JPH0910859A - スクラップ切断装置 - Google Patents

スクラップ切断装置

Info

Publication number
JPH0910859A
JPH0910859A JP18320595A JP18320595A JPH0910859A JP H0910859 A JPH0910859 A JP H0910859A JP 18320595 A JP18320595 A JP 18320595A JP 18320595 A JP18320595 A JP 18320595A JP H0910859 A JPH0910859 A JP H0910859A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scrap
die
chip
cutting
abutting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP18320595A
Other languages
English (en)
Inventor
Keiji Isomura
Katsutoshi Kutsuna
Tadashi Masaka
克敏 沓名
忠 真坂
慶二 磯村
Original Assignee
Aisin Aw Co Ltd
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Aisin Aw Co Ltd, アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 filed Critical Aisin Aw Co Ltd
Priority to JP18320595A priority Critical patent/JPH0910859A/ja
Publication of JPH0910859A publication Critical patent/JPH0910859A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 ワークのスクラップを確実に切断して排出可
能とする。 【構成】 スクラップ切断装置は、ワーク押圧面10の
幅(d)がスクラップSの幅(r)より大きなダイス1
と、そのストロークにより押し当てられるスクラップS
を切断するスクラップカッター2を有する。スクラップ
カッター2は、切刃31を有するチップ3と、チップ3
を保持するチップホルダ4からなり、チップホルダ4
は、チップ3の保持部41と、ダイス1に対向する衝合
部42を有し、チップ3は、その切刃31をチップホル
ダ4の衝合部42位置より所定量(δ)だけ後退させて
チップホルダ4に保持されている。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、プレス機におけるスク
ラップ切断装置に関し、特に、ワークから打ち抜かれた
スクラップを排出のために切断するスクラップ切断装置
に関する。

【0002】

【従来の技術】一般に、鋼板を絞り加工する際に、成型
途上にあるワークのフランジ外周を真円にするための加
工として、フランジ外周トリムを打ち抜く加工が行われ
る。こうしたトリムの打抜きにより生じたスクラップ
は、トリムパンチの外周に嵌まった切れ目のないリング
状となり、そのままではパンチから外れないため、排出
可能とするには半円状に切断しなければならない。従
来、こうしたスクラップ切断工程では、先ず、ワークの
トリムをダイスによりパンチに沿って打ち抜き、ダイス
がさらに下降する際に、パンチの両側に固定設置された
2つのスクラップカッターの直径方向の切刃にワークを
押しつけて半分に切断して、それぞれ傾斜面上を滑らせ
て反対方向に排出する。

【0003】ところで、上記従来の技術では、打ち抜か
れたスクラップを直ちに切断するのではなく、図5の
(A)に示すように、先に打ち抜かれたスクラップS
1,S2を後に打ち抜かれるスクラップS3とスクラッ
プカッターCとに挟み付けることにより切断する方法が
用いられる。このような加工方法が採られるのは、次の
理由による。すなわち、1枚目のスクラップS1をその
ままトリムダイスDとスクラップカッターCで挟み込ん
で切断させようとすると、トリムダイスDの下死点位置
をトリムダイスDの押圧面とスクラップカッターCの刃
部が絶対に干渉しないようにしなければならない。そう
しないと、金型を破損させてしまうおそれがあるからで
ある。しかしながら、このように上型のストロークを厳
密に管理することは、極めて困難である。

【0004】そして、特にトランスファープレスの場
合、図6に示すように、図の左側から、第1絞り工程、
コーナー成形工程、トリム工程、フランジアップ工程、
外周しごき工程等の各工程のダイスD1〜D5が共通の
上型Uに設置されており、これらの工程のうち、特にコ
ーナー成形、フランジアップ、外周しごきの各工程は、
他の工程より荷重が大きいため、また、加工される板厚
(t)の公差による荷重負荷のバラツキもあり、さらに
は、各工程の段取りの関係で、特定の工程内のワークW
が空になった場合の荷重負荷変動もあるため、トリムダ
イスD3の下降位置は、他の工程の負荷との関係で1サ
イクルごとに変化し、下死点位置を特定することは、実
際上不可能である。こうした事情から、上記のように、
後に打ち抜かれるスクラップS3で先に打ち抜かれたス
クラップS1,S2をスクラップカッターCに押しつけ
る間接的な切断方法が用いられるのである。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の
従来の技術では、先に打ち抜かれたスクラップS2の幅
が後に打ち抜かれたスクラップS3の幅より大きい場
合、こうしたことは、粗材の板厚公差によりトリム代
(抜き落とされるスクラップの幅)には大小のバラツキ
があり、形成されるスクラップの幅にも当然にバラツキ
があることから、必ず起こることであるが、スクラップ
カッターCへの押圧力が小さくなり、図5の(B)に示
すように、片方のスクラップカッターCで切断できない
場合がある。

【0006】さらに、製品の歩留りを大きくすべく、最
小限に小さくした粗材でのトリム代は板厚より薄く、ス
クラップによる押さえつけでは外周方向に逃げてしまい
切断できない。こうしてトリム代が大で切断できる物と
トリム代が小で切断できない物が発生する。

【0007】そして、このように切断できなかった場合
には、スクラップSは、円周上の1箇所だけが切断され
た割りリング形状となるだけであるため、図5の(C)
に示すように、パンチPから外れず、排出されずにスク
ラップカッター上のパンチ外周に残される。このような
ことが繰り返されると、スクラップSがスクラップカッ
ターC上のパンチP外周に溜まってしまい、この状態で
加工を続けると、スクラップSが製品に傷をつけてしま
う等の問題が発生するおそれがある。

【0008】そこで、本発明は、上記問題を解決し、ス
クラップを確実に切断し排出することの可能なスクラッ
プ切断装置を提供することを第1の目的とする。

【0009】次に、本発明は、上記の切断装置におい
て、ダイスの移動をスムーズにさせて、チップホルダ及
びダイスの破損を防止することを第2の目的とする。

【0010】さらに、本発明は、上記の切断装置におい
て、切刃が磨耗あるいは破損しても、チップを交換せず
に切刃の交換を可能とすることを第3の目的とする。

【0011】

【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するた
め、本発明のスクラップ切断装置は、ワーク押圧面の幅
がスクラップの幅より大きなダイスと、該ダイスに対向
して配設され、該ダイスのストロークにより押し当てら
れるスクラップを切断するスクラップカッターを有し、
該スクラップカッターは、切刃を有するチップと、該チ
ップを保持するチップホルダからなり、該チップホルダ
は、前記チップを保持する保持部と、前記ダイスに対向
する衝合部を有し、前記チップは、その切刃を前記チッ
プホルダの衝合部より所定量だけ後退させて前記チップ
ホルダに保持されたことを特徴とする。

【0012】そして、前記スクラップ切断装置は、前記
スクラップカッターを支持する緩衝手段を有し、該緩衝
手段は、前記ダイスが前記チップホルダに衝合するまで
前記スクラップカッターを不動に支持する荷重支持力を
備える構成とすることができる。

【0013】さらに、前記チップは断面を多角形とさ
れ、その少なくとも複数の稜が切刃とされた構成を採っ
てもよい。

【0014】

【発明の作用及び効果】本発明の構成では、ダイスによ
って打ち抜かれたスクラップは、ダイスの移動方向に配
設されたスクラップカッターのチップの切刃に接触し、
ダイスがさらに移動することによりスクラップはチップ
の切刃により切断される。そしてダイスがチップホルダ
に接触したときスクラップの切断が完了するのである
が、このときチップとチップホルダは段差を形成してい
るためダイスがチップの切刃に接触して切刃が破損する
ことはない。

【0015】また、請求項2に記載の構成では、緩衝手
段はダイスがチップホルダに接触するまでは後退作動し
ないため、チップが所定の位置に維持され、スクラップ
を確実に切断することができる。そして、さらにダイス
が移動した場合には、緩衝手段はスクラップカッターが
ダイスの移動方向に後退することを許容する緩衝作動を
行うため、ダイスの移動を無理に抑制せずにスムーズに
移動させることができ、チップホルダ及びダイスの破損
を防止することができる。

【0016】さらに、請求項3に記載の構成では、チッ
プは断面多角形であり、その複数の稜が切刃となってい
るため、1つの稜の切刃が磨耗あるいは破損しても、チ
ップを交換せずに他の稜の切刃をダイスに対向させて保
持部に取り付けなおすだけで切刃の交換が可能であり、
コスト削減が図れる。

【0017】

【実施例】以下、図面に沿い、本発明の実施例を説明す
る。先ず、概略構成から説明すると、図1に示すよう
に、このスクラップ切断装置は、ワーク押圧面10の幅
(d)がスクラップSの幅(r)より大きなダイス1
と、ダイス1に対向して配設され、ダイス1のストロー
クにより押し当てられるスクラップSを切断するスクラ
ップカッター2を有する。スクラップカッター2は、切
刃31を有するチップ3と、チップ3を保持するチップ
ホルダ4からなり、チップホルダ4は、チップ3を保持
する保持部41と、ダイス1に対向する衝合部42を有
し、チップ3は、その切刃31をチップホルダ4の衝合
部42位置より所定量(δ)だけ後退させてチップホル
ダ4に保持されている。

【0018】さらに、スクラップ切断装置は、スクラッ
プカッター2を支持する緩衝手段5を有し、緩衝手段5
は、ダイス1がチップホルダ4に衝合するまでスクラッ
プカッター2を不動に支持する荷重支持力を備える。チ
ップ3は断面多角形とされ、その少なくとも複数の稜3
0が切刃31とされている。

【0019】さらに各部について詳述すると、ダイス1
は、図示しない上型に固定され、下型9に固定された円
筒状のパンチ8の外周に嵌合可能な環状に構成され、そ
の内周下側の角部が、パンチ8の外周上側の角部と協働
してワークWを剪断するトリムダイスとして構成とされ
ている。

【0020】図2に示すように、スクラップカッター2
は、パンチ8を挟んでその直径方向両側の外周部に沿っ
て一対、下型9に摺動自在に設置されている。スクラッ
プカッター2の外側には、コ字状のバックアップホルダ
7が固定され、スクラップカッター2の上下動の案内手
段とされている。

【0021】図3に分解して示すように、チップ3は、
この例では、高速度鋼からなり、断面が正方形の短角柱
形状のブロックとされている。ブロックの軸線と並行す
る4つの側面をつなぐ直角な角部に形成される4つの稜
30a〜30dは、面取りを施すことなく、尖鋭に仕上
げられて、それぞれ4つの切刃31を構成している。チ
ップ3の中心には、軸線方向のネジ孔32が穿設されて
いる。

【0022】チップホルダ4は、合金工具鋼製とされ、
正方形断面の角軸状に構成されている。チップホルダ4
の上端を半分ほど切り欠く形態で保持部41が形成され
ている。保持部41は、チップ3の隣り合う2つの側面
を支持する互いに直角をなす位置決め支持面43と、チ
ップ3の一方の端面に当接する当接面44を備えてい
る。当接面44の中央部から反対側側面に全通するボル
ト通し孔45が形成されている。ボルト通し孔45は、
図の角度からは見られないが、反対側側面で座ぐられて
ボルトヘッドの収容部(図1参照)とされている。保持
部41に隣接する衝合部42の衝合面42aは、チップ
ホルダ4の上端面により構成されている。位置決め支持
面43は、衝合面42aよりチップ3の正方形断面の対
角線長さに所定の長さ(δ)を加えた長さ分だけ下方の
位置を最も低い位置とし、そこから45度の勾配で登る
一対の傾斜面とされている。

【0023】こうした構成よりなるチップ3とチップホ
ルダ4は、ボルト46により連結して一体化される。こ
のように両者が接続された状態で、チップ3の最上方に
位置づけられる1つの稜30aが上方に向けられて切刃
31を構成する。したがって、ボルト46を抜いてチッ
プ3をその軸線回りに回転させ、他の稜30b〜30d
を上方に向けた状態に再セットすることにより切刃31
の交換が可能となる。

【0024】緩衝手段5は、本例では、圧縮コイルスプ
リング50で構成されており、その基端側を下型9に支
持し、上端をチップホルダ4にボルト止めされた円板状
のバネ座6に当接させて、圧縮状態に設置されている。
このスプリング50は、バネ定数の大きな高荷重バネと
され、前記のように、トリムダイス1が下降ストーク
し、ワークWのフランジ外周トリムを打ち抜いたのち、
さらに下降してチップホルダ4の衝合面42aに衝突す
るまでのスクラップ切断ストーク中に、トリムダイス1
の下降荷重が切断中のスクラップSを介してチップ3に
作用しても、スクラップカッター2には緩衝のための後
退ストロークを生じないようにされている。

【0025】次に、上記のように構成されたスクラップ
切断装置の作用について、図4を参照しならがら説明す
る。先ず、図の(A)は、トリムダイス1の下端がワー
クWに当接し、トリムを打ち抜く寸前の状態を表してい
る。この状態で、パンチ8上に置かれたワークWの外周
フランジ部は、パンチ8の上面とチップホルダ4の当初
の衝合面42a位置との間のレベル差(Δ)、例えば2
mm程度及び段差(δ)の設定(図1参照)により、未
だチップ3の切刃31には接触していない。

【0026】さらに、トリムダイス1が下降してワーク
Wのトリムが打ち抜かれ、それによりスクラップSが生
じると、図の(B)に示すようなスクラップ切断工程に
入る。この工程では、トリムダイス1は、チップホルダ
4の衝合面42aに衝合するまで下降し、その間に、ト
リムダイス1に押されたスクラップSは切刃31に押し
つけられ、その板厚に関係なく厚さ(δ)を残す位置ま
で切り込まれる。この厚さ(δ)は、破断に至るに十分
な薄さ、例えば板厚3.2〜3.5mmに対して0.1
〜0.2mmに設定されているため、トリムダイス1が
チップホルダ4の衝合面42aに衝合するまでに、スク
ラップSの切断は完了する。

【0027】この状態から、トリムダイス1はさらに下
降して図の(C)に示すような下死点に達するが、この
ストロークでは、圧縮状態に設置されているスプリング
50にかかるトリムダイス1の下降荷重が衝合面42a
を介して作用し、緩衝のためのチップホルダ4の下降ス
トローク(l)が生じる。

【0028】かくしてスクラップSは、2つの半円状に
切断され、スクラップカッター2の設置位置に対して直
交する方向に、傾斜面等で重力を利用して排出される。
こうしたスクラップSの切断は、毎回のトリムの打ち抜
きに続いてその度に確実に行われる。

【0029】以上、詳記したように、本実施例のスクラ
ップ切断装置によれば、スクラップカッター2は4角が
切刃31となるチップ3とチップホルダ4の2部品で構
成され、組みつけたチップ3の切刃31とチップホルダ
4の高さの差はトリムダイス1が弾発的に押さえる荷重
がチップホルダ4にかかるように段差(δ)の隙間を設
けているので、チップ3の切刃31を損傷させることは
ない。トリムダイス1の下降位置のバラツキを吸収する
ためにスクラップカッター2を上下に摺動自在に、ま
た、スクラップSが切断できる荷重を持ったスプリング
5を下型のスクラップカッター2下に設け、可動式に配
置した。これにより下降するトリムダイス1はトリムパ
ンチ8で外周を抜き、そのまま下降を続けチップホルダ
4の先端を押さえつけ、スクラップSをチップ切刃31
とトリムダイス1で挟み込み2分割に切断でき、排出可
能となる。こうして1サイクルでワークWの外周抜きと
スクラップSの2分割切断が可能になる。かくして、上
記実施例の装置によれば、粗材からの歩溜まりを向上さ
せながら、スクラップSのつまりによる生産性の低下を
防ぎ、製品不良の発生を実施上完全に無くすことができ
る。

【0030】以上、本発明を実施例に基づき詳説した
が、本発明は、特許請求の範囲に記載の事項の範囲内で
種々に細部の具体的な構成を変更して実施することがで
きる。特に、緩衝手段については、油圧式のショックア
ブゾーバとすることができるし、チップの断面形状は、
3角形又はスクラップを切断可能な内角の範囲での5角
形以上の多角形とすることもできる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明を適用した実施例のスクラップ切断装置
の側断面図である。

【図2】上記実施例のスクラップ切断装置の平面図であ
る。

【図3】実施例のチップとチップホルダーを示す分解斜
視図である。

【図4】実施例装置による加工工程を示す工程図であ
る。

【図5】従来のスクラップ切断装置の加工工程の詳細を
示す工程図である。

【図6】従来のトランスファプレスの加工工程を示す工
程図である。

【符号の説明】 S スクラップ 1 トリムダイス(ダイス) 2 スクラップカッター 3 チップ 4 チップホルダ 5 緩衝手段 10 ワーク押圧面 30 稜 31 切刃 41 保持部 42 衝合部 50 圧縮コイルスプリング

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ワーク押圧面の幅がスクラップの幅より
    大きなダイスと、 該ダイスに対向して配設され、該ダイスのストロークに
    より押し当てられるスクラップを切断するスクラップカ
    ッターを有し、 該スクラップカッターは、切刃を有するチップと、該チ
    ップを保持するチップホルダからなり、 該チップホルダは、前記チップを保持する保持部と、前
    記ダイスに対向する衝合部を有し、 前記チップは、その切刃を前記チップホルダの衝合部よ
    り所定量だけ後退させて前記チップホルダに保持された
    ことを特徴とするスクラップ切断装置。
  2. 【請求項2】 前記スクラップ切断装置は、前記スクラ
    ップカッターを支持する緩衝手段を有し、 該緩衝手段は、前記ダイスが前記チップホルダに衝合す
    るまで前記スクラップカッターを不動に支持する荷重支
    持力を備える請求項1記載のスクラップ切断装置。
  3. 【請求項3】 前記チップは断面を多角形とされ、その
    少なくとも複数の稜が切刃とされた請求項1又は2記載
    のスクラップ切断装置。
JP18320595A 1995-06-28 1995-06-28 スクラップ切断装置 Pending JPH0910859A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18320595A JPH0910859A (ja) 1995-06-28 1995-06-28 スクラップ切断装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18320595A JPH0910859A (ja) 1995-06-28 1995-06-28 スクラップ切断装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0910859A true JPH0910859A (ja) 1997-01-14

Family

ID=16131623

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18320595A Pending JPH0910859A (ja) 1995-06-28 1995-06-28 スクラップ切断装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0910859A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102397947A (zh) * 2011-10-26 2012-04-04 铜陵百瑞豪科技有限公司 切边冲孔复合模具

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102397947A (zh) * 2011-10-26 2012-04-04 铜陵百瑞豪科技有限公司 切边冲孔复合模具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7634857B2 (en) Steel plate sprocket and method of producing same
JP5358927B2 (ja) せん断総抜型
US20040206223A1 (en) Adjustable length punch assembly
KR100796082B1 (ko) 프레스 성형 방법 및 장치
US6729172B2 (en) Methods and apparatus for manufacturing press formed articles
US7367210B2 (en) Punch press and deburring device for the punch press
KR101975612B1 (ko) 열간 단조용 프레스 장치
JP4995462B2 (ja) 電池用電極板の製造方法
EP1319493B1 (en) Method and apparatus for in-mould cutting of thermoformed objects withdrawable from the mould with the still partially connected residual web
US6370931B2 (en) Stamping die for producing smooth-edged metal parts having complex perimeter shapes
KR101495356B1 (ko) 작업편을 정밀 블랭킹 하고 성형하는 장치 및 방법
EP0116877B1 (en) Method and apparatus of producing a stepped hollow article
JP2007534498A (ja) ワークの切断エッジをばり取りするための工具、機械ならびに方法
US6769340B2 (en) Self-centering trim punch
KR20040090207A (ko) 프레스성형용 금형장치
EP0734294B1 (en) Stepped, segmented, closed-die forging
CN101176895A (zh) 冲压加工装置及其方法
JP2009241082A (ja) プレス加工装置及びプレス加工方法
JP2003142641A (ja) 半導体装置の樹脂封止後におけるタイバーの除去装置及び方法、並びに半導体装置の製造方法
US4509396A (en) Apparatus for making holes in thick stacks of paper
US3635067A (en) Apparatus and method for fine blanking of parts
JPH084850B2 (ja) パンチプレスによる追切り方法に用いる金型
US4748728A (en) Processes for the mechanized manufacture of jewelry comprising a plurality of small contiguous stones set in a support made of precious metal jewelry
JP2931160B2 (ja) パンチプレス用多連金型
KR100583826B1 (ko) 차량용 풀리의 크라운 성형장치