JPH08314681A - 情報処理装置 - Google Patents

情報処理装置

Info

Publication number
JPH08314681A
JPH08314681A JP7114140A JP11414095A JPH08314681A JP H08314681 A JPH08314681 A JP H08314681A JP 7114140 A JP7114140 A JP 7114140A JP 11414095 A JP11414095 A JP 11414095A JP H08314681 A JPH08314681 A JP H08314681A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
window
sub
segment
subwindow
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7114140A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoichi Maruyama
洋一 丸山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujitsu Ltd
Original Assignee
Fujitsu Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP7114140A priority Critical patent/JPH08314681A/ja
Publication of JPH08314681A publication Critical patent/JPH08314681A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Digital Computer Display Output (AREA)
  • User Interface Of Digital Computer (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 アプリケーション(APL)ウインドウ内に
おける文書作成時や図形作成時等にカーソル又はポイン
タが、APLウインドウ上のサブウインドウの下に移動
したとき、このカーソル等が見えること。 【構成】 カーソル又はポインタの表示面における表示
位置を、APLウインドウを複数のセグメントに区分し
たセグメント位置として出力するカーソル位置検出手段
2と、サブウインドウの表示面における表示位置をセグ
メント位置として出力するサブウインドウ位置保持手段
3と、カーソル等のセグメント位置が、サブウインドウ
のセグメント位置と重なったことを検出する比較手段4
と、比較手段4がカーソル等のセグメント位置がサブウ
インドウのセグメント位置と重なったことを検出したと
き、カーソル等がサブウインドウにより隠されないよう
にサブウインドウの表示状態を処理するサブウインドウ
処理手段5を具備する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はアプリケーションウイン
ドウ内における文書作成や図形形成のとき、カーソル又
はポインタがアプリケーションウインドウ上に開いてい
るサブウインドウの下に移動したとき、このカーソル又
はポインタが消えないように開いているサブウインドウ
を回避する情報処理装置に関する。
【0002】
【従来の技術】パーソナルコンピュータやワークステー
ション等の情報処理装置で文書や絵を作成するようなア
プリケーションを動作しているとき、文書や絵の作成途
中にも様々な情報を常に表示するようになっている。こ
のため文書や絵などを作成しているウインドウに重ねる
ように、情報を常に表示するようなサブウインドウを持
つようなシステムが増えている。
【0003】しかし文書を入力するためのカーソルや場
所を指示するためのポインタが、サブウインドウのある
位置にいつでも常に表示されているサブウインドウのた
めにカーソルやポインタが見えなくなってしまう。
【0004】なお、サブウインドウの項目を選択実行す
るとき、サブウインドウが表示面より消去されるものが
あるが、このようなものではオペレータが何を選択した
のか間違えることがある。
【0005】しかも1つのサブウインドウで複数の項目
を順次選択するとき、例えば1つの文書の異なる位置に
異なる種類の飾線を下線するようなとき、このサブウイ
ンドウが消去するものでは、最初にサブウインドウから
飾線Aを選択してこれを実行したあと再び同じサブウイ
ンドウを呼び出して別の飾線Bを選択することが必要で
あり、このため同じサブウインドウの呼び出しを2回行
うことが必要となり、効率がよくない。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】従って入力文書がサブ
ウインドウの下まである場合には入力文書を確認するこ
とができず、自分の意図に反した文書が入力される可能
性があった。またマウスによるドラッグなどで範囲を指
定する場合において、指定箇所がサブウインドウの下ま
である場合これを確認することができず、自分の意図し
た範囲を指定できない可能性があった。
【0007】なおサブウインドウは移動することができ
るので、作業前にこれを移動するという方法もあるが、
それでは思考の中断や作業の中断が生じ、質の良い仕事
ができないという問題があった。
【0008】従って本発明の目的は、カーソル又はポイ
ンタがサブウインドウに近づいたとき、このサブウイン
ドウの存在により入力等の操作が妨害され作業を中断す
ることがないようにするため、サブウインドウを移動さ
せたり、消滅させたり、又は透明にさせたりして回避す
るサブウインドウ処理手段を具備した情報処理装置を提
供することである。
【0009】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するた
め、本発明では、図1(A)に示す如く、アプリケーシ
ョンウインドウ1を複数のセグメントa、b、c・・・
xに分割する。またカーソル又はポインタの位置を検出
する位置検出部2と、サブウインドウの位置を保持する
サブウインドウ位置保持部3と、カーソル又はポインタ
の位置するセグメントがサブウインドウSの位置するセ
グメントの1つと一致するか否かを検出し一致したとき
一致信号を出力する比較部4と、この比較部4からの一
致信号に応じてサブウインドウを移動させるか、又は消
滅させるか、透明にさせるか等の処理を行うサブウイン
ドウ処理部5を設ける。
【0010】
【作用】オペレータがアプリケーションウインドウ1
で、例えば文書作成等の処理を行うとき、図1(B)に
示す如く、「この発明における最大の特徴・・・」の如
き文書作成を行うとき、これに応じてカーソルKも順次
移動する。
【0011】そしてカーソルKがサブウインドウSの位
置するセグメントに移動したとき、カーソル位置検出部
2の出力するカーソル位置が、サブウインドウ位置保持
部3の保持しているサブウインドウSの位置しているセ
グメントの1つと一致するので、比較部4は一致信号を
出力する。
【0012】これによりサブウインドウ処理部5は、サ
ブウインドウSを、例えばアプリケーションウインドウ
1内の未使用領域部分にサブウインドウS′として点線
で示す如く、これを移動させる。
【0013】これに基づき、カーソルKが位置したセグ
メントからサブウインドウSが点線で示すサブウインド
ウS′に移動することになり、「・・・特徴」の次に引
続いて入力された、例えば「といえば・・・」という文
書がサブウインドウSにより隠されることなく、これら
が表示されるので、意図に反した結果になることはなく
なる。
【0014】
【実施例】本発明の一実施例を図2〜図5に基づき説明
する。図2はアプリケーションウインドウのセグメント
管理状態の1例の説明図、図3は本発明の一実施例構成
図、図4はその表示画面説明図、図5は本発明の一実施
例の動作説明フローチャートである。
【0015】図中、他図と同一記号は同一部分を示し、
1はアプリケーションウインドウ、2はカーソル位置検
出部、3はサブウインドウ位置保持部、4は比較部、6
は未使用セグメント検出部、7はサブウインドウ移動先
指示部、8はサブウインドウ移動部、9は管理テーブル
作成管理部、10はセグメント管理テーブル、11は入
力部、12はプロセッサ、13は主記憶部、14は表示
制御部、15は表示部である。
【0016】アプリケーションウインドウ1は、オペレ
ータがアプリケーションを実行するときに表示部15に
表示するものであり、図2(A)に示す如く、例えばセ
グメント位置100〜171で示すように、その領域が
複数のセグメントに区分されている。
【0017】又、アプリケーションウインドウ1には、
アプリケーションの実行のために必要とするサブウイン
ドウSを、図2(B)に示す如く、表示する。図2
(B)に示す例では、サブウインドウSはセグメント位
置109〜111、121〜123、133〜135の
9個のセグメント以上に存在している。
【0018】カーソル位置検出部2は、アプリケーショ
ンウインドウ1内のカーソル又はポインタの表示部15
上の座標情報を表示制御部14から受信してその座標情
報をアプリケーションウインドウ1のセグメント情報に
変換するものであり、このセグメント情報を比較部4に
送出したり、又はセグメント管理テーブル10に送出す
るものである。この変換のため、カーソル又はポインタ
の表示部15上の座標情報を受信したとき、これを管理
テーブル作成管理部9に送出して、この座標情報に対す
るセグメント情報を得る。
【0019】サブウインドウ位置保持部3は、表示部1
5においてアプリケーションウインドウ1内に表示され
たサブウインドウSの座標情報を表示制御部14から受
信してその座標情報をアプリケーションウインドウ1の
セグメント情報に変換するものである。このため、サブ
ウインドウSの表示部15上の座標情報を受信したと
き、これを管理テーブル作成管理部9に送出して、この
サブウインドウSのセグメント情報を得る。
【0020】比較部4は、カーソル又はポインタの位置
するセグメントが、サブウインドウSの位置するセグメ
ントと一致しているか否かを検出するものである。図2
(B)に示す例では、カーソルKがセグメント121内
にあり、またサブウインドウSは前記の如く、このセグ
メント121を含む位置で表示されているので比較部4
から一致信号が出力される。
【0021】未使用セグメント検出部6は、セグメント
管理テーブル10をサーチして、未使用のセグメントの
みならずセグメントに存在するデータの少ない順にセグ
メントを並べてこれを出力するものである。
【0022】サブウインドウ移動先指定部7は、サブウ
インドウSの移動先を指示するものであって、前記未使
用セグメント検出部6から伝達されたセグメントに存在
するデータの少ない順に伝達されたセグメントの情報を
解析して、サブウインドウSの移動先を決定し、これを
出力するものである。そのためにサブウインドウのサイ
ズのセグメント数の情報をサブウインドウ位置保持部3
より伝達され、またセグメントの配列状態が管理テーブ
ル作成管理部9より伝達されている。
【0023】サブウインドウ移動部8は、比較部4から
一致信号が入力されたとき、サブウインドウSをサブウ
インドウ移動先指示部7から伝達された移動先に移動処
理するものである。
【0024】管理テーブル作成管理部9はセグメント管
理テーブル10を作成したり、このセグメント管理テー
ブル10に対して前記使用状態を記入したり、セグメン
トと座標情報の関係を記入したりするものである。この
ため表示制御部14からアプリケーションウインドウの
表示部15上の座標情報が伝達されたり、アプリケーシ
ョン部16からセグメントサイズ情報が伝達される。又
カーソル位置検出部2から、あるセグメントに対して文
字の書込等により使用されたことが伝達されたとき、セ
グメント管理テーブル10からそのセグメントの記入ず
みの管理情報つまり使用状態を読み出し、これに+1し
て当該セグメントの新しい使用状態をこれに記入する。
【0025】セグメント管理テーブル10は、アプリケ
ーションウインドウ1のセグメント対応に使用状態を管
理するものである。例えば図1(B)に示すように、1
セグメントあたり4文字記入できる状態の場合は、セグ
メントに何も記入されていなければ使用状態は0であ
り、4文字が記入されていれば使用状態は4である。
【0026】入力部11は、例えばマウスやキーボード
の如き情報入力手段であり、アプリケーションやサブウ
インドウを呼び出したり、選択事項よりその特定の1つ
を選択指示したり、文字や数字等のデータを入力する等
の、種々の情報の入力を行うものである。
【0027】プロセッサ12は、パーソナルコンピュー
タやワークステーション等の情報処理装置において、例
えばアプリケーションを遂行するための演算を行った
り、命令を解読したり、主記憶部13をアクセスするも
のであり、またアプリケーション部16、回避部17等
を有する。
【0028】主記憶部13は、プロセッサ12が処理す
べき情報あるいは処理した情報を保持するものである。
表示制御部14は、表示部15に表示を行うための制御
を行うものである。
【0029】表示部15は、例えばCRTやLCD等で
構成され、例えばアプリケーションプログラムを実行す
るとき必要なアプリケーションウインドウ1やアプリケ
ーションウインドウ1の中にサブウインドウSを表示す
るものである。
【0030】アプリケーション部16は、アプリケーシ
ョンプログラムを実行するものであり、後述するように
サブウインドウSを回避する処理を行う回避部17を有
する。
【0031】この回避部17は、前記カーソル位置検出
部2、サブウインドウ位置保持部3、比較部4、未使用
セグメント検出部6、サブウインドウ移動先指示部7、
サブウインドウ移動部8、管理テーブル作成管理部9、
セグメント管理テーブル10等を具備している。
【0032】本発明の一実施例の表示画面を図4により
簡単に説明する。図4に示す如く、アプリケーション
ウインドウ内で文書を作成しているとき、カーソルKの
位置がサブウインドウSの位置するセグメントと一致す
る状態に移動したとき、本発明では図4に示す如く、
サブウインドウSを例えば未使用状態の領域に移動させ
る。従って、図4の状態から文書を引続き作成したと
き、この部分がサブウインドウSによりカバーされるこ
となく、アプリケーションウインドウ内に表示すること
ができる。
【0033】また図4に示す如く、アプリケーション
ウインドウ内で小さな図形を作成した後、これをポイン
タPにより横方向に引き延す場合、ポインタPがサブウ
インドウSの位置するセグメントと一致する状態に移動
したとき、サブウインドウSを図4に示す如く、例え
ば未使用状態の領域に移動させるので、横方向に引き延
した図形をサブウインドウSでカバーされることなくア
プリケーションウインドウ内に表示することができる。
【0034】図3に示す本発明の一実施例の動作を図5
に示すフローチャートにより説明する。 (1) オペレータは、アプリケーションを実行するため、
入力部11よりアプリケーションを指定すると、アプリ
ケーション部16がそれに対応したアプリケーションウ
インドウ1を表示制御部14に送出し、このアプリケー
ションウインドウ1が表示部15に表示されるととも
に、表示制御部14はそのアプリケーションウインドウ
1の表示部15上の座標情報を管理テーブル作成管理部
9に送出する。
【0035】このとき、管理テーブル作成管理部9には
アプリケーション部16からセグメントの大きさを示す
セグメントサイズ情報が送出される。従って管理テーブ
ル作成管理部9はこれらの情報に基づき表示部15にお
ける座標情報対応にセグメント化されたセグメント管理
テーブル10を作成する。
【0036】(2) アプリケーションに応じサブウインド
ウSがアプリケーションウインドウ1に表示されるが、
このとき、表示制御部14はサブウインドウ位置保持部
3に対してサブウインドウSの表示部15における座標
情報を送出する。サブウインドウ位置保持部3は、この
座標情報を管理テーブル作成管理部9に送出する。これ
により管理テーブル作成管理部9は、セグメント管理テ
ーブル10をアクセスしてサブウインドウSの位置する
セグメントを認識して、例えば図2(B)に示す如くサ
ブウインドウSが位置しているとき、セグメント位置1
09〜111、121〜123、133〜135を送
り、これがサブウインドウ位置保持部3により保持され
る。
【0037】(3) オペレータは、このように表示された
アプリケーションウインドウ1を使用して、例えば文書
作成あるいは図形作成等を行うとき、入力部11からの
入力に応じてカーソル又はポインタの位置が順次移動す
る。このカーソル又はポインタの表示部15上の位置を
示す座標情報が表示制御部14からカーソル位置検出部
2に伝達される。カーソル位置検出部2は、この座標情
報を管理テーブル作成管理部9に送出してこれに対する
セグメント位置情報を受取る。このようにしてカーソル
又はポインタのセグメントの位置を調べることができ
る。なおこれに基づき、管理テーブル作成管理部9は、
そのセグメント部分のそれまでの使用状態を読み出して
新しい使用状態を加算した新使用状態を記入する。
【0038】(4) カーソル位置検出部2はこのカーソル
又はポインタの存在するセグメント位置情報を比較部4
に送出する。このとき比較部4にはサブウインドウ位置
保持部3からサブウインドウSの存在するセグメント位
置情報が伝達されているので、比較部4はカーソル又は
ポインタの存在するセグメントとサブウインドウSの位
置するセグメントの1つが一致するか否かを判断し、こ
れによりこれらのセグメントが重なっているか否かを認
定する。重なっていなければ、前記(3)を継続して実
行する。
【0039】(5) 重なっていれば、比較部4は一致信号
を未使用セグメント検出部6とサブウインドウ移動部8
に送出する。これにより未使用セグメント検出部6が管
理テーブル作成管理部9に対してセグメント管理テーブ
ル10から、セグメント毎の使用状態を出力させる。未
使用セグメント検出部6は、この使用状態に基づき、ア
プリケーションウインドウの中でデータの少ないセグメ
ント部分を調べる。
【0040】(6) そしてこの調べた結果により、未使用
セグメント検出部6は、使用状態を示すデータ0の部分
も含めてその少ない順序にセグメントを並べる。従って
データ0の部分があれば、これが初めに並べられる。そ
してこのセグメント順をサブウインドウ移動先指示部7
に伝達する。
【0041】(7) サブウインドウ移動先指示部7は、未
使用セグメント検出部6から伝達されたセグメント順序
情報と、管理テーブル作成管理部9から伝達されたセグ
メント配列情報と、サブウインドウ位置保持部3から伝
達されたサブウインドウSのセグメントサイズ等に基づ
き、サブウインドウSの移動先のセグメントを決定す
る。それからこのサブウインドウの移動先に対する表示
部15の座標情報(例えばセグメントの中央の座標)を
管理テーブル作成管理部9より求め、移動先を決定す
る。
【0042】(8) サブウインドウ移動先指示部7は、前
記座標情報をサブウインドウSの例えば左上隅部分とし
てサブウインドウ移動部8に伝達し、これにもとづきサ
ブウインドウ移動部8がサブウインドウSをデータの少
ないアプリケーションウインドウ部分に移動することが
できる。
【0043】なお、前記説明では、カーソル位置検出部
2、サブウインドウ位置保持部3等に対し、表示制御部
14から伝達されたカーソル又はポインタやサブウイン
ドウの位置に関するセグメント情報を管理テーブル作成
管理部9から伝達される例について説明したが、本発明
は勿論これに限定されるものではなく、これらの各部で
セグメントを演算するように構成することができる。
【0044】本発明の第2実施例を図6及び図7に基づ
き説明する。図6は本発明の第2実施例における回避部
を中心とした要部構成説明図、図7は本発明の第2実施
例の動作説明図である。
【0045】図中他図と同記号部は同一部を示す。管理
テーブル作成管理部9−1はセグメント管理テーブル1
0を作成したり、このセグメント管理テーブル10に対
して使用時間情報を記入したり、セグメントと座標情報
の関係を記入したりするものである。このため、図3に
示す前記管理テーブル作成管理部9と同様に、図6では
省略された表示制御部からアプリケーションウインドウ
の表示部上の座標情報が伝達されたり、アプリケーショ
ン部からセグメントサイズ情報が伝達される。またタイ
マーや加算手段を有し、カーソル位置検出部2からある
セグメントに対して使用の書込み等により使用されたこ
とが伝達されたとき、セグメント管理テーブル10から
そのセグメントの記入済みの使用時間情報を読み出し、
これに新しい使用時間を加算した新使用時間情報を記入
する。つまり変化した時間だけ使用時間情報として記入
する。
【0046】少量使用時間セグメント検出部21は、セ
グメント管理テーブル10をサーチして未使用のセグメ
ントのみならず使用時間の少ない順にセグメントを並べ
てこれを出力するものである。
【0047】次に本発明の第2実施例の動作を図7に示
すフローチャートにより、必要に応じ他図を参照して説
明する。 (1) オペレータは、アプリケーションを実行するため、
図3に示す入力部11よりアプリケーションを指定する
と、アプリケーション部16がそれに対応したアプリケ
ーションウインドウを表示制御部14経由で表示部15
に表示するとともに、表示制御部14はそのアプリケー
ションウインドウ1の表示部15における座標情報を、
図6に示す管理テーブル作成管理部9−1に送出する。
【0048】このとき管理テーブル作成管理部9−1に
は、アプリケーション部16からセグメントの大きさを
示すセグメントサイズ情報が伝達される。従って管理テ
ーブル作成管理部9−1は、これらの情報にもとづき表
示部15における座標情報対応にセグメント管理テーブ
ル10を作成する。
【0049】(2) アプリケーションに応じサブウインド
ウSがアプリケーションウインドウ1に表示しされる
が、このとき、表示制御部14はサブウインドウ位置保
持部3に対してサブウインドウSの表示部15における
座標情報を送出する。これにより管理テーブル作成管理
部9−1はセグメント管理テーブル10をアクセスして
サブウインドウSの位置するセグメントを認識して出力
し、これがサブウインドウ位置保持部3により保持され
る。
【0050】(3) オペレータは、このように表示された
アプリケーションウインドウ1を使用して、例えば文書
作成あるいは図形作成等を行うとき、入力部11からの
入力に応じてカーソル又はポインタの位置が順次移動す
る。このカーソル又はポインタの表示部15上の位置を
示す座標情報が表示制御部14からカーソル位置検出部
2に伝達される。カーソル位置検出部2はこの座標情報
を管理テーブル作成管理部9−1に送出してこれに対す
るセグメント位置情報を受取る。このようにしてカーソ
ル又はポインタのセグメントの位置を調べることができ
る。なおこの場合、管理テーブル作成管理部9−1は、
このセグメントにおけるそれまでの使用時間を読み出
し、これに新しい使用時間を加算した新使用時間を記入
する。
【0051】(4) カーソル位置検出部2は、このカーソ
ル又はポインタの存在するセグメント位置情報を比較部
4に送出する。このとき比較部4にはサブウインドウ位
置保持部3からサブウインドウSの存在するセグメント
位置情報が伝達されているので、比較部4はカーソル又
はポインタの存在するセグメントとサブウインドウSの
位置するセグメントの1つが一致するか否かを判断し、
これによりこれらのセグメントが重なっているか否かを
認定する。重なっていなければ前記(3)を継続して実
行する。
【0052】(5) 重なっていれば、比較部4は一致信号
を少量使用時間セグメント検出部21とサブウインドウ
移動部8に送出する。これにより少量使用時間セグメン
ト検出部21が管理テーブル作成管理部9−1に対して
セグメント管理テーブル10からセグメント毎の使用時
間を出力させる。少量使用時間セグメント検出部21
は、この使用時間に基づき、使用時間0の部分も含め
て、使用時間の少ないセグメント部分を調べる。
【0053】(6) そしてこの調べた結果により、少量使
用時間セグメント検出部21は、使用時間0の部分も含
めてその少ない順序にセグメントを並べる。従って使用
時間0の部分があればこれが初めに並べられる。そして
このセグメント順をサブウインドウ移動先指示部7に伝
達する。
【0054】(7) サブウインドウ移動先指示部7は、少
量使用時間セグメント検出部21から伝達されたセグメ
ント順序情報と、管理テーブル作成管理部9−1から伝
達されたセグメント配列情報と、サブウインドウ位置保
持部3から伝達されたサブウインドウSのセグメントサ
イズ等に基づき、サブウインドウSの移動先のセグメン
トを決定する。それからこのサブウインドウの移動先に
対する表示部15の座標情報(例えばセグメントの中央
の座標)を管理テーブル作成管理部9−1より求め、移
動先を決定する。
【0055】(8) サブウインドウ移動先指示部7は、前
記座標情報をサブウインドウSの例えば左上隅部分とし
てサブウインドウ移動部8に伝達し、これに基づきサブ
ウインドウ移動部8がサブウインドウSをデータの使用
時間の少ないアプリケーションウインドウ部分に移動す
ることができる。
【0056】なお前記説明では、カーソル位置検出部
2、サブウインドウ位置保持部3等に対し、表示制御部
14から伝達されたカーソル又はポインタやサブウイン
ドウの位置に関するセグメント情報を管理テーブル作成
管理部9−1から伝達される例について説明したが、本
発明は勿論これに限定されるものではなく、これらの各
部でセグメントを演算するように構成することができ
る。
【0057】本発明の第3実施例を図8及び図9に基づ
き説明する。図8は本発明の第3実施例における回避部
を中心とした要部構成説明図、図9は本発明の第3実施
例の動作説明図である。
【0058】図中他図と同記号部は同一部を示す。カー
ソル位置検出部2−1は、図3に示す表示制御部14か
らカーソル位置又はポインタ位置を示す表示部15上の
座標情報が伝達されたとき、これをセグメント位置情報
に変換して比較部4に出力するものであり、この演算の
ためにアプリケーションウインドウの座標情報(例えば
左上隅(X1 、Y1 )右下隅(X2、Y2 )、セグメン
トの大きさを示すセグメントサイズ情報等が伝達されて
いる。
【0059】サブウインドウ位置保持部3−1は、表示
制御部14からサブウインドウSの座標情報が伝達され
たとき、これをセグメント位置情報に変換して比較部4
に出力するものであり、この演算のためにアプリケーシ
ョンウインドウの座標情報、セグメントの大きさを示す
座標情報等が伝達されている。
【0060】サブウインドウ移動部8−1は、比較部4
から一致信号が伝達されたとき、そのときのサブウイン
ドウSの位置を調べ、サブウインドウSがアプリケーシ
ョンプログラムを動作したときの最初の位置つまり初期
位置にあるか否かを判断し、初期位置にあればサブウイ
ンドウSを、予め決められたサブウインドウ移動先保持
部22から指示された位置に移動する。しかし初期位置
になければサブウインドウSをサブウインドウ位置保持
部3−1で保持された初期位置に移動する。
【0061】サブウインドウ移動先保持部22は、サブ
ウインドウSがカーソル又はポインタと同じセグメント
になったとき、サブウインドウSの移動先の座標情報を
保持するものであり、このため、図3に示すアプリケー
ション部16から移動先のセグメント位置を示す移動先
セグメント番号が伝達されている。サブウインドウ移動
先保持部22は、この移動先セグメントの例えば中央の
座標をサブウインドウSの左上座標となるようにサブウ
インドウ移動部8に対しサブウインドウSの移動先座標
を指示する。そして移動先セグメント番号からこの移動
先座標を演算するため、サブウインドウ移動先保持部2
2にはアプリケーションウインドウの座標情報、セグメ
ントの大きさを示す座標情報等が伝達されている。
【0062】次に本発明の第3実施例の動作を図9に示
すフローチャートにより、必要に応じ他図を参照して説
明する。 (1) オペレータは、アプリケーションを実行するため、
図3に示す入力部11よりアプリケーションを指定する
と、アプリケーション部16がそれに対応したアプリケ
ーションウインドウを表示制御部14経由で表示部15
に表示すると共に、表示制御部14はそのアプリケーシ
ョンウインドウ1の表示部15における座標情報を、図
8に示すカーソル位置検出部2−1、サブウインドウ位
置保持部3−1、サブウインドウ移動先保持部22等に
伝達する。
【0063】また図3に示すアプリケーション部16か
らセグメントの大きさを示すセグメントサイズ情報(表
示部における座標の大きさ、又はアプリケーションウイ
ンドウにおけるX軸、Y軸方向の個数等)がこれらに伝
達される。アプリケーションに応じサブウインドウSが
アプリケーションウインドウ1に表示されるが、このと
き表示制御部14はサブウインドウ位置保持部3−1に
対してサブウインドウSの表示部15における最初の座
標情報を送出する。これらの各情報によりサブウインド
ウ位置保持部3−1はサブウインドウSの最初、つまり
初期セグメント位置を演算し、これを比較部4に伝達す
る。
【0064】(2) またアプリケーション部16は、サブ
ウインドウ移動先保持部22に対し、サブウインドウS
を移動する場合の移動先のセグメント情報を送出する。
この移動先のセグメントとしては、サブウインドウSが
移動したとき、できるだけアプリケーションウインドウ
内に表示されているデータを消去することがないような
場所、例えば使用頻度のもっとも小さい、右下隅に近い
部分が好ましい。
【0065】このときサブウインドウ移動先保持部22
にも、前記の如く、アプリケーションウインドウの座標
情報やセグメントサイズ情報が伝達されているので、こ
の移動先として指示されたセグメントの、例えば中央座
標を演算し、これをサブウインドウSの左上隅位置とし
て保持する。
【0066】(3) オペレータは、アプリケーションウイ
ンドウ1を使用して、例えば文書作成あるいは図形作成
等を行うとき、入力部11からの入力に応じてカーソル
又はポインタの位置が順次移動する。このカーソル又は
ポインタの表示部15上の位置を示す座標情報が表示制
御部14からカーソル位置検出部2−1に伝達される。
カーソル位置検出部2−1は、この座標情報がどのセグ
メント内のものか演算し、そのセグメント位置情報を比
較部4に伝達する。
【0067】(4) このとき比較部4には、サブウインド
ウ位置保持部3−1よりサブウインドウSの位置してい
るセグメント位置情報が伝達されているので、比較部4
はカーソル又はポインタの存在するセグメントと、サブ
ウインドウSの位置しているセグメントの1つが一致す
るか否か、つまりセグメントが重なっているか否かを認
定する。重なっていなければ前記(3)を継続して実行
する。
【0068】(5) 重なっていれば比較部4は一致信号を
サブウインドウ移動部8−1に出力する。これによりサ
ブウインドウ移動部8−1はサブウインドウSの位置
を、例えば移動回数または表示制御部14からの通知等
により調べ、サブウインドウSが初期位置にあるか否か
を判断する。初期位置にあればサブウインドウSを、予
め指定されたサブウインドウ移動先保持部22から指示
された位置に移動する。しかし初期位置になければサブ
ウインドウSをサブウインドウ位置保持部3−1で保持
された初期位置に移動する。
【0069】なお前記説明では、セグメント位置をカー
ソル位置検出部2−1、サブウインドウ位置保持部3−
1、サブウインドウ移動先保持部22等で演算する例に
ついて説明したが、本発明は勿論これに限定されるもの
ではなく、セグメント管理テーブルを設けてセグメント
位置を管理するように構成することもできる。
【0070】本発明の第4実施例を図10〜図12に基
づき説明する。図10は本発明の第4実施例の表示画面
説明図、図11はその要部構成図、図12はその動作説
明フローチャートである。
【0071】本発明の第4実施例では、カーソル又はポ
インタのセグメントとサブウインドウのセグメントが重
なっているときサブウインドウを消去して見えないよう
にし、重なっていない場合はサブウインドウを再び表示
するものである。
【0072】本発明の第4実施例の表示画面を図10に
より簡単に説明する。図10に示す如く、アプリケー
ションウインドウ内で文書を作成しているとき、に示
す如く、カーソルKの位置がサブウインドウSの位置す
るセグメントと一致する状態に移動したときこのサブウ
インドウSを消去する。このサブウインドウの見えない
状態で文書作成が継続され、図10に示す如く、カー
ソルKがサブウインドウSの位置するセグメントの範囲
の外に移動したとき、サブウインドウSが再び表示され
る。
【0073】また図10に示す如く、アプリケーショ
ンウインドウ内でまず小さな図形を作成した後、これを
ポインタPにより右方向に引き延ばして、に示す如
く、ポインタPがサブウインドウSの位置するセグメン
トと一致する状態に移動したとき、サブウインドウSが
消去されて見えなくなる。この状態で今度はポインタP
を下に移動させて図形を大きくするため、ポインタPが
サブウインドウSの位置するセグメントの範囲の外に移
動したとき、図10に示す如く、サブウインドウSが
再び表示される。
【0074】このような動作を行うため、本発明の第4
実施例では、その回避部が図11に示す如く構成され
る。図11において他図と同記号部は同一部を示す。比
較部4−1はカーソル位置検出部2−1からカーソル位
置又はポインタ位置を示すセグメント位置情報がサブウ
インドウSの位置するセグメント位置情報の1つと一致
するか否かを検出するものであり、一致するときは一致
信号を出力し、一致しないときは不一致信号を出力する
ものである。
【0075】サブウインドウ消去部23は、比較部4−
1から一致信号が伝達されたとき、サブウインドウSを
表示部に表示しないように消去処理を行うものである。
サブウインドウ復元部24は、サブウインドウSが消去
されている状態で比較部4−1から不一致信号が伝達さ
れたとき、サブウインドウSを元の位置に表示する復元
処理を行うものである。
【0076】次に本発明の第4実施例の動作を図12に
示すフローチャートにより、必要に応じ他図を参照して
説明する。 (1) オペレータは、アプリケーションを実行するため、
図3に示す入力部11よりアプリケーションを指定する
と、アプリケーション部16がそれに対応したアプリケ
ーションウインドウを表示制御部14経由で表示部15
に表示すると共に、表示制御部14はそのアプリケーシ
ョンウインドウ1の表示部15における座標情報を、図
11に示すカーソル位置検出部2−1、サブウインドウ
位置保持部3−1等に伝達する。また図3に示すアプリ
ケーション部16からセグメントの大きさを示すセグメ
ントサイズ情報がこれらに伝達される。
【0077】アプリケーションに応じサブウインドウS
がアプリケーションウインドウ1に表示されるが、この
とき表示制御部14はサブウインドウ位置保持部3−1
に対してサブウインドウSの表示部15における座標情
報を送出する。これらの各情報によりサブウインドウ位
置保持部3−1はサブウインドウSのセグメント位置を
演算して保持し、これを比較部4−1に伝達する。
【0078】(2) オペレータは、アプリケーションウイ
ンドウ1を使用して、例えば文書作成あるいは図形作成
等を行うとき、入力部11からの入力に応じてカーソル
又はポインタの位置が順次移動する。このカーソル又は
ポインタの表示部15上の位置を示す座標情報が表示制
御部14からカーソル位置検出部2−1に伝達される。
カーソル位置検出部2−1は、この座標情報がどのセグ
メント内のものか演算し、そのセグメント位置情報を比
較部4−1に伝達する。
【0079】(3) このとき比較部4−1には、サブウイ
ンドウ位置保持部3−1よりサブウインドウSの位置し
ているセグメント位置情報が伝達されているので、比較
部4−1はカーソル又はポインタの存在するセグメント
と、サブウインドウSの位置しているセグメントの1つ
が一致するか否か、つまりセグメントが重なっているか
否かを認定する。重なっていなければ前記(2)を継続
して実行する。
【0080】(4) 重なっていれば比較部4−1は一致信
号をサブウインドウ消去部23に出力する。これにより
サブウインドウ消去部23は、サブウインドウ位置保持
部3−1から保持伝達されているサブウインドウSの座
標情報に基づき、消去すべきサブウインドウSの位置を
認識し、これに対して表示消去処理を行う。この場合、
その内容を復元することがあるので、サブウインドウS
の表示データはそのまま保持しておく。
【0081】(5) このようにしてサブウインドウSが消
去された状態で、オペレータが前記の如く、文書作成あ
るいは図形作成等の処理続行によりカーソル又はポイン
タの位置が順次移動する。そしてそのセグメント位置が
カーソル位置検出部2−1で順次演算され、このセグメ
ント位置情報が比較部4−1に伝達される。
【0082】(6) このとき、前記の如く、比較部4−1
には、サブウインドウ位置保持部3−1よりサブウイン
ドウSの位置しているセグメント位置情報が伝達されて
いるので、比較部4−1はカーソル又はポインタの存在
するセグメントと、サブウインドウSの位置しているセ
グメントの1つが一致しているか否か判断し、一致して
いればつまり重なっていれば前記(4)の処理を継続す
る。
【0083】(7) アプリケーションの進行に応じ、カー
ソル又はポインタの存在するセグメントがサブウインド
ウSのセグメントと重ならない状態になれば、比較部4
−1は不一致信号をサブウインドウ復元部24に伝達す
る。サブウインドウ復元部24には、このときサブウイ
ンドウ位置保持部3−1からサブウインドウSの座標情
報が伝達され、またサブウインドウ消去部23から先に
消去処理を行った通知が保持されているので、サブウイ
ンドウ消去処理後の不一致信号であることを認識し、サ
ブウインドウSの復元処理を行う。
【0084】なお、前記説明ではセグメント位置をカー
ソル位置検出部2−1、サブウインドウ位置保持部3−
1等で演算する例について説明したが、本発明は勿論こ
れに限定されるものではなく、例えばセグメント管理テ
ーブルを設けてセグメント位置を管理するように構成す
ることができる。
【0085】またサブウインドウ消去処理の後の一致信
号であることを、サブウインドウ消去部23からの消去
処理通知を参照して判断した例について説明したが、本
発明は勿論これに限定されるものではなく、比較部4−
1に、一致信号が出力したあとで不一致になったときに
不一致信号が出力するように構成することもできる。
【0086】本発明の第5実施例を図13及び図14に
基づき説明する。図13は本発明の第5実施例の要部構
成図、図14はその動作説明フローチャートである。本
発明の第5実施例ではカーソル又はポインタのセグメン
トがサブウインドウのセグメントと重なったことにより
サブウインドウを消去したのち、カーソル又はポインタ
が停止してからある基準時間経過後に再びサブウインド
ウを表示するものである。
【0087】このような動作を行うため、本発明の第5
実施例では、その回避部が図13に示す如く構成され
る。図13において他図と同記号部は同一部を示す。カ
ーソル位置検出部2−2は、前記カーソル位置検出部2
−1と同様に、図3に示す表示制御部14からカーソル
位置又はポインタ位置を示す表示部15上の座標情報が
伝達されたとき、これをセグメント位置情報に変換して
比較部4−1に出力するものであり、この演算のために
アプリケーションウインドウの座標情報、セグメントの
大きさを示すセグメントサイズ情報等が伝達される。さ
らにカーソル位置検出部2−2は、カーソル又はポイン
タが移動せずに停止していることを示す停止信号も出力
するものである。
【0088】停止時間検出部25はタイマを有し、カー
ソル又はポインタの存在するセグメントがサブウインド
ウSの存在するセグメントの1つと一致しているときつ
まり重なっているときにおいて、カーソル又はポインタ
が基準時間T0 以上停止しているとき、これを検出して
サブウインドウ復元部24に対し復元信号を出力するも
のである。
【0089】次に、本発明の第5実施例の動作を図14
に示すフローチャートにより、必要に応じ他図を参照し
て説明する。 (1) オペレータは、アプリケーションを実行するため、
図3に示す入力部11よりアプリケーションを指定する
と、アプリケーション部16がそれに対応したアプリケ
ーションウインドウを表示制御部14経由で表示部15
に表示すると共に、表示制御部14はそのアプリケーシ
ョンウインドウ1の表示部15における座標情報を、図
13に示すカーソル位置検出部2−2、サブウインドウ
位置保持部3−1等に伝達する。また図3に示すアプリ
ケーション部16からセグメントの大きさを示すセグメ
ントサイズ情報がこれらに伝達される。
【0090】アプリケーションに応じサブウインドウS
がアプリケーションウインドウ1に表示されるが、この
とき表示制御部14はサブウインドウ位置保持部3−1
に対してサブウインドウSの表示部15における座標情
報を送出する。これらの各情報によりサブウインドウ位
置保持部3−1はサブウインドウSのセグメント位置を
演算して保持し、これを比較部4−1に伝達する。
【0091】(2) オペレータは、アプリケーションウイ
ンドウ1を使用して、例えば文書作成あるいは図形作成
等を行うとき、入力部11からの入力に応じてカーソル
又はポインタの位置が順次移動する。このカーソル又は
ポインタの表示部15上の位置を示す座標情報が表示制
御部14からカーソル位置検出部2−2に伝達される。
カーソル位置検出部2−2は、この座標情報がどのセグ
メント内のものか演算し、そのセグメント位置情報を比
較部4−1に伝達する。
【0092】(3) このとき比較部4−1には、サブウイ
ンドウ位置保持部3−1よりサブウインドウSの位置し
ているセグメント位置情報が伝達されているので、比較
部4−1はカーソル又はポインタの存在するセグメント
と、サブウインドウSの位置しているセグメントの1つ
が一致するか否か、つまりセグメントが重なっているか
否かを認定する。重なっていなければ前記(2)を継続
して実行する。
【0093】(4) 重なっていれば、比較部4−1は一致
信号をサブウインドウ消去部23に出力する。これによ
りサブウインドウ消去部23は、サブウインドウ位置保
持部3−1から保持伝達されているサブウインドウSの
座標情報に基づき、消去すべきサブウインドウSの位置
を認識し、これに対して表示消去処理を行う。この場
合、その内容を復元することがあるので、サブウインド
ウSの表示データはそのまま保持しておく。
【0094】(5) このようにしてサブウインドウSが消
去された状態で、オペレータが前記の如く、文書作成あ
るいは図形作成等の処理続行によりカーソル又はポイン
タの位置が順次移動する。そしてそのセグメント位置が
カーソル位置検出部2−2により順次演算され、このセ
グメント位置情報が比較部4−1に伝達される。
【0095】(6) このとき、前記の如く、比較部4−1
にはサブウインドウ位置保持部3−1よりサブウインド
ウSの位置しているセグメント位置情報が伝達されてい
るので、比較部4−1はカーソル又はポインタの存在す
るセグメントと、サブウインドウSの位置しているセグ
メントの1つが一致しているか否かを判断し、一致して
いなければ不一致信号をサブウインドウ復元部24に送
出し、サブウインドウ位置保持部3−1から伝達された
座標情報によりサブウインドウを再び表示する。
【0096】(7) 一致していればつまり重なっていれ
ば、この一致信号がカーソル位置検出部2−2と停止時
間検出部25等にも伝達される。カーソル位置検出部2
−2では、カーソル又はポインタの位置が停止している
か否かを調べる。例えばサンプリング時間毎に現在の位
置が直前の位置と一致しているか否かを調べる。停止し
ていなければ前記(6)に継続する。そして停止してい
れば停止信号を停止時間検出部25に送出する。停止時
間検出部25では、これら一致信号と停止信号とが印加
されたとき、図示省略したタイマが起動する。そして基
準時間T0 を経過すると、停止時間検出部25から復元
信号がサブウインドウ復元部24に出力され、前記の如
くサブウインドウSを再び表示する。
【0097】なお前記説明ではセグメント位置をカーソ
ル位置検出部2−2、サブウインドウ位置保持部3−1
等で演算する例について説明したが、本発明は勿論これ
に限定されるものではなく、例えばセグメント管理テー
ブルを設けてセグメント位置を管理するように構成する
ことができる。
【0098】本発明の第6実施例を図15〜図17に基
づき説明する。図15は本発明の第6実施例における表
示画面説明図、図16はその要部構成図、図17はその
動作説明フローチャートである。
【0099】本発明の第6実施例ではカーソル又はポイ
ンタのセグメントとサブウインドウのセグメントが重な
っているとき、サブウインドウを透明にしてカーソルや
ポインタによる指定箇所を確認可能とし、重なっていな
い場合にはサブウインドウを再び初めのように表示する
ものである。
【0100】本発明の第6実施例の表示画面を図15に
より簡単に説明する。図15に示す如く、アプリケー
ションウインドウ内で文書を作成しているときカーソル
Kの位置するセグメントがサブウインドウSの位置する
セグメントと一致する状態に移動したとき、に示す如
く、このサブウインドウSを透明にする。
【0101】また図15に示す如く、アプリケーショ
ンウインドウ内でまず小さな図形を作成した後、これを
ポインタPにより右方向に引き延ばして、ポインタPが
サブウインドウSの位置するセグメントと一致する状態
に移動したとき、に示す如く、サブウインドウSは透
明にされる。
【0102】このような動作を行うため、本発明の第6
実施例では、その回避部が図16に示す如く構成され
る。図16において他図と同記号部は同一部を示す。サ
ブウインドウ表示変更処理部26は、サブウインドウS
の下側に位置する入力文書や入力図形を正確に確認する
ことを可能にするため、サブウインドウSを透明にする
のみならず、サブウインドウS上の文字や絵、図形の色
の輝度を落とす処理を行うものである。通常、サブウイ
ンドウSを書くとき、台を書く。
【0103】通常の場合、台として白一色の面を書き、
この台の上に文字とか図形、絵を書く。従って、サブウ
インドウSを透明にするとき、白い色を消して台を透明
にする。そして文字や図形、絵等の輝度を下げる。この
ようにして、サブウインドウSを透明にし、その文字等
の表示を薄くする。サブウインドウ表示変更処理部26
はこのような処理を行うものである。
【0104】次に本発明の第6実施例の動作を図17に
示すフローチャートにより、必要に応じ他図を参照して
説明する。 (1) オペレータは、アプリケーションを実行するため、
図3に示す入力部11よりアプリケーションを指定する
と、アプリケーション部16がそれに対応したアプリケ
ーションウインドウを表示制御部14経由で表示部15
に表示するとともに、表示制御部14はそのアプリケー
ションウインドウ1の表示部15における座標情報を、
図16に示すカーソル位置検出部2−1、サブウインド
ウ位置保持部3−1等に伝達する。また図3に示すアプ
リケーション部16からセグメントの大きさを示すセグ
メントサイズ情報がこれらに伝達される。
【0105】アプリケーションに応じサブウインドウS
がアプリケーションウインドウ1に表示されるが、この
とき表示制御部14はサブウインドウ位置保持部3−1
に対してサブウインドウSの表示部15における座標情
報を送出する。これらの各情報によりサブウインドウ位
置保持部3−1はサブウインドウSのセグメント位置を
演算して保持し、これを比較部4−1に伝達する。
【0106】(2) オペレータは、アプリケーションウイ
ンドウ1を使用して、例えば文書作成あるいは図形作成
等を行うとき、入力部11からの入力に応じてカーソル
又はポインタの位置が順次移動する。このカーソル又は
ポインタの表示部15上の位置を示す座標情報が表示制
御部14からカーソル位置検出部2−1に伝達される。
カーソル位置検出部2−1は、この座標情報がどのセグ
メント内のものか演算し、そのセグメント位置情報を比
較部4−1に伝達する。
【0107】(3) このとき比較部4−1には、サブウイ
ンドウ位置保持部3−1よりサブウインドウSの位置し
ているセグメント位置情報が伝達されているので、比較
部4−1はカーソル又はポインタの存在するセグメント
と、サブウインドウSの位置しているセグメントの1つ
が一致するか否か、つまりセグメントが重なっているか
否かを認定する。重なっていなければ前記(2)を継続
して実行する。
【0108】(4) 重なっていれば、比較部4−1は一致
信号をサブウインドウ表示変更処理部26に出力する。
これによりサブウインドウ表示変更処理部26はサブウ
インドウSの台の色を消して透明にする。そしてサブウ
インドウS上の文字や図形、絵等の色の輝を落とし、表
示を薄くする。
【0109】(5) このようにしてサブウインドウSが透
明化され表示を薄くした状態で、オペレータが前記の如
く文書作成あるいは図形作成等の処理続行によりカーソ
ル又はポインタの位置が順次移動する。そしてそのセグ
メント位置がカーソル位置検出部2−1により順次演算
され、このセグメント位置情報が比較部4−1に伝達さ
れる。
【0110】(6) このとき、前記の如く、比較部4−1
には、サブウインドウ位置保持部3−1よりサブウイン
ドウSの位置しているセグメント位置情報が伝達されて
いるので、比較部4−1はカーソル又はポインタの存在
するセグメントと、サブウインドウSの位置しているセ
グメントの1つが一致しているか否かを判断し、一致し
ていれば、つまり重なった状態が続いていれば、前記
(4)、(5)の状態が継続される。
【0111】(7) しかし一致していなければ、つまりカ
ーソル又はポインタの位置がサブウインドウSの位置し
ているセグメントの外に移動すれば、比較部4−1は不
一致信号をサブウインドウ復元部24に送出し、サブウ
インドウSを復元表示する。
【0112】なお、本発明の前記第1実施例、第2実施
例、第3実施例の各説明では、カーソル又はポインタと
サブウインドウが重なったとき、サブウインドウをアプ
リケーションウインドウの中でデータの少ない部分に移
動したり、アプリケーションを起動してからそれまでに
使用した時間が少ない場所に移動したり、サブウインド
ウが退避するように予め決めてある場所に移動する場合
について説明したが、本発明ではこれらの位置はいずれ
かの2つあるいは3つを組み合わせてもよい。
【0113】本発明によれば、文字入力やポインタでの
入力時にカーソル又はポインタ近くのサブウインドウが
自動的に作業場所から回避されるため、文字入力やポイ
ンタでの入力時にサブウインドウに煩わされることがな
くなるので、オペレータが操作に専念することができ、
質のよい作業に寄与することができる。
【0114】
【発明の効果】請求項1に記載された本発明によれば、
カーソル又はポインタのセグメントがサブウインドウに
重なる状態になったとき、カーソル又はポインタがサブ
ウインドウにより隠されないように表示されるので、オ
ペレータは入力文書やポインタによる指定箇所を確認す
ることができるので、意図に反した入力結果になること
がなくなる。
【0115】請求項2に記載された本発明によれば、カ
ーソル又はポインタがサブウインドウに隠される前に先
立ち、自動的にサブウインドウを移動するので、サブウ
インドウにより入力等の操作が妨害されず、操作作業を
中断することがなく、しかもサブウインドウも消えるこ
とがないので、正確な動作を行うことができる。
【0116】請求項3に記載された本発明によれば、カ
ーソル又はポインタがあまり使用されない位置に移動で
きるので、正確な入力を行うことができるのみならず、
サブウインドウを再移動する度合を少なくすることがで
きる。
【0117】請求項4に記載された本発明によれば、正
確な入力を行うことができるのみならず、サブウインド
ウの移動先を容易に定めることができる。請求項5に記
載された本発明によれば、サブウインドウを消去処理す
るので、正確な入力を行うことができるのみならず、サ
ブウインドウの移動先を考慮する必要がない。
【0118】請求項6に記載された本発明によれば、サ
ブウインドウを消去するのみならず、カーソル又はポイ
ンタのセグメントとサブウインドウのセグメントが重な
っていた場合であってもカーソル又はポインタの停止時
間が一定値以上のときサブウインドウが自動的に再現さ
れるので、サブウインドウ内でカーソル又はセグメント
がこれ以上移動しない状態、例えば入力操作が終了する
場合でもサブウインドウを正しく再現し、次の操作に対
応することができる。
【0119】請求項7に記載された本発明によれば、サ
ブウインドウを透明にするのでサブウインドウにより覆
われた部分も表示可能となるため、カーソルやポインタ
の状態を正しく判断することができるのみならず、サブ
ウインドウの状態を認識できるので、入力を正確に、迅
速に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の原理構成図である。
【図2】本発明におけるアプリケーションウインドウの
セグメント管理状態の一例の説明図である。
【図3】本発明の一実施例構成図である。
【図4】本発明の一実施例における表示画面説明図であ
る。
【図5】本発明の一実施例の動作説明図である。
【図6】本発明の第2実施例の要部構成図である。
【図7】本発明の第2実施例の動作説明図である。
【図8】本発明の第3実施例の要部説明図である。
【図9】本発明の第3実施例の動作説明図である。
【図10】本発明の第4実施例における表示画面説明図
である。
【図11】本発明の第4実施例の要部構成図である。
【図12】本発明の第4実施例の動作説明図である。
【図13】本発明の第5実施例の要部構成図である。
【図14】本発明の第5実施例の動作説明図である。
【図15】本発明の第6実施例における表示画面説明図
である。
【図16】本発明の第6実施例の要部構成図である。
【図17】本発明の第6実施例の動作説明図である。
【符号の説明】
1 アプリケーションウインドウ 2 カーソル位置検出部 3 サブウインドウ位置保持部 4 比較部 5 サブウインドウ処理部 6 未使用セグメント検出部 7 サブウインドウ移動先指示部 8 サブウインドウ移動部 9 管理テーブル作成管理部 10 セグメント管理テーブル 11 入力部 12 プロセッサ 13 主記憶部 14 表示制御部 15 表示部 16 アプリケーション部 17 回避部 21 少量使用時間セグメント検出部 22 サブウインドウ移動先保持部 23 サブウインドウ消去部 24 サブウインドウ復元部 25 停止時間検出部 26 サブウインドウ表示変更処理部

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 カーソル又はポインタの表示面における
    表示位置を、アプリケーションウインドウを複数のセグ
    メントに区分したセグメント位置として出力するカーソ
    ル位置検出手段と、 サブウインドウの表示面における表示位置を、前記セグ
    メント位置として出力するサブウインドウ位置保持手段
    と、 前記カーソル位置検出手段から出力されたセグメント位
    置が、前記サブウインドウ位置保持手段から出力された
    セグメント位置と重なったことを検出する比較手段と、 前記比較手段が、カーソル又はポインタのセグメント位
    置がサブウインドウのセグメント位置と重なったことを
    検出したとき、カーソル又はポインタがサブウインドウ
    により隠されないようにサブウインドウの表示状態を処
    理するサブウインドウ処理手段を具備したことを特徴と
    する情報処理装置。
  2. 【請求項2】 前記サブウインドウ処理手段が、サブウ
    インドウをアプリケーションウインドウ内のデータの少
    ない部分に移動するように処理するものであることを特
    徴とする請求項1記載の情報処理装置。
  3. 【請求項3】 前記サブウインドウ処理手段が、サブウ
    インドウをアプリケーションを起動してからそれまでに
    使用した時間の少ない部分に移動するよう処理するもの
    であることを特徴とする請求項1記載の情報処理装置。
  4. 【請求項4】 前記サブウインドウ処理手段が、サブウ
    インドウを予め回避すべく決められている部分に移動す
    るように処理するものであることを特徴とする請求項1
    記載の情報処理装置。
  5. 【請求項5】 前記サブウインドウ処理手段が、サブウ
    インドウを消去し、カーソル又はポインタのセグメント
    位置がサブウインドウのセグメント位置と一致しなくな
    ったとき該サブウインドウを再び表示するように処理す
    るものであることを特徴とする請求項1記載の情報処理
    装置。
  6. 【請求項6】 前記サブウインドウ処理手段が、サブウ
    インドウを消去したあとカーソル又はポインタの移動が
    一定時間停止した後に該サブウインドウを再び表示する
    ように処理するものであることを特徴とする請求項1記
    載の情報処理装置。
  7. 【請求項7】 前記サブウインドウ処理手段が、サブウ
    インドウを透明に表示するように処理するものであるこ
    とを特徴とする請求項1記載の情報処理装置。
JP7114140A 1995-05-12 1995-05-12 情報処理装置 Pending JPH08314681A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7114140A JPH08314681A (ja) 1995-05-12 1995-05-12 情報処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7114140A JPH08314681A (ja) 1995-05-12 1995-05-12 情報処理装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08314681A true JPH08314681A (ja) 1996-11-29

Family

ID=14630149

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7114140A Pending JPH08314681A (ja) 1995-05-12 1995-05-12 情報処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08314681A (ja)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11341387A (ja) * 1998-05-29 1999-12-10 Sanyo Electric Co Ltd デジタル放送受信機
JP2000020207A (ja) * 1998-07-01 2000-01-21 Fujitsu Ltd ウィンドウ制御装置および記録媒体
JP2001159730A (ja) * 1999-12-02 2001-06-12 Ricoh Co Ltd 電子カメラ
JP2002229704A (ja) * 2001-02-06 2002-08-16 Canon Inc 情報処理装置、ウインドウ表示方法、及び記憶媒体
JP2002268870A (ja) * 2001-03-13 2002-09-20 Just Syst Corp ウィンドウ位置制御方法および装置
JP2004516722A (ja) * 2000-12-15 2004-06-03 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ ビデオコンテンツ解析に基づくピクチャ・イン・ピクチャの位置変え及び/又は大きさの変更
JP2004220235A (ja) * 2003-01-14 2004-08-05 Sanyo Electric Co Ltd Tv放送受信機能を具えた情報処理装置
JP2006244078A (ja) * 2005-03-02 2006-09-14 Canon Inc 表示制御装置及びその制御方法
WO2007129498A1 (ja) * 2006-05-02 2007-11-15 Sony Computer Entertainment Inc. 情報処理システム及びコンピュータの制御方法
WO2008136062A1 (ja) * 2007-04-19 2008-11-13 Pioneer Corporation 画像表示制御装置及び方法、並びにコンピュータプログラム
JPWO2008044321A1 (ja) * 2006-10-13 2010-02-04 株式会社コアアプリ 操作支援コンピュータプログラム、操作支援コンピュータシステム
JP2013105182A (ja) * 2011-11-10 2013-05-30 Konica Minolta Business Technologies Inc 操作表示装置、画像形成装置、制御方法、および制御プログラム
JP2014178790A (ja) * 2013-03-14 2014-09-25 Ricoh Co Ltd 投影システム、投影装置、投影プログラム及び投影方法
US10394376B2 (en) 2017-03-23 2019-08-27 Sharp Kabushiki Kaisha Display apparatus with input function

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11341387A (ja) * 1998-05-29 1999-12-10 Sanyo Electric Co Ltd デジタル放送受信機
JP2000020207A (ja) * 1998-07-01 2000-01-21 Fujitsu Ltd ウィンドウ制御装置および記録媒体
JP2001159730A (ja) * 1999-12-02 2001-06-12 Ricoh Co Ltd 電子カメラ
JP2004516722A (ja) * 2000-12-15 2004-06-03 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ ビデオコンテンツ解析に基づくピクチャ・イン・ピクチャの位置変え及び/又は大きさの変更
JP2002229704A (ja) * 2001-02-06 2002-08-16 Canon Inc 情報処理装置、ウインドウ表示方法、及び記憶媒体
JP2002268870A (ja) * 2001-03-13 2002-09-20 Just Syst Corp ウィンドウ位置制御方法および装置
JP2004220235A (ja) * 2003-01-14 2004-08-05 Sanyo Electric Co Ltd Tv放送受信機能を具えた情報処理装置
US8166417B2 (en) 2005-03-02 2012-04-24 Canon Kabushiki Kaisha Display control apparatus and control method thereof
JP2006244078A (ja) * 2005-03-02 2006-09-14 Canon Inc 表示制御装置及びその制御方法
WO2007129498A1 (ja) * 2006-05-02 2007-11-15 Sony Computer Entertainment Inc. 情報処理システム及びコンピュータの制御方法
US9535719B2 (en) 2006-05-02 2017-01-03 Sony Corporation Information processing system and computer control method for calculating and allocating computer resources
JPWO2008044321A1 (ja) * 2006-10-13 2010-02-04 株式会社コアアプリ 操作支援コンピュータプログラム、操作支援コンピュータシステム
WO2008136062A1 (ja) * 2007-04-19 2008-11-13 Pioneer Corporation 画像表示制御装置及び方法、並びにコンピュータプログラム
JP2013105182A (ja) * 2011-11-10 2013-05-30 Konica Minolta Business Technologies Inc 操作表示装置、画像形成装置、制御方法、および制御プログラム
JP2014178790A (ja) * 2013-03-14 2014-09-25 Ricoh Co Ltd 投影システム、投影装置、投影プログラム及び投影方法
US10394376B2 (en) 2017-03-23 2019-08-27 Sharp Kabushiki Kaisha Display apparatus with input function
US10635233B2 (en) 2017-03-23 2020-04-28 Sharp Kabushiki Kaisha Display apparatus with input function

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR900002950B1 (ko) 멀티윈도우 표시장치
US6326954B1 (en) Method for erasing on an electronic writeboard
JPH08314681A (ja) 情報処理装置
US7937668B2 (en) Information processing apparatus and display method
JPH0651908A (ja) タッチパネル式入力装置を備えた情報処理装置
JP3634391B2 (ja) マルチメディア情報付加システム
JPH11249782A (ja) 複数のウインドウを持つ端末装置、ウインドウ表示方法及びウインドウ表示制御プログラムを記録した記録媒体
JP3006730B2 (ja) 共同作業用情報処理装置及び共同作業用情報処理方法
US6339439B1 (en) Device for modifying appearance of related display planes
JPH07220109A (ja) 情報処理装置及び方法
JP4331272B2 (ja) マルチウインドウ表示制御装置
JPH03288891A (ja) マルチウインドウシステムのウインドウ表示制御方式
JP3892534B2 (ja) 表示装置
JPH0456993A (ja) ウィンドウ生成装置
JPH09258948A (ja) コメント添付・保存システムとそれを用いた共同作業支援システム
JP3470771B2 (ja) 投影面連動表示装置
JP3468371B2 (ja) ウィンドウ表示領域制御装置
JPH0736608A (ja) 画面表示情報の選択システムおよびその選択方法
JPH06290254A (ja) 三次元図形の表示処理装置
JPH0553750A (ja) ウインドウ表示装置
JP3781923B2 (ja) 線描画装置および線描画方法、ならびに線描画プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2704053B2 (ja) 文書編集装置
JPH06214546A (ja) ウィンドウ表示装置
JP3028543B2 (ja) 図形の再表示方式
JP3037141B2 (ja) 補助線表示機能付き表計算システムおよび方法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040708

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040727

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20041124