JPH0899302A - ガントリー型の工作機械 - Google Patents

ガントリー型の工作機械

Info

Publication number
JPH0899302A
JPH0899302A JP26141094A JP26141094A JPH0899302A JP H0899302 A JPH0899302 A JP H0899302A JP 26141094 A JP26141094 A JP 26141094A JP 26141094 A JP26141094 A JP 26141094A JP H0899302 A JPH0899302 A JP H0899302A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
axis
base
machine tool
moving base
gantry type
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP26141094A
Other languages
English (en)
Inventor
Takeshi Tanaka
武 田中
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
SYNX KK
Original Assignee
SYNX KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by SYNX KK filed Critical SYNX KK
Priority to JP26141094A priority Critical patent/JPH0899302A/ja
Publication of JPH0899302A publication Critical patent/JPH0899302A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 構成が簡単で、移送動作がスムーズであるガ
ントリー型の工作機械を提供する。 【構成】 前部ベース1a及び後部ベース1bを設け
て、これらベース1a、1b上に水平のテーブル2を設
ける。テーブル2の両側面部に前後方向のX軸ガイドレ
ール6、6を配設し、このX軸ガイドレール6、6に方
形枠状に構成し、かつテーブル2を取り囲むようにした
X軸移動ベースAを配設する。そして上記の移動ベース
Aにおける下辺部aの中央に受動ナット7、送りねじ軸
8、X軸制御モータ9からなるX軸駆動手段Bを備え
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、テーブル側を固定
し、これに対して主軸ヘッド側を制御駆動して加工を行
うガントリー型の工作機械に関するものである。
【0002】
【従来の技術】加工材と刃物との三次元的な相対運動に
より、切抜き、穴あけ、彫刻などの加工を行う工作機械
が知られており、木材加工分野では数値制御ルータ(N
Cルータ)と呼称して広く使用されている。構成上にお
いて、テーブル側を固定し主軸ヘッド側を例えば三軸方
向に制御移動するものは、特にガントリータイプと呼ば
れており、設置スペースが少ないという点から大型工作
機械において多く適用されている。
【0003】従来、例えば実開平2−22801号公報
によって開示されるガントリー型NCルータは、前後方
向に延びるベース上にテーブルを配設すると共に、ベー
スの両側に一対の前後レールを取りつけ、このレールを
介して上部に門型コラムを移動できるように配設したも
のである。そして、門型コラムの駆動モータ手段として
ベースの一側に前後方向のラックを取りつけ、このラッ
クにコラム側に備えた制御モータのピニオンを噛み合わ
せたものである。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】コラムの構成に関し
て、従来では下側が開放する門型構造であり、この開き
に対処するために剛性を要し大型になることを避け得な
い。また駆動手段の構成に関しては、コラムの重心位置
から遠く離れた側方に配設することしかできず、このた
め移動時に回動モーメント(こじれ)を生じ、スムーズ
な高速運転ができないという問題点がある。さらにコラ
ムの水平移動精度をベースの剛性によって保持しようと
するために、極めて大きなベースの剛性を要した。
【0005】本発明は、上記した従来技術の問題点に着
目し、これを解決すべくなされたものであり、合理的な
構成によって構造を簡素化することができ、しかも円滑
な移送動作が得られるガントリー型の工作機械を提供し
ようとする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めに、本発明に係るガントリー型の工作機械は次のよう
に構成したものである。すなわちその要旨とするところ
は、前後一対のベースを設けて、このベース上に水平の
テーブルを配設すると共に、上記テーブルに前後方向の
X軸ガイドレールを配設し、このX軸ガイドレールに、
正面視枠状に構成しかつテーブルを取り囲むようにX軸
移動ベースを配設し、さらに上記移動ベースの中央下部
付近にX軸駆動手段を関連して設けたことにある。
【0007】また本発明に係るの第2の発明は、X軸駆
動手段をX軸移動ベース側に設けた受動ナットと、ベー
ス側に設けた送りねじ軸及び送りねじ軸を回転駆動する
制御モータとによって構成したことを要旨とする。
【0008】
【作用】X軸移動ベースは、内側が閉じた枠状であるの
で開きの問題がない。このため剛性が要らず小型に製作
することができる。また、重心位置の下方に移動ベース
があるので、そこにX軸駆動手段を配設することができ
る。このため、バランスの良い高速運転ができる。さら
に、X軸移動ベースによってテーブルがたわみを生じて
も、移動ベースとテーブルとの高さ方向の位置関係は変
わらない。このため、特にテーブル強度を大きくして水
平精度を確保する必要がない。
【0009】
【実施例】以下、本発明に係るガントリー型の工作機械
を一実施例について説明する。図1は一部縦断正面図
図2は同じく側面図にして、1aは支脚状の前部ベース
1bは同じく支脚状の後部ベース 2は前後端をベース
1a、1b上に固定して水平に配設したテーブル この
テーブル2は、内部に中空状のバキューム室3を有し、
上面部に加工材Wの取付板4を配設する。上記の取付板
4には多数の吸引穴5を設け、加工材Wに負圧を作用し
て吸着固定する。
【0010】6、6はテーブル2の両側部に配設した前
後方向のX軸ガイドレール Aはスライドベアリングを
上記X軸ガイドレール6、6に係合して移動自在に配設
したX軸移動ベース このX軸移動ベースAは、正面視
して方形枠状に構成するもので、テーブル2の下側に位
置する下辺部a、テーブル2の両側に位置して下辺部a
の両端に樹立したコラム部b及びc、テーブル2の上側
に位置してコラム部b及びcの上端を連結する上辺部d
からなる。上記のX軸移動ベースAは、テーブル2の外
周を取り囲むように配設する。
【0011】Bは上記のX軸移動ベースAを制御駆動す
るX軸駆動手段 このX軸駆動手段Bは、X軸移動ベー
スAにおける下辺部aのほぼ中央に取りつけた受動ナッ
ト7、受動ナット7に螺合する前後方向の送りねじ軸
8、送りねじ軸8を回転駆動するX軸制御モータ9によ
って構成する。上記のX軸制御モータ9は、前部ベース
1aに後向きに配設し、その出力軸を送りねじ軸8に連
結する。10は送りねじ軸の他端を支持する軸受筒であ
る。
【0012】11はX軸移動ベースAにおける上辺部d
の前面部に配設した左右方向のY軸ガイドレール 12
はY軸ガイドレール11に移動自在に配設したY軸移動
ベース このY軸移動ベース12には、周知の送り手段
13を介してY軸制御モータ14を連係する。14はY
軸移動ベース12に配設した上下方向のZ軸ガイドレー
ル 15はZ軸ガイドレール14に配設したZ軸昇降ベ
ース 16はZ軸昇降ベース15に設けた主軸ヘッド
17は加工刃物である。
【0013】18は主軸ヘッド16に取りつけた昇降操
作用の空圧シリンダ 19は周知の送り手段20を介し
てZ軸昇降ベース15に連係したZ軸制御モータであ
る。なおX軸制御モータ9、Y軸制御モータ14及びZ
軸制御モータ19の各モータは図示しないコンピュータ
制御のNC装置によって加工刃物17を三次元方向に駆
動し、加工材Wに対して切削加工を行うものである。
【0014】一実施例に係るガントリー型の工作機械の
構成は上記の通りであり、主軸ヘッド16などを搭載し
たX軸移動ベースAを方形枠状にしたものである。この
ため、重量が荷かった場合においても両コラム部b、c
が開いたり或は閉じたりするような構造的な欠点が見ら
れない。よって設計上において有利であり、構成部材を
簡素化することができる。
【0015】また、主軸ヘッド16などを含むX軸移動
ベースAの重心位置の直下部をX軸駆動手段Bによって
駆動するので、移動中に回動モーメント(こじれ)が生
じない。このため、X軸方向の送行移動を円滑軽快に行
うことができる。
【0016】さらに、X軸移動ベースAなどの重量がX
軸ガイドレール6、6を介してテーブル2に作用すると
き、中間で大きく両端で小さいたわみを生ずるが、同時
にX軸移動ベースAも等寸法だけ降下する。このため加
工材Wと加工刃物17との高さ方向の位置関係が変わら
ず、高さ精度に影響しない。従って、テーブル2の構成
強度として完全剛性を要求しなくて済む。
【0017】なお一実施例では、X軸移動ベースA側に
受動ナット7を固定し、これに対し前部ベース1a側の
送りねじ軸8を回転駆動したものである。しかし、反対
に受動ナット側を回転駆動し、送りねじ軸側を固定して
も良い。またテーブル2の下面にX軸方向にラックギヤ
を取りつけ、これに対しX軸移動ベースに駆動ピニオン
を備えてX軸駆動手段を構成しても良い。
【0018】
【発明の効果】以上のように本発明に係るガントリー型
の工作機械によれば、合理的な構成によって構造の簡素
化及び移送動作の円滑化を達成することができるいう優
れた効果を発揮する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るガントリー型の工作機械の一実施
例を示す縦断正面図である。
【図2】同じく、側面図である。
【符号の説明】
1a 前部ベース 1b 後部ベース 2 テーブル 6 X軸ガイドレール A X軸移動ベース a 下辺部 b コラム部 c コラム部 d 上辺部 B X軸駆動手段 7 受動ナット 8 送りねじ軸 9 X軸制御モータ 16 主軸ヘッド 17 加工刃物

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 前後一対のベースを設けて、このベース
    上に水平のテーブルを配設すると共に、上記テーブルに
    前後方向のX軸ガイドレールを配設し、このX軸ガイド
    レールに、正面視枠状に構成しかつテーブルを取り囲む
    ようにX軸移動ベースを配設し、さらに上記移動ベース
    の中央下部付近にX軸駆動手段を関連して設けたことを
    特徴とするガントリー型の工作機械。
  2. 【請求項2】 X軸駆動手段を、X軸移動ベース側に設
    けた受動ナットと、ベース側に設けた送りねじ軸及び送
    りねじ軸を回転駆動する制御モータとによって構成した
    ことを特徴とする請求項1に記載するガントリー型の工
    作機械。
JP26141094A 1994-09-30 1994-09-30 ガントリー型の工作機械 Pending JPH0899302A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26141094A JPH0899302A (ja) 1994-09-30 1994-09-30 ガントリー型の工作機械

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26141094A JPH0899302A (ja) 1994-09-30 1994-09-30 ガントリー型の工作機械

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0899302A true JPH0899302A (ja) 1996-04-16

Family

ID=17361490

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26141094A Pending JPH0899302A (ja) 1994-09-30 1994-09-30 ガントリー型の工作機械

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0899302A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2000054929A2 (de) * 1999-03-15 2000-09-21 Boehringer Werkzeugmaschinen Gmbh Werkzeugmaschine
WO2000054930A3 (de) * 1999-03-15 2001-03-29 Boehringer Werkzeugmaschinen Werkzeugmaschine
KR20030067336A (ko) * 2002-02-08 2003-08-14 이오희 목재의 가공장치
WO2007144922A1 (en) * 2006-06-16 2007-12-21 Paolino Bacci S.R.L. Machine tool or work centre for pieces made of wood and the like
JP2008162242A (ja) * 2007-01-05 2008-07-17 Misawa Homes Co Ltd 板材加工装置
JP2014193514A (ja) * 2013-03-29 2014-10-09 Nishijima Corp 導光板加工装置
CN105033666A (zh) * 2015-07-27 2015-11-11 南通福通机床有限公司 一种新型龙门机床
CN105751319A (zh) * 2016-03-29 2016-07-13 陈善兰 一种矩形木板自动截割装置
CN106584607A (zh) * 2016-12-15 2017-04-26 成都聚智工业设计有限公司 一种家用木材切割机
CN112060220A (zh) * 2020-07-24 2020-12-11 湖南恒信新型建材有限公司 一种切割装置

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2000054929A2 (de) * 1999-03-15 2000-09-21 Boehringer Werkzeugmaschinen Gmbh Werkzeugmaschine
WO2000054930A3 (de) * 1999-03-15 2001-03-29 Boehringer Werkzeugmaschinen Werkzeugmaschine
WO2000054929A3 (de) * 1999-03-15 2001-04-26 Boehringer Werkzeugmaschinen Werkzeugmaschine
KR20030067336A (ko) * 2002-02-08 2003-08-14 이오희 목재의 가공장치
WO2007144922A1 (en) * 2006-06-16 2007-12-21 Paolino Bacci S.R.L. Machine tool or work centre for pieces made of wood and the like
JP2008162242A (ja) * 2007-01-05 2008-07-17 Misawa Homes Co Ltd 板材加工装置
JP2014193514A (ja) * 2013-03-29 2014-10-09 Nishijima Corp 導光板加工装置
CN105033666A (zh) * 2015-07-27 2015-11-11 南通福通机床有限公司 一种新型龙门机床
CN105751319A (zh) * 2016-03-29 2016-07-13 陈善兰 一种矩形木板自动截割装置
CN106584607A (zh) * 2016-12-15 2017-04-26 成都聚智工业设计有限公司 一种家用木材切割机
CN112060220A (zh) * 2020-07-24 2020-12-11 湖南恒信新型建材有限公司 一种切割装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7172375B2 (en) Machine tool
JP4410002B2 (ja) 工作機械
JPH0899302A (ja) ガントリー型の工作機械
JP2002205231A (ja) 工作機械、特に切削放電加工機ならびにモジュール・セット
US7237991B2 (en) Machine tool
JP2001219325A (ja) ガントリー型の工作機械
KR100633571B1 (ko) 머시닝 센터의 가공장치
CN112571085A (zh) 一种高速五轴加工中心的龙门框架
CN1938121A (zh) 用于加工固定在两个转动轴承之间的长工件的设备和方法
CN108856784A (zh) 落地式立卧组合镗铣数控机床
JPH0577124A (ja) 型鋼加工機
JP2643991B2 (ja) 熱切断、パンチング複合加工機
JP3160045B2 (ja) 曲げ・レーザ複合加工装置
JPH11235631A (ja) 工作機械
CN216633550U (zh) 前置刀架的机床
CN210824392U (zh) 一种雕铣机上下料装置
JP4580597B2 (ja) 立旋盤
CN213225362U (zh) 一种高效精准换刀的雕刻机
CN213411259U (zh) 一种新型立式加工中心机
CN213437624U (zh) 一种龙门架立式倒棱机
CN210359851U (zh) 一种交换激光切割机
CN215749705U (zh) 高效且结构简单的雕刻机
CN210255404U (zh) 一种龙门式多主轴数控加工机床
CN210173093U (zh) 一种cnc雕刻机板材上下料机械手
CN210334785U (zh) 一种防尘激光切割机