JPH08309212A - コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るためのクラッシャー - Google Patents

コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るためのクラッシャー

Info

Publication number
JPH08309212A
JPH08309212A JP14569195A JP14569195A JPH08309212A JP H08309212 A JPH08309212 A JP H08309212A JP 14569195 A JP14569195 A JP 14569195A JP 14569195 A JP14569195 A JP 14569195A JP H08309212 A JPH08309212 A JP H08309212A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
crusher
bottom plate
hopper
concrete
inclined bottom
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP14569195A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2917242B2 (ja
Inventor
Kosaku Iwasa
幸作 岩佐
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
IWASA KK
Original Assignee
IWASA KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by IWASA KK filed Critical IWASA KK
Priority to JP14569195A priority Critical patent/JP2917242B2/ja
Publication of JPH08309212A publication Critical patent/JPH08309212A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2917242B2 publication Critical patent/JP2917242B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 トラブルの発生が少ない満足のできる新規
の、コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るた
めのクラッシャーを提供する。 【構成】 コンクリート塊を投入されるホッパ29を有
し、このホッパの底面に前方下りの傾斜レール33を設
け、このレール上に前方下りの傾斜底板36を転車37
を介して前後方向に載架し、またレール空間内に支持部
材38を介して作動棒39を当該作動棒が傾斜レールと
平行の前後方向に往復動する状態として設け、この作動
棒の先端を傾斜底板の下面に軸支部材40を介して軸ピ
ン41により軸承すると共に、モータ42の回転軸にク
ランク円盤43を固着して当該クランク円盤のピン44
と作動棒の中間点とを軸支部材45および軸ピン46を
介してリンク47により連結し、傾斜底板の往復動によ
り同口からコンクリート塊を受けてこれを破砕するクラ
ッシャー主部48を設ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、主として、鉄筋コンク
リート構築物等を解体して出きたコンクリート塊(コン
クリート廃棄材)を一定の大きさより小さい小石状もし
くは玉石状に破砕して再利用の可能な規格サイズ内破砕
石を得る等の用に供する、コンクリート廃棄材から小石
もしくは玉石を得るためのクラッシャーに関する。
【0002】
【従来の技術】従来知られているクラッシャーは、被破
砕物すなわちコンクリート塊をクラッシャー主部に対し
て定量的に少しずつ落す(供給する)ことがむずかし
く、トラブルが多く発生する。
【0003】本願の発明者は、トラブルの発生を少なく
するために試行錯誤し、クラッシャー主部に対してコン
クリート塊を定量的に少しずつスムーズに且つ確実に落
すことを達成したものである。因に、本願の発明者は、
上記試行において作動棒を介さずクランク装置によって
直に傾斜底板を往復動させることをなしたが、満足でき
るものが得られなかった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、トラブルの
発生が少ない満足のできる新規の、コンクリート廃棄材
から再利用の可能な小石もしくは玉石を得るためのクラ
ッシャーを提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に本発明に係わるコンクリート廃棄材から小石もしくは
玉石を得るためのクラッシャーは、コンクリート塊をパ
ワーシャベル等を用いて投入されるホッパを有し、この
ホッパの底面に設けた開放口の前側寄り個所に横桟状部
を渡し設けて前・後両側開口を形成すると共に後側開口
の下方に位置する個所に左右両側に前方下りの傾斜レー
ルを備えたフレームを設け、左右両側傾斜レール上に上
記後側開口を閉塞する前方下りの傾斜底板を転車を介し
て前後方向に往復動自在として載架し、また上記フレー
ムにより囲まれた空間内に支持部材を介して作動棒を当
該作動棒が上記傾斜レールと平行の前後方向に往復動す
る状態として設け、この作動棒の先端を傾斜底板の下面
に軸支部材を介して軸ピンにより軸承すると共にフレー
ムにより囲まれた空間内にモータを設け、このモータ4
2の回転軸にクランク円盤を固着して当該クランク円盤
のピンと作動棒の中間点とを軸支部材および軸ピンを介
してリンクにより連結し、更にホッパの底の上記前側開
口の下方に傾斜底板の往復動により同口からコンクリー
ト塊を受けてこれを破砕するクラッシャー主部を設けた
ものである。
【0006】
【実施例】図に示す実施例は、枠状縁壁1付き荷台2の
下面における前位置の左右、中間位置の左右および後位
置の左右に当該荷台2の水平状態確保用の長さ調節可能
脚3を、同じく後寄り個所の下面に移動用車輪4を、ま
た前寄り個所の下面にセミトレーラートラクター(図示
せず)の連結用部5を備えたセミトレーラー6を構成
し、荷台2の後方部上に発電装置7を、同じく中間部上
にクラッシャー8を、同じく前方部上に選別装置9をそ
れぞれ装備すると共にクラッシャー8と選別装置9間に
破砕物送り用ベルトコンベア11をその送り始め端側1
2がクラッシャー8の出口13の下方に同じく送り終り
端側14が選別装置9の上方に位置する状態として配装
し、また選別装置9の規格内破砕石出口15の下に当該
出口15から排出された規格内破砕石16の搬出用ベル
トコンベア17を配装し、更に同選別装置9の規格外破
砕石出口18から規格外破砕石19を上記クラッシャー
8に戻し入れる戻し用ベルトコンベア20をその送り始
め端側21が選別装置9の規格外破砕石出口18の下方
に同じく送り終り端側22がクラッシャー8の上方に位
置する状態として配装すると共に上記破砕物送り用ベル
トコンベア11における送り終り端側14寄り個所の上
方に同個所上を通過する破砕物23群の中から鉄類クズ
24を吸着し且つこの吸着した鉄類クズ24を同個所の
外に搬出する鉄類クズ除去用ベルトコンベア25を配装
し、また当該鉄類クズ除去用ベルトコンベア25の送り
終り端側26の下方に同端から落下する鉄類クズ24を
上記荷台2の外に搬出する鉄類クズ搬出用シュート27
を装備したものである。
【0007】次いで、上記クラッシャー8、選別装置9
および鉄類クズ除去用ベルトコンベア25は更に詳しく
説明する。
【0008】上記クラッシャー8は、コンクリート塊2
8をパワーシャベル(図示せず)等を用いて投入される
ホッパ29を有し、このホッパ29の底面に設けた開放
口の前側寄り個所に横桟状部30を渡し設けて前・後両
側開口31、32を形成すると共に上記荷台2の上面に
おいて後側開口32の下方に位置する個所に左右両側に
前方下りの傾斜レール33、34を備えたフレーム35
を構築し、左右両側傾斜レール33、34上に後側開口
32を閉塞する前方下りの傾斜底板36を転車37を介
して前後方向に往復動自在として載架し、またフレーム
35により囲まれた空間内に支持部材38を介して作動
棒39を当該作動棒39が上記傾斜レール33、34と
平行の前後方向に往復動する状態として設け、この作動
棒39の先端を傾斜底板36の下面に軸支部材40を介
して軸ピン41により軸承すると共にフレーム35によ
り囲まれた空間内にモータ42を設け、このモータ42
の回転軸にクランク円盤43を固着して当該クランク円
盤43のピン44と作動棒39の中間点とを軸支部材4
5および軸ピン46を介してリンク47により連結し、
更にホッパ29の底の前側開口31の下方に傾斜底板3
6の往復動により同口31からコンクリート塊28を受
けてこれを破砕するジョークラッシャー主部48を設け
たものであり、
【0009】また、選別装置9は、上が広く下が狭い角
錐形の外枠49の上部内に一定の大きさより小さい規格
内破砕石16を規格サイズ孔50から落し、大きい規格
外破砕石19を外周縁51から外に落す振動ふるい板5
2を張設すると共に外枠49の側面に振動ふるい板52
の外周縁51を経て落下する規格外破砕石19の排出用
シュート53を設けたものであり、
【0010】また、鉄類クズ除去ベルトコンベア25
は、原動輪55と従動輪56とベルト57とにより囲ま
れた空間内に電磁石58を門型のフレーム59を介して
装備し、この電磁石58の磁力によってベルト57にお
ける下辺側60の下面に鉄類クズ24を吸着し、この吸
着個所が電磁石58から遠退いた所で鉄類クズ24を解
放して鉄類クズ排出用シュート27上に落すようにした
ものである。
【0011】上記した実施例は、コンクリート構築物等
を解体して出きたコンクリート塊(コンクリート廃棄
材)を一定の大きさより小さい小石状に破砕して規格内
破砕石を得るものである。すなわち、
【0012】他の場所で得たコンクリート塊28をパワ
ーシャベルでホツパ29の傾斜底板36の上に少量ずつ
投入する。斯くすると、モータ42の回転力をクランク
円盤43、リンク47、作動棒39等を介して傾斜底板
36が受けて傾斜レール33、34に沿って前後方向に
往復動し、この往復動する傾斜底板36がコンクリート
塊28を少しずつクラッシャー本体48の固定側ジョー
62と可動側ジョー63の間に落し、この落されたコン
クリート塊28が可動側ジョー63の作動により破砕さ
れて破砕物送り用コンベア11上に出口13を介して落
ち、この落ちた破砕物23が破砕物送り用コンベア11
により搬送されて選別装置9を振動ふるい板52上に落
され、この振動ふるい板52がその振動中に規格内破砕
石16を規格サイズ孔50を介して搬送用ベルトコンベ
ア17上に落し、この搬送用ベルトコンベア17が規格
内破砕石16を他の場所に移し、一方規格外破砕石18
が同振動ふるい板52の外周縁51から規格外破砕物出
口15を経て戻し用ベルトコンベア20上に落ちてクラ
ッシャー主部48内に戻され再破砕される。
【0013】また、コンクリート塊28群や上記クラッ
シャーによる破砕物郡の中に混入している鉄類クズは、
破砕物送り用コンベア11により移動するときに電磁石
58の磁力によつてベルト57の下辺側外面に吸着され
且つ同ベルト57の移動によって当該吸着が排出用シュ
ート27上で解消され、同排出用シュート27により集
められる。
【0014】上記実施例は、トレーラートラクター等を
利用して解体現場から次の解体現場に任意に移動して解
体によって発生したコンクリート廃棄材から再利用の可
能な小石もしくは玉石を得るのに好都合なものである。
【0015】尚、図中62はクラッシャー主部48にお
ける固定側ジョー、63は同じく可動(擺動)側ジョ
ー、64はクラッシャー主部48から破砕物送り用コン
ベア11上に落される破砕物23を同コンベア11上に
確実に載せるようにするための当り板、65はクラッシ
ャー主部48の駆動用モータ、66は可動ジョーの擺動
用ベルト車を示す。
【0016】
【作用】本発明に係わるコンクリート廃棄材から小石も
しくは玉石を得るためのクラッシャーは、上記のように
コンクリート塊をパワーシャベル等を用いて投入される
ホッパを有し、このホッパの底面に設けた開放口の前側
寄り個所に横桟状部を渡し設けて前・後両側開口を形成
すると共に後側開口の下方に位置する個所に左右両側に
前方下りの傾斜レールを備えたフレームを設け、左右両
側傾斜レール上に上記後側開口を閉塞する前方下りの傾
斜底板を転車を介して前後方向に往復動自在として載架
し、また上記フレームにより囲まれた空間内に支持部材
を介して作動棒を当該作動棒が上記傾斜レールと平行の
前後方向に往復動する状態として設け、この作動棒の先
端を傾斜底板の下面に軸支部材を介して軸ピンにより軸
承すると共にフレームにより囲まれた空間内にモータを
設け、このモータ42の回転軸にクランク円盤を固着し
て当該クランク円盤のピンと作動棒の中間点とを軸支部
材および軸ピンを介してリンクにより連結し、更にホッ
パの底の上記前側開口の下方に傾斜底板の往復動により
同口からコンクリート塊を受けてこれを破砕するクラッ
シャー主部を設けたことを特徴とするものであって、す
なわちクランク装置により作動棒を往復動させ且つこの
作動棒の往復動により傾斜底板を同作動棒と平行に往復
動させるようにすることによって、クラッシャー主部に
対してコンクリート魂を定量的に少しずつスムーズに且
つ確実に落すことが可能となったものである。
【0017】
【発明の効果】本発明によればクラッシャー主部に対し
てコンクリート魂を定量的に少しずつスムーズに且つ確
実に落すことができ、トラブルの少ない状態でのコンク
リート廃棄材の破砕操業ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例を示す全体の側面図である。
【図2】同じく平面図である。
【図3】図2A−A線に沿う断面図である。
【図4】図2B−B線に沿う断面図である。
【図5】図2C−C線に沿う断面図である。
【符号の説明】
1 枠状縁壁 2 荷台 3 長さ調節可能脚 4 移動用車輪 5 連結用部 6 セミトレーラー 7 発電装置 8 クラッシャー 9 選別装置 11 破砕物送り用ベルトコンベア 12 送り始め端側 13 出口 14 送り終り端側 15 出口 16 規格内破砕石 17 搬出用ベルトコンベア 18 出口 19 規格外破砕石 20 戻し用ベルトコンベア 21 送り始め端側 22 送り終り端側 23 破砕物 24 鉄類クズ 25 鉄類クズ除去用ベルトコンベア 26 送り終り端側 27 鉄類クズ排出用シュート 28 コンクリート塊 29 ホッパ 30 横桟状部材 31、32 前・後両側開口 33、34 傾斜レール 35 フレーム 36 傾斜底板 37 転車 38 支持部材 39 作動棒 40 軸支部材 41 軸ピン 42 モータ 43 クランク円盤 44 ピン 45 軸支部材 46 軸ピン 47 リンク 48 ジョークラッシャー主部 49 外枠 50 規格サイズ孔 51 外周縁 52 振動ふるい板 53 規格外破砕石排出用シュート 55 原動輪 56 従動輪 57 ベルト 58 電磁石 59 フレーム 60 下辺側 62 固定側ジョー 63 可動側ジョー 64 当り板 65 擺動用ベルト車

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 コンクリート塊をパワーシャベル等を用
    いて投入されるホッパを有し、このホッパの底面に設け
    た開放口の前側寄り個所に横桟状部を渡し設けて前・後
    両側開口を形成すると共に後側開口の下方に位置する個
    所に左右両側に前方下りの傾斜レールを備えたフレーム
    を設け、左右両側傾斜レール上に上記後側開口を閉塞す
    る前方下りの傾斜底板を転車を介して前後方向に往復動
    自在として載架し、また上記フレームにより囲まれた空
    間内に支持部材を介して作動棒を当該作動棒が上記傾斜
    レールと平行の前後方向に往復動する状態として設け、
    この作動棒の先端を傾斜底板の下面に軸支部材を介して
    軸ピンにより軸承すると共にフレームにより囲まれた空
    間内にモータを設け、このモータ42の回転軸にクラン
    ク円盤を固着して当該クランク円盤のピンと作動棒の中
    間点とを軸支部材および軸ピンを介してリンクにより連
    結し、更にホッパの底の上記前側開口の下方に傾斜底板
    の往復動により同口からコンクリート塊を受けてこれを
    破砕するクラッシャー主部を設けたことを特徴とするコ
    ンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るためのク
    ラッシャー。
JP14569195A 1995-05-18 1995-05-18 コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るためのクラッシャー Expired - Lifetime JP2917242B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14569195A JP2917242B2 (ja) 1995-05-18 1995-05-18 コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るためのクラッシャー

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14569195A JP2917242B2 (ja) 1995-05-18 1995-05-18 コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るためのクラッシャー

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08309212A true JPH08309212A (ja) 1996-11-26
JP2917242B2 JP2917242B2 (ja) 1999-07-12

Family

ID=15390875

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14569195A Expired - Lifetime JP2917242B2 (ja) 1995-05-18 1995-05-18 コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るためのクラッシャー

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2917242B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002126564A (ja) * 2000-10-11 2002-05-08 Nordberg-Lokomo Oy 予備ふるい分け装置を有する移動式砕石装置
JP2013154321A (ja) * 2012-01-31 2013-08-15 Nakayama Iron Works Ltd 可搬作業機及び作業機用走行機並びに可搬式作業装置
CN105069907A (zh) * 2015-08-14 2015-11-18 广西大学 一种纸币与硬币自动筛分装置
CN106111240A (zh) * 2016-08-17 2016-11-16 贵州万恒科技发展有限公司 井下采场破碎台车

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108342947A (zh) * 2018-01-18 2018-07-31 王利兵 一种道路修建用石块破碎设备

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002126564A (ja) * 2000-10-11 2002-05-08 Nordberg-Lokomo Oy 予備ふるい分け装置を有する移動式砕石装置
JP2013154321A (ja) * 2012-01-31 2013-08-15 Nakayama Iron Works Ltd 可搬作業機及び作業機用走行機並びに可搬式作業装置
CN105069907A (zh) * 2015-08-14 2015-11-18 广西大学 一种纸币与硬币自动筛分装置
CN106111240A (zh) * 2016-08-17 2016-11-16 贵州万恒科技发展有限公司 井下采场破碎台车

Also Published As

Publication number Publication date
JP2917242B2 (ja) 1999-07-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO1994006561A1 (en) Self-propelled crushing machine
JPH08309212A (ja) コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るためのクラッシャー
CN201040248Y (zh) 自由落体自动粉碎机
CN210729701U (zh) 一种控释掺混肥新型立式粉碎机
JP3018340U (ja) コンクリート廃棄材から小石もしくは玉石を得るための可搬式クラッシャー
JP2811507B2 (ja) 材料分離装置及び方法
US3582001A (en) System and method for refining ferrous-bearing scrap material
JP3616598B2 (ja) 破砕選別装置
US5558279A (en) Process and plant for grinding spent potlinings and similar materials
CN110918162A (zh) 一种具有筛框的破碎副
US3556415A (en) Jaw crusher and method of operation thereof
JPH05115809A (ja) 移動式クラツシヤ
JPH05185033A (ja) グリズリ付振動フィーダ
JP3359650B2 (ja) 移動式クラッシャ
CN211003639U (zh) 一种振动给料机
JP3137134B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP2933506B2 (ja) 移動式破砕設備の振動フィーダ装置
WO1998004783A1 (fr) Vehicule autotracte regenerant la terre excedentaire
JP3026310U (ja) コンクリート廃棄材リサイクルプラントにおけるクラッシャー
JP3151029B2 (ja) 移動式クラッシャ
CN212468730U (zh) 一种土石方工程用减噪环保型筛沙机
CN212017926U (zh) 再生沥青混凝土生产破碎筛选装置
CN210752972U (zh) 一种控释掺混肥立式链条粉碎机
CN113695055B (zh) 一种再生混凝土制备原料粉碎装置
JP3137135B2 (ja) 移動式クラッシャ