JPH0853193A - 飲料用容器の弁装置 - Google Patents

飲料用容器の弁装置

Info

Publication number
JPH0853193A
JPH0853193A JP18864094A JP18864094A JPH0853193A JP H0853193 A JPH0853193 A JP H0853193A JP 18864094 A JP18864094 A JP 18864094A JP 18864094 A JP18864094 A JP 18864094A JP H0853193 A JPH0853193 A JP H0853193A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
valve
housing
screw
mouthpiece
beverage container
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP18864094A
Other languages
English (en)
Inventor
Takashi Kondo
隆 近藤
Original Assignee
Nasu Toa Kk
ナストーア株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nasu Toa Kk, ナストーア株式会社 filed Critical Nasu Toa Kk
Priority to JP18864094A priority Critical patent/JPH0853193A/ja
Publication of JPH0853193A publication Critical patent/JPH0853193A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 飲料用容器内に圧力が残存した状態において
ハウジングを取り外した場合においても、このハウジン
グの飛び出しを防止し得る飲料用容器の弁装置を提供す
ることを目的とする。 【構成】 飲料用容器2に設けられた口金3内に螺着さ
れるとともに、内部に弁機構Vが組み込まれたハウジン
グ11を備え、前記口金の内部に形成されている螺子部
3aあるいは前記ハウジングに形成されている螺子部1
4の内の少なくとも一方の螺子部が、軸方向に隙間Lを
おいて2箇所に形成され、他方の螺子部が、前記隙間よ
りも短く形成されているとともに、この他方の螺子部
が、前記ハウジングを取り外す際に、その途中において
前記一方の螺子部に形成されている隙間内に入り込む位
置に形成されていることを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、飲料用容器の弁装置に
係わり、特に、ビール樽や焼酎等の酒類の容器等の飲料
用容器に用いて好適な弁装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、ビールや焼酎等の飲料の貯蔵に用
いられる飲料用容器においては、飲料用容器の保管や搬
送中におけるガスや内容物の漏れを防止し、かつ、使用
時においては、内容物の抽出を円滑に行なわせるように
した弁装置が取り付けられている。
【0003】そして、このような飲料用容器としてのビ
ール樽に用いられている弁装置として、たとえば、図1
および図2に示す構成のものが知られている。
【0004】図1および図2に符号1で示す弁装置は、
飲料用容器としてのビール樽2の開口部に一体に設けら
れた口金3の内部に装着されるもので、前記口金3に螺
子部3aを介して螺着されるとともに、内部に弁機構V
が組み込まれたハウジング4を備えている。
【0005】そして、使用状態においては、図1に示す
ように、前記ハウジング4にアタッチメント(ディスペ
ンサー)5を装着して弁機構Vを開放するとともに、飲
料用容器2内に内容物押し出し用の加圧気体(二酸化炭
素)を送り込み、その圧力によってビールを押し上げる
ことにより、ビールをジョッキ等の容器に供給するよう
になっている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】ところで、このような
従来の弁装置1においては、ハウジング4の交換やビー
ル樽2の洗浄等に際して、前記ビール樽2から取り外す
必要がある。しかしながら、弁装置1を取り外す際にビ
ール樽2内に圧力が残っていると、口金3とハウジング
4との螺着が外れると同時に、ハウジング4が前記内圧
を受けて口金3から飛び出してしまうことが考えられ
る。このように、ビール樽2内が加圧状態となされる原
因としては、使用後にビール樽2内にビールが残ってい
ると、このビールから炭酸ガスが発生して内部のガス濃
度が高まることが挙げられる。特に、その残りの有無を
確認するためにビール樽2を振ってビールを撹拌してし
まった場合に、内部圧力の上昇が顕著となる。また、内
容物自体からガスの発生がない場合においても、押し出
し用のガスが残存する場合には、飲料用容器内が加圧状
態となされる。さらには、使用後の飲料用容器を屋外に
放置しておいた場合にも、飲料用容器が太陽光によって
加熱されて、内部圧力が上昇させられる。そして、この
ような不具合を回避するためには、ハウジング4の取り
外しに先立ってビール樽2内の圧抜きを行なう必要があ
るが、弁機構Vを開放するための特殊な工具を必要とす
ることから、作業場所が特定されてしまうといった新た
な問題点が発生する。
【0007】本発明は、前述した従来の問題点に鑑みて
なされたもので、飲料用容器内に圧力が残存した状態に
おいてハウジングを取り外した場合においても、このハ
ウジングの飛び出しを防止し得る飲料用容器の弁装置を
提供することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明の請求項1に記載
の飲料用容器の弁装置は、前述した目的を達成するため
に、特に、飲料用容器に一体に取り付けられた口金に螺
着されるとともに、内部に弁機構が組み込まれたハウジ
ングを備え、前記口金の内部に形成されている螺子部あ
るいは前記ハウジングに形成されている螺子部の内の少
なくとも一方の螺子部が、軸方向に隙間をおいて2箇所
に形成され、他方の螺子部が、前記隙間よりも短く形成
されているとともに、この他方の螺子部が、前記ハウジ
ングを取り外す際に、その途中において前記一方の螺子
部に形成されている隙間内に入り込む位置に形成されて
いることを特徴とする。
【0009】
【作用】本発明の請求項1に記載の飲料用容器の弁装置
によれば、弁装置を取り外すべく回転させると、螺合状
態にある螺子部間の螺合状態が解除される。このような
両螺子部の離脱により、弁装置は、飲料用容器内の圧力
を受けて口金から飛び出す方向に移動させられるが、こ
のような弁装置の移動に伴って、他方の螺子部が、一方
の一対の螺子部間に位置させられたのちに、他方の螺子
部の内の、螺合が解除された螺子部以外の螺子部に当接
させられる。
【0010】これによって、弁装置の飛び出しが防止さ
れるとともに、各螺子部間の隙間から、飲料用容器内の
加圧気体が外部へ放出されて圧抜きが行われる。
【0011】
【実施例】以下、本発明の一実施例について、図3およ
び図4に基づき説明する。なお、以下の説明中、図1お
よび図2と共通する部分については同一符号を用いて説
明を簡略化する。
【0012】図3および図4において符号20は、本実
施例に係わる弁装置を示し、この弁装置10は、弁機構
Vが装着されたハウジング11を備え、ビール樽2の口
金3の内部にねじ込まれることによって取り付けられる
ようになっている。
【0013】詳述すれば、前記口金3は、図3に示すよ
うに、外方開口端部内周面近傍に雌螺子部3aが形成さ
れているとともに、内方下端内周縁に、内側へ向かって
突出する内方フランジ12が全周に亙って突設されてお
り、また、前記ハウジング11は、その外面形状が、前
記口金3の内径よりも若干小さな外径となされた大径部
11aと、前記内方フランジ12の内径よりも若干小さ
な外径となされた小径部11bとなされている。
【0014】また、これらの大径部11aと小径部11
bとの連続部分に形成されている段部にはシールリング
13が装着されており、前記ハウジング11を口金3内
に螺着した状態において、ハウジング11の大径部11
aと内方フランジ12とによって前記シールリング13
が弾性変形させられることにより、ハウジング11と口
金3との間の気密性が保持されるようになっている。
【0015】さらに、前記ハウジング11の大径部11
aの外周面には、前記口金3の雌螺子部3aと同一呼び
径の雄螺子部14が形成されている。そして、本実施例
においては、前記雄螺子部14が、ハウジング11の軸
線方向に所定距離L離間させられて2箇所に形成されて
おり、かつ、これらの両雄螺子部14a・14bの間の
隙間Lが、前記口金3に形成されている雌螺子部3aの
長さMよりも長く形成されている。
【0016】前記弁機構Vは、前記ハウジング11の内
周面に形成された弁座11cと、前記ハウジング11内
に、その軸線方向に沿って移動可能に装着された環状の
ガスバルブ本体15と、このガスバルブ本体15と前記
ハウジング11との間に介装されて、前記ガスバルブ本
体15を前記弁座11cへ圧接させるガスバルブスプリ
ング16と、前記ガスバルブ本体15に一体に取り付け
られるとともに、前記ハウジング11の下方へ突出して
設けられたダウンチューブ17と、このダウンチューブ
17内にその軸線方向に移動可能に装着されたビールバ
ルブ本体18と、このビールバルブ本体18と前記ダウ
ンチューブ7との間に介装されて、前記ビールバルブ本
体18を前記ガスバルブ本体15の内周面に形成された
弁座15aに圧接させるビールバルブスプリング19と
によって構成されている。
【0017】前記ガスバルブスプリング16は、その一
端が前記ガスバルブ本体15の着座面と反対側の面に当
接させられ、また、他端が前記ハウジング11の内方下
端に形成されている内方フランジ20によって係止され
ている環状のバネ座21へ当接されることにより、これ
らのガスバルブ本体15とバネ座21との間に圧縮状態
で介装支持されている。
【0018】また、前記ビールバルブスプリング19
は、ビールバルブ本体18と、前記ダウンチューブ17
の途中に形成された絞り部17aとの間に圧縮状態で介
装されている。
【0019】このように構成された本実施例に係わる弁
装置10においては、保管中ないしは搬送中では、ガス
バルブ本体15とビールバルブ本体18とが、ガスバル
ブスプリング16やビールバルブスプリング19の弾発
力およびビール樽2内の圧力を受けて、それぞれ、弁座
11c・15aへ着座させられている。これによって、
弁機構Vが密閉状態に保持されて、内容物であるビール
や炭酸ガスの漏れが防止されている。
【0020】一方、何等かの原因で、前記弁装置10と
口金3との螺着が緩んだ場合や、洗浄等の目的のために
弁装置10を回転させた場合等において、口金3の雌螺
子部3aとハウジング10の外側の雄螺子部14aとの
螺合が外れた時点で、弁装置10が、ビール樽2内の圧
力を受けて口金3からビール樽2の外方へ向けて移動さ
せられる。
【0021】そして、本実施例においては、ハウジング
11の外側の雄螺子部14aと口金3の雌螺子部3aと
の螺合が外れたのちに、前記弁装置10の移動に伴っ
て、前記雌螺子部3aがハウジング11の両雄螺子部1
4a・14b間に位置させられたのちに、図4に示すよ
うに、内側の雄螺子部14bに当接させられる。この結
果、弁装置10が口金3へ係合させられることとなっ
て、口金3からの飛び出しが防止される。
【0022】また、前述したように口金3の雌螺子部3
aと弁装置11の内側の雄螺子部14bとの当接が行な
われて、弁装置11の飛び出しが阻止された状態におい
て、弁装置11に取り付けられているシールリング13
が口金3から離間させられることにより、口金3とハウ
ジング11との間の密閉機能が失われて、両者間の隙間
から、ビール樽2内の気体が外部へ放出されて、ビール
樽2内部の圧力が減少させられる。
【0023】そして、このようにビール樽2内の圧力が
十分に減少させられたのちに、口金3の雌螺子部3aと
ハウジング11の内側の雄螺子部14bとを噛み合わ
せ、さらにハウジング11を回転させてこれらの螺合状
態を解除することにより、ハウジング11、すなわち、
弁装置10が口金3から取り外される。したがって、ビ
ール樽2内に圧力が残存している状態で弁装置10を取
り外す場合や、何等かの原因で弁装置10と口金3との
螺着が緩んで両者の螺合が外れてしまった場合において
も、弁装置10の不用意な飛び出しが防止される。
【0024】また、意図的に弁装置10を取り外す場合
においても、残存する圧力を除去するための特殊な工具
を用いる必要がなくなり、その作業が簡便なものとな
る。
【0025】なお、前記実施例において示した各構成部
材の諸形状や寸法等は一例であって、適用する飲料用容
器の種類や設計要求等に基づき種々変更可能である。
【0026】たとえば、前記実施例においては、口金3
に設けられる螺子部を前述した雌螺子部3a一箇所と
し、ハウジング11に設けられる螺子部を一対の離間し
た雄螺子部14a・14bとした例について示したが、
これに代えて、口金3に設けられる雌螺子部も前記雄螺
子部と同一条件のもとに、2箇所に形成することも可能
であり、また、口金3の内周の間隔をおいた2箇所に雌
螺子部を設けておき、ハウジング11の、シールリング
13の近傍にのみ雄螺子部を設けることによっても同様
の機能が達成される。
【0027】また、口金3やハウジング11に設けられ
る螺子部が、周方向に連続した形態を示したが、周方向
の適宜位置において軸方向に延びる溝を設けて不連続部
を形成するようにしてもよいものである。このような構
成とすることにより、ハウジング11の移動に伴ってシ
ールリング13による密閉作用が失われた時点におけ
る、ハウジング11と口金3との隙間での気体の流路面
積が確保され、円滑な圧抜き機能が得られる。
【0028】さらに、前記実施例においては、飲料用容
器としてビール樽を示したが、これに限られるものでは
なく、内容物自体からガスが発生する飲料を収納する容
器や、加圧状態で貯蔵される液体を収納する容器、ま
た、内容物を取り出す際に、容器内に加圧空気を送り込
むようにした容器(たとえば、焼酎用の容器)等への適
用も勿論可能である。
【0029】
【発明の効果】以上説明したように、本発明に係わる飲
料用容器の弁装置は、飲料用容器に一体に取り付けられ
た口金に螺着されるとともに、内部に弁機構が組み込ま
れたハウジングを備え、前記口金の内部に形成されてい
る螺子部あるいは前記ハウジングに形成されている螺子
部の内の少なくとも一方の螺子部が、軸方向に隙間をお
いて2箇所に形成され、他方の螺子部が、前記隙間より
も短く形成されているとともに、この他方の螺子部が、
前記ハウジングを取り外す際に、その途中において前記
一方の螺子部に形成されている隙間内に入り込む位置に
形成されていることを特徴とするもので、つぎのような
優れた効果を奏する。
【0030】飲料用容器内に圧力が残存している状態
に、弁装置と口金との螺着が緩んだ場合や、洗浄等の目
的のために弁装置を回転させた場合等において、螺合状
態にある他方の螺子部と一方の螺子部との螺合が外れた
時点で、弁装置が飲料用容器内の圧力を受けて口金から
飲料用容器の外方へ向けて移動させられるが、前記他方
の螺子部が、前記螺着状態にあった一方の螺子部と間隔
をおいて設けられている螺子部に当接させられる。この
結果、弁装置を両螺子部を介して口金へ係合させること
により、弁装置の口金からの飛び出しを防止することが
できる。
【0031】そして、口金と弁装置とを係止状態に保持
した状態において、口金とハウジングとの間に形成され
る隙間から、飲料用容器内のガスを外部へ放出すること
により、飲料用容器内の圧力を減少させることができ
る。したがって、飲料用容器内の圧力が十分低下したの
ちにおいて、前記当接させられている螺子部どうしを噛
み合わせ、さらに弁装置を回転させることにより、弁装
置を口金すなわち飲料用容器から取り外すことができ
る。
【0032】しかも、このような飲料用容器内の圧抜き
操作に際して、特別な工具を用いる必要がなく、作業位
置が限定されることを防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】従来の飲料用容器の弁装置の一例を示すもの
で、飲料用容器に装着され、かつ、アタッチメントが装
着された状態を示す要部の縦断面図である。
【図2】従来の飲料用容器の弁装置の一例を示す縦断面
図である。
【図3】本発明の飲料用容器の弁装置の一実施例を示す
もので、弁装置を口金に装着した状態を示す縦断面図で
ある。
【図4】本発明の飲料用容器の弁装置の一実施例を示す
もので、弁装置と口金との螺合状態が解除された状態を
示す縦断面図である。
【符号の説明】
2 ビール樽(飲料用容器) 3 口金 3a 雌螺子部(他方の螺子部) 10 弁装置 11 ハウジング 14 雄螺子部(一方の螺子部) V 弁機構

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 飲料用容器に一体に取り付けられた口金
    の内部に螺着されて、前記飲料用容器からのガスあるい
    は内容物の漏れを防止するようにした飲料用容器の弁装
    置であって、前記口金内に螺着されるとともに、内部に
    弁機構が組み込まれたハウジングを備え、前記口金の内
    部に形成されている螺子部あるいは前記ハウジングに形
    成されている螺子部の内の少なくとも一方の螺子部が、
    軸方向に隙間をおいて2箇所に形成され、他方の螺子部
    が、前記隙間よりも短く形成されているとともに、この
    他方の螺子部が、前記ハウジングを取り外す際に、その
    途中において前記一方の螺子部に形成されている隙間内
    に入り込む位置に形成されていることを特徴とする飲料
    用容器の弁装置。
JP18864094A 1994-08-10 1994-08-10 飲料用容器の弁装置 Pending JPH0853193A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18864094A JPH0853193A (ja) 1994-08-10 1994-08-10 飲料用容器の弁装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18864094A JPH0853193A (ja) 1994-08-10 1994-08-10 飲料用容器の弁装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0853193A true JPH0853193A (ja) 1996-02-27

Family

ID=16227255

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18864094A Pending JPH0853193A (ja) 1994-08-10 1994-08-10 飲料用容器の弁装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0853193A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013155434A1 (en) * 2012-04-12 2013-10-17 E. I. Du Pont De Nemours And Company Can tap
CN104520619A (zh) * 2012-07-27 2015-04-15 纳幕尔杜邦公司 罐龙头
US9670049B2 (en) 2014-06-23 2017-06-06 Rehrig Pacific Company Plastic beer keg

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013155434A1 (en) * 2012-04-12 2013-10-17 E. I. Du Pont De Nemours And Company Can tap
CN104350311A (zh) * 2012-04-12 2015-02-11 纳幕尔杜邦公司 罐龙头
CN104520619A (zh) * 2012-07-27 2015-04-15 纳幕尔杜邦公司 罐龙头
CN109027402A (zh) * 2012-07-27 2018-12-18 科慕埃弗西有限公司 罐龙头
CN109027402B (zh) * 2012-07-27 2020-08-18 科慕埃弗西有限公司 罐龙头
US10889427B2 (en) 2012-07-27 2021-01-12 The Chemours Company Fc, Llc Can tap
US9670049B2 (en) 2014-06-23 2017-06-06 Rehrig Pacific Company Plastic beer keg

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3459391B2 (ja) 蓋及び注ぎ口付きの飲料容器
US8453888B2 (en) Wine preservation and dispensing apparatus
US5785196A (en) Closure for a pressurized container
US7546935B2 (en) Dispensing valve assembly for a beer keg
RU2341425C2 (ru) Способ заполнения мешка напитком и разлива напитка из мешка
JP2005047497A (ja) 取出し遅延機構を有する迅速装着式キャップ
JP4306857B2 (ja) 収容システム
MX2009001273A (es) Botella para contener fluidos, particularmente para productos farmaceuticos o similares.
FR2829471A1 (fr) Bouchon de bouteille avec indication de pression
US5207339A (en) Bottle cap assembly
JP2004518585A (ja) 格納装置
AU2005256508A1 (en) Disposable tap for a pressurized liquid container
US5415329A (en) Container including a pressure relief valve for use in holding and dispensing soft drink material
JPH0853193A (ja) 飲料用容器の弁装置
US4623076A (en) Refillable container with depressurization means
US3011686A (en) Valve assembly for pressurized containers
FR2555551A1 (fr) Capuchon-obturateur visse pour recipient de securite
JP2001516684A (ja) 圧力容器用安全弁
JPH0853194A (ja) 飲料用容器の弁装置
FR2655955A1 (fr) Valve pour bouteilles a gaz sous pression non rechargeable et emballage equipe d'une telle valve.
JP2008074281A (ja) 燃料タンク用キャップ
JPH0853195A (ja) 飲料用容器の弁装置
JPH07232799A (ja) 生ビール樽用フィッティング
JPH07277353A (ja) ガス抜きキャップ
US3076484A (en) Beer dispenser