JPH08315519A - Recorder/player - Google Patents

Recorder/player

Info

Publication number
JPH08315519A
JPH08315519A JP14135495A JP14135495A JPH08315519A JP H08315519 A JPH08315519 A JP H08315519A JP 14135495 A JP14135495 A JP 14135495A JP 14135495 A JP14135495 A JP 14135495A JP H08315519 A JPH08315519 A JP H08315519A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
operation
read
sent
retry
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP14135495A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hideki Nagashima
秀樹 長嶋
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B20/00Signal processing not specific to the method of recording or reproducing; Circuits therefor
    • G11B20/10Digital recording or reproducing
    • G11B20/18Error detection or correction; Testing, e.g. of drop-outs
    • G11B20/1816Testing
    • G11B2020/183Testing wherein at least one additional attempt is made to read or write the data when a first attempt is unsuccessful

Abstract

PURPOSE: To attain a stabilized reading operation by storing an area where the reading operation has been executed predetermined times or more under control of a retry control means and writing data read out therefrom into that area again. CONSTITUTION: During reproducing operation, information on a magnetooptic disk 1 is detected through an optical head 3 and fed to an RF amplifier 7. The amplifier 7 processes the information to extract a reproduction RF signal which is delivered to an encoder/decoder section 14. Error signal is sent to a servo circuit 9 while group information is sent to an address decoder 10 and demodulated. The decoded address information is sent to a system controller 11 comprising a microcomputer. The data written in a buffer memory 13 is read out at such rate as the reproduced data is transferred at a predetermined rate and sent to the encoder/decoder section 14. The data is then sent out, in the form of a reproduced voice output signal, from a terminal 16 and outputted as a voice.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、例えばディスク状記録媒体に対して楽曲等のデータを記録/再生することのできる記録再生装置に関するものである。 The present invention relates, for example, relates to a recording and reproducing apparatus capable of recording / reproducing data such as music to the disc-shaped recording medium.

【0002】 [0002]

【従来の技術】ユーザーが音楽データ等を記録することのできるデータ書き換え可能な光磁気ディスクが知られており、このようなディスクメディアでは、特にバッファメモリを用いて耐振機能を向上させたものが実現されている。 BACKGROUND ART have users known data rewritable magneto-optical disk capable of recording music data or the like, in such a disk medium, those obtained by particularly improving the vibration function using the buffer memory It has been realized.

【0003】即ち再生時には、光磁気ディスクから読み出された音声データを高速レートでバッファメモリに間欠的に書き込んでいき、一方バッファメモリから低速レートで継続的に読出を行なって音声再生信号として復調処理していく。 [0003] that is, during reproduction, the audio data read out from the magneto-optical disk will be written intermittently in a buffer memory at a high rate, whereas demodulated as audio reproduction signals from the buffer memory is performed continuously read out at low rate continue to process. このとき、バッファメモリには常時ある程度のデータ蓄積がなされており、従って外部からの振動等でトラックジャンプが発生し、一時的に光磁気ディスクからのデータ読出が中断されてしまっても、バッファメモリからは継続して音声データを読み出すことができ、再生音声はとぎれることなく出力される。 At this time, the buffer memory has been some data storage constantly, therefore the track jump occurs by vibration or the like from the outside, even if temporarily the data read from the magneto-optical disc got interrupted, the buffer memory continuing from can read audio data, reproduction audio is output without interruption. また、記録時には、入力されたデータを一旦低速レートで継続的にバッファメモリに書き込み、これを高速レートで間欠的に読み出して記録ヘッドに供給してディスクへの記録を行なうようにしている。 Also, during recording, once the input data is written continuously buffer memory at a low speed rate, and to perform the recording on the disk which is supplied to intermittently read the recording head at a high speed rate.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】ところで、このようなバッファメモリを備えていることにより、何らかの原因でディスクからデータが正常に読み込めないことが発生した場合には、その部分について再度読出動作(リトライ動作)を行なう余裕が得られ、このリトライ動作によって、読出エラーの発生に対応して適正な再生動作を実現することができる。 [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, when provided with such a buffer memory, when the data from the disk can not be read normally occurs for some reason, again read operation (retry For its part operation) obtained afford to perform, by the retry operation, it is possible to realize the proper reproduction operation in response to the occurrence of reading errors. 特に記録されているデータの中には読出動作において高頻度で読出エラーが発生する部分があることもあるが、このような部分で読出エラーが発生しても、リトライ動作によって適正な再生が実現される。 Particularly in the data being recorded is also that there is a portion where read errors frequently occur in the reading operation, even if a read error occurs in this portion, proper reproduction achieved by retry operation It is.

【0005】しかしながら、なかなかリトライ動作が成功せず、リトライ回数が多くなってリトライ動作に時間がかかるとバッファメモリにおけるデータ蓄積がそれだけ少なくなる。 However, no successful easily retry operation, the data storage is much less in the buffer memory when the time to retry operation becomes much retries consuming. これは、いうまでもなく耐振機能の低下につながることになる。 This will lead to a decrease of course vibration function. またリトライ動作は、あくまでバッファメモリにおけるデータ蓄積量に応じた時間的な余裕の範囲内で完了することで、適正な再生が実現されるものであって、バッファメモリにおけるデータ蓄積がなくなる時点までリトライ動作が継続されれば、読出エラーに伴うノイズ音声が出力されることになってしまう。 The retry operation is by only completed within a time margin corresponding to the data accumulation amount in the buffer memory, there is the proper playback is achieved, retry until the time when the data accumulated in the buffer memory is lost if operation is continued, resulting in that the noise sound caused by the reading error is output.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】本発明はこのような問題点にかんがみてなされたもので、何らかの原因で読出エラーが発生するようなことがあり、それが外乱などではなく記録データに起因するものであって、読出エラー頻度が高いものであった場合に、それを解消させるようにすることを目的とする。 The present invention SUMMARY OF] has been made in view of such problems, may like read error for some reason occurs, it is due to the recording data rather than such disturbance It is those, when the read error frequency was high, and an object thereof is to so as to eliminate it.

【0007】このため、読出手段による読出動作についてエラーが生じた場合に、読出手段に、そのエラーが発生した記録媒体上の領域について再度読出動作を実行させるリトライ制御手段を設けるとともに、このリトライ制御手段の制御によって読出動作が所定回数以上実行された記録媒体上の領域を記憶しておき、その領域からの再生データを、その領域に、書込手段によって再度書き込ませることができる再書込制御手段を設けるようにする。 [0007] When this reason, an error occurs for the reading operation by the reading means, the reading means, provided with a retry control means for re-execute the read operation for the area on the recording medium in which the error occurs, the retry control read operation under the control of means stores the area on the recording medium is executed a predetermined number of times or more, the reproduced data from the area, in that area, re-writing control that can be re-written by the writing means to be provided the means.

【0008】 [0008]

【作用】例えば所定回数以上リトライ動作が実行された領域については、記録データに起因して読出が不安定になっており、読出エラーが頻発すると考えられるため、 For [action] For example a predetermined number of times or more retry operations is performed region, due to the recording data has become unstable reading is considered that the read error occurs frequently,
その領域から適正に読み出されたデータを用いて、その領域のデータを書き直してしまうことで、以降、安定な読出動作を実現させることができる。 Using properly read data from that region, that would rewrite the data in the area, it is possible later, to realize stable read operation.

【0009】 [0009]

【実施例】以下、本発明の記録再生装置の実施例を図1 EXAMPLES Hereinafter, an embodiment of a recording and reproducing apparatus of the present invention FIG. 1
〜図5を用い、次の順序で説明する。 Used to 5 will be described in the following order. 1. 1. 記録再生装置の構成 2. The configuration of the recording and reproducing apparatus 2. クラスタフォーマット 3. Cluster format 3. 再書込動作例 4. Rewriting operation example 4. 再書込動作のための処理例 Processing example for the rewriting operation

【0010】1. [0010] 1. 記録再生装置の構成 図1は本発明の実施例となる、光磁気ディスク(ミニディスク)を記録媒体として用いた記録再生装置の要部のブロック図を示している。 Diagram 1 of a recording and reproducing apparatus is the embodiment of the present invention, illustrates a block diagram of a main part of a recording and reproducing apparatus using the magneto-optical disc (mini disc) as a recording medium. 光磁気ディスク1は音声データを記録できるメディアとして用いられ、記録/再生時にはスピンドルモータ2により回転駆動される。 Magneto-optical disk 1 is used as a medium capable of recording audio data, it is rotated by a spindle motor 2 during recording / reproducing. 光学ヘッド3は光磁気ディスク1に対して記録/再生時にレーザ光を照射することで、記録/再生時のヘッドとしての動作を行なう。 The optical head 3 is irradiated with a laser beam during recording / reproduction on the magneto-optical disc 1, it performs an operation as the head of the recording / reproducing. 即ち記録時には記録トラックをキュリー温度まで加熱するための高レベルのレーザ出力をなし、 That forms the laser output of a high level for heating a recording track to the Curie temperature during recording,
また再生時には磁気カー効果により反射光からデータを検出するための比較的低レベルのレーザ出力をなす。 Also upon reproduction forms a relatively low level laser output to detect data from reflected light by the magnetic Kerr effect.

【0011】このため、光学ヘッド3はレーザ出力手段としてのレーザダイオードや、偏光ビームスプリッタや対物レンズ等からなる光学系、及び反射光を検出するためのディテクタが搭載されている。 [0011] Therefore, the optical head 3 and the laser diode as a laser output means, an optical system comprising a polarizing beam splitter, an objective lens, and a detector for detecting the reflected light. 対物レンズ3aは2 Objective lens 3a is 2
軸機構4によってディスク半径方向及びディスクに接離する方向に変位可能に保持されており、また、光学ヘッド3全体はスレッド機構5によりディスク半径方向に移動可能とされている。 By a shaft mechanism 4 are displaceably held in the direction of contact and separation in the radial direction of the disk and the disk, also, the entire optical head 3 is movable in the radial direction of the disc by a thread mechanism 5. また、磁気ヘッド6aは光磁気ディスク1を挟んで光学ヘッド3と対向する位置に配置されている。 The magnetic head 6a is disposed at a position opposite to the optical head 3 across the magneto-optical disk 1. この磁気ヘッド6aは供給されたデータによって変調された磁界を光磁気ディスク1に印加する動作を行なう。 The magnetic head 6a performs an operation for applying a magnetic field modulated by supplied data to the magneto-optical disk 1. 磁気ヘッド6aは光学ヘッド3とともにスレッド機構5によりディスク半径方向に移動可能とされている。 The magnetic head 6a can be moved in the radial direction of the disc by a thread mechanism 5 together with the optical head 3.

【0012】再生動作によって、光学ヘッド3により光磁気ディスク1から検出された情報はRFアンプ7に供給される。 [0012] by the reproducing operation, information detected from the magneto-optical disc 1 by the optical head 3 is supplied to an RF amplifier 7. RFアンプ7は供給された情報の演算処理により、再生RF信号、トラッキングエラー信号、フォーカスエラー信号、グルーブ情報(光磁気ディスク1にプリグルーブ(ウォブリンググルーブ)として記録されている絶対位置情報)等を抽出する。 The operation processing of information RF amplifier 7 is supplied reproduction RF signal, a tracking error signal, a focus error signal, the groove information (absolute position information recorded on the magneto-optical disc 1 as pregrooves (wobbling grooves)), etc. Extract. そして、抽出された再生RF信号はエンコーダ/デコーダ部8に供給される。 The extracted reproduction RF signal is supplied to an encoder / decoder unit 8. また、トラッキングエラー信号、フォーカスエラー信号はサーボ回路9に供給され、グルーブ情報はアドレスデコーダ10に供給されて復調される。 The tracking error signal, a focus error signal are supplied to a servo circuit 9, the groove information is demodulated are supplied to an address decoder 10. グルーブ情報からデコードされたアドレス情報、及びデータとして記録されエンコーダ/デコーダ部8でデコードされたアドレス情報は、マイクロコンピュータによって構成されるシステムコントローラ11に供給される。 Address information decoded from the groove information, and address information decoded by the encoder / decoder unit 8 is recorded as data is supplied to the system controller 11 constituted by a microcomputer.

【0013】サーボ回路9は供給されたトラッキングエラー信号、フォーカスエラー信号や、システムコントローラ11からのトラックジャンプ指令、アクセス指令、 [0013] The tracking error signals supplied servo circuit 9, and a focus error signal, a track jump command from the system controller 11, the access command,
回転速度検出情報等により各種サーボ駆動信号を発生させ、2軸機構4及びスレッド機構5を制御してフォーカス及びトラッキング制御をなし、またスピンドルモータ2を一定線速度(CLV)に制御する。 The rotational speed detection information, etc. to generate various servo drive signals, without focusing and tracking control and controls the biaxial mechanism 4 and sled mechanism 5, also controls the spindle motor 2 to a constant linear velocity (CLV).

【0014】再生RF信号はエンコーダ/デコーダ部8 [0014] reproduced RF signal encoder / decoder unit 8
でEFM復調、CIRC等のデコード処理され、メモリコントローラ12によって一旦バッファメモリ13に書き込まれる。 In EFM demodulation are decoded treatment CIRC, etc., once written into the buffer memory 13 by the memory controller 12. なお、光学ヘッド3による光磁気ディスク1からのデータの読み取り及び光学ヘッド3からバッファメモリ13までの再生データの転送は1.41Mbit/secで行なわれる。 The transfer of the reproduction data from the read and the optical head 3 of data by the optical head 3 from the magneto-optical disc 1 to the buffer memory 13 is carried out at 1.41 Mbit / sec.

【0015】バッファメモリ13に書き込まれたデータは、再生データの転送が0.3Mbit/sec となるタイミングで読み出され、エンコーダ/デコーダ部14に供給される。 [0015] written in the buffer memory 13 the data is read out at a timing at which transfer of the reproduction data is 0.3 Mbit / sec, it is supplied to the encoder / decoder unit 14. そして、変形DCT処理による音声圧縮に対するデコード処理等の再生信号処理を施され、D/A変換器1 Then, subjected to reproduction signal processing of the decoding processing and the like for audio compression due to deformation DCT processing, D / A converter 1
5によってアナログ信号とされる。 5 by the analog signal. そして、端子16から再生音声出力信号としてパワーアンプなどの部位に供給され、スピーカ等から音声として出力される。 Then, it is supplied to the site, such as a power amplifier as a reproduced audio output signal from the terminal 16, it is outputted as a sound from a speaker or the like.

【0016】バッファメモリ13へのデータの書込/読出は、メモリコントローラ12によって書込ポインタと読出ポインタの制御によりアドレス指定されて行なわれる。 The writing / reading of data into the buffer memory 13 is performed by the memory controller 12 is addressed by the control of the write pointer and the read pointer. このような再生時の場合、書込ポインタ(書込アドレス)は上記したように1.41Mbit/secのタイミングでインクリメントされ、一方、読出ポインタ(読出アドレス)は0.3Mbit/sec のタイミングでインクリメントされていくため、この書込と読出のビットレートの差異により、バッファメモリ13内には或る程度データが蓄積された状態となる。 For such reproduction, the write pointer (write address) is incremented at a timing of 1.41 Mbit / sec as described above while the read pointer (read address) is incremented at the timing of 0.3 Mbit / sec to go, by differences in the writing and reading of the bit rate, in the buffer memory 13 in a state in which a certain degree data is accumulated. バッファメモリ13内にフル容量のデータが蓄積された時点で書込ポインタのインクリメントは停止され、光学ヘッド3による光磁気ディスク1からのデータ読出動作も停止される。 Increment of the write pointer at the time the data is accumulated in the full capacity in the buffer memory 13 is stopped, the data read operation from the magneto-optical disc 1 by the optical head 3 is also stopped. ただし読出ポインタR However, the read pointer R
のインクリメントは継続して実行されているため、再生音声出力はとぎれないことになる。 Since the increment is executed continuously, so that uninterrupted reproduction audio output.

【0017】その後、バッファメモリ13から読出動作のみが継続されていき、或る時点でバッファメモリ13 [0017] After that, only the read operation will be continued from the buffer memory 13, buffer memory 13 at a certain point in time
内のデータ蓄積量が所定量以下となったとすると、再び光学ヘッド3によるデータ読出動作及び書込ポインタのインクリメントが再開され、再びバッファメモリ13のデータ蓄積がなされていく。 When the amount of data stored in the inner is to equal to or less than a predetermined amount, the resume incrementing data read operation and the write pointer by the optical head 3 again, will be made again the data storage in the buffer memory 13.

【0018】このようにバッファメモリ13を介して再生音響信号を出力することにより、例えば外乱等でトラッキングが外れた場合などでも、再生音声出力が中断してしまうことはなく、データ蓄積が残っているうちに例えば正しいトラッキング位置までにアクセスしてデータ読出を再開することで、再生出力に影響を与えずに動作を続行できる。 [0018] By outputting the reproduced sound signal through the buffer memory 13 in this way, even in a case where the tracking is deviated by the disturbance or the like, not be reproduced audio output is interrupted, the data storage is left accessing to example the correct tracking position while you are by resuming the data read, can continue operation without affecting the reproduction output. 即ち、耐振機能を著しく向上させることができる。 That is, it is possible to significantly improve the vibration function. いいかえれば、バッファメモリ13における蓄積データによって再生出力が継続されている間は、光学ヘッド3による読出動作はリトライができることになる。 In other words, while the playback output by the accumulated data in the buffer memory 13 is continued, the reading operation by the optical head 3 will be capable of retrying.

【0019】光磁気ディスク1に対して記録動作が実行される際には、端子17から入力された音声信号がA/ [0019] When the recording operation on the magneto-optical disc 1, the audio signal input from a terminal 17 is A /
D変換器18に供給される。 It is supplied to a D converter 18. そしてA/D変換器18によって、44.1KHz サンプリング、16ビット量子化のデジタルデータとされた後、エンコーダ/デコーダ部14 Then the A / D converter 18, thereby being made a 44.1KHz sampling, 16-bit quantized digital data, the encoder / decoder unit 14
に供給され、音声圧縮エンコード処理を施される。 Is supplied to, it is subjected to audio compression encoding process. 即ち変形DCT処理により約1/5のデータ量に圧縮される。 That is compressed to the data amount of about 1/5 by deformation DCT processing.

【0020】エンコーダ/デコーダ部14において圧縮された記録データはメモリコントローラ12によって一旦バッファメモリ13に書き込まれ、また所定タイミングで読み出されてエンコーダ/デコーダ部8に送られる。 The recording data compressed by the encoder / decoder unit 14 is once written into the buffer memory 13 by the memory controller 12, also sent is read out at a predetermined timing to the encoder / decoder unit 8. そしてエンコーダ/デコーダ部8でCIRCエンコード、EFM変調等のエンコード処理された後、磁気ヘッド駆動回路6に供給される。 The CIRC encoded by the encoder / decoder unit 8, after being encoded by the EFM modulation or the like, is supplied to a magnetic head drive circuit 6.

【0021】磁気ヘッド駆動回路6は、エンコード処理された記録データに応じて、磁気ヘッド6aに磁気ヘッド駆動信号を供給する。 [0021] The magnetic head drive circuit 6, in accordance with the encoding process has been recorded data, and supplies a magnetic head drive signal to the magnetic head 6a. つまり、光磁気ディスク1に対して磁気ヘッド6によるN又はSの磁界印加を実行させる。 In other words, to perform the magnetic field application of N or S by magnetic head 6 with respect to the magneto-optical disk 1. また、このときシステムコントローラ11は光学ヘッド3に対して、記録レベルのレーザ光を出力するように制御信号を供給する。 At this time, the system controller 11 supplies the optical head 3, a control signal so as to output a laser beam of recording level.

【0022】操作部19には録音キー、再生キー、停止キー、AMSキー、サーチキー等がユーザー操作に供されるように設けられている。 The recording on the operation unit 19 key, playback key, stop key, AMS key, search key and the like are provided so as to be subjected to a user operation. また表示部20ではディスクの総演奏時間、再生や録音時の進行時間などの時間情報や、トラックナンバ、動作状態、動作モードなどの各種の表示がシステムコントローラ11の制御に基づいて行なわれる。 The total time of the disc in the display unit 20, the time information and the like running time of playback and recording, a track number, operation state, various displays, such as operation mode is performed under the control of the system controller 11.

【0023】システムコントローラ11内におけるRA [0023] RA in the system controller 11
M11aは各種制御演算のためのワークメモリとして用いられるほか、特に本実施例では後述する再書込処理のための対象となる領域(クラスタ)のアドレスを記憶することに用いられる。 M11a except that used as a work memory for various control operations, used to store the address of the area (cluster) of interest for the rewrite process described later, especially in the present embodiment.

【0024】2. [0024] 2. クラスタフォーマット ここで、クラスタという単位について説明する。 Cluster format will now be described units called clusters. ミニディスクシステムにおける記録動作の単位となるクラスタのフォーマットは図5に示される。 The format of the cluster which is a unit of recording operation in a mini disc system is shown in FIG. ミニディスクシステムでの記録トラックとしては図5のようにクラスタCL Cluster CL as shown in FIG. 5 as a recording track in the mini disc system
が連続して形成されており、1クラスタが記録時の最小単位とされる。 There are formed continuously, and one cluster makes a minimum unit upon recording. 1クラスタは2〜3周回トラック分に相当する。 One cluster corresponds to 2 to 3 lap track.

【0025】そして1クラスタCLは、セクターS FC [0025] and 1 cluster CL is, sector S FC ~
FFとされる4セクターのサブデータ領域と、セクターS 00 〜S 1Fとして示す32セクターのメインデータ領域から形成されている。 And 4 sector sub-data area that is S FF, is formed from a main data area of 32 sectors indicated as sectors S 00 to S 1F. 1セクタは2352バイトで形成されるデータ単位である。 One sector is a unit of data including 2,352 bytes. 4セクターのサブデータ領域はサブデータやリンキングエリアとしてなどに用いられ、TOCデータ、オーディオデータ等の記録は32セクターのメインデータ領域に行なわれる。 4 sub-data area of ​​the sector is used like as the sub-data and a linking area, TOC data, recording such audio data is performed in the main data area of ​​32 sectors. なお、アドレスは1セクター毎に記録される。 An address is recorded every 1 sector.

【0026】また、セクターはさらにサウンドグループという単位に細分化され、2セクターが11サウンドグループに分けられている。 [0026] In addition, the sector is further subdivided into units called sound groups, two sectors are divided into 11 sound groups. つまり図示するように、セクターS 00などの偶数セクターと、セクターS 01などの奇数セクターの連続する2つのセクターに、サウンドグループSG 00 〜SG 0Aが含まれる状態となっている。 That is, as shown, and the even sector such as sector S 00, the two sectors of consecutive odd sectors such as sector S 01, in a state that contains the sound group SG 00 to SG 0A. 1つのサウンドグループは424バイトで形成されており、 One sound group is formed of 424 bytes,
11.61msec の時間に相当する音声データ量となる。 Amount of audio data corresponding to the time of 11.61 msec. 1つのサウンドグループSG内にはデータがLチャンネルとRチャンネルに分けられて記録される。 The in one sound group SG, data are recorded divided into L and R channels. 例えばサウンドグループSG 00はLチャンネルデータL0とRチャンネルデータR0で構成され、またサウンドグループSG 01 For example sound group SG 00 is composed of L channel data L0 and R channel data R0, also sound group SG 01
はLチャンネルデータL1とRチャンネルデータR1で構成される。 It is composed of L channel data L1 and R channel data R1. なお、Lチャンネル又はRチャンネルのデータ領域となる212バイトをサウンドフレームとよんでいる。 Incidentally, reading a 212-byte as the L-channel or R-channel data area and sound frame.

【0027】3. [0027] 3. 再書込動作例 ここで、本実施例の記録再生装置において特徴的な動作となる再書込動作について例をあげて説明する。 Rewrite operation example will now be described by way of example for re-writing operation which is a characteristic operation in the recording and reproducing apparatus of the present embodiment. 再書込動作とは、再生時に読出エラーが発生し、何度かのリトライ動作によって適正なデータが読み出された部分を有するクラスタについて、再生終了後などにデータを書き直す動作である。 The rewrite operation, a read error occurs during reproduction, the cluster with the correct data is read section by several of the retry operation is an operation to rewrite data, such as after play ends.

【0028】例えば或るセクターの読出に関して読出エラーが発生したが、1回〜2回程度のリトライ動作で適正なデータが読み出せた場合は、外部振動などに起因する読出エラーである可能性が高い。 [0028] For example, the read error with respect to the reading of a certain sector has occurred, but if the proper data has been read in the order of the retry operation to 2 times once, is likely to be a read error due to an external vibration high. このため記録データ自体には問題ないと判断できる。 Thus it can be determined that no problem in recording the data itself. ところが、例えば3回以上のリトライ動作によってやっと正常にデータが読み出せたような場合は、外部振動等よりも、データ自体に問題がある確率が高い。 However, for example, if such data has been read to finally correctly by 3 times or more retry operations, than the external vibration or the like, there is a high probability that the data itself is a problem. このような場合、次の再生時も同一のセクターで読出エラーが発生する恐れが大きいものとなる。 In this case, it becomes a possibility that during the next playback even the read errors occur in the same sector is large.

【0029】そこで本実施例では、データ自体に問題があると判断したクラスタについては再生中にそのクラスタナンバ(クラスタアドレス)を記憶しておき、再生終了時点で再度そのクライタのデータを読み出し、適正なデータが読み出された時点で、そのデータを、そのクラスタに対して再度書込を行なうようにするものである。 [0029] Therefore, in this embodiment, the cluster is determined that the data itself has problems stores the cluster number (cluster address) during playback, reads the data again its Kuraita the playback end, the proper when the such data is read, the data, and is to re-writes for the cluster.
つまり、読出エラーの原因となるデータ自体の問題を、 In other words, the data itself to be the cause of the read error problem,
データを書き直すことによって解消しようとするものである。 Data is intended to be eliminated by rewriting.

【0030】図2に動作例を示す。 [0030] shows an operation example in FIG. いまディスク1に対してアドレスAd 1 〜Ad 2の間の再生が行なわれるとする。 Now the playback between the address Ad 1 to AD 2 to the disk 1 is performed. 光学ヘッド3によって図中で示すようにアドレスAd 1からの再生が行なわれていった時に、或るクラスタ(クラスタCLx)内における或るセクター(セクターSn)に対する読出動作において、読出エラーが発生したとする。 When the playback from the address Ad 1 as shown in the figure were being performed by the optical head 3, in the reading operation for a certain cluster certain sector in (cluster CLx) in (the sector Sn), a read error has occurred to. ここでシステムコントローラ11は光学ヘッド3による動作を、セクターSnの読出リトライを実行させることになる。 Here, the system controller 11 the operation by the optical head 3, so that to execute the read retry sector Sn.

【0031】ところが、図示するように1回目のリトライに失敗し、さらにリトライを繰り返して3回目のリトライにも失敗し、4回目のリトライでやっと正常にデータが読み取れたとする。 [0031] However, fails to first retry As shown in the figure, further also failed for the third time of retrying by repeating the retry, it is assumed that read data finally successfully in the fourth retry. このときシステムコントローラ11はリトライに続いて以降のセクターの読取を継続させていくことになるが、この3回以上のリトライを行なったセクターを含むクラスタのアドレス(CLx)を記憶するようにする。 At this time, the system controller 11 is thus going to continue reading the subsequent sector following the retry, so as to store the address of the cluster including the sector of performing the retry more than the three (CLx).

【0032】その後として示すように読取が継続され、再生動作がアドレスAd 2に達した時点で再生が終了されたとする。 [0032] subsequently to read as indicated by the continuation, the playback is terminated when the reproduction operation has reached the address Ad 2. するとシステムコントローラ11は光学ヘッド3をクラスタCLxの先頭にアクセスさせ、 Then the system controller 11 to access the optical head 3 to the top of the cluster CLx,
として示すようにクラスタCLxのデータの読取を実行させる。 To execute reading of data in the cluster CLx as indicated. そしてまたセクターSnでで示すように読出エラーが発生し、リトライを2回行なうことでセクターSnのデータが正常に読み込めたとする。 And also generates the read error, as shown by in sector Sn, the sector Sn of the data was successfully read by performing the retry twice. その後のようにクラスタCLxの最後までのデータを読み込み、クラスタCLxのデータを全てバッファメモリ13に取り込めたら、続いてシステムコントローラ11は、光学ヘッド3及び磁気ヘッド6aを再度クラスタCLxの先頭位置にアクセスさせ、で示すようにバッファメモリ1 Then read data up to the last cluster CLx like, all the data of the cluster CLx Once be imported into the buffer memory 13, followed the system controller 11, the access to the beginning of the re-cluster CLx the optical head 3 and the magnetic head 6a a buffer memory 1, as shown in, then
3に読み込んだデータをクラスタCLxの領域に記録していく。 Continue to record the data read in the area of ​​cluster CLx to 3.

【0033】そしてこのクラスタCLxへの記録動作を終了した時点で動作を終えることになる。 [0033] and will be to finish the operation at the time of the completion of the recording operation to this cluster CLx. この時点で、 at this point,
クラスタCLxのデータとしては、データ内容はそのままであるが、新たに書き直されていることによって、セクターSnに存在していたと思われる何らかの問題は解消された状態となる。 The data of the cluster CLx, although the data contents are intact, by being newly rewritten, any problems that may have existed on the sector Sn is in a state of being eliminated. このため、以降の再生時には、同様のセクターSnでの読出エラーの発生は解消できる。 Therefore, at the time of subsequent reproduction, the occurrence of read errors in the same sector Sn can be solved.

【0034】4. [0034] 4. 再書込動作のための処理例 このような再書込動作を実現するためのシステムコントローラ11の処理を図3、図4で説明する。 3 the processing of the system controller 11 for realizing a processing example such rewriting operation for rewriting operation is described in FIG. まず再生動作中にはシステムコントローラ11は図3の処理が行なわれる。 The system controller 11 first during playback operation, the process of FIG. 3 is performed. 即ち、再生動作が終了するまでの間は処理はステップF101からF102に進み、光学ヘッド3によるディスク1からのデータの読込が実行される。 In other words, until the reproduction operation is finished, the process proceeds from step F101 F102, reading data from the disk 1 by the optical head 3 is performed. なお、読込動作については、上述したようにバッファメモリ13の蓄積量に応じて間欠的に高速レートで行なわれるものである。 Note that reading operation is to be performed on an intermittent high speed rate in accordance with the amount of data stored in the buffer memory 13 as described above.

【0035】データの読込処理に際して読出エラーが発生しなければ、処理はステップF103→F104と進み、リトライカウンタRCTをリセットしてステップF101からF1 [0035] If read error has occurred during read processing data, processing proceeds to steps F 103 → F 104, and resets the retry counter RCT from step F101 F1
02に戻って、次のセクターの読出に移る。 Back to 02, and then proceeds to read the next sector. 或るセクターデータの読込について読出エラーが発生した場合は、ステップF103からF105に進み、そのセクターデータの再読込、つまり読出リトライ動作を実行させる。 If the reading error has occurred for the reading of a certain sector data, the process proceeds from step F103 to F105, re-reading of the sector data, i.e. to perform the read retry operation. またこのときリトライカウンタRCTをインクリメントする(F10 The increments the retry counter RCT this time (F10
6)。 6).

【0036】読出リトライによっても再び読出エラーが発生した場合は、ステップF108からF105に戻り、読出リトライを繰り返すことになる。 [0036] When a read error again by reading the retry occurs, it returns from step F108 to F105, to repeat the read retry. リトライ回数が10回に達してしまった場合は、たとえその10回目のリトライによって読み出されたデータがエラーとなっていても、 If the number of retries had reached 10 times, even if data read out by the 10 th retry have an error,
それを有効データとする。 Make it valid data. つまり、ステップF107で肯定結果が出ることにより、ステップF104に進んでリトライカウンタRCTがリセットされ、ステップF102で次のセクターデータの読出に移る。 That is, an affirmative result is out in step F107, the retry counter RCT is reset routine proceeds to step F 104, proceeds to read the next sector data in step F102.

【0037】10回に満たない何回かのリトライによって正常なデータが読み出せた場合は、ステップF108から [0037] If the normal data has been read by several times of retry less than 10 times, from step F108
F109に進み、リトライカウンタRCTを確認する。 Proceed to the F109, to confirm the retry counter RCT. そして、リトライカウンタRCTが3以上でなければ、つまり1回又は2回のリトライ動作によって正常にデータが読み出せた場合は、そのままステップF104に進んでリトライカウンタRCTがリセットされ、ステップF102で次のセクターデータの読出に移る。 Then, unless the retry counter RCT is 3 or more, if that is the normal data has been read by one or two retry operation, the retry counter RCT is reset as it proceeds to step F 104, in step F102 follows It moves to the reading of sector data.

【0038】一方、ステップF109でリトライカウンタR [0038] On the other hand, the retry counter R in step F109
CTが3以上と判定された場合は、その読出リトライを行なったセクターを含むクラスタのナンバ(クラスタアドレス)を記憶する。 If CT is determined to 3 or more, storing the number (cluster address) of the cluster including the sector of performing the read retry. つまりシステムコントローラ11 That is the system controller 11
は、3回から9回のリトライ動作によって読み出せたセクターについては、データ自体に何らかの問題があって読取が不安定になっていると判断し、再生終了後にそのセクターを含むクラスタの再書込動作を実行するための、クラスタアドレスをRAM11aに記憶していくことになる。 , For the sectors read out by nine retry operation from 3 times, there is some problem in the data itself is determined that the reading is unstable, rewriting of cluster containing that sector after playing for performing the operations, so that to continue to store the cluster address to the RAM 11a.

【0039】再生動作が終了したら、処理はステップF1 [0039] When the playback operation is completed, the processing step F1
01からF111に進んで、再書込処理に入る。 Proceed from 01 to F111, enter the rewrite process. この再書込処理は図4に詳しく示される。 This rewriting process is shown in detail in FIG. まずシステムコントローラ11はRAM11aを検索し、再書込動作対象となるクラスタアドレスを得る(F201)。 First the system controller 11 searches the RAM 11a, to obtain a cluster address as a rewriting operation target (F201).

【0040】もし再書込動作対象となるクラスタアドレスが1つも記憶されていなければ、当然再書込動作は不要であるため、何もせずにステップF202から処理を終える。 [0040] If the cluster address as a rewriting operation target is not stored even one, of course for re-write operation is not necessary and ends the process from step F202 without doing anything. 一方、再書込動作対象となるクラスタアドレスが存在した場合は、システムコントローラ11は光学ヘッド3をそのクラスタアドレスにアクセスさせ、そのクラスタのデータの読出を実行させる。 On the other hand, if the cluster address as a rewriting operation target is present, the system controller 11 causes the access of the optical head 3 to the cluster address, to execute a read of the data of the cluster. この場合も読出エラーが発生した場合はリトライ動作によって正常なデータを読み出させる(F203,F204) 。 Again if the read error occurs to read the correct data by the retry operation (F203, F204). この処理は図2のの動作に相当する。 This process is equivalent to the the operation FIG. なお、ステップF204で読出エラーと判別された場合のリトライについては、実際には無限ループとなることを防止するために、そのリトライ回数を制限することが好ましい。 Note that the retries if it is determined that the read error in step F 204, in order to prevent actually an infinite loop, it is preferable to limit the number of retries.

【0041】そのクラスタについてデータ読出が完了し、バッファメモリ13内にクラスタデータを取り込めたら、次に、そのバッファメモリ13に保持したデータを再びディスク1の、そのクラスタアドレスの領域に書込む(F205)。 The data reading is completed for that cluster, if can capture cluster data in the buffer memory 13, then again the disk 1 and the data held in the buffer memory 13 is written in the area of ​​the cluster address (F 205 ). この処理は図2のの動作に相当する。 This process is equivalent to the the operation FIG. このような再書込動作対象クラスタに対する再書込動作を終了したら、再びRAM11aを確認して他の再書込動作対象クラスタを検索し、存在すれば同様に再書込動作を実行し、また存在しなければ処理を終えることになる。 When finished the rewrite operation for such rewriting operation target cluster, again check the RAM11a search for other re-write operation target cluster, similarly executes the rewrite operation if present, also It will be to finish the process if it does not exist.

【0042】以上の処理により、本実施例の記録再生装置では図2で例示したような再書込動作が実現される。 [0042] By the above processing, the recording and reproducing apparatus of this embodiment is rewriting operation as illustrated in FIG. 2 is realized.
これによってデータ自体に起因して読出が不安定になる部位が存在しても、それが解消されることになり、読出エラーの発生回数及びそれに応じて必要となる読出リトライ動作の回数が大幅に低減される。 Also exist site read due to data itself becomes unstable due to, it would be eliminated, significantly the number of read retry operation required depending count and therewith the occurrence of reading errors It is reduced. これは、バッファメモリ13による耐振機能を無用に低下させないことになり、機器の性能は向上されることになる。 This will not unnecessarily reduce the vibration function by the buffer memory 13, the device performance will be improved.

【0043】ところで、上述のように再書込動作を行なった後、さらにそのクラスタからのデータ読出を行なって、データチェックを行なうようにしてもよい。 By the way, after performing the rewrite operation as described above, further by performing data read from the cluster may perform data checks. そして例えばリトライ回数が多くても2〜3回以内で適正にデータが読み込めた場合はチェックOKとする。 And for example, when even many retry number of times to read the proper data in less than two or three times is a check OK. ところが、2〜3回のリトライを行なってもデータ読出エラーとなった場合は、例えば修復不能な傷などに起因するエラーであるとみなして、その領域をディスク1の管理情報(TOC)において傷エリアとして登録してしまったり、或は書込可能なフリーエリアとして登録してしまうなどの処理を行なうことが考えられる。 However, two or three times when a data read error be performed retries, for example, regarded as an error caused by such as irreparable scars, wounds the area in the management information of the disk 1 (TOC) or accidentally registered as an area, or may be considered to perform the processing such as accidentally registered as a writable free area.

【0044】なお、実施例での再書込動作においては、 [0044] Incidentally, in the re-writing operation in the embodiment,
再生終了後に再度、対象となるクラスタのデータを読み込み、その読み込んだデータを書込ようにしているが、 Play after the end of the re-reads the data of the cluster of interest, although the read data to the write,
再生時において数回のリトライが行なわれ、そのクラスタを再書込動作対象と指定する際に、その時に読み込んだデータ自体も記憶しておき、再生終了後にその記憶しておいたデータをそのまま書き込むようにすれば、再生終了後の処理を短時間で済ますことができる。 Several retries is performed at the time of reproduction, when specifying the cluster and rewrite operation target writes data itself read at that time also is stored, the data that has been its stored after playing it if so, it can be dispensed in a short time treatment after playing. つまり、 That is,
図2のの動作を不要とすることができる。 Of the operation 2 can be eliminated. また、 Also,
再書込動作対象と指定するのはリトライ動作が3〜9回実行されたクラスタとしているが、もちろん指定条件は他にも各種考えられる。 Although to specify the rewrite operation subject is a cluster retry operation is performed 3-9 times, of course designated condition is considered various are other.

【0045】 [0045]

【発明の効果】以上説明したように本発明の記録再生装置は、所定回数以上リトライ動作が実行された領域については、記録データに起因して読出が不安定になっており、読出エラーが頻発すると判別し、その領域から適正に読み出されたデータを用いて、その領域のデータを書き直してしまうようにしているため、以降、その領域について安定な読出動作を実現させることができる。 Recording reproducing apparatus of the present invention as described in the foregoing, for the predetermined number of times retry operation is performed region has become unstable reading due to the recording data, reading errors occur frequently then determine, using a properly read data from the area, because of the so will rewrite the data of the area, since it is possible to realize stable read operation for that region. これによって耐振性能も阻害することなく、安定な再生動作が実現されるという効果が得られる。 This vibration performance without inhibiting the effect that stable reproduction operation is realized is obtained.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施例の記録再生装置のブロック図である。 1 is a block diagram of a recording and reproducing apparatus of the embodiment of the present invention.

【図2】実施例の再書込動作の説明図である。 2 is an explanatory diagram of the re-writing operation of the embodiment.

【図3】実施例の再書込動作のための処理のフローチャートである。 3 is a flowchart of a process for re-writing operation of the embodiment.

【図4】実施例の再書込動作のための処理のフローチャートである。 It is a flowchart of a process for re-writing operation in FIG. 4 embodiment.

【図5】ミニディスクシステムのクラスタフォーマットの説明図である。 FIG. 5 is an illustration of a cluster format of the mini-disk system.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ディスク 3 光学ヘッド 6a 磁気ヘッド 9 サーボ回路 11 システムコントローラ 11a RAM 12 メモリコントローラ 13 バッファメモリ 1 disk 3 optical head 6a magnetic head 9 servo circuit 11 system controller 11a RAM 12 memory controllers 13 a buffer memory

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 G11B 11/10 581 9296−5D G11B 11/10 581D 586 9296−5D 586E 19/04 501 19/04 501D 27/08 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 6 in identification symbol Agency Docket No. FI art display portion G11B 11/10 581 9296-5D G11B 11/10 581D 586 9296-5D 586E 19/04 501 19/04 501D 27/08

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 記録媒体からデータを読み出すことのできる読出手段と、 記録媒体に対してデータを書き込むことのできる書込手段と、 前記読出手段による読出動作についてエラーが生じた場合に、前記読出手段に、そのエラーが発生した記録媒体上の領域について再度読出動作を実行させるリトライ制御手段と、 前記リトライ制御手段の制御によって読出動作が所定回数以上実行された記録媒体上の領域を記憶しておき、その領域からの再生データを、その領域に、前記書込手段によって再度書き込ませることができる再書込制御手段と、 を備えたことを特徴とする記録再生装置。 And 1. A reading means capable of reading data from the recording medium, and writing means capable of writing data to the recording medium, when an error occurs for the reading operation by the reading means, the reading the means, the retry control means for re-execute the read operation for the area on the recording medium in which the error occurs, the read operation under the control of the retry control means stores the area on the recording medium is executed a predetermined number of times or more Place, recording and reproducing apparatus reproducing data from that region, to the region, is characterized in that and a rewrite control means may be re-written by the writing means.
JP14135495A 1995-05-17 1995-05-17 Recorder/player Withdrawn JPH08315519A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14135495A JPH08315519A (en) 1995-05-17 1995-05-17 Recorder/player

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14135495A JPH08315519A (en) 1995-05-17 1995-05-17 Recorder/player

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08315519A true true JPH08315519A (en) 1996-11-29

Family

ID=15290031

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14135495A Withdrawn JPH08315519A (en) 1995-05-17 1995-05-17 Recorder/player

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08315519A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6625096B1 (en) 1999-07-02 2003-09-23 Nec Corporation Optical disk recording and reproduction method and apparatus as well as medium on which optical disk recording and reproduction program is recorded

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6625096B1 (en) 1999-07-02 2003-09-23 Nec Corporation Optical disk recording and reproduction method and apparatus as well as medium on which optical disk recording and reproduction program is recorded

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5477516A (en) Reproducing apparatus for accessing track segments in the forward and reverse directions
US5608698A (en) Disk player which avoids sound failure resulted from retry of data reading
US5426629A (en) Recording and/or reproducing method for an optical disc
US5315571A (en) Information recording and reproducing device providing faster access time to a recording medium
US5343456A (en) Digital audio signal reproducing apparatus
US5418762A (en) Optical disk recording device having a pre-recording mode
US5504728A (en) Method for recording of disk and apparatus for adjusting position of breakpoint of audio data
US5633841A (en) Optical disc recording/reproducing apparatus having automatic protection of previously recorded data
US5487047A (en) Magnetooptical recording apparatus for recording information in a lead-in region of a recording medium
US5323367A (en) Reproduction or recording device having a pause function
US5519680A (en) Disc recording and reproducing device for improved recording of table of contents information
US5613112A (en) Management of recordable area for TOC (table of contents) and recording or recording/reproducing apparatus for performing recording action based on the same TOC information
US5337295A (en) Digital audio signal reproducing apparatus
US4949323A (en) Disk reproduction apparatus and method for high speed accessing of desired information data by checking address data
US5553055A (en) Disc playback method
US5825739A (en) Recording method and apparatus for recording medium
US5802028A (en) Method of data management using recorded flags to discriminate used allocation blocks and unwritten allocation blocks
US5408478A (en) Apparatus for reproducing a recording with reduced error correction anomalies at linking portions
EP0653758A2 (en) Disc recording apparatus and file management method
US5748588A (en) Memory controller and recording apparatus which adds dummy data to complete a sector of data when writing to memory
US5453967A (en) Disc reproducing apparatus which stops recording in response to compressed data stored, in a record stop state, in a memory
US5859815A (en) Apparatus and methods for minimizing non-recordable areas and numbers of parts per track on a digital recording medium
US5768236A (en) Recording and reproducing apparatus and method using a buffer memory to ensure continuous output during track jumps caused by either vibration or fast reproduction mode
JPH103778A (en) Recording and reproducing device
JPH0589643A (en) Disk recording apparatus, disk replay apparatus and disk

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20020806