JPH08323337A - Recycling treatment - Google Patents

Recycling treatment

Info

Publication number
JPH08323337A
JPH08323337A JP21844995A JP21844995A JPH08323337A JP H08323337 A JPH08323337 A JP H08323337A JP 21844995 A JP21844995 A JP 21844995A JP 21844995 A JP21844995 A JP 21844995A JP H08323337 A JPH08323337 A JP H08323337A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
method
product
processing method
disposal
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP21844995A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masakatsu Hayashi
Koji Tagusari
Fumio Takeda
政克 林
文夫 武田
功治 田鎖
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W30/00Technologies for solid waste management
    • Y02W30/50Reuse, recycling or recovery technologies
    • Y02W30/62Plastics recycling
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W30/00Technologies for solid waste management
    • Y02W30/50Reuse, recycling or recovery technologies
    • Y02W30/62Plastics recycling
    • Y02W30/625Disintegrating plastics

Abstract

PURPOSE: To easily recycle plastic materials mingled by a crushing treatment to resources by selecting the waste treatment methods after use of products and displaying these methods in the products at the time of production. CONSTITUTION: The product 22 is a used product and is disassembled to three parts. These parts are named respectively as an A unit 23, a B unit 24 and a C unit 25. A label 26 is stuck to the front surface of the product 22 and similarly labels 27 to 29 are stuck to the respective units 23 to 25. The product 22 is so formed that the product is disassembled to the three units after the use at the time of production. The label (a) to be stuck to the A unit is previously described with, for example, 'convert to oil' as the treatment method at the time of discarding at the time of production. Similarly, the respective labels (b), (c) of the B, C units 24, 25 are described with the selected waste treatment methods. As a result, the respective treatment methods are transmitted from a manufacturer to discarding persons and the recycling of the plastics with each of the respective units is made easy.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、再利用型の製品に係り、特にプラスチック材料を含み、リサイクル処理に好適な製品に関する。 The present invention relates to relates to a recycling-type products, in particular comprises a plastic material, of a preferred product recycling.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、地球環境問題への関心が高まるにつれ、プラスチック材料の再資源化が盛んに検討されている。 In recent years, as the growing interest in global environmental issues, recycling of plastic materials has been extensively studied. ◆プラスチック材料の再資源化は、種々のプラスチック材料が使用されているうちから、できるだけ単一の材料を集めてから再資源化の処理を行うことが望ましい。 ◆ recycling of plastics materials, from among the various plastics materials are used, it is desirable to perform the process of recycling from gather as single material. そこで、回収したプラスチック部品を材料別に分ける分別作業を行うことになる。 So, will be performed the separation operation to separate the recovered plastic parts to the material-specific. この分別作業を容易にするために、プラスチック部品に、材質名を表示することが行われている(再生資源の利用に関する法律(平成3 In order to facilitate this separation work, the plastic parts, the law on the use of (renewable resources that have been made possible to display the material name (1991
年法律第48号)第3条第1項の規定に基づく、再生資源の利用の促進に関する基本方針:平成3年10月25 Year Law No. 48) based on the provisions of Article 3, Paragraph 1, the basic policy on the promotion of the use of renewable resources: 1991 October 25
日の、一の2の(6)プラスチック)。 Of the day, one of 2 (6) of plastic).

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかし、このような材質名表示を行ったとしても、その材質名が表示された部品がとり出された場合は、目的を達するものの、破砕機等によって、複数部品を分解せずにまるごと破砕すると、目的は達せられない。 [SUMMARY OF THE INVENTION] However, even with such a material name display, if the component the material name is displayed has been Desa taken, although achieve the purpose, the crusher or the like, a plurality whole when crushed without disassembling the components, purpose is not achieved. すなわち複数のプラスチック材料が混り合うことになる。 That is, a plurality of plastic material fit intermingled. しかも、数多くの部品を含む装置を破砕すれば、ますます多類の材料が混り合う可能性が高くなる。 Moreover, if crushing device comprising a number of components, materials of increasingly multi class is more likely to fit intermingled. この混り合った材料を、再資源化する目的で分別を行おうとすれば、高度な分別技術と、費用が不可欠となってしまうという問題があった。 This mixed Ri suits material, if attempts to separation for the purpose of recycling, and advanced separation technology, there is a problem that cost becomes essential. ◆本発明の目的は、破砕処理によって混り合うプラスチック材料を再資源化し易くなることにある。 ◆ object of the present invention is to easily recycled plastic materials that meet Ri mixed by crushing.

【0004】 [0004]

【課題を解決するための手段】上記目的は、装置若しくは装置の一部分をなす部分の集合体に、夫々が破砕され材料が混り合うことを想定し、製造時に予め、その混り合う材料の処理方法を表記しておくことにより達せられる。 SUMMARY OF THE INVENTION The above object is a collection of parts constituting the portion of the apparatus or device, assuming that the material each are crushed fit intermingled in advance at the time of manufacture, the intermingled suit material It achieved by previously notation processing method. すなわち本発明に係るリサイクルの処理方法は、次のいずれかの態様を特徴とする。 That processing method of recycling according to the present invention is characterized in one of the following aspects.

【0005】(1):使用後は廃棄して再利用される製品において、その製品の使用後の廃棄処理方法を、製造時にその製品の構造に基づいて選定し、その選定された廃棄処理方法が表示されていること。 [0005] (1): in the product after use is reused discarded, the disposal method after use of the product, selected on the basis of the structure of the product during manufacturing, selected the disposal method that There has been displayed. ◆ (2):(1)において、その製品の使用後の廃棄処理方法が、その製品を構成する材料の構成比に基づいて選定されること。 ◆ (2) in :( 1), the disposal method after use of the product is selected based on the composition ratio of the material constituting the product.

【0006】(3):(1)又は(2)において、その製品に関するデータが表示されていること。 [0006] (3) :( 1) or (2 in), the data for that product is displayed. ◆ (4):(3)において、その製品の使用後の廃棄処理方法を決定するためのデータが表示されていること。 ◆ (4) :( 3) in, that the data for determining the disposal method after use of the product is displayed.

【0007】(5):(4)において、廃棄処理方法を決定するためのデータは、製品を構成する材料の構成比、製品を構成する夫々の材料の重量の和、製品を構成する夫々の材料の体積、製品を構成する部品の相互の締結方法の種類及びその締結方法による締結箇所の数、又は製品の組立て手順であること。 [0007] In (5): 4), data for determining the disposal method, composition ratio of the material constituting the product, the sum of the weight of the material of each constituting a product, each constituting a product volume of material, the number of fastening points depending on the type and the fastening method of the mutual fastening method of the parts constituting the product, or a procedure of assembling the product.

【0008】(6):使用後は廃棄して再利用される製品において、その製品の使用後の、その製品を構成する部品の廃棄処理方法を、製造時にその部品の構造に基づいて選定し、その選定された廃棄処理方法をその部品に表示したこと。 [0008] (6): in products after use is reused waste, after use of the product, a disposal method of the parts constituting the product, the selected on the basis of the structure of the components during manufacture displaying the selected the disposal method to that component.

【0009】(7):(6)において、その部品の廃棄処理方法が、その部品を構成する材料の構成比に基づいて選定されること。 [0009] (7) In :( 6), the disposal method of the component is selected based on the composition ratio of the material constituting the part. ◆ (8):(6)又は(7)において、その部品の廃棄処理方法を決定するためのデータを部品に表示したこと。 ◆ (8) :( 6) or (7) in, that displays the data for determining the disposal method of the component to component.

【0010】(9):(8)において、廃棄処理方法を決定するためのデータは、その部品を構成する材料の構成比、その部品を構成する夫々の材料の重量の和、 [0010] (9) In :( 8), data for determining the disposal method, the sum of the weight of each of the materials constituting the composition ratio of the material constituting the part, the part,
その部品を構成する夫々の材料の体積、その部品を構成する部品の相互の締結方法の種類及びその締結方法による締結箇所の数、及びその部品を組立てる手順、 The volume of each of the material constituting the part, the number of fastening points depending on the type and the fastening method of the mutual fastening method of the parts constituting the components, and procedures for assembling the parts,
の群から選ばれること。 Chosen it from the group consisting of.

【0011】(10):使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを製品又は部品に表示する方法が、処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを表示したシール等の製品部品との別部材の貼り付けによって行われること、処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、製品又は部品に刻印することによって行うこと、処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、製品又は部品を構成する部材を成型する型に設けた凹凸により、その成形部材に記録すること、処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、製品又は部品を構成する部材を鋳造するための型に設けた凹凸によりその鋳造部材に記録すること、及び処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデー [0011] (10): processing method or a method of displaying data for determining the disposal method in products or parts after use, processing method or disposal processing method of sealing or the like to display the data for determining the It is done by attaching a separate member between the product parts, the data for determining how to process or waste treatment method, be done by stamping the product or part, for determining how to process or waste treatment method data, by irregularities provided in the mold for molding the members constituting the products or parts, be recorded in the molding member, the data for determining how to process or waste treatment method, the members constituting the products or parts It is recorded in the cast member by irregularities provided in the mold for casting, and processing methods or data for determining the disposal method を、製品又は部品に染料若しくは顔料を付着させることで記録する方式であること、製品又は部品を構成する部材を溶融させることにより記録する方式であること、の群から選ばれること。 And it is a method of recording by depositing a dye or pigment to the product or part, be it a method of recording by melting the members constituting the products or parts, selected from the group consisting of.

【0012】(11):使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、製品若しくは部品に表示する情報媒体が、数字若しくは文字であること、及びバーコードであること、の群から選ばれること。 [0012] (11): that the data to determine how to proceed or disposal methods after use, the information medium to be displayed on the product or part, be a number or character, and a bar code, a group of It is selected from.

【0013】(12):使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、記号化して製品若しくは部品に表示すること。 [0013] (12): data for determining how to process or waste treatment method after use, be displayed on the product or parts symbolized. ◆ (13):使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、その製品又は部品の名称、製造者名、製造年月日、製造番号などを表示したラベルに記載したこと。 ◆ (13): data for determining how to process or waste treatment method after use, the product or part of the name, manufacturer's name, manufacturing date, it has a label which displays the like serial number.

【0014】(14):使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、その製品又は部品の性能を表示したラベルに記載したこと。 [0014] (14): the data to determine how to proceed or disposal methods after use, and the label displaying the product or part of the performance. ◆ (15):使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、その製品又は部品の使用方法、 ◆ (15): data for determining how to process or waste treatment method after use, the use of the product or part,
使用上の注意を示すラベルに記載したこと。 That was described on the label indicating the instructions for use.

【0015】(16):使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、製品若しくは部品に夫々2ヵ所以上に表示したこと。 [0015] (16): the data to determine the processing method or disposal processing method after use, it has displayed more than respectively two places in the product or parts. ◆尚、本発明に適するリサイクル用製品は、(1)乃至(16)のいずれかに記載の処理方法を表示してなるものである。 ◆ In addition, recycling products suitable for the present invention is formed by displaying the processing method according to any one of (1) to (16).

【0016】更に本発明の上記各製品を用いて、所謂リサイクル工場を得ることができる。 Furthermore with reference to the respective product of the present invention, it is possible to obtain a so-called recycling plant. すなわち、使用後の製品又は部品の廃棄処理を行う工場において、上記いずれかの製品の処理フローの選定をその製品又は部品に表示された処理方法又は廃棄処理を決定するためのデータをもとに行う処理工場である。 That is, in a factory to perform disposal of products or components after use, the selection of a process flow of any of the above products on the basis of the data for determining the displayed processing method or disposal processing on the product or part it is a processing factory to do. この場合にいおいて、使用後の製品又は部品の処理フローの選定をその製品又は部品の環境負荷の量をもとに行うことが好ましく、また、処理フローの選定のための環境負荷とは、エネルギーの消費量、二酸化炭素の排出量、埋立てされる廃棄物の量並びに消費される石油の量の群から選ばれることが望ましい。 In this case at Nii, it is preferable to perform the selection of the product or part of the processing flow after use based on the amount of environmental impact of the product or part, also, the environmental load for the selection of process flow , energy consumption, emissions of carbon dioxide, be selected from the group consisting of quantity as well as the amount of oil consumed waste being reclamation desirable.

【0017】 [0017]

【作用】廃棄物問題が深刻化する中で、家電品についても対応が求められており、廃棄・リサイクルを考慮した製品が求められている。 Among the more serious the [action] waste problem, even for home appliances and correspondence is found, the product in consideration of the disposal and recycling has been demanded. これらの製品の設計に当たり、 Hit to these products of design,
製品の廃棄性やリサイクルを含めた環境への適合度を評価する方法は、十分に整備されているとは言えず、その評価法の確立に向けて種々検討が行われている。 How to evaluate the goodness-of-fit to, including the disposal of and recycling of the product environment, it can not be said to have been sufficiently developed, various studies have been made towards the establishment of the evaluation method.

【0018】使用済みの家電品の処理法には、埋立て処理、破砕・分別処理によるリサイクル処理、分解によるリサイクル、焼却処理の方法があり、状況に応じて選択されている。 [0018] is used in consumer electronics products of the processing methods, landfill processing, recycling processing by crushing and separation processing, recycling by decomposition, there is a method of incineration, it is selected depending on the situation. 製品の廃棄性、リサイクル性を含めた環境適合性を吟味する前提として、その製品がいずれの処理法を受けるかを知っておくことが重要である。 Disposal of the product, as a premise to examine the environmental compatibility, including recycling, it is important that the product is to know whether or not subject to any of the processing method.

【0019】しかし、家電品のように複雑な構造を持つ製品では、設計時点において数年先である製品の使用後の処理法を予測するのは容易ではない。 [0019] However, in a product with a complex structure such as home appliances, it is not easy to predict the processing method after use of the product is several years away at the time of design. そこで本発明では、使用後の製品の処理方法を、その製品の構造から求める方法を開発し、更に求められた処理方法を含む製品のライフサイクル評価を試みた。 Accordingly, in the present invention, a method of processing products after use, to develop a method for determining the structure of the product was attempted life cycle costing of a product containing more sought processing method.

【0020】部品の集合体Aには、材料が混り合っても可能な処理方法aが予め表示してある。 [0020] The aggregate A of parts, material is possible even if there Ri mixed treatment method a is are displayed in advance. 同様に別の部品の集合体Bには、材料が混じり合っても可能な処理方法bが予め表示してある。 The collection B of another component in the same manner, materials each other by a possible treatment method b mix is ​​are displayed in advance. 装置の廃棄の際に、部品の集合体A,Bには、夫々にa,bの処理方法が表示してあるので、処理法をとり違うことがない。 When disposal of the device, a collection of components A, the B, a respectively, the processing method b is are displayed, never different take treatment. また、表示a,b In addition, it displays a, b
に従って集合体AとBを混ぜてより多くの種類の材料の混り合いを作ると、可能な処理法の選択が少なくなるが、表示a,bの為これを避けることができる。 When creating a fit intermingled more and more of the kind of material mixed with aggregates A and B in accordance with, but less selection of the possible treatment methods, it is possible to avoid this for display a, b.

【0021】 [0021]

【実施例】以下、本発明の実施例について説明する。 EXAMPLES Hereinafter, Examples of the present invention will be described.
まず、使用後の製品の廃棄処理方法について説明する。 First, a description will be given of the disposal method of the product after use.
廃棄処理方法は主に以下の(1)〜(4)がある。 Disposal method is mainly the following (1) there is a - (4).

【0022】(1)埋立て、投棄。 [0022] (1) in landfills, dumping. この方法は、使用後の製品を再利用することなしに廃棄するもので、形態としては、埋立て、海中投棄などがこれに当たる。 This method is intended to be discarded without reuse of the product after use, as the embodiment, landfill, such as sea dumping corresponds to this. 処理方法としては容易であるが、スペースの問題や環境汚染の問題を引き起こす可能性がある。 It is easy as treatment method, which may cause problems problems and environmental pollution space.

【0023】(2)焼却。 [0023] (2) incineration. この方法は、燃焼可能な物を焼却して減量化する処理方法である。 This method is a processing method of volume reduction by incineration of combustible material. 可燃物は処理できるが、不燃物と焼却灰については、別の処理が必要である。 While combustible material can be processed, for incombustible and ash, it is necessary another process. 焼却時に発生する熱エネルギーを利用しないので資源の消費となる。 Because it does not use the heat energy generated during incineration the consumption of resources. また焼却時の排ガスが環境汚染源となる可能性がある。 Also there is a possibility that the exhaust gas incineration is source of environmental pollution.

【0024】(3)熱利用。 [0024] (3) heat utilization. 上記の焼却と同様に可燃物を燃やして減量化する処理方法であるが、その際に発生する熱エネルギーを利用する方法である。 It is a processing method for volume reduction by burning the incineration as well as combustible material, but a method of utilizing thermal energy generated at that time. 利用できる部分がある半面、熱エネルギーを利用するための専用の装置が必要となる。 Half there are available parts, a dedicated device for utilizing the heat energy is required.

【0025】(4)材料リサイクル。 [0025] (4) material recycling. この方法は、可燃物、不燃物のいずれについても材料或いは材料の原料として利用するものである。 This method, combustibles, is utilized as raw material or materials for any incombustible. この方法は、資源として再利用するため、資源を消費しないという点で有利である。 The method for recycling as resources, it is advantageous in that it does not consume resources.
一方、材料、原料として利用するため不純物の混入を防ぐ手段を講じる必要がある。 On the other hand, the material, it is necessary to take measures to prevent contamination of for use as a raw material.

【0026】(5)燃料化。 [0026] (5) Fuel. この方法は、上記材料リサイクルの一形態であり、特に燃料として再利用する場合のことである。 This method is a form of the material recycling, is that in the case of particularly reused as fuel. 燃料としての性能を保つため、不純物の混入を防ぐ手段が必要である。 To maintain the performance of the fuel, there is a need for a means to prevent contamination of impurities.

【0027】上記(1)〜(5)の廃棄処理方法のうち、資源の再利用となっているのは(3)〜(5)である。 [0027] Among the disposal methods (1) to (5), has become the recycling of resources is (3) - (5). 特に(4)は、材料をくり返し使用することになるの省資源の効果が大きい。 In particular (4) has a large effect of saving resources will be used repeatedly materials. (1)、(2)は資源の消費であるが、処理方法に必要な手間やエネルギーが小さいという特徴を持っている。 (1), (2) is a consumption of resources, it has a feature that labor and energy required for processing method is small.

【0028】また、使用後の製品の廃棄処理方法として、前述した製品を上記の(1)〜(5)の処理方法で処理する場合と、この他に使用後の製品を分解し、分解によって得られた部品について上記(1)〜(5)の処理を行う場合がある。 Further, as a waste treatment method of the product after use, disassemble the case to be processed in the processing method of the product described above (1) to (5), the product after use In addition, the decomposition the resulting part is when processing of (1) to (5). この場合、部品夫々に上記(1) In this case, the parts respectively in the above (1)
〜(5)の処理があることになる次に廃棄物処理を考慮したライフサイクル評価法を説明する。 - (5) processing the following to explain the life cycle assessment method considering the waste processing that will be there of. ◆本評価法は、 ◆ this evaluation method,
家電品を対象とした廃棄・リサイクル処理といった製品使用後の処理を考慮したライフサイクル評価法である。 Processing after product use, such as disposal and recycling processing for a consumer electronics product is a life cycle assessment method considering.
評価の流れを図1に示す。 The flow of evaluation are shown in FIG. 同図において、評価に先立ち、製品データ2から製品をどこまで分解するかを意味する分解ユニットを指定する。 In the figure, prior to evaluation, specify a cracking unit, which means whether the degradation from the product data 2 far the product. これをもとに各分解ユニットごとに材料リサイクル、油化、熱利用、焼却、埋立てのいずれかの処理法に当たるかを評価法内部で決定する(廃棄物処理3)。 This material recycling for each decomposition unit based, Yuka, heat utilization, incineration, determines hits in any of the processing methods of landfill Evaluation inside (waste 3). 次に、この決定された各々の処理を含む製品のライフサイクルにわたり、消費エネルギーの総和、埋立て物の量、リサイクル率を求める(ステッップ4)。 Then, over the life cycle of a product, including the processing of the determined respectively, total energy consumption, the amount of landfill material, obtaining a recycling rate (Sutepppu 4).

【0029】使用後の製品を分解して行き、これ以上は分解しないという部品の集合を分解ユニットと定義する。 [0029] continue to degrade the product after use, more is defined as the cracking unit a set of parts that do not decompose. 破砕機にかける場合は、破砕機に投入する前の部品の集合が分解ユニットになる。 When subjected to crushing machine, a set of previous components to be introduced into the crusher becomes cracking unit. また、部品レベルまで分解するのであれば、分解ユニットは、部品と同じになる。 Also, if decomposed to the component level, the decomposition unit is the same as parts. 尚、分解ユニットは分解の結果を示すもので、組立てにおける“ユニット”と必ずしも一致しない。 Incidentally, decomposition unit shows the result of the decomposition, it does not necessarily coincide with the "unit" in the assembly. 分解ユニットを決めることは、どこまで分解するかを決定することである。 To determine the decomposition unit is to determine how far to decompose.

【0030】次にプラスチック材料の廃棄処理法について説明する。 [0030] will be described below disposal method of plastic material. ◆プラスチック材料を、材料或いは原料として再び用いる場合には「材料リサイクル」と呼ぶことにする。 ◆ the plastic material, in the case of re-used as a material or a raw material will be referred to as "material recycling". この「材料リサイクル」には以下の(1)〜 This "material recycling" in the following: (1) -
(6)を含めて考える。 Consider including (6).

【0031】(1)プラスチック部品を装置より取り外すなどして、そのまま部品として使用する場合。 [0031] (1) such as detached from the apparatus plastic parts, when it is used as a component. ◆ (2)装置より取り外したプラスチック部品を、切断、 ◆ (2) removed the plastic parts from the device, the cutting,
切削などの加工を施して使用する場合。 When using subjected to processing such as cutting.

【0032】(3)プラスチック材料を、熱や薬品で溶かし、再びペレット化してプラスチック材料、或いはプラスチック材料と混合した材料、或いはプラスチク以外の材料として用いる場合。 [0032] (3) a plastic material, dissolved with heat and chemicals, plastics material pelleted again, or plastic material mixed with the material, or when used as a material other than Purasuchiku.

【0033】(4)プラスチック材料の重合を解いて、 [0033] (4) by solving the polymerization of the plastic material,
モノマーとして原料として用いる場合。 If used as a raw material as a monomer. ◆ (5)上記のモノマーを再び重合してポリマーとして用いる場合。 ◆ (5) the above monomers again polymerized is used as a polymer. ◆ (6)プラスチック材料を、他の材料と複合し、新しい材料として用いる場合。 ◆ (6) of plastic material, combined with other materials, when used as a new material. 次にプラスチック材料を油に変えて油として利用する使い方を「油化」と呼ぶことにする。 Next will be how to use to use the plastic material as an oil in place of the oil is referred to as a "Yuka". 「油」という材料に変えて使用することから、前述の「材料リサイクル」の一部と見なせるが、「材料リサイクル」に含めず、ここでは特に「油化」として別に扱うことにする。 From using in place of the material "oil", but can be regarded as part of the "material recycling" of the above-mentioned, not included in "material recycling", to be treated separately as a particularly "Yuka" is here.

【0034】次に、プラスチック材料を燃焼させ、その際に発生する熱を利用する利用法を「熱利用」と呼ぶことにする。 Next, a plastic material is burned, will be the usage for utilizing the heat generated at that time is referred to as "thermal utilization". この場合、プラスチック材料は、熱源という材料となっているので、「材料リサイクル」の一部を見なせるが、ここでは、「材料リサイクル」に含めず、特に「熱利用」として別に扱うことにする。 In this case, the plastic material is, since has become a material of the heat source, but can be considered a part of the "material recycling", here, to be treated separately as a not included in "material recycling", especially "thermal utilization".

【0035】次は「焼却」である。 [0035] The following is a "burning". 文字通り、焼却する。 Literally, to incineration. 発生する熱は利用されない。 The heat generated is not used. ◆次は「埋立て」である。 ◆ The following is a "landfill". 廃棄されるプラスチック材料が、再利用されず、焼却もされない場合、「埋立て」となる。 If the plastic material to be discarded, not reused, not be incinerated, the "landfill". 実際に、埋立てとなるとは限らないが、「そのまま廃棄される」という意味を含んでいる。 Not really, necessarily become a landfill, but it includes the meaning of "as it is being discarded." 以上の分類により、プラスチック材料の廃棄処理は、「材料リサイクル」,「油化」,「熱利用」,「焼却」,「埋立て」に分類される。 The classification of the above, disposal of the plastic material is classified as "material recycling", "Yuka", "heat utilization", "burning", "landfill".

【0036】続いて金属材料の廃棄処理法について説明する。 [0036] The following describes the waste processing method of metal materials are described. プラスチック材料とは異なり、金属材料では「油化」はない。 Unlike the plastic material, there is no "Yuka" is a metallic material. 「材料リサイクル」,「埋立て」,「熱利用」,「焼却」については、プラスチック材料と同じ考え方で良い。 "Material recycling", "landfill", "heat utilization", the "incineration" may be the same idea as the plastic material. プラスチック、金属以外の材料の場合も、 Plastic, also in the case of materials other than metal,
金属と同様で「油化」はなく、他の処理は可能である。 Similar to the metal "Yuka" does not, other processing is possible.

【0037】次に廃棄処理法の選択の例について説明する。 The next example of the selection of waste processing method will be described. 図2に分解ユニットの処理・判定フローを示す。 It shows the processing and determination flow of the decomposition unit in FIG. 分解ユニットの処理方法は、その分解ユニットに含まれる材料の種類と材料の構成比に従って決定される。 Processing method of the decomposition unit is determined according to the configuration ratio of type and material of the material contained in the cracking unit.

【0038】まず、部品の集合体は、どのような部品から構成されているかは、製造段階では既知である。 Firstly, assembly of parts, are either configured from any part, it is known at the manufacturing stage. 第一段階として、集合体(分解ユニット)が、単一の材料からできている若しくは一定の割合以上であるならば、単一の材料からできているとして、処理法は「材料リサイクル」とする。 As a first step, the aggregate (decomposition units), if it can be that or a certain ratio or more of a single material, as is made of a single material, the processing method is "material recycling" . 単一な材料は、材料リサイクルし易いからである。 A single material is because the easy and material recycling.

【0039】このときあるレベルを設定しておき、そのレベルを超えてある材料が含まれているとき、単一の材料からできていると見做すこともできる。 [0039] may be set a certain level at this time, when that contain materials that are above the level, may be regarded when made from a single material. 例えば98% For example, 98%
という値を設定しておき、98%以上を超えてある材料が含まれていれば残りの材料はわずかで不純物とみなせるので、実用上単一の材料と見なすことができる。 May be set the value, since if it contains material that is beyond the 98% remaining material can be regarded as just an impurity, it can be regarded as a practical single material. ◆単一の材料からできていないと判断したとき、つまり分解ユニット(集合体)が2種類以上の材料ができていれば、破砕機により破砕を行う。 ◆ When it is determined that no possible from a single material, that is, cracking unit (assembly) is long as it is two or more kinds of materials, performing crushing by crusher.

【0040】次に破砕片を分別装置にかけ、金属、プラスチック、その他の材料に分別する。 [0040] and then multiplied by the crushed pieces to the sorting apparatus, to sort metal, plastic, and other materials. 尚、破砕の工程で、分別が不能な小さい破砕片が生じるので、各材料は目減りして回収される。 In crushing step, the fractionation is small fragments of non occurs, the material is collected by ullage. この目減り分は「埋立て」処理する。 This eroded minute processes "landfill". 金属は、鉄、非鉄金属に分別することが多い。 Metal, iron, it is often to separate the non-ferrous metal. 金属は、材料をスクラップ等として再利用し易いので「材料リサイクル」とする。 Metal, because it is easy to re-use the material as scrap, such as a "material recycling". 金属、プラスチック以外の材料は利用しにくいので、全て「埋立て」又は「焼却」とする。 Metal, because the material other than plastic is hard to use, all the "landfill" or "burning". 残ったプラスチックの破片の集まりについては、以下の判定を行う。 For a collection of fragments of the remaining plastic, make the following judgment.

【0041】まず、PVC等の有害なプラスチックがあるレベル以上含まれている場合、例えば5%以上含まれていると無視できなくなるのでこの場合には、「埋立て」処理とする。 Firstly, if it contains more than a certain level harmful plastic such as PVC, in this case because can not be ignored that the information includes for example, 5% or more, and "landfill" process. ここで有害とは、リサイクルし難い材料や有害物質を含む材料のことである。 Here hazardous and refers to a material containing recycled hard materials and toxic substances. リサイクルに適さないプラスチックは、例えば「エコマテリアル選定基準」(福島哲郎:家電製品のリサイクル設計、工業材料V Plastic that is not suitable for recycling, for example, "Eco-Materials Selection Criteria" (Tetsuro Fukushima: recycling design of consumer electronics products, industrial materials V
ol8,1994)においてランク「D」とされた材料である。 Is a material that has been with the rank of "D" in ol8,1994). 次に、有害プラスチックを含む判断されなかったこのプラスチック(例えばポリエチレン,ポリスチレン)が単一のプラスチック材料から或いは、あるレベル以上の割合で単一のプラスチックから構成されている場合は、単一材料と見なして「材料リサイクル」処理とする。 Then, the plastic (e.g., polyethylene, polystyrene), which is not determined containing toxic plastic or from a single plastic material, if it is composed of a single plastic at a ratio of more than a certain level, a single material considered to be a "material recycling" process.

【0042】上記以外のプラスチックも、2種類以上は混合して、別の材料としてリサイクルに可能な場合、 The plastic except the above, two or more types may be mixed, if possible recycling as a separate material,
(例えばポリエチレンとポリプロピレンといった混合物)、「材料リサイクル」とする。 (For example a mixture, such as polyethylene and polypropylene), and "material recycling". この判断にも洩れた場合、「油化」かどうかを調べる。 If the leak is also in this judgment, to examine whether or not the "Yuka". プラスチック材料が1種以上集まって油化に適する集合となっている場合、 If the plastic material is in the set that are suitable for oil of gathering one or more,
「油化」を判定する。 Judges "Yuka". この判定に洩れた場合、「熱利用」の判定を行う。 If the leak to this determination, a determination is made of "heat utilization". プラスチックが1種以上集まって「熱利用」に適する場合、「熱利用」と判定する。 If the plastic is suitable to gather one or more "heat utilization", it is determined that the "heat utilization". これに洩れた場合、「焼却」と判定する。 If the leak to this, it is determined that the "incineration".

【0043】以上により、全ての廃棄処理の判定が終了することになる。 [0043] According to the above, so that the determination of all of the waste processing is terminated. つまり以上の判定により、各分解ユニットの材料は処理法が決定され、その結果、リサイクル率埋立て物の量が求められる。 The words above determination, the material of the cracking unit processing methods are determined, as a result, the amount of recycling rate landfills product is obtained. なお、各判定に用いる基準は固定したものではなく、分別技術のレベル、製品構造の特徴などに合わせて適切なものを使用する。 The reference used for the determination is not fixed, the level of fractionation techniques, using the appropriate in accordance with the characteristics, etc. of the product structure.

【0044】図3に、本発明による製品を示す。 [0044] FIG. 3 shows the product according to the invention. 製品2 Products 2
2は、使用済みの製品であり、分解されて3つの部分になっている。 2 is a used product, and is decomposed by three parts. これをそれぞれAユニット23、Bユニット24、Cユニット25と名付ける。 This termed A unit 23, B unit 24, C unit 25, respectively. 製品22には表面にラベルd26が貼ってあり、同様にAユニットにはラベルa27、Bユニットにはb28,Cユニットにはラベルc29が貼ってある。 The product 22 Yes to label d26 attached to a surface, similar to the A unit is a label a27, B unit b28, the C unit are pasted label c29. ◆Aユニットは、製品から分解されて、これ以上は分解しない。 ◆ A unit is exploded from the product, and will not be degraded. この次の処理は、破砕機による砕砕であり、次に分別へと移る。 The next process is the 砕砕 by crusher, moving on to the fractionation.

【0045】さて、製品22は、製造時において、使用後に上記の3ユニットに分解されるように作られており、当然Aユニットの材料構成は既知である。 [0045] Now, the product 22, at the time of manufacture, are designed to be separated into the above three units after use, it is known materials configuration of naturally A unit. またAユニットは、リサイクルし易い様に、材料の種類が少なくなるように考慮されている。 The A unit as easily recycled, it is contemplated that the type of the material is reduced. そのため、Aユニットを破砕し金属をわけ、プラスチック以外の材料を分け、残ったプラスチック材料の処理方法を選定したところ、「油化」であったとする。 Therefore, dividing the metal by crushing A unit divides a material other than plastic, it was selected processing method of the remaining plastics material, and was "Yuka". この場合、Aユニットに貼るラベルaには、廃棄時の処理方法として「油化」と、製造時に記述しておく。 In this case, the label a pasting the A unit, as "Yuka" as the processing method at the time of disposal, have been written at the time of manufacture. 時を経て、廃棄処理を行う場合、この記述をもとに処理方法を選択できる。 Over time, the case of the disposal process, can choose how to handle this description to the original. 製造者と廃棄を行う者が異なる場合、このラベルの記述が判断のよりどころとなる。 If a person conducting waste and manufacturers are different, the label of the description is the cornerstone of judgment.

【0046】Aユニットと同様、Bユニット、Cユニットについても、ラベルb、ラベルcには、廃棄処理方法が選ばれて、製造時に記述してある。 [0046] Similar to A unit, B unit, for the C units, labels b, and the label c, chosen disposal method, are described at the time of manufacture. ここで、Bユニットの処理が「材料リサイクル」で、Cユニットの処理が「焼却」であったと仮定する。 Here, it is assumed that the processing of B unit is "material recycling", the processing of the C unit is "burned". ラベルに記述があり、これに従えば、処理方法はそれぞれ「油化」,「材料リサイクル」,「焼却」である。 There is described on the label, according to this, each processing method "Yuka", "material recycling" and "burning". ここで、もしラベルの記述が無く、処理方法が示されていないと、Aユニット、B Here, if the description of the label without the processing method is not indicated, A unit, B
ユニット、Cユニットは、まとめて破砕され、プラスチック材料も混ぜられる可能性がある。 Unit, C unit is collectively crushed, there is a possibility that the plastic material is also mixed. この場合、Aユニットには油化に向く材料を集中し、Bユニットには材料リサイクルに向く材料を集中させ、リサイクルし難い材料をCユニットに集中させた効果が無くなり、多くのプラスチックの集まりになる可能性が大きくなる。 In this case, the A unit concentrating material facing the Yuka, the B unit concentrates the material facing the material recycling, the recycled material hard eliminates the effect was concentrated on the C unit, a collection of many plastics likely to be larger. この結果、プラスチック材料は、Aユニット、Bユニット、C Consequently, plastic material, A unit, B unit, C
ユニットからのすべてが「焼却」処理になる可能性がある。 All from the unit is likely to become "incineration" process.

【0047】このように、部品の集合体であるユニットごとに、ラベルを貼り処理法を記述することで、夫々の処理方法が製造者から廃棄を担当する者に伝えられるだけでなく、各ユニットごとにプラスチックの再利用がし易くなるという効果がある。 [0047] Thus, for each unit is a collection of parts, by describing paste processing method the label, not only the processing method of each is communicated to the person in charge of the waste from the manufacturer, each unit there is an effect that tends to re-use of plastic in each. 尚、製品22に貼ったラベルdには、製品22を分解せずにそのまま破砕した場合の処理法が記述されている。 Note that the labels d was stuck on the product 22, the processing method in the case of crushed directly without decomposing the product 22 is described. ◆上記の実施例では、各ユニットに一種類の処理方法のみ記述したが、処理法の選択については他の基準によるものも考えられるので、各ラベルに複数の処理法を記述しても構わない。 ◆ In the above embodiment has been described only one type of processing method in each unit, since it is conceivable that due to other criteria for the selection of the treatment method, it is also possible to describe a plurality of treatment to each label . また、それぞれの処理法の選んだ理由を併記しても構わない。 In addition, it may be shown together the reasons for choosing the respective processing method. 各ユニットの材料構成をそのまま併記することも差し支えない。 Also no problem be directly shown together material structure of each unit. また、上記ラベルへの記述は、コード化、暗号化することも可能であり、また本体ユニットへ直接書き込ことでも目的を達成できる。 Also, the description of the above labels, coding, it is also possible to encrypt, can also achieve the object that writes directly to the main unit.

【0048】続いて、本発明を、冷蔵庫に適要した例について述べる。 [0048] Subsequently, the present invention will be described an example it took apply in the refrigerator. 図4に示すように、冷蔵庫31にはシール32が製造時に貼り付けてあり、そのシール32に、 As shown in FIG. 4, the refrigerator 31 is affixed sealing 32 at the time of manufacture, to the seal 32,
(i)製品の処理方法として、破砕し、金属分別回収し、プラスチック材料は焼却処理する。 As the processing method (i) product, crushing, metal separation and collection, and the plastic material is incinerated. (ii)部品に分解して処理する場合に箱体部33、ドア部34、棚部35、圧縮機部36に分解する、と記述してある。 The box portion 33 when processing is decomposed into (ii) component, the door section 34, ledge 35, decomposes the compressor unit 36, and are described. また、シール32には、冷蔵庫31の廃棄処理法を決定するためデータとして(iii)冷蔵庫31を構成する材料の構成比が、鉄70%、銅3%、アルミニウム2%、 Further, the seal 32, the composition ratio of the material constituting the (iii) a refrigerator 31 as data for determining the disposal method of the refrigerator 31, 70% iron, copper 3%, aluminum 2%,
発泡ウレタン6%、ポリスチレン8%、プラスチック類の合計が20%である。 Urethane foam 6%, 8% polystyrene, the sum of plastics is 20%. (iv)箱体部33と、圧縮機部36の締結が4本のボルト締めである、と記述してある。 (Iv) and the box portion 33, the fastening of the compressor unit 36 ​​is a four bolt, and are described.

【0049】箱体部33にはシール37が製造時に貼り付けてあり、そのシール37に(i)箱体部33の処理方法として破砕し、鉄と分別回収し、断熱材である発泡ウレタンを分別回収し、その発泡ウレタンを「熱利用」 [0049] The box portion 33 is affixed sealing 37 at the time of manufacture, by crushing as the processing method (i) the box portion 33 to the seal 37, iron and fractional recovery, the urethane foam is heat insulator separate collection, and the urethane foam "thermal utilization"
として再利用する。 Reused as. (ii)箱体部33を分解する場合は、電気基板38を取り外す、と記述してある。 When decomposing (ii) box body 33, remove the electrical substrate 38, and are described. また、 Also,
シール37には、箱体部33の廃棄処理法を決定するためのデータとして(iii)箱体部33を構成する材料の構成比が、鉄87%、発泡ウレタン8%、ポリスチレン9%である。 The seal 37, composition ratio of the material constituting the data as (iii) the box 33 to determine the disposal method of the box portion 33, 87% iron, foamed urethane 8%, 9% polystyrene . (iv)電気基板38が4本のボルトにより固定されている、と記述してある。 (Iv) the electric board 38 is fixed by four bolts, and are described.

【0050】棚部35にはその表面成形時の型の凹凸による記述39があり、(i)棚部35の処理方法として、ポリスチレンとして材料リサイクルする。 [0050] The ledge 35 has written 39 by the type of irregularities at the time of surface molding, as the processing method (i) ledge 35, to the material recycling of polystyrene. (ii) (Ii)
分解を行う必要のないことが記述してある。 That there is no need to perform the decomposition are described. また、棚部35には、棚部35の廃棄処理方法を決定するためのデータとして、(iii)棚部35を構成する材料がポリスチレン100%であることが記述してある。 Also, the ledge 35, as data for determining the disposal method of the shelves 35, are described that the material constituting the (iii) ledge 35 is 100% polystyrene. ◆ドア部34、圧縮機部36にも夫々シール57,58があり、 ◆ door unit 34, also have each seal 57, 58 to the compressor unit 36,
それぞれ同様の記述がされている。 Are similar respectively described.

【0051】次に上記の冷蔵庫31を廃棄処理する工場の工程について述べる。 [0051] will now be described plant the step of disposing of the refrigerator 31 of the above. 図5において、使用後の冷蔵庫31は、図示しない回収手段により回収され、まず第一読取部41において、冷蔵庫31に貼り付けられたシール32の情報を読み取る。 5, the refrigerator 31 after use is recovered by the recovery means (not shown), in the first reading unit 41 first reads the information of the seal 32 affixed to the refrigerator 31.

【0052】前述したように、シールには冷蔵庫31を分解せずに処理する場合の処理方法が製造時に記載されている。 [0052] As described above, the processing method when the seal to be processed without decomposition of the refrigerator 31 is described at the time of manufacture. 夫々、冷蔵庫31を分解して処理を行う場合には4つの部分に分解する旨の記述がある。 Respectively in the case of performing the decomposition and processing refrigerator 31 there is a description to the effect that decomposed into four parts. 分解せずに処理を行うか、分解して処理を行うかは、処理を行う時点においての技術力や経済的理由などにより判断する。 Whether to perform the processing without degradation, whether disassembly and processed, determines the like technology and economic reasons at the time of performing the process. 分解工程42で分解を行った場合は、分解により得られた箱体部33、ドア部34、棚部35、圧縮機部36のシール又は本体に記述してある情報を第二読取り部43で読みとる。 If you have made decomposed in the decomposition step 42, the box portion 33 obtained by the decomposition, the door portion 34, the information that is described in the seal or the body of the shelf portion 35, the compressor unit 36 ​​by the second reading unit 43 read. 箱体部33に貼られたシール37には、箱体33を分解せずに処理する場合の処理方法が製造時に記載されている。 The seal 37 affixed to the box portion 33, the processing method in the case of processing without degradation of the box 33 is described at the time of manufacture. また、箱体33を分解して処理を行う場合には、電気基板38を取り出す旨の記述がある。 Further, when the process to decompose the box 33, there is a description to the effect that taking out the electric substrate 38. 分解をせずに処理を行うか、分解して処理を行うかは、処理を行時点において技術力や経済的理由などにより判断する。 Whether to perform the processing without degradation, whether disassembly and processed, determines the like technology and economic reasons in the row time processing. このようにシール記述してある情報をもとに、廃棄処理方法を決定し、処理を行う。 Thus the information that is sealed described on the basis of determining the disposal method, for processing.

【0053】また、シール32及びシール37には、廃棄処理方法を決定するためのデータとして、されぞれの材料構成比と、締結に関する情報が記述してあるので、 [0053] Also, the seal 32 and the seal 37, as data for determining the disposal method, the material composition ratio of, respectively is, information about fastening are described,
この情報をもとにして、製造時に処理方法を決定したのとは異なる基準で処理方法を決定するためのデータをもとにして、各処理法ごとのエネルギーの消費量といった環境負荷の発生量を予測し比較することで、環境負荷の小さい処理方法を採用することが可能となる。 The information based on, based on data for determining a processing method on a different basis than the one to determine how to process during manufacturing, the amount of environmental impact such as energy consumption for each treatment by predicted by comparing the, it is possible to employ a small processing method environmental impact.

【0054】以上説明したように、製品又は部品に廃棄処理方法及び廃棄処理方法を決定するためのデータを記述させておくことで、製品若しくは製造時判断した部品の処理方法が示されるという利点である。 [0054] As described above, by leaving the data is written to for determining disposal method and disposal methods product or part, with the advantage that parts of the processing method is determined when the product or production is shown is there. また、製造時とは異なる規準での判断を行った時のデータも示されるので、新らたな処理方法の決定がし易くなるという効果が生まれる。 Further, since the data is also shown when performing the determination of a different reference from that during manufacturing, the effect is born of the determination of new Lata processing method is easily.

【0055】次ぎに、製品若しくは部品への表示方法の例を示す。 [0055] Next, an example of a display method of the product or parts. 図6において、冷蔵庫31への表示61は、 6, the display 61 of the refrigerator 31,
紫外線の照射によって蛍光を発する染料あるいは顔料を付着させることで記録する方式である。 By irradiation of ultraviolet rays is a method of recording by depositing a dye or a pigment that fluoresces. この方式では、 In this method,
紫外線が無い場合には、記録された情報を見えなくすることが出来る。 When ultraviolet light is not, it is possible to not see the recorded information. 同様の効果は、赤外線により判読可能になる染料若しくは顔料を付着させることで記録する方式でも達成出来る。 Similar effects can be achieved even by a method of recording by depositing a dye or pigment becomes readable by infrared.

【0056】図7において、冷蔵庫31への表示62 [0056] In FIG. 7, the display of the refrigerator 31 62
は、色を塗ることで行う。 It is carried out by painting the color. 記録する情報の内容を色に対応させておき、色を一色あるいは複数の色を塗ることで、情報を記録する。 Keep the contents of the information to be recorded in association with the color, colors by paint color or a plurality of colors, for recording information.

【0057】図8において、冷蔵庫31への表示63 [0057] In FIG. 8, the display of the refrigerator 31 63
は、冷蔵庫31へ貼付られたカバ−64によって被われて保護されている。 Is protected is covered by the cover -64 stuck was the refrigerator 31. 表示の内容を読み取るには、カバ− To read the contents of the display, hippopotamus -
64を冷蔵庫31より取り外して実施する。 64 is best to remove from the refrigerator 31. また、カバ−64を光を透過する材料などで構成することで、カバ−64の取外しを省略して表示内容の読み取りが可能二なる。 Further, by forming the cover -64 such a material that transmits light, reading of the display content can two formed by omitting the removal of cover -64.

【0058】図9において、部品65には、空洞部66 [0058] In FIG. 9, the component 65, the cavity 66
が設けてある。 It is provided. この句うどうぶの存在あるいは位置、大きさ、配列が、使用後の処理方法若しくは廃棄処理法を決定するためのデ−タの表示となっている。 Presence or location of this clause Udo beginners, size, sequence, de for determining a processing method or disposal processing method after use - and has a display of the data. 部品65にX線を照射することで、この空洞部66からのデ−タを読みだす粉とが出来る。 By irradiating X-rays to part 65, de from the cavity 66 - can and powder for reading the data.

【0059】尚、製品若しくは部品への表示方法として、シール及び成形時の凹凸を利用する方法を述べたが、これらはプレート等の貼り付けで良く、また鋳造時の型の凹凸での記録、表面への刻印、染料、顔料を用いた印字のほか、レーザー光線による印字、写真を応用した印字のいずれでも同様の効果が期待できる。 [0059] Incidentally, as the display method of the product or part has been described a method of utilizing the seal and uneven at the time of molding, it may Paste such as a plate, also recorded in the form of irregularities during casting, engraved on the surface, a dye, other printing using a pigment, printing by laser, is either the same effect printing of applying a photo can be expected. また、記録する情報媒体は文字のほか、数字、記号いずれかでも可能であり、バーコードなどの特殊記号、暗号化された符号でも目的を達し得る。 The information medium to be recorded other characters, numbers, symbols are possible in any special symbols such as bar codes, may reach the target even in an encrypted code. さらに、製品若しくは部品の表面には表示されず、その内部に記録されている場合でも適切な手段で情報が読み出せるものであれば目的を達し得る。 Furthermore, not appear in the product or part of the surface, can reach the target if information intended to be read by appropriate means even if recorded therein.

【0060】また、上記の情報は、その情報のための専用のシール等である必要はなく、製品又は部品の性能や使い方、型式、製造者名、製造年月日を表示したものに追記しても目的は達成できる。 [0060] In addition, the above information is, need not only a seal or the like for the information, and write-once product or part of the performance and how to use, type, manufacturer's name, to that display the date of manufacture even if the objective can be achieved.

【0061】また、製品又は部品に表示した廃棄処理方法を決定するためのデータをもとにして、環境負荷の発生量と予測して処理方法を決定する場合、環境負荷としてエネルギーの消費量を用いる例について述べたが、目的によっては環境負荷として二酸化炭素の排出量であっても良い。 [0061] Also, with the data for determining the disposal method of displaying the product or part to the original, when determining the amount of generated the predicted and the process method of environmental load, energy consumption as environmental impact example has been described using, it may be a carbon dioxide emission as environmental impact depending on the purpose. また目的によっては、その印の排出ガス、廃棄物の量、消費する石油の量、排水への流出物質の量でもよく、更にはそれらのうちの複数の項目を採用する場合もある。 For some purposes also, the exhaust gas of the mark, the amount of waste, the amount of oil consumed, may be in an amount of effluent into the drainage, even in some cases to employ a plurality of items of them.

【0062】次に、全自動洗濯機について、分解方法の検討に本評価法を適用した例について述べる。 Next, the washing machine will be described an example of applying the present evaluation method in consideration of the decomposition process. 表1は、 Table 1,
同一の全自動洗濯機について、分解ユニット数を変化させた場合と更に同一分解ユニット数においても分解方法が異なる場合の影響を表したものである。 For the same automatic washing machine, and further decomposition process even in the same decomposition unit number and the case of changing the number of decomposition unit showing the effect of different.

【0063】 [0063]

【表1】 [Table 1]

【0064】 [0064]

【表2】 [Table 2]

【0065】このときに、用いた破砕・分別における回収率を表2に示す。 [0065] shows the recovery rate in at this time, crushing and fractionation was used in Table 2. 表1において「分解ユニット数1 The number "cracking unit in Table 1 1
6」とは、分解を行い、16個の分解ユニットとし、その後に破砕したという意味である(判定によっては破砕されず、直接「材料リサイクル」となる)。 The 6 "performs decomposition, and 16 of the decomposition unit, then it means that the crushed (not crushed by judgment, a direct" material recycling "). また、「分解ユニット数1」とは、全く分解を行わず破砕・分別処理を行った場合である。 In addition, the "cracking unit number 1", is a case of performing the crushing and sorting process is not performed at all decomposition. 表1から、分解ユニット数の多いほど、すなわち破砕の前に分解をより多く行ったほどリサイクル率が大きく、埋立て率は小さくなり、廃棄物の削減、省資源の効果が上がることを示している。 From Table 1, the more the number of decomposition unit, i.e. more as large recycling rate was decomposed before crushing, landfill rate decreases, indicating that the reduction of waste, the effect of resource saving up there. 消費エネルギーは、分解ユニット数が大きいほど、小さくなっている。 Energy consumption, the greater the number of decomposition unit, is smaller. これは、分解ユニット数が大きい場合に、リサイクル率が上がりその結果、リサイクル効果のエネルギーが大きくなり、全体の消費エネルギーが小さくなるためである。 This is because when the number of decomposition unit is large, resulting recycling rate is increased, energy recycling effect becomes large, because the energy consumption of the whole decreases.

【0066】また、分解ユニット数が4の場合については、分解方法の異なる3種類の分解方法について評価した。 [0066] Also, the case where the number of decomposition unit is 4, were evaluated for three cracking process having different decomposition method. 表1から、分解ユニット数が同じでも結果に差が生じており、分解の方法の変更が、リサイクル性に影響を与えているのがわかる。 From Table 1, and a difference occurs in the result the number of decomposition unit is the same, changes in the method of decomposition, it can be seen that the affecting recyclability. このことを利用して、本評価法を用いて、より効果の上がる分解方法、及び分解のための構造の検討が行える。 By utilizing this, by using the present evaluation method, it performed more cracking process increases effective, and study of the structure for degradation.

【0067】以上、家電品を対象として製品の環境への適合度を評価する目的で、製品の使用後の処理方法の決定を含むライフサイクル評価法を提案した。 [0067] As described above, the purpose of evaluating the goodness of fit as a target home electric appliances to the product of the environment, has proposed a life cycle assessment methods, including the determination of the processing method after use of the product. 評価例から、本評価法が、廃棄物を減らしリサイクル率を向上させる製品構造の検討に有効であることを示した。 From Evaluation Examples, the evaluation methods were shown to be effective to the study of the product structure to improve the recycling rate reduce waste.

【0068】 [0068]

【発明の効果】本発明によれば、プラスチック材料が混り合うのを避けられるので、再利用がし易くなるという効果がある。 According to the present invention, since the plastic material is avoided from meeting intermingled, there is an effect that reuse is likely.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】ライフサイクル評価の手順を示すフロー図である。 FIG. 1 is a flow diagram showing the steps of the life cycle assessment.

【図2】処理判断のフロー図である。 It is a flow diagram of Figure 2 processing determination.

【図3】分解したユニットというラベルを示す説明図である。 3 is an explanatory view showing the label degraded unit.

【図4】本発明を冷蔵庫に適用した例の説明図である。 [4] The present invention is an explanatory view of an example of application to a refrigerator.

【図5】廃棄処理の工程を示すフロー図である。 5 is a flow diagram illustrating the disposal process.

【図6】表示方法の例を示す説明図である。 6 is an explanatory diagram showing an example of a display method.

【図7】表示方法の例を示す説明図である。 7 is an explanatory diagram showing an example of a display method.

【図8】表示方法の例を示す説明図である。 8 is an explanatory diagram showing an example of a display method.

【図9】表示方法の例を示す説明図である。 9 is an explanatory diagram showing an example of a display method.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

22…製品、23…Aユニット、24…Bユニット、2 22 ... Products, 23 ... A unit, 24 ... B units, 2
5…Cユニット、26…ラベルd、27…ラベルa、2 5 ... C unit, 26 ... label d, 27 ... label a, 2
8…ラベルb、29…ラベルc、31…冷蔵庫、32… 8 ... label b, 29 ... label c, 31 ... refrigerator, 32 ...
シール。 seal.

Claims (20)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】使用後は廃棄して再利用される製品の使用後の廃棄処理方法を、製造時にその製品の構造に基づいて選定し、その選定された廃棄処理方法を該製品に表示しておくことを特徴とするリサイクルの処理方法。 The method according to claim 1] disposal method after use of the product after use is reused waste, selected based on the structure of the product during manufacturing, and displays the selected the disposal method in the product processing method of recycling, wherein the keep.
  2. 【請求項2】その製品の使用後の廃棄処理方法が、その製品を構成する材料の構成比に基づいて選定されることを特徴とする請求項1のリサイクルの処理方法。 2. A disposal method after use of the product, the processing method of recycling according to claim 1, characterized in that it is selected based on the composition ratio of the material constituting the product.
  3. 【請求項3】その製品に関するデータが表示されていることを特徴とする請求項1又は2のサイクルの処理方法。 3. A processing method according to claim 1 or 2 cycles, characterized in that the data for that product is displayed.
  4. 【請求項4】その製品の使用後の廃棄処理方法を決定するためのデータが表示されていることを特徴とする請求項3のリサイクルの処理方法。 4. A processing method of recycling according to claim 3, characterized in that the data for determining the disposal method after use of the product is displayed.
  5. 【請求項5】廃棄処理方法を決定するためのデータは、 Data of 5. To determine the disposal method,
    製品を構成する材料の構成比、製品を構成する夫々の材料の重量の和、製品を構成する夫々の材料の体積、製品を構成する部品の相互の締結方法の種類及びその締結方法による締結箇所の数、及び製品の組立て手順、の群から選ばれることを特徴とする請求項4のリサイクルの処理方法。 Composition ratio of the material of the product, the sum of the weight of the material of the respective constituting the product, the volume of each of the material constituting the product, fastening by type and fastening method for mutually fastening method of the parts constituting the product portion processing method recycling of claim 4 number of, and assembly procedures of the product, to be selected from the group of features.
  6. 【請求項6】使用後は廃棄して再利用される製品の使用後の、その製品を構成する部品の廃棄処理方法を、製造時にその部品の構造に基づいて選定し、その選定された廃棄処理方法をその部品に表示しておくことをリサイクルの処理方法。 6. After use of the product after use is reused discarded, the disposal method of the parts constituting the product, selected on the basis of the structure of the components at the time of manufacture, is the chosen disposal processing method of recycling that you display the processing method to the parts.
  7. 【請求項7】その部品の廃棄処理方法が、その部品を構成する材料の構成比に基づいて選定されることを特徴とする請求項6のリサイクルの処理方法。 7. A disposal method for the part, processing method of recycling according to claim 6, characterized in that it is selected based on the composition ratio of the material constituting the part.
  8. 【請求項8】その部品の廃棄処理方法を決定するためのデータを部品に表示したことを特徴とする請求項6又は7のリサイクルの処理方法。 8. A processing method according to claim 6 or 7 recycling, characterized in that displaying the data for determining the disposal method of the component to component.
  9. 【請求項9】廃棄処理方法を決定するためのデータは、 9. Data for determining the disposal method,
    その部品を構成する材料の構成比、その部品を構成する夫々の材料の重量の和、その部品を構成する夫々の材料の体積、その部品を構成する部品の相互の締結方法の種類及びその締結方法による締結箇所の数、及びその部品を組立てる手順、の群から選ばれることを特徴とする請求項8のリサイクルの処理方法。 Composition ratio of the material of the part, the sum of the weight of the material of the respective constituting the part, the volume of the material of the respective constituting the part, the type and the fastening thereof mutual fastening method of the parts constituting the component the number of fastening points by the method, and a processing method recycling of claim 8, characterized in that steps, selected from the group consisting of assembling the parts.
  10. 【請求項10】使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを製品又は部品に予め表示しておき、その表示方法が、処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを表示したシール等の製品部品との別部材の貼り付けによって行われること、処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、 10. The data processing method or for determining the disposal method after use advance is displayed on the product or part, the display method, the display data for determining how to process or waste treatment method be done by attaching a separate member between the seal and product parts, the data for determining how to process or waste treatment method,
    製品又は部品に刻印することによって行うこと、処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、 Be done by stamping the product or part, data for determining a processing method or disposal processing method,
    製品又は部品を構成する部材を成型する型に設けた凹凸により、その成形部材に記録すること、処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、製品又は部品を構成する部材を鋳造するための型に設けた凹凸によりその鋳造部材に記録すること、及び処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを、製品又は部品に染料若しくは顔料を付着させることで記録する方式であること、処理方法若しくは廃棄処理法を決定するためのデ−タを、製品又は部品に紫外線により蛍光を発する染料若しくは顔料を付着させることで記録する方式であること、処理方法若しくは廃棄処理法を決定するためのデ−タを、製品又は部品に赤外線により判読可能になる染料若しくは顔料を付着させることで記録する方式であること、製品又は The unevenness provided on the mold for molding the members constituting the products or parts, be recorded in the molding member, the data for determining how to process or disposal methods, for casting members constituting the products or parts be due to irregularities provided on the mold recorded in the cast member, and it data for determining how to process or waste treatment method, a method of recording by depositing a dye or pigment to the product or part, the processing method or disposal methods de for determining - the data, it is a method of recording by depositing a dye or pigment emits fluorescence upon ultraviolet product or part, for determining how to process or waste treatment de - data to, it is a method of recording by depositing a dye or pigment becomes readable by infrared products or parts, products or 品を構成する部材を溶融させることにより記録する方式であること、処理方法若しくは廃棄処理法を決定するためのデ−タを、製品又は部品の内部に記録する方式であること、の群から選ばれることを特徴とするリサイクルの処理方法。 It is a method of recording by melting the members constituting the article, De for determining a processing method or disposal processing method - the data, it is a method of recording the interior of the product or component, selected from the group of processing method of recycling, characterized in that it is.
  11. 【請求項11】使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを予め製品若しくは部品に表示しておき、その表示する情報媒体が、数字若しくは文字であること、及びバーコードであること、色であること、の群から選ばれることを特徴とするリサイクルの処理方法。 11. Leave the display data processing method or for determining the disposal method after use advance the product or part, the information medium to be its display, it is numeric or character, and a bar code it, processing method of recycling, characterized in that it is a color selected from the group of.
  12. 【請求項12】使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを予め記号化して製品若しくは部品に表示しておくことを特徴とするリサイクルの処理方法。 12. The processing method of recycling previously symbolized data processing method or for determining the disposal method after use, characterized in that you display the product or component.
  13. 【請求項13】使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを予めその製品又は部品の名称、製造者名、製造年月日、製造番号などを表示したラベルに記載しておくことを特徴とするリサイクルの処理方法。 13. After use processing method or disposal processing method in advance the product or part of the name of the data for determining, manufacturer name, production date, keep the label that displays a serial number processing method of recycling, characterized in that.
  14. 【請求項14】使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを予めその製品又は部品の性能を表示したラベルに記載しておくことを特徴とするリサイクルの処理方法。 14. The processing method of recycling, characterized in that you described processing method or disposal processing method label displaying advance the product or part of the performance data for determining the after use.
  15. 【請求項15】使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを予めその製品又は部品の使用方法、使用上の注意を示すラベルに記載しておくことを特徴とするリサイクルの処理方法。 15. The processing method or use of the data for determining the disposal method in advance the product or parts after use, process recycling, characterized in that to keep the label indicating the Precautions Method.
  16. 【請求項16】使用後の処理方法若しくは廃棄処理方法を決定するためのデータを予め製品若しくは部品に夫々2ヵ所以上に表示しておくことを特徴とするリサイクルの処理方法。 16. The processing method of recycling, characterized in that you displayed above each 2 places the data processing method or for determining the disposal method after use advance the product or component.
  17. 【請求項17】使用後の製品又は部品の廃棄処理を行う工場において、請求項1〜16のいずれかに記載の製品の処理フローの選定をその製品又は部品に表示された処理方法又は廃棄処理を決定するためのデータをもとに行うことを特徴とする処理工場。 17. performs disposal of products or components after use plant, selecting the displayed product or part the processing method or disposal processing flow of a product according to any of claims 1 to 16 processing plant, which comprises carrying out based on the data to determine.
  18. 【請求項18】使用後の製品又は部品の処理フローの選定を、その製品又は部品の環境負荷の量をもとに行うことを特徴とする請求項17の処理工場。 18. The processing plant according to claim 17 in which the selection of the product or part of the processing flow after use, and performing based on the amount of environmental impact of the product or component.
  19. 【請求項19】処理フローの選定のための環境負荷とは、エネルギーの消費量、二酸化炭素の排出量、埋立てされる廃棄物の量並びに消費される石油の量の群から選ばれることを特徴とする請求項17の処理工場。 And 19. environmental load for the selection of the process flow, energy consumption, emissions of carbon dioxide, to be selected from the group consisting of quantity as well as the amount of oil consumed waste being reclamation processing plant of claim 17, wherein.
  20. 【請求項20】請求項1乃至16のいずれかに記載の処理方法を表示してなるリサイクル用製品。 20. A recycled products obtained by displaying the processing method according to any one of claims 1 to 16.
JP21844995A 1995-03-28 1995-08-28 Recycling treatment Withdrawn JPH08323337A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6913095 1995-03-28
JP7-69130 1995-03-28
JP21844995A JPH08323337A (en) 1995-03-28 1995-08-28 Recycling treatment

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21844995A JPH08323337A (en) 1995-03-28 1995-08-28 Recycling treatment

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08323337A true true JPH08323337A (en) 1996-12-10

Family

ID=26410313

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP21844995A Withdrawn JPH08323337A (en) 1995-03-28 1995-08-28 Recycling treatment

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08323337A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997021501A1 (en) * 1995-12-12 1997-06-19 Hitachi, Ltd. Product disposal system
US6117263A (en) * 1997-05-15 2000-09-12 Ricoh Company, Ltd. Product and method for efficiently specifying compatibility of an affixed sheet with the supporting product
JP2002183376A (en) * 2000-12-11 2002-06-28 Honda Motor Co Ltd Device and method od evaluating environmental load of product
US7082660B2 (en) 2001-08-24 2006-08-01 Canon Kabushiki Kaisha Recycling method and image forming apparatus manufactured using recycling method
US7379788B1 (en) 1998-06-10 2008-05-27 Hitachi, Ltd. Manufactured article treatment processing system

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997021501A1 (en) * 1995-12-12 1997-06-19 Hitachi, Ltd. Product disposal system
US6226617B1 (en) * 1995-12-12 2001-05-01 Hitachi, Ltd. Product disposal system
US6117263A (en) * 1997-05-15 2000-09-12 Ricoh Company, Ltd. Product and method for efficiently specifying compatibility of an affixed sheet with the supporting product
US7379788B1 (en) 1998-06-10 2008-05-27 Hitachi, Ltd. Manufactured article treatment processing system
JP2002183376A (en) * 2000-12-11 2002-06-28 Honda Motor Co Ltd Device and method od evaluating environmental load of product
JP4719860B2 (en) * 2000-12-11 2011-07-06 本田技研工業株式会社 Product environmental load evaluation unit
US7082660B2 (en) 2001-08-24 2006-08-01 Canon Kabushiki Kaisha Recycling method and image forming apparatus manufactured using recycling method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Pohland Leachate recycle as landfill management option
Billatos Green technology and design for the environment
Allen et al. Wastes as raw materials
Gaines The future of automotive lithium-ion battery recycling: Charting a sustainable course
Fröhlich et al. The BATENUS process for recycling mixed battery waste
McLaren et al. The typical engineering properties of fly ash
Henshaw et al. An overview of recycling issues for composite materials
Subramanian Plastics recycling and waste management in the US
Kreiger et al. Life cycle analysis of distributed recycling of post-consumer high density polyethylene for 3-D printing filament
Forton et al. Value from shredder waste: ongoing limitations in the UK
Terazono et al. Material cycles in Asia: especially the recycling loop between Japan and China
US20030147789A1 (en) System for detoxification of toxic organic chlorinated compound and method of recycling the detoxified waste
CN101345328A (en) Automatic classifying splitting method for waste lead acid battery recovery
Morioka et al. Eco‐efficiency of Advanced Loop‐closing Systems for Vehicles and Household Appliances in Hyogo Eco‐town
Ciacci et al. Lost by design
Gesing Assuring the continued recycling of light metals in end-of-life vehicles: A global perspective
Sodhi et al. Product design for disassembly and bulk recycling
Dowie Green design
Wang et al. Policies and perspective on end-of-life vehicles in China
Freegard et al. Develop a Process to Separate Brominated Flame Retardants from WEEE Polymers–Final report
Kinto Ash melting system and reuse of products by arc processing
Robinson et al. A review of landfill leachate composition in the UK
Chen et al. The development and prospects of the end-of-life vehicle recycling system in Taiwan
Santini et al. Assessment of Ecodesign potential in reaching new recycling targets
Gerner* et al. Integrated approach for disassembly processes generation and recycling evaluation of an end-of-life product

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040928

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20041129