JPH088073A - 誘導灯 - Google Patents

誘導灯

Info

Publication number
JPH088073A
JPH088073A JP13340194A JP13340194A JPH088073A JP H088073 A JPH088073 A JP H088073A JP 13340194 A JP13340194 A JP 13340194A JP 13340194 A JP13340194 A JP 13340194A JP H088073 A JPH088073 A JP H088073A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lighting
time
circuit
light
commercial power
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP13340194A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3718859B2 (ja
Inventor
Seiji Hamahata
誠二 浜端
Katsuo Miyata
克生 宮田
Yoshimitsu Hiratomo
喜光 平伴
Hiroyuki Matsumoto
弘之 松本
Koji Fujimoto
幸司 藤本
Original Assignee
Matsushita Electric Works Ltd
松下電工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Works Ltd, 松下電工株式会社 filed Critical Matsushita Electric Works Ltd
Priority to JP13340194A priority Critical patent/JP3718859B2/ja
Publication of JPH088073A publication Critical patent/JPH088073A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3718859B2 publication Critical patent/JP3718859B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】光源に対して表示面を相対的に小さくし、かつ
内部温度の上昇による2次電池の劣化や光源の発光効率
の低下がない誘導灯を提供する。 【構成】商用電源ACの通電時に充電回路3を通して2
次電池Bを充電する。また、直流電源回路1で商用電源
ACから直流を得て、この直流によりインバータ回路よ
りなる点灯回路2を駆動し、冷陰極ランプLcを高周波
点灯させる。また、商用電源ACの停電時には、2次電
池Bを電源として点灯回路2を駆動し、冷陰極ランプL
cを高周波点灯させる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、火災などの災害発生時
に建物内から人を出口に安全に誘導するために用いられ
る誘導灯に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、この種の誘導灯は建物内で非難
口やその方向を示し、また非難経路に必要な照度を与え
るように、建物の出口付近に設置することが義務づけら
れており、商用電源の通電・停電にかかわらず常時点灯
するように構成されている。したがって、この種の誘導
灯には、次の条件が要求される。すなわち、災害発生な
どの非常時によく目立って注意をひくこと(誘目性)、
他のものとの区別して認識できること(視認性)、災害
が発生していない通常時に反復して見ることによって非
常口の位置を記憶させること(学習効果)が要求され
る。また、この種の誘導灯は商用電源の停電時には2次
電池を電源として点灯するから、2次電池として寿命が
長く信頼性の高いものが必要になる。とくに、災害発生
時には、誘目性と視認性とが重要であって、一般には表
示輝度を高めることで誘目性を向上させ、表示面の輝度
分布のむらを少なくすることで視認性を向上させてい
る。
【0003】なお、学習効果を高めるには、表示面積を
大きくすることが考えられるが、表示面積を大きくした
場合、誘目性の確保に必要な表示輝度を得るには光源の
光出力を大きくしなければならず、消費電力が増加する
ことになる。消費電力が大きくなると、小容量の2次電
池を用いる場合には点灯時間が短くなり、点灯時間を確
保するように大容量の2次電池を用いると大型化ととも
に重量が増加するという問題が生じる。しかも、表示面
積の大きさは、設置場所の意匠を損なわないように制約
を受けるから、表示面積を大きくすることは誘導灯とし
ては望ましくないのである。
【0004】上述したように、誘目性、視認性、学習効
果の要求を満たし、かつ消費電力を比較的小さくして2
次電池を電源とした比較的長時間に亙る点灯を可能とす
る誘導灯として、図20に示す外観を有し、図21のよ
うな回路構成を有したものがあり、表示面の大きさや光
源などの仕様としては表1に示すものがある。
【0005】
【表1】
【0006】図21に示した回路について簡単に説明す
る。光源としては蛍光ランプのような熱陰極ランプLh
を用いており、商用電源ACの通電時には安定器BLを
介して熱陰極ランプLhに商用電源ACから給電し、同
時に充電回路3′を通して2次電池Bを充電している。
また、商用電源ACの通電と停電とは、リレーRyへの
通電の有無によって検出しており、停電時にはリレーR
yの接点r1 〜r4 を図示状態である常開側(白丸)か
ら常閉側(黒丸)に切り換えることによって、2次電池
Bを電源としてインバータ回路2′を駆動し、インバー
タ回路2′から熱陰極ランプLhに高周波電力を供給す
るようになっている。
【0007】すなわち、商用電源ACが通電されている
ときには、点検用スイッチSW2 を介してリレーRyに
通電されるから、リレーRyの各接点r1 〜r4 は常開
側に接続され、消灯スイッチSW1 と安定器BLと点検
用スイッチSW2 とリレーRyの接点r1 ,r2 とを通
して熱陰極ランプLhに商用電源ACが供給される。ま
た、リレーRyの接点r3 を介してスタータSが接続さ
れていることによって、熱陰極ランプLhが商用電源A
Cからの給電に伴って始動する。消灯スイッチSW
1 は、常時はオンであって建物内が無人であるときや外
光が充分に入る場合などで誘導灯を消灯させてもよいと
きにオフにされる。また、点検用スイッチSW2 は常時
はオンであって、2次電池Bやインバータ回路2′の動
作確認の際にオフにされる。
【0008】充電回路3′は、点検用スイッチSW2
介して商用電源ACに接続され、商用電源ACをトラン
スTaで降圧した後にダイオードブリッジよりなる整流
回路REで全波整流し、リレーRyの接点r4 を通して
2次電池Bを充電する。2次電池Bに充電電流が流れて
いる期間にはトランジスタQcをオンにし、発光ダイオ
ードLEDcを点灯させるようになっている。
【0009】一方、商用電源ACが停電すると、リレー
Ryに通電されなくなるから、接点r1 〜r4 は常閉側
に接続される。すなわち、インバータ回路2′に対して
接点r4 を通して2次電池Bから給電される。インバー
タ回路2′は、互いのエミッタを共通に接続した一対の
トランジスタQa,Qbを備え、各トランジスタQa,
Qbのコレクタは出力トランスTbの1次巻線n1 の各
端にそれぞれ接続され、各トランジスタQa,Qbのベ
ースは出力トランスTbの帰還巻線n3 の各端にそれぞ
れ接続される。また、出力トランスTbの1次巻線n1
はセンタタップを有し、2次電池Bは両トランジスタQ
a,Qbのエミッタと出力トランスTbの1次巻線n1
のセンタタップとの間に挿入される。この種の回路構成
は、センタタップ方式と称する周知のものであって、両
トランジスタQa,Qbが交互にオンになることによっ
て、2次電池Bの出力である直流を高周波に変換するの
である。ここで、各トランジスタQa,Qbが帰還巻線
3 の誘起電力でオン・オフされる自励式の構成となっ
ているから、コンデンサCa、チョークコイルCHa、
出力トランスTbの共振を利用して出力周波数が決定さ
れる。出力トランスTbの2次巻線n2 は予熱巻線を備
え、リレーRyの接点r1 〜r3 を介して熱陰極ランプ
Lhに接続される。したがって、商用電源ACの停電時
には、2次電池Bを電源としてインバータ回路2′が駆
動され、熱陰極ランプLhはインバータ回路2′からの
昇圧された高周波電力で点灯するのである。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】ところで、一般に誘導
灯の表示面Pは、図20に示すように、中央部と周部の
輪郭線のみが白色であって、残りの大部分(斜線部)は
無地の緑色に着色されている。すなわち、光源からの光
の透過性は、白色部分では大きいが緑色部分では小さい
ものであるから、緑色部分の表示輝度を確保する場合
に、緑色部分の面積が大きいと消費電力が大きくなると
いう問題が生じる。
【0011】光源を変えずにこの問題を解決するには、
緑色部分の面積を小さくすることが考えられる。すなわ
ち、光源に対して表示面を相対的に小さくすれば、表示
輝度が向上して誘目性が向上し、また表示輝度のむらが
減少して視認性が高くなると考えられる。しかしなが
ら、光源に対して表示面を相対的に小さくすると、次の
ような問題が生じる。すなわち、表示面を小さくすると
誘導灯が全体として小型化されることになるが、安定器
BLとしては商用電源周波数に対応したチョークコイル
型のものを用いているから、安定器BLによって小型化
に制約がある。また、光源として熱陰極ランプLhを用
いているから、熱陰極ランプLhの発熱によって誘導灯
の内部温度が上昇し、回路部分や2次電池Bへの悪影響
が生じる。とくに、2次電池Bは高温で使用すると劣化
を早めることになる。しかも、誘導灯内の温度上昇によ
って熱陰極ランプLhの最冷点温度が上昇するから、熱
陰極ランプLhの発光効率が低下し、輝度の確保のため
に供給電力を大きくしなければならないという問題も生
じる。
【0012】結局、誘目性および視認性を向上させるた
めに表示面を光源に対して相対的に小型化しようとする
と上述のような各種問題が生じるから、熱陰極ランプL
hを光源に用いた誘導灯では、表示面の小型化ができな
いのである。本発明は上記問題点に鑑みて為されたもの
であって、光源に対して表示面を相対的に小さくするこ
とで誘目性や視認性を向上させ、かつ設置場所の意匠を
損なわないようにしながらも、内部温度の上昇による2
次電池の劣化や光源の発光効率の低下がなく、しかも低
消費電力とした誘導灯を提供することを目的とするもの
である。
【0013】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、商用
電源の通電時に充電される2次電池と、商用電源の通電
時には商用電源から給電され商用電源の停電時には2次
電池から給電される光源とを備え、光源として冷陰極ラ
ンプを用いたことを特徴とする。請求項2の発明は、請
求項1の発明において、商用電源を整流し直流を出力す
る直流電源回路と、直流電源により高周波電力を出力し
て光源を高周波点灯させる点灯回路と、商用電源の通電
時には直流電源回路から点灯回路に給電させ商用電源の
停電時には2次電池から点灯回路に給電させる電源切換
回路とを備えることを特徴とする。
【0014】請求項3の発明は、請求項1または請求項
2の発明において、光源の光出力を検出する光センサ
と、光センサにより検出される点灯中の光出力が所定値
以下に低下すると報知する報知手段とを備えることを特
徴とする。請求項4の発明は、請求項1または請求項2
の発明において、少なくとも商用電源の通電時における
光源の点灯時間を累積計時する点灯計時手段と、点灯計
時手段により累積計時された点灯時間が所定時間に達す
ると報知する報知手段とを備えることを特徴とする。
【0015】請求項5の発明は、請求項1または請求項
2の発明において、少なくとも商用電源の通電時におけ
る光源の点灯時間を累積計時する点灯計時手段と、点灯
回路の無負荷状態を検出する無負荷検出手段と、点灯計
時手段により累積計時された点灯時間が所定時間に達す
るか無負荷検出手段により無負荷が検出されると報知す
る報知手段とを備えることを特徴とする。
【0016】請求項6の発明は、請求項5の発明におい
て、無負荷検出手段により点灯回路の無負荷が検出され
ると点灯回路の動作を停止させる動作停止手段を備える
ことを特徴とする。請求項7の発明は、請求項5または
請求項6の発明において、商用電源の停電前における2
次電池の充電条件の正否を判断する充電判定手段と、商
用電源の停電からの光源の点灯時間を計時する非常点灯
計時手段と、充電判定手段により判断された充電条件が
正常であり非常点灯計時手段により計時された停電から
無負荷までの時間が所定時間内であるときに異常と判定
する判定手段を備えることを特徴とする。
【0017】請求項8の発明では、請求項7の発明にお
いて、充電判定手段は、商用電源の通電時における2次
電池の充電時間が所定時間以上であるときに充電条件が
正常であると判定することを特徴とする。請求項9の発
明は、請求項6の発明において、点灯回路の動作停止後
に電源切換回路により点灯回路への給電源が切り換えら
れると点灯回路を再始動するリセット手段を備えること
を特徴とする。
【0018】請求項10の発明は、請求項1または請求
項2の発明において、商用電源の通電時における光源の
交換後からの通算の点灯時間と停電時における点灯時間
とを各別に計時する点灯計時手段と、通電時における点
灯時間が所定時間に達すると光源の交換時期を報知する
第1の報知手段と、停電時における点灯時間の減少率が
既定値を越えると2次電池の交換時期を報知する第2の
報知手段とを備えることを特徴とする。
【0019】請求項11の発明は、請求項1または請求
項2の発明において、複数個の光源を有し、商用電源の
停電時に点灯させる光源の個数を商用電源の通電時より
も減らすとともに、停電時に点灯させる光源を停電毎に
循環的に切り換える選択手段を備えることを特徴とす
る。
【0020】
【作用】請求項1の発明の構成によれば、光源として冷
陰極ランプを用いていることによって、光源からの発熱
量を抑制することができ、小型化した場合でも熱的影響
による2次電池の特性劣化や光源自体の温度上昇による
発光輝度の低下を防止することができる。しかも、冷陰
極ランプは熱陰極ランプに比較して一般に管径が小さい
から、熱的影響が少なくこととあいまって誘導灯の小型
化が可能になるのである。
【0021】請求項2の発明の構成によれば、直流電源
より高周波電力を出力して光源を高周波点灯させる点灯
回路を設け、商用電源の通電時には商用電源を整流し直
流化した直流電源を点灯回路に供給し、商用電源の停電
時には通電時に充電した2次電池から点灯回路に直流電
源を供給する構成を採用したことによって、商用電源の
通電時と停電時とにかかわらず光源を高周波点灯させる
から、商用電源周波数用のチョークコイルよりなる大型
の安定器が不要になり、全体として小型化が可能にな
る。
【0022】請求項3の発明の構成によれば、光源の光
出力が所定値以下に低下すると報知するから、冷陰極ラ
ンプのようにランプ電圧やランプ電流の変化では寿命を
判定するのが難しい場合でも交換時期を報知することが
できるのである。しかも、光源の点灯状態で交換時期を
報知するから、非常時に光源が点灯しないという不都合
が生じる前に事前にランプ交換を促すことができるとと
もに、発注から入手までに比較的時間のかかる冷陰極ラ
ンプを点灯しなくなる前に用意することができるのであ
る。
【0023】請求項4の発明の構成によれば、少なくと
も商用電源の通電時における光源の点灯時間を累積計時
することで光源の寿命の目安を得ており、光源が寿命に
至るまでに事前にランプ交換を促すことができる。すな
わち、非常時に光源が点灯しないという不都合が生じな
いようにランプ交換を促すことができて信頼性が向上す
る。また、光源が寿命に近づくと寿命に至るまでに交換
を促すから、あらかじめ予備の光源を在庫しておく必要
がなく、在庫のためのスペースが不要であるとともに必
要以上の光源を購入する必要もなく経済的である。
【0024】請求項5の発明の構成によれば、光源の点
灯時間によって光源の寿命の目安を与えているから、請
求項4の発明と同様の作用が得られ、さらに点灯回路の
無負荷を検出した場合も報知するから、光源の破損など
による無負荷状態を報知してランプ交換を促すことがで
きる。請求項6の発明の構成によれば、点灯回路の無負
荷が検出されると点灯回路の動作を停止させるから、点
灯回路が無負荷になっても電極部分に高電圧が印加され
ず、点灯回路の構成部品へのストレスやランプ交換の際
の感電事故などを防止することができる。
【0025】請求項7の発明の構成によれば、商用電源
の停電前における2次電池の充電条件が正常であるとき
に、停電から無負荷までの時間が所定時間内であるとき
に異常と判定するから、2次電池の充電は正常に行なわ
れているにもかかわらず、非常点灯状態が充分に維持で
きないときに、2次電池や光源の異常を検出することが
できる。
【0026】請求項8の発明の構成によれば、請求項7
の充電条件として、商用電源の通電時における2次電池
の充電時間が所定時間以上であるか否かを判定している
のであって、充分な充電時間が確保されているにもかか
わらず、非常点灯状態が所定時間以上継続されないとき
には異常と判定するのである。請求項9の発明の構成に
よれば、点灯回路の動作停止後に電源切換回路により点
灯回路への給電源が切り換えられると点灯回路を再始動
するから、光源の破損などに伴って点灯回路の動作が停
止したときに、ランプ交換を行なった後に商用電源の入
切による給電源の切り換えを行なうだけで点灯回路の停
止状態を解除することができる。
【0027】請求項10の発明の構成によれば、商用電
源の通電時における光源の点灯時間を計時することによ
り光源の寿命を報知し、また商用電源の停電時における
光源の点灯時間を計時するとともに停電時における点灯
時間の減少率が既定値を越えると2次電池の交換時期を
報知するから、光源の交換時期の報知だけではなく、2
次電池の経時変化による特性劣化を検出して報知するこ
とができる。すなわち、2次電池は充放電を繰り返すと
放電時間がしだいに短くなるから、停電時における点灯
時間の減少傾向を把握して2次電池の交換を促すことが
できるのである。
【0028】請求項11の発明の構成によれば、光源を
複数個設けて商用電源の停電時には通電時よりも点灯灯
数を減らす場合に、停電時に点灯させる光源を固定的に
決めるのではなく停電毎に循環的に切り換えることで、
非常点灯時における通算の点灯時間を各光源でほぼ均等
化し、各光源の通算の点灯時間のばらつきを小さくする
ことができる。すなわち、通算の点灯時間がもっとも長
い光源に合わせてランプ交換の時期を決める場合でも、
各光源の通算の点灯時間に大幅なばらつきがないから、
光源の寿命が充分に残っている状態で交換することによ
る無駄が少ないのである。
【0029】
【実施例】
(実施例1)本実施例は、基本的には図1に示すよう
に、商用電源ACを整流し直流を出力する直流電源回路
1の出力と2次電池Bの出力との一方を、インバータ回
路である点灯回路2の電源として電源切換回路4によっ
て選択し、商用電源ACの通電時と停電時とにかかわら
ず点灯回路2から出力される高周波電力を光源に供給す
るように構成され、商用電源ACの通電時には充電回路
3を通して2次電池Bに充電するようになっている。こ
の構成によってチョークコイル型の安定器を不要とし、
また光源として冷陰極ランプLcを用いることによって
誘導灯の内部での発熱量を抑制している。
【0030】すなわち、冷陰極ランプLcを光源に用い
るとフィラメントの加熱に伴う発熱がないから、熱陰極
ランプに比較して光源からの発熱量を大幅に低減するこ
とができ、しかも光源の管径を小さくすることができ
る。また、図3に示すように、冷陰極ランプLcは熱陰
極ランプ(水銀蒸気圧規制方式)に対して周囲温度の上
昇に対する発光効率の低下が少ないという特徴がある
(図3の破線は冷陰極ランプ、実線は熱陰極ランプを示
す)。ただし、熱陰極ランプでもアマルガム方式の場合
には高温領域での発光効率の低下を改善できるのである
が、調光点灯させたときにアマルガムが過冷却状態とな
って光出力がさらに低下し、光出力の非常に少ない状態
で安定するという問題が生じる。冷陰極ランプLcでは
この種の問題が生じないのであり、周囲温度が高いとき
や調光点灯をさせるときでも効率よく点灯させることが
できるのである。
【0031】したがって、光源に対して表示面を相対的
に小さくし誘導灯を全体として小型化しても、2次電池
Bへの熱的な影響が少なく、また光出力の低下も生じな
いのである。すなわち、誘導灯の小型化による弊害を生
じさせることなく表示面積を小さくすることができ、相
対的に表示輝度を高めて誘目性を向上させることができ
るのである。また、冷陰極ランプLcを用いることで管
径を小さくすることができるから、誘導灯の内部に光源
を配置する構成の場合に表示面と光源との相対距離を広
げることになって表示面での輝度むらを抑制することが
でき、また、導光板の周面に対向させて光源を配置し導
光板の表裏面を表示面とする構成の場合にも光源の管径
が小さいことによって導光板に効率よく光を導入するこ
とができて表示輝度の向上につながるとともに光源の表
面の多箇所から導光板に光が導入されることで表示面で
の輝度むらを抑制することができる。
【0032】次に回路構成について具体的に説明する。
図2に示すように、商用電源ACは、点検用スイッチS
2 およびノイズフィルタNFを介してダイオードブリ
ッジよりなる整流回路REで全波整流され、さらに平滑
用のコンデンサC1 により平滑された後に、DC−DC
コンバータ10に入力される。すなわち、整流回路R
E、コンデンサC1 、DC−DCコンバータ10により
直流電源回路1が構成される。
【0033】DC−DCコンバータ10はフォワード方
式であり、トランスT1 の1次巻線n11にFETよりな
るスイッチング素子Q1 を直列接続し、このスイッチン
グ素子Q1 を集積回路よりなる制御回路11を用いて数
十kHz以上の高周波でスイッチングする。スイッチン
グ素子Q1 がスイッチングされると、トランスT1 の2
次巻線n21に誘起電力が生じるから、この誘起電力をダ
イオードD1 ,D2 により整流し、チョークコイルCH
1 および平滑用のコンデンサC2 によって平滑すること
で直流出力が得られるのである。ここに、スイッチング
素子Q1 を高周波でスイッチングしているから、商用電
源ACをトランスで降圧する場合よりもトランスT1
小型化することができる。ダイオードD2 は還流用であ
り、トランスT1 の2次巻線n21に残っているエネルギ
を出力に送る。コンデンサC2 の両端電圧は抵抗R1
4 とコンデンサC3 とシャントレギュレータRG1
により検出され、コンデンサC2 の両端電圧が所定値以
上になるとフォトカプラの発光素子PT1 を点灯させ
る。このフォトカプラの受光素子PR1 は制御回路11
に接続され、コンデンサC2 の両端電圧が所定値以上に
なると、スイッチング素子Q1 のオン期間を減少させて
コンデンサC2 の両端電圧を下げるようにフィードバッ
ク制御する。すなわち、直流電源回路1の出力電圧は所
定値以下に保たれる。ここに、制御回路11の電源はト
ランスT1 の巻線n31への誘起電力をダイオードD4
整流し、コンデンサC4 で平滑することにより得てい
る。
【0034】コンデンサC2 の両端電圧は、センタタッ
プ方式の自励式インバータ回路である点灯回路2に印加
される。点灯回路2は、トランジスタよりなる一対のス
イッチング素子Q2 ,Q3 を備え、両スイッチング素子
2 ,Q3 はエミッタ同士が共通接続されるとともにコ
ンデンサC2 の負極に接続され、コレクタ同士の間には
出力トランスT2 の1次巻線n12が接続される。出力ト
ランスT2 は、帰還巻線n32を備え、帰還巻線n32の各
端が各スイッチング素子Q2 ,Q3 のベースにそれぞれ
接続される。また、両スイッチング素子Q2 ,Q3 のベ
ースはトランジスタQ4 を介してコンデンサC2 の正極
に接続される。さらに、コンデンサC2の正極はチョー
クコイルCH2 を介して出力トランスT2 の1次巻線n
21のセンタタップに接続される。出力トランスT2 の1
次巻線n12の両端間にはコンデンサC5 が接続され、出
力トランスT2 、チョークコイルCH2 、コンデンサC
5などによる共振回路が構成される。
【0035】トランジスタQ4 がオンであるときに、一
方のトランジスタQ2 がオンであるとすると、チョーク
コイルCH2 −1次巻線n12−トランジスタQ2 を通る
経路で電流が流れ、帰還巻線n32にはトランジスタQ2
に対する順バイアス電流が誘起される。チョークコイル
CH2 、出力トランスT2 、コンデンサC5 は上述のよ
うに共振回路を構成しているから、共振電流によってト
ランジスタQ2 がオフになる。トランジスタQ2 がオフ
になると、帰還巻線n32に誘起される電流の向きが反転
してトランジスタQ3 がオンになる。その後、トランジ
スタQ3 もトランジスタQ2 と同様に共振電流によって
オフになり、以後、トランジスタQ2 ,Q3 が交互にオ
ン・オフするから出力トランスT2 の2次巻線n22に数
十kHzの高電圧の高周波出力が発生するのである。こ
の高周波出力は、限流用のコンデンサC6 を介して冷陰
極ランプLcに供給される。
【0036】ところで、点灯回路2に給電するには、上
述のようにトランジスタQ4 をオンにする必要がある。
このトランジスタQ4 のベースは、トランジスタQ5
エミッタ−コレクタに直列接続された一対の抵抗R5
6 の接続点に接続されており、トランジスタQ5 と抵
抗R5 ,R6 との直列回路はコンデンサC2 の両端間に
接続されている。また、トランジスタQ5 のベースは、
抵抗R7 とダイオードD5 とフォトカプラの受光素子P
2 とを介してコンデンサC2 の正極に接続され、さら
にトランジスタQ5 のベースは抵抗R8 を介してコンデ
ンサC2 の負極に接続される。したがって、受光素子P
2 がオンになれば、トランジスタQ5がオンになり、
これによってトランジスタQ4 をオンにすることができ
る。フォトカプラの発光素子PT2 は、商用電源ACに
消灯スイッチSW1 を介して接続された消灯検出回路1
2に設けられている。
【0037】消灯検出回路12は、商用電源ACを整流
するダイオードD6 および平滑用のコンデンサC7 を備
え、フォトカプラの発光素子PT2 はこのコンデンサC
7 に並列接続されている。したがって、消灯スイッチS
1 がオンであって商用電源ACが通電されていれば、
発光素子PT2 が連続的に点灯し、点灯回路2にコンデ
ンサC2 から給電することができるのである。一方、商
用電源ACが停電したり消灯スイッチSW1 をオフにす
れば、フォトカプラの発光素子PT2 が消灯することに
よって、コンデンサC2 から点灯回路2への給電が停止
する。
【0038】上述したトランスT1 には、さらに別の巻
線n41も設けられ、スイッチング素子Q1 のスイッチン
グによる巻線n41への誘起電力は、ダイオードD7 ,D
8 により整流され、チョークコイルCH3 および平滑用
のコンデンサC9 によって平滑されることによって直流
出力を発生する。この直流出力は充電回路3を通して2
次電池Bに供給される。充電回路3は、コンデンサC9
の正極と2次電池Bの正極との間に挿入された抵抗R9
および逆流阻止用のダイオードD9 と、2次電池Bの正
極にベースが接続されたトランジスタQ6 と、トランジ
スタQ6 のエミッタ−コレクタ間に直列接続された発光
ダイオードLED1 とを備え、トランジスタQ6 と発光
ダイオードLED1 との直列回路はコンデンサC9 に並
列接続される。したがって、商用電源ACが通電中であ
って、2次電池Bに充電電流が流れている間には、抵抗
9 による電圧降下でトランジスタQ6 がオンになり、
発光ダイオードLED1 が点灯して充電中であることを
表示する。
【0039】ここにおいて、2次電池Bは非常用電源回
路13に対して電源として接続されている。非常用電源
回路13は、コンデンサC9 の正極にダイオードD10
介してベースが接続されたトランジスタQ7 を備え、こ
のトランジスタQ7 のエミッタ−コレクタを介して2次
電池Bに接続された昇圧型のチョッパ回路を備える。昇
圧型のチョッパ回路は、周知のようにチョークコイルC
4 とダイオードD11とコンデンサC11との直列回路
と、ダイオードD11とコンデンサC11との直列回路に並
列接続されたFETよりなるスイッチング素子Q11とを
備えた構成を有する。このスイッチング素子Q11とチョ
ークコイルCH4 との直列回路に対して、トランジスタ
7 のエミッタ−コレクタ間を介して2次電池Bが接続
されるのである。また、コンデンサC11はコンデンサC
2 と逆流阻止用のダイオードD12との直列回路に対して
並列接続され、点灯回路2に対する電源として機能す
る。さらに、トランジスタQ7 とチョークコイルCH4
との接続点は、ダイオードD3を介してダイオードD5
と抵抗R7 との接続点に接続される。
【0040】したがって、商用電源ACの通電時には、
コンデンサC9 の両端電圧は2次電池Bの両端電圧より
も高くダイオードD9 を通して電流が流れるから、トラ
ンジスタQ7 は逆バイアスされてオフに保たれる。すな
わち、チョッパ回路は動作しない。一方、商用電源AC
の停電時には直流電源回路1のスイッチング素子Q1
スイッチング動作が停止するから、コンデンサC9 の両
端電圧が低下する。その結果、ダイオードD9 に電流が
流れなくなってトランジスタQ7 がオンになり、チョッ
パ回路に給電されることになる。すなわち、2次電池B
の両端電圧を昇圧したコンデンサC11の両端電圧を点灯
回路2に印加することができる。また同時に、ダイオー
ドD12を通してトランジスタQ5 をオンにして点灯回路
2を動作可能にする。すなわち、商用電源ACが通電状
態から停電状態に移行したとき点灯回路2は動作可能な
状態に保たれ、かつコンデンサC2 からではなくコンデ
ンサC11から給電されることになる。上記動作から明ら
かなように、電源切換回路4は、ダイオードD11
12、トランジスタQ7 などで構成される。
【0041】非常用電源回路13のスイッチング素子Q
11のオン・オフは、集積回路よりなる制御回路14によ
って制御される。この制御回路14は冷陰極ランプLc
のランプ電流に応じてスイッチング素子Q11のオンデュ
ーティを制御するように構成されている。すなわち、冷
陰極ランプLcと出力トランスT2 の2次巻線n22との
間に挿入された抵抗R12の両端電圧を検出することによ
ってランプ電流を検出し、この電圧をダイオードD15
整流した後に抵抗R13,R14、コンデンサC13などで積
分し、この積分値でスイッチング素子Q11のオンデュー
ティを制御している。したがって、ランプ電流の変動を
抑制するようにコンデンサC11の両端電圧を制御するこ
とができ、結果的に光出力の変動を抑制することができ
る。
【0042】上記構成によって、商用電源ACの停電時
にも商用電源ACの通電時と同様に点灯回路2を動作さ
せて冷陰極ランプLcを点灯させることができる。とこ
ろで、商用電源ACの停電時における冷陰極ランプLc
の点灯輝度は、商用電源ACの通電時に比較して低下さ
せてもよい。これは、商用電源ACの停電時には周辺の
照明が消灯するから、誘導灯の表示輝度が通電時よりも
低下したとしても誘目性や視認性を損なうことがないか
らである。そこで、本実施例では商用電源ACの停電時
には、冷陰極ランプLcの始動の際にのみ点灯回路2の
電源となるコンデンサC11の両端電圧を高く設定して冷
陰極ランプLcを容易に始動できるようにし、冷陰極ラ
ンプLcの点灯後には、点灯状態を維持しながらコンデ
ンサC11の両端電圧を引き下げるようにしてある。具体
的には、冷陰極ランプLcの点灯前にはランプ電流は流
れないから、このときにはスイッチング素子Q11のオン
デューティを大きくしてコンデンサC11の両端電圧を高
くし、点灯後にはランプ電流が流れるから、スイッチン
グ素子Q11のオンデューティを小さくしてコンデンサC
11の両端電圧を引き下げるのである。このように、商用
電源ACの停電時には、始動時以外は出力を低減させる
ことによって、出力エネルギが限られている2次電池B
を用いながらも比較的長時間に亙って冷陰極ランプLc
を点灯させることができるのである。
【0043】上述したように、冷陰極ランプLcを光源
として用いているから、熱陰極ランプを用いる場合に比
較して発熱量を大幅に低減することができ、熱的な影響
による電池寿命の短縮や表示輝度の低下を防止すること
ができ、誘導灯を小型化することが可能になるのであ
る。しかも、商用電源ACの通電時と停電時とにおいて
ともに高周波電力で点灯させているから、構成部品に小
型のものを用いることができ、このことによっても小型
化が可能になる。さらには、上述したように、商用電源
ACの通電時には直流電源回路1の出力を安定化し、商
用電源ACの停電時にはランプ電流の安定化によって光
出力を安定化するから、常時、非常時のいずれについて
も、必要な表示輝度が安定的に得られるように制御する
ことができる。しかも、非常時には冷陰極ランプLcの
始動時にのみ点灯回路2に高電圧を与え、以後は点灯回
路2に比較的低電圧を与えるから、誘目性、視認性を損
なうことなく2次電池Bを有効に利用することができる
のである。
【0044】(実施例2)実施例1では、冷陰極ランプ
Lcを光源に用いたことによって熱陰極ランプのように
フィラメントが存在しない分、光源の寿命が長いのであ
るが、それでも蛍光体の劣化などによって光束が徐々に
低下するから、誘目性や視認性を保つために表示輝度を
所定範囲に保つ必要がある。とくに、冷陰極ランプLc
では、熱陰極ランプのように寿命末期におけるランプ電
流の減少やランプ電圧の上昇が見られず、急激に寿命末
期に至って点灯しなくなるから、ランプ電流やランプ電
圧での寿命末期の判定は行なえないものである。また、
冷陰極ランプLcは熱陰極ランプに比較すると普及率が
低く、発注から入手までに時間がかかるのが現状である
から、寿命に至る兆候が検出された時点で発注するのが
望ましい。そこで、本実施例では、図4に示すように、
実施例1の構成に対して寿命に至る前に光束が低下する
とランプ交換を促すための表示を行なう表示回路5を付
加しているのである。
【0045】表示回路5は、商用電源ACの通電時に動
作し、コンデンサC2 の両端電圧を電源として3端子レ
ギュレータRG2 により定電圧を得ている。表示回路5
は、冷陰極ランプLcの近傍に配置されて冷陰極ランプ
Lcの光出力を検出する光センサとしてのフォトトラン
ジスタPH1 を備え、このフォトトランジスタPH1
抵抗R15との直列回路により3端子レギュレータRG2
の出力電圧を分圧し、3端子レギュレータRG2 の出力
電圧を一対の抵抗R16,R17で分圧した基準電圧とコン
パレータCP1 により比較する。コンパレータCP1
冷陰極ランプLcの光出力が低下してフォトトランジス
タPH1 と抵抗R15との接続点の電位が基準電圧よりも
低下すると、出力をHレベルにしトランジスタQ15をオ
ンにする。トランジスタQ15のエミッタ−コレクタには
発光ダイオードLED2 が直列接続され、トランジスタ
15のオンによって発光ダイオードLED2 が点灯す
る。すなわち、冷陰極ランプLcの光出力が所定値以下
になると、発光ダイオードLED2 が点灯してランプ交
換を促すのである。他の構成および動作については、実
施例1と同様であるから説明を省略する。
【0046】上述のようにして、冷陰極ランプLcが点
灯しなくなる前に、ランプの輝度が低下してくると交換
を促すから、商用電源ACの通電中に冷陰極ランプLc
を交換しておくことで、停電時に冷陰極ランプLcの寿
命によって点灯しなくなるのを防止することができ、非
常時には誘導灯を確実に点灯させて安全性を確保するこ
とができるのである。
【0047】(実施例3)本実施例は、実施例2におけ
る表示回路5について周囲温度に応じて基準電圧を変化
させるようにしたものである。すなわち、図3に示した
ように、冷陰極ランプLcは周囲温度の低下によって光
出力が低下するから、周囲温度が低いときに、ランプ交
換の時期ではないにもかかわらず光出力の低下によって
発光ダイオードLED2 が点灯してしまうことがある。
また、始動直後に比較すれば定常点灯時には出力光束が
増加するから、始動直後に発光ダイオードLED2 が誤
点灯することがある。そこで、本実施例では周囲温度に
応じて基準電圧、すなわち交換時期と判断するための光
出力の基準値を変更することで、この種の誤動作を防止
しているのである。
【0048】この目的を達成するために、図5に示すよ
うに、周囲温度を検出するサーミスタTH1 を設け、サ
ーミスタTH1 と抵抗R18との直列回路と、抵抗R19
20の直列回路とでそれぞれ3端子レギュレータRG2
の出力電圧を分圧し、分圧した両電圧を演算増幅器OP
1 よりなる加算器により加算して基準電圧を得ている。
この構成では、周囲温度が低下すると、サーミスタTH
1 の抵抗が増加して演算増幅器OP1 に入力される電圧
が低下し、基準電圧が低下することになる。したがっ
て、周囲温度が低下すれば、低出力光束でも発光ダイオ
ードLED2 は点灯しなくなる。一方、周囲温度が上昇
すれば基準電圧も上昇する。ここで、周囲温度による基
準電圧の変化特性は、冷陰極ランプLcの出力光束の温
度特性に合わせて設定されることは言うまでもない。他
の構成および動作は実施例2と同様である。
【0049】なお、始動直後における低光束時に発光ダ
イオードLED2 を誤点灯させないようにするために、
始動直後から安定に点灯するまでの時間程度は発光ダイ
オードLED2 の点灯を禁止するようにタイマ回路を付
加してもよい。 (実施例4)本実施例では、光源として用いる冷陰極ラ
ンプLcの交換時期の報知に加えて、冷陰極ランプLc
が装着されていない場合や冷陰極ランプLcが割れた場
合などにおいて点灯回路2が無負荷状態になって電極に
高電圧が印加されることによる感電事故や点灯回路2の
構成部品へのストレスなどを防止した誘導灯を開示す
る。すなわち、冷陰極ランプLcは管径が小さいから、
熱陰極ランプに比較すると割れ易く、冷陰極ランプLc
が割れると、両電極間が高電圧になるから感電などの事
故が発生しやすくなる。そこで、本実施例では、この種
の問題を解決できる構成を開示する。
【0050】実施例2、実施例3では、ランプ交換時期
を光出力の減少によって決定していたが、本実施例で
は、冷陰極ランプLcの通算の点灯時間によって交換時
期を決めている。また、点灯回路2の無負荷状態をラン
プ電流が流れなくなることによって検出し、無負荷状態
では点灯回路2の動作を停止させるように構成してい
る。すなわち、図6に示すように、ランプ電流検出回路
6でランプ電流が流れていることが検出されているとき
には冷陰極ランプLcが点灯していると判断し、冷陰極
ランプLcの点灯時間を制御回路7で累積する。この累
積時間が規定した時間に達すると、表示回路5を駆動し
てランプ交換時期を報知する。また、制御回路7ではラ
ンプ電流検出回路6でランプ電流が検出されなくなった
ときには、点灯回路2が無負荷状態であると判断し、点
灯回路2の動作を停止させる。
【0051】具体回路を図7に示す。直流電源回路1、
点灯回路2、充電回路3は、実施例1と同様の構成を有
し、図2に示した回路と同符号を付した部材は同様に機
能する。なお、整流回路REの出力側の平滑用のコンデ
ンサC1 は省略してある。電源切換回路4は、ダイオー
ドD21と抵抗R21とを直列し、この直列回路をコンデン
サC9 の両端間に接続し、さらにダイオードD21のカソ
ードと抵抗R21との接続点にカソードを接続したダイオ
ードD22のアノードをトランジスタQ21のベースに接続
してある。このトランジスタQ21は、2次電池Bの正極
と点灯回路2の入力端との間に接続されており、トラン
ジスタQ21がオフであるときには直流電源回路1から点
灯回路2に給電され、トランジスタQ21がオンになると
2次電池BからトランジスタQ21を通して点灯回路2に
給電されるようになっている。すなわち、商用電源AC
が通電中であればコンデンサC9 の両端電圧は比較的高
く、ダイオードD21および抵抗R21を通して電流が流れ
るから、抵抗R21の両端電圧は高くダイオードD22はオ
フになっている。このとき、トランジスタQ21はオフで
あって、ダイオードD9 を通して2次電池Bへの充電が
なされる。一方、トランジスタQ21がオンになるのは、
商用電源ACの停電によってコンデンサC9 の両端電圧
が低下したときであって、コンデンサC9 の両端電圧が
低下してダイオードD21がオフになると、ダイオードD
22を通る経路でトランジスタQ21に2次電池Bの出力に
よる順バイアス電流が流れ、トランジスタQ21がオンに
なるのである。トランジスタQ21がオンになれば、2次
電池Bから点灯回路2への給電路が導通し、このとき商
用電源ACは停電しているから、直流電源回路1の出力
も停止している。なお、本実施例では、2次電池Bの出
力は点灯回路2に対してチョッパ回路を通すことなく直
接給電されている。
【0052】ところで、ランプ電流は、実施例2と同様
にして、出力トランスT2 の2次巻線n22と冷陰極ラン
プLcとの間に挿入された抵抗R12の両端電圧として検
出される。抵抗R12の両端電圧は、ダイオードD15で整
流された後、抵抗R13,R14およびコンデンサC13より
なる積分回路で平均化され、積分回路の出力でトランジ
スタQ12をオンオフするように構成されている。トラン
ジスタQ12のコレクタには抵抗R23が接続され、トラン
ジスタQ12のエミッタ−コレクタと抵抗R23との直列回
路は点灯回路2の入力端間に接続される。さらに、トラ
ンジスタQ12のコレクタは、制御回路7の主構成要素で
あるプロセッサ15においてランプ電流の有無が入力さ
れる7番端子に接続される。
【0053】したがって、ランプ電流が流れている期間
には、トランジスタQ12がオンになってプロセッサ15
の7番端子への入力はLレベルであるから、プロセッサ
15では7番端子がLレベルである時間を検出して内蔵
したタイマカウンタにより累積する。すなわち、冷陰極
ランプLcの点灯時間を累積する。この時間が規定時間
(たとえば、20000時間)に達すると、プロセッサ
15の16番端子をHレベルにしてトランジスタQ16
オンにし、発光ダイオードLED3 を点灯させ、冷陰極
ランプLcが寿命に近づいたことを報知するのである。
【0054】一方、ランプ電流検出回路6によりランプ
電流が検出されなくなると、7番端子への入力はHレベ
ルになる。プロセッサ15の11番端子の出力は通常は
Hレベルであるが、7番端子への入力がHレベルになる
とLレベルになってトランジスタQ17をオフにする。こ
のトランジスタQ17のコレクタは、点灯回路2の入力端
の正極に抵抗R24を介して接続されるとともに、点灯回
路2の動作を制御するトランジスタQ18のベースに接続
されている。トランジスタQ18のコレクタ−エミッタ
は、点灯回路2を構成するスイッチング素子Q2 ,Q3
のエミッタに接続されたチョークコイルCH5 と、スイ
ッチング素子Q2 ,Q3 のベースとの間に挿入されてい
る。したがって、プロセッサ15の11番端子の出力が
LレベルになってトランジスタQ17がオフになると、ト
ランジスタQ18がオンになってスイッチング素子Q2
3 のベース電位を引下げ、結果的にスイッチング素子
2,Q3 をオフにするのである。その結果、点灯回路
2は動作を停止し、冷陰極ランプLcへの給電が停止す
る。
【0055】上述のようにして、冷陰極ランプLcの破
損やリークがあると、ランプ電流が流れなくなることに
よって点灯回路2の無負荷状態と判断し、点灯回路2の
動作を停止させるのである。また、このときプロセッサ
15の16番端子をHレベルにして発光ダイオードLE
3 を点灯させ、ランプ交換を促すようにしてある。プ
ロセッサ15についての上記動作をまとめると、図8の
ようになる。まず、電源を投入すると(S1)、最初の
10秒間はランプ電流検出回路6の動作を受け付けない
ようにする(S2,S3)。これは、冷陰極ランプLc
の点灯するまでの間に点灯回路2の動作が停止すると不
都合だからである。電源の投入から10秒以内に冷陰極
ランプLcが点灯すると、その後は、ランプ電流の有無
を判断し(S4)、ランプ電流が流れている期間にはプ
ロセッサ15に内蔵したタイマカウンタによりランプ電
流の流れている時間を累積する(S5)。累積時間が2
0000時間に達すると(S6)、冷陰極ランプLcの
寿命に近いものとして発光ダイオードLED3 を点灯さ
せランプを交換させるように異常表示を行なう(S
7)。また、ステップS4において電源投入から10秒
が経過しないか、累積時間が20000時間に到達して
いない状態で、ランプ電流が流れないときには、点灯回
路2の動作を停止させるとともに(S8)、発光ダイオ
ードLED3 を点灯させて異常表示を行なう(S7)。
発光ダイオードLED3 が点灯すれば、冷陰極ランプL
cの寿命または故障であるから、ランプ交換を行なえば
よいのである。
【0056】なお、プロセッサ15において1番端子お
よび2番端子は水晶振動子等の振動子を接続する端子で
あり、14番端子は接地端子、28番端子は正極側電源
端子(たとえば、5V)である。また、プロセッサ15
の内部クロックは400kHzに設定してある。他の構
成および動作は実施例1と同様である。 (実施例5)本実施例は、2次電池Bの充電時間を検出
することによって、2次電池Bの充電不足を検出し、商
用電源ACの停電時に冷陰極ランプLcが点灯しない場
合に、2次電池Bの充電不足によるのか他の原因による
のかを判断して、2次電池Bの充電不足であるときには
異常表示を行なわないようにした構成を開示する。2次
電池Bが充電中か否かは、図9に示すように、充電回路
3と2次電池Bとの間に挿入された充電検出回路8によ
り検出される。充電検出回路8で充電が検出されている
期間は制御回路7により累積計時され、制御回路7では
充電時間の長短に応じて表示回路5に異常表示を行なう
か否かを判断する。
【0057】具体的には、図10に示すように、電源切
換回路4におけるダイオードD9 に代えてフォトカプラ
の発光素子としての発光ダイオードPT3 を用いている
のであって、フォトカプラの受光素子であるフォトトラ
ンジスタPR3 は抵抗R25と直列接続され、抵抗R25
フォトトランジスタPR3 との直列回路は、点灯回路2
の入力端間に接続される。また、抵抗R25とフォトトラ
ンジスタPR3 との接続点はプロセッサ15の10番端
子に接続される。
【0058】2次電池Bへの充電電流が流れていれば、
発光ダイオードPT3 は点灯し、フォトトランジスタP
3 はオンになるから、プロセッサ15の10番端子は
Lレベルになる。また、商用電源ACの停電時には発光
ダイオードPT3 は消灯するからプロセッサ15の10
番端子はHレベルになる。そこで、プロセッサ15では
10番端子がHレベルになるまでLレベルである期間を
計時し、10番端子がHレベルになった時点からランプ
電流検出回路6によりランプ電流が検出されている時間
を計時する。すなわち、商用電源ACの停電後に冷陰極
ランプLcが点灯している時間を計時するのである。こ
の時間が、所定時間(たとえば25分)以内であるとき
に、10番端子がLレベルであった期間が2次電池Bの
満充電に要する時間(たとえば24時間)以上継続して
いたか否かを判定し、10番端子がHレベルになる前に
連続してLレベルであった期間が上記時間を越えている
ときには、冷陰極ランプLcの異常(無負荷等)によっ
て点灯しないものとして16番端子をHレベルにし、発
光ダイオードLED3 を点灯させるのである。一方、商
用電源ACの停電からランプ電流が流れていた期間が上
記所定時間に満たない場合でも、10番端子がLレベル
であった期間が満充電に要する時間よりも短かったとき
には、冷陰極ランプLcは正常であるが2次電池Bの充
電が不足していたものとして発光ダイオードLED3
点灯させないようにする。商用電源ACの停電からラン
プ電流が流れる期間が上記所定時間を越えているときに
は、冷陰極ランプLcは正常であると判断して発光ダイ
オードLED3 を点灯させないのはもちろんのことであ
る。
【0059】プロセッサ15の上記動作をまとめると、
図11のようになる。図11における右半分について図
8に示した実施例4と同符号を付した処理は同じであ
る。本実施例では、上述したように、2次電池Bの充電
時間を計時し(S9)、また充電電流の停止によって商
用電源ACの停電を検出する(S10)。停電を検出す
るとランプ電流を検出できる時間を計測し、この時間が
25分以内であるときには(S11)、2次電池Bの充
電時間が24時間を越えているか否かを判定する(S1
2)。両条件が満たされたときには、冷陰極ランプLc
の異常とみなして表示回路5により異常表示を行なう。
また、ステップS11,S12のいずれかの条件が満た
されなければ、冷陰極ランプLcは正常であるものと判
断して、異常表示は行なわないようにする(S13)。
図11ではランプ電流についての処理と、充電時間につ
いての処理とを並列的に記述しているが、実際には交互
に処理を行なうなどの方法で逐次的に両処理を行なうこ
とが可能である。他の構成および動作は実施例4と同様
であるから説明を省略する。
【0060】(実施例6)本実施例は、実施例2の構成
においてプロセッサ15の動作を変更したものである。
すなわち、プロセッサ15は図12に示すように動作す
ることによって、ランプ交換後に電源を再投入したとき
に点灯回路2を確実に始動して冷陰極ランプLcを点灯
させ、またランプ電流の通電の累積時間をリセットし
て、新たな冷陰極ランプLcについて点灯時間を計時す
るようにし、また同時に表示回路5に対して発光ダイオ
ードLED3 を消灯させるように指示を与えるのであ
る。
【0061】このような一連の処理を行なうために、図
8に示した処理に対して、ステップS9〜S11の動作
をプロセッサ15の動作として付加している。すなわ
ち、点灯回路2の動作停止の後に、商用電源ACを切っ
て(消灯スイッチSW1 を操作する)冷陰極ランプLc
を交換し、次に商用電源ACを再投入すると、プロセッ
サ15の10番端子は、短時間だけHレベルになった後
に、充電検出回路8の発光ダイオードPT3 に電流が流
れることによってLレベルになる。このようなモード変
化を検出すると(S9)、プロセッサ15は11番端子
をHレベルにして点灯回路2の動作を再開させる(S1
0)。また、ランプ電流の通電時間に関する累積計時を
リセットし、交換した冷陰極ランプLcについての通電
時間の計時を開始し、同時に、16番端子をLレベルに
して発光ダイオードLED3 を消灯させる(S11)。
【0062】以上のようにして、ランプ交換の際に新し
い冷陰極ランプLcを確実に始動させ、通電時間をリセ
ットするとともに、異常表示をリセットする一連の処理
を行なうことができるのである。他の処理については実
施例5と同様であるから説明を省略する。 (実施例7)本実施例では、2次電池Bの交換時期を報
知するようにした例を示す。すなわち、2次電池Bを電
源として点灯させたときに、点灯開始から一定時間後の
電池電圧に基づいて2次電池Bの経時変化を検出するこ
とで、2次電池Bの放電時間の短縮を報知し、商用電源
ACの停電時における点灯時間が短くなる前に2次電池
Bの交換を促すのである。
【0063】本実施例は、実施例5の構成について、図
13に示すように、電池電圧検出回路9を付加し、電池
電圧検出回路9の出力に基づいてプロセッサ15が表示
回路5の表示状態を切り換えるようにしてある。電池電
圧検出回路9はプロセッサ15に内蔵され、図14に示
すように、プロセッサ15の9番端子に印加された2次
電池Bの電圧を検出する。すなわち、プロセッサ15に
内蔵された電池電圧検出回路9は、2次電池Bを電源と
して点灯回路2が動作を開始してから一定時間後の9番
端子への印加電圧を記憶し、この電圧を基準値(たとえ
ば、上記一定時間経過前の電圧)と比較し、その差が所
定のしきい値を越えているときには2次電池Bの特性が
劣化したと判断するのである。また、表示回路5では2
次電池Bの異常については、冷陰極ランプLcの表示と
は別の発光ダイオードLED4 を用いて表示する。この
発光ダイオードLED4 は、プロセッサ15の18番端
子がHレベルになるとトランジスタQ19を介して点灯す
るように制御される。他の構成は、実施例5と同様であ
る。
【0064】次に、本実施例のプロセッサ15の動作を
図15に基づいて説明する。プロセッサ15は、電源が
投入されると(S1)、ランプ電流検出回路6から7番
端子への入力によってランプ電流の有無を判定し(S
2)、ランプ電流が流れているときに充電検出回路8か
ら10番端子への入力によって停電が検出されなければ
(S3)、ランプ電流が流れている期間をプロセッサ1
5に内蔵したタイマカウンタにより正常点灯状態での点
灯時間を累積経時する(S4)。この累積時間が200
00時間に達すると(S5)、冷陰極ランプLcの寿命
に近いものとして16番端子をHレベルにし発光ダイオ
ードLED3 を点灯させてランプを交換させるように異
常表示を行なう(S6)。一方、ステップS2において
ランプ電流が検出されないときには、点灯回路2が無負
荷であると判断して発光ダイオードLED3 を点灯させ
て異常表示を行なう(S6)。要するに、発光ダイオー
ドLED3 が点灯すれば、冷陰極ランプLcの交換が促
されることになる。
【0065】ステップS3において充電検出回路8から
の10番端子への入力によって停電が検出されたときに
は、非常点灯状態での点灯時間をプロセッサ15に内蔵
された別のタイマカウンタにより計時する(S7)。ま
た、停電検出から一定時間(25分よりも短い時間であ
って、2次電池Bにより冷陰極ランプLcが始動するの
に要する程度の時間)後における9番端子への印加電圧
を検出して記憶する(S8)。冷陰極ランプLcの点灯
時間を計時しているタイマカウンタの計時時間が25分
に満たずに冷陰極ランプLcが消灯した場合には(S
9)、冷陰極ランプLcの異常と判断して発光ダイオー
ドLED3 を点灯させる(S6)。タイマカウンタの計
時時間が25分を越えたときには、停電検出から25分
後の9番端子への印加電圧を検出し(S10)、先に記
憶している電圧との差を求めて、この差が所定のしきい
値以内か否かを判断する(S11)。ここで、両電圧の
差が小さいときには2次電池Bの特性劣化はないものと
し、両電圧の差がしきい値よりも大きいときには2次電
池Bの特性が劣化したものとして、18番端子をHレベ
ルにして発光ダイオードLED4 を点灯させ、2次電池
Bが寿命であることを報知するのである(S12)。
【0066】上述したように、冷陰極ランプLcが割れ
たりリークが生じたりすると無負荷状態を検出して異常
を報知し、また冷陰極ランプLcの点灯時間を累積して
冷陰極ランプLcの寿命前に報知することによって、冷
陰極ランプLcの交換時期を報知することができるので
ある。さらに、2次電池Bの放電時における電圧変化に
基づいて2次電池Bの寿命を検出して報知することによ
り2次電池Bの交換を促すことができ、2次電池Bの劣
化による表示輝度の低下や非常点灯時間の低減を防止
し、誘導灯の動作の信頼性を向上させることができる。
【0067】なお、本実施例では、商用電源ACからの
給電による正常点灯状態での冷陰極ランプLcの点灯時
間のみを累積して冷陰極ランプLcの寿命の目安として
いるが、2次電池Bによる非常点灯状態は正常点灯状態
に比較して充分に短いから、冷陰極ランプLcの寿命判
断を行なう際に非常点灯状態での点灯時間を省略しても
大きな誤差は生じない。また、本実施例では、異常時に
おける点灯回路2の動作を停止させる処理を省略してい
るが、発光ダイオードLED2 の点灯とともに点灯回路
2の動作を停止させるようにしてもよい。他の構成およ
び動作は実施例5と同様である。さらに、本実施例で
は、2次電池Bの特性劣化による放電時間の短縮を検知
して2次電池Bの交換時期を報知するために、非常点灯
の開始から一定時間後の2次電池Bの電圧と基準値との
差を用いていたが、非常点灯の際の点灯時間を非常点灯
のたびに計時して記憶し、非常点灯の際の点灯時間同士
を比較することによって、2次電池Bの交換時期を判断
するようにしてもよい。
【0068】(実施例8)本実施例は、図16に示すよ
うに、複数本の冷陰極ランプLca,Lcbを用いる例
を示す。複数本の冷陰極ランプLca,Lcbを用いる
場合、商用電源ACが通電時には周囲が明るいからすべ
ての冷陰極ランプLca,Lcbを点灯させて表示輝度
を高め、商用電源ACの停電時には周囲が暗いから冷陰
極ランプLca,Lcbの点灯灯数を低減させて表示輝
度を下げるという動作が一般的である。いま、2本の冷
陰極ランプLca,Lcbをそれぞれ個別の点灯回路2
a,2bで点灯させるものとすると、図19に示すよう
に、一方の点灯回路2aは上述した各実施例と同様に商
用電源ACの通電時には直流電源回路1から給電され停
電時には2次電池Bから給電されるようにし、他方の点
灯回路2bは商用電源ACの通電時に直流電源回路1か
ら給電され停電時には動作を停止するように構成するこ
とが考えられる。しかしながら、このような構成を採用
すると、冷陰極ランプLcaは商用電源ACの通電時と
停電時との両方で点灯するのに対して、冷陰極ランプL
cbは商用電源ACの通電時にのみ点灯するから、両冷
陰極ランプLca,Lcbが同じであっても冷陰極ラン
プLcaのほうが交換時期が早くなる。ここで、冷陰極
ランプLca,Lcbの点灯時間を個別に計時すると回
路構成が複雑になり、また両冷陰極ランプLca,Lc
bの交換時期が異なると交換に手間がかかるから、寿命
の短いほうに合わせてランプ交換時期を報知することが
考えられるのであるが、他方は寿命が残されているか
ら、上記報知に従って一括してすべての冷陰極ランプL
ca,Lcbを交換すると不経済になるという問題が生
じる。
【0069】そこで、本実施例では、図16に示すよう
に、非常点灯時にどちらの冷陰極ランプLca,Lcb
を点灯させるかを制御回路7で選択し(すなわち、動作
させる点灯回路2a,2bを選択する)、非常点灯のた
びに各冷陰極ランプLca,Lcbを交互に点灯させる
のである。具体回路を図17に示す。直流電源回路1、
充電回路3、電源切換回路4については実施例4と同様
に構成され、各点灯回路2a,2bは実施例4の点灯回
路2とそれぞれ同様に構成されている(図7に示した部
材と同機能の部材には同符号に加えてa,bを添字とし
て付してある)。図17ではランプ電流の通電時間を累
積計時する構成は省略してあるが、実際には実施例4と
同様の制御回路7を用いて点灯時間を計時し、ランプ交
換時期を報知するようになっている。
【0070】制御回路7には、コンデンサC2 の両端電
圧に基づいて正常点灯と非常点灯とを識別し、非常点灯
のたびに各点灯回路2a,2bの一方の動作を交互に停
止させる選択回路16を付加してある。選択回路16
は、直流電源回路1の出力端に設けたコンデンサC2
両端電圧を分圧する一対の抵抗R26,R27と、分圧され
た電圧が既定値以下になるとオフになるツェナーダイオ
ードZD1 と、ツェナーダイオードZD1 がオフになる
と出力をHレベルに立ち上げる反転回路NOT1と、コ
ンデンサC28および抵抗R28よりなる微分回路とを備
え、商用電源ACの停電に伴ってコンデンサC2 の両端
電圧が低下するたびに、微分回路によってフリップフロ
ップFF1 へのトリガが入力されるようになっている。
したがって、商用電源ACの停電毎にフリップフロップ
FF1 の出力は交互に反転することになる。そこで、こ
のフリップフロップFF1 の非反転出力および反転出力
とコンデンサC2 の正極電位との論理和をそれぞれオア
回路ORa,ORbから出力し、各オア回路ORa,O
Rbの出力を反転回路NOTa,NOTbで反転させて
各点灯回路2a,2bのトランジスタQ18a,Q18bの
ベースに入力することで、商用電源ACの停電時にはい
ずれか一方の点灯回路2a,2bのみを動作させ、かつ
停電毎に動作する点灯回路2a,2bを交互に入れ替え
ることができるのである。
【0071】図18を用いてさらに詳しく動作を説明す
ると、図18(a)のように商用電源ACの通電時には
図18(b)のようにコンデンサC2 の正極電位は各オ
ア回路ORa,ORbに対してHレベルになるから、各
反転回路NOTa,NOTbへの入力はHレベルであっ
て(図18(f)(i))、図18(g)(j)のよう
に各点灯回路2a,2bのトランジスタQ18, 18
はオフになる。したがって、両点灯回路2a,2bが動
作して両冷陰極ランプLca,Lcbが点灯する(図1
8(g)(j)のオン期間に、対応する点灯回路2a,
2bは停止する)。一方、商用電源ACの停電時には
(図18(a))、コンデンサC2 の正極電位はオア回
路ORa,ORbに対してLレベルになるが(図18
(b))、図18(c)のように反転回路NOTaの出
力が立ち上がり、図18(d)のように微分回路からト
リガが出力される。フリップフロップFF1 の非反転出
力(図18(e))と反転出力(図18(h))との一
方はHレベルであるから、Hレベルに対応したほうの点
灯回路2a,2bが動作して一方の冷陰極ランプLc
a,Lcbが点灯する。その後、商用電源ACが通電さ
れ、再び停電すると、フリップフロップFF1 にトリガ
が入力されて非反転出力と反転出力とのレベルが反転す
るから、前回に動作していた点灯回路2a,2bとは異
なる点灯回路2a,2bが動作する(前回は点灯回路2
aが動作したとすれば、今回は点灯回路2bが動作す
る)。このようにして、商用電源ACの停電毎に動作す
る点灯回路2a,2bが交互に入れ替わるのである。
【0072】上述したように、非常点灯時には一方の冷
陰極ランプLca,Lcbしか点灯しないのであるが、
非常点灯毎に点灯する冷陰極ランプLca,Lcbを入
れ替えるから、両冷陰極ランプLca,Lcbの通算の
点灯時間に大きな差が生じることがなく、ランプ交換時
期の報知時に両冷陰極ランプLca,Lcbを同時に交
換しても両冷陰極ランプLca,Lcbを同程度の寿命
で交換することができ、一方の冷陰極ランプLca,L
cbに充分な寿命を残した状態で交換するという不都合
が生じないのである。他の構成および動作は実施例4と
同様である。
【0073】
【発明の効果】請求項1の発明は、光源として冷陰極ラ
ンプを用いているので、光源からの発熱量を抑制するこ
とができ、小型化した場合でも熱的影響による2次電池
の特性劣化や光源自体の温度上昇による発光輝度の低下
を防止することができるという利点がある。しかも、冷
陰極ランプは熱陰極ランプに比較して一般に管径が小さ
いから、熱的影響が少なくこととあいまって誘導灯の小
型化が可能になるという利点を有する。
【0074】請求項2の発明は、直流電源より高周波電
力を出力して光源を高周波点灯させる点灯回路を設け、
商用電源の通電時には商用電源を整流し直流化した直流
電源を点灯回路に供給し、商用電源の停電時には通電時
に充電した2次電池から点灯回路に直流電源を供給する
構成を採用し、商用電源の通電時と停電時とにかかわら
ず光源を高周波点灯させるから、チョークコイルよりな
る大型の安定器が不要になり、全体として小型化が可能
になるという利点がある。
【0075】請求項3の発明は、光源の光出力が所定値
以下に低下すると報知するから、冷陰極ランプのように
ランプ電圧やランプ電流の変化では寿命を判定するのが
難しい場合でも交換時期を報知することができるという
利点を有する。しかも、光源の点灯状態で交換時期を報
知するから、非常時に光源が点灯しないという不都合が
生じないようにランプ交換を促すことができるととも
に、発注から入手までに比較的時間のかかる冷陰極ラン
プを点灯しなくなる前に用意することができるという効
果がある。
【0076】請求項4の発明は、少なくとも商用電源の
通電時における光源の点灯時間を累積計時することで光
源の寿命の目安を得ており、光源が寿命に至るまでに事
前にランプ交換を促すことができるから、非常時に光源
が点灯しないという不都合が生じないようにランプ交換
を促すことができて信頼性が向上するという利点があ
る。また、光源が寿命に近づくと寿命に至るまでに交換
を促すから、あらかじめ予備の光源を在庫しておく必要
がなく、在庫のためのスペースが不要であるとともに必
要以上の光源を購入する必要もなく経済的であるという
効果もある。
【0077】請求項5の発明は、光源の点灯時間によっ
て光源の寿命の目安を与えているから、請求項4の発明
と同様の効果に加えて、点灯回路の無負荷を検出した場
合も報知することで光源の破損などによる無負荷状態を
報知してランプ交換を促すことができるという利点があ
る。請求項6の発明は、点灯回路の無負荷が検出される
と点灯回路の動作を停止させるから、点灯回路が無負荷
になっても電極部分に高電圧が印加されず、点灯回路の
構成部品へのストレスやランプ交換の際の感電事故など
を防止することができるという利点がある。
【0078】請求項7の発明は、商用電源の停電前にお
ける2次電池の充電条件が正常であるときに、停電から
無負荷までの時間が所定時間内であるときに異常と判定
するから、2次電池の充電は正常に行なわれているにも
かかわらず、非常点灯状態が充分に維持できないとき
に、2次電池や光源の異常と判断することができるとい
う効果がある。
【0079】請求項8の発明は、請求項7の充電条件と
して商用電源の通電時における2次電池の充電時間が所
定時間以上であるか否かを判定しているので、充分な充
電時間が確保されているにもかかわらず、非常点灯状態
が所定時間以上継続されないときには異常と判定し、2
次電池や光源の異常を検出することができる。請求項9
の発明は、点灯回路の動作停止後に電源切換回路により
点灯回路への給電源が切り換えられると点灯回路を再始
動するから、光源の破損などに伴って点灯回路の動作が
停止したときに、ランプ交換を行なった後に商用電源の
入切による給電源の切り換えを行なうだけで点灯回路の
停止状態を容易に解除することができるという利点があ
る。
【0080】請求項10の発明は、商用電源の通電時に
おける光源の点灯時間を計時することにより光源の寿命
を報知し、また商用電源の停電時における光源の点灯時
間を計時するとともに停電時における点灯時間の減少率
が既定値を越えると2次電池の交換時期を報知するか
ら、光源の交換時期の報知だけではなく、2次電池の経
時変化による特性劣化を検出して報知することができる
という効果がある。すなわち、2次電池は充放電を繰り
返すと放電時間がしだいに短くなるから、停電時におけ
る点灯時間の減少傾向を把握して2次電池の交換を促す
ことができるという利点を有する。
【0081】請求項11の発明は、光源を複数個設けて
商用電源の停電時には通電時よりも点灯灯数を減らす場
合に、停電時に点灯させる光源を固定的に決めるのでは
なく停電毎に循環的に切り換えることで、非常点灯時に
おける通算の点灯時間を各光源でほぼ均等化し、各光源
の通算の点灯時間のばらつきを小さくすることができる
という利点がある。すなわち、通算の点灯時間がもっと
も長い光源に合わせてランプ交換の時期を決める場合で
も、各光源の通算の点灯時間に大幅なばらつきがないか
ら、光源の寿命が充分に残っている状態で交換すること
による無駄が少ないという利点を有する。
【図面の簡単な説明】
【図1】実施例1のブロック図である。
【図2】実施例1の回路図である。
【図3】冷陰極ランプと熱陰極ランプとの温度特性を示
す動作説明図である。
【図4】実施例2の回路図である。
【図5】実施例3の回路図である。
【図6】実施例4のブロック図である。
【図7】実施例4の回路図である。
【図8】実施例4の動作説明図である。
【図9】実施例5のブロック図である。
【図10】実施例5の回路図である。
【図11】実施例5の動作説明図である。
【図12】実施例6の動作説明図である。
【図13】実施例7のブロック図である。
【図14】実施例7の回路図である。
【図15】実施例7の動作説明図である。
【図16】実施例8のブロック図である。
【図17】実施例8の回路図である。
【図18】実施例8の動作説明図である。
【図19】実施例8に対する比較例を示すブロック図で
ある。
【図20】誘導灯の外観斜視図である。
【図21】従来例の回路図である。
【符号の説明】
1 直流電源回路 2 点灯回路 2a 点灯回路 2b 点灯回路 3 充電回路 4 電源切換回路 5 表示回路 6 ランプ電流検出回路 7 制御回路 8 充電検出回路 9 電池電圧検出回路 16 選択回路 AC 商用電源 B 2次電池 Lc 冷陰極ランプ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 松本 弘之 大阪府門真市大字門真1048番地松下電工株 式会社内 (72)発明者 藤本 幸司 大阪府門真市大字門真1048番地松下電工株 式会社内

Claims (11)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 商用電源の通電時に充電される2次電池
    と、商用電源の通電時には商用電源から給電され商用電
    源の停電時には2次電池から給電される光源とを備え、
    光源として冷陰極ランプを用いたことを特徴とする誘導
    灯。
  2. 【請求項2】 商用電源を整流し直流を出力する直流電
    源回路と、直流電源により高周波電力を出力して光源を
    高周波点灯させる点灯回路と、商用電源の通電時には直
    流電源回路から点灯回路に給電させ商用電源の停電時に
    は2次電池から点灯回路に給電させる電源切換回路とを
    備えることを特徴とする請求項1記載の誘導灯。
  3. 【請求項3】 光源の光出力を検出する光センサと、光
    センサにより検出される点灯中の光出力が所定値以下に
    低下すると報知する報知手段とを備えることを特徴とす
    る請求項1または請求項2記載の誘導灯。
  4. 【請求項4】 少なくとも商用電源の通電時における光
    源の点灯時間を累積計時する点灯計時手段と、点灯計時
    手段により累積計時された点灯時間が所定時間に達する
    と報知する報知手段とを備えることを特徴とする請求項
    1または請求項2記載の誘導灯。
  5. 【請求項5】 少なくとも商用電源の通電時における光
    源の点灯時間を累積計時する点灯計時手段と、点灯回路
    の無負荷状態を検出する無負荷検出手段と、点灯計時手
    段により累積計時された点灯時間が所定時間に達するか
    無負荷検出手段により無負荷が検出されると報知する報
    知手段とを備えることを特徴とする請求項1または請求
    項2記載の誘導灯。
  6. 【請求項6】 無負荷検出手段により点灯回路の無負荷
    が検出されると点灯回路の動作を停止させる動作停止手
    段を備えることを特徴とする請求項5記載の誘導灯。
  7. 【請求項7】 商用電源の停電前における2次電池の充
    電条件の正否を判断する充電判定手段と、商用電源の停
    電からの光源の点灯時間を計時する非常点灯計時手段
    と、充電判定手段により判断された充電条件が正常であ
    り非常点灯計時手段により計時された停電から無負荷ま
    での時間が所定時間内であるときに異常と判定する判定
    手段を備えることを特徴とする請求項5または請求項6
    記載の誘導灯。
  8. 【請求項8】 充電判定手段は、商用電源の通電時にお
    ける2次電池の充電時間が所定時間以上であるときに充
    電条件が正常であると判定することを特徴とする請求項
    7記載の誘導灯。
  9. 【請求項9】 点灯回路の動作停止後に電源切換回路に
    より点灯回路への給電源が切り換えられると点灯回路を
    再始動するリセット手段を備えることを特徴とする請求
    項6記載の誘導灯。
  10. 【請求項10】 商用電源の通電時における光源の交換
    後からの通算の点灯時間と停電時における点灯時間とを
    各別に計時する点灯計時手段と、通電時における点灯時
    間が所定時間に達すると光源の交換時期を報知する第1
    の報知手段と、停電時における点灯時間の減少率が既定
    値を越えると2次電池の交換時期を報知する第2の報知
    手段とを備えることを特徴とする請求項1または請求項
    2記載の誘導灯。
  11. 【請求項11】 複数個の光源を有し、商用電源の停電
    時に点灯させる光源の個数を商用電源の通電時よりも減
    らすとともに、停電時に点灯させる光源を停電毎に循環
    的に切り換える選択手段を備えることを特徴とする請求
    項1または請求項2記載の誘導灯。
JP13340194A 1994-06-15 1994-06-15 誘導灯 Expired - Lifetime JP3718859B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13340194A JP3718859B2 (ja) 1994-06-15 1994-06-15 誘導灯

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13340194A JP3718859B2 (ja) 1994-06-15 1994-06-15 誘導灯

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH088073A true JPH088073A (ja) 1996-01-12
JP3718859B2 JP3718859B2 (ja) 2005-11-24

Family

ID=15103889

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13340194A Expired - Lifetime JP3718859B2 (ja) 1994-06-15 1994-06-15 誘導灯

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3718859B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003092013A (ja) * 2001-09-18 2003-03-28 Toshiba Lighting & Technology Corp 誘導灯装置
JP2011033814A (ja) * 2009-07-31 2011-02-17 Ae Tekku Kk 表示装置
JP2011091053A (ja) * 2010-12-03 2011-05-06 Toshiba Lighting & Technology Corp 誘導灯装置
CN102684287A (zh) * 2012-05-11 2012-09-19 中煤电气有限公司 用于煤矿井下的不间断应急照明与安全指示系统

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003092013A (ja) * 2001-09-18 2003-03-28 Toshiba Lighting & Technology Corp 誘導灯装置
JP4683257B2 (ja) * 2001-09-18 2011-05-18 東芝ライテック株式会社 誘導灯装置
JP2011033814A (ja) * 2009-07-31 2011-02-17 Ae Tekku Kk 表示装置
JP2011091053A (ja) * 2010-12-03 2011-05-06 Toshiba Lighting & Technology Corp 誘導灯装置
CN102684287A (zh) * 2012-05-11 2012-09-19 中煤电气有限公司 用于煤矿井下的不间断应急照明与安全指示系统

Also Published As

Publication number Publication date
JP3718859B2 (ja) 2005-11-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004259533A (ja) 放電灯点灯装置
JP2006269349A (ja) 放電灯点灯装置及び照明器具
EP2296448B1 (en) Illumination lighting device, illuminating device, and illuminating system
JP2006185924A (ja) 放電灯点灯装置
JP3718859B2 (ja) 誘導灯
JP4802554B2 (ja) 放電灯点灯装置及び照明器具
JP2005353382A (ja) 蛍光ランプ点灯装置および照明制御システム
JP2843117B2 (ja) 白熱灯点灯装置
KR970003170B1 (ko) 전자식 안정기의 램프상태 감지회로와 이를 이용한 안정기 제어장치 및 전자식 안정기
JPH05142539A (ja) バツクライト型デイスプレイ装置
JPH118083A (ja) 放電灯点灯装置
JPH09289090A (ja) 誘導灯
JP2007095709A (ja) 照明装置
JP3903641B2 (ja) 照明装置
JP2008135288A (ja) 放電灯点灯装置並びに照明器具
JP4321061B2 (ja) 放電灯点灯装置
JP2008251377A (ja) 放電灯点灯回路
JP2008293837A (ja) 照明装置
JP2002043086A (ja) 放電灯点灯装置
JP5351685B2 (ja) 照明点灯装置および照明器具
JPH0737692A (ja) 非常灯点灯装置
JP2756540B2 (ja) 蛍光灯用点灯回路
JP3755194B2 (ja) 放電灯点灯装置
JP3840724B2 (ja) 放電灯点灯装置
JP3777718B2 (ja) 放電灯点灯装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040831

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041101

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Effective date: 20050816

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20050829

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 3

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080916

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090916

Year of fee payment: 4

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 4

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090916

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090916

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100916

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110916

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110916

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120916

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130916

Year of fee payment: 8

EXPY Cancellation because of completion of term