JPH0833646A - Catheter device for detecting information - Google Patents

Catheter device for detecting information

Info

Publication number
JPH0833646A
JPH0833646A JP6174285A JP17428594A JPH0833646A JP H0833646 A JPH0833646 A JP H0833646A JP 6174285 A JP6174285 A JP 6174285A JP 17428594 A JP17428594 A JP 17428594A JP H0833646 A JPH0833646 A JP H0833646A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
balloon
sheath
sensor
body
wall
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6174285A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Norio Daikusono
則雄 大工園
Original Assignee
S L T Japan:Kk
株式会社エス・エル・ティ・ジャパン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by S L T Japan:Kk, 株式会社エス・エル・ティ・ジャパン filed Critical S L T Japan:Kk
Priority to JP6174285A priority Critical patent/JPH0833646A/en
Publication of JPH0833646A publication Critical patent/JPH0833646A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE:To provide a catheter device for detecting information capable of surely controlling the treatment effect in a section irradiated with a laser beam, for example, the degree of solidification or necrosis in a treatment by irradiation with the laser beam. CONSTITUTION:This catheter apparatus has a sheath body 83 which has rigidity and is inserted into the celom, a window 83c which is opened at the front end of this sheath body 83, a sensor 74 which is freely retractable through this window 83c and a balloon means having a balloon 76 which is arranged adjacently to this sensor 74 and is freely inflatable. This balloon means is fixed to the sheath body 83 and is pressed to the other wall surface of the celom on the side opposite to the side where the window 83c is formed when the balloon 76 inflates. The sensor 74 is protruded through the window 83c and is brought into contact with the wall surface in a pressed state.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、食道、胃、直腸などの体腔内に挿入して、その体腔の壁面の情報または壁面を通る情報を検出するセンサーを有するカテーテル装置に関する。 The present invention relates to the esophagus, stomach, and inserted into a body cavity such as the rectum, relates to a catheter apparatus having a sensor for detecting the information through the information or wall of the wall of the body cavity. さらに好適には、前立腺に対してレーザー治療を行うために尿道内に挿入したレーザーバルーンカテーテルと組み合わせて、直腸に挿入して、直腸の壁面温度などを検出するための情報検出用カテーテル装置に関する。 More preferably, in combination with a laser balloon catheter inserted into the urethra in order to perform a laser treatment for prostate and inserted into the rectum, Information Detection catheter apparatus for detecting and wall surface temperature of the rectum.

【0002】 [0002]

【従来の技術】レーザーバルーンカテーテルは、血管の閉塞部を開孔する場合などに用いられている。 BACKGROUND ART Laser balloon catheters are used for example, to opening the occlusion of a blood vessel. また、癌組織に対してレーザー光を照射して温熱治療を行うことも行われている。 Further, by irradiating it has also been possible to carry out thermal treatment laser beam with respect to cancer tissue.

【0003】この種のレーザーバルーンカテーテルの構造としては、第1に、米国特許第4,512,762号を挙げることができる。 [0003] The structure of the laser balloon catheter of this type, the first, can be cited U.S. Patent No. 4,512,762. この米国特許第4,512,7 The US Patent No. 4,512,7
62号は、光ファイバーを包囲してルーメンチューブを設け、このルーメンチューブに先端に、一つのバルーン設けるとともに、光ファイバーの先端を包囲したものである。 No. 62 is a lumen tube is provided surrounding the optical fiber, the tip of this lumen tube, with one balloon provided, in which surrounds the tip of the optical fiber.

【0004】他の例としては、PCT国際公開WO90 [0004] As another example, PCT International Publication WO90
/02285号のものがある。 There is a thing of the issue / 02285. これは、シャフトとスリーブとで探針を構成し、そのシャフトの先端部に超音波センサーを設けるとともに、シャフト先端部の壁に窓を形成し、この窓にシャフト内部を通すレーザーファイバーの先端部を臨ませ、前記探針の先端をバルーンで、基端側を外筒ケースで包囲し、前記外筒ケースとスリーブとの間にたとえば水を送給して前記バルーンを膨張させて、尿道の壁面を押圧し、この押圧状態において、前記レーザーファイバーの先端部からレーザー光を前立腺に向けて照射するものである。 This constitutes the probe in the shaft and the sleeve, provided with an ultrasonic sensor at the distal end of the shaft, forming a window in the wall of the shaft tip portion, the tip portion of the laser fiber through the inner shaft to the window was facing the tip of the probe balloon and the proximal end side and surrounds an outer barrel housing, and feed such as water between the outer cylinder casing and the sleeve is inflated the balloon of the urethra pressing the walls, in this pressing state, the laser light from the tip of the laser fiber is to irradiate the prostate.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】しかし、PCT国際公開WO90/02285号のものでは、前立腺へレーザー光を照射している過程で、尿道内から超音波センサーにより、レーザー光の照射部位をリアルタイムで検知するものであるが、レーザー光が照射されている前立腺の部位の凝固または壊死の程度までは知ることができない。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, by way of PCT International Publication WO90 / No. 02 285, in the process of being irradiated with laser light to prostate, the ultrasonic sensor from the urethra, the irradiation site of the laser light in real time it is intended to detect, but can not know the extent of the coagulation or necrosis sites prostate laser light is irradiated.

【0006】したがって、本発明の課題は、前立腺などに対するレーザー光照射治療において、レーザー光が照射されている部位の治療効果、たとえば凝固または壊死の程度を確実にコントロールすることができる情報検出用カテーテル装置を提供することにある。 Accordingly, an object of the present invention, in the laser light irradiation treatment for such as prostate, the therapeutic effect of a portion the laser beam is irradiated, the information detecting catheter that can reliably control the degree of for example coagulation or necrosis to provide an apparatus.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】本発明の第1の態様によれば、生体の体腔内に挿入し、その体腔の壁面の情報または壁面を通る情報を検出するセンサーを有するカテーテル装置において、剛性のあるホルダーと、このホルダーの先端部の片側に固定したセンサーと、前記ホルダーに対して固定され前記センサーの反対側に膨縮するバルーンを有するバルーン手段とを有し、前記バルーン手段のバルーン内部に供給する流体圧により前記バルーンが膨出したとき、前記体腔の壁面に対して押圧され、その反力としてホルダーをバルーンの反対側に偏位させて前記センサーを前記壁面に押圧状態で接触させるように構成した情報検出用カテーテル装置が提供される。 According to a first aspect of the present invention, in order to solve the problems], is inserted into the body cavity of a living body, the catheter device having a sensor for detecting the information through the information or wall of the wall of the body cavity, rigid It has a holder with a sensor fixed to one side of the front end portion of the holder, and a balloon means having a balloon inflated and deflated at the opposite side of the sensor is fixed relative to the holder, balloon interior of the balloon means when the balloon is swollen by the fluid pressure supplied to, is pressed against the wall of the body cavity is thereby contacted by the pressing state to the wall surface of the sensor by being displaced a holder on the opposite side of the balloon as a reaction force configuration information detecting catheter apparatus is provided as.

【0008】また、第2の態様によれば、生体の体腔内に挿入し、その体腔の壁面の情報または壁面を通る情報を検出するセンサーを有するカテーテル装置において、 [0010] According to a second aspect, is inserted into a body cavity of a living body, the catheter device having a sensor for detecting the information through the information or wall of the wall of the body cavity,
前記体腔内に挿入される剛性のある鞘体と、この鞘体の先端部に開口された窓と、この窓を通って出入り自在のセンサーと、このセンサーに隣接して配置された膨縮自在のバルーンを有するバルーン手段とを有し、前記バルーン手段は前記鞘体に対して固定され、前記バルーンが膨出したとき前記窓の形成側と反対方向の前記体腔の他壁面に対して押圧され、その反力として前記センサーを前記窓を通して突出させて前記壁面に押圧状態で接触させるように構成した情報検出用カテーテル装置が提供される。 A sheath with a rigid to be inserted into the body cavity, and the opening is a window at the distal end of the sheath body, and freely sensor out through the window, freely expanded and contracted, which is disposed adjacent to the sensor and a balloon means having a balloon, said balloon means is secured to said sheath, the balloon is pressed against the other wall surface of the opposite direction of the body cavity with the formation side of the window when the bulged , the said sensor to protrude through the window as a reaction by configuration information detecting catheter apparatus into contact with the pressing state to the wall surface is provided.

【0009】前記の各態様において、前記センサーとしては、組織温度、組織を通るレーザー光の入光量および超音波レベルの検出の少なくとも一つを行うものを採用できる。 [0009] In each embodiment described above, examples of the sensors, tissue temperature, can be employed to perform at least one of the detection of incident light intensity and ultrasonic level laser beam through the tissue.

【0010】また、第2の態様において、前記バルーン手段は、プローブとこれに取り付けられたバルーンとを有し、鞘体内にバルーンと共にプローブを挿入し、そのプローブを鞘体内に固定することができる。 [0010] In a second aspect, the balloon means comprises a probe and a balloon mounted thereto, and insert the probe with the balloon in the sheath body can be fixed to the probe sheath body .

【0011】ここで、プローブは先端が閉塞された中空体とし、その中空体先端部の壁面に連通孔を形成し、この連通孔を囲んでバルーンを設け、前記中空体の内部を通して供給する流体の圧力により前記連通孔を通してバルーンを膨出する構成とすることができる。 [0011] Here, the probe is a hollow body whose tip is closed, to form a communicating hole on the wall of the hollow body tip, a balloon is provided to surround the communication hole, the fluid supplied through the interior of said hollow body can by the pressure of a configuration that bulges balloon through the communicating hole.

【0012】プローブは、鞘体より長く、鞘体内に抜差自在に配置され、鞘体の前記窓より先端側および基端側において、プローブが鞘体に固定されている構成とすることができる。 [0012] probe is longer than the sheath, is inserted drop freely positioned in the sheath body, at the distal side and proximal side of the window of the sheath, can be configured to probe it is fixed to the sheath .

【0013】鞘体の外面には、その長手方向に間隔を置いて鞘体の挿入度合いを表示する目印を形成することができる。 [0013] the outer surface of the sheath may form a mark for displaying the insertion degree of the sheath at intervals in the longitudinal direction.

【0014】鞘体の外面に鍔状のストッパーが設けられ、このストッパーが鞘体の長手方向に沿って移動可能となり、かつストッパーに鞘体に対する固定手段が設けられている。 [0014] stopper flanged to the outer surface of the sheath is provided, the stopper is movable along the longitudinal direction of the sheath, and fixing means are provided for the sheath to the stopper.

【0015】センサーは、センサーホルダーとセンサー端子とを有し、前記センサーホルダーの外面に複数の突起が形成され、その突起にセンサー端子が位置している構造とすることができる。 [0015] sensor and a sensor holder and sensor terminals, the plurality of protrusions on the outer surface of the sensor holder is formed, it is possible to structure the sensor terminal on the projection is located.

【0016】 [0016]

【作用】前立腺の治療において、尿道内にレーザーバルーンカテーテルを挿入して、前立腺にレーザー光を照射し、その前立腺を加熱させて、その組織を凝固または壊死させることは、患者への負担が少なく、早期に治癒に向かい、しかも治癒効果が高いことは既に臨床結果から明らかである。 [Action] In the treatment of prostate, insert the laser balloon catheter into the urethra, and irradiating a laser beam to the prostate, the prostate by heating, solidifying or necrosis that organization has less burden on the patient , early toward the healing, yet it is high healing effect is already clear from the clinical results.

【0017】この前立腺レーザー治療において、前立腺が尿道の内壁より5〜15mm程度深い部位にあるので、 [0017] In this prostate laser treatment, because the prostate is in 5~15mm about deeper site than the inner wall of the urethra,
前立腺を所定の温度に加熱するために、レーザー光のパワーを比較的大きくする必要がある。 To heat the prostate to a given temperature, it is necessary to relatively increase the power of the laser beam. しかし、過度に高いパワー密度のレーザー光照射は、尿道の内壁近傍が、 However, laser irradiation of excessively high power density is near the inner wall of the urethra,
過度に加熱されて、尿道近傍の組織が破壊され、治癒が困難となるばかりでなく、直腸の熱障害をも発生させる。 Is heated excessively, the urethra near the tissue is destroyed, healing not only difficult, also generates heat disorders of the rectum.

【0018】したがって、尿道近傍の組織の破壊を防止し、治癒効果を高め、また直腸の熱障害を防止するためには、レーザー光の入射パワーを制御する必要がある。 [0018] Therefore, to prevent destruction of the urethra near the tissue, enhance the healing and to prevent thermal failure of the rectum, it is necessary to control the incident power of the laser beam.
このために、本発明者は、前立腺の治療の場合において、直腸内に温度センサーを先端に有するプローブを挿入し、直腸の壁面の温度を検出し、その温度信号をレーザー光出力制御装置にフィードバックし、レーザー光の前立腺への入射パワーまたはパワー密度をコントロールし、前立腺または直腸の熱障害を防止することが有効な手法であることを知見した。 To this end, the present inventors have found that in the case of the treatment of prostate, inserting a probe having a tip temperature sensor into the rectum, to detect the temperature of the wall of the rectum, feeds back the temperature signal to the laser beam output control device and, to control the incident power or power density to prostate laser beam was found that it is an effective method to prevent thermal failure of the prostate or rectum.

【0019】しかし、たとえば先端に温度センサーを有するプローブを直腸内に挿入して、その直腸の壁面温度を検出しようとしても、その温度センサーを直腸の壁面に常に密着させることは困難である。 [0019] However, for example, a probe having a temperature sensor at the tip is inserted into the rectum, attempting to detect the wall temperature of the rectum, it is difficult to always contact the temperature sensor on the wall of the rectum. もし、密着していない場合、正確な壁面温度を検出することが困難であり、前記のフィードバック制御を適確に行うことができない。 If it is not attached firmly, it is difficult to detect an accurate wall temperature can not perform the feedback control to accurately.

【0020】しかるに、本発明によれば、剛性のあるホルダーと、このホルダーの先端部の片側に固定したセンサーと、前記ホルダーに対して固定され前記センサーの反対側に膨縮するバルーンを有するバルーン手段とを設け、前記バルーン手段のバルーン内部に供給する流体圧により前記バルーンを膨出させたとき、前記体腔の壁面に対して押圧され、その反力としてホルダーをバルーンの反対側に偏位させて前記センサーを前記壁面に押圧状態で接触させるように構成した情報検出用カテーテル装置が提供される。 [0020] However, according to the present invention, the balloon having a holder having rigidity, and a sensor fixed to one side of the front end portion of the holder, a balloon inflated and deflated at the opposite side of the sensor is fixed relative to the holder and means is provided, when the swelled the balloon by the fluid pressure supplied to the balloon interior of said balloon means, is pressed against the wall of the body cavity, being displaced the holder on the opposite side of the balloon as a reaction force configuration information detecting catheter apparatus into contact with the pressed state is provided to the sensor to the wall Te.

【0021】したがって、体腔、たとえば直腸の壁面に対して、バルーンの膨出により、センサーは確実に密着され、直腸の壁面の正確な温度を検出できる。 [0021] Accordingly, a body cavity, for example on the sidewalls of the rectum, the bulging of the balloon, the sensor is reliably brought into close contact, it can detect the accurate temperature of the wall of the rectum. その結果、前立腺に入射するレーザー光の入射エネルギーを適確にコントロールでき、結果として、尿道近傍の組織のダメージを防止し、前立腺の治癒効果を高め、さらに直腸の熱障害を防止できる。 As a result, the incident energy of the laser beam incident on the prostate can be controlled to accurately, as a result, to prevent tissue damage of the urethra near to enhance the healing effect of the prostate can be further prevent thermal failure of the rectum.

【0022】一方、この第1の態様では、センサーがホルダーに固定または一体化されているので、バルーンが膨出したとき、ホルダーがセンサー側に偏位する。 On the other hand, in this first embodiment, since the sensor is fixed or integrated with the holder, when the balloon is swollen, the holder is displaced to the sensor side. これに対して、第2の態様においては、体腔内に挿入される剛性のある鞘体と、この鞘体の先端部に開口された窓と、この窓を通って出入り自在のセンサーと、このセンサーに隣接して配置された膨縮自在のバルーンを有するバルーン手段とを有し、前記バルーン手段は前記鞘体に対して固定され、前記バルーンが膨出したとき前記窓の形成側と反対方向の前記体腔の他壁面に対して押圧され、その反力として前記センサーを前記窓を通して突出させて前記壁面に押圧状態で接触させるものである。 In contrast, in the second embodiment, the sheath with a rigid to be inserted into a body cavity, and the opening is a window at the distal end of the sheath body, and out freely sensor through the window, this and a balloon means having an expansion and contraction freely balloon positioned adjacent to the sensor, said balloon means is secured to said sheath, the opposite direction to the forming side of the window when the balloon is swollen it is pressed against the other wall surface of the body cavity, in which is contacted by the pressed state to the wall surface of the sensor to protrude through the window as a reaction force. すなわち、バルーンの膨出により、センサーが鞘体の窓を通して出入りする構成としてある。 That is, the bulging of the balloon, it is constituted that the sensor out through the window of the sheath.

【0023】本発明の前記の各態様において、前記センサーとしては、組織温度、組織を通るレーザー光の入光量および超音波レベルの検出の少なくとも一つを行うものを採用できる。 [0023] In each aspect of the the present invention, examples of the sensors, tissue temperature, can be employed to perform at least one of the detection of incident light intensity and ultrasonic level laser beam through the tissue. 組織温度を検出することは、前述のとおり、主に直腸のダメージを防止するために重要である。 Detecting the tissue temperature is important to prevent as described above, primarily damage of the rectum. 前立腺治療の場合には、本発明のカテーテル装置にレーザーの入光量を検出するセンサー、たとえばフォトダイオードやフォトトランジスタを設けることにより、 In the case of prostate treatment, the sensor for detecting the laser incident light intensity to the catheter apparatus of the present invention, for example by providing a photodiode or a phototransistor,
尿道に挿入するレーザーバルーンカテーテルから出射されるレーザー光が前立腺部分を透過して直腸に到達する光量を検出することにより、レーザー光の前立腺への吸収量を把握できるとともに、直腸に至るレーザー光の光量を検出できる。 By laser beam emitted from the laser balloon catheter inserted into the urethra to detect the amount of light reaching the rectum through the prostate section, it is possible to grasp the absorption amount to the prostate of the laser light, the laser light reaching the rectum It can detect the amount of light. 超音波センサーを用いることもできる。 It is also possible to use ultrasonic sensors. 超音波センサーは、これから超音波を前立腺に対して当てて、その前立腺の位置を検出できる。 Ultrasonic sensors, now focuses ultrasonic waves to the prostate, it can detect the position of the prostate. この前立腺の位置の測定信号に基づいて、前記のレーザーバルーンカテーテルの尿道内への挿入位置を定めることにより、 Based on the measurement signal of the position of the prostate, by determining the insertion position into the urethra of the laser balloon catheter,
正規の挿入位置でないことによる括約筋の損傷などを防止できる。 Such damage sphincter by not a proper insertion position can be prevented. 温度センサーやフォトダイオードは、本発明のカテーテル装置の長手方向に沿って複数設けることができる。 Temperature sensor or a photodiode may be provided a plurality along the longitudinal direction of the catheter device of the present invention. この複数のセンサーからの信号のいずれか一つが、設定信号レベルを越える場合には、レーザー光の出力を低下させるようにコントロールすることができる。 Any one of the signals from the plurality of sensors, when exceeding the set signal level, can be controlled to reduce the output of the laser beam.

【0024】バルーン手段は、プローブとこれに取り付けられたバルーンとを有し、鞘体内にバルーンと共にプローブを挿入し、そのプローブを鞘体内に固定することができる。 The balloon means, and a probe and a balloon mounted thereto, and insert the probe with the balloon in the sheath body can be fixed to the probe sheath body. ここで、プローブは先端が閉塞された中空体とし、その中空体先端部の壁面に連通孔を形成し、この連通孔を囲んでバルーンを設け、前記中空体の内部を通して供給する流体の圧力により前記連通孔を通してバルーンを膨出する構成とすることができる。 Here, the probe is a hollow body whose tip is closed, the communication hole formed in the wall of the hollow body tip, a balloon is provided to surround the communication hole, the pressure of the fluid supplied through the interior of said hollow body It may be configured to bulge the balloon through the communicating hole. プローブを通して、たとえば空気を送ることにより、バルーンを膨出させ、空気を抜けば、バルーンをその復元力により収縮させることができる。 Through the probe, for example, by sending air, it swelled balloon, if escape of air, can be contracted by the restoring force of the balloon.

【0025】プローブは、鞘体より長く、鞘体内に抜差自在に配置され、鞘体の前記窓より先端側および基端側において、プローブが鞘体に固定されている構成とすることができる。 The probe is longer than the sheath, is inserted drop freely positioned in the sheath body, at the distal side and proximal side of the window of the sheath, can be configured to probe it is fixed to the sheath . バルーン手段と鞘体とを別体とすることは有効である。 It is effective to make the balloon means and sheath and separately. バルーンは、たとえばゴムラテックスからなるので、これが劣化した場合、バルーンのみを取り替えた後に、プローブと共に鞘体内に挿入することができる。 Balloon, for example, since a rubber latex, if this has deteriorated, after replacing the balloon only, can be inserted into the sheath body with the probe.

【0026】鞘体の外面には、その長手方向に間隔を置いて鞘体の挿入度合いを表示する目印を形成することができる。 [0026] the outer surface of the sheath may form a mark for displaying the insertion degree of the sheath at intervals in the longitudinal direction. 鞘体の外面に鍔状のストッパーが設けられ、このストッパーが鞘体の長手方向に沿って移動可能となり、かつストッパーに鞘体に対する固定手段が設けられている。 Stopper flanged is provided on the outer surface of the sheath, the stopper is movable along the longitudinal direction of the sheath, and fixing means are provided for the sheath to the stopper. 鞘体の挿入度合いを表示する目印を鞘体の外面に形成することにより、たとえば直腸内への進入度合いを調節できる。 A mark for displaying the insertion degree of the sheath by forming on the outer surface of the sheath, for example adjusting the penetration degree into the rectum. 最適の位置に進入させた状態で、ストッパーを鞘体に固定することにより、その進入位置状態を保持できる。 In a state of being entered into the optimal position, the stopper by fixing the sheath can hold its entry position state.

【0027】センサーは、センサーホルダーとセンサー端子とを有し、前記センサーホルダーの外面に複数の突起が形成され、その突起にセンサー端子が位置している構造とすることができる。 The sensor has a sensor holder and sensor terminals, the plurality of protrusions on the outer surface of the sensor holder is formed, it is possible to structure the sensor terminal on the projection is located. センサーホルダーに対して突起と共にセンサー端子を突出させておくことにより、センサー端子を体腔、たとえば直腸の内壁に確実に接触させることができる。 By allowed to protrude a sensor terminal with projections against the sensor holder, the sensor terminal body cavity, for example, can be reliably brought into contact with the inner wall of the rectum.

【0028】 [0028]

【実施例】本発明は、図面に示した好適な実施例の説明により、より明確になるであろう。 EXAMPLES The invention by the description of the preferred embodiment illustrated in the drawings, will become more apparent. 本発明のカテーテル装置は、尿道内に別のレーザーバルーンカテーテル装置を挿入して、そこからレーザー光を前立腺に照射して、 The catheter apparatus of the present invention is to insert another laser balloon catheter apparatus in the urethra, is irradiated therefrom a laser beam to the prostate,
前立腺の治療を行う際に、本発明のカテーテル装置を直腸内に挿入して、レーザー光の出力コントロール制御に利用する。 When performing the treatment of prostate, the catheter device of the present invention is inserted into the rectum, to utilize the output control control of the laser beam.

【0029】(レーザーバルーンカテーテル装置の例について)そこで、まず、図1〜図4によって、レーザーバルーンカテーテル装置の例を説明する。 [0029] Therefore (for an example of a laser balloon catheter apparatus) First, by 1-4, illustrating an example of a laser balloon catheter apparatus. 図1は、レーザーバルーンカテーテル装置の全体を示したもので、挿入用ガイド10の先端に、第1バルーン1および第2バルーン2が設けられている。 Figure 1 shows the overall laser balloon catheter apparatus, the distal end of the insertion guide 10, the first balloon 1 and the second balloon 2 is provided. 挿入用ガイド10は、図2 Insertion guide 10, FIG. 2
に示すように、内部の第1ガイド12と、これを包む第2ガイド14とを有する。 As shown in, it has a first guide 12 inside, and a second guide 14 to wrap it. 第1ガイド12と第2のガイド14との間に、温度センサーのリード線16、排尿用導管18および第2バルーン膨出用冷却媒体供給管路2 Between the first guide 12 and second guide 14, the lead wire 16 of the temperature sensor, urination conduit 18 and the second balloon inflating coolant supply line 2
0が設けられている。 0 is provided. 温度センサーのリード線16はコネクター22に接続され、このコネクター22を介する温度信号は、温度制御部24に入力され、レーザー光の発生装置26を駆動するようにしてある。 Lead 16 of the temperature sensor is connected to the connector 22, the temperature signal through the connector 22 is inputted to the temperature control unit 24, it is then to drive the generator 26 of the laser beam. 治療中に排尿があった場合、排尿用導管18を介して排出するようにしてある。 If there is urination during treatment are to be discharged via the urination conduit 18. 第2バルーン膨出用冷却媒体供給管路20には、たとえば水W 2が供給される。 The second balloon inflating coolant supply line 20, such as water W 2 is supplied.

【0030】一方、第1バルーン1の膨出用の流体、たとえば水W 1は、冷却水タンク28から循環ポンプ30 On the other hand, fluid bulging of the first balloon 1, for example, water W 1 is the circulation pump 30 from the cooling water tank 28
により導管32を介して供給された後、第1ガイド12 After being fed through the conduit 32, the first guide 12
と第2のガイド14との間の空間を通り、第1バルーン1の膨出に用いられ、その後第1ガイド12内に至り、 When through the space between the second guide 14, used in the bulging of the first balloon 1 and reaches the subsequent first guide 12,
この第1ガイド12内に通り、排出管34を通して、冷却水タンク28に戻される。 As to the first guide 12, through the discharge tube 34, it is returned to the cooling water tank 28. 冷却水タンク28は、所定の温度に調節されている。 Cooling water tank 28 is adjusted to a predetermined temperature.

【0031】レーザー光の発生装置26からのレーザー光、好ましくはNd−YAGレーザー光は、コネクター36を介して光ファイバー38を通して伝達される。 The laser beam from the generator 26 of the laser light, preferably Nd-YAG laser light is transmitted through an optical fiber 38 through the connector 36.

【0032】レーザーバルーンカテーテルの先端部の構造の詳細が図2に示されている。 The details of the structure of the tip portion of the laser balloon catheter is shown in FIG. すなわち、ポリエチレンなどからなるプラスチックチューブからなる第1ガイド12内には、光ファイバー38が設けられている。 That is, the first guide 12 comprising a plastic tube made of polyethylene, an optical fiber 38 is provided. 第1ガイド12の先端内には、剛性の高い耐熱性の保護管40が設けられ、この保護管40内に金属製のホルダー42が配設され、光ファイバー38の先端を保持している。 In the front end of the first guide 12, a high heat resistance of the protective tube 40 is provided with the rigid, metal holder 42 is disposed in the protective tube 40, holding the tip of the optical fiber 38.

【0033】光ファイバー38の保持態様が図3および図4に示されている。 The retention aspects of the optical fiber 38 is shown in FIGS. すなわち、ホルダー42は、先端側の円形部42Aと後端側の偏平保持部42Bとを有し、円形部42の両側に透過孔42C、42Cが形成されている。 That is, the holder 42 has a flat holding portion 42B of the circular portion 42A and the rear end side of the distal end side, the transmission holes 42C on both sides of the circular portion 42, 42C are formed. また、ホルダー42はレーザー光の反射のために、反射性金属、たとえば金メッキされている。 Further, the holder 42 for reflection of the laser beam, a reflective metal, for example, is gold plated. 光ファイバー38は、保持部42Bおよび円形部42Aを貫通しており、円形部42Aの先端より前方の部分は、クラッドがなく、コア38Aが露出している。 Optical fiber 38, the holding portion 42B and the circular portion 42A extends through the forward portion of the distal end of the circular portion 42A has no clad, a core 38A is exposed. したがって、レーザー光は、コア38A部分からに出射する。 Therefore, the laser light is emitted from the core 38A portion. この場合、レーザー光の直進性によりコア38Aの先端から出射する割合が高いが、側方にも多く出射させるために、第3図の符号Zの領域が、粗面加工、光散乱物質を含有する被膜の塗工、光エネルギーを熱エネルギーに変換するカーボンなどの光吸収性粉体を含有する被膜の塗工などが行われている。 In this case, the proportion emitted from the tip of the core 38A by straightness of the laser light is high, in order to more emitted to the side, the area code Z of FIG. 3 is roughened, containing a light scattering material coating the coating to the coating of the coating of the light energy containing light absorbing powders such as carbon for converting the thermal energy and the like are performed.

【0034】レーザー光の出射端、すなわち実施例においては、光ファイバーの先端より前方には、接続手段としての接続子44が設けられている。 The laser beam emitting end, that is, in the embodiment, the front of the tip of the optical fiber, the connectors 44 of the connection means are provided. この接続子44の後端部は、小径部44Aとされ、この小径部44Aの周囲と前記保護管40の周囲とに跨がって、第1の連結手段としてのプラスチック製のレーザー光が透過可能な第1連結管46が設けられている。 Rear end of the connecting element 44 is a small-diameter portion 44A, straddling the periphery and surrounding the protective tube 40 of the small-diameter portion 44A, the plastic of the laser beam as a first connecting means transmitting the first connection pipe 46 is provided as possible. この第1連結管46 The first connecting pipe 46
は、保護管40の外面において第1ガイド12の先端と衝突した状態で配設されている。 It is arranged in a state that has collided with the tip of the first guide 12 in the outer surface of the protective tube 40. また、第1連結管46 The first connection pipe 46
の適宜の個所には、連通孔46Aが形成されている。 The appropriate point of the communication hole 46A is formed. さらに、第1連結管46の内部において、小径部44Aの後端と保護管40の先端との間に、コイルスプリング4 Further, in the inside of the first connecting pipe 46, between the rear end and the front end of the protective tube 40 of the small diameter portion 44A, the coil spring 4
8が設けられている。 8 is provided. コイルスプリング48の外面は、 The outer surface of the coil spring 48,
レーザー光の反射被膜、たとえば金メッキが施されている。 Reflective coating of the laser beam, for example, is plated with gold. 小径部44Aの後端面には、レーザー光の反射被膜、たとえば金メッキ層44Bが形成されている。 The rear end surface of the small diameter portion 44A, the reflective coating of the laser beam, for example, gold plating layer 44B is formed.

【0035】好ましい態様においては、第1連結管46 [0035] In a preferred embodiment, the first connecting pipe 46
および保護管40の内面において、レーザー光が散乱するようにすることである。 And the inner surface of the protection tube 40, is that the laser beam so as to scatter. この散乱の手段としては、第1連結管46および保護管40の内面を粗面加工すること、ならびにアルミナやシリカなどの粉体を焼付けにより付着させることを例示できる。 As a means for this scattering, it illustrates that the inner surface of the first connecting pipe 46 and protective tube 40 roughening, and be attached by baking a powder of alumina or silica.

【0036】前記の第2ガイド14は、エチレン酢酸ビニル樹脂またはポリエチレンなどの可撓性のプラスチック製とされ、その先端部が予め膨出され、膨縮部14A The second guide 14 of the is a plastic flexible such as ethylene vinyl acetate resin, or polyethylene, the tip portion is previously swollen, deflating portion 14A
とされている。 There is a. 第2ガイド14の先端は、前記の接続子44の周囲を被覆し、第1バルーン1と共に、固定手段、たとえば糸50により縛られて固定されている。 Distal end of the second guide 14 covers the periphery of the connecting element 44, together with the first balloon 1, the fixing means are fixed, for example, it is bound by the yarn 50.

【0037】他方、図2に示されているように、前記接続子44の前方に金属製などのシュー52が設けられている。 [0037] On the other hand, as shown in FIG. 2, the shoe 52, such as a metal is provided in front of the connector 44. このシュー52と接続子44とは、第2の連結手段を構成する可撓性のプラスチックなどからなる第2連結管54で連結されている。 The shoe 52 and the connectors 44 are connected by a second connecting pipe 54 made of a flexible plastic which constitutes second linking means.

【0038】この第2連結管54の両端は、シュー52 The opposite ends of the second connecting pipe 54, the shoe 52
および接続子44に対して、糸56、56で縛ることにより固定されている。 And with respect to the connector 44, and is fixed by tying with thread 56, 56. 第2連結管54には、連通孔54 The second connecting pipe 54, the communication hole 54
Aが形成されている。 A is formed.

【0039】また、実施例においては、第1バルーン1 Further, in the embodiment, the first balloon 1
を構成するチューブが、接続子44を通ってシュー52 Tubes that make up the found shoe 52 through the connector 44
にまで前方に延在し、第2バルーン2を構成している。 Until extends forward, it constitutes a second balloon 2.
また、第1バルーン1を構成するチューブは、第2ガイド14に対して糸51,51で縛られて連結されている。 Also, the tube which constitutes the first balloon 1 is linked tied with thread 51, 51 relative to the second guide 14. 他の態様においては、第1バルーン1と第2バルーン2とを分離させることである。 In another aspect, it is to separate the first balloon 1 and the second balloon 2. 第2バルーン2の先端は、固定手段、たとえば糸58により縛られて、シュー52に固定されている。 End of the second balloon 2 is bound by the fixing means, for example yarns 58 are secured to the shoe 52. 第1バルーン1および第2バルーン2の材質としては、可撓性および弾性を有し、膨縮可能なものが選択され、実施例においては、ゴムラテックスが用いられている。 As the first material of the balloon 1 and the second balloon 2 has flexibility and elasticity, capable inflation and deflation is selected, in the embodiment, the rubber latex is used. シリコーンゴムなどでもよい。 It may be such as silicone rubber.

【0040】シュー52は、先端部に半球形部52A The shoe 52, the distal end hemispherical portion 52A
を、中間部に円柱形部を、後部に細径部を有する。 And the cylindrical shape portion to the intermediate portion has a small diameter portion at the rear. また、半球形部52Aの中心および両側部にそれぞれ開口する主排尿口52B、副排尿口52C、52Cが形成され、これらの排尿口は細径部の後端に開口する共通の排尿導路52Dに連通している。 The main urination 52B which respectively open in the center and both sides of the hemispherical portion 52A, the sub urination 52C, 52C are formed, these urination common urination conduit 52D which opens at the rear end of the small diameter portion and it communicates with.

【0041】シュー52の細径部には、排尿用導管18 [0041] The small-diameter portion of the shoe 52, urination conduit 18
が嵌合しており、この排尿用導管18は、接続子44を貫通して、第1ガイド14内を通り、図1に示されているように、外部に開口している。 There are fitted, the urination conduit 18, through the connector 44, it passes through the first guide 14, as shown in FIG. 1, is open to the outside. したがって、手術中に排尿があった場合には、いずれかの排尿口から尿が流入し、排尿導路52Dおよび排尿用導管18を通して外部に排出される。 Therefore, when there is urination during surgery, either urine flows from urination port, is discharged to the outside through urination conduit 52D and voiding conduit 18. この排尿用手段を設けることは、前立腺の手術において、前立腺部分に対する加温により、排尿感が促進されるために、きわめて有効な手段である。 The provision of this urination for means, in prostate surgery, by heating for prostate section, in order to urinate feeling is promoted, it is a very effective means. または、排尿口を半球形部52Aの中心および両側部のそれぞれに形成したのは、いずれかの排尿口を膀胱が閉塞したとしても、他の排尿口から円滑に排尿されるようにしたものである。 Or, the urination was formed on each of the central and side portions of the hemispherical portion 52A also one of urination as the bladder is blocked, which was to be smoothly urination from other urination is there.

【0042】一方、第2バルーン膨出用冷却媒体供給管路20は、第1ガイド14内に通り、さらに接続子44 On the other hand, the second balloon inflating coolant supply line 20, as in the first guide 14, further connectors 44
を通り、第2連結管54内に臨んでいる。 Through, and it faces into the second connecting pipe 54. 外部から供給される冷却水W 2は、第2バルーン膨出用冷却媒体供給管路20を通り、第2連結管54内に供給され、連通孔54Aを通り、第2バルーン2内に導かれ、その第2バルーン2を膨出させる。 Cooling water W 2 supplied from the outside passes through the second balloon inflating coolant supply pipe 20 is supplied into the second connection pipe 54, through the communicating hole 54A, it is introduced into the second balloon 2 , thereby bulging the second balloon 2. 冷却水W 2を第2バルーン膨出用冷却媒体供給管路20を通して抜くことにより、第2 By removing the coolant W 2 through the second balloon inflating coolant supply line 20, the second
バルーン2は収縮される。 Balloon 2 is deflated.

【0043】また、図2に示されているように、温度センサーのリード線16は、第1ガイド12と第2ガイド14との間を通り、接続子44の外周を巡った後、第2 [0043] Further, as shown in FIG. 2, the lead wire 16 of the temperature sensor, it passes between the first guide 12 and second guide 14, after around the outer periphery of the connector 44, the second
ガイド14を貫通し、第1バルーン1の長手方向中間の内面に接触されている。 The guide 14 penetrates, are contacted in a longitudinally intermediate of the inner surface of the first balloon 1. リード線16の先端部は、レーザー光を反射させるために2枚のアルミ箔や白色顔料入りプラスチックシートからなる反射片16Aによりサンドイッチされ、この反射片16Aが第1バルーン1の内面に接着剤により接着固定されている。 Tip of the lead wire 16 is sandwiched by two sheets of aluminum foil or white pigmented reflective strips 16A made of a plastic sheet in order to reflect the laser beam by the reflection strip 16A is adhesive to the first inner surface of the balloon 1 It is bonded and fixed.

【0044】かかる構造のレーザーバルーンカテーテルは、前立腺の治療に好適に使用される。 [0044] Such a laser balloon catheter structure is suitably used for the treatment of the prostate. すなわち、冷却水W 1および冷却水W 2を圧送しない場合には、第1バルーン1および第2バルーン2が、それ自体の収縮力により収縮している。 That is, when no pumping cooling water W 1 and the cooling water W 2, the first balloon 1 and the second balloon 2 has contracted by the contraction force of its own. このとき、第2ガイド14も第1バルーン1の収縮に伴って収縮状態にある。 At this time, the second guide 14 is also in a contracted state with the contraction of the first balloon 1.

【0045】この状態で、図5に示すように、尿道60 [0045] In this state, as shown in FIG. 5, the urethra 60
内にレーザーバルーンカテーテルを、第2バルーン2が膀胱62内に臨むように挿入する。 The laser balloon catheter, the second balloon 2 is inserted so as to reach the bladder 62 within. 次いで、冷却水W 1 Then, the cooling water W 1
を冷却水タンク28から循環ポンプ30により導管32 Conduit 32 by the circulating pump 30 from cooling water tank 28
を介して供給し、第1ガイド12と第2のガイド14との間の空間を通し、第2ガイド14の膨縮部14Aに導き、その膨縮部14Aを膨出させる。 Delivered over a first guide 12 through a space between the second guide 14 guides the expansion and contraction portion 14A of the second guide 14, thereby bulging the inflation and deflation portion 14A. この膨出により、 This bulging,
第1バルーン1も図2および図5に示すように膨出される。 The first balloon 1 is also bulged as shown in FIGS. 2 and 5. この膨出に用いられた冷却水W 1は、連通孔46内を通って第1ガイド12内に入り、この第1ガイド12 Cooling water W 1 used in the expanded enters the first guide 12 through the communication hole 46, the first guide 12
内に通り、排出管34を通して、冷却水タンク28に戻される。 As within, through a discharge pipe 34, it is returned to the cooling water tank 28.

【0046】冷却水W 2も第2バルーン膨出用冷却媒体供給管路20を通して供給され、第2連結管54内に供給され、連通孔54Aを通り、第2バルーン2内に導かれ、その第2バルーン2が図2および図5に示すように膨出される。 The supplied through the cooling water W 2 The second balloon inflating coolant supply pipe 20 is supplied into the second connection pipe 54, through the communicating hole 54A, is introduced into the second balloon 2, the the second balloon 2 is bulged as shown in FIGS. 2 and 5.

【0047】この状態で、レーザー光の発生装置26からのレーザー光が、コネクター36を介して光ファイバー38に入光され、その先端のコア38Aから出射される。 [0047] In this state, the laser beam from the generator 26 of the laser light is incident on the optical fiber 38 through the connector 36, and is emitted from the core 38A of the tip.

【0048】出射されたレーザー光のうち、保護管40 [0048] Among the emitted laser light, the protective tube 40
または第1連結管46に当たったレーザー光は、保護管40または第1連結管46をそのまま透過し、あるいは内面において反射拡散されながら透過し、やがて側方に拡散され、第2ガイド14および第1バルーン1を通って前立腺64、64に入射される。 Or laser beam striking the first connecting pipe 46, the protection tube 40 or the first connecting pipe 46 is transmitted through, or transmitted while being reflected diffused in the inner surface, eventually diffused laterally, the second guide 14 and the and it enters the prostate 64 and 64 through the first balloon 1. レーザー光の直進成分は、一部は直進する過程で、金メッキされたコイルスプリング48に衝突した場合には、そこで反射し、側方に拡散され、第1連結管46、第2ガイド14および第1バルーン1を通って前立腺64、64に入射される。 Rectilinear wave of the laser beam is partly in the course of straight, when colliding with the coil spring 48 which is gold-plated, where reflected and diffused laterally, the first connecting pipe 46, the second guide 14 and the and it enters the prostate 64 and 64 through the first balloon 1.
コイルスプリング48に衝突することなくそのまま直進したレーザー光は、金メッキ層44Bにおいて反射し、 Laser light goes straight without colliding with the coil spring 48 is reflected in the gold plating layer 44B,
一部は後方に向かう過程で、コイルスプリング48に衝突する過程で側方に拡散される。 Some in the process towards the rear, is spread laterally in the course of colliding with the coil spring 48. 後方の直進した反射光は、ホルダー42の円形部42Aの金メッキされた前面において反射し、再び前進する。 The reflected light behind the straight is reflected in gold plated front face of the circular portion 42A of the holder 42 is advanced again. このように、接続子4 In this way, the connector 4
4の後面の金メッキ層44Bおよび円形部42Aの金メッキされた前面において、レーザー光が反射を繰り返す過程で、側方に拡散される。 In gold plated front surface of the gold plating layer 44B and the circular portion 42A of the rear surface of the 4, in the process of laser beam is repeatedly reflected and diffused laterally. したがって、全体としてみれば、第1バルーン1の全面から、長手方向中央が高く、かつ端部が低い出射光量をもって、前立腺64、6 Thus, as a whole, the entire surface of the first balloon 1, the longitudinal center is high and with a low amount of emitted light is end, prostate 64,6
4に入射される。 4 is incident on.

【0049】前立腺64に入射されたレーザー光は、前立腺64中の組織に吸収され、発熱が生じ、結果として前立腺64が加温または加熱される。 The laser light incident on the prostate 64 is absorbed by the tissue in the prostate 64, heat generation occurs, prostate 64 is warmed or heated as a result. このレーザー光による加温は、ある時間維持される。 Heating by the laser beam is maintained a certain time. 前立腺64内の組織は、レーザー光を受けて加温または加熱され、凝固され、あるいは壊死し、手術後、早期に治癒回復に向かう。 Tissue in the prostate 64 is warmed or heated by the laser beam, is solidified or necroses, after surgery, toward the early healing recovery. レーザー光として特にNd−YAGレーザー光を用いると、レーザー光は組織中に蛋白質に吸収される。 Especially used Nd-YAG laser as the laser light, the laser light is absorbed by the protein in the tissue.

【0050】超音波により、前立腺を加熱することも考えられるが、超音波の多くが前立腺組織内の水分に吸収され、発熱を生じるが、組織中に吸収される割合が少なく治療効果が低いのに対して、レーザー光、特にNd− [0050] The ultrasound is also conceivable to heat the prostate, many ultrasonic waves are absorbed by moisture in the prostate tissue, but generate heat, and the proportion is less therapeutically effective low is absorbed into the tissue against, the laser light, in particular, Nd-
YAGレーザー光を用いると、水分に吸収される割合は約10%程度であり、その他が組織中の蛋白質に吸収されるために、治療効果が高い。 With YAG laser beam, the proportion that is absorbed into the water is about 10% for other is absorbed by the protein in the tissue, a high therapeutic effect.

【0051】他方、前述の実施例においては、冷却水W [0051] On the other hand, in the embodiment described above, the cooling water W
1を第1ガイド12と第2のガイド14との間の空間を通し、連通孔46内を通って第1ガイド12内に入り、 1 through the space between the first guide 12 and second guide 14, enters the first guide 12 through the communication hole 46,
この第1ガイド12内を通して排出しているが、逆の流れでもよい。 Although discharged through the first guide 12 inside, it may be reversed in the flow.

【0052】上記例においては、第1連結管46は、第1ガイド12と分離して設けてある。 [0052] In the above example, the first connecting pipe 46 is provided separately from the first guide 12. この分離して設けたのは、第1ガイド12の先端部にホルダー42および保護管40をセットし、スプリング48は第1連結管4 Was provided this separation is to set the holder 42 and the protection tube 40 in the distal end portion of the first guide 12, the spring 48 is first connecting pipe 4
6内にセットするなどの組み立て上の要因が大きく、したがって、第1連結管46を省略し、第1ガイド12を延在し、小径部44Aに嵌合してもよい。 Large factors in the assembly, such as set 6, therefore, the first connecting pipe 46 is omitted, extending the first guide 12 may be fitted to the small diameter portion 44A. この場合には、第1ガイド12に冷却水W 1の連通孔が形成される。 In this case, the communicating hole of the cooling water W 1 is formed in the first guide 12.

【0053】本実施例で用いる、レーザー光としては、 [0053] used in the present embodiment, as laser light,
Nd−YAGレーザー光が最適であるが、アルゴンレーザー光、ダイオードレーザー光などでもよい。 Although Nd-YAG laser light is optimal, argon laser light, or the like may be a diode laser beam. これらは、水に吸収される割合がごく少ないので、冷却水を用いる場合に、これを透過し、組織にレーザー光を充分量をもって照射できる。 Since these proportions are absorbed in water with few, if using a cooling water is transmitted thereby can be irradiated with a sufficient amount of laser light to the tissue. その他、用いるレーザー光としては、KTPレーザー光、ダイレーザー光、KTP/Nd Other, as the laser beam used, KTP laser light, dye laser light, KTP / Nd
−YAGの二重ビームレーザー光などを挙げることができる。 Such dual beam laser light -YAG can be mentioned.

【0054】上記例においては、第1バルーン1および第2バルーンの膨出用流体として、冷却水を用いたが、 [0054] In the above example, the inflating fluid in the first balloon 1 and the second balloon has been used cooling water,
空気、窒素ガス、炭酸ガス、などでもよい。 Air, nitrogen gas, carbonic acid gas, or the like. 他の冷却液体、たとえばアルコールなででもよい。 Other cooling liquids may be a pat for example an alcohol.

【0055】組織内に円滑に実施例のレーザーバルーンカテーテルを挿入するために、第1ガイド12、第2ガイド14、第1連結管16、第2連結管54は可撓性であることが好ましいが、直線的に挿入することで足りる場合には、これらの少なくとも一つは非可撓性のものでもよい。 [0055] To insert the laser balloon catheter smoothly embodiment into the tissue, it is preferable that the first guide 12, second guide 14, first connecting pipe 16, the second connecting pipe 54 is a flexible but if sufficient by linearly insertion may be one of these at least one non-flexible.

【0056】他方、実施例においては、冷却水W 1が第2ガイド14内に強制的に循環することにより、第1バルーン1内が冷却され、所定の温度に維持される。 [0056] On the other hand, in the embodiment, by cooling water W 1 is forcibly circulated through the second guide 14, the first balloon 1 is cooled and maintained at a predetermined temperature. この強制冷却を行いない場合には、レーザー光のパワーが、 If the forced cooling not performed, the power of the laser beam,
尿道の内壁から前立腺の深部に至るほど低下し、図6の温度分布線Yのように、尿道の内壁側ほど高温に加熱され、前立腺の深部に至るほど、温度が低くなる。 It decreases from the inner wall of the urethra as leading to deep prostate, as the temperature distribution line Y in FIG. 6, is heated to a high temperature as the inner wall of the urethra, as leading to deep prostate, temperature decreases.

【0057】前立腺の中心部(尿道の内壁から6〜12 [0057] the center of the prostate (6 to 12 from the inner wall of the urethra
mm程度)まで、所定の温度に加熱するために、レーザー光のパワーを高めると、尿道の内壁近傍が、過度に加熱されて、尿道近傍の組織が破壊され、治癒が困難となる。 To about mm), in order to heat to a predetermined temperature, increasing the power of the laser beam, near the inner wall of the urethra, are excessively heated, the urethra near the tissue is destroyed, healing is difficult.

【0058】しかるに、冷却水W 1により、第1バルーン1および第2ガイド14の膨縮部14A内を供給冷却すると、図6の温度分布線Xのように、尿道近傍の組織が冷却され、その組織の破壊が防止される一方、前立腺の中心部まで充分な量のレーザー光の入射され、その中心部まで確実に加温される。 [0058] However, the cooling water W 1, when the expansion and contraction portion 14A of the first balloon 1 and the second guide 14 to supply cooling, as the temperature distribution line X in FIG. 6, the urethra near the tissue is cooled, while the destruction of the tissue is prevented, the incident sufficient amount of laser light to the center of the prostate and of reliably warmed to its center. この場合、レーザー光のパワーと冷却水W 1による循環量または温度とをコントロールすることにより、図6の温度分布線X 1またはX 2 In this case, by controlling the circulating amount or the temperature and power of the laser beam by the cooling water W 1, temperature distribution line in FIG. 6 X 1 or X 2
のように、温度分布を調整できる。 As in, you can adjust the temperature distribution. 前立腺の症状により、温度分布を調整して治療効果を高めることができる。 Symptoms of prostate, it is possible to enhance the therapeutic effect by adjusting the temperature distribution.

【0059】前立腺炎などの場合には、冷却水W 1により強制冷却しながら前立腺内部を43℃以下の低温で加温する、前立腺肥大などの場合には、冷却水W 1により強制冷却しながら、尿道の内壁またはその近傍の組織を熱障害から保護しながら、前立腺内部を45℃以上に加熱して、凝固または壊死させる。 In the case of such [0059] Prostatitis is warmed prostate internally at a low temperature of 43 ° C. below with forced cooling by the cooling water W 1, in the case such as prostate hypertrophy, while forcibly cooled by the cooling water W 1 , while protecting the tissue of the inner wall or near the urethra from thermal failure, to heat the interior prostate 45 ° C. or higher, to solidify or necrosis. 凝固または壊死した組織は、代謝吸収により、前立腺が縮小し、尿道が開通する。 Coagulation or necrotic tissue, by metabolic absorption, prostate shrinking, urethra is opened.

【0060】括約筋部分66にはレーザー光が入射されないように、バルーン1および第2ガイド14の膨縮部14の長さが、あるいは光ファイバー38の先端位置が設定される。 [0060] As the laser beam to the sphincter portion 66 is not incident, the length of the expansion and contraction portion 14 of the balloon 1 and the second guide 14, or the tip position of the optical fiber 38 is set.

【0061】第2バルーン2は、第1に、レーザーバルーンカテーテルの位置決めを図ること、第2に、手術中にレーザーバルーンカテーテルが膀胱62から抜けることを防止することに有効である。 [0061] The second balloon 2, the first, possible to position the laser balloon catheter, the second laser balloon catheter during surgery is effective to prevent the escape from the bladder 62. すなわち、図5に示すように、レーザーバルーンカテーテルをその第2バルーン2が膀胱62内まで挿入した後、第2バルーン2を膨出させ、レーザーバルーンカテーテルを膀胱62のネック部62Aに当たるまで引き抜けば、第1バルーン1が前立腺64に対応した位置に設定される。 That is, as shown in FIG. 5, after the laser balloon catheter is its second balloon 2 is inserted to within the bladder 62, is bulged the second balloon 2, withdrawn the laser balloon catheter to strike the neck portion 62A of the bladder 62 if is set to a position where the first balloon 1 is corresponding to the prostate 64. この設定が終了した後に、第1バルーン1を膨出させる。 After the setting has been completed, thereby bulging the first balloon 1. また、手術中にレーザーバルーンカテーテルが移動したとしても、 Further, even if the laser balloon catheter is shifted during operation,
第2バルーン2が膀胱62のネック部62Aに当たるので、レーザーバルーンカテーテルが膀胱62から抜けることが防止される。 Since the second balloon 2 hits the neck portion 62A of the bladder 62, the laser balloon catheter is prevented escaping from the bladder 62.

【0062】尿道の内壁温度は、リード線16の先端に設けられた熱電対により検出され、この温度信号は、リード線16およびコネクター22を通して温度制御部2 [0062] temperature of the inner wall of the urethra is detected by a thermocouple provided at the distal end of the lead wire 16, the temperature signal, the temperature control unit 2 through the lead wire 16 and the connector 22
4に入力され、検出された温度信号と目標の尿道の内壁温度との偏差に応じて、レーザー光の発生装置26をオンオフの時間を調整することにより、尿道の内壁温度をコントロールするようにしてある。 Is input to the 4, in accordance with the deviation between the detected temperature signal and the temperature of the inner wall of the goals of the urethra, by the generator 26 of the laser beam for adjusting the on-off time, so as to control the temperature of the inner wall of the urethra is there. 前立腺のたとえば中心温度を目標温度とする場合には、予め前立腺の中心温度と尿道の内壁温度との相関を求めておくことで、前立腺の中心温度のコントロールも可能である。 When the prostate for example, the center temperature of the target temperature, by leaving the correlation between center temperature and urethra of the inner wall temperature of the pre-prostatic, control of the center temperature of the prostate is also possible.

【0063】(本発明の情報検出用カテーテル装置の第1の態様)一方、前立腺にレーザー光が過度に入射して加熱されることは、前立腺組織のダメージとなるので、 [0063] (first aspect of the information detecting catheter apparatus of the present invention) On the other hand, the prostate to the laser beam is heated by the incident excessively, since the damage of the prostate tissue,
図5のように、直腸68内に、本発明の温度検出用カテーテル装置70が挿入される。 As shown in FIG. 5, rectally 68, the temperature detecting catheter apparatus 70 of the present invention is inserted.

【0064】この温度検出用カテーテル装置70は、剛性の高いたとえば金属製の挿入体72の先端の片側、すなわち前立腺側に、複数たとえば5点程度の熱電対の先端を臨ませた温度センサー74を、他側に押付け用バルーン76を有するもので、温度センサー74の各熱電対のリード線は外部に、たとえば温度制御部24に電気的に接続されている。 [0064] The temperature detecting catheter apparatus 70, one side of the tip of the insert 72 having high rigidity example metal, i.e. prostate side, the temperature sensor 74 to face a plurality of, for example, thermocouples about 5 points tip , those having a balloon 76 pressed against the other side, leads of each thermocouple temperature sensor 74 is external to, electrically connected to, for example, a temperature control unit 24. 押付け用バルーン76は、温度検出用カテーテル装置70の挿入体72を直腸68内に挿入した後、外部からの流体加圧源、たとえばエア加圧源により膨出され、その膨出反力により挿入体72を前立腺側に押し出し、直腸68の内壁面に密着させる機能を有する。 Pressing balloon 76, after the insert 72 of the temperature detecting catheter apparatus 70 is inserted into the rectum 68, is swelled by the fluid pressure source, for example an air pressure source from outside, inserted by the swelling reaction force extruding the body 72 prostate side, it has a function of adhering to the inner wall surface of the rectum 68.

【0065】レーザー光の前立腺64に対する照射により、前立腺64が加温または加熱さるほか、一部のレーザー光は前立腺64を透過して、直腸68側にも至り、 [0065] The irradiation of the prostate 64 with laser light, other prostate 64 monkey warming or heating, a part of the laser beam is transmitted through the prostate 64, also reaches the rectum 68 side,
直腸68の近傍の組織も加温される。 Tissue in the vicinity of the rectum 68 is also warmed. そこで、直腸68 So, rectum 68
の内壁温度を温度センサー74により検出し、そのいずれかの温度が設定温度より超える場合には、温度制御部24により、レーザー光の発生装置26をオンオフタイミングのオフ時間を長くするか、レーザー光のパワーを低下させる制御を行い、前立腺64に対する過度の加温を防止する。 The inner wall temperature detected by the temperature sensor 74, if the temperature of any of which exceeds than the set temperature, the temperature control unit 24, or the generator 26 of the laser beam to increase the off time of the on-off timing, the laser beam performs control to decrease the power, to prevent excessive warming to prostate 64. また、直腸68を熱障害から防止できる。 Further, it is possible to prevent the rectum 68 from heat damage.

【0066】本発明における温度検出用カテーテル装置70の第1の例は、図7および図8に示すものである。 A first example of a temperature detecting catheter apparatus 70 in [0066] The present invention shown in FIGS.

【0067】すなわち、金属製の管体からなるホルダー72Aの先端部に温度センサー74Aが設けられている。 [0067] That is, the temperature sensor 74A is provided at the tip portion of the holder 72A made of a metallic tube. ホルダー72Aの先端の片側には、窓72aが形成され、この窓72aに温度センサー74Aが嵌合されている。 On one side of the front end of the holder 72A, a window 72a is formed, the temperature sensor 74A is fitted in the window 72a. この温度センサー74Aの固定のために、ホルダー72Aの先端には、たとえばプラスチック製のプラグ78が嵌入しており、その外面が温度センサー74Aの内面に密着しており、温度センサー74Aをホルダー7 For fixation of the temperature sensor 74A, the distal end of the holder 72A, for example, a plastic plug 78 has been fitted, the outer surface is in close contact with the inner surface of the temperature sensor 74A, temperature sensor 74A the holder 7
2Aの内面に密着させて保持している。 It is held in close contact with the inner surface of 2A.

【0068】ホルダー72Aおよびプラグ78の外面には、前記窓72a部分が切除された底付きチューブ状のゴムラテックスなどからなる押付け用バルーン76A [0068] holders 72A and the outer surface of the plug 78, balloon pressing made of the window 72a portion resected bottomed tubular rubber latex 76A
が、被覆されている。 There are covered. また、図8に明瞭に図示されているように、横断面円弧状の金属製の規制板80が押付け用バルーン76Aの外面に当接されている。 Further, as is clearly shown in FIG. 8, cross section arcuate metal regulating plate 80 is in contact with the outer surface of the balloon 76A for pressing. この規制板80と押付け用バルーン76Aとは、糸81A,81A The balloon 76A for pressing this regulating plate 80, the yarn 81A, 81A
および糸81B,81Bにより一体化されている。 And the thread 81B, are integrated by 81B. 規制板80の前記の窓72a部分は切除されている。 The window 72a portion of the regulating plate 80 is cut.

【0069】他方で、ホルダー72Aには連通孔72b [0069] On the other hand, the holder 72A communication hole 72b
が形成されている。 There has been formed. ホルダー72Aは、図示しないエア供給源に連結され、そのエアの供給により、図7に仮想線で示すように、規制板80で規制されている部分を除いて、押付け用バルーン76Aが膨出し、エアを抜けば、収縮するようになっている。 Holder 72A is connected to an air supply source (not shown), by the supply of the air, as shown in phantom in FIG. 7, except for the portion that is regulated by the regulating plate 80, balloon pressing 76A bulges, if it passed through the air, so as to shrink. 直腸68内の中心O 1 The center O 1 of the rectum 68
に沿って挿入した温度検出用カテーテル装置70は、押付け用バルーン76Aの膨出に伴う反力により、中心がO 2に偏位されることにより、温度センサー74Aが直腸68の内壁に押圧される。 The temperature detecting catheter apparatus 70 which is inserted along the, by the reaction force due to bulging of the balloon 76A for pressing, by the center is displaced to O 2, the temperature sensor 74A is pressed against the inner wall of the rectum 68 .

【0070】温度センサー74Aは、組織への接触性を高めるために、5点の突起部74a,74a…を有し、 [0070] Temperature sensors 74A, in order to increase the contact resistance to the tissue, has a 5-point projections 74a, 74a ... a
この突起部の外面に、リード線74b,74B…の先端の熱電対部分が臨んでいる。 The outer surface of the projecting portion, faces the lead 74b, 74B ... thermocouple portion of the tip of the. リード線74b,74b… It leads 74b, 74b ...
の基端は、温度制御部24に電気的に接続されている。 The proximal end is electrically connected to the temperature controller 24.
82は、各リード線74b,74b…を包んで保護する保護チューブである。 82 is a protective tube for protecting wrapping the lead wires 74b, 74b ... a.

【0071】上記の温度検出用カテーテル装置70では、ホルダー72Aに温度センサー74Aが固定されているので、押付け用バルーン76Aの膨出に伴って、直腸68の内壁を反力座として、ホルダー72Aの中心がO 1からO 2に移動することにより偏位する。 [0071] In the above temperature detecting catheter apparatus 70, the temperature sensor 74A in the holder 72A is fixed, with the bulging of the balloon 76A for pressing the inner wall of the rectum 68 as a reaction force seat, the holder 72A center deviate by moving from O 1 to O 2.

【0072】この場合、ホルダー72Aを偏位させるためには、比較的高い圧力でバルーンを膨出させる必要があり、逆にこれに耐える強度のバルーンが必要となる。 [0072] In this case, in order to offset the holder 72A, it is necessary to bulge the balloon at a relatively high pressure, balloon strength to withstand this conversely becomes necessary.
また、ホルダー72Aを直腸68内に挿入した後、そのホルダー72Aが直腸68の中心に対して斜めの状態となると、温度センサー74Aの長手方向の一端側が強く直腸68の内壁に当接する反面、他端側が直腸68の内壁から離れてしまい、長手方向全体にわたって正確な温度を検出することが困難となる場合がある。 Also, after inserting the holder 72A into the rectum 68, if the holder 72A is inclined position with respect to the center of the rectum 68, while the one longitudinal end of the temperature sensor 74A abuts the inner wall of the strong rectum 68, the other end side will be away from the inner wall of the rectum 68, it may be difficult to detect an accurate temperature throughout the longitudinal direction.

【0073】(本発明の第2の態様)そこで、本発明の第2の態様に従って、押付け用バルーンの膨縮に伴って、温度センサー74が単体で膨縮するようにするのが好適である。 [0073] (second aspect of the present invention) Accordingly, in accordance with a second aspect of the present invention, with the inflation and deflation of the balloon for pressing, it is preferable to so the temperature sensor 74 is expanded and contracted by itself .

【0074】本発明の第2の態様は、図9〜図15に示されている。 [0074] A second aspect of the present invention is shown in FIGS. 9 to 15. 図9および図10は、温度検出用カテーテル装置70の全体を示したもので、鞘体83とプローブ84と温度センサー74とストッパー85とを有する。 9 and 10 shows the whole of the temperature detecting catheter apparatus 70, and a sheath 83 and the probe 84 and the temperature sensor 74 and the stopper 85.
鞘体83はたとえばステンレス鋼管からなり、その外周面に長手方向に間隔を置いて、鞘体83の直腸68内への挿入度合いを示す目印83aが形成されている。 Sheath 83, for example made of stainless steel, at intervals in the longitudinal direction on the outer peripheral surface thereof, a mark 83a indicating the insertion degree into the rectum 68 of the sheath 83 is formed. 実施例では、鞘体83の中間から後方にかけて目印83aが形成されているが、この目印83aは鞘体83の全長にわたって形成することも可能である。 In the embodiment, landmarks 83a to the rear from the middle of the sheath 83 is formed, the mark 83a is also possible to form the entire length of the sheath 83. 長手方向に連続する目印83bは、温度センサー74の周方向に関する中心を示すものである。 Mark 83b continuous longitudinally shows a center in the circumferential direction of the temperature sensor 74. この目印83bを前立腺側に揃えることにより、温度センサー74を前立腺側に向けることかできる。 By aligning the mark 83b on the prostate side, it can either be directed to the temperature sensor 74 on the prostate side.

【0075】図10に示すように、鞘体83は直腸68 [0075] As shown in FIG. 10, the sheath 83 rectum 68
内に挿入され、その挿入位置が決まった後、ストッパー85を固定する。 It is inserted within, after the insertion position is determined, to fix the stopper 85. あるいは予め、所定の目印83a位置を決めておき、そこにストッパー85を固定しておいた後、鞘体83を直腸68内に挿入する。 Alternatively preliminarily determine the predetermined indicator 83a position, after which has been fixed a stopper 85 therein, inserting the sheath 83 into the rectum 68. ストッパー85 Stopper 85
は、鍔部85Aを有し、鞘体83に遊嵌しており、その鞘体83に沿って移動可能であり、鞘体83に対して、 Has a flange portion 85A, and loosely fitted into the sheath 83 is movable along the sheath body 83, relative to the sheath 83,
固定ボルト85Bによって固定する。 It is fixed by the fixing bolt 85B. 鍔部85Aによって、鞘体83の直腸68内への挿入度合いを規定することができるとともに、手術中に、外力が作用したとしても、それ以上深く挿入されることを防止できる。 The flange portion 85A, it is possible to define the insertion degree into the rectum 68 of the sheath 83, during surgery, even if an external force is applied, can be prevented from being inserted more deeply.

【0076】プローブ84は、鞘体83内に挿脱自在とされている。 [0076] Probe 84 is freely inserted into and removed from the sheath 83. プローブ84の鞘体83への位置固定は、 Position fixing to the sheath body 83 of the probe 84,
鞘体83を貫通する固定ボルト83Aによって行われる。 Performed by the fixing bolt 83A passing through the sheath 83.

【0077】82は第1の実施例と同様の各リード線7 [0077] 82 same each lead in the first embodiment 7
4b,74b…を包んで保護する保護チューブであり、 4b, is a protective tube to protect wrapped 74b ...,
前述のとおり、温度制御部24に電気的に接続されている。 As described above, it is electrically connected to the temperature controller 24.

【0078】図10に示されているように、鞘体83の先端は、プラスチック製のプラグ86により閉塞されている。 [0078] As shown in FIG. 10, the distal end of the sheath 83 is closed by a plastic plug 86. プラグ86の外面は半球状に形成されており、直腸68内への挿入を円滑に行うようにしてある。 The outer surface of the plug 86 is formed in a hemispherical shape, it is so smoothly inserted into the rectum 68. プラグ86の内面には、半球状の係止部86aが形成されている。 The inner surface of the plug 86, the semi-spherical engaging portion 86a is formed.

【0079】プローブ84はたとえばステンレス鋼管からなり、その先端にプラスチック製のプラグ78Aが嵌合しており、プローブ84の先端が閉塞され、中空体が構成さている。 [0079] Probe 84 is made of, for example, stainless steel, is fitted a plastic plug 78A at its distal end, the probe tip 84 is closed, the hollow body is constructed. プローブ84の先端部には、プラグ78 The tip of the probe 84, the plug 78
Aを包んでゴムラテックスなどからなる底付きバルーン76が設けられ、プローブ84に固定糸87,87により固定されている。 Bottoming balloon 76 made of rubber latex is provided wrapped A, it is fixed by fixing thread 87 to the probe 84. バルーン76のプローブ84への固定には、接着剤などにより固定することもできる。 The fixing of the probe 84 of the balloon 76 may be secured by adhesive or the like. プローブ84の壁面には連通孔84a,84aが形成されている。 The wall of the probe 84 communicating holes 84a, 84a are formed. プローブ84を通して流体、たとえばエアを圧送すると、そのエア圧力が連通孔84a,84aを介してバルーン76の内面に作用して、そのバルーン76が、 Fluid through the probe 84, for example when pumping air, acting on the inner surface of the balloon 76 that air pressure through the communication holes 84a, 84a, its balloon 76,
図12に示すように膨出するようになっている。 It is adapted to bulge as shown in Figure 12.

【0080】鞘体83の先端部の壁面には、ほぼ四角の(図9参照)窓83cが形成されており、この窓83c [0080] The wall surface of the front end portion of the sheath 83, which is substantially square (see FIG. 9) a window 83c is formed, the window 83c
に臨んで、温度センサー74が配置されている。 Facing, the temperature sensor 74 is disposed. 温度センサー74はバルーン76の外面に設置されている。 Temperature sensor 74 is installed on the outer surface of the balloon 76. 一方、鞘体83の前記温度センサー74の配設位置と反対側には、バルーン76の膨出用窓83dが形成されている。 On the other hand, on the opposite side to the arrangement position of the temperature sensor 74 of the sheath 83, the bulging window 83d of the balloon 76 is formed.

【0081】温度センサー74の形状はやや複雑であり、その形状は図13〜図15によって明瞭となるであろう。 [0081] The shape of the temperature sensor 74 is somewhat complicated, the shape will become clear by FIGS. 13 to 15. すなわち、温度センサー74は、プラスチック成形品からなるセンサーホルダーと、センサー端子としての熱電対とを有する。 That is, the temperature sensor 74 has a sensor holder made of plastic molding, and a thermocouple as a sensor terminal. センサーホルダーは、外面に千鳥状に並んだ(図9参照)5つの突起部741,741… Sensor holder arranged in a staggered manner on the outer surface (see FIG. 9) five projections 741 ...
を有し、内面側に凹部742を有する。 Has a has a recess 742 on the inner surface. また、前後には、鍔部743A,743Bを有し、後部の鍔部743 Further, the front and rear, has a flange portion 743A, the 743B, the rear portion of the flange portion 743
Bには、図14に示されているように、凹部742に連なる切欠部744が形成されている。 To of B, as shown in FIG. 14, the notch portion 744 continuous to the recess 742 is formed.

【0082】前記の温度センサー74の壁面を貫通して、先端か熱電対となったリード線74b,74b…が設けられ、これらの各リード線74b,74b…の先端は、各突起部741,741…の表面に到り、その表面において接着剤などにより固定されている。 [0082] through the wall surface of the temperature sensor 74, the lead wire 74b which becomes the leading end or the thermocouple, 74b ... are provided, each of these lead wires 74b, 74b ... tip of each protrusion 741, 741 ... lead to a surface of, and is fixed by an adhesive at its surface. また、各リード線74b,74b…は、凹部742および切欠部7 Further, each of the lead wires 74b, 74b ..., the recess 742 and the notch 7
44を通って、保護チューブ82に集束されて温度制御部24に接続されている。 Through 44, it is focused to a protective tube 82 is connected to a temperature control unit 24.

【0083】このように構成された温度検出用カテーテル装置70では、まず、図10に示すように、鞘体83 [0083] In the thus configured temperature detecting catheter apparatus 70, first, as shown in FIG. 10, the sheath 83
を直腸68内に挿入する。 The inserted into the rectum 68. この挿入時には、図11および図13に示すように、温度センサー74は半径方向に突出しておらず、その外面がほぼ鞘体83の外面と一致するレベルにある。 During this insertion, as shown in FIGS. 11 and 13, the temperature sensor 74 does not project radially, at the level of its outer surface is coincident with the outer surface of substantially sheath 83. したがって、鞘体83の直腸68内への挿入時に、温度センサー74が直腸68の内壁に引っ掛かることなく、円滑に挿入できる。 Thus, upon insertion into the rectum 68 of the sheath 83, without the temperature sensor 74 is caught by the inner wall of the rectum 68 can be smoothly inserted.

【0084】次いで、プローブ84内にエアを送入し、 [0084] then pumped the air in the probe 84,
そのエアを連通孔84a,84aから流出させて、図1 Communication hole 84a and the air and allowed to flow from 84a, FIG. 1
2に示すように、バルーン76を膨出させる。 As shown in 2, to bulge the balloon 76. このバルーン76の膨出に伴って、バルーン76の一部が膨出用窓83dから膨出し、直腸68の内壁に押圧されるとともに、その反力として、温度センサー74が半径方向に押し出され、窓83cから突出される結果、各突起部7 With the bulge of the balloon 76, part of the balloon 76 is swollen from bulging window 83d, while being pressed against the inner wall of the rectum 68, as a reaction force, the temperature sensor 74 is pushed in the radial direction, results projected from the window 83c, the protrusions 7
41,741…の外面が直腸68の内壁面に押圧される。 41,741 ... the outer surface of the is pressed against the inner wall surface of the rectum 68. したがって、直腸68の内壁面の正確な温度が検出される。 Thus, the exact temperature of the inner wall of the rectum 68 is detected.

【0085】この直腸68の内壁面の温度検出は、少なくとも、尿道60内に挿入したレーザーバルーンカテーテル装置により前立腺64へのレーザー光の照射期間中において行われる。 [0085] Temperature detection of the inner wall of the rectum 68 is at least carried out during the irradiation period of the laser beam to prostate 64 by a laser balloon catheter apparatus which is inserted into 60 the urethra. 直腸68の内壁面の各リード線74 Each lead wire 74 of the inner wall of the rectum 68
b,74b…を介しての検出温度が、図5に示すように、温度制御部24に与えられ、直腸68のダメージの可能性をもたらす設定温度を超える場合には、レーザー光の発生装置26からの出射パワーを低下させる、または出射時間を短くする制御が行われる。 b, the detected temperature of 74b ... through, as shown in FIG. 5, given to the temperature control unit 24, when it exceeds the set temperature resulting in possible damage rectal 68, the laser light generator 26 lowering the emitted power from, or to shorten the emission time control is performed.

【0086】レーザー光の照射が終了した後は、レーザーバルーンカテーテル装置が尿道60から抜き出されるとともに、温度検出用カテーテル装置70も直腸68内から抜き出される。 [0086] After the irradiation of the laser beam is completed, the laser balloon catheter apparatus with withdrawn from the urethra 60, even if the temperature detecting catheter apparatus 70 is withdrawn from within the rectum 68. また、バルーン76が長時間または多数回の使用により劣化した場合には、固定ボルト83 Further, when the balloon 76 is deteriorated by the use of long or multiple times, fixing bolts 83
Aを緩めて、プローブ84とバルーン76を、鞘体83 Loosen the A, the probe 84 and balloon 76, sheath 83
から引き抜き、新たなバルーンと交換した後、その新品のバルーンを装着したプローブ84を鞘体83内に挿入する。 Withdrawal from, after replacing with a new balloon, inserting the probe 84 fitted with a balloon of the new one sheath 83. このプローブ84の挿入時において、図11に示されているように、プラグ78A部分がプラグ86の係止部86a内に嵌入するので、プローブ84が鞘体83 During insertion of the probe 84, as shown in Figure 11, the plug 78A portion is fitted into the engaging portion 86a of the plug 86, the probe 84 is the sheath 83
の中心に確実にセットされる。 It is securely set in the center of.

【0087】(本発明のその他の例)本発明の情報検出用カテーテル装置におけるセンサーとしては、前記の熱電対による温度検出のほか、前記リード線74bに代えて、あるいはこれとは別個に、図16および図17に示すように、光ファイバー90を設けることもできる。 [0087] As sensors in (another example of the present invention) information detecting catheter apparatus of the present invention, in addition to the temperature detection by the thermocouple, in place of the lead wire 74b, or it and separately from, Figure 16 and FIG. 17 can also be provided an optical fiber 90.

【0088】この光ファイバー90によって、直腸の内壁に至るレーザー光を受光できる。 [0088] This optical fiber 90 can receive the laser beam reaching the inner wall of the rectum. 受光したレーザー光は、フォトダイオード91やフォトトランジスタにより電気信号に変えて、レーザー光の受光量とすることができる。 Laser light received can be changed into an electrical signal by a photodiode 91 or a phototransistor, a light-receiving amount of the laser beam. レーザー光の受光量は、前立腺を通るまたは前立腺に入射されたレーザー光の強度と相関があるので、逆に、レーザー光の発生装置からの前立腺への入射量のコントロールに用いることができる。 It received light amount of the laser beam, since there is a correlation between the intensity of the through prostate or prostate incident laser beam, on the contrary, can be used for entering the amount of control to prostate from generator of laser beam. 前記のレーザー光の受光量は、前立腺および直腸の内壁の温度と相関があるので、温度信号に変換して、レーザー光の発生装置を制御することもできる。 Received light amount of the laser beam, there is a temperature correlated of the inner wall of the prostate and the rectum, and converts the temperature signal, it is also possible to control the generator of laser beam.

【0089】レーザー光の受光量は、レーザーバルーンカテーテルの尿道内への挿入深度にも関係するので、逆に、レーザー光の受光量に応じて、レーザーバルーンカテーテルの尿道内への挿入位置の調節に用いることができる。 [0089] received light amount of the laser beam, so also relates to the insertion depth into the urethra of the laser balloon catheter, conversely, in response to the received light amount of the laser beam, adjust the insertion position into the urethra of a laser balloon catheter it can be used for.

【0090】熱電対による温度検出、または光ファイバー90によるレーザー光の受光量の検出とともに、超音波診断センサーを用いることもできる。 [0090] Temperature detection by the thermocouple, or with the detection of the received light amount of the laser light by the optical fiber 90, it is also possible to use an ultrasonic diagnostic sensors. すなわち、同じく、図16および図17に示すように、超音波探触子9 That, also, as shown in FIGS. 16 and 17, the ultrasonic probe 9
2を設けて、この超音波探触子92から前立腺64にむけて超音波を発振し、前立腺64で反射する超音波を受信して、前立腺64の断層画像をCRT表示装置93に表示しながら、前立腺64の位置やレーザー光の投射に伴う前立腺64の変化を検出できる。 2 is provided, this from the ultrasound probe 92 toward the prostate 64 oscillates an ultrasonic wave, and receives ultrasonic waves reflected by the prostate 64, while displaying a tomographic image of the prostate 64 on the CRT display device 93 It can detect changes in prostate 64 with the projection of the positions and the laser beam of prostate 64. 前立腺64の位置については、目印83aとの関係で把握するのが好適である。 The position of the prostate 64, it is preferable to grasp the relationship between the mark 83a.

【0091】前立腺癌のハイパーサーミアに際して、超音波探触子92により前立腺64の断層画像を得ることはきわめて有効である。 [0091] In prostate cancer hyperthermia, the ultrasonic probe 92 to obtain a tomographic image of the prostate 64 is very effective.

【0092】本発明の情報検出用カテーテルは、他の体腔、たとえば食道、気管などに挿入して、目的の情報を得るために利用できる。 [0092] Information detected catheter of the present invention, by inserting other body cavities, for example esophagus, etc. trachea, it can be utilized to obtain the desired information.

【0093】 [0093]

【発明の効果】以上の通り、本発明によれば、前立腺などに対するレーザー光照射治療において、レーザー光が照射されている部位の治療効果、たとえば凝固または壊死の程度を確実にコントロールすることができるなどの利点がもたらされる。 As described above, according to the present invention, according to the present invention, it is possible in the laser light irradiation treatment for such as prostate, the therapeutic effect of a portion the laser beam is irradiated, to reliably control the degree of for example coagulation or necrosis the advantage of such is provided.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】尿道内へ挿入するレーザーバルーンカテーテル装置の全体図である。 1 is an overall view of a laser balloon catheter device for inserting into the urethra.

【図2】レーザーバルーンカテーテル先端部分の構造を示す縦断面図である。 2 is a longitudinal sectional view showing the structure of a laser balloon catheter tip section.

【図3】その要部拡大縦断面図である。 [3] which is a main part enlarged longitudinal sectional view.

【図4】ホルダーの斜視図である。 4 is a perspective view of the holder.

【図5】前立腺の治療の状態および直腸での温度検出状態を示す説明図である。 5 is an explanatory diagram showing a temperature detection state in the treatment of conditions and rectal prostate.

【図6】強制冷却した場合と、しない場合とについて、 [6] to the case of forced cooling, for the case not,
尿道内壁からの深さ方向の温度分布の例示図である。 It is an illustration of a temperature distribution in a depth direction from the urethra inner wall.

【図7】本発明の第1の態様に従う温度検出用カテーテル装置の一部断面表面図である。 7 is a partial cross-sectional illustration of the surface of the temperature detecting catheter apparatus according to a first aspect of the present invention.

【図8】尿道内に挿入状態横断面図である。 8 is a inserted state cross-sectional view in the urethra.

【図9】本発明の第2の態様に従う温度検出用カテーテル装置の斜視図である。 9 is a perspective view of a temperature detecting catheter apparatus according to the second aspect of the present invention.

【図10】その正面図である。 FIG. 10 is a front view thereof.

【図11】その縦断面図である。 11 is a longitudinal sectional view thereof.

【図12】バルーンの膨張状態の縦断面図である。 12 is a longitudinal sectional view of the expanded state of the balloon.

【図13】図11の要部拡大縦断面図である。 13 is an enlarged longitudinal sectional view of FIG. 11.

【図14】温度センサーの拡大縦断面図である。 14 is an enlarged longitudinal sectional view of a temperature sensor.

【図15】第2の態様に従う温度検出用カテーテル装置の横断面図である。 15 is a cross-sectional view of the temperature detecting catheter apparatus according to the second aspect.

【図16】他の情報検出用カテーテル装置の概要正面図である。 16 is a schematic front view of the other information detecting catheter apparatus.

【図17】その平面図である。 FIG. 17 is a plan view thereof.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…第1バルーン、2…第2バルーン、10…ガイド、 1 ... the first balloon, 2 ... the second balloon, 10 ... guide,
12…第1ガイド、14…第2ガイド、24…温度制御部、26…レーザー光発生装置、60…尿道、64…前立腺、68…直腸、70…温度検出用カテーテル装置、 12 ... first guide, 14: second guide, 24 ... temperature control unit, 26 ... laser light generator, 60 ... urethra, 64 ... prostate, 68 ... rectal, 70 ... temperature detecting catheter apparatus,
72…挿入体、72A…ホルダー、74,74A…温度センサー、74b…リード線、76,76A…バルーン、80…規制板、83…鞘体、84…プローブ、83 72 ... insert, 72A ... holder, 74 and 74A ... temperature sensor, 74b ... lead, 76, 76a ... balloon, 80 ... regulation plate, 83 ... sheath, 84 ... probe, 83
a,83b…目印、84a…連通孔、85…ストッパー、90…光ファイバー、92…超音波探触子92。 a, 83 b ... mark, 84a ... communication hole, 85 ... stopper, 90 ... optical fiber, 92 ... ultrasonic probe 92.

Claims (9)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】生体の体腔内に挿入し、その体腔の壁面の情報または壁面を通る情報を検出するセンサーを有するカテーテル装置において、 剛性のあるホルダーと、このホルダーの先端部の片側に固定したセンサーと、前記ホルダーに対して固定され前記センサーの反対側に膨縮するバルーンを有するバルーン手段とを有し、 前記バルーン手段のバルーン内部に供給する流体圧により前記バルーンが膨出したとき、前記体腔の壁面に対して押圧され、その反力としてホルダーをバルーンの反対側に偏位させて前記センサーを前記壁面に押圧状態で接触させるように構成したことを特徴とする情報検出用カテーテル装置。 1. A is inserted into the body cavity of a living body, the catheter device having a sensor for detecting the information through the information or wall of the wall of the body cavity, a holder having rigidity, and fixed to one side of the distal end of the holder sensor and said fixed relative to the holder and a balloon means having a balloon inflated and deflated at the opposite side of the sensor, when the balloon by the fluid pressure supplied to the balloon interior of said balloon means is bulged, the is pressed against the wall of the body cavity, the information detecting catheter apparatus characterized by said sensors being displaced holder on the opposite side of the balloon was configured to contact the pressing state to the wall surface as a reaction force.
  2. 【請求項2】生体の体腔内に挿入し、その体腔の壁面の情報または壁面を通る情報を検出するセンサーを有するカテーテル装置において、 前記体腔内に挿入される剛性のある鞘体と、この鞘体の先端部に開口された窓と、この窓を通って出入り自在のセンサーと、このセンサーに隣接して配置された膨縮自在のバルーンを有するバルーン手段とを有し、 前記バルーン手段は前記鞘体に対して固定され、前記バルーンが膨出したとき前記窓の形成側と反対方向の前記体腔の他壁面に対して押圧され、その反力として前記センサーを前記窓を通して突出させて前記壁面に押圧状態で接触させるように構成したことを特徴とする情報検出用カテーテル装置。 2. A is inserted into the body cavity of a living body, the catheter device having a sensor for detecting the information through the information or wall of the wall of the body cavity, and sheath body having rigidity to be inserted into the body cavity, the sheath has a tip opened a window in the body, and freely sensor out through the window, and a balloon means having an expansion and contraction freely balloon positioned adjacent to the sensor, wherein the balloon means the fixed relative to the sheath, the balloon is pressed against the other wall surface of the opposite direction of the body cavity with the formation side of the window when the bulges, the wall face of the sensor projecting through the window as a reaction force information detecting catheter apparatus characterized by being configured so as to contact with a pressing state.
  3. 【請求項3】前記センサーは、組織温度、組織を通るレーザー光の入光量および超音波レベルの検出の少なくとも一つを行うものである請求項1または2記載の情報検出用カテーテル装置。 Wherein the sensor is tissue temperature, tissue at least one performs a claim 1 or 2 information detecting catheter apparatus according to the detection of incident light intensity and ultrasonic level laser beam through.
  4. 【請求項4】バルーン手段は、プローブとこれに取り付けられたバルーンとを有し、鞘体内にバルーンと共にプローブを挿入し、そのプローブを鞘体内に固定した請求項2記載の情報検出用カテーテル装置。 4. A balloon means includes probe and a balloon mounted thereto, and insert the probe with the balloon in the sheath body information detecting catheter apparatus of the probe according to claim 2, wherein fixed to the sheath body .
  5. 【請求項5】プローブが先端が閉塞された中空体であり、その中空体先端部の壁面に連通孔が形成され、この連通孔を囲んでバルーンを設け、前記中空体の内部を通して供給する流体の圧力により前記連通孔を通してバルーンを膨出する構成とした請求項4記載の情報検出用カテーテル装置。 Wherein it probes a hollow body whose tip is closed, the communication hole is formed on the wall of the hollow body tip, a balloon is provided to surround the communication hole, the fluid supplied through the interior of said hollow body information detecting catheter apparatus of claim 4, wherein where the structure bulges balloon through the communication hole by the pressure of the.
  6. 【請求項6】プローブは、鞘体より長く、鞘体内に抜差自在に配置され、鞘体の前記窓より先端側および基端側において、プローブが鞘体に固定されている請求項4または5記載の情報検出用カテーテル装置。 6. The probe is longer than the sheath, is inserted drop freely positioned in the sheath body, at the distal side and proximal side of the window of the sheath, according to claim 4 or probe is fixed to the sheath 5 information detecting catheter apparatus according.
  7. 【請求項7】鞘体の外面にその長手方向に間隔を置いて鞘体の挿入度合いを表示する目印が形成されている請求項2記載の情報検出用カテーテル装置。 7. The sheath outer surface information detection catheter device in a longitudinal direction at intervals insertion degree displaying the landmarks according to claim 2 which is formed of a sheath of.
  8. 【請求項8】鞘体の外面に鍔状のストッパーが設けられ、このストッパーが鞘体の長手方向に沿って移動可能となり、かつストッパーに鞘体に対する固定手段が設けられている請求項2記載の情報検出用カテーテル装置。 8. flanged stopper on the outer surface of the sheath is provided, the stopper is movable along the longitudinal direction of the sheath, and stopper fastening means according to claim 2, characterized in that provided for the sheath of information detection for the catheter device.
  9. 【請求項9】センサーは、センサーホルダーとセンサー端子とを有し、前記センサーホルダーの外面に複数の突起が形成され、その突起にセンサー端子が位置している請求項2記載の情報検出用カテーテル装置。 9. The sensor has a sensor holder and sensor terminals, the plurality of protrusions on the outer surface of the sensor holder is formed, the information detecting catheter of claim 2 wherein the sensor terminal on the projection is located apparatus.
JP6174285A 1994-07-26 1994-07-26 Catheter device for detecting information Pending JPH0833646A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6174285A JPH0833646A (en) 1994-07-26 1994-07-26 Catheter device for detecting information

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6174285A JPH0833646A (en) 1994-07-26 1994-07-26 Catheter device for detecting information

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0833646A true JPH0833646A (en) 1996-02-06

Family

ID=15976006

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6174285A Pending JPH0833646A (en) 1994-07-26 1994-07-26 Catheter device for detecting information

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0833646A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002538888A (en) * 1999-03-15 2002-11-19 イノベイションズ インコーポレーテッド Intravesical balloon
JP2006528904A (en) * 2003-05-14 2006-12-28 スペクトラキュア アクティエボラーグ System and method for the treatment and diagnosis includes an optical component for the radiation supplied
JP2010509977A (en) * 2006-11-21 2010-04-02 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ System for biological imaging of tissue in anatomical structures, devices, methods, computer-readable medium and use
JP2012512002A (en) * 2008-12-17 2012-05-31 ザ スペクトラネティクス コーポレーション Eccentric balloon laser catheter
CN105615999A (en) * 2016-03-03 2016-06-01 福建省立医院 Reversible laser balloon catheter and method for applying same

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002538888A (en) * 1999-03-15 2002-11-19 イノベイションズ インコーポレーテッド Intravesical balloon
JP2006528904A (en) * 2003-05-14 2006-12-28 スペクトラキュア アクティエボラーグ System and method for the treatment and diagnosis includes an optical component for the radiation supplied
JP4740140B2 (en) * 2003-05-14 2011-08-03 スペクトラキュア アクティエボラーグ Treatment and diagnostic systems and methods comprising optical components for radiation delivery
US9486640B2 (en) 2003-05-14 2016-11-08 Spectracure Ab System and method for therapy and diagnosis comprising optical components for distribution of radiation
US9950187B2 (en) 2003-05-14 2018-04-24 Spectracure Ab System and method for therapy and diagnosis comprising optical components for distribution of radiation
JP2010509977A (en) * 2006-11-21 2010-04-02 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ System for biological imaging of tissue in anatomical structures, devices, methods, computer-readable medium and use
JP2012512002A (en) * 2008-12-17 2012-05-31 ザ スペクトラネティクス コーポレーション Eccentric balloon laser catheter
CN105615999A (en) * 2016-03-03 2016-06-01 福建省立医院 Reversible laser balloon catheter and method for applying same
CN105615999B (en) * 2016-03-03 2018-06-08 福建省立医院 Types of laser balloon catheter and method of use of the steerable

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5997571A (en) Non-occluding phototherapy probe stabilizers
JP3046315B2 (en) Laser light irradiation apparatus
US6679906B2 (en) Catheter system with on-board temperature probe
US6383183B1 (en) High frequency treatment apparatus
US6607553B1 (en) Method for deploying a thermo-mechanically expandable stent
KR101193709B1 (en) Ablation devices with sensor structures
AU718834B2 (en) Transurethral needle ablation device and method
CA2415671C (en) Energy application with inflatable annular lens
US6964661B2 (en) Endovenous ablation mechanism with feedback control
JP4122323B2 (en) Balloon catheter for photodynamic therapy
US9924991B2 (en) Devices, systems and methods for treating tissue regions of the body
EP0812573B1 (en) Endometrial ablation apparatus
US6517534B1 (en) Peri-urethral ablation
US7247141B2 (en) Intra-cavitary ultrasound medical system and method
JP2564301B2 (en) Les - catheter for emitting The ray - Tel
ES2267179T3 (en) Electrophysiological catheter mounted on cable.
USRE40559E1 (en) Radiating device for hyperthermia
US6640139B1 (en) Thermal therapy with tissue protection
JP3179109B2 (en) Laser therapy device of interstitial
US6206843B1 (en) Ultrasound system and methods utilizing same
US7430449B2 (en) Methods and apparatus for testing disruption of a vagal nerve
RU2464926C2 (en) Optoacoustic monitoring in real time by means of electrophysiological catheters
US20020052621A1 (en) Circumferential pulmonary vein ablation using a laser and fiberoptic balloon catheter
EP0668052B1 (en) Ultrasonic diagnosis and treatment system
RU2180200C2 (en) Apparatus for thermotherapy of tissue