JPH08320945A - Moving image editing system and moving image reproducing system - Google Patents

Moving image editing system and moving image reproducing system

Info

Publication number
JPH08320945A
JPH08320945A JP7126462A JP12646295A JPH08320945A JP H08320945 A JPH08320945 A JP H08320945A JP 7126462 A JP7126462 A JP 7126462A JP 12646295 A JP12646295 A JP 12646295A JP H08320945 A JPH08320945 A JP H08320945A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
moving image
file
command
gop
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7126462A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akihiko Shibahara
昭彦 芝原
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP7126462A priority Critical patent/JPH08320945A/en
Publication of JPH08320945A publication Critical patent/JPH08320945A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE: To easily edit moving image data in each frame unit and to reproduce a fine moving image from the moving image data edited in each frame unit. CONSTITUTION: The bit stream of a moving image based upon an MPEG1 system is constituted of the repeat, of GOPs 12 consisting of plural frames and sequence headers 11 for defining the attributes of the GOPs 12. Each sequence header 11 is provided with a user data area 13. When user executes editing operation, information for defining the display order of still images in the bit stream is stored in an index 14 prepared in the user data area 13. A command code 18 expressing the sort (the insertion of another file, the partial insertion of another file, the speocification of a reference file, or the specification of jamp) of a command to be executed for a frame in a corresponding GOP 12 and command data 19 expression the frame or the like to be executed by the command are included in the index 14.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、動画像編集システム及び動画像再生システムに関し、特に、MPEG1方式による動画像データを編集するための動画像編集システム及びその編集された動画像データから動画像を再生するための動画像再生システムに関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a moving picture editing system and a moving image reproduction system, in particular, the moving image from the moving image editing system and the editing moving image data for editing moving image data according to MPEG1 system on video playback system for playing.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、動画像データの編集用ソフトウェアの進歩により、パーソナルコンピュータ上で手軽に動画像データの編集が行われるようになってきた。 In recent years, advances in software for editing of the moving image data, editing of easily moving image data on a personal computer has come to be carried out. ユーザは、動画像を再生する際に各静止画像が所望の順序で表示されていくように編集を行う。 The user, each still image when reproducing the moving image editing as will appear in the desired order. この編集は、パーソナルコンピュータのディスプレイに表示される編集画面に向かってユーザがマウス等を操作することにより行われる。 This editing, the user is performed by operating the mouse or the like toward the editing screen displayed on the display of the personal computer. 具体的には、例えばマイクロソフト社の“MS−W More specifically, for example, Microsoft's "MS-W
indows”に代表されるウインドウソフト(window Window software, which is represented by indows "(window
software )による環境のもとで、ユーザは、インテル社の“Indeo”やマイクロソフト社の“MS−Vi software) due under the environment, the user of Intel's "Indeo" and Microsoft's "MS-Vi
deo”といった動画像編集用ソフトウェアを起動させることにより動画像データの編集を行う。 Edits the moving image data by activating the software for moving image editing such as deo ".

【0003】動画像データは、所定の動画像圧縮規格に基づいて蓄積メディア上に記録されている。 [0003] moving image data is recorded on a storage medium based on a predetermined moving picture compression standard. 例えば“M For example, "M
S−Windows”上で扱われる動画像データは、マイクロソフト社が開発したAVI(audio video interl S-Windows "moving image data to be handled on the, AVI (audio video interl developed by Microsoft Corporation
eaving)と呼ばれるファイル形式に基づいて記録される。 It is recorded based on the file format called eaving). 一方、動画像圧縮規格には、ISO(国際標準化機構)及びIEC(国際電気標準会議)により国際標準とされているMPEG1(moving picture experts group On the other hand, the moving picture compression standard, ISO (International Standards Organization) and IEC is an international standard by the (International Electrotechnical Commission) MPEG1 (moving picture experts group
1)に基づくものがある。 There are those based on 1). MPEG1の形式は、高い圧縮率で動画像データを記録できるという特長を持つ。 MPEG1 format has the advantage of being able to record moving image data at a high compression ratio.

【0004】MPEG1形式による動画像データは、図18に示すように、シーケンスヘッダ(sequence heade [0004] video data by MPEG1 format, as shown in FIG. 18, a sequence header (sequence heade
r )1とGOP(group of pictures )2の組が繰り返し現れるビットストリームを形成している。 r) to form a 1 and GOP (group of pictures) 2 pairs appears repeatedly bitstream. GOP2 GOP2
は、再生する際の画像の最小単位であるフレーム(ピクチャ,静止画像)を複数枚含んでいる。 Is the smallest unit of an image when reproducing frame (picture, still image) includes a plurality of. シーケンスヘッダ1は、対応するGOP2の先頭に付されており、当該GOP2におけるフレームの属性(フォーマット等)を定義する。 Sequence header 1 is attached to the head of the corresponding GOP2, defines the frame attributes (format, etc.) in the GOP2. シーケンスヘッダがGOPごとに付されているのは、途中からの動画像の再生を可能とするためである。 The sequence header is attached to each GOP is to enable the playback of the moving picture in the middle.

【0005】圧縮された状態で記録されている動画像データを編集するためには、まず、動画像データを取り出してからその動画像データの伸張を行う。 [0005] In order to edit the moving image data recorded in a compressed state, the first, the extension of the moving image data after removing the moving image data. 次に、ユーザは、伸張した動画像データに対して編集を施す。 Next, the user performs editing for the decompressed moving image data. 編集を施した後は、その動画像データは再び圧縮されて蓄積メディア上に記録される。 Was subjected to editing, the video data is recorded on the storage medium is compressed again. そして、編集後の動画像データがデコード・表示され、動画像が再生されることになる。 The moving image data after editing is decoded and displayed, the moving image is reproduced.

【0006】MPEG1形式による動画像データは、編集される際にGOP単位でその伸張や圧縮がなされ、また、GOP単位でその挿入,複写,削除等の編集処理がなされる。 [0006] video data by MPEG1 format, its extended and compressed in GOP units is performed when it is edited. In addition, the insertion in GOP units, copying, editing processing such as deleting are made.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】しかし、従来の動画像編集システムによれば、MPEG1形式の動画像データに代表されるように、動画像データの編集はGOP単位でなされるため、例えばGOPの途中(すなわち、フレーム間)に他のフレームを挿入したり、所定のフレームだけを削除したりするようなフレーム単位での細かな編集が困難となっていた。 [0006] However, according to the conventional moving picture editing system, as represented by moving image data MPEG1 format, for editing moving image data is made in GOP units, for example, the GOP middle (i.e., inter-frame) or inserting another frame, fine editing in frame units as or to remove only a predetermined frame has been difficult.

【0008】さらに、従来の動画像編集システムではフレーム単位での細かな編集が困難であるため、動画像を再生する際には、ユーザが望んでいた通りの繊細な動画像が得られるとはいえなかった。 Furthermore, since the conventional video editing system is difficult to fine editing in frame unit, when reproducing the moving image, a delicate moving image as the user wanted is obtained It did not say.

【0009】本発明は上記実情に鑑みてなされたもので、フレーム単位で容易に動画像データの編集を行うことのできる動画像編集システム及びフレーム単位で編集された動画像データから繊細な動画像を再生することのできる動画像再生システムを提供することを目的とする。 [0009] The present invention has been made in view of the above circumstances, delicate moving image from easily moving image data edited by the motion picture editing systems and frames can be edited moving image data in frame units and to provide a moving image reproduction system capable of reproducing.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]

(第1の発明)本発明に係る動画像編集システムは、複数の静止画像からなる画像群とこの画像群の属性を定義するヘッダとの繰り返しで構成される動画像データを編集する動画像編集システムにおいて、前記ヘッダに設けられるユーザデータ領域に、静止画像を表示する順序を定義する情報を含ませる手段を具備したことを特徴とする。 Moving image editing system according to (the first invention) The present invention, moving image editing for editing moving image data constituted by the repetition of the image group including a plurality of still images and headers that define the attributes of the image group in the system, the user data area provided in the header, characterized by comprising means to include information that defines the order of displaying a still image.

【0011】(第2の発明)本発明に係る動画像再生システムは、複数の静止画像からなる画像群とこの画像群の属性を定義するヘッダとの繰り返しで構成される動画像データから動画像を再生する動画像再生システムにおいて、前記ヘッダに設けられるユーザデータ領域には、 [0011] moving image reproduction system according to (the second invention) The present invention is a moving image from the moving image data constituted by the repetition of the image group including a plurality of still images and headers that define the attributes of the image group in the video reproducing system for reproducing the user data area provided in the header,
静止画像を表示する順序を定義する情報が含まれており、前記ユーザデータ領域に含まれる情報に従って静止画像を表示する手段を具備したことを特徴とする。 Information defining the order of displaying the still images are affected, characterized by comprising means for displaying the still image according to information included in the user data area.

【0012】 [0012]

【作用】 [Action]

(第1の発明)動画像のビットストリームは、複数の静止画像からなる画像群とこの画像群の属性を定義するシーケンスヘッダとの繰り返しで構成されている。 Bit stream (first invention) moving image is composed of repeating the sequence header and picture group composed of a plurality of still images defining attributes of the image group. また、 Also,
前記シーケンスヘッダには、ユーザデータ領域が設けられている。 The said sequence header, the user data area are provided. 本発明に係る動画像編集システムによれば、 According to the video editing system according to the present invention,
この動画像のビットストリームを編集する際に、前記シーケンスヘッダに設けられるユーザデータ領域に、静止画像を表示する順序を定義する情報が含められる。 When editing a bitstream of the motion picture, the user data area provided in the sequence header, information defining the order in which the still image is displayed is included. 上記構成とすることにより、動画像データの静止画像単位での編集を簡単に行うことができる。 By the above-described configuration, it is possible to easily perform editing in the still image unit of the moving image data.

【0013】(第2の発明)動画像のビットストリームは、複数の静止画像からなる画像群とこの画像群の属性を定義するシーケンスヘッダとの繰り返しで構成されている。 [0013] bit stream (second invention) moving image is composed of repeating the sequence header and picture group composed of a plurality of still images defining attributes of the image group. また、前記シーケンスヘッダには、ユーザデータ領域が設けられている。 In addition, the said sequence header, the user data area are provided. 本発明に係る動画像再生システムによれば、前記ユーザデータ領域には静止画像を表示する順序を定義する情報が編集作業によって既に含められており、表示手段は前記ユーザデータ領域に含まれる情報に従って静止画像を表示する。 According to the moving picture reproduction system according to the present invention, it said user data area is included already by the information editing work to define the order in which the still image is displayed, according to the display means information included in the user data area a still image is displayed. 上記構成とすることにより、静止画像単位で編集された動画像データから繊細な動画像を再生することができる。 By the above-described configuration, it is possible to reproduce a delicate moving image from the moving image data edited by the still image unit.

【0014】 [0014]

【実施例】以下、図面を参照して本発明の一実施例を説明する。 EXAMPLES Hereinafter, a description will be given of an embodiment of the present invention with reference to the drawings. 図1は、本発明に係る動画像編集システムで使用される動画像データの構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a configuration of a moving picture data used in the moving picture editing system according to the present invention. 本実施例で扱う動画像データは、ビットストリームを形成している。 Moving image data handled in the present embodiment forms a bit stream. ビットストリームは、図1に示すように、シーケンスヘッダ11とGOP12の組の繰り返しで構成されている。 Bitstream, as shown in FIG. 1, and a set of repetition of the sequence header 11 and GOP12. GOP12は、複数のフレーム(ピクチャ,静止画像)を1つのグループとしてまとめたものである。 GOP12 summarizes plurality of frames (pictures, still image) as one group. 各シーケンスヘッダ11は、対応するGOP12に含まれるフレームの属性(フォーマット等)を定義するデータを保持している。 Each sequence header 11 holds data defining attributes of a frame included in the corresponding GOP12 (format, etc.).

【0015】なお、上記ビットストリームは、後で行うビットストリームの編集がしやすくなるように、種類に応じて複数のファイルに分けて格納されている。 [0015] Incidentally, the bit stream is stored in a plurality of files so easily edit a bit stream to be performed later, depending on the type. ユーザは、任意のファイルを選択してビットストリームに含まれるフレームの列を編集画面上に読み込み、各フレームが所望の順序で表示されるように編集する。 The user reads the sequence of frames included in the bit stream by selecting any file on the editing screen to edit such that each frame is displayed in a desired order.

【0016】ビットストリーム内のシーケンスヘッダ1 The sequence in the bit stream header 1
1には、図2に示すデータが格納されている。 The 1, data shown in FIG. 2 is stored. すなわち、シーケンスヘッダ11には、当該シーケンスヘッダの始まりを表すシーケンスヘッダコード(sequence hea That is, the sequence header 11, a sequence header code indicating the beginning of the sequence header (sequence hea
der code)21のほか、上記フレームの水平サイズ(ho der code) 21 In addition to the horizontal size of the frame (ho
rizontal size )22,垂直サイズ(vertical size ) rizontal size) 22, vertical size (vertical size)
23,画素アスペクト比(pel aspect ratio)24,等のデータが格納されている。 23, the pixel aspect ratio (pel aspect ratio) 24, data and the like are stored. また、これらデータの後方には、ユーザが任意の容量で自由に設定できるユーザデータ(user data )25を格納するための領域(ユーザデータ領域)が設けられている。 In addition, the rear of these data, the user is user data that can be set freely (user data) area to store 25 (user data area) is provided in any volume. 本実施例では、後で詳述するように、上記ユーザデータ領域を利用することにより、フレーム単位の編集が可能となる。 In this embodiment, as will be described later, by utilizing the user data area, it is possible to edit the frame.

【0017】一方、GOP12には、図3に示すデータが格納されている。 Meanwhile, the GOP12, data shown in FIG. 3 is stored. すなわち、GOP12には、当該G That is, the GOP12, the G
OPの始まりを表すグループスタートコード(group st Group start code that represents the beginning of the OP (group st
artcode)31のほか、画像の表示時間を示すタイムコード(time code )32,前方のGOPを参照すべきか否かを表すフラグ(closed gop)33,GOPが正しく再生できるような状態にあるが否かを表すフラグ(brok artcode) 31 In addition to the time code indicating the display time of the image (time code) 32, but the flag (closed gop) 33, GOP indicating whether to refer to the front of the GOP is in a state that can be reproduced correctly whether a flag indicating whether (brok
en link )34,等のデータが格納されている。 en link) 34, data and the like are stored. また、 Also,
これらデータの後方には、ユーザが任意の容量で自由に設定できるユーザデータ(user data )35を格納するためのユーザデータ領域13が設けられている。 Behind these data, the user data area 13 for storing user data (user data) 35 that the user can freely set at any capacity is provided. なお、 It should be noted that,
上記シーケンスヘッダ11及びGOP12のデータ構造は、国際標準規格としてISO及びIECにより規定されているものである。 Data structure of the sequence header 11 and GOP12 are those defined by ISO and IEC as an international standard.

【0018】ここまで説明したユーザデータ領域13を含むシーケンスヘッダ11及びGOP12(図1)は、 [0018] and a sequence header 11 includes a user data area 13 described up to this GOP12 (FIG. 1),
PMEG1の規定に基づくビットストリームを形成している。 Forming a bit stream based on the provisions of PMEG1. 一方、上記ユーザデータ領域13に含まれるインデックス14は、以下に説明するように、本発明に係るものである。 On the other hand, the index 14 included in the user data area 13, as described below, but the present invention.

【0019】ユーザデータ領域13には、インデックス14が格納される。 [0019] The user data area 13, the index 14 is stored. このインデックス14は、デコーダ(後述)がフレームを表示する際に、各フレームの表示順序を決めるために使用されるものである。 The index 14, when the decoder (described later) displays a frame, and is used to determine the display order of each frame.

【0020】インデックス14には、フレームの表示順序を定義する情報が格納されている。 [0020] index 14, information defining the display order of the frames are stored. すなわち、インデックス14には、インデックスコード(IndexCode )1 That is, the index 14, index code (IndexCode) 1
5,インデックスGOP(IndexGop)16,インデックスフレーム(IndexFrame)17,コマンドコード(Comm 5, the index GOP (IndexGop) 16, an index frame (IndexFrame) 17, a command code (Comm
andCode )18,コマンドデータ(CommandData )19 andCode) 18, command data (CommandData) 19
が格納される。 There are stored.

【0021】これら各種のデータがインデックス14に格納されている様子を図4に詳細に示す。 [0021] showing how these various data are stored in the index 14 in detail in FIG. インデックスコード15は、所属するインデックスを識別するためのコードである。 Index code 15 is a code for identifying the index belongs. インデックスGOP16は、所属するシーケンスヘッダに対応するGOPの番号を表す。 Index GOP16 represents the number of the GOP corresponding to belong to a sequence header. インデックスフレーム17は、所属するシーケンスヘッダに対応するGOPに含まれるフレームの数を表す。 Index frame 17 represents the number of frames included in the GOP corresponding to belong to a sequence header. すなわち、インデックスフレーム17は、対応するGOPの先頭から数えたフレームの数を表している。 That is, the index frame 17 represents the number of frames from the beginning of the corresponding GOP. また、各フレームには、順番に番号が付されている。 In addition, each frame, are numbered in the order. このとき、GO In this case, GO
P内の先頭フレームの番号は0番となる。 Number of the first frame in the P is the number 0.

【0022】コマンドコード18は、後で詳述するように、対応するGOPに含まれる処理対象のフレームに対してデコーダが実行すべきコマンドの種類を表す。 The command code 18, as later described in detail, representing the type of command to be executed by the decoder relative to frame to be processed contained in the corresponding GOP. コマンドデータ19は、後で詳述するように、処理対象となるフレーム等を指定するためのデータであり、上記コマンドコードの種類に応じたものがそれぞれ用意されている。 Command data 19, as will be described later, is data for specifying a frame or the like to be processed, that according to the type of the command codes are prepared, respectively. なお、上記インデックス14に格納されている情報は、ユーザが編集画面(後述)で編集した内容に応じて設定されるようになっている。 The information stored in the index 14 is adapted to be set according to the contents edited by the user edit screen (described later).

【0023】図5は、上記コマンドコード18の種類を示している。 [0023] Figure 5 shows a type of the command code 18. コマンドコード18には、“0x000 The command code 18, "0x000
1”,“0x0002”,“0x0003”,“0x0 1 "," 0x0002 "," 0x0003 "," 0x0
004”の4種類が用意されており、これらのうちのいずれか1つがインデックス14上に格納されるようになっている。 004 4 types are prepared for ", any one of these but is adapted to be stored on the index 14.

【0024】“0x0001”は、他のファイル(当該コマンドコードが所属するファイル以外のファイル) [0024] "0x0001" is, other files (files other than the file that the command code belongs)
を、対応するGOPに含まれるフレーム間に挿入させる命令であることを表している。 And it indicates that an instruction to be inserted between frames included in the corresponding GOP. “0x0002”は、他のファイルに含まれるフレームを、対応するGOPに含まれるフレーム間に挿入させる命令であることを表している。 "0x0002" represents that the frame contained in another file, an instruction to be inserted between frames included in the corresponding GOP. “0x0003”は、他のファイルを参照する命令であることを表している。 "0x0003" represents that the instruction that references another file. “0x0004”は、処理対象のフレームを、所属するファイル内のフレーム間又は他のファイル内のフレーム間にジャンプさせる命令であることを表している。 "0x0004", the frame to be processed, indicating that an instruction to jump between the frames of the inter-frame or other file belongs to the file.

【0025】図6(a)〜(d)は、上記4種類のコマンドコードにそれぞれ属するコマンドデータのデータ構造を示している。 FIG. 6 (a) ~ (d) shows a data structure of command data belonging respectively to the four kinds of command codes. 図6(a)に示すように、コマンドコード“0x0001”(他のファイルの挿入)に属するコマンドデータには、変数として、挿入先のGOP番号(InsGop),挿入先のフレーム番号(InsFrame),挿入ファイル名(InsFile )が格納される。 As shown in FIG. 6 (a), the command data belonging to the command code "0x0001" (insertion of other files), as a variable, the insertion destination of the GOP number (InsGop), insert destination frame number (InsFrame) insert file name (InsFile) is stored.

【0026】また、図6(b)に示すように、コマンドコード“0x0002”(他のファイルの部分挿入)に属するコマンドデータには、上記コマンドコード“0x Further, as shown in FIG. 6 (b), the command data belonging to the command code "0x0002" (partial insertion of other files), the command code "0x
0001”の場合と同様の挿入先のGOP番号(InsGo In the case of 0001 "as well as the insertion destination of the GOP number (InsGo
p),挿入先のフレーム番号(InsFrame),挿入ファイル名(InsFile )が格納され、これに加えて、挿入GO p), insert the destination of the frame number (InsFrame), insert the file name (InsFile) is stored, in addition to this, insert GO
P番号(NumGop),挿入フレーム番号(NumFrame),挿入フレーム数(Frames)が格納される。 P Number (NumGop), insert frame number (NumFrame), the number of inserted frames (Frames) are stored.

【0027】また、図6(c)に示すように、コマンドコード“0x0003”(参照ファイル指定)に属するコマンドデータには、GOP番号(NumGop),フレーム番号(NumFrame),参照ファイルの種類(Kind),挿入ファイル名(InsFile )が格納される。 Further, as shown in FIG. 6 (c), the command data belonging to the command code "0x0003" (refer to the file specified) is, GOP number (NumGop), frame number (NumFrame), the type of reference file (Kind ), insert the file name (InsFile) is stored.

【0028】最後に、図6(d)に示すように、コマンドコード“0x0004”(ジャンプ指定)に属するコマンドデータには、GOP番号(NumGop),フレーム番号(NumFrame),ジャンプ先のGOP番号(JGop),ジャンプ先のフレーム番号(JFrame),ジャンプ先のファイル名(JmpFile )が格納される。 [0028] Finally, as shown in FIG. 6 (d), the command data belonging to the command code "0x0004" (jump specified) is, the GOP number (NumGop), frame number (NumFrame), jump destination GOP number ( JGop), jump destination of the frame number (JFrame), jump destination of the file name (JmpFile) is stored.

【0029】ユーザの編集操作により、各シーケンスヘッダにおけるコマンドコード18及びコマンドデータ1 [0029] The user of the editing operation, a command code in the sequence header 18 and command data 1
9が定まった後は、ビットストリームは圧縮されて蓄積メディア等に格納されることになる。 After 9 is definite, the bit stream will be stored in compressed storage media.

【0030】上記説明したインデックスコード15,インデックスGOP16,インデックスフレーム17,コマンドコード18,コマンドデータ19で構成される1 The index code 15 has been described above, the index GOP16, index frame 17, command code 18, 1 composed of command data 19
組の情報は、1種類のコマンドを表している。 Set of information represents one type of command. したがって、後述のデコーダがこのコマンドを実行することにより、フレームの表示順序が決定される。 Thus, the decoder described later by executing this command, the display order of the frames is determined. なお、インデックス14に含まれる上記情報は1組だけとは限らない。 Note that the information included in the index 14 is not limited to only one set.
あるGOP内のフレームについて複数のコマンドを実行させる場合には、複数組の情報がインデックス14に格納される。 In the case of executing a plurality of commands for frame within a GOP includes a plurality of sets of information are stored in the index 14.

【0031】次に、図7を参照して、ユーザがビットストリームについて編集を行うための編集画面の構成を説明する。 Next, with reference to FIG. 7, the user will be described a configuration of the editing screen for editing the bit stream. ユーザは、図7に示す編集画面に向かい、マウスやキーボード(図示せず)を用いて当該編集画面に現れるビットストリーム内のフレームの列を参照して編集を行う。 The user is directed to the editing screen shown in FIG. 7, edits with reference to the columns of the frame in the bit stream appearing on the editing screen using the mouse and keyboard (not shown).

【0032】編集画面は、作業エリア4aと作業エリア4bにより構成される。 The editing screen is composed of a work area 4b and the work area 4a. 作業エリア4aと作業エリア4 Work area 4 and the work area 4a
bには、それぞれ異なるファイル内ビットストリームを編集するための領域である。 To b, in an area for editing the different file in the bit stream, respectively.

【0033】例えば、所定のファイル内ビットストリームに含まれるフレームの一部を削除させたい場合には、 [0033] For example, when it is desired to remove some of the frames contained in the bitstream predetermined file,
作業エリア4aだけが使用される。 Only the work area 4a is used. また、所定のファイル内ビットストリームに含まれるフレームを他のファイル内のビットストリーム中に挿入させたい場合には、作業エリア4aと作業エリア4bの両方が使用される。 Further, when it is desired to insert a frame included in the bitstream predetermined file in the bit stream in the other file, both the work area 4a and the work area 4b is used.

【0034】作業エリア4aには、処理選択枝41a, [0034] The work area 4a, processing choices 41a,
フレーム表示部42a,カーソル43a,スクロールボタン44a,45a,表示エリア46a,スライダ47 Frame display unit 42a, the cursor 43a, scroll buttons 44a, 45a, display area 46a, the slider 47
aが備えられる。 a is provided. 処理選択枝41aには、“ファイル”,“ファイル挿入”,“フレーム挿入”,“カット”,“ジャンプ”,“参照ファイル”といった各種の作業項目が設けられている。 The process choices 41a, "file", "file Insert", "frame insertion", "cut", "jump", various work items such as "reference file" is provided. “ファイル”は、編集対象とすべき(後述のフレーム表示部42aに表示すべき) "File" is, should be subject to editing (to be displayed in the frame display section 42a which will be described later)
ファイルを選択するために使用される。 It is used to select the file. 例えば、ユーザが“ファイル”をマウス等を用いてクリックすると、所定の位置にウインドウが現れ、各種のファイルのファイル名が表示される。 For example, if the user of the "file" click with the mouse, the window appears in place, the file name of the various files are displayed. こうして表示されたファイル名のうち編集対象とすべきファイルのファイル名をユーザが再びクリックすると、相当するファイルが選択されることになる。 In this way the user the file name of the file to be edited out of the displayed file name you click again, so that the corresponding file is selected.

【0035】“ファイル挿入”は、作業エリア4aにおける編集対象のファイル内のフレーム間に、作業エリア4bにおけるファイルを挿入させるために使用される。 The "file insertion" is between frames in the editing target file in the work area 4a, is used to insert the file in the work area 4b.
“フレーム挿入”は、作業エリア4aにおける編集対象のファイル内のフレーム間に、作業エリア4bにおけるファイル内のフレームを挿入させるために使用される。 "Frame insertion" is between frames in the editing target file in the work area 4a, is used to insert a frame in the file in a work area 4b.
“カット”は、編集対象のファイル内のフレームを削除するために使用される。 "Cut" is used to remove the frame in the file to be edited. “ジャンプ”は、編集対象のファイル内のフレームを同じファイル内又は他のファイル内のフレーム間にジャンプさせるために使用される。 "Jump" is used to jump between the frames in the same file or in another file frame in the file to be edited.

【0036】フレーム表示部42aは、処理選択枝41 The frame display unit 42a, the processing choices 41
a上の“ファイル”で選択されたファイルのビットストリームに含まれるフレームの列を表示する。 To display a column of a frame included in the bit stream of the selected file in the "file" on a. この場合、 in this case,
各フレームは、それぞれ識別番号が付された状態で表示される。 Each frame is displayed with the respective identification number is attached.

【0037】カーソル43aは、上記フレーム表示部4 The cursor 43a is, the frame display unit 4
2aに表示されるフレームの列の中から処理対象となる位置(フレーム間)を指定するために使用される。 Position to be processed from among the columns in the frame displayed 2a is used to specify the (inter-frame). カーソル43aは、図9に示すように、作業項目の種類に応じて様々な形で表示される。 The cursor 43a is, as shown in FIG. 9, is displayed in various forms depending on the type of work item.

【0038】上記処理選択枝41aにおいて“ファイル挿入”又は“フレーム挿入”が選択された場合、カーソル43aは“↑↑”で表示される。 [0038] If the "file inserted" in the process choices 41a or "frame insertion" is selected, the cursor 43a is displayed in "↑↑". カーソル“↑↑” Cursor "↑↑"
は、挿入先の位置を指定するために使用される。 It is used to specify the insertion destination position. この場合、ユーザは、作業エリア4bにおけるファイル等を挿入すべき位置(フレーム間)に、カーソル“↑↑”を移動させる。 In this case, the user is in a position to be inserted the file or the like in the work area 4b (between frames), to move the cursor "↑↑". なお、“ファイル挿入”が選択されたとき、 It should be noted that, when the "file inserted" is selected,
作業エリア4b内のカーソル43bは無表示となり、 Cursor 43b in the work area 4b becomes a non-display,
“フレーム挿入”が選択されたとき、カーソル43bは“S”と“E”で表示される。 When "frame insertion" is selected, the cursor 43b is displayed in "S" and "E". カーソル“S”と“E” Cursor "S" and "E"
は、挿入元のフレーム列の範囲を指定するために使用される。 It is used to specify the range of the insertion source frame sequences.

【0039】上記処理選択枝41aにおいて“カット” [0039] In the above processing choices 41a "cut"
が選択された場合、カーソル43aは“S”と“E”で表示される。 If you There has been selected, the cursor 43a is displayed in the "S" and "E". カーソル“S”と“E”は、削除すべきフレーム列の範囲を指定するために使用される。 Cursor "S" and "E" is used to specify a range of frame sequence to be deleted. この場合、ユーザは、削除する範囲の始点にカーソル“S”を移動させ、終点にカーソル“E”を移動させる。 In this case, the user moves the cursor "S" to the start point of the range to be deleted, moves the cursor "E" to the end point. なお、 It should be noted that,
このときのカーソル43bは無表示となっている。 Cursor 43b at this time is no display.

【0040】また、“ジャンプ”が選択された場合、カーソル43aは“J”と“D”で表示される。 [0040] In addition, if the "jump" has been selected, the cursor 43a is displayed in a "J" and "D". カーソル“J”は、ジャンプを開始すべき位置(フレーム間)を指定するために使用され、カーソル“D”は、ジャンプ先とすべき位置を指定するために使用される。 Cursor "J" is used to specify the position to start the jump (between frames), the cursor "D" is used to specify the position to be the jump destination. この場合、ユーザは、ジャンプを開始すべき位置にカーソル“J”を移動させ、ジャンプ先とすべき位置(同一ファイル内)にカーソル“D”を移動させる。 In this case, the user moves the cursor "J" in the position to start the jump, to move the cursor "D" to the position to be the jump destination (the same file). なお、このときのカーソル43bは無表示となっている。 In addition, the cursor 43b at this time is no display.

【0041】一方、同一ファイル内へのジャンプでなく他のファイルへのジャンプを行う場合は、“ジャンプ” [0041] On the other hand, if carried out a jump to other files rather than jump to the same file, "jump"
を選択した後、後述するように作業エリア4bに当該他のファイルを呼び出す。 After selecting, it calls the other files in the work area 4b as will be described later. これにより、カーソル43aは“J”が表示され、カーソル43bは“D”で表示される。 Thus, the cursor 43a is displayed "J", the cursor 43b is displayed in "D".

【0042】スクロールボタン44a,45aは、フレーム表示部42aに表示されるフレームの列を左右にスクロールさせるために使用される。 The scroll buttons 44a, 45a are used for scrolling the columns of the frame to be displayed in the frame display section 42a on the left and right. 上記カーソル43a The cursor 43a
及びスクロールボタン44a,45aを操作することにより、ユーザは、処理対象となる位置をフレーム表示部42a上で指定することができる。 And scroll buttons 44a, by operating the 45a, the user can specify the location to be processed on a frame display unit 42a.

【0043】表示エリア46aは、スライダ47a上を左右に移動できるようになっており、左端に移動させればファイル内の先頭フレームがフレーム表示部42a上に表示され、右端に移動させればファイル内の最終フレームが表示されるようになっている。 The display area 46a is adapted to be moved on the slider 47a to the left and right, is moved to the left first frame of the file is displayed on the frame display section 42a, it is moved to the right end file last frame of the inner is adapted to be displayed.

【0044】一方、作業エリア4bには、処理選択枝4 [0044] On the other hand, the work area 4b, processing choices 4
1b,フレーム表示部42b,カーソル43b,スクロールボタン44b,45b,表示エリア46b,スライダ47bが備えられる。 1b, the frame display unit 42b, the cursor 43 b, a scroll button 44b, 45b, the display area 46b, the slider 47b is provided. 処理選択枝41bには、“ファイル”,“コピー”,“キャンセル”といった各種の作業項目が設けられている。 The treatment choices 41b, "file", "copy", "Cancel", such as various types of work items are provided. “ファイル”は、作業エリア4aにおけるファイル編集に使用すべき(後述のフレーム表示部42bに表示すべき)他のファイルを選択するために使用される。 "File" is (to be displayed in the frame display unit 42b to be described later) to be used in file editing in the work area 4a is used to select another file. “コピー”は、作業エリア4aにおける編集対象のファイル内のフレーム間に、作業エリア4bにおける他のファイル内のフレームを複写させるために使用される。 "Copy" is between frames in the editing target file in the work area 4a, is used to copy the frames in other files in the work area 4b. “キャンセル”は、いま行っている編集作業を無効にする場合に使用される。 "Cancel" is used to disable the editing work you are performing now.

【0045】フレーム表示部42bは、処理選択枝41 The frame display unit 42b, the processing choices 41
b上の“ファイル”で選択されたファイルのビットストリームに含まれるフレームの列を表示する。 To display a column of a frame included in the bit stream of the selected file in the "file" on the b. この場合、 in this case,
各フレームは、識別番号が付された状態で表示される。 Each frame is displayed with the identification number is attached.

【0046】カーソル43bは、上記フレーム表示部4 The cursor 43b is, the frame display unit 4
2bに表示されるフレームの列の中から処理対象となる位置(フレーム間)を指定するために使用される。 Is used to specify the position to be processed from among the columns in the frame displayed 2b (between frames). カーソル43bも、図9に示すように、作業項目の種類に応じて様々な形で表示される。 Cursor 43b is also as shown in FIG. 9, it is displayed in various forms depending on the type of work item.

【0047】上記処理選択枝41bにおいて“コピー” [0047] In the above processing choices 41b "copy"
が選択された場合、上記作業エリア4a内のカーソル4 If There is selected, the cursor 4 in the work area 4a
3aは“↑↑”で表示される。 3a is displayed in "↑↑". カーソル“↑↑”は、コピー先の位置を指定するために使用される。 Cursor "↑↑" it is used to specify the destination position. この場合、 in this case,
ユーザは、作業エリア4aにおけるファイル内のフレームを複写すべき位置(フレーム間)に、カーソル“↑ The user, in a position to be copied frame in the file in the work area 4a (between frames), the cursor "↑
↑”を移動させる。このとき、作業エリア4b内のカーソル43bは“S”と“E”で表示される。カーソル“S”と“E”は、複写元のフレーム列の範囲を指定するために使用される。この場合、ユーザは、複写する範囲の始点にカーソル“S”を移動させ、終点にカーソル“E”を移動させる。 ↑ "move. At this time, the cursor 43b of the working area. 4b" "and" S "is displayed in. Cursor" E S "and" E "is used to specify a range of copy source frame sequences is used. in this case, the user moves the cursor "S" to the start point of the range to be copied, to move the cursor "E" to the end point.

【0048】スクロールボタン44b,45bは、フレーム表示部42bに表示されるフレームの列を左右にスクロールさせるために使用される。 The scroll buttons 44b, 45b are used to scroll the sequence of frames to be displayed in the frame display section 42b on the left and right. 上記カーソル43b The cursor 43b
及びスクロールボタン44b,45bを操作することにより、ユーザは、処理対象となる位置をフレーム表示部42b上で指定することができる。 And scroll button 44b, by operating the 45b, the user can specify the location to be processed on a frame display unit 42b.

【0049】表示エリア46bは、スライダ47b上を左右に移動できるようになっており、左端に移動させればファイル内の先頭フレームがフレーム表示部42b上に表示され、右端に移動させればファイル内の最終フレームが表示されるようになっている。 The display area 46b is to be able to move on the slider 47b on the left and right, is moved to the left first frame of the file is displayed on the frame display section 42b, it is moved to the right end file last frame of the inner is adapted to be displayed.

【0050】次に、上記実施例の動作を説明する。 Next, the operation of the above embodiment. いま、ユーザは、図7に示す編集画面でビットストリームを編集しようとしている。 Now, the user is trying to edit a bit stream in the edit screen shown in FIG. まず、作業エリア4aにおいて、ユーザが処理選択枝41a内の“ファイル”を選択して編集すべきファイルを指定すると、そのファイル内のビットストリームが編集画面に読み込まれ、ビットストリーム中のフレームの列がフレーム表示部42aに表示される。 First, in the work area 4a, the user specifies a file to be edited by selecting "file" in the processing choices 41a, the bit stream in the file is read into the editing screen, frame sequence of the bit stream There is displayed in the frame display section 42a.

【0051】編集対象のファイル内のあるフレーム間に他のファイルを挿入するためには、ユーザは、“ファイル挿入”を選択する。 [0051] In order to insert the other files in between there within the edited file frame, the user selects the "file insertion". これにより、カーソル43aは“↑↑”となり、カーソル43bは無表示となる。 As a result, the cursor 43a is a "↑↑", and the cursor 43b is non-display. 次に、ユーザが処理選択枝41b内の“ファイル”を選択して挿入元となるファイルを指定すると、対応するファイル内のビットストリームが編集画面に読み込まれ、当該ファイルに含まれるフレームの列がフレーム表示部4 Then, when the user specifies a file to be "file" to select insertion sources in the treatment choices 41b, the bit stream in the corresponding file is read into the editing screen, the sequence of frames included in the file frame display unit 4
2bに表示される。 It is displayed on the 2b. そしてユーザは、作業エリア4aにおいて、上記挿入元のファイルを挿入すべき位置(挿入先)にカーソル“↑↑”を移動させる。 The user, in the work area 4a, to move the cursor "↑↑" in a position to be inserted to the insertion source file (insertion destination). この後、ユーザが“ファイル挿入”を再び選択すると、インデックス1 After this, if the user again to select the "file inserted", the index 1
4(図4)内のコマンドコード18及びコマンドデータ19の設定が行われる。 4 Set the command code 18 and the command data 19 (FIG. 4) within is performed.

【0052】すなわち、コマンドコード18は“0x0 [0052] In other words, the command code 18 "0x0
001”(図5)に設定され、コマンドデータ19については、各種の変数(図6の(a))が以下のように設定される。 001 "is set (FIG. 5), the command data 19, various variables ((a) in FIG. 6) is set as follows.

【0053】変数“InsGop”には、カーソル“↑↑”で指定されたフレーム間を含むGOPの番号が設定される。 [0053] The variable "InsGop", number of GOP including the inter-frame specified by the cursor "↑↑" is set. “InsFrame”には、カーソル“↑↑”のすぐ左に位置するフレームの番号が設定される。 The "InsFrame", number of frames that is located immediately to the left of the cursor "↑↑" is set. “InsFile ”には、挿入したファイルの名称(ファイル名)が設定される。 "InsFile", the name of the inserted file (file name) is set.

【0054】次に、編集対象のファイル内のフレーム間に他のファイル内のフレームを挿入するためには、ユーザは、“フレーム挿入”を選択する。 Next, in order to insert the other frames in the file between the frames in the edited file, the user selects the "frame insertion". これにより、カーソル43aは“↑↑”となり、カーソル43bは“S” As a result, the cursor 43a is "↑↑", and the cursor 43b is "S"
と“E”になる。 And become "E". ユーザが、処理選択枝41b内の“ファイル”を選択して、挿入元フレームを含むファイルを指定すると、当該ファイル内のビットストリームが編集画面に読み込まれ、フレームの列がフレーム表示部42 The user selects the "file" in the processing choices 41b, inserted by specifying a file containing the original frame, the bit stream in the file is read into the editing screen, columns of the frame is the frame display section 42
bに表示される。 It is displayed on the b. そしてユーザは、作業エリア4bにおいて、挿入するフレーム列の始点にカーソル“S”を移動させ、終点にカーソル“E”を移動させる。 The user, in the working area 4b, moves the cursor "S" to the start of the frame sequence to be inserted, to move the cursor "E" to the end point. また、ユーザは、作業エリア4aにおいて、上記挿入元のフレームを挿入すべき位置(挿入先)にカーソル“↑↑”を移動させる。 The user, in the work area 4a, to move the cursor "↑↑" in a position to be inserted to the insertion source frame (insertion destination). この後、ユーザが“フレーム挿入”を再び選択すると、インデックス14(図4)内のコマンドコード18及びコマンドデータ19の設定が行われる。 Thereafter, when the user "frame insertion" is again selected, setting of the command code 18 and the command data 19 of the index 14 in (FIG. 4) is performed.

【0055】すなわち、コマンドコード18は“0x0 [0055] In other words, the command code 18 "0x0
002”(図5)に設定され、コマンドデータ19については、各種の変数(図6の(b))が以下のように設定される。 002 "is set (FIG. 5), the command data 19, various variables ((b) in FIG. 6) is set as follows.

【0056】変数“InsGop”には、カーソル“↑↑”で指定されたフレーム間を含むGOPの番号が設定される。 [0056] The variable "InsGop", number of GOP including the inter-frame specified by the cursor "↑↑" is set. “InsFrame”には、カーソル“↑↑”のすぐ左側に位置するフレームの番号が設定される。 The "InsFrame", number of frames that is located immediately to the left of the cursor "↑↑" is set. “NumGop”には、カーソル“S”で指定されたフレーム間を含むGO The "NumGop", GO, including the inter-frame specified by the cursor "S"
Pの番号が設定される。 P number of is set. “NumFrame”には、カーソル“S”のすぐ左側に位置するフレームの番号が設定される。 The "NumFrame", number of frames that is located immediately to the left of the cursor "S" is set. “Frames”には、カーソル“S”から“E”までの間に含まれるフレームの数が設定される。 The "Frames", the number of frames included between the time "E" from the cursor "S" is set. “InsFile” "InsFile"
には、挿入元のファイルの名称(ファイル名)が設定される。 In the name of the insertion original file (file name) is set.

【0057】次に、編集対象のファイル内のフレームを削除するためには、ユーザは、“カット”を選択する。 Next, in order to remove the frame in the file to be edited, the user selects the "cut".
これにより、カーソル43aは“S”と“E”になり、 As a result, the cursor 43a is made to the "S" and "E",
カーソル43bは無表示になる。 Cursor 43b will be no display. そしてユーザは、作業エリア4aにおいて、削除するフレーム列の始点にカーソル“S”を移動させ、終点にカーソル“E”を移動させる。 The user, in the work area 4a, to move the cursor "S" to the start of the frame sequence to be deleted, it moves the cursor "E" to the end point. この後、ユーザが“カット”を再び選択すると、 After this, if the user again to select the "cut",
インデックス14(図4)内のコマンドコード18及びコマンドデータ19の設定が行われる。 Index 14 Setting the command code 18 and the command data 19 (FIG. 4) within is performed. なお、このときのコマンドコード18及びコマンドデータ19は、後述の“ジャンプ”の設定処理を行う場合のコマンドコード18及びコマンドデータ19が使用される。 Note that the command code 18 and the command data 19 in this case, command code 18 and the command data 19 for performing setting processing of the "jump" below are used.

【0058】したがって、コマンドコード18は“0x [0058] Thus, the command code 18 "0x
0004”(図5)に設定され、コマンドデータ19については、各種の変数(図6の(d))が以下のように設定される。 0004 "is set to (5), the command data 19, various variables (in Fig. 6 (d)) is set as follows.

【0059】変数“NumGop”には、カーソル“S”のすぐ左側に位置するフレームを含むGOPの番号が設定される。 [0059] The variable "NumGop", number of GOP including the frame which is located immediately to the left of the cursor "S" is set. “NumFrame”には、カーソル“S”のすぐ左側に位置するフレームの番号が設定される。 The "NumFrame", number of frames that is located immediately to the left of the cursor "S" is set. “JGop”には、 The "JGop",
カーソル“E”で指定されるフレーム間を含むGOPの番号が設定される。 Number of GOP including the inter-frame specified by the cursor "E" is set. “JFrame”には、カーソル“E”のすぐ右側に位置するフレームの番号が設定される。 The "JFrame", number of frames that is located immediately to the right of the cursor "E" is set. “Jm "Jm
pFile ”には、ヌル(空白文字)が設定される。 The pFile ", null (blank character) is set.

【0060】編集対象のファイル内のフレームをジャンプさせるためには、ユーザは、“ジャンプ”を選択する。 [0060] In order to jump the frame in the file to be edited, the user selects the "jump". これにより、カーソル43aは“J”と“D”になり、カーソル43bは無表示になる。 As a result, the cursor 43a is made to the "J" and "D", the cursor 43b is made to the non-display.

【0061】なお、他のファイル内のフレーム間にジャンプさせる場合、ユーザは、処理選択枝41b内の“ファイル”を選択して上記ジャンプ先のファイルを指定する。 [0061] Incidentally, if to jump between the other in the file frame, the user specifies the jump destination file by selecting "file" in the processing choices 41b. これにより、対応するファイルが編集画面に読み込まれ、そのファイルに含まれるフレームの列がフレーム表示部42bに表示される。 Thus, the corresponding file is read in the edit screen, the columns of the frame included in the file is displayed in the frame display section 42b. このとき、カーソル43a In this case, the cursor 43a
は“J”になり、カーソル43bは“D”になる。 Becomes the "J", the cursor 43b is in "D".

【0062】そしてユーザは、ジャンプ元となる位置にカーソル“J”を移動させ、ジャンプ先となる位置にカーソル“D”を移動させる。 [0062] The user moves the cursor "J" in position as the jump source, to move the cursor "D" to the position where the jump destination. この後、ユーザが“ジャンプ”を再び選択すると、インデックス14(図4)内のコマンドコード18及びコマンドデータ19の設定が行われる。 Thereafter, when the user "jump" is again selected, setting of the command code 18 and the command data 19 of the index 14 in (FIG. 4) is performed.

【0063】すなわち、コマンドコード18は“0x0 [0063] In other words, the command code 18 "0x0
004”(図5)に設定され、コマンドデータ19については、各種の変数(図6の(d))が以下のように設定される。 004 "is set (FIG. 5), the command data 19, various variables (in Fig. 6 (d)) is set as follows.

【0064】変数“NumGop”には、カーソル“J”で指定されるフレーム間を含むGOPの番号が設定される。 [0064] The variable "NumGop", number of GOP including the inter-frame specified by the cursor "J" is set.
“NumFrame”には、カーソル“J”のすぐ左側に位置するフレームの番号が設定される。 The "NumFrame", number of the frame located immediately to the left of the cursor "J" is set. “JGop”には、カーソル“D”で指定されるフレーム間を含むGOPの番号が設定される。 The "JGop", number of GOP including the inter-frame specified by the cursor "D" is set. “JFrame”には、カーソル“D”のすぐ右側に位置するフレームの番号が設定される。 The "JFrame", number of the frame located immediately to the right of the cursor "D" is set. “JmpFile "JmpFile
”には、ジャンプ先のファイルの名称(ファイル名) The ", the name of the jump destination file (file name)
が設定される。 There is set.

【0065】次に、編集対象のファイル内のフレーム間に他のファイル内のフレームを複写するためには、ユーザは、“コピー”を選択する。 Next, in order to copy the other frames in the file between the frames in the edited file, the user selects "Copy". これにより、カーソル4 As a result, the cursor 4
3aは“↑↑”となり、カーソル43bは“S”と“E”になる。 3a is made to "↑↑", and the cursor 43b is "S" and "E". 次に、ユーザが処理選択枝41b内の“ファイル”を選択して上記他のファイルを指定すると、対応するファイルが編集画面に読み込まれ、そのファイルに含まれるフレームの列がフレーム表示部42b Then, when the user designates the "file" to select the other files in the process choices 41b, corresponding file is read into the editing screen, the columns of the frame is the frame display unit 42b included in the file
に表示される。 It is displayed in. そしてユーザは、作業エリア4bにおいて、複写元のフレーム列の始点にカーソル“S”を移動させ、終点にカーソル“E”を移動させる。 The user, in the working area 4b, moves the cursor "S" to the start of the copy source frame sequence, moves the cursor "E" to the end point. また、ユーザは、作業エリア4aにおいて、上記複写先のフレームを挿入すべき位置にカーソル“↑↑”を移動させる。 The user, in the work area 4a, to move the cursor "↑↑" in a position to be inserted to the copy destination of the frame. この後、ユーザが“コピー”を再び選択すると、インデックス14(図4)内のコマンドコード18及びコマンドデータ19の設定が行われる。 Thereafter, when the user "copy" is again selected, setting of the command code 18 and the command data 19 of the index 14 in (FIG. 4) is performed.

【0066】なお、このときのコマンドコード18及びコマンドデータ19は、前述の“フレーム挿入”の設定処理を行う場合のコマンドコード18及びコマンドデータ19が使用される。 [0066] Incidentally, the command code 18 and the command data 19 in this case, the command code 18 and the command data 19 for performing setting processing of the aforementioned "frame insertion" is used.

【0067】したがって、コマンドコード18は“0x [0067] Thus, the command code 18 "0x
0002”(図5)に設定され、コマンドデータ19については、各種の変数(図6の(b))が以下のように設定される。 0002 "is set to (5), the command data 19, various variables ((b) in FIG. 6) is set as follows.

【0068】変数“InsGop”には、カーソル“↑↑”で指定されたフレーム間を含むGOPの番号が設定される。 [0068] The variable "InsGop", number of GOP including the inter-frame specified by the cursor "↑↑" is set. “InsFrame”には、カーソル“↑↑”のすぐ左側に位置するフレームの番号が設定される。 The "InsFrame", number of frames that is located immediately to the left of the cursor "↑↑" is set. “NumGop”には、カーソル“S”で指定されたフレーム間を含むGO The "NumGop", GO, including the inter-frame specified by the cursor "S"
Pの番号が設定される。 P number of is set. “NumFrame”には、カーソル“S”のすぐ左側に位置するフレームの番号が設定される。 The "NumFrame", number of frames that is located immediately to the left of the cursor "S" is set. “Frames”には、カーソル“S”から“E”までの間に含まれるフレームの数が設定される。 The "Frames", the number of frames included between the time "E" from the cursor "S" is set. “InsFile” "InsFile"
には、複写したファイルの名称(ファイル名)が設定される。 In the name of the copied file (file name) is set.

【0069】一方、参照ファイルを指定するためには、 [0069] On the other hand, in order to specify a reference file,
ユーザは、処理選択枝41a内の“参照ファイル”を選択する。 The user selects the "reference file" in the processing choices 41a. なお、この“参照ファイル”は、登録後(デコード後)にユーザがそのデータを参照したいと考えるファイルを指定する場合に使用される。 Note that the "reference file" is used when the user after registration (after decoding) to specify a file that want to see the data. 上記“参照ファイル”の選択により、編集画面上の所定の位置に、図8 The selection of the "reference file", at a predetermined position on the editing screen, FIG. 8
(a)に示すようなダイアログ50が表示される。 Dialog 50 as shown in (a) is displayed.

【0070】入力エリア51は、参照ファイル名を入力するためのエリアである。 [0070] The input area 51 is an area for entering the reference file name. ボタン“Browse”52は、参照ファイルを検索する際に使用される。 Button "Browse" 52 is used to find the reference file. また、ボタン“OK”53は、参照ファイルの指定が終了したときに使用され、ボタン“CANCEL”54は、参照ファイルの指定をキャンセルする際に使用される。 In addition, the button "OK" 53 is used when the specified reference file is finished, the button "CANCEL" 54 is used to cancel the designation of the reference file. また、参照ファイルの種類(実行ファイル“EXE”,テキストファイル“TXT”の別)を指定するためには、それぞれチェック欄55,56が使用される。 The type of reference file in order to specify the (executable "EXE", another text file "TXT"), the check box 55 and 56, respectively, are used.

【0071】この後、ユーザが“OK”を選択すると、 [0071] After this, when the user selects the "OK",
インデックス14(図4)内のコマンドコード18及びコマンドデータ19の設定が行われる。 Index 14 Setting the command code 18 and the command data 19 (FIG. 4) within is performed. すなわち、コマンドコード18は“0x0003”(図5)に設定され、コマンドデータ19については、各種の変数(図6 That is, the command code 18 is set to "0x0003" (FIG. 5), the command data 19, various variables (FIG. 6
の(c))が以下のように設定される。 Of (c)) is set as follows.

【0072】変数“NumGop”には、コマンド“0x00 [0072] The variable "NumGop", command "0x00
03”を実行する位置を示すGOPの番号が設定される。“NumFrame”には、同様に、コマンド“0x000 03 "the number of the GOP indicating the position to perform a set." NumFrame "to likewise command" 0x000
3”を実行する位置を示すフレームの番号が設定される。“Kind”には、参照ファイルの種類が設定される。 3 "number of frames indicating a position to perform is set." In The Kind ", the type of the reference file is set.
“Insfile ”には、参照ファイル名が設定される。 The "Insfile", reference file name is set.

【0073】なお、上記説明した“ファイル挿入”, [0073] In addition, the above-described "file inserted",
“フレーム挿入”,“カット”,“ジャンプ”,“コピー”の各々について編集作業中に、ユーザが“キャンセル”を選択すると、その作業は取り消される。 "Frame insertion", "cut", "jump", in editing for each "copy", the user selects the "Cancel", the operations are canceled.

【0074】次に、上記手順で編集されたビットストリームから動画像を再生する動画像再生システムについて説明する。 [0074] Description is now made of a moving picture reproducing system for reproducing a moving picture from a bit stream that has been edited by the above procedure. 編集後のビットストリームからの動画像の再生は、動画像再生システムによって行われる。 Playback of the moving picture from the bit stream after the editing is performed by the moving image playback system. この動画像再生システムには、デコーダ(図示せず)が設けられている。 This moving picture reproducing system, a decoder (not shown) is provided. デコーダは、以下詳述するように、シーケンスヘッダ11中にインデックスコード15が設定されていれば、対応するインデックス14の内容にしたがってコマンドを実行することにより、フレームの表示順序を定めるとともに、コマンド実行後のフレームのデコード, The decoder, as described in detail below, if it is set index code 15 in the sequence header 11, by executing a command according to the contents of the corresponding index 14, with determining the display order of the frames, the command execution decoding of the subsequent frame,
表示等の一連の処理を行う。 It performs a series of processing of the display, or the like. 一方、シーケンスヘッダ1 On the other hand, sequence header 1
1中にインデックスコード15が設定されていない場合は、デコーダは、コマンドの実行はせずに、対応するG G index code 15 in 1 if not set, the decoder without the execution of the command, the corresponding
OP12内のフレームを従来通りに順にデコード・表示する。 Decoded and displayed in the order in a conventional manner the frame in the OP12.

【0075】動画像再生システムには、GOPカウンタ,フレームカウンタ,及び挿入フレームカウンタ(図示せず)が備えられる。 [0075] The moving image reproduction system, GOP counter, a frame counter, and the insertion frame counter (not shown) is provided. デコーダは、再生の対象となっているビットストリームに含まれるGOPを上記GOP Decoder the GOP to GOP included in the bit stream are subject to reproduction
カウンタによって先頭から順に計数する。 Counted from the beginning to the order by the counter. すなわち、G In other words, G
OPカウンタは、デコーダにより現在処理されているG OP counter, G currently being processed by the decoder
OPの番号を識別するために使用される。 It is used to identify the OP number. なお、先頭のGOPの番号は、GOPカウンタの計数値“0”に相当する。 In addition, the numbers of the beginning of the GOP corresponds to the count value "0" of the GOP counter.

【0076】また、デコーダは、GOPに含まれるフレームをフレームカウンタによって先頭から順に計数する。 [0076] The decoder counts sequentially from the head a frame included in GOP by a frame counter. すなわち、フレームカウンタは、デコーダにより現在処理されているフレームの番号を識別するために使用される。 That is, the frame counter is used to identify the number of the frame currently being processed by the decoder. なお、このときの先頭のフレームの番号は、フレームカウンタの計数値“0”に相当する。 In addition, the numbers of the first frame of this time corresponds to a count value "0" of the frame counter.

【0077】また、挿入フレームカウンタは、後述する挿入処理の後処理において使用されるものである。 [0077] The insertion frame counter is to be used in post-insertion process described below. すなわち、挿入フレームカウンタは、デコーダがコマンド“他のファイルの挿入”や“他のファイルの部分挿入” That is, the insertion frame counter, decoder command "Insert another file" or "parts insertion of other files"
を実行した後に、挿入したフレームを先頭から順に計数するために使用される。 After the execution is used to count sequentially from the beginning the inserted frame.

【0078】また、動画像再生システムの記憶部(図示せず)には、挿入フラグが備えられる。 [0078] The storage unit of the moving picture reproduction system (not shown), insertion flag is provided. この挿入フラグは、コマンド“ファイル挿入”や“フレーム挿入”がデコーダにより実行された場合に“1”に設定される。 The insertion flag is a command "File inserted" or "frame insertion" is set to "1" when it is executed by the decoder. すなわち、挿入フラグの“1”は、挿入処理の後処理(後述)が必要な状態にあることを意味する。 That is, "1" of the insertion flag means that the post-insertion process (described later) is in the required state. 一方、挿入処理の後処理が必要でないときは、“0”に設定される。 On the other hand, when post-insertion process is not required, it is set to "0".

【0079】なお、再生処理の開始時は、上記のGOP [0079] It should be noted that, at the start of the regeneration process, the above-mentioned GOP
カウンタ,フレームカウンタ,挿入フレームカウンタ, Counter, frame counter, insert the frame counter,
挿入フラグの各値は“0”に設定されている。 Each value of the insertion flag is set to "0". 以下、図10のフローチャートを参照して、動画像再生システムにおけるデコーダの動作を説明する。 Hereinafter, with reference to the flowchart of FIG. 10, the operation of the decoder in a moving image reproduction system. まず、ユーザが一番最初に再生させるべきファイル内ビットストリームをデコーダに与えると、デコーダは、そのビットストリームの先頭に設けられたシーケンスヘッダコード21(スタートコード)を検出する(ステップA1)。 First, when the user gives a file in the bit stream should be very first reproduced to the decoder, the decoder detects the sequence header code 21 (start code) which is provided at the head of the bit stream (step A1). 次に、デコーダは、上記シーケンスヘッダコード21が属するシーケンスヘッダ11の内容を図2のデータ構造にしたがって読み込む(ステップA2)。 Then, the decoder reads the contents of the sequence header 11 in which the sequence header code 21 belongs in accordance with the data structure of FIG. 2 (step A2). このとき、シーケンスヘッダ11の内容にしたがって各種パラメータの設定が行われる。 At this time, setting of various parameters is performed in accordance with the contents of the sequence header 11. すなわち、このとき各種パラメータに所定の値が代入される。 That is, a predetermined value is assigned to this time various parameters. また、フレームカウンタの値がクリアされる(“0”に設定される)。 The value of the frame counter (set to "0") is cleared.

【0080】さらに、デコーダは、ユーザデータ領域1 [0080] Furthermore, the decoder, the user data area 1
3上のインデックスコード15を検出した場合には、当該インデックスコード15の属するインデックス14内に読み込むべき内容があるものと解釈し、当該インデックス14内のすべての内容を読み込む。 When detecting the index codes 15 on 3 interprets that there is content to be read in the index 14 belongs the index code 15 reads all the contents in the index 14. そして、デコーダは、検出されたインデックスコード15がシーケンスヘッダ11内に存在するものであるか否かを判断する(ステップA3)。 Then, the decoder, the index codes 15 detected to determine whether or not present in the sequence header 11 (step A3).

【0081】インデックスコード15がシーケンスヘッダ11内に存在する場合、デコーダは、GOPカウンタの値及びフレームカウンタの値がインデックス14内のインデックスGOP(IndexGop)16及びインデックスフレーム(IndexFrame)17に一致するか否かの判断を行う(ステップA4)。 [0081] If the index code 15 is present in the sequence header 11, or the decoder, the value of the value and the frame counter of the GOP counter matches the index GOP (IndexGop) 16 and an index frame (IndexFrame) 17 Index 14 performs whether or not (step A4).

【0082】一致する場合には、デコーダは、インデックス14内に設定されているコマンドを実行する(ステップA5)。 [0082] If a match is found, the decoder performs a command that is set to the index 14 (step A5). 一方、一致しない場合には、何もせずにステップA6に進む。 On the other hand, if they do not match, the process proceeds to step A6 without doing anything.

【0083】次に、デコーダは、挿入処理の後処理を行う(ステップA6)。 [0083] Next, the decoder performs the post-insertion process (step A6). なお、挿入処理の後処理は、後で詳述するように、ステップA5においてコマンド“ファイル挿入”や“フレーム挿入”が実行された後に行われる処理である。 Incidentally, post-insertion process, as will be described later, a process to be performed after the command "File inserted" or "frame insertion" is performed in step A5.

【0084】次に、デコーダは、フレームカウンタがいま示している値に相当する1つのフレームについてデコードを行い、当該フレームをディスプレイ(図示せず) [0084] Next, the decoder performs the decoding for one frame corresponding to the value frame counter indicates now, (not shown) the frame display
に表示する(ステップA7)。 It is displayed in the (step A7). これにより、1つのフレームが再生されたことになる。 Thus, one frame would have been played. この後、フレームカウンタの値を1つ加算する(ステップA8)。 Thereafter, adds one value of the frame counter (step A8).

【0085】次に、デコーダは、対応するGOP内のすべてのフレームのディスプレイへの表示を終えたか否かを判断する(ステップA9)。 [0085] The decoder then determines whether the display is completed to the display of all the frames in the corresponding GOP (step A9). 終えていなければステップA4に戻って上記の動作を繰り返し、終えていればステップA11に進む。 After repeating the above operation returns to step A4 If not, the process proceeds to step A11 if finished.

【0086】なお、上記ステップA3において、インデックスコード15がシーケンスヘッダ11内に存在しない場合には、デコーダは、対応するGOP内のすべてのフレームについてデコードを行い、これらのフレームを順にディスプレイに表示する(ステップA10)。 [0086] In the above step A3, if the index code 15 is not present in the sequence header 11, the decoder decodes for all frames within the corresponding GOP, and displays these frames sequentially to display (step A10). これにより、1つのGOP内のすべてのフレームが再生されたことになる。 Thus, all frames in one GOP is thus reproduced. この後、ステップA11に進む。 After this, the process proceeds to step A11.

【0087】デコーダは、次のスタートコードの検出を行い(ステップA11)、そのスタートコードがシーケンスヘッダコード21(図2)であるか否かを判断する(ステップA12)。 [0087] The decoder performs the detection of the next start code (step A11), the start code to determine whether a sequence header code 21 (FIG. 2) (step A12). スタートコードがシーケンスヘッダコード21であれば、GOPカウンタの値を1つ加算してステップA2(シーケンスヘッダの読み込み処理) If the start code is a sequence header code is 21, Step A2 adds one value of the GOP counter (reading process sequence header)
に戻り、上記動作を繰り返す。 Return to, the above-described operation is repeated. 一方、シーケンスヘッダコード21でなければ(すなわち、シーケンスヘッダコード21が検出されなければ)、ファイルの最終位置にあると判断され、そのまま終了する。 On the other hand, unless a sequence header code 21 (i.e., if a sequence header code 21 is detected), it is determined to be in the final position of the file, and exit.

【0088】次に、図11のフローチャートを参照して、各コマンドの実行(図10のステップA5)の詳細を説明する。 Next, with reference to the flowchart of FIG. 11, details of the execution of each command (step A5 in FIG. 10). デコーダは、インデックス14内に設定されているコマンドコード18の種類に応じて、各種の処理を実行する。 Decoder, depending on the type of the command code 18 is set to the index 14, it executes various processes.

【0089】まず、コマンドコードが“0x0001” [0089] First, the command code is "0x0001"
であるか否かが判断される(ステップB1)。 Whether or not is determined (step B1). コマンドコードが“0x0001”であれば、後で詳述する処理A(他のファイルの挿入)が実行されて(ステップB If the command code is "0x0001", it is executed elaborating process A (insert other file) later (step B
2)、ステップA6(図10)に戻る。 2), the flow returns to step A6 (Fig. 10).

【0090】一方、ステップB1においてコマンドコードが“0x0001”でなければ、コマンドコードが“0x0002”であるか否かが判断される(ステップB3)。 [0090] On the other hand, unless the command code "0x0001" in step B1, whether the command code is "0x0002" is determined (step B3). コマンドコードが“0x0002”であれば、 If the command code is "0x0002",
後で詳述する処理B(他のファイルの部分挿入)が実行されて(ステップB4)、ステップA6(図10)に戻る。 Later detailed processing B (part inserted in the other file) is executed (step B4), the flow returns to step A6 (Fig. 10).

【0091】ステップB3においてコマンドコードが“0x0002”でなければ、コマンドコードが“0x [0091] unless the command code is "0x0002" in step B3, the command code is "0x
0003”であるか否かが判断される(ステップB 0003 "is whether or not (Step B
5)。 5). コマンドコードが“0x0003”であれば、後で詳述する処理C(参照ファイル指定)が実行されて(ステップB6)、ステップA6(図10)に戻る。 If the command code is "0x0003", is executed the processing C (see file specification) to be described later (step B6), the flow returns to step A6 (Fig. 10).

【0092】ステップB5においてコマンドコードが“0x0003”でなければ、コマンドコードが“0x [0092] unless the command code is "0x0003" in step B5, the command code is "0x
0004”であるか否かが判断される(ステップB 0004 "or whether it is determined (Step B
7)。 7). コマンドコードが“0x0004”であれば、後で詳述する処理D(ジャンプ指定)が実行されて(ステップB8)、ステップA6(図10)に戻る。 If the command code is "0x0004", which will be described in detail later processes D, (jump specified) is executed (step B8), the flow returns to step A6 (Fig. 10). ステップB7においてコマンドコードが“0x0004”でなければ、何もせずにステップA6(図10)に戻る。 Otherwise the command code "0x0004" in step B7, without any returns to step A6 (Fig. 10).

【0093】次に、図12のフローチャートを参照して、処理A(他のファイルの挿入)の詳細を説明する。 [0093] Next, with reference to the flowchart of FIG. 12, details of the processing A (insertion of other files).
まず、デコーダは、挿入フラグを“1”に設定する(ステップC1)。 First, the decoder is set to "1" to insert flag (step C1). 次に、デコーダは、挿入すべき他のファイルをこれから読み出すため、いま再生の対象となっているファイルの名称(ファイル名)を保存部(図示せず)に保存するとともに(ステップC2)、コマンドデータ(図6の(a))を保存する(ステップC3)。 The decoder then, to read the other files to be inserted therefrom, as well as stored in the storage unit the name of the file that is the target of playback now (file name) (not shown) (step C2), the command data storage (FIG. 6 (a)) (steps C3). なお、保存したファイル名とコマンドデータは、他のファイルの挿入が完了した後、後述の挿入処理の後処理において次に表示すべきフレームを検索するために使用される。 The file name and command data stored, after the insertion of another file is complete, is used to find the next frame to be displayed in the post-processing of the insertion process described below.

【0094】次に、デコーダは、コマンドデータ(図6 [0094] Next, the decoder, the command data (Fig. 6
の(a))上の挿入ファイル名“InsFile ”に基づき、 Based on the (a)) on the Insert file name "InsFile",
他のファイルを読み込み(ステップC4)、そのファイルに含まれるシーケンスヘッダコード21を検索する(ステップC5)。 Read another file (step C4), to search for the sequence header code 21 included in the file (step C5).

【0095】そして、デコーダは、検索したシーケンスヘッダコード21に基づき、シーケンスヘッダ11の内容を読み込み、各種パラメータの設定を行う(ステップC6)。 [0095] Then, the decoder, based on the sequence header code 21 retrieved, read the contents of the sequence header 11, to set various parameters (step C6). この後、デコーダは、GOPカウンタとフレームカウンタの値をクリアする(“0”に設定する)(ステップC7)。 Thereafter, the decoder (set to "0") to clear the value of the GOP counter and frame counter (step C7). そして、この処理Aを終了する。 Then, the process is terminated A.

【0096】次に、図13のフローチャートを参照して、処理B(他のファイルの部分挿入)の詳細を説明する。 [0096] Next, with reference to the flowchart of FIG. 13, details of the processing B (part inserted in other files). まず、デコーダは、挿入フレームカウンタの値をクリアする(“0”に設定する)とともに、挿入フラグを“1”に設定する(ステップD1)。 First, the decoder is adapted to clear the value of the insertion frame counter (set to "0") is set to "1" to insert flag (step D1). 次に、デコーダは、挿入すべきフレームを含む他のファイルをこれから読み出すため、いま再生の対象となっているファイルの名称(ファイル名)を保存部に保存するとともに(ステップD2)、コマンドデータ(図6の(b))を保存する(ステップD3)。 The decoder then, to read the other file that contains the insertion frame to be now, as well as save the name of the file that is the target of playback now (file name) in the storage unit (step D2), command data ( saving in FIG 6 (b)) (step D3). なお、保存したファイル名とコマンドデータは、他のファイルのフレームの挿入が完了した後、後述の挿入処理の後処理において次に表示すべきフレームを検索するために使用される。 The file name and command data stored, after the insertion of the frame of the other file is complete, is used to find the next frame to be displayed in the post-processing of the insertion process described below.

【0097】次に、デコーダは、コマンドデータ(図6 [0097] Next, the decoder, the command data (Fig. 6
の(b))上の挿入ファイル名“InsFile ”に基づき、 Based on the (b)) on the Insert file name "InsFile",
他のファイルを読み込む(ステップD4)。 Read other file (step D4). デコーダは、上記他のファイル上における表示の開始位置を検索するため、まず、コマンドデータ(図6の(b))上の挿入GOP番号“NumGop”と挿入フレーム番号“NumFra Decoder for searching a start position of the display on the other file, first, the command data (in FIG. 6 (b)) on the insertion GOP number "NumGop" and the insertion frame numbers "NumFra
me”をそれぞれ記憶部に記憶する(ステップD5)。 Stores me "to each storage unit (step D5).

【0098】そして、デコーダは、後で詳述する表示開始位置の検索処理を行う(ステップD6)。 [0098] The decoder performs the search processing of the display start position to be described later (step D6). なお、上記の記憶した挿入GOP番号と挿入フレーム番号は、表示開始位置の検索処理において使用され、それぞれ検索G Incidentally, the insertion and the insertion GOP number stored in the frame number is used in the search processing of the display start position, respectively search G
OP番号,検索フレーム番号と呼ばれる。 OP number, referred to as a search frame number. そして、この処理Bを終了する。 Then, the processing ends B. 次に、図14のフローチャートを参照して、処理C(参照ファイル指定)の詳細を説明する。 Next, with reference to the flowchart of FIG. 14, details of the processing C (see file specification). デコーダは、ここでコマンドの登録処理を行う(ステップE1)。 The decoder performs the registration processing command here (step E1). このコマンドの登録処理においては、コマンドコード“0x0003”が出現する順番に登録が行われる。 In this registration processing command, registered in the order in which the command code "0x0003" appears is performed. 図8(b)に示すように、各種のデータ(G As shown in FIG. 8 (b), various types of data (G
OP番号,フレーム番号,ファイルの種類,ファイル名)が上から順に登録されていく様子が示される。 OP number, frame number, file type, file name) how we are registered in order from the top is shown. これにより、ユーザは、登録された各種のデータについて参照することが可能となる。 Accordingly, the user can refer the various data registered. 上記コマンドの登録処理が完了すると、処理Cが終了する。 When the registration process of the command is completed, the process C is terminated.

【0099】なお、ファイルの先頭において、全てのコマンドコード“0x0003”の内容を初めから登録しないのは、ユーザが映像を見ていて途中でメモ等を書き込みたいときに、映像を止めてメモを書き込んだデータを別のファイルとして作成し、作成したファイル名及びその位置を記録するためである。 [0099] It should be noted that, in the beginning of the file, and that they are not registered from the beginning of the contents of all of the command code "0x0003" is, when the user wants to write a note or the like on the way to watch a video, a note to stop the video create a written data as a separate file, in order to record the file name and the position was created.

【0100】次に、図15のフローチャートを参照して、処理D(ジャンプ指定)の詳細を説明する。 Next, with reference to the flowchart of FIG. 15, details of the processing D (jump specified). まず、 First of all,
デコーダは、コマンドデータ(図6の(d))上のジャンプ先のファイル名“JmpFile ”に基づき、他のファイルを読み込む(ステップF1)。 Decoder, based on the command data jump destination file name on (in FIG. 6 (d)) "JmpFile", reads another file (step F1). なお、“JmpFile ”がヌル(=0)に設定されている場合、読み込みは行われない。 Incidentally, "JmpFile" may have been set to null (= 0), reading is not performed.

【0101】次に、デコーダは、上記他のファイル上における表示の開始位置を検索するため、まず、コマンドデータ(図6の(d))上のジャンプ先のGOP番号“JGop”とジャンプ先のフレーム番号“JFrame”をそれぞれ記憶部に記憶する(ステップF2)。 Next, the decoder in order to find the start position of the display on the other file, first, the command data (in FIG. 6 (d)) on the jump destination GOP number "JGop" the jump destination of the storing a frame number "JFrame" to each storage unit (step F2).

【0102】そして、デコーダは、後で詳述する表示開始位置の検索処理を行う(ステップF3)。 [0102] The decoder performs the search processing of the display start position to be described later (step F3). なお、上記の記憶したジャンプ先のGOP番号とジャンプ先のフレーム番号は、表示開始位置の検索処理において使用され、それぞれ検索GOP番号,検索フレーム番号と呼ばれる。 Incidentally, the frame number of the GOP number and the jump destination of the stored jump above can be used in the search processing of the display start position, each search GOP number, called search frame numbers.

【0103】この後、デコーダは、GOPカウンタの値をコマンドデータ(図6の(d))上のジャンプ先のG [0103] Thereafter, the decoder, the value of the GOP counter command data (in FIG. 6 (d)) of the jump destination on the G
OP番号“JGop”と同値に設定するとともに、フレームカウンタの値をジャンプ先のフレーム番号“JFrame”と同値に設定して(ステップF4)、この処理Dを終了する。 And sets the same value as the OP number "JGop", set the value of the frame counter equivalence with frame number "JFrame" the jump destination (step F4), the processing ends D.

【0104】次に、図16のフローチャートを参照して、挿入処理の後処理(図10のステップA6)の詳細を説明する。 [0104] Next, with reference to the flowchart of FIG. 16, details of post-insertion processing (Step A6 in FIG. 10). まず、デコーダは、挿入フラグが“1”を示しているか否かを判断する(ステップG1)。 First, the decoder inserts a flag to determine whether indicates "1" (step G1). 挿入フラグが“1”を示していなければ、この挿入処理の後処理を終える。 Unless it shows the insertion flag is "1", finish postprocessing of the insertion process. 一方、挿入フラグが“1”を示していれば、挿入フレームカウンタの値が1つ加算される(ステップG2)。 On the other hand, the insertion flag if indicates "1", the value of the insertion frame counter is incremented by 1 (step G2).

【0105】いま行っている後処理が“フレーム挿入” [0105] A post-processing is doing now "frame insertion"
の後処理である場合には、デコーダは、挿入フレームカウンタの値とコマンドデータ19内の挿入フレーム数“Frames”(図6の(b))との比較を行う(ステップG3)。 If it is a post-processing, the decoder makes a comparison between the insertion value of the frame counter and the number of inserted frames in the command data 19 "Frames" (in FIG. 6 (b)) (step G3). 比較した結果が一致を示す場合には、デコーダは、すべての挿入フレームの表示が終了したものと見なし、すでに保存部に保存してあるファイル名に基づき、 When the comparison result indicates a match, the decoder assumes that the display of all the insertion frame has been completed, based on the file name that is already stored in the storage unit,
対応するファイルを読み込む(ステップG4)。 Read the corresponding file (step G4). 一方、 on the other hand,
比較した結果が一致を示さない場合には、何もせずにこの挿入処理の後処理を終える。 When the comparison result does not indicate matching, without anything finish aftertreatment of the insertion process.

【0106】なお、上記ステップG3において、いま行っている後処理が“ファイル挿入”の後処理である場合には、デコーダは、挿入フレームカウンタの値が挿入ファイルの最終位置を示しているか否かを判別する(図示せず)。 [0106] In the above step G3, when a post-treatment post-treatment "file Insert" doing now, the decoder whether the value of the insertion frame counter indicates the final position of the insertion file determining (not shown). 最終位置を示していれば、デコーダは、挿入ファイルの表示が終了したものと見なし、ステップG4に進む。 If shows the final position, the decoder assumes that the display of the inserted file ends, the process proceeds to step G4. 一方、最終位置を示していなければ、何もせずにこの挿入処理の後処理を終える。 On the other hand, if shows the final position, finish post-insertion process without doing anything.

【0107】次に、デコーダは、読み込んだファイル上における表示の開始位置を検索するため、まず、すでに保存部に保存してあるコマンドデータ内の挿入先のGO [0107] Next, the decoder in order to find the start position of the display on the loaded file, firstly, GO insertion destination of the command data that is already stored in the storage unit
P番号“InsGop”と挿入先のフレーム番号“InsFrame” P number "InsGop" and the insertion destination of the frame number "InsFrame"
を記憶部に記憶する(ステップG5)。 Storing in the storage unit (step G5).

【0108】そして、デコーダは、後で詳述する表示開始位置の検索処理を行う(ステップG6)。 [0108] The decoder performs the search processing of the display start position to be described later (step G6). なお、上記の記憶した挿入先のGOP番号と挿入先のフレーム番号は、表示開始位置の検索処理で使用される際に、それぞれ検索GOP番号,検索フレーム番号と呼ばれる。 Incidentally, the frame number of the insertion destination GOP number of the insertion destination stored above, when used in the search processing of the display start position, each search GOP number, called search frame numbers. そして、挿入フラグの値をクリアした後(“0”に設定した後)、この挿入処理の後処理を終える。 Then, (after setting "0") after clearing the value of the insertion flag finish postprocessing of the insertion process.

【0109】次に、図17のフローチャートを参照して、表示開始位置の検索処理(図13のステップD6, [0109] Next, with reference to the flowchart of FIG. 17, step D6 the search process (FIG. 13 of the display start position,
図15のステップF3,及び図16のステップG6)の詳細を説明する。 Step F3 of FIG. 15, and the details of step G6) of FIG. 16 will be described.

【0110】まず、デコーダは、GOPカウンタの値が検索GOP番号に一致するか否かを判断する(ステップH1)。 [0110] First, the decoder, the value of the GOP counter is determined whether match the search GOP number (step H1). ここで一致しなければ、デコーダは、シーケンスヘッダコード21の検出を行い(ステップH2)、対応するシーケンスヘッダ11を読み込む(ステップH If they do not match here, the decoder performs detection of a sequence header code 21 (step H2), reads the corresponding sequence header 11 (Step H
3)。 3). 次に、デコーダは、GOPカウンタの値を1つ加算するとともに、フレームカウンタをクリアする(“0”に設定する)(ステップH4)。 Then, the decoder then adds one value of the GOP counter (set to "0") to clear the frame counter (step H4). そして、ステップH1に戻る。 Then, the process returns to step H1.

【0111】ステップH1において、GOPカウンタの値が検索GOP番号に一致すれば、デコーダは、そのG [0111] In step H1, if they match the value of the GOP counter to the search GOP numbers, the decoder, the G
OPの中に表示を開始すべき位置が存在するものと見なす。 Deemed that the position should be the start of a display in the OP is present. 次に、デコーダは、フレームカウンタの値と検索フレーム番号とが一致するか否かを判断する(ステップH Next, the decoder determines whether the value of the frame counter and the search frame numbers match (step H
5)。 5). ここで一致しなければ、デコーダは、フレームカウンタが示すフレームの再生を行う。 If they do not match here, the decoder reproduces the frame indicated by the frame counter. ただし、このときに再生するフレームは表示しない(ステップH6)。 However, the frame is not displayed to play at this time (step H6).

【0112】そして、デコーダは、フレームカウンタの値を1つ加算し(ステップH7)、ステップH5に戻る。 [0112] Then, the decoder adds one value of the frame counter (step H7), the flow returns to step H5. ステップH5において、フレームカウンタの値が検索フレーム番号に一致すれば、そのフレームの存在する位置が表示を開始すべき位置であるものとみなし、この表示開始位置の検索処理を終了する。 In step H5, if they match the value of the frame counter in the search frame number, assume the position to start position is displayed in the presence of the frame, and terminates the search process of the display start position.

【0113】以上説明したように上記実施例によれば、 [0113] According to the embodiment, as described above,
ユーザが編集画面において“ファイル挿入”,“フレーム挿入”,“カット”,“ジャンプ”,“コピー”等の作業をすることにより、ユーザデータ領域13内のインデックス中に、フレームの表示順序を定義する情報が自動的に作成される。 "File Insert" in the user edit screen, "frame insertion", "cut", "jump", by the operations such as "copy", while the index of the user data area 13, defining the display order of the frames information that is automatically created. すなわち、フレーム単位での細かなビットストリームの編集を容易に行うことができる。 That is, it is possible to edit the fine bit stream frame by frame easily. また、こうして細かく編集されたビットストリームから繊細な動画像を容易に再生することができる。 Further, it is possible to easily reproduce delicate moving picture. Thus finely edited bitstream.

【0114】なお、本実施例では、MPEG1方式のビットストリームを採用した場合を説明したが、これに限定されることなく、他の方式のビットストリームにも適用可能である。 [0114] In the present embodiment has described the case of adopting the bit stream of MPEG1 system, without having to be limited to this but is also applicable to a bit stream of the other methods.

【0115】 [0115]

【発明の効果】以上説明したように、本発明に係る動画像編集システムによれば、静止画像単位での細かい動画像データの編集を容易に行うことができる。 As described in the foregoing, according to the video editing system according to the present invention, it is possible to edit the fine moving image data in the still image unit easily. また、本発明に係る動画像再生システムによれば、静止画像単位で編集された動画像データから繊細な動画像を容易に再生することができる。 Further, according to the video playback system according to the present invention, it can be easily regenerated delicate moving image from the moving image data edited by the still image unit.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例に係る動画像編集システムで編集するビットストリームの構成を示す図。 It shows the structure of a bit stream to be edited by the motion picture editing system according to an embodiment of the present invention; FIG.

【図2】同実施例のビットストリームに含まれるシーケンスヘッダのデータ構造を示す図。 FIG. 2 shows a data structure of a sequence header included in the bit stream of the embodiment.

【図3】同実施例のビットストリームに含まれるGOP [Figure 3] GOP included in the bit stream of the embodiment
のデータ構造を示す図。 It shows the data structure.

【図4】同実施例のシーケンスヘッダのユーザデータ領域に格納されるインデックスのデータ構造を示す図。 4 is a diagram showing a data structure of an index stored in the user data area of ​​the sequence header of the embodiment.

【図5】同実施例のインデックスに格納されるコマンドコードの種類を示す図。 FIG. 5 shows a type of command code stored in the index of the embodiment.

【図6】同実施例のインデックスに格納されるコマンドデータのデータ構造を示す図。 6 shows a data structure of command data stored in the index of the embodiment.

【図7】同実施例における動画像編集システムの編集画面を示す図。 7 is a diagram illustrating an editing screen of the moving image editing system according to the fourth embodiment.

【図8】同実施例における参照ファイルに関するダイアログ及び登録手順を示す図。 8 shows a dialog and registration procedures for reference file in the same embodiment.

【図9】同実施例の編集画面で使用されるフレーム指示カーソルの種類を示す図。 9 is a diagram showing the frame type pointing cursor used in the edit screen of the embodiment.

【図10】同実施例の動画像再生システムにおけるデコーダの動作を示すフローチャート。 10 is a flowchart showing the operation of a decoder in a moving image reproduction system of the embodiment.

【図11】同実施例のデコーダによる各コマンドの処理を示すフローチャート。 11 is a flowchart showing the processing of each command by the decoder of the embodiment.

【図12】同実施例のデコーダによる処理Aを示すフローチャート。 12 is a flowchart showing processing A by the decoder of the embodiment.

【図13】同実施例のデコーダによる処理Bを示すフローチャート。 FIG. 13 is a flowchart showing the processing B by the decoder of the embodiment.

【図14】同実施例のデコーダによる処理Cを示すフローチャート。 14 is a flowchart showing the process C according to the decoder of the embodiment.

【図15】同実施例のデコーダによる処理Dを示すフローチャート。 FIG. 15 is a flowchart showing a process D by the decoder of the embodiment.

【図16】同実施例のデコーダによる挿入処理の後処理を示すフローチャート。 FIG. 16 is a flowchart showing a post-insertion process by the decoder of the embodiment.

【図17】同実施例のデコーダによる表示開始位置の検索処理を示すフローチャート。 FIG. 17 is a flowchart showing the search processing of the display start position by the decoder of the embodiment.

【図18】従来の動画像編集システムで使用されるビットストリームの構成を示す図。 FIG. 18 shows a structure of a bit stream to be used in conventional video editing system.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1,11…シーケンスヘッダ、2,12…GOP、13 1,11 ... sequence header, 2, 12 ... GOP, 13
…ユーザデータ領域、14…インデックス、15…インデックスコード、16…インデックスGOP、17…インデクスフレーム、18…コマンドコード、19…コマンドデータ、21…シーケンスヘッダコード、22…水平サイズ、23…垂直サイズ、24…画素アスペクト比、25,35…ユーザデータ、31…グループスタートコード、32…タイムコード、33,34…フラグ、 ... user data area, 14 ... index, 15 ... index code, 16 ... index GOP, 17 ... index frame, 18 ... command code, 19 ... command data, 21 ... sequence header code, 22 ... horizontal size, 23 ... vertical size, 24 ... pixel aspect ratio, 25, 35 ... user data, 31 ... group start code, 32 ... time code 33 ... flag,
4a,4b…作業エリア、41a,41b…処理選択枝、42a,42b…フレーム表示部、43a,43b 4a, 4b ... work area, 41a, 41b ... processing choices, 42a, 42b ... frame display unit, 43a, 43 b
…カーソル、44a,44b,45a,45b…スクロールボタン、46a,46b…表示エリア、47a,4 ... cursor, 44a, 44b, 45a, 45b ... scroll button, 46a, 46b ... display area, 47a, 4
7b…スライダ、50…ダイアログ、51…入力エリア、52〜54…ボタン、55,56…チェック欄。 7b ... slider, 50 ... dialog, 51 ... input area, 52 to 54 ... button, 55, 56 ... check box.

Claims (7)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 複数の静止画像からなる画像群とこの画像群の属性を定義するヘッダとの繰り返しで構成される動画像データを編集する動画像編集システムにおいて、 前記ヘッダに設けられるユーザデータ領域に、静止画像を表示する順序を定義する情報を含ませる手段を具備したことを特徴とする動画像編集システム。 1. A moving image editing system for editing moving image data constituted by repetition of a plurality of image groups of the still image and the header defining attributes of the image group, a user data area provided in the header , the moving image editing system characterized by comprising means to include information that defines the order of displaying a still image.
  2. 【請求項2】 前記手段がユーザデータ領域に含ませる情報の中には、処理を施すべき静止画像の識別符号及び処理の種類を表すコマンドが含まれることを特徴とする請求項1記載の動画像編集システム。 Wherein in the information to be included in the means the user data area, moving according to claim 1, characterized in that contains a command representing the identification code and the type of processing the still image to be subjected to processing image editing system.
  3. 【請求項3】 前記手段によりユーザデータ領域に含められるコマンドは、挿入,削除,ジャンプ,複写のうちのいずれかであることを特徴とする請求項2記載の動画像編集システム。 3. A command to be included in the user data area by said means, insertion, deletion, jump, copy moving image editing system according to claim 2, wherein a is any one of.
  4. 【請求項4】 複数の静止画像からなるGOP(group 4. A GOP consisting of a plurality of still images (group
    of pictures )と前記GOPの属性を定義するシーケンスヘッダとの繰り返しで構成されるMPEG1(Motion of pictures) and constituted by repetition of a sequence header that defines the attributes of the GOP MPEG1 (Motion
    Picture Experts Group 1)方式のビットストリームを画面上で編集する動画像編集システムにおいて、 前記画面上でユーザが指定する静止画像の表示順序に基づき、前記シーケンスヘッダに設けられるユーザデータ領域に、当該シーケンスヘッダに対応するGOP内の静止画像に対して実行すべきコマンドを記憶させる手段を具備したことを特徴とする動画像編集システム。 In Picture Experts Group 1) moving image editing system for editing a bitstream method on the screen, based on display order of the still image that the user specified in the screen, the user data area provided in the sequence header, the sequence moving picture editing system characterized by comprising a means for storing the commands to be executed on the still image in a GOP corresponding to the header.
  5. 【請求項5】 前記手段によりユーザデータ領域に記憶されるコマンドは、挿入,削除,ジャンプ,複写のうちのいずれかであることを特徴とする請求項4記載の動画像編集システム。 5. A command to be stored in the user data area by said means, insertion, deletion, jump, copy moving image editing system according to claim 4, wherein a is any one of.
  6. 【請求項6】 複数の静止画像からなる画像群とこの画像群の属性を定義するヘッダとの繰り返しで構成される動画像データから動画像を再生する動画像再生システムにおいて、 前記ヘッダに設けられるユーザデータ領域には、静止画像を表示する順序を定義する情報が含まれており、 前記ユーザデータ領域に含まれる情報に従って静止画像を表示する手段を具備したことを特徴とする動画像再生システム。 6. The moving image reproduction system for reproducing a moving image from the moving image data constituted by the repetition of the image group including a plurality of still images and headers that define the attributes of the image group, provided in the header the user data area is included information that defines the order in which to display the still image, moving image reproduction system characterized by comprising means for displaying the still image according to information included in the user data area.
  7. 【請求項7】 複数の静止画像からなるGOP(group 7. A GOP consisting of a plurality of still images (group
    of pictures )と前記GOPの属性を定義するシーケンスヘッダとの繰り返しで構成されるMPEG1(Motion of pictures) and constituted by repetition of a sequence header that defines the attributes of the GOP MPEG1 (Motion
    Picture Experts Group 1)方式のビットストリームから動画像を再生する動画像再生システムにおいて、 前記シーケンスヘッダに設けられるユーザデータ領域には、ユーザが画面上で指定した静止画像の表示順序に基づいて当該シーケンスヘッダに対応するGOP内の静止画像に対して実行すべきコマンドが記憶されており、 前記ユーザデータ領域に記憶されたコマンドを検索して実行する手段と、 前記手段によりコマンドの実行が完了した静止画像を表示する手段とを具備したことを特徴とする動画像再生システム。 In Picture Experts Group 1) Method moving image reproduction system for reproducing a moving picture from a bit stream, in the user data area provided in the sequence header, the sequence based on the display order of the still image specified by the user on the screen and to be the command is stored performed on the still image in a GOP corresponding to the header, and means for executing by searching the stored in the user data area command, command execution is completed by the means still moving image reproduction system characterized by comprising a means for displaying an image.
JP7126462A 1995-05-25 1995-05-25 Moving image editing system and moving image reproducing system Pending JPH08320945A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7126462A JPH08320945A (en) 1995-05-25 1995-05-25 Moving image editing system and moving image reproducing system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7126462A JPH08320945A (en) 1995-05-25 1995-05-25 Moving image editing system and moving image reproducing system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08320945A true JPH08320945A (en) 1996-12-03

Family

ID=14935822

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7126462A Pending JPH08320945A (en) 1995-05-25 1995-05-25 Moving image editing system and moving image reproducing system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08320945A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7426335B2 (en) 1998-05-15 2008-09-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7526144B2 (en) 2003-02-20 2009-04-28 Ricoh Company, Ltd. Image processing method, image expansion method, image output method, image conversion method, image processing apparatus, image expansion apparatus, image output apparatus, image conversion apparatus, and computer-readable storage medium
JP2012147262A (en) * 2011-01-12 2012-08-02 Nec Personal Computers Ltd Editing device, control method and program

Cited By (104)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7426335B2 (en) 1998-05-15 2008-09-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7457524B2 (en) 1998-05-15 2008-11-25 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8611719B2 (en) 1998-05-15 2013-12-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7529468B2 (en) 1998-05-15 2009-05-05 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7529469B2 (en) 1998-05-15 2009-05-05 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7529470B2 (en) 1998-05-15 2009-05-05 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7536082B2 (en) 1998-05-15 2009-05-19 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7536085B2 (en) 1998-05-15 2009-05-19 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7536083B2 (en) 1998-05-15 2009-05-19 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7536084B2 (en) 1998-05-15 2009-05-19 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7539397B2 (en) 1998-05-15 2009-05-26 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7574112B2 (en) 1998-05-15 2009-08-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7574110B2 (en) 1998-05-15 2009-08-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7574107B2 (en) 1998-05-15 2009-08-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7574111B2 (en) 1998-05-15 2009-08-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7574108B2 (en) 1998-05-15 2009-08-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7574109B2 (en) 1998-05-15 2009-08-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8594486B2 (en) 1998-05-15 2013-11-26 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7587128B2 (en) 1998-05-15 2009-09-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7587127B2 (en) 1998-05-15 2009-09-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7587130B2 (en) 1998-05-15 2009-09-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7587129B2 (en) 1998-05-15 2009-09-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7606467B2 (en) 1998-05-15 2009-10-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7606468B2 (en) 1998-05-15 2009-10-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7623766B2 (en) 1998-05-15 2009-11-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7623761B2 (en) 1998-05-15 2009-11-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7623765B2 (en) 1998-05-15 2009-11-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7627231B2 (en) 1998-05-15 2009-12-01 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7684677B2 (en) 1998-05-15 2010-03-23 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7684676B2 (en) 1998-05-15 2010-03-23 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7686523B2 (en) 1998-05-15 2010-03-30 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7697821B2 (en) 1998-05-15 2010-04-13 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7702217B2 (en) 1998-05-15 2010-04-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7702216B2 (en) 1998-05-15 2010-04-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7706666B2 (en) 1998-05-15 2010-04-27 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7711246B2 (en) 1998-05-15 2010-05-04 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7711247B2 (en) 1998-05-15 2010-05-04 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7764867B2 (en) 1998-05-15 2010-07-27 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7773861B2 (en) 1998-05-15 2010-08-10 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7773862B2 (en) 1998-05-15 2010-08-10 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7783162B2 (en) 1998-05-15 2010-08-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7801414B2 (en) 1998-05-15 2010-09-21 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7805060B2 (en) 1998-05-15 2010-09-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7809245B2 (en) 1998-05-15 2010-10-05 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7813622B2 (en) 1998-05-15 2010-10-12 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7817904B2 (en) 1998-05-15 2010-10-19 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7826717B2 (en) 1998-05-15 2010-11-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7826716B2 (en) 1998-05-15 2010-11-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7853123B2 (en) 1998-05-15 2010-12-14 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7860371B2 (en) 1998-05-15 2010-12-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method,information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7962006B2 (en) 1998-05-15 2011-06-14 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7978956B2 (en) 1998-05-15 2011-07-12 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US7991267B2 (en) 1998-05-15 2011-08-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8554052B2 (en) 1998-05-15 2013-10-08 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8374485B2 (en) 1998-05-15 2013-02-12 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8391674B2 (en) 1998-05-15 2013-03-05 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8396348B2 (en) 1998-05-15 2013-03-12 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8396347B2 (en) 1998-05-15 2013-03-12 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8396346B2 (en) 1998-05-15 2013-03-12 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8396350B2 (en) 1998-05-15 2013-03-12 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8396349B2 (en) 1998-05-15 2013-03-12 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8412026B2 (en) 1998-05-15 2013-04-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8412022B2 (en) 1998-05-15 2013-04-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8412024B2 (en) 1998-05-15 2013-04-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8412023B2 (en) 1998-05-15 2013-04-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8412025B2 (en) 1998-05-15 2013-04-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8422855B2 (en) 1998-05-15 2013-04-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8422856B2 (en) 1998-05-15 2013-04-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8422854B2 (en) 1998-05-15 2013-04-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8428431B2 (en) 1998-05-15 2013-04-23 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8433176B2 (en) 1998-05-15 2013-04-30 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8433177B2 (en) 1998-05-15 2013-04-30 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8437608B2 (en) 1998-05-15 2013-05-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8437607B2 (en) 1998-05-15 2013-05-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8437610B2 (en) 1998-05-15 2013-05-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8437609B2 (en) 1998-05-15 2013-05-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8442380B2 (en) 1998-05-15 2013-05-14 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8442381B2 (en) 1998-05-15 2013-05-14 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8447163B2 (en) 1998-05-15 2013-05-21 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8452156B2 (en) 1998-05-15 2013-05-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8452155B2 (en) 1998-05-15 2013-05-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8452157B2 (en) 1998-05-15 2013-05-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8463102B2 (en) 1998-05-15 2013-06-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8467658B2 (en) 1998-05-15 2013-06-18 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8467659B2 (en) 1998-05-15 2013-06-18 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8515244B2 (en) 1998-05-15 2013-08-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8515246B2 (en) 1998-05-15 2013-08-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8515245B2 (en) 1998-05-15 2013-08-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8515247B2 (en) 1998-05-15 2013-08-20 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8521001B2 (en) 1998-05-15 2013-08-27 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8526787B2 (en) 1998-05-15 2013-09-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8526786B2 (en) 1998-05-15 2013-09-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8526788B2 (en) 1998-05-15 2013-09-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8526789B2 (en) 1998-05-15 2013-09-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8526785B2 (en) 1998-05-15 2013-09-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8532460B2 (en) 1998-05-15 2013-09-10 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8538237B2 (en) 1998-05-15 2013-09-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8538236B2 (en) 1998-05-15 2013-09-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8542978B2 (en) 1998-05-15 2013-09-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8542979B2 (en) 1998-05-15 2013-09-24 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US8611720B2 (en) 1998-05-15 2013-12-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
CN100531292C (en) 2003-02-20 2009-08-19 株式会社理光 Image processing method and device
US7526144B2 (en) 2003-02-20 2009-04-28 Ricoh Company, Ltd. Image processing method, image expansion method, image output method, image conversion method, image processing apparatus, image expansion apparatus, image output apparatus, image conversion apparatus, and computer-readable storage medium
JP2012147262A (en) * 2011-01-12 2012-08-02 Nec Personal Computers Ltd Editing device, control method and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3345019B2 (en) The method of recording a recording medium having an improved performance of the interactive reproduction progress, playback apparatus and method
US8196032B2 (en) Template-based multimedia authoring and sharing
CN1186930C (en) Recording appts. and method, reproducing appts. and method
CN1270322C (en) Digital video processing and interface system for video, audio and ancillary data
US5692212A (en) Interactive multimedia movies and techniques
EP0790743B1 (en) Apparatus for synchronizing compressed video and audio signals
JP4965565B2 (en) Playlist structure for large playlists
US6283764B2 (en) Storage medium playback system and method
JP4015599B2 (en) Playlist management apparatus and method
KR100912984B1 (en) Metadata edition device, metadata reproduction device, metadata distribution device, metadata search device, metadata regeneration condition setting device, contents distribution device, metadata distribution method, metadata regeneration device and metadata regeneration method
US7054508B2 (en) Data editing apparatus and method
US20070230906A1 (en) Information storage medium, information reproducing apparatus, and information reproducing method
JP4651263B2 (en) Information recording apparatus and information recording method
KR100601677B1 (en) Method of reproducing along with data recorded on storage medium and downloaded data and apparatus thereof
CN100488242C (en) Method and apparatus for repetitive playback of a video section based on subtitles
US20040234249A1 (en) Video data recording medium, video data recording apparatus and video data playback apparatus
JP4715094B2 (en) Reproduction device, reproduction method, reproduction program, and recording medium
JP4819689B2 (en) Recording medium on which text-based subtitle data including style information is recorded, reproducing apparatus, and reproducing method thereof
US8117282B2 (en) Media player configured to receive playback filters from alternative storage mediums
EP0915471B1 (en) Video searching, video information production, and storage medium for storing processing program therefor
US5732256A (en) CD-ROM optimization and stream splitting
US20040047588A1 (en) Package medium, reproduction apparatus, and reproduction method
US6246401B1 (en) Reproduction control data generating apparatus and method of same
CN100354855C (en) Interactive media authoring without access to original source material
CN1112039C (en) Multimedia optical disk reproducing device and method capable of superposing subvideo upon main video in well-balanced state irres peative of position of main video on screen