JPH08328883A - System program calling method - Google Patents

System program calling method

Info

Publication number
JPH08328883A
JPH08328883A JP13240795A JP13240795A JPH08328883A JP H08328883 A JPH08328883 A JP H08328883A JP 13240795 A JP13240795 A JP 13240795A JP 13240795 A JP13240795 A JP 13240795A JP H08328883 A JPH08328883 A JP H08328883A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
system
program
virtual
processing
base
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP13240795A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toru Ono
徹 小野
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nec Corp, 日本電気株式会社 filed Critical Nec Corp
Priority to JP13240795A priority Critical patent/JPH08328883A/en
Publication of JPH08328883A publication Critical patent/JPH08328883A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE: To call a system program out of a virtual system of a virtual machine or a base system by means of the same entry address table.
CONSTITUTION: This calling method includes a step where the caller address is acquired for a processing program 7 of a base system or the processing programs 10 and 13 of the virtual systems #1 to #n, a step where the caller decides the base system or the systems #1 to #n, a step where the system program of the base system is called based on an entry address table 5, and a step where the system programs of the systems #1 to #n are called based on the table 5.
COPYRIGHT: (C)1996,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】この発明は、仮想マシンにおけるシステムプログラムの呼び出し方法に関し、特にベースシステムの処理プログラム手段と仮想システムの処理プログラム手段からのシステムコールを識別して、ベースシステムのシステムプログラムあるいは仮想システムのシステムプログラムエミュレーション手段をそれぞれ呼び出す方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to call a method of the system program in the virtual machine, in particular to identify the system call from the processing program means processing program means and the virtual system based systems, the base system system program or about how to call the system program emulation means of a virtual system, respectively.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来の仮想マシンにおいて、特許公報昭62−12555号公報によれば、仮想マシンに対する状態制御命令あるいは割り込み処理を、仮想マシンのベースシステムで処理すべきか、あるいは仮想システムで処理すべきかを、仮想システムの状態を示す状態レジスタ部によって判定し、ベースシステムの状態制御部で処理するときのみ、ベースシステムの状態制御部で前記割込みあるいは命令を処理するデータ処理装置を開示している。 In a conventional virtual machine, according to Japanese Patent Publication Sho 62-12555, the state control command or interrupt processing for the virtual machine, or to be processed by the base system of the virtual machine, or the processing all the virtual system vaporization, determined by the state register unit indicating the state of the virtual system, only when processing in the state control unit of the base system, discloses a data processing device for processing the interrupt or command in the state control unit of the base system .

【0003】または、特開昭61−16338号公報によれば、仮想マシンのベースシステムに対する特権命令や状態制御命令の割り込みハンドラを備え、最適の割込みハンドラを新PSWに基づき選択して処理を行うことにより、無駄な割り込み原因についてのチェックを省き、オーバーヘッドが縮減される仮想計算機システムにおける割込み処理方式を開示している。 [0003] Alternatively, according to JP-A-61-16338, comprising an interrupt handler privileged instructions and state control instructions to the base system of the virtual machine, perform the selected processing based optimal interrupt handler new PSW by omits the check for unnecessary interruption cause, discloses an interrupt processing method in a virtual machine system overhead is reduction.

【0004】上述の仮想マシンにおけるベースシステムと仮想システムでは、割込み処理のエントリを共有しているだけである。 [0004] In the base and virtual systems in the above virtual machine, only share the entry of the interrupt processing. またシステムプログラムに対するシステムコールにおいては、ベースシステムと仮想システムがエントリを共有してシステムプログラムの呼び出しを行うことができない。 In the system call to the system program, it is impossible to make a call in the system program based systems and virtual systems share entry. システムプログラムの呼び出しを行うためには、ベースシステムと仮想システムのシステムプログラム呼び出しエントリをそれぞれ別々に設けなければならない。 To make a call system program, it must be provided a system program calls an entry of the base and virtual systems each separately.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】仮想マシンのベースシステムおよび仮想システムが発行するシステムコールに対し、ベースシステムと仮想マシンとで共有するエントリアドレステーブルを設け、仮想システムごとにシステムコールのエントリアドレステーブルをもたせることを不要にする。 With respect to the base system and virtual system calls the system issues a virtual machine [0005], the entry address table to be shared by the base system and the virtual machine provided, the entry address table system calls for each virtual system eliminating the need for it to have a.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】この発明の目的は、仮想システムのシステムコールに対するエントリアドレステーブルを共有させて、システムプログラムを呼び出す方法を提供する。 Means for Solving the Problems The object of the invention is, by sharing the entry address table for the system calls a virtual system, a method of calling a system program.

【0007】そのため、この発明の方法は、処理装置で動作するベースシステムの処理プログラム手段と前記ベースシステムで動作する一つ以上の仮想システムの処理プログラム手段とがシステムコールをそれぞれ発行して自身のシステムプログラムを呼出す方法において、前記システムコールの呼び出し元のアドレスを戻りアドレススタックから取得するステップと、前記アドレスに基づいて、呼び出し元がベースシステムの処理プログラム手段であるか、あるいは呼び出し元が仮想システムの処理プログラム手段であるかを判定するステップと、前記呼び出し元がベースシステムの処理プログラム手段であるとき、ベースシステムと仮想システムで共有するエントリアドレステーブルを参照してベースシステムのシステムプログラムに対 [0007] Therefore, the method of the present invention, a processing program means one or more virtual systems operating in the base system processing program means and the base system operating in a processor of its own by issuing each system call a method of calling a system program, acquiring the calling return address stack address of the system call, on the basis of the address, whether the caller is a processing program means based system or the caller is a virtual system, and processing determining whether the program unit, when the caller is a processing program means based system versus the base system system program by referring to the entry address table to be shared by the base and virtual systems するエントリアドレスを取得し、前記システムプログラムを呼び出すステップと、前記呼び出し元が仮想システムの処理プログラム手段であるとき、前記エントリアドレステーブルを参照して前記仮想システムに対応するシステムプログラムのエントリアドレスを取得し、システムプログラムエミュレーション処理手段を呼び出すステップと、を含むことを特徴とする。 Obtaining a step of obtaining an entry address, calling the system program, when the caller is a processing program means a virtual system, the entry address of system program corresponding to the virtual system by referring to the entry address table and, characterized in that it comprises the steps of: calling a system program emulation process means.

【0008】 [0008]

【実施例】次に、この発明について図面を参照して説明する。 EXAMPLES Next, will be described with reference to the drawings the present invention.

【0009】この発明の一実施例の方法を示すフローチャート図1を参照すると、システムプログラムが呼び出された際、システムコールを発行する呼び出し元のアドレスを戻りアドレススタックから取得するステップ1 [0009] Step 1 of obtaining Referring to the flow chart 1 showing a method of one embodiment of the present invention, when the system program is called, the caller's address to issue a system call returns from address stack
と、ベースシステムからの呼び出しかあるいは仮想システムからの呼び出しかを呼び出し元の戻りアドレスによって判定をするステップ2と、呼び出し元がベースシステムである場合、ベースシステムのシステムプログラムの呼び出し処理に分岐するステップ3と、呼び出し元が仮想システムである場合、仮想システムのシステムプログラムのエミュレーション処理部の呼び出しに分岐するステップ4と、を含む。 If, in step 2 of the determination by the call or call or caller's return address from the virtual system from the base system, the caller is the base system, the step of branching to the call processing of the base system system program 3, if the caller is a virtual system, including a step 4 that branches to call the emulation processing unit of the system program of the virtual system, the.

【0010】更に、この実施例におけるメモリマップ2 [0010] In addition, the memory map 2 in this example
0を示す図2を参照すると、メモリの下位アドレスから上位アドレスに対して、順に共有するエントリアドレステーブル5と、ベースシステムのシステムプログラム6 Referring to Figure 2 showing the 0, to the upper address from the lower address of the memory, an entry address table 5 to be shared in order, the base system system program 6
と、ベースシステムで動作する処理プログラム7と、仮想システム#1のシステムプログラム8と、仮想システム#1のシステムプログラムエミュレーション処理部9 When a processing program 7 which operates in the base system, the system program 8 of the virtual system # 1, the virtual system # 1 of the system program emulation processor 9
と、仮想システム#1で動作する処理プログラム10 When a processing program 10 operating in the virtual system # 1
と、仮想システム#nのシステムプログラムであるコアプログラム11と、仮想システム#nのシステムプログラムエミュレーション処理部12と、仮想システム#n When a core program 11 is a system program of the virtual system #n, the system program emulation processing unit 12 of the virtual system #n, the virtual system #n
で動作する処理プログラム13と、が順にメモリマップ20に配置されている。 In a processing program 13 which operates, but are sequentially arranged in the memory map 20.

【0011】また、エントリアドレステーブル5を示す図3を参照すると、ベースシステムのシステムプログラムのアドレスポインタ51およびコードセグメントポインタ52と、仮想システム#1から仮想システム#nにそれぞれ対応するシステムプログラム#1のアドレスポインタ53およびコードセグメントポインタ54からシステムプログラム#nのアドレスポインタ5nおよびコードセグメントポインタ5n+1と、をそれぞれに対にして含む。 [0011] Referring also to FIG. 3 showing the entry address table 5, a system program # 1 and the address pointer 51, and code segment pointer 52 of the base system system program, corresponding respectively to the virtual system #n from the virtual system # 1 including and from the address pointer 53, and code segment pointer 54 an address pointer 5n and code segment pointer 5n + 1 of the system program #n, the pairs respectively.

【0012】戻りアドレススタック40を示す図4を参照すると、戻りアドレススタック40には、呼び出し元の次の命令のアドレスポインタ41と呼び出し元のコードセグメントポインタ42とがスタックされて、アドレスポインタ41によって呼び出し元が判定できる。 Referring to FIG. 4 showing the return address stack 40, the return address stack 40, is the calling of the next stack is the address pointer 41 and the calling code segment pointer 42 of the instruction, by the address pointer 41 the caller can be determined.

【0013】ベースシステムで動作する処理プログラム7や仮想システムで動作する処理プログラム10からシステムコールによってそれぞれのシステムプログラム6 [0013] Each of the system program from the program 10 operating in the processing program 7 and virtual systems operating in the base system by a system call 6
あるいはシステムプログラム8が呼び出されると、エントリアドレステーブル5を参照し、対応するシステムプログラム51,53,…5nが呼び出され、それぞれエミュレーション処理部9あるいはエミューレション処理部13で処理される。 Or when the system program 8 is called, an entry referring to the address table 5, a corresponding system program 51 and 53, ... 5n is called, is processed by the emulation processing unit 9 or the emu les Deployment unit 13, respectively. エントリアドレステーブル5は、 Entry address table 5,
システム全体に一つ設けてベースシステムおよび仮想システム#1乃至#nの各システムプログラムのエントリアドレスを共有テーブル5にもつ。 And one provided on the entire system with an entry address of each system program based and virtual systems # 1 to #n in the shared table 5.

【0014】この実施例の方法を図1を参照して説明すると、呼び出し元のアドレスを取得し(ステップ1)、 [0014] Gets With reference to Figure 1 the method of this embodiment, the calling address (step 1),
該アドレスにより呼び出し元を判断し(ステップ2)、 Determining the caller by the address (step 2),
ベースシステムで動作する処理プログラからの呼び出しはベースシステムプログラム6が、仮想システム#1で動作する処理プログラム10からの呼び出しは、仮想システム#1のシステムプログラム8のエミュレーション処理9において、それぞれの処理が行われる。 Based system program 6 calls from the processing program that operates based system is, the call from the processing program 10 operating in the virtual system # 1, the emulation process 9 virtual systems # 1 of the system program 8, each of the processing It takes place.

【0015】 [0015]

【発明の効果】以上説明したようにこの発明によれば、 According to the present invention as described above, according to the present invention,
ベースシステムと仮想システムのエントリアドレステーブルとを共有するので、仮想システムごとにエントリアドレステーブルを備える必要がない。 Because sharing the base and virtual systems entry address table, there is no need to provide an entry address table for each virtual system.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】この発明の一実施例の方法を示すフローチャートである。 1 is a flowchart illustrating a method of one embodiment of the present invention.

【図2】この実施例の方法を実行するベースシステムおよび仮想システムのメモリマップ図である。 2 is a memory map diagram of the base system and virtual system to perform the method of this embodiment.

【図3】図2のエントリアドレステーブルの項目を示す図である。 3 is a diagram illustrating an item entry address table of FIG.

【図4】呼び出し元を指す戻りアドレススタックを説明する図である。 FIG. 4 is a diagram for explaining a return address stack that points to the caller.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 呼び出し元のアドレスを取得するステップ 2 呼び出し元を判定するステップ 3 ベースシステムのシステムプログラムを呼び出すステップ 4 仮想システムのシステムプログラムのエミュレーション処理を呼び出すステップ 5 エントリアドレステーブル 6 ベースシステムのシステムプログラム 7 ベースシステムで動作する処理プログラム 8 仮想システム#1のシステムプログラム 9 仮想システム#1のシステムプログラムエミュレーション処理部 10 仮想システム#1で動作する処理プログラム 11 仮想システム#nのシステムプログラム 12 仮想システム#nのシステムプログラムエミュレーション処理部 13 仮想システム#nで動作する処理プログラム 20 メモリマップ 40 戻りアドレススタック Step 3 based system step invokes a system program 4 calls the emulation process of the virtual system system program in step 5 entry address table 6 based systems a system program 7 based system for determining the Step 2 callers acquire a calling address in operation processing program 8 virtual system # 1 of the system program 9 virtual system # 1 of the system program running in the emulation processor 10 virtual system # 1 program 11 virtual system #n of the system program 12 virtual system #n of the system program processing program operating in emulation processing unit 13 the virtual system #n 20 memory map 40 return address stack

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 処理装置で動作するベースシステムの処理プログラム手段と前記ベースシステムで動作する一つ以上の仮想システムの処理プログラム手段とがシステムコールをそれぞれ発行して自身のシステムプログラムを呼出す方法において、 前記システムコールの呼び出し元のアドレスを戻りアドレススタックから取得するステップと、 前記アドレスに基づいて、呼び出し元がベースシステムの処理プログラム手段であるか、あるいは呼び出し元が仮想システムの処理プログラム手段であるかを判定するステップと、 前記呼び出し元がベースシステムの処理プログラム手段であるとき、ベースシステムと仮想システムで共有するエントリアドレステーブルを参照してベースシステムのシステムプログラムに対応するエントリアドレスを取 1. A processing program means based system operating in the processing apparatus and processing program means one or more virtual systems operating in the base system in the process of calling the issue respective system calls its system program , acquiring the calling return address stack address of the system call, on the basis of the address, whether the caller is a processing program means based systems, or the caller is a program means for the virtual system determining whether, when the caller is a processing program means based systems, preparative entry address corresponding to the base system system program by referring to the entry address table to be shared by the base and virtual systems 得し、前記システムプログラムを呼び出すステップと、 前記呼び出し元が仮想システムの処理プログラム手段であるとき、前記エントリアドレステーブルを参照して前記仮想システムに対応するシステムプログラムのエントリアドレスを取得し、システムプログラムエミュレーション処理手段を呼び出すステップと、 を含むことを特徴とするシステムプログラム呼び出し方法。 Tokushi, a step of invoking the system program, when the caller is a processing program means a virtual system, obtains the entry address of system program corresponding to the virtual system by referring to the entry address table, the system program system program calls a method, which comprises the steps of invoking the emulation process means.
JP13240795A 1995-05-30 1995-05-30 System program calling method Pending JPH08328883A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13240795A JPH08328883A (en) 1995-05-30 1995-05-30 System program calling method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13240795A JPH08328883A (en) 1995-05-30 1995-05-30 System program calling method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08328883A true JPH08328883A (en) 1996-12-13

Family

ID=15080674

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13240795A Pending JPH08328883A (en) 1995-05-30 1995-05-30 System program calling method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08328883A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008225620A (en) * 2007-03-09 2008-09-25 Nec Corp Memory sharing system and method, and program

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0333937A (en) * 1989-06-30 1991-02-14 Hitachi Ltd Display control system in virtual machine
JPH06295217A (en) * 1993-04-09 1994-10-21 Hitachi Ltd Keyboard control system for virtual computer

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0333937A (en) * 1989-06-30 1991-02-14 Hitachi Ltd Display control system in virtual machine
JPH06295217A (en) * 1993-04-09 1994-10-21 Hitachi Ltd Keyboard control system for virtual computer

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008225620A (en) * 2007-03-09 2008-09-25 Nec Corp Memory sharing system and method, and program
US8275948B2 (en) 2007-03-09 2012-09-25 Nec Corporation Memory sharing system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4166326B2 (en) 1-chip chipset with an integrated graphics controller
US6463520B1 (en) Processor for executing instruction codes of two different lengths and device for inputting the instruction codes
KR930020266A (en) How to expand the application and operating system interfaces with the computer
CA2228014A1 (en) Method and apparatus for operating resources under control of a security module or other secure processor
DE69819849D1 (en) Arrangement for arbitrary sampling instructions in a processor pipeline
JPH11513822A (en) Method for providing a user global object name space in a multi-user operating system
TW345649B (en) Method for executing different sets of instructions that cause a processor to perform different data type operations
JPH02227731A (en) Data processing system
GB9801931D0 (en) A security module for a transaction processing system
EP0848326A3 (en) Method and apparatus for executing a family generic processor specific application
KR970012145A (en) How the data processor and how it works, and how to run and debug operation that break point values ​​modified
JP2000172512A (en) Method for executing byte code and data processing system
CA2228929A1 (en) Multiuser/multi pointing device graphical user interface system
JPH02234248A (en) Method for processing memory accss exception with prefetched instruction in instruction pipeline of digital computer based upon virtual memory system
JPH0827775B2 (en) Procedure calling method and system of the remote node
KR970059916A (en) The data processing device
GB2345564A (en) Method and apparatus for providing execution of system management mode services in virtual mode
KR960001988A (en) Data prefetch method and information processing apparatus therefor
KR19980700612A (en) Methods that enable the processor to access an external component via a dedicated bus or shared bus and the device (a method and anapparatus for enabling a processor to access an external component through a private bus or a shared bus)
EP1271327A3 (en) System protection map
SE9603855L (en) Retrieval of file incoming call
KR970029034A (en) Within the instruction execution method and system for data processing and system processor
JPH01200466A (en) Data processing system
KR930001054A (en) Stop the software running in the computer system, apparatus and method for resuming
BR9914914A (en) Method and system for distributing a telephone call handling method of a telephone call arrives, and computer program product

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 19970729