JPH086910A - Cluster type computer system - Google Patents

Cluster type computer system

Info

Publication number
JPH086910A
JPH086910A JP14175194A JP14175194A JPH086910A JP H086910 A JPH086910 A JP H086910A JP 14175194 A JP14175194 A JP 14175194A JP 14175194 A JP14175194 A JP 14175194A JP H086910 A JPH086910 A JP H086910A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
processor module
message
working
process
processor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14175194A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshiyuki Kinoshita
Yuzuru Maya
Atsushi Ugajin
敦 宇賀神
俊之 木下
讓 真矢
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE:To prevent a user from being conscious of the generation of a fault by solving a neck in the number of I/O ports, eliminating the necessity of resending of a telegraphic message between plural processor modules at the occurance of a fault and shortening system recovery time. CONSTITUTION:A telegraphic message processing function in a system is divided into a communication process, a transaction process and a file process. A current process and a stand-by process are prepared in each process and respective processes are mounted on respectively different processor modules 11 to 16. At the time of transmitting a telegraphic message from each of the current processor modules 11, 13, 15 to processor modules for another function, the message is transmitted to both current and stand-by processor modules of the function. When each of the stand-by processor modules 12, 14, 16 detects a fault generated in its corresponding current processor module, the stand-by processor module succeeds the processing of the current process.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、複数のプロセッサモジュールをLANあるいはバスで接続する分散処理サーバに係わり、プロセッサモジュールの障害発生時にシステム回復時間を短縮させること、および処理能力を向上させることができるクラスタ型計算機システムに関する。 The present invention relates to relates to a distributed processing server for connecting a plurality of processor modules in LAN or bus, thereby shortening the system recovery time in the event failure of the processor module, and to improve the processing capacity about the cluster type computer system that can be.

【0002】 [0002]

【従来の技術】計算機システムは、ダウンサイジングにより、汎用大型機を中心としたシステムから、分散処理サーバをネットワークを介して接続する分散システムに移行している。 BACKGROUND OF THE INVENTION computer system, by downsizing, the system based on the general-purpose large-sized machine, has been shifted to the distributed system that connects the distributed processing server via the network. また、計算機システムの処理形態はオンライントランザクション処理が主流になりつつある。 The processing form of the computer system is online transaction processing is becoming the mainstream. このため、分散処理サーバがオンライントランザクション処理を実行する場合には、計算機システムを停止させない、あるいは停止しても直ちに回復できる高い可用性だけでなく、高い処理能力が要求されている。 Therefore, when the distributed processing server executes an online transaction processing, it does not stop computer system, or not only the high availability that can recover immediately be stopped, high throughput is required.

【0003】しかし、従来の分散処理サーバでは、日経エレクトロニクス(1992.5.18,No.55 [0003] However, in the conventional distributed processing server, Nikkei Electronics (1992.5.18, No.55
4,p. 4, p. 87〜p. 87~p. 96)に記載されているように、2 As described in 96), 2
台までの汎用サーバ(プロセッサモジュール)とそれらをバックアップする待機のサーバをLANにより接続させる。 The standby server to back up their general-purpose server (processor module) to table is connected by a LAN. そして、汎用サーバの障害時には、待機のサーバが引き継ぎ処理を行なうことにより、可用性を向上させていた。 At the time of failure of the general-purpose server, by performing a server takes over the process of waiting, was to improve the availability.

【0004】一方、従来よりクラスタ型計算機システムの一例として、プラント等の制御用システムに適用されているものがある。 On the other hand, as an example of a conventionally clustered computer system, there is one that is applied to a control system such as a plant. これは、日立評論(1979.8, This is, Hitachi Review (1979.8,
VOL. VOL. 61,No. 61, No. 8,p. 8, p. 59〜p. 59~p. 62)に記載されているように、多数のプロセッサモジュールをLA As described in 62), the number of processor modules LA
Nにより接続したものである。 Which are connected by N. 各プロセッサモジュールに対しては、共通の予備プロセッサモジュールを設けるn:1バックアップ方式により、可用性を向上させていた。 For each processor module is provided with a common pre-processor module n: by 1 backup method, was to improve the availability.

【0005】その、制御用システムの一例が、日立評論(1986.6,VOL.68,No.6,p.9〜 [0005] As an example of the control system, Hitachi Review (1986.6, VOL.68, No.6, p.9~
p. p. 14)“機能階層自律形系統機器単位分散制御システム”に記述されている。 It is described in 14) "functional hierarchy self-propelled system equipment units distributed control system". このシステムは、複数の系統コントローラ(プロセッサモジュール)と多数の機器グループコントローラ(プロセッサモジュール)から構成されている。 This system is composed of a plurality of systems controller (processor module) and a number of device group controller (processor modules). また、機器グループコントローラには、あらかじめ系統コントローラの機能を入れておき、系統コントローラで障害が発生すると、機器グループコントローラが系統コントローラの機能を代行するようになっている。 In addition, the equipment group controller, previously put in advance of the system controller function, when a failure occurs in the system controller, the equipment group controller is adapted to substitute the function of the system controller.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】まず、従来の分散処理サーバでは、前述のように、数台(n台:n=3)の汎用サーバ(プロセッサモジュール)によるホットスタンバイ構成となっていた。 [Problems that the Invention is to Solve] First, in the conventional distributed processing server, as described above, several units (n stand: n = 3) has been a hot-standby configuration with the general-purpose server (processor modules). すなわち、(n−1)台のプロセッサモジュールにはすべての機能を搭載し、オンライントランザクション処理を実行する。 That is, the (n-1) stage processor module is equipped with all the functions, to perform online transaction processing. 残りの1台は、これらの予備機(プロセッサモジュール)とする。 The remaining one is these spare machine (processor modules). この共通の予備機には、すべての機能を搭載し、他のすべての汎用サーバのバックアップ処理を実行する。 The common spare machine, equipped with all the functions, executes backup processing of all the other general-purpose servers. このため、 For this reason,
nが大きくなると、予備機は多数のプロセッサモジュールとディスクを共有しなければならず、I/Oのポート数ネックとなる問題があった。 When n is large, spare machine must share a number of processor modules and the disk, there is a problem that the number of ports neck I / O. このため、従来の方式では、多数のプロセッサモジュールを接続することができず、処理能力を向上させることができないという問題があった。 Therefore, in the conventional method, it is impossible to connect a number of processor modules, there is a problem that it is impossible to improve the processing capacity. また、予備機はすべての機能のバックアップを行うため、システム回復時間は、障害検出時間、ジャーナルによるファイルの回復処理、電文の再送時間の和となり、システム回復時間が長くなるという問題があった。 In addition, in order to perform a backup of the spare machine all of the functions, system recovery time, the fault detection time, recovery processing of the file by the journal, the sum of the retransmission time of the message, there is a problem that the system recovery time is longer.

【0007】次に、従来の制御用システムは、前述のように、複数の系統コントローラ(プロセッサモジュール)と多数の機器グループコントローラ(プロセッサモジュール)から構成されている。 [0007] Next, the conventional control system, as described above, and a large number and a plurality of system controllers (processor module) device group controller (processor modules). そして、機器グループコントローラには、あらかじめ系統コントローラの機能を入れておく。 Then, in the equipment group controller, it puts in advance of the system controller function. このような制御用システムでは、プロセス制御のために100m秒から1秒程度の非常に短い周期で、制御しなければならない。 In such a control system, in a very short period of about 1 second 100m seconds for process control must be controlled. これは、プロセッサモジュールで障害が発生すると、待機のプロセッサモジュールに電文を送信する場合には、電文を再送するのではなく、より新しい電文を送信することが重要であるためである。 This is a failure in the processor module generates, when transmitting message to the processor module of the standby, rather than retransmitting the message, it is because it is important to send the newer message. このため、制御用システムでは、分散処理サーバのように、引き継ぎ処理のためのチェックポイントデータの取得およびジャーナルによるファイル回復は、考慮されていないという問題があった。 Therefore, in the control system, as distributed processing server, acquiring and journal file recovery by checkpoint data for takeover process has a problem in that no consideration.

【0008】本発明の目的は、計算機システムを複数のプロセッサモジュールにより構成し、電文処理の機能を分割してプロセッサモジュールに搭載することにより、 An object of the present invention, a computer system composed of a plurality of processor modules, by mounting the processor module by dividing the functions of the message processing,
共通の予備プロセッサモジュールをなくし、I/Oのポート数ネックを解消し、処理能力を向上させることにある。 Eliminating the common pre-processor module, to eliminate the port number neck I / O, it is to improve the processing capacity.

【0009】本発明の他の目的は、チェックポイントデータの取得を考慮し、分割した機能単位毎に現用プロセスと待機プロセスを設け、異なるプロセッサモジュールに搭載し、これにより、システム回復処理を局所化し、 Another object of the present invention, taking into account the acquisition of checkpoint data, the current processes and the standby process is provided for each functional unit divided and mounted on a different processor module, thereby, to localize the system recovery process ,
システム回復時間を短縮させることにある。 It lies in the fact to shorten the system recovery time.

【0010】本発明のさらに他の目的は、現用のプロセッサモジュールが他のプロセッサモジュールに電文を送信する際、その現用プロセッサモジュールと待機プロセッサモジュールの双方に送信することにより、障害時における電文の再送時間をなくし、システム回復時間を短縮させ、さらに、I/Oアクセスに同期したチェックポイントデータの取得によってジャーナルによるファイル回復をなくすことにより、システム回復時間を短縮させることにある。 Still another object of the present invention, when a processor module working to send message to the other processor modules, by sending to both its active processor module standby processor module, retransmission of message at the fault eliminate time, to shorten the system recovery time, further, by eliminating the file journal recovery by taking checkpoint data synchronized with the I / O access is to be shortened system recovery time.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】本発明によるクラスタ型計算機システムは、少なくともプロセッサ、メモリ、入出力(IO)を制御する入出力プロセッサから構成されるプロセッサモジュールを複数備え、これらの複数のプロセッサモジュールをLANあるいはバスで相互に通信可能に接続したものである。 Means for Solving the Problems] clustered computer system according to the present invention, at least a processor, memory, a plurality of processor modules composed of the input-output processor for controlling input and output (IO), the plurality of processor modules the is obtained by communicably connected to each other by LAN or bus. また、電文処理の機能を複数のプロセスに分割し、各プロセス毎に、現用プロセスと待機プロセスとを設け、それぞれ現用プロセッサモジュールと待機プロセッサモジュールとに割り当てる。 Further, by dividing the functions of the message processing to a plurality of processes, each process is provided with current processes and the standby process is assigned to each working and processor module and the standby processor module.

【0012】現用プロセッサモジュールは別機能ののプロセッサモジュールに電文を送信する際、その現用プロセッサモジュールと待機プロセッサモジュールの双方に電文を送信する。 [0012] active processor module when transmitting a message to a processor module for another function, and transmits the message to both the standby processor module and its active processor module. 現用プロセッサモジュールは、電文毎のIOアクセス時をチェックポイントとし、そのIOアクセス要因等をチェックポイントデータとして、待機プロセッサモジュールに送信する。 Active processor module, a checkpoint at IO access for each message, and transmits the IO access factors such as the checkpoint data, the standby processor module.

【0013】待機プロセッサモジュールは現用プロセッサモジュールの障害を検出すると、新たな現用プロセッサモジュールとしてその処理を引継ぎ、既に受信保持しているチェックポイントデータを用いて、最新のチェックポイントから処理を再開する。 [0013] resumes the standby processor module detects a failure in the active processor module, takes over the processing as a new active processor modules, using the checkpoint data already received holds, the process from the most recent checkpoint.

【0014】 [0014]

【作用】本発明では、電文処理の機能を、例えば、通信プロセス、トランザクションプロセスおよびファイルプロセスに分割し、それぞれの機能を別々のプロセッサモジュールが処理する。 According to the present invention, the function of message processing, for example, divided into a communication process, the transaction process and file processes, each of the functions separate processor module for processing. また、各機能につき、現用プロセッサモジュールと待機プロセッサモジュールとを備え、 Also, for each function, provided with a current processor module and the standby processor module,
現用プロセッサモジュールに障害が発生したときに直ちに待機プロセッサモジュールがその処理を引き継ぐ、ホットスタンバイ切り替えが可能となっている。 Immediately standby processor module when a failure occurs in the working processor module takes over the processing, which enables hot-standby switchover.

【0015】具体的には、通信プロセッサモジュールについて、現用の通信プロセッサモジュールと待機の通信プロセッサモジュールは、同時に電文を受信し、回線制御装置の入力キューに格納する。 [0015] Specifically, the communication processor module, communications processor module and the standby communication processor module working receives the message at the same time, stored in the input queue of the line controller. その際、両方の通信プロセッサモジュールはタイマを参照し、電文の識別子として時刻印を電文に付与する。 At that time, both the communication processor module refers to the timer, imparts a time mark message as an identifier of the message. そして、現用の通信プロセッサモジュールは現用のトランザクションプロセッサモジュールと待機のトランザクションプロセッサモジュールに、入力電文を送信する。 The communication processor module working in a transaction processor module of the standby and active transaction processor module transmits the input message. この結果、現用の通信プロセッサモジュールで障害が発生しても、待機の通信プロセッサモジュールは、端末に電文の再送を要求することがなくなり、システム回復時間を短縮させることが可能となる。 As a result, even if a failure in the communications processor module working occurs, communications processor module standby, prevents to request retransmission of the message to the terminal, it is possible to shorten the system recovery time.

【0016】現用のトランザクションプロセッサモジュールは、受信した電文の種類に応じて、所定の処理を実行する。 The active transaction processor module, depending on the type of the received message, to perform a predetermined process. そして、ディスク装置からの読み出し要求があると、現用のファイルプロセッサモジュールと待機のファイルプロセッサモジュールに読み出し要求を通知する。 When there is a read request from the disk device, and notifies the read request to the file processor module of the standby and file processor module working. 現用のファイルプロセッサモジュールは、ディスク装置から所定のデータを読み出し、現用のトランザクションプロセッサモジュールと待機のトランザクションプロセッサモジュールに通知する。 File processor module working reads the predetermined data from the disk device, and notifies the transaction processor module of the standby and active transaction processor module.

【0017】さらに、現用のトランザクションプロセッサモジュールは、続きの処理を実行し、ディスク装置への書き込み要求があると、現用のファイルプロセッサモジュールと待機のファイルプロセッサモジュールに書き込み要求を通知する。 Furthermore, the transaction processor module working performs processing continues, when there is a write request to the disk device, and notifies the write request to the file processor module of the standby and file processor module working. 現用のファイルプロセッサモジュールは、所定のデータをディスク装置に書き込む。 File processor module working writes predetermined data into the disk device. そして、現用のファイルプロセッサモジュールは、現用のトランザクションプロセッサモジュールと待機のトランザクションプロセッサモジュールに、書き込み完了を通知する。 The file processor module working is the transaction processor module of the standby and active transaction processor module, notifies the completion of writing.

【0018】最後に、現用のトランザクションプロセッサモジュールは、電文処理の結果を現用の通信プロセッサモジュールと待機の通信プロセッサモジュールに通知する。 [0018] Finally, the transaction processor module working notifies the result of the message processing to the communication processor module of the standby and communication processor module working. そして、現用の通信プロセッサモジュールは端末に処理結果を送信する。 The communication processor module working transmits the processing result to the terminal.

【0019】ここで、現用プロセスは、電文毎のIOアクセス時をチェックポイントとし、この時点で、IOアクセス要因等をチェックポイントデータとして、対応する待機のプロセッサモジュールに送信する。 [0019] Here, the working process, the checkpoint at IO access each message, at this point, as checkpoint data IO access factors like, and transmits the corresponding wait Processor Module.

【0020】一方、待機プロセッサモジュールは、読み出しIOおよび書き込みIO要求時に、チェックポイントデータを取得するため、ジャーナルによるシステム回復処理が不要となり、システム回復時間を短縮することが可能となる。 Meanwhile, the standby processor module, at the time of read IO and write IO request, to acquire a checkpoint data, system recovery processing by the journal is not required, it is possible to shorten the system recovery time.

【0021】待機プロセッサモジュールは以下のように動作する。 [0021] waiting processor module operates in the following manner. 待機のプロセッサモジュールは他の現用プロセッサモジュールから電文を受信するが、一定周期毎に受信した電文の処理が完了したかどうか参照し、完了していれば入力キューから取り除く。 Processor Module standby is receiving a message from another active processor module, referring to whether the processing of the message received in every predetermined period is complete, removed from the input queue if completed.

【0022】なお、プロセッサモジュールの障害発生時におけるシステム回復時間は、障害検出時間、ファイル回復時間およびコネクションの再設定時間の和になる。 [0022] It should be noted that the system recovery time in the event failure of the processor module, the fault detection time, equal to the sum of re-setting time of file recovery time and connection.

【0023】従来方式では、IOアクセス時にチェックポイントデータを取得しておらず、ファイル回復処理にジャーナルが必須となり、システム回復時間が長くなる。 [0023] In the conventional method, not to get a checkpoint data at the time of IO access, journal becomes essential in the file recovery process, system recovery time is longer. また、待機系は端末から電文を受信していないため、障害発生時には、端末とコネクションを設定する処理が必須となり、システム回復時間が長くなる。 Moreover, since the standby system does not receive the message from the terminal, at the time of failure, the process for setting the terminal and connection required and the system recovery time is long.

【0024】これに対し本発明では、IOアクセス時をチェックポイントとすることによりジャーナルによる回復処理を不要とし、また、各プロセッサモジュールは他のプロセッサモジュールに電文を送信する際、現用プロセッサモジュールと待機プロセッサモジュールに同時に送信することにより、障害発生時にプロセッサモジュール間の電文再送が不要となり、システム回復時間を短縮させることが可能となる。 [0024] In the present invention contrast is made unnecessary a recovery process by the journal by a checkpoint at IO access, and each processor module when transmitting a message to the other processor modules, the working processor module standby by simultaneously sent to the processor module, message retransmission between processor modules is unnecessary when a failure occurs, it is possible to shorten the system recovery time. また、電文処理を、通信機能、トランザクション機能、およびファイル機能に分割し、それぞれに現用および待機のプロセッサモジュールを設けることにより、障害発生時のシステム回復時間を短縮するとともに、クラスタ型計算機システム全体の処理能力を向上させることが可能となる。 Further, the message processing, communication functions are divided into transactional capabilities, and file functions, by providing a processor module working and standby respectively, as well as shortening the system recovery time when a failure occurs, the entire cluster type computer system it is possible to improve the processing capacity.

【0025】 [0025]

【実施例】以下、本発明の実施例システムを図面により詳細に説明する。 EXAMPLES Hereinafter, described in detail by examples system of the present invention with reference to the accompanying drawings.

【0026】図1は、本発明による一実施例のシステム構成図である。 [0026] FIG. 1 is a system configuration diagram of an embodiment according to the present invention. このシステム構成は、6個のプロセッサモジュール11〜16を前提とする。 The system configuration, assume six processor modules 11-16. すべてのプロセッサモジュール11〜16は、プロセッサモジュール間接続通信路3−0,3−1および制御用LAN8により接続する。 All of the processor module 11 to 16, connected by a processor module interconnection channel 3-0 and 3-1 and the control LAN 8. プロセッサモジュール間接続通信路3−0,3 Connection between the processor module communication path 3-0,3
−1は、一方3−0を現用として、他方3−1を待機として使用する。 -1, whereas a 3-0 as an active, use the other 3-1 as a standby. このプロセッサモジュール間接続通信路3−0,3−1は、プロセス間通信に使用する。 The processor module interconnection channel 3-0 and 3-1 are used for inter-process communication. 制御用LAN8は、プロセッサモジュール11〜16が正常に動作しているかどうかチェックするためのアライブ(a Control LAN8 is alive for checking whether the processor module 11 to 16 is operating normally (a
live)メッセージを通信するために使用する。 Used to communicate live) message.

【0027】プロセッサモジュール11〜12は、通信プロセス30(図3)を搭載するため、回線切替装置5 [0027] Since the processor module 11-12, for mounting a communication process 30 (FIG. 3), the line switching unit 5
および業務用LAN4を接続し、端末6−0,6−1と通信できるようにする。 And it connects the business LAN 4, to communicate with terminals 6-0,6-1. プロセッサモジュール11〜1 Processor module 11-1
2は、受信した電文に時刻印を付与するために、タイマ7と接続する。 2, in order to impart time stamp in the received message, to connect the timer 7. プロセッサモジュール11〜12は、共有ディスク2−0を共有する。 Processor module 11-12 share the shared disk 2-0.

【0028】一方、他のプロセッサモジュール13〜1 [0028] On the other hand, other processor module 13-1
6は、通信プロセス30を搭載しないため、回線切替装置5および業務用LAN4とは接続しない。 6, because it does not equipped with the communication process 30, not connected to the line switching unit 5 and the business LAN 4. プロセッサモジュール13〜14は共有ディスク2−1を共有し、 Processor module 13-14 share the shared disk 2-1,
プロセッサモジュール15〜16は共有ディスク2−2 Processor module 15-16 shared disk 2-2
を共有する。 To share.

【0029】図2は、プロセッサモジュールの構成図である。 FIG. 2 is a configuration diagram of a processor module. プロセッサモジュール11を例にして説明する。 The processor module 11 will be described as an example.
プロセッサモジュール11は、プロセッサ11−1、メモリ11−2、IOP11−3、回線制御装置11− The processor module 11 includes a processor 11-1, memory 11-2, IOP11-3, line controller 11
4、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ11− 4, between the processor module connection channel adapter 11-
5、ディスク制御装置11−6、制御用LANアダプタ11−7および業務用LANアダプタ11−8から構成される。 5, the disk control device 11-6, a control for LAN adapters 11-7 and commercial LAN adapter 11-8.

【0030】プロセッサモジュール12は、プロセッサモジュール11と同様に通信プロセス30を搭載するため、同一の構成とする。 The processor module 12, for mounting a communication process 30 in the same manner as the processor module 11, the same configuration.

【0031】なお、前述のようにプロセッサモジュール13〜16は通信プロセス30を搭載しないため、プロセッサモジュール11から回線制御装置11−4と業務用LANアダプタ11−8を除いた構成になる。 [0031] Incidentally, the processor module 13 to 16 as described above for not equipped with the communication process 30, a processor module 11 to the structure except for the line controller 11-4 and the business LAN adapter 11-8. この結果、プロセッサモジュール13〜16は、プロセッサ1 As a result, the processor module 13 to 16, the processor 1
3−1〜16−1、メモリ13−2〜16−2、IOP 3-1~16-1, memory 13-2~16-2, IOP
13−3〜16−3、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ13−5〜16−5、ディスク制御装置13 13-3~16-3, processor module connections channel adapter 13-5~16-5, the disk controller 13
−6〜16−6、および制御用LANアダプタ13−7 -6~16-6, and control for the LAN adapter 13-7
〜16−7から構成される。 It consists of ~16-7. (13−1〜16−1の表記は、13−1、14−1、15−1、16−1を表わすものとする。他も同様。) 図3は、図のシステムのソフトウェアの構成と電文処理の機能分割を示す図である。 (Notation 13-1~16-1 are similar. Others denote the 13-1,14-1,15-1,16-1.) Figure 3 is a software configuration of the illustration of a system it is a diagram showing a functional division of the message processing. プロセッサモジュール11 Processor module 11
〜16のソフトウェアは、それぞれモニタ11−20〜 To 16 of the software, each monitor 11-20~
16−20、OS11−21〜16−21およびプロセス30〜32から構成される。 16-20, it consists OS11-21~16-21 and processes 30-32. モニタ11−20〜16 Monitor 11-20~16
−20は、プロセッサモジュール11〜16間通信処理情報を管理する。 -20 manages communication processing information between the processor module 11 to 16.

【0032】また、電文処理の機能は、通信プロセス3 [0032] In addition, the function of the message processing, the communication process 3
0、トランザクションプロセス31およびファイルプロセス32に分割する。 0, is divided into transaction process 31 and a file process 32. 通信プロセス30は、端末とのやりとりを行なう処理に関し、トランザクションプロセス31は、受信電文に対する処理に関し、ファイルプロセス32は、デスク装置に対するファイルアクセスの処理に関するものである。 Communication process 30 relates process for exchanging with the terminal, the transaction process 31 relates process for the received message, the file process 32 is related to the processing of file access to desks device. これらのプロセス30〜32としては、以下のように現用プロセス30−0〜32−0と待機プロセス30−1〜32−1とを設け、それぞれプロセッサモジュール11〜16に搭載する。 These processes 30-32, the working process 30-0~32-0 and the standby process 30-1~32-1 provided as follows, respectively embedded in the processor module 11 to 16. すなわち、 That is,
現用の通信プロセス30−0はプロセッサモジュール1 Communication process 30-0 of the active processor module 1
1に、待機の通信プロセス30−1はプロセッサモジュール12に搭載する。 1, the communication process 30-1 of waiting is embedded in the processor module 12. 現用のトランザクションプロセス31−0はプロセッサモジュール13に、待機のトランザクションプロセス31−1はプロセッサモジュール1 Transaction process 31-0 of the active to the processor module 13, the transaction process 31-1 of the standby processor module 1
4に搭載する。 It mounted on the 4. 現用のファイルプロセス32−0はプロセッサモジュール15に、待機のファイルプロセス32 File process 32-0 processor module 15 of the active, standby file process 32
−1はプロセッサモジュール16に搭載する。 -1 is embedded in the processor module 16.

【0033】図4は電文処理の概要を示す図である。 [0033] FIG. 4 is a diagram showing an overview of the message processing. 電文処理は実行を開始すると、端末6から電文を受信する。 When message processing begins execution, it receives a message from the terminal 6. そこで、ディスク装置2から必要なデータを読み出す。 Therefore, it reads the necessary data from the disk device 2. 電文処理を実行し、処理結果をディスク装置2に書き込む。 Run the message processing, and writes the processing result into the disk device 2. 次いで、端末6に応答電文を戻し(電文送信)、端末からアクノレッジ(ACK)を受信する。 Then, the terminal 6 returns a response message (message transmission), receives an acknowledge (ACK) from the terminal.

【0034】図5は、本実施例の動作の概略を示す図である。 [0034] FIG. 5 is a diagram showing an outline of the operation of this embodiment. 以下、各プロセッサモジュール11〜16について、現用プロセッサモジュール11,13,15と待機プロセッサモジュール12,14,16に分けて説明する。 Hereinafter, each processor module 11 to 16 will be described as the working processor module 11, 13 and 15 divide the standby processor module 12, 14, 16.

【0035】まず、現用プロセッサモジュール11,1 [0035] First, the active processor module 11,1
3,15について述べる。 3, 15 will be described.

【0036】現用の通信プロセッサモジュール11と待機の通信プロセッサモジュール12は、同時に電文を受信し、回線制御装置11−4,12−4あるいは業務用LANアダプタ11−8,12−8の入力キュー(後述)に格納する(処理200)。 The communications processor module 11 and the communication processor module 12 of the standby working receives the message at the same time, the line control apparatus 11-4,12-4 or input queue of industrial LAN adapter 11-8,12-8 ( and stores described later) (step 200). その際、現用と待機の通信プロセッサモジュール11,12はタイマ7を参照し、電文の識別子として時刻印を電文に付与する(処理201)。 At that time, it is working and communication processor module 11, 12 of the standby reference timer 7, imparts a time mark message as an identifier of the message (step 201). そして、現用の通信プロセッサモジュール1 The communication of the working processor module 1
1は現用のトランザクションプロセッサモジュール13 1 of the active transaction processor module 13
と待機のトランザクションプロセッサモジュール14 And waiting for a transaction processor module 14
へ、受信した電文を送信する(処理202)。 To, and transmits the received message (step 202).

【0037】現用のトランザクションプロセッサモジュール13は、受信した電文の種類に応じて、所定の処理を実行する。 [0037] Transaction Processor Module 13 working, depending on the type of the received message, to perform a predetermined process. ディスク装置2−2からの読み出し要求があると、現用と待機のファイルプロセッサモジュール1 When there is a read request from the disk device 2-2, the working and standby file processor module 1
3,14に読み出し要求を通知する(処理203)。 And it notifies the read request to 3,14 (process 203). 現用のファイルプロセッサモジュール13は、ディスク装置2−2から所定のデータを読み出し(処理204)、 File processor module 13 of the working reads predetermined data from the disk unit 2-2 (processing 204),
現用のトランザクションプロセッサモジュール13と待機のトランザクションプロセッサモジュール14に通知する(処理206)。 A transaction processor module 13 of the working and notifies the transaction processor module 14 waits (step 206).

【0038】さらに、現用のトランザクションプロセッサモジュール13は、続きの処理を実行し、ディスク装置2−2への書き込み要求があると、現用のファイルプロセッサモジュール15と待機のファイルプロセッサモジュール16に書き込み要求を通知する(処理20 [0038] In addition, the transaction processor module 13 of the working executes the processing of more, when there is a write request to the disk device 2-2, a write request to the file processor module 16 waits the file processor module 15 of the working notification to (processing 20
3)。 3). 現用のファイルプロセッサモジュール15は、所定のデータをディスク装置2−2に書き込む(処理20 File processor module 15 of the working writes predetermined data into the disk device 2-2 (processing 20
5)。 5). そして、現用のトランザクションプロセッサモジュール13と待機のトランザクションプロセッサモジュール14に、書き込み完了を通知する(処理206)。 Then, the transaction processor module 14 waits the transaction processor module 13 of the working, and notifies the completion of writing (step 206).

【0039】最後に、現用のトランザクションプロセッサモジュール13は、処理結果を現用の通信プロセッサモジュール11と待機の通信プロセッサモジュール12 [0039] Finally, the transaction processor module 13 of the active, the process communication processor module 12 results standby communication processor module 11 of the working
に通知し(処理207)、現用の通信プロセッサモジュール11は端末6−0,6−1に処理結果を送信する(処理208)。 Notify (process 207), the communication processor module 11 of the working transmits the processing result to the terminal 6-0,6-1 (process 208).

【0040】現用のプロセッサモジュール11,13, The working of the processor module 11 and 13,
15は、電文送信、電文受信、ディスク装置からの読み出しおよびディスク装置への書き込みのIOアクセス時をチェックポイントとし、これらのIO待ち要因、実行中の電文の識別子、および共有IOの状態をチェックポイントデータとし、これをそれぞれ待機プロセッサモジュール12,14,16に転送する。 15, message transmission, message received, and read and checkpoints at IO access write to the disk device from the disk device, checkpoints these IO wait factor, identifier message running, and the status of the shared IO and data, and transfers it to the respective standby processor module 12, 14, 16.

【0041】待機のプロセッサモジュール12,14, [0041] waiting for a processor module 12 and 14,
16は、端末6−0,6−1あるいは他の現用プロセッサモジュール11,13,15から電文を受信する。 16 receives a message from the terminal 6-0,6-1 or other active processor modules 11, 13, 15. また、待機のプロセッサモジュール12,14,16は、 In addition, the processor module 12, 14, 16 of waiting,
現用のプロセッサモジュール11,13,15から受信したチェックポイントデータを取得しておく。 It obtains the checkpoint data received from the processor module 11, 13, 15 of the working.

【0042】図6は、回線制御装置の構成図である。 [0042] Figure 6 is a block diagram of a line controller. 回線制御装置11−4は、プロセッサ11−4−1、メモリ11−4−2、バッファ11−4−3、回線制御部1 Line controller 11-4, a processor 11-4-1, memory 11-4-2, buffer 11-4-3, the line control unit 1
1−4−4で構成する。 Configured in 1-4-4. バッファ11−4−3には、端末6−0から受信した電文を格納する入力キュー10 The buffer 11-4-3, the input queue 10 for storing the message received from the terminal 6-0
(11−4−5)と、端末6−0に送信する電文を格納する出力キュー10(11−4−6)とを設ける。 (11-4-5), the output queue 10 (11-4-6) for storing the message to be transmitted to the terminal 6-0 and provided. 回線制御装置12−4についても同様である。 The same applies to the line controller 12-4.

【0043】図7は、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタの構成図である。 [0043] Figure 7 is a block diagram of inter-processor modules connected channel adapter. プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ11−5は、プロセッサ11−5− Connecting channel adapter 11-5 between processor modules, the processor 11-5-
1、メモリ11−5−2、バッファ11−5−3、ディスク制御部11−5−4で構成する。 1, memory 11-5-2, buffer 11-5-3 is constituted by a disk controller 11-5-4. バッファ11−5 Buffer 11-5
−3には、他のプロセッサモジュール12〜16から受信した電文を格納する入力キューとして、入力キュー2 The -3, as an input queue for storing the message received from the other processor modules 12 to 16, the input queue 2
0(11−5−5)と入力キュー21(11−5−7) 0 (11-5-5) and the input queue 21 (11-5-7)
とを設け、また他のプロセッサモジュール12〜16に送信する電文を格納する出力キューとして、出力キュー20(11−5−6)と出力キュー21(11−5− Preparative provided, and as the output queue for storing a message to be sent to other processor modules 12 to 16, the output queue 20 (11-5-6) and the output queues 21 (11-5-
8)とを設ける。 8) and providing a. プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ12−5についても同様である。 The same applies to the processor module connections channel adapter 12-5.

【0044】図8は、ディスク制御装置の構成図である。 [0044] Figure 8 is a block diagram of the disk controller. ディスク制御装置11−6は、プロセッサ11−6 Disk controller 11-6, a processor 11-6
−1、メモリ11−6−2、バッファ11−6−3、ディスク制御部11−6−4で構成する。 -1, memory 11-6-2, buffer 11-6-3 is constituted by a disk controller 11-6-4. バッファ11− Buffer 11-
6−3には、共有ディスク2−0から読み出すデータと共有ディスク2−0に書込むデータとを保持する。 The 6-3, holds the data to be written to the shared disk 2-0 and the data read out from the shared disk 2-0. デスク制御装置12−6についても同様である。 The same applies to the desk controller 12-6.

【0045】図9は、制御用LANアダプタの構成図である。 [0045] Figure 9 is a block diagram of the control LAN adapter. 制御用LANアダプタ11−7は、プロセッサ1 Control for the LAN adapter 11-7, processor 1
1−7−1、メモリ11−7−2、バッファ11−7− 1-7-1, memory 11-7-2, buffer 11-7-
3、制御用LAN制御部11−7−4で構成する。 3, composed of a control LAN controller 11-7-4. バッファ11−7−3には、他のプロセッサモジュール12 The buffer 11-7-3, other processor modules 12
から受信したaliveメッセージと他のプロセッサモジュール12に送信するaliveメッセージを保持する。 Holding the alive message to be transmitted to the alive messages and other processor modules 12 received from. 制御用LANアダプタ12−7についても同様である。 The same applies to the control for the LAN adapter 12-7.

【0046】図10は、業務用LANアダプタの構成図である。 [0046] FIG. 10 is a block diagram of a business for the LAN adapter. 業務用LANアダプタ11−8は、プロセッサ11−8−1、メモリ11−8−2、バッファ11−8 Business for the LAN adapter 11-8, processor 11-8-1, memory 11-8-2, buffer 11-8
−3、制御用LAN制御部11−8−4で構成する。 -3, constituted by control LAN controller 11-8-4. バッファ11−8−3には、端末6−1から受信した電文を格納する入力キュー30(11−8−5)と端末6− The buffer 11-8-3, the input queue 30 for storing the message received from the terminal 6-1 (11-8-5) terminal 6-
1に送信する電文を格納する出力キュー30(11−8 Output queues 30 for storing the message to be transmitted to one (11-8
−6)とを設ける。 -6) and provided. 業務用LANアダプタ12−8についても同様である。 The same applies to the business for the LAN adapter 12-8.

【0047】図11は、回線切替装置の構成図である。 [0047] Figure 11 is a block diagram of a line switching device.
回線切替装置5には、競合防止回路5−1を設ける。 The line switching unit 5 is provided with a conflict prevention circuit 5-1. 競合防止回路5−1の働きにより、現用の通信プロセッサモジュール11は端末6−0との電文の送信および受信を可能とし、待機の通信プロセッサモジュール12は端末6−0との電文の受信のみ可能とする。 By the action of competition prevention circuit 5-1, the communication processor module 11 of the current is set to allow transmission and reception of message with the terminal 6-0, the communication processor module 12 of the standby can only receive message with the terminal 6-0 to.

【0048】図12は、プロセッサモジュール間通信における電文フォーマットを示す図である。 [0048] Figure 12 is a diagram illustrating a message format in the communication between processor modules. 電文フォーマットは、送信元アドレス80、送信先アドレス81、電文の本体82および時刻印83から構成する。 Message format is comprised of the source address 80, destination address 81, the main body 82 and the time stamp 83 of the message.

【0049】図13は、プロセッサモジュールのアドレスを示す図である。 [0049] Figure 13 is a diagram showing an address of a processor module. このアドレスは、プロセッサモジュール間接続通信路3−0,3−1と制御用LAN8ともに、同じアドレスを使用する。 This address, both control LAN8 processor module interconnection channel 3-0 and 3-1, using the same address. ここでは、搭載されるプロセスとそのプロセッサモジュールのアドレスを示す。 Here, a process and address of the processor module mounted.
プロセッサモジュール11のアドレスは(00)16とし、プロセッサモジュール12のアドレスは(01)16 Address of the processor module 11 a (00) 16, the address of the processor module 12 (01) 16
と、プロセッサモジュール13のアドレスは(10)16 When, the address of the processor module 13 (10) 16
と、プロセッサモジュール14のアドレスは(11)16 When, the address of the processor module 14 (11) 16
とプロセッサモジュール15のアドレスは(20)16 The address of the processor module 15 (20) 16
と、プロセッサモジュール16のアドレスは(21)16 When, the address of the processor module 16 (21) 16
とする。 To. ここに、“()16”は16進数を表わす。 Here, "() 16" represents a hexadecimal number.

【0050】図14は、チェックポイントデータを示す図である。 [0050] FIG. 14 is a diagram showing a checkpoint data. チェックポイントデータは、通信プロセス3 Checkpoint data, the communication process 3
0、トランザクションプロセス31、ファイルプロセス32毎に設け、それぞれ同一の構成とする。 0, the transaction process 31, provided for each file process 32, respectively the same configuration. また、チェックポイントデータは、書き込み中の障害に備えるため、A面とB面を用意し、交互に書き込む。 Also, the checkpoint data is provided for the failure in writing, prepared A surface and B surface, it is alternately written. A面とB面の構成は同一である。 Configuration of A side and B-side are the same.

【0051】図14では通信プロセス30のA面のチェックポイントデータを示す。 [0051] FIG 14 shows the checkpoint data A surface of the communication process 30. 通信プロセス30のチェックポイントデータは、電文毎に以下のように設ける。 Checkpoint data communication process 30, provided as follows for each message. 時刻印240−0A〜247−0A、イベントコード24 Time stamp 240-0A~247-0A, event code 24
0−1A〜247−1A(図15で後述)、プロセッサのレジスタの内容240−2A〜247−2Aから構成する。 0-1A~247-1A (described later in FIG. 15), constituting the contents of the processor registers 240-2A~247-2A. また、電文間で共有する共有ディスク2の状態2 The state of the shared disk 2 shared between message 2
50−A、プロセッサモジュール間接続通信路3の状態251−A、業務用LAN4の状態252−A、制御用LAN8の状態253−Aおよび実行中の電文の時刻印254−Aも格納する。 50-A, the state 251-A between processor modules connected communication channel 3, the state 252-A of the business LAN 4, also engraved 254-A when the state 253-A and running telegram control LAN8 stores.

【0052】チェックポイントデータのB面は、A面と内容は同一であり、時刻印240−0B〜247−0 [0052] B-side of the checkpoint data, A surface and the contents are the same, time stamped 240-0B~247-0
B、イベントコード240−1B〜247−1B、プロセッサのレジスタ240−2B〜247−2B、電文間で共有する共有ディスク2の状態250−B、プロセッサモジュール間接続通信路3の状態251−B、業務用LAN4の状態252−B、制御用LAN8の状態25 B, event code 240-1B~247-1B, processor registers 240-2B~247-2B, state 250-B of the shared disk 2 shared between message, the state of the processor module interconnection channel 3 251-B, state 252-B of commercial LAN 4, the state of the control LAN 8 25
3−Bおよび実行中の電文の時刻印254−Bから構成する。 When 3-B and a running message consist marking 254-B.

【0053】次に、トランザクションプロセス31のチェックポイントデータは、業務用LAN4状態を除いて、通信プロセス30のものと同一である。 Next, the checkpoint data transaction process 31, except LAN4 state for business, are identical to those of the communication process 30. すなわち、 That is,
図示しないが、A面は、時刻印260−0A〜267− Although not shown, A plane, when engraved 260-0A~267-
0A、イベントコード260−1A〜267−1A、プロセッサのレジスタ260−2A〜267−2A、電文間で共有する共有ディスク2の状態270−A、プロセッサモジュール間接続通信路3の状態271−A、制御用LAN4の状態273−Aおよび実行中の電文の時刻印274−Aから構成する。 0A, event code 260-1A~267-1A, processor registers 260-2A~267-2A, state 270-A of the shared disk 2 shared between message, the state of the processor module interconnection channel 3 271-A, consist marking 274-a when the state 273-a and running message of the control LAN 4. これのB面はA面と同様である。 This B-side is the same as the A plane.

【0054】最後に、ファイルプロセス32のチェックポイントデータについて、これも、通信プロセス30のものと同様に、図示しないが、A面は、時刻印280− [0054] Finally, the checkpoint data file process 32, which is also similar to that of the communication process 30, but not shown, A plane, when stamped 280-
0A〜287−0A、イベントコード280−1A〜2 0A~287-0A, event code 280-1A~2
87−1A、プロセッサのレジスタ280−2A〜28 87-1A, processor registers 280-2A~28
7−2A、電文間で共有する共有ディスク2の状態29 7-2A, state 29 of the shared disk 2 shared among telegram
0−A、プロセッサモジュール間接続通信路3の状態2 0-A, the state of the processor module interconnection channel 3 2
91−A、制御用LAN8の状態293−Aおよび実行中の電文の時刻印294−Aから構成する。 91-A, constituting a marking 294-A when the message state 293-A and during execution of the control LAN 8. これのB面もA面と同様である。 This B-side is similar to the A plane.

【0055】図15は、プロセスのイベント情報を示す図である。 [0055] Figure 15 is a diagram showing an event information of the process. I/Oのイベント情報をプロセス毎に分けて示す。 Showing separately the event information of the I / O for each process.

【0056】まず、通信プロセス30では、トランザクションプロセッサモジュールへの電文送信300のコードは(00)16とし、端末6への電文送信301のコードは(01)16とする。 [0056] First, in the communication process 30, the code of the message transmission 300 to the transaction processor module and (00) 16, the code of message transmission 301 to the terminal 6 and (01) 16.

【0057】トランザクションプロセス31では、読み出しI/O要求303のコードは(10)16とし、書き込みI/O要求304のコードは(11)16とし、通信プロセッサモジュールへの電文送信305のコードは(12)16とする。 [0057] Transaction processing 31, the code of the read I / O request 303 (10) 16, the code of the write I / O request 304 (11) 16, the code of message transmission 305 to the communications processor module ( 12) 16 to.

【0058】最後に、ファイルプロセス32では、読み出しI/O開始306のコードは(20)16とし、読み出しI/O完了307のコードは(21)16とし、書き込みI/O開始308のコードは(22)16とし、書き込みI/O完了309のコードは(23)16とする。 [0058] Finally, the file process 32, the code of the read I / O initiation 306 (20) 16, the code read I / O completion 307 (21) 16, the code of the write I / O initiation 308 (22) 16 and to the code of the write I / O completion 309 (23) 16.

【0059】図16は、I/Oの状態を示す図である。 [0059] Figure 16 is a diagram showing a state of the I / O.
I/Oには、回線制御装置11−4、プロセッサモジュール間接続通信路3、業務用LAN4および制御用LA The I / O, the line control unit 11-4, the processor module connections channel 3, business LAN4 and control LA
N8がある。 There is N8. それぞれについて、正常稼働中320を(00)16とし、故障中321を(01)16とする。 For each, the normal operation in 320 and (00) 16, the failure in 321 and (01) 16.

【0060】図14から図16において、チェックポイントデータ240−0A〜294−A,240−0B〜 [0060] In FIGS. 14 to 16, the checkpoint data 240-0A~294-A, 240-0B~
294−Bについて述べてきたが、これらのチェックポイントデータの初期値は(FF)16とする。 Having described 294-B, but the initial value of these checkpoints data and (FF) 16.

【0061】図17は、プロセッサモジュールの状態遷移図である。 [0061] Figure 17 is a state transition diagram of a processor module. プロセッサモジュール11〜16には、以下の3つの状態150〜152を設ける。 The processor module 11 to 16, providing the following three states 150-152.

【0062】現用状態150は正常に処理を実行中の状態である。 [0062] the active state 150 is a state of running a successful treatment. 待機状態151は、プロセッサモジュール1 Standby state 151, the processor module 1
1〜16で障害が発生しても直ちに処理を引き継げる状態である。 It is a state in which immediately take over the process even if a failure in the 1 to 16 occurs. オフライン状態152は障害発生や保守のためシステムから切り離されている状態である。 Offline state 152 is a state of being disconnected from the system for failure or maintenance.

【0063】次に、現用のプロセッサモジュール11とそのバックアップ処理を実行する待機のプロセッサモジュール12を例にして、状態遷移を説明する。 Next, the processor module 12 waits for executing the processor module 11 of the working the backup process as an example, illustrating the state transitions. 現用状態150で障害が発生すると、オフライン状態152に遷移し(状態遷移155)、待機プロセッサモジュール1 When a fault on the working state 150 occurs, a transition to the offline state 152 (state transition 155), waits processor module 1
2は待機状態151から現用状態150に遷移する(状態遷移156)。 2 transitions from the standby state 151 to the working state 150 (state transition 156). 待機状態151で障害が発生すると、 When a failure occurs in the standby state 151,
オフライン状態152に遷移する(状態遷移157)。 A transition to the offline state 152 (state transition 157).
オフライン状態152から修復完了すると、オフライン状態152から待機状態151に遷移する(状態遷移1 Repairing completion from the offline state 152, a transition from the offline state 152 to the standby state 151 (state transition 1
58)。 58).

【0064】以下、通信プロセッサモジュール11,1 [0064] In the following, communication processor module 11,1
2、トランザクションプロセッサモジュール13,14 2, the transaction processor module 13, 14
およびファイルプロセッサモジュール15,16の処理手順を示す。 And showing a processing procedure of a file processor modules 15, 16.

【0065】図18〜図20は、通信プロセッサモジュールの処理手順を示す図である。 [0065] FIGS. 18 to 20 are diagrams showing the process procedure of the communication processor module.

【0066】図18は、端末6−0,6−1から電文を受信し、それをトランザクションプロセッサモジュール13,14に送信するまでの処理である。 [0066] Figure 18 receives the message from the terminal 6-0,6-1, is a process before sending it to the transaction processor module 13. これは、図5 This is, as shown in FIG. 5
の処理200に相当する。 It corresponds to the processing 200.

【0067】現用の通信プロセッサモジュール11と待機の通信プロセッサモジュール12は、それぞれ同時に端末6−0および端末6−1からの電文を受信する(処理400)。 [0067] Communication processor module 12 waits the communication processor module 11 of the working will simultaneously receive a message from the terminal 6-0 and terminal 6-1, respectively (process 400). 受信した電文は、回線を経由する場合には、回線制御装置11−4,12−4の入力キュー10 Received message, when passing through the line, the input queue 10 of the line control device 11-4,12-4
(11−4−5,12−4−5)に格納される(処理4 Is stored in the (11-4-5,12-4-5) (process 4
00)。 00). また、業務用LAN4を経由する場合には、業務用LANアダプタ11−8,12−8の入力キュー3 In addition, in the case of through the business for LAN4, the input queue 3 of business for the LAN adapter 11-8,12-8
0(11−8−5,12−8−5)に格納される。 Is stored in the 0 (11-8-5,12-8-5).

【0068】ここでは、端末6−0から回線切替装置5 [0068] Here, the line switching device 5 from the terminal 6-0
を介して受信する電文について、説明する。 The message received via the will be described.

【0069】この際、回線制御装置11−4,12−4 [0069] In this case, the line control device 11-4,12-4
のプロセッサ11−4−1,12−4−1は受信した電文を一致させるために、タイマ7を参照し、受信した電文に時刻印83を付加する(処理401)。 The processor 11-4-1,12-4-1 to match the message received, with reference to the timer 7, adds the time stamp 83 in the received message (step 401). 以下、回線制御装置11−4,12−4が電文を受信した場合について説明する。 The following describes the case where the line control apparatus 11-4,12-4 receives a message.

【0070】現用の通信プロセッサモジュール11は入力キュー10(11−4−5)から電文を取り出す。 [0070] Communication processor module 11 of the working retrieve message from the input queue 10 (11-4-5). そして、現用の通信プロセス30−0は、現用のトランザクションプロセス31−0と待機のトランザクションプロセス31−1に電文を送信する(処理402)。 The communication process 30-0 of working transmits a message to the transaction process 31-1 waiting transaction process 31-0 of the active (processing 402). この際、現用の通信プロセス30−0は、チェックポイントデータ240−0A〜254−A,240−0B〜25 In this case, the communication process 30-0 of the active, the checkpoint data 240-0A~254-A, 240-0B~25
4−Bを待機プロセッサモジュール12に送信し(処理403)、待機プロセッサモジュール12はこれを受信する(処理404)。 The 4-B sends to the standby processor module 12 (process 403), the standby processor module 12 receives this (step 404). なお、チェックポイントデータ2 In addition, checkpoint data 2
40−0A〜254−A,240−0B〜254−Bについては、後に図36で詳細に説明する。 40-0A~254-A, for 240-0B~254-B, in FIG. 36 will be described in detail later.

【0071】図19は、現用のトランザクションプロセッサモジュール12から電文を受信し、それを端末6− [0071] Figure 19 receives message from the transaction processor module 12 of the current, the terminal it 6-
0に送信するまでの処理である。 0, which is the processing of up to be sent to. これは、図5の処理2 This is the process of FIG 2
07と処理208に相当する。 07 and corresponds to the processing 208.

【0072】現用のトランザクションプロセス31−0 [0072] of the current transaction process 31-0
は送信した電文の処理が終了すると、現用の通信プロセッサモジュール11と待機の通信プロセッサモジュール12に処理結果を送信する(処理410)。 Transmits the processing of the transmitted message is completed, the communication processor module 11 of the working of the communications processor module 12 to the processing result of the waiting (process 410). そして、現用の通信プロセス30−0は、端末6に処理結果を送信する(処理411)。 The communication process 30-0 of working transmits the processing result to the terminal 6 (step 411). これとともに、現用の通信プロセス30−0は、チェックポイントデータ240−0A〜 At the same time, the communication process 30-0 of the active, the checkpoint data 240-0A~
254−A,240−0B〜254−Bを待機プロセッサモジュール12に送信し(処理412)、待機プロセッサモジュール12はこれを受信する(処理413)。 254-A, and it sends the waiting processor module 12 240-0B~254-B (process 412), the standby processor module 12 receives this (step 413).

【0073】図20は、端末6−0に処理結果を送信し、他のプロセッサモジュール12〜16に終了電文の時刻印を送信するまでの処理である。 [0073] Figure 20 transmits the processing result to the terminal 6-0 is a process before sending the time stamp of the completion message to the other processor modules 12 to 16.

【0074】現用の通信プロセッサモジュール11は端末6−0からACKを受信すると(処理420)、終了した電文の時刻印を待機プロセッサモジュール12に送信する(処理421)。 [0074] Communication processor module 11 of the working When receiving an ACK from the terminal 6-0 (step 420), and transmits the time stamp of the terminated message to the standby processor module 12 (process 421). そして、現用の通信プロセッサモジュール12は、以下に示す終了処理を実行する。 The communication processor module 12 of the working executes a termination processing described below. これは、終了した電文を入力キュー10(11−4−5) This is, enter an end to the message queue 10 (11-4-5)
と入力キュー20(11−5−5)から削除し(処理4 Remove input from the queue 20 (11-5-5) and (processing 4
22)、終了した電文のチェックポイントデータ240 22), the checkpoint data 240 of the end of the telegram
−0A〜254−A,240−0B〜254−Bを初期化する(処理423)。 -0A~254-A, initializing the 240-0B~254-B (processing 423).

【0075】一方、待機の通信プロセッサモジュール1 [0075] On the other hand, the communication of the standby processor module 1
2は、終了した電文の時刻印を受信する。 2, receives a time stamp of the end of the telegram. そして、以下に示す終了処理を実行する。 Then, to execute the termination process shown below. この終了処理では、終了した電文を入力キュー10(12−4−5)と入力キュー20(12−5−5)から削除し(処理424)、終了した電文のチェックポイントデータ240−0A〜25 In this termination process, to remove the finished message from the input queue 10 (12-4-5) and the input queue 20 (12-5-5) (processing 424), check point data of the end of the telegram 240-0A~25
4−A,240−0B〜254−Bを初期化する(処理425)。 4-A, to initialize 240-0B~254-B (processing 425). この終了処理は、終了電文を受信する毎に行う方法と、終了電文を蓄積しておき、一定周期毎にまとめて行う方法がある。 The termination processing includes a process performed for each receiving an end message, leave accumulating completion message, there is a method of performing collectively at every constant period.

【0076】図21は、aliveメッセージによる障害検出方式を示す図である。 [0076] Figure 21 is a diagram illustrating a fault detection method by alive messages.

【0077】現用プロセッサモジュール11,13,1 [0077] the active processor module 11,13,1
5は待機プロセッサモジュール12,14,16間で、 5 between the standby processor module 12, 14, 16,
以下のようにaliveメッセージ431を交換し、それを監視することにより、障害を検出する。 Replace the alive message 431 as follows, by monitoring it detects a failure.

【0078】以下、プロセッサモジュール11,12を例にして、説明する。 [0078] Hereinafter, the processor module 11 will be explained as an example. 現用プロセッサモジュール11は一定時間毎にaliveメッセージ431を待機プロセッサモジュール12に送信する。 Active processor module 11 transmits an alive message 431 at predetermined intervals in a standby processor module 12. そこで現用プロセッサモジュール11に障害が発生したとする(430)。 Therefore the the working processor module 11 fails (430). 待機プロセッサモジュール12は、最後のaliveメッセージ431を受信した後、一定時間経過しても(43 Standby processor module 12, after receiving the last alive message 431, even after the lapse of a predetermined time (43
3)、次のaliveメッセージ432を受信しない場合、現用プロセッサモジュール11の障害を検出する4 3) does not receive the next alive message 432, detects a failure in the active processor module 11 4
40。 40.

【0079】以下同様に、プロセッサモジュール13, [0079] Similarly, the processor module 13,
14間およびプロセッサモジュール15,16間の障害を検出できる。 14 between and can detect a failure between the processor modules 15, 16.

【0080】図22は、通信プロセッサモジュールの切り替え処理手順を示す図である。 [0080] Figure 22 is a diagram showing a switching process procedure of the communication processor module.

【0081】現用のプロセッサモジュール11で障害が発生する(430)と、待機のプロセッサモジュール1 [0081] Failure by the processor module 11 of the working occurs and (430), the processor module 1 waits
2は、aliveメッセージの途絶により、現用のプロセッサモジュール11の障害を検出し(処理440)、 2, the disruption of the alive message, detects the failure of the processor module 11 the active (processing 440),
他のプロセッサモジュール13〜16に障害発生を通知する(処理441)。 And it notifies the failure to the other processor modules 13 to 16 (process 441).

【0082】以下、障害の発生したプロセッサモジュール11を旧現用のプロセッサモジュール11−1と呼び、処理を引き継ぐのプロセッサモジュール12を新現用のプロセッサモジュール12−1と呼ぶ。 [0082] In the following, called a processor module 11 from the failed processor module 11-1 of the old working, referred to as the processor module 12 to take over the processing and processor module 12-1 of the new active.

【0083】新現用のプロセッサモジュール12−1 [0083] The new active processor module 12-1
は、旧現用のプロセッサモジュール11−1が共有IO , The processor module 11-1 of the old working is shared IO
2〜8をアクセスすることによる誤動作を防止するために、リセット処理を要求する(処理442)。 To prevent malfunction due to access a 2-8, and requests a reset process (process 442). 旧現用のプロセッサモジュール11−1では、自身のモニタ11 In the processor module 11-1 of the old working, own of the monitor 11
−20がリセット信号11−30をセットすることにより、IOP11−3、回線制御装置11−4、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ11−5、ディスク制御装置11−6、制御用LANアダプタ11−7および業務用LANアダプタ11−8をリセットする(処理443)。 By -20 sets the reset signal 11-30, IOP11-3, line control unit 11-4, the processor module connections channel adapter 11-5, disk controller 11-6, a control LAN adapter 11-7 and to reset the business for the LAN adapter 11-8 (processing 443). このリセット処理は、前述した図6から図1 This reset process, FIG. 1 from FIG. 6 described above
0に示している。 0 to show.

【0084】新現用のプロセッサモジュール12−1 [0084] The new active processor module 12-1
は、自身が端末6−0との電文を送受信可となるように、また、旧現用の通信プロセッサモジュール11−1 , Like itself is transmitted and received friendly the message to the terminal 6-0, The communication processor module 11-1 of the old working
が端末6−0との電文の送受信が不可となるように、回線切替装置5を設定する(処理444)。 So it becomes impossible to transmit and receive message with the terminal 6-0, to set the line switching unit 5 (step 444).

【0085】そして、新現用のプロセッサモジュール1 [0085] Then, the new active processor module 1
2−1はaliveメッセージ431の交換とチェックポイントデータの転送を中断する(処理445,処理4 2-1 interrupts the transfer of the exchange and the check point data alive message 431 (process 445, process 4
46)。 46).

【0086】さらに、新現用の通信プロセッサモジュール12−1は、一定周期毎に電文の終了処理を行っている場合には、処理424,425を実行し(処理44 [0086] Furthermore, the communication processor module 12-1 of the new active, when doing end processing message at fixed intervals performs a process 424 (process 44
7)、入力キュー10(12−4−5)と入力キュー2 7), the input queue 10 and the (12-4-5) input queue 2
0(12−5−5)を更新する。 To update the 0 (12-5-5).

【0087】最後に、新現用のプロセッサモジュール1 [0087] Finally, the new active processor module 1
2−1は、チェックポイントデータであるプロセッサのレジスタ240−2A(図14)をプロセッサレジスタに設定し、再開命令を実行する。 2-1 sets registers of the processor which is the checkpoint data 240-2A (Figure 14) to processor registers, executes the restart instruction. これにより、最新のチェックポイントより再開でき、端末6−0およびトランザクションプロセッサモジュール13,14に電文を送信可能となる(処理448)。 This can resume from the most recent checkpoint, and can transmit the message to the terminal 6-0 and transaction processor module 13 (process 448).

【0088】図23は、通信プロセッサモジュールの障害回復処理手順を示す図である。 [0088] Figure 23 is a diagram showing a failure recovery processing procedure of a communication processor module. 旧現用の通信プロセッサモジュール11−1は、障害から回復すると、新現用の通信プロセッサモジュール12−1の待機プロセッサモジュールとなる。 Communication processor module 11-1 of the old working, when recovery from a failure, a standby processor module of the communication processor module 12-1 of the new active. このような障害回復処理について説明する。 Such a failure recovery processing will be described. 旧現用のプロセッサモジュール11−1は障害回復処理を開始し(処理470)、これが終了すると、 Processor module 11-1 of the old working initiates a fault recovery processing (processing 470), when this is finished,
旧現用のプロセッサモジュール11−1は、新現用のプロセッサモジュール12−1に修復完了を通知する(処理471)。 Processor module 11-1 of the old working notifies the repair completion to the processor module 12-1 of the new active (processing 471).

【0089】一方、新現用のプロセッサモジュール12 [0089] On the other hand, the processor module 12 of the new active
−1はこの修復完了通知を受信する(処理472)。 -1 receives the repair completion notice (processing 472). そして、新現用のプロセッサモジュール12−1は、他のすべてのプロセッサモジュール13〜16に、修復完了を通知する(処理473)。 Then, the processor module 12-1 of the new active to all the other processor modules 13 to 16, and notifies the restoration completion (processing 473). これにより、旧現用の通信プロセッサモジュール11−1は新現用のプロセッサモジュール12と共に現用のトランザクションプロセッサモジュール13から電文の受信を開始できる。 Thus, the communication processor module 11-1 of the old working can begin receiving from the transaction processor module 13 of the working of the message with the processor module 12 of the new active. さらに、 further,
旧現用のプロセッサモジュール11−1は端末6−0間と電文受信可/送信不可となるように、回線切替装置5 Processor module 11-1 of the old working is such that the terminal 6-0 between the message Ready / transmission impossible, line switching unit 5
を設定する(処理474)。 Setting (processing 474). これにより、旧現用の通信プロセッサモジュール11−1は新現用のプロセッサモジュール12−1と共に端末6−0から電文の受信を開始できる。 Thus, the communication processor module 11-1 of the old working can begin receiving from the terminal 6-0 of telegrams with the processor module 12-1 of the new active.

【0090】旧現用のプロセッサモジュール11−1 [0090] of the old working processor module 11-1
は、最初に受信した電文の時刻印を新現用のプロセッサモジュール12−1に通知する(処理475)。 Is the time stamp of the first message received and notifies the processor module 12-1 of the new active (processing 475). 一方、 on the other hand
新現用のプロセッサモジュール12−1は、受信した時刻印により、旧現用のプロセッサモジュール11−1の入力キュー10(11−4−5)と入力キュー20(1 Processor module 12-1 of the new active, due time stamps received, the input queue 10 of the processor module 11-1 of the old working (11-4-5) and the input queue 20 (1
1−5−5)が、それぞれ自身の入力キュー10(12 1-5-5) is, each its own input queue 10 (12
−4−5)と入力キュー20(12−5−5)に一致しているか判定し(処理476)、一致していなければ、 -4-5) and determines whether they match the input queue 20 (12-5-5) (process 476), if they do not match,
一致するまで処理476を実行する(処理477)。 It executes a process 476 to match (processing 477). そして、入力キュー10(11−4−5,12−4−5) Then, the input queue 10 (11-4-5,12-4-5)
と入力キュー20(11−5−5,12−5−5)の内容がそれぞれ一致すれば、処理の引き継ぎが可能と判断し、新現用のプロセッサモジュール12−1は、旧現用のプロセッサモジュール11−1をオフライン状態15 If a match contents of the input queue 20 (11-5-5,12-5-5) respectively and, determining that can take over the processing, the processor module 12-1 of the new active is the old active processor module 11 -1 offline state 15
2から待機状態151に遷移を通知し(処理478)、 Notifies the transition to the standby state 151 from 2 (processing 478),
旧現用のプロセッサモジュール11−1は、これを受信し(処理479)、オフライン状態152から待機状態151に遷移する(処理480)。 Processor module 11-1 of the old working receives this (processing 479), the transition from the offline state 152 to the standby state 151 (step 480).

【0091】最後に、新現用の通信プロセッサモジュール12−1は旧現用の通信プロセッサモジュール11− [0091] Finally, the communication processor module 12-1 of the new active communication of the old active processor module 11-
1と二重化運転を再開するので、aliveメッセージ431の交換を開始する(処理481)。 1 and so to resume the duplex operation, to start the exchange of alive message 431 (processing 481). そして、新現用の通信プロセッサモジュール12−1は旧現用の通信プロセッサモジュール11−1へのチェックポイントデータ転送を再開する(処理482,483)。 The communication processor module 12-1 of the new active resume checkpoint data transfer to the communications processor module 11-1 of the old working (process 482 and 483).

【0092】図24〜図27は、トランザクションプロセッサモジュールの処理手順を示す図である。 [0092] FIGS. 24 to 27 are diagrams illustrating a processing procedure of a transaction processor module.

【0093】ここでは、トランザクションプロセッサモジュール13,14の入力キュー20(13−5−5, [0093] Here, the input queue 20 a transaction processor module 13 (13-5-5,
14−5−5)には、現用の通信プロセッサモジュール11から受信した電文を、入力キュー21(13−5− The 14-5-5), the message received from the communication processor module 11 of the active, the input queue 21 (13-5-
7,14−5−7)には、現用のファイルプロセッサモジュール15から受信した電文を、格納する。 The 7,14-5-7), the message received from the file processor module 15 of the working and storage.

【0094】また、出力キュー20(13−5−6,1 [0094] In addition, the output queue 20 (13-5-6,1
4−5−6)には、通信プロセッサモジュール11,1 The 4-5-6), the communication processor module 11,1
2へ送信する電文を、出力キュー21(13−5−8, The message to be transmitted to the 2, output queue 21 (13-5-8,
14−5−8)には、ファイルプロセッサモジュール1 The 14-5-8), the file processor module 1
5,16へ送信する電文を、格納する。 The message to be transmitted to the 5, 16, and stores.

【0095】図24は、現用の通信プロセッサモジュール13から電文を受信し、ファイルプロセッサモジュール15,16に読み出し要求を送信する図である。 [0095] Figure 24 receives the message from the communications processor module 13 of the current diagrams for sending a read request to the file processor module 15, 16. これは、図5の処理202と処理203に相当する。 This corresponds to the process 202 and process 203 in FIG.

【0096】現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14は、それぞれ同時に現用の通信プロセッサモジュール11から電文を受信し、それぞれ入力キュー20(13−5−5,14−5−5)に格納する(処理500)。 [0096] working and waiting for a transaction processor module 13 and 14, respectively receives the message from the communications processor module 11 of the working time is stored in each input queue 20 (13-5-5,14-5-5) ( processing 500). 現用のトランザクションプロセス3 Transaction process 3 of working
1−1は電文を解析し、所定の処理を実行する。 1-1 parses the message, performs predetermined processing. そして、現用のトランザクションプロセス31−1は、現用のファイルプロセッサモジュール15と待機のファイルプロセッサモジュール16にファイルの読み出しを要求する(処理501)。 Then, the transaction process 31-1 of the active requests to read the file to the file processor module 16 waits the file processor module 15 the active (processing 501). この際、現用のトランザクションプロセス31−0は、チェックポイントデータ260− In this case, the transaction process 31-0 of working the checkpoint data 260-
0A〜274−A,260−0B〜274−Bを待機のトランザクションプロセッサモジュール14に送信する(処理502)。 0A~274-A, sends a 260-0B~274-B to the transaction processor module 14 of the stand (process 502). そして、待機のトランザクションプロセッサモジュール14はこれを受信する(処理50 Then, the transaction processor module 14 waits receives this (processing 50
3)。 3).

【0097】図25は、現用の通信プロセッサモジュール13から電文を受信し、ファイルプロセッサモジュール15,16に書き込み要求を送信する図である。 [0097] Figure 25 receives the message from the communications processor module 13 of the current diagrams for transmitting a write request to the file processor module 15, 16. これも、図5の処理202と処理203に相当し、読み出し要求が書き込み要求の代わる以外は図24の処理と同じである(505〜508)。 This also corresponds to the process 202 and process 203 in FIG. 5, except that the read request is replaced with the write request is the same as the process in FIG. 24 (505-508).

【0098】図26は、現用のファイルプロセッサモジュールから電文を受信し、通信プロセッサモジュールに電文を送信する図である。 [0098] Figure 26 receives the message from the file processor module working diagrams for transmitting message to the communication processor module. これは、図5の処理207に相当する。 This corresponds to the process 207 of FIG.

【0099】現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14は、現用のファイルプロセッサモジュール15から電文を受信する(処理510)。 [0099] working and waiting for a transaction processor module 13 receives a message from the file processor module 15 the active (processing 510). そして、現用のトランザクションプロセッサモジュール13 And, of working transaction processor module 13
は、現用と待機の通信プロセッサモジュール11,12 The working and standby communication processor module 11, 12
に処理結果を戻す(処理511)。 It returns the processing result to the (process 511). 現用のトランザクションプロセッサモジュール13は、この時点をチェックポイントとし、チェックポイントデータ260−0A〜 Transaction Processor Module 13 working is to checkpoint this point, checkpoint data 260-0A~
274−A,260−0B〜274−Bを待機のプロセッサモジュール14に送信する(処理512)。 274-A, sends a 260-0B~274-B to the processor module 14 of the stand (process 512). そして、待機のトランザクションプロセッサモジュール14 Then, waiting for a transaction processor module 14
はこれを受信する(処理513)。 It receives this (step 513).

【0100】図27は、現用の通信プロセッサモジュール11から終了電文を受信し、電文の終了処理を実行する図である。 [0100] Figure 27 is received an end message from the communications processor module 11 of the current is a diagram for executing the termination processing message.

【0101】現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14は、それぞれ現用の通信プロセッサモジュール11から終了電文の時刻印を受信すると、 [0102] working and waiting for a transaction processor module 13 and 14, when each receiving a time stamp end message from the communications processor module 11 of the working,
終了した電文を入力キュー20(13−5−5,14− Enter the end the message queue 20 (13-5-5,14-
5−5)と入力キュー21(13−5−7,14−5− 5-5) and the input queue 21 (13-5-7,14-5-
7)から削除し(処理520)、終了した電文のチェックポイントデータ260−0A〜274−A,260− Remove from 7) (processing 520), the checkpoint data 260-0A~274-A the end of the telegram, 260-
0B〜274−Bを初期化する(処理521)。 The 0B~274-B is initialized (step 521).

【0102】この終了処理は、終了電文の受信毎に行う方法と、終了電文を蓄積しておき、一定周期毎にまとめて行う方法がある。 [0102] The end process, there is a method and in advance by accumulating completion message, a method of performing collectively a predetermined cycle performed for each receiving end message.

【0103】図28は、トランザクションプロセッサモジュールの切り替え処理手順を示す図である。 [0103] Figure 28 is a diagram showing a switching procedure of the transaction processor module.

【0104】現用のプロセッサモジュール13で障害が発生する(530)と、待機のプロセッサモジュール1 [0104] Failure by the processor module 13 of the working occurs and (530), the processor module 1 waits
4は、aliveメッセージ432の途絶により、現用のプロセッサモジュール13の障害を検出し(処理54 4, the disruption of the alive message 432 to detect a failure of the processor module 13 the active (processing 54
0)、他のプロセッサモジュール11〜12,15〜1 0), other processor module 11~12,15~1
6に障害発生を通知する(処理541)。 To notify the occurrence of the fault to 6 (processing 541).

【0105】以下、障害の発生したプロセッサモジュール13を旧現用のプロセッサモジュール13−1と、処理を引き継ぐのプロセッサモジュール14を新現用のプロセッサモジュール14−1という。 [0105] In the following, the processor module 13-1 of the old working the processor module 13 from the failed, the processor module 14 to take over the processing of new active that the processor module 14-1.

【0106】新現用のプロセッサモジュール14−1 [0106] The new active processor module 14-1
は、旧現用のプロセッサモジュール13−1の誤動作を防止するために、リセット処理を要求する(処理54 In order to prevent malfunction of the processor module 13-1 of the old working, it requires a reset process (process 54
2)。 2). 旧現用のプロセッサモジュール13−1では、自身のモニタ13−20がIOP13−3、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ13−5、ディスク制御装置13−6および制御用LANアダプタ13−7をリセットする(処理543)。 In the processor module 13-1 of the old working, its monitor 13-20 is IOP13-3, processor module connections channel adapter 13-5, reset the disk controller 13-6 and the control LAN adapter 13-7 ( processing 543).

【0107】そして、新現用のプロセッサモジュール1 [0107] Then, the new active processor module 1
4−1はaliveメッセージ431の交換とチェックポイントデータの転送を中断する(処理544,54 4-1 interrupts the transfer of the exchange and the check point data alive message 431 (processing 544,54
5)。 5).

【0108】さらに、新現用のトランザクションプロセッサモジュール14−1は、一定周期毎に電文の終了処理を行っている場合には、処理520,521を実行し(処理546)、入力キュー20(14−5−5)と入力キュー21(14−5−7)を更新する。 [0108] Further, if the new active transaction processor module 14-1 is doing the end processing message at fixed intervals performs a process 520 and 521 (process 546), the input queue 20 (14- 5-5) to update the input queue 21 (14-5-7).

【0109】最後に、新現用のプロセッサモジュール1 [0109] Finally, the new active processor module 1
4−1は、チェックポイントデータであるプロセッサのレジスタ260−2Aをプロセッサレジスタに設定し、 4-1 sets the register 260-2A processors is a check point data to the processor register,
再開命令を実行する。 To run the restart command. これにより、最新のチェックポイントより再開でき、通信プロセッサモジュール11,1 As a result, you can resume from the most recent checkpoint, communication processor module 11,1
2およびファイルプロセッサモジュール15,16に電文を送信可能となる(処理547)。 2 and file processor modules 15 and 16 allows transmitting a message (processing 547).

【0110】図29は、トランザクションプロセッサモジュールの障害回復処理手順を示す図である。 [0110] Figure 29 is a diagram showing a failure recovery processing procedure of a transaction processor module. 旧現用のトランザクションプロセッサモジュール13−1は、障害から回復すると、新現用のトランザクションプロセッサモジュール14−1の待機プロセッサモジュールとなる。 Transaction processor module 13-1 of the old working, when recovery from a failure, the new active standby processor module of the transaction processor module 14-1. この障害回復処理について説明する。 This failure recovery process will be described.

【0111】旧現用のプロセッサモジュール13−1 [0111] of the old working processor module 13-1
は、障害回復処理を開始し(処理570)、これが終了すると、新現用のプロセッサモジュール14−1に修復完了を通知する(処理571)。 Initiates a fault recovery processing (processing 570), which when completed, informs the repair completed the processor module 14-1 of the new active (processing 571).

【0112】新現用のプロセッサモジュール14−1はこの修復完了通知を受信する(処理572)。 [0112] Processor module 14-1 new active receives this repair completion notice (processing 572). 新現用のプロセッサモジュール14−1は、他のすべてのプロセッサモジュール11〜12,15〜16に、修復完了を通知する(処理573)。 The processor module 14-1 of new active to all the other processor modules 11~12,15~16 notifies the restoration completion (573). これにより、旧現用のプロセッサモジュール13−1は新現用のプロセッサモジュール14−1と共に現用の通信プロセッサモジュール11 Thus, the old active processor modules 13-1 Communication working with the processor module 14-1 of the new active processor module 11
およびファイルプロセッサモジュール15から電文の受信を開始できる。 And you can start receiving the message from the file processor module 15.

【0113】旧現用のプロセッサモジュール13−1 [0113] of the old working processor module 13-1
は、最初に受信した電文の時刻印を新現用のプロセッサモジュール14−1に通知する(処理574)。 Is the time stamp of the first message received and notifies the processor module 14-1 of the new active (processing 574). 一方、 on the other hand
新現用のプロセッサモジュール14−1は、受信した時刻印により、旧現用のプロセッサモジュール13−1の入力キュー20(13−5−5)と入力キュー21(1 The processor module 14-1 of new active, due time stamps received, the input queue 20 (13-5-5) and the input queue 21 of the processor module 13-1 of the old working (1
3−5−7)が、それぞれ自身の入力キュー20(14 3-5-7) is, each its own input queue 20 (14
−5−5)と入力キュー21(14−5−7)と一致しているか判定し(処理575)、一致していなければ、 -5-5) and the input queue 21 (14-5-7) and determines whether they match (step 575), if they do not match,
一致するまで処理575を実行する(処理576)。 It executes a process 575 to match (processing 576). そして、入力キュー20(13−5−5,14−5−5) Then, the input queue 20 (13-5-5,14-5-5)
と入力キュー21(13−5−7,14−5−7)の内容がそれぞれ一致すれば、処理の引き継ぎが可能と判断し、新現用のプロセッサモジュール14−1は、旧現用のプロセッサモジュール13−1をオフライン状態15 If a match contents of the input queue 21 (13-5-7,14-5-7) respectively and, determining that can take over the processing, the processor module 14-1 of the new active is the old active processor module 13 -1 offline state 15
2から待機状態151に遷移を通知し(処理577)、 Notifies the transition to the standby state 151 from 2 (processing 577),
旧現用のプロセッサモジュール13−1は、これを受信し(処理578)、オフライン状態152から待機状態151に遷移する(処理579)。 Processor module 13-1 of the old working receives this (processing 578), the transition from the offline state 152 to the standby state 151 (step 579).

【0114】最後に、新現用の通信プロセッサモジュール14−1は旧現用の通信プロセッサモジュール13− [0114] Finally, the communication processor module 14-1 of the new active communication of the old active processor module 13
1と二重化運転を再開するので、aliveメッセージ431の交換を開始する(処理580)。 1 and so to resume the duplex operation, to start the exchange of alive message 431 (processing 580). そして、新現用のプロセッサモジュール14−1は旧現用のプロセッサモジュール13−1へのチェックポイントデータ転送を再開する(処理581,582)。 Then, the processor module 14-1 of new active resume checkpoint data transfer to the processor module 13-1 of the old working (processing 581, 582).

【0115】図30〜図32は、ファイルプロセッサモジュールの処理手順を示す図である。 [0115] FIGS. 30 to 32 are diagrams illustrating a processing procedure of a file processor module.

【0116】ここでは、入力キュー20(15−5− [0116] Here, it is assumed that the input queue 20 (15-5-
5,16−5−5)には、トランザクションプロセス3 The 5,16-5-5), transaction process 3
1から受信した電文を格納する。 Storing message received from the 1. また、出力キュー20 In addition, the output queue 20
(15−5−6,16−5−6)には、トランザクションプロセス31へ送信する電文を格納する。 To (15-5-6,16-5-6) stores message to be transmitted to the transaction process 31.

【0117】図30は、トランザクションプロセッサモジュール13から電文を受信し、ディスクの読み出しを行う処理である。 [0117] Figure 30 receives the message from the transaction processor module 13, a processing for reading the disc. これは、図5の処理204に相当する。 This corresponds to the process 204 of FIG.

【0118】現用のファイルプロセッサモジュール15 [0118] the working of the file processor module 15
と待機のファイルプロセッサモジュール16は、それぞれ同時に現用のトランザクションプロセッサモジュール13から読み出し要求を受信し、入力キュー20(15 A file processor module 16 of the stand, respectively receives a read request from the transaction processor module 13 of the working time, the input queue 20 (15
−5−5,16−5−5)に格納する(処理600)。 -5-5,16-5-5) To store (process 600).

【0119】そして、現用のファイルプロセッサモジュール15は、入力キュー20(15−5−5)から電文を取り出し、読み出し要求を開始する(処理601)。 [0119] Then, the file processor module 15 of the working retrieves the message from the input queue 20 (15-5-5), and starts the read request (processing 601).
この際、現用のファイルプロセス32−0は、チェックポイントデータ280−0A〜294−A,280−0 In this case, the file process 32-0 of working the checkpoint data 280-0A~294-A, 280-0
B〜294−Bを待機プロセッサモジュール16に送信し(処理602)、待機プロセッサモジュール16はこれを受信する(処理605)。 The B~294-B sends to the standby processor module 16 (process 602), the standby processor module 16 receives this (step 605).

【0120】そして、現用のファイルプロセッサモジュール15は、読み出し要求が完了する(処理603)。 [0120] Then, the file processor module 15 of the current, the read request is completed (step 603).
この際、現用のファイルプロセス32−0は、チェックポイントデータ280−0A〜294−A,280−0 In this case, the file process 32-0 of working the checkpoint data 280-0A~294-A, 280-0
B〜294−Bを待機プロセッサモジュール14に送信する(処理604)。 The B~294-B transmits the standby processor module 14 (process 604). 待機プロセッサモジュール14はこれを受信する(処理606)。 Standby processor module 14 receives this (step 606). そして、処理結果を現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール1 Then, the processing result of the working and standby Transaction Processor Module 1
3,14に送信する(処理605)。 Transmitted to 3,14 (processing 605).

【0121】図31は、トランザクションプロセッサモジュール13から電文を受信し、書き込み処理を行う処理である。 [0121] Figure 31 receives a message from the transaction processor module 13, a processing for writing process. これは、図5の処理205に相当する。 This corresponds to the process 205 of FIG. この処理の詳細は、読み出しと書き込みが代わる以外、図3 Details of this process, except that reading and writing are alternatives, Fig. 3
0の処理と同様である。 0 is the same as the processing of.

【0122】図32は、現用の通信プロセッサモジュールから終了電文を受信し、電文の終了処理を実行する図である。 [0122] Figure 32 is received an end message from the communications processor module working diagrams executes termination processing of message.

【0123】現用と待機のファイルプロセッサモジュール15,16は、それぞれ終了電文の時刻印を受信すると、終了した電文を入力キュー20(15−5−5,1 [0123] working and waiting for the file processor module 15 and 16, upon receiving the time stamp of each end telegram, enter the end of the message queue 20 (15-5-5,1
6−5−5)から削除し(処理620)、終了した電文のチェックポイントデータ280−0A〜294−A, Remove from 6-5-5) (processing 620), the checkpoint data 280-0A~294-A the end of the telegram,
280−0B〜294−Bを初期化する(処理62 The 280-0B~294-B is initialized (step 62
1)。 1). この終了処理は、前述のように、一定周期毎に行う場合と終了電文を受信毎に行う場合がある。 This termination processing, as described above, it is performed for each received an end message with the case where a predetermined cycle.

【0124】図33は、ファイルプロセッサモジュールの切り替え処理手順を示す図である。 [0124] Figure 33 is a diagram showing a switching procedure of the file processor module.

【0125】現用のプロセッサモジュール15で障害が発生する(630)と、待機のプロセッサモジュール1 [0125] an obstacle processor module 15 of the working occurs (630), the processor module 1 waits
6は、aliveメッセージ432の途絶により、現用のプロセッサモジュール15の障害を検出し(処理64 6, the interruption of the alive message 432 to detect a failure of the processor module 15 the active (processing 64
0)、他のプロセッサモジュール11〜14に障害発生を通知する(処理641)。 0), and notifies the failure to the other processor modules 11 to 14 (process 641).

【0126】以下、障害の発生したプロセッサモジュール15を旧現用のプロセッサモジュール15−1と、処理を引き継ぐのプロセッサモジュール16を新現用のプロセッサモジュール16−1という。 [0126] In the following, the processor module 15-1 of the old working the processor module 15 from the failed, the processor module 16 to take over the processing of new active that the processor module 16-1.

【0127】新現用のプロセッサモジュール16−1 [0127] The new active processor module 16-1
は、旧現用のプロセッサモジュール15−1の誤動作を防止するために、リセット処理を要求する(処理64 In order to prevent malfunction of the processor module 15-1 of the old working, it requires a reset process (process 64
2)。 2). 旧現用のプロセッサモジュール15−1では、自身のモニタ15−20がIOP15−3、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ15−5、ディスク制御装置15−6および制御用LANアダプタ15−7をリセットする(処理643)。 In the processor module 15-1 of the old working, its monitor 15-20 IOP15-3, processor module connections channel adapter 15-5, reset the disk controller 15-6 and the control LAN adapter 15-7 ( processing 643).

【0128】そして、新現用のプロセッサモジュール1 [0128] Then, the new active processor module 1
6−1はaliveメッセージ431の交換とチェックポイントデータの転送を中断する(処理644,64 6-1 interrupts the transfer of the exchange and the check point data alive message 431 (processing 644,64
5)。 5).

【0129】さらに、新現用のファイルプロセッサモジュール16−1は、一定周期毎に電文の終了処理を行っている場合には、処理620,621を実行し(処理6 [0129] In addition, the file processor module 16-1 of the new active, if you are performing a termination process of the message to every fixed period, executes the processing 620, 621 (processing 6
46)、入力キュー20(16−5−5)を更新する。 46), to update the input queue 20 (16-5-5).

【0130】最後に、新現用のプロセッサモジュール1 [0130] Finally, the new active processor module 1
6−1は、チェックポイントデータであるプロセッサのレジスタ240−2Aをプロセッサレジスタに設定し、 6-1 sets the register 240-2A processors is a check point data to the processor register,
再開命令を実行する。 To run the restart command. これにより、最新のチェックポイントより再開でき、トランザクションプロセッサモジュール13,14に電文を送信可能となる(処理64 Thus, to resume from the most recent checkpoint, and can transmit a message to the transaction processor module 13 (process 64
7)。 7).

【0131】図34は、ファイルプロセッサモジュールの障害回復処理手順を示す図である。 [0131] Figure 34 is a diagram showing a failure recovery processing procedure of a file processor module. 旧現用のファイルプロセッサモジュール15−1は障害から回復すると、 When the file processor module 15-1 of the old working to recover from a failure,
旧現用のファイルプロセッサモジュール15−1が新現用のファイルプロセッサモジュール16−1の待機プロセッサモジュールとなる障害回復処理について説明する。 Old working of the file processor module 15-1 for the failure recovery process will be described as a standby processor module of the file processor module 16-1 of the new active.

【0132】旧現用のプロセッサモジュール15−1は障害回復処理を開始し(処理670)、これが終了すると、旧現用のプロセッサモジュール15−1は、新現用のプロセッサモジュール16−1に修復完了を通知する(処理671)。 [0132] processor module 15-1 of the old working starts the failure recovery processing (processing 670), and this is completed, the processor module 15-1 of the old working, the notification the repair completion to the processor module 16-1 of the new active to (processing 671).

【0133】一方、新現用のプロセッサモジュール16 [0133] On the other hand, the new active processor module 16
−1はこの修復完了通知を受信する(処理672)。 -1 receives the repair completion notice (processing 672). 新現用のプロセッサモジュール16−1は、他のすべてのプロセッサモジュール11〜14に、修復完了を通知する(処理673)。 Processor module 16-1 of new active to all the other processor modules 11 to 14, and notifies the restoration completion (processing 673). これにより、旧現用のプロセッサモジュール13−1は新現用のプロセッサモジュール14 As a result, the processor module 13-1 of the old working is the new active processor module 14
−1と共に現用の通信プロセッサモジュール11およびファイルプロセッサモジュール15から電文の受信を開始できる。 A communication processor module 11 and file processor module 15 of the working together -1 can start receiving message.

【0134】旧現用のプロセッサモジュール15−1 [0134] of the old working processor module 15-1
は、最初に受信した電文の時刻印を新現用のプロセッサモジュール16−1に通知する(処理674)。 Is the time stamp of the first message received and notifies the processor module 16-1 of the new active (processing 674). 一方、 on the other hand
新現用のプロセッサモジュール16−1は、受信した時刻印により、旧現用のプロセッサモジュール15−1の入力キュー20(15−5−5)が、自身の入力キュー2016−5−5に一致しているか判定し(処理67 Processor module 16-1 of new active is, by the time stamps received, the input queue 20 of the processor module 15-1 of the old working (15-5-5) is, consistent with its own input queue 2016-5-5 it is determined whether there (processing 67
5)、一致していなければ、一致するまで処理675を実行する(処理676)。 5) If they do not match, it performs processing 675 until it matches (step 676). そして、入力キュー20(1 Then, the input queue 20 (1
5−5−5,16−5−5)の内容が一致すれば、処理の引き継ぎが可能と判断し、新現用のプロセッサモジュール16−1は、旧現用のプロセッサモジュール15− If a match contents of 5-5-5,16-5-5) judges that the possible takeover process, the processor module 16-1 of the new active is the old active processor module 15
1をオフライン状態152から待機状態151に遷移を通知し(処理677)、旧現用のプロセッサモジュール15−1は、これを受信し(処理678)、オフライン状態152から待機状態151に遷移する(処理67 1 notifies the transition to the standby state 151 from an offline state 152 (process 677), the processor module 15-1 of the old working receives this (processing 678), the transition from the offline state 152 to the standby state 151 (process 67
9)。 9).

【0135】最後に、新現用のトランザクションプロセスのプロセッサモジュール16−1は、旧現用の通信プロセスのプロセッサモジュール15−1と二重化運転を再開するので、aliveメッセージ431の交換を開始する(処理680)。 [0135] Finally, the processor module 16-1 of the transaction process of a new active, so to resume the duplex operation with the processor module 15-1 of the communication process of the old working, to start the exchange of alive message 431 (processing 680) . そして、新現用のプロセッサモジュール16−1は旧現用のプロセッサモジュール15 Then, the processor module 15 of the processor module 16-1 of new active the old working
−1へのチェックポイントデータ転送を再開する(処理681,682)。 Resume the checkpoint data transfer to -1 (processing 681, 682).

【0136】ここまででは、各プロセス30〜32について、1件の電文処理の障害回復手順について説明した。 [0136] In so far, for each process 30 to 32, was described disaster recovery procedures of 1 message processing. しかし、実際にはシステム内に多数の電文が同時に存在し得る。 In practice, however, a number of message in the system may exist at the same time. 図35は、複数の電文処理の処理手順を示す図である。 Figure 35 is a diagram illustrating a processing procedure of a plurality of message processing. この図を説明する際に、図36〜図42を参照する。 In describing this figure, reference is made to FIGS. 36 to 42.

【0137】図36は通信プロセスのチェックポイントデータを、図38、図39にトランザクションプロセスのチェックポイントデータを、図40〜図42はファイルプロセスのチェックポイントデータを示す。 [0137] Figure 36 is a checkpoint data communication process, FIG. 38, the checkpoint data transaction process in FIG. 39, FIGS. 40 42 show the checkpoint data file process. すべてのプロセス30〜32では、チェックポイントデータを格納するエリアは、A面とB面を設け、交互に書き込む。 In all processes 30-32, the area for storing the checkpoint data is provided A surface and B surface, it is alternately written.
このため、チェックポイント1(以下、CP1)、チェックポイント3(以下、CP3)およびチェックポイント5(以下、CP5)ではA面に格納し、チェックポイント2(以下、CP2)、チェックポイント4(以下、 Therefore, checkpoint 1 (hereinafter, CP1), Checkpoint 3 (hereinafter, CP3) and checkpoint 5 (hereinafter, CP5) and stored in the A face in checkpoint 2 (hereinafter, CP2), Checkpoint 4 (hereinafter ,
CP4)およびチェックポイント6(以下、CP6)では、B面に格納する。 CP4) and checkpoint 6 (hereinafter, CP6) in, and stores the B surface.

【0138】以下、図35から図42を用いて、3つの電文(電文1〜電文3)を実行する場合について述べる。 [0138] Hereinafter, with reference to FIG. 42 from FIG. 35, description will be given of a case where performing the three message (message 1 message 3).

【0139】まず、現用と待機の通信プロセッサモジュール11,12は、それぞれの回線制御装置11−4, [0139] First, the communication processor module 11, 12 of the working and standby, each line control device 11-4,
12−4が電文受信時に、タイマ7を参照して、電文に時刻印83を付与する。 12-4 at the time of the message received, with reference to the timer 7, to give a time-stamped 83 to the telegram. 本実施例では、電文1から電文3の時刻印は、それぞれ(01)16、(02)16および(03)16とする。 In this embodiment, time stamps from message 1 of the message 3, respectively (01) 16, and (02) 16 and (03) 16.

【0140】現用の通信プロセッサモジュール11は、 [0140] The communication processor module 11 of the current is,
回線制御装置11−4の入力キュー10(11−4− Input queue 10 of the line control device 11-4 (11-4-
5)から電文1を取り出す(処理700)。 5) Remove the message 1 from (process 700). そして、現用の通信プロセッサモジュール11は、現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14に電文1を送信する(処理701)。 Then, the communication processor module 11 of the working transmits the message 1 to the transaction processor module 13, 14 of the working and standby (step 701). この際、現用の通信プロセス30−0は、トランザクションプロセッサモジュールへの電文送信時をチェックポイントCP1として、チェックポイントデータ240−0A〜254−Aを待機の通信プロセッサモジュール12に転送する。 In this case, the communication process 30-0 of the active transfers during message transmission to a transaction processor module as a checkpoint CP1, the checkpoint data 240-0A~254-A to the communication processor module 12 of the stand.

【0141】図36、図37に示した、通信プロセス3 [0141] Figure 36, shown in FIG. 37, the communication process 3
0のCP1におけるチェックポイントデータにおいて、 In the checkpoint data at 0 of CP1,
現用の通信プロセス30−0では、チェックポイントデータ240−0A〜254−Aは、以下のように設定する。 In the communication process 30-0 of the active checkpoint data 240-0A~254-A are set as follows.

【0142】電文1の時刻印240−0Aは(01)16 [0142] engraved 240-0A is (01) when the message 1 16
を、イベントコード240−1Aはトランザクションプロセッサモジュールへの電文送信であるため、(00) The order event code 240-1A is telegram transmission to the transaction processor modules (00)
16と設定する。 16 to be set. また、プロセッサのレジスタ240−2 In addition, registers of the processor 240-2
Aは、チェックポイント時のプロセッサレジスタの値であるが、ここでは(00)16とする。 A is a value of the processor registers on checkpoint, here, the (00) 16. 本実施例では、プロセッサレジスタは実行中のものは(00)16とし、待ち状態のものは(01)16と設定する。 In this embodiment, the processor registers are those in the execution and (00) 16, those pending is set to (01) 16.

【0143】電文2と電文3はまだ受信していないため、これらのチェックポイントデータは初期値の(F [0143] Since the message 2 and message 3 is not yet received, of these check point data of the initial value (F
F)16とする。 F) 16 to.

【0144】また、共有ディスク2、プロセッサモジュール間接続通信路3、業務用LAN4および制御用LA [0144] The shared disk 2, the processor module connections channel 3, business LAN4 and control LA
N8の状態は、すべて正常に稼働しているものとし、 N8 of the state, it is assumed that all is operating normally,
(00)16と設定する。 (00) 16 and the set. これ以降、共有ディスク2、プロセッサモジュール間接続通信路3、業務用LAN4および制御用LAN8では障害は発生しないものとし、常に(00)16とする。 Thereafter, the shared disk 2, the processor module connections channel 3, failure in commercial LAN4 and control LAN8 is assumed not to occur, always of (00) 16.

【0145】チェックポイント時に実行していた電文は電文1であるため、実行中の電文の時刻印254−Aには、(01)16を設定する。 [0145] Since the telegram that was running at the time of the checkpoint is a telegram 1, the time stamp 254-A of the message of the running, to set the (01) 16.

【0146】次に、現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14は、現用の通信プロセッサモジュール11から電文1を受信する。 [0146] Next, working and waiting for a transaction processor module 13 receives the message 1 from the communication processor module 11 of the working. そして、現用のトランザクションプロセッサモジュール13は、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ13−5の入力キュー20(13−5−5)から電文1を取り出す(処理730)。 Then, the transaction processor module 13 of the working retrieves message 1 from the input queue 20 of the processor module interconnection channel adapter 13-5 (13-5-5) (processing 730). そして、現用のトランザクションプロセス3 And, of working transaction process 3
1−0は、所定の処理を実行し、その後、読み出しI/ 1-0 executes a predetermined process, then, read I /
O要求を現用と待機のファイルプロセッサモジュール1 O requests of working and waiting file processor module 1
5,16に送信する(処理731)。 To send to the 5 and 16 (processing 731). 現用のトランザクションプロセス31−0は、この時点をCP1とし、チェックポイントデータ260−0A〜274−Aを待機のトランザクションプロセス31−1に転送する。 Transaction process 31-0 of working is the time and CP1, and transfers the checkpoint data 260-0A~274-A transaction process 31-1 of standby.

【0147】図38にトランザクションプロセスのCP [0147] CP of the transaction process is shown in Figure 38
1のチェックポイントデータを示す。 It shows one of the checkpoint data. CP1では、チェックポイントデータとして、電文1の時刻印260−0 At CP1, as a check point data, time stamp of the message 1 260-0
Aには、電文1の時刻印は(01)16であるため(0 The A, since time stamps of message 1 is (01) 16 (0
1)16を、イベントコード260−1Aは読み出しI/ 1) 16, event code 260-1A read I /
O要求であるため(10)16を、設定する。 Since a O request (10) 16, sets. また、チェックポイント時に実行していた電文は電文1であるため、実行中の電文の時刻印274−Aは(01)16を設定する。 Further, since message that was executing when the checkpoint is message 1, marking 274-A when the message being executed sets the (01) 16.

【0148】さらに、現用のファイルプロセッサモジュール15は、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ15−5の入力キュー20(15−5−5)から電文1の読み出しI/O要求を取り出し(処理760)、読み出しI/Oを開始する(処理761)。 [0148] Further, the file processor module 15 of the working retrieves the read I / O request message 1 from the input queue 20 of the inter-processor module connection channel adapter 15-5 (15-5-5) (processing 760), It starts reading I / O (process 761). この際、現用のファイルプロセス32−0では、読み出しI/O要求時をチェックポイントとして、チェックポイントデータ280−0A〜294−Aを転送する。 At this time, the current file process 32-0, as a check point during a read I / O request, and transfers the checkpoint data 280-0A~294-A.

【0149】図40に、ファイルプロセスのCP1のチェックポイントデータを示す。 [0149] FIG. 40 shows the CP1 check point data of the file process. CP1では、電文1の時刻印は(01)16であるため、電文1の時刻印280− At CP1, for time stamp of the message 1 is (01) 16, time stamp of the message 1 280-
0Aには(01)16を、イベントコード280−1A The 0A the (01) 16, event code 280-1A
は、読み出しI/O要求であるため、(20)16と設定する。 Are the read I / O request, set (20) 16. チェックポイント時に実行していた電文は電文1 Telegram that was running at the time of checkpoint telegram 1
であるため、実行中の電文の時刻印294−Aには、 Because it is, in the time stamp 294-A of the message of the running,
(01)16を設定する。 (01) 16 to set. 現用のファイルプロセス31− The working of the file process 31-
0は、この時点をCP1とし、チェックポイントデータ280−0A〜294−Aを待機のファイルプロセッサモジュール16に転送する。 0, the point and CP1, and transfers the checkpoint data 280-0A~294-A file processor module 16 of the stand.

【0150】そして、現用のファイルプロセッサモジュール15は読み出しI/Oを実行し、この読み出しI/ [0150] Then, the file processor module 15 of the working runs the read I / O, the read I /
Oが完了すると(処理762)、この時点をCP2とし、現用のファイルプロセッサモジュール15は、読み出した結果を、現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14に送信する。 When O is complete (process 762), the time and CP2, the file processor module 15 of the current is the result of reading is transmitted to the transaction processor module 13, 14 of the active and the standby.

【0151】図40に、ファイルプロセスのCP2のチェックポイントデータを示す。 [0151] FIG. 40 shows a check point data of CP2 of file process. このチェックポイントデータはB面に書き込む。 The checkpoint data is written to the B side. CP2のチェックポイントデータでは、電文1の時刻印は(01)16であるため、電文1の時刻印280−0Bには(01)16を、イベントコード280−1Bは読み出しI/O完了であるため、 The checkpoint data CP2, since the time stamps of the message 1 is (01) 16, when stamping 280-0B of message 1 (01) 16, event code 280-1B is a read I / O completion For,
(21)16と設定する。 (21) 16 and the set. チェックポイント時に実行していた電文は電文1であるため、実行中の電文の時刻印2 Since telegram that was running at the time of the checkpoint is a telegram 1, when the message of running engraved 2
94−Bには、(01)16を設定する。 The 94-B, to set the (01) 16.

【0152】さらに、現用の通信プロセッサモジュール11は、電文1と同様に回線制御装置11−4の入力キュー10(11−4−5)から電文2を取り出し(処理702)、現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14に電文を送信する(処理703)。 [0152] Furthermore, the communication processor module 11 of the working, the input queue 10 (11-4-5) from message 2 was removed (step 702) the message 1 similarly to the line control unit 11-4, current and waiting for a transaction sending a message to the processor module 13 (process 703).
現用の通信プロセス30−0では、電文送信時をCP2 In the communication process 30-0 of working, the time of message transmission CP2
として、チェックポイントデータ240−0B〜254 As a check point data 240-0B~254
−Bを待機の通信プロセッサモジュール12に転送する。 Transferring -B to the communication processor module 12 of the stand.

【0153】図36に通信プロセスのCP2のチェックポイントデータを示す。 [0153] A checkpoint data CP2 communication process in FIG. 36. このチェックポイントデータ2 This checkpoint data 2
40−0B〜254−BはB面に書き込む。 40-0B~254-B is written to the B side. CP2のチェックポイントデータでは、電文2の時刻印は(02) In the checkpoint data of CP2, time stamp of the message 2 (02)
16であるため、電文2の時刻印241−0Aには(0 Because of the 16, when engraved 241-0A of message 2 (0
2)16を設定する。 2 Set) 16. イベントコード240−1Bはトランザクションプロセッサモジュールへの電文送信であるため、(00)16を設定する。 Event code 240-1B is because it is a message sent to the transaction processor module sets (00) 16. チェックポイント時に実行していた電文は電文2であるため、実行中の電文の時刻印254−Bには、(02)16を設定する。 Since message that was executing when the checkpoint is message 2, the marking 254-B when the message being executed, it sets the (02) 16.

【0154】現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14は、通信プロセッサモジュール1 [0154] working and waiting for a transaction processor module 13, communication processor module 1
1から電文2を受信し、現用のトランザクションプロセッサモジュール13は、プロセッサモジュール間接続通信路アダプタ13−5の入力キュー20(13−5− Receiving a message 2 from 1, the transaction processor module 13 of the working, the input queue 20 of the processor module interconnection channel adapter 13-5 (13-5-
5)から電文2を取り出す(処理732)。 5) Remove the message 2 from the (processing 732). そして、現用と待機のファイルプロセッサモジュール15,16に読み出しI/Oを要求する(処理733)。 The requests reading I / O to the file processor module 15, 16 of the working and standby (step 733). この時点をCP2とし、チェックポイントデータ260−0B〜2 This point in time and CP2, the checkpoint data 260-0B~2
74−Bを待機のトランザクションプロセッサモジュール14に転送する。 The 74-B transfers to the transaction processor module 14 of the stand.

【0155】図38にトランザクションプロセスのCP [0155] CP of the transaction process is shown in Figure 38
2のチェックポイントデータを示す。 It shows two of the checkpoint data. 電文2のチェックポイントデータ260−0B〜274−BはB面に書き込む。 Checkpoint data 260-0B~274-B of message 2 is written to the B side. 電文2の時刻印は(02)16であるため、電文2 For time stamp of the message 2 is (02) 16, telegram 2
の時刻印261−0Aには(02)16を、イベントコード260−1Bはトランザクションプロセッサモジュールへの電文送信であるため(10)16を、設定する。 When stamp 261-0A of (02) 16, event codes 260-1B is because it is a message sent to the transaction processor module (10) 16, sets. チェックポイント時に実行していた電文は電文2であるため、実行中の電文の時刻印264−Bには(02)16を設定する。 Since message that was executing when the checkpoint is message 2, the marking 264-B when the message running setting the (02) 16.

【0156】一方、現用のファイルプロセッサモジュール15は、電文2の読み出しI/O要求を取り出し(処理763)、読み出しI/Oを開始する(処理76 [0156] On the other hand, the file processor module 15 of the current is message 2 of the read I / O request taken out (process 763), starts reading I / O (process 76
4)。 4). この時点をCP3とする。 This point in time and CP3.

【0157】図41にファイルプロセスのCP3のチェックポイントデータを示す。 [0157] FIG. 41 shows the CP3 check point data of the file process. CP3では、電文2の時刻印は(02)16であるため、電文2の時刻印281−0 In CP3, since time stamps of message 2 is (02) 16, time stamps of message 2 281-0
Aには、(02)16を、イベントコード280−1A The A, the (02) 16, event code 280-1A
は、読み出しI/O要求であるため、(20)16と設定する。 Are the read I / O request, set (20) 16. 最後に、チェックポイント時に実行していた電文は電文2であるため、実行中の電文の時刻印294−A Finally, for telegram that was running at the time of the checkpoint is a telegram 2, when engraved 294-A of the telegram running
には、(02)16を設定する。 In sets (02) 16.

【0158】ここで、現用のファイルプロセッサモジュール15で障害が発生したとする(770)。 [0158] Here, it is assumed that the fault has occurred in the file processor module 15 of the current (770). そして、 And,
待機のプロセッサモジュール16は、現用のプロセッサモジュール15の障害を検出し、待機のファイルプロセッサモジュール16は、切り替え処理を実行する(処理771)。 Processor module 16 of the stand is to detect the failure of the processor module 15 of the current, the file processor module 16 of the stand executes the switching process (process 771).

【0159】待機のファイルプロセス32−1は、最新のチェックポイントであるCP3から再開する。 [0159] waiting for the file process 32-1, resume from CP3 is the latest checkpoint. このため、CP3の電文2の読み出しI/Oの要求から再開する(処理772)。 Therefore, it resumes from the request of the read I / O of the message 2 of CP3 (process 772).

【0160】図41より、CP3のチェックポイントデータ280−0A〜294−Aでは、実行中の電文は電文2である。 [0160] From FIG. 41, the checkpoint data 280-0A~294-A of CP3, message in progress is message 2. 新現用のファイルプロセッサモジュール1 Of new active file processor module 1
5−1は、電文2の読み出しI/OをCP3から再開する。 5-1, resume from the read I / O the CP3 of telegram 2.

【0161】これ以降、新現用のファイルプロセッサモジュール16−1は、障害の発生したファイルプロセッサモジュール15−1が障害から回復していれば、チェックポイントデータ280−0A〜294−A,280 [0161] after this, a new active file processor module 16-1, if the recovery from the generated file processor module 15-1 disability, checkpoint data 280-0A~294-A, 280
−0B〜294−Bを旧現用のファイルプロセッサモジュール15−1に転送する。 The -0B~294-B is transferred to the file processor module 15-1 of the old working.

【0162】ここでは、障害の発生したファイルプロセッサモジュール15−1は、障害から回復していないものとする。 [0162] In this case, the file processor module 15-1 the failed, it is assumed that not recovered from the failure. 但し、取得すべきチェックポイントデータのみ示す。 However, it shows only checkpoint data to be acquired.

【0163】以下、通信プロセッサモジュール13,1 [0163] In the following, communication processor module 13, 1
4およびトランザクションプロセッサモジュール15, 4 and transaction processor modules 15,
16も、同様の処理を実行する。 16 also executes the same process.

【0164】そして、新現用のファイルプロセッサモジュール16−1は、読み出しI/Oが完了する(処理7 [0164] The file processor module 16-1 of the new active, the read I / O is completed (processing 7
73)。 73). この時点をCP4とする。 This point in time and CP4.

【0165】図41にファイルプロセスのCP4のチェックポイントデータを示す。 [0165] FIG. 41 shows the CP4 check point data of the file process. CP4では、電文1の時刻印は(02)16であるため、電文2の時刻印281−0 In CP4, since time stamps of message 1 is (02) 16, time stamps of message 2 281-0
Bには(02)16を、イベントコード280−1Bは、 The B (02) 16, event code 280-1B is,
読み出しI/O完了であるため、(21)16と設定する。 For a read I / O completion, set (21) 16. チェックポイント時に実行していた電文は電文2であるため、実行中の電文の時刻印274−Bには、(0 Since telegram that was running at the time of the checkpoint is a telegram 2, the marking 274-B when the message of the running, (0
2)16を設定する。 2 Set) 16.

【0166】電文3について、現用の通信プロセッサモジュール11は、電文1および電文2と同様に、回線制御装置11−4の入力キュー10(11−4−5)から電文3を取り出す(処理704)。 [0166] For message 3, the communication processor module 11 of the working, like the message 1 and message 2, takes out the message 3 from the input queue 10 of the line control unit 11-4 (11-4-5) (step 704) . ここで、現用の通信プロセッサモジュール11で障害が発生したとする(7 Here, let it be assumed that a failure occurred in the communication processor module 11 of the working (7
10)。 10). 待機の通信プロセッサモジュール12は、現用の通信プロセッサモジュール11の障害を検出し、待機のプロセッサモジュール12(以下、新現用の通信プロセッサモジュール12−1)は、切り替え処理を実行する(処理711)。 Communications processor module 12 of the standby has detected a failure in the communications processor module 11 of the active, the processor module 12 (hereinafter, the communication processor module 12-1 of the new active) waiting executes switching processing (processing 711).

【0167】新現用の通信プロセッサモジュール12− [0167] new active communication processor module of 12
1は、最新のチェックポイントであるCP2から再開する。 1 resumes from CP2 is the latest checkpoint. このため、新現用の通信プロセス30−1−1は、 For this reason, the communication process 30-1-1 of new active is,
CP2の電文2のトランザクションプロセス31への送信から再開する(処理712)。 It resumes the transmission of the transaction process 31 of message 2 of CP2 (process 712).

【0168】ここで、現用のトランザクションプロセッサモジュール13は、電文2を2回受信することになるが(処理703,712)、同一の電文については2回目を廃棄することにより、矛盾をなくす。 [0168] Here, the transaction processor module 13 of the current is made to receiving the message 2 twice (process 703,712), for the same message by discarding the second time, eliminate the inconsistency.

【0169】現用の通信プロセッサモジュール11は、 [0169] The communication processor module 11 of the current is,
回線制御装置11−4の入力キュー10(11−4− Input queue 10 of the line control device 11-4 (11-4-
5)から電文3を取り出す(処理713)。 5) taking out the message 3 from (process 713). そして、回線制御装置11−4の入力キュー10(11−4−5) Then, the input queue 10 of the line control unit 11-4 (11-4-5)
から電文3を現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14へ送信する(処理714)。 From sends a message 3 to the transaction processor module 13, 14 of the working and standby (step 714). この時点を通信プロセスのCP3とする。 This point and CP3 of the communication process.

【0170】図37に通信プロセスのCP3のチェックポイントデータを示す。 [0170] A CP3 checkpoint data communication process in FIG. 37. チェックポイントデータ240 Checkpoint data 240
−0A〜254−Aは、以下のように設定する。 -0A~254-A are set as follows. 電文3 Telegram 3
の時刻印は(03)16であるため、電文3の時刻印24 Since the time stamp of a (03) 16, time stamp of the message 3 24
2−0Aには(03)16を、イベントコード242−1 The 2-0A the (03) 16, event code 242-1
Aはトランザクションプロセスへの電文送信であるため、(00)16と設定する。 Since A is a message sent to the transaction process, to set the (00) 16. チェックポイント時に実行していた電文は電文3であるため、実行中の電文の時刻印254−Aには、(03)16を設定する。 Since message that was executing when the checkpoint is message 3, the time stamp 254-A of the message in progress, it sets the (03) 16.

【0171】現用のトランザクションプロセッサモジュール13では、先に現用のファイルプロセッサモジュール15から電文2の読み出し完了を受信している。 [0171] In the working of the transaction processor module 13, which receives the read completion of the message 2 from the file processor module 15 of the previously active. このため、トランザクションプロセッサモジュール13は、 Therefore, the transaction processor module 13,
電文3の書き込みI/Oを新現用のファイルプロセッサモジュール16−1に要求する(処理734)。 The write I / O message 3 requests the file processor module 16-1 of the new active (processing 734). この時点をCP3とする。 This point in time and CP3. チェックポイントデータ240−0 Check Point data 240-0
A〜254−Aを、待機のトランザクションプロセス3 The A~254-A, the transaction process 3 of the waiting
1−0に転送する。 To transfer to 1-0.

【0172】ここで、図39にトランザクションプロセスのCP3のチェックポイントデータを示す。 [0172] Here, a CP3 checkpoint data transaction process in FIG. 39. チェックポイントデータ260−0A〜274−Aは、以下のように設定する。 Check Point data 260-0A~274-A is set as follows. 電文1の時刻印は(01)16であるため、電文1の時刻印260−0Aは、(01)16を、イベントコード260−1Aは、書き込みI/O要求であるため(11)16を設定する。 Since time stamps of message 1 is (01) 16, marking 260-0A when message 1 is a (01) 16, event code 260-1A are the write I / O request (11) 16 set to. 最後に、チェックポイント時に実行していた電文は電文1であるため、実行中の電文の時刻印274−Aには、(01)16を設定する。 Finally, message that was executing when the checkpoint is message 1, the time stamp 274-A of the message in progress, sets the (01) 16.

【0173】さらに、新現用のファイルプロセッサモジュール16−1は、電文1の書き込みI/O要求を取り出し(処理774)、書き込みI/Oを開始する(処理775)。 [0173] Further, the file processor module 16-1 of the new active, the message 1 of the write I / O request taken out (process 774), to start the write I / O (process 775). これをCP5とする。 This is referred to as CP5.

【0174】図42にファイルプロセスのCP5のチェックポイントデータを示す。 [0174] FIG. 42 shows a check point data of the CP5 of the file process. CP5では、電文1の時刻印は(01)16であるため、電文1の時刻印280−0 At CP5, for time stamp of the message 1 is (01) 16, time stamp of the message 1 280-0
Aには(01)16を、イベントコード280−1Aは、 The A (01) 16, event code 280-1A is,
書き込みI/O要求であるため、(22)16と設定する。 For a write I / O request, set (22) 16. チェックポイント時に実行していた電文は電文1であるため、実行中の電文の時刻印294−Aには、(0 Since telegram that was running at the time of the checkpoint is a telegram 1, the time stamp 294-A of the message of the running, (0
1)16を設定する。 It is set to 1) 16.

【0175】新現用のファイルプロセッサモジュール1 [0175] The new active file processor module 1
6−1は、書き込みI/Oを実行し、書き込みI/Oが完了すると、現用と待機のトランザクションプロセッサモジュール13,14に書き込みI/O完了を通知する。 6-1 executes write I / O, the write I / O is completed, notifies the write I / O completion to the transaction processor module 13, 14 of the active and the standby. これをCP6とし、チェックポイントデータ280 This was the CP6, checkpoint data 280
−0B〜294−Bを以下のように取得する。 The -0B~294-B is obtained as follows.

【0176】図42にファイルプロセスのCP6のチェックポイントデータを示す。 [0176] FIG. 42 shows a check point data of CP6 of the file process. CP6では、電文1の時刻印は(01)16であるため、電文1の時刻印280−0 In CP6, for time stamp of the message 1 is (01) 16, time stamp of the message 1 280-0
Bには(01)16を、イベントコード240−1Bは、 The B (01) 16, event code 240-1B is,
書き込みI/O完了であるため、(23)16と設定する。 For a write I / O completion, set (23) 16. チェックポイント時に実行していた電文は電文1であるため、実行中の電文の時刻印274−Bには、(0 Since telegram that was running at the time of the checkpoint is a telegram 1, the marking 274-B when the message of the running, (0
1)16を設定する。 It is set to 1) 16.

【0177】一方、この書き込みI/O完了を通知を受信する前に、現用のトランザクションプロセッサモジュール13では、障害が発生しており(740)、書き込みI/O完了は受信できない。 [0177] On the other hand, prior to receiving the notification of the write I / O completion, the transaction processor module 13 of the working, failure and signal (740), the write I / O completion can not be received. しかし、待機のトランザクションプロセッサモジュール13は、書き込みI/O However, the transaction processor module 13 of the stand, the write I / O
完了は受信している。 Completion is received. これにより、待機のトランザクションプロセッサモジュール14は、新現用ファイルプロセッサモジュール16−1に書き込みI/O完了を再度要求する必要はなくなり、システム回復時間を短縮できる。 Thus, the transaction processor module 14 of the waiting, the new active file processor module 16-1 is no longer necessary to request a write I / O completion again can be shortened system recovery time.

【0178】そして、待機のプロセッサモジュール14 [0178] Then, the processor module 14 of the waiting
は、現用のプロセッサモジュール13の障害を検出し、 Detects the failure of the processor module 13 of the working,
切り替え処理を実行する(処理741)。 To perform the switching process (process 741).

【0179】待機のトランザクションプロセス31−1 [0179] waiting for a transaction process 31-1
は、最新のチェックポイントであるCP3から再開するため、新現用のファイルプロセッサモジュール16−1 In order to resume from CP3 is the latest checkpoint, the new active file processor module 16-1
に、書き込みI/Oを要求する(処理742)。 To, requests to write I / O (process 742). しかし、新現用のファイルプロセッサモジュール16−1 However, the new active file processor module 16-1
は、同じ電文を2回受信することになるが(処理73 Is will receive the same message twice (process 73
4,742)、2回目を廃棄することにより矛盾をなくす。 4,742), eliminate the contradiction by discarding the second time.

【0180】そして、新現用のトランザクションプロセッサモジュール14−1では、切り替え処理中に、書き込みI/O完了を受信しているため、所定の電文処理を実行し、処理結果を新現用の通信プロセッサモジュール12−1に送信する(処理743)。 [0180] Then, the transaction processor module 14-1 of new active during the switching process, because it receives the write I / O completion, executes a predetermined message processing, the communication processor module of the new active processing results to send to 12-1 (processing 743). これをCP4とし、ここで、取得するチェックポイントデータ260− This was the CP4, where the checkpoint data to get 260-
0B〜274−Bを以下に示す。 The 0B~274-B are shown below.

【0181】図39にトランザクションプロセスのCP [0181] CP of the transaction process is shown in Figure 39
4のチェックポイントデータを示す。 It shows the 4 checkpoint data. CP4では、電文1の時刻印は(01)16であるため、電文1の時刻印2 In CP4, since time stamps of message 1 is (01) 16, time stamps of message 1 2
60−0Bには(01)16を、イベントコード260− The 60-0B the (01) 16, event code 260-
1Bは、書き込みI/O要求であるため(12)16を設定する。 1B sets is for (12) 16 a write I / O request. 最後に、チェックポイント時に実行していた電文は電文1であるため、実行中の電文の時刻印274− Finally, for telegram that was running at the time of the checkpoint is a telegram 1, when the message of running engraved 274-
Bには、(01)16を設定する。 The B, and sets the (01) 16.

【0182】ここでは、チェックポイントデータ260 [0182] In this case, the checkpoint data 260
−0B〜274−Bを示したが、障害の発生したプロセッサモジュール13が障害から修復し、待機状態になるまで、チェックポイントデータを取得する必要はない。 Showed -0B~274-B, the processor module 13 which generated the fault is repaired the failure, until a standby state, there is no need to get a checkpoint data.
ここでは、取得すべきチェックポイントデータを示す。 Here, a checkpoint data to be acquired.

【0183】最後に、新現用の通信プロセッサモジュール12−1では、新現用のトランザクションプロセッサモジュール14−1から受信した電文を端末6−0に送信する(処理715)。 [0183] Finally, the communication processor module 12-1 of the new active, sending a message received from the transaction processor module 14-1 of the new active to the terminal 6-0 (step 715). チェックポイントデータを以下のように取得する。 The checkpoint data to get in the following manner.

【0184】図37に通信プロセスのCP4のチェックポイントデータを示す。 [0184] showing the CP4 checkpoint data communication process in FIG. 37. チェックポイントデータは、以下のように設定する。 Checkpoint data are set as follows. 電文1の時刻印は(01)16であるため、電文1の時刻印240−0Bには(01)16 For time stamp of the message 1 is (01) 16, when engraved 240-0B of message 1 (01) 16
を、イベントコード240−1Bは端末6−0への電文送信であるため(01)16を設定する。 The event code 240-1B sets a is for (01) 16 a message sent to the terminal 6-0. チェックポイント時に実行していた電文は電文1であるため、実行中の電文の時刻印254−Bには、(01)16を設定する。 Since message that was executing when the checkpoint is message 1, the marking 254-B when the message being executed, it sets the (01) 16.

【0185】そして、新現用の通信プロセッサモジュール12−1は、ACK待ちとする。 [0185] Then, the communication processor module 12-1 of the new active is, the ACK waiting. 端末6−0からAC AC from the terminal 6-0
Kを受信し(処理716)、電文1の終了処理を行い、 Receiving a K (process 716), a termination process is performed in the message 1,
電文1のチェックポイントデータ240−0A〜242 Telegram 1 of checkpoint data 240-0A~242
−0A,240−0B〜242−0Bを初期化を実行する(処理717)。 -0A, to run the initialization 240-0B~242-0B (process 717). 終了処理とは、終了した電文1を入力キュー10(12−4−5)から削除すること、および電文1に関するチェックポイントデータを初期化することである。 And end processing is to remove the message 1 has been completed from the input queue 10 (12-4-5), and the checkpoint data relating to message 1 is to initialize.

【0186】新現用の通信プロセッサモジュール12− [0186] new active communication processor module of 12
1は、新現用のトランザクションプロセッサモジュール14−1と新現用のファイルプロセッサモジュール16 1, the new working and transaction processor module 14-1 of the new active file processor module 16
−1に電文1の終了を通知し(処理720,721)、 -1 to notify the end of the telegram 1 (processing 720 and 721),
新現用のトランザクションプロセッサモジュール14− New active transaction processor module 14-
1と新現用のファイルプロセッサモジュール16−1 1 and of a new active file processor module 16-1
は、それぞれ電文1に対する電文1を入力キュー10 , Respectively enter the telegram 1 with respect to the message queue 1 10
(12−4−5)から削除し、電文1に対するチェックポイントデータ260−0A〜262−0A,260− Remove from the (12-4-5), the checkpoint data 260-0A~262-0A for the telegram 1, 260-
0B〜262−0B,280−0A〜282−0A,2 0B~262-0B, 280-0A~282-0A, 2
80−0B〜282−0Bを初期化する(処理722, The Initialize 80-0B~282-0B (process 722,
723)。 723).

【0187】その他の実施例として、すべてのプロセッサモジュール11〜16をバスにより接続し、また、すべてのプロセッサモジュール11〜16が共有できる共有メモリ9を設けることもできる。 [0187] As another embodiment, all of the processor modules 11 to 16 are connected by a bus, and all processor modules 11 to 16 may also be provided a shared memory 9 can be shared. 図42は、このような共有メモリ方式のシステム構成図である。 Figure 42 is a system configuration diagram of such a shared memory scheme. この共有メモリ9を二重化構成とし、共有メモリ9にチェックポイントデータ240−0A〜294−A,240−0B〜 The shared memory 9 and duplicated configuration, checkpoint data 240-0A~294-A in the shared memory 9, 240-0B~
294−Bを格納する。 To store the 294-B. このような実現方式も可能である。 Such implementation method is also possible.

【0188】以上では、3つのプロセス30〜32に分割する場合について述べた。 [0188] In the above stated case is divided into three processes 30-32. しかし、プロセスを任意の数に分割し、プロセス間通信を行なう現用と待機で行なうことにより、適用範囲を拡張することが可能となる。 However, by dividing the process into any number, by performing the working and waiting to perform inter-process communication, it is possible to extend the application range.

【0189】 [0189]

【発明の効果】本発明では、複数のプロセッサモジュールからなるシステムにおいて、システムの処理能力を向上させるとともに、障害発生時のシステム回復時間を短縮することが可能となる。 In the present invention, in a system comprising a plurality of processor modules, improves the processing capacity of the system, it is possible to reduce the system recovery time at the time of the failure.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明による一実施例のシステム構成図である。 1 is a system configuration diagram of an embodiment according to the present invention.

【図2】プロセッサモジュールの構成図である。 2 is a configuration diagram of a processor module.

【図3】ソフトウェアの構成と電文処理の機能分割を示す説明図である。 3 is an explanatory diagram showing a functional split configuration and message processing software.

【図4】電文処理の概要を示す説明図である。 FIG. 4 is an explanatory diagram showing an overview of the message processing.

【図5】実施例の動作の概要を示す説明図である。 5 is an explanatory diagram showing an outline of the operation of the embodiment.

【図6】回線制御装置の構成図である。 6 is a block diagram of a line controller.

【図7】プロセッサモジュール間接続通信アダプタの構成図である。 7 is a configuration diagram of a connection between the communication adapter processor module.

【図8】ディスク制御装置の構成図である。 8 is a block diagram of the disk controller.

【図9】制御用LANアダプタの構成図である。 FIG. 9 is a diagram of a control for the LAN adapter.

【図10】業務用LANアダプタの構成図である。 FIG. 10 is a block diagram of a business for the LAN adapter.

【図11】回線切替装置の構成図である。 11 is a block diagram of a line switching device.

【図12】プロセッサモジュール間通信における電文フォーマットを示す説明図である。 12 is an explanatory diagram showing a message format in the communication between processor modules.

【図13】プロセッサモジュールのアドレスを示す説明図である。 13 is an explanatory diagram showing the address of the processor module.

【図14】チェックポイントデータを示す説明図である。 FIG. 14 is an explanatory view showing a check point data.

【図15】プロセスのイベント情報を示す説明図である。 15 is an explanatory view showing the event information of the process.

【図16】I/Oの状態を示す説明図である。 16 is an explanatory diagram showing a state of the I / O.

【図17】プロセッサモジュールの状態遷移図である。 17 is a state transition diagram of a processor module.

【図18】通信プロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 18 is a flowchart illustrating a processing procedure of a communication processor module.

【図19】通信プロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 19 is a flowchart illustrating a processing procedure of a communication processor module.

【図20】通信プロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 20 is a flowchart illustrating a processing procedure of a communication processor module.

【図21】aliveメッセージによる障害検出方式を示す説明図である。 21 is an explanatory diagram showing a fault detection method by alive messages.

【図22】通信プロセッサモジュールの切り替え処理手順を示すフローチャートである。 22 is a flowchart showing the switching process procedure of the communication processor module.

【図23】通信プロセッサモジュールの障害回復処理手順を示すフローチャートである。 23 is a flowchart showing a failure recovery processing procedure of the communication processor module.

【図24】トランザクションプロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 24 is a flowchart illustrating a processing procedure of a transaction processor module.

【図25】トランザクションプロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 25 is a flowchart illustrating a processing procedure of a transaction processor module.

【図26】トランザクションプロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 26 is a flowchart illustrating a processing procedure of a transaction processor module.

【図27】トランザクションプロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 27 is a flowchart illustrating a processing procedure of a transaction processor module.

【図28】トランザクションプロセッサモジュールの切り替え処理手順を示すフローチャートである。 28 is a flowchart showing the switching process procedure of the transaction processor module.

【図29】トランザクションプロセッサモジュールの障害回復処理手順を示すフローチャートである。 29 is a flowchart showing a failure recovery processing procedure of a transaction processor module.

【図30】ファイルプロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 30 is a flowchart illustrating a processing procedure of a file processor module.

【図31】ファイルプロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 31 is a flowchart illustrating a processing procedure of a file processor module.

【図32】ファイルプロセッサモジュールの処理手順を示すフローチャートである。 FIG. 32 is a flowchart illustrating a processing procedure of a file processor module.

【図33】ファイルプロセッサモジュールの切り替え処理手順を示すフローチャートである。 FIG. 33 is a flow chart illustrating switching processing procedure of the file processor module.

【図34】ファイルプロセッサモジュールの障害回復処理手順を示すフローチャートである。 FIG. 34 is a flowchart showing a failure recovery processing procedure of the file processor module.

【図35】複数の電文処理の処理手順を示す説明図である。 Figure 35 is an explanatory diagram showing a processing procedure of a plurality of message processing.

【図36】通信プロセスのチェックポイントデータを示す説明図である。 Figure 36 is an explanatory diagram showing a checkpoint data communication process.

【図37】通信プロセスのチェックポイントデータを示す説明図である。 FIG. 37 is an explanatory diagram showing a checkpoint data communication process.

【図38】トランザクションプロセスのチェックポイントデータを示す説明図である。 Figure 38 is an explanatory diagram showing a checkpoint data transaction process.

【図39】トランザクションプロセスのチェックポイントデータを示す説明図である。 Figure 39 is an explanatory diagram showing a checkpoint data transaction process.

【図40】ファイルプロセスのチェックポイントデータを示す説明図である。 FIG. 40 is an explanatory diagram showing a checkpoint file data process.

【図41】ファイルプロセスのチェックポイントデータを示す説明図である。 Figure 41 is an explanatory diagram showing a checkpoint file data process.

【図42】ファイルプロセスのチェックポイントデータを示す説明図である。 Figure 42 is an explanatory diagram showing a checkpoint file data process.

【図43】共有メモリ方式を採用した他の実施例のシステム構成図である。 FIG. 43 is a system block diagram of another embodiment employing a shared memory scheme.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

2…共有ディスク、3…プロセッサモジュール間接続通信路、4…業務用LAN、5…回線切替装置、6…端末、7…タイマ、8…制御用LAN、11〜16…プロセッサモジュール、30…通信プロセス、31…トランザクションプロセス、32…ファイルプロセス 2 ... shared disks, 3 ... processor module connections channel, 4 ... business LAN, 5 ... line switching unit, 6 ... terminal, 7 ... timer, 8 ... control LAN, 11 to 16 ... the processor module, 30 ... communication process, 31 ... transaction process, 32 ... file process

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 G06F 15/163 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 6 in identification symbol Agency Docket No. FI art display portion G06F 15/163

Claims (20)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】少なくともプロセッサ、メモリ、入出力(IO)を制御する入出力プロセッサから構成されるプロセッサモジュールを複数備え、該複数のプロセッサモジュールを相互に通信可能に接続したクラスタ型計算機システムにおいて、 上記複数のプロセッサモジュール間に送受信される電文に対する電文処理の機能を複数の機能に分割し、各機能毎に現用プロセッサモジュールと待機プロセッサモジュールとを設け、 各機能ごとに、現用プロセッサモジュールと待機プロセッサモジュールのホットスタンバイ切り替えを行うことを特徴とするクラスタ型計算機システム。 1. A least a processor, memory, input and output a plurality of processor modules composed of the input-output processor for controlling (IO), the plurality of clustered computer system processor module communicatively coupled to each other, the functions of the message processing for the message to be transmitted and received between said plurality of processor modules is divided into a plurality of functions, the working and the processor module and the standby processor module provided for each function, for each function, standby processor and working processor module clustered computing system which is characterized in that the hot standby switching modules.
  2. 【請求項2】請求項1記載のシステムにおいて、現用プロセッサモジュールは別機能のプロセッサモジュールに電文を送信する際、その現用および待機の両プロセッサモジュールに電文を送信することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 2. A system of claim 1, when the active processor module to send message to the processor module to another feature, clustered computer and transmits the message to both the processor module of the working and standby system.
  3. 【請求項3】請求項1または2記載のシステムにおいて、現用プロセッサモジュールは、少なくとも電文送信、電文受信、ディスク装置へのアクセス、他のプロセッサモジュールへの電文送信を含むIOアクセス時をチェックポイントとし、これらのIOアクセス要因、実行中の電文の識別子、および共有IOの状態をチェックポイントデータとして、対応する待機プロセッサモジュールへ送信することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 3. An apparatus according to claim 1 or 2, wherein the system, the working processor module, a checkpoint at IO access including at least message transmission, message reception, access to the disk apparatus, message transmission to other processor modules , clustered computer system and transmits these IO access factors identifier message running, and the status of the shared IO as checkpoint data, the corresponding wait processor module.
  4. 【請求項4】請求項1、2または3記載のシステムにおいて、各プロセッサモジュールは、受信した電文を格納する入力キューを有し、待機プロセッサモジュールは現用プロセッサモジュールの障害を検出すると、現用プロセッサモジュールをオフライン状態にするとともに、自己を新たな現用状態とし、処理の終了した電文を入力キューから削除し、既に受信しているチェックポイントデータを用いて最新のチェックポイントから処理を再開することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 4. The method of claim 1, 2 or 3, wherein the system, each processor module has an input queue for storing the received message, standby processor module detects a failure of the active processor module, the active processor module wherein while offline, that self was a new working condition, removes the finished message processing from the input queue, to resume processing from the most recent checkpoint by using the checkpoint data already received cluster-type computer system with.
  5. 【請求項5】請求項4のいずれかに記載のシステムにおいて、電文処理の機能を、通信機能、ファイル機能およびトランザクション機能に分割し、これらの機能について、現用プロセスと待機プロセスを設け、それぞれ異なるプロセッサモジュールに搭載することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 5. The system according to claim 4, the function of the message processing is divided into the communication function, the file function and transaction capabilities for these functions, provided the waiting process the working process, different from each other clustered computing system, characterized in that mounted on the processor module.
  6. 【請求項6】請求項5記載ののシステムにおいて、通信プロセスを搭載したプロセッサモジュール(以下、通信プロセッサモジュール)は、回線切替装置と接続し、現用の通信プロセッサモジュールと待機の通信プロセッサモジュールはそれぞれ端末からの電文を同時に受信することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 6. The method of claim 5 wherein the the system processor module (hereinafter, the communication processor module) equipped with communication process is connected to the line switching unit, respectively a communication processor module on the working communication processor module waiting clustered computing system characterized by receiving a message from the terminal at the same time.
  7. 【請求項7】請求項6記載のシステムにおいて、現用と待機の通信プロセッサモジュールは、LANにより端末と接続され、該端末は電文を現用の通信プロプロセッサモジュールと待機の通信プロセッサッモジュールの双方に送信することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 7. The method of claim 6 wherein the system, working and standby communication processor module is connected to the terminal and the LAN, the terminal for both the communications processor Tsu module of the standby communication preprocessor module working with message clustered computing system and transmitting.
  8. 【請求項8】請求項5〜7のいずれかに記載のシステムにおいて、時刻を計測するタイマを設け、該タイマは上記現用および待機の通信プロセッサモジュールに接続され、両通信プロセッサモジュールは、電文を識別するために、受信した電文に時刻印を付与することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 8. The system of any one of claims 5-7, a timer for measuring the time provided, the timer is connected to a communication processor module of the working and standby, both the communication processor module, the message to identify, clustered computer system, wherein the imparting time stamp in the received message.
  9. 【請求項9】請求項5〜8のいずれかに記載のシステムにおいて、上記現用の通信プロセッサモジュールは、トランザクションプロセスを搭載したプロセッサモジュール(以下、トランザクションプロセッサモジュール)に対して、端末から受信した電文を送信する際、現用のトランザクションプロセッサモジュールと待機のトランザクションプロセッサモジュールの双方に送信することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 9. The system according to claim 5, said active communications processor module, the processor module (hereinafter, the transaction processor module) equipped with transaction process message that respect, received from the terminal when sending, clustered computer system and transmits to both the working of the transaction processor module waiting for a transaction processor module.
  10. 【請求項10】請求項5〜9のいずれかに記載のシステムにおいて、現用のトランザクションプロセッサモジュールは、電文処理に伴い、ディスク装置の読み出しあるいは書き込みを実行する場合には、ファイルプロセスを搭載したプロセッサモジュール(以下、ファイルプロセッサモジュール)へのディスク装置のアクセス要求時、 10. A system according to any one of claims 5-9, processor transaction processor module working is with the message processing, when performing a read or write of the disk device, equipped with a file process module (hereinafter, the file processor module) when the access request of the disk device to,
    当該ディスク装置のアクセス要求を、現用のファイルプロセッサモジュールのプロセッサモジュールと待機のファイルプロセッサモジュールの双方に送信することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 Clustered computing system and transmits an access request for the disk device, to both the processor module of the current file processor module of the standby file processor module.
  11. 【請求項11】請求項10記載のシステムにおいて、現用のファイルプロセッサモジュールはディスクの読み出しあるいは書き込みを行ない、その結果を現用のトランザクションプロセッサモジュールと待機のトランザクションプロセッサモジュールの双方に送信することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 11. The method of claim 10, wherein the system, and wherein the file processor module working performs a read or write of the disk, and transmits to both the result and the working of the transaction processor module waiting for a transaction processor module cluster type computer system to be.
  12. 【請求項12】請求項11記載のシステムにおいて、現用のトランザクションプロセッサモジュールは電文の処理結果を通信プロセッサモジュールに送信する際、現用の通信プロセッサモジュールと待機の通信プロセッサモジュールの双方に送信することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 12. The method of claim 11 wherein the system, when the transaction processor module working is to send the processing result of the message to the communications processor module, to send to both the communications processor module of the standby and communication processor module on the working clustered computing system according to claim.
  13. 【請求項13】請求項1〜12のいずれかに記載のシステムにおいて、機能毎に分割されたプロセッサモジュール内で、現用プロセッサモジュールは対応する待機プロセッサモジュールに対して一定周期毎に正常状態にあることを示すアライブメッセージを送信し、待機のプロセッサモジュールは該アライブメッセージを監視することにより、現用のプロセッサモジュールの障害を検出することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 13. The system of any one of claims 1 to 12, in a processor module that is divided for each function, in the normal state every predetermined period with respect to the standby processor module active processor module corresponding sending an alive message indicating that, by the processor module waiting to monitor the alive messages, clustered computer system, characterized by detecting the failure of the processor module of working.
  14. 【請求項14】請求項5〜13のいずれかに記載のシステムにおいて、通信プロセッサモジュールは、電文処理が終了すると、他のすべてのプロセッサモジュールに、 14. The system of any one of claims 5 to 13, the communication processor module, the message processing is completed, all of the other processor modules,
    電文処理終了を通知することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 Clustered computing system and notifies the message processing ends.
  15. 【請求項15】請求項4〜14のいずれかに記載のシステムにおいて、電文処理終了したプロセッサモジュールは、電文終了終了毎に、当該終了した電文を入力キューから削除し、当該終了した電文に関するチェックポイントデータを初期化することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 15. The system of any of claims 4-14, processor modules message processing end, for each message Exit Exit, check on remove the finished message from the input queue, and the finished message clustered computing system characterized by initializing the point data.
  16. 【請求項16】請求項4〜14のいずれかに記載のシステムにおいて、電文処理終了したプロセッサモジュールは、一定周期毎に終了した電文を入力キューから削除し、終了した電文に関するチェックポイントデータを初期化することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 16. A according to any one of claims 4 to 14 system, processor modules message processing end deletes the message ended predetermined cycle from the input queue, the checkpoint data relating terminated message initial clustered computing system, characterized in that the reduction.
  17. 【請求項17】請求項5〜16のいずれかに記載のシステムにおいて、障害の発生した通信プロセッサモジュールが障害から回復すると、該回復したプロセッサモジュールは、端末およびトランザクションプロセッサモジュールから電文の受信を開始し、それぞれの受信した電文について、最初の電文の時刻印を正常な通信プロセッサモジュールに通知し、正常な通信プロセッサモジュールは、上記最初の電文の時刻印を参照し、これ以前の電文処理が完了していれば、回復したプロセッサモジュールの入力キューと正常なプロセッサモジュールの入力キューの内容は一致したと判定し、回復したプロセッサモジュールにオフライン状態から待機状態への遷移を通知することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 17. A system according to any one of claims 5 to 16, a communication processor module failed to recover from a failure, the processor modules the recovery starts receiving the message from the terminal and the transaction processor module and, for each of the received message, the time stamp of the first message notifies the normal communication processor module, the normal communication processor module, referring to this previous message handling time stamp of the first message is complete if the contents of the input queue of the input queues and the normal processor module in processor modules recovered was determined to be consistent, and notifies the transition to the standby state from the offline state to the processor module has recovered cluster type computer system.
  18. 【請求項18】請求項5〜17のいずれかに記載のシステムにおいて、障害の発生したトランザクションプロセッサモジュールが障害から回復すると、該回復したプロセッサモジュールは、通信プロセッサモジュールおよびファイルプロセッサモジュールから電文の受信を開始し、それぞれの受信した電文について、最初の電文の時刻印を正常なトランザクションプロセッサモジュールに通知し、正常なトランザクションプロセッサモジュールは、上記最初の電文の時刻印を参照し、これ以前の電文処理が完了していれば、回復したプロセッサモジュールの入力キューと正常なプロセッサモジュールの入力キューの内容は一致したと判定し、回復したプロセッサモジュールにオフライン状態から待機状態への遷移を通知することを特徴とする 18. The according to any of claims 5 to 17 systems, the generated transaction processor module failure is recovered from the failure, the processor modules the recovery received from the communication processor module and file processor module telegram was started for each of the received message, the time stamp of the first message to notify the successful transactions processor module, normal transaction processor module refers to time stamp of the first message, which the previous message processing features There if completed, that the contents of the input queue of the input queues and the normal processor module in processor modules recovered determines that matches, reports the transition to the standby state from the offline state to the processor module has recovered and ラスタ型計算機システム。 Raster type computer system.
  19. 【請求項19】請求項5〜18のいずれかに記載のシステムにおいて、障害の発生したファイルプロセッサモジュールが障害から回復すると、該回復したプロセッサモジュールは、トランザクションプロセッサモジュールから電文の受信を開始し、最初の電文の時刻印を正常なプロセッサモジュールに通知し、正常なファイルプロセッサモジュールは、上記最初の電文の時刻印を参照し、これ以前の電文処理が完了していれば、回復したファイルプロセッサモジュールの入力キューと正常なプロセッサモジュールの入力キューの内容は一致したと判定し、回復したプロセッサモジュールにオフライン状態から待機状態への遷移を通知することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 19. A system according to any one of claims 5 to 18, the file processor module of failed to recover from a failure, the processor modules the recovery starts receiving message from the transaction processor module, notify the normal processor module a time stamp of the first message, a normal file processor module, the first referring to the time stamp of the message, this long as in the previous message processing is complete, the file processor module which has recovered the input queue and a normal content of the input queue of the processor module determines that were consistent, clustered computer system, characterized in that the processor module notifies the transition from the offline state to the standby state in which recovered.
  20. 【請求項20】請求項3〜19のいずれかに記載のシステムにおいて、すべてのプロセッサモジュールが共有できる共有メモリを設け、該共有メモリにチェックポイントデータを格納することを特徴とするクラスタ型計算機システム。 20. A system according to any one of claims 3 to 19, a shared memory that all processor modules can share provided, clustered computer system, characterized by storing the checkpoint data in the shared memory .
JP14175194A 1994-06-23 1994-06-23 Cluster type computer system Pending JPH086910A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14175194A JPH086910A (en) 1994-06-23 1994-06-23 Cluster type computer system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14175194A JPH086910A (en) 1994-06-23 1994-06-23 Cluster type computer system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH086910A true true JPH086910A (en) 1996-01-12

Family

ID=15299355

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14175194A Pending JPH086910A (en) 1994-06-23 1994-06-23 Cluster type computer system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH086910A (en)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005050298A (en) * 2003-07-11 2005-02-24 Ns Solutions Corp Computer system, computer, data communication method, and program
JP2006330782A (en) * 2005-05-23 2006-12-07 Nomura Research Institute Ltd Redundancy configuration system and method for immediate recovery when failure in first computer by use of second computer
KR100720420B1 (en) * 2002-03-25 2007-05-22 엘지.필립스 엘시디 주식회사 method for motion contoling in bonding device for LCD and device the same
JP2008510232A (en) * 2004-08-13 2008-04-03 サイトリックス システムズ, インコーポレイテッド Method for maintaining process consistency across multiple remote access server
JP2008242685A (en) * 2007-03-27 2008-10-09 Nec Corp Failover method, cluster system, information processor, and program
JP2011210107A (en) * 2010-03-30 2011-10-20 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Message queue management system, lock server, message queue management method, and message queue management program
JP2011210106A (en) * 2010-03-30 2011-10-20 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Message queue management system, lock server, message queue management method, and message queue management program
US8848710B2 (en) 2005-01-24 2014-09-30 Citrix Systems, Inc. System and method for performing flash caching of dynamically generated objects in a data communication network
US8856777B2 (en) 2004-12-30 2014-10-07 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for automatic installation and execution of a client-side acceleration program
US8892778B2 (en) 2004-07-23 2014-11-18 Citrix Systems, Inc. Method and systems for securing remote access to private networks
US8914522B2 (en) 2004-07-23 2014-12-16 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for facilitating a peer to peer route via a gateway
US8954595B2 (en) 2004-12-30 2015-02-10 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for providing client-side accelerated access to remote applications via TCP buffering

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100720420B1 (en) * 2002-03-25 2007-05-22 엘지.필립스 엘시디 주식회사 method for motion contoling in bonding device for LCD and device the same
JP2005050298A (en) * 2003-07-11 2005-02-24 Ns Solutions Corp Computer system, computer, data communication method, and program
US8914522B2 (en) 2004-07-23 2014-12-16 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for facilitating a peer to peer route via a gateway
US8897299B2 (en) 2004-07-23 2014-11-25 Citrix Systems, Inc. Method and systems for routing packets from a gateway to an endpoint
US8892778B2 (en) 2004-07-23 2014-11-18 Citrix Systems, Inc. Method and systems for securing remote access to private networks
US9219579B2 (en) 2004-07-23 2015-12-22 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for client-side application-aware prioritization of network communications
JP2008510232A (en) * 2004-08-13 2008-04-03 サイトリックス システムズ, インコーポレイテッド Method for maintaining process consistency across multiple remote access server
US8954595B2 (en) 2004-12-30 2015-02-10 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for providing client-side accelerated access to remote applications via TCP buffering
US8856777B2 (en) 2004-12-30 2014-10-07 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for automatic installation and execution of a client-side acceleration program
US8848710B2 (en) 2005-01-24 2014-09-30 Citrix Systems, Inc. System and method for performing flash caching of dynamically generated objects in a data communication network
JP2006330782A (en) * 2005-05-23 2006-12-07 Nomura Research Institute Ltd Redundancy configuration system and method for immediate recovery when failure in first computer by use of second computer
JP2008242685A (en) * 2007-03-27 2008-10-09 Nec Corp Failover method, cluster system, information processor, and program
JP2011210106A (en) * 2010-03-30 2011-10-20 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Message queue management system, lock server, message queue management method, and message queue management program
JP2011210107A (en) * 2010-03-30 2011-10-20 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Message queue management system, lock server, message queue management method, and message queue management program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6728746B1 (en) Computer system comprising a plurality of machines connected to a shared memory, and control method for a computer system comprising a plurality of machines connected to a shared memory
US7194652B2 (en) High availability synchronization architecture
US6880101B2 (en) System and method for providing automatic data restoration after a storage device failure
US6173377B1 (en) Remote data mirroring
US5696895A (en) Fault tolerant multiple network servers
US7188237B2 (en) Reboot manager usable to change firmware in a high availability single processor system
US7149769B2 (en) System and method for multi-destination merge in a storage area network
US6708285B2 (en) Redundant controller data storage system having system and method for handling controller resets
US4979108A (en) Task synchronization arrangement and method for remote duplex processors
US5574950A (en) Remote data shadowing using a multimode interface to dynamically reconfigure control link-level and communication link-level
US6640291B2 (en) Apparatus and method for online data migration with remote copy
US20030131068A1 (en) Distributed storage system, storage device and method of copying data
US20060168192A1 (en) High availability for intelligent applications in storage networks
US6052797A (en) Remotely mirrored data storage system with a count indicative of data consistency
US20020099972A1 (en) Method and system for selecting a master controller in a redundant control plane having plural controlllers
US5720028A (en) External storage system
US6543001B2 (en) Method and apparatus for maintaining data coherency
US6983397B2 (en) Method, system, and program for error handling in a dual adaptor system where one adaptor is a master
US5889935A (en) Disaster control features for remote data mirroring
US7577867B2 (en) Cross tagging to data for consistent recovery
US6687849B1 (en) Method and apparatus for implementing fault-tolerant processing without duplicating working process
US20020133743A1 (en) Redundant controller data storage system having hot insertion system and method
US6061807A (en) Methods systems and computer products for error recovery of endpoint nodes
US6715098B2 (en) System and method for fibrechannel fail-over through port spoofing
US20030145168A1 (en) Method and apparatus for maintaining data coherency