JPH0839073A - 感光性材料の処理方法及び装置 - Google Patents

感光性材料の処理方法及び装置

Info

Publication number
JPH0839073A
JPH0839073A JP19463694A JP19463694A JPH0839073A JP H0839073 A JPH0839073 A JP H0839073A JP 19463694 A JP19463694 A JP 19463694A JP 19463694 A JP19463694 A JP 19463694A JP H0839073 A JPH0839073 A JP H0839073A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tank
washing
treatment
washing water
printing plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19463694A
Other languages
English (en)
Inventor
Ryoji Hattori
Yoko Hirai
Kenji Kaneda
Akio Kasakura
Hideyuki Nakai
英之 中井
葉子 平井
良司 服部
暁夫 笠倉
健志 金田
Original Assignee
Konica Corp
Mitsubishi Chem Corp
コニカ株式会社
三菱化学株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Konica Corp, Mitsubishi Chem Corp, コニカ株式会社, 三菱化学株式会社 filed Critical Konica Corp
Priority to JP19463694A priority Critical patent/JPH0839073A/ja
Publication of JPH0839073A publication Critical patent/JPH0839073A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 版面の汚れが防止され、水洗水の寿命を延長
し、臭気の発生を低減した感光性材料の処理方法及び処
理装置を提供すること。 【構成】 現像処理工程に続いて水洗水を循環させて水
洗を行なう水洗工程を設けた感光性材料の処理におい
て、水洗水を電解酸化処理する処理方法及び現像処理装
置に続いて水洗処理装置を有する感光性材料処理装置の
水洗処理装置に水洗水の循環機構を設け、該循環機構に
水洗水を電解酸化処理する電解酸化処理槽を設けた処理
装置。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、感光性材料、特に、感
光性平版印刷版を処理する処理方法及び処理装置に関す
る。
【0002】
【発明の背景】非銀塩感光材料、例えば、感光性平版印
刷版の現像処理は、通常、自動現像機によって行なわれ
ている。
【0003】自動現像機による現像処理は、通常、印刷
原稿フィルムを通して露光された感光性平版印刷版を現
像液を用いて現像し、画像様に感光層を溶出した後、水
洗を行い、版面から残留現像液や現像によって溶出され
た感光性樹脂等の溶出物を洗い流すことによって行われ
ている。
【0004】上記水洗は、版面に水洗用の水シャワーノ
ズル等から供給することによって行なわれている。水洗
に使用される水洗水は、水洗水の使用量を少なくするた
めに、通常、循環させ、繰り返し使用される。このよう
な水洗水を循環させ、繰り返し使用することを長期間継
続すると、水洗によって除去された樹脂等各種の物質が
水洗水中に残留し、これが版面に付着し、版面を汚し、
印刷時に汚れを発生したり、また、シャワーノズルの目
詰まりを起こし、水洗不良を起こしてしまったりする。
また、水洗槽の次に後処理槽を有する場合には、版面に
付着した水洗によって除去された各種の物質が後処理槽
に持ち込まれ、後処理槽の処理機能が失われてしまうこ
とが起こる。
【0005】近年、水質汚濁防止法や各都道府県条例に
よって公害規制が強化されてきている。これらの規制の
強化により、水洗水を循環使用しなかったり、水洗水を
多量に補充して水洗した場合の水洗水は下水道への廃棄
は可能ではあるが、長期間循環使用した水洗水を下水道
へ廃棄することは不可能になってきている。また、長期
間循環使用した水洗水は臭気を発生するという問題があ
った。上記の通り、水洗水を循環使用しなかったり、水
洗水を多量に補充して水洗した場合の水洗水は下水道へ
の廃棄は可能ではあるが、この場合には、水洗水の使用
量が多くなってしまいコストが増大してしまうために問
題であった。
【0006】上記問題点を解決するため、長期にわたり
循環使用した水洗水に、中和剤、凝集剤、濾過助材等を
添加して水洗水中に溶解している溶解物やコロイド状物
質を凝集させ、ろ過し、これを除去し再使用する方法が
提案されている(特願平3−90239号、同3−10
5971号、同5−230468号)が、何れの方法に
よっても、水洗シャワーの目詰まり、版面の汚れ、後処
理工程における後処理液の寿命の改善が十分ではなかっ
た。
【0007】また、特開平2−230145号公報に
は、水洗廃液を濃縮液と希釈液に分離し、希釈液を水洗
槽に戻す方法が、特願平5−230468号明細書に
は、水洗水の一部を取り出し、凝集濾過し、濾液をイオ
ン交換した後水洗槽に戻し、水洗水を再利用する方法
が、特開昭59−572421号公報には、感光性平版
印刷版をアルカリ現像した後水洗する際に、水洗水をイ
オン交換浄化装置で処理し水洗水に再利用する方法が、
特開平5−34870号公報には、処理廃液を化学的な
処理工程と加熱濃縮工程を含む処理方法で処理し、加熱
濃縮で濃縮された液を化学的処理工程に戻し、また、加
熱濃縮で蒸留した水を希釈水あるいは水洗水として再利
用する方法が、特願平5−320189号明細書には、
水洗水の一部を取り出して加熱濃縮し、加熱濃縮で蒸留
した水を水洗槽に戻して再利用する方法が開示されてい
るが、装置のメンテナンスが大変であったり、コストが
高かったり、水洗水の浄化が不十分で現像液の成分がリ
ンス液、ガム液に持ち込まれたりする等、いずれもその
改善は不十分であった。
【0008】また、Ca2+、Al3+等の除去には改善の
余地があった。Ca2+、Al3+等を除去しようとして中
和剤など用いると、処理水中に多くのイオン類が含有さ
れることとなり、これらが水洗槽内で沈澱したり、ま
た、これらイオンが感光性平版印刷版に付着して、印刷
時の汚れの原因となってしまう。
【0009】そこで検討したところ、水洗水の循環経路
に電解酸化処理装置を設けることによって、水洗水の寿
命が延長され、版の汚れが防止され、更に、臭気の発生
を低減することができた。
【0010】
【発明の目的】従って、本発明の目的は、版面の汚れが
防止され、水洗水の寿命を延長し、臭気の発生を低減し
た感光性材料の処理方法及び処理装置を提供することに
ある。
【0011】
【発明の構成】本発明の上記目的は、 (1)現像処理工程に続いて水洗水を循環させて水洗を
行なう水洗工程を設けた感光性材料の処理方法におい
て、水洗水を電解酸化処理することを特徴とする感光性
材料の処理方法。 (2)現像処理装置に続いて水洗処理装置を有する感光
性材料処理装置において、水洗処理装置に水洗水の循環
機構を設けると共に、該循環機構に水洗水を電解酸化処
理する電解酸化処理槽を設けたことを特徴とする処理装
置。 によって達成される。
【0012】以下、本発明について説明する。
【0013】本発明の処理方法、処理装置によって処理
することができる感光性材料は特に限定されるものでは
ないが、例えば、感光性物質としてジアゾ化合物を用い
たネガ型感光層を有する感光材料、o−キノンジアジド
化合物を用いたポジ型感光層を有する感光材料、マレイ
ミド基含有光架橋ポリマーからなるポジ現ネガ型感光材
料、フォトポリマーを用いた感光材料が挙げられる。よ
り具体的には、例えば、特開昭62−175757号公
報、同62−24264号公報、同62−25761号
公報、同62−35351号公報、同62−73271
号公報、同62−75535号公報、同62−8906
0号公報、同62−125357号公報、同62−13
3460号公報、同62−159148号公報、同62
−168160号公報、同62−175758号公報、
同62−238565号公報、同63−188141号
公報、同63−200154号公報、同63−2056
58号公報、特開平1−159654号公報、同2−2
36552号公報、同2−189547号公報に記載さ
れている感光性平版印刷版が挙げられる。これら感光性
材料を現像処理する処理液は周知であり、例えば、上記
各公報に記載されているものをそれぞれ用いることがで
きる。また、特開平1−149043号公報、同1−1
50142号公報、同1−154157号公報、同1−
154158号公報等に記載されているような、基板上
に感光層及びインキ反撥層としてシリコン層を積層した
構成を有する感光性材料も挙げることができる。これら
感光性材料を現像処理する処理液は周知であり、例え
ば、上記各公報に記載されているものをそれぞれ用いる
ことができる。
【0014】また、本発明の処理方法、処理装置は、支
持体上に光導電体層を有し、電子写真方式でトナー画像
を形成後、非画線部の光導電体層を除去して平版印刷版
とする電子写真平版印刷版の現像処理、例えば、特開昭
63−267954号公報、同63−271481号公
報等に記載されているような電子写真平版印刷版の現像
処理にも用いることができる。
【0015】水洗水中には、現像処理槽から各種の成分
が持ち込まれる。特に、水洗水を循環して用いる場合に
は、これら現像処理槽から持ち込まれる各種の成分が蓄
積されてくる。また、水洗水を長期に循環して使用して
いると、空気中に浮遊するバクテリア、カビ等の微生物
が増殖し水洗水を汚染することになる。
【0016】水洗水中に持ち込まれる現像処理槽からの
成分には、感光材料あるいは、現像液及び現像液補充液
によって異なるが、例えば、還元剤、アルコール、ノボ
ラック樹脂、アクリル樹脂等のアルカリ可溶性樹脂成
分、ジアゾ樹脂等の感光性成分、色素等がある。本発明
においては、これらの現像処理槽から持ち込まれる汚染
成分、微生物を含む水洗水を浄化するのに適している。
【0017】近年、感光性平版印刷版の現像において
は、ポジ型感光性平版印刷版及びネガ型感光性平版印刷
版を共通に処理することができる現像液(例えば、特願
昭55−79981号明細書等に記載の共通現像剤)で
現像処理することが行なわれているが、本発明において
は、これらポジ型感光性平版印刷版及びネガ型感光性平
版印刷版を共通の現像剤で現像処理する場合に特に適し
ている。
【0018】本発明において、水洗処理装置の循環機構
において行なう電解酸化処理は如何なるものであっても
よく、また、電解酸化処理と他の処理、例えば、濾過処
理、中和処理、凝集処理(特願平5−230468号明
細書参照)、蒸留(特願平5−320189号明細書参
照)、回転ディスク等による固形化処理(特願平5−2
1444号明細書参照)、酸化剤/金属触媒等による化
学酸化処理、吸着剤処理等の以前から開示されている処
理方法(特開昭63−291679号公報、特開平5−
150408号公報)と組み合わせて処理することも好
ましい。
【0019】電解酸化処理を行なう電解槽は、長期間使
用または再度の使用にも耐えうる電気絶縁材料で形成す
ることが好ましく、特に、ポリエピクロルヒドリン、ポ
リビニルメタクリレート、ポリエチレン、ポリプロピレ
ン、ポリ塩化ビニル、ポリ塩化エチレン、フェノールホ
ルムアルデヒド樹脂等の合成樹脂で形成されているもの
が好ましく使用できる。
【0020】電極としては、酸化を連続的に行っても消
耗しない電極なら特に制限なく使用できる。水洗水には
感光性平版印刷版の感光層や現像主薬が含まれているた
め十分耐薬品性のあるものが好ましい。陽極としては、
具体的には、炭素(例えば、活性炭、炭、コークス、石
炭等)、グラファイト(例えば、炭素繊維、カーボンク
ロス、グラファイト等)、炭素複合材(例えば、炭素に
金属を粉状で混ぜ焼結したもの等)、活性炭素繊維不織
布〔例えば、KE−1000フェルト(東洋紡(株)
製)〕、これらに白金、パラジウムやニッケルを担持さ
せた材料が挙げられる。更に、被覆チタン(例えば、白
金、白金イリジウム、二酸化鉛、二酸化イリジウム等で
表面を被覆したチタン)、ニッケル、ステンレス、鉄等
も挙げられる。陰極としては、電解停止中に腐食を起さ
ないような耐腐食性と通電性を持つものなら何でもよ
い。例えば、白金、ステンレス、チタン、ニッケル、ハ
ステロイ、グラファイト、炭素、軟鋼あるいは白金族金
属で表面を被覆した金属材料等が挙げられる。
【0021】電解槽には複数個の電解室を配置すること
が可能であり、装置のサイズからすると5室以下が好ま
しい。また、陽極と陰極の配置の仕方はいかなる配置を
とっても構わないが、陽極−陰極間の距離が10cm以
下であることが好ましい。また、反応中は電解する水洗
水を撹拌することが好ましい。また、電解酸化に用いら
れる電圧は、0.5〜20V、好ましくは1〜10Vで
ある。また、電解槽には固体粒子を充填しておくことも
できる。
【0022】以下、図面によって本発明を更に詳細に説
明するが、本発明の処理装置は特許請求の範囲に記載の
構成要件によってのみ限定されるものであって、これら
図面に記載のものに限定されるものではない。
【0023】図1は、本発明の感光性材料処理装置の一
例を示す概略構成図である。
【0024】図1において、Aは現像処理される感光性
平版印刷版の挿入部、Bは現像部、Cは水洗部、Dは後
処理部、Eは乾燥部である。また、PSは感光性平版印
刷版の搬送路を表す。
【0025】挿入部Aは、感光性平版印刷版を案内する
挿入台1、感光性平版印刷版を反射光で倹出する光学セ
ンサ2、感光性平版印刷版をニップして搬送するニップ
搬送ローラ3A、3Bを備えている。
【0026】現像部Bにおいては、現像槽5中に、搬送
ローラ4、ニップ搬送ローラ3A、3B、搬送ローラ4
が順次設けられており、挿入部Aのニップ搬送ローラ3
A、3Bにより送られた感光性平版印刷版を、現像液が
満たされた現像槽5中を湾曲して搬送するようになって
いる。
【0027】また、現像槽5中には、現像液吐出ノズル
6A、6Bが設けられており、現像液に浸漬している感
光性平版印刷版の感光層面にマグネットポンプ7で送ら
れた現像液を噴射させるようになっている。
【0028】また、現像槽5中には、ブラシローラ8及
び感光性平版印刷版を支持する版押さえロ一ラ9が設け
られており、感光性平版印刷版の表面をこすって現像を
促進させることができるようになっている。10は現像
液を加温するヒーターである。
【0029】14は現像補充液を容れる現像補充液タン
クであって、現像補充液タンク14中の現像補充液はベ
ローズポンプ12によって現像槽5へ送ることができる
ようになっている。15は希釈水を容れる希釈水タンク
であって、希釈水タンク15中の希釈水はベローズポン
プ13によって現像槽5へ送ることができるようになっ
ている。ベローズポンプ12及びベローズポンプ13は
感光性平版印刷版の処理量等に応じて制御する制御装置
(図示せず)によって駆動される。
【0030】現像槽5の出口側にはニップ搬送ローラ3
A、3Bが設けられており、搬送ローラ3A、3Bの下
部には現像槽5からオーバフローした現像液を受ける槽
18が設けられており、槽18に溜った現像液はベロー
ズポンプ11によって現像槽5に戻されるようになって
いる。17は現像廃液タンクであって槽18からオーバ
ーフローした現像液が廃液として溜められる。
【0031】水洗部Cは、水洗水を容れる水洗水槽2
0、電解酸化処理装置21、マグネットポンプ22、水
洗水吐出ノズル6A、6B、ニップ搬送ローラ3A、3
Bから構成されており、感光性平版印刷版はニップ搬送
ローラ3A、3Bにより搬送されるようになっている。
【0032】水洗水槽20中の水洗水は、マグネットポ
ンプ22によって電解酸化処理装置21を通り処理さ
れ、水洗水吐出ノズル6A、6Bから噴射される。
【0033】後処理部Dは、後処理液を容れる後処理液
槽30、マグネットポンプ31、後処理液吐出ノズル6
A、6B、ニップ搬送ローラ3A、3B、後処理補充液
タンク16、後処理補充液を後処理液槽30に送るベロ
ーズポンプ33、希釈水タンク15、希釈水を後処理液
槽30に送るベローズポンプ32、感光性平版印刷版の
処理量等に応じて制御する制御装置(図示せず)から構
成されており、感光性平版印刷版はニップ搬送ローラ3
A、3Bにより搬送されるようになっている。
【0034】後処理液槽30中の後処理液は、マグネッ
トポンプ31によって後処理液吐出ノズル6A、6Bか
ら噴射される。また、ベローズポンプ32及びベローズ
ポンプ33は感光性平版印刷版の処理量等に応じて制御
する制御装置(図示せず)によって駆動される。
【0035】図1においては、濃縮後処理補充液と希釈
水は別個に後処理液槽30に送られるようになっている
が、後処理液槽30とは別に槽を設け、該槽内で予め濃
縮後処理補充液と希釈水を混合して後処理補充液とな
し、その後処理補充液を後処理液槽30に送るように構
成することもできる。
【0036】乾燥部Eは、乾燥風吐出ノズル40A、4
0B、ニップ搬送ローラ3A、3Bから構成されてお
り、感光性平版印刷版はニップ搬送ローラ3A、3Bに
より搬送されるようになっている。
【0037】ベローズポンプ12、13、32、33の
駆動は、挿入部Aの光学センサ2を幅方向にわたって等
間隔に多数個配設し、感光性平版印刷版の表面からの反
射光を検出し、この検出信号を積分して積分信号を得、
この面積に比例する積分信号によって制御するようにな
っている。また、この制御には感光性平版印刷版の処理
に関係なく単位時間当たり一定量の補充液を補充する機
能を持たせることが好ましい。
【0038】図2及び図3は、本発明の電解酸化処理装
置の好ましい具体例を示すものである。
【0039】図2において、51は電解槽であって、そ
の内部は三つに分劃されており、液流入口52から第1
槽53に入った水洗水は、第2槽54、第3槽55を通
り電解酸化処理されて液排出口56から排出される。第
1槽53、第2槽54、第3槽55にはそれぞれ陽極5
7及び陰極58が設けられており、第1槽53の陰極5
8と第2槽54の陽極57、第2槽54の陰極58と第
3槽55の陽極57は電気的に結合されており、第1槽
53の陽極57と第3槽55の陰極58間には電解用の
電圧が印加されている。
【0040】また、図3において、61は電解槽であっ
て、電解槽61には、液流入口62及び液排出口63が
設けられており、その内部には陽極64と陰極65が交
互に配置され、陽極64と陰極65間には電解用の電圧
が印加されている。また、電解槽61には、例えば、特
開平3−224683号公報に記載されている固体粒子
66が充填されている。
【0041】本発明において、電解酸化処理は他の処理
と組み合わせることもできるが、図4に示す1)の組み
合わせ、即ち、中和処理、濾過処理、本発明の電解酸化
処理、濾過処理の組み合わせ、及び、図5に示す2)の
組み合わせ、即ち、蒸留、本発明の電解酸化処理、濾過
処理の組み合わせが好ましい。なお、図4におけるUF
は、限外濾過膜、ROは、逆浸透膜、MFは、メンブラ
ンフィルターを表す。
【0042】
【実施例】以下に、本発明を実施例により具体的に説明
するが、本発明はこれらの実施例によって限定されるも
のではない。 実施例 図1に記載の処理装置の現像槽5に、KCT−10(コ
ニカ(株)製)を所定の希釈条件で希釈した現像液を2
4リットル仕込み、水洗水槽20に水洗水を10リット
ル仕込み、現像液温を30℃に調整した。また、現像時
間が12秒間になるように感光性平版印刷版の搬送速度
を調整した。
【0043】また、KCT−11(コニカ(株)製)を
所定の希釈条件で希釈した現像補充液を現像補充液タン
ク14に仕込み、ベローズポンプ12を駆動し、感光性
平版印刷版を5m2処理する毎に21ミリリットル補充
し、また、処理装置の稼働時間が1時間に達する毎に1
10ミリリットル、処理装置の停止時間が1時間に達す
る毎に167ミリリットル補充した。また、SGW−3
(コニカ(株)製)を所定の希釈条件で希釈したガム液
を後処理液槽30に10リットル仕込み、SGW−3
(コニカ(株)製)を所定の希釈条件で希釈したガム液
の補充液を後処理補充液タンク16に仕込み、ベローズ
ポンプ33を駆動し、感光性平版印刷版を5m2処理す
る毎に30ミリリットル補充し、処理装置の稼働が1時
間に達する毎に17ミリリットル、処理装置の停止時間
が1時間に達する毎に17ミリリットル補充した。
【0044】電解酸化処理装置21には、図3に示すも
のを用いた。
【0045】上記条件により感光性平版印刷版(SWN
−X コニカ社製)を1日当たり50m2処理し、これを
5日行なったところ、水洗水の寿命が延長され、臭気の
発生も低減され、得られた印刷版にも汚れは発生しなか
った。
【0046】また、電解酸化処理装置21を用いずに、
同様の条件で感光性平版印刷版を処理したところ、水洗
水の寿命が延長されず、臭気が発生し、得られた印刷版
に汚れが発生した。
【0047】
【発明の効果】本発明によれば、水洗水の寿命が延長さ
れ、臭気の発生も低減され、得られた印刷版にも汚れは
発生しない。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の感光性材料処理装置の一例を示す概略
構成図である。
【図2】本発明の電解酸化処理装置の好ましい一具体例
を示すものである。
【図3】本発明の電解酸化処理装置の好ましい他の具体
例を示すものである。
【図4】水洗水処理の好ましい一例を示す処理工程図で
ある。
【図5】水洗水処理の好ましい他の例を示す処理工程図
である。
【符号の説明】
A 現像処理される感光性平版印刷版の挿入部 B 現像部 C 水洗部 D 後処理部 E 乾燥部 3A、3B ニップ搬送ローラ 4 搬送ローラ 5 現像槽 6A、6B 現像液吐出ノズル 7、22、31 マグネットポンプ 8 ブラシローラ 9 版押さえロ一ラ 11、12、13、32、33 ベローズポンプ 14 現像補充液タンク 15 希釈水タンク 16 後処理補充液タンク 17 現像廃液タンク 20 水洗水槽 21 電解酸化処理装置 30 後処理液槽 40A、40B 乾燥風吐出ノズル 51 電解槽 52 液流入口 56 液排出口 57 陽極 58 陰極 61 電解槽 62 液流入口 63 液排出口 64 陽極 65 陰極 66 固体粒子
フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 G03F 7/32 501 (72)発明者 中井 英之 東京都日野市さくら町1番地 コニカ株式 会社内 (72)発明者 笠倉 暁夫 神奈川県横浜市緑区鴨志田町1000番地 三 菱化成株式会社総合研究所内 (72)発明者 金田 健志 神奈川県横浜市緑区鴨志田町1000番地 三 菱化成株式会社総合研究所内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 現像処理工程に続いて水洗水を循環させ
    て水洗を行なう水洗工程を設けた感光性材料の処理方法
    において、水洗水を電解酸化処理することを特徴とする
    感光性材料の処理方法。
  2. 【請求項2】 現像処理装置に続いて水洗処理装置を有
    する感光性材料処理装置において、水洗処理装置に水洗
    水の循環機構を設けると共に、該循環機構に水洗水を電
    解酸化処理する電解酸化処理槽を設けたことを特徴とす
    る処理装置。
JP19463694A 1994-07-28 1994-07-28 感光性材料の処理方法及び装置 Pending JPH0839073A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19463694A JPH0839073A (ja) 1994-07-28 1994-07-28 感光性材料の処理方法及び装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19463694A JPH0839073A (ja) 1994-07-28 1994-07-28 感光性材料の処理方法及び装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0839073A true JPH0839073A (ja) 1996-02-13

Family

ID=16327816

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19463694A Pending JPH0839073A (ja) 1994-07-28 1994-07-28 感光性材料の処理方法及び装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0839073A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000352826A (ja) * 1999-06-09 2000-12-19 Fuji Photo Film Co Ltd 平版印刷用原板の現像処理方法及び現像処理装置
JP2008514412A (ja) * 2004-09-30 2008-05-08 ビーエーエスエフ コーティングス アクチェンゲゼルシャフトBASF Coatings AG 少なくとも1つの前処理装置を含む被覆装置
CN101857328A (zh) * 2010-05-24 2010-10-13 东莞市鸿捷环保科技有限公司 一种纺织印染废水资源化的方法及其装置与应用

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000352826A (ja) * 1999-06-09 2000-12-19 Fuji Photo Film Co Ltd 平版印刷用原板の現像処理方法及び現像処理装置
JP2008514412A (ja) * 2004-09-30 2008-05-08 ビーエーエスエフ コーティングス アクチェンゲゼルシャフトBASF Coatings AG 少なくとも1つの前処理装置を含む被覆装置
CN101857328A (zh) * 2010-05-24 2010-10-13 东莞市鸿捷环保科技有限公司 一种纺织印染废水资源化的方法及其装置与应用

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3671644B2 (ja) フォトレジスト現像廃液の再生処理方法及び装置
TW522177B (en) System and process for recycling of spent fluid from plating bath
Erswell et al. The reuse of reactive dye liquors using charged ultrafiltration membrane technology
JP4786393B2 (ja) 洗浄装置及びめっき被膜付きフィルムの製造装置
US3905827A (en) Etchant rinse method
JP4085987B2 (ja) フォトレジスト現像廃液の再生処理方法
AU2003253413B2 (en) Device and method for regenerating an electroless metal plating bath
JPH08126886A (ja) 超純水の製造方法及び装置
US20070142693A1 (en) Clarification method and apparatus for material contaminated with heavy metals
KR100441197B1 (ko) 포토레지스트현상폐액으로부터의 현상액의 회수재이용방법 및 장치
JP2001070967A (ja) 洗濯排水の浄化システム
US4927533A (en) Water deionizing apparatus
US5091070A (en) Method of continuously removing and obtaining ethylene diamine tetracetic acid (edta) from the process water of electroless copper plating
JP2011083732A (ja) 廃水浄化システム、洗浄装置及びインクジェットプリンタシステム
EP0347245A2 (en) Method for development processing of presensitized plates
JP2001064799A (ja) 電解加工方法及び装置
US8178283B2 (en) Method of treating rinsing wastewater from developing apparatus for photosensitive lithographic printing plate, method of development, and developing apparatus
JPH11300384A (ja) 活性汚泥用膜カートリッジの再生方法及びその装置
US6080317A (en) Process and apparatus for the purification of waste water
FR2755789A1 (fr) Procede et appareil de traitement d'une solution de dechets radioactifs
US4733422A (en) Apparatus for washing and rinsing of used lithographic plate members
US5055870A (en) Waterless presensitized lithographic printing plate developing apparatus
EP2110243A1 (en) System for providing dampening water by lowering the surface tension of water to be used in offset printing, so-called lithographic printing, system
US6074561A (en) Apparatus and method for recovering photoresist developers and strippers
JP2005081302A (ja) 超臨界流体による電子部品部材類の洗浄方法及び洗浄装置