JPH09114724A - Remote file operating method - Google Patents

Remote file operating method

Info

Publication number
JPH09114724A
JPH09114724A JP26678595A JP26678595A JPH09114724A JP H09114724 A JPH09114724 A JP H09114724A JP 26678595 A JP26678595 A JP 26678595A JP 26678595 A JP26678595 A JP 26678595A JP H09114724 A JPH09114724 A JP H09114724A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
file
name
directory
virtual
computer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP26678595A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masaaki Hosouchi
昌明 細内
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP26678595A priority Critical patent/JPH09114724A/en
Publication of JPH09114724A publication Critical patent/JPH09114724A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce the overhead by the file operation of a main frame and to convert the directory of the main frame which is not the tree structure to a tree structure directory without a problem by performing the part of a word division, etc., by the specified character of the name character string of the file of a server computer.
SOLUTION: The client process on the client computer 100 connected with a server computer 200 by a network 7001 inquires the server process on a main frame and acquires a list including the name character string and attribute of the file on the main frame. The table of a virtual tree structure directory is prepared on the client computer 100 and the graphical display on a window is performed for the table as an icon. By the drag/drop operation of the icon, the transfers of one or plural files between the main frames are started together. The transfer mode is discriminated from the virtual file type in the name character string of the main frame file.
COPYRIGHT: (C)1997,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、一般にコンピュータシステムに関し、特に計算機のファイルシステムのファイル処理の操作性改善方法と、計算機間のファイル転送処理の操作性改善方法とに関する。 The present invention relates generally relates to computer systems, in particular the operability improved method of file processing of the computer file system, related to an operation method of improving the file transfer process between computers.

【0002】 [0002]

【従来の技術】多くのパーソナルコンピュータやワークステーションでは、ディスプレイ、キーボード、マウスなどの入出力装置を備え、ディスプレイ内に表示した複数のウインドウ上に、そのコンピュータ内のファイルやディレクトリをアイコンとして表示し、アイコンをマウス等で操作することによって、アイコンに対応したファィルやディレクトリの処理を起動するグラフィカルユーザインタフェースを備えている。 BACKGROUND OF THE INVENTION Many personal computers and workstations, a display, a keyboard, comprising input and output devices such as a mouse, on a plurality of windows displayed on the display, to display the files and directories in the computer as an icon , by operating an icon with a mouse or the like, and a graphical user interface for starting the process of Fairu or directory corresponding to the icon.

【0003】一方、メインフレームでは、専用端末や端末エミュレータ上で、コマンドを投入したり、オンラインパネル画面のフィールドに文字を打ち込むことで、メインフレームファイルの処理を起動する。 [0003] On the other hand, in the main frame, on a dedicated terminal or terminal emulator, or throw the command, by typing the characters in the field of online panel screen, to start the process of the main frame file.

【0004】メインフレーム用オペレーティングシステムのディレクトリ構造は、一般的に木構造ではない。 [0004] The directory structure of the operating system for the main frame is not a general tree structure. このため、木構造のディレクトリを前提としたファイル転送などのプログラムでメインフレームのファイルを扱う方法として、メインフレームのファイル名をフイル名中の特定の文字「.」によりワードに分割し、最終ワードを除く各ワードをディレクトリ名に、最終ワードをファイル名にみなしてディレクトリ操作を行う方法が用いられいる。 For this reason, as a way of dealing with the file of the main frame in the program, such as file transfer, which assumes a directory tree structure, split the file name of the main frame to the word by the letter "." Particular in the fill-name, the last word the directory name each word except the, how to perform the directory operation is regarded as the final word in the file name is used. この方法は、例えば、HITAマニュアル(6 This method is, for example, HITA manual (6
180−3−450)VOS3/NFSp7に記載されている。 It is described in the 180-3-450) VOS3 / NFSp7.

【0005】ファイルを転送する場合、転送元と転送先の計算機の文字コードや改行コードが異なると、転送したテキストファイルが正しく読めないので、ファイルを転送するときにコード変換が行われる。 [0005] If you want to transfer files, the character code and newline code of the source and destination of the computer is different, because the transfer text files can not be read correctly, code conversion is performed when transferring files. しかし、テキストでない場合は、変換されるとデータが正しくなくなるので、転送モードとしてコード変換を行うテキストモードと、変換しないバイナリモードとが用意される。 However, if not text, so when converted incorrect data, text mode for code conversion as the transfer mode, and binary modes are prepared without conversion.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】上記のように、パーソナルコンピュータやワークステーションとメインフレームは、操作方法が大きく異なる。 As described above [0005], a personal computer or workstation and mainframe operating method is different. このため、別々に操作方法を学習しなければならない。 For this reason, you must learn how to operate separately.

【0007】また、専用端末や端末エミュレータは、グラフィカルユーザインタフェースを備えたパーソナルコンピュータに比べべ、操作性に劣る。 [0007] In addition, dedicated terminal or terminal emulator, base compared to a personal computer with a graphical user interface, poor operability.

【0008】さらに、メインフレームにて画面の更新を行い、画面イメージのデータを送信しなければならないため、通信やプロセッサのオーバヘッドが大きい。 [0008] In addition, it updates the screen in the main frame, since it is necessary to send the data of the screen image, large overhead of communication and processor.

【0009】また、ファイル名中最終ワードを除く各ワードをディレクトリ名、最終ワードをファイル名とする方法では、例えば′a,b,c′というファイルと、′a,b, [0009] In addition, each word the name of the directory except the last word in the file name, in the method in which the final word as the file name, and the file named for example 'a, b, c', 'a, b,
c,d′というファイルが同一ファイルシステムに存在した場合、′a,b,c′がディレクトリとみなされてしまうため、′a,b,c′というファイルにアクセスできないという問題が生じる。 c, 'if the file that exists on the same file system,' d a, b, 'since the result is regarded as the directory,' c a, b, a problem that can not access the file called c 'occurs. また、空のディレクトリを作成したり、ディレクトリに権限を設定することができない。 In addition, you can create an empty directory, it is not possible to set permissions to the directory.

【0010】また、同一ディレクトリにあるテキストファイルとデータファイルとを両方とも転送する場合、ファィル毎に転送モードを指定しなければならない。 [0010] In addition, if you want to transfer both the text and data files in the same directory, you must specify the transfer mode for each Fairu.

【0011】本発明では、メインフレームのファイル操作の操作性を改善するとともにファイル操作によるオーバヘッドを減少させ、木構造でないメインフレームのディレクトリを木構造ディレクトリへ問題なく変換することができるリモートファイル操作方法を提供することを目的とする。 [0011] In the present invention reduces the overhead due to file operations as well as improving the operability of the file operations mainframe, remote file operation method directory mainframe non tree can be converted without difficulty into a tree structure directory an object of the present invention is to provide a.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】上記目的達成のため、本発明のリモートファイル操作方法では、サーバ計算機のファイルの名称文字列の特定の文字によって、前記ファイル名称文字列を1つ以上のワードに分割するステップと、ファイル名称文字列の先頭のワードを仮想ディスクとみなすステップと、末尾のワードを仮想ファイルタイプとみなすステップと、末尾の1つ前のワードを仮想木構造ディレクトリの仮想ファイル名とみなすステップと、これらのいずれにも該当しないワードを仮想木構造ディレクトリの仮想ディレクトリ名とみなすステップとを有する。 For the purposes achieved SUMMARY OF THE INVENTION In the remote file operating method of the present invention, the particular character of the name string of the file server computer, the file name character string to one or more words and the step of dividing the steps considered the beginning of the word of the file name string and the virtual disk, and a step considered the end of the word and the virtual file type, and the one before the word of the end virtual file name of the virtual tree structure directory has a step considered, a step of as a virtual directory name of any virtual tree directory word does not fall.

【0013】また、グラフィカルユーザインタフェースを備えたパーソナルコンピュータやワークステーションをクライアント計算機として、クライアント計算機上にクライアントプロセスを起動するステップと、メインフレームをサーバ計算機として、サーバ計算機上にサーバプロセスを起動し、クライアントプロセスと接続するステップとを有する。 Further, a personal computer or a workstation with a graphical user interface as a client computer, start the steps of starting the client process on a client computer, a main frame as a server computer, the server process on a server computer, and a step of connecting the client process.

【0014】また、クライアントプロセスがサーバプロセスに問い合わせてサーバ計算機上のファイルの名称文字列と属性とを含むリストを取得するステップと、そのリストをもとにクライアント計算機上に仮想木構造ディレクトリのテーブルを作成するステップと、そのテーブルを参照して、仮想木構造ディレクトリの構造をクライアント計算機のウインドウにアイコンとしてグラフィカル表示するステップとを有する。 [0014] In addition, step and, table of the virtual tree structure directory on the client computer that list on the basis of the client process to obtain a list containing the name strings and attributes of the file on the inquiry, the server computer to the server process and creating a with reference to the table, and a step of graphically displayed as an icon the structure of the virtual tree directory window of the client computer.

【0015】また、アイコンのドラッグ&ドロップ操作によって、クライアント計算機とサーバ計算機との間の1つないし複数のファイルの転送を一括起動するステップと、ドラッグ元ドラッグ先のオブジェクトの計算機をそれぞれ識別するステップと、ドラッグ元オブジェクトがサーバ計算機のオブジェクトである場合に、仮想木構造ディレクトリにおけるドラッグ元パス名称を求めるステップと、ドラッグ元パス名称をファイル名の先頭に含むサーバ計算機上の転送対象ファイルの名称をすべて求めるステップと、仮想ファイルタイプとファイルを転送するときのモードとの対応を設定するステップと、サーバプロセスとクライアントプロセスとの間で通信することにより、転送対象ファイルを仮想ファイルタイプから求めた転送モード Further, by the drag and drop operation of the icon identifies each step and the step for batch start the transfer of one or more files, drag original dragged object computing machine between the client computer and the server computer If, when the drag source object is an object of the server computer, determining a drag source path name in the virtual tree directory, the name of the transferred file on the server computer that includes a drag source path name to the beginning of the file name a step of obtaining all the transfer obtained and setting a correspondence between mode when transferring virtual file type and, by communicating between the server process and the client process, the transfer target file from the virtual file type mode よりすべて転送するステップとを有する。 And a step of further all transfers.

【0016】また、仮想木構造ディレクトリ内のオブジェクトのアイコンを表示しているウインドウの大きさやウインドウ内のアイコンの位置をサーバ計算機上にウインドウ属性ファイルとして保存するステップと、ウインドウ属性ファイルのアクセス権限によってディレクトリのアクセス権限を決定するステップとを有する。 Further, the step of storing the position of the icon in the size and window window displaying the icons of the objects in the virtual tree directory as a window attribute file on the server computer, the access window attribute file and a step of determining the directory access rights.

【0017】本発明のリモートファイル操作方法によれば、サーバ計算機のファイルを、クライアント計算機内のファイルと同様に操作できるため、サーバ計算機のファイルを操作するための学習をする必要がない。 According to the remote file operating method of the present invention, the file server computer, because it can operate similarly to the client computing machine file, there is no need to learn to manipulate the file server computer. 操作はグラフィカルユーザインタフェースで行われるため、メインフレームの操作性を改善できる。 Operation to be done in the graphical user interface, can improve the operability of the mainframe. 指定されたオブジェクトの仮想木構造ディレクトリにおけるパス名称をファイル名の先頭に含むサーバ計算機上の転送対象ファイルの名称をすべて求め、このすべてのファイルの処理を要求することで、1アクションでサーバ計算機上の複数のファイルに対する処理を起動できる。 Asked all the names of the top transfer target file on the server computer that contains the of the path name in the virtual tree structure directory of the specified object file name, by requiring the processing of all of this file, server computing machine in one action You can start the process of for a plurality of files. クライアント計算機とサーバ計算機のファイル操作を統一し、計算機間のファイル転送をディレクトリ移動と同様のインタフェースで実行することで、クライアント計算機のファイルシステムと、サーバ計算機のファイルシステムとを、1 Unified file operation of the client computer and the server computer, the file transfer between computers by executing a directory moving the same interface, and the file system of the client computer, the server computer and a file system, 1
つのシステムであるかのようにみせることができる。 One of it is possible to show as if they were system.

【0018】また、ユーザインタフェース処理をクライアント計算機上で実行し、サーバ計算機とは画面イメージでなくコマンドレベルで通信し、ディレクトリをクライアント計算機内に作成することでサーバ計算機と通信せずにディレクトリの参照ができるため、通信およびプロセッサのオーバヘッドを低減し、レスポンスを向上することができる。 Further, performs user interface processing to the client computing machine, the server computer communicates with the command level, not at the screen image, reference directories without communicating with the server computer by creating a directory on the client computer machine since it is, to reduce the overhead of communication and processor, it is possible to improve the response.

【0019】また、例えば′a,b,c′というファイルと、′a,b,c,d′というファイルが同一ファイルシステムに存在しても、最終ワードをファイルタイプとみなすことで、′a′というディレクトリの下に′b,c′というファイルが存在し、′a,b′というディレクトリの下に′c,d′というファイルが存在するとそれぞれみなすことで、両者を問題なくアクセスできる。 Further, a file called for example 'a, b, c', 'a, b, c, d' be a file that exists on the same file system, it considered the last word and file type, 'a 'under the directory named' b, 'file exists called,' c a, it regarded respectively when b 'under the directory named' c, a file called d 'exists, accessible without both problems. ウインドウ属性ファイルを作成し、そのアクセス権限によってディレクトリのアクセス権限を決定するため、空のディレクトリを作成したり、仮想ディレクトリのアクセス権限を設定することができる。 Create a window attribute file, in order to determine the access rights of the directory by the access authority, or create an empty directory, it is possible to set the access permissions for a virtual directory.

【0020】また、ファイルタイプを利用して、転送モードを判別するため、あらかじめファイルタイプと転送モードとの対応を設定しておけば、テキストとデータが混在していても、一括してファイル転送することができる。 [0020] In addition, by using the file type, in order to determine the transfer mode, if you set the correspondence between the pre-file type and transfer mode, even if text and data have been mixed, collectively file transfer can do.

【0021】 [0021]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施例を説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention. 図1は、本発明のハードウェア構成を示した図である。 Figure 1 is a diagram showing a hardware configuration of the present invention. 図1において、100はクライアント計算機、20 In Figure 1, 100 is a client computer, 20
0はサーバ計算機である。 0 is a server computer. クライアント計算機100、 Client computer 100,
サーバ計算機200はそれぞれ複数あってもよい。 Server computer 200 may be a plurality of each. クライアント計算機100とサーバ計算機200は、イーサネットなどのネットワーク001により接続されている。 The client computer 100 and server computer 200 are connected by a network 001 such as Ethernet.

【0022】クライアント計算機100は、グラフィカルユーザインタフェース(GUI)による入出力を可能とするため、マウス150またはキーボード151などの入力装置と、マルチウインドウ表示を可能とするビットマップディスプレイ装置160などの出力装置とを備える。 [0022] The client computer 100 to allow input and output by the graphical user interface (GUI), an input device such as a mouse 150 or keyboard 151, an output device such as a bit map display device 160 to allow multi-window display provided with a door.

【0023】クライアント計算機100に接続されたディスク装置130には、通信制御装置140を介して他の計算機とのデータの送受信を行う通信処理121、サーバ計算機200への処理依頼を行うクライアントプロセス122、ディスク装置130上のファイルの入出力などの処理を行うオペレーティングシステム123、出力装置へのウインドウやアイコンの表示と入力装置からのイベント受信を制御するグラフィカルユーザインタフェース処理124の各プログラムと、サーバ計算機20 The client computer 100 connected to the disk device 130, a communication control device communication processor 121 to transmit and receive data with other computers through the 140, client process 122 which performs a processing request to the server computer 200, and each program of a graphical user interface process 124 of controlling the events received from the display and the input device of the window or icon to the operating system 123, an output device that performs processing such as input and output files on the disk device 130, server computer 20
0のディレクトリである仮想木構造ディレクトリテーブル170とが格納されている。 0 is a directory and virtual tree directory table 170 is stored. これらのプログラムはクライアント計算機100の主記憶装置120、さらには中央処理装置110にロードされて実行される。 These programs are the main storage device 120 of the client computer 100, and further is loaded into and executed by a central processing unit 110.

【0024】一方、サーバ計算機200に接続されたディスク装置230には、通信制御装置240を介して他の計算機とのデータの送受信を行う通信処理221、クライアント計算機100からの処理要求を受信し実項する1つまたは複数のサーバプロセス222、ディスク装置230上のファイルの入出力などの処理を行うオペレーティングシステム223、サーバプロセス222の割当状態を管理するサーバ管理プロセス225、の各プログラムが格納されている。 On the other hand, in the disk device 230 connected to the server computer 200, a communication processing 221 through the communication control device 240 transmits and receives data to and from other computers, and receives the processing request from the client computer 100 the actual one or more server processes 222 to section the operating system 223 performs processing such as input and output files on the disk device 230, and server management process 225 of managing an assignment state of a server process 222, the program is stored there. これらのプログラムは、サーバ計算機200の主記憶装置220、さらには中央処理装置210にロードされて実行される。 These programs main memory 220 of server computer 200, and further is loaded into and executed by a central processing unit 210.

【0025】本発明では、クライアント計算機100のユーザインタフェースを利用し、サーバ計算機200内のファイルの作成・削除・名称変更等の処理やファイル転送処理の要求をクライアント計算機100からグラフィカルに行うことによって、サーバ計算機200の操作性を向上させ、さらにユーザインタフェース処理をクライアント計算機100で行うことによってサーバ計算機200の負荷削減を達成する方法を記述している。 [0025] In the present invention, by using the user interface of the client computer 100, it makes a request for processing or file transfer processes such as creation, deletion, renaming the file in the server computer 200 from the client computer 100 to graphically to improve the operability of the server computer 200, describes a method of achieving impact reduction server computer 200 by performing further the user interface processing by the client computer 100. サーバ計算機100内のファイルに対する処理は、クライアントプロセス122からサーバプロセス222へ処理要求を行い、処理要求の内容に従って、サーバプロセス2 Processing the files in the server computer 100 performs the processing request from the client process 122 to the server process 222, according to the content of the processing request, the server process 2
22上で処理を行う。 22 carried out on in the process. このため、サーバプロセス222 For this reason, the server process 222
への接続が必要となる。 Connection to is required.

【0026】図2に、クライアントプロセス122を起動し、サーバプロセス222へ接続するまでの処理を示す。 [0026] Figure 2, to launch the client process 122 shows the processing up to the connection to the server process 222. まず、ユーザがコマンド投入やアイコンクリックなどによりクライアントプロセス122を起動すると(ステップ301)、クライアント計算機100内では、オペレーティングシステム123がクライアントプロセス122をロードし、起動する(ステップ311)。 First, the user activates the client process 122 or the like a command entry or icon clicked (step 301), within the client computer 100, the operating system 123 loads the client process 122, starts (step 311). 起動されたクライアントプロセス122は、まずGUI処理124に、クライアントデスクトップウインドウのデイスプレイ装置160への表示を依頼する(ステップ31 Client process 122 invoked, first the GUI process 124, to request the display of the Deisupurei device 160 of the client desktop window (Step 31
2)。 2).

【0027】クライアントデスクトップウインドウ画面を図3に示す。 [0027] The client desktop window screen is shown in Figure 3. クライアントデスクトップウインドウ4 Client desktop window 4
10には、サーバアイコン401、ディスクアイコン4 The 10, server icon 401, disk icon 4
02aなどを配置する。 For example, placing the 02a. サーバアイコン401は、サーバプロセス222に接続するために設けられる。 Server icon 401 is provided to connect to the server process 222. ディスクアイコン402aは、クライアントユーザのホームディレクトリをアイコン化したものである。 Disk icon 402a is one in which the icon of the home directory of the client user. このディスクアイコン402aは、クライアント計算機100のファイルをアクセスするために設けられる。 The disk icon 402a is provided for accessing the files on the client computer 100. ディスクアイコン402aをクリックすることにより、そのディレクトリ内のファイルやディレクトリ一覧がアイコンまたはファイル名一覧として表示される。 By clicking on the disk icon 402a, a file or directory listing in the directory is displayed as an icon or file name list. ここで、ディスクアイコン402aは、ルート等の他のディレクトリやディスク装置であってもよい。 Here, disk icon 402a may be another directory or disk device of the root, and the like. また、同様の機能が容易されている場合は、クライアント計算機100のオペレーティングシステム123に表示させてもよい。 Further, when the same function is easier, it may be displayed on the operating system 123 of the client computer 100.

【0028】サーバアイコン401をクリックしたり、 [0028] or by clicking the server icon 401,
クライアントディスクトップウインドウ410のメニュー412から接続項目を選択したりしてユーザがサーバプロセス222への接続を要求すると(ステップ30 When a user from a menu 412 of the client desktop window 410 and to select the connection item requests a connection to the server process 222 (Step 30
2)、クライアントプロセス122では、サーバ接続ダイアログを表示する。 2), the client process 122 displays a server connection dialog. サーバ接続ダイアログ画面を図4 Figure the server connection dialog screen 4
に示す。 To show.

【0029】サーバ接続ダイアログ430では、接続するサーバ計算機200の名称またはアドレスを指定するフィールド431、ユーザID入力フィールド432、 [0029] In the server connection dialog 430, field 431 to specify the name or address of the server computer 200 to be connected, a user ID input field 432,
パスワード入力フィールド433、グループ番号入力フィールド434などサーバへ接続するときに必要な項目を表示する。 Password input field 433, to display the items required when connecting to the server, such as group number input field 434. ユーザがこれらのフィールドを設定し、O The user sets these fields, O
Kボタンを押すと(ステップ303)、クライアントプロセス122は、フィールド431に指定されたサーバ計算機200に対して432から434の各フィールドの内容をサーバ計算機200に送信し、接続を要求する(ステップ314)。 Pressing the K button (step 303), the client process 122, the contents of each field from 432 to the server computer 200 specified in the field 431 434 transmitted to the server computer 200, requesting a connection (step 314 ). ここで、これらのフィールドが事前に設定されていれば、サーバ接続ダイアログ430を表示せず直接サーバ計算機200へ接続要求してもよい。 Here, if these fields are set in advance, or may be a connection request directly to the server computer 200 without displaying the server connection dialog 430.

【0030】サーバ計算機200では、サーバ管理プロセス225がクライアントプロセス122からの接続要求を受け付ける。 [0030] The server computer 200, the server management process 225 accepts the connection request from the client process 122. サーバ管理プロセス225は、接続要求を受け付けると、サーバプロセス222を1つ割り当て、クライアントプロセス122から送信された432 Server management process 225 accepts the connection request, assigns a server process 222 one sent from the client process 122 432
から434の各フィールドの内容をサーバプロセス22 The contents of each field from the 434 server process 22
2に送る(ステップ321)。 Send to 2 (step 321). サーバプロセス222 Server process 222
は、事前に起動しておくか、クライアントプロセス12 Or it is, should start in advance, the client process 12
2の接続要求を受け付けたときに立ちあげる。 We'll stand upon receiving the second connection request. サーバ管理プロセス225とサーバプロセス222は同一仮想空間内に配置してもよいが、1つのクライアントプロセス122に対して1つの仮想空間と1つのサーバプロセス222を割り当てるほうがセキュリティ上望ましい。 Server management process 225 and server process 222 may be located in the same virtual space, but rather that for a single client process 122 assigns one of the virtual space and one server process 222 on the security desired.

【0031】割り当てられたサーバプロセス222は、 [0031] The server process 222 assigned,
フィールド432から434の情報をもとに、サーバ計算機200に登録された正しいユーザからの接続要求であるかどうかチェックする(ステップ323)。 Based on information from the field 432 434, to check whether the connection request from the correct user registered in the server computer 200 (step 323). 正しいユーザからの接続要求であれば、クライアントプロセス122に接続成功を通知する(ステップ325)。 If a connection request from a correct user, notifies the successful connection to the client process 122 (step 325). 正しいユーザからの要求でなかったり、サーバプロセス22 Or not a request from the correct user, server process 22
2を割り当てられなかったときは、クライアントプロセス122に接続失敗を通知する(ステップ322,32 2 When the unassigned notifies the connection failure to the client process 122 (step 322,32
4)。 4). 接続失敗を受信すると、クライアントプロセス1 Upon receiving the connection fails, the client process 1
22は、接続失敗メッセージをディスプレイ装置160 22, a connection failure message display device 160
に表示し、再度サーバ接続ダイアログ430を表示する。 Display to, to display the server connection dialog 430 again.

【0032】接続成功を受信すると、クライアントプロセス122は、サーバデスクトップウインドウを表示する(ステップ315)。 [0032] Upon receiving the connection succeeds, the client process 122 displays the server desktop window (step 315). サーバデスクトップウインドウ画面を図5に示す。 The server desktop window screen is shown in Figure 5. サーバデスクトップウインドウ42 Server desktop window 42
0には、ユーザIDを名称とする仮想ディスク装置をアイコン402bとして表示する。 0 displays a virtual disk device to name the user ID as an icon 402b. 仮想デイスクアイコン402bを開くと、ユーザIDで始まるファイルの一覧が表示される。 When you open a virtual disk icon 402b, a list of files that begin with the user ID is displayed.

【0033】ファイル一覧は、全ファイルを表示するより、一部のファイルのみを各ウインドウに階層表示するほうがユーザにはわかりやすい。 [0033] The file list, than to display all the files, easy to understand is the only part of the file to the user is better to hierarchy displayed in each window. しかし、サーバ計算機200のファイルシステムのディレクトリ構造が木構造でない場合、木構造のディレクトリへ変換する仕組みが必要である。 However, if the directory structure of the file system of the server computer 200 is not in the tree structure, there is a need for a mechanism to be converted into a tree structure directory.

【0034】このため、ファイル名を木構造ディレクトリのパス名とみなし、サーバ計算機200のファイル名一覧から、仮想の木構造ディレクトリをクライアント計算機100上に構築する。 [0034] For this reason, regarded as the file name and path name of the tree structure directory, from the file name list of the server computer 200, to build a virtual tree structure directory on the client computer 100. 仮想木構造ディレクトリの構築処理のフローチャートを図6に示す。 A flowchart of process of establishing virtual tree directory shown in FIG. また、構築後のクライアント表示画面を図7に示す。 Also shows a client display screen after construction in FIG.

【0035】ユーザが仮想ディスクアイコン402bをクリックすると(ステップ501)、クライアントプロセス122は、その仮想ディスクアイコン402bが属するサーバ計算機200を求め(ステップ511)、そのサーバ計算機200上のサーバプロセス222に、仮想ディスク名称を送信し、ファイル名リストの取得を要求する(ステップ512)。 [0035] If the user clicks on the virtual disk icon 402b (step 501), the client process 122, the server computer 200 to the virtual disk icon 402b belongs determined (step 511), the server process 222 on the server computer 200, sending a virtual disk name, requesting to obtain the file name list (step 512). ここで、ファイル名リストの取得の要求は、サーバプロセス222へ接続する時や後術する仮想ディスクのマウント操作時でもよい。 Here, a request for acquisition of the file name list may be a time of mounting operation of the virtual disk that you want to post-operative or when connecting to the server process 222.

【0036】サーバプロセス222では、ファイル名リストの取得要求を受信すると、サーバ計算機200上のカタログ231をオープンする(ステップ521)。 [0036] In the server process 222 receives the request for acquiring the file name list, it opens a catalog 231 on server computer 200 (step 521). カタログ231には、サーバ計算機200に接続されたディスク装置230内の各ファイルの名称と、そのファイルのファイル編成等の属性が記録されている。 The catalog 231, the name of each file in the disk device 230 connected to the server computer 200, the attributes of the file organization or the like of the file is recorded. そこで、 there,
カタログ231を参照し、仮想ディスク名称と第一ワードが一致するファイルをすべて検索する(ステップ52 Referring to catalog 231, to find all files that virtual disk name and the first word matches (step 52
2)。 2). 次に、これらのすべてのファイルに対して、ファイル編成やその他の属性を必要に応じて求める(ステップ523)。 Then, for all of these files, determined as necessary file organization or other attributes (step 523). 検索したファイル名とフアイル編成やその他の属性をクライアントプロセス122に送信する(ステップ524)。 Transmitting a file name and file organization and other attributes retrieved to the client process 122 (step 524).

【0037】クライアントプロセス122では、サーバプロセス222からの応答を待ち、サーバプロセス22 [0037] In the client process 122 waits for a response from the server process 222, the server process 22
2から送信されたリストを必要に応じてクライアント計算機100の文字コードに変換した後、リスト内のファイル名称から仮想木構成ディレクトリのテーブル170 After converting the character code of the client computer 100 as needed list transmitted from the 2, the table 170 of the virtual tree structure directory from the file name in the list
をクライアント計算機100の主記憶装置120上に作成する(ステップ513)。 Creating in the main storage device 120 of the client computer 100 (step 513). 文字コードの変換はサーバプロセス222から送信する前に行ってもよい。 Character code conversion may be performed before sending from the server process 222. その後、仮想ディスクのウインドウ430を作成し(ステップ514)、仮想ディスクに対応したエントリ171b Then, to create a window 430 of the virtual disk (step 514), the entry corresponding to the virtual disk 171b
下のエントリ171cのオブジェクトをウインドウ43 Window objects under the entry 171c 43
0内にアイコン403cとして表示する。 To display as an icon 403c in the 0. ユーザがアイコン403cをクリックすると、ウインドウ440を作成し、テーブル170を参照して、エントリ171dおよびエントリ171eのオブジェクトをアイコン405 When the user clicks the icon 403c, creates a window 440, by referring to the table 170, the icon object entry 171d and the entry 171e 405
d,280eとして表示する。 d, to display as 280e. 同様に、アイコン280 Similarly, the icon 280
eのクリックにより、ウインドウ450を作成し、エントリ171f,171gのオブジェクトをアイコン40 By clicking the e, to create a window 450, entry 171f, icon the object of 171g 40
6f,406gとして表示する。 6f, it is displayed as 406g.

【0038】仮想木構造ディレクトリテーブルを図8に示す。 [0038] shows a virtual tree structure directory table in Figure 8. テーブル170には、仮想ディスク装置、仮想ディレクトリ、仮想ファイル等の各オブジェクト単位にエントリ171b〜171gが設けられる。 The table 170, the virtual disk apparatus, the virtual directory entry 171b~171g is provided in each object unit such virtual files. エントリ17 Entry 17
1は、親ディレクトリへのポインタ、子オブジェクトへのポインタ、同一ディレクトリ内の他のオブジェクトへのポインタをもち、ポインタにより木構造を形成する。 1 has a pointer to the parent directory, the pointer to the child object, a pointer to the other objects in the same directory, to form a tree structure through the pointer.
また、エントリ171には、オブジェクトの名称と、仮想ディスク装置、仮想ディレクトリ、仮想ファイルを識別するためのオブジェクト識別子とをもつ。 In addition, the entry 171, with the name of the object, the virtual disk device, a virtual directory, and the object identifier for identifying a virtual file. エントリの木構造は、サーバ単位に形成される。 Tree entry is formed in the server unit. 仮想ディスクの親ディレクトリへのポインタは、サーバ名を記録したエントリ172を指す。 Pointer to the parent directory of the virtual disk refers to the entry 172 which records the name of the server. 親ディレクトリへのポインタをたどることで、どのサーバ計算機に属するか識別できる。 By following a pointer to the parent directory, can be identified belongs to which server computer. また、親ディレクトリへのポインタをたどることで、そのオブジェクトのパス名を求めることができる。 In addition, by tracing a pointer to the parent directory, it is possible to find the path name of the object.

【0039】テーブル170の作成方法、すなわちファイル名称から仮想木構造ディレクトリへの変換方法を示す。 [0039] how to create a table 170, that shows how to convert from the file name to the virtual tree structure directory. まず、ファイル名称文字列を、ファイル名称文字列に含まれるピリオド「.」やスラッシュ「/」などの特定の文字によりワードに分離する。 First, the file name string, to separate the word by a specific character such as a period "." And a slash "/" included in the file name string. 次に、分離した各ワードのうち、先頭ワードを仮想ディスク装置、最後のワードを仮想ファイルタイプ、最後の1つ前のワードを仮想ファイル名、その他のワードを仮想ディレクトリ名とする。 Then, out of each word separated, the virtual the first word disk device, the last word a virtual file type, word a virtual file name before the last one, the other of the word and the virtual directory name. 各ウインドウへのフアイル名の表示は、仮想ファイル名と、仮想ファイルタイプを組み合わせ、「仮想ファイル名.仮想ファイルタイプ」のように表示する。 Display of the file name to each window, and a virtual file name, a combination of the virtual file type, see the information as a "virtual file name. Virtual file type".

【0040】ファイル名称が2ワードから構成される場合は、最終ワードは仮想ファイル名し、仮想ファイルタイプは未設定(空の文字列)とする。 [0040] If the file name consists of two words, the final word is a virtual file name, the virtual file type is unset (the empty string). 各ウインドウへのファイル名の表示は、「仮想ファイル名.」のように表示する。 Display of the file name to each window is displayed as "virtual file name.". また、ファイル名称が1ワードから構成される場合、仮想ディスク名のみ設定される。 Also, the file name when composed of a word, is set only virtual disk name.

【0041】上記変換方法は、順編成ファイルに適用される。 [0041] The above conversion method is applied to a sequential file. 区分編成のファイルには適用できない。 It can not be applied to the classification organization of the file. 順編成ファイルとは、1つの物理ファイルが1つの論理ファイルから構成されるファイルである。 The sequential file, a single physical file is a file consists of one logical file. それに対して、区分編成ファイルとは、図7の280に示すように、1つの物理ファイルが複数の論理ファイルであるメンバ282から構成されるファイルである。 In contrast, the division organization file, as shown in 280 of FIG. 7, a single physical file is a file composed of members 282 are a plurality of logical files. 区分編成ファイルは、内部に区分ディレクトリ281をもつ。 Classification organization file, with the division directory 281 to the inside. 区分ディレクトリ281には、メンバの名称とともに主としてコンパイルするときに用いられる言語属性情報や、メンバの作成日などの属性情報が記録されている。 The segment directory 281, and language attribute information to be used when you mainly compiled with the name of the member, the attribute information, such as members of the creation date are recorded.

【0042】区分編成ファイルでは、メンバ名を仮想ファイル名とみなす。 [0042] In a partitioned organize files, regarded as the member name and the virtual file name. 最後の1つ前のワードは、仮想ファイル名ではなく仮想ディレクトリ名とする。 The next-to-last word is, the virtual directory name instead of the virtual file name. ただし、区分編成ファイルには一般のディレクトリのようにディレクトリ内にディレクトリを作成することはできない。 However, it is not possible to create a directory in the directory as a general directory in the division organized file. このため、仮想木構造ディレクトリには、ディレクトリを作成できないディレクトリである仮想区分ディレクトリを設定する。 For this reason, in the virtual tree structure directory, set up a virtual segment directory is a directory that you can not create a directory. 区分編成ファイルの最後の1つ前のワードは、仮想区分ディレクトリの名称とみなす。 The next-to-last word of the division organized files, regarded as the name of the virtual classification directory. 区分編成ファイル名の最後のワードはデフォルトの仮想ファイルタイプとみなす。 The last word of the division organized file name is regarded as the default virtual file type. 各ウインドウへの仮想区分ディレクトリ名の表示は、「仮想区分ディレクトリ名.仮想ファイルタイプ」のように表示する。 Display of the virtual classification directory name to each window is displayed as "virtual classification directory name. Virtual file type".

【0043】また、区分編成ファイル名のメンバのファイルタイプは、区分ディレクトリ281内の言語属性情報により決定する。 [0043] In addition, the file type of the members of the division organized file name is determined by the language attribute information in the segment directory 281. ただし、ファイルタイプ情報を区分ディレクトリ281内に新たに設定してもよい。 However, it may be newly set in the segment directory 281 the file type information. 言語属性が未設定の場合、区分編成ファイル名の最後のワードを仮想ファイルタイプとする。 If the language attribute is not set, the last word of the division organized file name and the virtual file type.

【0044】なお、先頭ワードを仮想ディスク装置とみなし、上記いずれにも属さないワードを仮想ディレクトリ名とみなす点は、順編成ファイルと同様である。 [0044] It should be noted, regarded as the first word and the virtual disk drive, point to regard the word that does not belong to any of the above and the virtual directory name is the same as the sequential files.

【0045】仮想区分ディレクトリに対応したアイコン280をクリックした場合、仮想ディスクをクリックした場合と同様に、サーバプロセス222にメンバ名一覧の取得を要求する。 [0045] If you click the icon 280 corresponding to the virtual classification directory, in the same way as if you click the virtual disk, to request the acquisition of the member name list to the server process 222. サーバは区分ディレクトリ281を参照し、メンバの名称とタイプのリストをクライアントプロセス122に送信する。 The server refers to the division directory 281 sends a list of names and types of members to the client process 122.

【0046】ところで、一般のディレクトリでは、ディレクトリ単位にアクセス権限を設定できる。 [0046] By the way, in a general directory, you can set the access rights to the directory unit. しかし、仮想木構造ディレクトリでは、ディレクトリに実体がないため、このままではディレクトリを単位にアクセス権限を設定できない。 However, in the virtual tree structure directory, because there is no entity in the directory, you can not set access rights to the unit the directory in this state. また、ディレクトリに実体がないため、空のディレクトリを作成することもできない。 In addition, because there is no entity in the directory, you can not also be used to create an empty directory.

【0047】このため、ウインドウ属性ファイルを導入する。 [0047] For this reason, the introduction of window attribute file. ウインドウ属性ファイルには、仮想ディレクトリに対応したウインドウのオープン状態、表示位置、大きさなどを記録する。 The window attribute file, open state of the window corresponding to the virtual directory, the display position, size, and the like are recorded. ウインドウ属性ファイルには、仮想ディレクトリのパス名に、ウインドウ属性ファイルであることを識別する特定の名称を付加する。 The window attribute file, the path name of the virtual directory, to add a specific name to identify that it is a window attribute file. 例えば、アイコン403aの仮想ディレクトリ′userid.dirl′には、′userid.dirl.@.attr′という名称のファイル23 For example, the virtual directory 'userid.dirl' of the icon 403a, named 'userid.dirl. @. Attr' file 23
3を、サーバ計算機200上に作成する。 3, is created on the server computer 200. ウインドウの属性を変更後ウインドウを閉じたときに、ウインドウ属性の情報をサーバプロセス222に転送し、保存する。 When the attribute of the window is closed after change window, and transfers the information of the window attributes to the server process 222 and stored.
クライアントプロセス122にてファイル名リストから仮想木構造ディレクトリのテーブル170を作成するとき、ウインドウ属性ファイルは作成対象とせず、ウインドウ造成ファイルをウインドウにアイコン表示させないようにする。 When you create a client process 122 table 170 of the virtual tree structure directory from the file name list in, the window attribute file without the creation target, the window reclamation file so as not to icons displayed in the window.

【0048】ウインドウ属性ファイルを導入することで、アイコンを表示するときは、ウインドウ属性ファイルを表示しないようにすることで、空のディレクトリを作成できる。 [0048] By introducing the window attribute file, when you display the icon, that you do not want to see the window attribute file, you can create an empty directory. また、ウインドウ属性ファイルのアクセス権限を仮想ディレクトリのアクセス権限とすることで、 In addition, by making the access rights of the window attribute file with the access permissions for a virtual directory,
ディレクトリのアクセス権限を設定できる。 You can set the directory access rights. ウインドウ属性ファイルをサーバ計算機に設けることで、他のクライアント計算機からサーバプロセスに接続した場合でも、ディスプレイ装置に、同様のウインドウ配置を再現できる。 By providing a window attribute file to the server computer, the other client computers even when connected to the server process, the display device can reproduce the same window placement.

【0049】上記に示したように、仮想木構造ディレクトリを形成するには、ファイル名称の一覧情報が必要である。 [0049] As indicated above, in order to form a virtual tree structure directory, it is necessary to list information of the file name. しかし、全ファイルの名称を取得するのでは処理時間がかかってしまう。 However, to get the names of all the files it takes a long processing time. そこで、ファイル名を取得する対象を、ファイル名称文字列の先頭ワードが同じファイル名に限定する。 Therefore, an object to get the file name, the first word of the file name string is limited to the same file name. ファイル名称文字列の先頭ワードは、 The first word of the file name string,
ユーザIDが設定されることが多い。 It is often the user ID is set. このため、先頭ワードが同じファイル名に限定しても、ユーザIDを先頭ワードにもつファイルの一覧を取得することで、各ユーザが所有するファイルを処理することができる。 For this reason, even if the first word is limited to the same file name, by acquiring a list of files with a user ID to the first word, it is possible to each user to process a file that they own.

【0050】先頭ワードがユーザIDでないファイルを処理するときは、仮想マウントを行う。 [0050] when the first word to process the file is not a user ID, perform a virtual mount. 仮想マウント処理のフローチャートを図9に示す。 The flowchart of the virtual mounting process shown in FIG. ユーザがメニューなどから仮想マウントを要求すると(ステップ601)、 When a user requests a virtual mount from a menu (step 601),
クライアントプロセス122は、仮想デイスクの名称をユーザに求める(ステップ611)。 Client process 122 obtains the name of the virtual disk to the user (step 611). ユーザが仮想ディスクの名称を設定すると(ステップ602)、クライアントプロセス122は仮想ディスク装置のアイコン40 When the user sets the name of the virtual disk (step 602), the icon 40 of the client process 122 virtual disk device
2bをサーバデスクトップウインドウ上に表示する(ステップ614)。 And 2b displayed on the server desktop window (step 614).

【0051】このとき、仮想マウントを特定のユーザのみに限定することもできる。 [0051] In this case, it is also possible to limit the virtual mount only to a specific user. 仮想ディスク名称とそのマウントを許すグループ名またはユーザ名との対応関係を記述したマウント許可ファイルを、仮想ディスク名称単位または計算機単位にサーバ計算機のディスク上にあらかじめ設定しておく。 The mount permission file that describes the correspondence between the group name or user name to allow the mount and the virtual disk name, set in advance on the disk of a server computer to a virtual disk name unit or computer unit. ユーザが仮想ディスクの名称を設定したのち、クライアントプロセス122は、サーバプロセス222にマウントを許すか否かを問い合わせる After the user sets the name of the virtual disk, the client process 122 queries whether allowing the mount to the server process 222
(ステップ612)。 (Step 612). サーバプロセス222は、マウント許可ファイルを参照し(ステップ621)、マウントの許可・不許可を決定し、クライアントプロセス122 Server process 222 refers to the mount authorization file (step 621), determines the permission or non-permission of the mount, the client process 122
に送信する(ステップ622)。 To send to (step 622). クライアントプロセス122は、サーバプロセス222からの応答を待って、 The client process 122, waiting for a response from the server process 222,
マウント不許可の場合(ステップ613)は、マウント不許可のメッセージをディスプレイ装置160に表示する(ステップ615)。 Mounting If not authorized (step 613) displays the mount denial message on the display device 160 (step 615).

【0052】サーバ計算機200上のファイルの作成・ [0052] Creating a file on the server computer 200,
削除・複写・名称変更・作成日などの情報の表示などの処理要求や、計算機間のファイル転送要求は、クライアント計算機100の仮想ディレクトリや仮想ファイル等のオブジェクトに対応したアイコンをマウスで操作することで行う。 Processing requests and such as the display of information, such as delete, copy, rename, creation date, file transfer requests between computers, to manipulate the icon corresponding to the virtual directory or object in the virtual file of the client computer 100 with the mouse carried out in the.

【0053】クライアント計算機100とサーバ計算機200との1システムイメージを実現するため、クライアント計算機100のディレクトリの変更処理、仮想ディレクトリの変更によるサーバ計算機200のファイル名変更処理、クライアント計算機100とサーバ計算機200との間の転送処理、サーバ計算機200と他のサーバ計算機との間の転送処理は、すべてオブジェクトのアイコンのドラッグドロップ操作によって行われる。 [0053] In order to realize the 1 system image of the client computer 100 and the server computer 200, processing of changing the directory on the client computer 100, file name change processing of the server computer 200 due to the change of the virtual directory, the client computer 100 and the server computer 200 transfer process between the transfer processing between the server computer 200 and other server computers are all performed by the drag-and-drop operation of the object's icon. ここで、ドラッグドロップ操作とは、ドラッグ元オブジェクトのアイコン上でマウスボタンを押したままアイコンを移動させ、他のウインドウまたはアイコン(ドロップ先オブジェクト)上でマウスボタンを離す操作である。 Here, the drag-and-drop operation to move the icon while holding down the mouse button on the icon of the drag source object is an operation of releasing the mouse button over another window or icon (the destination object).

【0054】図10に、ドラッグドロツプ処理のフローチャート図を示す。 [0054] Figure 10 shows a flowchart of Doraggudorotsupu process. ユーザがドラッグドロップ操作を行うと(ステップ701)、クライアントプロセス122 When the user performs a drag-and-drop operation (step 701), the client process 122
では、ドラッグ元とドロップ先のパス名をそれぞれ求める(ステップ711)。 In obtains the path name of the source and drop destination respectively (step 711). 両者のパス名が一致していれば(ステップ712)、処理を中断する(ステップ71 If both of the path name match (step 712), the process is terminated (Step 71
3)。 3). パス名が等しくなければ、テーブル170を参照して、ドラッグ元とドロップ先の計算機名または計算機のアドレスをそれぞれ求める(ステップ714)。 Not equal the path name refers to the table 170, obtains each address of the source and drop destination computer name or computer (step 714). 計算機名が一致していなければ、計算機間のファイル転送処理を行う(ステップ715)。 If computer names match, it performs file transfer processing between the computer (step 715).

【0055】計算機名が一致していれば、オブジェクトのエントリ171を参照し、ドラッグ元とドロップ先のオブジェクトが仮想区分ディレクトリでないか調べる(ステップ716)。 [0055] If the computer name does not match, refer to the entry 171 of the object, examine whether the object of the drag source and drop destination is not a virtual classified directory (step 716). ドラッグ元とドロップ先の一方のみが仮想区分ディレクトリであれば、メンバからファイルへデータを変換する必要があるため、ファイル複写処理を実行する(ステップ717)。 If only one of source and drop destination virtual partition directory, it is necessary to convert the data from the member to the file, execute the file copy processing (step 717). そうでなければ、ファイルまたはメンバの名称変更処理を起動する(ステップ718)。 Otherwise, start the name change process of the file or member (step 718). 処理後、ドラッグ元のアイコンを削除し、 After the treatment, remove the drag source of the icon,
ドロップ先のウインドウにアイコンを表示する(ステップ719)。 To display the icon in the drop-destination window (step 719).

【0056】ファイルまたはメンバの名称変更処理のフローチャート図を図11に示す。 [0056] illustrates a flow chart of a renaming process of the file or member 11. 名称変更するオブジェクトがクライアント計算機100のファイルやディレクトリであれば(ステップ721)、クライアント計算機100のコマンドやシステム関数を使用し、クライアント計算機100のファイルやディレクトリの名称変更を行う(ステップ722)。 If the object to be renamed files or directories on the client computer 100 (step 721), using the commands and system functions of the client computer 100 performs the renaming of a file or directory on the client computer 100 (step 722).

【0057】名称変更するオブジェクトがサーバ計算機200のオブジェクトの場合は、オブジェクトの下位ディレクトリを再帰的にすべて検索し、メンバ以外の仮想ファイルまたは仮想区分ディレクトリをすべてみつける(ステップ723)。 [0057] If the object you want to change the name is an object of the server computer 200, to find all recursively the subordinate directory of objects, find all the virtual files or virtual classification directory other than the member (step 723). 検索した仮想ディレクトリのエントリからテーブル170によりファイル名に変換する。 To convert from the entry of virtual directory searched by the table 170 in the file name.
また、ドロップ先の仮想ディレクトリに移動した後のファイル名も求める。 In addition, also obtained the file name after moving to the drop destination of the virtual directory. ただし、名称変更するオブジェクトがメンバの場合は、ファイル名とともにメンバ名を付加する。 However, if the object you want to change the name is a member, to add a member name along with the file name. 検索した各ファイルの変更前のファイル名と変更後のファイル名を1つのエントリとしたリストを作成し、サーバに送信し、ファイル名変更を要求する(ステップ724)。 File name after the change the file name before the change of each file searching to create the list with a single entry, and sends to the server, requesting a file name change (step 724). サーバプロセス222では、ファイル名変更要求を受信すると(ステップ731)、リスト中の全エントリのファイル名称変更処理を実行し(ステップ732)、実行結果をクライアントプロセス122に通知する(ステップ733)。 The server process 222 receives the file name change request (step 731), executes the file name change processing of all entries in the list (step 732), and notifies the execution result to the client process 122 (step 733). ただし、メンバ名が付加されている場合は、メンバ名変更処理を実行する。 However, if the member name is added, and executes the member name change process. クライアントプロセス122では、実行結果を受信後、仮想木構造ディレクトリをサーバ計算機の実体にあわせるため、名称変更が成功したファイルのエントリ171を、 In client process 122, after receiving the execution result, to match the virtual tree directory entity server computer, an entry 171 of the file name change is successful,
ドロップ後の仮想ディレクトリのエントリ171の下に移動する(ステップ725)。 To move under the entry 171 of the virtual directory after the drop (step 725).

【0058】ここで、サーバプロセスへのファイル名変更の要求は、1つのファイル毎に行ってもよい。 [0058] In this case, request for a file name change to the server process may be carried out in every one of the files. また、 Also,
変更後のファイル名を付加せず、変更前の仮想ディレクトリのパス名と変更後の仮想ディレクトリのパス名とを付加し、サーバプロセス222にて変更後のファイル名に変換してもよい。 Without adding the file name after the change, adding the path name of the virtual directory after the change and the path name before the virtual directory changes, it may be converted to a file name after the change in the server process 222.

【0059】次に、ファイル転送処理のフローチャート図を図12に示す。 [0059] Next, a flowchart of the file transfer process in FIG. 12. まず、ファイル名変更処理と同様に、ドラッグ元ディレクトリ下の全ファイル名を求める(ステップ741)。 First, as in the file name changing process, obtaining all the file names under the drag source directory (step 741). ファイルが区分編成ファイルであれば、メンバ名まで求める。 If the file is a division organized file, seek to member names. これらの全ファイルおよび全メンバに対して、次のことを行う。 For those of all the files and all the members, do the following things.

【0060】ドラッグ元がサーバ計算機のオブジェクトであれば、以下に示すサーバ計算機からのファイルデータ受信処理を行う(ステップ742)。 [0060] If the drag source object server computer, performs file data reception processing from the server computer shown below (step 742).

【0061】まず、ドロップ先ファイルを作成する(ステップ751)。 [0061] First of all, to create a drop target file (step 751). ただし、ドロップ先が別のサーバ計算機の場合は、クライアント計算機内に一時ファイルを作成する。 However, if the drop destination is another server computer, create a temporary file on the client computing machine. また、ドロップ先のファイルが既に作成されている場合は、ドラッグ元ファイルを格納するのに充分な領域が割り当てられている限り、作成する必要はない。 Also, if the drop target file has already been created, as long as sufficient space is allocated to store the drag source files need not be created.

【0062】次に、ドラッグ元ファイルタイプから、転送モードを識別する(ステップ752)。 Next, from the drag source file type identifies the transfer mode (step 752). 転送モードとして、テキストモードとバイナリモードが設けられている。 As the transfer mode, text mode and binary mode are provided. これは、転送元と転送先の計算機の文字コードや改行コードが異となる場合、テキストデータではこれらを変換を行わなければ、正常に読むことができない一方、 While this is when the character codes and line feed codes, the source or the destination computer is different, to be carried out converting them is a text data, which can not be read correctly,
バイナリデータは変換を行っていけないためである。 Binary data is because the do not perform the conversion.

【0063】この転送モードをクライアントが自動判別できるように、ファイルタイプを利用する。 [0063] This transfer mode client so that it can be automatically determined, to use the file type. ファイルタイプとそのファイルタイプを持つファイルの転送モードとを1つのタイプ定義エントリとし、複数のタイプ定義エントリから構成されるリストを、あらかじめ指定された名称のタイプ定義ファイルに記録しておく。 File Type and one type definition entry and transfer mode of a file having that file type, a list composed of a plurality of types definition entry, is recorded in the type definition file of pre-specified name. タイプ定義ファイルは、サーバ計算機単位あるいはクライアント計算機単位に作成する。 Type definition file is created in the server computer unit or the client computer unit.

【0064】ステップ752では、タイプ定義ファイルを参照し、転送をするファイルのファイルタイプに対応した転送モードを求める。 [0064] At step 752, referring to the type definition file, obtaining the transfer mode for the file type of the file to be transferred. 転送するファイルのファイルタイプに対応したエントリが定義されていない場合は、 If the entry corresponding to the file type of the file to be transferred is not defined,
デフォルトでバイナリとする。 By default, the binary. ただし、ファイルのレコード形式(固定長→テキストモード、不定長→バイナリモード)やファイルに埋め込まれているマジックナンバなどから、エントリが定義されていない場合の転送モードを決定してもよい。 However, the record format (fixed length → text mode, indefinite length → binary mode) of files from such as the magic number that is embedded in and file, the transfer mode if the entry is not defined may be determined.

【0065】次に、転送モードとドラッグ元ファイル名をサーバプロセス222へ送信し、ファイルのデータ送信を要求する(ステップ753)。 Next, the transfer mode and the drag source file name is transmitted to the server process 222 requests data transmission of the file (step 753). サーバプロセス22 Server process 22
2では、要求を受信すると、指定されたファイルのデータを指定されたモードで読み込み(ステップ761)。 In 2, upon receiving the request, it reads in the specified data of the specified file mode (step 761).
クライアントプロセス122へ送信する(ステップ76 And it transmits to the client process 122 (Step 76
2)。 2). クライアントプロセスは、送られたデータを受信し(ステップ754)、ステップ751で作成したファイルにデータを書き込む(ステップ755)。 The client process receives the transmitted data (step 754), writes the data to a file created in step 751 (step 755).

【0066】ドロップ先がサーバ計算機のオブジェクトであれば、以下に示すサーバ計算機へのファイルデータ送信処理を行う(ステップ743)。 [0066] If the drop target is an object of the server computer, performs file data transmission processing to the server computer shown below (step 743).

【0067】まず、サーバプロセスへドロップ先ファイル名を送信する(ステップ756)。 [0067] First of all, to send a drop destination file name to the server process (step 756). サーバプロセス2 Server process 2
22では、要求を受信すると、ドロップ先ファイルを作成する(ステップ763)。 In 22, when receiving a request to create a drop target file (step 763). 領域を事前に確保する必要がある場合は、ドラッグ元ファイルまたは他のサーバのデータを記録したい一時ファイルのファイルの大きさを調べ、そのファイルを格納するのに充分な領域の確保を要求する。 If you need to secure a space in advance to examine the size of the file in the temporary file to be recorded the data of the drag source file or other server, requesting to secure a sufficient space to store the file. 領域を確保できなかった場合、クライアントに通知し、そのファイルの転送を中止する。 If you can not secure the area, and notifies the client, to stop the transfer of the file.

【0068】次に、クライアントプロセス122は、ドラッグ元ファイルまたは他のサーバのデータを記録した一時ファイルのデータをサーバプロセス222に送信する(ステップ757)。 Next, the client process 122 sends the data of the recorded temporary file data of the drag source file or other server to the server process 222 (step 757). サーバプロセスは、データを受信し(ステップ764)、ドロップ先ファイルに書き込む(ステップ765)。 Server process receives data (step 764), writes the drop destination file (step 765).

【0069】転送が成功した場合、ドロップ先のサーバ計算機の仮想ディレクトリのテーブル170のドロップ先の仮想ディレクトリのエントリに新たなエントリをつけ加え、仮想木構造ディレクトリをサーバ計算機の実体にあわせる(ステップ744)。 [0069] If the transfer is successful, added a new entry to the entry in the drop-destination virtual directory table 170 of the virtual directories drop destination server computer, adjust the virtual tree directory entity server computer (step 744) . また、一時ファイルがあれば削除する(ステップ745)。 In addition, the temporary file is deleted if (step 745). 転送後、ドラッグ元ファイルは、削除してもよい。 After the transfer, drag the original file may be deleted.

【0070】図13に、ファイル複写処理のフローチャート図を示す。 [0070] Figure 13 shows a flow chart of a file copying process. ファイル複写処理では、ファイル名称変更処理と同様に、ドラッグ元とドロップ先の仮想ファイルのファイル名とメンバ名を求め、サーバプロセス22 The file copy process, like the file renaming process, obtains the file name and member name of the virtual file of source and drop target, the server process 22
2に送信し、ファイルの複写を要求する(ステップ77 Send to 2 to request a copy of the file (step 77
2)。 2). サーバプロセス222では、ドラッグ元のファイルを読み込み、ドロップ先へ書き込む(ステップ78 The server process 222 reads the drag source files, writing to drop destination (step 78
2)。 2). ドラッグ元のファイルは、削除してもよいが、区分編成ファイルから他のファイルへ書き込むと、区分ディレクトリ内の情報が失われるため、削除しない方が望ましい。 Drag source files may be deleted, writing from division organization file to another, since the information in the segment directory is lost, it is preferable not to remove.

【0071】サーバ計算機200のファイル名称変更処理は、上記のように仮想木構造ディレクトリの構造を変更した場合の他、オブジェクトの名称を変更した場合にも起動される。 [0071] The file name change process of the server computer 200, other If you change the structure of the virtual tree structure directory as described above, is activated even if you change the name of the object. 図14に、ファイル名称変更起動処理のフローチャート図を示す。 Figure 14 shows a flow chart of a file name change start processing.

【0072】ユーザがアイコンの名称を変更すると、 [0072] When the user changes the name of the icon,
(ステップ801)、クライアントプロセス122では、アイコンに対応したオブジェクトのパス名と、そのオブジェクトが属する計算機とを求める(ステップ81 (Step 801), the client process 122, and the path name of the object corresponding to the icon is obtained and a computer to which the object belongs (step 81
1)。 1). 次に、パス名称の文字数や文字コードをチェックし、パス名称が各計算機のファイル名として正しいことをチェックする(ステップ812)。 Then, check the number of characters and character codes of the path name, the path name is checked to be correct as the file name of each computer (step 812). 正しくなければ、 If not correct,
名称変更を拒否する(ステップ813)。 Reject the name change (step 813). 正しければ、 If it is correct,
ドラッグ元のオブジェクトとドロップ先のオブジェクトが等しいとみなして、図11の名称変更処理を実行する(ステップ814)。 Regarded as equal drag source object and drop destination object, it executes a renaming process in FIG. 11 (step 814). 実行後、ウインドウ内のファイル名の表示を変更する(ステップ815)。 After the execution, to change the display of the file name in the window (step 815).

【0073】サーバ計算機200上のファイルに対するその他の作成・削除・複写・情報の表示などの処理も、 [0073] also processing such as other create, delete, copy of-information display for the file on the server computer 200,
上記処理と同様に、アイコンに対応したオブジェクトのパス名称と計算機を調べ、テーブル170から対象となる全ファイルの名称を再帰的に求め、サーバプロセスにその名称や処理の種別などを送信することで実行する。 Like the above process, examine the path name of the object corresponding to the icon computer, it obtains the names of all files of interest from the table 170 recursively, by sending the name and process type, etc. to the server process Run.

【0074】 [0074]

【発明の効果】本発明のリモートファイル操作方法によれば、メインフレーム上のファイルと、パーソナルコンピュータやワークステーション上のファイルとを、1つのシステムであるかのように、グラフィカルユーザインタフェースを用いて簡単に操作することができる。 According to the remote file operation method of the present invention, a file on the main frame, and a file on a personal computer or a work station, as if it were a single system, using a graphical user interface it can be easily manipulated. 1アクションで複数のメインフレーム上のファイル処理を起動することができる。 It is possible to start the file processing on multiple mainframe 1 action. 画面作成処理や画面転送処理に要する通信およびメインフレームプロッサのオーバヘッドを削減し、レスポンスを向上することができる。 Reducing the communication overhead and mainframe flop Rossa required screen creation process and screen transfer process, it is possible to improve the response. 木構造でないディレクトリを、問題なく木構造ディレクトリに変換することができる。 The directory is not a tree structure, it can be converted into a tree structure directory without any problems. 複数のファイルを、ローカルファイルのディレクトリ移動と同様の操作で、転送モードを識別して計算期間で一括転送することができる。 A plurality of files, a directory moving the same procedure as a local file, it is possible to collectively transfer accounting period to identify the transfer mode.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明のハードウェア構成である。 1 is a hardware configuration of the present invention.

【図2】サーバプロセスへの接続処理のフローチャート図である。 2 is a flowchart of the process of connecting to the server process.

【図3】クライアントデスクトップウインドウの表示画面である。 FIG. 3 is a display screen of the client desktop window.

【図4】サーバ接続ダイアログの表示画面である。 FIG. 4 is a display screen of the server connection dialog.

【図5】サーバデイスクトップウインドウの表示画面である。 FIG. 5 is a display screen of the server disk top window.

【図6】仮想木構造ディレクトリの構築処理のフローチャート図である。 6 is a flowchart of a process of establishing a virtual tree directory.

【図7】仮想木構造ディレクトリの表示画面である。 FIG. 7 is a display screen of a virtual tree structure directory.

【図8】仮想木構造ディレクトリテーブルの構造を示した図である。 FIG. 8 is a diagram showing the structure of a virtual tree structure directory table.

【図9】仮想マウント処理のフローチャート図である。 9 is a flowchart of a virtual mount process.

【図10】ドラッグドロップ処理のフローチャート図である。 10 is a flowchart of a drag-and-drop processing.

【図11】ファイルまたはメンバの名称変更処理のフローチャート図である。 11 is a flowchart of a renaming process of the file or member.

【図12】ファイル転送処理のフローチャート図である。 It is a flow chart of FIG. 12 the file transfer process.

【図13】ファイル複写処理のフローチャート図である。 13 is a flowchart of a file copying process.

【図14】ファイルまたはメンバの名称変更起動処理のフローチャート図である。 14 is a flowchart of a name change starting process of the file or member.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100…クライアント計算機、 122…クライアントプロセス、130…クライアント計算機に接続されたデイスク装置、160…クライアント計算機に接続されたディスプレイ装置、170…サーバ計算機のディレクトリを木構造ディレクトリに変換した仮想木構造ディレクトリのテーブル、 171…仮想木構造ディレクトリの仮想ディレクトリや仮想ファイルを管理するエントリ、 172…計算機名称を保持するエントリ、 20 100 ... client computer, 122 ... client process 130 ... client computer connected to the disk device, 160 ... client computer to the connected display apparatus, 170 ... virtual tree directory which converts the directory server computers in a tree structure directory table, 171 ... entry to manage the virtual directory and virtual file of the virtual tree structure directory, entry to hold the 172 ... computer name, 20
0…サーバ計算機、 222…サーバプロセス、225 0 ... server computer, 222 ... server process, 225
…サーバプロセスを管理するサーバ管理プロセス、23 ... server management process to manage the server process, 23
0…クライアント計算機に接続されたディスク装置、2 0 ... disk device that is connected to the client computer, 2
31…サーバ計算機のファイル一覧を記録したカタログファイル、232…順編成ファイル、 233…ウインドウ属性ファイル、280…区分編成ファイル、 2 31 ... catalog file that records the file list of the server computer, 232 ... sequential file, 233 ... window attribute file, 280 ... division organized file, 2
81…区分編成ファイルの区分ディレクトリ、282… 81 ... division organized file of classified directory, 282 ...
区分編成ファイルのメンバファイル、401〜406… Member file of the division organization file, 401 to 406 ...
仮想木構造ディレクトリの仮想ディレクトリや仮想ファイル等を表したアイコン、 420,430,440, Icon that represents a virtual directory and virtual files, and the like of the virtual tree structure directory, 420, 430 and 440,
450…仮想木構造ディレクトリの仮想ディレクトリ内のオブジェクトを表示したウインドウ。 450 ... window that displays the objects in the virtual directory of the virtual tree structure directory.

Claims (12)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】ディレクトリが木構造でないファイルシステムをもつサーバ計算機において、 前記サーバ計算機のファイル名の文字列中の特定の文字によって、前記ファイル名の文字列を1つ以上のワードに分割するステップと、 前記ファイル名の先頭のワードを仮想ディスクとみなすステップと、 前記ファイル名の末尾のワードを仮想ファイルタイプとみなすステップと、 前記ファイル名の末尾の1つ前のワードを仮想の木構造ディレクトリの仮想ファイル名とみなすステップと、 上記いずれにも属さない前記ファイル名のワードを前記仮想木構造ディレクトリの仮想ディレクトリ名とみなすステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 1. A server computer directory has a file system is not a tree structure, the step of dividing by a particular character in a string of the file name of the server computer, the character string of the file name to more than one word and, said the steps of the beginning of the word of the file name as a virtual disk, said comprising the steps of: the end of a word in the file name as a virtual file type, the file name at the end of the preceding word a virtual tree structure directory remote file operation method characterized by the comprising the steps of: as a virtual file name, a step considered a word of the file name that the does not belong to any the virtual directory name of the virtual tree directory, the.
  2. 【請求項2】ディレクトリが木構造でないファイルシステムをもつサーバ計算機において、 前記サーバ計算機の区分編成ファイル名の文字列中の特定の文字によって、前記ファイル名の文字列を1つ以上のワードに分割するステップと、 前記区分編成ファイル名の先頭のワードを仮想ディスクとみなすステップと、 前記区分編成ファイル名の末尾のワードをデフォルトの仮想ファイルタイプとみなすステップと、 前記区分編成ファイル名の末尾の1つ前のワードを仮想の木構造ディレクトリにおけるディレクトリを作成できない仮想区分ディレクトリの名称とみなすステップと、 上記いずれにも属さない前記区分編成ファイル名のワードを前記仮想木構造ディレクトリの仮想ディレクトリ名とみなすステップと、 前記区分編成ファイル中 2. A server computer directory has a file system is not a tree structure, the particular character in a string of division organization file name of the server computer, the character string of the file name to more than one word division the method comprising the steps of: a step regarded as the beginning of the word of the division organized file name and the virtual disk, and a step considered the end of the word of the division organized file name as the default virtual file type, at the end of the division organized file name 1 and a step regarded as the name of the virtual segment directory in front of the word you can not create a directory in the virtual tree structure directory one, regarded as the word of the division organized file name above does not belong to any and virtual directory name of the virtual tree structure directory and the step, the division organization files in メンバを前記仮想木構造ディレクトリにおける仮想ファイル名とみなすステップと、 前記メンバに対応した前記区分編成ファイルの区分ディレクトリの言語タイプ情報を仮想ファイルタイプとみなすステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 Remote file, characterized in that it comprises the steps considered a member and the virtual file name in the virtual tree directory, a step regarded as a virtual file type language type information classified directory of the partitioned based file corresponding to the member, the Method of operation.
  3. 【請求項3】請求項1ないし請求項2記載のリモートファイル操作方法において、 前記サーバ計算機のファイル名が2ワードから構成されるファイル名であって、 前記ファイル名の先頭のワードを仮想ディスクとみなすステップと、 前記ファイル名の末尾のワードを仮想の木構造ディレクトリの仮想ファイル名とみなすステップと、 空の文字列を仮想ファイルタイプとみなすステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 3. A remote file operating method of claim 1 or claim 2, wherein the file name of the server computer a file name composed of two words, a virtual disk first word of the file name steps and, remote file operation method characterized by comprising the steps of: as a virtual file name of the file name of the end of the word a virtual tree directory, a step regarded as a virtual file types an empty string, the considered .
  4. 【請求項4】ディレクトリが木構造でないファイルシステムをもつ1つないし複数のサーバ計算機と、1つないし複数のクライアント計算機とがネットワークにより接続されたコンピュータシステムにおいて、 前記クライアント計算機上にクライアントプロセスを起動するステップと、 前記サーバ計算機上にサーバプロセスを起動するステップと、 前記クライアントプロセスから前記サーバプロセスに接続するステップと、 前記クライアントプロセスが前記サーバプロセスに問い合わせて前記サーバ計算機上のファイルの名称文字列と属性とを含むリストを取得するステップと、 前記リスト参照して、前記クライアント計算機上に仮想の木構造ディレクトリのテーブルを作成するステップと、 前記テーブルを参照して、前記クライアント 4. A directory one or a plurality of server computers with file systems that are not the tree structure, in one or more computer systems and client computer are connected by a network, the client process on the client computer starts steps and the steps of starting the server process on the server computer, and connecting to the server process from the client process, the name string of the file on the server computer the client process by querying the server process to and obtaining a list containing the attribute, with reference the list, and creating a table of virtual tree directory on the client computer, by referring to the table, the client 算機にて前記仮想木構造ディレクトリの構造を表示するステップと、 前記クライアント計算機にて、前記仮想木構造ディレクトリにおける仮想ディスク、仮想ディレクトリ、仮想ファイル名の各オブジェクトを指定させるステップと、 前記テーブルを参照して、前記オブジェクトの前記仮想木構造ディレクトリにおけるパス名称をファイル名の先頭に含む前記サーバ計算機上のファイルの一覧を求めるステップと、 前記クライアント計算機から、接続中の前記サーバプロセスに、前記フイル一覧中の全ファイルに対する処理を要求するステップと、 前記サーバプロセスにて前記処理を実行するステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 And displaying the structure of the virtual tree directory by calculation machine at the client computer, the virtual disk in the virtual tree directory, virtual directory, and step of specifying each object in the virtual file name, the table referring to, a step of obtaining a list of files on the server computer that contains the path name in the virtual tree structure directory of the object at the beginning of the file name, from the client computer, to the server process in the connection, the fill- remote file operation method characterized by comprising the steps of: requesting the processing for all files in the list, and executing the processing by the server process, the.
  5. 【請求項5】請求項4記載のリモートファイル操作方法において、 前記クライアント計算機がグラフィカルユーザインタフェースを備えた計算機であって、 前記クライアント計算機のウインドウ上で、1つないし複数の前記サーバ計算機の前記仮想木構造ディレクトリ内の前記オブジェクトをアイコンないしウインドウとしてグラフィカル表示するステップと、 前記クライアント計算機のウインドウ上で、前記クライアント計算機のファイルおよびディレクトリをアイコンないしウインドウとしてグラフィカル表示するステップと、 前記アイコンから前記アイコンないしウインドウへのドラッグ&ドロップ操作によって、前記クライアント計算機と前記サーバ計算機との間の1つないし複数のファイルの転送を一括起動するステップと、 5. A remote file operation method of claim 4, wherein the client computer is a computer with a graphical user interface, in the window of the client computer, the virtual one or a plurality of the server computer a step of graphically displaying the object in the tree directory as an icon or window on the window of the client computer, the method comprising graphically displaying the files and directories of the client computer as an icon or window, to not the icon from the icon by the drag and drop operation to the window, a step of collectively start the transfer of one or more files between the server computer and said client computer, ラッグ元のオブジェクトの計算機を識別するステップと、 ドロップ先のオブジェクトの計算機を識別するステップと、 前記ドラッグ元オブジェクトに対応した転送対象ファイルを求めるステップと、 前記サーバプロセスと前記クライアントプロセスとの間で通信することにより、前記転送対象ファイルをすべて転送するステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 Identifying a calculator drag source object, identifying a computer drop destination object, determining a transfer target file corresponding to the drag source object, between the client process and the server process by communicating, remote file operation method characterized by comprising the steps of: transferring all the transfer target file.
  6. 【請求項6】請求項5記載のリモートファイル操作方法において、 前記ドラッグ元オブジェクトの計算機が前記クライアント計算機であって、 前記ドロップ先オブジェクトの計算機が前記サーバ計算機であって、 前記ドラッグ元オブジェクトのドラッグ元パス名称を求めるステップと、 前記ドラッグ元オブジェクトのディレクトリ内の全ファイルを転送対象ファイルとするステップと、 前記サーバ計算機の前記仮想木構造ディレクトリのテーブルを参照して、前記ドロップ先オブジェクトの前記仮想木構造ディレクトリにおけるドロップ先パス名称を求めるステップと、 前記転送対象ファイルの名称内の前記ドラッグ元パス名称を前記ドロップ先パス名称に入れ替えた名称を転送先ファイル名とするステップと、 を含むことを特徴とする 6. A remote file operation method according to claim 5, wherein a computer the client computer of the drag source object, wherein the computer of the destination object a server computer, drag of the drag source object determining a source path name, the steps of the transfer target file all files in the directory of the dragged source object refers to the table of the virtual tree directory of the server computer, the virtual of the destination object determining a drop target path name in the tree structure directory, the method comprising the name of the drag source path name replaced with the drop target path name in the name of the transfer target file to the destination file name, to include and wherein リモートファイル操作方法。 Remote file operation method.
  7. 【請求項7】請求項5記載のリモートファイル操作方法において、 前記ドラッグ元オブジェクトの計算機が前記サーバ計算機であって、 前記ドロップ先オブジェクトの計算機が前記クライアント計算機であって、 前記仮想木構造ディレクトリのテーブルを参照して、前記ドラッグ元オブジェクトの前記仮想木構造ディレクトリにおけるドラック元パス名称を求めるステップと、 前記ドラッグ元パス名称をファイル名の先頭に含む前記サーバ計算機上の全ファイルを転送対象ファイルとするステップと、 前記ドロップ先オブジェクトのドロップ先パス名称を求めるステップと、 前記転送対象ファイルの名称内の前記ドラッグ元パス名称を前記ドロップ先パス名称に入れ替えた名称を転送先ファイル名とするステップと、 を含むことを特徴と 7. A remote file operation method according to claim 5, wherein a computer the server computer of the drag source object, the computer of the destination object is a said client computer, said virtual tree directory by referring to a table, determining a drag source path name in the virtual tree directory of the drag source object, all of the files on the server computer that includes the drag source path name to the beginning of the file name and the file to be transferred the method comprising the steps of, determining a drop target path name of the destination object, the name of the drag source path name replaced with the drop target path name in the name of the transfer target file and destination file name , and characterized in that it comprises a するリモートファイル操作方法。 Remote file operations how to.
  8. 【請求項8】請求項5記載のリモートファイル操作方法において、 前記ドラッグ元オブジェクトの計算機が第1の前記サーバ計算機であって、 前記ドロップ先オブジェクトの計算機が前記第1のサーバ計算機と異なる第2の前記サーバ計算機であって、 前記第1のサーバ計算機の前記仮想木構造ディレクトリのテーブルを参照して、前記ドラッグ元オブジェクトの前記仮想木構造ディレクトリにおけるドラッグ元パス名称を求めるステップと、 前記ドラッグ元パス名称をファイル名の先頭に含む前記サーバ計算機上の全ファイルを転送対象ファイルとするステップと、 前記第2のサーバ計算機の前記テーブルを参照して、ドロップ先のオブジェクトの前記仮想木構造ディレクトリにおけるドロップ先パス名称を求めるステップと、 前記転 8. A remote file operation method of claim 5, wherein the drag source object computer a first of said server computer, the destination object of the computer the first server computer different from the second wherein a server computer of, by referring to the table of the first server computer the virtual tree directory, determining a drag source path name in the virtual tree directory of the drag source object, the drag source comprising the steps of all files on the server computer that includes a path name to the beginning of the file name and the file to be transferred, by referring to the table of the second server computer, in the virtual tree directory drop destination object determining a drop destination path name, the rolling 対象ファイルの名称内の前記ドラッグ元パス名称を前記ドロップ先パス名称に入れ替えた名称を転送先ファイル名とするステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 Remote file operation method characterized by comprising the steps of: a name of the drag source path name replaced with the drop target path name in the name of the target file and the destination file name, the.
  9. 【請求項9】請求項5記載のリモートファイル操作方法において、 前記仮想ファイルタイプとファイルを転送するときのモードとの対応を設定するステップと、前記設定モードに従って、ファイルを転送するときの文字コード変換の有無を決定するステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 9. A remote file operating method of claim 5 wherein the step of setting the correspondence between mode when transferring the virtual file type and, in accordance with the setting mode, the character codes to transfer files remote file manipulation method, which comprises determining the presence or absence of conversion, the.
  10. 【請求項10】請求項4記載のリモートファイル操作方法において、 前記サーバ計算機の前記仮想木構造ディレクトリ内の仮想ディレクトリを移動、またはディレクトリの名称を変更することによって、そのディレクトリの名称をファイル名の先頭に含む前記サーバ計算機上の全てのファイル名の名称変更処理を前記サーバプロセスに要求するステップと、 前記ファイルの名称変更処理を前記サーバプロセスにて実行するステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 10. A remote file operation method of claim 4, by changing the name of the move or directory, the virtual directory in the virtual tree directory of the server computer, the name of the directory of the file name characterized in that it comprises the steps of requesting all on the server computer that includes the beginning of the name change process of the file name to the server process, and performing a renaming process of the file at the server process, the remote file operation method.
  11. 【請求項11】請求項4記載のリモートファイル操作方法において、 前記仮想木構造ディレクトリ内の前記オブジェクトのアイコンを表示しているウインドウの大きさやウインドウ内のアイコンの位置を前記サーバ計算機上にウインドウ属性ファイルとして保存するステップと、 前記仮想木構造ディレクトリに対応したウインドウを開くときに前記ウインドウ属性ファイルをサーバ計算機から転送するステップと、 前記ウインドウ属性ファィルのアクセス権限によってディレクトリのアクセス権限を決定するステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 11. A remote file operation method of claim 4, the window attributes the position of the icons in size and window window displaying the icons of the objects in the virtual tree directory on the server computer and storing as a file, transferring said window attribute file when opening the window corresponding to the virtual tree directory from the server computer, determining access permissions of a directory in the access rights of the window the attribute file , remote file manipulation method, which comprises a.
  12. 【請求項12】請求項4記載のリモートファイル操作方法において、 仮想ディレクトリの名称ではじまる前記サーバ計算機上の全ファイルのアクセス権限を設定するステップと、 仮想ディスクのマウントを要求されたときに、前記アクセス権限に従って前記仮想ディスクのマウントを実行するか否かを決定するステップと、 を含むことを特徴とするリモートファイル操作方法。 12. A remote file operation method according to claim 4, wherein the step of setting access privileges for all files on the server computer starting with the name of the virtual directory, when requested to mount the virtual disk, the remote file operation method characterized by comprising the steps of: determining whether to perform the mounting of the virtual disk according to the access rights, the.
JP26678595A 1995-10-16 1995-10-16 Remote file operating method Pending JPH09114724A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26678595A JPH09114724A (en) 1995-10-16 1995-10-16 Remote file operating method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26678595A JPH09114724A (en) 1995-10-16 1995-10-16 Remote file operating method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09114724A true JPH09114724A (en) 1997-05-02

Family

ID=17435665

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26678595A Pending JPH09114724A (en) 1995-10-16 1995-10-16 Remote file operating method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09114724A (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1380958A1 (en) * 2001-04-03 2004-01-14 Sony Corporation Transmission method and transmitter
WO2006030962A1 (en) * 2004-09-16 2006-03-23 Canon Kabushiki Kaisha Communication between image-related apparatus and information apparatus
JP2007108952A (en) * 2005-10-12 2007-04-26 Vision Arts Kk Content movement system and content movement program
JP2008040602A (en) * 2006-08-02 2008-02-21 Nec Corp Content management system and method and program using file server
JP2008077432A (en) * 2006-09-21 2008-04-03 Sony Computer Entertainment Inc File management method and information processor
JP2011086256A (en) * 2009-10-19 2011-04-28 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> File management method, device and program, and computer-readable recording medium
JP2013058206A (en) * 2012-09-24 2013-03-28 Nec Corp Information processor, information display processing system, information processing method, and information processing program
US8918735B2 (en) 2003-04-17 2014-12-23 Microsoft Technology Licensing, Llc. Virtual address bar user interface control
US9361313B2 (en) 2003-03-27 2016-06-07 Microsoft Technology Licensing, Llc System and method for filtering and organizing items based on common elements
US9436351B2 (en) 2003-03-24 2016-09-06 Microsoft Technology Licensing, Llc System and method for user modification of metadata in a shell browser
US9785303B2 (en) 2005-04-22 2017-10-10 Microsoft Technology Licensing, Llc Scenario specialization of file browser

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8321897B2 (en) 2001-04-03 2012-11-27 Sony Corporation Transmission method and transmitter
EP1380958A4 (en) * 2001-04-03 2005-12-07 Sony Corp Transmission method and transmitter
EP1380958A1 (en) * 2001-04-03 2004-01-14 Sony Corporation Transmission method and transmitter
US9436351B2 (en) 2003-03-24 2016-09-06 Microsoft Technology Licensing, Llc System and method for user modification of metadata in a shell browser
US9361313B2 (en) 2003-03-27 2016-06-07 Microsoft Technology Licensing, Llc System and method for filtering and organizing items based on common elements
US9361312B2 (en) 2003-03-27 2016-06-07 Microsoft Technology Licensing, Llc System and method for filtering and organizing items based on metadata
US8918735B2 (en) 2003-04-17 2014-12-23 Microsoft Technology Licensing, Llc. Virtual address bar user interface control
US9910569B2 (en) 2003-04-17 2018-03-06 Microsoft Technology Licensing, Llc Address bar user interface control
US8280975B2 (en) 2004-09-16 2012-10-02 Canon Kabushiki Kaisha Image supply apparatus and imaging apparatus, an information processing apparatus and control method thereof, and communication system
WO2006030962A1 (en) * 2004-09-16 2006-03-23 Canon Kabushiki Kaisha Communication between image-related apparatus and information apparatus
US9785303B2 (en) 2005-04-22 2017-10-10 Microsoft Technology Licensing, Llc Scenario specialization of file browser
JP2007108952A (en) * 2005-10-12 2007-04-26 Vision Arts Kk Content movement system and content movement program
JP2008040602A (en) * 2006-08-02 2008-02-21 Nec Corp Content management system and method and program using file server
JP2008077432A (en) * 2006-09-21 2008-04-03 Sony Computer Entertainment Inc File management method and information processor
JP2011086256A (en) * 2009-10-19 2011-04-28 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> File management method, device and program, and computer-readable recording medium
JP2013058206A (en) * 2012-09-24 2013-03-28 Nec Corp Information processor, information display processing system, information processing method, and information processing program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5627996A (en) Method and apparatus for accessing the same computer file using different file name formats
US6112024A (en) Development system providing methods for managing different versions of objects with a meta model
US7668858B2 (en) Drag and drop technique for building queries
US8321483B2 (en) Method and system for seamlessly accessing remotely stored files
KR100551333B1 (en) Method and apparatus for controlling access to system resources software
US6061726A (en) Dynamic rights assignment apparatus and method using network directory services
US6128619A (en) Generating an internet application for accessing a hierarchical database
US7134122B1 (en) One click deployment
US7533120B2 (en) Method and apparatus for configuring a computer
US5870611A (en) Install plan object for network installation of application programs
US6327613B1 (en) Method and apparatus for sharing peripheral devices over a network
US5859978A (en) Managing application programs in a computer network by using a database of application objects
US7127501B1 (en) Method and system for providing a networked collaborative work environment
US5412808A (en) System for parsing extended file names in an operating system
US7890554B2 (en) Apparatus and method of exporting file systems without first mounting the file systems
JP4197753B2 (en) Method and system for uniformly access multiple directory service
US7249131B2 (en) System and method for dynamically caching dynamic multi-sourced persisted EJBs
JP3946275B2 (en) Remote installation system and method
US8606829B2 (en) Navigation of information via visual representations including nodes and contexts
EP1145151B1 (en) Method and system for database-driven, scalable web page development, deployment-download, and execution
US6334158B1 (en) User-interactive system and method for integrating applications
US6429880B2 (en) Method and apparatus for binding user interface objects to application objects
US6493743B2 (en) PDA workspace interface using application icons for downloading remote user file
US6988101B2 (en) Method, system, and computer program product for providing an extensible file system for accessing a foreign file system from a local data processing system
US6279015B1 (en) Method and apparatus for providing a graphical user interface for creating and editing a mapping of a first structural description to a second structural description