JPH08329517A - 光学式情報記録または再生装置 - Google Patents

光学式情報記録または再生装置

Info

Publication number
JPH08329517A
JPH08329517A JP7144026A JP14402695A JPH08329517A JP H08329517 A JPH08329517 A JP H08329517A JP 7144026 A JP7144026 A JP 7144026A JP 14402695 A JP14402695 A JP 14402695A JP H08329517 A JPH08329517 A JP H08329517A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information recording
optical information
objective lens
disc
reproducing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7144026A
Other languages
English (en)
Inventor
Seiji Kajiyama
清治 梶山
Yasuyuki Kano
康行 加納
Koichi Tada
浩一 多田
Yoichi Tsuchiya
洋一 土屋
Shuichi Ichiura
秀一 市浦
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP10034795 priority Critical
Priority to JP7-100347 priority
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd, 三洋電機株式会社 filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP7144026A priority patent/JPH08329517A/ja
Publication of JPH08329517A publication Critical patent/JPH08329517A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 他の部品との干渉等も少なく、占有面積も少
なく、製造コストが低く、故障が少なく、修理が容易で
あって、エネルギー消費等のランニングコストが低いコ
ンパチブルな光学式情報記録または再生装置を提供す
る。 【構成】 CD−ROM2用の対物レンズ12とDVD
用の対物レンズ11と、これら対物レンズにそれぞれに
対応する複数のレーザー光源とを光学ピックアップ8に
具備し、複数の対物レンズが光学式情報記録ディスクの
ディスク中心からプログラム記録領域内周端までの距離
の相違に応じ、距離の短い順に光学式情報記録ディスク
の半径方向に沿って内側から順に光学ピックアップに配
設され、光学ピックアップ8が回転駆動手段に支持され
た光学式情報記録ディスクの半径方向に沿って摺動す
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、複数種類の規格の光
学式情報記録ディスクに記録または再生をさせるのに適
したコンパチブルな光学式情報記録または再生装置に関
するものである。さらに詳しくは、この発明は、コンパ
クトディスク(CD)のような光学式情報記録ディスク
と、例えば、CDよりもディスク中心からプログラム記
録領域内周端までの距離の短い光学式情報記録ディスク
のように、ディスク中心からプログラム記録領域内周端
までの距離が相違する異種の光学式情報記録ディスクか
ら情報の再生を行うことのできるコンパチブルな光学式
情報記録または再生装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】マルチメディア化の進展に伴い、デジタ
ル化された静止画、動画といった映像等の情報を大量に
記録できる高密度で大容量の記録媒体が必要とされてい
る。光学式情報記録ディスクは、高密度で大容量の情報
を取り扱うことのできる媒体であること、および画像の
静止、コマ送り、ランダムアクセスが容易なこと等の利
点がある。デジタル化された情報を記録する光学式情報
記録ディスクは、記録原理に基づき再生専用型、追記
型、書換可能型に分類される。再生専用型は、CD、C
D−ROM等として広く利用されている。追記型には、
孔あけ方式、相変化方式、バブルフォーミング方式等が
あり、孔あけ方式が多用されている。書換可能型には、
光磁気方式、相変化(結晶アモルファス変態)方式、有
機色素方式等があり、このうち光磁気方式のディスクが
多用されている。図11に、CD−ROM、追記型ディ
スク、光磁気ディスクの原理を示す。CD−ROMは、
再生専用のものであって、図11(a)に示されるよう
に、ディスク表面に形成されている凹凸ピットに、所定
の開口数の対物レンズによって所定波長のレーザー光を
収束させて照射し、反射光の強弱を検出しディスクに記
録された情報を再生するものである。追記型ディスク
は、一回だけの記録が可能なものであって、図11
(b)に示されるように、所定の開口数の対物レンズに
よって所定波長のレーザー光を収束させて照射し、ディ
スクにピット孔を形成して情報を記録し、図11(c)
に示されるように、反射光の強弱を検出しディスクに記
録された情報を再生するものである。光磁気ディスク
は、書込消去が可能なものであって、図11(d)に示
されるように、所定の開口数の対物レンズによって所定
波長のレーザー光を収束させて照射し、保磁力を減少さ
せつつ磁界をかけることによって垂直磁化の方向を反転
させて情報を記録し、図11(e)に示されるように、
レーザー光を照射することで、垂直磁化方向の相違に基
づくカー効果を利用して、反射光の偏光面の回転を検出
して情報を再生するようにしたものである。
【0003】これらの光学式情報記録ディスクにおい
て、長時間の映像等を記録させるには、ディスクの直径
を大きくすることが最も単純な解決手段ではあるが、情
報記録または再生装置が大型化せざるを得ず、ディスク
の取り扱い性が良好とはいえないことから、パーソナル
ユースの情報機器としては好ましくない。そのため、デ
ィスクの直径を変更しないでディスクへの記録密度を向
上させることが適当である。例えば、統一規格化され、
大量に製造され使用されている再生専用型のCD−RO
Mは、直径120mm、厚さ1.2mmのディスクに約
600Mbyteのデジタル情報を記憶させることがで
きる容量を有するが、この容量では、映像データーはデ
ーター圧縮をMPEG2方式で行っても、例えば、転送
レート4Mbpsで20分程度しか記録できず、このま
まではマルチメディア化に対応するには充分とはいえな
い。そこで、CD−ROMと同一直径のディスクへの情
報の記録密度を向上させ、より大容量の情報を取り扱え
るようにすることが必要である。そのためには、対物レ
ンズの開口数(NA)を大きくするとともに再生用のレ
ーザー光の波長を短くすればよい。CD−ROMにおい
ては、対物レンズの開口数(NA)は0.45、レーザ
ー光の波長は780nmで、スポット径は1.6μmと
なっている。NAを0.6、レーザー光の波長を635
nmに変更し、スポット径を0.9μmとすると、CD
−ROMのピットよりもより小さいサイズのピットを読
み取ることができ、CD−ROMと同一直径で、CD−
ROMと比べ約6倍の容量の情報の記録再生が可能とな
る。さらに信号の記録方式の変更を加えると、約8倍、
5Gbyte程の大容量の情報の記録再生が可能とな
る。対物レンズの開口数を大きくすることにより、レー
ザー光をより細いビームウエストに絞り込むことができ
るが、ディスクのそり、うねり等によりレーザー光の光
軸とディスク面とが垂直でなくなると、コマ収差によ
り、誤りなく情報を読み出すことが困難となる。そのた
め、ディスクの表面から情報記録面までの距離を短くし
て、誤りなく情報を読み出すことができるようにするこ
とが必要である。ディスクのそり、うねり等は、ディス
クの成型時における残留応力、ディスク材料の微小領域
での乱れ等が再生装置内で発生する熱等によって引き起
こされるものと考えられており、ディスクのそり、うね
り等の発生を皆無とすることは困難である。システム上
のディスクのそり、うねり等によるディスクの傾斜角度
は、CD、CD−ROMにおいては±0.6゜が許容限
度となっており、この範囲内に納めることが必要であ
る。図12(a)は、CD−ROMのディスク表面
(C)から情報記録面(D)までの距離を1.2mm、
対物レンズ(E)の開口数を0.45とした場合を示
す。ここでは、レーザー光が対物レンズ(E)によって
収束され、ディスク(F)の平坦な情報記録面(D)に
照射されているとする。そして、ディスク(F)がα度
傾いて、ディスク表面(C1)、情報記録面(D1)に
なったとし、光軸中心線と情報記録面(D)との交点を
Pとする。光軸中心線の左側のディスク中の光路長がP
−RからP−R1に変化し、R−R1長くなり、光軸中
心線の右側のディスク中の光路長がP−SからP−S1
に変化し、S−S1短くなると、情報記録面(D)の点
Pでのレーザー光のスポット強度は、図12(b)から
図12(c)のように変化し、正確な情報の読み出しが
できなくなる。これに対し、図13(a)は、ディスク
表面(G)から情報記録面(H)までの距離を0.6m
m、対物レンズ(I)の開口数を0.6とした場合を示
す。ここでは、レーザー光が対物レンズ(I)によって
収束され、ディスク(J)の平坦な情報記録面(H)に
照射されているとする。そして、ディスク(J)がα度
傾いて、ディスク表面(G1)、情報記録面(H1)に
なったとし、光軸中心線と情報記録面(H)との交点を
Vとする。光軸中心線の左側のディスク中の光路長がV
−XからV−X1になって、X−X1長くなり、光軸中
心線V−Wの右側のディスク中の光路長がV−YからV
−Y1になって、Y−Y1短くなっても、レーザー光の
情報記録面(H)の点Vでのレーザー光のスポット強度
は、図13(b)から図13(c)のように変化するだ
けなので、誤りなく情報の読み出しをすることができる
こととなる。ところで、CD−ROM(2)におけるプ
ログラム記録領域は、図14に示されるように、ディス
ク中心から半径25mmの位置にあるプログラム記録領
域内周端(41)から始まり、半径58mmまでの記録
領域外周端(42)との間の範囲と規格化されており、
センター孔(43)とプログラム記録領域内周端(4
1)との間には記録可能領域としての余地が若干残って
いる。図15に示すように、ディスク(3)の中心から
プログラム記録領域内周端(51)までの距離を、例え
ば、23mmのようにCD−ROMの25mmより短く
して記録できる領域を拡大することことで、上記したよ
うな対物レンズの開口数(NA)を大きくし、再生用の
レーザー光の波長を短かくすることによって記録密度を
向上させることに加え、ディスク全体の記録容量を増大
させることができることから好ましい。CD−ROMと
同一のディスク径で、対物レンズの開口数(NA)を大
きくし、再生用のレーザー光の波長を短くし、ディスク
中心からプログラム記録領域までの距離を短くすること
で情報の記録密度を飛躍的に高めた光学式情報記録ディ
スクは、DVD(デジタル・ビデオ・ディスク)、高密
度CD−ROM等として、規格の統一化等を含め検討が
進められている。とりわけ、直径120mmで、ディス
ク厚さが現行CD、CD−ROMの1/2の0.6mm
で、ディスク中心からプログラム記録領域内周端までの
距離が24mmであって、対物レンズの開口数(NA)
0.6、波長650nmまたは635nmのレーザー光
によって記録情報を再生することのできる情報記録容量
が5Gbyte程ある大容量のディスクは、SD(スー
パーデンシティディスク)として、また、直径120m
mで、ディスクの厚さがCD、CD−ROMと同一の
1.2mmで、ディスク中心からプログラム記録領域内
周端までの距離が23mmであって、対物レンズの開口
数(NA)0.52、波長635nmのレーザー光によ
って記録情報を再生することのできる情報記録容量が
3.7Gbyte程のディスクは、HDCD(ハイデン
シティコンパクトディスク)として検討されている。C
D−ROMとDVD等とは、いずれも同一直径を有する
ことから、CD−ROM用の再生装置、DVD等用の再
生装置をそれぞれ製造することは、類似または同様な構
造の駆動手段等の部品をその装置分使用することにな
り、製造コストが高くなる。また、ユーザーの立場に立
つと、再生専用型の光学式情報記録ディスク用機器の設
置スペースだけでも2台分が必要となり、マルチメディ
アへの対応には、フロッピイディスク等の他の情報記録
ディスク用機器、イメージスキャナ等の入出力機器の拡
充をも必要となることから、少なくともディスク直径が
同一な再生専用型光学式情報記録ディスク用機器の如き
類似機器は、コンパチブルなものとして1台で兼用でき
るようになっていることが好ましい。コンパチブル化に
際しては、部品の共有化を図り、製造コストを低減化
し、省スペースで使い勝手の良好なものとすることが必
要である。例えば、光学ピックアップ、ガイドレール、
光学ピックアップの光学式情報記録ディスクの半径方向
への摺動用の駆動手段等を共用することができるように
することが好ましい。また、各種の光学式情報記録ディ
スクを使用できるコンパチブルな光学式情報記録または
再生装置において、部品の共有化を図って1台の装置に
集約化するために、機械的可動部品をできるだけ少なく
することが、装置の組立を容易にし、故障を少なくし、
ランニングコストを低く押さえることができる等といっ
たことに繋がる。例えば、スピンドルモーター等のよう
な重量があってエネルギー多消費の部品を共有化するこ
とはもちろんであるが、スピンドルモーターの位置を機
械的に変更したりするようにすると、そのための機械部
品は頑丈でなければならず、素材コスト、製造コストが
上昇し、装置としての重量も増加する。さらには、機械
部品を可動とするための占有スペースが必要となること
から、他の部品と干渉しないようにすること、また、故
障率を少なくするような構造するとともに、修理が容易
な構造とすること等が必要となる。こういったことは、
CD−ROMとDVD等といった異種の再生専用型の光
学式情報記録ディスク用再生装置についてであるが、こ
れだけに限られるものではなく、同様なことは、異種の
追記型光学式情報記録ディスク用の記録または再生装
置、異種の書換可能型光学式情報記録ディスク用の記録
または再生装置、または、再生専用型、追記型、書換可
能型の光学式情報記録ディスクを使用できるマルチタイ
プの光学式情報記録または再生装置にも適用できること
である。さらに、光学式情報記録ディスクの直径が相違
するものにおいても同様である。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】この発明は、上記した
ような実情に鑑み、マルチメディア化において、重要な
記録媒体としての地位を占めると予想されているCD−
ROMとDVDのような複数種類の規格の光学式情報記
録ディスクから情報を再生したり記録したりできるよう
にするに当たって、使用部品の共有化を図るとともに、
構造を単純にして、部品点数を少なくし、しかも、可動
部品等を少なくすることにより、他の部品との干渉等も
少なく、占有面積も少なく、製造コストが低く、故障が
少なく、修理が容易であって、エネルギー消費等のラン
ニングコストが低い省スペースで使い手のよいマルチメ
ディア化に対応しうるコンパチブルな光学式情報記録ま
たは再生装置を提供するることを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、この発明の光学式情報記録または再生装置は、
(i)複数種類の規格の光学式情報記録ディスクに応じ
て設計された複数の対物レンズと、複数の対物レンズに
それぞれに対応する複数のレーザー光源とを具備した光
学ピックアップが、回転駆動手段に支持された光学式情
報記録ディスクの半径方向に沿って摺動することを特徴
とする。 (ii)複数の対物レンズは、各光軸が前記駆動手段に
支持された光学式情報記録ディスクの半径方向に沿って
揃列配置されるように配置されていることが好ましい。 (iii)複数種類の光学式情報記録ディスクの規格
が、ディスク中心からプログラム記録内周端までの距離
の相違するものである場合には、複数の対物レンズが、
光学式情報記録ディスクの中心からプログラム記録領域
内周端までの距離に応じ、該距離の短い順に光学式情報
記録ディスクの半径方向に沿って内側から順に光学ピッ
クアップに配設されていることが好ましい。そのため
に、(iv)各光学式情報記録ディスクをターンテーブ
ルの支持面に支持して回転させる回転駆動手段と、各光
学式情報記録ディスク用の対物レンズが、ディスク中心
からプログラム記録領域内周端までの距離に応じ、該距
離の短い順に光学式情報記録ディスクの半径方向に沿っ
て内側から順に配設されてなる光学ピックアップと、該
光学ピックアップをディスクの半径方向に沿って摺動さ
せる摺動案内手段と、光学ピックアップ摺動用の駆動手
段と、ターンテーブルの支持面に支持された光学式情報
記録ディスクの種類に応じ、当該光学式情報記録ディス
クに対応した対物レンズを読取開始位置に位置決めする
ための位置決め制御手段とを具備してなることが好まし
い。これにより、一台の光学式情報録再生装置によっ
て、ディスク中心からプログラム記録領域内周端までの
距離の相違する少なくとも2つの異なった種類の光学式
情報記録ディスクから情報の再生を行うことができるよ
うになる。 (v)各対物レンズが、一つの支持フレームに搭載さ
れ、支持フレームには駆動手段が連結されており、各対
物レンズが支持フレームによって一体としてトラック方
向、および、焦点方向に前記駆動手段によって駆動され
るようになっていてもよい。この場合には、各対物レン
ズが一体となっているものであってもよく、一体成型さ
れてなるものも採用できる。 (vi)各対物レンズが、それぞれ別個の独立した支持
フレームに搭載され、各支持フレームにはそれぞれ駆動
手段が連結されており、各対物レンズに連結された駆動
手段によって、各対物レンズがトラック方向、および、
焦点方向に個別に独立駆動されるようになっていてもよ
い。 (vii)対物レンズは、CD−ROM、SD、HDC
D等に適したもの等、各種の光学式情報記録ディスクに
適した対物レンズの組み合わせが可能である。例えば、
対物レンズが、第1の光学式情報記録ディスク用の第1
の対物レンズと、第1の光学式情報記録用ディスクと同
一直径であって、第1の光学式情報記録ディスクよりデ
ィスク中心からのプログラム記録領域内周端までの距離
の短い第2の光学式情報記録ディスク用の第2の対物レ
ンズの2種であってもよい。光学式情報記録ディスクが
再生専用型の場合、第1の対物レンズがCD、CD−R
OM用であり、第2の対物レンズがDVD等用であって
もよく、また、第1、2の対物レンズがいずれもDVD
用であって、第1の対物レンズがSD用で、第2の対物
レンズがHDCD用であってもよい。なお、第1の光学
式情報記録ディスク、第2の光学式情報記録ディスク
は、上記に限られるものではないことはいうまでもな
い。 (viii)ディスク中心からプログラム記録領域内周
端までの距離の相違する光学式情報記録ディスクの種類
を判別するための検出手段が配設されており、該検出手
段からの検出信号に基づき、ターンテーブルの支持面に
支持された光学式情報記録ディスクの種類に応じ、当該
光学式情報記録ディスクに対応した対物レンズを読取開
始位置に位置決めするための位置決め制御手段を介し、
光学ピックアップ摺動用の駆動手段を制御するようにし
てもよい。 なお、光学式情報記録ディスクとしては、CD、CD−
ROM、DVDのような再生専用型に限られず、追記
型、書換可能型光学式情報記録ディスクが使用できるも
のである。
【0006】
【作用】
(i)によれば、複数種類の規格の光学式情報記録ディ
スクの内の所定の光学式情報記録ディスクから情報を記
録または再生するに際し、光学ピックアップが回転駆動
手段に支持された光学式情報記録ディスクの半径方向に
沿って摺動することにより、前記回転駆動手段に支持さ
れた所定の光学式情報記録ディスクに対応するレーザー
光源から放出されるレーザビームを、前記光学式情報記
録ディスクに対応する対物レンズに通過させ、前記光学
式情報記録ディスクにレーザビームを集光させて、記録
または再生を行わせることができる。前記光学式情報記
録ディスクとは規格の異なる別の光学式情報記録ディス
クが回転駆動手段に支持されれば、光学ピックアップが
回転駆動手段に支持された光学式情報記録ディスクの半
径方向に沿って摺動することにより、それに対応するレ
ーザー光源から放出されるレーザビームを、それに対応
する対物レンズに通過させ、その光学式情報記録ディス
クにレーザビームを集光させて、記録または再生を行わ
せることができる。 (ii)によれば、複数の対物レンズは各光軸が前記回
転駆動手段に支持された光学式情報記録ディスクの半径
方向に沿って揃列配置されるように配置されていること
から、回転駆動手段の位置を変更したり、光学ピックア
ップの摺動方向と直交する方向への位置の変更等といっ
た操作を必要とせず、回転駆動手段に支持された所定の
光学式情報記録ディスクに対応したレーザー光源とそれ
に適した対物レンズを選択し、光学ピックアップを回転
駆動手段に支持された光学式情報記録ディスクの半径方
向に沿って摺動させるだけで、所定の光学式情報記録デ
ィスクに記録または再生を行わせることができる。 (iii)によれば、ディスク中心からプログラム記録
領域内周端までの距離の短い光学式情報記録ディスクに
対して、光学ピックアップに配設された複数の対物レン
ズの内、ディスク中心に近い対物レンズを用い記録また
は再生を行うことができるので、当該対物レンズをその
ディスクのプログラム記録領域内周端へ移動させるため
に光学ピックアップを初期位置から移動させる距離が短
くて済むとともに、対物レンズが回転駆動手段に支持さ
れたディスクの半径方向に沿って配設されていても、光
学ピックアップが回転駆動手段等と衝突するなどの干渉
を起こす恐れがない。 (iv)によれば、対物レンズに対応した光学式情報記
録ディスクの読取開始位置に位置決めするための位置決
め制御手段により、ターンテーブルの支持面に支持され
た光学式情報記録ディスクの種類に応じ、光学ピックア
ップ摺動用の摺動手段を制御し、当該光学式情報記録デ
ィスクに対応した対物レンズを読取開始位置に位置決め
し、次いで、光学ピックアップ摺動用の駆動手段を作動
させ、光学ピックアップを摺動案内手段に沿って光学式
情報記録ディスクの半径方向に摺動させ、光学式情報記
録ディスクに記録された情報を再生させることができ
る。なお、光学ピックアップには、ディスク中心からプ
ログラム記録領域内周端までの距離の相違する異種の光
学式情報記録用ディスクに対応する対物レンズが、ディ
スクの中心からプログラム記録領域内周端までの距離に
応じ、該距離の短い順に光学式情報記録ディスクの半径
方向に内側から順に配設されていることから、対物レン
ズを光学式情報記録ディスクのプログラム記録領域内周
端へ移動させるために、光学ピックアップを初期位置か
ら移動させる距離が短くて済むとともに、光学ピックア
ップが回転駆動手段等と衝突するなどの干渉を起こす恐
れがなく、さらに、光学式情報記録ディスクと対物レン
ズとの対応関係が明確であって、読み取り開始等におけ
る位置決め制御等が容易となる。 (v)各対物レンズが一つの支持フレームに搭載され、
支持フレームには駆動手段が連結されており、各対物レ
ンズが支持フレームによって一体としてトラック方向、
および、焦点方向に前記駆動手段によって駆動されるよ
うになっていると、高価で精密な前記駆動手段が一つで
済むことから製造コストを低減化できるとともに、光学
ピックアップ内での占有スペースが少なくて済み光学ピ
ックアップの軽量コンパクト化が実現できる。この場
合、対物レンズが一体となっていると装置の製造組立等
において対物レンズの取り扱いが容易であり、とりわ
け、対物レンズが一体成型されてなるものであると、光
軸が平行な対物レンズの製造が容易であり、複数の対物
レンズの光軸を平行にして光学ピックアップにセットす
ることが容易であって、装置の製造組立等の観点からも
好ましい。 (vi)各対物レンズがそれぞれ別個の独立した支持フ
レームに搭載され、各支持フレームにはそれぞれ駆動手
段が連結されており、各対物レンズに連結された駆動手
段によって、各対物レンズがトラック方向、および、焦
点方向に個別に独立駆動されるようになっていると、そ
の駆動時におけるエネルギーが対物レンズ1個分で済
み、レスポンス速度が早く、正確に制御を行うことがで
きる。さらに、各対物レンズを光学ピックアップに配設
する際、または、修理時等における光軸調整等を個別に
行うことができ、また修理時には、所定の対物レンズだ
けを交換すればよいことから、対物レンズに関するメン
テナンスコストが低くて済む。 (vii)によれば、ディスクの直径が同一である第1
の光学式情報記録ディスク、例えば、CD、CD−RO
Mと、第1の光学式情報記録ディスクよりディスク中心
からのプログラム記録領域内周端までの距離の短い第2
の光学式情報記録ディスク、例えば、DVD等に記録さ
れた情報を一台の光学式情報記録または再生装置によっ
て再生させることができる。また、第1、2の対物レン
ズがいずれもDVD用であって、第1の対物レンズがS
D用で、第2の対物レンズがHDCD用であれば、大容
量の光学式情報記録ディスクから情報の再生が可能とな
る。 (viii)によれば、ディスク中心からプログラム記
録領域内周端までの距離の相違により光学式情報記録デ
ィスクの種類を判別するための検出手段からの検出信号
に基づき、ターンテーブルの支持面に支持された光学式
情報記録ディスクの種類に応じ、当該光学式情報記録デ
ィスクに対応した対物レンズを読取開始位置に位置決め
するための位置決め制御手段を介し光学ピックアップ摺
動用の駆動手段を制御し、次いで、光学ピックアップを
摺動させ、情報の再生を行うことができる。
【0007】
【実施例】以下、実施例を示し、さらに詳しくこの発明
について説明する。もちろんこの発明は以下の例によっ
て限定されるものではない。以下、実施例においては、
CD−ROMとDVDの2種類の光学式情報記録ディス
クを再生する光学式情報記録再生装置について説明をす
る。ここにおいて、説明の便宜上、CD−ROMは、直
径120mm、光学ピックアップ側のディスク表面から
情報記録面までの距離が1.2mm、ディスク中心から
プログラム記録領域内周端までの距離が25mmであ
り、DVDは、直径120mm、光学ピックアップ側の
ディスク表面から情報記録面までの距離が0.6mm、
ディスク中心からプログラム記録領域内周端までの距離
が23〜24mmであるものを主として説明する。図1
に示されるような光学式情報記録再生装置(1)におい
ては、光学式情報記録ディスクであるCD−ROM
(2)またはDVD(3)は、保存用ケースから取り出
され、単体で共通のトレイ(4)に載置され、図示して
いない周知構造のローディング機構によって再生位置に
まで移送させられ、再生位置において、図2、3に示さ
れるように、CD−ROMまたはDVDである光学式情
報記録ディスクが、ターンテーブル(5)の支持面に図
示していない周知の適宜のクランプ機構によって支持さ
れるようになっている。
【0008】図2、3においては、光学式情報記録ディ
スクのうちCD−ROM(2)が前方より移送させら
れ、ターンテーブル(5)の支持面に支持された状態と
なっている。ターンテーブル(5)は、ベース(6)上
に固定されたスピンドルモーター(7)によって回転さ
せられるようになっている。ベース(6)上面には、光
学ピックアップ(8)摺動用の一対のガイドレール
(9)が固定ブロック(図示せず)に架設され、光学ピ
ックアップ(8)が光学式情報記録ディスクの半径方向
に摺動できるようになっている。光学ピックアップ
(8)をガイドレール(9)に沿って摺動させるには、
図示するようなラック−ピニオンによる摺動機構以外に
もネジによる摺動機構、リニアモーターによる摺動機構
等周知の摺動機構を採用すればよく、詳細な説明は省略
する。光学ピックアップ(8)上面には収納ブロック
(10)が設けられ、DVD用の対物レンズ(11)が
ディスクの半径方向の内側に、CD−ROM用の対物レ
ンズ(12)がディスクの半径方向外側に直列して配設
されている。収納ブロック(10)内にはCD−ROM
用の対物レンズ(12)とDVD用の対物レンズ(1
1)とを一体に支持する支持フレーム(図示せず)と、
駆動用の2次元アクチュエーター(図示せず)が収容さ
れ、CD−ROM用の対物レンズ(12)とDVD用の
対物レンズ(11)とが駆動用の2次元アクチュエータ
ーによって一体として焦点方向およびトラック方向に駆
動されるようになっている。CD−ROM(2)がター
ンテーブル(5)の支持面に支持されたとき、対物レン
ズ(12)とCD−ROM(2)のディスク表面との作
動距離[L]が、2mm程度となるように支持フレーム
が駆動される(図3参照)。一方、DVD(3)がター
ンテーブル(5)の支持面に支持されたとき、対物レン
ズ(11)とDVD(3)のディスク表面との作動距離
[K]が、1〜1.5mm程度になるように支持フレー
ムが駆動される(図4参照)。このようにCD−ROM
用の対物レンズ(12)とDVD用の対物レンズ(1
1)とが支持フレームによって一体として駆動されるこ
とから、これらのレンズをプラスチックで製造する場合
は、2つのレンズを一体に連結した構造に成型するよう
にしてもよい(後述する図9、10参照)。また、上記
のような支持フレーム構造に限らず、CD−ROM用の
対物レンズが支持フレームに支持され、駆動用の2次元
アクチュエーターによって焦点方向およびトラック方向
に駆動されるようになっており、DVD用の対物レンズ
が別の支持フレームに支持され、別の駆動用の2次元ア
クチュエーターによって焦点方向およびトラック方向に
駆動されるようになっていてもよい。この場合、DVD
用の対物レンズがディスクの半径方向の内側に、CD−
ROM用の対物レンズがディスクの半径方向外側に直列
して配設され、CD−ROMがターンテーブルの支持面
に支持されたとき対物レンズとCD−ROMのディスク
表面との作動距離[L]が、2mm程度となるようにC
D−ROM用の支持フレームがCD−ROM用の2次元
アクチュエーターによって駆動され、DVDがターンテ
ーブルの支持面に支持されたとき、対物レンズとDVD
のディスク表面との作動距離[K]が、1〜1.5mm
程度になるようにDVD用の支持フレームがDVD用の
2次元アクチュエーターによって駆動されるようになっ
ている。作動距離の調整は、これ以外にも、例えば、ス
ピンドルモーターの位置を昇降させる構造(特願平7−
64886号参照)等適宜の構造が採用できる。
【0009】光学ピックアップ(8)内には、CD−R
OM用のレーザーダイオード(13)とDVD用のレー
ザーダイオード(14)とが配設され、CD−ROM用
の光学系とDVD用の光学系が構成されている。CD−
ROM用の光学系においては、図5に示されるように、
レーザーダイオード(13)から放出されたレーザー光
は、回折格子(16)を通過し、ハーフミラー(15)
によって反射され、対物レンズ(12)で集光され、C
D−ROM(2)の情報記録面に照射される。次いで、
CD−ROM(2)の情報記録面からの反射光は、対物
レンズ(12)、ハーフミラー(15)を通過し、セン
サ(17)上に集光され、センサ(17)によってCD
−ROMに記録された情報を読み出すことができるよう
になっている。DVD用の光学系においては、図6に示
されるように、レーザーダイオード(14)から放出さ
れたレーザー光は、回折格子(18)を通過し、コリメ
ーターレンズ(19)によって平行光線とされ、ハーフ
ミラー(20)によって反射され、対物レンズ(11)
で集光され、DVD(3)の情報記録面に照射される。
次いで、DVDの情報記録面からの反射光は、対物レン
ズ(11)、ハーフミラー(20)を通過し、集光レン
ズ(21)によってセンサ(22)上に集光され、セン
サ(22)によってDVDに記録された情報を読み出す
ことができるようになっている。CD−ROM用の光学
系、DVD用の光学系は、上記した構成のものに限定さ
れるものではない。図7には、DVD用の光学系の他の
例を示す。図7においては、レーザーダイオード(1
4)から放出されたレーザー光は、コリメーターレンズ
(19)によって平行光線とされ、偏光ビームスプリッ
タ(23)、1/4波長板(24)を通過し、対物レン
ズ(11)で集光され、DVD(3)の情報記録面に照
射される。次いで、DVDの情報記録面からの反射光
は、対物レンズ(11)、1/4波長板(24)を通過
し、偏光ビームスプリッタ(23)によって反射され、
集光レンズ群(25)によってセンサ(22)上に集光
され、センサ(22)によってDVDに記録された情報
を読み出すことができるようになっているものである。
また、図8に、DVD用の光学系のさらに他の例を示
す。図8においては、レーザーダイオード(14)から
放出されたレーザー光は、回折格子(18)を通過し、
ハーフミラー(20)で反射され、対物レンズ(11)
で集光され、DVD(3)の情報記録面に照射される。
次いで、DVDの情報記録面からの反射光は、対物レン
ズ(11)、ハーフミラー(20)を通過し、センサ
(22)上に集光され、センサ(22)によってDVD
(3)に記録された情報を読み出すことができるように
なっているものである。また、図9に示されるような光
学系を用いることもできる。図9はCD−ROM用の対
物レンズ(112)とDVD用の対物レンズ(111)
とが一体成型されたプラスチックレンズ(110)を使
用した光学系である。図9(a)はCD−ROM(2)
の再生時を示し、図9(b)はDVD(3)の再生時を
示す。これ等の光学系は、これに限定されるものではな
い。なお、図10(a)は、一体成型されたプレスチッ
クレンズ(110)の平面図である。CD−ROM
(2)に記録された情報を再生する時は、図9(a)に
示されるように、レーザダイオード(113)から放出
されたレーザビームは、回折格子(114)を通過し、
コリメーターレンズ(115)によって平行光線とさ
れ、偏光ビームスプリッタ(116)、1/4波長板
(117)を通過し、対物レンズ(112)で集光さ
れ、CD−ROM(2)の情報記録面に照射される。次
いで、CD−ROM(2)の情報記録面からの反射光
は、対物レンズ(112)、1/4波長板(117)を
通過し、偏光ビームスプリッタ(116)によって、反
射され、集光レンズ群(118)によって、センサー
(119)上に集光され、センサー(119)によって
CD−ROM(2)に記録された情報を読み出すことが
できるようになっている。DVD(3)に記録された情
報を再生する時は、図9(b)に示されるように、レー
ザダイオード(120)から放出されたレーザビーム
は、回折格子(121)を通過し、コリメーターレンズ
(122)によって平行光線とされ、偏光ビームスプリ
ッタ(123)、1/4波長板(124)を通過し、対
物レンズ(111)で集光され、DVD(3)の情報記
録面に照射される。次いで、DVD(3)の情報記録面
からの反射光は、対物レンズ(111)、1/4波長板
(124)を通過し、偏光ビームスプリッタ(123)
によって、反射され、集光レンズ群(125)によっ
て、センサー(126)上に集光される。センサー(1
26)によってDVD(3)に記録された情報を読み出
すことができるようになっている。図9におけるプラス
チックレンズ(110)は、図10(a)に示されるよ
うに、長方形の樹脂製支持基板に2個の対物レンズを一
体成型しているが、図10(b)に示されるように大レ
ンズの光軸(M10)より外れた位置に小レンズの光軸
(M20)を形成することにより、支持基板全体が大レ
ンズを兼ねるような形状にした複合レンズであっても良
く、このような複合レンズを製造するには、遠近両用眼
鏡の製造に採用されているレンズ製造技術を一部転用す
ることができる。そして、光学ピックアップ(8)の側
方にはラック(26)が横設されている。該ラック(2
6)には、ベース(6)に固定された光学ピックアップ
摺動用モーター(27)のスピンドルに設けられたピニ
オン(28)が噛み合っている。かかる構造によって、
光学ピックアップ摺動用モーター(27)の回転は、ピ
ニオン(28)を介しラック(26)に伝達され、光学
ピックアップ(8)がガイドレール(9)に沿って摺動
される。光学ピックアップ(8)をガイドレール(9)
に沿って摺動させるための構造としては、前記のラック
とピニオンによる構造に限られず、例えば、リニアモー
ター等によって光学ピックアップをガイドレールに沿っ
て摺動させるようにしてもよい。
【0010】ベース(6)上には、ターンテーブル
(5)に装着される光学式情報記録ディスクが、CD−
ROMかDVDかを検出するための検出器(図示せず)
が設けられている。該検出器は光学式等適宜の構造のも
のが採用できる。CD−ROM(2)がターンテーブル
(5)の支持面に支持された場合、該検出器によって検
出されたCD−ROMとの検出信号は、図示していない
制御装置に入力され、光学ピックアップ摺動用モーター
(27)により、光学ピックアップ(8)を摺動させ、
CD−ROM用の対物レンズ(12)をCD−ROMの
ディスク中心から25mmの距離にあるプログラム記録
領域内周端である読取開始位置に位置決めする。また、
DVD(3)がターンテーブル(5)の支持面に支持さ
れた場合は、DVD用の対物レンズ(11)をDVDの
ディスク中心から23〜24mmの距離にあるプログラ
ム記録領域内周端である読取開始位置に位置決めする。
次いで、制御装置によって光学ピックアップ(8)を摺
動させ、情報の再生を行うことができるようになってい
る。そして、制御装置により、スピンドルモーター
(7)を回転起動させたり、光学ピックアップ(8)の
収納ブロック(10)内に収納された2次元アクチュエ
ーターを駆動して、支持フレームを移動させディスク表
面とCD−ROM用の対物レンズ(12)の作動距離を
[L]としたり、ディスク表面とDVD用の対物レンズ
(11)の作動距離が[K]となるようにしたりする。
【0011】以上のように構成された光学式情報記録再
生装置による光学式情報記録ディスクからの再生動作に
ついて以下説明する。 (I)[CD−ROMについて] 図2、3に示されるように、光学ピックアップ(8)は
ターンテーブル(5)近傍の初期位置にある。該初期位
置は、任意の位置に設定できるが、2点鎖線で示される
位置、すなわち、ターンテーブル(5)の軸心からCD
−ROM用の対物レンズ(12)の光軸までの距離が、
CD−ROMのプログラム記録領域内周端である25m
mに相当する読取開始位置で、ターンテーブル(5)の
支持面はCD−ROM(2)が支持されたとき、CD−
ROM用の対物レンズ(12)とディスク表面とが2m
mの作動距離[L]となる位置に設定してあると、CD
−ROM(2)がターンテーブル(5)の支持面に支持
されたとき、そのままCD−ROM(2)から情報の再
生を行わせることができる。このような初期位置の設定
状態において、CD−ROM(2)がトレイ(4)に載
置され、ローディングされる(図1参照)。CD−RO
M(2)が前方より移送させられ、ターンテーブル
(5)の支持面に支持される際、検出器によって、前述
したように、光学式情報記録ディスクの種類が検出され
る。検出器からのCD−ROMであるとの検出信号は、
制御装置に入力されるが、光学ピックアップ(8)を摺
動させる必要がないことから光学ピックアップ摺動用モ
ーター(27)は起動されず、光学ピックアップ(8)
は図3の2点鎖線で示される状態に維持される。そし
て、CD−ROM(2)がターンテーブル(5)の支持
面に支持され、スピンドルモーター(7)が起動され、
CD−ROM(2)が回転させられる。次いで、光学ピ
ックアップ摺動用モーター(27)が起動され、ピニオ
ン(28)が反時計方向に回転させられる。該ピニオン
(28)の回転に伴って、ラック(26)を介し、光学
ピックアップ(8)がガイドレール(9)に沿ってディ
スクの右方向に摺動させられ、CD−ROM用の対物レ
ンズ(12)とディスク表面とが2mmの作動距離
[L]を保ちながら、CD−ROM用の対物レンズ(1
2)によってCD−ROM(2)に記録された情報が再
生される。CD−ROM(2)による再生動作が終了し
た後、制御装置からの指令に基づき、光学ピックアップ
(8)は読取開始位置に戻されるように制御される。
【0012】(II)[DVDについて] 図2、3に示されるように、光学ピックアップ(8)
は、ターンテーブル(5)近傍の、ターンテーブル
(5)の軸心からCD−ROM用の対物レンズ(12)
の光軸中心までの距離が、CD−ROMのプログラム記
録領域内周である25mmに相当する位置で、CD−R
OM用の対物レンズ(12)とディスク表面とが2mm
の作動距離[L]となる初期位置にある。この状態にお
いて、DVD(3)がトレイ(4)に載置され、ローデ
ィングされる(図1参照)。DVD(3)が前方より移
送させられ、ターンテーブル(5)の支持面に支持され
る際、検出器によって、前述したように、光学式情報記
録ディスクの種類が検出される。検出器からのDVDで
あるとの検出信号は、制御装置に入力される。制御装置
からの指令によって光学ピックアップ摺動用モーター
(27)が起動され、ピニオン(28)が反時計方向に
回転させられる。該ピニオン(28)の回転に伴って、
ラック(26)を介し、光学ピックアップ(8)がガイ
ドレール(9)に沿って右方向に摺動させられ、DVD
用の対物レンズ(12)の光軸とターンテーブル(5)
の軸心との距離が、DVDのプログラム記録領域内周端
である23〜24mmとなり、光学ピックアップ摺動用
モーター(27)の回転が停止される。また、2次元ア
クチュエーターが駆動され、支持フレームが移動させら
れDVD用の対物レンズ(11)とディスク表面とが1
〜1.5mmの作動距離[K]となる(図4参照)。そ
して、DVD(3)がターンテーブル(5)の支持面に
支持され、スピンドルモーター(7)が起動され、DV
D(3)が回転させられる。そして、光学ピックアップ
摺動用モーター(27)が起動され、ピニオン(28)
が反時計方向に回転させられる。該ピニオン(28)の
回転に伴って、ラック(26)を介し、光学ピックアッ
プ(8)がガイドレール(9)に沿ってディスクの右方
向に摺動させられ、DVD用の対物レンズ(11)とデ
ィスク表面とが1〜1.5mmの作動距離を保ちなが
ら、DVD用の対物レンズ(11)によってDVD
(3)に記録された情報を再生する。DVD(3)によ
る再生動作が終了した後、制御装置からの指令に基づ
き、光学ピックアップ(8)は読取開始位置に戻される
ように制御される。上記実施例においては、CD−RO
M用の対物レンズ(12)とDVD用の対物レンズ(1
1)とが一体として支持フレームに支持され、該支持フ
レームを2次元アクチュエーターによって一体として焦
点方向およびトラック方向に駆動されるようになってい
るが、CD−ROM用の対物レンズ(12)を焦点方向
およびトラック方向に駆動する2次元アクチュエーター
と、DVD用の対物レンズ(11)を焦点方向およびト
ラック方向に駆動する2次元アクチュエーターとをそれ
ぞれ光学ピックアップ()に設けるようにしてもよい。
【0013】なお、上記実施例においては、直径120
mmでディスク中心からプログラム記録領域内周端(4
1)までの距離が25mmであるCD−ROM(2)
と、直径120mmでディスク中心からプログラム記録
領域内周端(51)までの距離が23〜24mmである
DVD(3)の2種類の光学式情報記録ディスクを再生
する光学式情報記録再生装置について説明をしたが、光
学式情報記録再生装置としては、直径120mmでディ
スク中心からプログラム記録領域内周端までの距離が2
4mmである光学式情報記録ディスク(SD)と、直径
120mmでディスク中心からプログラム記録領域内周
端までの距離が23mmである光学式情報記録ディスク
(HDCD)の2種類の光学式情報記録ディスクを再生
する光学式情報記録再生装置等であってもよいことはい
うまでもなく、そのような光学式情報記録再生装置の構
造は、使用するレーザー光、光学系、その配置位置等が
相違するものの、実施例で説明した構造と類似したもの
を採用することができることから、その詳細な説明は省
略する。また、上記実施例においては、光学式情報記録
ディスク表面と対物レンズとの作動距離を2次元アクチ
ュエーターによって調整するようにしたが、光学式情報
記録ディスクと対物レンズとの作動距離の調整を、スピ
ンドルモーターを昇降機構によって昇降させることで行
うようにしてもよい。
【0014】
【発明の効果】この発明は、以上詳しく説明したように
構成されているので、以下に記載されるような効果を奏
する。 (a)複数種類の規格の光学式情報記録ディスクに応じ
て設計された複数の対物レンズと、複数の対物レンズに
それぞれに対応する複数のレーザー光源とを具備した光
学ピックアップが、回転駆動手段に支持された光学式情
報記録ディスクの半径方向に沿って摺動するといった構
造を採用することにより、1台で複数種類の規格の光学
式情報記録ディスクに情報を記録または再生させること
のできる、いわゆるコンパチブルな光学式情報記録また
は再生装置を製造することができる。この光学式情報記
録または再生装置においては、前述の如く光学ピックア
ップには、複数の対物レンズと、前記複数の対物レンズ
にそれぞれに対応する複数のレーザー光源とを具備し、
前記複数の対物レンズは、各光軸が回転駆動手段に支持
された光学式情報記録ディスクの半径に沿って揃列配置
されるように配置され、そして、前記複数の対物レンズ
がディスクのプログラム記録領域内周端までの距離に応
じ、該距離の短い順に内側から順に配設されているだけ
といった、簡単な構造であり、しかもそのための部品が
軽量なことから、装置としても小型であり、その製造コ
ストも安価である。従って、使用に当たっても、場所を
とらず、使用勝手がよいことから、マルチメディアにお
いて、重要な要素を占めると考えられるCD、CD−R
OMとDVD等といったような複数種類の規格の光学式
情報記録ディスクを記録または再生することができる軽
量で、コンパクトでコンパチブルな光学式情報記録また
は再生装置を安価に提供することができる。また、
(b)この光学式情報記録または再生装置は、光学式情
報記録ディスクをターンテーブルの支持面に支持して回
転させる回転駆動手段と、光学式情報記録ディスク用の
対物レンズが、ディスク中心からプログラム記録領域内
周端までの距離に応じ、該距離の短い順に光学式情報記
録ディスクの半径方向に内側から順に配設されてなる光
学ピックアップと、該光学ピックアップをディスクの半
径方向に摺動させる摺動案内手段と、光学ピックアップ
摺動用の駆動手段と、ターンテーブルの支持面に支持さ
れた光学式情報記録ディスクの種類に応じ、当該光学式
情報記録ディスクに対応した対物レンズを読取開始位置
に位置決めするための位置決め制御手段といった構造を
採用していることにより、重量があり、スペースを占
め、消費電力の大きい、光学式情報記録用ディスクを回
転させる回転駆動手段、精密で高価な光学ピックアッ
プ、および、光学ピックアップの摺動用の駆動手段を少
なくとも共用でき、省スペースであって、使い勝手がよ
いことから、マルチメディア化に対応した光学式情報記
録または再生装置を得ることができる。そして、駆動手
段等の使用部品の共有化が図られ装置が集約化されるこ
とになり、光学式情報記録または再生装置の製造コスト
を低減化することができる。換言すれば、光学ピックア
ップに光学式情報記録ディスクの種類に対応する数の対
物レンズを配設することは、光学ピックアップ、ガイド
レール、光学ピックアップの摺動用の駆動手段がひとつ
で済むことから、構造自体が単純化でき、これらの部品
の装置内での占有空間が少なくて済み、余裕空間に他の
部品等を配設でき、装置内の空間を有効に使用して装置
全体をコンパクト化できる利点があるとともに、部品構
成が少なくて済み、経済的である。さらに、スピンドル
モーター等の重量があって、エネルギー多消費の部品の
位置を機械的に変更したりするような構造を採用してい
ないので、そのための頑丈な機械的部品の製造にかか
る、素材コスト、組立コストが不要となり、他の部品と
の干渉等が少なく、占有面積も少なく、製造コストが低
く、故障が少なく、修理が容易であって、エネルギー消
費等のランニングコストが低い省スペースで使い手のよ
いマルチメディア化に対応しうる光学式情報記録または
再生装置を得ることができるようになる。従って、マル
チメディア化においては重要な要素を占めると考えられ
るCD、CD−ROMとDVD等といったような光学式
情報記録ディスクの中心からプログラム記録領域内周端
までの距離の相違する異種の光学式情報記録ディスクか
ら情報の再生を行うことができるようになる。また、
(c)ディスク中心からプログラム記録領域内周端まで
の距離の相違する光学式情報記録ディスクの種類を判別
するための検出手段が配設されており、該検出手段から
の検出信号に基づき、ターンテーブルの支持面に支持さ
れた光学式情報記録ディスクの種類に応じ、当該光学式
情報記録ディスクに対応した対物レンズをプログラム記
録領域内周端である読取開始位置に位置決めするための
位置決め制御手段を介し光学ピックアップ摺動用の駆動
手段を自動的に制御することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の光学式情報記録再生装置の実施例の
斜視図である。
【図2】この発明の光学式情報記録再生装置の実施例の
要部の一部破断平面図である。
【図3】図2の光学式情報記録再生装置の要部側面図で
ある。
【図4】図2と異なった状態を示す光学式情報記録再生
装置の要部側面図である。
【図5】CD−ROM用の光学系の一例を示す説明図で
ある。
【図6】DVD用の光学系の一例を示す説明図である。
【図7】DVD用の光学系の他の例を示す説明図であ
る。
【図8】DVD用の光学系のさらに他の例を示す説明図
である。
【図9】プラスチック一体成型された2個の対物レンズ
による光学式情報記録再生装置における光学系を示す説
明図で、(a)はCD−ROM再生時を示し、(b)は
DVD再生時を示す。
【図10】プラスチック一体成型された2個の対物レン
ズの平面図を示し、(a)は図9における対物レンズ、
(b)は複合レンズを示す。
【図11】光学式情報記録ディスクの記録・再生方式の
説明図である。
【図12】CD−ROMへの光ビーム照射時におけるデ
ィスクの傾きによる光のスポット強度の関係を示す説明
図である。
【図13】DVDへの光ビーム照射時におけるディスク
の傾きによる光のスポット強度の関係を示す説明図であ
る。
【図14】CD−ROMの平面図である。
【図15】DVDの平面図である。
【符号の説明】
1 光学式情報記録再生装置 2 CD−ROM 3 DVD 5 ターンテーブル 7 スピンドルモーター 8 光学ピックアップ 11 DVD用対物レンズ 12 CD−ROM用対物レンズ
フロントページの続き (72)発明者 土屋 洋一 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三 洋電機株式会社内 (72)発明者 市浦 秀一 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三 洋電機株式会社内

Claims (16)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数種類の規格の光学式情報記録ディス
    クに応じて設計された複数の対物レンズと、複数の対物
    レンズにそれぞれに対応する複数のレーザー光源とを具
    備した光学ピックアップが、 回転駆動手段に支持された光学式情報記録ディスクの半
    径方向に沿って摺動することを特徴とする光学式情報記
    録または再生装置。
  2. 【請求項2】 前記複数の対物レンズは、各光軸が前記
    回転駆動手段に支持された光学式情報記録ディスクの半
    径方向に沿って揃列配置されるように配置されているこ
    とを特徴とする請求項1記載の光学式情報記録または再
    生装置。
  3. 【請求項3】 前記複数の対物レンズが、光学式情報記
    録ディスクの中心からプログラム記録領域内周端までの
    距離に応じ、該距離の短い順に前記回転駆動手段に支持
    された光学式情報記録ディスクの半径方向に沿って内側
    から順に光学ピックアップに配設されていることを特徴
    とする請求項2記載の光学式情報記録または再生装置。
  4. 【請求項4】 ディスク中心からプログラム記録領域内
    周端までの距離の相違する異種の光学式情報記録ディス
    クから情報の再生を行う光学式情報記録または再生装置
    であって、 各光学式情報記録ディスクをターンテーブルの支持面に
    支持して回転させる回転駆動手段と、 各光学式情報記録ディスク用の対物レンズが、ディスク
    中心からプログラム記録領域内周端までの距離に応じ、
    該距離の短い順に光学式情報記録ディスクの半径方向に
    沿って内側から順に配設されてなる光学ピックアップ
    と、 該光学ピックアップをディスクの半径方向に沿って摺動
    させる摺動案内手段と、 光学ピックアップ摺動用の駆動手段と、 ターンテーブルの支持面に支持された光学式情報記録デ
    ィスクの種類に応じ、当該光学式情報記録ディスクに対
    応した対物レンズを読取開始位置に位置決めするための
    位置決め制御手段と、を具備してなることを特徴とする
    光学式情報記録または再生装置。
  5. 【請求項5】 各対物レンズが、一つの支持フレームに
    搭載され、支持フレームには駆動手段が連結されてお
    り、各対物レンズが支持フレームによって一体としてト
    ラック方向、および、焦点方向に前記駆動手段によって
    駆動されるようになっていることを特徴とする請求項
    1、2、3または4記載の光学式情報記録または再生装
    置。
  6. 【請求項6】 各対物レンズは一体化されてなるもので
    あることを特徴とする請求項5記載の光学式情報記録ま
    たは再生装置。
  7. 【請求項7】 請求項6記載の光学式情報記録または再
    生装置において、各対物レンズは一体成型されてなるも
    のであることを特徴とする光学式情報記録または再生装
    置。
  8. 【請求項8】 各対物レンズが、それぞれ別個の独立し
    た支持フレームに搭載され、各支持フレームにはそれぞ
    れ駆動手段が連結されており、各対物レンズに連結され
    た駆動手段によって、各対物レンズがトラック方向、お
    よび、焦点方向に個別に独立駆動されるようになってい
    ることを特徴とする請求項1、2、3または4記載の光
    学式情報記録または再生装置。
  9. 【請求項9】 対物レンズが、第1の光学式情報記録デ
    ィスク用の第1の対物レンズと、第1の光学式情報記録
    用ディスクと同一直径であって、第1の光学式情報記録
    ディスクよりディスク中心からのプログラム記録領域内
    周端までの距離の短い第2の光学式情報記録ディスク用
    の第2の対物レンズの2種であることを特徴とする請求
    項1、2、3、4、5、6、7または8記載の光学式情
    報記録または再生装置。
  10. 【請求項10】 請求項9記載の光学式情報記録または
    再生装置において、第1の対物レンズが、直径120m
    mでディスク中心からプログラム記録領域内周端までの
    距離が25mmである第1の光学式情報記録ディスクに
    レーザー光を照射する対物レンズであり、第2の対物レ
    ンズが、直径120mmでディスク中心からプログラム
    記録領域内周端までの距離が23〜24mmである第2
    の光学式情報記録ディスクにレーザー光を照射する対物
    レンズであることを特徴とする光学式情報記録または再
    生装置。
  11. 【請求項11】 請求項9記載の光学式情報記録または
    再生装置において、第1の対物レンズが、直径120m
    mでディスク中心からプログラム記録領域内周端までの
    距離が24mmである第1の光学式情報記録ディスクに
    レーザー光を照射する対物レンズであり、第2の対物レ
    ンズが、直径120mmでディスク中心からプログラム
    記録領域内周端までの距離が23mmである第2の光学
    式情報記録ディスクにレーザー光を照射する対物レンズ
    であることを特徴とする光学式情報記録または再生装
    置。
  12. 【請求項12】 請求項9記載の光学式情報記録または
    再生装置において、第1の対物レンズが、直径120m
    mでディスク中心からプログラム記録領域内周端までの
    距離が25mmである第1の光学式情報記録ディスクに
    レーザー光を照射する対物レンズであり、第2の対物レ
    ンズが、直径120mmでディスク中心からプログラム
    記録領域内周端までの距離が24mmである第2の光学
    式情報記録ディスクにレーザー光を照射する対物レンズ
    であることを特徴とする光学式情報記録または再生装
    置。
  13. 【請求項13】 対物レンズが、第1の光学式情報記録
    ディスク用の第1の対物レンズと、第1の光学式情報記
    録ディスクと同一直径であって、第1の光学式情報記録
    ディスクよりディスク表面から情報記録面までの距離が
    長いもしくは短い第2の光学式情報記録ディスク用の第
    2の対物レンズの2種であることを特徴とする請求項
    1、2、3、4、5、6、7、8または9記載の光学式
    情報記録または再生装置。
  14. 【請求項14】 請求項11記載の光学式情報記録また
    は再生装置において、第1の対物レンズが、直径120
    mmでディスク表面から情報記録面までの距離が0.6
    mmで現行のコンパクトディスクより記録密度の高い第
    1の光学式情報記録ディスクにレーザー光を照射する対
    物レンズであり、第2の対物レンズが、第1の光学式情
    報記録ディスクと同一直径でディスク表面から情報記録
    面までの距離が1.2mmで現行のコンパクトディスク
    より記録密度の高いの第2の光学式情報記録ディスクに
    レーザー光を照射する対物レンズであることを特徴とす
    る光学式情報記録または再生装置。
  15. 【請求項15】 請求項12記載の光学式情報記録また
    は再生装置において、第1の対物レンズが、直径120
    mmでディスク表面から情報記録面までの距離が1.2
    mmで第1の光学式情報記録ディスクにレーザー光を照
    射する対物レンズであり、第2の対物レンズが、第1の
    光学式情報記録ディスクと同一直径でディスク表面から
    情報記録面までの距離が0.6mmで現行のコンパクト
    ディスクより記録密度の高い第2の光学式情報記録ディ
    スクにレーザー光を照射する対物レンズであることを特
    徴とする光学式情報記録または再生装置。
  16. 【請求項16】 ディスク中心からプログラム記録領域
    内周端までの距離の相違する光学式情報記録ディスクの
    種類を判別するための検出手段が配設されており、該検
    出手段からの検出信号に基づき、ターンテーブルの支持
    面に支持された光学式情報記録ディスクの種類に応じ、
    当該光学式情報記録ディスクに対応した対物レンズを読
    取開始位置に位置決めするための位置決め制御手段を介
    し光学ピックアップ摺動用の駆動手段を制御するように
    したことを特徴とする請求項2、3、4、5、6、7、
    8、9、10、11、12、13、14または15記載
    の光学式情報記録または再生装置。
JP7144026A 1995-03-31 1995-05-17 光学式情報記録または再生装置 Pending JPH08329517A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10034795 1995-03-31
JP7-100347 1995-03-31
JP7144026A JPH08329517A (ja) 1995-03-31 1995-05-17 光学式情報記録または再生装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7144026A JPH08329517A (ja) 1995-03-31 1995-05-17 光学式情報記録または再生装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08329517A true JPH08329517A (ja) 1996-12-13

Family

ID=26441391

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7144026A Pending JPH08329517A (ja) 1995-03-31 1995-05-17 光学式情報記録または再生装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08329517A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997042631A1 (fr) * 1996-05-09 1997-11-13 Sony Corporation Tete de lecture et lecteur de disque
WO1998034222A3 (en) * 1998-01-12 1998-10-08 Koninkl Philips Electronics Nv Scanning device for optical discs
EP0874358A1 (en) * 1997-04-23 1998-10-28 Victor Company Of Japan, Ltd. Optical disc apparatus
US6021107A (en) * 1996-07-17 2000-02-01 Sony Corporation Optical pickup device and recording and/or reproducing apparatus for optical disc
US6118747A (en) * 1997-01-30 2000-09-12 U.S. Philips Corporation Scanning device for optical discs
JP2008102996A (ja) * 2006-10-18 2008-05-01 Hitachi Media Electoronics Co Ltd 光ピックアップ及び光ディスクドライブ
US7921437B2 (en) * 2006-05-09 2011-04-05 Sanyo Electric Co., Ltd. Optical pick apparatus
US7979874B2 (en) 2005-12-21 2011-07-12 Lg Innotek Co., Ltd. Mounting device for disk in spindle motor

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6172958B1 (en) * 1996-05-09 2001-01-09 Sony Corporation Optical pick-up and disk player
WO1997042631A1 (fr) * 1996-05-09 1997-11-13 Sony Corporation Tete de lecture et lecteur de disque
US6021107A (en) * 1996-07-17 2000-02-01 Sony Corporation Optical pickup device and recording and/or reproducing apparatus for optical disc
US6118747A (en) * 1997-01-30 2000-09-12 U.S. Philips Corporation Scanning device for optical discs
US6167003A (en) * 1997-04-23 2000-12-26 Victor Company Of Japan, Ltd. Optical disc apparatus for installing two types of optical discs
EP0874358A1 (en) * 1997-04-23 1998-10-28 Victor Company Of Japan, Ltd. Optical disc apparatus
WO1998034222A3 (en) * 1998-01-12 1998-10-08 Koninkl Philips Electronics Nv Scanning device for optical discs
US8082562B2 (en) 2005-12-21 2011-12-20 Lg Innotek Co., Ltd. Mounting device for disk in spindle motor
US8508087B2 (en) 2005-12-21 2013-08-13 Lg Innotek Co., Ltd. Mounting device for disk in spindle motor
US7979874B2 (en) 2005-12-21 2011-07-12 Lg Innotek Co., Ltd. Mounting device for disk in spindle motor
US8307385B2 (en) 2005-12-21 2012-11-06 Lg Innotek Co., Ltd. Mounting device for disk in spindle motor
US8853899B2 (en) 2005-12-21 2014-10-07 Lg Innotek Co., Ltd. Mounting device for disk in spindle motor
US8087037B2 (en) 2006-05-09 2011-12-27 Sanyo Electric Co., Ltd. Optical pickup apparatus
US7921437B2 (en) * 2006-05-09 2011-04-05 Sanyo Electric Co., Ltd. Optical pick apparatus
US8169880B2 (en) 2006-10-18 2012-05-01 Hitachi Media Electronics Co., Ltd. Optical pickup having radially arranged lenses in a low profile construction
US8014258B2 (en) 2006-10-18 2011-09-06 Hitachi Media Electronics Co., Ltd. Optical pickup having radially arranged lenses in a low profile construction
JP2008102996A (ja) * 2006-10-18 2008-05-01 Hitachi Media Electoronics Co Ltd 光ピックアップ及び光ディスクドライブ

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7031233B2 (en) Optical recording/reproduction device and focal point control method
KR100565016B1 (ko) 광디스크장치및광디스크판별방법
KR20060051541A (ko) 광 픽업 및 광 디스크 장치
KR101058859B1 (ko) 광 픽업 및 이것을 이용한 기록 및/또는 재생 장치
JPH10112043A (ja) 再生装置
US7398539B2 (en) Height-variable type turntable assembly and optical disk device including the same
JPH08329517A (ja) 光学式情報記録または再生装置
JP2835015B2 (ja) 光学式情報記録または再生装置
JP2006120306A (ja) 光ピックアップ及び光ディスク装置
JP3230376B2 (ja) 光学的情報記憶装置
JPH08315409A (ja) 光学式情報記録または再生装置
US20080232207A1 (en) Method and Device For Compensating Tilt of an Optical Data Carrier
JPH08297909A (ja) 光学式情報記録または再生装置
JP2001236674A (ja) 光学式ピックアップ装置
JP3575181B2 (ja) 光学記録媒体の記録及び/又は再生装置及びそれに用いられる光学ピックアップ
JPH08235762A (ja) 光学式情報記録再生装置
US7848215B2 (en) Optical recording medium, information recording apparatus and information reproduction apparatus
JPH09282671A (ja) 円盤状光記録媒体の記録及び/又は再生装置
JP3462293B2 (ja) 光ディスク装置
JPH11353657A (ja) フォーカスサーボ制御装置
JP2009176337A (ja) 光ディスク装置
KR20050016276A (ko) 광 기록 재생 장치 및 초점 제어 방법
KR100681613B1 (ko) 홀로그래픽 롬의 기준광 서보를 이용한 트랙 서보 제어방법 및 그 장치
JP2003016667A (ja) 光ディスク装置
JPH10269589A (ja) 光ディスク装置