JPH0889683A - 洗濯装置 - Google Patents

洗濯装置

Info

Publication number
JPH0889683A
JPH0889683A JP23179394A JP23179394A JPH0889683A JP H0889683 A JPH0889683 A JP H0889683A JP 23179394 A JP23179394 A JP 23179394A JP 23179394 A JP23179394 A JP 23179394A JP H0889683 A JPH0889683 A JP H0889683A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
washing
plate
laundry
room
main
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP23179394A
Other languages
English (en)
Inventor
Hideji Yanase
秀治 柳瀬
Toshihiro Tamura
敏裕 田村
Naoki Kitayama
直樹 北山
Shigeki Yoshida
茂樹 吉田
Takuya Noro
拓哉 野呂
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd, 三洋電機株式会社 filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP23179394A priority Critical patent/JPH0889683A/ja
Publication of JPH0889683A publication Critical patent/JPH0889683A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 小さな装置容積で所定の洗濯容量を確保する
ことのできる洗濯装置を提供する。 【構成】 洗濯装置本体1内の仕切り板21の上側は洗
濯室30とされている。仕切り板21の下側にモータ1
8が設置されている。蓋2の内側に弾性支持体3・3が
設けられ、弾性支持体3・3に上部洗濯板7が略水平に
吊り下げられている。上部洗濯板7には洗濯水通過用の
貫通孔7a・7a……7aが設けられている。歯付ベル
ト10a・100a、10b・100bおよびジャバラ
11a・110a、11b・110bに、上下移動可能
な下部洗濯板12が略水平に取り付けられている。下部
洗濯板12には洗濯水通過用の貫通孔12a・12a…
…12aが設けられている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、洗濯装置に関するもの
であり、さらに詳しくは、従来の洗濯装置に比べて、小
さなスペースでも多量の洗濯物の洗濯を行うことのでき
る洗濯装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から広く知られる洗濯方式として
は、渦巻き式、撹拌式、ドラム式があるが、これらの洗
濯方式ではいずれも、洗い工程、すすぎ工程、脱水工程
のいずれかもしくはすべてにおいて洗濯槽の回転運動に
伴う遠心力を利用している。
【0003】したがって、それぞれの洗濯方式を実現す
るための洗濯装置は必然的に、直方体形状の装置本体
(外枠)と円筒形状の洗濯槽との組み合わせで構成され
る場合が多くなる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながらこのよう
な装置構成では、洗濯装置の全容積に対する洗濯槽の容
積、すなわちスペース効率は決してよいとは言えない。
特に渦巻き式、撹拌式に基づく洗濯装置では、洗濯槽を
内槽と外槽との二重構成とするものが多く、この場合は
さらにスペース効率が悪くなる。
【0005】また、渦巻き式、撹拌式、ドラム式の各方
式に共通して、特に脱水工程時に洗濯物の偏在に基づく
洗濯槽の振動が起こるため、装置本体と洗濯槽との間に
適当な隙間を設ける必要がある。このため、従来から広
く知られる、渦巻き式、撹拌式、ドラム式の各洗濯方式
では、所定の洗濯容量を確保しようとする場合、洗濯装
置全体の容積を著しく小さくすることが困難であるとい
う問題があった。
【0006】本発明は上記問題点に鑑みてなされたもの
で、従来知られている洗濯方式では実現できないような
小さな装置容積で所定の洗濯容量を確保することのでき
る洗濯装置を提供することを目的とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明によれば、上方に
開口した洗濯室を内部に有する装置本体と、この装置本
体の上方に配されて洗濯室を開放可能に塞ぐ蓋とを備
え、蓋に、装置本体の洗濯室へ洗濯用水を供給するため
の給水口が設けられ、装置本体の洗濯室に、洗濯室の水
を排出するための排水口が設けられ、蓋の内側に上部洗
濯板が略水平に設けられ、装置本体の洗濯室に下部洗濯
板が略水平に設けられ、両洗濯板のうちの少なくとも一
方が、装置本体の内部に設けられた洗濯板移動手段によ
り上下移動可能とされ、それによって両洗濯板の間にお
ける洗濯物を挟んで締め付けたりその締め付けを解除し
たりすることができるようにされてなる洗濯装置が提供
される。
【0008】
【作用など】洗濯液および洗濯物を装置本体の洗濯室に
投入して、洗濯物に洗濯液を含浸させた後、上部洗濯板
および下部洗濯板のうちの少なくとも一方を洗濯板移動
手段の作動により上または下向きに接近するよう移動さ
せることにより、洗濯物は、両洗濯板の間で適度に挟圧
(挟んで締め付けること)される。次に、洗濯板移動手
段を逆作動させて両洗濯板を離間させることにより、洗
濯物は挟圧から解除されて再び洗濯液を含浸する。その
後、洗濯物は両洗濯板の再接近移動により次の挟圧に付
される。以上の動作を繰り返すことにより、洗濯物はも
み洗いと同等な作用を受けて洗濯される。
【0009】本発明に係る洗濯装置は、上部洗濯板が弾
性支持され、下部洗濯板が上下移動可能に設けられてい
るのがより好ましい。その場合、両洗濯板の間における
洗濯物を挟んで締め付けたりその締め付けを解除したり
する際に洗濯物に過度の力が加わることがなく、したが
って洗濯物の傷みをほとんどなくすことができる。
【0010】本発明に係る洗濯装置は、上部洗濯板およ
び下部洗濯板に洗濯水通過用の貫通孔が設けられている
のがより好ましい。その場合、両洗濯板が洗濯液中で上
下移動する際に洗濯液から受ける抵抗を小さくすること
ができる。
【0011】本発明に係る洗濯装置は、洗濯板移動手段
が装置本体の洗濯室の外側−たとえば洗濯室の下方およ
び側方などの、デッドスペースになることの多い箇所−
に設けられているのがより好ましい。その場合、洗濯室
の容積をより大きくとることができる。
【0012】
【実施例】以下、本発明の1つの実施例を図面に基づい
て詳しく説明する。なお、これによってこの発明が限定
されるものではない。
【0013】図1は本発明に係る洗濯装置Pの縦断面図
である。図2は図1のII−II線に沿う断面図であ
る。本発明に係る洗濯装置Pは、縦長箱状の洗濯装置本
体1と、この洗濯装置本体1の上方に配された蓋2とを
備えている。装置本体1の内部は、その下部に配された
水平な仕切り板21により上下に区分されている。仕切
り板21の上側は、上方に開口した洗濯室30とされて
いる。仕切り板21の下側および横には、モータ18お
よびその駆動力を伝動する伝動機構が設置されている。
【0014】蓋2は、洗濯室30を開放可能に塞ぐよう
に、ヒンジ31により装置本体1に取り付けられてい
る。蓋2の上部には、洗濯室30へ洗濯用水を供給する
ための給水口4が設けられている。蓋2の内側には、水
密用パッキン5・5、上部リミットスイッチ6および弾
性支持体(コイルバネ)3・3が設けられている。
【0015】弾性支持体3・3には1枚の金属製上部洗
濯板7が略水平に吊り下げられている。上部洗濯板7は
金網状であり、洗濯水通過用の多数の貫通孔7a・7a
……7aが設けられている。各貫通孔7aは2cm四方
程度の大きさである。
【0016】仕切り板21の一部には、洗濯室30の水
を排出するための排水口19が形成されている。この排
水口19は、その途中に排水弁20を備えた排水管25
に連なっている。排水管25は装置本体1の外へ延びて
いる。
【0017】モータ18の水平な回転軸にはギヤB17
が固着されており、このギヤB17にギヤA16が噛み
合わされている。ギヤA16は、装置本体1に回転可能
に取り付けられた、左右に延びる水平シャフトA22の
長さ中央付近に固着されている。シャフトA22の左右
両端にはそれぞれウォーム15a、15bが固着されて
おり、これらのウォーム15a、15bのネジの切り方
は互いに左右対称となっている。ウォーム15aと、装
置本体1に回転可能に取り付けられた、前後に延びる水
平シャフトC23の長さ中央付近に固着されたウォーム
ホイール14aとが噛み合わされている。そして、ウォ
ーム15aとウォームホイール14aとで一対のウォー
ムギヤが構成されている。
【0018】図2に示すように、装置本体1の上部には
枠体8が設けられている。この枠体8には水平シャフト
E26が回転可能に取り付けられ、シャフトE26には
2つの上側プーリ9a・90aが固着されている。一
方、シャフトC23には2つの下側プーリ9b・90b
が固着されている。上側プーリ9a・90aと下側プー
リ9b・90bとの間には、2つの歯付ベルト10a・
100aが垂直に張られている。枠体8と仕切り板21
との間は、ジャバラ11a・110aにより区画され
て、洗濯室30からの洗濯液の侵入がないようにされて
いる。このようにして、装置本体1の一方の内側面に上
下可動部が設けられている。
【0019】上記構成と同じようにして、装置本体1の
対向内側面にも上下可動部が設けられている。すなわ
ち、ウォーム15bとウォームホイール14bとで一対
のウォームギアが形成され、上側プーリ9c・90cと
下側プーリ9d・90dとの間には2つの歯付ベルト1
0b、100bが張られ、さらにこの上下可動部はジャ
バラ11b・110bにより区画されて、洗濯室30か
らの洗濯液の侵入がないようにされている。
【0020】4つの歯付ベルト10a・100a、10
b・100bおよび2つのジャバラ11a・110a、
11b・110bには、1枚の金属製下部洗濯板12が
略水平に取り付けられている。下部洗濯板12は上下移
動可能な金網状のものであり、また、洗濯水通過用の多
数の貫通孔12a・12a……12aが設けられてい
る。これらの貫通孔12a・12a……12aは、下部
洗濯板12が洗濯液中で上下移動する際に洗濯液から受
ける抵抗を小さくするためのものであり、それぞれが2
cm四方程度の大きさである。また、装置本体1の一方
の内側面には、下部リミットスイッチ13が取り付けら
れている。
【0021】上記構成に基づく本発明に係る洗濯装置P
の動作を以下に記す。装置本体1の洗濯室30内に洗濯
物および洗剤を入れて、蓋2を閉じた後、図1に示す水
位Aまで給水口4から給水する。このとき、蓋2には装
置本体1と接する部分にパッキン5が取り付けられてい
るので、蓋2と洗濯室30とからなる空間は完全に密閉
され、洗濯装置Pの外に洗濯液が漏れることはない。
【0022】所定水位Aまで給水した後、モータ18を
駆動することにより、その動力はギヤB17、ギヤA1
6、シャフトA22、ウォーム15a・15b、ウォー
ムホイール14a・14b、歯付ベルト10a・100
a、10b・100bと伝わって行き、最終的に下部洗
濯板12を上方または下方へ駆動することになる。本実
施例においては図2に示す通り、下部洗濯板12は、モ
ータ18を回転方向1(図2において反時計回り方向)
に駆動した場合は略水平状態を保ったまま上昇し、回転
方向2(図2において時計回り方向)に駆動した場合は
略水平状態を保ったまま下降するように構成されてい
る。
【0023】モータ18を回転方向1に駆動すると下部
洗濯板12は上昇するが、この下部洗濯板12は、上記
のように金網状に形成されているので、洗濯液中の洗濯
物のみを上方に持ち上げる。すると、洗濯物の上部が上
部洗濯板7に接するが、上部洗濯板7は弾性支持体3に
より蓋2に弾性支持されているので、洗濯物は、下部洗
濯板12および上部洗濯板7に適度に挟圧された状態で
なお少し上昇を続ける。そして、上部洗濯板7が上昇し
て上部リミットスイッチ6に接し、これを下から押圧す
ることでモータ18の駆動が停止する。
【0024】次いで、モータ18を回転方向2に駆動す
ることにより下部洗濯板12は下降し、これに伴って洗
濯物および上部洗濯板7も下降する。モータ18を回転
方向2に駆動し続けると、やがて下部洗濯板12が下部
リミットスイッチ13に接し、これを上から押圧するこ
とでモータ18の駆動が停止する。その後、モータ18
を再び回転方向1に駆動し、上記の動作を繰り返す。
【0025】上記のような一連の動作においては、次の
ようにして洗濯物の洗濯がなされる。まず、洗濯室30
に投入された洗濯物に洗濯液が浸透し、洗剤の作用によ
って洗濯物の汚れ成分と洗濯物の繊維との結合が弱めら
れる。そして洗濯物が上部洗濯板7および下部洗濯板1
2に挟圧されたときに、洗濯物の繊維に浸透していた洗
濯液が汚れ成分とともに洗濯物から絞り出される。同時
に、繊維同士の擦れや繊維と上部洗濯板7・下部洗濯板
12との擦れにより、洗濯物の繊維から汚れ成分が分離
除去される。このとき、上部洗濯板7は蓋2に弾性支持
体3を介して支持されているので、洗濯物には過度の力
が加わることはなく、したがって洗濯物の傷みはほとん
どない。
【0026】下部洗濯板12の下降に伴って上部洗濯板
7は弾性支持体3の下方への反発力を受けて洗濯物を洗
濯液中に押し戻すので、洗濯物には再び洗濯液が浸透す
る。上記のような洗濯物の挟圧とその解除との動作を繰
り返すことにより、洗濯物の洗濯が効果的になされるの
である。
【0027】以上の動作は洗い工程についての記述であ
る。すすぎ工程においては、排水口19から洗濯液を排
出した後に給水口4から清浄水を給水し下部洗濯板12
の上昇、下降に伴う洗濯物の挟圧、解除を繰り返すこと
により、洗濯物繊維中の残存洗剤を取り除くことができ
る。また脱水工程においては、すすぎ工程終了後に洗濯
室30から排水し、下部洗濯板12を上昇させて洗濯物
を挟圧することにより、洗濯物から水分を除去すること
ができる。
【0028】
【発明の効果】本発明の請求項1に係る洗濯装置にあっ
ては、装置本体の内部に上方に開口した洗濯室を有し、
装置本体の上方に配されて洗濯室を開放可能に塞ぐ蓋の
内側に上部洗濯板が略水平に設けられ、装置本体の洗濯
室に下部洗濯板が略水平に設けられ、両洗濯板のうちの
少なくとも一方が、装置本体の内部に設けられた洗濯板
移動手段により上下移動可能とされ、それによって両洗
濯板の間における洗濯物を挟んで締め付けたりその締め
付けを解除したりすることにより洗濯物の洗濯が効果的
になされるので、装置本体および蓋により形成される空
間のほとんどすべてを洗濯室として利用することがで
き、従来の洗濯方式に基づく洗濯装置と同じ洗濯容量を
確保しようとした場合、その洗濯装置では実現できない
ほど装置容積を著しく減少させることができるという効
果を有する。
【0029】本発明の請求項2に係る洗濯装置にあって
は、上部洗濯板が弾性支持され、下部洗濯板が上下移動
可能に設けられているので、請求項1に係る洗濯装置に
おける効果に加えて、両洗濯板の間における洗濯物を挟
んで締め付けたりその締め付けを解除したりする際に洗
濯物に過度の力が加わることがなく、したがって洗濯物
の傷みはほとんどないという効果を有する。
【0030】本発明の請求項3に係る洗濯装置にあって
は、上部洗濯板および下部洗濯板に洗濯水通過用の貫通
孔が設けられているので、請求項1または請求項2に係
る洗濯装置における効果に加えて、両洗濯板が洗濯液中
で上下移動する際に洗濯液から受ける抵抗を小さくする
ことができるという効果を有する。
【0031】本発明の請求項4に係る洗濯装置にあって
は、洗濯板移動手段が装置本体の洗濯室の外側−たとえ
ば洗濯室の下方および側方などの、デッドスペースにな
ることの多い箇所−に設けられているので、請求項1、
2または3に係る洗濯装置における効果に加えて、洗濯
室の容積をより大きくとることができるという効果を有
する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の1実施例に係る洗濯装置の縦断面図で
ある。
【図2】図1のII−II線に沿う断面図である。
【符号の説明】
1 装置本体 2 蓋 3 弾性支持体 4 給水口 5 パッキン 6 上部リミットスイッチ 7 上部洗濯板 8 枠体 9a、90a、9c、90c 上側プーリ 9b、90b、9d、90d 下側プーリ 10a、100a、10b、100b 歯付ベル
ト 11a、110a、11b、110b ジャバラ 12 下部洗濯板 13 下部リミットスイッチ 14a、14b ウォームホイール 15a、15b ウォーム 16 ギヤA 17 ギヤB 18 モータ 19 排水口 20 排水弁 21 仕切板 22 シャフトA 23 シャフトC 24 シャフトD 25 排水管 26 シャフトE 27 シャフトF
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 吉田 茂樹 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三 洋電機株式会社内 (72)発明者 野呂 拓哉 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三 洋電機株式会社内

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 上方に開口した洗濯室を内部に有する装
    置本体と、この装置本体の上方に配されて洗濯室を開放
    可能に塞ぐ蓋とを備え、 蓋に、装置本体の洗濯室へ洗濯用水を供給するための給
    水口が設けられ、装置本体の洗濯室に、洗濯室の水を排
    出するための排水口が設けられ、 蓋の内側に上部洗濯板が略水平に設けられ、装置本体の
    洗濯室に下部洗濯板が略水平に設けられ、両洗濯板のう
    ちの少なくとも一方が、装置本体の内部に設けられた洗
    濯板移動手段により上下移動可能とされ、それによって
    両洗濯板の間における洗濯物を挟んで締め付けたりその
    締め付けを解除したりすることができるようにされてな
    る洗濯装置。
  2. 【請求項2】 上部洗濯板が弾性支持され、下部洗濯板
    が上下移動可能に設けられている請求項1記載の洗濯装
    置。
  3. 【請求項3】 上部洗濯板および下部洗濯板に洗濯水通
    過用の多数の貫通孔が設けられている請求項1または2
    記載の洗濯装置。
  4. 【請求項4】 洗濯板移動手段が装置本体の洗濯室の外
    側に設けられている請求項1、2または3記載の洗濯装
    置。
JP23179394A 1994-09-27 1994-09-27 洗濯装置 Pending JPH0889683A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23179394A JPH0889683A (ja) 1994-09-27 1994-09-27 洗濯装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23179394A JPH0889683A (ja) 1994-09-27 1994-09-27 洗濯装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0889683A true JPH0889683A (ja) 1996-04-09

Family

ID=16929113

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23179394A Pending JPH0889683A (ja) 1994-09-27 1994-09-27 洗濯装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0889683A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102286866A (zh) * 2011-08-12 2011-12-21 王大文 仿手搓式洗衣机
CN108842362A (zh) * 2018-08-17 2018-11-20 龙港乐家创新科技(深圳)有限责任公司 挤压式洗衣机
CN112226995A (zh) * 2020-09-21 2021-01-15 珠海格力电器股份有限公司 洗衣机及其控制方法

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102286866A (zh) * 2011-08-12 2011-12-21 王大文 仿手搓式洗衣机
CN108842362A (zh) * 2018-08-17 2018-11-20 龙港乐家创新科技(深圳)有限责任公司 挤压式洗衣机
CN112226995A (zh) * 2020-09-21 2021-01-15 珠海格力电器股份有限公司 洗衣机及其控制方法
CN112226995B (zh) * 2020-09-21 2021-09-21 珠海格力电器股份有限公司 洗衣机及其控制方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100195453B1 (ko) 드럼세탁기의 리프터장치
JPH0889683A (ja) 洗濯装置
JPH10263284A (ja) ドラム式洗濯機
CN210936203U (zh) 一种莜麦清洗甩干机
JPH0822358B2 (ja) 洗濯機
CN208183350U (zh) 一种波轮内桶的双桶洗衣机
KR100697082B1 (ko) 드럼 세탁기
US2961865A (en) Domestic appliance
KR930009723B1 (ko) 주방 쓰레기 처리방법 및 그 장치
CN210826786U (zh) 洗衣机
CN213639578U (zh) 一种干洗水洗两用清洗设备
SU1635906A3 (ru) Стиральна машина
US3491387A (en) Laundry apparatus and method
CN215668606U (zh) 一种小型家庭用袜子快速清洗设备
US3129577A (en) Washing machines
KR200285797Y1 (ko) 침대용 매트리스의 세탁장치
JP3176780B2 (ja) 全自動洗濯機
JP2649104B2 (ja) 洗濯機
KR0151284B1 (ko) 저주파 진동세탁기의 내조 개폐장치
KR0139362Y1 (ko) 세탁기의 댐퍼장치
JPH07331470A (ja) 洗浄脱液装置
CN1629386A (zh) 双波轮洗衣机
KR100484833B1 (ko) 세탁기
JP3934245B2 (ja) 洗米排水の処理装置
RU1782256C (ru) Устройство дл стирки бель