JPH09118489A - 吊り具 - Google Patents

吊り具

Info

Publication number
JPH09118489A
JPH09118489A JP27552995A JP27552995A JPH09118489A JP H09118489 A JPH09118489 A JP H09118489A JP 27552995 A JP27552995 A JP 27552995A JP 27552995 A JP27552995 A JP 27552995A JP H09118489 A JPH09118489 A JP H09118489A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hanging
metal fitting
fitting
arm
wire
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP27552995A
Other languages
English (en)
Inventor
Hideo Wada
英雄 和田
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP27552995A priority Critical patent/JPH09118489A/ja
Publication of JPH09118489A publication Critical patent/JPH09118489A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 被吊上げ物の玉掛け作業を安全かつ容易にす
ると共に、吊上げ時に吊りビ−ムに曲げ応力が生じない
構造とし、軽量で取扱いが容易な吊り具を提供する。 【解決手段】 フックに吊下げられるワイヤ集結金具
と、このワイヤ集結金具に一端を着脱自在に取付けられ
た複数本の吊上げ用ワイヤロ−プと、これらの吊上げ用
ワイヤロ−プの他端に取付けられた吊りビ−ムと、この
吊りビ−ムに取付けられて被吊上げ物を吊上げる複数個
の吊り金具とを備えた吊り具において、前記吊りビーム
がビーム中心金具と、その周囲に放射状に配置して着脱
自在に取付けられた複数本のア−ムとから構成され、こ
れらのア−ムの先端近傍に、前記各吊上げ用ワイヤロ−
プの他端と前記各吊り金具とを着脱自在に取付けたこと
を主な特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、建設業や製造業な
どの重量物取扱業種において、製品や材料あるいは部品
等をクレ−ンなどで吊上げて運搬する際に用いる吊り具
に係わり、特に大径の重量物を安全かつ容易に吊上げる
ことができる吊り具に関する。
【0002】
【従来の技術】各種の産業分野において、重量物を運搬
する際には、クレーンが広く用いられている。
【0003】クレーンによる重量物の運搬方法で最も普
遍的な方法は、図4に示すように、被吊上げ物1の形状
および重量に応じた長さと太さのワイヤロ−プ2を複数
本用意し、これらのワイヤロ−プ2で被吊上げ物1を玉
掛けし、ワイヤロ−プ2の上端をクレ−ンのフック3に
直接引掛けて吊上げる方法である。しかしながら、この
方法は被吊上げ物自体にある程度の剛性がないと採用す
ることができない。また被吊上げ物1の重量が大きくな
ると、ワイヤロ−プ2が太くなって柔軟性がなくなるた
め、玉掛け作業が非常に困難になり、安全性、作業性が
低下するという欠点がある。
【0004】また、図5に示すように、吊上げ部4の下
端にこれを中心として直線状または放射状に延びる複数
のア−ム5を固着し、各アームの端部近傍にそれぞれワ
イヤ掛け6を固定した吊りビ−ム7を用い、吊上げ部4
をクレ−ンのフック3に取付けると共に、各ワイヤ掛け
6から吊下げたワイヤロ−プ2で被吊上げ物1を吊上げ
る方法も知られている。しかしながら、この方法では吊
りビ−ム7に大きな曲げ応力が生じるので、それに耐え
るよう吊りビ−ム7の断面を大きくする必要がある。そ
のため吊りビ−ム7の自重が大きくなり、取扱いが不便
であると共に、クレ−ンの容量を大きくしなければなら
ないという欠点がある。しかも、被吊上げ物1の大きさ
が変わるたびに吊りビ−ム7を製作しなければならない
という問題もある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上述のように、従来方
法では、直接吊りによる場合には被吊上げ物自体にある
程度の剛性が必要とされ、被吊上げ物が重量物になると
作業性や安全性が低下するという問題があり、また吊り
ビ−ムによる場合には吊りビ−ムに大きな曲げ応力が生
じるため、それに耐えるような断面の大きい吊りビ−ム
が必要になり、そのため吊りビ−ムの自重が大きくな
り、取扱いが不便であるばかりでなく、クレ−ンの容量
が大きくなるなどの欠点があった。
【0006】本発明は、前記した従来方法の欠点を除去
し、被吊上げ物の玉掛け作業を安全かつ容易にすると共
に、吊上げ時に吊りビ−ムに曲げ応力が生じない構造と
し、軽量で取扱いが容易な吊り具を提供することを課題
とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の吊り具は、前記
課題を解決するため、フックに吊下げられるワイヤ集結
金具と、このワイヤ集結金具に一端を取付けられた複数
本の吊上げ用ワイヤロ−プと、これらの吊上げ用ワイヤ
ロ−プの他端に取付けられた吊りビ−ムと、この吊りビ
−ムに取付けられて被吊上げ物を吊上げる複数個の吊り
金具とを備えた吊り具において、前記吊りビームがビー
ム中心金具と、その周囲に放射状に配置して着脱自在に
取付けられた複数本のア−ムとから構成され、これらの
ア−ムの先端近傍に、前記各吊上げ用ワイヤロ−プの他
端と前記各吊り金具とを着脱自在に取付けたことを主な
特徴とする。
【0008】なお、本発明においては、吊上げ用ワイヤ
ロ−プの他端と吊り金具を、ア−ムの先端近傍の同一位
置に着脱自在に取付けて使用することが望ましい。ま
た、ア−ムの先端近傍に、その長さ方向に適当間隔をお
いて複数個の軸受孔を形成しておけば、被吊上げ物の大
きさに応じて、各吊上げ用ワイヤロ−プの他端と各吊り
金具を最適な位置に取付けることができる。また、本発
明においては、吊り金具を取付けるホルダーと、吊上げ
用ワイヤロ−プの他端を取付ける接続金具と、ナット部
材とを連結ピンで連結し、軸受けを介してア−ムの先端
近傍に回転自在に取付けたシャフトに前記ナット部材を
螺合させ、このシャフトを回転させることにより、前記
ホルダーと接続金具をア−ムの長さ方向に移動させるこ
とができるよう構成することもできる。
【0009】このような構成の吊り具で被吊上げ物を吊
上げた場合、ワイヤ集結金具と吊りビ−ムを接続する吊
上げ用ワイヤロ−プには引張り力が加わり、被吊上げ物
を吊上げるワイヤロ−プには垂直荷重が加わり、また吊
りビ−ムには被吊上げ物の荷重の水平分力、つまり圧縮
力が掛かるが、大きな曲げ応力は作用しない。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の好ましい実施の形
態を図面を参照して説明する。
【0011】図1は本発明の吊り具の一例を示すもので
あり、クレ−ンのフック10には、ワイヤ集結金具11
がピン12で接続されている。ワイヤ集結金具11の外
周面には複数の吊上げ用ワイヤロ−プ13がピン14で
結合され、吊上げ用ワイヤロ−プ13の下端は吊りビ−
ム15に取付けられている。
【0012】吊りビ−ム15は、ビ−ム中心金具16の
外周に、複数本(この例では4本)のア−ム17を、そ
れぞれフランジ部18を介して放射状に結合させ、各ア
−ム17の先端近傍に、その長さ方向に適当間隔をおい
て軸受孔19を複数個(この例では4個)ずつ透設した
もので、これらの軸受孔19には、吊り金具20と前記
吊上げ用ワイヤロ−プ13の下端が一緒にピン21で接
続されている。吊り金具20には、それぞれ被吊上げ物
1を玉掛けしたワイヤロ−プ22の両端がピン23で結
合されている。
【0013】このように構成された本発明の吊り具にお
いて、被吊上げ物1を吊上げる場合には、被吊上げ物1
の外周寸法に応じて適当な軸受孔19を選択し、吊り金
具20と吊上げ用ワイヤロ−プ13を同一の軸受孔19
にピン21で接続する。次に吊り金具20に接続のワイ
ヤロ−プ22で被吊上げ物1を玉掛けし、その両端をピ
ン23で吊り金具20に接続する。
【0014】この状態でクレ−ンを作動させ、フック1
0を上昇させると、その動きはワイヤ集結金具11、吊
上げ用ワイヤロ−プ13、吊りビ−ム15および吊り金
具20を介してワイヤロ−プ22に伝わり、これらのワ
イヤロ−プ22に玉掛けされた被吊上げ物1は吊上げら
れる。この場合、吊りビ−ムには、吊上げ用ワイヤロ−
プ13に働く張力の分力Fが、矢印に示すように圧縮力
として作用する。
【0015】上述したように、本発明の吊り具では、ク
レ−ンのフックに接続するワイヤ集結金具11と、吊り
ビ−ム15の周縁部との間を吊上げ用ワイヤロ−プ13
で間接的に接続するようにしたので、吊りビ−ム15に
は、圧縮力が発生し、曲げ力は殆ど加わらない。したが
って、吊りビ−ム15の構造をシンプルにすることがで
き、軽量で安価な吊り具を提供することができる。しか
も、ワイヤ集結金具11と吊りビ−ム15の間は、吊上
げ用ワイヤロ−プ13とピン14,21で結合され、ま
た吊りビ−ム15はビ−ム中心金具16とア−ム17の
間をフランジ部18を介してボルト結合しているため、
吊り具自体の組立、解体および運搬は容易であり、収納
性にも優れている。
【0016】図2は本発明の吊り具における吊り金具2
0の接続部の変形例を示し、図3はその横断面図を示
す。これらの図において、吊りビ−ム15のア−ム17
は一対の角筒状の型材17a,17bから構成されてお
り、それらの先端部近傍間にはホルダ−30が、ア−ム
17の長さ方向に移動可能に組み込まれている。
【0017】ホルダ−30は、一対の側板30a,30
bと、底板30cとを備えており、底板30cには吊り
金具取付け部30dが設けられている。側板30a,3
0bの外面には、それぞれ型材17a,17bの一部を
受入れるコ字状の凹部が形成されており、これらの型材
17a,17bをガイドとしてア−ム17の長さ方向に
スライド可能とされている。
【0018】ホルダ−30内には接続金具31が配置さ
れ、さらにその側板31a,31b間には外径が四角形
のナット部材32が配置されている。これらのナット部
材32、接続金具31の側板31a,31b、およびホ
ルダ−30の側板30a,30b間には、それぞれ連結
ピン33a,33bが挿通され、ナット部材32、接続
金具31およびホルダ−30を一体に連結している。ま
た、接続金具31の上板31cにはワイヤロ−プ取付け
部31dが設けられており、そこには吊上げ用ワイヤロ
−プ13がピン21により取付けられている。
【0019】ア−ム17を形成する一対の型材17a,
17bの先端間には、軸受34が取付けられ、また図示
はされていないが、ア−ム17の中間付近にも軸受が取
付けられており、これらの軸受間には、シャフト35が
回転自在に挿通されている。このシャフト35は途中に
ねじを切られており、このねじ部にナット部材32を螺
合され、また先端にはハンドル36を取付けられてい
る。
【0020】このような構成の吊り金具接続部において
は、ハンドル36を回転させると、シャフト35に螺合
しているナット部材32がねじ作用によって前進または
後退し、これに一体的に連結されている接続金具31と
ホルダ−30と、それらにピン止めされている吊上げ用
ワイヤロ−プ13の下端と吊り金具20の取付け点も一
緒に前進または後退する。
【0021】したがって、被吊上げ物の寸法に応じて、
ハンドル36を回すことにより、吊り金具20を、被吊
上げ物1の大きさに応じた最適位置に移動させることが
できる。
【0022】
【発明の効果】以上述べたように、本発明によれば、ワ
イヤ集結金具と吊りビ−ムとを吊上げワイヤロ−プで接
続するようにしたので、吊りビ−ムには、圧縮力が加わ
り、曲げ力は殆ど生じないため、吊りビ−ムの構造をシ
ンプルにすることができ、軽量となる。そのため吊り具
の自重が小さくなり、取扱いが容易になると共に、クレ
−ンの容量も小さくてすむ。また、被吊上げ物の寸法に
応じて吊りビ−ムの吊り金具位置を最適な所に変えられ
るため、被吊上げ物自体の剛性が少ない場合でも、無理
なく、安全に吊上げができる。
【0023】しかも、本発明の吊り具は、ワイヤ集結金
具と、吊上げワイヤロ−プと、吊りビ−ムとを分離でき
るのは勿論、吊りビ−ム自体もビ−ム中心金具とア−ム
にそれぞれ解体可能のため、現地工事などに容易に輸送
することができるなどの効果もある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の吊り具の一実施例を示す正面図であ
る。
【図2】本発明の吊り具における吊り金具接続部の変形
例を示す一部切欠正面図である。
【図3】図2に示す吊り金具接続部の横断面図である。
【図4】従来の吊り具を例示する正面図である。
【図5】従来の吊り具の他の例を示す正面図である。
【符号の説明】 1……被吊上げ物 2……ワイヤロ−プ 3……フック 4……吊上げ部 5……ア−ム 6……ワイヤ掛け 7……吊りビ−ム 10……フック 11……ワイヤ集結金具 13……吊上げ用ワイヤロ−プ 15……吊りビ−ム 16……ビ−ム中心金具 17……ア−ム 17a,17b……角筒状型材 18……フランジ部 19……軸受孔 20……吊り金具 30……ホルダ− 31……接続金具 32……ナット部材 33a,33b……連結ピン 34……軸受 35……シャフト 36……ハンドル

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 フックに吊下げられるワイヤ集結金具
    と、このワイヤ集結金具に一端を着脱自在に取付けられ
    た複数本の吊上げ用ワイヤロ−プと、これらの吊上げ用
    ワイヤロ−プの他端に取付けられた吊りビ−ムと、この
    吊りビ−ムに取付けられて被吊上げ物を吊上げる複数個
    の吊り金具とを備えた吊り具において、前記吊りビーム
    がビーム中心金具と、その周囲に放射状に配置して着脱
    自在に取付けられた複数本のア−ムとから構成され、こ
    れらのア−ムの先端近傍に、前記各吊上げ用ワイヤロ−
    プの他端と前記各吊り金具とを着脱自在に取付けたこと
    を特徴とする吊り具。
  2. 【請求項2】 吊上げ用ワイヤロ−プの他端と吊り金具
    を、ア−ムの先端近傍の同一位置に着脱自在に取付けた
    ことを特徴とする請求項1に記載の吊り具。
  3. 【請求項3】 ア−ムの先端近傍に、その長さ方向に適
    当間隔をおいて複数個の軸受孔を形成し、各吊上げ用ワ
    イヤロ−プの他端と各吊り金具とを同一の軸受孔にピン
    止めしたことを特徴とする請求項2に記載の吊り具。
  4. 【請求項4】 吊り金具を取付けるホルダーと、吊上げ
    用ワイヤロ−プの他端を取付ける接続金具と、ナット部
    材とを連結ピンで連結し、軸受けを介してア−ムの先端
    近傍に回転自在に取付けたシャフトに前記ナット部材を
    螺合させ、このシャフトを回転させることにより、前記
    ホルダーと接続金具をア−ムの長さ方向に移動させるこ
    とができるよう構成したことを特徴とする請求項1また
    は2に記載の吊り具。
JP27552995A 1995-10-24 1995-10-24 吊り具 Withdrawn JPH09118489A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27552995A JPH09118489A (ja) 1995-10-24 1995-10-24 吊り具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27552995A JPH09118489A (ja) 1995-10-24 1995-10-24 吊り具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09118489A true JPH09118489A (ja) 1997-05-06

Family

ID=17556727

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27552995A Withdrawn JPH09118489A (ja) 1995-10-24 1995-10-24 吊り具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09118489A (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009190820A (ja) * 2008-02-13 2009-08-27 Shimizu Corp 揚重冶具および鉄筋の揚重方法
CN102320515A (zh) * 2011-08-23 2012-01-18 浙江正和造船有限公司 一种船舶主机的悬吊装置
CN102674133A (zh) * 2012-05-19 2012-09-19 曹先锋 一种重吊梁
KR200465321Y1 (ko) * 2012-05-02 2013-02-15 도경화 지게차에 설치되는 방파제 구조물 이송용 지그
CN103086252A (zh) * 2011-11-01 2013-05-08 盾建重工制造有限公司 一种大吨位管片真空吊具断电保险装置
CN103663107A (zh) * 2013-12-18 2014-03-26 无锡市新华起重工具有限公司 可调节吊梁
CN103979396A (zh) * 2014-04-14 2014-08-13 国网浙江海盐县供电公司 一种配电网电杆起吊的钢丝绳绳结结构及电杆起吊方法
CN105329767A (zh) * 2015-11-26 2016-02-17 中国航空工业集团公司沈阳飞机设计研究所 一种飞行器起吊工具
CN111606187A (zh) * 2020-05-31 2020-09-01 三一海洋重工有限公司 吊接组件、吊接装置以及吊接系统

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009190820A (ja) * 2008-02-13 2009-08-27 Shimizu Corp 揚重冶具および鉄筋の揚重方法
CN102320515A (zh) * 2011-08-23 2012-01-18 浙江正和造船有限公司 一种船舶主机的悬吊装置
CN103086252A (zh) * 2011-11-01 2013-05-08 盾建重工制造有限公司 一种大吨位管片真空吊具断电保险装置
KR200465321Y1 (ko) * 2012-05-02 2013-02-15 도경화 지게차에 설치되는 방파제 구조물 이송용 지그
CN102674133A (zh) * 2012-05-19 2012-09-19 曹先锋 一种重吊梁
CN103663107A (zh) * 2013-12-18 2014-03-26 无锡市新华起重工具有限公司 可调节吊梁
CN103979396A (zh) * 2014-04-14 2014-08-13 国网浙江海盐县供电公司 一种配电网电杆起吊的钢丝绳绳结结构及电杆起吊方法
CN105329767A (zh) * 2015-11-26 2016-02-17 中国航空工业集团公司沈阳飞机设计研究所 一种飞行器起吊工具
CN111606187A (zh) * 2020-05-31 2020-09-01 三一海洋重工有限公司 吊接组件、吊接装置以及吊接系统
CN111606187B (zh) * 2020-05-31 2022-04-15 三一海洋重工有限公司 吊接组件、吊接装置以及吊接系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6079760A (en) Spreader bar apparatus
JPH09118489A (ja) 吊り具
CN103213900A (zh) 可自动平衡吊挂点载荷之活动式吊载具
CN111689386A (zh) 异形建筑构件专用辅助起吊装置及其起吊方法
CN203359765U (zh) 可自动平衡吊挂点载荷之活动式吊载具
CN110255366B (zh) 一种通用型卫星吊具
JPH08133661A (ja) コンクリートブロック吊り上げ具
JP5548636B2 (ja) クレーン用吊具
CN205500562U (zh) 一种用于重型货物吊装的可拆卸吊梁
CN210286463U (zh) 一种夹持制动毂的吊具
JP2002255472A (ja) 揚重用吊り天秤装置
JP6925854B2 (ja) ジブおよびクレーン
CN212024533U (zh) 一种混凝土管件装卸车吊装装置
CN107915113A (zh) 一种用于龙门吊的多钩吊具
CN2104850U (zh) 内孔吊钩
CN215160274U (zh) 一种可翻转吊具
CN215326396U (zh) 一种铲斗吊具
CN211920645U (zh) 一种用于起重机的吊挂装置
CN216426495U (en) Hoist and mount compensating beam
JPH11180675A (ja) 吊り上げ装置
CN211366682U (zh) 一种组合式吊梁
CN215364469U (zh) 一种可调钢筋笼吊具
SU1131828A1 (ru) Устройство дл кантовани крупногабаритных изделий
CN216403549U (en) Prefabricated part hoisting unit and hoisting device
CN210735973U (zh) 吊装设备

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20030107