も生じる。すな
わち、通常状態では同時に可変停止する2つの飾り図柄
表示部2g,2hのうちの一方の飾り図柄表示部の停止
図柄次第では大当りが発生するというリーチ状態が生じ
る。その他に、2つの飾り図柄表示部(2gまたは2h
のうち少なくとも一方と、2iと)の停止時の表示図柄
次第では大当りが発生するという2箇所でリーチ状態が
発生するいわゆるダブルリーチも生じる。なお、ここで
はこれらの詳細な説明は省略する。
【0093】ここで説明した飾り図柄表示部2iの停止
制御は、ノーマルリーチの場合の制御内容である。これ
に対し、スーパーリーチ1〜スーパーリーチ3が表示さ
れる場合には、表示内容がノーマルリーチの場合とは異
なる。以下に、スーパーリーチ1〜3が表示される場合
の飾り図柄表示部2iの停止制御について説明する。
【0094】スーパーリーチ1〜スーパーリーチ3を表
示することは、C RND R2の抽出値を判定するこ
とにより決定される。これらのスーパーリーチの表示が
行なわれる場合には、図11に示される飾り図柄表示部
2iの停止制御時において、次のような制御が行なわれ
る。
【0095】まず、飾り図柄表示部2iの可変表示速度
を徐々に遅くして、遊技者がはっきり認識できる程度の
速度にし、そのゆっくりとした可変表示を所定時間続行
させ、その可変表示を一旦停止させた後またはその可変
表示継続中において、後述するキャラクタ画像を飾り図
柄表示部2a〜2iに重ねて登場させる。そして、その
キャラクタ画像に所定の動作を行なわせ、そのキャラク
タ画像の動作に応じて、飾り図柄表示部2iをスクロー
ル表示以外の変化態様で再び可変表示させる。そのスク
ロール表示以外の変化態様には、後述するような飾り図
柄の縦軸回転表示および飾り図柄のめくり表示が含まれ
る。スーパーリーチの表示時に動作するキャラクタ画像
の動作内容は、スーパーリーチの種類ごとに異なる。
【0096】そのようなスーパーリーチの表示が行なわ
れる場合、その表示が行なわれる前の段階で、キャラク
タ画像を用いたスーパーリーチ表示予告が行なわれる。
飾り図柄表示部2iは、スクロール表示以外の変化態様
での可変表示が所定時間行なわれた後、停止制御され
る。スーパーリーチ1〜スーパーリーチ3は、それらの
表示後の停止図柄が大当りになる割合がノーマルリーチ
の場合よりも高く設定されているものであるため、これ
らのスーパーリーチの表示が行なわれると、遊技者は、
ノーマルリーチに比較して、大当りの発生に対する期待
感が高まる。したがって、このようにスーパーリーチを
表示することにより、遊技者の興趣を向上させることが
できる。
【0097】次に、スーパーリーチを含むリーチ表示を
行なうために実行されるリーチ表示処理の内容を説明す
る。このリーチ表示処理は、図6に示した基本回路24
のCPU30が実行する制御用プログラムのメインルー
チンの実行に付随して実行される。
【0098】図12は、リーチ表示処理の制御動作を示
すフローチャートである。図12を参照して、ステップ
S(以下単にSという)1により、始動入賞に応じて抽
出されたC RNDの値により決定された当り外れの結
果(大当りまたは大当り以外)が参照され、S2によ
り、その参照結果が大当りであるか否かの判断がなされ
る。
【0099】S2で大当りであると判断された場合は、
S3に進み、大当りフラグがセットされ、その後、後述
するS5に進む。ここで、大当りフラグとは、大当りを
発生させることが事前決定された場合にセットされるフ
ラグであり、S3においてセットされ、その後大当り状
態が終了すると別のルーチンでクリアされる。
【0100】一方、S2により、大当りではないと判断
された場合には、S4に進み、リーチ表示がなされるか
否かの判断がなされる。この判断は、C RND R1
の値に基づいて行なわれる。S4でリーチ表示がなされ
ないと判断された場合にはこのルーチンが終了する。一
方、S4でリーチ表示が行なわれると判断された場合
は、S5に進む。なお、S2で、大当りであると判断さ
れた場合には、強制的にリーチ表示が実行されるため、
このようなリーチ表示をするか否かの判断は行なわれな
い。
【0101】S5では、リーチ種類決定用の乱数である
C RND R2が参照される。次に、S6に進み、S
5で参照したC RND R2の値に基づき図9に示さ
れたリーチ種類決定テーブルを用いて、飾り図柄用可変
表示装置1の画像表示装置2に表示するリーチの種類を
決定する処理がなされる。
【0102】次に、S7に進み、決定されたリーチの種
類がスーパーリーチ(スーパーリーチ1〜スーパーリー
チ3)であるか否かの判断がなされる。S7でリーチの
種類がスーパーリーチではないと判断された場合は、S
8に進み、ノーマルリーチに対応する画像を画像表示装
置2に表示する処理が行なわれる。
【0103】一方、S7でリーチの種類がスーパーリー
チであると判断された場合は、S9に進み、決定された
スーパーリーチの種類に対して、動作するキャラクタを
表示する処理がなされる。これにより、画像表示装置2
にキャラクタ画像が表示され、そのキャラクタ画像が、
その後に発生するスーパーリーチの種類に応じた動作を
行なう。ここで、スーパーリーチの種類(スーパーリー
チ1〜3)のそれぞれに対応して、キャラクタ画像の動
作が定められている。その動作は、スーパーリーチ毎に
異なる。このような動作を表示するための画像データ
は、ROM35に記憶されており、その画像データに基
づいて、動作するキャラクタ画像が表示される。このよ
うなキャラクタ画像の動作により、その後にその動作に
応じた種類のスーパーリーチが表示されることが予告さ
れる。
【0104】次に、S10に進み、決定された種類のス
ーパーリーチの画像を表示する処理がなされる。その
後、この処理が終了する。
【0105】次に、図12に示されたリーチ表示処理が
実行されることにより得られる効果を説明する。
【0106】スーパーリーチの表示を行なうことが事前
決定された場合に、キャラクタ画像が表示され、そのキ
ャラクタ画像が、その後に表示されるスーパーリーチの
種類に対応する動作をする。すなわち、このキャラクタ
画像の動作によりスーパーリーチの発生の予告報知が行
なわれる。そして、そのようなキャラクタ画像の動作を
見た遊技者は、スーパーリーチが発生することを認識
し、期待感が高まる。
【0107】その後、キャラクタ画像の動作に応じて、
飾り図柄の可変表示の変化態様がスクロール表示からス
クロール表示以外の変化態様にされることにより、スー
パーリーチ表示がなされる。
【0108】このように、キャラクタ画像の動作により
スーパーリーチの発生に関する予告報知がなされるた
め、特別のリーチ状態の発生前から遊技者の期待感を高
めることができる。したがって、スーパーリーチの面白
さを十分に演出し、遊技者の期待感および興趣をより一
層向上させることができる。
【0109】さらに、スーパーリーチは、複数種類予め
設定されており、それらのうちから選択的に実行される
ため、遊技者の面白味(遊技性)を向上させることがで
きる。さらに、複数種類のスーパーリーチのそれぞれに
対応してキャラクタ画像の動作が異なるようにキャラク
タ画像の種類が設定されているため、キャラクタ画像に
よる予告報知の態様を変化に富んだものにすることがで
きる。
【0110】このようなスーパーリーチの表示が行なわ
れる場合には、それまでにスクロール表示の変化態様に
より可変表示されていた飾り図柄が、キャラクタ画像の
動作に応じてスクロール表示以外の変化態様に切換えら
れる表示制御が行なわれる。その表示制御は、以下に説
明する可変表示切換処理により実行される。
【0111】図13は、可変表示切換処理の処理手順を
示すフローチャートである。この処理は、図12に示さ
れるリーチ表示処理に関連して実行される。まず、ステ
ップS(以下単にSという)11により、リーチ表示を
行なうタイミングであるか否かの判断がなされる。S1
1で、リーチ表示をするタイミングではないと判断され
た場合には、この処理が終了する。一方、S11で、リ
ーチ表示をするタイミングであると判断された場合に
は、S12に進み、スーパーリーチを表示するタイミン
グであるか否かの判断がなされる。S12で、スーパー
リーチを表示するタイミングではないと判断された場合
には、この処理が終了する。一方、S12で、スーパー
リーチを表示するタイミングであると判断された場合に
は、S13に進む。
【0112】S13では、スーパーリーチ時に表示する
キャラクタ画像を表示中であるか否かの判断がなされ
る。S13で、キャラクタ画像の表示中であると判断さ
れた場合には、後述するS15に進む。一方、S13
で、キャラクタ画像の表示中ではないと判断された場合
には、S14に進み、スーパーリーチ用のキャラクタ画
像を飾り図柄用可変表示装置1の画像表示装置2に表示
する処理がなされる。その後、S15に進む。
【0113】S15では、画像表示装置2に表示された
キャラクタ画像が後述するような所定の動作を実行した
か否かの判断がなされる。S15で、キャラクタ画像が
所定の動作をしていないと判断された場合には、この処
理が終了する。一方、S15で、キャラクタ画像が所定
の動作を実行したと判断された場合には、S16に進
み、可変表示の変化態様を切換える処理がなされる。具
体的には、それまでにスクロール表示により可変表示さ
れていた飾り図柄の可変表示態様を、スクロール表示以
外の可変表示態様(変化態様)に切換える。その具体例
については後述する図14〜図16において説明する。
S16の後、この処理が終了する。
【0114】このように、スーパーリーチの表示が行な
われる場合には、キャラクタ画像が表示され、それまで
にスクロール表示により可変表示されていた飾り図柄
が、キャラクタ画像の動作に応じて、スクロール表示以
外の変化態様に切換えられるため、可変表示内容を変化
に富んだものにすることができ、遊技の面白味(遊技
性)を向上させることができる。その結果として、遊技
者の興趣を向上させることができる。
【0115】次に、スーパーリーチ時に画像表示装置2
に表示される画像の具体例を説明する。スーパーリーチ
時には、キャラクタ画像が飾り図柄用可変表示装置1の
画像表示装置2に表示され、そのキャラクタ画像が動作
する表示が行なわれる。そして、そのキャラクタ画像の
動作の態様に応じて、スクロール表示されている飾り図
柄表示部2a〜2iの飾り図柄の表示態様が、スクロー
ル表示以外の表示態様に切換えられる。その具体例を以
下に3種類説明する。ここで、スーパーリーチ時には、
9つの飾り図柄表示部のうち、たとえば、最後に飾り図
柄表示部2iが可変表示を停止する。
【0116】図14は、キャラクタ画像の動作の態様に
応じて飾り図柄の可変表示態様を切換える第1の表示例
を示す図である。
【0117】飾り図柄用可変表示装置1の画像表示装置
2の表示画像がリーチ状態になると、たとえば人形状の
キャラクタ81が画像表示装置2の画面上の左下位置に
登場する。この状態において、飾り図柄表示部2iはス
クロール表示を行なっている。
【0118】そして、そのキャラクタ81が、画面上の
右方向へ移動して一旦停止し、画面の上方向へジャンプ
する。そして、そのキャラクタ81が、飾り図柄表示部
2iの右側に位置し、手の部分で飾り図柄表示部2iの
飾り図柄を順次めくっていく動作をする。
【0119】これにより飾り図柄表示部2iの飾り図柄
がめくられていき、新たな図柄の飾り図柄が飾り図柄表
示部2iに順次現われる。このようにして、飾り図柄の
可変表示が行なわれる。キャラクタ81によりめくられ
た飾り図柄(破線で図示)は、画面上の左斜め上方へ順
次飛ばされて消滅する。
【0120】このように、キャラクタ81が前述の所定
の動作を行なうことに応じて、飾りの可変表示態様が、
スクロール表示からスクロール表示以外のめくり表示の
可変表示態様に切換えられる。
【0121】このような表示状態が、1つの種類のスー
パーリーチである。この場合、キャラクタ81が登場し
てからジャンプをした後、スーパーリーチの表示である
めくり表示が行なわれる。したがって、このキャラクタ
81が登場してからジャンプをするまでの間の動作がス
ーパーリーチの発生を予告報知するための動作である。
このため、このような予告報知の動作により、遊技者
は、めくり表示が行なわれるスーパーリーチ状態の発生
を前もって認識することができる。したがって、そのよ
うなキャラクタ81の予告報知動作を見ることにより、
遊技者は、スーパーリーチの発生および大当りの発生に
対する期待感が高まる。
【0122】なお、ここでは、キャラクタ81が登場す
ると、スーパーリーチが必ず発生することを説明した。
しかし、これに限らず、キャラクタ81が登場しても、
そのキャラクタ81がジャンプを行なわないことにより
スーパーリーチが発生しない表示を所定の確率で行なう
ようにしてもよい。そのようにすれば、画像表示装置2
の表示内容をさらに変化に富んだものにすることができ
る。この場合には、キャラクタ81がジャンプする動作
がスーパーリーチの予告報知動作となる。
【0123】図15は、キャラクタ画像の動作の態様に
応じて飾り図柄の可変表示態様を切換える第2の表示例
を示す図である。
【0124】飾り図柄用可変表示装置1の画像表示装置
2の表示画像がリーチ状態になると、たとえば人形状の
キャラクタ81が画像表示装置2の画面上の左中位置に
登場する。この状態において、飾り図柄表示部2iはス
クロール表示を行なっている。
【0125】そして、そのキャラクタ81が、画面上の
右方向へ飛ぶ移動を行なう。その飛んだ際に、キャラク
タ81は、飾り図柄表示部2i上を通過する。そして、
その通過に応答して飾り図柄表示部2iが縦軸回転(破
線で図示)をする。ここで、縦軸回転とは、画面の上下
方向を軸(縦軸)として飾り図柄が回転する表示をい
う。そのような縦軸回転により飾り図柄表示部2iが回
転するごとに、飾り図柄表示部2iに新たな図柄の飾り
図柄が順次現われる。これにより、飾り図柄の可変表示
が行なわれる。
【0126】このように、キャラクタ81が前述の所定
の動作を行なうことに応じて、飾りの可変表示態様が、
スクロール表示からスクロール表示以外の縦軸回転表示
の可変表示態様に切換えられる。
【0127】このような表示状態が1つの種類のスーパ
ーリーチである。この場合、キャラクタ81が登場して
から右方向へ飛んだ後、スーパーリーチ表示である縦軸
回転表示が行なわれる。したがって、このキャラクタ8
1が登場してから右方向へ飛んでいる間の動作がスーパ
ーリーチの予告報知動作である。この場合、キャラクタ
81が登場してから右方向へ飛ぶ予告報知動作により、
遊技者は、縦軸回転表示が行なわれるスーパーリーチ状
態の発生を前もって認識することができる。したがっ
て、そのようなキャラクタ81の予告報知動作を見るこ
とにより、遊技者は、スーパーリーチの発生および大当
りの発生に対する期待感が高まる。
【0128】なお、ここでは、キャラクタ81が登場す
ると、スーパーリーチが必ず発生することを説明した。
しかし、これに限らず、キャラクタ81が登場しても右
方向へ飛ばないことによりスーパーリーチが発生しない
表示を所定の確率で行なうようにしてもよい。そのよう
にすれば、画像表示装置2の表示内容をさらに変化に富
んだものにすることができる。この場合には、キャラク
タ81が右方向へ飛ぶ動作がスーパーリーチの予告報知
動作となる。
【0129】図16は、キャラクタ画像の動作の態様に
応じて飾り図柄の可変表示態様を切換える第3の表示例
を示す図である。
【0130】飾り図柄用可変表示装置1の画像表示装置
2の表示画像がリーチ状態になると、たとえば人形状の
キャラクタ81が画像表示装置2の画面上の左下位置に
登場する。この状態において、飾り図柄表示部2iはス
クロール表示を行なっている。
【0131】そして、そのキャラクタ81が、画面上の
右方向へ移動して一旦停止し、画面の上方向へジャンプ
する。そして、そのキャラクタ81が、飾り図柄表示部
2iの右側に位置し、キャラクタ81の尻の部分で飾り
図柄表示部2iの飾り図柄を順次押すことにより、飾り
図柄表示部2iの飾り図柄を順次めくっていく動作をす
る。これにより飾り図柄表示部2iの飾り図柄がめくら
れていき、新たな図柄の飾り図柄が飾り図柄表示部2i
に順次現われる。このようにして、飾り図柄の可変表示
が行なわれる。キャラクタ81によりめくられた飾り図
柄(破線で図示)は、順次画面上の左方向へ飛ばされて
消滅する。
【0132】このように、キャラクタ81が前述の所定
の動作を行なうことに応じて、飾り図柄の可変表示態様
が、スクロール表示からスクロール表示以外のめくり表
示の可変表示態様に切換えられる。
【0133】このような表示状態が1つの種類のスーパ
ーリーチである。この場合、キャラクタ81が登場して
からジャンプをした後、スーパーリーチ表示であるめく
り表示が行なわれる。したがって、このキャラクタ81
が登場してからジャンプをするまでの動作が、図14の
場合と同様に、スーパーリーチの発生の予告報知動作で
ある。この予告報知動作により、遊技者は、めくり表示
が行なわれるスーパーリーチ状態の発生を前もって認識
することができる。したがって、そのようなキャラクタ
81の予告報知動作を見ることにより、遊技者は、スー
パーリーチの発生および大当りの発生に対する期待感が
高まる。
【0134】なお、ここでは、キャラクタ81が登場す
ると、スーパーリーチが必ず発生することを説明した。
しかし、これに限らず、図14の場合と同様に、キャラ
クタ81が登場してもそのキャラクタ81がジャンプを
行なわないことによりスーパーリーチが発生しない表示
を所定の確率で行なうようにしてもよい。このようにす
れば、画像表示装置2の表示内容をさらに変化に富んだ
ものにすることができる。この場合には、キャラクタ8
1がジャンプする動作が、図14の場合と同様に、スー
パーリーチの予告報知動作となる。
【0135】スーパーリーチ1〜スーパーリーチ3の各
々には、可変表示態様がキャラクタ画像の動作に応じて
切換えられる前述したような表示内容のうちの1種類が
固有の表示内容として予め定められており、スーパーリ
ーチ1〜スーパーリーチ3を表示させることが決定され
た場合には、決定されたスーパーリーチに対応する表示
が行なわれる。たとえば、スーパーリーチ1の表示を行
なうことが決定された場合に図14の表示がなされ、ス
ーパーリーチ2の表示を行なうことが決定された場合に
図15の表示がなされ、スーパーリーチ3の表示を行な
うことが決定された場合に図16の表示がなされるよう
にすればよい。
【0136】このように、このパチンコ遊技機では、飾
り図柄用可変表示装置1の飾り図柄の可変表示中におい
て、飾り図柄の可変表示の変化態様が、キャラクタ画像
の動作に応じてスクロール表示からスクロール表示以外
の可変表示態様に切換えられる。このため、飾り図柄用
可変表示装置1の可変表示の変化態様を変化に富んだも
のにすることができ、遊技としての面白味を向上させる
ことができる。その結果として、このような可変表示を
見る遊技者の興趣を向上させることができる。
【0137】さらに、キャラクタ画像の動作に関連して
飾り図柄の可変表示の変化態様が切換わるので、単に可
変表示の変化態様を切換えるものに比べて面白味が向上
するとともに、切換が行なわれたことを遊技者にわかり
やすく(視認させやすく)することができる。
【0138】また、スクロール表示からの切換え後の可
変表示態様としては、めくり表示および縦軸回転表示等
が代表例として挙げられる。このようなめくり表示およ
び縦軸回転表示は、特殊な可変表示態様であり、表示態
様がスクロール表示と大幅に異なるものであるため、ス
クロール表示からめくり表示または縦軸回転表示への切
換えを行なうことにより、可変表示の表示態様の切換え
前後の可変表示態様の変化を強調することができる。
【0139】また、前述したように、キャラクタ画像の
動作は、図14〜図16に示されたように複数種類用意
され、それらの中からランダムカウンタC RND R
2の値により選択された動作(リーチ動作)が実行され
るようになっている。一方、それらのキャラクタ画像の
各動作に対応して、スクロール表示からの切換え後の飾
り図柄の可変表示態様が予め定められている。このた
め、同じキャラクタ画像が表示される場合でも、キャラ
クタ画像の選択された動作の種類に応じて切換え後の飾
り図柄の可変表示の変化態様が異なるように表示制御が
される。したがって、可変表示の表示態様をさらに変化
に富んだものにすることができる。
【0140】なお、本実施の形態においては、スーパー
リーチの表示が行なわれる場合にのみ、キャラクタ画像
の表示を行なう制御およびそのキャラクタ画像の動作に
応じた可変表示態様の切換えを行なう制御をするように
した。しかし、これに限らず、そのようなキャラクタ画
像の表示制御およびそのキャラクタ画像の動作に応じた
可変表示態様の切換え制御は、スーパーリーチ時以外の
場合に行なってもよい。
【0141】また、本実施の形態のパチンコ遊技機は、
少なくともリーチが確定した後にキャラクタが出現する
ように構成したが、これに限らず、リーチが可変表示上
まだ確定していない段階でキャラクタが出現,動作する
ように構成してもよい。さらに、キャラクタの動作によ
り必ずしも可変表示方法がすべて変化せずに、ある割合
で変化するようにしてもよい。これにより、遊技者にキ
ャラクタの動作により可変表示態様が変化するかしない
かの緊張感を付与でき、興趣が向上できる。
【0142】また、前述した可変表示切換処理において
は、可変表示の変化態様を、スクロール表示からめくり
表示または縦軸回転表示に切換える例を説明したが、そ
れは代表例の1つである。そのような可変表示の切換の
具体例としては、前述した例を含めて以下に示すような
例がある。
【0143】可変表示態様の切換前の表示変化態様に
は、スクロール表示,切換表示,回転表示,変
形表示,めくり表示が含まれる。
【0144】ここで、のスクロール表示とは、前述し
た飾り図柄のスクロール表示に代表される可変表示であ
る。の切換表示とは、識別情報をその場で切換える可
変表示である。また、の回転表示とは、前述した縦軸
回転表示を代表例とし、識別情報の回転に伴う可変表示
である。また、の変形表示とは、モーフィング表示等
の形状変化表示を代表例とし、識別情報をある形状から
他の形状に変形させていき、その変形に伴って可変表示
を行なう表示である。のめくり表示とは、前述した飾
り図柄のめくり表示を代表例とする可変表示である。
【0145】また、可変表示態様の切換後の表示変化態
様(基本的には表示方法自体が変わるもの)には、前述
した切換前の場合と同様に、スクロール表示,切換
表示,回転表示,変形表示,めくり表示が含まれ
る。すなわち、前述のように列挙された切換前の〜
と、切換後の〜とが適宜組合せて用いられる。ただ
し、その場合において、切換前と、切換後との表示種類
が一致する場合(たとえば、切換前がスクロール表示で
あり、かつ、切換後がスクロール表示である場合等)に
は、それらの表示について、たとえば次のように表示方
法を異ならせることにより、変化態様を異ならせるよう
にする。
【0146】両方の表示変化態様がスクロール表示の
場合には、変化態様の切換の前と後とでスクロール方向
を変える。両方の表示変化態様が切換表示の場合に
は、変化態様の切換の前と後とで切換表示の切換方法を
変える。両方の表示変化態様が回転表示の場合には、
変化態様の切換の前と後とで回転方向を変える。両方
の表示変化態様が変形表示の場合には、変化態様の切換
の前と後とで変形方法を変える。両方の表示変化態様
がめくり表示の場合には、変化態様の切換の前と後とで
めくり方向を変える。
【0147】また、前述した実施の形態においては、飾
り図柄用可変表示装置1に含まれる画像表示装置2を飾
り図柄の表示のために用いた。しかし、これに限らず、
画像表示装置2は、特別図柄を表示するために用いても
よい。その場合には、7セグメントLEDよりなる特別
図柄用可変表示装置60を用いずに、画像表示装置2を
含む飾り図柄用可変表示装置1を特別図柄用の可変表示
装置として用いる。
【0148】また、キャラクタ画像(キャラクタ81)
が出現した場合において、識別情報(飾り図柄)の可変
表示の表示変化態様を切換える制御は、必ずしも行なわ
ないようにしてもよい。すなわち、キャラクタ画像が出
現した場合に識別情報の可変表示の表示変化態様を切換
える制御に加えて、キャラクタ画像が出現しても、識別
情報の表示変化態様が切換わらないようにする制御を所
定条件下で行なうようにしてもよい。
【0149】その具体例は、次のとおりである。リーチ
状態が発生した場合に、表示においてキャラクタ画像が
出現する。そして、識別情報の表示変化態様が切換えら
れるスーパーリーチを発生させる場合にはキャラクタ画
像を動作させ、一方、スーパーリーチを発生させず、た
とえば外れにする場合には、キャラクタ画像の動作を停
止させるか、または、キャラクタ画像に予め定められた
他の動作(スーパーリーチ発生前の動作以外の動作)を
させる。このようにすれば、スーパーリーチの出現率
と、スーパーリーチの出現時の大当り発展率(スーパー
リーチから大当りへ発展する確率)とをともに低下させ
ることなく、キャラクタ画像の出現頻度を増加させるこ
とができる。その結果として、ゲーム性が向上する。
【0150】次に、パチンコ遊技機が高確率状態に制御
された場合において、特別図柄用可変表示装置60およ
び飾り図柄用可変表示装置1のそれぞれの可変表示を停
止させる制御である高確率時可変停止制御について説明
する。この高確率時可変停止制御は、図6に示した基本
回路24のCPU30が実行する制御用プログラムのメ
インルーチンの実行に付随して実行される。
【0151】図17は、高確率時可変停止制御の制御動
作を示すフローチャートである。図17を参照して、ス
テップS(以下単にSという)21により、現在が高確
率状態であるか否かの判断がなされる。S21で、高確
率状態ではないと判断された場合は、この制御の処理が
終了する。一方、S21で、高確率状態であると判断さ
れた場合は、S22に進み、現在が、リーチ状態である
か否かの判断がなされる。
【0152】S22により、リーチ状態でないと判断と
された場合、すなわち、高確率状態においてリーチ状態
が発生していない場合には、S23に進み、第1の停止
処理が実行される。この第1の停止処理においては、特
別図柄用可変表示装置60および飾り図柄用可変表示装
置1の可変表示期間を短縮する処理が行なわれる。すな
わち、この第1の停止処理が実行されることにより、変
動時間短縮制御が行なわれる。このS23の後、この制
御の処理が終了する。一方、S22で、リーチ状態であ
ると判断された場合、すなわち、高確率状態においてリ
ーチ状態が発生した場合には、S24に進み、第2の停
止処理を実行する処理がなされる。この第2の停止処理
においては、特別図柄用可変表示装置60および飾り図
柄用可変表示装置1のそれぞれの可変表示期間を短縮す
るとともに、これらの可変表示装置において、リーチ状
態が発生した後の表示結果の導出表示に至るまでの可変
表示期間を、リーチ状態が発生しなかった場合のその後
の表示結果の導出表示に至るまでの可変表示期間よりも
長くする制御が行なわれる。すなわち、この第2の停止
処理により、リーチ状態の発生が表示において確定した
後の可変表示期間が、リーチ状態が発生しないことが表
示において確定したその後の第1の停止処理による可変
表示期間よりも長くされる。
【0153】次に、図17に示した高確率時可変停止制
御により行なわれる高確率状態での飾り図柄用可変表示
装置1における各飾り図柄表示部2a〜2iの制御の状
態について説明する。図18は、高確率時可変停止制御
による高確率状態での飾り図柄用可変表示装置1におけ
る時間の変化に伴う各飾り図柄表示部2a〜2iの制御
の状態を示すタイミングチャートである。
【0154】パチンコ玉が始動入賞口4に入賞して始動
入賞玉検出スイッチ4aによりその検出パルスがONと
なってから飾り図柄表示部2a〜2iが変動を開始する
までの動作は、図10および図11に示した動作と同じ
であり、その後の動作が異なる。以下に、高確率状態時
における飾り図柄表示部2a〜2iの表示制御をリーチ
状態が発生しなかった場合と、リーチ状態が発生した場
合とに分けて説明する。
【0155】リーチ状態が発生しなかった場合の飾り図
柄表示部2a〜2iの可変表示動作は、図10に示され
た可変表示動作と比べて、飾り図柄2a〜2iが変動を
開始してから表示図柄切換制御が行なわれるまでの期間
が、それぞれ0.5秒短縮される。一方、リーチ状態が
発生した場合の飾り図柄表示部2a〜2iの動作は、基
本的に、飾り図柄表示部2iの動作を除いて、リーチ状
態が発生しなかった場合と同じである。すなわち、リー
チ状態が発生した場合の飾り図柄表示部2iの動作は、
変動を開始してから6.000秒まではリーチ状態が発
生しなかった場合の動作と同じであり、その後は、リー
チ状態が発生しなかった場合の表示図柄切換制御の時間
(0.700秒)よりも長い3.000秒の時間におい
て表示図柄切換制御が行なわれる。
【0156】また、前述したように、飾り図柄用可変表
示装置1は、特別図柄用可変表示装置60と連動した可
変表示を行なうものであるため、高確率状態時には、特
別図柄用可変表示装置60においても、図18に示され
たタイミングと同期して、可変表示の開始、リーチ表示
および可変表示の停止等の制御が実行される。
【0157】このように、高確率状態においては、変動
時間短縮制御が行なわれるため、始動入賞記憶の消化が
通常時(高確率状態時以外時)よりも早くなる。これに
より、高確率状態時において、可変表示に関与しない無
駄な始動入賞を減少させることができる。さらに、高確
率状態時においては、早期に大当りを発生させることが
できる。すなわち、高確率状態においては、大当りが発
生する確率が通常時よりも高く設定されており、さら
に、変動時間短縮制御が行なわれることにより早いタイ
ミングで表示結果が得られるため、通常時よりも早期に
大当りを発生させることができるのである。
【0158】さらに、高確率状態においては、高確率時
可変停止制御により、リーチ状態が発生した場合のその
後の可変表示期間を、リーチ状態が発生しなかった場合
のその後の可変表示期間よりも長くする制御が行なわれ
る。このため、高確率状態時におけるリーチ状態が発生
した場合には、その後の可変表示が、遊技者の期待感を
高めるに足り得る時間行なわれる。したがって、このパ
チンコ遊技機においては、変動時間短縮制御が実行され
る高確率状態時のリーチ状態において、遊技者の期待感
を高めることができる。その結果として、このパチンコ
遊技機では、可変表示の面白味を損なわないようにする
ことができる。
【0159】このような種々の効果が得られることによ
り、このパチンコ遊技機においては、高確率状態におい
て、大当りを早期に発生させることができ、かつ、可変
表示の面白味を損なわないようにすることができる。
【0160】次に、高確率状態時において、リーチ状態
が発生した場合のその後の停止表示に至るまでのその他
の表示の種類の例を説明する。
【0161】前述した図17の高確率時可変停止制御に
おいては、リーチ状態が発生した場合に実行される第2
の処理(S24)として、リーチ状態の表示がなされて
から可変表示が停止するまでの時間を長くする制御を行
なった。このような時間の制御は、単なる一例である。
第2の処理(S24)としては、表示時間の制御に加え
て、または、表示時間の制御に代えて、以下に説明する
ような再可変表示、滑り表示、または、戻り表示等のそ
の他の表示制御を行なってもよい。
【0162】図19は、高確率状態時のリーチ状態にお
いて表示される再可変表示の表示の変化態様を示す説明
図である。この図19においては、図中の上段から下段
の方向へ向かう白抜矢符により時間経過が示されてい
る。
【0163】まず、図19の上から1段目の画像表示装
置2の図の部分を参照して、画像表示装置2において、
飾り図柄表示部2a〜2gが先に停止しており、飾り図
柄表示部2aがスクロール表示を継続している。この時
点では、飾り図柄表示部2dと、飾り図柄表示部2eと
がともに「7」になっており、リーチ状態が発生してい
る。次に、上から第2段目の画像表示装置2の図の部分
を参照して、時間経過により飾り図柄表示部2iがフル
ーツ図柄で停止し、外れの停止図柄となっている。次
に、上から3段目の画像表示装置2の図の部分を参照し
て、外れの停止図柄から飾り図柄表示部2iが可変表示
を再び開始する。そして、その後、この飾り図柄表示部
2iが停止し、最終的な表示結果が得られる。
【0164】このように、再可変表示においては、1つ
の始動入賞記録に基づいて、一旦可変表示が停止し、か
つ、その停止後さらに可変表示が行なわれる。なお、こ
こでは、1つの飾り図柄表示部2iのみが再可変表示を
する例を説明したが、これに限らず、再可変表示は、複
数の飾り図柄表示部で行なわれるように制御してもよ
い。
【0165】図20は、高確率状態時のリーチ状態にお
いて表示される滑り表示の表示の変化態様を示す説明図
である。この図20においては、図中の上段から下段の
方向に向かう白抜矢符により時間経過が示されている。
【0166】ここで、滑り表示とは、図柄の停止直前に
おいて、図柄を目視による停止予測位置から滑らせて停
止させる表示である。まず、図20の上から1段目の画
像表示装置2の図の部分を参照して、図19の場合と同
様のリーチ状態が発生している。次に、上から2段目の
画像表示装置2の図の部分を参照して、時間経過に伴っ
て飾り図柄表示部2iの可変表示の速度が減速されてい
く。
【0167】次に、上から3段目の画像表示装置2の図
の部分を参照して、時間経過に伴って飾り図柄表示部2
iの可変表示速度が極めて遅くなって、目視によりフル
ーツ図柄が停止すると予測させる表示が行なわれる。し
かし、それ以後も飾り図柄表示部2iのゆっくりとした
可変表示が継続されることにより、目視による停止予測
位置から停止しようとした飾り図柄が滑るような表示が
なされる。そして、そのように滑った結果として、上か
ら4段目の画像表示装置2の図に示されるように、目視
により停止すると予測されたフルーツ図柄以外の「7」
が停止図柄となる。この例では、このように「7」が停
止することにより、大当り状態が発生している。なお、
滑り表示においては、このように大当りを発生させなく
てもよい。
【0168】図21は、高確率状態時のリーチ状態にお
いて表示される戻り表示の表示の変化態様を示す説明図
である。この図21においては、図中の上段から下段の
方向へ向かう白抜矢符により時間経過が示されている。
【0169】まず、図21の上から1段目の画像表示装
置2の図の部分を参照して、画像表示装置2において、
前述した図19および図20の場合と同様のリーチ状態
が発生している。次に、上から2段目の画像表示装置2
の図の部分を参照して、時間経過に伴って飾り図柄表示
部2iの可変表示速度が徐々に減速し、目視によって、
大当りとなり得る「7」の飾り図柄が停止位置を通過す
る状態を確認させる表示が行なわれる。
【0170】次に、上から3段目の画像表示装置2の図
を参照して、時間経過に伴って、その後、飾り図柄表示
部2iが、通常のスクロール方向とは逆方向にスクロー
ル表示を行なう。これにより、先にゆっくりとしたスク
ロール表示により停止位置を一旦通過したと視認され得
る表示が行なわれた飾り図柄が再び飾り図柄表示部2i
に現れる。そして、その後、上から4段目の画像表示装
置2の図の部分に示されるように、逆方向にスクロール
表示していた飾り図柄表示部2iが最終的に停止する。
ここでは、最終的な表示結果として予定停止位置を一旦
通過した「7」が停止図柄となった例が示されている。
この場合には、大当りが発生している。なお、戻り表示
においては、このように大当りを発生させなくてもよ
い。
【0171】このように、高確率状態でのリーチ状態に
おいて、このような再可変表示、滑り表示、または戻り
表示が、可変表示時間を長くする制御に加えて、また
は、可変表示時間を長くする制御に代えて行なわれるこ
とにより、このパチンコ遊技機においては、変動時間短
縮制御によって可変表示期間が短縮されながらも、これ
らの面白味がある可変表示によって、遊技者の期待感を
高めることができ、可変表示の面白味を損なわないよう
にすることができる。
【0172】なお、この実施の形態においては、高確率
状態時のリーチ状態における表示の種類について、可変
表示時間を長くする制御、再可変表示制御、滑り表示制
御、および戻り表示制御について説明したが、これらは
一例であり、これに限らず、遊技者の期待感を高めるこ
とが可能な特徴的な表示であれば、それ以外の表示を行
なってもよい。
【0173】また、このような高確率状態においても、
前述したようなスーパーリーチ(スーパーリーチ1〜
3)の表示が行なわれる。その場合のスーパーリーチの
表示期間は、ノーマルリーチの場合の表示期間と比べて
短縮してもよく、または、短縮しないでもよい。
【0174】このように、高確率状態時においてスーパ
ーリーチの表示が行なわれると、スーパーリーチと、ノ
ーマルリーチとで可変表示の変化態様が異なるため、リ
ーチ状態における可変表示の変化態様をバラエティに富
んだものにすることができる。さらに、スーパーリーチ
が表示された場合には、大当りが発生しやすいため、遊
技者の期待感をさらに高めることができる。
【0175】その他の実施の形態次に、この発明のその
他の実施の形態について説明する。以上に示した実施の
形態では、高確率状態において、リーチ状態が表示され
た場合と、高確率状態以外の通常状態においてリーチ状
態が表示された場合とを比較した場合、たとえばスーパ
ーリーチは、高確率状態であるか否かを問わず同様の確
率で発生する。このため、遊技者は、高確率状態および
通常状態のそれぞれでリーチ状態が生じた場合におい
て、高確率状態の場合のほうが、通常状態の場合よりも
大当りの発生確率が少し高く設定されていることを感じ
る程度である。すなわち、遊技者は、高確率状態におい
て、リーチ表示の内容自体に対する特別な期待感を感じ
ない。
【0176】以下に説明するその他の実施の形態におい
ては、高確率状態時のリーチ表示に対して特別な期待感
を遊技者に感じさせるような制御について説明する。具
体的には、そのような制御として、高確率時リーチ表示
制御を行なう。
【0177】図22は、その他の実施の形態による高確
率時リーチ表示制御の制御動作を示すフローチャートで
ある。
【0178】この高確率時リーチ表示制御は、基本回路
24のCPU30が実行する制御用プログラムのメイン
ルーチンの実行に伴って実行される。
【0179】図22を参照して、ステップS(単にSと
いう)31により、現在が高確率状態であるか否かの判
断がさなれる。S31で、高確率状態ではないと判断さ
れた場合には、この制御の処理を終了する。一方、S3
1で、高確率状態であると判断された場合には、S32
に進む。
【0180】S32では、リーチ時大当り表示確率向上
処理が実行され、その後、この制御の処理が終了する。
ここで、リーチ時大当り表示確率向上処理とは、高確率
状態でリーチ状態が発生した場合において、そのリーチ
状態の後に導出表示される表示結果が大当りの表示結果
(特定の表示態様)になる確率を向上させる処理であ
る。
【0181】以下に、S32で実行されるリーチ時大当
り表示確率向上処理の具体例を説明する。その具体例の
1つとして次のような処理を行なう。すなわち、図7に
示されるリーチ決定用のランダムカウンタC RND
R1がとり得る範囲を大きくする。すなわち、図7にお
いては、C RND R1の範囲が「0」〜「15」に
設定されているが、リーチ時大当り表示確率向上処理に
おいては、C RNDR1がとり得る範囲を、たとえ
ば、「0」〜「31」に拡大する。この場合においてリ
ーチ表示を行なうことを決定する値は、図7の場合と同
様とする。このようにすれば、通常時においてC RN
D R1を用いて外れとなるリーチ表示を設定する確率
が1/16であるのに対し、高確率時においてC RN
D R1を用いて外れとなるリーチ表示を決定する確率
が1/32となる。
【0182】したがって、このような処理を行なえば、
高確率状態においては、通常状態と比べて、外れの表示
結果になるリーチ表示がなされる頻度が低くなる。すな
わち、高確率状態時においては、通常状態と比べて、リ
ーチ表示がなされた場合に大当りの表示結果が導出表示
される確率が高くなる。
【0183】なお、ここでは、C RND R1がとり
得る値の範囲を拡大する例を示したが、それに限らず、
C RND R1の範囲は、高確率状態と、通常状態と
で変化しないように一定にしておき、たとえば、通常状
態において外れとなるリーチ表示を決定する値を2つの
値にするとともに高確率状態において外れとなるリーチ
表示を決定する値を1つの値にするなど、高確率状態に
おいてリーチ表示を決定する値の個数を通常状態よりも
少なくするようにしてもよい。
【0184】また、リーチ時大当り表示確率向上処理の
具体例としては、前述した処理に代えて、次のような処
理を行なってもよい。すなわち、図7に示したC RN
DR1を用いた外れとなるリーチ表示の決定は、通常状
態においてのみ行ない、高確率状態時においては、C
RND R1を用いた外れとなるリーチ表示の決定を行
なわないようにする。そのようにすれば、高確率状態時
において、リーチ表示後に外れの表示結果が導出表示さ
れることが極めて少なくなる。すなわち、高確率状態に
おいては、通常状態と比べて、リーチ表示がなされた場
合の後に大当りの表示結果が導出表示される確率が高く
なる。
【0185】なお、以上の説明においては、高確率状態
においてリーチ状態が表示されると、大当りの表示結果
が導出される確率が高くなることを説明したが、その確
率が100%になるようにしてもよい。
【0186】このような高確率時リーチ表示制御が実行
されると、高確率状態において、通常状態と比べて、リ
ーチ表示がなされた後に大当りの表示結果が導出表示さ
れる確率が高くなるため、遊技者は、高確率状態におけ
るリーチ表示自体に対して特別な期待感を感じると考え
られる。その結果として、高確率状態におけるリーチ状
態の表示により、遊技者の期待感をさらに高めることが
できる。
【0187】以下、本発明の主な変形例等の特徴点を列
挙する。 (1) 図6に示された基本回路24のCPU30およ
び画像表示装置2のサブCPU34により、または、画
像表示装置2のサブCPU34のみにより構成される可
変表示制御手段は、特別遊技状態(高確率状態)におい
て、リーチ状態が発生した場合のその後の表示結果の導
出表示に至るまでの可変表示の種類を、特別のリーチ状
態が発生した場合と、特別のリーチ状態が発生しなかっ
た場合とで異ならせる制御を行なうが、その場合の特別
のリーチ状態(スーパーリーチ1〜3)には、図14〜
図16に示されるようなリーチ表示の途中で可変表示の
変化態様を切換える表示が含まれる。さらに具体的に
は、特別のリーチ状態には、図14〜図16に示される
ように、キャラクタ画像を用いた縦軸回転表示またはめ
くり表示が含まれる。
【0188】(2) 前記可変表示制御手段は、特別遊
技状態(高確率状態)でリーチ状態を発生させる場合に
おいて、導出表示される表示結果が特定の表示態様(大
当りの表示態様)となる確率を向上させる表示制御を行
なうが、その確率は、最大限100%に向上させてもよ
い。
【0189】(3) この実施の形態においては、表示
結果が変化可能な可変表示装置として、特別図柄用可変
表示装置60および飾り図柄用可変表示装置1の2つの
可変表示装置を有する場合を説明したが、これに限ら
ず、可変表示装置は、特別図柄用可変表示装置60およ
び飾り図柄用可変表示装置1の一方の可変表示装置のみ
であってもよい。
【0190】(4) この実施の形態においては、飾り
図柄用可変表示装置1は、液晶表示装置のものを示し
た。しかし、これに限らず、飾り図柄用可変表示装置
は、CRT表示装置、プラズマ表示装置、または、マト
リクスLED表示装置等のその他の画像表示装置を用い
てもよい。
【0191】(5) この実施の形態では、可変表示装
置として、特別図柄用可変表示装置60および飾り図柄
用可変表示装置1の構成に示されたような電気式の表示
装置を示した。しかし、これに限らず、可変表示装置
は、次のような機械式の表示装置を用いてもよい。すな
わち、可変表示装置は、回転ドラム式、複数の図柄が付
されたベルトが巡回することにより表示状態が変化する
いわゆるベルト式、リーフ式、複数の図柄が付された回
転円盤が回転することにより表示状態が変化するいわゆ
るディスク式等の機械式のものであってもよい。
【0192】
【課題を解決するための手段の具体例】図1に示した特
別図柄用可変表示装置60および飾り図柄用可変表示装
置1の両方または一方により、表示状態が変化可能な可
変表示装置が構成されている。図6に示された基本回路
24のCPU30により、所定条件の成立により遊技機
を特定遊技状態が発生しやすい特別遊技状態に制御する
遊技制御手段が構成されている。前記特定遊技状態に
は、大当り状態が含まれる。前記特別遊技状態には、高
確率状態が含まれる。図6に示された基本回路24のC
PU30および画像表示装置2のサブCPU34によ
り、または、画像表示装置2のサブCPU34のみによ
り、可変表示装置を可変開始させた後表示結果を導出表
示させる制御を行なう可変表示制御手段が構成されてい
る。この可変表示制御手段は、遊技機が特別遊技状態に
制御されている場合において、リーチ状態が発生した場
合のその後の表示結果の導出表示に至るまでの可変表示
の種類と、リーチ状態が発生しなかった場合のその後の
表示結果の導出表示に至るまでの可変表示の種類とを異
ならせる制御を行なう。
【0193】(2) 前記可変表示制御手段は、特別遊
技状態(高確率状態)においてリーチ状態が発生した場
合と、リーチ状態が発生しない場合とでその後の表示結
果の導出表示に至るまでの可変表示の種類を異ならせる
制御として、リーチ状態が発生した場合の表示結果の導
出表示に至るまでの期間を、リーチ状態が発生しなかっ
た場合の表示結果の導出表示に至るまでの期間よりも長
くする制御(図11に示された高確率時可変停止制御)
を行なう。
【0194】(3) 前記可変表示制御手段は、特別遊
技状態(高確率状態)において、リーチ状態が発生した
場合と、リーチ状態が発生しない場合とでその後の表示
結果の導出表示に至るまでの可変表示の種類を異ならせ
る制御として、リーチ状態が発生した場合の可変表示の
変化態様を、リーチ状態が発生しない場合の可変表示状
態の変化態様とは異なる変化態様にする制御(図17に
示された高確率時可変停止制御)を行なう。その場合の
制御には、図19に示された再可変表示制御,図2
0に示された滑り表示制御,図21に示された戻り表
示制御が含まれる。
【0195】(4) 前記可変表示制御手段が特別遊技
状態において行なうリーチ状態が発生した場合と、リー
チ状態が発生しない場合とでその後の表示結果の導出表
示に至るまでの可変表示の種類を異ならせる制御として
は、リーチ状態が発生した場合の表示結果の導出表示に
至るまでの期間を、リーチ状態が発生しなかった場合の
表示結果の導出表示に至るまでの期間よりも長くする制
御を行なうことに加えて、リーチ状態が発生した場合の
可変表示状態の変化態様を、リーチ状態が発生しない場
合の可変表示状態の変化態様とは異なる変化態様にする
制御を行なうようにしてもよい。すなわち、前述の
(2)に示された制御と、前述の(3)に示された制御
とを併わせて行なうようにしてもよい。
【0196】(5) 前記リーチ状態には、特別のリー
チ状態(スーパーリーチ1〜スーパーリーチ3)を含む
複数種類のリーチ状態(ノーマルリーチも含む)が含ま
れる。前記可変表示制御手段は、特別遊技状態(高確率
状態)において、リーチ状態が発生した場合のその後の
表示結果の導出表示に至るまでの可変表示の種類を、た
とえば、図14〜図16に示されるように、特別のリー
チ状態(スーパーリーチ1〜スーパーリーチ3)が発生
した場合と、特別のリーチ状態が発生しなかった場合
(ノーマルリーチ)とで異ならせる制御をさらに行なう
ようにしてもよい。
【0197】(6) 前記可変表示制御手段は、特別遊
技状態(高確率状態)でリーチ状態を発生させる場合に
おいて、導出表示される表示結果が特定の表示態様とな
る確率を向上させる表示制御(高確率時リーチ表示制
御)を行なうようにしてもよい。
【0198】
【課題を解決するための手段の具体例の効果】請求項1
に関しては、所定条件の成立により特定遊技状態が発生
しやすい特別遊技状態に制御されるため、特定遊技状態
を早期に発生させることができる。さらに、その特別遊
技状態に制御されている場合において、リーチ状態が発
生した場合のその後の表示結果の導出表示に至るまでの
可変表示の種類と、リーチ状態が発生しなかった場合の
その後の表示結果の導出表示に至るまでの可変表示の種
類とを異ならせる制御が行なわれるため、リーチ状態に
おける遊技者の期待感を盛り上げることができ、可変表
示の面白味を損なわないようにすることができる。した
がって、特定遊技状態を早期に発生させながらも、可変
表示の面白味を損なわないようにすることができる。
【0199】請求項2に関しては、請求項1に関する効
果に加えて、次のような効果が得られる。可変表示の種
類を異ならせる制御として、リーチ状態が発生した場合
の表示結果の導出表示に至るまでの期間を、リーチ状態
が発生しなかった場合の表示結果の導出表示に至るまで
の期間よりも長くする制御が行なわれるため、リーチ状
態が発生してから表示結果が導出表示されるまでの期間
の期間の長さによりリーチ状態における遊技者の期待感
を高めることができ、可変表示の面白味を損なわないよ
うにすることができる。
【0200】請求項3に関しては、請求項1に関する効
果に加えて、次のような効果を得ることができる。可変
表示の種類を異ならせる制御として、リーチ状態が発生
した場合の可変表示状態の変化態様を、リーチ状態が発
生しない場合の可変表示状態の変化態様とは異なる変化
態様にする制御が行なわれるため、そのような変化態様
の相違により、リーチ状態において遊技者の期待感を高
めることができ、変動表示の面白味を損なわないように
することができる。
【0201】請求項4に関しては、請求項1に関する効
果に加えて、次のような効果を得ることができる。高確
率状態において、特別のリーチ状態が発生した場合と、
特別のリーチ状態が発生しなかった場合とでリーチ状態
が発生した場合のその後の表示結果の導出表示に至るま
での可変表示の種類が異ならされるため、高確率状態で
のリーチ状態における可変表示の変化態様をバラエティ
に富んだものにすることができる。
【0202】請求項5に関しては、特別遊技状態だリー
チ状態を発生させる場合において、導出表示される表示
結果が特定遊技状態を発生させる特定の表示態様となる
確率が向上されるため、高確率状態でのリーチ状態にお
いて遊技者の期待感をさらに高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】遊技機の一例のパチンコ遊技機の遊技盤面を示
す正面図である。
【図2】飾り図柄用可変表示装置で可変表示される図柄
列を示す図である。
【図3】飾り図柄用可変表示装置により表示される表示
態様を示す画面図である。
【図4】飾り図柄用可変表示装置の図柄と当りラインと
の関係を示す説明図である。
【図5】飾り図柄用可変表示装置による大当りが発生す
る表示態様の種類を示す説明図である。
【図6】パチンコ遊技機に用いられる制御回路を示すブ
ロック図である。
【図7】遊技制御,特別図柄用可変表示装置および飾り
図柄用可変表示装置の可変表示制御に用いられる各種ラ
ンダムカウンタを説明するための説明図である。
【図8】ランダムカウンタの値により大当りを発生させ
るか否かを事前に決定するための手順を示すフローチャ
ートである。
【図9】リーチ種類決定テーブルの内容を示す説明図で
ある。
【図10】飾り図柄用可変表示装置の動作の変化状態を
示すタイミングチャートである。
【図11】飾り図柄用可変表示装置の動作の変化状態を
示すタイミングチャートである。
【図12】リーチ表示処理の処理手順を示すフローチャ
ートである。
【図13】可変表示切換処理の処理手順を示すフローチ
ャートである。
【図14】キャラクタ画像の動作の態様に応じて飾り図
柄の可変表示態様を切換える第1の表示例を示す図であ
る。
【図15】キャラクタ画像の動作の態様に応じて飾り図
柄の可変表示態様を切換える第2の表示例を示す図であ
る。
【図16】キャラクタ画像の動作の態様に応じて飾り図
柄の可変表示態様を切換える第3の表示例を示す図であ
る。
【図17】高確率時可変停止制御の制御動作を示すフロ
ーチャートである。
【図18】高確率時可変停止制御による飾り図柄用可変
表示装置における時間の変化に伴う各飾り図柄表示部の
制御の状態を示すタイミングチャートである。
【図19】高確率状態時のリーチ状態において表示され
る再可変表示の表示の変化態様を示す説明図である。
【図20】高確率状態時のリーチ状態において表示され
る滑り表示の表示の変化態様を示す説明図である。
【図21】高確率状態時のリーチ状態において表示され
る戻り表示の表示の変化態様を示す説明図である。
【図22】その他の実施の形態による高確率時リーチ表
示制御の制御動作を示すフローチャートである。
【符号の説明】
12は遊技盤、13は遊技領域、60は特別図柄用可変
表示装置、1は飾り図柄用可変表示装置、2は画像表示
装置、2a〜2iは飾り図柄表示部、24は基本回路、
30はCPU、34はサブCPUである。

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 表示状態が変化可能な可変表示装置を有
    し、該可変表示装置の表示結果が予め定められた特定の
    表示態様となった場合に、遊技者に有利な特定遊技状態
    に制御可能な遊技機であって、 所定条件の成立により前記遊技機を前記特定遊技状態が
    発生しやすい特別遊技状態に制御する遊技制御手段と、 前記可変表示装置を可変開始させた後表示結果を導出表
    示させる制御を行なう可変表示制御手段とを含み、 該可変表示制御手段は、前記遊技機が前記特別遊技状態
    に制御されている場合において、リーチ状態が発生した
    場合のその後の表示結果の導出表示に至るまでの可変表
    示の種類と、リーチ状態が発生しなかった場合のその後
    の表示結果の導出表示に至るまでの可変表示の種類とを
    異ならせる制御を行なうことを特徴とする、遊技機。
  2. 【請求項2】 前記可変表示制御手段は、前記特別遊技
    状態において、リーチ状態が発生した場合と、リーチ状
    態が発生しなかった場合とでその後の表示結果の導出表
    示に至るまでの可変表示の種類を異ならせる制御とし
    て、リーチ状態が発生した場合の表示結果の導出表示に
    至るまでの期間を、リーチ状態が発生しなかった場合の
    表示結果の導出表示に至るまでの期間よりも長くする制
    御を行なうことを特徴とする、請求項1記載の遊技機。
  3. 【請求項3】 前記可変表示制御手段は、前記特別遊技
    状態において、リーチ状態が発生した場合と、リーチ状
    態が発生しなかった場合とでその後の表示結果の導出表
    示に至るまでの可変表示の種類を異ならせる制御とし
    て、リーチ状態が発生した場合の可変表示状態の変化態
    様を、リーチ状態が発生しなかった場合の可変表示状態
    の変化態様とは異なる変化態様にする制御を行なうこと
    を特徴とする、請求項1記載の遊技機。
  4. 【請求項4】 前記リーチ状態には、特別のリーチ状態
    を含む複数種類のリーチ状態が含まれ、 前記可変表示制御手段は、前記特別遊技状態において、
    リーチ状態が発生した場合のその後の表示結果の導出表
    示に至るまでの可変表示の種類を、前記特別のリーチ状
    態が発生した場合と、前記特別のリーチ状態が発生しな
    かった場合とで異ならせる制御をさらに行なうことを特
    徴とする、請求項1記載の遊技機。
  5. 【請求項5】 前記可変表示制御手段は、前記特別遊技
    状態でリーチ状態を発生させる場合において、導出表示
    される表示結果が前記特定の表示態様となる確率を向上
    させる表示制御をさらに行なうことを特徴とする、請求
    項1記載の遊技機。
JP28714295A 1995-11-06 1995-11-06 遊技機 Expired - Fee Related JP3850055B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28714295A JP3850055B2 (ja) 1995-11-06 1995-11-06 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28714295A JP3850055B2 (ja) 1995-11-06 1995-11-06 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09122312A true JPH09122312A (ja) 1997-05-13
JP3850055B2 JP3850055B2 (ja) 2006-11-29

Family

ID=17713620

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28714295A Expired - Fee Related JP3850055B2 (ja) 1995-11-06 1995-11-06 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3850055B2 (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001087463A (ja) * 1999-09-21 2001-04-03 Aruze Corp 遊技機
JP2005110951A (ja) * 2003-10-07 2005-04-28 Samii Kk 弾球遊技機
JP2006247067A (ja) * 2005-03-09 2006-09-21 Samii Kk 弾球遊技機
JP2007215606A (ja) * 2006-02-14 2007-08-30 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2010104835A (ja) * 2003-10-13 2010-05-13 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2010214145A (ja) * 2010-07-05 2010-09-30 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011062366A (ja) * 2009-09-17 2011-03-31 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011167544A (ja) * 2011-04-28 2011-09-01 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012096076A (ja) * 2012-01-19 2012-05-24 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012176299A (ja) * 2012-06-20 2012-09-13 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2012210472A (ja) * 2012-07-06 2012-11-01 Sophia Co Ltd 遊技機

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001087463A (ja) * 1999-09-21 2001-04-03 Aruze Corp 遊技機
JP2005110951A (ja) * 2003-10-07 2005-04-28 Samii Kk 弾球遊技機
JP2010104835A (ja) * 2003-10-13 2010-05-13 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2006247067A (ja) * 2005-03-09 2006-09-21 Samii Kk 弾球遊技機
JP2007215606A (ja) * 2006-02-14 2007-08-30 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2011062366A (ja) * 2009-09-17 2011-03-31 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010214145A (ja) * 2010-07-05 2010-09-30 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011167544A (ja) * 2011-04-28 2011-09-01 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012096076A (ja) * 2012-01-19 2012-05-24 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012176299A (ja) * 2012-06-20 2012-09-13 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2012210472A (ja) * 2012-07-06 2012-11-01 Sophia Co Ltd 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP3850055B2 (ja) 2006-11-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6659867B1 (en) Gaming machine
JPH09262346A (ja) 遊技機
JPH08336648A (ja) 遊技機
JPH09122310A (ja) 遊技機および弾球遊技機
JPH09122309A (ja) 遊技機
JPH09122312A (ja) 遊技機
JP3995734B2 (ja) 遊技機
JPH09122308A (ja) 遊技機
JP2002126256A (ja) 遊技機の図柄表示装置
JP3958376B2 (ja) 遊技機
JP4114960B2 (ja) 遊技機
JPH07116312A (ja) 遊技機
JP4393560B2 (ja) 遊技機
JP4393442B2 (ja) 遊技機
JP3520281B2 (ja) 遊技機
JP4570649B2 (ja) 遊技機
JP4514817B2 (ja) 遊技機
JP4514816B2 (ja) 遊技機
JP4222641B2 (ja) 遊技機
JPH07116313A (ja) 遊技機
JP4726979B2 (ja) 遊技機
JP4987106B2 (ja) 遊技機
JP3520282B2 (ja) 遊技機
JP3586614B2 (ja) 遊技機
JPH07144053A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050728

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051101

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060104

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060523

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060720

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20060726

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060822

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060829

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090908

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090908

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090908

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100908

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100908

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110908

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110908

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120908

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120908

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130908

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees